HEADLINE

芳佳「私達10人が、ストライクウィッチーズです!」 第二幕

芳佳「私達10人で、ストライクウィッチーズなんですから!」 第一幕


1 ◆.ewUP/EILA :2011/02/08(火) 00:22:47.14 ID:WHXjgAiD0 4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 00:25:57.98 ID:FNKs+ypC0
完結するまで眠れないな

5 1 ◆.ewUP/EILA :2011/02/08(火) 00:27:35.42 ID:WHXjgAiD0
再開します。ご迷惑おかけしました

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 00:29:25.14 ID:WHXjgAiD0

ミーナ「飽和戦法なんてとりたくはないのだけれど……」

ミーナ「この状況では本部を手放さないことが最善ね」


ミーナ「現在のメンバーを、3-2に分割します」

ミーナ「片方は原隊維持、もう片方は食料調達の為、作戦行動」

ミーナ「危険な仕事ね……」


芳佳「み、みんなで固まって動かないんですか……?」

ゲルト「いや……それでは、良い的になるだけだ」


ゲルト「二人一組で食料調達を行う、志願するものはいないか」


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 00:34:12.35 ID:WHXjgAiD0

シャーリー「ん……」ムクッ

シャーリー「それなら、私が行くぞ」


ゲルト「シャーリー……」

シャーリー「私なら、ハルトマンよりも速く走ることができるからな」

シャーリー「地上なら、まず負けないさ」


ミーナ「エイラさん……行ってみる気は無い?」

エイラ「ば、バカ言うなよ……こんなかっこで、出歩きたくなんて、ないぞ」



シャーリー「なら……宮藤、指名できるかな」

芳佳「へ? あ、はい!  ……へ?」

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 00:38:30.04 ID:WHXjgAiD0
ゲルト「な……おい、リベリアン! どうして宮藤なんだ」


シャーリー「何故って……身軽だし、」

シャーリー「敵に追われても、宮藤なら抱えて走ることも出来るからな」


シャーリー「心配しないでくれよ……もしもの時は、体を張って守ってやるから」

芳佳「えっ……」


ゲルト「……むう」

ゲルト「ならば……シャーリーと宮藤で、食料の調達を……」


エイラ「……!」

エイラ「だ、駄目だぞ! 絶対駄目だー!」

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 00:43:59.54 ID:WHXjgAiD0
エイラ「み、ミヤフジ、行くな、私を一人にすんな!」

エイラ「行くなよぉ……!」


芳佳「な、なんですかエイラさん……」

芳佳「一人じゃないですよ、バルクホルンさんや、ミーナ中佐もいますよぉ……」


エイラ(だ、だってこいつらは……)


ミーナ「……」

ゲルト「……」



ゲルト「エイラ」

エイラ「う……あう……」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 00:48:29.91 ID:SXNV9PNU0
エイラぺろぺろ

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 00:50:00.26 ID:WHXjgAiD0
ゲルト「……宮藤、やはり私が代わりに行こう」

ゲルト「お前はここに残り、ミーナとエイラと共に本部を死守してくれ」


芳佳「バルクホルンさん……」


ゲルト「……心配するな。必ず戻る」

シャーリー「私がちゃんと責任持って連れて帰って来てやるよ、宮藤」

シャーリー「お前も、気をつけろ」



ミーナ「私の能力では、……遮蔽物が多すぎて誰が何をしているのかは把握出来ない」

ミーナ「でも、誰が動いているか、くらいはわかるから」

ミーナ「この基地での私達以外の生存者……それはもちろん、犯人だから」

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 00:54:15.57 ID:WHXjgAiD0

ミーナ「半径30メートル内に犯人が侵入したら、すぐに把握できるわ」

ミーナ「宮藤さんはすぐに反撃出来るよう、エイラさんは防御態勢をとっておいてね」


芳佳「は、はい……」

エイラ「……」


ゲルト「では、我々も任務を開始する」

シャーリー「ちゃんと付いてこいよ、バルクホルン」

  バタン   タタタタタ.....


芳佳(ほ、ほんとに行っちゃった……)

芳佳(バルクホルンさん……シャーリーさん…無事で……)

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 00:59:20.48 ID:WHXjgAiD0

芳佳「……」

芳佳「……あの、ミーナ中佐……」


ミーナ「……どうしたの? 宮藤さん」


芳佳「ミーナ中佐は、その……」

芳佳「ハルトマンさんの事……どう思ってるんですか……」


ミーナ「……宮藤さん…」


芳佳「バルクホルンさんも、他の人も……みんな、ハルトマンさんが犯人だって言ってます」

芳佳「でも……私は、……そんなの、信じません……」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:04:12.64 ID:WHXjgAiD0

   エーリカ『私はさ、みんなが好きだよ』

   エーリカ『こうやってみんなと仲良くしてる時が、一番幸せだから』



芳佳(……)

芳佳(ハルトマンさん……)


ミーナ「エーリカと初めて出会ったのは

ミーナ「少し不真面目だけど……真っ直ぐで。とても良い子だった」


ミーナ「……今も、それは変わらないわ」

ミーナ「あの子が誰かを撃つなんて……考えられない……!」グスッ


エイラ「……」ギリッ


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:09:36.62 ID:WHXjgAiD0

芳佳「……そう、ですよね…」

ミーナ「……」




エイラ「……」

エイラ「何、甘いこと言ってんだよ……!」

エイラ「じゃあ、誰が坂本少佐を殺して、リーネを撃ったことになるんだよ!」


芳佳「そ……それは……」

ミーナ「エイラさん……!」





    エイラ『 犯人は、ハルトマンでなけりゃ、誰なんだよ! 』
          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:13:09.55 ID:WHXjgAiD0

【3Day 05:00 食堂】


   ガタンガタン


シャーリー「駄目だな……一度、調理しなくちゃならない食材ばかりだ」

シャーリー「そっちはどうだ! バルクホルン!」


   ガタガタガタ

ゲルト「……収穫は、無い」

ゲルト「支給前だったのが痛いな……明らかに貯蓄が足りていない」

ゲルト「加工前の食品ばかりだ……やはり芳佳を連れて来た方が……」


ゲルト(やはり、あの備蓄を使うべきか……)

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:19:42.69 ID:WHXjgAiD0
ゲルト「おい、シャーリー……実は、一つ備蓄に心当たりがある」

ゲルト「ハンガーの格納庫の地下にな、巨大な非常用食料貯蔵庫があるんだが……」

シャーリー「……初めて知ったな、そんなこと」


ゲルト「確かあそこには、缶詰ならたくさんあったはずだ」

ゲルト「どうだ? 」


シャーリー「ふーむ……」

シャーリー「ハンガー、といえば、坂本少佐の事件があった……」


シャーリー「ん? ……あそこ封鎖したんじゃなかったのか」


ゲルト「非常貯蔵庫の入り口は、本館と直通している別の場所だ」

ゲルト「整備兵にハンガーを乗っ取られでもした時、食料が内側にあっては対処出来ないからな」

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:22:06.43 ID:DdnE96m/0
整備兵は一応いることになってるんだ・・・

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:25:18.38 ID:WHXjgAiD0

【3Day 05:30  正面入口】

 ザー

シャーリー「司令室を出てから……一時間近くか……」

シャーリー「警戒しながらの途上とはいえ、基地がこれほどまで広く感じるのははじめてだ…」


ゲルト「あまり遅くなってしまっては、更に芳佳達を危険に晒すこととなる」

ゲルト「監視塔のライトを目印に進むぞ……足下に気をつけろ」


  ゴー―――

     ジャバ、ジャバ、ジャバ、

シャーリー(うへー、雨水が跳ねて気持ち悪い……)

シャーリー(シャワーでも浴びたい気分だけど、そうは行かないんだよなあ)


      バシャン!

ゲルト「……ここだ」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:30:01.46 ID:NFqoJSEt0
芳佳が閉めたはずの扉がリーネ殺害時に
開いていたことをみんなスルーしてるのはおかしいよね

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:31:40.34 ID:WHXjgAiD0
【貯蔵庫】

   カツンカツン……


シャーリー「……」

シャーリー「あー、ここも、ハンガーの地下、になるんだよな?」


ゲルト「……そうだ」

ゲルト「ハンガーの地下はおよそ10ブロック近くに分けられ、それぞれ小型の貯蔵庫になっている」

ゲルト「最前線で基地を防衛するウィッチは、ここに寝泊まりするからな」


シャーリー(そういえば、私のバイクとかを隠してる小部屋も、地下だなあ)

シャーリー(あそこもブロックの一角になってたりするんだろうか)


  ガタン


ゲルト「よし、到着した。手早く運び出すぞ」

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:33:22.71 ID:Mn8C6T920
>>50
398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/02/06(日) 23:27:28.77 ID:bT426DC40

  ガチャリ

リーネ(部屋の鍵、掛けられないけど……)

リーネ(別に入られて困る事なんて無いし、大丈夫だよね……)


リーネ「談話室、だっけ……」


リーネ(扉、開けっ放しでいいかな……?)

リーネ(そのほうが、いないってわかるもんね)


リーネ(ミーナ中佐は、まだ帰ってこないのかなあ)

リーネ(エイラさんも部屋に籠もりきりだし……)


リーネ「……!」



58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:38:06.41 ID:WHXjgAiD0

ズッシリ


シャーリー「よっ……と」

シャーリー「持てるだけ、持ったぞ」


ゲルト「うむ……これだけあれば、司令室で充分立て籠もれるな」

ゲルト「あと必要なのは、仮眠用の毛布と、エイラの服か……」



シャーリー「……何を呆けているんだ、バルクホルン」

シャーリー「早く銃を抜けよ」


ゲルト「……!」


66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:41:43.96 ID:WHXjgAiD0

シャーリー「解っているのか? 私はいま缶詰で両手がいっぱいなんだ」

シャーリー「敵が私達を襲撃するなら、今しかない」

シャーリー「お前が武装しないで突っ立っていて、どうするんだ」


ゲルト「……」

ゲルト「そうだな」

   カチャ


シャーリー「……」

ゲルト「……」


ゲルト(……私は…解らない)

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:45:36.69 ID:WHXjgAiD0









    ゲルト『なあシャーリー、お前の言う『敵』とは、何だ……?』
                         ~~~~~












78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:50:23.42 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「私達は今、誰と戦っている……」

ゲルト「ネウロイと戦うはずの私達が……いや、これはもはや、戦いなのか?」

シャーリー「……おい、バルクホルン……」


ゲルト「エイラがな、……懐かしい事を言っていた」

ゲルト「これは、『ウェアウルフ』のゲーム上なんだと……」


シャーリー「……昔、お前と遊んだような気がするな…」


ゲルト「ああ。お前が狼の時にはよく騙されたものだ」






ゲルト「だが……もう、騙されない」

        カチャッ

シャーリー「……!」

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:55:44.85 ID:WHXjgAiD0

  ゲルト「……」

  シャーリー「……」





ゲルト「お前は、……『狼』か?」




シャーリー「……違う」

シャーリー「――ただの、楽天家な、村人さ」



シャーリー「で、……お前は? バルクホルン」


ゲルト「……」

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 01:57:45.70 ID:jC79forhO
これは手に汗握る展開っ

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:00:11.17 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「『予言者』、はエイラに取られてしまったがな……」

ゲルト「私には……『狼』の牙から仲間達を守らなくてはならない……義務がある」


  ゲルト「……私は――『狩人』だ」





シャーリー「……」


シャーリー「……如何によっては」

シャーリー「――死ぬ気なのか。バルクホルン」

ゲルト「……」


シャーリー「お前との心中なんて、好みじゃないね」


89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:01:51.65 ID:P0wL58QoO
お姉ちゃん、今日はクリスの誕生日なんだぜ…

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:05:06.22 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「心して答えろ……シャーリー……」

ゲルト「これがお前の運命の一票だ」



シャーリー「それは、お前の運命でもあるぞ……」

シャーリー「選択を誤れば……ハムスター以外の死体が二つ並ぶことになる」

シャーリー「このゲームは、終わってしまう……!」





  ゲルト「聞け」








   ゲルト『 犯人は、ハルトマンで有るか否か? 』
         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:08:11.86 ID:S4v8uoYD0
しかし・・・復讐ならあの人しかいないんじゃ・・・

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:11:30.13 ID:WHXjgAiD0

【3Day 05:30-07:00 ダイアリー】


      さて……おかしな事になってきたな


       ハルトマンは犯人か否か……
      目の付け所はとても良いところだと思うよ。

    でもね、これは……駄目なんだ。 非常にまずい展開だ。
  だって……ハルトマンの無実なんて……証明しようが無いじゃないか!


    悪魔の証明?  天使の証明?  どぅちでも同じことさ

    肝心のハルトマンが見つからないんだからな! ああ、困った!



     エイラは爆発寸前、バルクホルンは暴発寸前

           これ……止められるかな? 大丈夫かなぁ?



              なんとかしないと、死体が勝手に増えちゃうぞ!?

98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:16:22.95 ID:WHXjgAiD0

【司令室】

  エイラ『さあ、ミヤフジ! 中佐!』ポロポロ


  エイラ『証明して見せろ! ハルトマンが犯人じゃ無いって言うんならなー!』

  エイラ『誰が、誰が犯人なんだよ!』



  芳佳『お、落ち着いて下さい! エイラさん!』

  ミーナ『……』



  ミーナ『そうね、一度……貴方の納得する形で、……』

  ミーナ『最後まで話し合った方が良いのかもしれないわ』


   芳佳『ミーナ中佐……』


100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:21:24.39 ID:WHXjgAiD0

    ミーナ『少し、場を借りるわよ』


     さて……――、エイラさん
     貴方は、私達に、ハルトマンが犯人ではない証明が欲しいのね?


   エイラ『ああ、そうだぞ』

   エイラ『ミヤフジ、お前、ハルトマンは犯人か?』


   芳佳『……いいえ! そんなわけありません!』


   エイラ『そうか……なら、証明しなきゃな』

   エイラ『自分の言葉には、責任ってもんを、持つべきだからな』


      《エイラさんが言えた義理では無いと思うんだけど……》

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:26:31.57 ID:WHXjgAiD0

     それで、宮藤さん――

      貴方はエイラさんの言うとおり、ハルトマンさんの無実を示す根拠―
      証拠、もしくは証明を示さなくてはいけないわ。


    芳佳『しょ、証明……ですか……』

    芳佳『そんな……急に言われても……』


    エイラ『まあ、ミヤフジには無理だろうなー』

    エイラ『口答でいいよ。根拠だけを語ればいいんだ』



    芳佳『ハルトマンさんの……無実を信じる根拠……ですかぁ…』

    芳佳『……ありません!』


104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:28:13.73 ID:DiC7B15N0
逆転裁判っぽい展開だなw

108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:29:28.40 ID:tqqngKbjO
どちらの視点でも鍵はエーリカなのか…

109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:30:51.09 ID:WHXjgAiD0

    エイラ『……』ズルッ

     …………。


    芳佳『あ……駄目、でしたか…』

    芳佳『でも私……ハルトマンさんは、絶対にそんなことしないと信じてます!』

    芳佳『じ……自信、あるんです!』


   エイラ『ハルトマンを信じる自分を信じるってかー? めんどくさいなー』

   エイラ『どうせ、ハルトマンの方ではミヤフジなんて信じちゃいないさ』

   芳佳『そ、そんな事……』


111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:35:06.04 ID:WHXjgAiD0

      なるほど……
      ……そうね、宮藤さん、あなたはエーリカを信じているの?


    芳佳『……はい』

    芳佳『私は、ハルトマンさんが無実だと、信じています!』


       ………。
       きっと、その気持ちは、エーリカに届くはずよ。
       忘れないであげてね。

     芳佳『は、はい!』



    エイラ『は、犯人信じてどうすんだー!』


     ミーナ『エイラさん。貴方のお相手は私がするわ』ニコッ

     エイラ『う……』

114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:37:12.33 ID:jC79forhO
やはりエイラは屁たれ

116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:41:45.34 ID:WHXjgAiD0

【貯蔵庫】

  シャーリー『さて、何から話せばいいのやら』

  シャーリー『ハルトマンが犯人で有るか否か――か』
                 ~~~~~~~~~~~~~~~~~

   ゲルト『……』  チャキッ


  シャーリー『いいかげんそれを下ろしてくれよ……マトモに推理もできない』

  シャーリー『お前は私に推理をさせたいのか? 心中したいのか?』

  シャーリー『好きなのか? 恋してたのか? 気付かなかった私が悪いのか?』




   ゲルト『……』


   ゲルト『今の私は、酷く冷静だからな。地獄の釜も凍り付きそうなほどに』
              ~~~~~~~~~
   ゲルト『言葉は選べよ、シャーリー』


117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:41:53.12 ID:WXXXTajN0
>>114
おう兄ちゃんちょっとツラ貸せや、な?

122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:45:43.93 ID:9lN7fkBxO
そろそろペリ犬の事を思い出してあげて

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:45:54.91 ID:WHXjgAiD0


  シャーリー《怖い……》

  シャーリー《こりゃ、ちょっとでも返すのを間違えると、地獄のベナルティかな…》

  シャーリー《そ、そもそも私は何をすれば良いんだ?》


   ゲルト『……』ギッ


  シャーリー《質問は許さん! って顔だな。石頭め……》

  シャーリー《さて、私が探らなくちゃならないのは――ハルトマンの事か》


             ハルトマンは、犯人で有るか、否か
             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  シャーリー《さて、私はどちらを答えなければならないのだろう》


124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:49:34.91 ID:WHXjgAiD0

  シャーリー《犯人で有る――ならば、そのまま真犯人はハルトマンだ》

  シャーリー《否――であれば、おそらく私は、真犯人の提示を求められるか……》


  シャーリー《私が選ぶべき答えは、――おそらく後者だな》



     こいつは、先程、自らの事を『狩人』だと言った。
     狩人とは、本来の意味ではなく、ウェアウルフ上においての駒の事だろう

     『狩人』その駒は、村人と同義ではあるが、
     『人狼』の攻撃から、指定した村を守る、という特殊行動が可能な役職だ。


  シャーリー《本来、ウェアウルフの世界では、常に受け身である狩人――》

  シャーリー《なのにバルクホルンは、私に銃を突きつけている》

  シャーリー《わざわざ、私に狩人だ、と明かした上で》


125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:53:52.70 ID:WHXjgAiD0

     守るべき『狩人』が、攻めに回る――

     これはつまり、場の収束――このゲームの結末が近いことを意味する
     村人の仮面を剥ぎ棄てた狩人が、村を死の覚悟で先導する――

     まずいね、これは……



  シャーリー《おそらく、私が『犯人はハルトマンだ』なんて答えたら》

  シャーリー《私はこの場で銃殺、さようなら》

  シャーリー《バルクホルンは基地内に潜むハルトマンを見つけ出し、始末――》

  シャーリー《――の、後に自殺。最悪のシナリオだ》



        ならば選べるのは後者だけなんだけど――うーん……
        ハルトマンって、本当に無実なんだろうか?

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 02:58:54.97 ID:WHXjgAiD0

    そもそも、バルクホルン自体はハルトマンをどう見ているんだ?



━━ ゲルト「私は―――エーリカを信じているが……その自分を信じることが…できない……」 ━━



              いつかのだれかさんの発言、さ

            信じているのなら、なぜ私に結論を求める?

         これは、純粋に私の真偽を確かめるテストなのか……?



           いや……そうじゃない……これは……もしや……


                      …………!


                そうか、やはりそうなんだな。



129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 03:02:26.97 ID:WHXjgAiD0

【司令室】

    ミーナ『これで、ご満足かしら?』










    エイラ『……』

    エイラ『で、でも……これじゃあ……』


    ミーナ『おかしな所は無いわ。犯人、殺害方法、全て完璧よ』

    ミーナ『そして、このパターンだと……ハルトマンは、犯人ではない、わね』
                          ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    エイラ『……そ、そうだけど……』

    エイラ『でも……なんか……これじゃあ……』

131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 03:06:43.68 ID:WHXjgAiD0


     芳佳『……うう』ヒック

     芳佳『こ、こんなの違います! 間違ってます!』


     ミーナ『あら……宮藤さんはもう、解ってると思ったんだけど』

     ミーナ『何か、解らないところがあったかしら?』


    芳佳『だ、だってこんなの……おかしいですよ……』

    芳佳『犯人も……何もかも……』


      ミーナ『……そうね。ちょっと宮藤さんには理解出来ないかも知れないわね』



      ミーナ『でも、――エーリカはこれで無実よ』ニコッ



      芳佳『…うっ……ひぐ……うわぁ………』ポロポロ

      エイラ『み、ミヤフジ……』

133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 03:08:36.02 ID:1Zl4O3dc0
なにがおこったんだ....

137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 03:10:08.07 ID:WHXjgAiD0


━━━━━━━━━─────
━━━━──


                   ハルトマン

             無実?         殺人者?
           村人?                狼?



               いや……そうじゃない。

            こんな二択じゃない……もっと……

             もっと現実は、違っているんだ―



     シャーリー《 気付いていたはず、だったんだがなあ 》


           そう。 狼は残酷なのがお気に召すのさ





140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 03:13:54.86 ID:WHXjgAiD0
【貯蔵庫】

   ゲルト『……』

  シャーリー『……』


  シャーリー『……たとえば、だ』

  シャーリー『ハルトマンを、犯人ではない、と仮定しよう』

   ゲルト『……!』


  シャーリー『そうだ、私達は最初から、ハルトマンが犯人だと決めつけていた』』

  シャーリー『何故か?』


  シャーリー『あいつが怪しいから? 発言がおかしかったから―?』

  シャーリー『嘘を付いたから……? 逃げ出したから……?』



  シャーリー『違う』

  シャーリー『決めつけたのは、お前だ。バルクホルン』

141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 03:15:05.36 ID:Mn8C6T920
.: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄
夢への共犯者・・・。 どこまででも飛べそう・・・。

142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 03:17:21.30 ID:WHXjgAiD0


   ゲルト『私……だと……』


  シャーリー『そうだ』

  シャーリー『お前も、気付いているんだろう?』


   ゲルト『……』



   シャーリー『犯人で有るか、否か、じゃない』


   ゲルト『……違うぞ』




   シャーリー『お前は――信じていたいだけだ』


   ゲルト『シャーリー……!』


145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 03:22:26.40 ID:WHXjgAiD0
  シャーリー『ハルトマンは、密室の禁固室にいた』

  シャーリー『そして、外から鍵を開けてもらう以外に、脱出方法は無かった』



   ミーナ『そこに、現れたのが、『共犯者』よ』

   ミーナ『いや……エーリカは無実なんだから、『真犯人』とすべきね』



  シャーリー『共犯者、であるならば、おそらくハルトマンの脱出の手助けをしに来たのだ』

  シャーリー『鍵を一度開けておけば、ハルトマンは好きな時に部屋に戻り、ずっと『閉じ込められ』を演じることが出来る』



   ミーナ『それをしなかった、と言うことは、エーリカに近付いたのは共犯目的では無かった』

   ミーナ『孤立したエーリカの元に現れた、真犯人、というわけよ』



      シャーリー『さて、バルクホルン。お前は……もう、理解しているんだろう』

       ミーナ『宮藤さん……もう、解るでしょう? エーリカは犯人じゃなければ…』



147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 03:23:29.65 ID:WHXjgAiD0









                 エーリカ・ハルトマンは、被害者か、加害者か?
                                ~~~~~~~~~  ̄ ̄ ̄ ̄












150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 03:25:17.42 ID:WHXjgAiD0
  逆転ウィッチーズ

  ……第2幕、ほぼ終了です。  お疲れ様でした。

  元来の遅筆に誤字などが加わり、時折見ていられなくなるほど酷い部分もありました。
 しかし、それでもなんとかここまで作品を続けられ、感謝しております。

  おかしな事に予定道理なら、昨日で第2幕終了、しているはずでしたが……
  未だ、荒野の途中にあります。

  予定していたストーリーを辿ってみると、予想以上に展開パートが長い事に気付き、
  深夜ながら焦っています。でもさるさんは怖いです


   長さだけ見れば、ちょうどこのあたりまで来ました  
 ┏┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━━━━━━┓
 ┃┣━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━▼━┳━━━┳┫
 ┃┃   第1幕    ┃         第2幕            ┃第3幕 ┃┃
 ┣┻━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━△━┻━━━┫┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■━━━━━┻┛

  第3幕は解決編なので無駄な考察やミスリードもなく、サクサク進められると思いますが…
  重ね重ねごめんなさい。


156 1 ◆.ewUP/EILA :2011/02/08(火) 03:29:42.47 ID:WHXjgAiD0

 犯人がそろそろバレてきました。
 一応、展開編があと一歩残されているので、そこで初めて真実が見えると思います。
 最後のキーは、まだ提示していません。文字通り。


 バルクホルン大佐が気になって皇国の守護者を読み返すと、
 あちらも大尉でした。誰ですかバルクホルン大佐

 うみねこはアニメだけ見ました。漫画もコンビニで立ち読みしました

 人狼に関する質問の受付は終了しました。
 タロットに関する質問の受付は終了しました。
 ※ミスです
 ※伏線です

     以上でだいたいの質問にはお答え出来ると思います



 スレ移動の際は、ご迷惑をお掛けしました。

 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 おやすみなさい。

161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 03:39:10.04 ID:1Zl4O3dc0
>>1
乙!

少なくとも最近のSSスレの中では類を見ないくらい最高におもしれーぜ!!

163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 03:48:32.70 ID:msTzP3T1O
おつ
眠れない夜が続くな

164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 03:51:11.37 ID:DiC7B15N0
>>1
次回も期待してるよ

173 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 05:10:06.94 ID:Aqec8w+UO
リーネ殺害のトリックはわかったけど少佐殺害の決め手がない

174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 05:18:51.84 ID:5yY91r3W0
ただ、やっぱタイトルからしてペリーヌ関係あるんじゃないかな?

185 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 08:42:03.83 ID:R8rwoCdI0
ウジュ

198 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 12:19:45.97 ID:sflg0O2BO
犯人は複数で共犯ではないって事か?もうわからん!

227 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 17:21:33.54 ID:lV7N3H3P0
色々推理考察してる人の中のスレで
どれか当たってるのがあるの可能性はあるなw

>>1に確認したいんだけど、当たり前と分かってて質問
犯人は最初から決まっているよね?レスとか推理みて変更したりさすがにないよね?w


229 1 ◆.ewUP/EILA :2011/02/08(火) 17:34:14.38 ID:WHXjgAiD0

定期連絡です。 21:00ごろより少し遅れて再開させて頂きます



>>227
上手くは言えませんが…、

この物語の核心部分を、物語の序盤に設置してあります。
犯人、トリック、全てに関わることなので、もはや変更は出来ません。

誰か正解を引き当てた方がいらっしゃったとしても、一切触れずに進行します。
ご了承下さい。

237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 18:01:19.17 ID:rquG2n1S0
俺の予想じゃ犯人はエイラ若しくはシャーリー場合によりサーニャ所によりバルクホルンケースバイケースでミーナ

259 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 19:46:23.21 ID:r4i+vQoq0
淫獣が犯人だったら死体の胸元がはだけてメチャクチャになってるって描写が入るはずだから
とりあえず真っ先に淫獣は容疑者から外れたな

263 1 ◆.ewUP/EILA :2011/02/08(火) 20:19:38.74 ID:WHXjgAiD0

エーリカ「いやー寝相悪すぎてさー、知らない内に扉を擦り抜けちゃったよー」

ミーナ「ここでネタばらし、犯人はバルクホルン大佐よ」

ルッキーニ「シャーリー! あっちにムシいた! ムシー!」

シャーリー「バイクで時間差トリックを作り出すのさ! ……何? 違う?」

サーニャ「スパイ映画の真似して、窓を破ってみたんだけど……平気だったわ」

エイラ「サーニャ……! その、裸で待ってたのに……酷いじゃないか!」

マルセイユ「私も入れて、11人じゃなかったのか!」



少佐「いや、正直危なかった。――眼帯が無ければ即死だった」

リーネ「この豊満な胸が、奇跡を起こしてくれたんです」チラッ


芳佳「お、おおぅ……」

ゲルト「こいつら……!」


ちょっとだけ再開が遅れます。21:15くらいになります

285 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 21:21:34.33 ID:WHXjgAiD0

【3Day 06:30 貯蔵庫】


ゲルト「……」

シャーリー「……」

シャーリー「バルクホルン」



シャーリー「割り切れ……私達のハルトマンは、……」

シャーリー「……どちらにせよ……もう、いない」



ゲルト「……、……なら、私はどうすればいい」

ゲルト「……答えろシャーリー」

286 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 21:26:31.97 ID:WHXjgAiD0


シャーリー(……)


シャーリー「それを決めるのは私じゃない」

シャーリー「でも……これだけは言えるぞ」


シャーリー「私がお前なら、最後まで思ったことを信じて――戦い抜く」

シャーリー「仲間を守れるのなら、なんだってやる」



ゲルト「……」

ゲルト「……そう…か」


290 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 21:30:34.04 ID:WHXjgAiD0

シャーリー「お前は……」


シャーリー「ハルトマンが、犯人だと考えているのか?」

シャーリー「それとも、ハルトマンの無実を信じているのか?」



ゲルト「……決まっている」

ゲルト「……あいつが犯人で……あるはずが無いだろう」




ゲルト「……だが……そうなら、あいつは禁固室で真犯人と接触したことになる」

ゲルト「……あいつが無事である保証は、無い」



292 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 21:35:59.04 ID:WHXjgAiD0

シャーリー「……」

シャーリー「……それが、怖かったんだよな」


ゲルト「……」



シャーリー「ハルトマンの事が、……本当は、心配でたまらなかったんだろう」


ハルトマン「ハルトマンが犯人かもしれないという結果が……お前を軍人として葛藤させた」

シャーリー「本当は……今すぐにでも、ハルトマンを探しに奔りたいくせに」


シャーリー「お前はそう言う奴さ、バルクホルン」

ゲルト「……」

293 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 21:40:33.42 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「……」

ゲルト「……お前に……何が解る」




ゲルト「私は……今やこの部隊の要だ」

ゲルト「私が自ら起たなければ……誰が芳佳たちを守れると言うのか……」

ゲルト「たとえ誰が犯人で有ろうと……!」



  カチャ

ゲルト「……」

シャーリー「もう、いいんだ、バルクホルン」



   ギュッ......



297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 21:43:18.84 ID:1LUPcp2F0
シャーゲル!シャーゲル!


301 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 21:45:25.17 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「……な…」



シャーリー「ほら、……私が、わかるか?」


シャーリー「お前は、また一人で立とうとしているじゃないか」

シャーリー「でも、今は、こんな近くに……私がいる」

シャーリー「」


シャーリー「まったく……出来の悪い姉を持った気分だよ」



ゲルト「……」

ゲルト「……お前が妹なら、……私はきっと気苦労で倒れているだろうな…」グスッ


シャーリー「……そんときは、私が優しく看病してやるさ」

303 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 21:50:11.13 ID:tqqngKbjO
シャーゲル!シャーゲル!

306 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 21:50:47.44 ID:WHXjgAiD0

シャーリー「お前は、ハルトマンが犯人だと、思っているのか?」




ゲルト「状況から見るのであれば……そうとしか考えられない……」


ゲルト「だが……私は……どうしても考えられない……」

ゲルト「あいつが人を……仲間を殺すなんて……」



シャーリー「……なら、信じるんだ」

シャーリー「今のハルトマンを信じてやれるのは、お前だけだ」

シャーリー「お前が――、お前が信じてやらなくては、誰が信じるんだ!」



シャーリー「ハルトマンの無実を!」

307 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 21:52:35.19 ID:Mn8C6T920
sbwgg24


309 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 21:55:59.08 ID:WHXjgAiD0


ゲルト「……信じる」


ゲルト「ハルトマンを、……信じる」





ゲルト「……だが」


ゲルト「それならハルトマンは……どこにいるんだ…?」

ゲルト「何故、私の前に姿を見せない……」


シャーリー(……!)


312 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 22:00:24.73 ID:WHXjgAiD0


ゲルト「……」


ゲルト「……シャーリー」

ゲルト「ハルトマンが犯人ではないなら……それは……」

ゲルト「――――っ」



シャーリー「……」

シャーリー「――まだ、そう決まったわけじゃない」

シャーリー「あいつの事だ。そう簡単にやられるわけがないだろう?」



シャーリー(然し……ハルトマンが犯人ではないなら)

シャーリー(ハルトマンは、実態の所――殺されているだろうな)

317 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 22:07:24.53 ID:WHXjgAiD0

シャーリー「……」

ゲルト「……」



ゲルト「リネット曹長の殺人事件――」

ゲルト「これで……容疑者は、絞られた」


シャーリー「ああ」


ゲルト「事件の当時、お互いを証明出来るものは、お前と私に、ミーナ、芳佳」

ゲルト「この四人には、事件の実行は不可能だ」


シャーリー「……」


318 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 22:11:46.17 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「隣の寝室で一人でいた、エイラ」

ゲルト「行方不明の3人の内……事件直前から行方不明のルッキーニ」

ゲルト「姿の見えない、ペリーヌ」


シャーリー「エイラか……ん?」

シャーリー「あいつは、たしか犯行が不可能なんじゃなかったのか…?」

シャーリー「……エイラに関しては、サーニャの消失事件もあるぞ?」


ゲルト「お前はあの時眠っていて……聞いていなかったようだな」

ゲルト「お前の部屋の……『鍵の行方』だ。シャーリー」


シャーリー「……!」

シャーリー「そうか、……その可能性も……」

321 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 22:16:25.05 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「説明は必要無いな……」



ゲルト「鍵を部屋で見つけた……という判断が出来るなら

ゲルト「『銃』を部屋で見つけた、という可能性もあり得る……」



シャーリー「身体検査は、全員を小忠実に行っていたからな…」

シャーリー「エイラが銃を手に入れられる可能性は、そこしか無いのか」

シャーリー「確かに私の部屋で銃が一つ行方不明なのは、皆も知っている事実…」



シャーリー(然し、いささか強引が過ぎる気もするな…)

シャーリー(あるかどうかわからない銃を探しに、他人の部屋に忍び込むか? 普通…)



324 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 22:21:04.90 ID:WHXjgAiD0

シャーリー(エイラが犯人だとして……説明出来ない部分は、少し、あるな)

シャーリー(窓の外で棄てられた鍵でも見つかれば、それが証拠になるんだけど…)


シャーリー(いや、おそらくその『鍵』以外は決定的な証拠にならない)

シャーリー(エイラを告発するのは、現段階では不可能だ)


シャーリー(むしろ、行方不明の3人に焦点を当てるべきか……?)




ゲルト「……」

ゲルト「……」ギュッ


シャーリー「お……?」


ゲルト「……なあ、シャーリー」

329 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 22:25:59.99 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「私は、ハルトマンを信じている」

ゲルト「あいつは、犯人ではない……」


シャーリー「……」


ゲルト「……なら、な……」

ゲルト「お前は、……ルッキーニを、信じているのか……?」

ゲルト「それとも、疑っているのか……?」



シャーリー(……)

シャーリー「私は、……」






シャーリー「ルッキーニを、信じているよ」

330 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 22:30:30.87 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「……」

ゲルト「……」

ゲルト「……」



ゲルト「……そうか」スッ




シャーリー「……」

シャーリー(……)





シャーリー(……今、バルクホルンは、……私の鼓動を確認していたな)

332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 22:35:46.28 ID:WHXjgAiD0

シャーリー(カールスラント式の嘘判別方、か……?)

シャーリー(私は……どう答えればよかったのだろう)



シャーリー(おそらく、あそこで私が……『疑っている』と答えれば)

シャーリー(バルクホルンは、私を軽蔑しただろうな……だが……)



   シャーリー『私は……ルッキーニを、信じ切れていない』
                ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シャーリー(嘘を、ついてしまった)

シャーリー(バルクホルンは、この嘘を、何と受け取ったのだろう……)

シャーリー(私のこの思いは、届いたのか? ……届かない方がいいのか?)



シャーリー(どちらにせよ……バルクホルンの印象は、悪くなっただろうな)

335 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 22:40:59.94 ID:WHXjgAiD0


シャーリー「バルクホルン……」



ゲルト「……」

ゲルト「みっともないところを、見せてしまったな」


ゲルト「先程の私は、忘れてくれ……」



シャーリー(駄目だな……私は)

シャーリー(最後の最後に、誤るなんて)


シャーリー(ハルトマンの事はえらそうに言っておきながらも……)

シャーリー(私は、自らルッキーニの件に決着を付けていない)



シャーリー(……でもな)

338 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 22:45:52.68 ID:WHXjgAiD0


シャーリー(なんだか腹が立ってきたぞ、バルクホルン)


シャーリー(私は、こんなにも頑張っているんだ)

シャーリー(お前に信用されようと、必死なんだぞ)


シャーリー(それが何故だかわかるか?)



ゲルト「……」

シャーリー(いや……わかんないだろうな……この石頭にはさ)



ゲルト「……」

ゲルト「…シャーリー」


342 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 22:52:45.44 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「先程は……その、すまなかったな。取り乱して」


シャーリー「……? いや、いいって」

シャーリー「私の胸が大きいのは、たくさんの人を抱きしめる為だからな」

シャーリー「悲しくなったら、いつでも来いよ」



ゲルト「……」

ゲルト「お前は、凄い奴、だな」


シャーリー「な、なんだ? 胸の話か?」

ゲルト「いや……」


347 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 22:56:37.06 ID:5kZlOYqi0
俺も抱きしめてもらえるのかな……!

348 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 22:56:41.61 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「その、心だよ……」


ゲルト「私は……ハルトマン一人でも……押し潰されそうなほど怖かった」

ゲルト「あいつが逃げた時……頭のなかに真っ先に浮かんだのは」


ゲルト「――私に銃を向ける、ハルトマンの姿」

ゲルト「そして、それに向かい、引き金を引く私自身の姿だ」


シャーリー「……」


ゲルト「私は、怖い……自分の、状況が」

ゲルト「仲間に銃を向けなければならない、私達が」

352 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:01:04.11 ID:Gf860B1qO
>>347
バァン

355 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:02:53.20 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「私は、仲間を撃ちたくない」

ゲルト「仲間を守る為に戦ってきたんだ――これまでも」


ゲルト「私の人生は、自分の物じゃない。祖国を、誰かを、妹を――」

ゲルト「守るための、ものだ」


ゲルト「もしも、ここでエーリカやルッキーニが現れて、私に銃を向けた時」

ゲルト「私は、……おそらく躊躇無く引き金に指を掛けるだろう。」


ゲルト「私の前には……エーリカ」

ゲルト「後ろには……501の、仲間達」



ゲルト「私には、……仲間を天秤に掛けるような真似は……出来ない」

357 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:09:06.76 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「……」

シャーリー「バルクホルン」





   ガッ

ゲルト「ぎゃっ!」

ゲルト「な……何をするリベリアン! 貴様……」


シャーリー「一応、殴っとこうとおもってさ。それ以上喋る前に」


シャーリー「お前は、大馬鹿だぞ」


ゲルト「な、何……」


362 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:14:21.51 ID:9WBiaOHPO
たまにでいいのでペリーヌも思い出してやってくださいまし

364 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:14:47.89 ID:WHXjgAiD0
シャーリー「黙って聞いてみれば、仲間が敵になるのが怖いって事だろう?」

シャーリー「石頭で根暗な軍人なんて、カールスラントにはそんな連中ばっかりか?」

ゲルト「なっ……」


シャーリー「どうして、両極端でしか物を考えられないんだ」

シャーリー「仲間を天秤に掛ける必要なんて、どこにもない」


シャーリー「どちらも精一杯、掬えるだけ掬っとくのが正しいに決まってるさ」


ゲルト「馬鹿な……そんな理想論を語っていられるような……」


シャーリー「ていっ!」 ガツッ

ゲルト「うぎゃっ!」


371 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:22:15.69 ID:Ai3RoRD20
          ,  -――-  、. ' 三三 ┃|
       /         \ .'..    ┃|
      /  / 〃       ''  . 三┃| _____________
        /_/  / / //      ..┃/
      |  l L{!ヽ_⊥/__/,― | | イ「i.三 < SPTと聞いて
      |  | |f tテ=   tテ,ァレl || | | /7┃\
      |  | l廴_ノ⌒{_ ノ//|i レ {..┃|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |  イ | \ f ーァ , イ/   } !  |..┃|
      ∨ | `' ´⌒ヽ<{  (、 人   イj┃|
      / ゝ‐ '⌒ヽ }ヽゝ、  }/ : :\/:j.┃|
     /   |/: : : :/\ン:.)ノヾ: : : : /.┃|  ガラッ
   / /  !: : : : : : : : : ー7:{: : :`:/... ┃|
  / /{  |  ヽ: : :: : : __: : : : : : : :/:i   ┃|
.  { /{ |  !    \::.:.:.:.:.:.: ̄: :ーイ .:|...  ┃|
  ヘ ヽヽ ヽ    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.|l:.:!    ┃|
   ヽ. } \ i ヽ  |ヽ:.:.:.:, ': : : : {{:ノj   ┃|
    j ノ  )人/\ j:.:}.:.:,:´: : : :.ll:l .   ┃|
            ソ: : : : : : : : : :||:| 三  ┃|
            /: : : : : : : : : : :{{:ii   ┃|
          /: : : : : : : : : : : :|l:| .  ┃|


372 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:23:17.95 ID:xGu5n86t0
SPT終了
今日もいいSPTだった

373 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:24:12.26 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「貴様……なんども……先任大尉のこの私の頭に……」


シャーリー「ふふん……器のちっちゃい石頭軍人なんざ」

シャーリー「私の前ではES出たての我が儘娘も同じだな!」


ゲルト「誰もが……貴様のように割り切れる分けではないんだ!」

ゲルト「誰でも救えるわけではない!」


シャーリー「いいや、救えるさ」

シャーリー「私の胸が大きいのは、たくさんの人を抱きしめる為だからな」

シャーリー「その石頭、ちっとは柔らかくしてやるよ」


ゲルト「な……なんだ、急に…」

ゲルト「もう馴れ合いは終わりだ、よせシャー―――」ムグッ

382 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:32:57.21 ID:WHXjgAiD0

シャーリー「……」


シャーリー「あのなあ、……バルクホルン」


シャーリー「確かに、お前の言うとおり、なのかも知れない」

シャーリー「人は、誰かを守ることが苦痛になる時もある」


シャーリー「誰かを守るって事は、自分を殺すってことだからな」

シャーリー「そう考えりゃ、すべての物を守る事なんて……出来ない――かもしれない」

シャーリー「自分の大きさに比べて、守りたい物ってのは、どんどん大きくなるもんだ」



シャーリー「ましてや、この状況だ。誰かを守るためには、必死になるのは間違いじゃない」

シャーリー「でも、……それを守る為に、他の何かを壊すのは、間違ってるんじゃないのか?」




ゲルト「……」

385 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:34:38.57 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「……」

シャーリー「……」


   ……………。





シャーリー(我ながら……恥ずかしいことを言ったな)

シャーリー(少し……赤面してきたかもしれない)

シャーリー(バルクホルンもさっきから俯いて――)



ゲルト「……すまな……かった」

389 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:38:31.75 ID:dBErpOBp0
一期小説版のペリーヌ話は泣けた

391 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:39:41.98 ID:WHXjgAiD0
シャーリー「……あっ…」


ゲルト「……」

ゲルト「……シャーリー」


ゲルト「私はどうやら……また、……間違っていたみたいだ」

ゲルト「疑うことと……守ることは……違う…」

ゲルト「誰かを信じると言うことを……私は無意識のうちに、恐れていたのかも知れない…」



ゲルト「……だが……もう、迷いはしない」

ゲルト「だが、私は、……きっと、立ち上がってみせる」

ゲルト「その時は……お前も、――共に」



シャーリー「……」

シャーリー「ああ」

396 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:42:11.44 ID:WHXjgAiD0

シャーリー「……」

シャーリー「そろそろ、行こうか。皆に食料を届けないとな」


ゲルト「……そうだな」





ゲルト「……」

ゲルト「……ま、待て」

シャーリー「……?」



ゲルト「もうすこし……このままで、いさせてくれ」


399 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:44:39.36 ID:WHXjgAiD0
シャーリー「……」


ゲルト「……お、」

ゲルト「お前と顔を合わせたくない……だけだ」



ゲルト「その……こんな、顔じゃ……な」

ゲルト「……ぁう…」








シャーリー「……もう少しだけ、…だぞ」

ゲルト「……ああ」




404 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:48:11.63 ID:WHXjgAiD0


【3Day 06:30 司令室】



ミーナ「もう……解ったかしら? 宮藤さん」

ミーナ「現時点で、一番怪しまれるべきなのは誰か……」


エイラ「……」

芳佳「……」



ミーナ「リネットさん殺害の真相――真犯人がエーリカであっても……」

ミーナ「もう一人の行方不明者――であっても」




  ミーナ『その共犯者は、――『シャーロット・イェーガー大尉』、になるのよ』
                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



408 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:49:42.02 ID:PhxM3dQL0
うぇああああああねええええちゃあああああああんんwwwwwwwwwwww

410 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:50:06.14 ID:dBErpOBp0
ふむ

415 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:52:45.67 ID:NFqoJSEt0
サーニャじゃないのか

423 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:55:04.09 ID:WHXjgAiD0

芳佳「そんな……シャーリーさんがこの事件の共犯だなんて……」

芳佳「その……あり得ません……」



ミーナ「有り得ない? ……そうやって決めつけるのは、良くないことだわ」

ミーナ「よく考えて――私の話を聞いて頂戴」

ミーナ「ね? 宮藤さん」


芳佳「で……でも……」



エイラ「……」

エイラ「ミヤフジ……ここは黙って聞いてみようじゃないか」

エイラ「中佐には、どんな考えがあるんだ?」

431 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/08(火) 23:59:18.63 ID:WHXjgAiD0

ミーナ「そうね……まず、結論から言うわよ」





  ミーナ『犯人は、行方不明のルッキーニさん、ハルトマンのどちらか』
            ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ミーナ『そして、そのどちらにおいても、共犯はシャーリーさん』
                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



   これが、今のところ私の中で出た推理の中で、一番有力と言えるわ。

    事件直後より消えた二人のどちらかを犯人として見ると、
    事象がかなり明確なものになるのよ。


440 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:03:11.72 ID:s27CSVLA0

  まず、ハルトマンを主犯、シャーリーさんを共犯として考えた場合――


    第一の事件は、ハルトマンによる坂本少佐の殺害。
    これは、全くと言っていいほどシンプルなモノね。

    夜の00:00-02:00、
    ハルトマンは宮藤さん達の目を欺き、部屋を抜け出したの。

    目指す場所はハンガー。
    そこで坂本少佐を待ち構え、殺害するわ。

    そして再び貴方たちのベッドに戻り、何食わぬ顔で眠るのよ。
    坂本少佐を殺害したその手で、貴方たちと同じ布団でね。


  芳佳『……っ』ゾクッ

  芳佳『……ま、待って下さいよ……おかしいです』

446 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:08:20.80 ID:s27CSVLA0

   芳佳『た、たしかハルトマンさんがベッドを抜け出したのは―』

   芳佳『04:00ごろだったはずです!』
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   芳佳『これは、被害者のリーネちゃんが、はっきり証言していることですよ!』

  ━━ リーネ「0400時くらいだったと思いますけど……」 ━━



   ……、それが、どうしたの?
   事件の発生は、その2時間も前の事よ。


   芳佳『え……でも、ハルトマンさんの外出時間が……』


    宮藤、さん? よく考えて。

   あなた、00:00-02:00の間、眠っていたんでしょう?



447 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:13:19.89 ID:s27CSVLA0

    だとすれば、たとえ犯行時刻から2時間過ぎた外出なんて、
    何の足かせにもならないとは思わないの?


    00:00-02:00の間、ハルトマンの無実を証明するものなんて、

    何も、無いのよ?


    隣で眠っていた、貴方でさえね。


     芳佳『う……うう……』


    最も、これは何度も繰り返した議論じゃない。

    シャーリーさんが戻る前にこの話は終わらせたいの。
    効率的に動きましょう。


455 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:17:25.03 ID:s27CSVLA0

    さて、次はシャーリーさんの番ね。

    こちらはご丁寧に、01:30-02:00の空白時間を認めているわ。

    まあ……少佐を撃つだけなら、共犯者なんて必要無いけど、一応ね?
    後々必要となる時間だから。



    エイラ『状況確認に手間取ってんなよなー、中佐』

    エイラ『坂本少佐のアリバイを示せるのは、私とサーニャとシャーリールッキーニのコンビだけで…』

    エイラ『それ以外はアリバイ無し……、これはもう何度も繰り返した議論、なんだろ?』


      あら、言ってくれるじゃない。
      宮藤さんの分を返されちゃったわね、ふふふ。


     芳佳『………』グスン

462 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:22:19.77 ID:s27CSVLA0


    なら次よ。リネットさん襲撃事件。

    これはまた、実行出来る人物が、非常に限られるわ。


    まず……行方不明の人物が全般ね。筆頭にエーリカ……ハルトマンね。

    残っている人たちでは……エイラさん、かしら


     エイラ『ふん……そうさ、証明出来ないさ』

     エイラ『サーニャは行方不明だし……私はひとりぼっちだ』

     エイラ『宮藤とシャーリー、中佐と大尉。どっちに付けばいいのか考えてるところさ』


     まあ、エイラさんはエーリカを疑っているから……
     この説明は理解してくれると、思うわ

469 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:26:34.24 ID:s27CSVLA0

   そう、実はリネットさんの事件……

   行方不明者のメンバーなら、誰でも可能な事件なの!
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   部屋に忍び込み、リーネさんを撃って、窓から逃走。
   至極簡単な話よね。


  ミーナ『……で、ここで問題点があるの』

  ミーナ『エーリカを犯人にしたいんだけど……彼女、禁固室に閉じ込められてるのよね』



  芳佳『……!』

  エイラ《……これは》


  ミーナ『そこで初めて、シャーリーさんが登場するの』

471 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:31:02.80 ID:s27CSVLA0


      宮藤さんは、憶えてるの?
      あなたが、リネットさんを、一人自室に残して行った理由。


      そう……シャーリーさんに、
           ~~~~~~~~~~~~~~~
      ルッキーニさんを探すのを手伝ってくれと頼まれたからよね?
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    エイラ『おい……つまり……』


       そうね。
       あれは全て誘導作戦。
      獲物を孤立させ、別働隊で襲撃……たしか模擬戦でやらされたわよね?


     芳佳『そ、そんな……まさか……』



474 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:36:10.38 ID:s27CSVLA0

     芳佳『そんなこと……あるわけ無いじゃないですか!』

     芳佳『だって……シャーリーさんは……シャーリーさんは……』ポロポロ


        ………。


     エイラ『……』

     エイラ『……泣くな、ミヤフジ。こっち来い』


     エイラ『中佐、一応ミヤフジのためにも、いちゃもんつけさせてもらうぞ』


       あら、何かしら、エイラさん。
       あなたは、たしかエーリ……ハルトマン中尉の犯人説を支持していたんじゃなかったかしら?



476 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:38:11.78 ID:NWdFdoPA0
ミーナはシャーリーが宮藤にルーキー二探すの手伝うように言ったのは知ってたっけ?

477 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:39:25.52 ID:s27CSVLA0

    エイラ『そうだけどな、言っただろう? 私は共犯関係においては――』

    エイラ『しっかりと利害関係が無くちゃ、納得しないんだ』
                ̄ ̄ ̄ ̄
    エイラ『それに……その、ハルトマンとシャーリー共犯説には、落とし穴がある』


      落とし穴……?


    エイラ『そうだぞ。 中佐、さっきこう言ったよな?』


    エイラ『ハルトマンの密室の理由……』

    エイラ『――ハルトマンの所在を誤認する為の罠、だとな!』


     ……そうね、言ったわ。
     あそこで気付かなければ、私達はずっと
     ハルトマンが閉じ込められているままだと思い込んでいた……


    エイラ『まず、そこが、おっきなミスだ』

479 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:41:37.77 ID:Higams530
>>476
インカムでルッキーニの件は聞いていたって言ってたし
そこのことも聞いてたはず

481 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:44:06.20 ID:s27CSVLA0
    エイラ『確かに、その罠を仕掛けたのはハルトマンだろうな』

    エイラ『そうすることで、私達を追い詰められるんだから』



    エイラ『――だが、それを看破したのは誰だったかなー』


━━ シャーリー「もしかして、この中にハルトマン……いないんじゃないのか……」 ━━


    エイラ『そう、共犯者であるはずのシャーリーだ!』


        ……………、迂闊だったわ。
        そうね……これでエーリカとシャーリーの共犯性は……
        薄く、はなったわね……。仕方ないわ。



    エイラ《やっぱり……中佐……なんだか様子がおかしいぞ》

    エイラ《普段はミヤフジに高圧的につっかかったり……》

    エイラ《軽々しい発言なんて、しない人なのに………》

487 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:48:45.60 ID:s27CSVLA0

   ならば、もう一つのルッキーニさんとシャーリーさんの共犯説よ。


   こちらは、もう論ずるまでもなく……坂本少佐の殺害が可能。

   そして、ルッキーニさんが自ら行方不明になることにより……
   リーネさんの殺害も、可能よ。

   エーリカ……ルッキーニさん。

   お互いに、自分の所持している銃が行方不明なんでしょう?
   なら、それを凶器として使用出来るわね。


    エイラ『私の銃も行方不明だけどな……』


    まあ、所在不明銃に関しては数えられないわね……
    全てが犯人の手に渡るとも思えないわ……。なら、怪しい人物の物だけ集計しましょう


494 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 00:53:26.83 ID:s27CSVLA0

  ミーナ『ともかく……ルッキーニさん主犯であれば、ここまでの事が説明出来るの』

  ミーナ『どうかしら? 宮藤さん?』


  芳佳『う……』

  エイラ『……』


  芳佳『その、……もし、シャーリーさんとルッキーニちゃんが犯人なら……』

  芳佳『ハルトマンさんは……』


  ミーナ『犠牲者よ。最初に言ったでしょう』

  エイラ『……』


  芳佳『う……そんな……あんまりです…』



506 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 01:00:13.90 ID:s27CSVLA0


   芳佳『……!』

   芳佳『待って下さい……! その、シャーリーさんが共犯なら……』

   芳佳『外には『真犯人』のルッキーニちゃんがいるはず、ですよね!?』


        ……そうね。おそらく、いるわ。


   芳佳『な、なら……バルクホルンさん、危ないじゃないですか』

   芳佳『もし二人が組んでバルクホルンさんを襲ったら……』



      ミーナ『……殺されるかもしれないわね』




芳佳「……っ!」ガタッ

519 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 01:04:40.66 ID:s27CSVLA0

【3Day 07:00 司令室】


ミーナ「宮藤さん? どうしたの?」


芳佳「な、何言ってんるんですか……バルクホルンさんが、危ないんですよ!」

芳佳「駄目ですよ……そんなの、助けにいかないと……!」


ミーナ「無理よ。返り討ちにあうだけ」

ミーナ「それに、敵の状況から見て、ここで共犯者が裏切るとも考えられないわ」


エイラ「……」

エイラ「敵の状況、だと……?」


533 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 01:10:57.99 ID:s27CSVLA0
ミーナ「そう……もし、敵がハルトマン中尉であった場合」

ミーナ「バルクホルン大尉は、無事に帰ってくる可能性は高いわ」


ミーナ「彼女であれば、基地内の閉ざされたハンガーの開閉先や」

ミーナ「いずれ回復する無線を前に立て籠もる私達を見て、まず、ストライカーを必要とするはずだもの」


ミーナ「まあ、……シャーリーさんがここで私達の元から抜け出すメリットも無い物」

ミーナ「しばらくは、仲間でいられるでしょうね」




エイラ「おい……中佐、上官だけどな、言わせてもらうぞ」

エイラ「その判断は、間違ってる」

エイラ「絶対、どっかおかしいとしか思えないぞ」


ミーナ「……エイラさん、……私達は戦争をしているのよ」

ミーナ「部下の反逆も珍しいことではないわ。最善の行動をなさい」

536 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 01:13:06.50 ID:BppUISjs0
何気にミーナって一度も犯人候補に挙がってないよね

546 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 01:17:36.54 ID:s27CSVLA0

芳佳「エイラさん……」

エイラ「やっぱりだな……中佐!」

エイラ「何も、変わっちゃいないじゃないか……!」


ミーナ「……」




ミーナ「……!」

ミーナ「二人とも、議論は終了よ」


ミーナ「大尉達が、戻ってきたわ」



ミーナ(……銃を持って先導しているのが、トゥルーデ……ね)

ミーナ(……シャーリーさんは大荷物で……)

ミーナ(……? ……二人……? いいえ……三人!?)

552 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 01:20:38.22 ID:gyA6zbLs0
なん……だと……!?

555 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 01:21:54.96 ID:s27CSVLA0

     コンコン....

ゲルト『私だ……バルクホルンだ』

シャーリー『遅くなってすまない。みんな、無事でいたか』


芳佳「あ……」ホッ

エイラ「やれやれ……腹減ったぞ……」


ミーナ「二人とも、まだ扉を開けないで」

ミーナ「様子が、おかしいわ」


芳佳「……!」

エイラ「何だ……」


564 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 01:24:52.02 ID:s27CSVLA0

  ピキュィィィ......

ミーナ(やっぱり……誰か、いるわ……)



ミーナ「シャーリーさん……扉を開く前に」

ミーナ「……先に、あなたの後ろの人を、紹介してもらえないかしら」


芳佳「だ、誰がいるんですか……」

エイラ「サーニャ……サーニャか?」





シャーリー『……』

ゲルト『………ルッキーニだ』


589 1 ◆.ewUP/EILA :2011/02/09(水) 01:40:28.68 ID:s27CSVLA0
ID変わってしまっているかもしれませんが、>>1です。

都合により、やむを得ずノートを使用しています。

こちらの事情により、現時点での投稿が難しくなってしまいました。
残念ですが、本日はここまでとさせて頂きます

完結を先送りにしてしまい、本当に申し訳なく思っています。
明日には復帰出来るはずなので、ご了承下さい。

600 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 01:43:15.66 ID:DYZnY/S6O
ホ、ホシュスンノハ キョウダケダカンナ-

601 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 01:43:41.62 ID:1zntf4PwO
しょうがないわな・・乙
明日も待ってるぜ

659 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 17:04:56.24 ID:WR1JChX90
                 _
              '⌒::.::.::.::`丶、
               /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ
           ,'::::/:::::/::/|::j::::::}::::ヽ:'.
             /::;イ:::::_:::/-l/|::::∧-:::::l
              |:/::|:::/j斗rト' リ/ィぇ'!:::!|
          /::从/ ( じ   じ小八
            厶イVヘ ''     ''/人::\
           ヾ{\介; 、_‘'_.イ:/   ̄
             /V  {ヘ\'´
           r<、 \__|  >、
           /   \_\.j/ ハ
           | \   \__乂/ l∧
           |   ヽ| r-‐'1 ̄ ̄ ̄ ̄ l
           |   | |///|  __  |
.             |   l |///|  |    .| |
              l  \l |///|  | 肝 .| |
           l   ヘ|///|  |    .| |
           ∧    V//|  | 油 .| |
          / ヽ,   V/|  |__」 │
          /   \/^ヽ|______________|

660 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 17:09:03.87 ID:9ynUf2tg0
>>659
肝油は勘弁してください

662 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 17:22:21.28 ID:LyIxySRq0
嫁にしたらエイラはかなり良妻。何だかんだ言って我が侭聞いてくれる。今ならサーニャとさーにゃパパ
もついてくる

嫁にしたらリーネはかなり良い妻。旨い飯作って、暖かく包み込んでくれる。でも旦那の言うがまま
嫁にしたらもっさんは格好いい嫁。飯は旨いし社交上手。だんなの操縦は昼も夜も完璧
おねえちゃんを嫁にしたら、ちょっと暴走嫁。でもいろんな意味で完璧に家庭を守ってくれるいい嫁
ペリ犬を嫁にしたら倹約嫁。無駄使いしなくて、しかも本物の贅沢を知ってる為に詐欺に引っかからない賢い嫁
シャーリーを嫁にしたらワイルド嫁。一軒スピード馬鹿に見えるが、頭の回転もよく機転が利き、実は一番操縦が難しい。しかし乗りこなせたときの爽快感はきっと最高

ババアを嫁にしたら普通嫁。しかし年齢以上に世間を知っており、尻に敷かれること間違いなし。しかしいい嫁
ロマ猫を嫁にしたら、猫嫁。フリーダム過ぎて、全てを許容できる広い男で泣ければ駄目だ
淫獣を嫁にしたら和風嫁。しかし、色々首を突っ込むトラブル体質なのは間違いなし。多分、みっちゃんも付いてくる


666 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 18:24:02.84 ID:jhrfbXIKO
>>662
一回、ラノベ版読んで来い。もっさんはおにぎり一つまともに作れないぞ。

672 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 19:16:03.27 ID:aBMU/zRM0
おまえらに必要なのは料理が上手い良妻よりも、気を強く持っていてくれる肝っ玉母ちゃんだから
もっさん最高だろ

673 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 19:16:35.51 ID:f9+Ahj5n0
msbnl0f033qdf
ラノベ版読んだことないけどこの画像はよかった

674 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 19:20:47.64 ID:j/mZBKd40
もっさんは髪を下ろすとマジ美人

680 1 ◆.ewUP/EILA :2011/02/09(水) 20:45:05.52 ID:s27CSVLA0
21:00ごろより再開します。

682 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:03:15.01 ID:s27CSVLA0


 【3Day 07:15 司令室】


芳佳(……基地が嵐で閉ざされてから、三日)

芳佳(……坂本少佐が亡くなり……リーネちゃんが撃たれ)


芳佳(いつしか、私達は、たったの五人になってしまいました)

芳佳(そして――お互いを疑い、警戒しあっています)


芳佳(犯人は複数なのか。それとも単独なのか――)

芳佳(本当に……私達の中に犯人がいるのか……私には解りません)




芳佳(なんで、こんなことになっちゃったんだろう――)


684 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:05:30.17 ID:s27CSVLA0

芳佳「……ルッキーニ、ちゃん…」



ミーナ「……、まさか、ルッキーニさん、まで……」

エイラ「……」



ゲルト「……ハンガーの地下貯蔵庫より、食料を見つけてきた」

ゲルト「その途上……監視塔の下の花壇で、倒れているのを発見した」

シャーリー「……」






ゲルト「……間違い無く死んでいる」

687 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:08:39.91 ID:s27CSVLA0

芳佳「……」



ゲルト「宮藤……お前には見せたくないものだがな」

ゲルト「ルッキーニの体を、調べてくれ」


芳佳「私が……ですか?」


ゲルト「ああ……」

ゲルト「ルッキーニだけは、どうも他の犠牲者と少し違うようなんだ」


シャーリー(ルッキーニ……)


芳佳「……わかりました」



688 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:11:48.92 ID:s27CSVLA0
芳佳「……」



ゲルト「何か、解るか?」



芳佳「……」

芳佳(血管の浮き具合――)

芳佳(血が止まって顔が少し浅黒くなってる……)


芳佳「おそらく……無くなってから、半日――程度は過ぎています」

芳佳「ついさっき殺された――、とか、そんなん様子じゃありません」


シャーリー(半日か……)

シャーリー(ルッキーニが行方不明になったのも、それくらいだな……)

689 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:15:06.30 ID:s27CSVLA0
芳佳「全身に――擦過傷や、撲傷のような物が――あります」

芳佳「これはたぶん、亡くなってから付いたものです」

芳佳「……この嵐の中にいたから、でしょうか」



ゲルト「……ルッキーニは、死んでから嵐の外に放り出された……と言うことか?」

ゲルト「それとも……もともと、あそこで死んだのか?」


ゲルト「――死因は?」


芳佳「えっと……胸骨とか、全身の各部位に骨折が見られます――」

芳佳(これ……が死因になるのかなあ……)


芳佳「……!」

694 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:17:41.54 ID:s27CSVLA0

芳佳(ルッキーニちゃんの服の背中……真っ黒だ)

芳佳(泥かと思ってたけど……これ、血じゃないのかな……)

芳佳(なら……どこかに、傷口があるはず……)


芳佳「……」


芳佳「……!」


芳佳「……首筋の後ろから、後頭部にかけて――深い切り傷があります」

芳佳「たぶん……、ここが直接の死因に繋がると、思います」


ゲルト「切り傷――だと……?」

ゲルト「撃たれたのではなく、切られた……?」

697 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:20:52.42 ID:s27CSVLA0
芳佳「は……はい。……すごく深いから、ここが一番」

芳佳「他にも、傷口の回りから……ガラスの細かい破片……みたいなのが、見えます」

芳佳(ルッキーニちゃん……痛かっただろうな……)



ゲルト「……ガラス……と言えば、窓か」

ゲルト「……」


シャーリー「……」

シャーリー「なあ……宮藤。ルッキーニは、その……」


シャーリー「殺された、んだよな?」


699 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:24:22.28 ID:s27CSVLA0

芳佳「……はい」


芳佳(ルッキーニちゃんが行方不明になったのは、たしか、リーネちゃんが殺される前……)

芳佳(シャーリーさんと、部屋に戻った時だよね……)


芳佳「……あの…シャーリーさん」

芳佳「その、昨日の事……」



シャーリー「ああ。解ってる。話すよ」

シャーリー「私がルッキーニを最後に見たのは、16:30――少し過ぎぐらいだ」

シャーリー「その後、私は眠ってしまって……」

シャーリー「目が覚めたのは19:00、――前だな」


シャーリー「実際の所……状況は皆とほぼ変わらないさ。隣にいた、というだけで」


701 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:27:19.99 ID:s27CSVLA0

ミーナ「……つまり、1630-1900の二時間半――ルッキーニさんが消えたのは、その時間帯って事ね」

シャーリー「ああ」


ゲルト「私とミーナは、その時間帯をずっと共にいた……」

ゲルト「ルッキーニが連れ去られたと仮定すると、我々は互いの潔白を証明出来る」


芳佳「わ、私はリーネちゃんとずっと一緒にいました……」

芳佳「19:00の時点で、リーネちゃんは眠っていましたが、……」

芳佳「シャーリーさんが会いに来て、その時既にルッキーニちゃんは行方不明でした」


エイラ「私も似たようなもんだけど……サーニャもその期間に行方不明なんだよなー」

エイラ「だから、私は証明なんてが出来ないぞ……」

704 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:30:02.89 ID:s27CSVLA0

シャーリー「一応……言っておけば」

シャーリー「私は、寝る前に確かに部屋の施錠を確認した」


シャーリー「外から来た奴が、ルッキーニを連れ去る……なんてのは不可能だ」

シャーリー「ルッキーニが、自ら外に出たと考えるのが自然じゃないか?」



芳佳(ルッキーニちゃんが、自分から部屋の外に出て、…)

芳佳(そこで、誰かに襲われた、って事になるのかな……?)



ゲルト「……シャーリー、一つ、確認しておきたいんだが」

ゲルト「お前が起きた時、窓は開いていたのか?」

708 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:34:00.44 ID:s27CSVLA0

シャーリー「いや……そこまでは確認していない」

シャーリー「でも開け放ってはいなかったぞ。流石にそれは気が付く」


ゲルト「……なら、扉は?」


シャーリー「扉……? 私の部屋の扉か?」


シャーリー「そりゃあ、ルッキーニだって私がいるのに扉を開け放して行くことはないだろうさ……」

シャーリー「施錠されていたぞ……」


シャーリー「……あ!」

ゲルト「……」

エイラ「……!」


ミーナ「なるほど……」

709 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:38:20.21 ID:s27CSVLA0

エイラ「は、はいはいはい! わかったぞ!」

エイラ「『鍵』、の行方だな!」


ゲルト「そうだ。……シャーリーが起きた時点で、部屋の扉が施錠されていた…」

ゲルト「と、言うことは、――『鍵』が、『ルッキーニにより持ち去られた』と言うことを指す」


ミーナ「もしくは……窓から脱出した、と言う可能性も考えられるけど」

ミーナ「窓の開放はリネットさん殺害の後の可能性もあるのよね……」


ゲルト「そうだな。……鍵が室内に残っていれば、容疑者が増えることになる」

エイラ「大尉このやろー、まだ言ってんのかよ!」



芳佳「……? えっと……」


710 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:40:22.96 ID:JfhbrMU5O
なるほどわからん

712 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:41:18.00 ID:s27CSVLA0
芳佳「あの……? どういう事ですか?」

芳佳「シャーリーさんの部屋の鍵なんて、今、関係あるんですか?」


ミーナ「そうね……宮藤さんたちはあの話の時、眠っていたものね」

ミーナ「二人にもわかるように説明をしておかないと」


ゲルト「シャーリーには貯蔵庫で、私から説明した」

シャーリー「あんまり面白くもない話だったがな……」

シャーリー「それと、こういう事は……エイラ本人から説明させるのがフェアだろう」



芳佳「え? えぇ?」


エイラ「……」

エイラ「なんだよ、もう……」


714 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:43:52.68 ID:s27CSVLA0

エイラ「その……つまり、鍵があるとだな……」

エイラ「その、私でも犯行が……その……」

芳佳「……ど、どういう事ですか……」

    ………!





ゲルト「おいリベリアン、……ルッキーニの件だが……」

ゲルト「殺害されたであろう時間帯について、気付いたことはないか?」


シャーリー「およそ半日前……だったよな、宮藤の検死では」

シャーリー「……すると、リーネの事件のあたりから、司令室に立て籠もる間か……」

シャーリー「……妙だな」


715 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:46:26.36 ID:s27CSVLA0
シャーリー「私達は、リーネの事件の直後から、ずっと共にいた」

シャーリー「つまり、私達の内でルッキーニ殺害を行えるのは、19:00以前となる」

シャーリー「リーネ殺害とルッキーニ殺害が同時期に行われたのなら、犯人は絞られる」


ゲルト「厄介なのは共犯だな……もちろん」

シャーリー「言いたいことは解る……私も弁解は出来ない」



シャーリー「でも一人、……確実にアリバイが無い奴がいる」ヒソヒソ

シャーリー「残念なことに、この五人の中にな……」



ゲルト「………エイラか」ヒソ

716 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 21:49:35.69 ID:s27CSVLA0

ゲルト(エイラは、鍵Aの所持が確認された時のみ犯行が可能だ)

ゲルト(その場合、エイラはルッキーニから鍵を奪った事になる……)

                ③
    ╋━╋==╋━╋┌┐╋━╋╋━╋    ╋━╋==╋━╋
    ┃ 鍵B. エ     ││    ┃┃                ┃
    ┃     イ←──┘│    ┃┃    犯人────┐    ┃
    ┃     ラ        │    ┃┃.     銃 リーネ   │    ┃
    ┃                │    ┃┃                │    ┃
    ┃                │    ┃┃                │    ┃
━━┻━━━━━━━╋│╋━┻┻━━━━━━━╋①╋━┻━━
                      └─────②──────┘
                扉B                 扉A
━━━━━━━━━━━━━━廊下━━━━━━━━━━━━━━

ゲルト(まず、①の時点で鍵Aを所持)

ゲルト(これは1630-1900の間にルッキーニから奪ったもので、)

ゲルト(おそらく……この時点でルッキーニはエイラに殺害されている)


ゲルト(エイラが鍵を始末出来たのは、②、廊下の途上か、③、窓の外)

ゲルト(リーネ殺害後に、すぐさま廊下に隠したとなれば場所が絞られる……)

723 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:01:37.50 ID:s27CSVLA0


ゲルト(いや、銃声を聞きつけたシャーリー達が迫る中で……、廊下で鍵を隠している暇など無い)

ゲルト(ならば、始めの案通り、窓の外で間違い無いだろう……)


ゲルト(窓の外を捜索してみたいところだが、この嵐では不可能だな……)

ゲルト(それに、そのような事を行えば、エイラを犯人だと決めつけているのと同じ事だ)

ゲルト(軽率な行動はできん)





エイラ「つまり……その、私にはリーネが殺された時のアリバイが無いんだよ」

エイラ「……鍵が問題なんだよな…」

芳佳「そ、そうだったんですか……」

725 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:02:51.45 ID:s27CSVLA0

シャーリー「……もう、いいだろう」

シャーリー「ルッキーニをここに置いておくわけにはいかない。

シャーリー「……隣の会議室にでも、寝かせておこう」

ゲルト「私も行こう。一人では危険だ」



ミーナ「……」

ミーナ「……! ちょっと待って、二人とも」


シャーリー「なんだ? 中佐?」

ミーナ「……ルッキーニさんの右手……何か握ってないかしら?」

727 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:10:16.80 ID:s27CSVLA0


ゲルト「右手……?」

シャーリー「本当だ……なんか持ってるな。…小石か?」

シャーリー(いや……これは……)


   グイッ

ゲルト「……強く握っているようだな。手から取り出せないぞ」

ゲルト「これ以上力を入れるとルッキーニの指が折れてしまう」

芳佳「何が握られているのか、解りますか?」



シャーリー「……これは……その、――『鍵』、だな」

729 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:12:55.83 ID:s27CSVLA0

エイラ「……!」

ゲルト「鍵……だと!」

芳佳「鍵? へぇ、どこの鍵なんですかぁ?」




シャーリー「……おそらく、私の部屋の鍵だろう」

シャーリー「やはり……ルッキーニが持っていたのか……」


エイラ「なーんだただの鍵かよー」

芳佳「これで一応、鍵の行方は解りましたね」


ゲルト「……!」

731 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:16:38.16 ID:s27CSVLA0

シャーリー「……鍵、か」ボソッ

ゲルト「ああ……」


シャーリー「鍵が、始めからルッキーニの手にあったとするとなれば」

シャーリー「……エイラの犯行は難しくなるのか…?」


ゲルト「エイラを犯人とする根拠は、『鍵をエイラが持っていた』と言う推理が前提だ」

ゲルト「エイラは窓の外に出ていない……」

ゲルト「即ち、鍵が無くてはリーネの部屋の密室を作るのは、不可能だ」
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


シャーリー「エイラは事件発生からずっと私達と行動を共にしているからな……」

シャーリー「ルッキーニに鍵を握らせに行ける余裕なんて無い…か」


ゲルト「……エイラが犯人だという予想が、崩れてしまった……」

734 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:20:48.61 ID:s27CSVLA0

  シャーリー《然し……これで、一つの結論が出てしまった》

  シャーリー《ここにいる5人には、リーネ殺人は不可能――》


  私と宮藤はもちろんの事――

  二人で共に行動していた、中佐とバルクホルンも除外

  エイラも、アリバイが成立してしまった……


   なら……やはり、行方不明の誰かを疑うしか無いのだろうか?


    容疑者は―――3人。



739 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:24:18.76 ID:s27CSVLA0

    シャーリー『3人の内……ルッキーニは、『殺害』されていた』

    シャーリー『これが、……今後、重要なポイントとなるだろうさ』



 リーネを撃った犯人は、行方不明の3人の誰か――であると考えて間違い無い

            ならば、ルッキーニを殺した犯人は?


  残りの行方不明者を、本当に犯人だと決めつけて良いものなんだろうか……


         そして、【共犯者】――が、存在する可能性は?


芳佳「……」

747 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:29:06.67 ID:s27CSVLA0

芳佳(うーん……わからないよ…)

芳佳(ルッキーニちゃんが死んじゃって鍵が見つかったなら……犯人は、行方不明の誰か…)

芳佳(ハルトマン……さん……)


ゲルト「……」

ゲルト(たとえば……ルッキーニをリーネ殺しの犯人として見た場合)

ゲルト(最後にルッキーニを殺せるのは、同じ行方不明の二人だけだ)

ゲルト(ハルトマンを――潔白だと見ると――)


エイラ「……」

エイラ(やっぱり……カールスラントの3人の疑いは解けないぞ)

エイラ(ハルトマンが主犯だとしても……禁固室の鍵を開けた、共犯者――)

エイラ(中佐か大尉か……どちらか、のはずだ)

749 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:30:26.99 ID:s27CSVLA0

ミーナ(状況が煮詰まってきたわね…)

ミーナ(犯人として有力なのは………行方不明の人物と加えても、筆頭にエーリカ)

ミーナ(加え2人――。そして共犯関係のある人物が一人――)

ミーナ(ルッキーニさんが犯人ではない…と、考えた場合)

ミーナ(残るのは……)





シャーリー「……」

シャーリー(……)

シャーリー(………何か、私は……大きな勘違いをしているのか……)

750 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:31:15.07 ID:DYZnY/S6O
お姉ちゃんと中佐が外を探索してた時
中佐→お姉ちゃん
は感知できるけど逆は無理じゃね

754 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:35:15.76 ID:QVTapC6xO
>>750
ミーナを囮にする作戦だったんだからお姉ちゃんの視界にはいたんじゃね

755 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:35:32.98 ID:s27CSVLA0

 【3Day 09:00 司令室】


芳佳「……」モグモグ


芳佳(……一日ぶりの食事――なのに)

芳佳(ルッキーニちゃんを見た後だと――何もおいしくないよ)




ゲルト「……」

ゲルト「……皆、食事を続けたままで良い。聞いてくれ」

芳佳「……!」


758 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:38:33.46 ID:s27CSVLA0


ゲルト「嵐は未だ基地の上空にあり……無線も回復しない」

ゲルト「そして我々の戦力は、既に半数以上に減少した」

ミーナ「……」



ゲルト「犯人が、行方不明の内の誰かだと想定すれば」

ゲルト「もはや猶予もない。これ以上の犠牲が増える前に――事を起こす」


シャーリー「……具体的には、どうするんだ?」



ゲルト「この、閉ざされた基地から……」



ゲルト「……――脱出、する」

760 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:41:33.14 ID:s27CSVLA0


エイラ「脱出……?」

芳佳「……ええっ……で、出来るんですか……!」


ミーナ「基地からの陸路は、増水により非常に危険な状況――」

ミーナ「飛ぶ――というのね。この嵐の中――」

シャーリー「……」


ゲルト「ああ……そうだ」

ゲルト「もっと早く決断すべきだった――」


ゲルト「我々5人が結束していれば、おそらく、敵も迂闊に攻撃は出来ないだろう」

ゲルト「このまま立て籠もったところで、ジリジリと命を削られるだけだ」


ゲルト「何か……反論がある物は?」

766 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:45:34.65 ID:s27CSVLA0

シャーリー「……」


ミーナ「危険よ、トゥルーデ。……現時点で、ハンガーを開放するのは」

ミーナ「あそこには、大量の武器がある……その為に、わざわざ封鎖したんでしょう?」


ミーナ「この中に、犯人との『共犯者』がいる可能性が残ってる以上……頷けないわね」


芳佳「……!」ビクッ


ゲルト「共犯者――か」

ゲルト「然しそれは、ハルトマンを犯人として見た場合、だろう?」


ミーナ「……そうよ」


767 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:49:09.99 ID:s27CSVLA0

ゲルト「私は……ハルトマンが犯人だとは、到底思えない――それだけだ」

ゲルト「私は……奴を信頼しているからな」


ミーナ「ま、待ちなさいバルクホルン大尉!」

ミーナ「私達は……生き残るために行動しているのよ! そんな危険な真似……」



芳佳「……」

芳佳「……ミーナ中佐!」


ミーナ「……み、宮藤さん…」


770 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:52:24.40 ID:s27CSVLA0

芳佳「私も……ハルトマン中尉が犯人だなんて、思いません」

芳佳「そして、この5人の中に犯人がいるとも思えません……」


芳佳「私、バルクホルンさんについて行きます」


ミーナ「あなた達……」


エイラ「……」

エイラ「言っただろミヤフジ……信じるとか信じないとか以前に」

エイラ「その根拠を言えよ……」


芳佳「……別に。何も――ありませんよ」

780 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:58:05.63 ID:s27CSVLA0

芳佳「私は……仲間を、信じるのに……理由なんて必要ありません」

芳佳「私は、……ハルトマンさんが好きです。大切な仲間なんです」

芳佳「疑うなんて……絶対に間違ってます」



シャーリー(……)

シャーリー「……そうだな」

シャーリー「この狭い部屋で……誰かを疑いながら過ごすよりも……」

シャーリー「――皆を信じて、行動するべきなのかもな」

シャーリー(……)


エイラ「………馬鹿げてるぞ……」

エイラ「……」

781 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 22:59:36.41 ID:s27CSVLA0
ゲルト「ミーナ…」

ゲルト「私はな……フラウが疑われた時――あいつを、信じてやれなかった」

ミーナ「……」


ゲルト「でも、今は確信を持って言える」

ゲルト「あいつは……誰も、殺していない」

ゲルト「この中に、あいつの共犯者なんていないんだ」

ゲルト「私は……それを信じている」


ミーナ「……たとえ……反対したって」

ミーナ「行ってしまうんでしょう……」


ゲルト「……すまん」

784 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:03:31.19 ID:s27CSVLA0

ミーナ「……出歩くなら、私の能力が必要でしょう」

ミーナ「障害物があると、うまく働かないけど――」

ミーナ「扉の向こうの様子や、気配を探る程度なら、出来るわ」スッ


エイラ「……」

エイラ「……み、みんな行くのかよ」


エイラ「ま、待てよ……おい……」

エイラ「せ、せめて……私の部屋に寄ってくれよな!」



芳佳「……?」

エイラ「その……服を、……着ないと」

788 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:08:06.30 ID:s27CSVLA0

ゲルト「……」

シャーリー「バルクホルン……」


シャーリー「一応――貯蔵庫での話の、結論が聞きたい」

シャーリー「もしも……エーリカに、銃を向けられたら……どうする?」



ゲルト「……」

ゲルト「……地上で、エーリカ如きに私が遅れをとると思うなよ、シャーリー」

ゲルト「捕まえて、とびきり痛い罰をくれてやる」




シャーリー「はは。……そうだな」

790 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:10:41.57 ID:s27CSVLA0
シャーリー(この5人で、ハンガーに向かい……)

シャーリー(バルクホルンが扉を開き、危険な嵐の中、基地を出立)

シャーリー(ロマーニャ軍基地に避難する……か)


シャーリー(確かに、危険だ……)

シャーリー(途中、不意を突いて強襲されれば全滅も考えられる)


シャーリー(それ以上に怖いのが、共犯者がこの5人の中に存在する場合……)

シャーリー(ハンガーには多数の武器が手の届く位置にある)


シャーリー(松明を掲げて火薬庫に入るようなもんだ)



シャーリー(本当に……大丈夫―――なの、だろうか)

シャーリー(嫌な、予感がする……)

793 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:13:19.97 ID:s27CSVLA0


【3Day 10:00 寝室前廊下】


ミーナ「……」ピキュィィーン


ミーナ「この廊下付近には、誰も、隠れていないわ」

ミーナ「部屋の中までは詳細に調べられていないから……用心して」


ゲルト「よし、……エイラ、部屋に入れ」

芳佳「……」キョロキョロ...

エイラ「……寒い…」


シャーリー「……」

797 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:17:04.10 ID:s27CSVLA0

【エイラの寝室】


エイラ「うわ……荒れてるな…」


ゲルト「丸一日嵐の中で窓を開け放していたんだ……当然だ」

エイラ「うう……お気に入りの水晶玉が…ばらばらに」



ミーナ「私は……階段方面を能力で見張るから」

ミーナ「エイラさんが着替えている間、宮藤さんとシャーリーさんは後方を見張っておいて」


芳佳「……は、はい!」

ゲルト「怪しい物を見たら、大声で知らせろ」

804 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:22:54.54 ID:s27CSVLA0

ゲルト「エイラ、急いで着替えろ」

ゲルト「言っておくが……選んでいる暇はないぞ、適当に着合わせろ」


エイラ「解ってるよぉ……うっさいなー」

ゲルト「なら急げ」



ゲルト「……」ジー

エイラ「……」


エイラ「……ちょっと大尉、一旦外出てくれるか」

807 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:23:44.30 ID:s27CSVLA0

ゲルト「……? 何故だ」

ゲルト「お前を一人にするわけにはいかんからな」

ゲルト「私の見ている前で、とっとと着替えろ」


エイラ「い、いや……せめて、その、後ろ向いてほしいぞ…」


ゲルト「何を言う。これまでもほとんど裸だったじゃないか」

ゲルト「今更女同士で恥ずかしがる必要があるのか」


エイラ「そ、それとこれとは別だろ……あっち向いてろよ……」

ゲルト「断る」


810 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:26:17.87 ID:s27CSVLA0

シャーリー(これで……いいんだよ、な?)


シャーリー(……まだ、何か引っかかる)

シャーリー(……でも…)


シャーリー「……」



シャーリー「ん……?」

芳佳「どうかしたんですか? シャーリーさん?」


シャーリー「……」ヒョイ

シャーリー「これって……」


芳佳「え? それがどうかしたんですか?」


817 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:30:42.74 ID:s27CSVLA0

シャーリー「……」

シャーリー「……!」



シャーリー(おいおい……! まさか……! 嘘だろ……!)

シャーリー(そうか……その可能性も……!)


芳佳「あ、あの? シャーリーさん?」

芳佳「大丈夫、ですか?」


シャーリー(なら……やばいぞ…今、ハンガーに向かうのは……)

シャーリー(でも……それを証明するには、証拠が足りない…)

820 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:33:27.16 ID:s27CSVLA0

芳佳「……シャーリー、さん?」


シャーリー(どうする……私は……)

シャーリー(こんな不確定な……でも……)



シャーリー「……」

シャーリー「宮藤……一つだけ、……」

シャーリー「お前に、聞きたいことがある……」


芳佳「なんですか?」


825 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:37:58.08 ID:s27CSVLA0

シャーリー「お前は……もしも……」

シャーリー「私達の中に犯人がいるって言ったら……どうする?」

シャーリー「お前なら……どうするんだ……」



芳佳「……!」

芳佳「わ、私は……」



芳佳「……その人と、向き合って……話をします」

芳佳「ど、どうしてそんなことをしたのか……言い分を聞いてから……」

芳佳「私自身……どうすればいいか、考えたいと思います……」

827 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:41:06.92 ID:s27CSVLA0
シャーリー「……」



━━━━━━━━━─────
━━━━━────

ルッキーニ『私達の中に、犯人がいるってわかったとしたら……?』

ルッキーニ『私は、どうすればいいのかな……?』


シャーリー『まず、そいつと話し合わなくちゃならない』

シャーリー『なんで、こんなことをしたのか』

シャーリー『そいつの言い分をしっかり聞いてから、ガツンと言ってやるべきだ』

                                  ────━━━━━━
                         ──────━━━━━━━━━━━



シャーリー(……そうだよな! ルッキーニ!)

829 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:44:09.09 ID:s27CSVLA0


  グイッ

芳佳「きゃあっ!」

芳佳「シャ、シャーリーさん?」


シャーリー「宮藤……私と来てくれ!」


シャーリー「この事件……謎は……全て解けた!」


芳佳「え……! ええっ!」




シャーリー「――かも、しれない!」


芳佳「えぇーっ!」

841 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:48:48.83 ID:s27CSVLA0

ゲルト「お、おい! 今の悲鳴は……!」

エイラ「や、やめろ大尉、服をひっぱんな!」

ミーナ「シャーリーさん!」


シャーリー「みんな、私に付いてきてくれ!」

シャーリー「確認したい、事があるんだ!」



ゲルト「な、何を、……勝手な行動は……」


シャーリー「行くぞ芳佳!」ギュッ

芳佳「あっ!」


ゲルト「ま、待て! シャーリー!」

エイラ「ど、どういう事だ……?」

847 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:50:51.59 ID:s27CSVLA0

【3Day 10:15  会議室】


   タッ

シャーリー「……ここだ」


   ドサッ

芳佳「うう……酔いました……」



   ルッキーニ「」




シャーリー「ルッキーニ……」

シャーリー(力を、貸してくれ……!)

848 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:52:37.53 ID:q4JJp4sYO
あと少しか・・・
しかし犯人が割れて事件が解決したとしても元の501には戻れないと考えると鬱になるな

851 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:53:51.34 ID:s27CSVLA0

シャーリー「……」スッ


芳佳「シャーリー、さん……?」

芳佳「ルッキーニちゃんに、まだ何か……」


芳佳「……!」



シャーリー「ルッキーニ、その手の物を……」

シャーリー「こちらに、渡してくれ……」


 ルッキーニ「」


     カラン......


852 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:54:08.88 ID:DvHKbXBHO
>>848
あああ……そういえばそうだった
解決すればなぜかまた元通りの世界が来るとか思いこんでた

855 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:56:26.21 ID:s27CSVLA0

芳佳「……? それ……」

芳佳「今更、何に使うんですかぁ……?」


シャーリー「……」ゴソッ


芳佳「あ、それ、さっきの……」

芳佳「でも……それ、何の意味も無いんじゃ……」


シャーリー「……」




芳佳「……あ、あれ? そんな……」

857 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:57:00.13 ID:DYZnY/S6O
マロニーちゃんがドッキリの板持って
全裸で嵐の中走って来てると信じてる

860 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:57:29.77 ID:s27CSVLA0
シャーリー(間違い……無い)

シャーリー(この事件の……真相が……)


芳佳「ど、どういう事ですかシャーリーさん!」

芳佳「これ……その、おかしいじゃないですか……!」







   ダダダダダッ――バン!


ゲルト「宮藤! そいつから離れろ!」

ゲルト「何のつもりだ…リベリアン……! 説明してもらうぞ!」


861 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/09(水) 23:58:02.82 ID:DvHKbXBHO
>>857
ワロタ

864 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 00:00:23.66 ID:iEtjkw5g0

  タッタッタッタッタ……


エイラ「……お、おまえ達…勝手に……行くなよぉ」

ミーナ「……シャーリーさん、これは……」



シャーリー「……」

シャーリー「解った……」



ゲルト「何……?」


シャーリー「……」

シャーリー「解ったんだよ」


シャーリー「この事件の……真相が!」

ゲルト「な……何……!?」

871 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 00:03:07.56 ID:iEtjkw5g0

ミーナ「犯人……、共犯者が、いるって事……?」


シャーリー「……いや、共犯者……じゃない」

シャーリー「……ただ、行方不明者ではなくとも……この事件の実行は可能だ」



エイラ「……? ま、待てよ、……お前も、これまでの推理、聞いてなかったのか?」

ゲルト「……そうだ。シャーリー」


ゲルト「宮藤は、お前自身と会っていたので犯行は不可能」

ゲルト「エイラは、鍵を施錠する術がないので犯行が不可能」

ゲルト「ミーナは、私と共に基地の外に出ていた……」



ゲルト「リーネの殺人は、行方不明の3人にしか、不可能なんだ」
                              ~~~~~~~~

875 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 00:06:18.76 ID:iEtjkw5g0

シャーリー「……」

シャーリー「……そう、かな?」


ゲルト「……」

ゲルト「……まさか…」


ゲルト「説明、出来るのか……?」

ミーナ「……」

エイラ「……!」



シャーリー(……未だ、決定的な証拠は――、無い……)

シャーリー(……だが……私の考えが、正しければ……)


シャーリー「説明は、……出来る!」

880 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 00:08:24.33 ID:iEtjkw5g0

     シャーリー「そうさ……!」

     シャーリー「坂本少佐を殺害し――」

     シャーリー「リーネを、撃ち――」

     シャーリー「ルッキーニを殺害した、……」


   芳佳「……」オドオド

   ミーナ「……」

   ゲルト「……」

   エイラ「……」


888 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 00:11:26.84 ID:iEtjkw5g0







              シャーリー『犯人は……、―――お前だ!』
                                 ~~~~~~~







                                    apo mekhanes theos




893 1 ◆.ewUP/EILA :2011/02/10(木) 00:13:24.50 ID:iEtjkw5g0

逆転ウィッチーズ

第二幕 展開編、終了です。
本来であれば、昨日の時点でここまで進めるべきでしたが
私の不注意による所の遅滞が相重なり、真に申し訳ありませんでした。

全体的な長さと致しましては、

      第一幕、第二幕、第三幕  2:6:2  位の長さの比となっております。


昨日の件により書き貯めが復元出来ておらず、今日はここまでとなります。

おそらく第3幕、解決編は更に次スレに跨ぐと思います。
今晩から明日へ本気で書き貯めを作成しますので、どうかご了承下さい。お平に。


今のところレスを見ている様子では、物語に致命的な矛盾点はありません。

解決編でおおよその疑問は解決されると思われます。
もう犯人もミステリー好きの方なら気付かれたとは思いますが、どうか、お平に。


896 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 00:14:44.30 ID:+n+0XxCc0
終わらねぇのかヨォぉぉぉx!!!!



897 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 00:14:48.14 ID:lbdlPBtMO
あんまりですわ!あんまりですわ!

907 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 00:16:53.81 ID:x+lzh8P10
もうイヤだアアアアあああああああああああああああああああ
知りたい夜ォ大尾大おお大尾おおおおおおおおおおおおおおおおお
犯人知りたいようううううううううううううううううううううううう

910 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 00:18:20.05 ID:SdBQi2VxO

シャーリー「私だ」
バルクホルン「お前だったのか」
シャリ「気付かなかったな」
バルクホルン「騙された」
シャーリー&バルクホルン「暇を持て余したウィチーズの遊び」

919 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 00:23:01.95 ID:YXJhgTGtO
犯人も気になるけど動機も気になるぜ

923 1 ◆.ewUP/EILA :2011/02/10(木) 00:27:30.85 ID:iEtjkw5g0

重ね重ねご迷惑をお掛けします。


レスが900を越えてしまいました。

  【芳佳「私達10人】←一応、ここまではスレタイを固定しています。


明日の20:00-22:00くらいには再開しますので、
このスレが落ちていた場合、上記のキーワードで検索をお願いします。


こんな作品ですが、ここまで読んで頂いた皆様のために、
必ず完結させたいと思います。

ありがとうございました。おやすみなさい。

928 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 02:16:23.09 ID:2TRiYwTZ0
焦らせるな~

931 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 02:38:00.80 ID:aJUViEqh0
冒頭にあった「とある隊員」て何なんだろう。
すげー重要なんだろうな

935 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 04:48:45.66 ID:LdN/q2sa0
ペリーヌ:行方不明
もっさん:ハンガーで射殺
リーネ:シャッキーニ個室で射殺
ルッキーニ:刺殺?
サーニャ:行方不明
エーリカ:行方不明

シャーリー:解決させれそう
エイラ:他称『人狼』の予言者
お姉ちゃん:自称『人狼』の狩人
ミーナ:BBA
芳佳:半泣き

936 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 04:51:42.92 ID:LdN/q2sa0
第三幕が待ち遠しいので改めて最初から読み直してみる

940 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 08:06:06.56 ID:twRJContO
どっかの中尉が『サーニャが主役じゃないなんて私に言わせれば二流ダナ』って言ってたな

941 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 08:23:28.61 ID:+NjvjiWyO
>>935
下二行適当すぎワロタww

942 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 09:07:17.87 ID:lbdlPBtMO
    ,  ´ ̄ ̄ `  、
 /           ヽ
/      /|',   / ヘ
i .:i  ,' ./ ! ',.  メ、 ハ
|  | .i ./    ',イ ハ i | |  
| .ハ |/ \    /|ノリ  
i .:( ヽリ ー    ー ハ
|  ヘー、 uxx   ' xx }ノ         わ、私は関係無いかんナ!!
| |  |i>ト   △ _ノ  
| | /`ー`ヽ{<ヽ

950 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 12:54:30.29 ID:fJ1Ixpfj0
そういや気になったけど
シャーリーが両手大荷物のはずなのに
どうやって死んだルッキーニを連れてこれたんだろ
なぞだ

952 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 13:40:16.30 ID:LppbIGlx0
>>950
おっぱいがあるじゃないか

953 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 13:40:37.63 ID:w3knPvGZO
>>950
ヒント:おっぱい

957 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 16:19:32.66 ID:lbdlPBtMO
べ、別に期待などしてませんわっ!

958 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 16:48:30.66 ID:LppbIGlx0
>>957
行方不明者からついに一般読者になったか・・・

959 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 17:27:51.42 ID:nu19JK1mO
ベイリーフさん……

960 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 17:29:46.93 ID:aJUViEqh0
ベベゴーレムさんだろ

961 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 17:35:21.86 ID:FPQTLyPd0
お前らパリーグさんになんの恨みがあるんだよ

1000 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/02/10(木) 21:45:51.94 ID:lbdlPBtMO
    ,  ´ ̄ ̄ `  、
 /           ヽ
/      /|',   / ヘ
i .:i  ,' ./ ! ',.  メ、 ハ
|  | .i ./    ',イ ハ i | |  
| .ハ |/ \    /|ノリ  
i .:( ヽリ ー    ー ハ
|  ヘー、 xx   ' xx }ノ      1000なら私はサーニャとラブラブダナ
| |  |i>ト   ▽ _ノ  
| | /`ー`ヽ{<ヽ

1001 1001 :Over 1000 Thread
16歳♀暇だから全レスします☆     こちらスネーク        1990年生まれ集まれ~☆       安価でお絵描き
   中学生      遊戯王        新ジャンル    VIPで本格的にRPG作ろうぜ   XBOX360
        全力で釣られるのがVIPPERだろ!w   ポケモン      コテデビューする                  ら
が    カレシと別れそう・・・   初心者   鬱病♀だけど     彼氏/彼女いないVIPPERちょっとこぃ♪       き
っ      唇スレ         mixi招待するお     釣った厨房に安価でメールwwwww               ☆
こ  さみしい・・・誰かかまって       425はどこも変えてなかった              ピカ厨       自    す
う     時代の流れ     デブきめぇんだよ           捨てアド晒してメル友     メンヘラ     殺     た
い  VIPヌクモリティ   顔晒し      馴れ合いスレ  「~だお」              コテ雑         し
き     今のVIPが嫌ならVIPから出てけww        A雑    大阪VIPPER集まれ!!☆        ま
た 工作員 18歳♀が16歳♂に安価メール   VIPでMMO           ネタにマジレスの嵐         す
く    隠れオタ           skype       パートスレ   Skype         mp3垂れ流し
な  住所ギリギリまで晒して近かったらラーメン               二番煎じ
い       空気読め    リア充          ニコニコ動画   >>1 そっヵ、残念やわ(´・ω・`)
お   付き合ってくだしあ><       今から元カノに痛メする  >>3 ウチは高校生だぉ☆
                                           >>9 うはwwこれがVIPクオリティw
    ∩∩ V I P は ぼ く ら の 時 代 だ !!  V∩     >>2 自重しろwwwww          Be
ハ  (7ヌ)                               (/ /    >>7 ブラウザゲーやらないか?
ル  / /                 ∧_∧         ||                          モリタポ
ヒ / /  ∧_∧     ∧_∧  _( ゚ω゚ ) ∧_∧   || 埼  >>5 2chって有料なんですか?
  \ \( ゚ω゚ )―--( ゚ω゚ ) ̄      ⌒ヽ( ゚ω゚ ) //  玉  >>6 え?俺マジ貧乏なんだけど
    \       /⌒   ⌒ ̄ヽ ゆとり /~⌒    ⌒ /    O  >>8 お母さんに何て言えば
     |      |ー、      / ̄|    //`i構って女/     F   安価で絵描くお
低    | 恋愛 | | 厨房 / (ミ   ミ)  |    |     F   14歳♀中学生処女だけど質問ある?  ハ
年    |    | |     | /      \ |    |                                  ム
齢    |    |  )    /   /\   \|       ヽ   PCに詳しい人ちょっときて!!!   イ      ス
化    /   ノ | /  ヽ ヽ、_/)  (\    ) ゝ  |        電車男              ミ       タ
     |  |  | /   /|   / レ   \`ー ' |  |  /  サーセンwwwwwwwwwwwwwww   フ      |

                                                              ニュー速VIP
                                                             http://raicho.2ch.net/news4vip/


関連記事
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2011/05/03 20:07 ]
  2. おもしろいなぁ シャーリーが共犯者だと思ってたけど
  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん [ 2011/05/04 05:11 ]
  4. どうなっちゃうん?!
  5. 774@いんばりあん [ 2011/12/11 14:08 ]


  6. ここまでおもしろいssは初めてだ。

    --ペリーヌ•クロステルマン
  7. 名無しさん [ 2012/03/23 23:31 ]
  8. 今更だけど拳銃ならシールドで防げるんだから、もっさんとリーネは状況的に出しとけよ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング