HEADLINE

月別アーカイブ  [ 2013年08月 ] 

≪ 前月 |  2013年08月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | CM(-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御坂「食蜂とアイツがデートしてる・・・」

2013/08/31 22:45 | CM(1) | とある SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/31(土) 17:28:28.83 ID:1ufXbJU70
御坂「きっと騙されてるに違いないわ!私が助けないと・・・」

みたいなのおねがいします!


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/31(土) 17:41:45.28 ID:87OpDukC0
みこみさなんだろ?そうなんだろ?

【続きを読む】

バルクホルン「宮藤、尻をだせ」芳佳「は、はいぃ!」プリンッ

1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/08/24(土) 19:30:57.50 ID:kjjq14Kro
バルクホルン「分かっているな? どうして私がこのようなことをするのかは」

芳佳「わ、わかっています!」

バルクホルン「言ってみろ」

芳佳「わ、私が、規則違反を犯してしまったからです!!」

バルクホルン「そうだ。宮藤は再三注意したにも関わらず、連日連夜リネット・ビショップの室内に行き、消灯時刻を守ることなく、談笑していたな」

芳佳「そ、その通りです!!」

バルクホル「よって、これより宮藤芳佳軍曹には規則違反の罰を受けてもらう。宮藤、尻を出せ」

芳佳「は、はいぃ!」プリンッ

バルクホルン「いくぞ」

芳佳「できれば……や、やさしく……」

バルクホルン「いけないやつだ!! 違反を犯すなんて!! 私がお前を立派な軍人にしてやる!!! 尻叩き100回だ!!!」パシンッ!!パシンッ!!

芳佳「あんっ!! ぁうっ!? ごめんなさぁぁぁい!! ひゃぁぁ!!」


バルクホルン「――はっ!!」ガバッ

バルクホルン「……夢か。どうして、こんな夢を……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377340257

【続きを読む】

さやか「あんた程カーズッ!心底憎いと思った奴はいないッ!!」

2013/08/31 12:00 | CM(0) | まどか☆マギカ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/15(木) 21:02:33.15 ID:DV9Y/+hp0
カーズとジョセフ・ジョースターの戦いから十数年…


 ~宇宙空間~


カーズ「……………」

カーズ「………」

カーズ「…」


……………

………



さやか「それじゃ、またねー恭介」

恭介「うん、またねさやか」

さやか「~~♪…わっ、もうこんな時間!急いで帰らなきゃ…!」


【続きを読む】

真「765プロのみんなが腐女子化した」

2013/08/31 08:00 | CM(16) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/11/23(水) 19:57:41.01 ID:tUKLPBuh0
~PM9:02 某事務所会議室にて~

小鳥「それでは、801プロ定例会議を始めます」

小鳥「意見のある方は挙手をどうぞ」

シーン……

雪歩「はい」スッ

小鳥「雪歩ちゃん」

雪歩「……」

雪歩「社長×プロデューサーは鉄板ですぅ!おじ様攻め最高なんですぅ!!!」

【続きを読む】

綾「大学行きたくない……」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/18(日) 22:24:19.50 ID:SxjWbRUQ0
周囲「ガヤガヤwwwガヤガヤwww」
周囲「ウェイウェーイwwww」


綾「…………」

綾「(どうしよう、ぼっちになっちゃった…)」

綾「(けど、今からでも誰かに話しかければ……っ!)」


綾「(だめだ……恐い……1人で初対面の人に話しかけるなんて出来ないよ…)」



綾「(もう、ぼっちでいいや……)」

【続きを読む】

しずか「私は源しずかという人間が嫌いです」

2013/08/31 00:52 | CM(4) | その他 ドラえもん SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/30(金) 08:48:21.56 ID:WvDcSABC0
数年ぶりに足を踏み入れた野比家は、昔とは違う、どこか余所余所しい匂いがした。

のびママ「いらっしゃい、しずかちゃん…」

頭に白いものが目立つようになった彼の母が、力のない声で私を和室へと案内してくれた。
こうして彼の母と向き合って座ると、私の胸は懐かしさでぎゅっと締め付けられるようだった。
あの頃の、楽しかった思い出が頭を駆け巡る。
テレビを見ながら眠ってしまった彼を尻目に、二人でガールズトークに花を咲かせたのもこの和室だ。
そんな時、彼の母は決まって「息子には内緒ね」と舌を見せながら、隠しておいた高級菓子を私に出してくれたものである。
彼の母には、一時期とてもよくしてもらっていた。

