HEADLINE

『 ガヴドロ 』ガヴリール 「 男が苦手だって? 」

1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/19(金) 23:35:20.19 ID:7qEOsugi0
ヴィーネ 「 ええ… お父さんや先生、あとはガヴがバイトしてる…」

ヴィーネ 「 喫茶店のマスターとなら普通に話せるんだけど… 」

ラフィエル 「 私も家柄目上の人と話す機会が多いのですが… 」

ラフィエル 「 どうも同年代の男性と話したことが無くて… 」

サターニャ 「 男と普通に話せないの? なっさけないわねぇ~ 」

ヴィーネ 「 サターニャは話せるの? 」

サターニャ 「 話したことはない! 」

ガヴリール 「 へぇ 皆以外だな 」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495204519



2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/19(金) 23:36:23.54 ID:7qEOsugi0
ラフィエル 「 ガヴちゃんはどうなんですか? 」

ガヴリール 「 普通に話したことくらいある 」

ラフィサタヴィネ 「 !!! 」

ガヴリール 「 手も繋いだことあるけど? 」

ラフィサタヴィネ 「 !!?? 」

ガヴリール ( まぁ手に関しては小学校の時に授業で強制的にだけど )

ヴィーネ 「 え、えっと… ガヴって彼氏とかいたの?/// 」

ガヴリール 「 はぁ!? なんでだよ 」

ヴィーネ 「 いやだって男子と手を繋ぐとか…/// 」カァァ

ラフィエル 「 凄いですガヴちゃん/// 」


3 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/19(金) 23:37:05.73 ID:7qEOsugi0
ガヴリール 「 まてまて!勘違いしてるぞ!彼氏とかいた事ないから! 」

ヴィーネ 「 えっ 彼氏でもない男子と手繋いだの…? 」

ラフィエル 「 えっちですガヴちゃん/// 」

ガヴリール 「 いや何が!? 何がえっちなんだ説明してみろおい! 」ガシ

ラフィエル 「 ひぃーガヴちゃんに襲われます~ 」

ヴィーネ 「 男子に留まらず女子であるラフィにまで…! ガヴのケダモノ!! 」

ガヴリール 「 私がお前らになんか悪い事したか!? 」


5 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/19(金) 23:38:44.23 ID:7qEOsugi0
ガヴリール 「 サターニャもなんか言ってやってくれ! 」

サターニャ 「 が、ががガヴリール…男子と手を繋ぐなんてS級悪魔行為… 」

サターニャ 「 今回だけは勝ちを譲ってあげるわ… 」

ガヴリール 「 お前も!? なに?なんなの?イジメなのこれ? 」

ヴィーネ 「 ガヴがそんなに大人の階段登ってたなんて… 」グス

ラフィエル 「 ショックです… 」グス

サターニャ 「 うぅ…ガヴリール… 」グス

ガヴリール 「 もうなんなんだよお前ら…私が何かしたんなら謝るから… 」グス


6 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/19(金) 23:41:02.54 ID:7qEOsugi0
ガヴリール 「 ヴィーネとラフィエルならわかると思うけど… 」

ガヴリール 「 昔の私って誰に対しても優しく接してたし…って言っても 」

ガヴリール 「 男と話すことなんて本当たまにだったよ 」

ガヴリール 「 手を繋いだってのも授業で強制的にだし… 」

ヴィーネ 「 強制的にって…なんて卑猥な授業をするの天界って… 」

ガヴリール 「 違ーう!あれだよ 隣の人と手を繋いで 」

ガヴリール 「 皆で円を作ろう みたいな授業やった事あるだろ? 」

サターニャ 「 あっ 確かにあるわ 」


8 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/19(金) 23:44:40.32 ID:7qEOsugi0
ヴィーネ 「 うん あったわね 」

ラフィエル 「 ええ ありました 」

ガヴリール 「 ほらみろ!お前達も男と手繋いだ事くらいあるだろ! 」

ラフィエル 「 両隣り女の子でした… 」

ヴィーネ 「 あっ 私も… 」

サターニャ 「 誰も手繋いでくれなかった 」

ガヴリール 「 そうか…両隣り女なら仕方ない…ん、ちょっと待って 」

ガヴリール 「 サターニャ…? 」

サターニャ 「 …………… 」

ガヴリール 「 …ごめん 」

サターニャ 「 別にいいわよ 」


9 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/19(金) 23:46:22.59 ID:7qEOsugi0
ガヴリール 「 誰にでも知られたくない過去くらいあるもんな 」

ガヴリール 「 この話は終わりにしよう 」

ラフィエル 「 でもそういうのって先生が何とかしてくれませんか? 」

ガヴリール 「 お前は空気読め 」

サターニャ 「 たまたま両腕骨折してただけよ 」

ガヴリール 「 なめてんのかお前 ぶっ飛ばすぞ 」

ヴィーネ 「 両腕骨折って相当やばくないかしら? 」

ガヴリール 「 はい もうこの話終わり 」


10 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/19(金) 23:49:32.07 ID:7qEOsugi0
ガヴリール 「 そもそも男と話したことないからなんなんだよ 」

ガヴリール 「 別にどうでもいいだろ 」

ヴィーネ 「 どうでもよくないわよ! 」

ラフィエル 「 そうです!大事なことです! 」

サターニャ 「 なんかよく分からないけど屈辱だわ! 」

ガヴリール 「 お前ら彼氏とか欲しいの? 」

ヴィーネ 「 べ、別にそういう事じゃないわよ!/// 」

ラフィエル 「 そうです!違います/// 」

サターニャ 「 私は欲しいわね 」

ガヴヴィネラフィ 「 え 」


11 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/19(金) 23:51:59.03 ID:7qEOsugi0
ガヴリール 「 サターニャ…マジ? 」

サターニャ 「 ええ!彼氏って下僕みたいなもんでしょ? コキ使ってやるわ! 」

ラフィエル 「 あっ 全然理解してませんね 」

サターニャ 「 え?何か違うの? 」

ガヴリール 「 サターニャ …彼氏とは手を繋がなきゃ行けないんだぞ 」

サターニャ 「 ええ!? な、なんで?じゃあ手を繋いだ事のある… 」

サターニャ 「 ガヴリールには彼氏がいたの!? 」

ガヴリール 「 なんでこいつこんなアホなの?1回頭殴るわ 」ポコン

サターニャ 「 いたいっ! 」

ラフィエル 「 何も詰まってなさそうな音でした… 」


13 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/19(金) 23:55:27.53 ID:7qEOsugi0
サターニャ 「 何が違うのよ… 」グス

ガヴリール 「 お前さっきまでの話聞いてた?私に彼氏とか出来たことないわ 」

ヴィーネ 「 サターニャ…よく聞いて 」

ヴィーネ 「 彼氏が出来たら手を繋ぐだけじゃなくて…その先があるの/// 」

ラフィエル 「 ヴィーネさん… それ以上は/// 」

サターニャ 「 な、何よ…て、手を繋ぐ以上の事っていったい…? 」

ヴィーネ 「 …キス しなきゃいけないの/// 」カァァ

ラフィエル 「 きゃあああ/// 」カァァ

サターニャ 「 えええええ!?/// 」

ガヴリール 「 ピュアすぎるだろ…お前ら本当に高校生かよ 」


14 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/19(金) 23:57:54.46 ID:7qEOsugi0
サターニャ 「 無理無理!!キスなんて絶対無理!!/// 」カァァ

ラフィエル 「 恥ずかしいです/// 」

ヴィーネ 「 言った私が1番恥ずかしいんだから!/// 」

ガヴリール 「 お前ら見てる私が恥ずかしくなってきたわ 」

ヴィーネ 「 こ、これでも彼氏欲しい?サターニャ/// 」

サターニャ 「 いらないいらない! 」ブンブン

ガヴリール 「 でも3人とも男には好かれそうだな 」

ガヴリール 「 可愛いし絶対処女だし 」

ヴィーネ 「 が、ががガヴっ!? /// 」

ラフィエル 「 えっちです!!/// 」

サターニャ 「 しょじょ ってなにー? 」


16 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:04:43.92 ID:vSEg2zQW0
ヴィーネ 「 まって!サターニャだけは純白の天使でいて!/// 」

サターニャ 「 私悪魔なんだけど… 」

ラフィエル 「 知らないほうがいいと言う事もあるんです!/// 」

サターニャ 「 えー 私だけ仲間外れみたいじゃない… 」

サターニャ 「 …それで私もその処女?ってやつなの? 」

ガヴリール 「 ああ もし処女じゃなかったらネトゲ辞めるわ 」

サターニャ 「 それほどっ!? じゃあ絶対私は処女なのね! 」

サターニャ 「 ガヴリールやヴィネットにラフィエルも処女なの? 」


17 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:06:19.74 ID:vSEg2zQW0
ヴィーネ 「 あ、当たり前じゃない!/// 」

ラフィエル 「 そうですよサターニャさん!/// 」

ガヴリール 「 まぁ一応…/// 」

ガヴリール 「 って処女が当たり前だから!/// 」

サターニャ 「 処女が当たり前…じゃあ処女じゃなかったら? 」

ラフィエル 「 穢らわしい豚です 」

ガヴリール 「 いやいいすぎだろ…お母さんとか皆処女じゃないんだぞ 」

サターニャ 「 えっ!じゃあ私のお母様も処女じゃないの!? 」

ガヴリール 「 え、うん 」

サターニャ 「 お母様が穢らわしい豚なんて…謝ってラフィエル! 」


18 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:08:21.33 ID:vSEg2zQW0
ラフィエル 「 ご、ごめんなさい…あくまで学生での話ですよ 」

ラフィエル 「 10代で処女卒は穢らわしいです!! 」

ヴィーネ 「 そうね…10代で処女卒は悪い事よ! 」

サターニャ 「 悪い事!大悪魔の私には相応しいじゃない! 」

サターニャ 「 どうやったら処女卒?できるの? 」

ラフィエル 「 そ、それは…/// 」カァァ

ヴィーネ 「 なっなな何言ってるのよサターニャ/// 」カァァ

ガヴリール 「 いや今のはサターニャというアホを理解してないヴィーネが悪い 」

サターニャ 「 えぇー 教えてくれないのー? 」シュン

ヴィーネ 「 サターニャ それだけは絶対にダメよ! 」

ヴィーネ 「 魔界追放なんてレベルじゃ済まないかも… 」

ガヴリール 「 大嘘ついたな 」

サターニャ 「 そ、そんなにヤバイの!? 私ずっと処女でいいや… 」


19 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:11:19.12 ID:vSEg2zQW0
ラフィエル 「 サターニャさんが処女なら見ている方達も喜びますので 」

ラフィエル 「 ずっと処女でいてください/// 」

ガヴリール 「 どこみて喋ってんの? 」

ヴィーネ 「 ラフィも処女だと喜ばれると思うから卒業しないように! 」

ラフィエル 「 そんな事言ったらヴィーネさんやガヴちゃんもですよ! 」

ラフィエル 「 みなさん 私達が非処女だと嫌ですよね? 」

ガヴリール 「 だからラフィはさっきからどこ見て誰と喋ってんの? 」

ラフィエル 「 そんなの画面の外にいる人達に
決まってるじゃないですか! 」

ガヴリール 「 あっ メタな事言うな! 」


20 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:12:39.46 ID:vSEg2zQW0
ガヴリール 「 はぁ もうお前達はどうしたいんだ? 」

ヴィーネ 「 えっと…彼氏はいらないけど 普通に男子と喋れるようになりたい 」

ラフィエル 「 はい 何かと必要になってくると思うので 」

サターニャ 「 私は喋ったことないだけで普通に話せると思うわ 」

ガヴリール 「 おっ 多分皆サターニャと同じだよ 」

ガヴリール 「 いざ喋れば普通に話せたなんて事よくあるさ 」

ヴィーネ 「 そ、そうかな… 」

ラフィエル 「 自信ないです… 」


21 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:15:48.92 ID:vSEg2zQW0
ガヴリール 「 試しにほら、あそこの男子と喋ってきたら 」

ヴィーネ 「 ええ!?そんないきなり/// 」

ラフィエル 「 ガヴちゃんが最初にお手本見せてください!/// 」

サターニャ 「 なんなら私が先に行ってあげても… 」

ガヴリール 「 仕方ないな…わかったよ 」

ガヴリール ( ああ言ったものの、やっぱりサターニャは心配だ… )

ガヴリール 「 喋るにはな…きっかけが大事だ 」

ガヴリール 「 私の場合は…そうだな 今日消しゴム忘れた 」


23 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:17:25.36 ID:vSEg2zQW0
ヴィーネ 「 え、貸そうか? 」

ガヴリール 「 いや違うんだよ あの男に借りに行くんだ 」

ラフィエル 「 な、なるほど…でも男子から消しゴムを借りるなんて/// 」

ガヴリール 「 ……まあ見とけよ 」スタスタ



ガヴリール 「 なぁ 」

男 「 ん?何か用か? 」

ガヴリール 「 えっと… 」

ガヴリール ( あ、あれ? いざ話すとなると緊張してきた/// )


24 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:19:08.49 ID:vSEg2zQW0
ガヴリール 「 私今日消しゴム忘れてさ…貸してくれない?/// 」カァァ

男 「 消しゴム?いいけど何で俺に?女子に借りれば良くないか? 」

ガヴリール「 い、いや特に理由は… あっ お前の消しゴム小さいじゃん?/// 」

ガヴリール 「 もしかしたらくれるかなって/// 」

男 「 まぁ確かにもう捨てようかと思ってたけど… 」

男 「 わかった これやるよ 」スッ

ガヴリール 「 あ、ありがとう/// 」

男 「 おう もう忘れるなよー 」


25 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:21:35.72 ID:vSEg2zQW0
ヴィーネ 「 ガヴ凄い!あんなにペラペラと話せるなんて! 」

ラフィエル 「 し、しかも消しゴムを貰うとは…!尊敬します! 」

ガヴリール 「 いや…結構緊張したわ 久しぶりだからかな… 」

ガヴリール 「 まあ次はヴィーネ行ってきなよ 」

ヴィーネ 「 同じ男子でいいの? 」

ガヴリール 「 いや 変えておこう 怪しまれたら困るからな 」

ガヴリール 「 よし ヴィーネはあいつだ 」

ヴィーネ 「 わ、わかった 行ってくる… 」スタスタ


26 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:23:22.22 ID:vSEg2zQW0
ヴィーネ 「 あ、あの…/// 」オドオド

男 「 !! ( つ、月乃瀬さん!? なぜ俺なんかに…? ) 」

ヴィーネ 「 は、はぎ、はじゅめましてっ! 月之瀬・ヴィネット・エイプリルです!/// 」カァァ

男 「 知ってるけど… ( 自己紹介!? それに顔真っ赤…!? ) 」

ヴィーネ 「 きょっ 今日はいぃー天気ですね!/// 」カァァ

男 「 そ、そうだね…曇りだけどね… 」

ヴィーネ 「 あっ そ、そうなのかな?/// 」オドオド

男「 あ、あの… 」

ヴィーネ 「 も、もうむりぃぃ!!/// 」タタタ

男 ( 月乃瀬さんてもしかして… 俺のこと…/// )

こうして男は勘違いするのであった


27 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:25:05.91 ID:vSEg2zQW0
ヴィーネ 「 うああああん!! 」

ガヴリール 「 ま、まさかここまでとは… 」

ラフィエル 「 ヴィーネさん…よく頑張りました 」ナデナデ

ヴィーネ 「 は、恥ずかしかった…/// 」

ガヴリール 「 完全にコミュ障…いやなんか好きな人と話す乙女みたいな…」

サターニャ 「 ヴィネットあいつの事好きなの? 」

ヴィーネ 「 は、はぁ!? そんなわけないじゃない!!/// 」

ガヴリール 「 最後の謎のナレーションが言ってる通り 」

ガヴリール 「 あの男いろいろ勘違いするかもな 」

ラフィエル 「 ガヴちゃんもメタな事言ってます! 」

ガヴリール 「 あっ ごめん それより次はラフィの番か? 」


28 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:26:52.60 ID:vSEg2zQW0
ラフィエル 「 …そうですねー 」

ラフィエル 「 うぅ…緊張します 」

ガヴリール 「 何も考えないでいくとヴィーネの二の舞になるからな 」

ヴィーネ 「 わ、私だってちゃんと考えがあっわよ! 」

ガヴリール 「 ん? 話してみて 」

ヴィーネ 「 最初に天気の話持ち込んで…それから… 」

ガヴリール 「 いやパニクって曇りなのにいい天気とか言ってたぞ 」

ヴィーネ 「 うぐぐ… 曇りはいい天気なの! 」

ガヴリール 「 こんな雨降る一歩手前がいい天気なわけあるか 」

ヴィーネ 「 ガヴのいじわる! 」


29 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:29:05.20 ID:vSEg2zQW0
ラフィエル 「 …ではガヴちゃんの様に私も何か借りる作戦でいきます! 」

ガヴリール 「 おう それがいいと思うぞ 」

サターニャ 「 それで何借りるつもりなのー? 」

ラフィ「 今日ブラつけてくるの忘れたのでブラを借りようかと 」

ガヴリール 「 ………は? 」

ガヴリール 「 聞き間違いかな ヴィーネ今ラフィなんて言った? 」

ヴィーネ 「 ブラ忘れたから男子にブラ借りるんでしょ? 」

ガヴリール 「 アホか!ブラ貸す男とか変態すぎんだろ! 」

ヴィーネ 「 男用のブラもあると聞いたことがあるわ 」


30 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:30:58.99 ID:vSEg2zQW0
ガヴリール 「 知るか!もし仮に付けていたとしてもだぞ? 」

ガヴリール 「 それを貸すか? というかラフィのサイズに合うわけない 」

ラフィエル 「 あっ それもそうてすね 」

ガヴリール 「 この巨乳天使がっ 」ムネベチーン

ラフィエル 「 ひゃっ! 」

ガヴリール 「 本当に忘れてたのか… 」

ラフィエル 「 まぁ冗談はここまでにしといて、赤ペンを借りにいきます 」

サターニャ 「 赤ペン忘れたの? 」

ラフィエル 「 はい なので先程の授業で赤線が引けませんでした 」

ヴィーネ 「 赤ペン…でもラフィ? いいのかしら 」

ヴィーネ 「 赤ペン借りる時と返す時の2回も話さないといけないわよ? 」


31 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:33:28.34 ID:vSEg2zQW0
ラフィエル 「 それは大丈夫です!何故ならその場で赤線を引くからです! 」

ヴィーネ 「 ま、まままさか男子の机を使って!? 」

ラフィエル 「 その通りです…!では行ってきます!! 」スタスタ



ラフィエル 「 あの すみません 」

男 「 あぁ白羽さん どうかした? 」

ラフィエル( 今目があいました/// それに私の名前を…/// )

ラフィエル 「 あ、赤ペンを忘れてしまったので少し貸してくれませんか?/// 」

男 「 ああ それくらいいいよ 」スッ

ラフィエル 「 あ、あありがとうございます///」スッ


32 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:36:07.15 ID:vSEg2zQW0
ツンッ

ラフィエル 「 !!/// カァァ

ラフィエル ( ゆ、指が指に触れてしまいました/// )

ラフィエル 「 では机のスペース少しいただきますね/// 」カキカキ

ラフィエル 「 本当にありがとうございました!/// 」ペコリ

男 「 今日1日貸しておこうか? 」

ラフィエル 「 あっ だ、大丈夫です/// 失礼しました/// 」タタタ



ラフィエル 「 緊張しました…/// 」

ヴィーネ 「 ラフィあなた!男子と手を…/// 」

ラフィエル 「 はい/// 心臓が爆発しそうです/// 」

ガヴリール 「 ちょっと指当たっただけだろ! 」

ガヴリール ( たぶん私も自分の身に起こってたらドキってしたと思うけど/// )


33 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:38:41.96 ID:RHk+uwAx0
ヘンなチャラ男に絡まなられなきゃいいが……


34 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:39:07.12 ID:vSEg2zQW0
ヴィーネ 「 でもラフィは凄いわね!少しぎこちないだけでペラペラ喋ってた! 」

ラフィエル 「 そ、そうですか?/// 」

ヴィーネ 「 私もラフィを見習わないと! 」

ガヴリール 「 よしラフィも終わったし最後は… 」

サターニャ 「 私ね! どの男子に話しかければいいの? 」

ガヴリール 「 そうだなー…あいつ 」ビシ


男 「 あっパンツ見えた グひひひ 」


ラフィエル 「 携帯で何か見ているのでしょうか… 」


35 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:40:57.43 ID:vSEg2zQW0
サターニャ 「 まぁなんでもいいわ 行ってくる 」スタスタ

ヴィーネ 「 サターニャ余計な事言わなければいいけど… 」



サターニャ 「 ちょっといいかしら? 」

男 「 うぇ? 今アニメ見てるんだけど? 」

サターニャ 「 そんな事より私と話ましょう! 」

男 「 はぁん? チノちゃんに勝てんのお前? 」

サターニャ 「 私は処女?なのよ!処女がいいんでしょ!! 」

男 「 ぶひぃぃぃ!? 」

ザワザワ ザワザワ
クミザワサン ショジョナノカ

ガヴリール 「 サターニャあいつ!! 」ダッ


36 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:42:13.39 ID:vSEg2zQW0
ガヴリール 「 バカお前何言ってんだ!! 」ポコン

サターニャ 「 いたいっ! 」

ガヴリール 「 いいから早くこっちこい! 」グッ

サターニャ 「 ああ~~! 」ズザー



ラフィエル「 サターニャさん!/// 」

ヴィーネ 「 あんた何大声で処女宣言してるのよ!!/// 」

サターニャ 「 なに?なんなのー? 」

ガヴリール 「 嫌な予感がしたんだよくそっ! 」ガン

サターニャ 「 え?私何かした…? 」


37 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:45:01.85 ID:vSEg2zQW0
ラフィエル 「 サターニャさんはもうお嫁にいけません… 」

サターニャ 「 な、なんでよ… 」

ヴィーネ 「 こんな大勢に知られて…私なら生きていけない… 」

サターニャ 「 ヴィネットまでなんなのよ… 」グス

ガヴリール 「 サターニャ…お前はもう終わりだ… 」

サターニャ 「 うぅ…ぐすっ 」ポロポロ

ヴィーネ 「 泣いたってもう遅いのよ…貴女が処女って事はクラス中… 」

ヴィーネ 「 いや、学校中に知れ渡るでしょう… 」

サターニャ 「 助けてぇ…ヴィネット…ラフィエル…ガヴリールぅ… 」ポロポロ


38 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:48:39.38 ID:vSEg2zQW0
ガヴリール 「 …とりあえずサターニャの貞操が危ない 」

ガヴリール 「 お前はこれから私達とずっと一緒にいるんだ わかったな? 」

サターニャ 「 …うん わかった 」グス

ラフィエル 「 もちろん家にいる時もですよ? 」

サターニャ 「 え…どうすればいいの? 」

ラフィエル 「 サターニャさんが私達の家に泊まりに来ればいいんです! 」

ヴィーネ 「 それはいい考えね! 」

ガヴリール 「 うむ そうすれば安全だ 」

サターニャ 「 ガヴリールの家泊まりたくない… 」

ガヴリール 「 あぁ…じゃあ私の時はそっちに泊まりに行くわ 」


39 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:52:32.54 ID:vSEg2zQW0
サターニャ 「 それから私は1人でいる事が少なくなった 」

サターニャ 「 ヴィネットの家に行き、次の日はラフィエルの家 」

サターニャ 「 そしてその次はガヴリールが泊まりに来る 」

サターニャ 「 ガヴリールはゲームばっかやってるけど… 」

サターニャ 「 ヴィネットやラフィエルは優しいしご飯も作ってくれる 」

サターニャ 「 正直1人で暮らしてた今までよりこっちのほうが楽しい 」

サターニャ 「 …因みに処女の事はネットで調べて意味を知ったあと… 」

サターニャ 「 死にたくなった 」


40 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:54:45.55 ID:vSEg2zQW0
ーー ヴィーネ家 ーー

ヴィーネ 「 サターニャいらっしゃい~ 」

サターニャ 「 お邪魔しま~す 」

ヴィーネ 「 今ご飯作るからお風呂先入ってて 」

サターニャ 「 はーい 」

ーーー 風呂場 ーーー

サターニャ 「 ヴィネットと生活して ガヴリールの気持ちがよくわかったわ 」

サターニャ 「 これはグウタラになるわよねぇ… 」 カポーン

サターニャ 「 ヴィネットって昔からあんな世話焼きだったかしら… 」


41 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:56:38.99 ID:vSEg2zQW0
ヴィーネ 「 どう?このカボチャのスープ 」

サターニャ 「 美味しいわ! 」ズズー

ヴィーネ 「 スプーン使いなさい!こぼしても知らないわよ 」

サターニャ 「 ん、そうね ごめんさ 」ボチャ

サターニャ 「 ああああああ!? 」ベチョ

ヴィーネ 「 ほれみたことか!! 」

ヴィーネ 「 サターニャ猫舌だと思ってスープぬるくしといて良かったわ 」

サターニャ 「 えっ そうだったの?ありがとう… 」グス

ヴィーネ 「 ほら早く服脱いじゃってお風呂行ってきなさい 」


42 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 00:58:28.29 ID:vSEg2zQW0
サターニャ 「 えー…でもさっき入ったし… 」

ヴィーネ 「 服の下までベチョベチョでしょ? ご飯は後でいいから 」

サターニャ 「 …せっかくヴィネットが作ってくれたのに冷めちゃう 」

ヴィーネ 「 サターニャ… ( ほんといい子ね ) 」

ヴィーネ 「 レンジあるから大丈夫よ! 」

サターニャ 「 わ、わかった…ごめんなさい 」

ヴィーネ 「 そう言えば私もお風呂まだだったわね… 」

ヴィーネ 「 一緒に入ろっか? 」

サターニャ 「 え?/// 」


43 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 01:00:08.24 ID:vSEg2zQW0
ーー ラフィエル家 ーー

サターニャ 「 お邪魔しま~す 」

ラフィエル 「 そんなに畏まらなくていいですよサターニャさん ♪ 」

サターニャ 「 他人の家に入る時は礼儀が大事ってお父様が言ってたわよ? 」

ラフィエル 「 確かにそうですが私達は友達ですから ♪ 」

ラフィエル 「 サターニャさんお腹空いてませんか? ご飯作りますね! 」

サターニャ 「 お腹ペコペコよ! 」

ラフィエル 「 はい!少し待っていてくださいね ♪ 」

サターニャ ( ラフィエルもヴィネットと同じくらいご飯美味しいのよね! )


44 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 01:01:57.51 ID:vSEg2zQW0
ラフィエル 「 ご飯出来ましたよ~ 運ぶの手伝ってください~! 」

サターニャ 「 わかったわ! あれ?私の分量多くないかしら? 」

ラフィエル 「 サターニャさんはよく食べるので多めにしました! 」

サターニャ 「 ラフィエル… ありがと! 」

ーーーーーーー

サターニャ 「 美味しいぃ~! 」モグモグ

ラフィエル 「 良かったです!」ニコニコ

サターニャ ( 普段はからかってくるけど一緒に生活する時のラフィエルは…// )


45 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 01:03:41.87 ID:vSEg2zQW0
ラフィエル 「 ご飯食べ終わったらお風呂沸いてるのでどうぞ ♪ 」

サターニャ 「 いたれりつくせり?ね! 」

ラフィエル 「 サターニャさんが喜んでくれるなら満足です~ 」ニコニコ

サターニャ 「 あっ そう言えばラフィエル? 」

ラフィエル 「 はい?なんでしょうか 」

サターニャ 「 この前私がお嫁に行けないって言ってたけど… 本当? 」

サターニャ 「 お嫁に行けないのってお父様とお母様に心配かけそうで… 」

ラフィエル 「 そうですね…じゃあ私のお嫁さんになりますか? 」

サターニャ 「 え?/// 」


46 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 01:07:39.57 ID:vSEg2zQW0
ーー サターニャ家 ーー

ガヴリール 「 うぃーす ただいま~ 」

サターニャ 「 ここ私の家なんだけど… 」

ガヴリール 「 いやーなんかここ自分家より落ち着くんだよなぁ~ 」

サターニャ 「 あんたの家汚いもんね… 」

ガヴリール 「 サターニャ腹減った 」

サターニャ 「 はいはい…今ご飯作るから 」

ガヴリール 「 あざ~す ネトゲしとこ 」

サターニャ ( ヴィネットやラフィエルといると自分がダメになりそうだけど… )

サターニャ ( あっ 2人とも私に尽くしてくれてって意味でね? )

サターニャ ( ガヴリールといるとそれがリセットされるみたいね… )


47 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 01:10:12.90 ID:vSEg2zQW0
サターニャ 「 出来たわよ~ 」コト

ガヴリール 「 …なにこれ 」

ガヴリール 「 なんでメロンパンぐちゃぐちゃになってんの? 」

サターニャ 「 こ、この中にいろいろ入れてみたのよ…絶対美味しいから! 」

ガヴリール 「 ………… 」モグモグ

ガヴリール 「 糞不味い 」ペッ

サターニャ 「 なっ!? 」ガーン

ガヴリール 「 カップラーメンある? そっちのほうがいいわ 」

サターニャ ( 泣きそう… )グス


48 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 01:12:05.77 ID:vSEg2zQW0
ーーーーーーー

ガヴリール 「 はい サターニャの分も作ったから食えよ 」

サターニャ 「 …いただくわ 」ズルズル

サターニャ 「 !!!! 」

サターニャ 「 お、美味しい!普通のカップラーメンじゃないの!? 」

ガヴリール 「 おろしにんにくとごま油入れたんだよ 簡単に美味くなるだろ? 」

サターニャ 「 す、凄いわね! 」ズルズル

ガヴリール 「 いい食べっぷりで 」

サターニャ 「 おかわり!! 」

ガヴリール 「 はいはい もう一回作ってくるから先に私の分食っとけ 」


49 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 01:13:19.43 ID:vSEg2zQW0
サターニャ 「 ガヴリールもこんな美味しいの作れたのね! 」ズルズル

ガヴリール 「 ヴィーネの料理には遠く及ばないけどな 」

ガヴリール( お湯と調味料入れただけだし )

サターニャ 「 ラフィエルの料理も美味しいわよ? 」ズルズル

ガヴリール 「 へー あいつの料理か…クリスマスの時に見たな 」

ガヴリール 「 てかお前いいな…皆にご馳走してもらって 」

ガヴリール 「 私も処女宣言してこようかな 」

サターニャ 「 ダメよ絶対に!! 」

ガヴリール 「 あー お前確かネットで意味調べたんだったな 」

サターニャ 「 あの時の私はどうかしてたの…/// 」


50 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 01:16:34.34 ID:vSEg2zQW0
ガヴリール 「 いや~でも皆に尽くされる為なら別にいいかも 」

サターニャ 「 ダメったらダメ! 」

ガヴリール 「 ヴィーネも最近お前ばっかだし 」

ガヴリール 「 なぁサターニャ お前私に尽くしてくれよ 」

サターニャ ( 皆が私の貞操を守ってくれてるように… )

サターニャ ( 私がガヴリールの貞操を守るのよ! )

サターニャ 「 いいわよ?サタニキア様に全部任せなさい! 」ドヤッ

ガヴリール 「 え?マジ?/// 」


終わり


51 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/05/20(土) 01:32:06.35 ID:PUT4NelgO

3人とも気になるとこで終わっとるw


転載元

『 ガヴドロ 』ガヴリール 「 男が苦手だって? 」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495204519/





関連記事
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング