HEADLINE

ガヴリール「五飛…後は任せた…」張五飛「チッ、軟弱者が!」

1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 02:44:51.129 ID:Ua6jfawt0.net
張五飛「ええい、そこをどけぇ!」

どんっ

張五飛「ぬぉぉ!?何だ、この国の婦人は!俺の国の婦人より肉付きもパワーも圧倒的だぞ!」





ガヴリール「頼んでたタイムセールの卵は?」

張五飛「すまん…」

ガヴリール「あのさぁ、せめて言い訳くらい言ったら?」

張五飛「言い訳などあろうはずもない…。全ては俺の失態だ…」

ガヴリール「もういいよ。それより晩御飯作ってくれる?」

張五飛「任せろ」




4 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 02:46:09.395 ID:iYPDkRKsd.net
シュールすぎてワロタ



5 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 02:47:47.815 ID:Ua6jfawt0.net
張五飛「湯を沸かし、カップに注いで三分…。ええい、まだか!」





ガヴリール「あのさ、このカップ麺、麺の中心まで煮えてないっていうか…」

張五飛「すまん…」

ガヴリール「カップ麺もタダじゃないんだよ?わかってる?」

張五飛「ああ…」

ガヴリール「もったいないから食べるけど、書いてある時間は守ろうよ。ガキじゃないんだからさぁ」

張五飛「わかった…」



6 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 02:49:24.174 ID:iYPDkRKsd.net
続けるのかよ
もっとやれ



7 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 02:49:54.181 ID:DVUhdAO3a.net
ズール皇帝は正義だ!



8 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 02:53:41.591 ID:Ua6jfawt0.net
張五飛(コロニーから地球へと落とされた俺は、地球の日本へと不時着した…。地球への降下の際に小さな隕石に当たり落下コースがずれたのだ…)

張五飛(墜落して負傷した俺は、ガヴリールと名乗る女に助けられかくまってもらっている…)

張五飛(命を助けられた恩を返す…。それが今の俺の使命なのだ…)

ガヴリール「ちょっ、五飛!レベル上げ頼んでおいたのに何で経験値減ってんの!?」

張五飛「うむ。モンスターにやられたら経験値や所持金が減っていたのだ」

ガヴリール「勘弁してよ…。私の二時間がパーだよ…」

張五飛「ぐっ…すまん…」



9 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 02:54:01.223 ID:CCBZrNaT0.net
なんだこれワロタ



15 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:04:47.241 ID:Ua6jfawt0.net
張五飛「今日は資金不足で満足な食費すらないガヴリールの為に食材を獲りに海までやってきた」

張五飛「夜の海は暗い。だが、魚も夜に眠る。海底を漂う魚を突いて仕留めるのは戦士にはたやすい事!」

張五飛「しかし俺はそんな事はしない。密漁は犯罪だからな」

ブロロロロ…

張五飛「来たか…」



16 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:06:31.705 ID:Ua6jfawt0.net
男A『約束の物です』

男B『発砲スチロールの冷却箱に十箱…。アワビ、カキ、サザエ…、うん、確かに』

張五飛「フン、雑魚が」

ガッシ ボカッ

男A・男B『ぐっ』ドサッ

張五飛「さびれた海辺の廃トンネルで密漁の受け渡しの現場をおさえる…。戦士である俺には赤子の手をひねるくらい簡単な事だ。さて、この食材が痛む前にガヴリールに届けなければ…」



17 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:06:48.959 ID:Ua6jfawt0.net
ガヴリール「あのさぁ、こんなにたくさんの海産物、冷蔵庫のどこに入るんだよ。言ってみろ」

張五飛「すまん…」

ガヴリール「すまんじゃなくてさぁ…。まあいいよ。知り合い呼んで消費するの手伝ってもらうから」

張五飛「かたじけない…」



20 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:14:44.427 ID:Ua6jfawt0.net
張五飛(ガヴリールの依頼でネトゲのイベント会場に来た俺は、炎天下のドーム会場で熱中症で倒れてしまった…)

張五飛(ネトゲのイベントコードを手に入れて帰るだけと軽く見た結果、水分の携帯を忘れ補給ができず倒れる結果に…)

張五飛(なんたる不覚…)

ガヴリール「はい、水」

張五飛「ガヴリール…。すまん、俺は…」

ガヴリール「いいから飲め」

張五飛「ありがとう…」

ガヴリール「悪かったな、五飛」

張五飛「何がだ?作戦を失敗したのは俺だぞ」

ガヴリール「このイベントについて詳しく説明してなかったからね。そのせいで五飛をこんな目に遭わせちゃって」

張五飛「いや、これは…」

ガヴリール「このイベントさ、昨年のでは人が何十人も熱中症で倒れてんだよ。しかも、脱糞する人やそれ以上の目に遭う人も結構出ててさ」

張五飛「それは…」

ガヴリール「私がめんどくさがらずにきちんと言っておけば…。ごめんな…」

張五飛「ガヴリール…」

張五飛(普段はだらしなく人間のクズみたいな命の恩人だったが、この時のガヴリールはまるで天使のように思えた…)

張五飛(だが次の日には熱中症が見せた幻だったのだろうと考えを改めた)



21 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:18:27.346 ID:OupaSUEf0.net
なんだ幻か



23 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:24:22.917 ID:Ua6jfawt0.net
ガヴリール「いいか?今はネトゲの経験値アップ、アイテムドロップ率アップの期間なんだ。私が学校に行ってる間、レベル上げとレアドロ収集やっとけよ」

張五飛「お前は誰に物を言っている。全て俺に任せておけ。そして安心して勉学に励んでこい」

ガヴリール「……だな。うん、任せたよ、五飛」



24 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:25:45.730 ID:Ua6jfawt0.net
張五飛「ふむ…『わぁ、ありがとうございます♪さすが前衛職ですね、頼りになります!』…と、こんなものか」カタカタ

張五飛(ガヴリールにネトゲを叩きこまれた俺は、本人同然に振る舞い、本人以上の成果を叩き出せるようになっていた…)

張五飛(戦うだけが戦士ではない…。後衛で回復、支援する事もまた戦士の務めなのだ…)

張五飛「むむっ、あの攻撃職、前に出すぎだ!タンクは何をやっている!?」

張五飛「くそっ、このままでは…。回復によるヘイト管理でタゲをずらすしかない!うぉぉぉおおお!」



25 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:26:30.342 ID:Ua6jfawt0.net
ガヴリール「お、やったじゃん。レベルも上がってるしレアアイテムまでゲットとか。五飛、お前、なかなかやるようになったじゃん。明日も頼むな」

張五飛「フン、是非もない」

張五飛(その日の晩御飯は少し豪華に、カップ麺に生卵が付いた)



30 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:33:10.398 ID:AVLODUiT0.net
ガヴの生活費でごひ分の食費と留守番中の電気代賄えるのだろうか



31 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:36:16.087 ID:Ua6jfawt0.net
張五飛(ガヴリールの代わりに掃除、洗濯、食事の支度、あらゆる家事をし、そして奴の代わりにゲームの中で戦いを続ける毎日…)

張五飛(そんな日々にも終わりは訪れる…。それは唐突だった…)

ずんちずんずんち!ずんちずんずんち!

ガヴリール「何だ、この音?」

張五飛「!?」

張五飛(このアラームは、海底に隠していたナタクに何かがあったという事か!)

張五飛「すまない、ガヴリール。命を助けて貰った恩をまだ返し切れてはいないが、お前とはもうお別れだ」

ガヴリール「いきなりなんだ。どういう事か説明しろよ」

張五飛「俺はもう行かなければならない」

ガヴリール「どこに?」

張五飛「仕事だ……。俺は戦士として……」

ガヴリール「……そうか」

張五飛「ああ」

ガヴリール「……これ、少ないけど持ってけよ」

張五飛「これは!?どうしたんだ、こんな大金!お前、素行不良で収入が全然ないはずでは……」

ガヴリール「これはお前の稼ぎだよ。ゲーム内の物を売ればお金に変えられるんだ。合法的にな。お前には私のいない間ずっとゲームをさせていたからな」

張五飛「……助かる」



33 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:41:54.276 ID:Ua6jfawt0.net
張五飛(海底へと辿り着いた俺はとんでもない生き物と遭遇した…)

イカ娘『ハーッハッハ!私は海からの侵略者、イカ娘でゲソ!手始めにこの大きな人間を征服してやるでゲソ!』

張五飛「させるかーっ!ナタク、正義を見せてみろぉーっ!」ブォンッ

…………

………

……

千鶴「ダメじゃない、海の家を壊しちゃ」

張五飛「すまん…」

イカ娘「ごめんでゲソ…」

千鶴「これは修理にお金がかかるわね…。住み込みで働いてもらうけど、構わないわね?」

イカ娘「ぐぬぬ…仕方ないでゲソ…」

張五飛「わかった。この損失は必ず埋めさせてもらう」

張五飛の戦いはまだまだ続く…
正義の名の元に…

-完-



34 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:43:36.466 ID:2sa/CrNv0.net

ごひってだけで笑えるからズルいと思う



35 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:43:39.708 ID:A9Q8oPcja.net
乙...最後にイカ娘クロスだと...



36 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:53:09.567 ID:/xnWaOJI0.net
おちゅ



37 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/03/27(月) 03:53:21.050 ID:QSZi0pak0.net
ワロタ



転載元

ガヴリール「五飛…後は任せた…」張五飛「チッ、軟弱者が!」

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1490550291/





関連記事
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 08月 (109)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング