HEADLINE

律「ずっと一緒だよ」

2011/03/03 12:30 | CM(3) | けいおん! SS
5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 23:55:03.86 ID:uBHUMuJA0
唯「今日はみんなに重大な発表があります!」

ある日の放課後。いつも通りティータイムを楽しんでいる時、唯が突然そんな事を言った。

みんなが唯に注目する。

律「お?なんだなんだ?」

まあ唯のことだ。たいしたことじゃないだろうけど、とりあえずのってみる。

紬「な~に?唯ちゃん」

梓「ゆ、唯先輩。ホントに言うんですか・・・?」

澪「なんだ?梓は何か知ってるのか?」

梓「いえ・・・。その・・・。」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 23:57:41.85 ID:uBHUMuJA0
唯「あずにゃん、みんななら絶対大丈夫だよ」

梓「・・・わかりました。じゃあ唯先輩、どうぞ」

なんなんだろう。2人に関係することなのか?

私は正直おもしろくなかった。

唯と梓が2人だけの秘密を持っているみたいな感じがして。

唯「うん。あのね、みんな」

唯「私ね、あずにゃんと付き合ってるんだ」

律「・・・え?」

今・・・なんて言った?

付き合ってる?唯と梓が?え、なんで?は?



7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:00:39.96 ID:2j2HqxP60

澪「つ、付き合ってるって・・・。どういう意味だ?」

唯「どういう意味ってそのまんまの意味だよ。私とあずにゃんはね~、恋人同士なんだー」

澪「恋人!?ホントか梓!?」

梓「はい。本当です」

澪はとても驚いていた。きっと女同士で付き合っているという事にびっくりしているんだと思う。

まあ普通の反応だろう。そういう私もかなり驚いていた。澪とは違う理由でだけど。

律「唯と梓が・・・恋人・・・」

私は唯が好きだった。

私と一緒に馬鹿やって笑い合える唯が。

いつも笑顔で、見ているだけで私に元気を与えてくれる唯が。

そんな唯が、梓と付き合っているなんて・・・。そんなのって・・・。

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:03:20.67 ID:2j2HqxP60
紬「そうだったの。おめでとう唯ちゃん、梓ちゃん」

私達2人をよそに、唯一ムギだけは動揺していないようだった。

むしろ目を輝かせているような気さえする。

紬「とってもお似合いのカップルね。もっと詳しく聞かせてくれないかしら?」

唯「うん。私ね、あずにゃんが入部して来たときからずっと好きだったんだ~。

  一目惚れってやつだね。だってあずにゃんってすごいかわいいんだもん」

梓「もう///。恥ずかしいからやめてください」

紬「あらあらまあまあ」

ムギはなんでこんなに楽しそうにしているのだろうか。

こっちはこれ以上ないくらいショックをうけているというのに。

それに唯も。なんでそんなに楽しそうに話してるんだよ・・・。


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:06:07.62 ID:2j2HqxP60
紬「梓ちゃんは?梓ちゃんも唯ちゃんのこと好きだったの?」

梓「わ、私は、その///」

唯「もうあずにゃんったら照れちゃってかわい~」

梓「て、照れてません!」

いつもとたいして変わらない光景のはずなのに、どうしてこんなにも心が痛むのだろう。

梓「私は最初はむしろあまり好きではなかったですよ。練習も全然しないし、だらしない先輩だなーと思ってました」

唯「う・・・。あずにゃん私のことそんな風に思ってたんだ・・・」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:08:29.71 ID:2j2HqxP60
梓「だから最初はですってば。でも、軽音部で過ごしているうちに、唯先輩のいいところをたくさん見つけました。

  ホントは頑張り屋さんなところとか、とても優しいところとか、一緒にいる人を幸せな気分にさせるところとか」

梓「それで、気づいたらいつの間にか好きになっていました」

唯「なんか恥ずかしいね///」

梓「おかえしです」

笑いあう2人。とても幸せそうに見える。


なんで梓なんだよ・・・。私じゃ駄目なのか?


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:11:18.97 ID:2j2HqxP60
澪「それにしても驚いたよ」

澪が話に入っていった。どうやらもう落ち着いたみたいだな。

澪「驚いたけど・・・。うん。確かに2人はお似合いだよな。おめでとう2人共」

唯「ありがとう澪ちゃん」

梓「ありがとうございます」

お似合い?どこがだよ。梓なんかより私の方がよっぽど・・・

澪「律?」

律「な、なんだ?」

いきなり話しかけられて私はドキリとしてしまう。

澪「どうしたんだ?さっきから黙ってるけど。なんか顔色も悪いぞ」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:15:33.61 ID:2j2HqxP60
律「いや、なんでもないよ・・・」

唯「りっちゃん大丈夫?」

唯が心配そうに私の顔を覗いてくる。

それはとても嬉しくて、だけどとても苦しい。

律「なんでもないってば。ただちょっとびっくりしちゃってさ。アハハ」

私はなんでもないフリをする。私の心の中を必死に隠す。

唯「ホントに?」

律「ホントだって。いやー、それにしてもお前達いつから付き合ってるんだ?」

梓「1ヶ月くらい前からですね」

お前に聞いてねーよ


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:17:54.45 ID:2j2HqxP60
澪「そんな前からなのか。全然気づかなかった。」

紬「そうよ。もっと早く教えてくれれば良かったのに」

唯「ごめんねみんな」

梓「唯先輩は悪くありません。私が内緒にしてくださいってお願いしたんです」

澪「いや、別に責めてるわけじゃないよ」

紬「そうよ。別にそんな事はいいの。それより2人とも、もうキスはしたの?」

律「・・・!」

相変わらず目を輝かせているムギがとんでもないことを言い出した。

いくら何でもその質問はないだろ・・・

梓「ム、ムギ先輩///」

澪「お、おいムギ。さすがにそんな事聞くのは///」


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:20:05.78 ID:2j2HqxP60
紬「いいじゃない。恋人同士なんだもの。なにもおかしな事じゃないわ」

聞きたくない。

唯「え~、さすがに恥ずかしいよぅ///」

紬「ここまで言っちゃったんだもん。もう全部言っちゃお!唯ちゃん」

唯「も~ムギちゃんってばー」

もう何も言わないでくれ・・・

唯「うん///。チューもしたよ」

その瞬間、私の中の何かが大きな音をたてて崩れ落ちた。

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:22:36.98 ID:2j2HqxP60
紬「わぁ///。じゃ、じゃあもしかして、その先も」

梓「ストーーーップ!ストップです!。もうこの話題はおしまいです///」

紬「えー。もうちょっといいじゃない梓ちゃん」

梓「ダメです!さあ皆さん。そろそろ練習を始めましょうよ」

澪「そうだな。もういいだろムギ」

紬「はーい。残念だけどしょうがないわね」

唯「ごめんねムギちゃん。また今度ね」

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:24:48.92 ID:2j2HqxP60
ムギは少し不満そうだったけど、その話はそこで終わった。

だけど私は、いつまでもその話が頭から離れることはなく、心の中は、黒い感情で一杯だった。

悲しみ。嫉妬。憎しみ。

その他のいろいろな感情が一緒になったものが渦巻いている。

梓が私の唯を奪ったんだ。

私の方が唯のことを大好きなのに。

私の方が唯のことを幸せにしてあげられるのに。

梓なんか軽音部に入れるべきじゃなかったんだ。


梓なんか死ねばいいのに。



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:26:36.81 ID:k4V/JImQ0
みじめなデコッパチ

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:26:51.22 ID:2j2HqxP60
澪「それにしてもホントに驚いたよな。唯と梓が付き合ってるなんて」

部活が終わり、私と澪は2人で並んで帰り道を歩いている。

律「・・・そうだな」

澪「まあでも、ホントにお似合いだよな、あの2人」

律「・・・」

澪「・・・なあ律」

律「なんだよ」

澪「私さ、今までずっと悩んでたことがあったんだ。こんなのおかしいことなんだって。

  正直諦めてたと思う」

澪は何を言っているのだろう。

いきなり語り出した澪の真意がわからず、私は困惑した。


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:29:37.34 ID:2j2HqxP60
律「なんの話だ?」

澪「でもさ」

私の問いには答えずに、澪は話を続ける。

澪「今日、唯と梓が付き合ってるって聞いて、2人の幸せそうな様子を見てたらさ、

  なんか悩んでるのが馬鹿らしくなってきたっていうか、ふっきれたんだ」

付き合ってるだの、幸せそうだの。

私はついイライラして、口調が荒くなってしまう。

律「だから何の話してるんだっての!」

澪「律」

真剣な顔で私の目を見つめる澪。心なしか顔が赤いような気がする


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:31:49.98 ID:2j2HqxP60
澪「私、律の事が好きなんだ」

律「・・・は?」

澪「私と付き合ってほしい」

澪の突然の告白に、私は固まってしまった。

とても驚いた。澪が私をそんな風に見ていたなんて、全然気づかなかった。

・・・いや、気づくわけもないか。

私は唯しか見ていなかったのだから。

律「澪・・・」


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:34:09.17 ID:2j2HqxP60
私は、大事な親友になんて答えるべきなのだろう。

私は唯の事が好きで。でもその唯は梓と付き合っていて。

どうせ叶わぬ恋ならば、いっそ諦めて澪の想いに応えてあげるべきなのかもしれない。

だけど、やっぱり私は・・・。

律「澪、私は・・・」

澪「唯のことが好きなんだろ?」

律「!?な、なんで」

澪「わかるに決まってるだろ。好きな人の事なんだから」

律「・・・うん、そうなんだ。だから」

澪「唯は梓と付き合ってるんだぞ」

そんな事はわかってる。わかってるんだ。だけど


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:36:49.02 ID:2j2HqxP60
律「でも・・・諦めるつもりはないから」

澪「諦めないってどうするつもりだ?唯と梓の仲を引き裂くつもりか?

  そんな事までして唯に振り向いてほしいのか?」

律「・・・」

澪「律・・・。私じゃ駄目か?律のこと、絶対に幸せにするよ」

律「・・・ごめん」

澪「・・・そうなんだ。そんなに唯がいいんだ・・・。律とずっと一緒にいたのは私なのに・・・」

澪は最後にそう言って、逃げるようにその場から走って行ってしまった。

1人残された私は、しばらくその場に立ち尽くしていた。


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:39:04.52 ID:2j2HqxP60
律「はあ・・・」

家に帰って来た私は、服を着替えることもせず部屋のベッドの上に倒れ込んだ。

澪に言われたことが頭から離れない。

澪『諦めないってどうするつもりだ?唯と梓の仲を引き裂くつもりか?

  そんな事までして唯に振り向いてほしいのか?』


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:41:18.13 ID:2j2HqxP60
私は唯のことが好きだ。大好きだ。

でも唯は梓の事が好きで。恋人同士で。

唯のことを本当に想っているのならば、唯の事は諦めるべきだと、きっとどこかの常識人は言うのだろう。

それが正しいのはわかってる。

だけど、それはわかっているけれど、私の唯への気持ちは、どうしても諦められるものではなかった。

自己中心的だと言われようとも、私は唯のことが大好きで、唯にも私を好きになってほしい。

それが私の正直な気持ちなのだから。

だから、そのためには

律「梓が・・・邪魔だな・・・」

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:43:27.82 ID:2j2HqxP60
梓「あれ、律先輩だけですか?」

次の日の放課後。私1人の部室に梓がやってきた。

唯とムギには今日は部活は休みだと伝えてある。

澪は今日は学校には来ていない。

律「よっ、梓。なんだよ、そんなに唯に会いたかったのか?」

梓「ち、違います///。そんなんじゃありません」

顔を真っ赤にして否定する梓。

以前は後輩のかわいい仕草にも見えていたが、今はただただ不快だ。

律「アハハ。まあいいや、座れよ。お茶いれるから」

梓「え、律先輩がですか?」

律「他に誰がいるんだよ」

梓「いや、だって今までそんなのした事ないじゃないですか」

律「いいだろたまには。私だってお茶くらいいれられるんだからな」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:43:55.04 ID:7/u14Rxf0
うまく折り合いをつけていこうよりっちゃん・・・

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:45:41.12 ID:2j2HqxP60
梓「そ、そうなんですか?えっと、じゃあお願いします」

律「おう」

私は席を立ち、2人分のお茶をいれる。

律「はい、梓」

梓「ありがとうございます」

私も席につき、いれたお茶を飲む。

梓「あ、おいしいです」

律「当たり前だろ。私がいれたお茶なんだから」

梓「ムギ先輩のお茶がいいからですね」

律「おい」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:46:04.53 ID:Uf7MltMC0
やめろ律っちゃん!!

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:47:54.62 ID:2j2HqxP60
梓「それにしても、ホントにみなさん遅いですね」

律「なあ、梓」

梓「なんですか?」

律「お前、唯のこと好きか?」

梓「な、なんですかいきなり///」

律「いいから。答えろって」

梓「うー・・・。す、好きですよ///」

律「どのくらい?」

梓「え?」

律「どのくらい好きなんだよ」

梓「どのくらいって・・・。どうしたんですか律先輩?」

さっきまでと違う私の様子に、梓は困惑しているようだ。

少し怯えているようにも見える。

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:50:07.59 ID:2j2HqxP60
律「どうなんだよ」

梓「・・・大好きです。多分、世界で一番」

律「ふーん。じゃあさ、お前達これからどうするの?」

梓「ど、どうするってなんですか?」

律「お前達さ、女同士じゃん。ここは女子校だから周りも寛容かもしれないけど、世間はそうじゃないよ。

  お前達、ずっと一緒にいられると思ってるの?」

梓「っ!」

律「梓、唯とは別れるべきだよ。それがお互いのためだと思うけど」

少しの沈黙。そして

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:52:17.40 ID:2j2HqxP60
梓「・・・別れません」

梓「絶対に別れません!」

梓が声を張り上げて答える。

さっきまでの私に怯えていた梓はもういなかった。

梓「確かに私たちは女の子同士です。周りから見ればおかしく見えるのかもしれない。

  でも、それでも私は唯先輩が大好きなんです!愛してるんです!

  周りになんて思われたってかまいません!私は、ずっと唯先輩と一緒にいたいんです!」

律「そっか・・・。別れるつもりないんだ・・・。」

またしても部室に静寂が訪れる。無言の時間が流れる。

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:54:30.07 ID:2j2HqxP60
律「プッ」

梓「え?」

律「アハハハハ。引っかかった引っかかった」

梓「え?え??」

律「いやー。梓ってばそんなに唯のことが大好きなのかー。

愛してるなんて言っちゃって、聞いてるこっちが恥ずかしくなるよ」

梓「なっ!」

みるみるうちに梓の顔が真っ赤になっていく。

梓「騙したんですか!?」

律「ごめんごめん。梓がどんだけ唯のことが好きなのか知りたくってさー」

梓「うー///。冗談にしてもひどいですよ律先輩。さっきの律先輩、ちょっと怖かったです」


38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:56:48.64 ID:2j2HqxP60
律「だからごめんって。それじゃ、帰ろうぜ」

梓「帰るって、部活はどうするんですか」

律「あれ、言ってなかったっけ?今日は部活ないよ」

梓「えー!聞いてないですよ」

律「そうだっけか。まあいいじゃん」

梓「良くないです!」

私達2人は帰り支度を整え、一緒に部室のドアまで向かう。

梓「そういえば、じゃあなんで律先輩は部室にいたんですか?」

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 00:59:28.09 ID:2j2HqxP60
部室のドアを開け、階段の直前まで進む。

律「ああ、梓を待ってたんだよ」

梓「え?」

そして私は

梓を

強く

階下に向かって

押した

43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:02:07.52 ID:2j2HqxP60
私に押された梓は、態勢を崩して倒れ、階段に頭を強打し、ゴロゴロと踊り場まで転がっていった。

倒れている梓はピクリとも動かない。

私は梓をその場に残し、逃げるようにその場を後にした。

放課後の学校の廊下は、幸いなことに人の姿はなく、誰も梓の落ちていく音に気づいた人はいないみたいだ。

昇降口まで誰にも会わずに来た私だったが、そこで最悪な人物に出会ってしまった。

唯「あ、りっちゃん」

律「ゆ、唯!」

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:04:26.78 ID:k4V/JImQ0
こうなるとスレタイこわい

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:04:28.93 ID:Uf7MltMC0
うわあああぁぁぁぁ

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:04:37.21 ID:2j2HqxP60
私の頭はパニック寸前だった。

よりにもよって唯に会ってしまうなんて。

唯「もう用事は済んだの?」

律「あ、ああ。ゆ、唯はなにやってるんだ?」

唯「えへへ~。あずにゃんと一緒に帰ろうと思って昇降口で待ってたんだー。

  でもまだ来ないんだよね~。とっくに終わってるはずなのに。

  りっちゃんあずにゃんのこと見なかった?」

律「い、いや、見てないな。もう帰ったんじゃないのか?」

唯「ううん、靴はあるからまだいるはずなんだー。

  さっきメールもして見たんだけど返事が来ないんだよね~」


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:07:31.40 ID:2j2HqxP60
決して来ることのない人を待っている唯。

そんな唯を見て、私は心がえぐられるようだった。

律「唯はまだ待つのか?」

唯「うん。もうちょっと待ってみるよ」

律「そっか・・・。邪魔するのは悪いし、私は先に帰るよ」

唯「うん、また明日ね。りっちゃん」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:10:08.69 ID:2j2HqxP60
家に帰った私は、急いで洗面所に駆け込み、嘔吐した。

かなり気持ちが悪い。梓が頭から血を流して倒れている姿が脳裏から離れない。

学校では軽い興奮状態にあったのと、逃げる事に必死だったのでなにも考えられなかったが、

落ち着いてくると罪悪感と後悔で押しつぶされそうになる。

私は人を殺してしまった。軽音部の仲間を。私の大好きな人の大好きな人を。

きっとそろそろ大騒ぎになっているはずだ。

私は捕まるのだろうか。

いや、梓といるところは誰にも見られていないし大丈夫なはず。

階段を踏み外した事故だと思われるはずだ。

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:12:17.14 ID:2j2HqxP60
私はフラフラになりながらもなんとか部屋に戻った。

自分のベッドに潜り、震える体をおさえる。

どのくらいの時間が経っただろうか。

私の携帯の着信音が鳴り響いた。

ムギからの電話だ。私は少しためらったが、意を決して通話ボタンをおす。

律「・・・もしもし」

紬『り、りっちゃん・・・ぅぅ』

電話の向こうのムギは泣いていた。

嗚咽まじりで話すムギの声は、とても聞き取りづらいもので、

でもだからこそ、私にはムギの電話の内容がすぐに分かった。

紬『梓ちゃんが・・・。梓ちゃんが・・・』

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:14:26.76 ID:2j2HqxP60
数日後、私とムギは梓の葬儀に出席した。

人間っていうのは本当にすごい生き物だ。

あれほどの事をしておいて、あんなに吐き気をもよおすほどの気分だったのに、

その数日後にはここまで落ち着いてきているのだから。

あれから聞いた話によると、私の思惑通り警察は梓の事を事故だと断定したらしい。

日本の警察が無能だというのは本当のようだ。

まあ今回はその無能さに救われたのだが。

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:16:42.19 ID:2j2HqxP60
葬儀からの帰り道。私達2人はほぼ無言だった。

ムギとの分かれ道に着いたとき、私はムギに聞いてみた。

律「なあムギ」

紬「なに?りっちゃん」

律「唯は・・・どうしてるんだ?」

紬「うん。憂ちゃんの話によると、ずっと部屋に引きこもっているみたいなの。呼びかけても出てきてくれないみたい・・・」

律「そっか・・・」

紬「澪ちゃんの様子は?りっちゃん何か知ってる?」

律「ごめん、わからない・・・」

紬「そう・・・。ショックよね、やっぱり」

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:18:53.10 ID:2j2HqxP60
律「私、唯の家に行ってみるよ。なにも出来ないかもしれないけど、とりあえず唯に会ってくる」

紬「あ、じゃあ私も行くわ」

律「いや、いきなり2人で行ったら唯も戸惑うかもしれないから、まずは1人で行った方がいいと思うんだ」

紬「・・・わかったわ。じゃあ私は澪ちゃんの家に行ってみる」

律「ああ、頼む」

紬「うん。じゃあね、りっちゃん」

ムギと別れ、私は1人唯の家へと向かう。

きっと唯はとても傷ついているのだろう。

恋人を失う悲しみは私には分からないけれど、私が、梓の代わりに唯の悲しみを癒やしてあげたい。

邪魔な梓は、もういないのだから。

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:21:09.18 ID:2j2HqxP60
唯の家に到着し、インターホンを押す。

それから少しして憂ちゃんが玄関から出てきた。

憂「あ、律さん」

律「こんばんは、憂ちゃん。唯、いる?」

憂「・・・お姉ちゃん、梓ちゃんが死んじゃって、すごい・・・ショックみたいで」

憂ちゃんの目から涙がこぼれる。顔を両手で押さて泣きだした。

憂「それで・・・部屋から・・・出てこなくて・・・梓ちゃんが死んじゃったなんて・・・

  私も・・・信じられなくて・・・ついこのあいだまで・・・なんで・・・梓ちゃんが・・・」

律「憂ちゃん・・・」

泣きながら話す憂ちゃんの言葉は支離滅裂で、だけど憂ちゃんの気持ちは、文字通り痛いほど伝わってきた。

律「お邪魔しても、いい?」

憂「はい・・・。お姉ちゃんの事、よろしくお願いします・・・」

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:24:06.21 ID:2j2HqxP60
私は憂ちゃんに連れられて、2階に上がり唯の部屋の前まで来た。

憂「お姉ちゃん、律さんが会いに来てくれたよ」

憂ちゃんが扉ごしに呼びかける。返事はない。

憂「ずっとこんな感じなんです」

律「そうなんだ・・・」

私は今度は自分で唯に話しかけてみる

律「唯、私。律だ。入ってもいいか?」

やっぱり返事はない。

律「入るぞ」

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:25:32.45 ID:Uf7MltMC0
りつううううううう

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:26:22.10 ID:2j2HqxP60
私は扉を開け、唯の部屋に入る。

唯の部屋は電気がついておらずカーテンも締め切っていて真っ暗だった。

その暗い部屋のベッドの上で、唯は自分の膝を抱えていた。

私が入ってもきても顔をあげることすらしない。

律「よっ、唯。元気か?」

私は努めて明るく話しかける。

私の取り柄はこれしかないから。これしか出来ないから。

律「あーあ。電気もつけないで。知ってるか?部屋が暗いと気持ちまで暗くなってくらしいぞ。

  それに部屋もだいぶ散らかしてるなー。よし、私が掃除してやるよ」

律「あ、そうだ唯。その間に風呂にでもって入ってきたらどうだ?

