HEADLINE

後輩(♀)「へぇー、センパイ結局例の彼女さんとは上手くいってないんだぁ。」

2017/07/24 23:00 | CM(1) | 創作・男女系 SS
1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 02:30:06.920 ID:QxaS+/Wk0.net
後輩「えーでも実際そうじゃないですかぁ。現にこうして、彼女でもなんでもない女と一緒だし。」

後輩「うわ、失礼だなぁ。それってわたしのこと女として見てないってことじゃないですか、もぉー。」

後輩「ひどいなぁ、わたしはセンパイのこときちんと男の人として見てるのに。」

後輩「だからこうしているのも、わたしにとってはデートですよっ。……あはは、ヘンな顔。」

後輩「それじゃあこうして、腕でも組んでみよっかなー?……あ、逃げた。わーひどい、せっかく勇気出したのに。」

後輩「いいですよーだ。わたしはこうして、センパイの隣にいられるだけで幸せですからねー。……ふふ、ちょっとドキッとしました?」

後輩「あっははは!おっかしーい!結局わたしのこときちんとそういう目で見てるんじゃないですかぁー。」

後輩「……嬉しいなぁ…。今だけはセンパイ、わたしのことだけ考えてくれてる…。彼女のことより、わたしで頭を満たしてくれてる…♪」

後輩「これってもう、半分浮気じゃないですか?彼女でもない女と一緒にいて、その子のこと考えて、ちょっとその気にさせたらホイホイ乗っかってきて。」

後輩「浮気ですよ、うーわーき。あははっ、センパイはジゴロですねっ。女を泣かせる悪い子だっ!」

後輩「……なんなら、もーっと悪い子になってもいいんだけどなぁ……?」




13 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 02:33:11.486 ID:q/xVUtxH0.net
ヤンデレ臭がする



14 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 02:35:30.941 ID:n+5LWwR3d.net
相手がいない……汗



16 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 02:37:45.358 ID:QxaS+/Wk0.net
後輩「……ふふ、そりゃそうですよぉ。だってわたし、まだあの人のことセンパイの恋人だなんて認めてませんから。」

後輩「いーえ、あります。わたしにはセンパイに悪い虫がつかないよう、きちんと見守っている義務があるんですっ。」

後輩「わたしから言わせてみれば、あーんなかわいい人、センパイなんかには不釣り合いなんですよ。」

後輩「きっと昔も今も街を歩けばイケメンに言い寄られて、それをなあなあにしているようなモテ女なんです。センパイとは大違い。」

後輩「センパイにはもっとこう、地に足がついているというか、そんな身近で手近な女で済ませるべきなんです。分かりますか?」

後輩「……言っておきますけど、わたし結構本気で言ってますからね。」

後輩「だって考えても見てくださいよ。あのかわいい彼女さん、きっと街ゆくカップルの男性も目を奪われるような美貌の持ち主です。」

後輩「隣に恋人がいるにも関わらず、それを知ったことかと男性の目を釘付けにして。それって半分浮気じゃないですか。」

後輩「愛を誓い合った恋人の仲を引っ掻き回す悪女なんです。愛の誓いなんてものを鼻で笑ってグチャグチャにする悪い子です。」

後輩「いいえ、やめませんよ。センパイが怒っても事実は事実ですから。センパイに身の丈を知ってもらいたいんです。」



25 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 02:45:20.450 ID:QxaS+/Wk0.net
後輩「つまりわたしが言いたいのは、きっとそんな女ですから、センパイのことも結局遊び相手くらいにしか思ってないってことですよ。」

後輩「じゃあ聞きますけど、今まであの人と何回デートに行きました?そこで何回食事をご馳走しました?何回プレゼントを渡しました?」

後輩「それに対してその人は、どんな反応を返してきたんですか?」

後輩「……ほら、だんまり。センパイも薄々気づいてたんじゃないですか?自分には不釣り合いな相手なんだって。」

後輩「こんな綺麗な恋人だから、自分も頑張らなきゃって肩肘張ってたんでしょ?どうにか自分を大きく見せようとして、たくさん見栄を張ってきたんでしょ?」

後輩「それ、疲れません?恋人ってそういうものなんですか?結局利用されてるだけじゃないですか。アホらしい。」

後輩「そういうの、センパイには似合いませんよ。というか、見ていて痛々しいです。センパイが、なんかどんどん壊れていってるみたいで。」

後輩「だからわたし、あの人のこと嫌いなんですよ。わたしの大好きなセンパイをわたしか奪って、自分の財布かなんかに利用しようとして。」

後輩「嫌い……大っ嫌い…。許さない……わたしのセンパイなのに………わたしと一緒にいるのに……大好きなのに…っ。」



29 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 02:48:02.959 ID:Rf6NkM1M0.net
どんどんメンヘラ成分強くなってきたな



30 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 02:49:43.949 ID:TQ3GsY690.net
彼女と楽しくデートした次の日に突然現れてねちねち言ってくるタイプの後輩



34 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 02:56:12.066 ID:QxaS+/Wk0.net
後輩「だからわたし、考えたんです。あれから色々、わたしなりに。でも実は案外簡単に答えが出たんですよ。」

後輩「あ、センパイのこと寝取ればいいんだって。」

後輩「目には目を、歯には歯を、ってね。わたしからセンパイを奪っていったんだから、今度はわたしがセンパイを奪っちゃおうって。」

後輩「そうすればわたしも幸せ、センパイも幸せ。あいつも自分のプライドがズタズタにされてみんなハッピー。win-win-winってやつですか?」

後輩「そう怒らないでくださいよ、これはセンパイのためなんですから。実際わたしの言葉に心動かされそうになっちゃったセンパイが何言っても説得力なんてないです。」

後輩「わたしはセンパイのことを愛しています。昔も愛していましたし、今はもっと愛しています。愛とはまた違った感情も上乗せされて、わたしの心は止まりません。」

後輩「ですから、センパイが何言ったって無駄なんですよー。わたし、もう決めたんで。センパイと幸せになろう、って。」

後輩「……待ってくださいよ、どこ行くんですか?逃がすわけないでしょう。ここでセンパイを行かせたらすべて水の泡ですから。」

後輩「そうなったら最後、センパイはわたしに近づかなくなるでしょ?そうしたらわたし、死ねますよ。冗談じゃなく気が狂うと思います。」

後輩「わたしが今まで生きてきた原動力がセンパイなんです。こういう言い方は傲慢すぎて嫌なんですけど、自分の立場考えてくださいね。」



35 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 02:57:32.550 ID:qjKPJMGh0.net
おもい



36 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 02:58:33.346 ID:q/xVUtxH0.net
愛とはまた違った感情
これ怖すぎ



48 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 03:06:29.713 ID:QxaS+/Wk0.net
後輩「そうそう、落ち着いてお話しましょう。さ、座って。さっき座っていた席、わたしの目の前に。」

後輩「…………ふふっ。セーンパイっ。」

後輩「どうしてこっち見てくれないんです?さっきまでばっちり視線を合わせて話してたのに。」

後輩「わたしがこんなやつだとは思いませんでしたか?そりゃそうですよ、隠してきたんですから。」

後輩「わたしのこのグツグツしたとこ、みだりに見せたりしたらドン引きでしょ?これでも結構耐えてたんですから。」

後輩「でも、もう我慢しない。センパイはわたしのものです。もう誰にも、ましてやあの女だけには、絶対に渡さない。」

後輩「……センパイ、わたしの目を見てください。……怖がらなくていいです。返事もしなくて構いませんから。わたしの目をじっと見て、わたしの言葉を聞いてください。」

後輩「センパイ、大好きです。」

後輩「……ふぅ、やっと言えた…。いやね、今まで言ったことなかったじゃないですか。隠してきたわけだし。」

後輩「でもこれだけはしっかり、言葉にして伝えておきたかったんです。……へへ、告っちゃった…♪」

後輩「もう隠すつもりもないですから、何度だって言いますよ。センパイ、大好きです。愛してます。好き、好き。わたしだけのセンパイ。」

後輩「ほらほら何を視線外してるんですか?言ったでしょ、わたしの目を見てって。……だーめ、許しません。センパイの視線すら、わたしのものです。」



55 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 03:16:07.568 ID:QxaS+/Wk0.net
後輩「……センパイ、今センパイが考えてること、当ててあげましょっか。」

後輩「ヤバい。怖い。はやくここから逃げ出したい。帰りたい。苦しい。どうしてこんなことになったんだ。」

後輩「……とまあ、大体こんなところでしょ。分かるんですよ、センパイのことは。大好きですから。」

後輩「でも気づいてますぅ?さっき言ったことって全部、わたしへの感情なんですよ。……あーつまり何が言いたいかっていうと。」

後輩「もうセンパイの頭のなかには、あいつはもういないってことです。」

後輩「やっと排除できた。センパイのことを取り返せた。わたしが言うまで、きっとセンパイは気づきもしなかったよね。」

後輩「……やーっぱり、センパイとわたしは特別な糸で結ばれてるんだなぁー…。」

後輩「それはきっともう綺麗な赤色ではなくて、もっと血みたいな、黒々とした生々しい赤色なんだろうけど、それでもいいです。」

後輩「わたしがセンパイを想うほど、センパイがわたしを考えるほど、その糸はどんどん紡がれていって……紐になって、縄になって、ふたりをギュウギュウに縛り付けるんです。」

後輩「そうすれば、わたしとセンパイはもうどこにもいけなくて。解くこともできないから、誰のものにもなれなくて。」

後輩「そうしてわたしとセンパイ“ひとつのもの”になるんです。」



58 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 03:24:11.571 ID:QxaS+/Wk0.net
後輩「……さて、いよいよセンパイも茫然自失って感じかな?……うんうん、上手くいった上手くいった。」

後輩「よく強姦をするときは酒に酔わせて意識を朦朧とさせてから行為に及ぶって聞くけど、それって理にかなってますよね。」

後輩「だって何も考えさせなければ抵抗もされないし。……わたしが散々脅かしてあげたおかげで、センパイはもうべろんべろんに“酔っ払って”ますね?」

後輩「もうなんにも考えられない。好きにしていいからはやく終わらせてって、そんなふうに見えますよ?」

後輩「……はい、これでレイプ完了。センパイ、ご馳走さまでした♪」

後輩「まあそれでも一生逃がしませんけどね。こうしてわたしのものになろうとしてるんだもん、もう気を緩めたりしない。」

後輩「センパイ、わたしのものになってくれますね?」

後輩「センパイ、わたしといつまでも一緒にいたいですね?」

後輩「センパイ、もうあの人のことなんて考えたりしませんね?」

後輩「センパイ、わたしがあなたの恋人ですね?」

後輩「……それじゃあ、わたしについてきてください。死ぬまで一生、幸せでいさせてあげますから。」

後輩「…………ふふふっ……結局一番悪い子だったのは、わたしだったのかも…。」



59 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 03:24:23.683 ID:QxaS+/Wk0.net
みたいなのどうよ



60 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 03:24:45.367 ID:+HyrwYEZa.net
みたいなの大好物です



62 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 03:25:43.853 ID:iHq9r0ada.net
素晴らしい



63 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/03(月) 03:26:24.778 ID:zt8bIUt00.net
いいぞ



転載元

後輩(♀)「へぇー、センパイ結局例の彼女さんとは上手くいってないんだぁ。」

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1499016606/





関連記事
2017/07/24 23:00 | CM(1) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2017/07/25 05:29 ]
  2. 控えめに言って100年に一度の天才
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 08月 (102)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング