HEADLINE

カテゴリー  [ ハリポタ SS ]

ロン「ハリー。君って、そんなに安月給だったっけ?」

2015/05/25 01:30 | CM(3) | その他 ハリポタ SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage ]:2015/05/24(日) 20:22:50.10 ID:8hfzb7UsO

ポッター家

ハリー「……」

ロン「……」

ハリー「…そりゃ、ロン。確かにね。かつて僕と同じく闇祓いとして働いていた君なら、局長クラスの僕の懐事情だって推し量れるだろうさ」

ロン「まあね」

ハリー「だけど、ご自分の転職が成功したからって馬鹿にするつもりなら……こないだの二週間ぶりの君んとこの離婚騒動の責任をだね……」

ロン「そ、そういう意味じゃないよ!それに、二週間だって!?失敬な!三週間と一日さ!マーリンの髭!」

ハリー「あぁ、親友夫婦が円満で嬉しい限りだよ、僕は」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432466570

【続きを読む】

バーノン「ハリーは連れていかさんぞ!!」

2015/04/27 21:00 | CM(0) | その他 ハリポタ SS
1 名無しさん@おーぷん :2015/01/30(金)16:20:15 ID:Tzf
ハグリッド「……」

ハリー「おじさん!」

バーノン「息子をそんなわけわからん連中に預けられるか!ハリー下がってろ!」

ペチュニア「大丈夫、大丈夫よハリー……」

ダドリー「かかかかってこい!僕が相手だ!」ブルブル

ハリー「ダドリー……」

【続きを読む】

ヴォルデモート「ワームテールがよりによってチン○を犠牲に俺様を蘇らせおった」

2015/04/26 23:59 | CM(0) | その他 ハリポタ SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/04/26(日) 17:29:02.64 ID:2fDAK/6OO
ヴォルデモート「……」

ワームテール「…」

ヴォル「…やってくれたな、貴様」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430036942

【続きを読む】

ヴォルデモート「俺様の名がヒットしただと?」

2015/04/09 12:00 | CM(1) | その他 ハリポタ SS
1 ワームテール :2015/04/08(水) 05:25:49.99 ID:OuL1Qide0
ヴォル「つまり、その『にちゃんねる』とかいうところに、何者かが俺様の情報をさらしたということか?ワームテールよ」

ワーム「はぃぃ、おそらくそのようなことかと・・・」

ヴォル「その情報がマグルの『いんたーねっと』とやらで発見できたというのだな?」

ワーム「仰せのとおりであります」

ヴォル「貴様のような虫けらもたまには仕事をするではないか」

ヴォル「さっそくその『すれっど』とかいう所を見せてもらおうか?ワームテールよ」

ワーム「はっ、しかしながらこのマルフォイ家に於いてはADSLです故、多少時間がかかります・・・」

ヴォル「構わん、さっさとしろ」

ワーム「ひぃっ承知しました。只今ページの表示待ちですゆえ・・・」

ワーム「2チャンネルとはJAPANのサイトです故時間が掛かります

    この機会に、これからのご主人様の情報収集のためにも光に変えては頂けませんでしょうか?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1428438349

【続きを読む】

ハーマイオニー「一発ギャグやりまーす」

2015/02/24 20:00 | CM(1) | その他 ハリポタ SS
1 名無しさん@おーぷん :2015/01/16(金)18:11:34 ID:XwG
ハーマイオニー「登り竜」クネクネクネ

ロン「……」

ジニー「わ、わー」パチパチ

ハリー「ははは……」

ハーマイオニー「……」

ハーマイオニー「嫌いよ、あなたたちなんか」

【続きを読む】

ハーマイオニー「私にもマ○コがあるのよ」

2014/12/02 01:31 | CM(2) | その他 ハリポタ SS
1 名無しさん@おーぷん [ ]:2014/11/09(日)00:23:17.021 ID:itGpVP0xH
ハーマイオニー「あなたにチ○コがあるように、ね」

ロン「なにを言ってるんだハーマイオニー」


2 名無しさん@おーぷん :2014/11/09(日)00:24:32.895 ID:HSHLb3Twf
スレタイの破壊力といったらもう

【続きを読む】

ポッター「闇の魔術とか弱くね」

2014/11/30 15:00 | CM(3) | その他 ハリポタ SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) :2014/10/31(金) 20:28:24.43 ID:vsOJljUf0
ポッター「闇の魔術とか弱くね?」

ハリー「魔法省でのダンブルドアとヴォルデモートの決闘を間近で見たときに何か違和感を感じたんだ」

ロン「うん?」

ハリー「あのとき、ヴォルデモートの死の呪文は金の像に阻まれた」

ロン「呪文はどこまででも届くわけじゃないからね」

ハリー「それは常識だよね。でも同時に、死の呪文が反対呪文や防御術で防げないのも常識じゃん?」

ロン「うん…あっ」

ハリー「そう。丈夫な遮蔽物を置けば、呪文を使うまでもなく死の呪文への防御策となる」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414754894


【続きを読む】

面接官「ラスボスとしてはちょっとねえ…」

2014/11/27 23:38 | CM(0) | その他 ハリポタ SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/11/23(日) 14:20:12.01 ID:9yp5wCYs0
ヴォルデモート「お願いします!」

面接官「得意技が死の呪文と磔の呪文というのはまあ及第点でしょう」

ヴォルデモート「俺さ…私の魔力なら造作もありません」

面接官「しかし、必殺技も死の呪文というのはどうなんですか」

ヴォルデモート「防御できない即死呪文ですから、まさしく必殺じゃないですか」

面接官「ラスボスに求めてるのはそういうのじゃないんですよね~」

面接官「防御できないって言っても、壁で普通に防げるそうですし、回避も難しくないでしょう」

面接官「何より、地味です」

ヴォルデモート「いやいや、相手がその場で死ぬんですよ?」

面接官「一回に一人殺せるかどうかの分際で粋がるのはやめてください。こんな呪文が撃てたところで、数人の大人が同時に飛びかかれば貴方を殴り殺せます」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416720001

【続きを読む】

ハーマイオニー「私……ロンと、離婚するわ」ハリー「……」

2014/11/23 19:20 | CM(3) | その他 ハリポタ SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage saga]:2014/11/23(日) 15:00:34.72 ID:ZFN9ie1jO
ハーマイオニー「本気よ。もうたくさんなの」

ハリー「……」

ハーマイオニー「あなたとジニーにも、迷惑がかかると思うわ……でも、私、限界よ」

ハリー「……」

ハーマイオニー「まだ子供がいなかったのが幸いだわね……あぁ、あなたとジニーの子供を見て、羨ましくは……思うわ」

ハリー「……」

ハーマイオニー「でも、私、決めたわ。ロンと……ちょっと?」

ハリー「……」

ハーマイオニー「ちょっと、ハリー?聞いてるの?」

ハリー「……あぁ、えっと、うん。聞いてるよ」


ハリー「この半年で三回目になる君のこの話題も、僕は一つも呆れる事なく聞いてるとも。もちのきみの旦那様でね」

ハーマイオニー「失礼ね、もう四回目よ、これで」

ハリー「君は相変わらず優秀だね、まったく」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416722434

【続きを読む】

ハーマイオニー「私のおっぱいに関する描写ってないわよね」

2014/11/19 22:26 | CM(2) | その他 ハリポタ SS
1 名無しさん@おーぷん [ ]:2014/11/08(土)00:37:10 ID:cZMVVyIKq
ハーマイオニー「ということは巨乳を名乗ってもいいんじゃないかしら」

ロン「なに言ってるんだハーマイオニー」

【続きを読む】

ハリー「……」マルフォイ「……」

2014/11/18 14:55 | CM(4) | その他 ハリポタ SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします (SSL) :2014/11/15(土) 18:31:28.57 ID:tCmdosl90
ハリー「…」

マルフォイ「…」

ハリー「…」

マルフォイ「…」

ハリー「…やっぱ家でかいな」

マルフォイ「そうでもない…」

ハリー「…」

マルフォイ「…」

ハリー「…」

マルフォイ(何しに来たんだ…)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416043878

【続きを読む】

ハーマイオニー「魔法に飽きたから握力を鍛えるわ」

2014/08/15 04:20 | CM(1) | その他 ハリポタ SS
1 名無しさん@おーぷん :2014/08/11(月)00:42:34 ID:gdCO3rnjA
ロン「どうしたんだハーマイオニー」

ハリー「なにを言ってるんだハーマイオニー」

ハーマイオニー「もう決めたわ。これからは握力の時代よ」


3 名無しさん@おーぷん :2014/08/11(月)00:43:55 ID:FabC6u9Wa
つづけて



hntjnbk59.jpg
【続きを読む】

ロン『夜のハーマイオニーは野蛮なんだ』

2014/08/15 01:24 | CM(0) | その他 ハリポタ SS
1 名無しさん@おーぷん :2014/08/10(日)18:22:40 ID:N85yGYeg5
ハリー「……」

ロン『野蛮なんだ』

ハリー「で、それを僕に言ってどうしようと」

ロン『なんとかしてくれ。身が持たない』

ハリー「……そんなにすごいのかい?」

ロン『ああ。そりゃもうすごいよ』

ハリー「……わかった。じゃあ明日の夜そっちに行くよ」

ロン『頼むよ』

ガチャリ

ハリー「ッハァー!面白くなってきやがった!」

ジニー「電話長かったわね。ロンから?」

ハリー「おいジニー!ロンとハーマイオニーのセックス見に行こうぜ!!」

【続きを読む】

ヴォルデモート「俺様は改心するぞ!」ダンブルドア「なんじゃと?」

2014/01/18 16:46 | CM(3) | その他 ハリポタ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2014/01/18(土) 00:11:22.94 ID:kCu0j7Xf0
ヴォルデモート「できると思う?」

ダンブルドア「無理じゃろ」

ヴォルデモート「俺様に不可能はない!」

ヴォルデモート「…が、一応理由を聞きたい」

ダンブルドア「トム、残念かもしれんが人を殺しすぎた
        今さら人の道には戻れんよ」

ヴォルデモート「それが教師の言葉か!ダンブルドア!
          もういい、俺様は一人でも改心してみせる!」

【続きを読む】

ロン「ハリー。ハーマイオニーのパンツを盗もう」

2013/12/24 02:00 | CM(3) | その他 ハリポタ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/12/23(月) 00:56:35.27 ID:zMr0srWN0
ハリー「え、本気?」

ロン「他校との交流会の準備で女子はみんな寮にいないんだ」

ロン「チャンスだよ。いこう」

ハリー「ロン、僕らもう4年生だよ? バレたらイタズラじゃすまされない」

ロン「ハリーはハーマイオニーのパンツが欲しくない? あっそ、なら僕ひとりでいくよ」

ハリー「……」

ロン「いい匂いがするだろうなぁ。シミがついてるかも。ああ、もうサイコー」

ハリー「わかった。わかったよ、僕も行く」

ロン「そうこなくちゃ」

【続きを読む】

ハリー「ヴォルデモートが世界を滅ぼそうと…!? 米軍に連絡だ!」

2013/11/17 06:00 | CM(13) | その他 ハリポタ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/11/16(土) 22:13:05.66 ID:NxUqXc/90
 
───

 ホワイトハウス

ハリー「……大統領、信じていただけましたか」

オバマ「君の、この"記憶移しの術"とやら……成程、話をするには手っ取り早いな」

オバマ「是非、首脳会談で使いたいぐらいだ」

ハリー「大統領、冗談を言っている場合では……」

オバマ「しかし……私は未だ、懐疑的だ。 君のこの術も……一種の催眠術ではないかと想っている」

ハリー「! 大」

オバマ「ストップ  が、実際に君がここまで精鋭部隊を"武装解除"させて、私のところまで辿り着いたのも事実」

オバマ「一介の英国少年が行うとは……まさに魔法のような出来事だ」

ハリー「……」
 

【続きを読む】

ハーマイオニー「大理石で柔道はマジやばい」

2013/07/08 12:00 | CM(5) | その他 ハリポタ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/25(金) 13:02:46.59 ID:s/4OPXuO0
ハリー「おらっ」

「ぐふっ」

ダドリー「そんな。ウェストスクールのマザーファッカー・ベンジャミンでも勝てないなんて」

モブ「やっぱハリーさん強えぇ」

ハリー「さてと…」

ダドリー「ひぃぃ、許して下さい。何でも買って来ますから」

ハリー「そう怖がるなって。毎度腕試しの相手を連れて来てもらって、むしろ感謝したいぐらいさ」

ハリー「それに従兄弟だしな。このぐらい水に流してやるよ。ちっとコーラ買ってこい」

ダドリー「……はい」

【続きを読む】

ドラコ「『ポッターにチョコを渡してこマらせルフォイ大作戦』だ!」

2013/02/17 12:00 | CM(2) | その他 ハリポタ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/02/14(木) 19:02:05.73 ID:nuHjrixN0
スリザリン寮

ドラコ「お前たち、集まってるな」

クラップ・ゴイル「「ウッホウッホ」」

ドラコ「あぁ、そうだな。朝食にはこの作戦会議が終わってから行こう、うん」

パンジー「ドラコは友人想いね、さすがだわ!」

ザビニ「一体何なんだ……こんなに朝早くから」

ドラコ「あぁ、今日もあのポッティーのイカレポンチをどうやって懲らしめてやろうか、考えていたのだがね」

ドラコ「これを見ろ。アンブリッジ高等尋問官(笑)から借りた、ジャパニーズコミックというやつだ」

パンジー「女の子の心理も分かろうとするなんてドラコ素敵!」

ドラコ「押し付けられただけさ。だが、興味深いことが描いてあった。日本では今日、2月14日に……」

ザビニ「……女性から男性にチョコを渡して、想いを伝える?カードではないのかい」

ドラコ「そう、そこだ。ポッターの間抜けに一服盛れるチャンスだろう?名付けて、『ポッターにチョコを渡してこマらせルフォイ大作戦』だ!」

パンジー「冴えてる!」

クラップ・ゴイル「「ウホーーー!」」

ザビニ「……言いたいだけじゃないか、フォイって」

【続きを読む】

ハリー「宿題で潰れる休日」ロン「全く、ホグワーツってステキだよな」

2012/10/07 00:17 | CM(4) | その他 ハリポタ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/10/05(金) 16:41:26.01 ID:LWGSjliQ0
湖のほとり

ロン「優しい先生に楽しい授業、それに、やり応えのある山のような宿題」

ハリー「いたせりつくせりだよ、あぁ」

ロン「アンブリッジなんて、君に熱心な指導をするあまり、『僕は嘘をついてはいけない』って拳に直接刻ませちゃうんだもんな」

ハリー「教師の鑑だね」

ロン「おまけに奴さんの授業の方も、マーチン・ミグズがおったまげるようなハラハラドキドキの教科丸写しときた」

ハリー「心臓がいくつあっても足りないよ、我慢の限界って意味でね」

ハーマイオニー「……ねぇ二人とも。アンブリッジに不満があるのも分かるけれど、口より羽ペンを動かしていただけないかしら」

ハリー「不満なんてもんじゃないよ、ハーマイオニー。マーリンの、あれさ」

ロン「髭だね、もちのロンで」

ハーマイオニー「やる気がないのなら、帰らせていただくわよ?」

ハリー「勘弁してよ、ハーマイオニー」

ロン「君がいないと僕らは、この宿題を終わらせるまでの間に七年生になっちまうぞ」

ハーマイオニー「だったら真面目にやって頂戴!もう!」

【続きを読む】

ハリー「強くてニューゲーム?」

2011/08/05 08:17 | CM(5) | その他 ハリポタ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/17(日) 23:34:36.89 ID:zVBquJvA0

ハリー「・・・うっ、・・・」パチリ

ハリー「・・・また戻って、そっか、またヴォルデモートに殺されたんだ」

ハリー「はぁ、2年生で死んだのは久しぶりだ」

ハリー「最近は4年生までは生きられたんだけど・・・」

ハリー「今回も卒業は無理だろうなぁ」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/17(日) 23:39:37.45 ID:zVBquJvA0

ハグリッド「おめぇさんは魔法使いだ」

ハリー「へぇ~・・・(ハグリッド、30回は聞いたよ・・・)」

ハグリッド「あんま驚いてねぇみてぇだな」

ハリー「そりゃ、不思議な事が沢山あったからね(死んで人生繰り返すとか)」

ハグリッド「そうか・・・お前さんにはつれぇ思いをさせちまったな」

ハリー「まぁね・・・(ハグリッド、バックビークに踏み殺された事は一生忘れないよ)」

【続きを読む】
インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 06月 (100)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

最新記事
Ads
人気SSランキング
アクセスランキング