HEADLINE

敵女博士(♀)「残念だけどね、キミはもうここから私と生死を共にしなければならなくなったんだ。」

2017/07/23 17:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/22(土) 02:50:30.006 ID:0FfgmfYE0.net
博士「……まだ自分の置かれている状況が飲み込めていないのかな?……ま、無理もないか。」

博士「まず……はじめまして。私のことは……ふむ、そうだな……」

博士「……未来の夫に、なんて呼んでもらおうか……いやぁ、なかなか難しいね………クククッ…。」

博士「まあ、キミからしたら私はあくまで初対面の人間だ。見ての通り、“博士”とでも呼んでくれ。」

博士「それで、だ…………私の夫として、生きていく覚悟はできたかな?私としては今すぐにでも、キミと触れ合いたいところなのだがね…。」

博士「……なに?……おやおやどうしたというんだい、そんなに警戒したりして。私はキミの妻になる女だぞ?もう少し心を許してくれても……」

博士「……心を許せと……言っているんだっ!」




3 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/22(土) 02:56:27.543 ID:0FfgmfYE0.net
博士「………ああ、やってしまった…。出来ればあまり使いたくはなかったのだが………まあ仕方がない、私の言うことを聞かないキミが悪いんだ。」

博士「……それはね、私の自信作でもあるんだ。少々大きすぎて、手軽に持ち運ぶことが出来ないのが不便ではあるが……ククッ……なかなか、キくだろう?」

博士「そういえば言っていなかったね。私は人間のカラダの仕組みを研究している科学者でね。」

博士「今は□□軍に雇われて、私の研究を生かした拷問具の開発に携わっている。」

博士「ああでも、勘違いしてほしくないのはね。私はなにも人間を惨たらしく殺すための道具を作っているわけじゃあないんだ。」

博士「私が作っているのは、“人に言うことを聞かせる器具”。……まあ、つまりだね。そんな器具にキミが拘束されているということは……」

博士「何がなんでも、キミを私の夫にしたいというわけだ。」

博士「……何がなんでも、の擁する言葉の意味…………流石のキミにも、分かるだろう?」



7 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/22(土) 03:07:10.991 ID:0FfgmfYE0.net
博士「……うんうん、そうだね。今はとりあえず、そうして承諾したフリでもして大人しくしているのが賢明だよ。」

博士「思えば私も配慮が足らなかったよ。はじめましての人間に、心を許せもなにもないよね。」

博士「だから私は、ゆっくりとキミに受け入れられていくことにするよ。……ゆっくりと……ゆっくりと……。」

博士「……どうせそれに繋がれてるあいだは、どこにも逃げられないんだからね…。」

博士「キミがその拷問具の影響ではなく、私のことを心から愛してくれるはのときまで、私はいつまでも、キミのことを待とうじゃないか。」

博士「そのあいだ、ずっとキミはそのまま。……当たり前だよね?」

博士「……さあ、実験開始だ…。果たしてキミは今から、私を愛してくれるまでに……どれだけの時間を要するのかな……?」



10 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/22(土) 03:08:56.630 ID:OZs7woyKa.net
愛ではないほうが興奮するのだが



12 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/22(土) 03:13:17.077 ID:ovOtc+gfa.net
敵女博士助手(♀)さんからも気に入られたら大変なことになるな



14 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/22(土) 03:15:28.536 ID:qcPygFmc0.net
寂しがりの甘えん坊にしたい



16 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/22(土) 03:28:29.294 ID:0FfgmfYE0.net
>>12
敵女助手「○○さん、食事の時間です。口を開けてください。」

助手「はい。博士は研究発表のため、一旦地上に出ております。おおよそ3時間ほど前に出発いたしました。」

助手「そのあいだは、引き続き私が○○さんのお世話をさせていただきます。」

助手「それでは、口を開けてください。……いかがでしょうか。」

助手「…………。はい、ありがとうございます。」

助手「はい、私は博士から、○○さんの好みのものを作れと仰せつかっておりますので、その通りに調理をいたしました。」

助手「お口に合ったのでしたら、光栄です。」

助手「……それでは、もう一度。口を、お開けください。」

助手「はむっ……じゅるっ、んっ……ぐゅるるっ…んっ。……ちゅっ、ちゅうっ、ちゅっ……んはぁ………んぢゅっ!……ちゅっ……ちうぅぅっ………っぷは。」

助手「…………博士が不在のあいだ、貴方の身柄の自由は私にあります。」

助手「そして、博士から貴方を救うことが出来るのは、この私だけです。」

助手「ご理解のほどを、どうかよろしくお願いいたします。それでは、また後ほど…。」



15 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/22(土) 03:24:47.453 ID:qcPygFmc0.net
「私が帰ってきたぞ!!さぁ!熱い抱擁をしてくれ!!!んっ………♥」
「はあああぁぁぁ…♥幸せ……♥」
ってやってるぐらいデレデレ博士がいい



22 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/22(土) 04:00:22.275 ID:0FfgmfYE0.net
>>15
博士「ふぅ……ただいま。大人しく、私の帰りを待っていてくれたかい?」

博士「クククッ……そんなことを言って、本当はすぐにでも私に会いたくて会いたくて仕方がなかったんじゃないのかい?」

博士「…………私は、一刻もはやくキミに会いたかったがね。」

博士「んんーっっ♪私のっ、私の○○~っ♪会いたかったぁっ、はやく会いたかったぞおっ…♡」

博士「ちゅっ♡ちゅうっ♡私の夫っ、大好きな私のダーリンっ♡好きだっ、聞いてくれっ、大好きなんだっ♪」

博士「私がいったい、どんな思いで外にいるか分かるかいっ?……キミは元気だろうかとか、キミは寂しい思いをしていないだろうかとか……もうっ、キミのことだけなんだあっ♡」

博士「悪い子だっ……まったくっ、キミはまったく悪い子だぁっ♪このこのっ、えいっ♪このこのっ♪」




はい



23 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/22(土) 04:10:37.164 ID:QDMpkt90p.net
はいじゃないが



24 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/22(土) 04:14:27.872 ID:0FfgmfYE0.net
はいだが
それではまた明日



転載元

敵女博士(♀)「残念だけどね、キミはもうここから私と生死を共にしなければならなくなったんだ。」

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1500659430/





関連記事
2017/07/23 17:00 | CM(0) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング