HEADLINE

グラサン「マスター、いつものを」 マスター「かしこまりました」

1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/23(木) 22:09:08.00 ID:2ryAOY/e0
マスター「いらっしゃいませ」 グラサン「……」

http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-10169.html


の続きです。今回はグラサン視点

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1490274547



2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:10:21.31 ID:2ryAOY/e0

-教室-



ガヤガヤ……



サターニャ「……でね、この前魔界通販で買った商品が今日届くの!」

ヴィーネ「はぁ……またそんなムダ遣いをして」

サターニャ「ムダじゃないわよ!」



ガララッ



グラサン「授業を始める。全員席に着け」


3 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:11:27.71 ID:2ryAOY/e0



ガタガタ……



グラサン「ではまず、前回の宿題プリントを回収する。後ろから前に回して……」

サターニャ「先生……」スッ

グラサン「なんだ、胡桃沢」


サターニャ「私……」




サターニャ「今回も宿題をやってきていないわ!」ドォォオオオン




グラサン「……」


4 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:13:13.29 ID:2ryAOY/e0



グラサン「……どうしてお前はいつも、宿題をやってこないんだ」

サターニャ「愚問ね!悪魔に、悪魔的行為をする理由を問うのかしら?」

グラサン「……まさかとは思うが、プリントの問題が解けないのを誤魔化しているんじゃないだろうな」

サターニャ「なっ……そ、そんな訳ないじゃない!私は「あえて」やらないだけよ!」

グラサン「そうか……まあいい。これ以上お前のために時間を割く訳にはいかない」



グラサン「胡桃沢、廊下で立っていろ」ゴゴゴ…

サターニャ「」











5 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:14:53.93 ID:2ryAOY/e0

グラサン「では、今回の授業はここまでだ。次回までに、今日配った宿題プリントを終わらせておくように」



ガララッ



グラサン(……)



グラサン(……今日も、胡桃沢は宿題をやってこなかった)



グラサン(あいつ自身はああ言っているが、これまでのテストの結果を見る限り、お世辞にも頭が良いとは言い難い)



グラサン(なら宿題をやってこないのは、やはり授業内容を理解出来ていないからなのか……)


6 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:16:08.26 ID:2ryAOY/e0



グラサン(……俺の教え方が、悪いのだろうか)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



-エンジェル珈琲-




カランコロン…




マスター「いらっしゃいませ」

グラサン「マスター、いつものを」

マスター「かしこまりました。少々お待ちください」


7 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:17:16.79 ID:2ryAOY/e0




コポポ……




マスター「どうぞ。ブレンドコーヒーです」

グラサン「ありがとう」カチャッ


グラサン「……」ズズッ






グラサン「……今日も美味いな」

マスター「ありがとうございます」ペコリ

グラサン「……」ズズッ







8 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:18:39.93 ID:2ryAOY/e0

グラサン「……」フゥ

マスター「……いかがされましたか?本日は少し、元気が無いように思われますが」

グラサン「いえ……大丈夫です。お構いなく」

マスター「そうですか……」

グラサン「……」






マスター「……もし、何か悩み事があるのでしたら、私で良ければ、どうぞ話してみてください」

グラサン「……」

マスター「力になれるかは分かりませんが……あなたの、話し相手くらいにはなれるかもしれません」

グラサン「……」


9 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:20:13.85 ID:2ryAOY/e0




グラサン「……」ズズッ






グラサン「……」






グラサン「……俺の教え子に1人、とても手のかかる生徒が居るんです」

マスター「……なるほど。教え子さんの事でお悩みでしたか」

グラサン「ええ。そいつは、出来が悪いのもそうなんですが、それ以上に奇妙なやつでして……」

マスター「……」

グラサン「毎回の授業で出す宿題を必ずと言っていいほどやらずに、しかもそれを自信満々に報告してくるんです」

マスター「……それは、大変ですね」


10 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:21:56.61 ID:2ryAOY/e0

グラサン「あいつは頑なに「あえてやっていないだけだ」と言い張るんですが……先程も言った通り、あいつの頭の出来はよくありません」

マスター「……」

グラサン「ですから、もし、授業内容が理解出来ないのを誤魔化しているのだとしたら……と」

マスター「……なるほど、あなたはその教え子さんのことを心配しているのですね」

グラサン「ええ。俺もこれで……1人の教師なので」

マスター「ふむ……」


マスター「……分かりました。お役に立てるかは分かりませんが、私に一つ考えがあります」





マスター「ずばり、今のあなたの気持ちを、その教え子さんに率直に伝えてみるのはいかがでしょうか?」

グラサン「……伝える?」







11 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:24:27.67 ID:2ryAOY/e0

マスター「はい。私も学生の頃は、先生が出す宿題や課題にうんざりしていたものです。どうしてこんな面倒なことをやらせるのか……と」

マスター「でも、そうではないでしょう?あなた方先生が生徒に宿題を課すのは、決して嫌がらせのためなとではない」

グラサン「……ええ、そうです。俺は、生徒の為に……生徒により授業を理解して貰うために、宿題をやらせています」

マスター「そう。ですが……生徒はそのような先生の心遣いに、なかなか気付きにくいものです」

マスター「特に、勉強が嫌いだったり苦手だったりする生徒は、そういった先生の思いやりを無下にしてしまうこともよくあるかと思います」

マスター「言わぬが花という言葉もありますが……私は、ときには伝えるということも大切だと思います」

マスター「ですから一度、その教え子さんと真正面から話し合う機会を、設けてみてはいかがでしょうか?」

グラサン「……」


12 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:27:04.60 ID:2ryAOY/e0




マスター「……私は、この一杯のブレンドコーヒーを淹れるために、20年の月日を費やしました」

マスター「ですからこのブレンドコーヒーには、私の20年間の思いが込められています」

マスター「あなたは私のコーヒーを美味しいと言ってくれる。それは、この思いがあってこそなのだと思います」

マスター「同じように、あなたの生徒達に対する思いはきっと、彼らの未来をより素晴らしいものにしてくれるに違いありません」



マスター「ですから……きっと、大丈夫です。自信を持ってください」ニコッ

グラサン「……」







マスター「!」ハッ


マスター「す、すみません!私としたことが、つい喋り過ぎてしまいました……」

グラサン「いえ、大丈夫ですよ」


13 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:28:10.40 ID:2ryAOY/e0







グラサン「……ありがとう。マスター」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



-面談室-

グラサン「……」



ガララッ!



グラサン「……来たか」


14 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:29:41.80 ID:2ryAOY/e0

サターニャ「ふん、この私を呼び出すなんていい度胸じゃない。一体何をさせるつもりなのかしら?」

グラサン「……」

サターニャ「宿題?追試?それとも反省文?何が来ようとも、私は絶対にやってやらないわ!」

グラサン「……」

サターニャ「何故なら、私は大悪魔胡桃沢=サタニキア=マクドウェルなのだから!」

グラサン「……胡桃沢」

サターニャ「何?」フフン




グラサン「今日の授業で、何か分からない所や、分かりづらい所は無かったか?」

サターニャ「…………は?」






15 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:31:09.07 ID:2ryAOY/e0

グラサン「もしそうなら、遠慮なく言ってくれて構わない。俺も、出来る限り分かりやすく教えているつもりではあるが……」

サターニャ「」


グラサン「それが、胡桃沢には合っていなかったということもあり得る」

サターニャ「」


グラサン「だから、分からない所があればいつでも相談しに来て良い。時間の許す限り、丁寧に教えてやろう」

サターニャ「」


グラサン「……胡桃沢?」

サターニャ「あ……」





サターニャ「あんた誰よっ!?」ヒィィッ



16 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:32:12.70 ID:2ryAOY/e0


グラサン「……」

サターニャ「いやいやいやおかしいでしょ!?なんでそんな急に優しい先生みたいな事言いだしてるのよ!!グラサンのくせに!」

グラサン「……胡桃沢、お前はいつも宿題をやってこなかったな」

サターニャ「え……そ、そうよ!なーんだやっぱり叱るつもりなんじゃ……」

グラサン「胡桃沢」

サターニャ「え?」





グラサン「どうしても嫌なら、これからは宿題はやらなくても構わない」

サターニャ「」


17 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:33:31.77 ID:2ryAOY/e0

グラサン「そもそも、俺はお前達に嫌がらせをするために宿題を出している訳ではない。あれは、授業の内容を理解・定着させるために用意しているものだ」


グラサン「だが、それが却って胡桃沢の勉強の妨げになっているのなら、宿題を無理にやらせる意味はない」


グラサン「ただし、先程も言った通り、分からない所をそのままにはするな。聞きたい事があれば、いつでも質問しにきて良い。無論、俺でなくとも、友達に聞くのでも構わないが……」


グラサン「今の授業範囲は、この先の教科の基礎となる部分だ。ここを乗り越えられるかどうかで、今後の勉強の成否が決まると言っても過言ではない。だから俺も、出来る限りお前に協力しよう」





グラサン「……胡桃沢は、俺の大切な生徒だからな」

サターニャ「」









サターニャ「……い」


18 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:35:00.98 ID:2ryAOY/e0





サターニャ「いやぁぁああああ!!グラサンが壊れたぁぁぁああああ!!!」ダダダッ!




<ヒィィィィイイイイイイ!!


グラサン「……」





グラサン(……駄目だったか)



グラサン(……まあ、一度話しただけで分かって貰える程、簡単なことではないだろう)



グラサン(また今度、改めて話し合う機会を設ければ良い)



グラサン(さて、明日の授業の準備をしなくてはな……)





19 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:36:15.37 ID:2ryAOY/e0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



-数日後-

グラサン「……」ゴゴゴ…



サターニャ「……」ゴゴゴ…



グラサン「……胡桃沢。今、何と言った?」ゴゴゴ…



サターニャ「……いいわ。何度だって言ってあげる」ゴゴゴ…



サターニャ「私は、今日……」ゴゴゴ…


20 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:37:25.49 ID:2ryAOY/e0





サターニャ「宿題をやってきているわ!!!」ドォォオオオン


グラサン「……」





サターニャ「……ぷっ」




サターニャ「あっははははは!!そう!その顔よ!!その顔が見たかったの!!」



サターニャ「「どうせ今回もやってこないだろう」と思っていたやつが宿題をやってきたときのその顔!!……ああ傑作だわ!」



サターニャ「グラサンを呆気に取らせるなんて、私ってなんて悪魔的なのかしら!なーっはっはっはー!!」


21 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:38:54.94 ID:2ryAOY/e0



グラサン「……」



グラサン「……胡桃沢。席に座れ」

サターニャ「なっ、何よ!もっと何か言ってくれてもいいんじゃないの!?この私が!宿題をやってきたのよ!?」

グラサン「確かに、胡桃沢、お前が宿題をやってきたのは喜ばしいことだ……だが生憎、この教室に居るのは俺とお前だけではない」

グラサン「積もる話は、授業が終わってからにしよう」クルッ

サターニャ「…………ちぇっ。ふんだ!」ガタタン




グラサン「……」カッカッカッ…



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


22 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:40:12.01 ID:2ryAOY/e0



-エンジェル珈琲-




カランコロン…




マスター「いらっしゃいませ」

グラサン「マスター、いつものを」

マスター「かしこまりました。少々お待ちください」




コポポ……




マスター「どうぞ。ブレンドコーヒーです」

グラサン「ありがとう」カチャッ


23 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:41:26.30 ID:2ryAOY/e0


グラサン「……」ズズッ






グラサン「……今日も美味いな」

マスター「ありがとうございます」ペコリ

グラサン「……」ズズッ





グラサン「……」フッ

マスター「……何か、良いことでもありましたか?」

グラサン「ええ、お陰様で……例の教え子が、宿題をやってくるようになりました」

マスター「おお!それは良かった」

グラサン「……」ズズッ


24 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2017/03/23(木) 22:43:26.50 ID:2ryAOY/e0





グラサン「……」





グラサン「……マスター。もしかして、コーヒーの淹れ方を少し変えましたか」

マスター「え?いつもと同じように淹れたはずですが……」

グラサン「……そうですか」

マスター「……な、何か変な味がしましたか?」アセアセ

グラサン「いえ、そんなことはありませんよ。……ただ」









グラサン「いつもより、美味しく感じたので」


-おしまい-


25 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/23(木) 22:45:36.63 ID:2ryAOY/e0
ガヴドロSSなのにオッサンしか登場させないこの背徳感……たまんねぇぜ

HTML化依頼出してきます


26 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/23(木) 22:48:22.37 ID:GGtsajkY0

グラサターニャもいいね


27 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/23(木) 22:51:04.01 ID:t9slKmvkO
サターニャはオッサンだった…?


28 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/23(木) 23:51:43.17 ID:68S8vFEXo
グラマス流行れ


29 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/03/24(金) 00:03:00.57 ID:S0hx/HLQo
好き


転載元

グラサン「マスター、いつものを」 マスター「かしこまりました」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490274547/





関連記事
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 06月 (120)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング