HEADLINE

阿良々木月火「茶道部に雪歩ちゃんが遊びに来たよ! ぱちぱちぱち~」

2017/08/03 03:12 | CM(0) | 化物語 SS
1 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/09(火) 20:47:43.68 ID:q9FhOTes0


月火「はい! ぱちぱちぱち~」

雪歩「わ、わー……い?」

月火「あ、雪歩ちゃん、私は阿良々木月火。空に浮かんでるお月さまの月に、ケツに火がつくの火で、月火。月火ちゃんって呼んでね」

雪歩「う、うん……」

月火「いやーでも嬉しいなー。あの! 大人気アイドルの雪歩ちゃんが、こんなド田舎の狭苦しくてちゃちな茶道部の部室に遊びに来てくれるなんて!」

雪歩「えっ、そ、そんなことないと思うよ。とってもいい茶室だよ」

月火「ほんと!? だよねー! やっぱり月火ちゃんがいるからこんな貧相でちんちくりんな部室も素敵に見えちゃうか!」

雪歩「え、えっ? ……えっと、この部室も月火、ちゃん? も素敵だと思うけど……私、今日は遊びに来たわけじゃないんだ。ドラマの収録で……」

月火「はいはい分かってる分かってますよー。ドラマの収録にこの部室を使うから、ここの主たるこの月火ちゃんにあいさつに来たんだよね?」

雪歩「え……」

月火「ね!!!」

雪歩「う、……うん」

月火「うむ! くるしゅうない!! いいよ使って!」

雪歩「あ、ありがとう」




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470743263




2 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/09(火) 20:48:45.69 ID:q9FhOTes0


雪歩「そ、それじゃ私、スタッフさんたちを待たせちゃってるから」

月火「ちょっと待って」

雪歩「えっ、な、なに……? まだなにか……」

月火「いやいや、せっかくアイドルと直に会えたんだよ? こんな機会なかなかないじゃん?」

雪歩「そ、そうかなぁ」

月火「雪歩ちゃんもこんな貧相でちんちくりんな田舎娘と話す機会なんてなかなかないでしょ?」

雪歩「そ、そんなことないよっ」

月火「そう? そうかな?」

雪歩「う……うん」

月火「だよね。私、超絶かわいいもんね」

雪歩「……うん」

月火「むしろ!! なんで私がアイドルじゃないのか不思議!!!!」

雪歩「えっ」

月火「なんで雪歩ちゃんがアイドルで、私がちんけなド田舎の一般人なの? こんなのおかしくない? おかしいよねぇ?」

雪歩「え、えっと、えっ?」

月火「…………ねぇ……?」

雪歩「ひっ」ビクッ






3 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/09(火) 20:49:55.60 ID:q9FhOTes0


雪歩(……ひぃい、こわいよぉ……助けて真ちゃん……)


月火「あ、菊池真くんならここには来ないよ」

雪歩「!?」

月火「火憐ちゃんが足止めしてるからね。あ、火憐ちゃんっていうのは私のお姉ちゃんで」

雪歩「足止め!? なんで!? なんのために!?」

月火「……」

雪歩「無言で見つめないでこわいからっ」

月火「で、さぁ」

雪歩「無視して話を進めないで……真ちゃんのことだから、収録時間には間に合うと思うけど……」

月火「真くんもおんなじドラマの収録だもんね。でも、いくら真くんが強くても……うちの狂犬に敵うかな……?」

雪歩「犬なの!? お姉さんなんだよね!?」

月火「あ、犬苦手だっけごめんね。火憐ちゃんは雪歩ちゃんに近づかないように、待て! をさせておくから。しっかり首輪にリードをつけて引っ張っておくから」

雪歩「えぇえ……」






4 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/09(火) 20:50:54.30 ID:q9FhOTes0


月火「て! うちの犬の話じゃあなくって!!」

雪歩「う、うん……」

月火「実は私、雪歩ちゃんに相談があるの。そのためにこの茶道部の部室に引きずり込んだんだ。……聞いてくれるよね……?」

雪歩「そ、そうだったんだ。うん、聞く、聞くよ」

月火「はー良かった。雪歩ちゃんが急にぶち切れて熱いお茶をぶっかけてこなくて良かった」

雪歩「私、そんなことしないよぉ……」

月火「でね、相談って言うのはね」

雪歩「うん……」



月火「私、アイドルになれると思う?」

雪歩「う、……うん……?」






5 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/09(火) 20:52:24.95 ID:q9FhOTes0


月火「いや、私って超絶かわいいじゃん? さっきも言ったけど」

雪歩「う、ん……?」

月火「だからさ、もしここでディレクターさんとかプロデューサーさんの目にとまったら、みんな雪歩ちゃんなんかより私をアイドルとしてデビューさせようとするんじゃないかって」

雪歩「え、えぇ……?」

月火「もしそうなっても、私は雪歩ちゃんを見捨てたりしないよ。一緒にアイドル頑張ろうね」

雪歩「…………うん」

月火「でもさぁ、心配は、ちゃんと目にとまるか、なんだよね。ほら、月火ちゃんってこう見えて場の空気を読む子じゃない? 大人しくしおらしく大和撫子っぽく振る舞ったらさ、気がついてもらえないんじゃないかなーって、私の魅力に! そこでね!!」

雪歩「………………」

月火「……起きてる雪歩ちゃん?」

雪歩「……うん。起きてるよ」






6 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/09(火) 20:53:28.44 ID:q9FhOTes0


月火「雪歩ちゃんが私のことを、上の人に紹介してくれたらなーって。そしたら私も確実にアイドルになれるでしょ?」

雪歩「うぅん…………えっと、あのね、月火ちゃん……それを決めるのは私じゃあなくって」

月火「なに? ……………………雪歩ちゃん、裏切るの?」

雪歩「えっ」

月火「雪歩ちゃんさっき、私のこと素敵だって言ってくれたよね。私のこと765プロの誰より美人で可愛くてアイドルに向いてるって言ってくれたよね」

雪歩「えぇええ……」

月火「なのに、…………裏切るの? 雪歩ちゃん私のこと裏切る気なの?」

雪歩「え、えっ? えぇっ、え」

月火「最初っからそのつもりだったの? 私のこと応援してくれるって言うのは全部嘘だったの? 裏切るつもりで私に近づいてきたのねぇそうなのどうなの」

雪歩「ひぃいい! う、裏切らない!! 裏切りませぇん!」

月火「…………だよね」

雪歩「う、うん……」

月火「だよねぇ!!! 雪歩ちゃんが私のこと裏切るわけないよねぇ!」

雪歩「…………」

月火「でね!! アイドルになるとしたら、そこで問題になるのがさ。私、しょっちゅう髪型を変えちゃうじゃない?」

雪歩「そ、そうなの?」

月火「けどさ、それだと人に覚えてもらいづらいかなーって。なにかトレードマークが欲しいよね」

雪歩「うん……まぁ、それは確かに」

月火「そこでこのっ……!!!」



月火「おっきなリボンをふたっつ!!!!」

羽川「こらぁあああ!!!!」






7 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/09(火) 20:54:35.38 ID:q9FhOTes0


雪歩「えっ、えっ?」

月火「あ、羽川さん。どうしたのこんなところで。奇遇だねぇ」

羽川「あなたにとっては奇遇でも、私にとっては奇遇でもなんでもないの。私はあなたを止めるためにここに来たんだから」

月火「止める? 私を? あっはっは!!!」

羽川「なにがおかしいの……」

月火「いやぁ、羽川さんはなんでも知ってるなぁと思って」

羽川「なんでもは知らないわよ…………けど、あなたが何を企んでるのかは知ってる」

月火「……ふぅん」

雪歩「あ、あのぉ……」

月火「あ、この人は羽川さん。なんでも知ってて頼りになるおっぱいだよ」

羽川「ごめんね雪歩ちゃん、私の友達の妹が迷惑かけて」

雪歩「い、いえ……」






8 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/09(火) 20:55:25.35 ID:q9FhOTes0


羽川「だめだよ月火ちゃん。めっ」

月火「……」

羽川「雪歩ちゃんはお仕事で来てるんだから、邪魔したらだめじゃない」

月火「…………羽川さん」

羽川「なに? 月火ちゃん」

月火「羽川さんも…………私を裏切るの?」

羽川「裏切らない。裏切りません」

月火「でも、私のアイドルデビューを邪魔するんでしょ?」

羽川「……それは」

月火「最初っから裏切るつもりだったんだ。羽川さんは戦場ヶ原さんの手羽先だったんだ」

羽川「……手先、ね」

月火「戦場ヶ原さんは私とのキャラ被りを恐れて、私がアイドルデビューして自分より知名度が高くなって自分が認知されなくなることを恐れてるんだ」

羽川「先に765さんとこの看板アイドルとキャラを被せていこうとしたのはあなたでしょうが」

月火「確かにちょっと似ちゃうかなーとは思ったよ? 実は腹黒キャラってのもどん被りだし!」

羽川「あなたは『実は』じゃない」

雪歩「春香ちゃんは腹黒キャラじゃないよぉ……」






9 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/09(火) 20:56:15.36 ID:q9FhOTes0


羽川「だいたい、キャラ被りって言うか、後からまねっこしたら偽物扱いされるのは月火ちゃんの方だと思うけど?」

月火「そうかな?」

羽川「うん、そう。私は、そう思うよ」

月火「でもね羽川さん」

羽川「なぁに月火ちゃん」

月火「偽物は、本物になろうとしているぶん、本物よりも本物なんだよ」

羽川「それっぽい屁理屈で誤魔化さない。しかもそれ、本物が努力してない、本物の努力が偽物より下、っていうのが前提じゃない。本物が常に本物であり続ける努力をしているなら、やっぱり一番本物なのは、本物そのものだよ?」

月火「むぐぐ……っ、やはり羽川さんに口で勝つのは無理か……」

雪歩「…………zzZ」

月火「!!? あああ寝てる!!」

雪歩「へっ!? はっ」ビクンッ

月火「今寝てた! 絶対寝てた!!」

雪歩「ね、寝てないよ……?」

月火「はい羽川さん雪歩ちゃんの後ろに隠れて今の台詞どうぞ」

羽川「言わない」






10 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/09(火) 20:57:21.92 ID:q9FhOTes0


羽川「雪歩ちゃん、ごめんねこんなのに付き合わせて。もうスタッフさんたちのところに行っていいから」

雪歩「あ、はい……こちらこそ、なんだかご迷惑を……」

羽川「いえいえ、今回はこっちが一方的に迷惑かけただけだから」

月火「待って! 待って雪歩ちゃん!! 行かないで! 戻ってきて!!!」

羽川「やめなさい」

月火「違うの! もう私をアイドルにしてなんて言わない! けど、お願いがあるの」

羽川「ほう」

雪歩「な、なに……?」



月火「春香ちゃんに『白金ディスコ』をカバーしてもらいたいなって思って。ほら最近プラチナスターズってのも出たし丁度いいかなーって」

雪歩「えっ? え??」

羽川「こら」






11 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/09(火) 20:58:33.53 ID:q9FhOTes0


月火「なんでなんで!? そのぐらいいーじゃん!」

羽川「カバーして欲しかったら普通にCDのカバー曲募集に応募しなさい」

月火「羽川さんはいいよねあの星井美希にカバーしてもらえて。すっごい可愛くてカッコいいもんねあの金髪毛虫」

羽川「褒めながら蔑称を使わない」

雪歩「あの、……じゃあ、私そろそろ」

羽川「うん。それじゃ、また。ほんとごめんね」

月火「あぁあ! 雪歩ちゃぁん!! 行かないでぇええ!!!」

羽川「やめなさいってば…………ん? なにか揺れて……地震……?」

月火「え? 隕石でも振ってきたかな?」





ゴゴゴゴゴゴゴゴ……





真「でぇえりゃああああああああああ!!!!!!」

火憐「どりゃぁああああああああああああ!!!!!!」



ズガァアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!!!


羽川「きゃぁああっ」

雪歩「ひぃい!? 真ちゃん!!?」

月火「あぁあ!! 私の部室が!!!」

羽川「部室っていうか! 学校が!!!」










ドゴォオオオオォオォォオォォオォオオオオオオオン…………!







12 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/09(火) 20:59:17.29 ID:q9FhOTes0




真「っ…………やるね」

火憐「へっ、そっちこそ……」




ボコッ

ガラガラッ


羽川「げほっ、ごほっ…………こらぁああ!!!」

雪歩「学校が壊れる瞬間に穴を掘って助かりましたぁ」

月火「黒歴史も一緒に掘り返しちゃったね! あはっ☆」

羽川「それはっ……あなたのせいでしょうがぁあああ!!!」

月火「ちゃんちゃん!」






おわり。







13 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします [saga]:2016/08/09(火) 21:03:12.05 ID:q9FhOTes0



月火「予告編クイズ!!」

火憐「クイズー!!」


月火「ジョセフ真月と貝木泥舟って似てない?」

火憐「うーんちょっとだけな」

月火「眼鏡と髭をつけた格好なら結構似てると思うの」

火憐「そうかな?」

月火「じゃあ朔響と我那覇響ちゃんって関係ある?」

火憐「ない!!!!」

月火「貴音さんって月から来たって説があるけどそれってアイドルとおんなじ?」

火憐「いや貴音さんは現在進行形でアイドルだろ?」

月火「そのアイドルじゃなくってあのアイドルだよ!」

火憐「どのアイドルだよ!!」



月火「次回! 偶物語(アイドルモンスター)月火ペンギン、その2!」



月火「瑞鳥くんってペンギンかな?」

火憐「普通に人間だよ!!」







15 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/08/09(火) 21:17:31.28 ID:c2wXwNMSO
もうちょっと続けてもいいと思うの



16 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/08/09(火) 22:45:16.67 ID:MU3IiiVRo
何故この組合せかと思ったがゼノグラシアか



17 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお迭りします :2016/08/10(水) 07:53:53.25 ID:tBPktzFGo
よかった乙



18 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/08/11(木) 14:54:33.04 ID:1DyE2eh30
やっべ、次回予告が脳内再生余裕だったわwww



19 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2016/08/14(日) 00:04:31.95 ID:WbsbjMbHO
月火と撫子のドラマCD思い出した



転載元

阿良々木月火「茶道部に雪歩ちゃんが遊びに来たよ! ぱちぱちぱち~」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470743263/





関連記事
2017/08/03 03:12 | CM(0) | 化物語 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 08月 (110)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング