HEADLINE

不良「お、深淵だ! 覗いてやろうぜ!」深淵「いやぁぁぁっ!」 男「やめろ!!!」

2017/08/06 17:13 | CM(0) | 創作・男女系 SS
1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:31:05.128 ID:+bNRYEzx0.net
不良「お、こんなところに深淵があるぜ!」

金髪「ホントだ!」

長身「覗いてやろうぜ!」

深淵「やだっ……やめてっ!」

不良「うひょ~、さすが深淵っていわれるだけのことはある。すげえ深さだ!」

金髪「たまんねェな!」

長身「お前らばかりずるいぜ。オレにも覗かせろよ」

深淵「いやぁぁぁぁぁっ!」



男「やめろ!!!」




11 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:34:43.552 ID:+bNRYEzx0.net
不良「なんだテメェ!?」

男「ムリヤリ深淵を覗くのはやめろ! 嫌がってるじゃないか!」

不良「ンだとォ……!?」

金髪「お楽しみを邪魔しやがって……」

長身「深淵があったら覗きてェと思うのが、男の本能だろが!」

男「どうやらお前たちには覗かれる恐怖を教える必要があるようだ」

男「ぼくがお前たちを覗いてやる」

不良「おもしれえ! やってみやがれ!」



12 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:34:52.420 ID:NQePOF3x0.net
続けろ



13 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:35:37.574 ID:7PQ1qzUz0.net
深淵ってケツの穴だったのか



16 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:38:06.629 ID:+bNRYEzx0.net
男「まず、不良……」ジロッ

不良「あ?」

男「お前は見かけによらず、絵本が好きだな?」

不良「な!?」ギクッ

男「きっと図書館で何度も絵本を借りてるにちがいない」

不良「!?」ギクギクッ

不良「や、やめろぉぉぉ!!!」



18 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:40:03.754 ID:Lm9i0q/J0.net
調子にのりすぎたみたいですねぇ



19 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:40:17.152 ID:tdvdbUxR0.net
深淵って恥ずかしいものだったんだ



20 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:40:18.461 ID:+bNRYEzx0.net
男「次に、そっちの金髪」ジロッ

金髪「な、なんだよ」

男「お前はヤンキーぶってるが、実は勉強好きだろう? 典型的な“書いて覚えるタイプ”か」

男「それも……左利き!」

金髪「ぐ!」

金髪(なんで分かったんだ……!?)



22 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:43:37.697 ID:+bNRYEzx0.net
男「それから、一番でかい奴」ジロッ

長身「……!」

男「お前は背は高いが……あっちのサイズにはコンプレックスがあるようだ」

長身「うわぁぁぁぁぁっ!!! やめてくれぇぇぇぇぇっ!!!」モジモジ



金髪「まずいぜ、こいつどんどんオレらのことを覗いてきやがる!」

長身「ひいいいっ!」

不良「ちくしょう、覚えてやがれぇ!」

スタタタタッ!



24 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:46:43.158 ID:+bNRYEzx0.net
男「大丈夫かい?」

深淵「あ、ありがとう……助かったわ」

深淵「だけど、すごいね……どうして不良たちの秘密や弱点が分かったの?」

男「簡単な推理さ」

男「不良は右手に『ぐりとぐら』の絵本、左手に使い古された図書館の貸し出しカードを持っていた」

男「だから絵本好きだと分かった」

深淵「他の二人は?」

男「金髪の男は、左手に巨大なペンだこができていた。日頃から勉強しまくっている証拠だ」

男「長身の奴はズボンの股間部分にトウモロコシを入れていた」

男「ズボンをもっこりさせて、サイズを大きく見せるためにね」

深淵「すごい推理力……」ドキン…



26 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:51:05.750 ID:+bNRYEzx0.net
深淵「だけど、推理力があるってことは当然、好奇心もあるってことよね」

男「まぁね」

深淵「あなたは気にならないの? 私という“深淵”を覗きたくならないの?」

男「気にならない、といえばウソになるが、ムリに覗こうとは思わないよ」

深淵(なんてステキな人なの……)

深淵「あの……よかったら一緒にお茶しませんか」

男「いいとも!」



27 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:51:53.506 ID:VXGTRKoJ0.net
深淵に覗かれる時深淵もまた覗かれてるのだ



28 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:52:39.256 ID:gJbNJ7Xea.net
これは巧妙な深淵を覗くスレ



29 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:54:32.998 ID:+bNRYEzx0.net
―カフェ―

店員「ブレンドコーヒーと、紅茶です」

男「ありがとうございます」

深淵「なぜブレンドコーヒーを?」

男「さっきのように、ぼくはちょっと見ただけですぐ他人の底を覗けてしまうから」

男「こういう底の見えない飲み物の方が好きなのさ。なんていうか、落ち着くんだよね」

深淵「……っ!」ドキン…



31 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:56:51.483 ID:+bNRYEzx0.net
男「――今日は楽しかったよ」

深淵「私も……」

男「よかったら、また会えるかな?」

深淵「うん……ぜひ会いたい」

男「じゃあ連絡先を交換しよう。近いうちにまた会おう!」

深淵「うんっ!」



32 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 21:56:58.173 ID:o2jnLfdza.net
これは深・淵(ふかみ・ふち)という名前の女の子に違いない



33 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:00:00.442 ID:+ezexcLXr.net
深淵ちゃん可愛い



34 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:01:02.294 ID:+bNRYEzx0.net
―自宅―

男(深淵……見るのは初めてだったけど、ものすごい深さだった……)

男(いくら目を凝らしても、底があるのかどうかすら分からないほどに……)

男(だけど、決して悪い気分じゃない。むしろ、その底知れなさが心地よかった)

男(う~む、ぼくは彼女のことをどう思ってるんだろう?)

男(自分の気持ちが分からない……!)



37 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:05:36.129 ID:+bNRYEzx0.net
―学校―

男「おはよう」

友人「おっす」

男「……お前、今日遅刻しそうになっただろ?」

友人「!」ギクッ

友人「な、なんで分かった!?」

男「パジャマのまんま登校してるからな」

友人(なんて推理力だ……!)



38 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:07:31.667 ID:+bNRYEzx0.net
友人「さすがだぜ……」

友人「お前にかかれば、この世に分からないことなんてないのかもな」

男「いや、そんなことはないさ……」

友人「?」

キーンコーンカーンコーン…

男「おっと授業か。早く学校終わらないかなぁ」

友人(勉強好きで学校好きのこいつが、こんなこというなんて珍しいな)



39 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:10:44.464 ID:+bNRYEzx0.net
放課後――

男「……」

男(深淵に電話をかけてみよう)ピッポッパッ

男「深淵ちゃん」

深淵『なぁに?』

男「今度の休み、デートしないか?」

深淵『喜んで!』



41 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:15:00.395 ID:+bNRYEzx0.net
休日――

―海岸―

ザザァン… ザザァン…

深淵「わぁーっ、キレイ!」

男「君は海が好きなのか」

深淵「うん」

深淵「ほら私って深淵でしょ。だから自分と正反対の浅いところが好きなの」

深淵「こういう浅瀬なんかだーい好き」バシャバシャ

男「なんとなく分かるよ、その気持ち」



42 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:16:15.502 ID:pkXffuV7r.net
浅瀬w



44 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:18:35.167 ID:+bNRYEzx0.net
男「よーし、じゃあ水のかけ合いでもしよっか!」

深淵「うん、やろうやろう!」

バシャバシャッ ザバッ バッシャーン

男「やったなー!」バシャッ

深淵「そっちこそ!」ザバッ

男「アハハハハ……」

深淵「ウフフフフ……」



46 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:22:34.733 ID:+bNRYEzx0.net
―映画館―

映画『うおおおおおっ! 悪を倒すぞォォォォォ!!!』チュドドーン

映画『FUCK YOU! FUCK YOU! FUCK YOU!』

映画『キミを愛してるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!』

ズガァァァン! ドゴォォォォン! バゴォォォォン!



男「……」

深淵「……」



47 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:25:56.069 ID:+bNRYEzx0.net
男「なんていうか、ずいぶん浅い映画だったね。典型的なB級映画だったよ」

深淵「でも私はああいう中身のないクソ映画の方が好き。ほっとするから」

男「ぼくも気楽に見れたよ」

男「深い内容だと、かえって結末が読めちゃってつまらないもの」

深淵「あなたの推理力は天下一品だものねー」

深淵「私たちって気が合うのかもね!」

男「そうだね!」



48 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします [saga]:2017/08/02(水) 22:27:03.046 ID:dbtMR+9P0.net
会話が浅い



49 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:27:12.630 ID:yuWp6HXkr.net
ええカップルやんけ…



51 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:30:40.824 ID:+bNRYEzx0.net
―高級レストラン―

店員「あさりご飯でございます」ニコッ



男「このレストランのあさりご飯はおいしいんだ」

深淵「へぇ~」モグッ

男「どう?」

深淵「あっさりしてて、おいしいっ!」

男「気に入ってくれてよかったぁ~」

男(深淵は浅いのが好きだから、あさりも好きだというぼくの推理は正しかった!)



52 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:33:10.037 ID:+bNRYEzx0.net
デートが終わり――

男「今日は楽しかったよ」

深淵「私も」

男「また一緒に……デートしようね」

深淵「……うん!」

男「じゃあ、またね!」

深淵「さよなら!」



53 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:37:06.346 ID:+bNRYEzx0.net
それからというもの――

男「今日はどこ行く?」

深淵「プールに行かない? あんまり深くないところ! 深さ50cmぐらいの!」



深淵「あーあ、浅草や浅間山に行ってみたいなぁ~」

男「どこかの大型連休で一緒に行こうよ!」



男「この推理小説、面白いんだ。読んでみてよ」

深淵「わぁっ、ありがと~!」

…………

……



54 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:40:29.388 ID:+bNRYEzx0.net
しばらくして――

深淵「ねえ……」

男「うん?」

深淵「よかったら今日、うちの家に来ない?」

男「いいのかい?」

深淵「うん、お父さんやお母さんにも会ってもらいたいの」

男(やっぱり深淵にも家族はいるのか……)



55 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:41:10.492 ID:Q/gR6Yc0r.net
やっぱりて



56 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:46:28.524 ID:+bNRYEzx0.net
―深淵の家―

深淵父「おっほん」

深淵父「君が、娘のボーイフレンドかね」

男「はい」

深淵母「あらまぁ、なかなかいい男じゃないの。深淵もやるじゃない」

深淵「えへへ……」

男(やはり両親は深淵以上の深さの持ち主のようだ……全く底が見えない。まるでブラックホール!)

深淵父「コホン」

深淵父「君が優秀な人間だというのは認めよう。しかし、ハッキリといっておきたいことがある」

男「なんでしょう?」



57 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:49:29.053 ID:+bNRYEzx0.net
深淵父「君に娘を覗く覚悟はあるか?」

男「!」

深淵母「あなた!」

深淵父「お前は黙っていなさい」

深淵父「君が娘と親しく付き合うなら、娘を覗く時が必ず来る」

深淵父「だが、深淵を覗く者は必ず……深淵に覗かれることになる」

深淵父「文字通り、全てをな」

ゴゴゴゴゴ…

男「……!」

深淵父「君にその覚悟はあるのか?」



58 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:50:40.974 ID:Q/gR6Yc0r.net
シリアス



59 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:53:19.489 ID:+bNRYEzx0.net
男(ぼくは自分の心ですら自分で分かっていない)

男(そんなものを彼女に覗かせていいのだろうか?)

男(もしかしたら、心のどこかで彼女に対して邪な気持ちを抱いてるかもしれない)

男(もしそれを覗かれてしまったらっ……!)

男「ぼくはっ……ぼくはっ……!」

深淵父「もし覚悟がないのであれば、娘と付き合うのはやめてもらおう」

深淵父「覗く覗かれるの関係でなくば、君も娘も不幸になってしまうからな」

深淵「男君……!」

男(駄目だ……言い返せない! ぼくには……覚悟がない!!!)

男「失礼します!」ダッ



深淵「ああっ!」

深淵父「これでよかったのだ……我らは深淵、しょせん人間とは相容れぬのだ」

深淵母「あなた……」



60 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:53:58.940 ID:X4QG8m9P0.net
異種族だったのか



61 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 22:56:07.368 ID:+bNRYEzx0.net
―自宅―

男(あのお父さんがいってることは正しい)

男(半端な覚悟の者が深淵を覗いたところで、自分も深淵も不幸にするだけだ)

男(つまり、あの場から逃げたぼくの判断も正しかったことになる)

男(なのになぜだ!? なぜ、ぼくの心はザワザワしたままなんだ!?)

男(ぼくはどうすれば――!?)



63 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:00:08.600 ID:+bNRYEzx0.net
―学校―

友人「おっす」

男「……おはよう」

友人「なんか、やつれてないか?」

男「そんなことないと思うけど」

男「それよりお前、今朝はうな重を食べただろう?」

友人「いや……朝メシはウィダーinゼリーだったけど」

男「!!!???」

男(推理が……わずかに外れたッ!? こんなバカな……ッ!)

友人「お前が推理を外すなんてどうしちまったんだよ!? 何があったんだよッッッ!?」

男「実は……」



64 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:02:41.432 ID:RfbEnFnz0.net
わずかワロタ



65 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:02:50.509 ID:Q/gR6Yc0r.net
何故うな重



66 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:03:59.815 ID:+bNRYEzx0.net
友人「なるほど……深淵を覗くべきか、覗かぬべきか、ねえ」

男「ぼくは自分がどうしたいのか、自分の気持ちすら分からないんだ」

友人「ふっふっふ、ならいつもと立場逆転だな」

友人「オレは分かるぜ……お前の本当の気持ちがな」

男「な、なんだって!? ――教えてくれ!」

友人「なにバカなこといってやがる」

友人「お前だって本当はもう分かってるんだろ?」

友人「今みたいに“最後の後押し”をして欲しかったんだろ? 世話が焼ける奴だぜ」フッ

友人「行けよ、先生には早退したって伝えとく」

男「……ありがとう、親友!」



68 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:09:08.014 ID:+bNRYEzx0.net
男(深淵に電話をかけよう)ピッ

男「もしもし、深淵ちゃん?」

深淵『……なに? 私を覗く覚悟もない底の浅いあなたがなんの用?』

男「それについては……すまなかった。弁解の余地もない」

男「だけどもし、君がもう一度ぼくにチャンスをくれるというのなら――」

男「もう一度、君に会いたい……!」

深淵『私、その言葉を待ってた……!』

男「それじゃ……初めてデートした海岸で会おう」

深淵『私、待ってる……! 浅瀬でっ……!』



69 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:11:42.896 ID:4LwYxbqz0.net
わくわく



70 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:12:32.217 ID:+bNRYEzx0.net
―海岸―

ザザァン… ザザァン…

男「待たせた?」

深淵「ううん、今来たとこ」

男「それじゃ、ぼくの本当の気持ちを単刀直入に伝えさせてもらうよ」


男「今こそ、君のことを覗きたい……!」


深淵「ええ、思う存分覗いて……!」

男「……いくよ!」ジロジロジロッ



71 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:15:33.912 ID:+bNRYEzx0.net
男「深いなぁ……なんて深さだ……」

深淵「んっ……」

男「底がまるで見えない……。深さが何百、いや何千メートルあるか、見当もつかない……」

深淵「ああっ……」

男「だけど、全然怖くない……どこまでもどこまでも覗ける……」

深淵「んふうっ……」

男「さ、もっと深くまで覗くよ……」

深淵「い、いいよっ! とことんやっちゃってっ!」



72 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:15:42.038 ID:wYMmTEbxr.net
ジロジロジロッ



73 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:20:16.275 ID:+bNRYEzx0.net
深淵(他人からここまで深くまで覗かれるのは初めて……! なんて快感なのかしら!)

深淵(でも、これ以上覗かれたら……私は彼のことも覗いてしまう!)

深淵(なぜなら“深淵は誰かに覗かれた時、その誰かを覗いてしまう”から! これは本能!)

深淵(どんなに相手のプライバシーを尊重しようとしても、止められない!)

深淵(もう我慢できないっ!)

深淵(私、彼の中を覗いちゃう!)

深淵「――――!」



74 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:24:26.076 ID:+bNRYEzx0.net
ぼくは深淵が好きだ。

ぼくは深淵が好きだ!

ぼくは深淵が好きだ!!

ぼくは深淵が好きだ!!!

ぼくは深淵が好きだ!!!!


 ぼ く は 深 淵 が 大 好 き だ ! ! ! ! ! 





深淵「あああああああああああああああああっ!!!!!」



75 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:27:48.412 ID:+bNRYEzx0.net
男「今の必要以上に黄色い声……どうやらぼくを覗いてくれたようだね」

深淵「……うん」

男「じゃあ今度はぼくの口からちゃんと言おう」

男「好きだっ!」

男「ぼくは一生かけて、君の底の底まで覗いてみせる!」

深淵「ふんっ! そう簡単に覗かせないんだからっ!」



77 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:31:48.130 ID:+bNRYEzx0.net
男「いーや、絶対覗いてみせる!」

深淵「いーえ、私の底はそう浅くないわよ!」

アハハハハ… ウフフフフ…


……

深淵父「フッ、深淵を覗いて、呑まれない人間がいたとはな……」

深淵母「人間もまだまだ奥が深い、ということね」







おわり



78 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:34:23.941 ID:wYMmTEbxr.net

深淵を覗いてしまった気分



80 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:53:39.883 ID:4LwYxbqz0.net
新しいニーチェの解釈



81 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/02(水) 23:55:59.284 ID:ywjNATOx0.net

面白かった



82 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2017/08/03(木) 00:13:47.155 ID:wHbHCqW/H.net

素晴らしい



転載元

不良「お、深淵だ! 覗いてやろうぜ!」深淵「いやぁぁぁっ!」 男「やめろ!!!」

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1501677065/





関連記事
2017/08/06 17:13 | CM(0) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 10月 (1)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング