HEADLINE

カテゴリー  [ アマガミ SS ]

梅原「美也ちゃんを無視する?」橘「うん」

2015/03/17 21:00 | CM(1) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/01(日) 00:35:07.89 ID:1zWfQoLNo
梅原「大将……急にどうしたんだ?」

橘「これにはいろいろ理由があるんだよ」

梅原「色々って……でもお前らは仲がいいのに」

橘「そこなんだよ!」

梅原「え?」

橘「美也は僕に依存していると思うんだ」

梅原「自分で言うか……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425137707

【続きを読む】

橘純一「明日から修学旅行だ!」

2015/02/02 23:31 | CM(1) | アマガミ SS
2 ◆TI638OYiZI [sage saga]:2015/01/31(土) 23:51:59.61 ID:ptQBZUOYo
【10月某日 教室】

高橋「はーい、それじゃあ以上。みんな、明日は早いけど遅刻しないようにね」

絢辻「起立――礼」

~~~~~~

梅原「いよいよ明日から修学旅行だな、大将!」

橘「そうだな梅原、明日が楽しみすぎて僕今日の授業はほとんど頭に入ってこなかったよ」

梅原「無理もねえぜ、高校生活最大のイベントの一つだからな」

橘「奈良・京都・大阪かあ、わくわくするな」

【続きを読む】

七咲「え?猫耳と尻尾ですよ」

2015/01/11 01:06 | CM(0) | アマガミ SS
aitmb9t58.jpeg


1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/14(日) 15:07:54.93 ID:VWiqlp0v0
~校舎裏~

七咲「ふふっ、そうなんですか。ほんと先輩の話って聞いてて飽きないですね」

純一(お、なんだかいい雰囲気だぞ。このまま顎とか撫でてみようかな)

純一「しっかしなんだな、七咲って猫みたいだよな」

七咲「え?…突然何言い出すんです?」

純一「いや、ほら…何処と無く…かな?」

七咲「何処と無く…ですひゃんっ!?」

純一「うん、何処と無く」サスサス

純一(うむ、いい反応だ!)サスサス

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418537264

【続きを読む】

七咲「二人の丘の上公園」

2015/01/06 12:10 | CM(1) | アマガミ SS
1 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/31(水) 23:00:43.97 ID:fizalZms0
純一「…ふう、ふう…やっとついた…」

七咲「もう、先輩…何だかおじさんくさいですよ?」

純一「しょうがないだろ…冬休みに入って運動なんかしてなかったんだから…」

七咲「だからってこの階段くらいで音を上げるだなんて…」

純一「と、とりあえず向こうのベンチ座ろうよ。ちょっと疲れちゃってさ…」

七咲「はいはい、わかりましたよ先輩」クスッ


純一「よっこいしょっと」ストン

七咲「よっこいしょって…先輩、おじさんくさいですよ?」

純一「僕ももう歳だから…ふう」

七咲「なに冗談言ってるんですか、私と一つしか違わないのに」

純一「だいぶ違うもんだぞ?」

七咲「ただ単に先輩が運動不足なだけじゃないですか」

純一「ぐっ、そうだけどさ…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420034443

【続きを読む】

純一「面倒見のよいクールな後輩」

2014/12/26 18:45 | CM(0) | アマガミ SS
1 ◆WE4ncwn0tc :2014/12/18(木) 21:46:26.87 ID:SRLCiab70
~放課後 校舎裏~

純一「…ねえ」

ずるずるずるー

七咲「…?何ですか先輩、じっと見て。ラーメンならあげませんよ?」

純一「そのラーメン、そもそも僕のだけどね」

七咲「いいじゃないですか一口くらい…」

純一「女の子の一口は大きいなあ。麺とスープを一気に半分も食べれるだなんて」

七咲「もう、先輩は乙女に何失礼な事言ってるんですか?そんなのだからどうしようもない変態なんですよ」

純一「乙女は男子の目の前であぐらかきながらカップ麺すすらないけどね」ボソッ

七咲「…何か言いました?」

純一「いえ、なにも…」

七咲「そうですか?…はふっはふっ」ズルズルズル

純一(…お腹減ったなあ)



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418906776

【続きを読む】

七咲「む、胸が!」

2014/09/02 15:01 | CM(0) | アマガミ SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2012/02/04(土) 00:15:26.13 ID:kB4Wlwi30
それは朝、いきなり起きた。

七咲「うっ…う~ん。さて、朝ごはん作らないと。」

ベットから降りた七咲逢は、身体に違和感を覚えた。

身体が重いのだ。

七咲「…疲れ過ぎかな?」

だが、その原因はすぐに分かった。

七咲「…む、胸が!大きくなってる!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1328282120(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)


【続きを読む】

橘「今週末は一人で留守番か~...」 桜井(チャンス!!)

2014/08/31 20:30 | CM(0) | アマガミ SS
rkgjog9i4.jpg


1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/11/28(木) 21:13:04.70 ID:eOJlZCA+0
アマガミSSです。今更な感じですが、楽しんでいただければ幸いです。

登場人物 橘 桜井 絢辻 棚町 美也

※橘と桜井メインなので、他の人物の出番は少ししかないです


過去作品

七咲「好きです!!」 橘「またまたご冗談を」
http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-7087.html


橘「な、なんで僕が女の子になってるんだ!?」
http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-7092.html


森島・絢辻・棚町・桜井・中多・七咲・上崎「あなたを私達のものにします!!」
http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-7145.html


橘「だって薫には彼氏がいるんだろ?」薫(...裏目にでたわ)
http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-7186.html




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385640784




【続きを読む】

橘「だって薫には彼氏がいるんだろ?」薫(...裏目にでたわ)

2014/08/29 22:03 | CM(5) | アマガミ SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/02/09(土) 19:21:19.48 ID:bhaTKTKf0
アマガミSSです。今更な感じですが、楽しんでいただければ幸いです。

過去作品



七咲「好きです!!」 橘「またまたご冗談を」


橘「な、なんで僕が女の子になってるんだ!?」


森島・絢辻・棚町・桜井・中多・七咲・上崎「あなたを私達のものにします!!」





放課後 駅前商店街


橘「やった!! ついにゲットしたぞ... キビトランドの特別イベントのチケットを!!」

橘「うう...長かった... おかげで貯金を使いきったけど...」

橘「でも、これで薫をデートに誘える!!」

橘「今まで、自分の気持ちに気づかなかったけど...」

橘「僕は薫が好きだったんだ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1360405279

【続きを読む】

森島・絢辻・棚町・桜井・中多・七咲・上崎「あなたを私達のものにします!!」

2014/08/24 22:50 | CM(0) | アマガミ SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (チベット自治区) :2012/07/26(木) 21:21:48.63 ID:RqD0LcD/0
アマガミのSSです。至らない点もあるかもしれませんが、楽しんでいただければ幸いです。

過去作品

七咲「好きです!!」 橘「またまたご冗談を」

http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-7087.html


橘「な、なんで僕が女の子になってるんだ!?」

http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-7092.html




学校 放課後 ポンプ小屋


橘「えーと、どういうことでしょう...?」

森島「言ったとおりよ!! 橘くんを私のものにしちゃうんだから!!」

上崎「うー、本当は私だけのものにしたいのにー...」

七咲「森島先輩、上崎先輩、『私』ではなく『私達』です」

棚町「そうよ。独り占めはさせないんだから!!」

桜井「急に呼び出してごめんね~、純一」

中多「で、でも先輩にどうしても聞いて欲しくて...」

橘「いや、それはいいんだけど。それより詳しい説明を聞きたいです」

絢辻「では不本意ですが、一から説明します」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1343305308

【続きを読む】

橘「な、なんで僕が女の子になってるんだ!?」

2014/08/18 13:00 | CM(1) | アマガミ SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (チベット自治区) :2012/07/07(土) 19:53:24.64 ID:TBGpidIW0
アマガミのSSです。至らない点もあるかもしれませんが、楽しんでいただければ幸いです。



3連休初日 キビトランド ファラオの謎出口


棚町「あははははははっ!!」

橘「わ、笑い事じゃない!!」

棚町「だ、だって、本当に、女に、な、なって... あはははははっ!!」

橘「くそ...前回は薫だけだったのにどうして...」

棚町「ひ、日頃の行いじゃないの? あんた変態だし... ぷっ...あはははっ!!」

橘「しかもなんで館から出たのに戻ってないんだ!?」

棚町「か、髪も伸びてるし... く、苦し... あはははははっ!!」

橘「せっかく3連休だから、薫と遊園地に来たのに...」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1341658404


【続きを読む】

七咲「好きです!!」 橘「またまたご冗談を」

2014/08/17 21:31 | CM(0) | アマガミ SS
nkrn948f.jpg


1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (チベット自治区) :2012/06/14(木) 00:29:07.73 ID:XidOLj5r0
初SSで初投稿です。至らない点もあると思いますが、よろしかったら読んでみてください。


昼休み、校舎裏

七咲「え?」

橘「いや、だからいつものようにからかってるんだろ?」

橘「はは、いくら僕でも、もう騙されないよ」

七咲「ち、違います!! こ、こんなこと冗談で言いません!!」

橘「そう言いながら結局、『嘘です』って言う気だったんでしょ?」

七咲「そ、そんなことは...」キーンコーンカーンコーン

橘「あ、チャイムが鳴ったね。そろそろ戻ろないと」

七咲「せ、先輩!! 待ってください!!」

橘「僕、次は移動教室なんだ。だからもう行くね」スタスタ

七咲「せ、先輩!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1339601347(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)

【続きを読む】

ξ^o^ξ「わお!」純一「餌ですよ森島先輩」

2014/07/05 03:00 | CM(0) | アマガミ SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/07/02(水) 17:43:19.33 ID:VAr4/7usO
純一「たくさん食べてくださいね。まだまだ牛丼ありますから」コトリ

ξ^~^ξ「モシャモシャ」

純一「美味しいですか?」

ξ^o^ξ「サイコーよ橘くん! グー!」

純一「ありがとうございます」

ξ*^o^*ξホッコリ


純一(さて、どうしたものか…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404290599

【続きを読む】

橘「○○を抱き締めてみる」

2014/03/26 18:40 | CM(4) | アマガミ SS
1 ◆K96Jk4jthA :2014/03/25(火) 08:22:38 ID:K2RssXbI
アマガミのSSです。
それぞれの話はパラレルワールドだと思って下さい。

橘「お、あれは梨穂子。早速いってみよう」

>>廊下

橘「おーい、梨穂子ー」

桜井「んー?あ、純一!どしたの?」

橘「梨穂子、寒くないか?」

桜井「え?うーん、そう言われるとちょっと寒いかも?」

橘「そうか。よし」

ぎゅっ

桜井「へっ?…ふぁぁあ!!」

橘「大きな声だすなよ、びっくりしたぞ」

桜井「だ、だって、急にこんなことされたら驚くよー!」

橘「寒いって言ってたからさ、温めようと思ったんだけど嫌だったか?」

桜井「う…。嫌じゃ…ないけど…ちょっと恥ずかしいよぉ」

【続きを読む】

純一「写真部か・・・」

2014/02/27 20:51 | CM(9) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/02/26(水) 20:06:47.79 ID:J4JDFVkr0
美也「にぃに~ お風呂あがったよ~」

純一「ん・・・もうちょっと待ってくれ・・・」ボーッ

美也「テレビばっか見ちゃって・・・宿題終わったの?」

純一「そういう美也は人の事言えるのか?」

美也「ふぇ?終わってないよ?」

純一「おいおい ダメじゃないか」

美也「まーいいじゃん みゃーもこの番組見たいし」

純一「まったく、後で泣いても知らないぞ」

美也「心配ご無用! もしもの時は紗江ちゃんか逢ちゃんに見せてもらうから大丈夫なのだ!」

純一「他力本願かよ・・・」

美也「にしし あ、CM入ったねお茶飲む?」

純一「あー、頼むよ」

―――――

―――




【続きを読む】

橘純一「765プロに就職した」

2013/09/18 18:00 | CM(7) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/02(金) 18:58:08.02 ID:CaSGdHXu0
梅原「しかし大将が大学いかずに就職する!」

梅原「とか言い出したから何をするのかとかと思えばアイドル事務所だったとはな」

橘「いやーそこの事務所の社長さんにティン!とかきた!とか言われてそのままま入社しちゃったんだ」

梅原「大丈夫かそこ・・・・・超ブラックとかじゃないよな」

橘「確かに事務所の規模は小さいけど、いい雰囲気だったよ」

橘「それにだ・・・・事務員さんがだ・・・・・小鳥さんというんだがこれがまたナイスバデーでな」

【続きを読む】

橘純一「相手に尿意を催させる」

2013/09/05 22:29 | CM(5) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/04(水) 10:49:27.76 ID:yyEojxMK0
純一「という選択肢が出てるけど…」

純一(つまりどういうことなんだろう? 試しに誰かにやってみるか)

純一「>>3にやってみよう!」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/09/04(水) 10:50:23.02 ID:fKbqyUuM0
スト子

【続きを読む】

棚町「はあっ!?あたしの陰毛にキスしたい!?」

2013/07/28 14:55 | CM(10) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/24(土) 04:08:50.79 ID:aa9awWeM0
棚町「……純一、あんたそれ本気で言ってんの?」

純一「当たり前だろ!こんなこと冗談で言えるはずがないじゃないか!」

棚町「……はぁ、あんたがそこまで変態だとは思わなかったわ」

棚町「とりあえずあたしバイトあるし帰るから」

純一「待ってくれ、ほんの少しでいいんだ!」

棚町「イヤなものはイヤ!なんでいきなりそんなアブノーマルなことしなきゃいけないのよ」

純一「薫……」

棚町「ったく……急に呼び出すもんだから何事かと思えば……」

純一「……わかった、じゃあ……見せるだけでいいから……!」

棚町「はぁ……それもダメに決まってんでしょ……今日のことは忘れてあげるからもう

純一「僕の毛も見せるから!」

棚町「……えっ?」

【続きを読む】

棚町「これからどうすんの?」絢辻「あなたこそ」

2013/07/24 22:42 | CM(3) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/23(火) 01:05:49.85 ID:bJ8jU9aG0
橘「梨穂子はかわいいなあ!!!」

桜井「じゅ、純一ぃ……声が大きいよぉ」

橘「しまった、梨穂子があまりにかわいいものだからつい……」

桜井「もう……はやく部室行こうよ」

橘「そうだな。部室ならふたりきりだし」

桜井「へ、変なこと言わないでよぉ」



棚町「……ねぇ」

絢辻「なに?」

棚町「あたしたちってなんだったの?」

絢辻「やめて。今はそういうこと言わないで」

【続きを読む】

純一「今日もパチンコで3万円負けてしまった…」

2013/06/07 06:40 | CM(5) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/05/31(金) 19:18:12.90 ID:NCLPFMCp0
とりあえず完走させまする


純一「今日もパチンコで3万円負けてしまった…」

純一「やることもないし、帰るしかないか…」

純一「大学はいってから、授業もろくに出ず何やってるんだ僕は…」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/05/31(金) 19:19:09.26 ID:UJjKXmo90
七咲にパチ代をせびろう…

【続きを読む】

梅原「来ちまったな大将・・・」橘「うん・・・」

2013/03/04 12:00 | CM(5) | アマガミ SS
nbksah53.jpg



1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/24(日) 15:45:41.36 ID:Su2mDdm70
橘「輝日東ランド・・・美也の話だとプレオープンの時には女性限定だったとか」

梅原「それに加えてバスタオル一枚!棚町が言うにゃ絢辻さんや森島先輩や学校の綺麗所が勢ぞろいだったらしいが・・・」

橘「周りを見渡せば親子連れにカップルだらけ・・・」

梅原「それに引き換え!こっちは男二人のやもめ共ときたもんだ・・・」

「「・・・はあぁ・・・」」

梅原「っと、まあこんなとこで落ち込んでても仕方ないぜ大将」

橘「うん、まあここまで来たんだし、入ろうか」

梅原「だな!今日は二人で熱気溢れるアバンチュールと洒落込もうぜぇ!」

橘「気持ち悪いこと言うなよ!」

【続きを読む】

純一「高橋先生と付き合い始めて二ヶ月目かぁ」

2013/03/04 06:07 | CM(1) | アマガミ SS
tkn39sl.jpg



1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/02(土) 13:42:46.79 ID:w8UgoeTq0
純一「なんだか感慨深く感じるよ」

純一「そんでもって、明日は念願の遊園地デートだ!」

純一「よ、よーし…大人の女性と行くデートだ、ちゃんとお洒落して行かないとな…」

当日

純一「……」ドキドキ

純一(先生はまだかな…ちょっと早く来すぎちゃったかな…)

「あ、橘くーん」たったった

純一「えっ? あっ! おはようございます!」

高橋「おはよう、橘くん。もしかして待たせてしまったかしら」

純一「い、いえいえ! そんなことありませんって! 大丈夫です! 今来たところですから!」

高橋「そお? ふふふ、だったらいいのだけど。それじゃあ行きましょうか」すっ

ぎゅっ

高橋「ね、橘くん」

純一「は、はいっ」

【続きを読む】

美也「にぃに、もうすぐ女の子の日だよ!」橘「!?」

2013/02/28 03:00 | CM(7) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/27(水) 11:50:46.59 ID:JI3E5XEr0
美也「にししししし!楽しみー!」

橘「げほっ!ごほっ……きゅ、急に何言い出すんだよ?」

美也「だって、久しぶりじゃん!にぃにには期待してるからね!」

橘「はあ?僕に一体どうしろっていうんだよ」

美也「もー、鈍ちんなんだから。そんなのプレゼントに決まってるじゃん」

橘「ぷ、ぷれぜんと?」

美也「そーだよ!期待してるからね、にぃに!」

美也「じゃ、みゃーはお風呂入ってくるねー」


橘「なんなんだよ一体……」

橘「久しぶりって、もしかして美也、最近遅れてたのか?」

【続きを読む】

上崎裡沙「橘くんにはあたしのルートに来てもらうんだからっ」

2012/11/07 04:00 | CM(4) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/11/04(日) 23:38:24.83 ID:En0rxU3a0
裡沙(今日も橘くんかこいいよぐゅふふっ)

裡沙(でもね、最近はちょっと色々と頑張ってる節を感じられるようになってきた)

裡沙「…橘くんは、きっと誰かとクリスマスを過ごそうと思ってるんだろうなぁ」

裡沙「……」

裡沙「はぁ…今日は橘くんを軽く一時間ぐらい監視してから帰ろ…」トボトボ

【続きを読む】

七咲「先輩、部活やめちゃいました」

2012/10/22 12:00 | CM(8) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/17(水) 11:17:50.96 ID:TwmW1nm10
廊下

純一「な、七咲!」

七咲「あ。先輩、お久しぶりですね」きぃこ…

純一「う、うん! あのね、七咲っ!」

七咲「すみません、その、何て言ったら分かりませんけど…」

純一「っ…あ、うん? ど、どうしたの七咲?」

七咲「…」

純一「七咲?」

七咲「…見ての通り、こんなことになっちゃいました」

きぃこ

七咲「もう、動けないそうです」

七咲「───足、一生治らないそうですよ」


【続きを読む】

梨穂子「……ごめんなさい、橘くん」

2012/10/17 12:00 | CM(7) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/07(日) 00:31:32.44 ID:xS7SmQ3P0
廊下

純一「え?」

梨穂子「………」

純一「ちょ、ちょっと待てよ梨穂子……橘くん…?」

梨穂子「………」

純一「な、なんだよ…前みたいに純一って呼べばいいだろ…?」

梨穂子「その…」

純一「あっ、うん!? なに梨穂子っ? あ、もしかして冗談だった?
   おいおい、それちょっと冗談としてなら笑えないから───」

梨穂子「………」くる…

梨穂子「……ごめんなさい、私ちょっと急いでるので」

すたすた

純一「…え?」

【続きを読む】

棚町薫「アタシが〝薫〟と呼ばれる理由」

2012/09/30 05:00 | CM(0) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/28(金) 22:38:30.18 ID:AdcMIM2k0
中学生時代


橘「ご、誤解だって! 僕は決して…っ!」

棚町「誰だってそう言うのよ、こういうときは絶対にね」

橘「違うよ! いや、違わなくも無いけど……でも、絶対にそうとは言い切れないって!」

棚町「へェー、じゃあ認めるのね?」

橘「ち、ちがっ……そうじゃない! そうじゃなくてッ!」

棚町「……アンタの意見はもうどうだっていいの、このアタシがいる時点で」

棚町「アンタの罪はもう決まったも当然」

橘(ぐぉっ……な、なんなんだこの娘っ…!?)

棚町「いいから、大人しくそれなりの……アタシからの対処を受けなさい」ズチャッ…

橘「ひっ…!」

棚町「この、ストーカーッ!!」


【続きを読む】

絢辻「まさか手帳落とした…?」

2012/09/27 00:06 | CM(8) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/23(日) 20:06:06.07 ID:84kbtCmu0
教室

絢辻「…」

「ねえ、これってどういうコト?」

「…信じらんない」

絢辻「…」

「これって絢辻さんの手帳でしょ?」

「いつも持ってるの見かけてるし」

絢辻「…そう、私のよ」

「…」

「…中を勝手に見た事は謝るよ。だけど、さ」

絢辻「…」

「───酷いよね、こういうのって」

「…最悪、いつもそんな風にあたし達のこと見てたんだ」

絢辻「……」

絢辻「…とりあえず、その手帳を返して」

【続きを読む】

橘「夏だし女の子の腋汗パッドの匂い嗅ぎたい」

2012/09/23 12:00 | CM(5) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/07/12(木) 08:38:59.33 ID:M4rzYsLO0
昨日保守してくれた人すみません
ありがとうございます
落ちちゃったので最初から投下します


橘「どんな匂いがするんだろう…すごく気になるよ…」

梅原(大将…お前、どこまで大人の階段を…)

橘「よし!じゃあさっそく頼んで みよう!最初は…そうだな、一番頼みやすそうな…」

田中「わ、私からだね!?」

橘「うん!薫からにしよう!」 ダッ

田中「」

【続きを読む】

橘純一「女の子全員とクリスマスパーティすることになったよ」

2012/09/16 00:46 | CM(5) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/09/14(金) 21:09:26.68 ID:3RtGxj8g0
純一「という夢を見たんだよね、へへ」

薫「え? するよわよ?」

純一「?」

薫「だから、みんなでパーティするわよって言ってんの」

純一「……いや、僕の夢の話だよこれって?」

絢辻「あら、勝手に夢にされるなんて……」

純一「あれっ!? 絢辻さんっ!?」

七咲「先輩、皆でパーティするって嘘ついたんですか?」

紗江「えっ……嘘…なんですか?」

純一「七咲に紗江ちゃんも!?」

森島「もちろんっ! わったしもいるわよ~!」

純一「先輩!?」


【続きを読む】

美也「みゃーだって……女の子なんだよ?」

2012/08/07 18:00 | CM(9) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/07/13(金) 01:08:44.24 ID:T41iSpPJP
美也「にぃに、ちゃんと見て」

橘「見れるわけないだろ! いいからはやく服を着ろ!」

美也「どうして? にぃには女の子のカラダ、好きでしょ? みゃーのを見ていいよ」

橘「お、お前は女の子の前に妹だろうが!」

美也「逢ちゃんよりも小さいけど、ちゃんと胸あるんだよ?」

橘「七咲がどうとか関係ないよ! 妹の胸を見てもなにも思わないんだよ!」

美也「じゃあなんで見ないの? 本当は意識してるんじゃないの?」

橘「そんなわけあるか!」

美也「……でもにぃにのズボン、パンパンに膨らんでるよ」

【続きを読む】
インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:ちょくちょく更新してこうかと。

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 04月 (136)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

人気SSランキング
アクセスランキング