HEADLINE

ニンジャスレイヤー「深海棲艦沈むべし。慈悲は無い」

2017/07/30 12:12 | CM(0) | 艦隊これくしょん SS
1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:00:03.626 ID:wXM6oV3X0.net
~鎮守府~

吹雪「今日は新しい司令官さんが来るらしいですね!」

川内「前回のは不祥事でケジメで左遷だったからねー」

赤城「随分早かったわよね」

加賀「今度こそまともな人が来るのを祈るばかりよ」

電「期待なのです」

雷「あ、見て見て! 来たみたいよ!」




2 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:01:13.059 ID:wXM6oV3X0.net
??「………………」

吹雪「渋い男の人ですね」

川内「けっこうかっこいいじゃん!」

赤城「しっかりしてそうじゃない」

加賀「…………」

電「どうしたんですか? 加賀さん」

加賀「……ごめんなさい。 何か、ただならぬものを感じて……」

雷「?」



3 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:02:07.509 ID:wXM6oV3X0.net
吹雪「ようこそ司令官! 秘書艦を務めさせていただく吹雪です! よろしくお願いします!」

??「……ドーモ、吹雪=サン。 イチロー・モリタです」

川内「……!」

吹雪「あっ、はい! どうも!」

電「えっと……イチローさん。 駆逐艦の電です。 まず自室にご案内しますね」

雷「雷だよ! まずは荷物降ろさなきゃね!」

加賀「………………」

赤城「……加賀さん? どうしたの?」

加賀「……気のせいならいいのだけど……」

赤城「?」

加賀「……血の匂いがした気がしたの」



4 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:03:08.986 ID:wXM6oV3X0.net
~提督の自室~

電「――以上です。 では、今日のところはゆっくりとお休みください」

雷「明日からは大変だよー!」

イチロー「…………」

電「……じゃあ、失礼します。 また明日」

雷「じゃあね、司令官!」

バタン

電「ふぅ……なんか、静かな人だったね」

雷「そうだね。 シャイなのかなー」

電「……電、ちょっと怖かったかも」

雷「そうかなー?」



5 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:03:10.427 ID:ceEXg+Xn0.net
フィーヒヒ!



6 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:04:19.357 ID:wXM6oV3X0.net
~IRC空間~

イチロー『無事潜入できた』

ナンシー『了解。 それでどう? ニンジャの匂いはする?』

イチロー『まだ分からない。 だが、聞いていた艦隊の代わりに奇妙な少女たちがいる』

ナンシー『へぇ、あの噂は本当だったのね』

イチロー『噂?』

ナンシー『湾岸警備隊の指揮下に属さない特殊な艦隊群。 艦娘よ』

イチロー『艦娘……』

ナンシー『艤装を背負った少女の姿の艦船。 Y2K以前の戦争で用いられた艦船をモデルにしたそうよ』

イチロー『……兵器か』

ナンシー『そういうこと』



7 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:05:21.240 ID:wXM6oV3X0.net
イチロー『しかし少女でもある』

ナンシー『けれど、火力、装甲、航行速度……どれをとっても高級重戦闘用オイランドロイドですら足元に及ばない』

イチロー『そして彼女らが戦うのが……深海棲艦か』

ナンシー『そう。 艦娘たちのテクノロジーはヨロシサンのものでも、オムラのものでもなく、謎に包まれているらしいわ』

イチロー『……私には関係のないことだ。 この鎮守府に潜んでいるニンジャを殺す。 それだけだ』

ナンシー『そうね。 ……そろそろ時間よ。 カラダニキヲツケテネ』

イチロー「…………」



8 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:06:22.863 ID:wXM6oV3X0.net
 IRC端末を懐にしまい、イチロー・モリタは……フジキド・ケンジは、窓の向こうの海を見た。

フジキド「私が提督……か」

フジキド「(思えば、他者の上に立つ者として潜入するのは初めてだ)」

フジキド「(私に……殺戮者である私に、人を指揮する権限などあるだろうか)」

フジキド「(ニンジャを見つけるまでカラテは振るえぬ。 難易度の高い潜入だ)」

フジキド「(しかし……やらねばならぬ)」

フジキド「(ニンジャ、殺すべし!)」



9 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:06:39.388 ID:GD3EOJBTd.net
アイエエエエエ!ニンジャ!?ニンジャナンデ!?



10 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:07:47.784 ID:wXM6oV3X0.net
~数日後~

吹雪「第一艦隊、帰投しました!」

電「疲れたのです……」

雷「ただいま司令官ー!」

イチロー「被弾した者は?」

加賀「大丈夫よ、提督。 今回はあなたの指揮で被害が出なかったわ」

赤城「堅実でいい指揮でしたよ」

イチロー「ならばよし」

吹雪「イチローさんも、司令官が板について来ましたね!」

加賀「ええ、寡黙ですが頼れる提督です」

川内「…………」



11 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:08:53.010 ID:wXM6oV3X0.net
那珂「ねぇ川内ちゃん」

川内「ん……なに?」

那珂「どうして最近元気ないの?」

川内「うーん……まあ、那珂は気にしなくていいよ」

那珂「……新しい提督のこと?」

川内「……なんでこういうときは鋭いかなぁ」

那珂「分かるよ……だって川内ちゃんのことだもん」

川内「はは、そっか……」

那珂「何かあるなら那珂ちゃんに相談して? ね?」

川内「……いいよ。 さっきも言ったけど、那珂が気にすることじゃないって」

那珂「そっか……ごめんね、力になれなくて」

川内「いいのいいの。 そんじゃ燃料補給してきますかー!」

那珂「……川内ちゃん…………」



12 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:09:55.395 ID:wXM6oV3X0.net
~更に数日後~

イチロー「昨日予告した通り、今日は南西諸島防衛線へ進撃する」

雷「おおっ……」

電「ついに……」

イチロー「南西諸島の防衛ライン上の敵侵攻艦隊を捕捉、これを撃破せよとの通達だ」

吹雪「りょ、了解しました!」

加賀「私たち一航戦がいればどうということはないわ」

赤城「加賀さん、慢心はダメよ?」

加賀「わ、わかっているわ」

川内「よーし、頑張るぞー!」



14 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:11:04.673 ID:wXM6oV3X0.net
~南西諸島防衛線~

赤城「第一次攻撃隊、発艦してください!」

加賀「ここは譲れません」

ズドドドォーーン!!

吹雪「すごいなぁ……あっという間にやっつけちゃった」

雷「なんたって一航戦だからね。 雷たちの出る幕が無いっての」

川内「でも、仕損じた艦船にとどめを刺すのも立派なお仕事だよ」

電「魚雷、発射します!」



15 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:12:47.872 ID:wXM6oV3X0.net
…………………………

加賀「あらかた片付いたかしら」

赤城「そうね。 私たちの練度なら苦戦することもなさそうよ」

吹雪「敵偵察艦隊、殲滅しました! 司令官、どうしますか?」

イチロー『進撃だ。 主力艦隊に電撃戦を仕掛ける』

一同「了解!」

妖精「それじゃあ羅針盤を……」

イチロー『東へ進め』

妖精「アッハイ」



16 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:14:17.220 ID:wXM6oV3X0.net
~数時間後~

イチロー『あと数分で敵主力艦隊と接触する。 単縦陣で戦闘準備を』

加賀「了解。 単縦陣で続いて!」

吹雪「はい!」

赤城「偵察機が艦隊を発見したわ!」

川内「よーし、今日も14cm砲が火を噴くよ!」

電「電の本気を見るのです!」

雷「よっしゃー!」



17 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:15:41.980 ID:wXM6oV3X0.net
空母ヲ級「ヲ………………」

赤城「空母1、軽母1、重巡1、軽巡1、駆逐2! ……あら?」

加賀「どうしたの?」

赤城「い……いえ。 空母の様子が何か様子がおかしいと思って……」

吹雪「…………?」

加賀「とにかく艦載機を飛ばすわ。 発艦!」

赤城「え、ええ。 発艦!」

雷「やっちゃえー!」

ズドドドォーーン!!

電「……あれ、あっちの空母が艦載機を飛ばしてこなかったような……?」

吹雪「爆煙、晴れます! 目視確認!」

川内「…………!」



18 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:17:04.622 ID:wXM6oV3X0.net
空母ヲ級「ヲヲ…………」

加賀「くっ……空母だけが被弾していないわ」

赤城「外したみたいね……」

イチロー『……………………』

電「仕方ないのです。 砲撃戦に入ります!」

雷「うん! そおりゃぁぁーー!!」

ドドドドドォォォン!!



19 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:18:37.331 ID:wXM6oV3X0.net
空母ヲ級「ヲヲ……イヤーッ!」

スパパパパ!

雷「う、ウソ……砲弾が切られてる!?」

電「そんな……!!」

吹雪「どんな飛び道具を……!?」

川内「あ、アレは……スリケン!?」

イチロー『……!!』

空母ヲ級「タワイナシ……」

加賀「喋った……!?」

赤城「知能を持つ深海棲艦……! 噂には聞いていたけど、初めて見たわ……」



20 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:19:56.208 ID:wXM6oV3X0.net
吹雪「ぎょ、魚雷、発射します!」

ズババババン!!

空母ヲ級「アイサツモナシカ。 イヤーッ!」バッ

電「跳んで回避した!?」

雷「どう見ても普通じゃない!」

川内「そんな……まさか……!!」

吹雪「司令官! 司令官の判断を請います! 劣勢です!」

イチロー『……一度撤退せよ。 体勢を立て直す』

吹雪「了解!」

川内「待って、提督!」

イチロー『どうした? 川内=サン』



21 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:21:16.948 ID:wXM6oV3X0.net
川内「このまま……このまま、夜戦に持ち込ませてほしい! 夜戦なら私の本領だし、空母は力を出せない!」

加賀「……そうね」

赤城「はい……」

電「はわわ……空母の2人が落ち込んじゃってます」

雷「仕方ないよ……」

イチロー『…………分かった。 輪型陣となり守りを固めつつ、夜まで持ちこたえ一気に反撃せよ』

川内「……! 了解!!」

吹雪「司令官……」



22 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:22:20.127 ID:wXM6oV3X0.net
空母ヲ級「話ハ決マッタカ? イヤーッ!」

ドドドドドドォォォン!!

加賀「うっ……すごい猛攻!」

赤城「みんな、輪型に!」

川内「ありがとう、提督。 絶対に持ちこたえてみせるよ!」

イチロー『用心せよ。 すぐに私も行く』

川内「えっ……?」

雷「四連装魚雷を食らえー!」

電「電も……!」

ズババババァァン!!

加賀「これは……ハードね」

赤城「提督を信じましょう、加賀さん」

加賀「ええ……。それと、川内のこともね」



23 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:23:56.555 ID:wXM6oV3X0.net
~一時間経過~

吹雪「はぁ……はぁ……さすがに、ヘトヘト……」

電「燃料も弾薬も尽きそうなのです……!」

雷「でも、もう日は暮れた! そろそろ頃合じゃない?」

川内「よし、夜戦の時間だー!!」

加賀「頼んだわよ、貴女たち」

赤城「私たちは機銃で弾幕を張って注意を引き付けるわ」

吹雪「魚雷、一斉発射!」

電「これが、電の本気!」

雷「大盤振る舞いよ! 持ってけドロボー!」

川内「いっけぇーー!!」

ズババババババババァァァン!!



24 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:25:28.679 ID:wXM6oV3X0.net
空母ヲ級「ホウ……鉄屑ニシテハ頭ヲ使ッタナ。 ダガ……ィィィィイヤァァァーッ!」

ズッバァァァァン!!

吹雪「えっ……!? 巨大な波が空母から……!?」

電「海がひっくり返されたみたい!」

雷「魚雷が全部弾かれた!?」

加賀「まさか!?」

赤城「そんな……!!」

川内「やっぱり…………!」



25 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:26:56.147 ID:wXM6oV3X0.net
空母ヲ級「ヲヲヲ! コンナモノカ……! 所詮ハ鉄屑。 余興ハ飽キタゾ」

吹雪「よ、余興!?」

空母ヲ級「沈メ! イヤーッ!」

加賀「夜だというのに艦載機を!?」

赤城「っ……! 迎撃機の発艦が間に合わない!」

吹雪「か、回避! 回避ーッ!」

電「間に合わないのです!」

雷「くぅーっ!」

ズドドドォーーン!!



26 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:28:23.700 ID:wXM6oV3X0.net
吹雪「う…………」

加賀「くっ……みんな、無事?」

赤城「し、沈んではいないわ……」

電「電も雷も、大破しちゃったけど……」

雷「まだ死んでないよ……」

川内「……………………」

加賀「このままじゃ全滅ね……。 撤退しましょう」

赤城「た、大変……! 提督との連絡が付かないわ……。 無線の故障かしら?」



27 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:29:55.147 ID:wXM6oV3X0.net
吹雪「川内さん、さっきからどうしたの?」

川内「……。 私は……みんなを助けたい。 みんな、ごめんね!」

ドドドン!

吹雪「川内さん、何を……!? ケホッ、ケホッ!」

電「うっ……砲撃!?」

加賀「爆煙と闇で視界が遮られて……何も見えないわ」

吹雪「川内さん!? 川内さーん!?」

モクモクモクモク……



28 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:31:43.638 ID:wXM6oV3X0.net
空母ヲ級「ム……自爆カ……?」

川内「………………」ザザーッ

空母ヲ級「オ前ハ……」

川内「まさか深海棲艦にもニンジャがいるとはね……」カシャンッ

空母ヲ級「メンポダト……? ヲヲッ、ソウカ! オ前モニンジャカ!」

川内「…………ごめんね、提督。 私はみんなを守るために……艦娘であることをやめるよ」



29 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:32:56.342 ID:wXM6oV3X0.net
空母ヲ級「デハアイサツシヨウ。 ドーモ、ポロロッカデス」

川内「ドーモ、ポロロッカ=サン。 センダイです」

ポロロッカ「ヲヲヲ……コノ海ノ上デ同ジニンジャト出会エ嬉シイゾ。 イヤーッ!」

川内「イヤーッ!」

キンキン!

ポロロッカ「ホウ、コノ程度ノスリケンハ効カヌカ」

川内「夜戦は私の魂……! この体に宿ったヤセン・ニンジャのソウルが、あんたを倒せって言ってるんだよ!」



30 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:34:06.598 ID:wXM6oV3X0.net
ポロロッカ「イヤーッ!」

川内「イヤーッ!」

ポロロッカ「イヤーッ!」

川内「イヤーッ!」

ポロロッカ「イヤーッ」

川内「ンアーッ!」

ポロロッカ「ヲヲ! イヤーッ!」

川内「イヤーッ!」

ポロロッカ「グワーッ!」

川内「イヤーッ!」

ポロロッカ「イヤーッ!」

川内「ンアーッ!?」

ポロロッカ「イヤーッ!」

川内「……イヤーッ!」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)




31 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:35:12.721 ID:wXM6oV3X0.net
ポロロッカ「ソコダ! イヤーッ!」

川内「ンアーッ! 足払い……!」

ポロロッカ「イヤーッ!」

川内「砲撃……!? ンアーッ!」

ドドドドォォォン!!



32 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:36:16.203 ID:wXM6oV3X0.net
ポロロッカ「ヲヲ……多少ハカラテモデキルカト思ッタガ、所詮ハサンシタカ」

川内「うぅ……!」

ポロロッカ「安心セヨ。 一息ニカイシャクシテヤロウ」

川内「提督……みんな……!」

ポロロッカ「イヤーッ!」

 ポロロッカはカイシャクのチョップを振り上げた。川内は目を瞑り、爆発四散を覚悟した。

??「イヤーッ!」

ポロロッカ「グワーッ!?」

川内「え……?」

 しかしそこへ暗闇から赤黒の影が飛び出し、ポロロッカにトビゲリ・アンブッシュを決めたのだ!

ポロロッカ「オ、オ前ハッ!?」

ニンジャスレイヤー「ドーモ。 ニンジャスレイヤーです」

 赤黒のニンジャは奥ゆかしくオジギした。
 イクサに臨むニンジャにとって、アイサツは神聖不可侵の行為。古事記にも書かれている。アイサツはされれば、返さねばならない!



33 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:37:26.083 ID:wXM6oV3X0.net
ポロロッカ「……ド、ドーモ、ニンジャスレイヤー=サン。 ポロロッカです」

川内「その声、まさか……提督?」

ニンジャスレイヤー「……私は鎮守府に潜むニンジャを殺すため、司令官として潜入した」

川内「やっぱり、ニンジャだったんだ……。 で、でも……ど、どうやってこんなところまで……!」

ニンジャスレイヤー「状況判断だ」

 見ると、ニンジャスレイヤーの背中には赤黒のペイントが施された艦橋や砲が背負われていた。
 ニンジャスレイヤーは艦娘と同じ艤装を身につけ、海面に立っていた。

ニンジャスレイヤー「私はニンジャを殺す者だ。 ニンジャがいるならば、たとえ宇宙だろうと行ってみせる。 下がっていろ、川内=サン」

川内「……」ポカーン



34 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:38:59.239 ID:wXM6oV3X0.net
ポロロッカ「ヲヲヲ……ネオサイタマノ死神カ……コレハキンボシ・オオキイ! 討チ取ッテ名ヲ上ゲテヤロウ!」

ニンジャスレイヤー「鉄屑に戻してやろう、ポロロッカ=サン。 海底ではオヌシが沈めた艦娘たちがオヌシを待っているぞ」

ポロロッカ「ダマラッシェー! イヤーッ!」

ニンジャスレイヤー「イヤーッ!」

 ポロロッカは同時に十枚のスリケンを投擲!ニンジャスレイヤーは指の間に十六枚のスリケンを挟み、これを迎撃した上でスリケンによる攻撃をする!

ポロロッカ「イヤーッ!」

 ポロロッカは六枚のスリケンを側転回避!ニンジャスレイヤーが追撃する!

ニンジャスレイヤー「イヤーッ!」

ポロロッカ「イヤーッ!」

 ポロロッカの鳩尾を狙うニンジャスレイヤーのチョップを、ポロロッカは海面を蹴り身を捻って回避!
 更にそのエネルギーを利用してニンジャスレイヤーの頭部にケリ・キックを放つ!



35 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:40:31.497 ID:wXM6oV3X0.net
ニンジャスレイヤー「イヤーッ!」

 しかしそれは悪手!ニンジャスレイヤーはポロロッカの足を掴み、マンリキめいた力で引き寄せた!
 そのまま引き寄せたポロロッカの青白い顔にパンチを打ち込む!

ニンジャスレイヤー「イヤーッ!」

ポロロッカ「グワーッ!」

 ポロロッカが怯む!そのままニンジャスレイヤーは両腕でポロロッカの足を掴み、背中から思い切り海面へ叩きつけた!

ニンジャスレイヤー「イヤーッ!」

ポロロッカ「グワーッ!」

 ワザマエ!これはジュドーの代名詞とも言えるワザ、イポン背負い!変則的だが確かにポロロッカにダメージは通った!

ポロロッカ「ヲ……イヤーッ!」

 しかし海面に接したポロロッカは、そのまま溶けるように海へ潜って行った! 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)




36 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:42:05.670 ID:wXM6oV3X0.net
ニンジャスレイヤー「ヌゥーッ……!?」

 ニンジャスレイヤーは奇妙な手応えに困惑した。爆発四散はしていない。
 ポロロッカは確かに海へ溶け消えたのだ。夜の海に静寂が訪れる。

川内「やっつけた……?」

ニンジャスレイヤー「まだだ」

ナラク「(((…………ブザマなり、フジキド……)))」

ニンジャスレイヤー「(ナラク、これはなんだ)」

ナラク「(((グググ……奴のソウルはシャチ・ニンジャのもの……水中では本来の三倍の力を発揮する厄介なニンジャだが、儂は奴と深海で戦い、殺した)))」

ニンジャスレイヤー「(昔話はいい。 奴はどう出る)」

ナラク「(((海中から飛び出しトビゲリをしてくる。 海面に注意せよ、フジキド)))」



38 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:43:59.752 ID:wXM6oV3X0.net
ニンジャスレイヤー「スゥーッ……ハァーッ……」

 ニンジャスレイヤーは神経を集中し、チャドーの呼吸をする。
 感覚が鋭敏になり、ニューロンが鈍化したように視界がスローモーションになる。

ニンジャスレイヤー「スゥーッ! ハァーッ!」

 月明かりさえない暗闇の波打つ海面。その一箇所から、不自然な波紋が立つのをニンジャスレイヤーは知覚した!

ニンジャスレイヤー「そこか! イヤーッ!」

ポロロッカ「グワーッ!?」

 ポロロッカがニンジャスレイヤーの背中めがけトビゲリを放とうと飛び出した瞬間、逆にポロロッカはニンジャスレイヤーの強烈な槍めいたサイドキックを水月部に食らっていた!

ポロロッカ「アバッ……」

ニンジャスレイヤー「ハイクを詠め、ポロロッカ=サン。 カイシャクしてやろう」



39 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:46:37.117 ID:wXM6oV3X0.net
 吹き飛ばされたポロロッカの元へ、ニンジャスレイヤーは決断的な足取りで歩いて行く。
 「忍」「殺」とペイントされた赤黒の14cm砲がその砲口をポロロッカに向けた。

ポロロッカ「マ……マダダ! イ、イヤーッ!」

 フシギ!ポロロッカを中心に巨大な波が突如現れ、ニンジャスレイヤーを呑み込まんとその大口を開けたのだ!
 なんという激流!これに呑まれれば、ニンジャといえど深刻なダメージを受けるだろう!接近していたニンジャスレイヤーに逃げ場は無い!

 ニンジャスレイヤーは回避することなく、チャドーの呼吸をし、眼前の大波を見据え、構えた。

ニンジャスレイヤー「……イィィィィヤァァァーッ!」

 SPLAAASH!ニンジャスレイヤーは腰を落としチョップを振り下ろした状態で立っていた!迫り来る壁のようだった大波は水飛沫となって散っていた!何が起きたのか!?



40 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:48:50.055 ID:wXM6oV3X0.net
 読者の皆さんの中に、ニンジャ動体視力をお持ちの方はおられるだろうか?その方は目撃したかもしれない。
 荒れ狂う大波が目の前へ迫った時、ニンジャスレイヤーは右腕に最大限のカラテを込め、カワラ割りめいたチョップで大波を真っ二つに割ったのだ!ゴウランガ!

ポロロッカ「ア……アイエエエ!?」

 ポロロッカは悲鳴を上げ、恐怖した。重金属の雲に覆われていたドクロめいた月が姿を現わす。ニンジャスレイヤーの顔下半分を覆う「忍」「殺」とレリーフされた恐ろしい黒鉄のメンポが、月光に照らされて光った。



41 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:51:57.442 ID:wXM6oV3X0.net
ニンジャスレイヤー「ニンジャ……殺すべし」

 ニンジャスレイヤーは断頭チョップを振り下ろそうとする。……しかしニンジャスレイヤーは直前でそのチョップを止めた。

ポロロッカ「ソ……ソウダ、ニンジャスレイヤー=サン! ヲ級ヲ生カスノナラバ得タ資源ノ四割ヲ貴様ニ譲渡シヨウ! 悪イ話デハナカロウ?」

 ニンジャスレイヤーは答えない。ニンジャスレイヤーは代わりに、背負った赤黒の14cm砲をポロロッカに向けた。

ニンジャスレイヤー「深海棲艦沈むべし! イヤーッ!」

 KABOOOM!ニンジャスレイヤーの艤装の砲が至近距離で容赦無くポロロッカを砲撃する!ナムアミダブツ!

ポロロッカ「アババババババ! サ……サヨナラ!」

 ポロロッカはしめやかに爆発四散!インガオホー!



42 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:53:46.639 ID:b0lBOQJt0.net
何この無駄に高いクオリティ



43 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:54:14.963 ID:wXM6oV3X0.net
 イクサは終わった。頭上ではドクロめいた月が「インガオホー」と呟いているように見えた。
 ニンジャスレイヤーは川内の方へ向き直る。川内はニンジャスレイヤーの「鎮守府に潜むニンジャを殺しに来た」という言葉を思い出し、おぼつかないカラテを構えた。

ニンジャスレイヤー「……カラテを解け、川内=サン」

川内「提督……」

ニンジャスレイヤー「私は提督ではない」

川内「…………じゃあ、なんなのさ」

ニンジャスレイヤー「……私はニンジャを殺す者、ニンジャスレイヤーだ」

川内「……鎮守府に潜むニンジャって私のことでしょ? 私は殺さないの?」

ニンジャスレイヤー「……………………」

ナラク「(((殺せ……殺せ、フジキド……。 こやつのニンジャソウルはヤセン・ニンジャ。 夜が深まれば実際厄介……。 だが、今はまだ夜も浅い……サンシタよ……グググ……)))」

ニンジャスレイヤー「(黙れ、ナラク)」



44 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 21:57:10.065 ID:wXM6oV3X0.net
ナラク「(((何故殺さぬ。 ニンジャはオヌシの妻子の命を奪った。 忌むべき敵ぞ!)))」

ニンジャスレイヤー「(……彼女はニンジャになろうとも艦娘として生きようとし、仲間を守ろうとその身を呈した)」

ナラク「(((ブザマなり、フジキド。 その者を殺すためにあのふぬけた芝居を演じたのだろう。 儂に体を預けよ!)))」

ニンジャスレイヤー「(黙れナラク!)」



45 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 22:00:32.788 ID:wXM6oV3X0.net
川内「ニンジャスレイヤー=サン……?」

ニンジャスレイヤー「……オヌシは殺さぬ。 艦娘として、この海を守るがいい」

川内「………………」

ニンジャスレイヤー「だが、オヌシが邪悪なニンジャソウルに呑まれるような時があるならば……その時は、必ず殺す」

川内「……ふふ、そりゃ怖いなぁ。 いい子にしてないとね」

\センダイサーン/

\センダーイ/

ニンジャスレイヤー「……吹雪=サンたちか」

川内「もう行くの? その……みんなにサヨナラは言わなくていいの?」

ニンジャスレイヤー「私は殺戮者だ。 提督ではない。 オヌシらも利用したに過ぎない」



46 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 22:02:21.193 ID:wXM6oV3X0.net
川内「でも……それにしては優しい丁寧な指揮だったよ」

ニンジャスレイヤー「……………………」

川内「……ありがとう、提督」

ニンジャスレイヤー「…………夜戦も程々にしろ、川内=サン」

川内「……うん! オタッシャデー!」

ニンジャスレイヤー「……イヤーッ!」

川内「………………カラダニキヲツケテネ」



47 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 22:04:39.868 ID:wXM6oV3X0.net
吹雪「……川内さん!! よかったぁ……!」

加賀「どこへ行っていたの? いきなり消えてみんなで探していたのよ?」

赤城「単独行動は関心しないわね」

電「よかった……川内さん、もしかして沈んじゃったんじゃないかって……」

雷「だから電、縁起でもないって!」

川内「……私は大丈夫。 深海棲艦なら提督がやっつけてくれたよ」

加賀「え? 提督が?」

吹雪「どういうこと?」

川内「へへへ……秘密!」

赤城「…………?」



48 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 22:06:37.632 ID:wXM6oV3X0.net
~ネオサイタマ~

ナンシー「それで、どうだったの? 提督=サン」

フジキド「どう、とは?」

ナンシー「提督、楽しかった?」

フジキド「…………」

ナンシー「楽しくなかったの?」

フジキド「得る物はあった」

ナンシー「なら楽しかったってことね」

フジキド「いや、ナンシー=サン……」

ナンシー「もう少しいればよかったのに」

フジキド「……私はニンジャスレイヤーだ。 それに、司令官なら他に相応しい者がいるだろう」

ナンシー「そう……」



49 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 22:08:53.669 ID:wXM6oV3X0.net
ナンシー「でも、あの軍服と帽子はまだ持ってるのね。 ニンジャスレイヤー=サン」

フジキド「………………」

ナンシー「仕事をしているあなたを見たかったわ」

フジキド「あまりからかうな、ナンシー=サン」

ナンシー「あら、ごめんなさい。 ……でも、深海棲艦にニンジャソウルか……。 本当に不思議ね」

フジキド「……兵器にも命は宿る」

ナンシー「え?」

フジキド「そういうことだ。 ナンシー=サン」

ナンシー「だから、どういうことなのよ?」

フジキド「フ……」



50 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 22:10:38.003 ID:wXM6oV3X0.net
~鎮守府~

那珂「川内ちゃん、何かいいことあったの?」

川内「ふふふ、まーね」

那珂「やっぱり! なんか楽しそうだもん」

川内「そう見える? ……そっか」

那珂「お悩み、無くなったみたいでよかったね」

川内「うん……綺麗さっぱり、だよ」

那珂「川内ちゃんが嬉しそうだと、那珂ちゃんも嬉しいよ!」

川内「えへへ……」



51 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 22:12:26.415 ID:wXM6oV3X0.net
那珂「あっ、そうだ!」

川内「ん? どしたの?」

那珂「今日、新しい提督がお見えになるんだって。 楽しみだね!」

川内「えぇー?! き、聞いてないよ!」

那珂「だって川内ちゃん会議中に寝てるんだもん……」

川内「は、早く言ってよもー! もう来てるかも!」

那珂「お出迎えするの?」

川内「うん! いっぱい夜戦しようってお願いしなきゃね!」

那珂「もう、川内ちゃんはまた……」

川内「待ってなさい、私の夜戦ライフー!」



52 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 22:14:07.788 ID:wXM6oV3X0.net
【バトル・シップ・ウィズ・ハート、バトル・オブ・ザ・ナイト】終



53 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 22:17:01.944 ID:wXM6oV3X0.net
くぅ~疲れましたw これにて完結です!

川内改二が非常にカワイイだったので勢いで書いた
「ニンジャスレイヤー」は七周年
これからも末永く愛されますように

もっと忍殺SS増えろ



55 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 22:32:23.585 ID:hQVjdcapM.net
よかったぞ



56 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 22:38:21.510 ID:ybRk5wYAa.net
ワオ……ゼン……
実際スゴイなSSだった
パワを感じる……強く流れる



57 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 23:08:01.104 ID:9P5owB+X0.net
ワザマエ!



58 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 23:15:16.812 ID:OMeE0oXOM.net
ニンジャ=スレイヤーサンが出てからのクオリティがステキだった
センダイサンパートは原作のヤモトサンパート並だった



59 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 23:26:45.467 ID:fEnru76T0.net
アイエ…



60 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/07/25(火) 23:33:57.227 ID:fEnru76T0.net
ワザマエ!



転載元

ニンジャスレイヤー「深海棲艦沈むべし。慈悲は無い」

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1500984003/





関連記事
2017/07/30 12:12 | CM(0) | 艦隊これくしょん SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 10月 (1)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング