HEADLINE

サーバル「すごーい!ここが虚夜宮なんだね!」

1 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 18:58:26.99 ID:8Xg0QX1CO
らすのーちぇす



サーバル「わーい!すごーい!ひろーい!」

サーバル「あっ!そんな場合じゃないや!」

サーバル「早くかばんちゃんを助けにいかないと!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506333506




2 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 19:04:19.06 ID:8Xg0QX1CO
あーあ人生が5回くらいあったらなぁ


そしたら私、5回とも違うちほーにうまれて


5回とも違う綺麗な物いっぱい探して


5回とも違う美味しいものをいっぱい食べて


そして


5回とも同じ人を好きになる


~サーバル~



3 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 19:12:02.31 ID:8Xg0QX1CO
サーバル「うみゃぁ…かばんちゃーん!どこ~!」

ザッ

サーバル「!」

アーロニーロ「ヤァ、シンニュウシャクン」

サーバル「えーだれだれー?」

アーロニーロ「オレハエスパーダアランカルヌベーノ(第9十刃)アーロニーロ・アルルエリダ」

サーバル「あらん?ぬべ……あーろ?」

サーバル「長くて覚えらんないや」テヘッ

アーロニーロ「シンニュウシャハコロス」バッ

サーバル「きゃー!」ドンッ

アーロニーロ「ウオッ」ドサッ



4 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 19:19:22.73 ID:8Xg0QX1CO
「いてて…」

サーバル「あっ!ごめんね!急に襲いかかってきたから……」

サーバル「帽子とれちゃったね…はいっ」スッ

「うわわ……」

サーバル「!」

アーロニーロ「た、食べないでください!」ブルブル

サーバル「えー!?あろろちゃんの中からかばんちゃんが出てきたー!なんでなんでー?」

アーロニーロ「サーバルちゃん……実はぼく、十刃の一人、アーロニーロ・アルルエリのフレンズだったんだ…」

サーバル「えー!?そうなのー!」

サーバル「ま、いーや!早くパークに帰ろうよかばんちゃん!」

アーロニーロ「うん!」



5 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 19:24:55.33 ID:8Xg0QX1CO
「騙されないで!サーバルちゃん!」

サーバル、アーロニーロ「!」

かばん「ぼくが本物のかばんだよ!」

ウルキオラ「………………」

サーバル「え?え?」

アーロニーロ「違うよ!ぼくが本物のかばんです!」

サーバル「うみゃ~…かばんちゃんが二人……どうなってるの?」

かばん「ぼくが本物のかばんだよ!」

アーロニーロ「ぼくだよ!」

サーバル「う~ん………わかんないや…」

サーバル「えーい!」バキッ



6 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 19:38:29.59 ID:8Xg0QX1CO
アーロニーロ「ぐあっ!」ドサッ

アーロニーロ「うぅ……」スゥ

サーバル「あっ!やっぱりあなたが偽物だったんだね!」

サーバル「顔が2つあるよ!ぐろーい!」

アーロニーロ「……ナゼワカッタ……」

サーバル「だって、あなたかばんを持ってないもん!」

アーロニーロ「!」

かばん「信じてたよ!サーバルちゃん!」

サーバル「かばんちゃんに変装する悪い子は許さないよ!」シュウウ

アーロニーロ「マ、マサカ…キサマモ"レスレクシオン"ヲ……」

サーバル「違うよ!これは野生解放だよ!」

サーバル「凄ーい!愉しーい!"狻遥"(サーバル)!」

ピカー

アーロニーロ「!?」

サーバル「いっくよー!狻遥!くらえー!」ゴゴゴ

サーバル「草原の紅い三日月(烈風のサバンナクロー)!!」

ズババババ

アーロニーロ「グァァァー!IQガトケルー!!」


シュウウ

かばん「やった!すごいよサーバルちゃん!」

サーバル「えへへー」テレッ



7 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 19:48:15.87 ID:8Xg0QX1CO
サーバル「よーし!じゃあパークに帰ろうよかばんちゃん!」

かばん「うん!」

ウルキオラ「それは無理な話だ」

サーバル「!」

ウルキオラ「かばんちゃんを返して欲しければ俺を倒す事だな」

かばん「ウルキオラさん……」

ウルキオラ「ちなみにクアトロエスパーダ(第4十刃)だ。アーロニーロより強い」

サーバル「…………4…」ゴクリ

サーバル「かばんちゃん………4ってすごいの?」

かばん「えっと………すごいんじゃないんでしょうか………?」

ウルキオラ「………………」

ウルキオラ「まぁいい………けもの…貴様と一緒に虚夜宮に侵入してきた仲間の霊圧を探ってみろ」

サーバル「え?」

かばん「皆さんもぼくを助けにここに!?」

サーバル「うん!そうだよー!」

ウルキオラ「………きっと今頃は……」



8 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/25(月) 19:48:21.89 ID:do2P8Dmvo
オサレー!



9 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 19:58:55.86 ID:8Xg0QX1CO
その頃

ツチノコ「ひっひっひー!100年後までごきげんよう」グサッ

ザエルアポロ(そ、そんな……)

スナネコ「と思ったけど騒ぐ程のことでもないっか」



ギンギツネ「ふふふーんふーん♪」クネクネ

ゾマリ「わ、私の愛(アモール)が効かない!」

キタキツネ「やった、げぇむクリアだね」



ジャガー「どいつもこいつも……ぶっ壊れちまえ!」

グリムジョー「……いい眼だ……!その眼が………気に喰わねェんだよ!」



10 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 20:05:37.73 ID:8Xg0QX1CO
ヒグマ「知ってるか?剣ってのは片手で振るより………」

ヒグマ「両手で振る方が強いんだとよ!!」ブンッ

ノイトラ「ぐぁぁぁー!」ドサッ



カピパラ「紅茶あるよぉ!ゆっぐりしでってねぇ!」

バラガン「なん……じゃと……?わしの老いが効かぬ!?」



アライさん「ふははははー!アライさんにお任せなのだー!」

スターク「やれやれ…面倒くさいねぇ」



11 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 20:11:09.18 ID:8Xg0QX1CO
サーバル「!」

ウルキオラ「ふっ、どうだ?」

かばん「ど、どうしたの……?サーバルちゃん……?」

サーバル「あれあれ?なんだろ……?早起きしたからかな?」

かばん「え?」

サーバル「………アライさんの……霊圧が消えた………」

かばん「!?」

ウルキオラ「ふっ……」ニヤッ

ウルキオラ「……他人の心配より自分の心配をしたらどうだ?」スッ

サーバル「!」

ウルキオラ「俺のレスレクシオン(帰り刃)は二段階ある」

かばん「なん………だと………?」

サーバル「すごーい!」



13 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 20:21:19.70 ID:8Xg0QX1CO
ウルキオラ「いくぞ!」バッ

サーバル「滲みだす混濁の紋章

不遜なる狂気の器

沸き上がり・否定し・痺れ・瞬き・眠りを妨げる

跛行する鉄の王女

絶えず自戒する泥の人形

結合せよ 反発せよ 地に満ち己の無力を知れ!!

破道の九十 黒棺!!」


ウルキオラ「なん……だと……」

ズババババ

ウルキオラ「ぐぁぁぁー!」

サラサラー



14 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 20:26:53.55 ID:8Xg0QX1CO
サラサラサラー

ウルキオラ「………………」サラサラー

かばん「ウルキオラさん……」スッ

ウルキオラ(………これが……そうか……)スッ

サラサラサラー

ウルキオラ(この掌にあるものが………)

サラサラサラー



「心か」


サラサラサラー

スゥ

かばん「ウルキオラさん……」

サーバル「わーい!勝った勝ったー!たーのしー!」ピョンピョン

「ウルキオラに勝ったか」

サーバル、かばん「!」





15 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 20:37:36.53 ID:8Xg0QX1CO
コノハ博士「なかなかやりますね」

ミミズク助手「そうですね博士」

サーバル「博士!」

コノハ博士「でもかばんは返すのです」

ミミズク助手「我々はカレーが食べたいので」

サーバル「そんな……博士達がかばんちゃんを拐った黒幕だったのー!?」

かばん「……………」

コノハ博士「ちなみに崩玉は我々がカレーをかけてちょいしたのです」

ミミズク助手「ちょいちょいしたのです」

サーバル「崩玉?なにそれなにそれー!」

コノハ博士「とにかくかばんを返すのです。我々はカレーが食べたいので」

ミミズク助手「お前らポンコツは口を開けて雨と埃だけ食って辛うじて生きてろです」

サーバル「ひっどーい!」

サーバル「かばんちゃんは私と一緒にパークに帰るんだもん!」

かばん「サーバルちゃん……」

コノハ博士「やれやれ、仕方ないですね、助手」

ミミズク助手「そうですね博士」

シュンッ

サーバル「消えた……!すごーい!」

コノハ、ミミズク「…………」スッ

サーバル「!」クルッ

コノハ、ミミズク「………………」ブンッ

かばん「危ない!サーバルちゃん!」



16 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 20:45:37.78 ID:8Xg0QX1CO
スカッ

コノハ、ミミズク「!」

サーバル「…………え?」

「そっちは明後日の方向だよーハカセー」

コノハ博士「…………助手、これは………」

ミミズク助手「………ですね、博士…」

かばん「ど、どういう事……?博士達とサーバルちゃんの位置が………」

「危なかったねーサーバルー」

コノハ、ミミズク「!」

サーバル「フェネックー!」キラキラ

フェネック「はいよー」フリフリ

コノハ博士「………賢い我々には今起きてる状況が理解できるのです…」

ミミズク助手「ええ、博士…恐らくこれは………」

フェネック「ーさまさ逆」スッ

サーバル、かばん「!」

フェネック「………さーてと、アライさんの仇でもとらせてもらおーかなー」スッ

ズバッ

コノハ博士「ぐあっです!」

ミミズク助手「博士!」

フェネック「ふっふー♪」



17 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 20:54:10.15 ID:8Xg0QX1CO
コノハ博士「うっ……です…」ドサッ

ミミズク助手「博士ー!」

フェネック「さーてと、終わったよー」

サーバル「………な、なにやってるのフェネック……」

フェネック「……………えー?」

コノハ博士「」モヤッ

シュウウ

ボス「イタイヨ…フェネック……」ボロッ

フェネック「!?」

フェネック「ぼ、ボス……!?」

コノハ博士「………やれやれですね」

フェネック「!」

フェネック「そ、そんな……これはまさか博士の"大木葉木菟"が見せた幻覚……!?」

フェネック「じゃ、じゃあ…私がさっきまで切りつけてたのは………」

コノハ博士「ラッキービーストなのです」

フェネック「なん……だと………?」

コノハ博士「フェネック………いつから大木葉木菟を使っていないと錯覚していたのですか?」

ミミズク助手「我々は賢いので」

フェネック「!?」



18 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 21:02:12.38 ID:8Xg0QX1CO
ミミズク助手「耳木菟!」

ノビーン

かばん「刃が伸びた!」

サーバル「危ないフェネックー!」

フェネック「くっ」サッ

ミミズク助手「……避けたですか」

ミミズク助手「フェネック、私の耳木菟が最大どこまで伸びるか知っていますか?」

フェネック「!」

ミミズク助手「13㎞です」ドヤッ

フェネック「なん……だと………?」タラッ

サーバル「すごーい!」

フェネック「………だからどうしたのさー!アライさんの仇………」

コノハ博士「フェネック…あまり強い言葉を使わない方がよいのですよ?」

ミミズク助手「弱く見えるのですよ?我々は賢いので」

フェネック「…………………」



19 ◆tvxQdLMsdY :2017/09/25(月) 21:12:06.30 ID:8Xg0QX1CO
コノハ博士「さて、とっととコイツらを片付けて帰ってカレーを食べるのです助手」スッ

ミミズク助手「……そうですね。早く帰って博士とイチャイチャするのです」スッ

フェネック「くっ…」ガクッ

サーバル「へーきだよフェネック」ポンッ

フェネック「サーバル……」

サーバル「勝算はある……」

フェネック「勝算って……いったいどうするのさサーバル……」

サーバル「………博士達に勝つ方法……それは……」

サーバル「……私自身が"狻遥"になることだよ!」

フェネック「なん……だと………!?」

コノハ博士「お喋りは終わりです!」ダッ

ミミズク助手「覚悟するのです!」ダッ

サーバル「うみゃー!」バッ

フェネック「サーバルー!」


ドカッ


バキッ



かばん「……………」

かばん(ぼくはついて行けるのだろうか…………)



君のいない世界のスピードに………





END



20 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/25(月) 22:56:13.26 ID:wbJh0rRvo
よく分からなかったからちくしょう!



21 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2017/09/25(月) 22:57:27.73 ID:mgexVQnUo
勢いで笑った



転載元

サーバル「すごーい!ここが虚夜宮なんだね!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1506333506/





関連記事
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング