HEADLINE

部屋の主人(♀)「信じられないなら信じなくていい。でもね、もうキミに居場所なんてないんだよ

2017/07/26 12:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 02:30:29.589 ID:blnuHjh50.net
主人「私がキミをここに連れ込んで、閉じ込めてから、この部屋の外は一体どれくらいの時間が経ったと思う?」

主人「キミの体感でいいから、教えてごらん。……うん、そうだね、それくらいかな。大体一週間強くらいだよね。」

主人「じゃあ、正解を教えてあげる。……鍵、開けておいたよ。これでキミはもう自由、好きなところに行っていいよ。」

主人「……行く場所があるのなら、ね。」




主人「………やあ、おかえりなさい。思ったよりはやかったね。久しぶりの外の世界はどうだった?」

主人「……ふふ、だから言ったでしょ。キミにはもう行くあてなんてないんだって。居場所はもう、ここしかないんだって。」

主人「空はもはやキミの知っている色ではなく、街は人口の光が反射するだけ。そこに人間の姿はなく、機械たちの無機質な動作音が響くだけ…。」

主人「“ここ”はキミの知っている世界のおよそ500年先の未来。キミの家族も、お友達も、家も、街も、国も、なにもかも、もうとっくに滅んでるんだよ。」

主人「……やだなぁ、見間違いでも幻覚でもないよ。もっと自分に自信を持って。キミの感覚は、どこもおかしくなんてなってないよ。」

主人「キミの見たものはすべて、ちゃんと正しいよ。」




12 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 02:39:30.850 ID:RKJxVJS70.net
はやく続きを



13 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 02:39:41.317 ID:blnuHjh50.net
主人「ふふ、そんなに取り乱さなくていいよ。無くなったちゃったものはもう仕方ないでしょ?」

主人「だから、もう終わっちゃったことは仕方ないから、これからどうしたらいいか考えてみよう?」

主人「現時点でキミが歩むべき道はふたつ。ひとつは、この新しい世界に適応できるように努力すること。」

主人「もうひとつは、このなにも変わらない部屋で、私と、ずーっと現状を維持し続けるか…。」

主人「さあ、キミはどっちを選ぶのかな?」

主人「…………もう、そんな考えるフリなんてしなくてもいいよ。ふふ、もうとっくに答えは決まってるはず。私にらは分かるんだよ?」

主人「キミはね、なにかの支えがないまま新しい生活をできるほど、強い人間じゃないの。本当は怖くて怖くて仕方ないよね?」

主人「今だって、本当ならもう生活の手立てを考えなくちゃいけないのに、頭のなかでは元の時代に戻りたいって、もうそれしか考えられなくなっちゃってる。」

主人「弱いね、キミって。」



16 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 02:42:06.498 ID:Bbfy9Rb50.net
すき



21 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 02:48:02.609 ID:blnuHjh50.net
主人「でもね、弱くていいんだよ。」

主人「そんな弱いキミを、私は助けてあげたいな。この訳の分からない世界の、キミの唯一の支えになってあげたい。」

主人「いや、違うね。この部屋のなかにいれば、もう外の世界の時代なんて関係ない。だって、もう二度と触れることはないんだから。」

主人「もしかしたら、次また部屋の扉を開けたら、元の時代に戻っているかもしれないね。……でも、キミはもうそんなことできない。」

主人「キミはもう、怖くなっちゃってる。次はどんな世界を目の当たりにしなくちゃいけないのか。果たしてその世界は、自分の頭の容量の範疇に収まるのか。」

主人「そんなことを考え出したら、もうドアノブに手を乗せることすらできない。扉に近づいただけで、もう嫌な汗が止まらない。」

主人「……だったら、もう、いいじゃない。外の世界なんて、どうだって。この部屋には私がいる。キミがいる。それだけでいいんじゃないかな。」

主人「私はキミを決して見捨てない。私はキミとずっと一緒だよ。私はキミのことが好きなんだ。私はキミを守ってあげられる。」

主人「ほら、心が軽くなったよね?」



23 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 02:51:05.897 ID:L7Mcw6tZ0.net
何度も外に出てその度に絶望して帰って来たい



25 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 02:52:01.537 ID:F5JgG8R+0.net
主人は何者なんだ?



29 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 03:01:07.307 ID:blnuHjh50.net
主人「もう、いいんだよ。難しいことや辛いことなんて、もう考えなければいいの。ここには私がいる。私がなんとかしてあげる。」

主人「だから……おいで?まだ不安で苦しいなら、もっと楽にしてあげる。私がキミを抱きしめて、キミの心を解かしてあげる。」

主人「ふふ、恥ずかしがってるのかな。でもキミはそれで耐えられる?もう不安で不安で仕方なくて、今にも泣き出しそうなのに。」

主人「耐えられないよね?キミはそんなに強くないよ。強くないなら、もう頑張らなくていいよ。……無理しなくていいんだよ。ほら、おいで。」

主人「……うんうん、よくできました。そうだよ。えらいね。自分の弱さを認められたね。撫でてあげる。よしよし。」

主人「…………かわいいなぁ。」

主人「……うん、そうだね。もとはと言えば、私がキミをこの部屋に閉じ込めなければ、こんなことにはならなかったんだよね。」

主人「キミが私に連れ込まれなければ、家族とも友達とも、移ろう時代を往くことができたんだよね。」

主人「でも、現実はこうなんだよ。ifを追い求めても、それは仕方のないことなの。これがキミの現実なの。」

主人「こんな、自分をこんな目に遭わせた張本人に必死にしがみついて震えてる今のキミが、現実のキミなの。自分で、どう思う?」

主人「私は……そんなキミが、大好きだよ…。」

主人「これからも、永遠に、ふたりでここにいようね。……この部屋で……変わらず、このまま…。」



30 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 03:02:32.866 ID:blnuHjh50.net
みたいなのどうよ



31 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 03:03:35.094 ID:MzINJ6zh0.net
とてもいい



32 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 03:03:41.652 ID:DuVL+/3P0.net
世界観好き
こういうの妄想したことあるわ



33 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 03:06:19.287 ID:MjWLSz1F0.net
大人しい女の人っていいよね……
甘えさせられたいよね……



34 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 03:06:23.393 ID:BgXSMwfi0.net
弱い弱い言う輩は大体自分が弱いから相手もそうあって欲しいと思ってるだけじゃ
捨てられたら死ぬのは主人のほうだろ



37 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/02/21(火) 03:22:35.663 ID:KV1syc/M0.net
ヘドロみたいな敗北感を胸に残しながら惨めに生きていきたい
甘えたい



転載元

部屋の主人(♀)「信じられないなら信じなくていい。でもね、もうキミに居場所なんてないんだよ。」

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1487611829/





関連記事
2017/07/26 12:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング