HEADLINE

梓「春眠の中野梓」

2011/03/23 13:46 | CM(0) | けいおん! SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 22:13:49.12 ID:HLkwgTXy0
梓「ふあぁ~」

憂「おはよう、梓ちゃん。眠そうだね」

梓「うーん、昨日いっぱい寝たんだけどなぁ。春眠暁を覚えず、って奴?」

純「まだ眠そうにしてるじゃん」

梓「最近暖かくなってきたからかな? 寝足りないよ」

憂「そういえば、お姉ちゃんも眠そうにしてたっけ」

梓「唯先輩も?」

憂「うん。登校中も歩きながら寝ちゃいそうで大変だったよ」

純「あはは……唯先輩ならありえるかも」

憂「梓ちゃんもそのまま授業中寝ないように気を付けてね」

梓「善処するよ」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 22:17:33.54 ID:HLkwgTXy0
憂「――って言ってたのに……」

梓「Zzz……」

純「しっかり居眠りしてるし」

先生「……」

憂(さっきから先生がチラチラ見てるけど)

純(堂々としすぎて対処に困ってる!? そういうのもあるのかー!)



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 22:22:16.43 ID:HLkwgTXy0
純「――さ、あーずーさ! 起きろ、この日本人形!」

梓「んあ……純? 授業中だよ……」

純「まだ寝ボケてる」

憂「とっくに授業終っちゃったよ。いつ注意されるのかハラハラしちゃった」

梓「あ、もうこんな時間。次は体育だっけ」

純「早く着替えなよ。もう梓だけだよ」

梓「ごめんごめん……よいしょっと。じゃあグラウンド行こうか」

憂「あ、待って梓ちゃん」

梓「え?」


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 22:26:22.51 ID:HLkwgTXy0
憂「はい、これ忘れたら今度こそ怒られるよ」

梓「何か必要な物あったっけ……って、ネコミミ!? 何で憂が、ってか、体育に関係無いでしょ!」

憂「えぇ!?」

純「寝ボケてるんじゃなくて、本格的にボケてきた?」

憂「そうだよ、梓ちゃん。私達も、皆もいつも着けてるよ?」

梓「ボ、ボケてるのは憂達じゃないの!? そんなの聞いた事無いよ!」

純「こりゃ重症だわ」

憂「もう授業始まっちゃうよ。とりあえずグラウンド行こう? 皆着けてるの見たらわかるよ」

純「だね。ほら梓、早く」

梓「い、一体どうなってるの……?」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 22:31:33.75 ID:HLkwgTXy0
梓「――あ、ああぁ……」

憂「ね、皆着けてるでしょ?」

純「いい加減変な事ばっか言ってないで着けなって」

梓「うぅ……どうしてこんなことに」

純「よし、それじゃ私らもさっさと走ろうか」

憂「うん、町内一周だもんね」

梓「この上、町内マラソン!? 恥の上塗りだよ!」

純「いや普通だから。とっとと走る!」

梓「こんなの着けて走りたくないよおぉぉ~!!――」


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 22:35:07.87 ID:ZFpsWOx2O
唯ちゃんコードを覚えず

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 22:36:08.40 ID:HLkwgTXy0
純「――さ、あーずーさ! 起きろ、この日本人形!」

梓「うぅーん……はっ」

純「やっと起きた」

憂「おはよう、梓ちゃん。授業終っちゃったよ」

梓「う、憂、純! ネコミミは!? 町内一周は!?」

憂「え、えぇっ?」

純「まだ寝ボケてんの? 次体育だから早く用意する!」

梓「あ……夢か……よかったぁ」

憂「梓ちゃーん、置いてくよー」

梓「あ、待ってー! すぐ行くー!」


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 22:41:24.26 ID:HLkwgTXy0
梓「体育館でバレー……やっぱりさっきのは夢か……そりゃそうだよね」

純「ようやく目が覚めてきた?」

憂「体動かしたら、きっと眠気なんて吹っ飛ぶよ」

梓「そうだね。で、私達の班の出番は?」

憂「次の次かな? それまでは見学してるしかないね」

梓「そうなんだ、それじゃあ」

純「寝るんだ?」

梓「寝ないよっ! 邪魔にならないように、隅の方で見てようよ」

純「はいはい、そういう事にしとこうか」

梓「もーっ!」

憂「あはは、まあまあ」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 22:46:36.35 ID:HLkwgTXy0
純「――うお、今の凄っ」

憂「よく取れたね~」

純「バレー部は動きが違うねー」

憂「そうだね」

梓「……ふあぁ」

梓(あぁ……またウトウトしてきた)

梓(純にあれだけ言っておいて……情けない)

梓(でも我慢の限界――)


13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 22:52:09.69 ID:HLkwgTXy0
純「――よし、私らの出番が来たぞ!」

憂「純ちゃん気合い入ってるね」

純「そりゃあ相手は全員バレー部だからね。不足無しってやつ?」

梓「いやいや、私達運動部じゃないよ。いくら憂がいても無理でしょ」

純「やる前から諦めてどうする! なせばなるの精神!」

憂「こっち3人、向こう6人の変則マッチだって」


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 22:57:50.90 ID:HLkwgTXy0
梓「更に追い打ち!?」

純「望むところ!」

憂「純ちゃんかっこいいー」

梓「絶対おかしいって! そもそも純って運動好きだっけ!?」

純「この日の為に片眉剃って山籠もりしたから大丈夫! 必殺技で蹴散らすよ」

憂「私も頑張るね。さ、梓ちゃん行こう」

梓「不安しかないよ……」


15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:00:23.36 ID:HLkwgTXy0
純「おりゃ、 殺人トス!」

梓「お、おおー!」

憂「えい、変化球レシーブ!」

梓「す、凄いけど……どんな技!?」

純「しまった! ブロックに回る人数が足りない!」

憂「梓ちゃん、受けて!」

梓「えぇ!? あの身長190位の黒人お姉さんのスパイクを私が!?」

純「来るよ!」

憂「梓ちゃんなら取れるよ!」

梓「そんな訳なぁーい!――」


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:04:30.96 ID:HLkwgTXy0
憂「――さ、梓ちゃん」

梓「う、ううん……体のどこかに当たって……」

純「まーた寝ボケてる。ほら、梓!」

梓「あ、あれ……純、憂」

憂「おはよう、梓ちゃん」

梓「はっ! 6人の黒人は!? 殺人トスと変化球レシーブは!?」

憂「え、ええっと? ちょっと言ってる意味が分からないよ」

純「こりゃ、いよいよヤバイわ」

梓「あぁ、夢か……よかった、本当に」


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:10:14.78 ID:HLkwgTXy0
純「ちっともよくないよ」

憂「梓ちゃん起きないから言い訳考えるの大変だったよ」

梓「え」

純「体調悪いから見学ってことにしといたけどさ」

憂「本当に大丈夫? 保険室行こうか?」

梓「そこまでしなくても大丈夫だよ。ありがとう、もう寝ないよ」

純「信用できない……まぁいいや、お昼のパン買いに行くんだけど付き合ってよ」

憂「うん、いいよ」

梓「私も構わないよ」


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:15:38.50 ID:HLkwgTXy0
純「――じゃあ行ってくる。ちょっと待ってて」

憂「うん、行ってらっしゃい」

梓「……ふわぁあ」

梓(ここ、陽射しが気持ちいいな……)

梓(純が戻ってくるちょっとの間だけど)

梓(待てない……自然とまぶたが……落ち……)


21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:19:32.88 ID:HLkwgTXy0
憂「――あ、純ちゃん戻ってきたよ」

梓「え、ホント」

純「お待たせ……梓、寝てた?」

梓「そ、そんな訳ないじゃない! それより、なんでそんな浮かない顔してるの」

憂「パン買えなかったの?」

純「いや、買うには買えたんだけどさ」

梓「ならいいじゃん」

純「アレを手に入れられなかったんだよ……」


23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:24:34.24 ID:HLkwgTXy0
憂「アレ?」

純「ゴールデンチョコパンに決まってんじゃん!」

梓「前に食べたじゃん」

純「何言ってんの! そんな甘い考えじゃ、食糧難の時代を乗り越える事なんかできない!」

梓「食糧難? それこそ何言ってるの?」

憂「梓ちゃん、食料貯め置きしてないの? 大変なことになるんじゃ」

純「あーっ! 梓ったら、ゴールデンチョコパン2つも確保してんじゃん! いつの間に!」

梓「え? 純、何が」


25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:28:50.14 ID:HLkwgTXy0
憂「梓ちゃん、髪、髪!」

梓「あ……ああぁ! ツインテールがゴールデンチョコパンになってるー!」

憂「梓ちゃん、声大きいよ!」

梓「えぇ?」

純「遅かった! 今の騒ぎで皆に気付かれちゃったみたい」

憂「ああ……お腹を空かせた餓えた狼、餓狼たちが梓ちゃんに群がっちゃうんだ」

梓「ちょ、よくわかんないけど助けてよ!」

純「もう手遅れだよ……他の人に取られる位だったらいっそ……」

憂「そうだね……ごめんね、梓ちゃん……」

梓「ふ、二人とも目が据わってて怖いよ……い、いやあぁぁぁぁぁ!――」


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:34:00.80 ID:HLkwgTXy0
憂「――梓ちゃん、純ちゃん戻ってきたよ」

梓「う……ううん……ゴールデンチョコパンなんていらない……」

憂「純ちゃんが買ってきたのはカレーパンだよ?」

純「この短時間でも寝てんの? おーい梓ー」

梓「はっ! わ、私の髪! よ、よかったぁパンじゃない……」

憂「……どんな夢見てたんだろう」

純「さぁ……」


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:36:05.03 ID:htw3iKU90
憂ちゃん可愛い

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:39:17.82 ID:HLkwgTXy0
梓「――午後の授業は何とか無理やり乗り切ったけど」

梓「起きる事に集中し過ぎて、授業内容なんかさっぱりだったなぁ」

梓「でもここまで眠くなるなんてなぁ……春眠恐るべし」

梓「ずっと寝てた分、部活はしっかり頑張らないとね」

梓「こんにちはー!」


29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:43:23.73 ID:HLkwgTXy0
梓「……あれ? まだ誰も来てないのかな」

梓「仕方ない、ちょっと待っていよう」

梓「はふぅ……それにしても……」

梓「午後の授業全部起きてたから、反動で眠気が……」

梓「先輩方が来るまでなら……いいよね……」

梓「……げんか……い――」


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:47:35.49 ID:HLkwgTXy0
梓「――う……ん……」

紬「……」

梓「……うん? ムギ先輩、何してるんですか?」

紬「わっ、梓ちゃん、もうちょっとそのまま!」

梓「カメラ……? ちょっ、やめて下さい!」

紬「ああ……もう少しだったのに……残念」

梓「残念じゃないですよ。何で写真撮ろうとしてたんですか?」

紬「だって、部室に来たら可愛い寝顔の梓ちゃんがいたから~。撮らない方が失礼かと思って」

梓「はぁ~……相変わらずよくわかんないですね」


31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:51:12.59 ID:HLkwgTXy0
紬「ご、ごめんね?」

梓「謝らなくても結構ですよ。気にしてませんから」

紬「ホントに?」

梓「はい、今に限った話でもないですし」

紬「そう? よかったぁ~」

梓「ところで他の先輩方は来てないんですか?」

紬「もうすぐ来ると思うけど……じゃあお湯沸いてるから、先に梓ちゃんにお茶入れるわね」

梓「あ、すみません」

紬「いいのいいの。ちょっと待っててね」

梓「はい」


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/21(月) 23:57:15.81 ID:HLkwgTXy0
梓「んんー……はぁっ。また夢みてるのかと思ったけど」

梓「別に変な展開してないから、これは現実だよね」

紬「お待ちどうさまで~す」

梓「早かったですね。あっ、ムギ先輩危ない!」

紬「わ~、何故か足元にバナナの皮が~。そして梓ちゃんにお茶が~」

梓「え、えええぇっ!?」

梓「……あ、あれ? 熱くない? 紅茶の香りはしっかりするけど……」

紬「うーん、これは多分梓ちゃんの夢なのかも」

梓「あぁ……やっぱりそうなるんですか――」


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:02:54.30 ID:QxlXdsov0
梓「――熱くない……熱くないよぉ……」

紬「?」

梓「……うん? ムギ先輩、何してるんですか?」

紬「おはよう、梓ちゃん」

梓「あ、私また寝てたんですね……それで、ムギ先輩はカップ片手に何を?」

紬「お茶の香りで梓ちゃんいぶり出し作戦~」

梓「何ですか、それ……」

紬「可愛らしい寝顔だったわ~」


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:06:22.23 ID:QxlXdsov0
梓「すみません、今日は朝からずっと眠たくて」

紬「最近暖かいものね。唯ちゃんもずっと眠ってたわ」

梓「お恥ずかしい限りです……それで、他の先輩方は?」

紬「もうすぐ来ると思うけど……先にお菓子出すわね。今日はバナナケーキなの」

梓「ああ、これがさっきのに被ってる訳……」

紬「何のこと?」


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:14:48.31 ID:QxlXdsov0
梓「いえ、こちらのことなんで、お気になさらず」

紬「そう? それじゃあ、どうぞ」

梓「そんな。私だけ先にいただく訳にはいかないですよ」

紬「じゃあ私も一緒にいただくわね。それならいい?」

梓「あ、はい。それでしたら」

紬「うふふ――」


39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:18:57.10 ID:QxlXdsov0
梓「――みなさん遅いですねー……」

紬「そうね、まだ唯ちゃん起きないのかしら」

梓「そういう事ですか……」

紬「梓ちゃんを待たせたら悪いと思って、私だけ先に来たの」

梓「そんな、別に気になさらなくても構いませんのに」

紬「いいのいいの。じゃあ皆が来たときの為に、またお湯沸かしてくるわね」

梓「あ、はい。すみません」

梓「ムギ先輩は本当に優しいなぁ」

梓「それにしても、唯先輩も一日中寝てるって」

梓「唯先輩と同レベルかぁ……」

梓「ああ、でも……このわずかな間にも睡魔が……」

梓「いけないとは思いつつも……――」


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:22:25.06 ID:QxlXdsov0
梓「――ううん……暑くて重い何かが……?」

唯「Zzz……」

梓「ゆ、唯先輩!?」

唯「あれ~? おはよ~、あずにゃん」

梓「そんなことより離れて下さい! 重いです!」

唯「えぇ~? いけずな子だねぇ~、うりうり~」

梓「もー、やめて下さい!」


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:26:29.60 ID:QxlXdsov0
紬「梓ちゃん、おはよう」

梓「ムギ先輩、もしかして私また寝てしまってたんですか」

紬「うん。戻ってきた時にはもうぐっすりと」

唯「そして私達がやってきたのです」

澪「唯もすぐに寝てしまったけどな」

律「一日中寝てたんだから、練習くらいはちゃんとやれよー?」

唯「えへへ~、さすがにそれはもう」

梓「え……今なんて……?」


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:29:22.47 ID:QxlXdsov0
律「え? だから、休憩は十分だから練習でもしようかって……」

梓「……」

澪「あ、梓?」

梓「律先輩、澪先輩! ちょ、ちょっとほっぺたつねって下さい!」

澪「え、えぇ!?」

律「こ、こうか?」

梓「あいたたた! も、もう結構です」

澪「一体……」


46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:34:01.23 ID:QxlXdsov0
梓「ゆ、夢じゃない……皆さんが率先して練習して下さるなんて……!」

律「失礼なやつだな……」

唯「そうだよ、あずにゃん。私たちだってそういう気分の時もあるよ」

紬「そうね」

澪「いや、そこは毎日練習しようよ……」

律「さ、もういいだろ」

澪「唯と梓も早く準備しろよ」

唯「おっけ~」

梓「はい! 張り切っていきましょう!」




おしま――

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:38:32.24 ID:QxlXdsov0
唯「あれ? ギー太、家に忘れてきちゃった」

梓「あ、あれ!? 私も持ってくるの忘れてました……」

律澪「うおおおおいいいぃ!」

紬「二人とも仲良しね~」




おしまい!

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:40:17.75 ID:utaPFIBg0


51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:44:01.68 ID:QxlXdsov0
見てくれた、支援くれた方々ありがとう
規制が多くてやりにくくなりましたね
また何か書いたら投下しますんでよろしくお願いします

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:44:47.41 ID:H4weYEkW0
乙乙

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:44:57.58 ID:zeK803m60
スレタイに光るものを感じた

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/03/22(火) 00:45:46.86 ID:tQ+Gjz6W0
平和だな


けいおん!!(第2期) 9 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2011-03-16)
売り上げランキング: 25
関連記事
2011/03/23 13:46 | CM(0) | けいおん! SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング