HEADLINE

アルラウネ「あれぇ、おしべからヘンなのが出てきちゃったぁ」

2011/05/25 12:00 | CM(0) | その他 モン娘 SS



1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 08:35:12.66 ID:urrh91XPO
せっかくだからなにが出てきたのかでも考えてってください

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 08:35:35.80 ID:28A/UpNd0
デモンズソウル

3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 08:38:44.01 ID:QQVyg/7CP
ファンタジアのザコ

4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 08:40:11.50 ID:hhVX0XhK0
白くべたつくなにか

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 08:43:05.52 ID:FxCzsPV30
樹液ちゃんペロペロ

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 08:52:48.36 ID:TVMZWzjO0
アルラウネ「ね、あんたならこれなんだかわかる?」

男「・・・しらねぇよモンスターの事なんか、さっさと殺せ」

アルラウネ「ころさないって」

男「・・・」

アルラウネ「ん、ニンゲンの体はあったかいな」 ギュゥ

男「・・・おしべなら花粉じゃねえの」

アルラウネ「かふん?」

男「そいつが雌しべに付くと実が生って、種ができるんだよ」

アルラウネ「ふぅん、ニンゲンにもおしべがあるのか?」

男「・・・まぁ、似たようなのなら」

アルラウネ「みせて」

男「断る」

アルラウネ「どこにあるの」

男「知らん」

アルラウネ「わたし受粉してみたいよ」


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 08:54:00.95 ID:h7N51xAs0
もっとやれ

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 09:01:29.06 ID:TVMZWzjO0
アルラウネ「私にまけたんだから、巣につれてかえるよ」

男「好きにしろ」

アルラウネ「ふっふーん」 ズルズル

男「イテテ、ああ、もう自分で歩く」




アルラウネ「とうちゃーっく」

男「一ついいか」

アルラウネ「ん?」

男「これは巣じゃなくてただの林だ」

アルラウネ「ん、ニンゲンとちがって屋根とかいらないもん」

男「そうかよ」

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 09:11:42.63 ID:TVMZWzjO0
アルラウネ「ニンゲンは、何をたべるんだ?」

男「離してくれたら適当にそのへんで狩りをして食うが」

アルラウネ「にげるんでしょ?」

男「まぁな」

アルラウネ「くだものは、ある」

男「バナナか、いただこう」



男「もっちゃもっちゃ」

アルラウネ「どうだ?うまいか?」

男「ああ」

アルラウネ「そうか、ニンゲンをかうのははじめてだから」

男「もっちゃもっちゃ」

アルラウネ「だいじに、そだてるから」

男「・・・もう大きくなりようがねえよ、これで育ちきりだ」

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 09:17:34.66 ID:TVMZWzjO0
アルラウネ「もう、寝ようとおもう」

男「そうか」

アルラウネ「だっこして」

男「ん、これでいいか」 ギュッ

アルラウネ「うふふ~、あったかいな。おまえは」 ギュゥ



アルラウネ「さわ、さわ」

男「・・・」

アルラウネ「さわ、さわ」

男「おい」

アルラウネ「さわ・・・ん、なに?」

男「何をしている」

アルラウネ「ニンゲンのおしべをさがしてる」

男「アホなことしてないで寝ろ」

アルラウネ「ん」 ギュッ

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 09:19:15.27 ID:z4M+XNjb0
もっと巨大なサイズをイメージしてたわ

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 09:26:36.67 ID:TVMZWzjO0
アルラウネ「おきろ、おきろ」 ユサユサ

男「・・・ん、おおなんだ」

アルラウネ「さんぽに、いこう」

男「まだお日様も半分しか顔出してないんだが」

アルラウネ「いこう、さんぽに」

男「分かったよ、ったく」



アルラウネ「朝のさんぽはきもちいいな」 ウーン

男「ふぁぁ・・・俺ももうちょっと寝たかったけどな」

アルラウネ「葉っぱのすみずみにまで、えいようが足りていく気がする」

男「そうかい、ところで触手まきつけるのは首じゃなくて腰とかにならんか」

アルラウネ「いいぞ」 シュルル

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 09:33:32.78 ID:TVMZWzjO0
アルラウネ「お前の巣は、どっちにあったんだ?」

男「ない」

アルラウネ「ないのか」

男「モンスターの襲撃で村ごと焼かれたんだよ」

アルラウネ「・・・」

男「・・・なんでそんな顔すんだよ」

アルラウネ「すまん」

男「まぁとにかく宿なし、根無し草ってわけだ
   根っこが無くて歩きまわってるお前さんと一緒だなハハハ!」

アルラウネ「?」

男「チッ、ジョークの分からん奴だ」

アルラウネ「ねっこなら、あるけど」

男「そうかよ」

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 09:37:32.55 ID:TVMZWzjO0
ディスガイアのイメージしかないから割と小さめ。
ここでは頭ゆるゆるパープリンの怪力葉っぱ幼女です。

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 09:55:42.23 ID:TVMZWzjO0
ザァァァァァァ

アルラウネ「雨だ、雨だ」

男「・・・」

アルラウネ「めぐみの雨だ」

男「・・・」

アルラウネ「ん?どうした震えてるぞ」

男「お前たちと違って人間は雨にふられると冷えるんだよ」

アルラウネ「・・・困るのか?」

男「ああ」

アルラウネ「あっちに、がらんどうがある」

男「分かった」





おかしい根身のジョークだったのに

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 10:03:33.24 ID:TVMZWzjO0
―――アルラウネの林 がらんどう


アルラウネ「そっち、もうちょっと詰めて」 ギュッギュッ

男「お前は外でもいいんじゃないか」

アルラウネ「せっかくだから」 グイグイ

男「なにが折角だよ・・・ん、こんなもんで」

アルラウネ「よしよし、なんとか、収まった」



ザァァァァァァ・・・

男「ずいぶんと降るな」

アルラウネ「んん・・・三日はふる感じがする」

男「聞きたくない情報ありがとうよ」

アルラウネ「お礼、いわれるほどじゃないよ」

男「・・・チッ」

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 10:11:55.31 ID:TVMZWzjO0
アルラウネ「だっこ」

男「ん・・・」 ギュッ

アルラウネ「んふふ・・・きもちいい」

男「モンスターを後ろ抱きするなんてゾっとする」

アルラウネ「そう?」

男「・・・」



アルラウネ「なんで、斬らなかった?」

男「何のことだ」

アルラウネ「わたしを退治しにきたんだろう?」

男「ああ」

アルラウネ「剣をとちゅうでとめた」

男「どうだったかな、覚えてない」

アルラウネ「どうして?」

男「・・・」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 10:24:59.86 ID:TVMZWzjO0
ザァァァァァァ・・・

男「・・・俺には妹がいたんだ」

アルラウネ「いもうと?」

男「ん・・・なんて言ったらいいか、
   同じ花からできた種だけど、時期の違う株みたいな」

アルラウネ「ふぅん」

男「よくできた妹でな、まだ子供だったのに
   辛い顔一つせずに家事をこなしてたよ」

アルラウネ「うんうん」

男「甘えたいし遊びたい盛りだったろうにな」

アルラウネ「うん」

男「俺が出稼ぎに行ってる間に、村ごと焼かれちまったけどよ」

アルラウネ「・・・」

男「お前に剣を振り下ろす瞬間、妹の顔がだぶったのかもしれない」

アルラウネ「ん、似てるのか?」

男「いいや、全然。全然似てねえよ」

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 10:50:50.45 ID:TVMZWzjO0
―――アルラウネの林 がらんどう 朝


アルラウネ「おいニンゲン、なんだか、いつもよりあったかい」

男「ハァ・・・ハァ・・・」

アルラウネ「・・・くるしい?」

男「いや・・・大丈夫だ・・・」

アルラウネ「・・・わたしは気持ちいいけど」 ギュゥ

男「ちょっと、今だけ…」 ギュッ

アルラウネ「んふふ・・・お前の、心臓のおとが聞こえる」 スリスリ

男「ああ・・・」

アルラウネ「お前はわたしのペットだから、
        ずっとずっといっしょにいるんだぞ」

男「・・・ん、分かってるさ・・・ゲホッ」

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 10:58:02.17 ID:TVMZWzjO0
アルラウネ「・・・お前がくるまで、ずっとひとりぼっちだった
        動物はみんな、私たちをこわがる」

男「・・・そうか」

アルラウネ「しょくぶつが変化したから、なかまとかいないんだ」

男「・・・ああ」

アルラウネ「こんな、優しい気持ちになれるだなんて知らなかった」 ギュゥ

男「・・・」

アルラウネ「雨がやんだら、沼にいこう」

男「・・・」

アルラウネ「とってもジメジメしてるけど、
        今のきせつはたべものがいっぱいあるんだ」

アルラウネ「ん、ねむったのか?」

アルラウネ「まだ、話したいよ」 ユサユサ

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 11:12:03.14 ID:TVMZWzjO0
ドサッ

男「ハァッ・・・ハァッ・・・」

アルラウネ「お、おい・・・」

男「ハァッ・・・妹、ごめんな。ごめん・・・ハァッ」

アルラウネ「なんだこれは・・・どうすればいいのだ・・・」 オロオロ

男「ゲホッゲホッ・・・兄ちゃんが・・・守ってやれなくて・・・ハァッ」

アルラウネ「なにをいっているのだ・・・
        顔はまっかだし体はふるえてるし・・・」

男「・・・ゲホッ」

アルラウネ「そうだ、あそこに連れていこう・・・
        わたしの葉っぱにくるんで・・・」

男「ハァッ・・・ハァッ・・・」



ズズズズッ・・・

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 11:31:57.51 ID:TVMZWzjO0
―――ケンタウロス達の集落

アルラウネ「・・・」 ズズズズ

ケンタウロス♂「おい、林の引きこもり草が何の用だ」

ケンタウロス♀「ちょっとー、アルラウネちゃん怖がってるじゃない」

アルラウネ「・・・あんたたちの賢者にあわせて」

ケンタウロス♂「会わせると思ったのか?
          第一お前・・・人間臭いぞ」

ケンタウロス♀「その草の中のさぁ。人間?
          なんだかまだ生きてない?」

アルラウネ「これは・・・その、わたしの、友達だ」

ケンタウロス♂「友達?人間が?ハハハッ!
          下等な変化にもジョークが言えるらしいな!」

ケンタウロス♀「ねぇそんなの捨てちゃいなよ」 グイッ

ゴロン

男「・・・ぐぁッ・・・ハァッ・・・ハァッ・・・」

ケンタウロス♂「なんだ、ずいぶんと小汚い男だな」

アルラウネ「貴様ッ!」 ヒュンッ

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 11:51:32.05 ID:TVMZWzjO0
パシッ

ケンタウロス♂「俺たちと事を構えるつもりか?」

ケンタウロス♀「ちょっとー、やめなって
          ほら、あんたもはやく謝ってそれ持って帰りな」

アルラウネ「しめあげてでも、ききだすよっ・・・!」 ギュンッ

ケンタウロス♂「フン、この戦斧でたたき潰して飼い葉にしてやろう」 ググ・・・




「はい、そこまで」

ケンタウロス♂「・・・ケイローン様!」

ケンタウロス♀「うわっ・・・私しーらない」 タタタッ

アルラウネ「どいててよ、お爺ちゃん・・・」

ケイローン「まったく、騒ぎを聞きつけてやってきてみれば
        お前は本当に血気盛んじゃの」

ケンタウロス♂「・・・面目次第もございません」

アルラウネ「こいつが頭さげてる・・・」

ケンタウロス♂「賢者ケイローン様だ、貴様も頭を垂れろ」

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 12:27:09.18 ID:TVMZWzjO0
―――ケイローンの家

ケイローン「村の若いのが手荒なことをして悪かったな」

アルラウネ「いい、それより」

男「ハァッ・・・ハァッ・・・」

ケイローン「うん、これはな風邪だな」

アルラウネ「かぜ?」

ケイローン「うむ、お前さんこやつを野ざらしで連れ回してなかったか?」

アルラウネ「・・・してた」

ケイローン「人間は我々と違って、
       野ざらしで生きていけるほど丈夫ではないのだよ」

アルラウネ「・・・それじゃ、わたしのせいだ。助かるのか?」

ケイローン「肺炎になりかかっとるが、まぁ訳ないよ」

アルラウネ「そうか」 ホッ

ケイローン「そこに万能薬もあるしの」

アルラウネ「・・・?どこだ?」

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 12:43:15.41 ID:TVMZWzjO0
アルラウネ「へ?わたしか?」

ケイローン「うん」

アルラウネ「そんないいの、もってないけど・・・」

ケイローン「お前達アルラウネは
        霊根マンドレイクの変化だからの」

アルラウネ「ニンジンか、なにかかと思ってた」

ケイローン「その体内には万病を癒す力がこもっておるのだよ」

アルラウネ「そうか、じゃとりあえず
        このねっこをすり潰そう」 ヒョイ

ケイローン「おいおい!別にすりつぶさずとか体液ならなんでも構わんよ!」

アルラウネ「たいえき・・・」

ケイローン「うむ、血だろうと唾液だろうと全て効果がある」

アルラウネ「わかった、すこし、この部屋をかりる」

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 12:53:33.32 ID:TVMZWzjO0
「おい、ニンゲン、のめるか」

ふにょ

男(なんだか・・・酷く懐かしい感じがする)

ふにふに

「だめか・・・やはりすり潰して・・・」

男「・・・んっ・・・ちゅっ、ちゅう」

「ひゃっ、はっ、ん・・・・ん、そうだ。のめ」

男(甘い・・・体中に篭っていた熱と寒気を冷まし穏やかにしてくれる・・・)

男「ちゅっ・・・ちゅちゅ」

「お、おい。そんなに吸ったら・・・んっ、いたいよ」

男「ちゅ・・・ぷはっ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

「・・・もう顔色が、よくなってる」

男「・・・ん、ここは」



世界はよくある剣と魔法の、フェンタジーRPGの世界です。
ただしモンスター娘ちゃんがいっぱいいる感じで。

43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 13:05:09.37 ID:TVMZWzjO0
一方その頃


ケンタウロス♂「ケイローン様、どうしてドアの前に・・・?」

ケイローン「うむ、まぁ、なんというか色々あっての」

ケンタウロス♂「まさかあの小娘が何かなさいましたか?
           もしそうならたたき出してきますが・・・」

ケイローン「いやいや、そうではないよ。
       ・・・そうだ、久しぶりに勉強会をしてやろう、おいで」

ケンタウロス♂「いえ、私には村の警備が・・・」

ケイローン「いいからいいから。おい、そこのケンタウロス♀もきなさい」

ケンタウロス♀「ひえっ・・・はぁ~勉強かぁツイてないよ・・・」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 13:31:40.81 ID:TVMZWzjO0
アルラウネ「目が、さめたか」 ニコッ

男「・・・あ、ああ。お前が看病してくれたのか」

アルラウネ「きゅうに倒れるから、
        枯れてしまったのかとおもった」

男「ん・・・さっき俺に飲ませてくれたのは」

アルラウネ「わたしの乳」

男「なっ・・・あ、そ、そうか。ごめん!」

アルラウネ「わたしの体液はばんのうやくらしい
        ん・・・どうした?顔があかい。もうちょっとのむか?」 グイッ

男「い、いい、いらない。大丈夫だ!」

アルラウネ「なんにしても、元気になってよかった、よかった」 ギュッ


―――

ケイローン「お前たちはあの娘が何の変化か知っとるかの?」

ケンタウロス♂「はて・・・なんでしょう、人参かなにかでしょうか。
          ・・・ケイローン様、どうして笑っておられるのです」

ケンタウロス♀「うんうん、美味しそうな葉っぱしてたもんね」

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 13:40:15.79 ID:TVMZWzjO0
男「ん・・・泣いているのか?」

アルラウネ「なく・・・?おかしなことを言うな、ニンゲン」

男「男だ」

アルラウネ「ん?」

男「俺の名前だよ、そう呼んで欲しい」

アルラウネ「ん、わかった」

男「なぜかな・・・お前が泣くと心が痛いよ」 ギュッ

アルラウネ「ふふ、あったかいなー。お前は」

―――

ケイローン「マンドレイクだよ」

ケンタウロス♂「なんと・・・霊根マンドレイクですか」

ケンタウロス♀「おおっ・・・不老不死の秘薬の元、
          いいなぁ永遠の若さ。」

ケイローン「マンドレイクが人の血を帯びて変化したのが、
        あの娘、アルラウネなのだよ」



50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 13:55:14.55 ID:TVMZWzjO0
ケンタウロス♂「なるほど」

ケイローン「人が血を流す理由は色々あるが、
       魔物に襲われ殺されたり、また同族で殺し合ったり、果てには自分を殺す者すらいる」

ケンタウロス♀「はー勿体無いですね」

ケイローン「こうして流れた血とそれにこもった想いが、
        マンドレイクをアルラウネに進化させるという話だ」

ケンタウロス♂「ははぁ、通りで人間臭いわけですな」

ケイローン「想いと血は受け継がれ、形や性格、
       そしてかすかな行動原理となって生き続ける、とまぁこんなところかの」

ケンタウロス♂「いや勉強になりました、では私はここで!」

ケンタウロス♀「あ!ずるい私も!」

パカパカパカッ

ケイローン「あ、これ待ちなさい・・・行ってしもうた
       ・・・まったく若いモンは話を聞かんの」


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 14:14:26.23 ID:TVMZWzjO0

ケイローン「あの娘に託された想いか…あれだけあの少年を大事にしておるのだから、恐らくは―――」

―――


アルラウネ「ケイローンに部屋をかりた、
        今日はゆっくりやすめ」

男「ああ、分かった。お前はどうするんだ?」

アルラウネ「そうだな、わたしは、わたしの林にかえるよ」

男「そうか」

アルラウネ「ん、そうだ・・・お前を、ペットから解放する」

男「ん、ありがとう・・・アルラウネ」

アルラウネ「ん?」

男「次、会うときは友達だな」

アルラウネ「・・・ああ」

男「ふぁぁ、ずいぶんと眠い・・・それじゃ、また明日」

アルラウネ「・・・」 なでなで


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 14:18:21.72 ID:cMZTn0+v0
モン娘スレのケイローンの出演率は異常支援

56 モン娘普及委員会 ◆cLaieAbL7Q :2011/05/21(土) 14:20:18.15 ID:dyjk/JxT0
>>55
便利な解説役だからな

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 14:30:19.15 ID:TVMZWzjO0
―――翌朝

男「うぅーん・・・うぅーん、重い・・・重い」

ケイローン「おはよう、少年」 ズッシリ

男「ん・・・うわっ!なんだお前!なんで俺の上に座ってるんだ!」

ケイローン「人間はこうされると喜ぶと聞いたんだが、
       どうにもみんなそういう反応するな」

男「・・・半分馬のおっさんに乗っかかられて嬉しい奴がいるもんか
   、誰だいあんた」

ケイローン「私はケイローン、この家の家主だよ」

男「家主、そうか。一晩世話になった」

ケイローン「構わんよ、どうせ暇してるのだ」

男「この礼はいずれ必ずさせてもらう、失礼するぜ」

ケイローン「まぁ待ちなさい」 ズッシリ

男「うおっ・・・重いんだよ」




モン娘さんチーッス、ケイえもんの使い勝手は異常

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 14:37:36.44 ID:TVMZWzjO0
ケイローン「どこに行く気かね」

男「あいつが待ってるんだよ、林で」

ケイローン「彼女が来てくれと言ったかね」

男「それは・・・言ってないが」

ケイローン「アルラウネはとても情が深い種族じゃ、
        今度は離してくれんかもしれんよ」

男「いいさ」

ケイローン「今なら人里に帰る事もできる」

男「・・・なんていうかな」

ケイローン「うん?」

男「あいつに言ったことあるんだよ、
   俺は根無し草だ、動く草のお前と一緒だなって」

ケイローン「このような時代だからの、根無し草も多くいる」

男「だけど、あいつには根っこがあるんだと、
  離してくれないならあいつには俺の根っこになってもらうとするさ」 ニカッ

ケイローン「ふむ・・・そうか。
       なら言うことはない、達者でな」

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 14:42:25.28 ID:TVMZWzjO0
―――アルラウネの林 がらんどう内部


アルラウネ「あーあ、にがしちゃった」

アルラウネ「しょうがない、しょうがない、
       わたしじゃ飼えないし」

アルラウネ「ん、ここも1人だと・・・ひろい、ね」

アルラウネ(あいつに吸われたところが・・・なんだかあついよ)

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 14:52:51.12 ID:TVMZWzjO0
男(がらんどうの中で見つけたのはいいけど・・・)

アルラウネ「んっ・・・」 クチュクチュ

男(詰めろよ、とか言いながら
   かっこ良く入る計画が・・・)

アルラウネ「はぁ・・・ん、あっ」 クチュクチュ

男(かと言って今さら出て行くのも)

アルラウネ「んあっ・・・お、男・・・」 クチュクチュ

男(はぁー、しょうがない)

男「ゴホン!ええっと、
  アルラウネはどこにいるのかなー!」

アルラウネ「ひゃっ・・・あ、ああ、ど、どうしよ」

男「まさかがらんどうの中かなー」

アルラウネ(おちつけ、おちつけ。いつも通りに・・・)

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 15:03:39.27 ID:TVMZWzjO0
アルラウネ「・・・な、なんだ、もどってきたのか」

男「ああ、友達に会いに来た」

アルラウネ「・・・」

男「縛ってもいいぜ」

アルラウネ「そ、そうか!あ、でも、いい」

男「んっと、大事な話がある」

アルラウネ「・・・ん、なんだ」

男「俺の根っこになってくれ」

アルラウネ「ん?なにをいってる」

男(いかん・・・はしょりすぎた)

アルラウネ「男・・・用がないならかえれ、
        でないとわたしは・・・」

男「ああもう面倒だ!」 グイッ

ちゅっ

アルラウネ「んっ!?ん・・・んん」

男「ちゅっ・・・これが俺の気持ち」 ギュッ

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 15:15:56.38 ID:TVMZWzjO0
アルラウネ「・・・いいのか?こんど巻きついた鞭毛は
        にどと外れないよ」

男「ああ、望むところだ
  でもトイレの時くらいは外してくれよな」 

シュルッ

アルラウネ「ばか・・・」

男「寂しい思いさせちゃったな」

アルラウネ「ん・・・」 ギュッ

男(決まった・・・)

アルラウネ「・・・ん、なんだこれ」 ギュッ

男「いっ・・・そこはあの、おしべだな」

アルラウネ「前にだっこしてもらったときには、
        こんなかたいのなかった、見る」

男(さっきの見たせいで偉いことになってる)

アルラウネ「これが、おまえのおしべか・・・
        なんだかグロテスクなかたち」



70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 15:24:50.66 ID:TVMZWzjO0
アルラウネ「これを、わたしのめしべに入れたら
        種ができるのか」 さわさわ

男「んくっ・・・いや・・・どうだろう、種のようなものは出るけど・・・」

アルラウネ「ん?なんだか気持ち、よさそうだ」 さわさわ

男「ああ、好きな子におしべを触られると気持よくなるんだ」

アルラウネ「・・・ん、先からなにか、でてきた」 さわさわ

男「んっ・・・先走り、花粉だ」

アルラウネ「そうか。おまえの花粉は、
        ずいぶんとべったりしてるな・・・」 シュッシュッ

男「ああ、人間の花粉はわりかしべったり・・・くっ、あっ」

アルラウネ「・・・くるしいのか?」

男「いや、とってもいい。
  でも良かったら口におしべを含んで欲しい」

アルラウネ「ん、わかった。んっ・・・
           ちゅ、ちゅぽっ・・・ちゅ、ほお?」

男「んくっ・・・すぐにでも花粉が出そうだ!」

アルラウネ「んっ、ちゅっ、ちゅく・・・れろ、ちゅっ」

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 15:27:08.34 ID:WSg715UT0
vanadisのアルラウネちゃんにはお世話になりました…

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 15:31:23.13 ID:TVMZWzjO0
男「んっ、アルラウネの口めしべに花粉かけるよ・・・!」

アルラウネ「ちゅるっ・・・ちゅ、じゅぽっ・・・ちゅう」

男「ああっ、アルラウネ!」 ビュルッ

アルラウネ「んふっ!?ん、んん・・・ちゅるっ」

男「ハァッ、ハァッ・・・」

アルラウネ「けほっ・・・こ、こんなにでるのか・・・」 デロッ

男「ふぅ・・・ああ、そうだよアルラウネ」

アルラウネ「おしべが、しぼんでいく」

男「普段はこの状態なんだ」 カチャカチャ

アルラウネ「これ、めしべにぬったら種できるかな・・・」 くちゅっくちゅ

男「・・・」 ムクムク

アルラウネ「・・・ん?どうした男」

男「ごめん、もっかい」 ガバッ

アルラウネ「きゃっ!・・・もう、しかたないな、男は」


73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 15:37:02.59 ID:TVMZWzjO0

―――

アルラウネ「ハァッ・・・ハァ・・・めしべにおしべをすりつけて受粉させるなんて
        お前たちの行為はすごいな・・・」

男「うーん、俺たち人類からすりゃ
   風まかせ、虫まかせの受粉なんてつまらなく映るけどな」

アルラウネ「3度しただけで、こしがぬけてしまった」

男「もう2・3回したかったんだけど、さすがに遠慮したんだ」

アルラウネ「そ、そうか」

アルラウネ(こ、こわされるかもしれない・・・)



74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 15:47:08.82 ID:TVMZWzjO0
―――アルラウネの林 沼

アルラウネ「ここでわたしは、発芽したんだ」

男「結構涼しいな、ここは」

アルラウネ「夏は、ここにかぎるよ

男「・・・ん、誰かの墓があるな」

アルラウネ「そのひとが私に血をくれたんだと、おもう」

男「そうか。今度きたら花でも添えてやろうかアルラウネ」

アルラウネ「ん、わかった」

男「まだ、案内したいところあるんだろ?」

アルラウネ「ああ、こっち」

『大事にしてあげてね、お兄ちゃん』

兄「ん?」

アルラウネ「どうした、変なかおになってる」

兄「いや、なんでもない」

兄(まさかな、こんなところに
     妹の墓があるはずもない)

77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 16:01:00.39 ID:TVMZWzjO0
―――ケンタウロス達の集落 3年後

ケイローン「人間は繁殖力のある種族とは思っていたが、
         まさか異種間での」

男「ははは、頑張ったので」

アルラウネ「われながら、びっくりした」

アルル「うまだ!」

ラウネ「うまー!」

ケンタウロス♂「よ、よせっ。
         こらっ尻尾を引っ張るんじゃない」

ケンタウロス♀「あらいいじゃない。あんた結構似合ってるよあはははっ」

ケイローン「うむ、これも修行だからの」

ケンタウロス♂「ふ、不幸だ・・・」

ケイローン「それで、生活は順調か?」

男「沼のほとりに家を建ててね、
   今じゃ親子8人で仲良く住んでますよ、なアルラウネ」

アルラウネ「ええ・・・あなた」 ポッ

ケイローン「そうかそうか。なんだか今日はやけにあついのぅ」

79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 16:12:12.43 ID:TVMZWzjO0
ケイローン「ん、8人?」

男「頑張ったので」

アルラウネ「うん」

ケイローン「まぁこのへんをアルラウネだらけにせんように」

ケンタウロス♀「ほーらお、馬さんに乗せてあげようねー」

アルル・ラウネ「イヤッホオオオウ!」

ケンタウロス♂「な、なんで俺がこんな目に
           クソッ落ちるなよ、ガキども!」

パカラッパカラッ

アルラウネ「おちないように、ね」 葉っぱフリフリ

ケイローン「もう、しっかりと根を張ったようだな」

男「おかげさまで、あの林にしっかりと」

パカラッパカラッ

アルラウネ「ん、帰ってきた」

男「こいつと、あいつらがいるんだ。枯れる未来なんてないでしょう!」 ギュッ

アルラウネ「きゃっ・・・もう、あなたったら」      おしまい

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 16:13:44.88 ID:Arh/9Bvo0
おつ
ハッピーエンドでよかった

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 16:15:43.48 ID:TVMZWzjO0
終わった!完!

しょっぱいSSだったけど支援くれてありがとう
途中で心何度か折れたけど支援の2文字で頑張れました

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 16:21:51.99 ID:M6Vt69Idi
>>82
乙、ヨカッタヨー

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 16:23:07.97 ID:I2qHtgJrO
ほっこりしたよ、>>1

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 16:24:35.57 ID:cMZTn0+v0
乙<こ、これは>>1乙じゃなくてアルラウネの根っこなんだからね!

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/05/21(土) 16:29:12.53 ID:DCXBa+fS0
>>82

面白かったよ~


関連記事
2011/05/25 12:00 | CM(0) | その他 モン娘 SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング