HEADLINE

ヴィーネ「笹の葉の下で願い事を」

1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:15:30.775 ID:/zOutqcC00707.net
七月七日。

下界ではこの日を七夕と呼ぶらしい。

願い事を書いた短冊を笹の葉に吊るして、星に願い事をするという風習。

その話を聞いたとき、私はなんてロマンチックなんだろうと思った。

そして、ふと思いついた。

臆病な私が、ささやかでも想いを形にできる方法を……




2 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:17:13.842 ID:/zOutqcC00707.net
話は2日前に遡る。

授業終わりのホームルームで、先生が話していたのを思い出す。

この学校では七夕の行事として、校庭に笹を置いて生徒たちが願い事を書いた短冊を吊るす習慣があるらしい。

そのことを聞いたほかのクラスメイトはざわざわとざわめき始めた。

そんなみんなを、私やガヴやサターニャはぽかんとした表情で眺めていた。

当然だ、天界にも魔界にもそんな習慣はないのだから。



3 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:18:52.866 ID:/zOutqcC00707.net
ホームルームが終わった後、私たち4人は放課後の教室でお喋りをしていた。

話の内容は、もちろん七夕のこと。

聞くところによると、下界ではこの日に笹という植物に願い事を書いた紙を吊るすらしい。

一年に一度めぐり合う織姫と彦星に想いを馳せ、願い事をするのだとか。

由来を聞いた私は、とても素敵な風習だと感動してしまった。

そんな私を、みんなはあきれた顔で見つめていた。

イベント好きな私らしい、と口々に言われる。

一人で盛り上がっていた私は、少し恥ずかしくなって俯いた。



6 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:21:42.527 ID:/zOutqcC00707.net
私たちが下界に来て初めて体験するイベント。

わくわくしないわけがない。

それは別に私がイベント好きだからというだけではなく、ちょっとした理由があるから。

それはささやかな、けれども大切な想いを天に届けるということ──。



8 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:23:49.939 ID:/zOutqcC00707.net
その次の日。七夕の前日。

放課後に学年全員で笹に飾りつけをすることになっていた。

みんなで折り紙を切り貼りしたり、小道具を取り付けるのはとても楽しかった。

ガヴもサターニャのラフィも、なんだかんだで真面目に手伝っている。

その中の一人をちらりと見ると、目が合いそうになって目をそらす。

彼女の何気ない仕草も追ってしまう自分は、完全に心を奪われていた。



9 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:25:29.427 ID:/zOutqcC00707.net
みんなは、どんな願い事を書くのかな。


一通り飾りつけの準備が終わると、生徒たちはそれぞれお願い事を短冊に書き始める。

私たちは四人で集まって、何をお願いするか話していた。


ガヴは「一生遊んで暮らせるお金が欲しいなー」

……ふふっ、ガヴらしいお願いね。でも、ちゃんと勉強もしないとだめよ?

サターニャは「大悪魔になる!」

……それ、お星さまにお願いすることかしら。でも、きっとなれると思うわ。

ラフィは「毎日面白いことがおきますように」

……ラフィが言うとちょっと怖いわね。でも、それもいいと思う。



10 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:26:52.388 ID:/zOutqcC00707.net
ヴィーネだけ言わないなんてずるい、と言われてしまったので、私は用意していた答えを言うことにした。


少し考えるふりをして、自然に笑うように見せながら。

「みんなで楽しく過ごせますように」


嘘じゃないけど、嘘をついてしまった。



11 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:28:16.570 ID:/zOutqcC00707.net
その夜、私は部屋で悶々としていた。

一枚だけ持ち帰った桃色の短冊。

みんなの前で書いたものとは別のもの。

これに、自分の本当の願い事を綴るのだ。


今から書いて飾りつけに行けば、明日の片づけまで誰にも見つからない。

片付けの時に急いで回収すれば完璧だ。

なんだかずるいような気もするけれど、これが自分のできる精いっぱいの行動。

まだまだこの想いは、隠しておきたいから。

緊張と恥ずかしさで震える手で、ゆっくりと想い人の名前を書き始めた。



12 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:29:26.624 ID:/zOutqcC00707.net
こっそりと闇に紛れ、夜の学校に忍び込む。

悪魔らしくない私の、ささやかな悪魔的行為。

……仕送りがちょっとでも増えていると嬉しいんだけど。

誰もいないのはわかっているけど、念入りに注意して校庭へと急ぐ。

目的の場所へとたどり着いた私は、一息ついて視線を上げた。



13 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:30:29.323 ID:/zOutqcC00707.net
──瞬間。私はその光景に息を呑んだ。



昼間に見た笹とはまったく印象が変わり……まるで別世界のように妖しく、とても美しかったからだ。



14 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:31:33.199 ID:/zOutqcC00707.net
月を背にして、夜空を彩るアーチのように枝垂れる笹の葉。


みんなで飾りつけた色とりどりの折り紙の色彩と模様が、薄暗い闇の中で宝石のように輝いて。


その身に願いを乗せた短冊は夜風にひらひらと揺られていた。



その瞬間のひとつひとつの光景が、


とても儚げで、美しかった。



15 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:33:39.170 ID:/zOutqcC00707.net
しばらく目を奪われていた私だったが、やがて目的を思い出してハッとした。

見つからないうちに、早く結びつけないと。

持ってきた短冊を、一番上に飾り付けようとする。

空に一番近い場所で、願い事が叶いますように。



……しかし、手が震えてなかなか結び付けられない。

早くしないと、と焦れば焦るほどに手元が狂う。

落ち着いくのよ、私。

落ち着いて、冷静に……



16 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:35:22.433 ID:/zOutqcC00707.net
ふと、気配を感じた。

……夜の学校に、私以外の人が?

私はびっくりして、手に持っていた短冊を後ろ手に隠した。

あまりに慌てていたので、端の方が折れてしまった。

少し心が痛んだが、今はそれどころじゃない。

人影はゆっくりと近づいてくる。

夜の闇に目が慣れていた私は、それが誰かすぐにわかった。




それは私が密かに想いを寄せていた人物。


私が大好きな人だった。



17 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:37:22.436 ID:/zOutqcC00707.net
向こうも私の姿を見て驚いたようだ。

目を丸くしてこちらを見つめている。

その時、私はなんて言ったのだろうか。

あまりにも動揺しすぎて、はっきりとは覚えていない。

たしか、散らかっている葉っぱを掃除しに来た、とか。

意味のわからないことを口走っていた気がする。

あたふたしているうちに、後ろ手に持って隠していた短冊を見つけられた。

こっそり短冊を結びにきていることを、あっさりと見破られてしまった。

……こういう時には無駄に勘が鋭いんだから、困ってしまう。



18 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:39:13.236 ID:/zOutqcC00707.net
何を書いたか教えるように言われる。

純粋な好奇心から質問しているのだろうが、私の口からはどうしても言い出せない。

言えるわけがない。


だって……だって。


一番伝えたい相手だけど。

一番伝えたくなかった相手でもあったから。



19 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:40:58.427 ID:tXeZvHkh00707.net
いいぞ



20 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:41:36.759 ID:/zOutqcC00707.net
私が拒否すればするほど、訝しんで見ようと覗き込んでくる。

やがて私はその応酬に負けて、くしゃくしゃになった短冊を広げて見せる。



私の書いた短冊。

目の前の子の名前が書かれた短冊。

そこに刻まれている言葉は、まぎれもなく愛の告白だった。



21 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:42:27.005 ID:/zOutqcC00707.net
引かれるだろうか。気持ち悪がられるだろうか。

拒絶されるのが怖くて、表情を見られなかった。

どうしよう。泣きそうだ。

こんなはずじゃなかった。こんなつもりじゃなかった。

どうか、卑怯で臆病者の私を、嫌いにならないで……



22 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:44:09.580 ID:/zOutqcC00707.net
ふと、暖かい空気に包まれた。

夜風が冷たいはずなのに、なぜ?

顔を上げると、目の前に彼女の顔。

私は彼女に抱きしめられていた。


ポケットから取り出した紙切れを差し出される。

夜の中でもわかる、薄い水色の短冊。

その時、私はなぜ彼女がこんな時間にここに来たかわかった気がした。



23 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:45:43.310 ID:/zOutqcC00707.net
もしかして、私と同じ考えでここに来たんだろうか。

誰にも教えたくない願い事をするために、飾り付けようとしたのだろうか。

私を元気づけようと、慰めのつもりで自分の願いを教えてくれようとしているのだろうか。


夜の暗がりのせいではっきりとは見えないが、頬が少し紅潮しているような気もする。

少し震える手を抑えつつ、手渡された短冊を受け取った。



24 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:47:17.329 ID:/zOutqcC00707.net
すべてを理解した私は



目の前で私を見つめる、大好きな人を抱きしめた。



25 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:48:02.687 ID:/zOutqcC00707.net
──そこには、私の名前と共に。


『恋人になれますように』


私の短冊と、同じ言葉が書かれていた。



26 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:49:26.424 ID:/zOutqcC00707.net
星が綺麗な七夕の夜


月の光に照らされながら、手をつないで帰る2人の女の子


笹の葉に結ばれた2枚の短冊が


結ばれた2人に手を振るように、夜風に揺れていた。







27 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:50:25.934 ID:/zOutqcC00707.net
ありがとうございました。相手の子が誰かは、ご想像にお任せします。



28 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:50:40.599 ID:tkA8ZGtBa0707.net




31 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 20:59:36.152 ID:tXeZvHkh00707.net
良い



32 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/07(金) 21:08:02.268 ID:4VbxEGts00707.net
いいな



転載元

ヴィーネ「笹の葉の下で願い事を」

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1499426130/





関連記事
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング