HEADLINE

カテゴリー  [ ゆるゆり SS ]

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | CM(-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゆるゆり】結衣「京子の居ない日曜日」

2015/05/26 17:00 | CM(0) | ゆるゆり SS
2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/05/25(月) 21:37:30.21 ID:lP0LhvlTo
日曜日。


結衣は、暇だった。


宿題も終わった。

窓ガラスにも曇りはない。

洗われていない服も、干されていない服もない。

数週間前に購入したゲームは、レベルアップを重ね、
ラスボスすら楽に倒せるようになってしまった。

【続きを読む】

京子「面白い事ないかなぁ」

2015/05/16 15:00 | CM(0) | ゆるゆり SS
2 ◆IIarfIElUA [saga]:2015/05/16(土) 02:05:28.32 ID:cYFCM9Ym0
まだ少し肌寒いが、蕾をつけ始めた桜の木を眺める。

春の到来を感じながら、部室でゴロゴロする。
至福の時間。

結衣は今頃、ちなつちゃんのマフラーに青ざめている頃だろうか。
ちなつちゃんは相変わらず結衣に一直線だ。
その素直さを時に羨ましく思いながらも、自分がそうなった所なんて想像も出来なかった。

あかりは姉とショッピングらしい。
去年の春、あかりの入学式の日に見た衝撃的な光景が脳裏を過ぎる。

──恋、かぁ。

ちなつちゃんの事は好きだけど、恋愛感情とかじゃない気がするんだよね。
逃げるから、冷たくされるから追いたくなる。困った顔が見たいっていうか。

いつも存在感がないとかっていじってばっかりだけど、
あかりの笑顔も癒やされるよなぁ。優しいし、天使みたいだし。
でもやっぱり恋っていうのとは違う気がする。

結衣は・・・どうだろう。
一緒にいると安心する。気を遣わなくていいし、イタズラしても許してくれるし。
そういえば、同じクラスの子に言われた事があるなぁ。
「結衣と京子って、夫婦みたいだよね」って。

夫婦なぁ。
皆と過ごす毎日が楽しいって事だけで十分幸せだから、
そこまで考えた事もなかったな・・・

結論の出ない事に頭を回していてもしょうがないや。
明日は何をして遊ぼうか。結衣のご飯食べたいな。
あかりとちなつちゃんも呼んで、そのまま泊まって・・・

【続きを読む】

「もしも櫻子とあかりが双子の姉妹だったら」

2015/04/18 06:00 | CM(0) | ゆるゆり SS
2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [sage saga]:2015/04/17(金) 22:55:09.79 ID:D5XhXgTe0
〜自宅〜


あかり「櫻子お姉ちゃん」

櫻子「んーー?」

あかり「今日は櫻子お姉ちゃんが夕飯の当番だよねぇ?」

櫻子「そういえばそっかーー」アハハ

櫻子「うーーんと、じゃあ、カマンベールピザがいいなーー」

あかり「うーーん…宅配ピザもいいけど、櫻子お姉ちゃんが作ったごはん、あかり食べたいなぁ」ニコニコ

櫻子(うお…そんな眩しい笑顔されると作るしかないじゃんか…///)カァァ


【続きを読む】

【ゆるゆり】千鶴「ただいま」

2015/04/10 03:00 | CM(0) | ゆるゆり SS
2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/04/05(日) 21:37:44.65 ID:Ece2V8P70
向こうでは咲き始めた桜も,こっちではまだ咲いていない。
けれど蕾はだいぶ膨らんでいて,今か今かと待ち望んでいるようだった。
ぽかぽか温かい春の陽気の中,荷物をたくさん詰めこんだキャリーバックを転がしておばあちゃんの家へと向かう。

春と言えば出会いと別れの季節。昔から転校が多かったせいで,たぶん人一倍,出会いと別れを経験しているような気がする。
でも,今年の春はきっと別れと新たな出会いと,そして再会の季節。

受験を乗り越えて,私もついに大学生。偶然にも私の学びたい分野とレベルが合致した大学が,ここ,富山の地にあったのだ。
晴れて合格通知を手にした私は再びおばあちゃんの家に住ませてもらうことに決まった。
姉さんは別の大学に進学し,この春からは離れ離れ。そのため一人で鉄道を乗り継いで富山まで戻ってきた。

【続きを読む】

櫻子「めぐみの雨と、恋で咲く花」

2015/04/02 23:00 | CM(1) | ゆるゆり SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/30(月) 17:25:08.47 ID:JxUSEnW0o
私たち四人の距離が離れだしたのは、夏休みが終わったくらいからだった。



「もう受験だし、みんなで遊ぶのも控えないとね」


この時の撫子の言葉には、確かに同意していた。夏は受験の天王山、しかしその夏休みになってもまだ割り切れず、受験勉強という名目で集まってはいつものように遊んでいた私たち。

あまり良いことをしていないとはわかっていながらも、特に私や美穂は、残り少なくなる高校生活を前にもっとたくさんの思い出を作りたくて仕方なかった。

口火を切ったのは撫子だが、藍も撫子と同じ気持ちだったことだろう。それでも私たちの無理に付き合ってくれていた彼女たちには、感謝しなければいけない。


美穂はどちらかといえば私サイドの子だと思っていたが、撫子の言葉があってから一番ストイックになったのは彼女だった。

もともと本気を出せばすごい子だというのは知っていたが、撫子や藍をも驚かせる集中力、そしてそれに見合った結果をたたき出す彼女を見て、「三人が私に付き合ってくれていたのかもしれない」と静かに思うようになった。



撫子も藍も美穂も四年生の大学を目指していた。私は県内の製菓学校に行こうと思っていたから、勉強なんて勉強は三人に比べたらやっているうちに入らず、むしろバイトが多くなった。ケーキ屋でのバイトをするほうが勉強をするよりも進路に近い行動だったからだ。

今となっては、その時の行動に後悔している。テスト勉強という名目でもよかったから、みんなと一緒に勉強する時間を作っておけばよかった。問題集と戦っているみんなを、傍で見ているだけでもよかった。


時が過ぎるにつれ、試験までの時が近づくにつれ、私たち……いや、私と三人の距離は離れていったような気がする。気がするというのは、もちろん普段の授業中は一緒だし、休み時間も、お昼を食べる時も一緒だったからだ。

それでも自分だけが離れていく気がしたのは、みんなと同じことをしていなかったからだろう。違う道を歩むことになるという意識の芽は、ここでひっそりと顔を覗かせていたのかもしれない。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427703908

【続きを読む】

京子「ごらく部日誌、0冊目?」

2015/03/28 15:00 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/28(土) 09:28:55.91 ID:D0w8WJdmo
<春先・結衣宅>


結衣「…………」ぴこぴこ

京子「……まだレベル上げやってるの?」

結衣「次のボス、強そうなんだよな。今のままじゃ怖くて」

京子「絶対大丈夫だよ……道中の雑魚キャラ一発で倒せるならボスに苦労することないって」

結衣「でもレベル高いに越したことはないだろ?」


京子「時間の使い方がもったいない気がするんだよな~……まさか一人暮らし始めたのってゲームの時間確保するため?」

結衣「違うよ……人生経験とかって、前にも話したろ」

京子「でもゲームし放題な環境を作りたかった気持ちはゼロじゃないでしょ?」

結衣「…………」

京子「……結衣さん、黙ってても顔に出てますよ」

結衣「……ま、まあ、いろいろな希望が重なって、一人暮らししたいってことになったんだよ」

京子「あらあら……もっともらしい理由つけてわがままを叶えたなんて、ある意味子供っぽいね?」

結衣「なっ……別にもっともらしい理由じゃない! ちゃんとした目的って言うんだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427502535

【続きを読む】

ちなつ「スイッチがあるね」

2015/03/27 15:11 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/26(木) 23:21:32.67 ID:KlqsD748O
ちなつ「押してみようか、あかりちゃん」

あかり「電車止まっちゃうよぉ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427379692

【続きを読む】

あかり「廃墟だよぉ?」

2015/03/26 17:30 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/03/26(木) 03:05:49.61 ID:0gZPevez0
ちなつ「あかりちゃんついてきてよ!」

あかり「あぶないよぉ、やめようよちなつちゃん!」

ちなつ「大丈夫誰も居ないって!ほら、窓ガラス
全部割れてるよ?」

あかり「つまり割られたんだよぉ」

ちなつ「一階だけだから!」

あかり「いいよぉ」

ヤブヲカキワケカキワケ

(書きためあり)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1427306749

【続きを読む】

撫子「こころちゃんのおまじない?」

2015/03/08 17:00 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/08(日) 03:26:22.05 ID:o9F61wBGo
撫子「どのコップにしようかな……」

撫子「……これでいいか」とくとく


日曜の昼。

今日は大室家にお客さんが来ている。妹の花子の友だち……未来ちゃん、こころちゃん、そして最近よく遊びに来るようになったみさきちゃんの三人だ。

特にやることもないため、私はお客さんをもてなす用のお菓子を皿に用意している。

プッキーやドーナツの乗ったそれと、4つのグラスとオレンジジュース。大室家ではこれが定番だ。

両手が塞がっているので、部屋の外から妹を呼ぶ。


撫子「花子ー? あけてー」

花子「あっ、撫子おねえちゃん」ガチャ


未来「おじゃましてまーす!」

こころ「やっほー」ふりふり

撫子「やっほー……ほら、お菓子持ってきたよ」

花子「わぁ、ありがとう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425752781


【続きを読む】

撫子「私たちみんなの妹」

2015/03/07 09:00 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/06(金) 22:34:59.01 ID:536AfWNoo
休日の昼下がり。


今日の大室家はとても静かだった。なぜなら櫻子がいないからだ。

櫻子がいないことに加えて、櫻子とよく喧嘩するひま子もいなければ、櫻子とよくもめる花子もいない。中学生二人は友人の家にお呼ばれして朝から出かけているのと、花子も急な誘いがあって昼ごろに家を出た。


今日この家にいるのは、私・大室撫子と……おとなしいお客さんがもう一人。


楓「撫子お姉ちゃん、眠いの?」

撫子「ん……ああ、ごめんね」


ひま子の妹、楓が来ている。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425648898

【続きを読む】

綾乃「いたずらスキンシップ」

2015/03/04 09:00 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/03/02(月) 23:56:56.85 ID:sV5jd6LVo
<生徒会室>


櫻子「こんちはー!」がらっ

綾乃「あら、大室さん」


放課後の生徒会室。今日の仕事分を確認していると、元気よく扉が開かれて大室さんが入ってきた。

きょろきょろと部屋を見回して、少し驚いたように尋ねてくる。


櫻子「あれっ? 先輩だけですか?」


綾乃「そうなの。千歳は昨日から風邪で休んでてね……会長も今日は外せない用事があるみたいで、今のところは私ひとりなの」


千歳は昨日と今日、体調不良で学校を休んでいた。風邪そのものは軽いもので心配はいらないらしく、明日には行けるかもしれないと言っていた。

会長は何か受験に関しての用事があるようで……詳しいことはわからなかったが、今回は参加できないことを昼休みに私の元まで伝えに来てくれた。


今日は三人ということで、会長の指定した仕事量は大したものではないが、それでもノルマはある。後輩たちと協力して、その仕事を済ませるのが今日の予定だ。


しかし、


櫻子「ほぇ~……偶然かなあ、向日葵も今日来れないんですよ」

綾乃「えっ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425308216

【続きを読む】

京子「ホワイトパズル!」/ちなつ「ツイッター?」

2015/02/26 01:00 | CM(0) | ゆるゆり SS
2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/02/23(月) 17:40:03.02 ID:ASAYPKAwo



8/3 13:12 船見結衣 宅



京子「じゃーん!」

結衣「……お、ジグソーパズルじゃん。どうしたの?」


京子「へっへー私やったことなかったからさー。結衣とやろうと思って買って来たんだ」

結衣「ふーん……。そういえば私もやったことないかも……」

京子「マジ? 結衣こういうの好きそうじゃん」

結衣「否定はしないけど……。っていうか京子こそこういうの嫌いそうなのに、よく買ってきたな」

京子「なにおう! これでも地道な作業は得意なんだぞ!」

結衣「じゃあ普段から地道に勉強してくれよ」


京子「さて、じゃあ開封しよっか」

結衣「話聞けよ」


【続きを読む】

向日葵「おだんごヘアーの櫻子と」

2015/02/25 21:00 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/02/23(月) 21:31:04.63 ID:U65WxNMDo
櫻子「ちなつちゃ~ん!」

ちなつ「あ、櫻子ちゃん。なにか用?」

櫻子「あのー、ちょっとちなつちゃんにお願いがあるんだけど……///」もじもじ

ちなつ「お願い……? 櫻子ちゃんが私に?」

櫻子「やってくれるかなぁ、どうかなぁ」

ちなつ「何をそんなに恥ずかしがって……はっ、まさか……! いやいや櫻子ちゃんそれは! それはさすがに!」

櫻子「やっぱりだめかなぁ……」

ちなつ「いやだめっていうか……別に私は櫻子ちゃんのこと好きだしいいんだけど、向日葵ちゃんとかあかりちゃんの目もあることだし、でもそれでも我慢できないっていうなら、誰にも見られない所に行って……///」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1424694664

【続きを読む】

向日葵「ゆるゆり短編集ですわ」櫻子「大室家多め!」

2015/01/22 23:59 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2015/01/22(木) 15:35:21.11 ID:1bdY9ibeo
【なつの おおむろけ】


ミーンミーン……


櫻子「あぢぃ……」


撫子「ただいまー」ガチャ

花子「あっ、撫子お姉ちゃん」


撫子「暑そうだね櫻子」

櫻子「あっったりまえじゃん!! 誰だって暑いよこんな日は!」

撫子「そんな櫻子に良いものがあるよ」ごそごそ

櫻子「えっ! なになに!? 何か道具を出してくれるの? なでえもん!」


撫子「誰がなでえもんだよ ……はいこれ」ばさっ

花子「なんだしこれ?」


櫻子「あーー! ビニールプールだ!!」

撫子「私の友達が貰ったものらしいんたけど……その友達も使わないからって、私が貰ったんだ」

櫻子「やったーーー! プールー!!」

花子「まあビニールプール程度でも今は大助かりだし」

撫子「よし、作るか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421908520

【続きを読む】

結衣「不思議な砂時計」

2015/01/05 05:00 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2015/01/04(日) 12:00:02.87 ID:0RkaLDGTO
あかり「お待たせ~」

ちなつ「あ、あかりちゃん来たー!」

結衣「お疲れ。お茶はいってるよ」

あかり「ありがと~」


あかり「何かやってたの?」

京子「これみんなで見てたの。うちから持ってきたんだー」

あかり「わぁ~、アルバムだあ!」

結衣「あかりの写真も結構あるよ。京子のお母さんが撮ってくれてたみたい」

ちなつ「みんな可愛いですね~、結衣先輩はこの頃からこんなにかっこよかったんですか!?」

あかり「結衣ちゃんは昔の方がやんちゃだったけど、今は昔よりも頼れる感じがあるよねぇ」

結衣「は、恥ずかしいな……///」


京子「あかりは昔からあんまり変わんないよなー。昔から変わった子というか」

あかり「えっ! あかり変わった子だったの!? というか今もなの!?///」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420340402

【続きを読む】

ちなつ「先輩なにしてるんですか!!やめてくださいよ本当に!!」

2015/01/01 00:30 | CM(7) | ゆるゆり SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/01(水) 18:16:23.21 ID:ME5BWJm50
第一章 生徒会脅迫!ごらく部員達の逆襲

京子「綾乃~遊びにきたよ~」ガラガラ

綾乃「とっ、歳納京子!?」

向日葵「こんにちは~」

櫻子「こんにちは~」

京子「あれ?千歳は?」

【続きを読む】

京子「幽体離脱~♪」

2014/12/21 00:31 | CM(1) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/20(土) 16:54:58.80 ID:TZjGe41co
──チュン、チュン


京子「……」ペラ


京子「……」ペラ


京子「……ん?」

京子「ってうわ、もう朝だよ」

京子「あちゃー、またやっちゃった」

京子「漫画読み返してたらいつの間にか時間経ってるんだもんなぁ」


京子「はぁ……今から寝てもギリ一時間しか眠れないのか」

京子「まぁでも、少しでも一応寝たほうがいいよな」


京子「……いや、今から寝ても起きられる気がしない」

京子「娯楽部の部長が遅刻なんてしていいのか?」

京子「否!いいわけがない!」

京子「こうなりゃ徹夜だ!学校までミラクるん読むぞ!」

京子「魔女っ娘、ミラクるーん!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1419062088

【続きを読む】

あかり「ゆるゆりwwwwwwはっじまーるよー」

2014/12/14 17:34 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/07(日) 16:16:36.49 ID:RZlgYK9Uo
京子「あかりにドッキリ仕掛けようぜー」

ちなつ「ドッキリってどんなですか?」

京子「まず私が教室で立ちションしてるでしょ?」

結衣「既にドッキリ大成功なんだけど」

京子「そしたら、あらかじめ呼んでおいたあかりが教室に入ってくるじゃん」

京子「あかりが教室に入ってきた瞬間、急におしっこの勢いが増して教室中おしっこまみれになるから」

京子「私があかりのせいだぞー!って怒るドッキリ」

京子「どう?」

結衣「正気かお前」

あかり「どうでもいいけどせめてあかりのいないところで相談してよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417936586

【続きを読む】

綾乃「歳納京子と銭湯!?」

2014/12/11 09:00 | CM(2) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/12/10(水) 20:17:51.61 ID:F6HVkn96o
千歳「このスレタイでエロ展開がないのはおかしいやろがぁ!」

適当に

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418210261

【続きを読む】

撫子「意外と忙しい大室撫子の日常」

2014/12/08 23:36 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/12/08(月) 21:14:32.16 ID:GsNDuEoO0
撫子「櫻子ー、そろそろ起きな。遅刻するよ」ガチャ


櫻子「んー……」もぞもぞ

撫子「ほら早くしないと、ご飯食べる時間無くなっちゃうよ」

櫻子「寒いよぉ……」

撫子「ひま子待たせちゃ悪いでしょ、ほら起きて」ばさっ

櫻子「うおおおお寒い~~~……!」


櫻子「だっ、だめっ! 寒すぎ!」はしっ

撫子「うわっ! ちょ、ちょっと! 抱きつくな!」

櫻子「だって寒いんだもん! 毛布返して!」

撫子「返したらまた寝ちゃうでしょうが……早く支度しな」

櫻子「お願い、私を連れ去って……洗面所まで……///」ぎゅっ

撫子「何そのセリフ……わかったよもう。よっこらせ」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418040862

【続きを読む】

ちなつ「櫻子ちゃんは渡さないわ!」

2014/12/05 21:35 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/12/04(木) 21:43:35.51 ID:uYqekQEwO
ちなつ「向日葵ちゃん……櫻子ちゃんを自分だけのものと思ったら大間違いよ!」

向日葵「はっ……はああああああ!?///」


ちなつ「私は逃げない、正面から向日葵ちゃんとも向き合う。櫻子ちゃんは渡さないわ」


向日葵「よ、吉川さんいきなり何言って……船見先輩はどうしたんですの?」

ちなつ「…………」

向日葵「歳納先輩は?……あ! ひょっとして赤座さんとの間に何かあったんですのね!?」

ちなつ「はぁ、わかってない。わかってないよ向日葵ちゃん……」


向日葵「な、なにを……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1417697015

【続きを読む】

京子「タッチシタイ」

2014/11/19 13:38 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/11/18(火) 06:18:06.46 ID:sT41EAYX0
京子「ふー、やっと冬コム用の原稿終わった~」

京子「最近はずっとペンばっかり持っていたから他の物あまり持ってないな」

京子「何か他の物を持ちたいな」

京子「何か丸くて柔らかい…」

京子「!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416259076

【続きを読む】

櫻子「クッキーハロウィン!!」

2014/11/08 15:49 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/10/31(金) 23:03:44.01 ID:e/wuNrQy0
?10月30日、お昼休み?

あかり「そういえば明日はハロウィンだねえ」

ちなつ「あっ、もうそんな時期かあ……ハロウィンって影薄くて忘れちゃうんだよね、まるであかりちゃんみたい」プププ

あかり「もーちなつちゃんてばー!」プンプン

櫻子「私は覚えてたぞー!」

向日葵「あら、意外ですわ」

櫻子「明日はたくさん食べるぞー!」

向日葵「そんなとこだろうとは思いましたけど…」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414764213

【続きを読む】

綾乃「待ってて、今行くから」

2014/10/31 15:13 | CM(1) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/10/28(火) 23:30:12.97 ID:lIIIDqC7o

千歳「──ってことがあってなぁ~」

綾乃「ふふっ、本当にしょうがないわね」

綾乃「あっ、それじゃあ私はこっちだから」

綾乃「またね、千歳」

千歳「うん、また明日~」フリフリ

綾乃「ええ」フリフリ


千歳「! 綾乃ちゃん!!!」

綾乃「へっ──きゃっ!?」バタッ


ブロロロロロロ……


千歳「綾乃ちゃん大丈夫!?」タッタッタッ


綾乃「え、えぇ……なんとか」

千歳「よかったぁ」ホッ

千歳「綾乃ちゃんに怪我でもあったらどうしようかと……」

綾乃「ありがとう千歳、私は大丈夫だから」

綾乃「ダメね、青信号でも道路は気を付けて渡らなくちゃ」

千歳「せやなぁ」

千歳「なにはともあれ、綾乃ちゃんが無事で本当よかったわ~」

綾乃「もう、大袈裟なんだから」

綾乃「それじゃあ、今度こそさよならね」

千歳「うん、帰りは気を付けてなぁ~」

綾乃「千歳もねー」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1414506602

【続きを読む】

櫻子「そうだ、自由研究やろう」

2014/10/01 02:00 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/30(火) 18:45:01.18 ID:0w3gGz2zo
ー大室家ー

櫻子「うーん……」

櫻子「夏休みの宿題、向日葵に直前になって慌てることにならないよう言われたから広げてはみたけど」

櫻子「なにからしていいのかさっぱりわからん」

櫻子「問題集は……難しそうだから後ででいいや」

櫻子「読者感想文は本読む気分じゃないし」

櫻子「ノート一冊分の書き取りは量が多過ぎる」

櫻子「どうしよう……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1412070291

【続きを読む】

向日葵「狐面の少女」

2014/09/08 01:32 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/09/07(日) 00:03:17.37 ID:2zcbU8jkO
一番最初に出会ったのは、確か放課後。


そう、あのときも、私は櫻子を探していた。

掃除が終わったら一緒に生徒会に行くはずだったのに、あの子がなかなかやってこない。


向日葵「全くどこをほっつき歩いているのかしら……」


あの子の担当掃除箇所を探しに行こうとした途中。

誰もいない、被服室の窓枠に。

その少女の姿はあった。


向日葵(な、何……あの子……?)


器用に窓枠に腰掛けながら、夕方の少し強い風に吹かれて外を眺めている。

さらさらと揺らめく髪、ぱたぱたとなびく制服。その顔は……白い狐のお面に隠れていてわからない。


でも、私はその仮面の奥の顔に心当たりがあった。

というより、それがさっきからずっと私が探していた子の姿と、感覚的に一致しているのだ。

だって私は、その風になびく髪を一番長く隣で見てきたのだから。


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410015797


2 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/09/07(日) 00:07:40.60 ID:2zcbU8jkO
向日葵「さ……櫻子!?」

「……!」ぴくっ


少女は私の声に反応して、窓の外にやっていた視線を、身体ごとこちら側へゆっくり向けた。


向日葵「櫻子……櫻子ですわよね? 何やってるんですのこんなところで……」

「…………」


少女は何も応えない。

ゆっくりと窓枠から降りて、こちら側へ少しずつ歩み寄る。


少し怖かった、けど、私は退かない。

だってそのシルエットも、身長も、私の知っている櫻子と全く同じものだったから。


【続きを読む】

ちなつ「blueはどこへ消えた?」

2014/08/20 12:11 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/08/19(火) 00:20:30.74 ID:6oJFiQZgo
夏休みの、ある日の午後。

あかり「じゃ、じゃあ課外頑張ってきてねー」
ちなつ「うん」

私はあかりちゃんの笑顔に手を振って応え、ごらく部の部室を後にした。

今日は英語の補習授業。
ちょっと赤点取っちゃったからって、なにも貴重な夏休みを削って特別授業なんてしなくてもいいと思う。
宿題の量をちょっと増やすとか、そういう感じで。
それならごらく部のみんなに教えてもらえるから。

ごらく部は今日は休みのはずだったけど、私が補習授業を受けることを聞いて、今日を活動日にしてくれた。
私が帰って来るまで、部室で待っていてくれるのだ。
みんなの優しさに感謝。

私は補習教室に入って教科書とノートを広げた。
真面目に授業を受ける気は、当然なかった。
夏休みの宿題のことを考えていた。
今年は量が特に多いので、考えただけでイライラする。私はなにも手を付けてないし、ごらく部のみんなもペンを走らせている様子はなかった。
みんなで解こう。

特に、結衣先輩に教えてもらいたいな。
先輩の隣で、先輩の香りを楽しんで、いや、そんな、後ろから覆いかぶさるようなポジショニングなんて……頭がフットーしちゃいそう――。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408375220


【続きを読む】

【ゆるゆり】花子「こころの日記!」

2014/08/02 02:30 | CM(0) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2014/06/29(日) 12:55:42.09 ID:7Lwew8/m0
未来「えっ、花子様夏休みの宿題もう終わったの!?」

花子「ま、まあ……///」

未来「すごーい! すごすぎ!」

こころ「花子様すごーい」

花子「いやこころももう終わらせてあるの知ってるし!」

未来「うそっ、こころちゃんも終わってるの?」

こころ「うん……ほら」

花子「なんで夏休みの日記終わってるし……」

こころ「この通りにすごせば大丈夫だよー」


花子「ちなみに明日は何て書いたんだし」

こころ「花子様が学校のプールで水着を忘れる」

花子「なんでこころの日記なのに花子のこと書いてるし!」

未来「えーん私まださわってすらいないよー……二人だけずるーい!」

こころ「花子様ずるーい」

花子「なんでだし!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404014141


【続きを読む】

ちなつ「お姉さん……あかりちゃんを、私にくださいっ!!」

2014/07/25 04:45 | CM(2) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [孤独の人]:2014/07/24(木) 08:19:09.19 ID:1nwBwIW6O
あかね(……私は……何をしているのかしら)

昼下がりの図書室。

重ねた唇を離して、あかねは思った。

隣の彼女、徹夜でレポートを仕上げて体力も限界だという吉川ともこは、口づけされたことにも気づかず、穏やかな図書室の光の中で相変わらず眠り続けている。

背もたれに身体を預け、まるで幼い子供のように。


可愛かったから、という理由では済まされないことをしている。
気づいていないから、という理由では許されないことをしている。


あかね「好きよ……ともこ」

ともこ「…………」すぅ


起きている時に言えばいいのに。

あかり(本当に……何をしているのかしら)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1406157549

【続きを読む】

京子「好きな人に尽くすのって幸せ!!」

2014/07/21 06:00 | CM(1) | ゆるゆり SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2014/06/26(木) 23:15:45.25 ID:Bajjmggx0
綾乃「あ、あの! 歳納京子……」

京子「もう、『京子』って呼んでよ。綾乃」

綾乃「き、京……子」

京子「ふふ。どしたの、綾乃?」

綾乃「手、つないでも……?」

京子「当たり前じゃん、恋人同士だよ? 私たち」ギュッ

綾乃「な――き、京子。いきなりそんな……」

京子「綾乃、いい匂いだね」

綾乃「き、き、き京子! 私、あなたのこと――」


ジリリリリリリリリリ

綾乃「!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403792145


【続きを読む】
インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:ちょくちょく更新してこうかと。

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

人気SSランキング
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。