  何日も入ってないんじゃないか?すごい頭してるぞ」

律「ちゃんとご飯は食べてるのか?憂ちゃんがせっかく美味しい料理作ってくれるんだから、食べないともったいないぞ」

私がどれだけ話しかけても、唯は返事をしてはくれない。

それでも私は唯に話しかけ続けた。

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:28:50.42 ID:2j2HqxP60
唯「帰ってよ」

30分もした頃、唯がようやく口を開いた。

唯「お願いだから帰って」

律「唯・・・」

唯「帰って!」

律「・・・分かったよ。でもまた明日来るから」

唯「・・・」

律「じゃあな。唯」

私はそれからというもの、放課後は毎日唯の家に行った。

その日学校であったことや、昨日見たテレビの内容など、取り留めのない話を唯に話して聞かせた。

相変わらず唯は返事をしてくれないけれど、少しずつつでもいいから唯が元気になってくれればと思う。


62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:30:44.59 ID:Uf7MltMC0
これで唯が律に心を開いたら梓が報われん・・・

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:31:37.24 ID:2j2HqxP60
今日も私はいつも通り唯の家に向かっていた。

澪「律」

後ろから声をかけられ、私は振り返った。

そこには久しぶりにみた親友の姿があった。

律「澪!」

澪「久しぶりだな、律。ちょっと話、いいか?」

久しぶりに会った澪は、思っていたよりも元気そうだった。

澪と最後に会った時にあんな別れ方をしてしまったから気になっていたけれど、とりあえず安心した。

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:34:03.96 ID:0pSP+Y6Z0
澪は今まで引きこもってたのかw

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:34:05.81 ID:2j2HqxP60
律「澪、もう大丈夫なのか?」

澪「律、最近毎日唯の家に行ってるらしいな」

ムギにでも聞いたのだろうか。澪がそう言った。

律「ああ。実は今、唯かふさぎ込んじゃっててさ。唯に元気になってほしくて」

澪「人の弱ってるところを狙ってるわけだ」

律「・・・は?」

澪「律は梓がいなくなって弱っている唯に優しくして、

  梓の変わりに自分を好きになってもらおうとしてるんだろ。最低だな」

律「・・・」

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:37:03.90 ID:2j2HqxP60
律「・・・だったらなんだよ!唯は、梓がいなくなってボロボロになってるんだ!

  今の唯には、唯の心を支えてあげられる人が必要なんだよ!それが何か悪いことなのか!?」

澪「律・・・。そんなにか・・・。そうまでするほどに、唯じゃないとだめなのか?私はこんなに律のことが」

律「どんなに言われたって、私が好きなのは唯なんだ。悪いけど、澪の気持ちには応えられない」

私は最後にそう言って、澪を残してその場を去った。

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:41:32.80 ID:2j2HqxP60
唯「ねえ、りっちゃん」

今日も私が唯の部屋で話をしていたら、突然唯が話しかけてきた。

顔をあげ、私を見る。

律「なんだ?唯」

唯「なんでりっちゃんは、毎日私に会いに来てくれるの?」

律「唯が心配だからだよ」

唯「そっか・・・。ごめんね、心配かけて」

そう言って唯は力無く笑う。

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:43:44.42 ID:2j2HqxP60
唯「ホントはね、分かってるんだよ。こんな事してたってしょうがないって。

  あずにゃんは戻ってこないんだって」

唯の声が、徐々に涙声になっていく

唯「でも・・・どうしても・・・あずにゃんの事を思い出しちゃって・・・苦しくて・・・

  立ち直らなきゃって思ってるのに・・・出来なくて・・・忘れられなくて・・・」

唯「ねえりっちゃん・・・私は・・・どうしたらいいのかな・・・」

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:44:08.83 ID:x5+Ku+ujO
俺の律ちゃんを犯罪者にしないでくれよ…
たのむから…

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:45:58.38 ID:2j2HqxP60
律「・・・なあ、唯。私じゃ駄目か?」

唯「え?」

律「これからは、ずっと私が唯のそばにいる。唯が苦しい時も私が隣にいてあげる」

唯「りっちゃん・・・」

律「私は、唯が好きだ。」

唯「でも・・・私はあずにゃんが・・・」

律「唯、残念だけど、梓はもういない。唯は、これから梓のいない世界で、

  前を向いて歩いて行かなきゃいけないんだよ」

律「唯。私と一緒に歩いていこう。今はまだ、辛いかもしれないけど、私がいるよ。

  いつか絶対、唯を幸せにするから」

唯「・・・」

75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:48:09.84 ID:2j2HqxP60
唯「りっちゃん・・・。1つだけ約束して」

律「なんだ?」

唯「私を1人にしないって・・・。いなくなったりしないって・・・。」

唯「もう絶対・・・大切な人がいなくなるのは嫌なの・・・」

律「ああ、約束する。私はどこにも行かない。ずっと一緒だよ、唯」

私は唯を抱きしめた。唯は私の胸の中で、いつまでも泣いていた。

77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:50:19.28 ID:2j2HqxP60
数週間後。

唯「りっちゃん帰ろー」

律「ごめん、先行ってて。今日日直なんだ」

唯「えー。早くしてね」

律「わかったよ」

唯はだいぶ元気を取り戻していた。決して梓のことを忘れたわけではない。

それでも唯は、強く生きていこうと決めたんだ。

私はそんな唯の支えになれた事がとても嬉しい。

軽音部にはあれから行っていない。

今はまだ、辛い場所だから。

でも、いつかまた、4人で演奏出来る日がくればいいと思う。

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:55:00.62 ID:2j2HqxP60
日直の仕事を終えた私は、教室を出て、唯が待つ昇降口に向かう。

そして、階段をおりようとした所で

ドンと

背を押され

私は

階下に

落ちていった

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 01:58:23.13 ID:2j2HqxP60
体が動かない。頭から血が流れているのが分かる。

ヤバい。死ぬ。死にたくない。

助けて。誰か。

だけど、私の意識はどんどん遠のいていく。

意識がなくなる寸前、階段の上にいる人物の姿が目に入った。

その黒髪の美少女の言葉が耳に届く。

澪「ごめん・・・律。もう・・・こうするしかなかったんだ。

  でも安心してくれ。律を1人になんて絶対にしないから」

澪「私達は、ずっと一緒だよ」

終わり

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 02:00:20.71 ID:16dOEnXx0
唯とムギカワイソス

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 02:00:30.54 ID:2j2HqxP60
これで終わりです。読んでくれた方、ありがとうございました。
唯律もっと増えろ

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 02:00:42.01 ID:bm144MwH0
ふむふむ

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 02:01:17.24 ID:BDcMsa6A0
無理矢理終わらせた感が

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 02:05:30.94 ID:x5+Ku+ujO
面白かったけど律ちゃんが可哀相

唯律の鬱は「気持ち悪い」ってのを思い出すな

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 02:11:11.27 ID:scMmepkA0
いや普通に一番可哀想なのは梓だろ

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 02:11:20.59 ID:2j2HqxP60
なんか宣伝になっちゃいますけど、暇な方は
唯「りっちゃん大好き」
唯「幸せってなんだと思う」
も読んでくれたら嬉しいです。

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 02:11:50.66 ID:LEztU7ps0
乙!!良い唯律だった・・・?
唯ちゃんがとても可愛そうだな

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 02:15:17.41 ID:LTFpp4UH0
>>94
お前は唯律になんか恨みでもあるのか

98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 02:17:02.83 ID:x5+Ku+ujO
BADENDもたまにはいいじゃないか

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 02:20:12.23 ID:vK2pp1jy0
かまいたちの夜風味なバッドエンドだね。でも今までの奴の中でかなり面白かった。
読みやすさもあり◎

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 02:25:01.65 ID:BDcMsa6A0
>>94
なんでこんな気分悪くなるのばっかなんだよ

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/11(金) 04:48:12.44 ID:16ksprIJO
>>94
これがリアルヤンデレってやつか…。

けいおん!!(第2期) 9 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2011-03-16)
売り上げランキング: 13
関連記事
2011/03/03 12:30 | CM(3) | けいおん! SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2011/03/03 18:48 ]
  2. 澪が唯を殺すオチかと思って読んでた
  3. 774@いんばりあん [ 2011/03/04 02:26 ]
  4. これでは唯律増えるきっかけのSSにならないんじゃ・・・
  5. 774@いんばりあん [ 2011/03/06 23:55 ]
  6. 唯律に恨みでもあるかのようなSSだな
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング