HEADLINE

カテゴリー  [ 創作・男女系 SS ]

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | CM(-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男「実はボク……能力者なんです」俺「ハァ?」

2015/05/28 15:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/23(土) 08:05:21 ID:dV/SkHzI
最近、俺はよくカフェで読書をするようになった。


近所のいわゆるパン屋とカフェが合体したようなカフェで

パンを一つ二つとコーヒーを注文し、持ち込んだ小説を読むのである。


500円を少しオーバーするぐらいの金額で、

コーヒーとパンで腹を多少満たし、1~2時間は優雅に時間を潰せるのだから、

コストパフォーマンスは決して悪くないといえるだろう。

【続きを読む】

少年「最後の一振りを少女に」

2015/05/28 12:00 | CM(1) | 創作・男女系 SS
1 HAM ◆HAM/FeZ/c2 :2015/05/17(日) 19:51:50 ID:VYwNS.R2
屋敷の庭から見上げたその星空は、今までに見たものよりもずっと美しかった。

見慣れたはずの景色がこうも違って見えたのは、僕の心の在処のせいか。

それとも魔女のあの言葉が、耳に残っているせいだろうか。

満天の星々は、死ぬまでずっと網膜に焼き付いて消えないだろう。

目の奥でチカチカと輝き続けるのだろう。

そんな予感があった。

僕が死ぬ日というのが、いつのことかは全く分からないけれど。

【続きを読む】

男「俺がチンピラのカッコイイあしらい方を教えてやる!」

2015/05/28 09:00 | CM(2) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/23(土) 20:01:24 ID:5VFfjflU
駅前にて──

女(おっそいな~、なにしてんだろ)イライラ…

ピアス「やぁ~」ニコニコ…

女「!」

ピアス「オレと遊ばな~い? オレ、ここら辺でよく遊ぶしさ~、詳しいよ?」

女「……」

【続きを読む】

男「…女性にとって甘いものが別腹なようにですね」 幼馴染「違う!」ドンッ

2015/05/27 19:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 ◆1G9Am4m.L2 :2015/05/26(火) 20:59:02.31 ID:gzFi9gu/o

幼馴染「男、ついこのあいだ私に告白してくれたよね」

男「はい」

幼馴染「その時から私達、付き合ってるよね」

男「はい」


幼馴染「私は貴方の何ですか?」

男「彼女さんです」

幼馴染「よろしい、では貴方の好きな異性は誰ですか?」

男「幼馴染です」

幼馴染「Good、その通り。ノープロブレム」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432641532

【続きを読む】

殺し屋「半殺しにはしたんですから報酬半額くださいよぉ!」

2015/05/27 03:00 | CM(1) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/22(金) 01:30:50 ID:GEIgcaAo
男「ま、待ってくれ……!」

男「私には妻も子もいるんだ、殺さないでくれぇっ!」

殺し屋「そりゃね? アンタだって色々事情はあるんだろうさ」

殺し屋「だけどさ、俺も仕事だからさ」

殺し屋「どりゃっ!」ブンッ

ガツンッ!

男「ぐはっ!」ドサッ

殺し屋「よぉ~し、今日こそ間違いのないよう、念入りにトドメを刺しとこう」

ガッ! ドカッ! ガツンッ!

殺し屋「こんなとこでいいかな」

殺し屋「……うぅ~、人を殴るこの感触にはどうも慣れんわ」

【続きを読む】

男「ちんこがない!?」

2015/05/24 11:10 | CM(1) | 創作・男女系 SS
1 ◆APIXxdla3c [sage saga]:2015/05/24(日) 01:58:12.19 ID:to7hgrilo
ーーーとある旅館ーーー

男「ふぅ…ここが噂の旅館か…」

女「…」スゥ-…

男「あの人凄く美人だな…」

男「取り敢えず部屋にいくか」スタスタ





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432400282

【続きを読む】

姫「置き去りにされた世界の中で」

2015/05/22 23:30 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 ◆cZ/h8axXSU [saga]:2015/05/16(土) 23:59:35.13 ID:sdrbyRyG0
―1st days―
―――始まりは何処か
   問うても問うても答えは無い

   夜空に浮かぶ月が淀む
   まるで、透明な砂に埋まるように
   偽物の空
   ああ……始まってしまった……―――



姫「……何者だ、お前は」

男「な、何者ったってなぁ……」

姫「どうやってここへ入ってきた?普通ならば入ってこれるはずがない」

男「俺だって知らねェ!気が付いたらここにいたんだ!」

姫「どういうことだ」

男「俺が聞きたいくらいだ!」

男(確か、あの宝玉をのぞき込んでから……クソッ!なんだってこんなことに……!)




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431788360

【続きを読む】

「作者の拳」

2015/05/22 17:00 | CM(2) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/22(金) 01:18:11.88 ID:Up974vLSO

ヒュゥゥ…

サクシャ「寂しい場所だな」

私は今まで様々な相手と戦った。

戦いの中で技は磨かれ昇華していった。


サクシャ「もっと強く……か」


それだけを目指し、戦ってきた。

だが、そんな遠く険しい旅も今日で終わる。

昨日までの戦いの日々が、懐かしく思える。

思えば、色々な相手がいたな……

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432225091

【続きを読む】

女神「金の斧と銀の斧による……二斧流ッ!」

2015/05/21 17:00 | CM(7) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/21(木) 00:12:45 ID:19Su9GsA
~ 森の泉 ~

ある日、一人の木こりが深い森の中にある泉にやってきた。

木こり(かつて、聞いた話によると──)

木こり(まずは、泉に斧を落とすんだったな)ポイッ


チャポン……


木こり愛用の鉄製の斧が、泉の中に沈んでいく。

【続きを読む】

男「順番」

2015/05/19 21:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 ◆uSEt4QqJNo :2015/05/18(月) 19:12:46 ID:N7WuRBZ6



男「暇だな」

友「そうだな」

男「しりとりでもするか?」

友「しない」

男「イカ」

友「だからしりとりはやらないっての」

男「暇じゃん」

友「なら抜けるか?」

男「散々待ったんだぞ? 誰が抜けるか」

友「おとなしく待とうぜ」

【続きを読む】

「吸血鬼回想録」

2015/05/19 19:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/08(金) 07:36:59.74 ID:8BtRJwPX0




 季節は巡り、また新しい春がやってくる。
 桜は咲き乱れ、風に流され桜吹雪が舞い落ちる。




――そんな春に、俺は彼女と出会った。






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431038209

【続きを読む】

俺「お、お前は誰なんだ!?」裏俺「俺はもう一人のお前だ」

2015/05/19 06:00 | CM(1) | 創作・男女系 SS
1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/01/22(木) 18:12:52.85 ID:56oLFZmy0.net
俺「そうなのか……」

裏俺「時空の狭間からやって来た」

俺「俺そっくりのブッサイクな顔だなぁおい」

裏俺「そら俺はお前だからな」

俺「……せっかく俺が二人もいるんだ」

裏俺「ん?何かしてほしいことでもあるのか?」

俺「……足コキしてくれ」

裏俺「は!?」

【続きを読む】

「うちの嫁は鬼嫁」

2015/05/18 23:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 ◆loxSgAubwY :2015/05/15(金) 12:32:33 ID:PrLOPvjg


男「夫婦でさ、あえて外で待ち合わせするって変な感じしない?」

鬼嫁「そう?」

鬼嫁「私は新鮮な感じがしていいと思うけど」

男「そうなんだけど、なんか照れ臭いってか、初々しいってーか…」

鬼嫁「うふふっ、それが狙いだからねー♪」

【続きを読む】

大庭葉蔵「僕は、自演のないところに行くんだ」

2015/05/18 15:00 | CM(1) | 創作・男女系 SS
sijefu9ut.jpg

1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/17(日) 12:14:41.35 ID:DEaQArjQO

堀木正雄「うわっはっはっは!」

ヒラメ「うわっはっはっは!」

太宰治「うわっはっはっは!」

メロス「うわっはっはっは!」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431832481

【続きを読む】

「私は噴水」

2015/05/17 23:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 ◆LyCcjQm78o [saga]:2015/05/06(水) 15:14:43.32 ID:l75UKxgj0
「私は噴水
今日完成してついに明日仕事場に運ばれる」

業者「注文していたヤツ、取りにきました~」

職人「うん、いらっしゃい
この噴水は自分の人生の中で一番の出来だ
大事に運んでくれよ?」

業者「任せてください
あっ、運ばれる公園の名前と住所書いときますんで見に来てくださいね?」

職人「えぇ、こいつの晴れ姿、しっかり見に行きますよ」

「こうして私は生みの親から旅立った」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430892873

【続きを読む】

男「いやァ、もうだめでしょう」

2015/05/17 21:17 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/17(日) 14:04:11.35 ID:BxsgERTK0
久しぶりの帰省だった。

また今度来れるのはいつかわからなかった。

だから、帰りの電車が来る前に、近くの山の上からの景色を、目に焼き付けておこうと思った。

やさしくはない山道だった。けれども子供の頃はすいすいとのぼっていったものだった。

昔のことを思い出しながら、山の天辺めざしてからだを動かしていると、なまりきっていたせいか、足を踏み外してしまった。

「うわあ────ッ」

そして、そのまま転げ落ちていった。木や石や岩に殴られながら、ごんごん、ごんごんと。

ようやく落ちきったかと思ったころには、体中からじんわりとした痛みのかわりに、暖かさがどこかへ流れていた。

ああ、なんて寒い夜だ。もう清明も近いというのに。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431839041

【続きを読む】

女「今日も一緒に帰ろう!」

2015/05/17 01:44 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 ◆ BEcuACNawuaE :2015/05/14(木)12:37:16 ID:MME
男「うん……わかった」

女「それじゃアタシ、部活だから終わるまでまっててね」

男「うん……」

【続きを読む】

ライオン「俺は百獣の王だ」ダイヤモンド「私は絶対砕けない」

2015/05/16 23:36 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/15(金) 01:37:23 ID:OjOAEs0g
2015年──

日本某所にて『世界スゴイもの展』というイベントが開かれようとしていた。


どんなイベントかというと、その名の通り

世界中に存在する『スゴイもの』を展示するというもの。


さて、そんな『スゴイ展示品』の中に、

“百獣の王”と名高いライオンと、“世界最硬”を誇るダイヤモンドの姿があった。

【続きを読む】

女「射精戦士スペルマン?」

2015/05/16 09:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 ◆bT6c9WIwLg [saga]:2015/05/12(火) 22:31:38.42 ID:yLjPiagA0

男「そうさ!僕は射精するとヒーローに変身できるんだ!!」

女「ちょっと!こんな時にふざけないでよ!」

男「ふざけてなんかない!今すぐ君を助けてあげるからね!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431437488

【続きを読む】

狂科学者「ヒャハハハ! 究極の人造生物の誕生だ!」

2015/05/15 19:00 | CM(4) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/13(水) 23:14:24 ID:wfJWzpgw
<研究所>

狂科学者「や、やったぞ……」

狂科学者「ク、ククク……」

狂科学者「ククク……クキキキ……キキキ……」

狂科学者「キキキ……ヒ、ヒヒヒ、ヒヒ……」

狂科学者「ヒャハッ……ヒャハハハハハハハハッ! ──ついに完成だ!」

狂科学者「究極の人造生物の誕生だァ!!!」

【続きを読む】

男「腹が痛い……神様、助けて!」神「知るか」

2015/05/13 19:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/09(土) 20:12:53 ID:KKzDoBsY
腹痛──

読んで字の如く、腹が痛いことを指す単語であるが、

本格的に腹痛が襲いかかってきた時のあの苦しみは、筆舌に尽くしがたいものがある。


あの恐怖感、あの焦燥感、あの孤独感。

まさに我々の最も身近に潜む生き地獄といえるだろう。


そして、腹痛に襲われた人間は、その多くが神にすがるといわれている。


そう、祈るのだ。

【続きを読む】

老人「そろそろオレも一人称を『ワシ』にするか」

2015/05/13 12:00 | CM(2) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/10(日) 01:23:35 ID:t8lfjFms
老人(会社を定年になり、年金をもらえる年齢になり)

老人(なんとなく入った老人会ではあったが──)


「ワシの孫が今度小学校に入るんじゃ」

「ほぉ~う、そりゃめでたいのう」

「ランドセルでも買ってあげたらどうじゃ?」


老人(みんな『ワシ』とか『~じゃ』とか使ってるんだよな)

老人(そろそろオレも一人称を『ワシ』にするか)

【続きを読む】

幼馴染「あんたのこと……好きなの!」男「え、なんだって?」

2015/05/13 01:20 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2015/05/11(月) 01:44:27 ID:TVT0teLc
男「……こんなところに呼び出して、いったいなんの用だよ」

幼馴染「……」

男「なんだよ、早くいえよ」

幼馴染「あたし……」

男「?」

幼馴染「あんたのこと……好きなの!」

男「え、なんだって?」

【続きを読む】

男「ここに、幼馴染のブラがあります」

2015/05/08 18:30 | CM(3) | 創作・男女系 SS
1 VIP竊誰IPPER [saga]:2015/05/06(水) 11:21:27.88 ID:vY1Y0un30

幼馴染「ここに、あなたに刺すための包丁があります」

男「幼馴染さん、とりあえずその包丁を仕舞いましょう」

幼馴染「男さん、あなたもそのブラを仕舞いましょう」

男「わかった」ポケットにIN!

幼馴染「違います。私のタンスに仕舞いましょう」

男「それは出来ません」

幼馴染「なぜですか?」

男「あとでオナ-------自慰行為に使うからです」

幼馴染「言い換えるのであればもっとオブラートに包みましょう」

男「そうですね」

幼馴染「ではもう一度」

男「はい。後でこのブラで俺の息子を包み込んであげるんです」

幼馴染「......」

男「......」

幼馴染「刺されるのならどこがいいですか? お腹? それとも脳天?」

男「ちょっと待ってください。もっとちゃんとした理由があるんです」

幼馴染「そうなんですか?」

男「はい。実は最近、ブラをつけるのにはまってるんです」

幼馴染「変態ですね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430878877

【続きを読む】

巫女「村で鬼が暴れてる?」

2015/05/07 12:00 | CM(1) | 創作・男女系 SS
1 名無しさん@おーぷん :2015/04/29(水)09:20:03 ID:h7n
少女「そうなんですよ!!」

少女「今、村で大騒ぎになってるって噂です!!」

巫女「ふーん…」

少女「早く退治に行きましょう!!」

巫女「イヤよ」

少女「え!?何でですか!!」

巫女「何でもクソもないわよ」

巫女「今までどんだけアンタに騙された事やら…」

少女「だ、騙した覚えなんか…」

巫女「あー、誰だったかしらねー。池に浮かぶ皿を河童に見間違えて私を呼んだり」

巫女「提灯を火の玉に見間違えたりしたのは…」

少女「あ、え、えーと…誰でしょうね~…」

巫女「…」

【続きを読む】

貞子「あー夜這いしてぇ…」ビールグビー

2015/05/06 09:59 | CM(1) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/06(水) 07:38:02.64 ID:5AuvCgXx0
メリー「…いきなり何言ってんの」

貞子「うっせえまな板幼女」

メリー「合法ロリですーまな板じゃないですー72以上ありますー」

貞子「どーでもいいわ…」





遅筆になるけどすまんな

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430865472

【続きを読む】

男「俺は君と付き合えるならストーカーになることだって厭わない」

2015/05/04 22:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 ◆OcvFFNj48ZSy [saga]:2015/04/11(土) 21:14:22.69 ID:zUgP0Lai0
学校までの道のりを歩いていく中でいつも考えてしまう

代わり映えしない毎日

それを無為に消化していた

こんなことでいいのだろうか

しかしならばどうすればいいのだろうか

大してやりたい事もなりたい物もないのだ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428754462

【続きを読む】

「坊ちゃんとクーデレメイド」

2015/05/04 11:28 | CM(2) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/05/03(日) 22:47:13.03 ID:0VoJ+QeLO
坊ちゃん「……遅い。まだですかねぇ」

坊ちゃん「一体買い物にどれくらいの時間をかけているのでしょうか」

坊ちゃん「まったく。これはまた帰ったら説教が必要かもしれませんね」

坊ちゃん「献身的に働いてくれるのはありがたいのですし……」

坊ちゃん「従順で素直で優しくて真面目なのは嬉しいのですが、まるで役にたたない」

坊ちゃん「メイドさん……」

ガチャ

メイド「ただいま帰りました」

坊ちゃん「遅いですよメイドさん!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430660833


【続きを読む】

「死ぬデレラ」

2015/05/03 17:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/18(土) 22:15:22.73 ID:dY7rLKty0
シンデレラ「はぁ…」

シンデレラ「今日もいっぱい怒られちゃった…」

シンデレラ「どうして私こんなにダメなんだろう…」

シンデレラ「一生懸命頑張ってもお母様達は満足してくれない」

シンデレラ「元々この家は私の家族が住んでいた家で…」

シンデレラ「お母様達がやってきてからずっとこんな感じで働いてる」

シンデレラ「引き取ってくれたのは感謝してるけどどうして私だけこんな…」

シンデレラ「…もう死んじゃおうかな」

シンデレラ「いい事全然ないし…誰も私なんかいなくなっても気にしないよね…?」

シンデレラ「でもすぐじゃなくてもいっか」

シンデレラ「次何か迷惑かけたその時にしよう」

シンデレラ「お掃除してこよう」トボトボ

死ぬデレラ「あぁ、早く楽になりたい…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429362922

【続きを読む】

超絶美人女上司「ねぇなんでこんな簡単な仕事も出来ないの?」

2015/04/30 23:00 | CM(1) | 創作・男女系 SS
1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2015/04/28(火) 09:16:51.544 ID:xJD0XzyV0.net
俺「すみません」

超絶美人女上司「謝罪じゃなくて理由を求めてるの、わかる?早く説明してもらえない?」

俺「えっと…」

超絶美人女上司「君さ、ここに入ってもう一年になるんだけどまだまともに仕事できないの?」

俺「…ごめんなさい」

超絶美人女上司「謝らなくていいからちゃんと仕事して欲しいんだけど」

俺「…これから頑張ります」

超絶美人女上司「それ何回も聞いたよ。今ので何回目?」

俺「…わかりません」

超絶美人女上司「168回目よ。自分のことも覚えてられないのね」

俺「…ごめんなさい」

超絶美人女上司「ハァ…全く世の中にどうしてこんな無能がいるのかわからない」

俺「……ごべんなさい」

超絶美人女上司「うわ、泣きだした。泣けばいいと思ってるの?幼稚園児と同レベルね」

俺「…………ごべんなさい」

【続きを読む】
インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:ちょくちょく更新してこうかと。

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

人気SSランキング
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。