【続きを読む】

ベートーベン「ドラクエ良曲多すぎワロタ」バッハ「は? FFだろ」

2013/08/30 19:32 | CM(18) | VIP
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/29(木) 18:34:59.48 ID:2swfue490
モーツァルト「MOTHER聞け」

ベートーベン「特にドラクエⅢの『冒険の旅』は神だわ。いやマジで」

http://www.youtube.com/watch?v=OjBX92uZYVc

バッハ「あーまあ確かに、壮大な冒険に出るようなあのワクワク感はすげえよな。心動かされるわ」

モーツァルト「とりあえずお前らMOTHER聞け」

ベートーベン「アン・デア・ウィーン劇場のやつらに演奏させてえな、本気出して」

バッハ「どデカイ演奏の環境にもはり合える豪快さがあるよな。盛り上がりの音とそれを支える音のバランスが良い」

モーツァルト「無視すんなよ、MOTHERがマジ神曲多いんだって」

ベートーベン「あー、すぎやまこういちさん天才だわ。俺もこんな才能ありゃあな……」

バッハ「別の曲に同じ旋律使いまわすお前とは大違いだよなwwwwwwwwwwwwwww」

ベートーベン「うるせえwwwwwwwwwwwwwwww」

モーツァルト「」

【続きを読む】

ほむら「我が心と行動に一点の曇りなし…!全てが『正義』よ」

2013/08/30 12:00 | CM(8) | まどか☆マギカ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/27(土) 14:42:03.33 ID:AG4Jcoj50
ジョニィ「すまない…」

ジョニィ「信じたかった…本当に大統領を信じたかった…」

ジョニィ「さようならジャイロ…」


  ス パ ァ ァ ア ァ ァ ン


ヴァレンタイン「――――」

ヴァレンタイン(悔いはない…既に次の手は打ってある…後はDioが聖なる遺体を手に入れる為に行動する)

ヴァレンタイン(わたしは最後まで国の為に生きた…その繁栄を見る事が出来ないのが残念だが…)

ヴァレンタイン(我が心と行動に一点の曇りなし……全てが…)


……………

………


【続きを読む】

夜空「超速変形!」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/27(火) 18:48:27.15 ID:Glc0EAL20
星奈「ねぇあんた達、今度の休み暇?」

小鷹「何だ?何かあるのか?」

星奈「このあたしの運転でドライブにでも連れて行ってあげようかと思ってね」

幸村「あの……星奈のあねご……」

夜空「さすが肉だ、道路交通法も知らんとは」

理科「理科でも知ってますよ……」

小鷹「さすがにDQNすぎるだろ……」

星奈「もうっ、なんでそうなるのよ!!」

星奈「無知はあんたたちの方よ!ホラ!!」ガサゴソ

ジャーン

夜空「……なんだそれは?」

星奈「ドライバーズIDよ。もしかして知らないの?」ニタァ

夜空「し、知っているに決まっているだろう!見るのが初めてなだけだ」チッ

※ドライバーズID…年齢による取得制限のないエーアイカーの運転免許

【続きを読む】

半沢直樹「765プロ…?」

2013/08/30 01:46 | CM(6) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/29(木) 18:21:28.15 ID:BYcSkGdq0
春香「961プロが…」

半沢直樹「やられたらやり返す、倍返しだ!」

こんな感じでお願いします


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/29(木) 18:37:35.89 ID:ZzdqXu/K0
高木「彼が今度我が765プロに新しく入社した半沢君だ」

半沢「半沢直樹です。どうぞよろしく」

俺にはこれが限界 こんなのでいいなら頑張る

【続きを読む】

綾「よ、陽子のことが好きなの!」

ykmbno3.jpg


1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/28(水) 16:32:03.48 ID:joKeAM/qI
綾「……」

最近、綾の元気がない。
まあ綾は私やカレンみたいにいつもハイテンションってわけじゃないけどさ。
それでもここまでため息ついたり思い悩む綾も珍しい。

陽子「綾、なにかあったの?」

昨日やその前もこんなふうに訊ねたけど、反応は変わらなかった。
綾はただ学校へ向かう足を止めてうつむき、「なにもないわ」なんて言うように
ぷるぷる頭を振るだけ。

私もそれ以上なにも言えずに、「そっか」と答えるだけだった。

【続きを読む】

なの「はかせがクッパにさらわれた」

2013/08/29 19:59 | CM(6) | 日常 SS
tykpkh5pe.jpg


1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/28(水) 21:10:50.27 ID:byHVVvqj0
東雲研究所

なの「ただいま~」

なの「はかせ~、今日は相生さんが……?」


しーん

なの「……はかせ?」

【続きを読む】

吉良吉影「魔法少女システムか…便利だな」

2013/08/29 12:00 | CM(2) | まどか☆マギカ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/03/09(土) 21:11:36.44 ID:mldGtt+B0
私の名は「吉良吉影」年齢33歳…自宅は杜王町東北部の別荘地帯にあり…結婚はしていない。

仕事は「カメユーチェーン店」の会社員で毎日遅くとも夜8時までには帰宅する。
たばこは吸わない…酒はたしなむ程度。夜11時には床につき必ず8時間は睡眠をとるようにしている…
…寝る前に温かいミルクを飲み、20分ほどのストレッチで体をほぐしてから殆ど朝まで熟睡さ……

赤ん坊のように、疲労やストレスを残さずに朝目を覚ますんだ。

なんの事かって?

私は常に「心の平穏」を願って生きてる人間ということを説明しているのだよ。
「勝ち負け」に拘ったり、頭をかかえるような「トラブル」とか、夜も眠れない「敵」をつくらない…
…と言うのが、私の社会に対する姿勢であり、自分の幸福だと言うことを知っている。
まあ、闘ったとしても私は誰にも負けんがね。

……………

………


吉影「杜王町から見滝原に転勤、ですか?」

上司「一時的なものだ、頼めないかな」

吉影(一時的だとしてもわたしが杜王町から離れるだと?クソ…向こうにある社宅だってどんな奴がかつて使っていたか解らないんだぞ…)

【続きを読む】

真「夜景の見えるレストランでディナーを」

2013/08/29 04:55 | CM(2) | アイドルマスター SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/29(木) 03:11:11.11 ID:+1Q5UIdo0


真「ねぇ~プロデューサーいいでしょ!ねぇ~!」

P「ダメだダメ! 変な噂たったら困るだろ?」

真「なんでもいいって言ってたじゃないですか!」

P「やれることとやれないことがあるだろうが!」

伊織「おつかれ...ってなにしてるのよあんた達?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377713470

【続きを読む】

中島「磯野ー……や、野球……」

2013/08/29 01:44 | CM(0) | その他 サザエさん SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/28(水) 00:17:59.56 ID:YZ0VpcoP0
中島「はぁ……」

いつからだろう。
磯野を遊びに誘うだけでこんなに緊張するようになったのは。

中島「磯野ー……」

いつからだろう。
磯野を好きになったのは。

磯野……気づいてないだろ?
僕、お前のことが好きなんだ。


【続きを読む】

響「うぎゃー!貴音がカービィになっちゃったぞー!」

2013/08/28 22:25 | CM(21) | アイドルマスター SS
tkmbo4e.jpg


1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/28(水) 01:30:56.37 ID:GiwZLEXY0
貴音「はあい!」

響「可愛い!」

亜美「見た目は可愛いんだけど」

真美「カービィが事務所にいると…」

亜美真美「食費で事務所の経費がピン→チ!」

貴音「ぽよ?」ハテ?

亜美真美響(かわいい…)

【続きを読む】

咲「……羽生蛇村?」

2013/08/28 18:00 | CM(0) | 咲 SS
1 ◆u7hSdfiVyA [saga]:2013/08/22(木) 00:05:07.41 ID:QIsu8Pp+0
咲×初代SIREN

キャラ置き換えただけのなぞりクロス

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377097507


2 ◆u7hSdfiVyA [saga]:2013/08/22(木) 00:05:49.13 ID:QIsu8Pp+0
宮永咲 一週間前 長野


咲「……羽生蛇村?」

照『うん、覚えてない? 小さい頃、私達が住んでた村』

照からそんな電話が来たのは、インターハイが終わった直後のことだった。

咲「うーん、覚えてないなぁ……」

照『仕方ないかもね、咲はまだ2歳だったし。とにかく、今度その村に旅行に行かない? …里帰りの方が、正しいかな』

咲「んー、わかった、いいよ。いつにする?」

照『じゃあ、来週の……』

その時は、単なる旅行くらいにしか考えていなかった。

ようやく再会出来た姉との仲を深めるための。

当日になって急に淡も一緒に行くことになったのは驚いたが、楽しい旅行になるはずだった。

それが、こんなことになるなんて、思いもしなかった──

咲「お姉ちゃん……淡ちゃん……どこぉ…?」

咲は完全に、迷子になっていた。


【続きを読む】

千早「心交」

2013/08/28 13:50 | CM(3) | アイドルマスター SS
1 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/27(火) 20:44:49.02 ID:Qn8+777u0
千早が屋上で誰かとご飯を食べるだけのSSです。

書き溜めありますのでのんびり貼っていきます。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377603888


2 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/08/27(火) 20:45:14.33 ID:Qn8+777u0
P 「みんなレッスンお疲れ様!午後に仕事のあるものは今の内に昼飯に行っておけよ。」

レッスンが終わって事務所に戻るとプロデューサーが迎えてくれました。
事務所で昼食をする時、私はいつもある場所へ足を運びます。
誰にも気付かれない様事務所の扉を開け外に出て階段を上る。
私が目指す場所、それは。


――――――屋上。


【続きを読む】

少女「祭囃子をつかまえて」

2013/08/28 06:08 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2013/08/27(火) 00:27:07.18 ID:cgUpZggd0
祭囃子が聞こえたら 振り返ってはいけないよ

そんな噂が流れていたのは、私が小学校に通っていた頃の噂だった。

どこの学校にでもあるような七不思議の一つとして、この話は私のクラスでまことしやかに流れていた話のうちの一つだった。

小学校時代の怪談話は思い出に残りやすい……だから、もう十年以上前の事なのに実家に帰省してこの小学校を見た瞬間ふと思い出したのだ。

祭囃子……お祭りの間に流れる、あの音だ。

それは随分楽しげで、はっきりとした記憶はないもののそのイメージと情景が合わさって、お祭りの様子が私の頭に浮かび上がってくる。

女「お祭り……そういえば明日だったっけ」

それと同時に、明日行われるはずであろうお祭りの事を私は思い出す。


【続きを読む】

石橋「コロシアイ学園?」松本「なんやねんもォーー!」

2013/08/28 01:22 | CM(4) | 有名人 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 00:02:38.19 ID:0WadffQE0
石橋「ちょっと、ちょっと松本君www田舎モンみたいだから静かにしてッwww」

松本「いやいやいや、こんな所に閉じ込められて・・・これ、カラテカの入江やったら気絶してるレベルですよッ!」

浜田「なんでそこで入江やねんwwwアホちゃう?www」

木梨「ていうかナニ、コレ?ドッキリ?」

松本「ぇぇええええーーーッ!なんで君らそんなに落ち着いてんの?ありえないやろ、こんな状況!」

岡村「松本さん、焦る気持ちも分かりますけど・・・僕らかて、こんな所でとんねるずさんとダウンタウンさんが一緒にいる所見たなかったですわ」

矢部「岡村さんの言う通りやね。こんなんおかしいですやん」

大竹「でもまずは、落ち着いて辺りを調べるのが大事なんじゃねぇの?」

三村「冷静かよッ!」


【続きを読む】

ディアボロ「このわたしがアイドルのプロデューサーだと?」

2013/08/27 21:20 | CM(4) | ジョジョ SS
fkjg94o3.jpg


1 >>1 ◆5XaEi5xDBk :2013/08/18(日) 23:50:08.81 ID:GYEBYRtD0
ディアボロ「」

高木「~~~~~、というわけだ。そこは、まぁ同僚にサポートしてもらいながら学べば良い。」

ディアボロ「……ハッ!?ここは!?」

高木「?」

高木「突然どうしたのかね?ここは765プロの事務所だが……?」

ディアボロ「……」

ディアボロ「……」

ディアボロ「……そうか、なるほど。」

高木「?」

高木「特に問題がないようなら話をすすめるよ?」

ディアボロ「あぁ、理解した。」


((『次の死に場所』はここという事をな……。あぁ、これは何回目だ))

【続きを読む】

雪歩「私の物にならないなら、いらないです」

2013/08/27 16:48 | CM(6) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/26(月) 23:45:57.29 ID:7naDyewp0
小鳥「ごめんなさいっ・・・これ以上は・・・・」

P「そっか・・・まだ怖い?」

小鳥「ちょっと・・・・まだ怖いかな」

P「そっか、小鳥のペースに合わせるから焦ることないよ。」

小鳥「すいません・・・」

-------------------
----------
---

P「それじゃ、今日は帰るよ」

小鳥「泊まっていかないんですか?」

P「帰って資料まとめないと、さ それに毎日一緒に来てたら皆に疑われちゃうでしょ?」

小鳥「そうですね・・・」 シュン

P「それじゃ お邪魔しました~」

小鳥「気を付けて帰ってくださいね!」

【続きを読む】

芳佳「配給物資が『たけのこの里』…!?」坂本「そうだ。不満か?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/21(日) 16:56:46.41 ID:VFFiKyTkO
芳佳「きのこは……『きのこの山』はないんですか!?」

坂本「安心しろ、きのこは搬入させていない」

芳佳「なにが安心なんですか! たけのこのみとか正気の沙汰じゃありませんよ!」

坂本「おいおい宮藤、お前まさかきのこ派だったのか?」

芳佳「……っ、今から輸送車をストライカーで追いかければ…!」

坂本「おい、宮藤!」

【続きを読む】

漆原「暑すぎてやる気でない」 芦屋「お前はいつもないだろ」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/07/08(月) 23:44:27.74 ID:Rh0Lq8JuO
魔王城にて……

漆原「暑い……もう溶けちゃいそうだよ」グテー

芦屋「私個人としてはお前が溶けてなくなるならそれは凄く有り難いのだがな」

漆原「しかもこんな暑い時に限って扇風機壊れてるし……ねえ、早く新しいの買おうよぉ~」

芦屋「次の魔王さまの給料日まで無理だ。何処ぞの穀潰しが今月も散財してくれたおかげでな」ギロリ

漆原「に、睨まなくたって良いだろ……あーあ、機嫌なおして動いてくんないかな、扇風機~」ゴンゴン

【続きを読む】

真「またラーメンですか?」貴音「も、申し訳ありません」

2013/08/27 01:47 | CM(8) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/23(金) 23:20:12.64 ID:nDIc5N220
立ったらヤサイマシ


2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/23(金) 23:26:31.00 ID:nDIc5N220
真「貴音さん、プロデューサーからラーメン禁止って言われてましたよね?」

貴音「菊地真、このことはどうか内密に……!」

真「へへっ、どーうしよっかなー?」

貴音「ど、どうか内密にお願いします!」

真「冗談ですよ、ボクもお腹いっぱい食べたくてプロデューサーとの約束破ったことありますし」

貴音「ほっ……」

真「たーだーし」

貴音「!?」

真「ちゃんとその分の運動はしないとまずいですよね! さ、貴音さん! 一緒に走りましょう、まずは軽く10km!」

貴音「そ、そんなに走っては体力が保ちませ……ひいぃ!」

真「あ、これボクがいつも使ってる重石です! こうやって足首に巻いてくださいね!」

貴音「真、待ってください! まつのです真!」

真「さ、行きますよー!」

【続きを読む】

忍「人を殺してみたいです~」アリス「へ?」

※閲覧注意、自己責任で


1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/25(日) 20:58:24.54 ID:ygEIcEiB0
アリス「人を、殺す?」

忍「はい! アリスは、人を殺してみたいとは思いませんか?」

アリス「ええっ? 突然聞かれてもわかんないよ~」

【続きを読む】

P「百合道とは、死ぬことと見つけたり」

2013/08/26 16:22 | CM(4) | アイドルマスター SS
前作:P「我思う、故に百合あり。だが、そこに我、必要なし」


2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/22(木) 23:16:28.71 ID:LRwaZFWWP
P「……」パタン

P「うむ、心に沁み入る良い言葉だ。 かの武将は戦場に赴く際、常に自決用の短刀を懐に忍ばせていたという」

P「俺もそれに習って、常に内ポケットには『マリみて』を忍ばせておいて何時でも百合心中(←良作)できるようにしたいものだ」

P「……と言いたいところだが」

ガタン……ガタン……

P「朝の通勤電車のなか、できるのは覗き見防止シートを張ったスマホでこっそりと百合SSの更新をチェックするのみ」コソコソ

P「……」

P「俺は、スポーツ新聞を読んでるリーマンと並んで、堂々と百合姫を読める明るい未来を待っている」

P「だが現代社会でそれは出来ない……! 百合男子の研ぎ澄まされた感性は12歳の無垢なる処女と何ら変わりはないのだ……!」

P「さてさて……百合ルギーを蓄えなくて出社しなければ……」 ※百合ルギー:百合妄想の糧になるエネルギー。供給の割に消費がとても激しく燃費が悪い。

P「新着百合SSは、なになに、P「我思う、故に百合……なんだこれはキモいな!」

P「ふぅ、全く朝から汚らしいものをみた。心を切り変えなくては」

P「……」



P「何せ今日は、雪歩と真の百合デュースの日なのだから!」

【続きを読む】

真奥「月が綺麗だな」鈴乃「!?」恵美「?」千穂「!!」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/05/18(土) 22:11:31.96 ID:mWfCogR90
漆原「うどんは飽きた」

芦屋「魔王城は財政難だ。ありがたみを持って食べろ」

漆原「だからって、昼も夜もうどんはやりすぎだよ」

芦屋「元はと言えば貴様が8000円分もピザを頼むのが問題であって」

漆原「だって、たまにはパーっと食べたいじゃん」

芦屋「やりすぎだ!」


鈴乃「まったく静かに食べられないのか…って、魔王は何をしている?うどんが出来上がったぞ?」

真奥「…ああ。月が綺麗だなって」

鈴乃「!?」


■回想終了~~~~~~~~~~~~~~~~~~


鈴乃「という事があったんだ」

【続きを読む】

P「我思う、故に百合あり。だが、そこに我、必要なし」

2013/08/26 02:16 | CM(16) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/08/19(月) 20:12:28.22 ID:aDqJSKjUP
P「……」パタン

P「な……」

P「なんていい言葉なんだ……まるで荒廃した砂漠に振り落とされた女神からの慈悲の蜜雨のようだ……」ジィィィン・・・!

P「そうだ。百合とは人間の精神にのみ存在する不可侵領域だ」

P「同性愛という神の意、自然の理に反した禁断の背徳」

P「しかしそこに生まれる確かな純潔」

P「諸君、私は百合が好きだ (カメラ目線)」

P「だから語弊を恐れず、臆面もなく言わせていただこう」


春香「プロデューサーさん、クッキー焼いてきました♪」

春香「あの自信作なので、感想聞かせてくださいね……」モジモジ

千早「プロデューサー、その、今から歌のレッスンに付き合ってくれませんか」

千早「私一人じゃ、不安なんです。傍にいてほしくて……」

P「」

P「」

P「ハーレムなんてくそくらえである、と」

【続きを読む】

虎徹「おーいバニー!聞いてくれ!」バーナビー「なんですか?」

2013/08/25 22:17 | CM(3) | その他 TIGER&BUNNY SS
1 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/08/25(日) 19:57:28 ID:oD6KW5AQ
虎徹「突然だが口上と決めポーズを考えた」

バーナビー「ははあ、口上と決めポーズですか」

虎徹「そうだ!小さい子どもでも簡単にマネの出来るやつだ!」

ロイズ「へえ、いいねえそれ やってみせてくれるかい」

虎徹「ロイズさん!いいですよ、見ててください!」

虎徹「まずは顔の前で腕を交差!」
虎徹「それから両手を!俺は顔の両サイドに!バニーは頭の上につける!」
虎徹「完全無欠のハンドレッドパワーコンビ!」ばっばっ
虎徹「がおー!アンド!ぴょんぴょん!参上!!」ばばーん

ロイズ「おお、悪くないね 見事だよタイガー」パチパチ

虎徹「え、えへっ いやあそれほどでも」

バーナビー「えっ …えっ?あの、ロイズさん…少し対象年齢が低いような気が」

ロイズ「まあまあバーナビー、ひとつ練習してみようじゃないか」

バーナビー「え、えええええー!」

【続きを読む】
インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:ちょくちょく更新してこうかと。

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

人気SSランキング
アクセスランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。