HEADLINE

橘純一「いい加減腹が立つからアイツのこと無視する」

2011/05/03 04:35 | CM(11) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 15:38:30.37 ID:9MozlWJOO
橘純一「もう>>5のこと無視する」

1、絢辻詞
2、桜井梨穂子
3、棚町薫
4、中多紗江
5、七咲逢
6、森島はるか
7&それ以外のレス、橘美也


ID:7Q6boS0r0

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 15:40:07.05 ID:78nu5py+0
1


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 15:42:43.27 ID:7Q6boS0r0
教室

絢辻「あ、橘君。丁度良かった」

橘「……」

絢辻「進路希望調査用紙、あなただけが出てなかったから変わりに私が先生に出」

パシッ

絢辻「え……」

差し出してきた手を払いのける。

橘「先生ー、遅くなってすみません。これ進路の提出用紙です」

高橋先生「はいはい。まったく」

絢辻「橘……君?」

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 15:50:05.66 ID:7Q6boS0r0
放課後

絢辻「ちょ、ちょっと、橘君」

橘「……」

絢辻「さっきの教室での態度、どういうことよ」

橘「……」

絢辻「人がせっかく親切に声かけてあげたっていうのに」

橘「……」

絢辻「ねぇ、聞いてるの!? ねぇ?」

橘「よーし、やっと今日の授業も終わったぞ。薫ー、一緒に帰らないか?」

薫「おっけー。ちょっと待ってて、カバン取ってくるから」

絢辻「……。な、なんなのよ」

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 15:50:21.74 ID:1rU0dlE20
やめろや!!

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 15:58:41.91 ID:7Q6boS0r0
絢辻「ねぇ、橘君。悪ふざけのつもりならいい加減にしないと私本当に怒るわよ?」

橘「……」

薫「ちょっと、純一。さっきから絢辻さんに呼ばれてるわよ」

橘「え?」

薫「え、じゃないでしょ。気づいてなかったの?」

橘「何言ってるんだ、薫。そんな名前の人、僕らのクラスにいないだろ」

絢辻「なっ!」

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:00:22.11 ID:n9wEnWzD0
4は自殺するかヤンデレになりそうでやんす

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:05:20.50 ID:7Q6boS0r0
薫「あんたねぇ。それ本気で言ってるの?」

橘「うん」

薫「何言ってるのよ、うちらのクラス委員やら何やら色々やってくれる絢辻さんよ」

橘「うーん、覚えがないなぁ」

薫「クリスマス委員もやっててあんたも一緒に手伝ったりしてたじゃない」

橘「そんなこと記憶にないよ」

絢辻「……っ」

絢辻「もういいわっ!」

タッタッタッタ

薫「あっ」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:07:55.04 ID:9MozlWJOO
むしろこっちも病みそうだが…

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:08:32.66 ID:Bu1vNtBE0
これはwww

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:15:11.84 ID:7Q6boS0r0
絢辻「なんなのよ。いきなり態度翻しちゃって……」

絢辻「私が何したっていうのよ……」

絢辻「やっぱり私が猫かぶってたことが今になって嫌になってきたっていうの……?」

絢辻「……」

絢辻「橘君のバカ……!」

タッタッタッタッタ

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:16:48.50 ID:7Q6boS0r0
次の日 教室

梅原「よっ、大将」

橘「あ、梅原か。おはよう」

絢辻「……」

梅原「見ろよ、絢辻さんの席。相変わらず孤立しちまってるぜ……」

橘「ふーん」

梅原「それに何か今日の綾辻さん、いつも以上に元気なさそうだぜ。かわいそうにな」

橘「あっそ」

梅原「おいおい、それだけかよ。お前あんなに仲良くしてくせに、随分冷たいじゃねぇか」

橘「そんな仲良くしてたつもりないけどなぁ」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:23:40.99 ID:7Q6boS0r0
高橋先生「今日もクリスマス会の準備があるみたいだから、絢辻さんよろしくね」

絢辻「はい」

橘「……」

高橋先生「橘君、何ぼーっとしてるの? あなたもなのよ!」

橘「え!」

高橋先生「え、じゃないわよ。自分から絢辻さんのお手伝いするって立候補したんでしょう」

橘「あ、はい。はははっ……」

高橋先生「それじゃ二人とも頼んだわよ」

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:28:48.62 ID:7Q6boS0r0
放課後

絢辻「……よし」

絢辻「それじゃ、橘君。そろそろ体育館の方に行きましょうか」ニコッ

橘「さてと、ホームルームも終わったしそろそろ帰るかな」

絢辻「え? ちょ、ちょっと」

橘「今日は梅原と帰るかな。おーい、梅原一緒に帰ろう」

梅原「おい、お前。クリスマス委員の手伝いがあるんじゃないのかよ?」

橘「いいからいいから」

絢辻「……」

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:31:26.37 ID:YFOi3EDY0
普通にいやなやつだな

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:45:23.93 ID:7Q6boS0r0
梅原「で、でもよぉ。それじゃお前、絢辻さんが」

橘「帰りにお前の家寄らせてくれよ。今日はお宝本持ってきたから交換しよう」

ガスッ

橘「いてっ! 蹴ったのは薫か。何するんだよ」

薫「それはこっちのセリフよ。あんた、今日クリスマス委員があるんでしょ? なに帰ろうとしてんのよ」

橘「それは、その……用事が」

薫「嘘言ってんじゃないわよ。どうせすっぽかすつもりだったんでしょ」

梅原「そのとおりだぜ。こいつ、俺の家に寄るつもりだったんだ」

橘「お、おい。梅原!」

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:48:52.37 ID:7Q6boS0r0
薫「やっぱりね。あんたさ、男なんだから一度やると決めたら最後までしっかりやりとおしなさいよ」

橘「うぅ……」

梅原「そういうこった。んじゃまぁ、お宝本はまた今度の機会にな」

橘「梅原、待ってくれよー!」

ガスッ

橘「うぐっ……」

薫「あんたの行くところはそっちじゃないでしょ。はい、絢辻さん。バカ一匹、捕まえといてあげたわよ」

絢辻「ありがとう、棚町さん」

薫「いいっていいって。それじゃ、純一。精々頑張りなさいよ

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:56:29.71 ID:1rU0dlE20
森島先輩なら死んでた

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:58:04.42 ID:7Q6boS0r0
橘「……」

絢辻「ねぇ、ツリーの飾りつけの件なんだけど」

橘「……」

絢辻「……そっか。そうなんだ」

絢辻「あくまで私と口を利かないつもりなのね」

橘「……」

絢辻「橘君がそんな幼稚じみた行為をするだなんてね。失望したわ」

橘「……」

絢辻「私ね、意地悪の中でも無視とかそういう陰険なのが大嫌いなのよね!」

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 16:58:27.52 ID:yNCln4CXP
七咲好きだけど、純一に無視されている話見てみたい

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 17:01:25.93 ID:9MozlWJOO
これはいかんww

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 17:07:26.50 ID:7Q6boS0r0
絢辻「何か言ったらどうなのよ!」

橘「あっ!」

絢辻「はぁ。やっとバカなことしてるって気がついたよう……」

橘「黒沢さん!」

絢辻「……え?」

黒沢「あ、ど、どうも」

橘「どうしたの、今日は?」

黒沢「私も創設祭の……ううん、あなたのお手伝いをしようと思って!」

橘「え、僕の? そっか、うれしいなぁ」

絢辻「……」

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 17:17:12.56 ID:7Q6boS0r0
橘「それじゃあ早速だけどこっちの方手伝ってくれないかな」

黒沢「うん。ねぇ、邪魔だからそこどいてよね」

絢辻「……いやよ」

橘「いいよ、黒沢さん。僕らがあっち行こう。あっちにも空いてる仕事いっぱいあるんだ」

黒沢「そっか///」
スタスタスタ

絢辻「……くっ」

絢辻「うぅ……うぅ。どうして、どうしてなのよ橘君……」

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 17:30:03.43 ID:7Q6boS0r0
絢辻「な、なに泣いてるのよ、私……。私らしくないわよ詞」

絢辻「たかが橘君ごときが相手にしてくれなくなったくらいでどうってことはないはずよ……」

絢辻「ないはずなのに……ぐすっ」

絢辻「涙が止まらない……うぅうぅ」

絢辻「橘君、私の何がいけなかったの……? 謝るから、お願い私の話を聞いてよ……」

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 17:31:16.21 ID:7Q6boS0r0
3時間後

橘「ふぅ。これで今日のところはおしまいだ。今度こそ自由の身だぞ」

橘「さて、遅くなっちゃったし早く家に帰ろう」

絢辻「あっ、橘君待って。よかったら私と一緒に帰」

橘「げっ……。急がないと」

タッタッタッタッタ

絢辻「ちょっと、待ってってば。待ちなさい! お願いだから……!」

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 18:03:50.01 ID:7Q6boS0r0
橘「……」タッタッタッタ

絢辻「お願い、止まって! 話を聞いて……!」

橘「……」タッタッタッタ

絢辻「私やっぱり橘君がいないとダメなの……ダメになっちゃったの!」

橘「……」タッタッタッタ

絢辻「もうあなたのこと苛めたりしないから……はぁはぁ」

絢辻「もう手伝いとかもしなくて……いいから……はぁはぁ」

絢辻「だから……無視……しない……で、はぁはぁ」

絢辻「……はぁはぁ。もう見えなくなっちゃった……」

絢辻「ほんと、こういうときは犬みたいに足が速くなるんだから……」

絢辻「……うふふ。とうとう橘君にも嫌われちゃったか……」

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 18:06:06.75 ID:9MozlWJOO
心が痛む…
しかしもっと頼む

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:34:44.92 ID:7Q6boS0r0
次の日

高橋先生「あ、橘君。いいところへ」

橘「なんですか?」

高橋先生「クリスマスツリーの件、もう知ってる?」

橘「ツリーがどうしたんですか?」

高橋先生「まだ、聞いてなかったのね。実は今朝、委員の人が確認に行ったら壊れてたみたいなの」

橘「えぇ、そんな! 昨日、僕たちが作業を終えて帰る段階ではちゃんとしてましたよ!」

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:36:29.40 ID:7Q6boS0r0
高橋先生「そうらしいわね。昨日、残った人みんなそう言ってるの。でも、委員の人たちが言うには
       壊れ方が尋常じゃなかったから、人為的に壊れたって話でね」

橘「そ、そんな。僕らが帰った後に学校の誰かが壊したっていうんですか?」

高橋先生「ええ、多分ね。それで橘君に心当たりを聞こうと思ったんだけど、どうやら知らないみたいね」

橘「は、はい。役に立てなくてすみません」

高橋先生「ううん、仕方ないわ。本当は絢辻さんにも聞くつもりだったんだけど
      彼女、今日は風邪でお休みだって連絡がきたし」

橘「え……風邪?」

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:38:24.77 ID:7Q6boS0r0
高橋先生「ええ。だから絢辻さんが復帰したら、聞いてみるわ。引き止めて悪かったわね」

橘「い、いえ」

橘(まさか僕があんなことしたから絢辻さんが……。ははっ、まさかな)


結局、クリスマス祭が始まるまで絢辻さんは一度も登校して来なかった。
先生が言うには風邪をこじらせて入院したそうだ。
絢辻さんのいない状況で新しいクリスマスツリーの手配も
うまく進むわけもなく、クリスマス祭は一気に陰気な催し物となってしまった。

そして僕はそのことに対し少し罪悪感を感じた……。

END

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:39:30.15 ID:cSa0LouD0
終わりかよ!!

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:41:15.59 ID:HddcK7bz0
えっ

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:42:12.04 ID:cSa0LouD0
おいもうちょっと頑張れよこっからいいとこだろうが

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:42:33.60 ID:Bu1vNtBE0
         ____
       /      \
      /  ─    ─\    
    /    (●)  (●) \   
    |       (__人__)    | ________
     \      ` ⌒´   ,/ | |          |
    ノ           \ | |          |
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |

         ____
       /      \
      / ─    ─ \    
    /   (●)  (●)  \   
    |     (__人__)    .| ________
     .\     ` ⌒´   ,/ .| |          |
    ノ           \ | |          |
  /´                 | |          |
 |    l                | |          |

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:46:36.20 ID:7Q6boS0r0
桜井「それでさ、これからが面白いんだよ~」

伊藤「なになに?」

桜井「あのね、純一がね……あっ。あそこにいるのって純一かな」

伊藤「おー、本当だ。まさに噂をすればだねぇ」

桜井「おーい、純一!」

橘「……」

桜井「あ、あれ? 聞こえてないのかなぁ」

104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 19:52:14.55 ID:7Q6boS0r0
桜井「おーい! 純一ぃ! こっちだよぉ!」

橘「……」

桜井「おかしいなぁ。これだけ大きな声出してるのに」

伊藤「もしかして耳垢溜まってるんじゃないの。おーい、橘君!」

橘「あ、伊藤さん。何か用?」

桜井「え……」

107 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/04/13(水) 19:54:00.63 ID:4p1SQeoT0
やめろよ!
何が面白いんだこんなの!










で、次は?

108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 20:02:04.51 ID:7Q6boS0r0
伊藤「どうしたのさ、さっきから橘君のこと呼んでたんだよ」

橘「そうだったの? ごめんごめん。ボーっとしててさ」

桜井「な、なんだぁ。そうだったんだ。だよね!」

伊藤「あはは、相変わらずだね。本当桜井と似たもの同士なんだからさ」

桜井「香苗ちゃんやめてよぉ~。恥ずかしいよぉ。ねぇ、純一からも何か言ってあげ……」

橘「それでさ、伊藤さん。僕に何か用なのかな?」

桜井「え、あ……」

117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 20:22:28.50 ID:R4bFTHNGO
梨穂子だけはやめろおい

122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 20:31:45.81 ID:EZgLVXiI0
ブロリーとか七咲ならまだ耐えられる
梨穂子だけはやめろ

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 20:31:50.59 ID:7Q6boS0r0
伊藤「いやね。用ってほどでもないんだけど、丁度桜井と橘君のこと話してたところでさ」

桜井「あ、あはは……そうなんだぁ」

橘「ふーん。僕の話か」

伊藤「そうそう。だから橘君も一緒にどうかなって思ったんだよ。さぁ、桜井続き話してよ」

桜井「う、うん。でねでね、そのとき純一ったらそのままぐーぐー眠っちゃってね」

橘「あのさ、伊藤さん。悪いけど僕用事があるから先に教室に戻っていいかな」

桜井「あ……」

伊藤「あ、そうだったの。こっちこそ無理に引き止めて悪かったね」

橘「ううん。それじゃあ伊藤さん、またね」

伊藤「じゃあねー」

桜井「……ま、またね!」

125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 20:40:48.80 ID:7Q6boS0r0
桜井「なんか今日の純一、様子がおかしかったな」

桜井「私のこと見向きもしなくて……」

桜井「もしかして、私嫌われちゃったのかな……」

桜井「う、ううん。そんなことないよ、絶対」

桜井「私、今まで純一の嫌がることなんてしたつもりないもん!」

桜井「きっと、私の気のせいだよね。え、えへへ……」

132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 20:47:34.77 ID:7Q6boS0r0
放課後

桜井「えーっと、どこかなぁ?」

橘「ふぁー。さてと、帰るかな」

桜井「あ、いたいた」

桜井(あはは、あくびなんかしちゃってる。そうだ!
   せっかくだからイタズラしちゃおっかなぁ)

桜井「てりゃ!」

ピタ

純一「……」

桜井「どう冷たいでしょ? この前私の背中に手を入れたときの仕返しなのだ~」

純一「……」

桜井「え……えへへ」

133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 20:49:46.84 ID:cSa0LouD0
うわあああああああああ

137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 20:54:39.71 ID:m8NTDzt9O
心は痛むのに何故かニヤニヤしてしまう

新鮮だからか

142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 20:58:38.70 ID:7Q6boS0r0
桜井「も、もしかして、嫌だった……かな?」

橘「……」

桜井「ゴメン……ね」

橘「……」

桜井「え、えっと。それでさ、もし良かったらでいいんだけどこれから部室来ない?」

橘「……」

桜井「久しぶりに純一が顔出したら、きっとるっこ先輩たちも喜ぶと思うしさ……。
    それに私も嬉しいし……。お菓子も出すからどうかな?」

橘「……」

桜井「……。あ、あはは。やっぱり嫌だよね? ひ、引き止めてごめんね! それじゃあね……!」

タッタッタッタッタ

153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 21:09:38.17 ID:7Q6boS0r0
次の日

桜井「……」

伊藤「ねぇ桜井どうしたの? 今日はなんだか元気ないみたいじゃん」

桜井「えっ。そ、そんなことないよ」

伊藤「そう? 顔色悪そうだったからさ。気分が悪かったら保健室言った方がいいよ」

桜井「ありがとう。でも、本当に大丈夫だから。心配しないで」

桜井「……」

桜井(そうか。私、知らず知らずに純一に嫌がることしてたんだ。だから怒ってるんだ)

桜井(でも、わからない。わからないよぉ。私、純一に何をしちゃったの)

桜井(私のバカバカ……。早く純一に直接聞いて謝らないと)

155 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 21:16:41.39 ID:7Q6boS0r0
休み時間

梅原「よぉ、大将」

橘「なんだ、梅原か」

梅原「なぁにだらしない格好してるんだよ。もう少しシャキっとしろよ」

橘「別にいいだろ。休み時間なんだから」

梅原「他クラスの女の子が訪ねて来ててもそんなこと言うつもりか?」

橘「え?」

梅原「来てるぞ、桜井さんが。お前に用があるそうだ。早く行ってやりな」

桜井「……」

158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 21:22:08.09 ID:h4mv7PZhP
うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
梨穂子に何をするだああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

159 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 21:28:08.00 ID:7Q6boS0r0
橘「悪いけど僕は用があって行けないって言ってくれ」

梅原「おいおい、なんでだよ。せっかく直に来てくれたっていうのに」

橘「いいから。頼むよ」

梅原「もしかして、桜井さんとケンカでもしたとか?」

橘「そうじゃないけどさ。とにかく、何か理由をつけて帰ってもらってくれよ」

梅原「やれやれ。レディーにそんな失礼なことして、どうなったって知らないからな」


梅原「あ、桜井さん。せっかく来てくれたところ悪いんだけどさ、
    あいつ野暮用があるみたいで今は会えないみたいなんだよ」

桜井「……」
スタスタスタ

梅原「あ、桜井さん!? あらら、教室に入っちまった。俺、しーらね」

163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 21:38:52.40 ID:7Q6boS0r0
橘「おーい、梅原。断ってくれたか?」

桜井「……」

橘「うわっ、りほ……どして」

桜井「あなたにどうしても聞きたいことがあったから、勝手に入ってきちゃった。えへへ……」

橘「……」

桜井「用事があったんだよね? ゴメンね。でもすぐに終わるから」

橘「……」

165 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 21:41:17.06 ID:7Q6boS0r0
桜井「それでね、聞きたいことなんだけど……私、あなたに」

橘「あ、そうだ。絢辻さーん、ちょっとさっきの授業でわからないところがあったんだけど」

桜井「あ、ま、待ってよ。話はまだ……」

絢辻「うふふっ。また? 仕方ないわねぇ、教えてあげるからこっちにいらっしゃい」

橘「ありがとう!」

桜井「……」

桜井「どうして。こんなのひどいよ……ううぁぅ!」

タッタッタッタッタ

166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 21:43:21.16 ID:9MozlWJOO
橘さん最悪すぐるww

179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 22:02:46.21 ID:7Q6boS0r0
自宅

桜井「ひどい……ひどいよ。あそこまでするなんて……」

桜井「……ひくっひくっ」

桜井「でも、このままじゃいけないよね……」

桜井「このままだと多分、純一は私と一生話してくれない」

桜井「次こそ、絶対純一に謝らなくちゃ!……ぐすっ」

桜井「電話しよう」

182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 22:05:26.86 ID:7Q6boS0r0
プルルルルルル
ガチャ

美也「にぃにー、電話だよー」

橘「ご苦労さん。誰からだ?」

美也「にっしっし~、りほちゃん」

橘「げっ……」

桜井『もしもし。桜井ですけどぉ。純一?』

ガチャ ツーツーツー

桜井「え、あ。もしもし!? じゅんい……ち」

184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 22:06:29.42 ID:4nT7nLTW0
ひっでえ
純一氏ね

191 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 22:39:51.31 ID:hi+TgCPOO
梨穂子カワイソス…
でも読んじゃうビクンビクン

193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 22:44:41.80 ID:7Q6boS0r0
桜井「……」

桜井「もう、私どうしたらいいかわからないよ……うぅ」

桜井「教えてよ、純一……」

桜井「うぅぅぁ……ひぐっひぐっ」

桜井「もう、こうなったら……」

桜井「ヤケ食いしてやるんだからっ!」

194 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 22:45:39.32 ID:7Q6boS0r0
こうして数ヶ月が経った。

放課後 教室

橘「はぁー」

橘(退屈だな。結局、彼女のできないままクリスマスも過ぎちゃったし)

橘(そういえば、最近梨穂子のこと見かけないな)

橘(まぁ、あれだけ無視してれば当然だな)

橘(結局、今の俺がすることといえば誰も居なくなった放課後の教室で、
   こうやって机に突っ伏すことだけ……)

桜井「やっほ~」

橘「え……?」

196 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 22:46:48.81 ID:7Q6boS0r0
ドシン

橘「うぐっ!」

桜井「えへへ、スキあり! 必殺ボディプレスだぞ~」

橘「うぐぁぁ……くるし」

橘(り、梨穂子なのか!? 僕にのしかかってるのは……。でもさすがにこれは重過ぎる!)

桜井「えへへ、久しぶりだね~。元気してたぁ?」

橘「おもっ、おもっ……うぐあぁ」

198 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 22:47:51.78 ID:7Q6boS0r0
桜井「ひどいなぁ。確かに私あれからいっぱいお菓子食べて太ったかもしれないけどさぁ、全部純一のせいなんだよぉ」

橘「うがあぁぁ、あぐ、た、たの……む、どい、どいてうがぁ」

桜井「それじゃ、仲直りしようよっ。ね!」

橘「す、するから……ばや゛ぐ、りほ……こぉ!」

桜井「やった~!」

ズシン


こうして僕は失神したまま、病院に搬送された。


END

199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 22:48:02.42 ID:4nT7nLTW0
このオチにはがっかりだよ

201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 22:48:43.59 ID:f9cF3aBt0
デブエンドwww

202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 22:48:56.98 ID:h4mv7PZhP
最初のと一緒やんw
やる気ないなら引っ張るなよwwwwwwwww

203 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 22:49:49.55 ID:f/vLhmbqO
次は誰だ?
モジャ子あたりか

205 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 22:53:52.47 ID:IQT/zeC20
次はラブリー先輩だな

212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 23:05:21.43 ID:7Q6boS0r0
薫「ぐっも~にん!」

橘「……」

薫「あれ、聞こえなかった? じゃあ、気を取り直してもう一回」

薫「ぐっも~にん!!」

橘「……」

薫「はぁー。何よ、やけに今日はご機嫌斜めじゃないの。
  仕方ないわねぇ、ここは私が一発元気を注入してやりますか」

カプッ

薫「こうぇじぇじょーじゃ?」

橘「……」

220 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 23:14:47.91 ID:7Q6boS0r0
薫(ふーん、今日はやけにしぶといじゃない。よし、こうなったら)

薫「ふーふー」

薫(くすっ、これならさすがの純一でも我慢できないでしょ)

橘「……」

薫「ありゃ?」

橘「……」

薫「あぁ、つまんなぁ~い! 何か反応してよー!」

223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 23:18:41.74 ID:xJnzAE4z0
やめて




いやまじで

225 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 23:24:05.13 ID:7Q6boS0r0
田中「どうしたの、薫。大声出して?」

薫「聞いてよ、恵子。純一が私のこと無視するのよー」

田中「あはは。それは、薫がなんか変なちょっかいとか出してるからなんじゃないの?」

薫「えー、そんなことないわよ。いつもの愛情表現なのに」

田中「愛情表現って……」

純一「田中さん。悪いけど、そこに落ちた僕の消しゴム取ってくれないかな」

田中「あ、うん。いいよー」

薫「ちょっと~! 純一、私と恵子でのこの扱いの違いはなんなのよ!」

231 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 23:34:55.67 ID:7Q6boS0r0
橘「……」

薫「また無視する。恵子からも何か言ってやってよ」

田中「そういわれてもな。橘君、私が言うのもなんだけど
   もう少し薫の相手してあげてくれないかな」

橘「そうは言われてもな……。いない人のことをどうやって相手にすればいいんだい」

薫「はぁ!?」

田中「いない相手……?」

233 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 23:37:39.94 ID:XTRmPKkp0
>橘「そうは言われてもな……。いない人のことをどうやって相手にすればいいんだい」
氏ね
まさか橘さんにイラつかされる日がくるとは…



237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 23:41:17.68 ID:7Q6boS0r0
薫「いくらアンタと私の仲でも、今の言葉はさすがに聞き捨てならないわね……!!」

橘「……」

田中「ちょ、ちょっと、薫。教室だから今は落ち着いて……ね?」

薫「恵子は黙ってて!」

田中「ひっ……」

薫「ねぇ、純一。悪ふざけのつもりかなんかは知らないけどさ、親しき仲にも何とやらって言うじゃない?」

橘「……」

240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 23:43:11.79 ID:7Q6boS0r0
薫「ふ~ん、そっか。徹底的にそうやってだんまりを続けるつもりなんだ? 私相手に」

橘「……」

橘「あんた自身も知ってたわよね。私さぁ、そういう手口が一番気に食わないのよねぇ!!」

橘「……」

薫「黙ってないで何とかいいなさいよっ!!!!」

ガチャーン!!

恵子「か、薫……!」

245 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/13(水) 23:47:34.82 ID:W04ds4jE0
ああたまらん最高だや

250 修正 :2011/04/13(水) 23:52:40.64 ID:7Q6boS0r0
薫「ふ~ん、そっか。徹底的にそうやってだんまりを続けるつもりなんだ? 私相手に」

橘「……」

薫「あんた自身も知ってたわよね。私さぁ、そういう手口が一番気に食わないのよねぇ!!」

橘「……」

薫「黙ってないで何とかいいなさいよっ!!!!」

ガチャーン!!

恵子「か、薫……!」

255 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 00:01:29.47 ID:spJl0WWJ0
橘の机を倒し、そのまま胸倉を掴む薫。

薫「私、あんたが何かしゃべるまで放すつもりないから」

橘「……」

絢辻「ちょ、ちょっと、棚町さん。何があった知らないけど、暴力はよくないわ」

薫「うっさいわね! 黙ってて言ったでしょ!」

キーコーンカーンコーン

絢辻「棚町さん、授業が始まるから。ね?」

薫「……チッ」

薫「私、まだ納得してないから。これで済んだと思わないことね」

橘「……」

260 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 00:13:16.15 ID:9nlw4Exz0
次の休み時間

梅原「おい!」

橘「あ、梅原か。どうしたんだ?」

梅原「そりゃ、こっちのセリフだ。さっきはどうしちまったんだよ? 棚町と何かあったのか?」

橘「別に」

梅原「別にってことはないだろ。お前、棚町を怒らせることしたんじゃ」

薫「梅原君、悪いけどこいつには先約がいるの」

梅原「げっ、棚町……」

薫「悪いけど話とかだったら次の機会にしてくれない?」

梅原「お、おぅ。わりぃわりぃ、そ、そんじゃーな!」

橘「……」

261 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 00:18:27.23 ID:9nlw4Exz0
男子A「おい、見ろよ。橘と棚町だぜ」

女子A「またドンパチするつもりなのかしら」

ガヤガヤ

薫「ここじゃあれだし場所でも移しましょうか」

橘「……」

薫「あきれた、まだ続けてるんだ。まぁ、別にいいけどね。だったら無理やり屋上まで連れて行くまでだし」

ガシ ズルズルズル

橘「……」

263 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 00:20:45.86 ID:4qHnRjrqO
橘さん徹底し過ぎだろwwwwwwwww

267 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 00:43:59.78 ID:9nlw4Exz0
屋上

薫「はい、到着~」

橘「……」

薫「さ、休み時間も少ないことだしちゃっちゃっと済ましちゃいましょう」

橘「……」

薫「まぁ、済ませるといっても要はあんたがいきなり無視なんてしだしたか
  その理由をあんたの口で私に話しさえれば万事解決なんだけどね~」

橘「……」

薫「まぁ、理由によっちゃあんたの顔が変形することもありうるけどさ」

橘「……」ビクッ

271 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 00:52:12.75 ID:9nlw4Exz0
薫「でもそれじゃ私の手も少し痛めることになるから、お互いいいことなしじゃない?」

橘「……」

薫「だから今のうちに言えば、特別にお咎めなしで許してあげるから。ね?」

橘「……」

薫「何でこんなくだらないことしてるのか言ってみなさい」

橘「……」

薫「ほら、早く」

橘「……」

279 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 01:01:39.83 ID:9nlw4Exz0
薫「……」

橘「……」

パシッ!!

橘「てっ!」ドサッ

薫「ねぇ、本当にやめてよ……そういうの」

橘「……」

薫「アンタにとっては軽い気持ちかも知れないわよ……。でもね、私だってそういうことされたら傷つくことあるのっ!!」

キーンコーンカーンコーン

薫「……。もう知らない」
タッタッタッタ


橘「……」

橘「さて、僕も教室に戻るか」

311 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 04:51:14.67 ID:V3Q3CuZ/0
七咲と中多はリスカしそう

313 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:20:28.88 ID:9nlw4Exz0
昼休み

薫「……」

田中「薫」

薫「あ、恵子か」

田中「どう? あれから、橘君と」

薫「どうもこうもないわよ。相変わらず、純一の視界に全然入ってないみたいな扱いでさ」

田中「そっか……」

薫「さすがに腹が立ったから、ひっぱたいてそのまま戻って来ちゃったわ。笑っちゃうでしょ?」

田中「薫……」

314 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:21:39.87 ID:9nlw4Exz0
薫「正直、ショックだったわ。今まで付き合ってきてあんなことされたの初めてだから……。
   しかもよりによって純一に。あいつバカだけどああいう陰険なことだけはしないって思ってたのにね……」

田中「私はわかるよ。薫の気持ち」

薫「恵子?」

田中「想ってる人にそっけない態度取られるのがどんなに辛いか。私もつい最近、振られたばかりだからね」

薫「……あ、ごめん。私、恵子のこと考えないで自分のことだけ」

田中「ううん、いいよ。ねぇ、薫。もう一度、橘君と話し合ってみない?」

薫「え。でも、どうせまた……」

田中「次は私も一緒に行くから」

薫「……。わかった。てんきゅ、恵子」

317 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:22:35.09 ID:9nlw4Exz0
放課後
屋上

田中「あ、橘君。ここだよー」

橘「遅れてごめんね、掃除当番だったから」

田中「ううん。こっちこそごめんね。放課後にこんなところに呼び出しちゃって」

橘「別にいいよ。それより僕に何か用かな?」

田中「うん。実はね、薫のことなんだけど。ほら、薫も隠れてないで出ておいでよ」

薫「……どーも」

橘「……」

薫「ほらね? 私が見えた途端、そうやって口を閉じるのよ。あーあ、本当にイライラするわねぇ!!」

319 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:23:42.78 ID:9nlw4Exz0
田中「まぁまぁ、薫。それでさ、橘君。どうしてあなたは薫だけ無視したりするのか、教えてくれないかな?」

橘「田中さんこそ、どうしてここで別の人の話をするんだい?」

田中「え?」

橘「僕はてっきり、田中さんが僕に告白してくれると思ってここに来たのに……」

田中「え、えぇぇー!」

薫「あ、あんた何言ってんのよ……!?」

田中「待って待って、確かに橘君を呼び出したのは私だけど、それは薫のことであって……!」

橘「僕は田中さんのために来たんだよ!」

320 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:26:06.14 ID:9nlw4Exz0
田中「そ、そんな私はその、えっと……橘君のことは///」

橘「僕は田中さんのことが好きだよ! 今ここでキスだってできる!」

田中「キ、キ、キス……!? そんな、私、あわわ///」

薫「純一、あんたやっぱりおかしいわよ! もう話にならないわ。帰ろ、恵子」

橘「……」 チュ

田中「っ!? っ……んく」

薫「ちょ……ちょっと、何やってるのよ……? やめなさいよ……」

田中「……んっ」

薫「やめなさぁい!!」

バキッ

橘「ぐぁ!」ドサッ

323 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:29:32.68 ID:9nlw4Exz0
田中「ぷはっ……はぁはぁ」

薫「純一、私もうあんたなんかに口を利いてもらおうとは思わない。
  これからも一度も話しかけないで。行くわよ、恵子」

橘「……」

田中「あ、薫!」

タッタッタッタ

橘「まさか一日に二回も女の子にぶたれるなんて……何かに目覚めちゃいそうだよ。
  それにしても田中さんの唇柔らかかったな。僕の気持ちがわかってくれればいいんだけど……」

325 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:30:35.99 ID:9nlw4Exz0
スタスタスタ

薫「もう純一のことなんか、友達とも友達だったとも思わない」

薫「恵子、これからもしアイツに何か私に言いなさいよ。その時は私が純一を……!」

田中「……」

薫「ちょっと聞いてるの? 恵子」 

田中「え、あ。うん」

薫「いい? アンタは好きでもない、男にいきなりチューされたのよ!? もっと怒るべきなのよ」

田中「そうでも……ないかも」

薫「え……。と、突然何言い出だすのよ恵子」

田中「私、橘君のこと好きになっちゃったかも……」

326 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:33:33.04 ID:9nlw4Exz0
薫「あ、あはは。やめなさいよ、そんな冗談……」

田中「冗談なんかじゃないよ。私が恋で悩んでるときも
   橘君も一緒に協力してくれた。あの時は親切な人なんだな、って
   思っただけだったけど……さっきの告白で私わかったの。やっぱり、私橘君のことが好きなの」

薫「そんな話、嘘って言ってよ……ねぇ、恵子」

田中「ごめん、薫! 私、屋上に戻って橘君にもう一度会ってくる」

タッタッタッタッタ

薫「……」

薫「……ど、どうして」

薫「……こんなのって反則よ。こんなのって」

327 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:34:33.26 ID:9nlw4Exz0
そしてクリスマス前日
放課後

橘(さて、そろそろ帰るか)

橘(それにしても嬉しいな。まさかあの日、田中さんが本当に僕の気持ちに応えてくれるなんて)

橘(明日のクリスマスは田中さんと二人きり。なんだか今から楽しみだな)

橘(今日の帰りに田中さんへのクリスマスプレゼントを買って帰ろう)

弾んだ足取りで教室の前の階段に踏みかかろうとした瞬間であった。

ドン

橘「え?」

突然、何者かに背中を押されて、僕はバランスを崩した。

328 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:36:11.41 ID:9nlw4Exz0
橘「うわあぁぁ!」

そして僕の頭はそのまま、階段の踊り場に吸い込まれていくように転げ落ちていき、踊り場の地面に叩きつけられた。

薄れ行く意識の中、仰向けの僕の眼に最後に映ったのは
かつて僕が愛想を尽かした、いや、愛想を尽かされたはずのクラスメート。
そう、普段は見せない悲しげな表情を浮かべて僕を上の階から見下ろす悪友の姿であった。

橘「薫……か」

薫「今さら口を利いてくれたって、もう遅いのよ……バカ!」

橘「ははっ……だよな。ごめ……ん」

橘「」

END

330 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:37:11.07 ID:FSS9KgiX0
結論:薫は天使

331 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:39:01.09 ID:vix3NQdx0
生きてるのか死んだのか

332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:41:04.10 ID:IqobObjtO

モジャ子はテキタイENDか…
次はふかふかかな
まあ飛ばしてもいいけど、一番どーでもいいヒロインだし

333 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:41:18.53 ID:4qHnRjrqO
いや、死んだだろこりゃ

336 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:47:12.92 ID:+joiH+1lO
正直 絢辻さんのが一番堪えた

339 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 05:58:28.01 ID:9nlw4Exz0
終わったところでさるさんくらった
後のヒロインは他の誰かが書くか
いなけりゃ落としちゃってね

340 >>325 修正 :2011/04/14(木) 06:19:52.58 ID:9nlw4Exz0
五行目
薫「恵子、これからもしアイツに何かされたら私に言いなさいよ。その時は私が純一を……」



誤字脱字多くてスマソ

341 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 06:24:43.09 ID:4qHnRjrqO
なんて律儀な>>1だこと
ここまで律儀ならそ続きはもちろん書くんだろうな?

342 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 06:35:50.25 ID:uEOdZ123O
>>1はよく頑張った


あとは、誰か補完しようぜ!

344 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/04/14(木) 06:48:10.84 ID:4qHnRjrqO
とりま>>1

アマガミSS 11 絢辻 詞 上巻 (Blu-ray 初回限定生産)
ポニーキャニオン (2011-03-16)
売り上げランキング: 1454
関連記事
2011/05/03 04:35 | CM(11) | アマガミ SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2011/05/03 05:21 ]
  2. 変態紳士の橘さんがおなごを傷付けるはずがない
  3. 774@いんばりあん [ 2011/05/03 07:31 ]
  4. やめろ


    やめろよ…
  5. 名無し [ 2011/05/03 10:45 ]
  6. こんなのってないよ…
  7. 774@いんばりあん [ 2011/05/03 23:19 ]
  8. 普通に心が痛んだ



    だが、楽しめてしまった
  9. 774@いんばりあん [ 2011/05/04 00:12 ]
  10. 俺の七咲が傷つかなくてよかった・・・
  11. 管理人こばりあんと [ 2011/05/04 11:20 ]
  12. ※5
    七咲「橘先輩、無視しないでください……」
    http://invariant0.blog130.fc2.com/blog-entry-1258.html
  13. 名無しさん [ 2011/05/19 23:38 ]
  14. 途中から見てられなくなった。こんな橘さん許さない
  15. じゅん52 [ 2011/07/06 21:19 ]
  16.       ____
           /      \
          /  ─    ─\    
        /    (●)  (●) \   
        |       (__人__)    | ________
         \      ` ⌒´   ,/ | |          |
        ノ           \ | |          |
      /´                 | |          |
     |    l                | |          |

             ____
           /      \
          / ─    ─ \    
        /   (●)  (●)  \   
        |     (__人__)    .| ________
         .\     ` ⌒´   ,/ .| |          |
        ノ           \ | |          |
      /´                 | |          |
     |    l                | |          |

  17. 名無しさん [ 2011/07/25 23:01 ]
  18. 梨穂子はかわいいなあ!
  19. 774@いんばりあん [ 2011/08/06 21:54 ]
  20. 素晴らしいこういうのが読みたかったんだよ
  21. 774@いんばりあん [ 2012/08/27 21:57 ]
  22. >>97
    ※8
    こっちみんなwww
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング