HEADLINE

まどか「なにィ、魔法少女だァ?面白そうじゃねぇか!」

2011/03/16 07:40 | CM(5) | まどか☆マギカ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 00:40:35.55 ID:BOx6xQCC0
QB「じゃあ僕と契約してくれるかい?」

まどか「おう、断る理由なんてありゃしねぇ!
     面白そうなことには全力でぶつかってけって、父ちゃんがよく言ってたんだ!」

QB「君の願いを叶えてあげられるけど、何がいい?」

まどか「金、酒、男! あとは美味いモン食えりゃそれでいい!」

QB「君ほど欲望に正直な人間は初めて見たよ。
   じゃあ契約を始めるよ」

まどか「おう、ちゃちゃっとやってくれや!」

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 00:44:28.50 ID:BOx6xQCC0
ほむら「お待ちなさい」

まどか「おっ、なんでぃ姉ちゃん!
     今ちょっと忙しいんでぃ、後にしてくんねぇか!」

ほむら「私は魔法少女のあけみほむらよ」

まどか「おっ、魔法少女かい!
     じゃあこれから私と同業者だなぁ! いっちょよろしく頼むわ!」

ほむら「そういうわけにはいかないわ。
     あなたはきゅうべぇと契約してはいけない」

まどか「ああん? それはどういうこったァ」

QB「……」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (新潟・東北) :2011/03/15(火) 00:48:53.72 ID:sPJ3m52MO
基になったキャラはなんだべ

4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (dion軍) :2011/03/15(火) 00:50:06.28 ID:A1G8i3sV0
絶対にタカさんみたいな体格だよこのまどか

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 00:50:38.30 ID:BOx6xQCC0
ほむら「それは言えないけれど……
     とにかくあなたは魔法少女になっちゃいけない」

まどか「ああ~ん? はっきりしねェ物言いだなぁ」

ほむら「お願い……私のことを信じて」

まどか「うぅーん……」

QB「まどか、そんなやつは放っておいて、僕との契約を始めよう!」

まどか「うーん……すまねぇ、きゅうべぇ!
     ちょっと契約は見送りってことにしてくんねぇか!」

QB「えっ、どうしてだい」

ほむら「!」

まどか「こんな可愛い姉ちゃんに必死に頼み込まれちゃァ、断れねえってもんだよ!
     女の言うことは聞いてやれってのがウチの家訓でさァ」

ほむら「あ、ありがとう……かなめまどか」

まどか「いいってことよ! 気にするない!」

QB「やれやれ……人間ってのはわけがわからないよ」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 00:56:11.44 ID:BOx6xQCC0
……

まどか「なァにィ~!? さやかお前、魔法少女になっちまったのかァ~!?」

さやか「あっうん、実はそうなんだ」

まどか「くぅ~っ、羨ましいぜェ!
     あー、私も契約して魔女相手に大暴れしてみてえなァ!」

さやか「魔女をやっつけるとすっごく気持ちいいよ」

まどか「ところで、さやかァ~……
    お前、きゅうべぇにどんな願い事叶えてもらったんだァ~?」

さやか「えっ、そ、それは……」

まどか「あ~すまねぇ! 野暮なこと聞いちまったなァ!
     お前の願い事なんてこいつ以外にあるわけねえか!」(小指を立てる)

さやか「もーまどかったら、オヤジ臭いなぁ~」

まどか「へっへ、このまま行くとこまで行っちまえよ!」

さやか「もー! からかわないでよー!」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 01:02:22.77 ID:BOx6xQCC0
……

まどか「おうさやか! この前は済まなかったなァ、ソウルジェム投げちまって!
     いっやァー、あのほむらって姉ちゃんがいなかったらどうなってたか!」

さやか「私、もう死んでるんだね」

まどか「おう、死ぬ気になれば何でもできる!っつうけど、
     もう死んでんだからこまけぇことなーんも気にする必要ねえな!」

さやか「こんなゾンビみたいな体じゃ……
     抱きしめてくれなんて……愛してくれなんて言えないよ……」

まどか「なぁーに、そういうシュミの男も探せば一人くらい居らァ!
     べっつに上條にこだわる必要ねーじゃねえか! な!」

さやか「誰かの幸せを願ったぶん誰かを呪わずにはいられない……
     それが魔法少女なんだね」

まどか「暗い暗い! まずおめーが幸せになってみせろよ!
     誰かを呪うのはそれからでも遅くねぇ!」

さやか「その気になれば、痛みなんて完全に消しちゃえるんだ……あははははは!」

まどか「おっ、その調子だ! 魔女なんてぶっ飛ばしちまえ!」

ほむら「話噛み合ってないわね」

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 01:02:35.94 ID:BOx6xQCC0
あっマミさん忘れてた

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (広西チワン族自治区) :2011/03/15(火) 01:05:52.60 ID:5LpMkAKkO
QBが、/´・ω・`ゝこんな顔で困ってそうだ

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 01:07:41.66 ID:BOx6xQCC0
……

まどか「なァ~にィ~!? さやかが魔女になっちまっただァ~?
     それはマジかよ、あんこ!」

杏子「ああ、大マジだ。私の目の前で魔女に変わっちまいやがった」

まどか「バッキャローてめぇ、さやかが魔女になっちまうのを
     黙って見てたっていうのかよォ、ああん?」

杏子「すまない、私にはどうしようもできなかったんだ。
    今から私はさやかのもとに向かう。あんたも一緒に来てくれないか」

まどか「何いってんでィ、私ャ魔法少女じゃないんだぜェ?
     ついてったところで足手まといにしかなんねェや」

杏子「いや、戦うんじゃない。
   今ならまださやかの心が残ってるかも知れないから、
   あんたがさやかに呼びかけてくれないか?
   もしかしたら元に戻るかも知れない」

まどか「へェ~ッ、なるほどなるほど、そういうことかい!
     ほんならいっちょ、さやかのために一肌脱いでやりますかァ!」

杏子「おっ、協力してくれるのか、ありがとう!」

まどか「ダチのためなら命だって惜しんじゃいけねェ!
     爺ちゃんから耳にたこが出来るほど聞かされたんでね!」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 01:13:28.04 ID:BOx6xQCC0
魔女空間。

さやか「ウゴゴゴゴオオオ」

まどか「ヒィ~ッ、さやかのやつ、なんておっかねえ姿になってやがんだァ!
     これじゃ上條の野郎もドン引きだぜェ!」

杏子「私はあいつの攻撃を食い止めるから、あんたはさやかに語りかけてくれ!」

まどか「おう任せとけ! っつっても、さやかに何を語りかければいいのやら……うーん」

杏子「おい何してる、早くやれ!」

まどか「お、そうださやかァ、お前半年くらい前におねしょしてたろ!
     学校行くまえお前んち通りかかったら、そりゃあ立派な日本地図が書かれた
     布団が欲してあってさぁ、も~笑い転げちまいそうになったぜェ~!」

さやか「う、ウゴゴゴゴオオオ!!!」

杏子「おいもっとマジな話題はねーのか!
    攻撃が激しくなりやがったぞ!」

まどか「すまねえ、大丈夫かあんこ!」

杏子「私の名前はキョウコだっ!」

まどか「へっ、あんこのほうがお前に似合うぜ! 可愛くてよ!」

杏子「ばっ……バカっ!///」

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 01:17:59.64 ID:BOx6xQCC0
まどか「あっ、危ない、杏子ォ!!」

杏子「えっ」

さやか「ウゴゴゴゴオオオ!」  三○  三○

杏子「ぎゃああっぁぁぁっ!」

まどか「大丈夫か、杏子!
     す、すまねえ……私が変なこと言って
     気を反らせちまったばっかりに……!」

杏子「いや、いいんだ……あんたは悪く……ガハッ!」

まどか「杏子ッ!!」

さやか「ウゴゴゴゴオオオ」

まどか「さやか……てめぇ、もう許さねぇぞォ……
     私の大事な大事なダチを傷つけやがって……!」

杏子「まど……か……」

まどか「ハラワタが煮えくり返って仕方ねぇぜェ……
     こりゃあお前をぶん殴らねえと収まりそうにねェやァ……!!」

ほむら「それには及ばないわ」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (大阪府) :2011/03/15(火) 01:22:28.00 ID:ycVWVtYr0
ほむほむホント便利だなwwww

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (チベット自治区) :2011/03/15(火) 01:24:35.89 ID:alxhh3VG0
作画:石川賢

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 01:24:42.10 ID:BOx6xQCC0
まどか「ほむらァ! 邪魔すんじゃねェ、
     これは私とあいつの問題だァ!」

ほむら「落ち着きなさい。生身で魔女に勝てるわけがないでしょう」

まどか「くっ……畜生!」

杏子「ほむら、まどかを連れて逃げろ……後は私がなんとかする」

まどか「何とかするって……杏子てめぇそんな体で何する気だァ!」

杏子「へっ……言わせんなよ、分かってるくせに」

まどか「バッカヤロォォォ! そんなの許せるわけねえじゃねえかァ!
     それにそれじゃ諦めてるのと一緒だろうがァ!!
     私らはさやかをもとに戻すためにここに来たんだろォ! 違うかァ!」

杏子「まど……か……」

まどか「いいかァ……?
     ここにはお前がいる……そして私がいる……
     さらにほむらまでいるんだよォ……
     この3人が集まって出来なかったことなんてあったか!? ないだろォ!!」

杏子「そう……だな……すまねえ、弱気になっちまってた……!
    ようし、私たち3人でさやかをもとに戻してやろうぜェ!!」

まどか「おう!!」

ほむら(すごい……こんなルート、初めて……!)

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 01:31:14.08 ID:BOx6xQCC0
さやか「ウゴゴゴゴオオオ」

まどか「聞けぇ、さやかァァァァ!!
     てめぇは杏子を傷つけた!!
     だから私はてめぇをぶん殴らなきゃなんねぇェ!!」

ほむら「攻撃が来るわ」

杏子「よし、私に任せろ!」

まどか「思い出せよさやかァ、小学6年生の時!
     くっだらねぇ理由で河原で殴り合いのケンカしたよなァ!!
     私はあん時に確信したんだ!!
     お前とは拳で語り合うのが一番だってなァ!!」

さやか「ウ……ゴゴ……」

ほむら「動きが鈍くなってる」

杏子「もう一押しか?」

まどか「てめぇにそんな妙ちきりんな格好は似合わねえ!
     とっとと元の姿に戻りやがれ、さやか!
     そしたら私はお前を殴る! だからお前も私を殴れ!
     気の済むまで私を殴れよ、さやかァ!!
     そしたらお前が魔女になるほど溜め込んじまった心の汚れも、
     ちったぁすっきりするってもんだろ!」

さやか「ウ……ウウ……」

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (埼玉県) :2011/03/15(火) 01:33:13.51 ID:2mVN7bCT0
こんなまどかと殴り合いしてよく平気だったなwwwwww

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 01:34:48.56 ID:BOx6xQCC0
まどか「遠慮なんていらねえぞ、私のことボッコボコにしてくれて構わねぇ!
     何度でも立ち上がって、お前の拳の的になってやるからよォ!!」

さやか「ウウウ……ウウウ……」

杏子「見ろ、魔女の姿が……!」

ほむら「だんだん小さくなってる……」

まどか「えっ、何でお前のためにそこまでするかって?
     バッキャロォ、決まってんじゃねえか!!」

さやか「ウ……ゴ……」

まどか「私とお前が!」

さやか「ウ……」

まどか「――友達だから、だよッ!!」

 パアアアァァァァァァッ

杏子「な、なんだこの光は!」

ほむら「! 見て!」

さやか「……み、みん……な……!」

杏子「さやかァ! やったぜ、元に戻った!!」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (三重県) :2011/03/15(火) 01:35:58.37 ID:bxFMWgLp0
QB「わけがわからないよ」

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 01:39:11.57 ID:BOx6xQCC0
杏子「すげェ、すげェよ……!
    ほんとに元に戻っちまうなんて……」

ほむら「奇跡としか言いようがないわ」

さやか「私……魔女になってた……んだよね……
     もしかしてみんなに……ひどいことを」

杏子「ああ、そりゃもう強烈な一発を貰っちまったぜ」

さやか「ほ、ほんとに? ゴメン、大丈夫だった!?」

杏子「ああ、気にすんな。たいしたことはないからさ」

ほむら「ところでどういう原理で元の姿に……」

杏子「理由なんてどうでもいいじゃんか、なっ」

さやか「うん、理由は私にもわからない……
     どこからかまどかの声が聞こえてきて……
     それで、まどかと会いたい! って思ったら……」

杏子「あれっ、そういえばそのまどかはどこ行った?」

ほむら「向こうの方に隠れてるわ。
     泣き顔を見られたくないんでしょうね」

杏子「ったく、しょうがねえやつだなぁー!
    行ってこい、さやか!」

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (内モンゴル自治区) :2011/03/15(火) 01:39:25.59 ID:u4ThRbwGO
泣いた

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 01:44:26.50 ID:BOx6xQCC0
さやか「まーどかーっ!」

まどか「! な、なんでィ、いきなり!
     おどかすんじゃねぇやい!」

さやか「あっれー、まどか、もしかして泣いてるぅ?」

まどか「バ……バッキャロー、これは汗だよ!
     魔女になったてめぇの攻撃かわすのに必死だったからなァ!」

さやか「えぇー、ホントに~?
     素直になっちゃえよーまどかー」

まどか「て、てめェ~いいかげんにしろよなァ~!
     てめぇのせいでこちとら大変だったんだからよォ!」

さやか「あっはは、ごめんごめん。
     ありがとう、まどか。まどかのおかげで、助かった」

まどか「へっ、なんだよ改まって……照れるじゃねえかよォ」

さやか「私、これからの頑張るよ。まどかのためにも」

まどか「オウ、もう魔女になんかなるんじゃねェぞォ?」



杏子「うんうん、よかったよかった」

ほむら(このルートなら……ハッピーエンドを迎えられるのかも知れない)

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (チベット自治区) :2011/03/15(火) 01:46:27.00 ID:GD7DItUB0
ぜひアニメ化してほしい

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 01:51:06.72 ID:BOx6xQCC0
……

ほむら「かなめまどか……ちょっといい?」

まどか「なんでィ、今から新台の試し打ちに行きてェんだけど」

ほむら「真剣な話があるの。
     実は私……この時間軸の人間ではないのよ」

まどか「あぁ~ん? なんだそりゃァ~。
     私ャSFみてぇな頭使う話は嫌いでよォ~。
     映画はアクションものしか見ねぇことにしてんだよ」

ほむら「……じゃあ分かりやすく話すわ。
     あなたを魔法少女にしたくなかった理由を」

まどか「おっ、なんだい、そっちの種明かしかい。
     それずーっと気になっててメシも2杯しか食えなかったんだよなァ~」

ほむら「実は……かくかくほむほむで」

まどか「はァーん、なるほどなるほど。
     つまりはワルプルなんとかっつぅのがこの街にやってきたときに
     私が魔法少女になって戦うけど、最終的には魔法の力を使い果たして
     魔女になっちまう……そういうこったな?」

ほむら「まあ噛み砕いて言えばそういうことになるわね。
     でもこのルートは違う」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 01:56:26.54 ID:BOx6xQCC0
まどか「どういうこったァ」

ほむら「みきさやかも佐倉杏子も生きている。
     この3人が居れば、きっとワルプルギスの夜も打ち倒せるはずよ」

まどか「ほほォー、そりゃあ心強いこってェ」

ほむら「だから、あなたも魔法少女にならなくて済む」

まどか「魔法少女にならなくて、済む……か。
     そりゃァ嬉し……くは、ねぇなァ」

ほむら「えっ」

まどか「ほむらァ……私ャこの前、魔女になったさやかと戦って思ったんでさァ。
     私もあんたらの力になりてェ、ってなァ」

ほむら「そんな……」

まどか「ほむらァ、おめぇの気持ちは嬉しい! すんげェ嬉しいよ!
     でも、でもなァ! 目の前で傷つきながら戦ってる人間がいるのに、
     私だけが指くわえて見てるってのは我慢できねェんだよ!」

ほむら「っ……」

まどか「私も魔法少女になりてェ!
     おめぇらと一緒に戦いてぇんだ!!」

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 02:01:38.26 ID:BOx6xQCC0
ほむら「バカ言わないで……私はあなたを魔法少女にしないために戦ってきた……
     それをすべて無駄にしろって言うの……?」

まどか「フッ……なぁに言ってんだ、ほむらァ。
     私を魔法少女にしないのは、何のためだ? 言ってみろォ」

ほむら「あなたを……不幸にしないため」

まどか「だろォ? そんなら話は簡単じゃねェか。
     おめぇの話を聞いてる限りじゃ、
     このルートでは私が魔法少女になりゃァ
     ワルプルなんとかには圧勝できるんじゃねェのか? 違うか?」

ほむら「ええ……ワルプルギスの夜には勝てるし……
     あなたはこの戦いで魔女にはならない……でも、
     いつから必ず魔女になってしまう。
     魔法少女とは、そういう悲しい宿命を背負っているの」

まどか「おめぇらがいてくれるじゃねぇか」

ほむら「えっ?」

まどか「私が魔女になっちまっても、おめぇらがいてくれる。
     さやかを元に戻したみたいに、
     おめぇらが私のことも元の姿に戻してくれるって信じてる。
     だから私、魔女になっちまうことなんて、ぜぇーんぜん怖かねえよ」

ほむら「まどか……」

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 02:08:19.64 ID:BOx6xQCC0
まどか「一緒に戦わせてくれ、ほむら。
     魔法少女として」

ほむら「っ……うっ……」

まどか「バッ、バカヤロ、なに泣いてやがんだ!!」

ほむら「ごっ、ごめんなさい……
     その言葉……あなたのその言葉が……
     私は一番、聞きたかったのかも知れない……っ」

まどか「へへっ、そうかい。
     今までつらい思いしてきたんだろう、ほむら。
     これからは私が付いててやるからよ!
     もう一人ぼっちじゃねぇぞ!」

ほむら「う……ううっ……ま、まどかぁーっ!」

まどか「私の胸で泣けぇ!」

ほむら「う、うわぁぁぁーん、うぁぁーっ!」

まどか「そうだ、泣きたいときは思いっきり泣いていいんだ!
     それくらいはおてんとさまも許してくれらぁ!」

杏子「青春だな」

さやか「うん」

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 02:13:51.71 ID:BOx6xQCC0
……

QB「本当に契約してくれるんだね、まどか」

まどか「おうよ、立派な魔法少女になって
     魔女なんてぎったぎたにしてやるからよ、
     とっとと魔法少女にしてくれや!」

杏子「へへっ、あんたが魔法少女になってくれるなんて、心強いよ」

さやか「まどかならきっとスゴイ魔法少女になれるよね」

ほむら「希望の光が見えるって、こういうことを言うのね」

QB「それでまどか、願い事はなんにする?
   この前言ってた、金、酒、男、あとは美味いモンでいいかい?」

まどか「あ~、色々考えたんだけどよォ、やっぱそれ取り消しで!
     私の願い事は……そうだなァ」

杏子「ニッ」
さやか「えへへ」
ほむら「ふふっ」

まどか「こいつらと、いつまでもずーっと仲良く、一緒に居てぇなッ!」


       お          わ                      り
 
 

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (京都府) :2011/03/15(火) 02:14:44.83 ID:BOx6xQCC0
おしまい

まどかのキャラの元ネタは特にない
数分で落ちるから即興で書くとスリリングですNE

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関東・甲信越) :2011/03/15(火) 02:15:09.23 ID:BhT0yMwCO
いい話だった、かけね無しに

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関東・甲信越) :2011/03/15(火) 02:16:17.27 ID:MZnT7lCzO
ああ……これこそハッピーエンドだ……実によかった………… 乙

75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (チベット自治区) :2011/03/15(火) 02:16:58.26 ID:f8So4O0/0
もう何も怖くない

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (三重県) :2011/03/15(火) 02:22:02.08 ID:AwRXmUY90
        ∧ /| __
     __..:::{>゙´: : : : : : : `ヽ-.、
    _//: : : : : : : : : : : : : : : : ∧∧
   `フ./.: : : : : : ;i : : : : : : : : : : {: :} ; ‐-.、  
   ,´: :i : : /!/|∨l: : :i!: : : : : : : : ;' : : : : : :`ゝ
.   i: :/: : :/yr=ミ:、.!: : j|:/i: ; :i: : : :! : : : : : : : !
.  ノ 1 /: :i {_ヒri}゙ w//行ミt.:!: : : | : : : : : : : |     なにィ、魔法少女だァ? 
   {∧: :| ' ' ' ,   ゙:ヒrリ.》|: j-、; : : : : : : |`
.      Ⅵ\  {ニニニィ  ; /.ノ|/!:∧:ト、 j
          > ∨    } ノ /:'`ヽ、__′ i! .)' 
.         j _|_゙こ三/____/  `ヽ-、
          ヽ 〉:::::`x__x:´::::::::ヘ    ハ_
           }:::::::::::{::{:::::::::::::::::}    i / ` ‐ 、__     
          ∨;::イ|_|:|、::::::::::/ `ヽ__!、_     `Y
.           /`|:| |:|  ̄ ̄      `、‐、ノ   |
        /||'   !:! !:ト、             \}    ',

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (関東・甲信越) :2011/03/15(火) 02:22:06.81 ID:mJyRBYOTO
まどかwwwww

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (長屋) :2011/03/15(火) 02:37:04.42 ID:2wqzfkAc0
ワロタ

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (北海道) :2011/03/15(火) 02:44:58.11 ID:yK4eacb30
なんで無駄にいい話なんだよw

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (広西チワン族自治区) :2011/03/15(火) 02:50:18.61 ID:L4onLfB3O
>>1
乙!

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします (佐賀県) :2011/03/15(火) 03:02:07.88 ID:LKmkxPiI0
>     これじゃ上條の野郎もドン引きだぜェ!」

ひっでえええええええええwwwwwwwwww

魔法少女まどか☆マギカ A3タペストリー 巴マミ
ブロッコリー (2011-04-15)
売り上げランキング: 3419
関連記事
2011/03/16 07:40 | CM(5) | まどか☆マギカ SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2011/03/16 11:59 ]
  2. かくかくほむほむwwwwwww
  3. 名無しさん [ 2011/03/16 12:44 ]
  4. いい話だな~wwwwww
  5. 774@いんばりあん [ 2011/03/16 13:29 ]
  6. 最後まで読んで気がついたが、マミさんいねえw
  7. 774@いんばりあん [ 2013/01/12 16:48 ]
  8. もう喋り方が完全に一方通行さんじゃねぇかwwww
    管理人のみ閲覧できます
  9. [ 2013/12/28 03:27 ]
  10. このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング