HEADLINE

鈴「中国代表候補生、凰鈴音よ!」

2011/04/14 11:50 | CM(3) | IS SS
sbehh3


1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:22:22.67 ID:8yLrpNq60
担任「今日は転校生を紹介します」

一夏(この時期に転校生?しかもこの学園に転校ってかなり難しかったんじゃ)

担任「さあ、凰さん。入ってください」

一夏(凰さん?どこかで聞いたような…)

?「中国代表候補生!」

一夏「え?」

鈴「凰鈴音(ファン・リンイン)よ。よろしくね!」

一夏「って!鈴ー!?」

鈴「ふふん♪」


代理

3 代行ありがとう。今日はもう駄目かと思った :2011/04/10(日) 23:27:39.00 ID:tqUh0v120
一夏「え……えっと、織斑一夏です。よろしくお願いします」

級友達「…」ジー

一夏(そんな期待されても…いや、ここで黙ったら三年間ぼっち確定だ…!)

一夏「以上です!」

級友達「」ズコー

一夏(うう、まずったか…)

担任「は、はい!じゃあ次の加藤さんお願いします」


5 代行ありがとう。今日はもう駄目かと思った :2011/04/10(日) 23:29:09.92 ID:tqUh0v120
その夜

一夏(はあ、クラスに知り合いも居ないし、初日から大変だったな)

一夏(こんな知らない女の子だらけの中で3年間やっていけるんだろうか)

一夏(考えても仕方ない!まずはルームメイトも仲良くなろう!そうだ、いくぞ!)

コンコン ガチャ

?「誰かいるのか?」

一夏(この声、聞いたことあるような、ないような…)

?「ああ、同室になった者か。これから一年よろしく頼むぞ。こんな格好ですまないな。シャワーを使っていた。私は篠ノ之━━」

一夏「」

箒「お、お前は…」

一夏「えっと、箒なのか?」

箒「み、見るな!」

一夏「す、すまん!」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:30:17.30 ID:tqUh0v120
一夏(箒がなんでここに…)

箒「お、お前!何故ここにいる!?」

一夏「いや、色々あってここに入学することになってだな…」

箒「それは知っている!何故この部屋にいるのかということだ!」

一夏「知ってたのか…じゃなくて!俺もこの部屋なんだよ!…って、うおおっ!?」

箒「成敗!」

一夏「うわあああああああああ」

………

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:32:47.73 ID:tqUh0v120
一夏「落ち着いたか?」

箒「ふんっ、まあいい。それでだ!その…なんだ…」

一夏「うん、なんだって?」

箒「この部屋で暮らすなら線引きが必要だ!シャワーは━━」

一夏(しばらく箒の話を聞くしかないみたいだな)

箒「━━━それでだな」

一夏「と、とりあえず飯行こうぜ」

箒「まあ、それもそうだな」

一夏「いやあ、助かったよ。知り合いが1人も居なくて、心細くてさ」

箒「そ、そうか。その、久しぶりだな…」

一夏「ああ、何年ぶりだったかな」

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:32:57.21 ID:4cj+JFwY0
支援

9 鈴の出番はしばらく先です :2011/04/10(日) 23:34:09.65 ID:tqUh0v120
箒「お前は何組なんだ?私は一組だが」

一夏「ああ、俺は二組だぞ。隣だったのか」

箒「それなら、一組の担任が千冬さんだということも知らないのか?」

一夏「まじか!?というか、千冬姉がここにいることも知らなかったぜ」

箒「そうか、言ってしまってもよかったのだろうか…」

一夏「お、これ美味いな。箒、そっちはどうだ?」

箒「あ、ああ。なかなか美味しいぞ…」

千冬「いつまで食べている!食事は迅速に取れ!」

一夏「すみません!今食べ始めたばかりで…って千冬姉!…あたっ!?」

千冬「学校では織斑先生と呼べ」

一夏「は、はい。織斑先生。じゃなかった、居るなら居るって教えてくれても…」

千冬「食べ終わったら早く部屋にもどれよ」

一夏「あっ…なんだったんだ」

箒(一度会っておきたかったのだろうか…)

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:35:21.94 ID:tqUh0v120
数日後

担任「今日はクラス代表を決めます。希望者は居ますか?」

一夏(クラス代表か~。ISについて全く知らないし、俺には無理だな)

級友1「はい、織斑君がいいと思います!」

一夏「え?」

級友2「賛成!私も織斑君がいいと思います!!」

級友達「私もー!賛成!」

一夏「おい、ちょっと待った!俺はクラス代表なんて…」

担任「異論のある人は居ますか?」

一夏「って、先生!?」

シーン

担任「それじゃあ、織斑君。お願いできますか?」

一夏「いや、俺は…」

級友達「」ワクワク

一夏「…やります」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:39:21.15 ID:tqUh0v120
放課後

一夏「箒は剣道部だし、俺も部活探してみようかな」

?「貴方、二組のクラス代表が誰かご存知なくて?」

一夏「ん?」

?「貴方に聞いていましてよ、織斑一夏さん」

一夏「お前は?何で俺のことを知っているんだ?外国に知り合いは居なかったはずだが」

セシリア「一度に色々と聞かないでくださいまし」

セシリア「私はセシリア・オルコット、イギリスの代表候補生であり、一組のクラス代表ですわ。貴方のことは報道や話で知っていました」

一夏(代表候補生…?なんのことだろうか)

セシリア「さて、あなたの疑問には答えましたわ。私の質問に答えてくださるかしら?」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:41:04.06 ID:tqUh0v120
一夏「質問?ああ、クラス代表ってのは俺だけど」

セシリア「そうでしたか、それなら話が早いですわね…今日は貴方に宣戦布告しに来ましたわ!」

一夏「…宣戦布告?」

セシリア「もしかして…来月のクラス対抗戦をご存知なくて?」

一夏「なんだそれ、初耳だ」

セシリア「信じられませんわ!そんな人がクラス代表なんて…!」

一夏「…それは悪かったな。それで、クラス対抗戦って何をするんだ?」

セシリア「何を言ってますの?IS学園でISの戦闘以外に何があると思っていますの?


一夏「まあ…確かに」

セシリア「何か調子狂いますわね…」

セシリア「まあいいですわ!クラス対抗戦、あまり私を退屈させないでくださいまし!」

一夏「行ってしまった…というか、ISでの戦闘って俺できるのか?入学試験のときに一度動かしただけだが」

一夏「来月までになんとかしないと…惨めなマネだけはしたくないからな」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:43:17.59 ID:tqUh0v120
更に数日後

一夏「ふう、今日の授業終わりっと…」

級友1「織斑君、今日の放課後は暇?」

級友2「織斑くーん、さっきの授業だけどさ…」

一夏「ははは…」

一夏(こんな感じにも少しずつ慣れたな…)

千冬「織斑!ちょっといいか?」

一夏「ちふy……織斑先生…」

級友1「あ、織斑先生だ!」

級友3「織斑君のお姉さんなんだよね」

千冬「用事がある。アリーナに来い」

一夏「あ、はい。それじゃあ、呼ばれたから!」

一夏(助かった…のか?)

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:46:45.46 ID:tqUh0v120
一夏「それで、何の用事なんですか?」

千冬「お前の専用機のことだ」

一夏「専用機…代表候補生を初めとした一部の人間しか持てないというものを、どうして俺が?」

千冬「お前の場合は特殊だからな。データ収集のために専用機が与えられることになった」

一夏「なるほど」

千冬「これがお前の専用機、『白式』だ」

一夏「これが、俺の専用機…」

千冬「よし、テスト稼働までやるぞ。すぐに装着しろ」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:48:38.82 ID:tqUh0v120
テスト後

一夏「途中で姿が変わったんだけど、これは何だったんだ?」

千冬「それはファーストシフトだ。これでその白式はお前専用の機体になったわけだ」

一夏「確かに、最初より動きやすくなったような」

千冬「お前のIS稼働時間は短すぎる。クラス対抗戦まで暇があればISを起動して慣らしておけよ」

千冬「無様な負けは許さんからな」フッ

一夏「千冬姉…」

千冬「さて、そろそろ戻れよ。食事は時間内に取らなければ抜きだからな」

一夏(千冬姉が笑ってるのも久しぶりに見たな…それと、授業外だと千冬姉って呼んでも怒られないようだ)

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:51:50.72 ID:tqUh0v120
次の日

級友1「織斑君、今日は転校生がくるらしいけど、聞いた?」

級友2「しかもこのクラスに!代表候補生で専用機持ちなんだって!」

一夏「へえ、そりゃあ凄いな」

一夏(代表候補生で専用機持ちというと、先日のセシリアを思い出すな…)

担任「はい、みなさん席についてください」

担任「ホームページを始めますが、その前に…」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:52:46.65 ID:qtyP/3omO
鈴スレとは珍しい

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:53:30.05 ID:tqUh0v120
担任「今日は転校生を紹介します」

一夏(やっぱり来たのか。それにしても、この学園に転校というか、編入ってかなり難しかったんじゃ…)

担任「さあ、凰さん。入ってください」

一夏(凰さん?どこかで聞いたような…)

?「中国代表候補生!」

一夏「え?」

鈴「凰鈴音(ファン・リンイン)よ。よろしく!」

一夏「って!鈴!?」

鈴「ふふん♪」

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/10(日) 23:56:16.04 ID:tqUh0v120
昼休み

一夏「鈴!久しぶりだな!ここに転校して来たのか!というか中国の代表候補生だったんだな!」

鈴「驚いたでしょう。ま、あたしもアンタがこの学園に居るって知ったときは驚いたけど」

一夏「いやあ、久しぶりだな」

一夏「どうだ?元気だったか?」

鈴「当然!」

鈴「それと…」

一夏「ん、どうした?」

鈴「その…一夏はやっぱ私が居ないと寂しかった?」

一夏「うーん、遊び相手が減るのは大なり小なり寂しいだろ」

鈴「そうじゃなくってさぁ」

26 ホームルームだった。あいぽんの予測変換でミスってたわ :2011/04/10(日) 23:57:55.26 ID:tqUh0v120
一夏「そうだなー。あ、弾も寂しがってたぞ。あいつにも会いに行ってやれよ」

鈴「…また今度ね」

一夏「今も食べてるけど、お前ってラーメン好きだよな」

鈴「よ、よく覚えてるわね」

一夏「そりゃあ、幼馴染だからな。それも美味そうだな、俺もラーメンにすればよかったかな」

鈴「えっと、じゃあ少し食べる?」

一夏「いいのか!?」

鈴「少しだけだからね!全部食べたら承知しないわよ」

一夏「分かってるって。あ、箸も借りるぞ」

鈴「え…///」

一夏「うん、やっぱり美味いな…って顔が赤いけどどうした?」

鈴「な、なんでもないわよ!アンタも少しは考えなさいよ!」

一夏(怒られた…)

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:01:11.47 ID:W1/d5Xib0
放課後

鈴「聞いたけど、アンタがクラス代表って大丈夫なの?」

一夏「大丈夫じゃないかも…」

鈴「アンタも一応専用機をもってるみたいだけど、稼働時間は1時間程度なんでしょ?」

一夏「はい、ごもっともです」

鈴「クラス代表といえば、実践の機会も増えるみたいだし…」

鈴「はぁ…あたしがクラス代表代わってあげようか?」

一夏(それは有難いかもしれない)

一夏(でも…)

一夏「悪いけどそれはできない」

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:02:16.39 ID:7M5uZdou0
鈴「はあ?なんでよ?」

一夏「約束したからな」

一夏(千冬姉の面目を潰すわけにはいかないよな)

鈴「……よくわからないけど、そこまで言うならいいわ」

鈴「私がこれから放課後毎日面倒見てあげるわ!」

一夏「まじか!ありがとう!それはすごい助かるぜ!」

鈴「か、感謝しなさいよね!アンタなんかに教えてあげるのなんてあたしくらいなもんよ!」

鈴「それと、今度ご飯奢りなさいよね!」

一夏「ああ、それくらい任せてくれ!…と言いたいが、あまり高いものは勘弁してくれよ」

鈴「そのくらい分かってるわよ」

鈴「アンタの幼馴染だしね」

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:04:13.53 ID:7M5uZdou0
その夜

鈴(やった!これで毎日放課後は一夏と2人きり…)

鈴(し・か・も!ついでにご飯の約束も…)

鈴(何処に連れていってくれるのかしら…?)

鈴「……」

鈴(…いや、駄目よ!あいつに任せたら五反田食堂とかに連れていかれるに決まってるわ!)

鈴(来月までに考えておかないとね!)

鈴(……今度早起きしてアレ作ろうかしら…)

31 箒の出番はもうないかも :2011/04/11(月) 00:07:12.93 ID:zpCZc+mQ0
その頃

先生「お引越しです!」

一夏・箒「はい?」

先生「部屋が確保できましたので、篠ノ之さんにはそこに引っ越してもらいます」

箒「待ってください!私は別にこのままでも…」

先生「駄目ですよ、若い男女が同じ部屋なんて。篠ノ之さんもくつろげないでしょう?」

箒「それはですね…」

一夏「箒、心配するなよ。俺は1人でも起きられるし、歯磨きもすから、大丈夫だぞ」

箒「……」

箒「引越しましょう!今すぐに!!」

先生「は、はい!」

箒「一夏、お前とは短い付き合いだったな!」

先生「それじゃあ、準備ができたら来てくださいね…」

一夏(怒らせてしまった…のか?)

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:10:07.73 ID:zpCZc+mQ0
鈴「さて、今日から特訓を始めるわよ」

一夏「おう!よろしく頼む」

一夏(白式展開!)

セシリア「あら、織斑一夏さん?それと…そちらの方は?」

鈴「私は中国代表候補生の凰鈴音よ。アンタはイギリス代表候補生のセシリア・オルコットね」

セシリア「ああ、あなたが噂の転校生でしたのね」

鈴「で、何か用なわけ?」

セシリア「いえ、今日は別にあなたたちに用事があってここに来たわけではありませんわ」

セシリア「まあでも、専用機と中国代表候補生のトレーナー……少し安心しましたわ」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:12:49.83 ID:zpCZc+mQ0
セシリア「多くの生徒が見ているクラス対抗戦で、ビギナーを痛ぶるのは少々気が引けますからね」

セシリア「もっとも、中国代表候補生のあなた自身が出てきてくれても構いませんのよ?」

セシリア「どちらにせよ、私の勝利は揺るぎませんもの」

鈴「言ってくれるわね……一夏!アンタも何か言い返しなさいよ!」

一夏「え、ああ。ええと…」

セシリア「相変わらず調子が狂いますわね…」

セシリア「どうしてもと頼むなら私が教えてあげてもよろしくてよ?」

セシリア「その田舎国の代表候補生に教わっても…どうせ大したことにはなりませんわ」

鈴「ちょっと、アンタ!勝手なこと言わないでよ!」

一夏「……俺のことはいい。だけど、鈴のことはバカにするなよ」

鈴「一夏……」

セシリア「まあ!少しはやる気になりましたかしら?それでは、せいぜい楽しみにしておきますわ」

鈴「あそこまで言われたんだから、絶対勝てるまで特訓するわよ!」

一夏「ああ、よろしく頼むぜ!」

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:18:21.61 ID:zpCZc+mQ0
練習後

一夏「し、死ぬ…」

鈴「アンタねえ…初日からこんなので先が思いやられるわね」

一夏「バカ、初日だからキツイんだよ」

鈴「はいはい」

一夏「お前は平気なのか?」

鈴「あたしはいつも鍛えてるからね」

一夏(くっ…!3年間帰宅部だったのが響いたか…)

鈴「まあ、アンタのISのことは大体わかったわ」

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:19:54.48 ID:zpCZc+mQ0
鈴「超近接特化型IS。装備は近接ブレード一本ってちょっとねえ…」

一夏「ああ。バススロット?が無いんだとよ」

鈴「つまり、ブリュンヒルデと同じというわけね」

一夏「ブリュンヒルデというと…」

一夏(第一回モンド・グロッソで優勝したときに付けられた千冬姉の称号…)

鈴「でも、千冬さんの戦い方は参考にはならないでしょうね」

一夏「どういうことだ?」

鈴「世界が違い過ぎる、ということよ」

一夏(確かに……一度だけ見たことがあるが、今思えばあれを真似するのは今のところかなり難しそうだ)

鈴「とりあえずは基本的な近接戦の練習からやるわよ」

鈴「後はISの基本操縦もまだまだね。白式のスペックを全く生かしきれていないわ!」

鈴「それから━━━」

一夏(しばらく鈴の説教は続きそうだ…)

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:23:36.39 ID:zpCZc+mQ0
一夏「鈴、飯行こうぜ!」

鈴「ふふん、今日は学食じゃなくて、屋上行くわよ」

一夏「お、おい!引っ張るなって!俺は飯もってないぞ!」

鈴「いいからいいから」



鈴「これがアンタの分!」

一夏「これは…」

鈴「そ、酢豚よ。前にアンタ食べたがってたでしょ?」

一夏「食べてもいいか?」

鈴「はいはい、召し上がれ」

一夏「それじゃあ、いただきます!」

一夏「おお、美味いな、鈴!」

鈴「そ、そうかしら?そうよね!」

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:24:38.54 ID:zpCZc+mQ0
一夏「ん?お前のは温かそうだな」

鈴(きた!ここまでは計算通り)

一夏「やっぱり酢豚は温かい方が美味そうだよな…」

鈴(そうよ!『お前の酢豚も美味そうだな→仕方ないわね→はい、あーん』作戦行くわよ!)

一夏「まあ、作ってもらって贅沢いうのも悪いしな。冷めても十分美味しいぞ」

鈴(なんでそこで紳士的なのよ!)

一夏「ん、どうかしたか?」

鈴「な、なんでもないわよ!あー、美味しい!」

一夏「?」

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:26:59.45 ID:zpCZc+mQ0
数日後夜

一夏「今日も疲れた…」

一夏(いつになってもあの特訓はキツイな…)

コンコン ガチャ

鈴「入るわよ」

一夏「はいはい…って鈴か」

一夏(ノックした後、返事聞いてから入ろうぜ…まあ、鈴だからいいけどさ)

鈴「まあまあ、いいじゃない。それとも見られて困るものでもあるの?」

一夏「心を読むな。別に見られて困るものは無いけどさ」

鈴「へえ、そうなの……」

一夏「何で残念そうなんだよ」

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:28:00.88 ID:zpCZc+mQ0
鈴「そんなことよりさ、今日の酢豚はどうだった?」

一夏「ああ、美味しかったぞ」

一夏(今回のは温かかったし、学食でご飯ももらったから更に美味しく感じたな)

鈴「そうよね!それで、その…約束覚えてるよね?」

一夏「約束?…ああ!あの料理の腕が上達したら…」

鈴「そうそう!それ!」

一夏「毎日酢豚を奢ってくれるってやつか?」

鈴「………はい?」

一夏「だから、鈴が料理ができるようになったら、俺に飯をご馳走してくれるって約束だろ?それで最近酢豚を…」

パアンッ!

一夏「……へ?」

鈴「最低!女の子との約束をちゃんと覚えてないなんて、男の風上にもおけないやつ!犬に噛まれて死ね!」

バタンッ!

一夏「……まずい。怒らせちまった」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:30:36.53 ID:zpCZc+mQ0
一夏「今日は一言も話してくれなかった…鈴のやつ、やっぱり怒ってるのか」

一夏「でも、特訓は1人でも続けないとな」



一夏「駄目だ、全然身が入らないな」

鈴(チラッ)

鈴(何よアイツ!……一夏のバカ!)

鈴(あっ!そこは違うって!)

鈴(あー、もうイライラする!)

鈴(特訓も私がいないと駄目ね…)

鈴(でも、アイツがちゃんと謝るまでは許してあげないんだから!)

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:35:49.06 ID:zpCZc+mQ0
一夏「というわけなんだ、セシリアさん」

セシリア「それで凰さんを怒らせてしまって、私に相談に来たと」

一夏「ああ…こんなこと相談できて、口外しないだろうってやつは他に1人しかいなくてさ」

セシリア「そのもう1人には相談しませんでしたの?」

一夏「先にそっちに行ったんだが、『馬に蹴られて死ね!』と言われて取り合ってもらえなかったんだ…」

セシリア「なるほど…敵に助けを求めるほど切羽詰まっているということはわかりましたわ」

一夏「すまないな…この前はあんなこと言ったのに」

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:38:58.60 ID:zpCZc+mQ0
セシリア「ええ。宣戦布告した後、挑発までした相手に異性のとこで相談されるとは思いませんでしたわ」

一夏「ううっ、面目ない…」

セシリア「仕方ありませんわね。このままあなたがまともに練習も出来なくて、私のデビュー戦がショボいものになるのも嫌ですし」

一夏「それで、鈴の言ってた約束の本当の意味ってなんなんだ!?」

セシリア「ズバリお答えしますわ!凰さんの言った言葉の意味は…」

セシリア(しかし、これは言っていいものなのでしょうか…)

セシリア「……」

一夏「どうした?」

セシリア「やはり、教えるのは無しにします」

一夏「ええ!?」

セシリア「私が直接教えてもお二人のためになるとは思えませんもの」

一夏「まあ…そうかもしれないが」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:39:54.92 ID:yEMFO/pyO
セシリアの出番キター

51 油断するとセシリアの話し方が黒子になるな :2011/04/11(月) 00:40:05.16 ID:zpCZc+mQ0
セシリア「ヒントだけ差し上げますわ。料理を毎日作る。この意味を考えることですわね」

一夏「『料理を毎日作る』か…ありがとな、また少し考えてみることにするよ」

セシリア「ええ、早く仲直りして練習を再開してくださいまし」

セシリア「本番で無様な試合にだけはしないで欲しいですわ」

一夏「ああ!お前って実はいいやつだな!」

セシリア「な、何を言って…早く行きなさい!」

一夏「助かったよ!じゃあな!」

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:43:58.02 ID:zpCZc+mQ0
一夏(今日の練習にも現れなかったし、メールも完全に無視)

一夏(もう直接部屋に行って謝るしかないな)

一夏(しかし、ノックするのも緊張するな……中には怒ってる鈴とルームメイトがいるはずだ)

一夏(上手くやらないと追い出される上に、変な噂まで広められることになる…)

一夏(考えても仕方ない!)

一夏(よし、いくぞ!)

コンコン

一夏「鈴いるか?」

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:45:16.05 ID:zpCZc+mQ0
モブ「はーい?…って織斑君!?ええと、鈴ならまだ戻ってませんよ」

一夏「そ、そうなのか」

モブ「よかったら、中で待ってます?」

一夏「い、いや、それはいいよ」

モブ「そうですか……戻ったら一応伝えておきますね」

一夏「ああ、頼むよ」

モブ「それじゃあ、おやすみなさい」

バタンッ

一夏「さて、何処に行ったのやら」

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:47:35.21 ID:zpCZc+mQ0
その頃

鈴(今日の練習も見てたけど、アイツダメダメだったわ)

鈴(そろそろ許してあげてもいいんじゃないかしら…)

鈴(アイツがこんな甲斐性なしなのは薄々気づいてたし…)

鈴(いやでも!アイツが悪いのは変わらないわ!)

鈴(ああ、また思い出したら腹が……って!あたしの部屋の前にいるのは…)

鈴「一夏!?」

一夏「ん?そこに居るのは鈴か!?」

ダッ

一夏「こら待て!逃げるなって!」

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:50:08.60 ID:zpCZc+mQ0
一夏「待てって!鈴!」

鈴「もう、なんなのよ!アンタは!」

一夏「ゴメン!俺が悪かった!」

鈴「……」

一夏「鈴が居ないと練習も捗らないし、その、なんだ…寂しかったし…酢豚だって…」

鈴「……ほんと?」

一夏「ああ。俺わかったんだ。あの約束の意味も…」

鈴「えっ!それって…その、つまり…」

一夏「毎日料理を作ってくれる人……つまりだな…!」

ダッ

一夏「って、逃げないで話を聞いてくれよ!」

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:51:33.50 ID:zpCZc+mQ0
鈴「は、離しなさいよ!」

一夏「よし、話すぞ」

鈴「そ、そうじゃなくて!……酢豚の約束はアンタが考えてるようなことじゃないから!」

一夏「………は?」

鈴「だから、別に変な意味とかないから!」

一夏「……俺はてっきり、毎日味噌汁を━━とかそんな話かと…」

鈴「そ、そんなわけないでしょ!」

一夏「そうなのか…いや、そうだよな!ははは…」

鈴「あははは…」

鈴(何やってんのよ!あたしの馬鹿!)

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:53:08.93 ID:zpCZc+mQ0
一夏「それで、結局何で怒ってたんだ?」

鈴「そ、それは…なんでだったかしらね~」

一夏「ごまかすなよ……まあ、言いたくないならいいけどさ」

鈴「そうよ!もうそれはなかった事にしなさい」

一夏「なかった事…じゃあさ…」

鈴「な、なによ?」

一夏「明日からまた特訓頼むぜ!」

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 00:57:43.31 ID:SkZOMLzi0
支援

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:03:31.93 ID:zpCZc+mQ0
数週間後

一夏「いよいよ、今日が本番だな」

鈴「怖気づいた?なんならあたしが変わってあげようか?」

一夏「それは先月も答えたろ。俺は出るぜ」

鈴「ま、そうよね。それにしても、一回戦からセシリアが相手とはついてないわね」

一夏「逆だよ。俺はついてるぜ」

鈴「アンタはそういうやつだったわね…それじゃ、いってきなさい!」

一夏「ああ!」

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:04:40.23 ID:zpCZc+mQ0
ここから戦闘なので自の文が入りますが、容赦してくだしあ

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:07:15.33 ID:zpCZc+mQ0
セシリア「ふふ、仲直りもできたようですわね」

一夏「ああ、あの時の事は感謝してる」

一夏「だけど、勝負は別だ!全力で行くからな!」

セシリア「もちろん…このセシリア・オルコットも全力でお相手しますわ!」

……

セシリア「このブルー・ティアーズに初見でここまで耐えたのはあなたが初めてですわね。褒めて差し上げますわ」

一夏「そりゃどうも」

一夏(お互いまだ余裕はあるが、俺の方が押されてるのは間違いない)

弱点はわかった
あいつはビットを動かしている間はそこに集中しなくちゃならない
そこに隙が生まれるのは確かだ…

一夏(だけど、剣の腕がここまで鈍っているとは…)

鈴とやったのは近接戦の練習だ
遠距離攻撃を主とする相手に斬撃を当てるには自の剣の腕が重要だ

一夏(こんなことなら、剣道の練習も再開しておくべきだったかもしれないな……)

一夏「グダグダ考えてもしかない!行くぞ!」

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:08:59.72 ID:zpCZc+mQ0
ズドオオオオンッ!!!

一夏「!?」

一夏「な、なんだ…何が起こって…」

セシリア「戦闘は中止ですわ!早く避難してください!」

一夏「なにが起きたんだ…お前はどうするんだよ!」

セシリア「私はあの侵入者を食い止めますわ」

一夏「侵入者だって…そんなの任せられるわけないだろ!」

セシリア「平気ですわ。私はイギリスの代表候補生ですもの」

一夏「おい!行っちまった…くそっ!」

一夏「ん、何だ?」

鈴「一夏!早く戻ってきなさい」

一夏「プライベートチャンネル…鈴!セシリアが向かって行っちまったんだ」

鈴「はあ!?…わかったわ。あたしが何とかしてそっちに向かうからアンタはそこでジッとしてなさい!」

一夏「そんなこと出来るわけないだろ!俺はセシリアの所に向かうぜ」

鈴「って、一夏!」

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:11:44.48 ID:zpCZc+mQ0
セシリア(パワータイプのIS、ゴーレム…しかしこれは…)

一夏「セシリア!」

セシリア「あなた!戻ったのではなくて!?」

一夏「女の子を残して1人で逃げられるかよ!」

セシリア「しかし、あなたではあのISの相手は無理ですわ!あなたの装備はその近接ブレード一本なんでしょう?」

動きは単調だが、パワースピードの両方を兼ね備えており、一夏が近づくことは困難だった

一夏「その通りだ。だけど、やるしかない!」

セシリア「……わかりましたわ!私弾幕で支援します。その隙にあなたが!」

一夏「わかった!」

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:14:06.92 ID:zpCZc+mQ0
セシリアの<<ブルー・ティアーズ>>のレーザーが四方からゴーレムを襲う……が、持ち前にスピードで全てをかわしていく

一夏(急停止と急加速…あれを捉えるのは厄介だな…だが!)

セシリア「次で行きますわ!」

これまでのビットにおける射撃は囮
セシリアも相手の急加速と急停止のタイミングを測っていたのだ
本命は手にもっている狙撃銃<<スターライトmkⅢ>>だ

ドゴオオオオォ!!

セシリアの射撃が命中し、怯んだところに…

一夏「これで決める!」

右手の<<雪片弍型>>が激しい光を放ち━━
そのままゴーレムが居た場所に切りつけた

68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:15:46.25 ID:zpCZc+mQ0
一夏「なに!?」

文字通り切りつけたのはやつが居た場所だった

セシリア「きゃああああ」

一夏「セシリア!」

セシリアは撃墜されてしまう
さっきのチャンスをものにできなかった代償はあまりに大きく…

一夏「ぐああっ!」

その巨大な腕の一撃によって大きく飛ばされてしまう

一夏「くそ…痛え…」

更に追撃のビーム砲撃が一夏を襲う

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:18:54.67 ID:zpCZc+mQ0
ドゴオオオオォ!!

…寸前のところで一夏への追撃は外れた
いや、逸らされたというのが適切だった

鈴「待たせたわね」

一夏「鈴!」

一夏「俺よりセシリアが危ない」

鈴「わかってるわよ!あたしがあいつを引き受けてる間に避難して!」

一夏「わかった!」

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:20:15.76 ID:zpCZc+mQ0

一夏「大丈夫か!?セシリア!」

セシリア「ええ、私は大丈夫ですが…もうブルー・ティアーズは動きませんわね…全く…情けないですわ…」

一夏「わかった、もういい。少し休んでろ…」

セシリアを安全な所へ運ぶと、やつに向かって行こうと準備を始める

セシリア「あ、あのISは強すぎます!あなた1人では無茶ですわ!」

一夏「………俺は1人じゃないさ。最強の味方がいるんだぜ」

セシリア「それは…どういうことですの?」

一夏「よし、行ってくる!」

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:24:22.86 ID:zpCZc+mQ0
鈴はなんとか耐えていたが、圧倒的な速さと火力に防戦一方だった

一夏「大丈夫か!」

鈴「一夏!……ア、アンタが戻ってきても足でまといなだけよ!」

一夏「そうかもしれない…だけど、鈴を置いて逃げるなんてことはできない!」

鈴「一夏……」

一夏「それに、あいつの弱点もわかった」

鈴「…いいわ!それで、あいつの弱点は?」

一夏「ああ、あいつは無人機だ」

鈴「はあ!?そんなわけないでしょ!ISが無人で動くわけ……それに!確認したの!?」

一夏「確認はしていない……だが、わかるんだよ」

鈴「はあ……わかったわ。それで、それが何で弱点なのよ」

一夏「人が乗ってなければ遠慮せずに俺のワンオフアビリティ【零落白夜】が使える!」

鈴「零落白夜って…なるほどね…」

鈴「それしかないみたいね、ヘマしないでよ!」

75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:26:13.84 ID:91KQ2blX0
原作読みながら書いたな?

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:28:11.92 ID:zpCZc+mQ0
鈴が先陣を切って突っ込む
中国の第三世代型ISの新兵器<<龍咆>>が炸裂する
砲撃自体はおろか、砲身も不可視のその攻撃がゴーレムに着弾する
その威力は一撃で白式を装着している一夏を悶絶させるほどだ
しかし…!

鈴「さっきから硬いわねコイツ!」

その体には目に見えるキズ一つなく、それの動きも衰えない

鈴はゴーレムの近接攻撃を青龍刀<<双天牙月>>でいなす

そして代わるように一夏━白式━がゴーレムの懐へ突っ込む
━━【零落白夜】発動!

一夏「食らえええええ!!!」

ゴーレムはそれを感知してから最速で回避行動を取った

しかし、鈴に気を取られた一瞬の遅れが命取りだった

最後のエネルギーを使った瞬時加速(イグニッション・ブースト)はその速度を超え、ゴーレムの左腕を切り裂く!

……が!残っている右腕のスウィングが一夏に襲いかかる!

78 >>75 うむ :2011/04/11(月) 01:32:19.73 ID:zpCZc+mQ0
一夏「当たったな?俺の零落白夜は発動してたぜ」

一夏「もうエネルギー切れだ。後は頼んだぜ…」

一夏「鈴!」
鈴「全部わかってるわよ!」

ありったけの<<龍咆>>がゴーレムに炸裂する

白式の【零落白夜】によってシールドが切り裂かれたゴーレムに直接衝撃砲が襲いかかる

一夏「…やったか!?」

鈴「流石にもう動けないでしょうね。全く、アンタはいつもぎりぎ…」

その瞬間、土煙の中から一閃の光が鈴に襲いかかる

白式は迷わずその光に向かっていった

━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━
━━━━

79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:39:55.62 ID:zpCZc+mQ0
鈴「ねえ、一夏…料理が上手になったら、毎日私の酢豚を食べてくれる?」

一夏「毎日!?毎日食べさせてくれるのか
!」

鈴「う、うん!」

一夏「それは凄い楽しみだな~」

鈴「私、これから頑張って練習するから!」

一夏「ああ、俺も楽しみにしてるからな!」

鈴「絶対!約束だからね…!」

━━━━
━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:41:10.78 ID:zpCZc+mQ0
一夏「ん…」

千冬「目が覚めたか」

一夏「……」

一夏「千冬姉、あのISはどうなった?」

千冬「コアも破壊されて今は完全に停止している」

一夏「そうか…鈴とセシリアは?」

千冬「オルコットはISにダメージを受けているが、目立ったケガはない。凰は…」

一夏「ん?」

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:42:43.05 ID:zpCZc+mQ0
鈴「zzz…」

千冬「どうやら、ずっとお前についていたようだな」

千冬「まあ今回のことはよくやった。後のことは私たちに任せてお前たちは休んでいろ」

一夏「ああ、それじゃあまた」

鈴「…ん……一夏?」

一夏「よっ!おはよう」

鈴「……って、起きてるなら言いなさいよ!」

一夏「今起きたところなんだ」

鈴「そ、そう。その…大丈夫なの?」

一夏「ああ、どうやらほとんどケガは無いらしい」

鈴「本当なの!?だって、あたしの盾になって……全然意識だってなかったし…」

一夏「本当だって。ほら、見てみるか?」

鈴「わ、わかったわよ!///」

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:46:33.96 ID:zpCZc+mQ0
一夏「ああ、そういえば、今度鈴の家の店に行きたいな」

一夏「親父さん元気か?」

鈴「あ……。その、お店は…しないんだ」

一夏「え?」

鈴「あたしの両親、離婚しちゃったから…」

一夏(あんなに仲が良さそうだったのに…)

鈴「あたしが国に帰ることになったのも、そのせいなんだよね」

一夏「そうだったのか……」

一夏(確かに、あの頃の鈴は不安定だった。今にして思えばそれが原因だったのか)

鈴「家族って、難しいね」

一夏(家族か…)

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 01:47:38.06 ID:zpCZc+mQ0
一夏「なあ鈴、今度遊びにいかないか?」

一夏「ほら、放課後特訓のお礼に飯も奢るって言ったろ?」

鈴「それって、まさかデー…///」

一夏「そうだなあ。今回は2人でってのはどうだ?」

一夏「優勝祝賀会!とはいかなかったけど、駄目か?」

鈴「しょ、しょうがないわね!今回は残念だったけど、アンタもそれなりに頑張ったしね」

鈴「あたしの行きたいところがあるから、そこでいいわよね!」

一夏「ああ、俺も楽しみにしてるからな!」

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 02:16:46.66 ID:bTY4OEGT0
鈴好きの俺にとっては最高

今から読むけど

95 書き溜めないけど、睡魔の限界まで直書きします :2011/04/11(月) 02:18:32.94 ID:zpCZc+mQ0
鈴(一夏とデート!どこに行こうかしら)

鈴(遊園地はベタすぎよね…)

鈴(水族館もねえ…)

鈴(一夏は動物園の方が好きなのかな?)

鈴(なんにせよ、一日遊べるところじゃないとね!)

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 02:22:34.81 ID:zpCZc+mQ0
鈴「これなんてどう?今度の土日とかにさ」

一夏「室内プールかあ。確かに今の時期だと穴場かもな」

鈴「でしょう?」

一夏「そういえば、水着もってないんだった」

鈴「そうなんだ。じゃあ、買いにいきましょうよ!」

一夏「土曜に買い物→日曜プールか?ちょっと忙しいような…」

鈴「ジジ臭いこと言わない!約束なんだからいいでしょ!」

一夏「まあ、約束は約束だからな。わかった、じゃあとりあえず土曜な」

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 02:34:11.23 ID:zpCZc+mQ0
鈴「どの服着ていこうかしら…」

鈴「ねえねえ、この服どう?」

モブ「うん?何処かに出かけるの?」

鈴「まあね~。で、どう!」

モブ「いいと思うわよ」

鈴「そうよね~」

鈴「こっちはどう!?」

モブ「そうねえ。似合ってるんじゃないかしら」

鈴「そうよね~」

鈴「それじゃあね━━━」

モブ「うんうん」

━━━━━━━━
━━━━

鈴「ありがとね、色々決まったわ!」

モブ「ああ、そう…」

モブ(何か凄く疲れたなあ…)

109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 05:38:30.18 ID:jNwWx6CB0

       |\       __
    __ヽ ヽ>: :´: : : : : `丶、
    \__\V : : : : : : {:`: : : : : ∨⌒フ
    ィ/7: : : : : : : 八: : : ヽ: : :V⌒>
     〉ト イ : : : /: : : : : :ヽ: :、: \:}\:ヽ._
.    〈八: :{: : :7八{: : : : ハハト≧=-_,ノ: :}{
    }ハ V: :、kャ=ミ`\/  jノ}: : :厂 : /ノ
     }:、: ヽ:∧Vツ   x=ミ,ノノ/ : : /}
     }: ヽ: :}:人   、' ,   フ: / 1: : |ノ
     /: : ハ:八:Y{≧=v=≦} : /  |: : ハ
.    /:/: : :}: } }ノ_>zrz<⊥:{   |: :{ :丶
   /:/: : :八ノ人ヘ  { = | /_`   ゝ: \: :ヽ
   {八: :〈 {{∩ =ミ、 マニ|__{ノ 「ア7´} `つ): :}
     \{ ゞ彳⌒Yて)し厂`ーヘノ `¨´ ¨´
         VニY´
           ゞ= ′

117 1 :2011/04/11(月) 07:47:14.42 ID:oV+SHGBm0
鈴「また私の勝ちね!」

一夏「なんてこった…俺のゲームなのに…」

鈴「アンタはワンパターンなのよ」

一夏「……そうかあ?」

鈴「そうそう。それより、明日のこと…覚えてるわよね?」

一夏「……なんだっけ?」

鈴「……」

一夏「じょ、冗談だよ!ちゃんと覚えてるって!」

鈴「……」

一夏「ご、ごめん……俺が悪かった」

鈴「なんて!引っかかったわね、単純なのよアンタ!」

一夏「お前、騙したな…」

118 1 :2011/04/11(月) 07:51:37.18 ID:oV+SHGBm0
鈴「それじゃあさ。明日は校門の前で10時に待ち合わせでいい?」

一夏「ああ。俺もそれでいいと思うぞ」

鈴「おっけ!一秒も遅れないでよね」

一夏「はいはい」

鈴「じゃあ、私はそろそろ戻るから。また明日ね」

一夏「おう。おやすみ」

鈴「……ねえ。」

一夏「うん?」

鈴「ちゃんと来てよね…」

一夏「わかってるって。心配するなよ」

121 1 :2011/04/11(月) 08:23:12.36 ID:oV+SHGBm0
鈴(なんであんなこと言ったんだろう…)

鈴(一夏が約束を破ったことなんてあったかしら)

鈴(…)

鈴(まあいいわ!なんだかんだで一夏の部屋にちょくちょく行く習慣もできたしね!)

鈴(ここまで来たら明日と明後日のデートでワンランク上の関係に…)

鈴(///)

鈴(な、何言ってるのかしら…今日は早く寝よう)

126 1 :2011/04/11(月) 09:16:26.29 ID:oV+SHGBm0
一夏「外出届けも出したし、そろそろ行くかな」

一夏「ちょっと早いけど、待たせるのも悪いしな」

鈴「あ、遅いわよ!」

一夏「……」

鈴「な、何よ?」

一夏「いや、待っててくれたのか。ありがとな」

鈴「え!?今来たばかりよ!待ってなんてないから!」

一夏(ここは素直に感謝しておこう)

127 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/04/11(月) 09:21:22.10 ID:GY2LkDU2O
         -‐……‐-
       /      ⌒ヽ ` 、
     ′  {    ヽ  ',
   _,ノ  / ハ八 、  ', 八    '.
.  ⌒Y ノN 、 \`≧=-  \  ハ
    | イ .K!⌒ヽ  ヽ、}、 ハV⌒` 八
.     八{  'vf´ハ \} 不ハ}  儿′`
    厶仆 ミ弋ソ ,  弋ソj /ヽ{
.       | ハ、   .   /ィ/⌒ヾ いちかー
     jノ\{ 〕ニ=zz=≦フハゝ-く
           | 厶仆v' / }  {
     ハ__r{  }=/  /_j_{ヽノ
     {={    {{ト-l/ト、/ {「}}ノ
     `´  ̄ ̄ し' `し'⌒Y´
              f⌒V
            ゝ-′

136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 12:03:47.44 ID:jNwWx6CB0

         __{{>::⌒ヽ
       ,..::´:::::::/::::::`::<:=キ㍉
      / :::::::::::/::::ハ:::::ヽ:\}::::}}
    /:::::::://::|::::::}:::}ヘ::::::';:::::V/
.    /{::::::://{:/::::::::ノノ::::}::::::}::::::}\
   ハj::::::ハ\{:::≦Vヘ:::ノ:::::::::::;:′ 〉
    {:八:::{カTヘ\{ 寸ニ、:}:::::::/}_/、
    厶{::小ゞtリ ヽ´{、rリ;:::::;ハ く::::::ヘ
.     八::::ト、  '.  `´ /:::/:´し'::::::ヽ〉
     \{ >rzrz=ァイ:八::::::::::V/
       /:/ ト-くr<バ   \::::〈
      ,.::´:::;:/ 人 / /_}_   ヽ:::ヽ
     ノ::://7=ミ/7ニ7_∩}}     )::::)
   ⌒´ r=ミヽ }>しJ'⌒Y´  ー=彡ヘ{
       V }::}/   V⌒ヽ
        `¨´      ゝ- ′

151 1 :2011/04/11(月) 14:51:12.67 ID:aP6F3xfYi
鈴「この辺でもう水着売ってるところといえば…」

一夏「駅前のデパートくらいしか思いつかないな」

鈴「結局そうよね。味気ないけど仕方ない。行きましょ」

……

一夏「そういえば、鈴って何でIS学園に編入してきたんだ?」

鈴「うーん、別にたいした理由はないわね。代表候補生は色々と国の都合にも振り回されるのよ」

一夏「なるほど。それは大変だな…」

鈴「そんなことないわよ。セシリアだって同じようなものだろうし……それに…」

鈴「今はこっちに来て良かったとも思ってるしね…」

一夏「確かに学園の設備は凄いからな。先生だって凄い人ばかりだし、将来の働き先には困らないだろうな」

鈴「それもそうだけど、そんな先のことじゃなくってさあ…」

一夏「?」

152 1 :2011/04/11(月) 14:59:22.94 ID:aP6F3xfYi
一夏「セシリアといえば、この前の事件からお前たち仲良くなったよな」

鈴「え、そうかしら?」

一夏「ああ、あんなにいがみ合ってた仲とは思えないぜ」

鈴「色々あったからねえ」

一夏「そうだな。今度は3人で遊びに行くのもいいかもな」

鈴「う、うん。まあそうね…私は2人のほうg……」

一夏「ん?何か言ったか?」

鈴「いやいや!別に全く何も!」

154 1 :2011/04/11(月) 15:04:52.41 ID:aP6F3xfYi
鈴「まあ、アンタもセシリアもたいしたケガもなくて良かったわ」

一夏「ああ、本当にな…」

一夏「それで俺考えたんだけどさ、」

一夏「もうあんな思いはしたくない」

一夏「俺の周りにいる皆を守れるようになりたいなって…さ」

一夏「もちろん鈴、お前もな」

鈴「一夏….…」

鈴「ま、まあ!あまり期待しないで待ってるわ」

鈴「そんな大きなこと言ったんだから、私に一度くらい勝ってみなさいよ」

一夏「……精進します」

鈴「がんばんなさい!まだ負ける気はないけどね」

157 1 ID荒ぶってるけど全部私です :2011/04/11(月) 15:49:36.21 ID:zpCZc+mQ0
一夏「さて、着いたがもう11時か」

鈴「店に着いたら11時(ショッピング・イレブン)ってところね」

一夏「?」

鈴「さて、まずはアイスでも食べましょう!」

一夏「え!水着はどうするんだ?」

鈴「こんな暑かったのに最初から目的地に行けるわけないでしょ。まずは休憩よ」

一夏「……奢らないぞ」

鈴「ばれたか」

158 1 :2011/04/11(月) 16:00:38.13 ID:zpCZc+mQ0
鈴「これなんていいんじゃないかな?」

鈴「これはちょっと大胆過ぎるかも…」

鈴「これはあたしのタイプじゃないし…」

鈴「い、一夏に選んでもらうのはどうかしら」

鈴「///」

一夏「おーい、鈴。決まったか?先に買っちまったぞ」

鈴「ちょ、ちょっと待ちなさいって」

159 1 :2011/04/11(月) 16:03:37.44 ID:zpCZc+mQ0
一夏「これでいいよな。特にこだわりはないし」

アリガトーゴザイマシター

一夏「ふう……」

一夏「もう買えてしまった」

一夏「鈴の方に行くか」

一夏(でも、女性物の水着コーナーって入りずらいんだよな…)

一夏(早く鈴を見つけて他行こう)

一夏「おーい、鈴。決まったか?もう買っちまったぞ」

鈴「ちょ、ちょっと待ちなさいって」

160 1 :2011/04/11(月) 16:07:57.73 ID:zpCZc+mQ0
鈴「こっと来なさい!」

一夏「え!?まあ、うん」

鈴「その……これ」

一夏(何だ?水着?これは鈴に似合いそうだな)

鈴「……」

鈴「じゃ、じゃあ!こっちは?」

一夏(ちょ、ちょっと布が少な過ぎるんじゃ……///)

鈴「///」

鈴「これ!」

一夏(うーん、これは鈴のタイプじゃないな)

鈴「最初のにするわ」

一夏「まだ何も言ってないぞ」

164 鈴「こっと来なさい」→鈴「こっち来なさい」 :2011/04/11(月) 16:39:49.86 ID:zpCZc+mQ0
一夏「何か疲れたな…」

鈴「こういう時ってそんなに歩いてなくても疲れるわよね」

鈴「じゃあご飯にしましょ」

一夏「クッ、それも複雑だ」(財布の中を確認

鈴「みみっちいことしてんじゃないわよ。さっさと行くわよ」



一夏「ここは…!?」

鈴「ただのファミレスよ」

一夏「鈴」

鈴「な、なに?」

一夏「いや、もっと高そうなところに連れていかれるのかと……安心したよ」

鈴「ま、今日は手加減してあげるわ」

166 ゲームしながらだとはかどらない :2011/04/11(月) 17:11:11.88 ID:zpCZc+mQ0
鈴「で、何にする?」

一夏「鈴が決めてくれよ。俺も同じのにするからさ」

鈴「この前の学食の二の舞は避けようってわけね…」

鈴「私は別に……」

一夏「ん?で、結局何にするんだ」

鈴「ここのラーメンはまだ食べてなかったわね……ラーメンにするわ」

一夏「本当に好きだな。俺もラーメンに…ああ、でも味噌にしようかな。それとも…」

鈴「豚骨は邪道よ」

一夏「言うと思った」

170 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 17:47:42.84 ID:zpCZc+mQ0
一夏「ふう、美味かった」

鈴「フツーねえ」

一夏「まあそう言うなって。この後何処か見るところあるか?」

鈴「そうねえ」

鈴(明日着て行く服はもう決めたし、というか一夏と行くのに本人の前で着て行く服を選ぶのもちょっとね…)

鈴「私は特にないわね。明日もあるしね」

一夏「そうか。じゃあ、買い物して行っていいか?」

鈴「いいけど、夕飯?」

一夏「そうそう。今日はこのまま家に帰ろうと思ってさ」

鈴「ふーん。まあ、いいわよ。行きましょうか」

171 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 17:54:11.25 ID:zpCZc+mQ0
鈴「何作るの?」

一夏「うーん、買いながら適当に考えるかな」

鈴「じゃあ、これとこれと…」

一夏「うわ、勝手に入れるなって。何だこれ」

鈴「まあまあ。これで麻婆豆腐作りなさいよ」

一夏「それはお前の好きな物だろ…」

鈴「いいじゃない。ご飯にも合うわよ」

一夏「それは邪道じゃないのか?」

鈴「細かいことは気にしない」

172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 17:55:37.90 ID:ehrFWByJ0
鈴かわ鈴

178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 18:45:32.88 ID:zpCZc+mQ0
鈴「なんだかんだで3時ね。明日もあるし、もう帰る?」

一夏「買い物もしちゃったしそうだなー。帰るか」

鈴「それじゃ、また明日ね」

一夏「えっ、家に寄って行くんじゃないのか?」

鈴「は?」

鈴(何!?今何て言った!!!?)

鈴(確か、家に寄って……)

鈴(………)

鈴(///)

鈴「えっと、そのね。一夏……」

鈴「いいのかな?本当に私なんかで…」

一夏「何言ってんだよ、他に誰がいるんだ?」

鈴「そ、そうなの……」

一夏「で、どうするんだ?」

鈴「い、行くわよ!」

179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 18:49:41.62 ID:zpCZc+mQ0
鈴「それで……その…」

一夏「ん?」

鈴「なんで…私を、その…家に…誘ったのかな……なんて!」

一夏「ん?そりゃあ、お前が麻婆豆腐食いたいって言ったからだろ」

鈴「へぇ~、そうなんだ………ん?」

一夏「いやだから、最初から家に来るつもりで麻婆豆腐作れって言ったんだろ?」

鈴「あ………あー!そうよねー!麻婆豆腐!!麻婆豆腐よねー!!!」

一夏「うわ!急に大きな声出すなよ」

鈴「うるさい!一夏のバカ!」

一夏「な、なんだよ?結局来ないのか?」

鈴「行くに決まってんでしょ!バカ!!」

一夏(なんなんだ……)

195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 20:38:27.27 ID:IHxwYhg20
とんこつは邪道とな?
この酢豚……もとい、>>1はよほど死にたいとみえる

196 ゲームで外人にu r noob. im a nice player!とか言われて凹んだ :2011/04/11(月) 20:44:42.07 ID:zpCZc+mQ0
鈴が一夏の家に入った刹那━━━

咄嗟に理解……!

あまりにも無残!!

荒れた部屋……篭った空気……!!

鈴「なにこれ……酷い…」

鈴はこの部屋で行われたであろう残虐な行為から目を逸らさずにはいられなかった…!!









一夏「千冬姉のやつ、また散らかして…」

鈴「そんなことだろうと思ったわ」

199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 20:51:17.03 ID:zpCZc+mQ0
一夏「すまん、少し片付けるから待っててくれ」

鈴「私も手伝うわよ」

鈴(結構家では適当なのね、みんなが知ったらどう思うかしら)

鈴(ビールの缶も散乱してるし…)

鈴(服だって脱ぎ捨てられ……)

鈴(これは……私が知っている限りでは“ブラジャー”という物質!)

鈴(しかし…あり得ない!この大きさ!)

鈴(だって!私のは……!)

鈴(……)

鈴「うわあああん」

一夏「鈴!?どうした!」

203 >>201 お前だったのか :2011/04/11(月) 21:01:28.67 ID:zpCZc+mQ0
一夏「さて、これで片付けは終わりだな」

一夏「鈴、そっちはどうだ?」

一夏「ん?居ないな」

一夏「おーい、鈴!どこいったんだ?」

ガタんっ

一夏(俺の部屋の方?鈴か?)

鈴「あー、どこなのよー」

一夏「鈴、ベッドの下なんて潜ってなにしてるんだ?」

鈴「」

204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 21:14:40.12 ID:zpCZc+mQ0
一夏「飯作るから、そこで大人しく待ってろよ」

鈴「はい…」

鈴(一夏の趣味を調べようと思ったけど、失敗したわ)

鈴(ベッドの下に何もないなんです…)

鈴(それにしても、前からジジ臭いと思ってたけど…)

鈴(あ、ああいう本もないなんて、もしかして本当に…)

鈴「一夏!私、聞きたいことがあるの!」

一夏「ん、なんだ?」

鈴「その……え…」

一夏「え?」

鈴「えっちな本とか全然持ってないの?!」

鈴(聞いた!聞いたわよ!!)

205 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 21:18:32.78 ID:zpCZc+mQ0
一夏「……」

鈴「一夏?」

一夏「ごめん、俺、鈴に言わなくちゃいけないことがあるんだ」

一夏「さっきの質問だけど、そういうのは持ってない」

一夏「なぜなら……俺はEDなんだ!!」

鈴「……」

鈴「ってえええええええ!!!」

鈴「そんな……おかしいとは思ってたけど……まさか…」

一夏「おいっ!鈴!大丈夫か!?」

鈴「そんな……嘘だ……絶対おかしいよ……」

━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━
━━━━

一夏「おい!鈴!」

鈴「……ん?うわあああ!!!」

206 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 21:20:55.35 ID:Z08g1hPH0
EDだけどエロ本みるぞ
やっぱり勃たなくて空しくなるだけだけどな

210 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 21:23:55.22 ID:zpCZc+mQ0
鈴「私、寝てたの?」

一夏「ああ。うなされてたみたいだけど、平気か?」

鈴(そっか、あれは夢だったのか……)

鈴(そりゃそうよね。あんなことあるわけないよね……)

鈴(いやでも!確かめないと安心はできない!)

鈴「一夏!」

一夏「ん、なんだ?」

鈴(言うのよ、私!)

鈴「一夏ってさ!えっ」
千冬「さっさと飯の準備をしろ、私は腹が減ってるんだ」

鈴「ち、千冬さん!?」

千冬「よう、小娘。やっと気がついたか」

鈴「…居たんですか?」

千冬「私の家だ。居て当然だろう」

211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 21:27:27.22 ID:YYzK9wgg0
ブラジャーのあたりでショック受けて寝込んじゃったのかな

212 >>206 すまん、勝手なことを書いてしまった :2011/04/11(月) 21:28:03.55 ID:zpCZc+mQ0
千冬「……」

鈴「………」

一夏(気まずい…)

一夏「り、鈴!どうだ?美味いか?」

鈴「あ、うん!美味しいわよ」

千冬「ああ、なかなかだな」

鈴「……」

一夏(クソっ、駄目だったか!)

215 >>211 大人しく待ってたら寝てしまいました :2011/04/11(月) 21:44:37.35 ID:zpCZc+mQ0
千冬「で、今日はどこに遊びに行ってたんだ?」

一夏「ああ、今日は駅前のデパートに水着を買いにいったんだ」

千冬「ほう?この時期に水着か。校外実習(臨海学校)の季節はまだだと思うが」

一夏「いや、明日プールにい……」

鈴「ちょっ、一夏!」

一夏「す、すまん」

千冬「なに、隠して行くつもりだったのか?」

鈴「い、いえ!別にそんなわけは…」

千冬「今は校外だ。遊びすぎるなとかいちいち言うつもりはない」

鈴「そ、それじゃ…」

千冬「ただし、今度の試験の結果によってはこの話を思い出してしまうかもな」

鈴「えぇ~」

千冬「ま、ほどほどにしておけよ」

216 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 21:51:37.60 ID:zpCZc+mQ0
一夏・鈴「ごちそうさま」

千冬「うむ、美味かったぞ。そうしたら、
そろそろ帰れよ?それとも泊まっていく気か?」

鈴「い、いえ!帰ります!」

鈴(一夏と千冬さんと同じ屋根の下じゃまともに休める気がしないわ……全く違う理由だけど…)

千冬「一夏、お前はどうするんだ?」

一夏「俺も鈴を送りながら寮に戻るよ」

千冬「そうか、それがいいな」

鈴「お邪魔しました~」

一夏「それじゃ、いってきます」

千冬「ああ、また週明けに学校でな」

218 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 22:00:15.23 ID:zpCZc+mQ0
鈴「あー、緊張したわ…」

一夏「鈴は千冬姉が苦手だったな」

鈴「得意な人なんていないわよ!」

一夏「まあそうかな。俺は慣れちゃってるからなぁ」

鈴「アンタが図太いのはそのせいかもね…」


一夏「明日さ、今日と同じくらいの時間でいいよな?」

鈴「そうね、今日と同じ時間に同じ場所で待ち合わせね」

一夏「おう、今日は早く寝ないとな」

鈴「またジジ臭いわねえ。そんなことばっかり言ってるとカビるわよ」

一夏「あ、当たり前のこと言っただけだろ」

鈴「よし!学校までダッシュ!負けたら明日のご飯奢りね!」

一夏「ちょっと待て!卑怯だぞ」

鈴「へへーん、男だったら追いついてみなさいよ!」


first date おしまい

224 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 22:09:13.45 ID:P81av3M40

貴重な鈴スレなだけに期待してる

232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/11(月) 23:26:38.72 ID:YYzK9wgg0
鈴ちゃんペロペロ

281 1 :2011/04/12(火) 12:35:39.69 ID:h3ufLCgc0
少しさかのぼってクラス対抗戦後のお話

鈴「明日の実技の先生に授業予定を聞いてこいなんてめんどいわねぇ」

鈴「しかも、千冬さんに聞いたら『山田先生に聞いてくれ』って……これが役人体質というものね…」

鈴「まあいいわ。職員室に言って二三言話すだけだわ、早く終わらせよ」

鈴「失礼しまーす…ん、あれは…?」

セシリア「あら、凰さん。ごきげんよう」

鈴「あ、セシリア。鈴でいいわよ。みんなそう呼んでるし、あたしもセシリアって呼んでるしね」

セシリア「そうですか、それでは鈴さん。改めましてよろしくお願いしますね」

鈴「あ、うん。よろしくね。改まるほどじゃないと思うけど」

鈴「そうそう、アンタのクラスの副担任の山田先生ってどの人かわかる?」

セシリア「あら、あなたも山田先生をお探しでしたの」

鈴「『あなたも』ってことは、ここには居ないの?」

セシリア「ええ、私も探しているのですが…」

鈴「うーん、じゃあ他の先生に聞いてみようか」


282 1 :2011/04/12(火) 12:36:47.03 ID:h3ufLCgc0

……

鈴「誰も山田先生のいる場所を知らないなんて…」

セシリア「本当にどこに行ったのでしょう。まあ、私の用事は今すぐでなくとも…」

鈴「よし!こうなったら足使って探すわよ!」

セシリア「いえ、私は今すぐでなくとも…」

鈴「何言ってんのよ、こんな所で諦めるわけにはいかないでしょ!それに私は今すぐじゃないと駄目だし、アンタがいないとどの先生か分からないでしょ!」

セシリア「後半はずいぶんと自分の実利的なことでしたが…まあ、私も用事があるのは確かですし、探しに行きましょう」

283 全く進まなかった。今日はゲームせずに書きます :2011/04/12(火) 12:37:50.97 ID:h3ufLCgc0
鈴「とりあえずは学食ね」

セシリア「確かにお昼時ですが、ここから探すのですか?」

鈴「ん?アンタも早く何か頼みなさいよ」

セシリア「……」

鈴「何?食べないの?」

セシリア「Aランチで…」

おばちゃん「はい、ラーメンとAランチね」

セシリア「今度こそ真面目に探しますわよ」

鈴「はいはい……と言っても、私はもう思い当たる場所がないから行き先は任せるわ」

セシリア(この人は…)

セシリア「いいですわ。この後適当に回りましょう」

311 1 :2011/04/12(火) 19:30:11.00 ID:t9FnEvSji
セシリア「そういえば、一夏さんと仲直りできてよかったですわね」

鈴「!?」

鈴「な、なんでアンタがそんなこと……!」

セシリア「風の噂といったところですわ」

鈴(そんなにあからさまに怒ったてたように見えてたのかしら…)

セシリア「それで、何で喧嘩してらしたの?」

鈴「そんなことどうでもいいじゃない!」

セシリア「そうですか、それでは仕方ありませんわね」

セシリア「酢豚……」ボソッ

鈴「アンタ知ってるわね!!」

セシリア「まあ、何のことかしら」

312 1 :2011/04/12(火) 19:38:06.95 ID:t9FnEvSji
鈴「一夏のやつ……言いふらして…しかもよりによってこんなやつに…」

セシリア「あら、こんなやつとは心外ですわね。私は一夏さんの相談を受けたのですよ」

鈴「同じようなもんよ!」

セシリア「まあまあ。一夏さん、本気で仲直りしたがってましたわよ」

鈴「あ、当たり前じゃない」

セシリア「挑発した私のところにくるほど切羽詰まってたんじゃありませんでして?」

鈴「だからって、アンタに相談なんて…」

セシリア「他言しない人ということで私に相談してきたようでしてよ。何も考えずということはなかったのではなくて?」

鈴「……」

315 1 :2011/04/12(火) 19:47:03.19 ID:t9FnEvSji
セシリア「他言しないようにという約束を破ったのは私ですわ。一夏さんを責めないであげてください」

鈴「わかってるわよ……今更蒸し返すつもりもないし」

セシリア「それはよかったですわ」

セシリア「それで、一夏さんへのアドバイスは役に立ちましたか?」

鈴「………した……」

セシリア「?」

鈴「失敗したのよ!しかも私からおじゃんにしてね!!」

セシリア「……それは残念でしたわね」

セシリア「でも、断られたわけではないのでしょう?」

セシリア「それなら諦めるのは早すぎる…むしろ、始まってすらいないのではなくて?」

鈴「セシリア……」

鈴「あ、当たり前よ!諦める気なんて毛頭ないわ!」

セシリア「ふふ、その意気ですよ。でも、あまりゆっくりしてると私が取っちゃうかもしれませんよ?」

鈴「なっ!?」

セシリア「ふふふ」

323 ショタ一夏のやつ面白いわ。書かないで読んでたわ :2011/04/12(火) 20:54:19.94 ID:WeyfSoP90
セシリア「忘れていましたが、山田先生は
寮長でしたわね……」

鈴「灯台下暗しってやつね」

コンコン

山田「はい?」

セシリア「失礼します。少しお話を聞かせてもらってもよろしいでしょうか?」

鈴「失礼しま~す…」

山田「オルコットさんと、二組の凰さんですね。いいですよ、何でも聞いてください」

鈴(!?)

324 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/12(火) 20:57:31.74 ID:WeyfSoP90
鈴(何よこれ…おかしいでしょ!)

鈴(童顔……低い身長……そこまではいいわ)

鈴(どう見ても先生とは思えないけど、あえてそこまではいいとするわ!)

鈴(だけど……ありえない!!)

鈴(あの胸だけはおかしいわ……!!!)

鈴(私は背も高くないし、諦めてたけど……)

鈴(納得できない!!神に配分調整を要求するわ!!!!)

鈴「orz」

セシリア・山田「?」

325 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/12(火) 20:59:30.24 ID:+q4FCb/c0
鈴はちっぱいだからこそ可愛い

326 帰宅したからID変わりますた :2011/04/12(火) 21:07:01.61 ID:WeyfSoP90
山田「それで、聞きたいこととは?」

セシリア「はい、先生が以前は代表候補だと聞いてお話を伺いにきました」

山田「そんな、私が教えられることなんてそんなにありませんよ」

山田「確かに私は昔代表候補生でしたが、結局は候補止まり。あなた方と同じようなことしかしていませんよ」

セシリア「どうしてなのですか?優秀なIS操縦者だと聞きましたが…」

山田「優秀だなんて…」

山田「でも、そうですね。私はハンデがあったのですよ」

鈴「ハンデ…?」

山田「ええ、それは視力です。私って眼鏡してるでしょう?」

鈴「でも、ISにはハイパーセンサーが付いてるし、そんなにハンデにならないんじゃ…」

山田「今ならそうかもしれませんね。しかし、私が現役の頃のISのセンサーは今よりも性能が低かったんです」

山田「それに、ISのコアの数は限られています。国としてもハンデを背負っている人においそれとコアを割くわけにはいかないんです」

セシリア「……」

327 帰宅したからID変わりますた :2011/04/12(火) 21:11:25.68 ID:WeyfSoP90
鈴「そんなこと、考えたこともなかったわ……」

セシリア「その、後悔していらっしゃるんですか?」

山田「ISの道に進んだことなら後悔しては
いませんよ」

山田「今、こうして皆さんの先生をやることができているんですから」

山田「素晴らしい生徒さんや先生方にも出会えましたし、何より皆さんが成長して行く姿を見るのが幸せなんです」

山田「もちろん、お二人に会えたことも嬉しいですし、成長していくのも楽しみにしていますよ」

328 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/12(火) 21:20:28.00 ID:WeyfSoP90
………


鈴「セシリアが先生に聞きたかったことってこれだったんだ…」

セシリア「いえ、最初は代表候補生としての心構えなど聞くつもりだったのですが」

鈴「でもさ、話を聞けて良かったよね」

セシリア「ええ、そうですわね…」

鈴「セシリア、私たちってさ、恵まれてるよね」

鈴「今、代表候補になれてチャンスが目の前にあるし、何より健康だしさ」

セシリア「……そうですわね、私の責任重さを再確認できましたわ」

鈴「だからさ、絶対に山田先生の分まで頑張らないとね」

鈴「……よし!じゃあさ、私はアリーナで練習してくるけど、セシリアはこれからどうするの?」

セシリア「もちろん、お付き合いさせていただきますわ」

330 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/12(火) 21:21:55.75 ID:WeyfSoP90









セシリアと鈴のいつも以上に気合の入った模擬戦は鈴が授業予定を聞き忘れたことを思い出すまで続いたとさ

おしまい

331 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/12(火) 21:26:12.35 ID:+q4FCb/c0
おい



397 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 15:42:42.74 ID:jwXPy+Y+0
酢豚保守

401 ホモスレになってきたわ :2011/04/13(水) 17:04:13.58 ID:w7J+zBkT0
一夏「よう、おはよう」

鈴「おはよ、今日はアンタの方が早かったわね」

一夏「まあな。これでおごらされるのは勘弁だしな」

鈴「小さいわねぇ。いいわ、今日のご飯はおごってあげるわ」

一夏「え、いや、それも悪いな」

鈴「いいからいいから。さ、行くわよ」

鈴「ここからプールまではバスで行くのがいいわね」

一夏「そうだな。座れるといいな」

鈴「あ、バスが来たわね」

402 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 17:06:12.87 ID:w7J+zBkT0
一夏「結構混んでるなあ」

鈴「一夏、ここ空いてるわよ」

一夏「おお、よかった。立って乗るのも嫌ではないけど、意外と疲れるからなあ」

鈴「ジジ臭いわねえ……といいたいけど、それは同意だわ」

一夏「ん?おい鈴、もうちょっと詰めてくれ」

鈴「何?まあ、いいけど」

一夏「よっと」ギュッ

鈴「!?」

一夏「ねえ君、ここ座りなよ」

男の子「う、うん」



403 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 17:06:59.30 ID:w7J+zBkT0
鈴(一夏!?くっつき過ぎよ……でも、ラッキーだわ…)

一夏「鈴、ごめんな狭くなって」

鈴「わ、私は平気よ!みんなが座れる方が大切だからね!」

一夏「そうだよな。ありがとな、鈴」

鈴(くうっ、下心があるなんて心が痛いわ…)

男の子「お姉ちゃん、ありがと!」

鈴「!?」

鈴(これは……)

404 場面転換では必ずレスを区切りたいから細切れになってしまった :2011/04/13(水) 17:08:19.13 ID:w7J+zBkT0
一夏「よし、着いたな」

鈴「ふう…危なかったわ…凄く疲れた気がするわね」

一夏「どうした?確かにたまにバスに乗ると疲れるよな」

鈴「そんなことはもうどうでもいいわ!早く行くわよ!!」

一夏「お、おい!待てよ鈴!」

407 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 17:26:50.28 ID:w7J+zBkT0
鈴「ここで色々と借りられるのね」

一夏「中でも借りられるし、後でいいんじゃないか?」

鈴「おお!このアクセサリー可愛いのが結構あるわね」

一夏「ここまで来て買わなくても…」

鈴「一夏!これってどう思う?」

一夏「聞いてないし……仕方ない、それ買ってやるから早く中に行こうぜ」

鈴「ほ、ほんとに!?」

一夏「まあ、これくらいならな。そろそろ混み始めるし」

鈴「う、うん!ありがとね…一夏」

一夏「お、おう」

一夏「何か久しぶりに鈴に感謝された気がするな」

一夏(でも、色々と世話にもなったし、昨日の飯だけってのもな…)

一夏(あいつは本当にそれでチャラって思ってるかもしれないけど)

一夏(何かちゃんとしたお礼でも考えるか)

408 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 17:27:48.65 ID:w7J+zBkT0
鈴(一夏に買ってもらっちゃった……)

鈴(このブレスレット……)

鈴(これからはずっと付けてようかな…)

鈴(でも、いつも付けてたら変に思われないかしら…?)

鈴(……)

鈴(み、水着だって一夏に選んでもらったやつだし…)

鈴(似合ってるって言ってくれるかな…)

一夏「鈴!遅かったな」

鈴「お、おまたせ」

一夏「当たり前だけど、水着買ったやつだな。それはさっき買ったブレスレットだよな」

鈴「う、うん。…その、どう?」

一夏「買う前も思ったけど、やっぱり鈴にはそれが似合ってるな!」

鈴「ありがと…///」

一夏「?ずいぶんと大人しいな。もっとはしゃぐかと思ってたけど」

鈴「そ、そんなことないわよ!まずは競泳プールいくわよ!」

409 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 17:29:02.81 ID:w7J+zBkT0
一夏「おお、凄いデカイな」

鈴「これも目玉の一つなのよね、長さは500mあるわ」

一夏「これは端から端まで泳げるかすら微妙だな」

鈴「それは残念だったわね…このプールをどっちが一往復速く泳げるか勝負よ!」

一夏「なん…だと…」

一夏(と思ったか?残念だったな、鈴…。俺の泳ぎは速いぞ…!)

一夏「計画通り……って、もうスタートしてる!」

一夏「くそっ!」



410 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 17:30:59.67 ID:w7J+zBkT0
……

鈴(これは楽勝ね!)

鈴(…?それにしても遅いわね)

鈴(!?)

鈴「い、一夏!」

一夏「す、すまん!……足が…!」

鈴「今いくから!」

鈴「捕まって!」

鈴(岸まで100m以上はあるわね…)

鈴(泳げない人を連れて泳ぐための訓練は…受けたわ)

鈴(冷静に対処すればこれくらい……!)

411 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 17:31:47.10 ID:w7J+zBkT0
一夏「り、鈴」

鈴「な、なに!?一夏!」

一夏「もう歩ける」

鈴「あ、そう…?」

一夏「ああ、でもありがとな」

鈴「う、うん…」

413 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 17:36:41.50 ID:w7J+zBkT0
……

鈴「足つるなんて情けないわねえ」

一夏「すまん。準備運動を怠るとこうなるんだな…」

鈴「まあ、無事でよかったわ…あんまり心配させないでよね…」

一夏「あ、ああ」

一夏(心配させちゃったみたいだなあ)

鈴「そろそろご飯にしましょうか」

一夏「そうだな。中でも色々あるんだなあ」

鈴「今日は私のおごりだったわね」

一夏「おう、何か悪いな」

鈴「昨日はおごらせちゃったし、夕ご飯も作ってもらったからね」

鈴「これからまた泳ぐし、簡単なものでいいわよね?」

一夏「うん?まあ、そうだな」

一夏(何か釈然としない……)

一夏(いや!俺はこんなみみっちい人間じゃなかったはずだろ!)

416 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 18:00:40.04 ID:w7J+zBkT0
鈴「あれやってみない?というか、やるわよ」

一夏「ウォータースライダーってやつか。そういえば、乗ったことないなあ」

鈴「そうと決まれば浮き輪借りに行くわよ」

……

一夏「これ、結構怖そうだな…高さも10mくらいあるし」

鈴「何情けないこと言ってるのよ!ささ、乗った乗った」

一夏「うわ、押すなって!」

鈴「なるほど、押せってことね」

一夏「振りじゃない!」

一夏「あれ、これって2人乗りなのか」

鈴「な、何よ!悪いの?」

一夏「いや、ただそう思っただけだけど」

鈴「こういうのしかなかったの!さっさと滑るわ…よ!」


一夏「うわああああああああ」

鈴「おおー!」

417 1 :2011/04/13(水) 18:14:18.26 ID:dpoZ0k+Q0
一夏「終わった……」

一夏「これは死ぬ……って鈴!?」

一夏(鈴が背中にくっ付いてる……しかも、これは布の感触じゃない!)

鈴「う、動かないで!」

一夏「は、はい!」

鈴「……」

一夏「ど、どうしたんだ!?」

鈴「み……水着が流されちゃったみたいで…」

一夏「水着だって?!」

一夏(確かに、そう言われて見れば、背中にむ、胸が……)

418 1 :2011/04/13(水) 18:15:11.89 ID:dpoZ0k+Q0
一夏(………)

一夏(無かった)

鈴「とにかく、動かないで……」

一夏「あ、ああ…」

一夏「でも、この状態でどうやって水着を探したら…」

一夏(しかも、周りに多くはないとはいえ、人もいる……あっ!)

一夏「あの上から流れてくるの鈴の水着じゃないか?」

鈴「そ、そうかも…」

一夏「よし、取りに行くぞ」

鈴「あ、ちょっと待って!取らないd」

一夏「……よし、キャッチ!ほら、鈴、俺に隠れながら早く付けちまえよ」

鈴「う、うん……」

鈴(///)

419 1 :2011/04/13(水) 18:15:58.27 ID:dpoZ0k+Q0
……

一夏「あ~」

一夏「やっぱこれだなー」

一夏「浮き輪で寝てるだけってどんな天国だ」

鈴「流れるプールとは微妙ねぇ」

一夏「何言ってんだ。これこそ至高だろ」

鈴「嫌いではないけどね」

一夏「………」

鈴「………」

一夏(流れてるの気持ちいいな)

鈴(流れてるの気持ちいいわ)

420 1 :2011/04/13(水) 18:20:08.55 ID:dpoZ0k+Q0
一夏「なあ鈴」

鈴「なに?」

一夏「凄い流れが速くないか?」

鈴「どうかしらね~」

一夏「というかどんどん速くなってるんだが!」

鈴「うーん、どうかしら」

一夏「ヤバいって!早く浮き輪から降りて出よう!」



421 1 :2011/04/13(水) 18:21:07.63 ID:dpoZ0k+Q0
一夏「って!こええええ!!高速で流れてるときに浮き輪から降りるの地味にこええええ!!!」

鈴「一夏!早く出なさい!!」

一夏「って早!鈴はもう出てるし!さっきまで浮き輪で寝かけてただろ!」

鈴「次の周回で助けるからー!」

一夏「うわああああああ」

一夏「ああああああああ」

鈴「一夏!捕まって!」

一夏「た、助かる!」

一夏「…って!抜けねえ!乗ってた浮き輪にハマってるわ!」

一夏「うわああああああ」

鈴「一夏!また次の周回で助けるからー!」

422 1 :2011/04/13(水) 18:26:57.11 ID:dpoZ0k+Q0
……

一夏「はあはあ……死ぬかと…」

一夏「今日一番死ぬかと思った…」

一夏「結局助けられるまで5周くらいはしたぞ…」

鈴「6周ね」

一夏「なんだったんだ…一体」

鈴「システムに異常が発生したとか言ってたわ」

一夏「絶対安全だし、怖くないと思ってたのに…」

鈴「まあ、私はアンタの面白い顔が見れたからよかったんだけど」

一夏「こいつ……!」

鈴「もう時間ね。そろそろ帰りましょうか」

一夏「ああ、もうこりごりだ…」

423 1 :2011/04/13(水) 18:30:04.30 ID:dpoZ0k+Q0
……

一夏「バスで座れる…!何だろうこの開放感は」

鈴「まあ、それは分かるわ」

一夏「それよりさ、今日のは何だったんだ」

一夏「競泳プールで足をつり、スライダーでは水着がさらわれ、流れるプールでシステムの異常…」

一夏「不幸だ…」

鈴「何者かの陰謀なのかもね~」

一夏「……」

鈴「ははは」

424 1 :2011/04/13(水) 18:30:56.83 ID:dpoZ0k+Q0
一夏「陰謀!?そうか…!そうだよ鈴!」

鈴「は?」

一夏「これは組織の陰謀に違いない!」

鈴「いや、私は冗談で……」

一夏「何故俺たちが…?いや、IS関係以外はあり得ないな」

一夏「くそっ!姿を見せやがれ!!居るのは分かってるんだ!!」

鈴「ちょっ!やめなさいよ一夏!」

一夏「離せ鈴!ハッ!まさか…お前もグル!?」

一夏「何故なんだ鈴!俺たちは幼馴染だろ!」

鈴「落ち着きなさいって!」

427 1 :2011/04/13(水) 18:49:28.60 ID:dpoZ0k+Q0
━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━
━━━━

鈴「う、う…ん。一夏ぁ…やめなさいって…」

一夏「お、起きたのか?」

鈴「ん?ここは……えぇ!?」

鈴(一夏におんぶされてる…!)

鈴「お、下ろしなさいよ!」

一夏「うわ、暴れるなって!」

鈴「……うん…」

一夏「ん?ずいぶん大人しくなったな」

一夏「バスに乗ってすぐに寝ちゃったから疲れてたんだろ」

430 1 :2011/04/13(水) 19:26:50.97 ID:dpoZ0k+Q0
鈴「ねえ、一夏。」

一夏「ん?」

鈴「今日はいろいろあってさ、うんざりしちゃった?」

鈴「もう、こんなのこりごりだよね…」

一夏「うーん、確かに大変な目にもあったけど」

一夏「今日は楽しかったぜ」

鈴「ほ、ほんとに?」

一夏「ああ、もちろん。あ、昨日も楽しかったからな」

鈴「うん…」

一夏「鈴と遊びに行くのも久しぶりだけど、やっぱ楽しいな」

鈴「うん……」

一夏「前に聞かれたことだけど、今思うと鈴がいない間寂しかったのかもしれない」

鈴「うん、うん…」

一夏「だからさ、鈴と喧嘩したときも結構辛かったんだよな」

431 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:34:04.93 ID:dpoZ0k+Q0
鈴「一夏、あたしもね……寂しかったんだ」

鈴「だからね、今すごく幸せ」

一夏「鈴…」

鈴「一夏、あたし、嘘ついてたの」

鈴「酢豚を毎日作ってあげるって約束……ほんとは特別な意味があったんだ…」

一夏「え、それってやっぱり……」

鈴「うん、一夏の思ってるt」

級友1「あー!織斑君がおんぶしてる!」

級友2「あれって、鈴!?」

級友3「ズルーイ!私もおんぶしてー!!」

級友達「きゃあああ!わたしもー!!」

一夏「いつの間にか学校に着いてたのか!降りろ鈴!」

鈴「……ははは」

432 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:34:52.13 ID:dpoZ0k+Q0
鈴「よし、一夏!このまま逃げ切りなさい!!」

一夏「マジかよ!」

鈴「これくらい当然でしょう!!」

鈴「だってさ━━━」

~fin~

433 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:40:06.08 ID:iFj7Kb570


434 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:41:52.08 ID:/lzwQaZkO


435 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:42:27.56 ID:zQ3CT1pK0
おつ!
鈴ちゃんにもこれくらい出番があれば違ったのかもしれない……

437 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:43:34.27 ID:iVcXALNaO
久々にいい鈴SSが見れた、乙

438 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:46:56.87 ID:YYVdiljh0
鈴を好きになった

439 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:47:29.27 ID:K28jwWbc0
乙です
本当に可愛いなぁ

酢豚 大龍酢豚(スブタ)200g
大龍
売り上げランキング: 42735
関連記事
2011/04/14 11:50 | CM(3) | IS SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2011/04/28 02:38 ]
  2. ホームページくそワロタ
  3. 774@いんばりあん [ 2011/05/07 23:34 ]
  4. 鈴かわいかったぜ!!

    だが何故に最後で酢豚!?www
    承認待ちコメント
  5. [ 2016/04/17 12:08 ]
  6. このコメントは管理者の承認待ちです
    [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング