HEADLINE

アスカ「シンジ、あんたって『アスカ派?綾波派?』」

2011/05/31 09:34 | CM(2) | エヴァ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:57:48.94 ID:V3LBWGh60
シンジ「は?」

アスカ「は?じゃなくて、どっち派かって聞いてんの」

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:58:41.95 ID:V3LBWGh60
シンジ「どっちって・・・大体、なんで自分で名前言うの?」

アスカ「一般にそういう感じの聞き方するから真似ただけよ」

シンジ「一般にって」

アスカ「あんたバカァ!? 世間じゃこれってちょ~重要な人生最大の選択なんだから」

シンジ「そ、そうなの?」

アスカ「『アスカ派』と『綾波派』に分かれて、いつ第三次世界大戦が起きてもおかしくないわ」

シンジ「・・・・・・・・・へぇ」


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:59:06.16 ID:oxWXMfZv0
シンジ「ミサトさん派かな」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 07:59:58.28 ID:cPLEp7hX0
アスカでヌキ続けて15年経ってるんだな
胸厚

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:03:34.04 ID:V3LBWGh60
アスカ「まぁ、けどそれは世間一般の話ね。私たち当事者や物語にとっては―――」

シンジ「物語?」

アスカ「聞き流して。私たち当事者にとって、意味ある選択権を持ってるのはただ一人」

シンジ「ふんふん」

アスカ「あんたがどっちを選ぶかよ、バカシンジ!」

シンジ「えええ僕!?」

アスカ「さぁ、分かったらキリキリ答えなさいっ」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:05:12.15 ID:V3LBWGh60
シンジ「そ、そんな事急に決めろって言われても・・・」

アスカ「情けないわね。賢人は常に、どんな選択にも答えられる準備をしておくものよ」

シンジ「なにそれ?」

アスカ「え。いや、今なんとなく考えたんだけど・・・」

シンジ「・・・」

アスカ「・・・」

シンジ「はぁ。悪いけど、僕、そろそろご飯作るから」

アスカ「あ、待ってよシンジ」

シンジ「なに?」

アスカ「キスしよっか?」

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:05:38.24 ID:BGNRJKT00
シンジ「今は長門だよ」

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:06:13.09 ID:V3LBWGh60
シンジ「やだ」

アスカ「なんでよ、こんな美少女のお誘いを」

シンジ「狙いがあからさますぎるからヤだ」

アスカ「ふ~ん。バレちゃしょうがないわねー、と言いつつ隙ありぃっ!!」がばっ

シンジ「うわぁっ?!」

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:09:37.28 ID:V3LBWGh60
シンジ「もうっ、やめろよアスカ!」

アスカ「あン、やだえっち! どこ触ってんのよ」

シンジ「あ。ゴ、ゴメ・・・んンン!?」

アスカ「ん~~・・・」ちゅぅぅ

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:13:13.87 ID:V3LBWGh60
ちゅ、くちゅっ…ちゅぷ…

シンジ(くそ、油断した! ま、負けないぞっ、こんな・・・こんなっ、キス、なんか・・・に・・・)

んっ…れろ、ちゅるっ…くちゅ…くちゅ…ちぅぅ…

ジタバタ

ジタバタ

ジタ




アスカ「ちゅぷっ。ふぅ・・・。ねえ、シンジはどっち派?」

シンジ「ぁ・・・あしゅか派れす・・・♥」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:13:18.76 ID:cIg+xFv9P
わっふるわっふる

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:14:04.50 ID:V3LBWGh60
綾波の部屋

シンジ「はいこれ。昨日のと、今日のプリント」

レイ「ありがとう」

シンジ「綾波は大変だね。ネルフでの仕事、いつも僕らより多くて」

レイ「平気・・・慣れてるから。紅茶、淹れるから座っていて」

シンジ「うん、お願いするよ」

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:17:55.45 ID:V3LBWGh60
シンジ「コク、コク・・・美味しいや。淹れるの上手くなったね」

レイ「―――碇君はどっち?」

シンジ「え。なに?」

レイ「綾波派と、アスカ派」

シンジ「あ、綾波まで」

レイ「どっち?」

シンジ「・・・・・・ゴメン。僕、アスカ派なんだ」

レイ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・そう」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:21:19.38 ID:V3LBWGh60
シンジ「本当にごめん」

レイ「謝らなくていい。碇君が決めた事だもの」

シンジ「う、うん」

ストン

シンジ「? 綾波、なんで隣に・・・ちょ、ちょっと近すぎない?」

レイ「手。貸して」

シンジ「いいけど、ってええぇ!?」

むにぅ

シンジ(あああ手が綾波の生脚にっ?! なんというしっとりすべすべ感・・・!)

シンジ「どっどうしたのいきなり?」

レイ「決まった事は仕方ないけど、碇君に知っておいて欲しいから」

シンジ「な、何をでしょう?」

レイ「碇君が誰派でも・・・私は・・・碇君のことを想ってる」

シンジ「!」ドキッ

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:24:25.37 ID:V3LBWGh60
レイ「こうして傍にいるだけで、身体が熱くなるの」

シンジ「いや、嬉しいけどその、だからってなにも脚で確かめなくても! 熱とか分かりにくいし」

レイ「そうね。それじゃ」

ぐいっ

レイ「もっと上を触って」

シンジ(フ、フトモモぉぉ?!)

レイ「どう?」

シンジ「つ・・・つるつるで、やぁらかで・・・じゃなくてっ」

レイ「やっぱり分かりづらいのね。なら、もう少し上」

シンジ「ああああのそれって」

レイ「つけ根の、真ん中を・・・触って?」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:25:28.57 ID:V3LBWGh60
くちゅっ

レイ「あ、ン」

くちゅ…くちゅ…

レイ「くぁ・・・あっ」

シンジ「はぁ、はぁ、はぁ」

レイ「ど、どう・・・んっ・・・碇くん・・・」

シンジ「う、うん。すごく熱い・・・すごぃ」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:27:01.99 ID:V3LBWGh60
ちゅぷ…ちゅく…くちゅっ…

シンジ「はぁ、はぁ、はぁ」

レイ「あっ、い、あんッ、はぁ・・・」

シンジ(あ、綾波の喘ぎが耳にかかって・・・。こんな目の前で綾波が!!)

レイ「はぅ! ぁ、碇くんのゆび、いいの、あぁ、あ、あ!」

じゅぷっ!

レイ「あっアアアぁぁぁ~~~!!」ビクビクッ


レイ「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・。ぃ、いかりくん」

シンジ「は、はい」

レイ「・・・・・・碇くんは、どっち派?」

シンジ「綾波派!」

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:30:42.52 ID:V3LBWGh60
学校~男子更衣室

ケンスケ「碇、先行ってるぞ」

シンジ「うん。・・・・・・うんしょ、うんしょ」

ガラガラガラ

マリ「お邪魔しまーす」

シンジ「!? マ、マリさん?」

マリ「やっほう」

シンジ「やっほうて・・・ここ、男子更衣室ですよ?」

マリ「気にしない気にしない。どうせそれ以前に不法侵入だし」

シンジ「・・・」

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:32:58.36 ID:V3LBWGh60
マリ「ところで、なんで水泳パンツ一丁? ここで着替えてプールまで行くの?」

シンジ「ああ、プール横の更衣室もあるんですけど、狭いんですよ」

マリ「へえ」

シンジ「だから向こうで着替える人と、こっちで着替えてから行く人になんとなく分かれて―――」

マリ「なるほど」

シンジ「で。マリさんはどうして?」

マリ「いやぁ、君に軽~く聞きたいことがあってさ」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:37:28.13 ID:V3LBWGh60
マリ「よいしょっと」

シンジ「ちょ、どこ座ってるんですか?!」

マリ「いい眺めだなあ」

シンジ「・・・人の膝の上でくつろがないで下さい」

マリ「この距離だとワンコ君が全裸みたいに見えるし、
   想定以上に美味しい状況に出くわしてラッキーだにゃ」

シンジ「あのー・・・僕、授業が・・・」

マリ「まぁまぁ。ところでワンコ君の目線には何が映ってる?」

シンジ「えっ。な、なにってその」

マリ「目を逸らすのはNG! きちんと言えたら、降りてあげてもいいよ」

シンジ「・・・・・・マ、マリさんのむ、胸が、目の前です」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:44:17.35 ID:V3LBWGh60
マリ「うん、よくできました」むぎゅっ

シンジ「むぐぐ・・・。ぉ、降りてください・・・」

マリ「降りてあげてもいいとは言ったけど、即降りるとは言ってない」

シンジ「ズルぃ」

マリ「ふふん。その代わり、別のご・ほ・う・び ♥」

プチ、プチ…

シンジ「な!?」

マリ「ほぉら。私のおっぱい・・・下着の上からなら、揉んでいいよ」

シンジ「・・・・・・ンゴクッ」

マリ「君がおっぱい大好きなのは調査済みだから、素直に、ね?」

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 08:57:03.03 ID:QsO1sw1p0
LAS→アスカとシンジラブラブ
LRS→レイとシンジラブラブ

アスカ人→アスカ原理主義者
アヤナミスト→レイ原理主義者

エヴァ板で使われている専門用語でした

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 13:50:51.74 ID:V3LBWGh60
マリ「両側から、すくい上げるように寄せてみて」

シンジ「・・・」フラ~

ぐにぃ

シンジ(うぁぁ、た、谷間がっっ)

マリ「それから、ゆっくり、周りからこねてほぐすみたいに・・・・・・ンっ」

むにゅ…くに…ぐにゅぅ…

シンジ「はぁ、はぁ、はぁ」

マリ「そう・・・焦らないで・・・いい子だね」

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 14:01:09.34 ID:V3LBWGh60
むに…たぷんっ…むにゅっ、むにゅぅ…

マリ「はぁ、んンっ・・・ん・・・ワンコ君、上手・・・あっ」

シンジ「はぁ、はぁ、はぁ」

マリ「今、凄い目つきしてるよ・・・。私のおっぱい、どうかにゃ・・・?」

シンジ「お・・・おっきくて、プルプルして・・・だ弾力が」

マリ「んっ・・・ふふ、気に入った?」

シンジ「は、はい。あぁ・・・このまま、ずっと触ってたいですっ」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 14:08:29.99 ID:V3LBWGh60
マリ「よしよし。すっかり素直でカワイイから、下着取ったナマもサービスしてあげよっかな」

シンジ「・・・っ?!」

マリ「ただし―――」グリッ

シンジ「あうっ」

マリ「さっきからずぅっと水泳パンツ越しに突き上げてる、こっちが苦しそうだから―――」グリグリ

シンジ「あぁぁッ」

マリ「ナマは下のほうでね」

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 14:20:29.88 ID:V3LBWGh60
トウジ「センセ、遅いのう」

ケンスケ「なんかあったのかね」



シンジ「あくっ、うぁぁぁッッ!!」

びゅるるるっ…

マリ「うわっ?! 挟んだ途端に出ちゃうなんて、もうギリギリだったんだねこりゃ」

シンジ「す、すいません・・・」

マリ「いいよ別に。ん~。君のせーし、いい匂い ♥ ちゅるるっ」

シンジ「いひっ?!」

マリ「んっく。敏感なのは嬉しいけど、あまり声出すと人が来ちゃうよ。そうでなくても来るかもだけど」

シンジ「!」

マリ「人に見つかるのと、どっちが早いかな~」

シンジ「そんな―――」

むぎゅぅ

シンジ「あうぅ・・・くっ」

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 14:40:07.39 ID:V3LBWGh60
むにゅっ、ぐにゅ、ぐににっ

マリ「んちゅる・・・ちゅぅ、れろ、じゅるっ・・・」

シンジ(あぁぁぁ! おっぱいで揉まれて・・・もまれながら吸われるぅぅ・・・!!)

シンジ「・・・ふぁ・・・あくっ。・・・うう・・・くぁ、ぁッ! あぁァァァ~~~~~~」

どくンッ! びゅるるるるっ

マリ「あは、またイったぁ・・・。でもまだイけそうだから、もう一回っ!」ぎゅむ

シンジ「おあぁ゛ぁ゛・・・♥」

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 14:41:09.49 ID:V3LBWGh60

マリ「ぢゅる・・・ねぇ、最初に言った、聞きたいことなんだけど」

シンジ「は、はひぃぃ」

マリ「私のおっぱいは好き?」

シンジ「しゅきれふぅぅ」

マリ「じゃあ・・・れろぉ、じゅぷぷっ・・・君は誰派かにゃ?」

シンジ「マリさん派れす! くあっ、ぁ、ぁぁ~~~」

ぐにっっ!

シンジ「あああまたぁぁ!」

どぴゅっ、どびゅるるるルルルルッッ!!

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 14:46:19.56 ID:V3LBWGh60
ガラガラガラ

シンジ(急がなきゃ・・・)

体育係「おっ、碇。あんま遅いから様子見に来たんだけど」

シンジ「ご! ごめんねわざわざ。なんていうかその、うん。手間取っちゃって」

体育係「?」



マリ「ふぅ・・・・・・危なかった。ま、見つかってたらそれはそれで面白かったけど。
   にしてもワンコ君は、嘘が下手にも程があるなー」

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 14:52:16.64 ID:V3LBWGh60
NERV

ミサト「ご苦労様。今日はもう上がっていいわよ」

シンジ「はい」

アスカ「は~い」

シンジ(あれ、メール来てる。・・・加持さんから?)

アスカ「さ、シンジ。さっさと帰りましょ」

シンジ(―――・・・?!!)

アスカ「シンジ?」

シンジ「ア、アスカ、悪いけど先に帰ってて」

アスカ「ほえ」

シンジ「僕ちょっと用事ができたから!」

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 14:55:37.38 ID:V3LBWGh60
アスカ「なんなのよ、あの慌てよう」

レイ「・・・」

アスカ「大体シンジのやつ、最近みょ~によそよそしいのよね。変に気をつかってるというか」

レイ「・・・フ」

アスカ「む。何よ、ファースト。あんたなにか知ってんの?」

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 15:01:47.63 ID:V3LBWGh60
シンジ「加持さんっ」

加持「おお、来たか。助手席に乗ってくれ」

キュキュ ブロロロロロロ…

シンジ「あの、本当なんですか? マナが・・・」

加持「さすがの俺も、ジョークであんなメールは打たないさ。シンジ君に会わせてくれと連絡があってね」

シンジ「でも、どうして突然」

加持「それが、実は俺も、会いたくなったからとしか聞いてないんだ。
    とりあえず部屋を用意して泊まらせてあるから、後のことは本人から直接確かめてくれ」

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 15:13:32.61 ID:V3LBWGh60
ガチャッ

マナ「シンジ!」

シンジ「マナ・・・! 久しぶりだね」

マナ「加持さんは?」

シンジ「この近くで2、3時間潰してくるから、いつでも呼んでくれって」

マナ「そっか。後でちゃんとお礼言わないとだね。・・・・・・会いたかったよ、シンジ」

シンジ「うん、僕も。けどなんで急に?」

マナ「あ、あのね。私―――不安になっちゃって」

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 15:17:22.54 ID:KzkKiuMB0
マユミって誰?
マナもよく分からん

あとはトウジ&委員長の妹とか・・・

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 15:23:00.76 ID:V3LBWGh60
マナ「ほら、ネルフに新しくパイロットが増えたでしょ? 女の子の」

シンジ「ああ、マリさんのことだね」

マナ「私これまで、派生キャラでは一番存在感があるつもりだったけど」

シンジ「派生?」

マナ「聞き流して。とにかく、そのマリさんに押されて、私の立場なんてなくなるんじゃないかって・・・」

シンジ「そんなっ!? そんな心配いらないよ。マナは」

マナ「シンジって誰派?」

シンジ「マリさん派」

マナ「・・・」

シンジ「・・・あ」

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 15:51:12.92 ID:yCaS+JIs0
>>63
マナ画像は「霧島マナ」でぐぐればすぐ出てくるぞ

「鋼鉄のGF」で初登場して「碇シンジ育成計画」にも登場したゲームオリキャラ
元々は戦自のスパイでシンジに迫ったけど、いつの間にかマジ惚れしちゃってた子
自分のことを想うシンジに諦めてもらうために、わざと同僚の男の子に抱きついて見せたりするけど

鋼鉄GF特別編ではシナリオによってシンジと駆け落ちしちゃうし、
育成計画でもアスカレイと同列の扱いでシンジ取り合ったり、結婚ENDもある
性格は学園レイって感じだけど(声も林原)、
ストレートな好意をシンジにぶつけて落とすところから、女版カヲルと言われたりもする

75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 18:26:20.49 ID:ihD/Id910 82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 21:27:43.21 ID:V3LBWGh60
シンジ「えーと。なんだろ。今のはあくまで僕という一個人の、取るに足らない・・・」

マナ「ん・・・ごめんね、シンジ」

シンジ「? なんでマナが謝るのさ。謝らなきゃいけないのは僕だ」

マナ「違うの。私、本当は知ってたのよ。シンジがマリさん派に転んだって事」

シンジ「えっ」

マナ「その前の綾波さんや、アスカさんとの事も」

シンジ「えっ、えっ? でもどうやって?」

マナ「そこはほら、私の得意分野だから。離れてからも、実はこっそり盗さ―――」

シンジ「あ、待って。やっぱり聞きたくない」

マナ「ちなみに、シンジの自慰平均回数は・・・」

シンジ「やーめーてー」

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 21:34:15.84 ID:V3LBWGh60
マナ「とにかく、それで考えたんだ。私がどうやったら勝てるか」

スルっ ファサ…

シンジ「マ、マナ!?」

マナ「けどね・・・なんにも思いつかないから、シンジに全部あげることに決めちゃった」

シンジ「ぜっ、ぜぜ全部って」

マナ「シンジもまだ、最後までは誰にもさせてもらってないでしょ? ね。私とシよ・・・?」

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 21:46:45.19 ID:V3LBWGh60
マナ「マリさんみたいに胸大きくないから、つまんないかも知れないけど・・・」

シンジ「そんなことないよ! あの、えと、す・・・すごくキレイだし」

マナ「ありがと」

シンジ「いや、たださ。今、僕一応マリ派なわけだから」

マナ「ねぇシンジぃ」ぎゅぅ

シンジ「あう」

マナ「ベッドまでだっこして・・・? それで、最後の一枚だけはシンジが脱がせて欲しいの」ぎゅぅぅ

シンジ「あああ」

マリ「そしたら後は、シンジのしたいコト、なんだってしていいから♥」

シンジ「ハ・・・・・・・・・ハヒ」

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 21:48:24.99 ID:V3LBWGh60
下から二行目マリ→マナ

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 21:49:25.99 ID:RuYZ5vRr0
まさかのマリ乱入ww

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 21:50:07.48 ID:V3LBWGh60
加持「ブレンド、もう一杯貰えるかな」

店員「かしこまりました。少々お待ちください」

加持「・・・・・・さて。シンジ君は、今頃うまくやってるかな?」

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 22:03:12.95 ID:V3LBWGh60
じゅぷっ、じゅぷっ、じゅぷっ

シンジ「は、は、は、はっ」

マナ「あッ! シンジ、シンジぃ、あ、あン!」

シンジ「く、ぅ・・・マナっ、ああ、もう出るっ・・・」

マナ「は、ぁっ、シンジ、あんっ! いいから、そのまま出して、ああ!」

シンジ「ふぁぁ、あ、くっ」

どくんっ!

シンジ「あああぁぁぁッッッ!」

どくんっ どく、どく、どく…

マナ「は、ぁぁぁ・・・・・・。しんじぃぃ♥」

シンジ「マナ・・・ちゅっ」

マナ「んン、ん。ちゅぅ、ちゅっ、はぁんん・・・・・・」


95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 22:06:11.65 ID:V3LBWGh60
葛城邸

シンジ「ただいまぁー」

アスカ「ヒヒヒ。遅かったじゃない」

シンジ「な、なに!?」ビクッ

アスカ「聞~いたわよぉ。ファーストから」

シンジ「うっ」

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 22:14:17.12 ID:V3LBWGh60
アスカ「あんた・・・いつの間にやら、綾波派の一員に成り下がったんですって?」

シンジ「え」

アスカ「それも、無敵のシンジ様ともあろう者が、あざとい色仕掛けなんぞに惑わされて?!」

シンジ「いや、色仕掛けはアスカも同じだったような・・・」

アスカ「問答無用! 魂に懸けて真実だけ述べなさいっ。あんた今、アスカ派なの?綾波派なの?」

シンジ「・・・」

アスカ「なに目ぇ逸らしてんのよ」

シンジ「・・・・・・マナ派」

アスカ「へ?」

シンジ「・・・・・・マナ派デス」

アスカ「・・・」

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 22:16:42.01 ID:+tnxEUaq0
シンジ……

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 22:26:16.90 ID:V3LBWGh60
アスカ「あ、」

シンジ「あ?」

アスカ「あんたバカぁぁぁぁぁぁ?!!!」ドゴッ

シンジ「げふっ!」

アスカ「どおおぉぉいう事よぉぉバカシンジィ!」

シンジ「あああごめんアスカぁぁっ。そそそそんな揺らさないで!!」

アスカ「何がどうして、よりによってスパイ女派に変わってんのよっ」

シンジ「い、色々あって・・・って、まぁおおむね僕のせいなんだけど」

アスカ「あんた! ここ数日あったこと、端から全部白状しなさい!」

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 22:37:57.20 ID:V3LBWGh60
シンジ「――――――以上です・・・」

アスカ「なるほど。どーでもいいけど、思いのほか長い話になったわね」

シンジ「それは、話の途中で何度も拳や蹴りが飛んできたからじゃないかと・・・」

アスカ「そうね。でもまだ喋れてるってことは、折檻が足りないんだわきっと」

シンジ「・・・」

アスカ「じゃ、まず私の部屋で折檻の続き」

シンジ「ぁぅぅ」

アスカ「でその後再教育よ」

シンジ「さ・・・さいきょーいく?」

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 22:57:13.53 ID:V3LBWGh60
アスカ「バカシンジが他の女にされたこと、フルコースでお返ししてやる・・・っ」

シンジ「え゛」

アスカ「誰が一番いいか、改めて刻み込んでやるから覚悟しときなさい!」

シンジ「ま、待ってよ。今日はさすがに身体が」

アスカ「・・・」ギロリ

シンジ「う・・・・・・。そ、それに僕、マナ派だからアスカとそーいう事はさ」

アスカ「今更! 皆からえっちなことされる度に、コロコロ宗旨替えしてるくせに」

シンジ「マナとはちょっと違うよ。えっちだけじゃなくて、精神的な結びつきっていうか―――」

アスカ「ふーん。怖いんだ? それも含めて、また私に塗りつぶされちゃうのが」

シンジ「怖かないよっ!! アスカに何されたって、どってことないさ」

アスカ「じゃ、いいじゃない。さっさと行きましょ」

シンジ「―――分かったよ。よ~し、今度こそ!」

106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 22:57:59.51 ID:uyd+BO7h0
再教育部隊とかジャム人間かと

108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 23:06:23.37 ID:V3LBWGh60


シンジ(またアスカ派に戻っちゃった・・・)

シンジ「僕、なにやってるんだろ」

フンフンフンフンフ~ンフフン♪

シンジ「あ。この音程のズレたハミングは」

カヲル「ふふふ。久しぶりだね、シンジ君」

シンジ「カヲル君! 良かった。ここに来れば会えるんじゃないかと思ってた」

カヲル「なにやら、シンジ君が困ってる気がしたからね。月から降りてきたんだ」

シンジ「うん・・・カヲル君に相談があるんだ。恥ずかしいけど、他にこんな事話せる人もいないから・・・」



111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 23:11:02.95 ID:tp6/TUQj0
なんか俺のPCだと>>105の続きが表示されないんだが…

114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/01(水) 23:24:27.23 ID:V3LBWGh60
カヲル「―――そうか。僕のいない間に、皆でそんな楽しそうなことを」

シンジ「たのし?」

カヲル「気にしないでくれ。・・・確かに、シンジ君のフラつきが事態をややこしくしていると言えるね」

シンジ「うん」

カヲル「けれど、そう落ち込みすぎる必要は無いさ。
     彼女らに迫られて自己を平静に保ち続けられる男子中学生なんて、滅多にいるものじゃない」

シンジ「でも、そんなの言い訳だ」

119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 00:30:45.14 ID:6s14QR4e0
カヲル「だけどねシンジ君。もし君が心からの決断を下しても、それが良い事とは限らないんだよ」

シンジ「どうして?」

カヲル「君の選択は、個人の問題に留まらないのさ。
     時に、この世界の運命を決定づけるほどの意味を持ってしまう」

シンジ「・・・・・・そういえば、アスカもそんな風なことを言ってたような」

カヲル「そうさ。だから僕としては、今、君が答えを迷うのが悪い事だとは思わない」

シンジ「けど、それじゃアスカ達は」

カヲル「個人の倫理としては問題なのだろうね。それはリリン独特の感覚で、僕にはよく分からないな」

シンジ「・・・」

121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 00:41:55.13 ID:6s14QR4e0
カヲル「納得いかないかい?」

シンジ「うーん。難しくて、なんだかよく分からないや。ゴメンね、相談に来たのは僕なのに」

カヲル「構わないよ。・・・それじゃ、こう考えてみたらどうかな」

シンジ「なぁに?」

カヲル「現在、君達に必要なのは争奪よりも団結だ」

シンジ「だ、団結?」

カヲル「異性間の軋轢より、性差を超えた友情こそを育むべきだ」

シンジ「ゆっ、友情?!」

カヲル「さあシンジ君。手始めに、僕らも性を超えて新たな関係を築こうじゃないか!」

シンジ「あれ??」

カヲル「いざ!」

シンジ「ちょ、ちょっと待」






シンジ「アッーーーーーーー!!! 」

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 00:43:39.99 ID:fWcMJ6TL0
脳内再生余裕ww

124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 00:47:34.98 ID:6s14QR4e0
葛城邸

シンジ「えー・・・・・・そんなわけで、僕たちに必要なのは、団結と友情なんじゃないかなー。なんて」

アスカ「反対の人」

マリ「ほい」

マナ「はーい」

レイ「・・・・・・・・・はい」

シンジ「・・・だと思ったんだ」

126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 01:00:13.28 ID:6s14QR4e0
アスカ「大体それ、バカシンジの意見じゃないでしょ。どこで吹き込まれたのよ」

シンジ「ど、どこでって」

レイ「フィフスね」

シンジ「う・・・正解。いやでも、カヲル君の言う事だから。きっと一理あるんじゃないかな」

アスカ「あんた、どんだけカヲル尊敬してんの・・・」

マナ「ヘンなことされなかった?」

シンジ「・・・」

レイ「どうして目を逸らすの?」

シンジ「・・・」ポッ

128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 01:13:37.09 ID:6s14QR4e0
アスカ「―――作戦会議。皆こっち来て」

シンジ「何?」

アスカ「あんたはそこで正座してなさい!」

シンジ「はいっ」



マナ「お待たせ~」

シンジ「お疲れ様。どうなったの?」

マリ「とりあえず、私達は一時休戦することにしたにゃ」

シンジ「ホ、ホント!?」

アスカ「で。手始めに、あんたを皆で折檻ね」

シンジ「あ・・・やっぱり」

130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 01:34:54.61 ID:6s14QR4e0
シンジ「・・・」ピクピク

マリ「ま、こんなモンかな」

レイ「・・・少し、すっきりした」

シンジ「ぅぅぅ」

アスカ「それじゃ部屋に運びましょ」

シンジ「・・・僕、どうなるの?」

アスカ「あんたバカァ? ちっとは学習しなさいよ。たっぷり折檻した後は、何するか決まってんじゃない」

シンジ「え、だって」

マリ「ふふ。ずっと苛められると思ってた? そんな事のためなら、わざわざ手を組んだりしないって」

マナ「とりあえず、最大の強敵に負けちゃわないために、ね?」

131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 01:56:10.78 ID:6s14QR4e0
どうするか聞くのって情けないけど・・・

①当初の予定通り、終盤はエロはさらっと流して進む
②明日(もう今日か)まで間を置くことになるけどエロシーン考え直す。省略したアスカのも

どっちにすべき?

132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 01:58:57.06 ID:xQyodhUj0
2以外の選択肢が見当たらない

133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 01:59:18.08 ID:S3b5/hQR0
加持さん派まだー?

134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 02:00:19.19 ID:OdDFOMhSP
2しか見えないんだが?

135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 02:02:50.18 ID:DBd/KIuw0
③リツコさん派

136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 02:03:46.97 ID:zG94v0lEO
1で>>1の思う通りにやったら良い

139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 02:14:36.73 ID:6s14QR4e0
②にします
>>136もありがとう

以後はまた本文と離脱時以外書かないようにします、失礼しました

162 >>105と>>108の間 :2010/09/02(木) 17:34:45.24 ID:6s14QR4e0
アスカ「さてっと。それでは、ただ今より再教育を開始しまーす」

シンジ「ふ、ふぁい・・・イツツ」

アスカ「ホントに喋れなくなるまでお仕置きしても良かったんだけど、
     この後に支障が出るから勘弁してあげるわ」

シンジ「アリガトウゴザイマス」

アスカ「じゃ―――まずは、またキスからね」

シンジ「来るなら来い!」

アスカ「なぁにイバってんのよ・・・ンっ、ちゅぅ」

シンジ「んむっ」

163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 17:40:56.09 ID:6s14QR4e0
ちゅ、ちぅ…ちゅぷ…くちゅ、れろ、ちゅるっ…ちゅっ

アスカ「ん、んン・・・ちゅぷっ・・・ふぅ。んふふ、それじゃ次は―――って」

シンジ「はぁぁ」ポー

アスカ「てぃ」

シンジ「痛っ!? 何?」

アスカ「うっさい! いくらなんでも落ちんの早すぎよっ!」

シンジ「おっ、落ちてないよ。ちょっと、ぼーっとしてただけで」

アスカ「・・・私のキス、気持ちよかった?」

シンジ「う、うん」

アスカ「てぃっ」

シンジ「痛っ」

164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 17:50:10.46 ID:6s14QR4e0
アスカ「まったく、スケベなんだから。こっちも・・・」

シンジ「あぅっ」

アスカ「さっき折檻されてる時から、ずぅっと固くしてたでしょ。気づかれてないと思った?」

シンジ「そ、それは生理現象というか・・・ぁ、ぁぁっ。アスカ、撫でるのやめて」

アスカ「ヤダ。前にした事のトレースだけじゃつまんないじゃない?」つぅっ

シンジ「はっ、はぁぅ」

アスカ「キスしながら、このまま手でもしてあげる・・・」

166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 18:00:23.76 ID:6s14QR4e0
ちゅぷ…ちゅっ…れろ、ちゅく…ちゅく…

シンジ「ン、ちゅ、ちゅるっ・・・くぁ、はぅ!・・・ぁッ」

アスカ「なによ、もうイキそうなの?」

シンジ「だ、だって・・・アスカの指が、あぁ!」

アスカ「じゃ、キスされながらイっちゃいなさい。んちゅ、ちゅぅぅぅ~~♥」

シンジ「ん、ん、ン、んんんンンッ!!」

どくっ!どくっ!どくっ!

167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 18:09:34.00 ID:6s14QR4e0
アスカ「あ~もう。手にいっぱいついちゃった・・・ペロッ」

シンジ(うあ・・・アスカが、僕の精子舐めてる・・・)

アスカ「次は、ファーストの分ね。『触って、熱いか確かめて』?」

シンジ「ゴク」

171 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 18:22:51.74 ID:6s14QR4e0
ぐいっ…ぴと

アスカ「どう? 私のほっぺた。熱い?」

シンジ「え・・・ほっぺって」

アスカ「不満あるわけ?」

シンジ「い、いえ。大変ぷにぷにです。あったかいし」

アスカ「じゃ、首筋は?」ぐいっ

シンジ「あっ」

アスカ「ほら・・・ちゃんと触れて」

シンジ「・・・やわらかい」

アスカ「―――お腹。どんな感じ?」

シンジ「う・・・す、すべすべ」

アスカ「あ・し」

むにゅ

シンジ「ぉあああああ」

173 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 18:31:54.08 ID:6s14QR4e0
シンジ(脚っ、アスカの脚! 滑らか! 吸い付くっ!)

アスカ「どーするぅ? そのまま、気が済むまでいっぱい触ってもいいけど・・・」

シンジ「!? い、いいいいいや。でも僕、マナ派だからっ」

アスカ「自分からは何もしないつもり?」

シンジ「誘惑には負けない!」

アスカ「あっそう。ふ~ん・・・まだ一応抵抗するんだ。じゃ、もう触らせてあげない」

シンジ「えっ」

スルっ

シンジ(あ・・・縞パン)

アスカ「ファーストの時は、ここぉ・・・触って、弄らせてもらったんでしょ?」

シンジ「うっ、うん」

アスカ「でも、あんたにはさせてあげない。私が自分でするから、そこで見てなさい」

シンジ「自分でって・・・」

アスカ「ん・・・っ」クチュ

シンジ「?!」

174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 18:34:54.95 ID:NxksHyHpP
?!

175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 18:43:08.73 ID:6s14QR4e0
クチュ…クチュ…クチュ…

アスカ「ぁ・・・ぁン・・・はっ・・・ぁぁっ」

シンジ(あああ・・・パンツの中で、アスカの指があんなっ動いてっ)

アスカ「ん、ぁ・・・ぁ、ぁ・・・あ!」グニュ

シンジ(む、胸も)

アスカ「あっ・・・ハっ! ぁぁ・・・んっ・・・シンジぃ」

シンジ「はひ!」

アスカ「バ、バカ・・・呼んだだけよ・・・は、あぁ・・・」

クチュ…クチュ…クチュ…
ムニ…グニュ…ムニ…

アスカ「ぁ、ン、ぁ・・・ぁ・・・ッ」

シンジ「はぁ、はぁ、はぁ」

アスカ「あ、ああっく! はっ、あああぁぁぁ~~!!」ビクビク

176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 19:01:55.00 ID:6s14QR4e0
アスカ「はぁぁぁ・・・」

シンジ「はぁ、はぁ、はぁ」

アスカ「なに息荒げてるのよ、バカシンジ・・・。美少女のオナニーショー見れて、満足できた?」

シンジ「・・・」

アスカ「この次はマリの分だけど、また見てるだけにする?」

シンジ「・・・ムリ」

アスカ「それとも・・・あんたがいつもちらちら覗いてる私のおっぱいに、自分で触れたい?」

シンジ「さ・・・。触りたひですぅ」

アスカ「そうそう。そうやって、素直になればいいのよ」

178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 19:26:25.50 ID:6s14QR4e0
ぐにっ!

アスカ「やン、バカっ。いきなり鷲づかみするんじゃないわよ!」

シンジ「ゴ、ゴメン。我慢できなくて」

アスカ「もっと優しく・・・ぁ。ん、そう・・・」

むにゅ…むに…くにゅ…

シンジ「はぁ、はぁ、はぁ。ごくっ」

アスカ「あ・・・ぁン、ん・・・やればできるじゃない・・・ぁっ」

180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 19:50:29.54 ID:6s14QR4e0
アスカ「ね、ねぇ、シンジ。あ・・・シャツに手、入れてもいいよ・・・」

シンジ「ホント!?」

アスカ「喜びすぎよバカ・・・。マリの時は、下着の上からだったんでしょ?」

シンジ「そ、それじゃ」

するっ
むにゅ…

アスカ「んっ」

184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 20:16:32.65 ID:6s14QR4e0
むに、むに、くにくに、むに…

アスカ「ふっ、ぁ、あん、ん」

シンジ「スゴイ、スゴぃ・・・。ち、乳首が勃つって本当なんだ・・・ああ」

アスカ「こ、言葉にするなっ!あっ」

シンジ「アスカッ!」

アスカ「え、ヤ!? ちょ、ちょっと何よ、こらバカシンジ!」

シンジ「シャツ脱がせるだけだからっ」ぐいっ

アスカ「むぐぐ・・・」

ぱさ…

アスカ「ぷはぁ。ど・・・どうしたのよぉ、急に」

シンジ「・・・・・・ゴクッ」

アスカ「・・・そんなに直に見たかったの? 私のおっぱい」

186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 20:30:41.12 ID:6s14QR4e0
シンジ「はぁ、はぁ、はぁ」

アスカ「シンジ・・・?」

シンジ「ちゅぱっ」

アスカ「ひゃん!」

シンジ「ちゅぽっ、ぺろ、れろ、ちゅううううぅ」

アスカ「ヤダ、あ! そんな吸ったって・・・っ! はン、ああっ」

シンジ「ちゅっ、ちゅぱっちゅぷっ!れろ、ちぅぅ・・・」

アスカ「あっあ! もう、ンん、はぅ」

シンジ「はぁッ。アスカ、ああっ、アスカのおっぱいっっ!」

187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 20:35:09.55 ID:6s14QR4e0
アスカ「ふぅぅ―――。落ち着いた?」

シンジ「暴走してしまいました」

アスカ「・・・・・・マナ派のくせに」

シンジ「ゴメンなさい」

アスカ「言い訳は?」

シンジ「ええと・・・あの、アスカのおっぱいがあまりに白くて可愛かったので、つい・・・」

アスカ「てぃ」

シンジ「痛っ」

188 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 20:46:58.27 ID:6s14QR4e0
アスカ「ほらほら、仰向けに寝転びなさい」

シンジ「どうするの?」

アスカ「マリのは、まだ続きあるでしょうが。あんたのこの―――」

シンジ「あう!」

アスカ「―――節操ないスケベの元を。あんたのだ~い好きな私のおっぱいで・・・ぐにぐにぃって」

シンジ「・・・」

アスカ「嬉しい?」

シンジ「う・・・。か、かなり」

アスカ「マナ派のくせに」

190 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/02(木) 21:05:02.14 ID:6s14QR4e0
ぐにゅぅぅ…

シンジ「あぁぁ」

アスカ「わ、なんかピクピクしてる。ん・・・こうかな」

くにゅ…ぐにっ、むぎゅ…

シンジ「ぁっ、あ~・・・」

むにゅ…むにゅにゅ

シンジ「んぁ、あ、ぁ、はぁぁ」

アスカ「気持ちいい?」

シンジ「うん、すごくぃぃ・・・ア、アスカにしてもらってるって思うだけで、もう・・・」

アスカ「よろしい。ふふ、素直だからいっぱいコネコネしてあげる♥ ほれほれ」

シンジ「おああ」

アスカ「それから、フェラもだっけ? ちゅっ」

シンジ「あひぅっ」

197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 00:03:31.44 ID:3C8oEXD90
アスカ「ぺろ・・・ちぅ、ちゅぅ・・・じゅるっ」

むにゅ、くにっ…くにゅ…むにっ…

シンジ「あ、あっ!・・・はぁ、いぃ、あぁぁ」

アスカ「くちゅ、ちゅぷ、れろぉ」

シンジ「ぁ、くぅ・・・アスカぁ、そろそろ・・・」

アスカ「ん? いいわよ。ここらで、またどぴゅって出しちゃいなさい。ン、じゅるるっ」

むぎゅぅっ!

シンジ「はあぅ! あ、イクっ、あぁ、ァァぁ~~!!」

びゅく、びゅるるるるるッッ

シンジ「ふあ・・・・・・。はぁぁぁ~・・・」

198 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 00:07:58.35 ID:3C8oEXD90
アスカ「ねぇっシンジ。そろそろアスカ派に戻る決心ついた?」

シンジ「ぇ―――っ? い、いや・・・それは」

アスカ「むー、案外粘るわね。精神的な結びつきがどうのってやつなの?」

シンジ「まぁ、そう・・・かな?」

アスカ「ふうん。あんたマナに、好きって言われたでしょ?改めて」

シンジ「!」

アスカ「ファーストも言いそうだけど、どうせもっと曖昧な感じかな」

シンジ「ど!?・・・どうして分かったの?」

アスカ「様子見てたらそのくらい想像つくわよ。あんたって他人からの好意にめっぽう弱いもんねぇ」

シンジ「ぅぐっ」

200 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 00:20:39.72 ID:3C8oEXD90
シンジ「で、でもね、今マナ派なのは僕もマナのこと好きだからであって」

アスカ「じゃあ・・・マナからの言葉抜かして考えたとして、私とマナとどっちの方が好き?」

シンジ「どっちって・・・」

アスカ「私のことも結構好きでしょ?」

シンジ「いや、ちょっと待ってよアスカ」

アスカ「ヤダ待たない」じゅぷっ

シンジ「ほふぅっ!?」

じゅるっ、じゅるるルルルるるぅぅ

シンジ「ひぃぁっ! ああああ゛あ゛あ゛あ゛っっ!!」ガクガク

アスカ「ちゅぷっ。ふぅ・・・・・・私のことも好き?」

シンジ「・・・・・・しゅ・・・しゅきれふ♥」

アスカ「よしよし」

202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 00:33:07.61 ID:3C8oEXD90
アスカ「で、最後はマナの分だけど・・・私のこと好きなシンジは、勿論私と最後までしたいわよね?」

シンジ「そ、そりゃあ」

アスカ「私の身体中、好きなように弄くり回しながらセックスしたい? 私のバージン奪いたい?」

シンジ「・・・ゴクッ」

アスカ「はっきり言いなさいよ」

シンジ「アっ、アスカとセックスしたいっ」

アスカ「ふーん・・・。でも私は、マナ派のシンジとはしたくないなぁ~」

シンジ「ぁぅ」

207 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 00:49:02.04 ID:3C8oEXD90
アスカ「どうするぅ? シ・ン・ジ」

シンジ「ぐぅぅっ」

シンジ(したい・・・アスカとめっちゃしたいっ!!! いやでも耐えろシンジっっ)

アスカ「あ。それと」

シンジ(アスカも可愛いし好きだけど、こんな僕に好きと言ってくれたマナを裏切るなんてそんな・・・っ)

アスカ「多分あんたのことだからよく分かってないんだろうけど、私もシンジの事好きだから」

シンジ「―――エ?」

アスカ「あんたバカ!? でなかったら落とそうとしないし、キスの一つだってしてないわよ」

シンジ「―――エ?」

208 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 00:56:59.06 ID:3C8oEXD90
アスカ「なにフリーズしてんのよ」

シンジ「―――」

アスカ「はぁ。ホンっト、手間のかかる男ねえ」ぎゅうっ

シンジ「ああアスカ!?」

アスカ「いいからそのまま寝てなさい。しっかり染み渡るように、耳元からたくさん脳に届けてあげる」

212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 01:09:07.14 ID:3C8oEXD90
アスカ「・・・・・・好きよ♥ バカシンジ」

シンジ「っ」ビクッ

アスカ「好き♥ 好き♥ 好き♥ だい好き♥」

シンジ「ぁ、ぁ、ぁ」

アスカ「愛してる♥・・・ずっとずっと好きよ」

シンジ「ぁ、ぁぅ、ぁぁぁ」

213 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 01:11:17.61 ID:3C8oEXD90
アスカ「ねぇ・・・本当は私もシンジに抱かれたいの。シンジに犯されたいの。分かってくれる?」

シンジ「はぅ、はぅぅ」

アスカ「シンジも私の事、好きって言ってくれたよね?」

シンジ「・・・コク」

アスカ「アスカ派になって、私とセックスしよう?」

シンジ「コクコクコク」

アスカ「ちゃんと言って」

シンジ「あ・・・あしゅかはになるぅ」

アスカ「ふふふ、やっと言ってくれた。ありがとシンジ。ちゅっ♥」

シンジ「ぁへへへ」

214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 01:14:56.66 ID:MuybJ0IbP
だめだwこのシンジwwwww

217 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 01:29:08.91 ID:3C8oEXD90
アスカ「それじゃ、晴れてアスカ派になったから―――」ぐぃ

シンジ「あっ」

アスカ「いいわよ。全部。触るのも、舐めるのも、犯すのも・・・」

シンジ「ゴキュッッ」

アスカ「全部シンジの好きなようにして」

シンジ「あ!・・・・・・あしゅかぁっ!」

218 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 01:45:28.33 ID:3C8oEXD90
アスカ「あァ、はっ、あン! ああ、ひぅ、あ、あ、ふぁっ!」

シンジ「はぁ、はぁ・・・。れろっ、ちゅ、ちゅぷぅ・・・はぁ、はぁ・・・」

くにゅ、むにぃ、むにゅ
さわ…つつぅ…

アスカ「ぁ、あはっ、くぅ、そんなトコ・・・ひぁんっ!ああぅ!」

シンジ「はぁっ、ああ、アスカっ! もう入れるよ・・・! ずじゅるぅぅ」

アスカ「ひぅぅ!」

シンジ「じゅる・・・っ。ほら、こんなにびしゃびしゃだ・・・。ね、いいよね?」

アスカ「い・・・いいからっ、シンジの好きに―――」

ぐぬっ

アスカ「はぅッ!」

220 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 01:52:06.63 ID:3C8oEXD90
ぐにゅ…ぐぬぬ…

アスカ「かっ、はっくぅ」

シンジ「ぁぁ・・・! アスカに、入ってく・・・」

アスカ「ハ、ハ、ハァ」

シンジ「はっ、ふぅぅ」

ぬぬぬっ…

シンジ「アスカ・・・全部入ったよ」

アスカ「はぁぁ・・・・・・。なんか、ヘ、ヘンな感じね」

222 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 01:58:49.98 ID:3C8oEXD90
シンジ「そろそろ、ちょっとだけ動くね」

ず…じゅぷぅ

アスカ「あぅっ」

シンジ「だ、大丈夫?」

アスカ「ん・・・ゆっくりなら平気かも。続けてみて」

シンジ「じゃあ―――」

じゅぷ……じゅぷ……

アスカ「ぁ・・・ぁ・・・。も、もう少しなら、大丈夫かも」

じゅぷっ…じゅぷっ

アスカ「ぁン・・・く、ぁぁ・・・あっ」

223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 02:18:33.20 ID:3C8oEXD90
じゅぷ、ぬぷ、じゅぷっ…

アスカ「はぁ、あ、あ、あンっ」

シンジ(く、うぅ・・・凄い、絞まって・・・あぁっ)

アスカ「し、しんじ、気持ちいい?」

シンジ「イイ! アスカの中、ホントにきもちいぃよ・・・」

じゅぷっ、じゅぷっ、じゅぷっ、じゅぷっ

シンジ「あああっ、良くて、もう・・・!!」ぐぬっ

アスカ「やだ、抜かないで、ぁ、ぁン! そのまま、出していいから!」

シンジ「えっあ!? 出るっ、ああ、ぁ、ぅっ!」

どくンっ!

シンジ「くあっ、あああぁぁァァァァァーーーっっっ!!」

びゅ、びゅくるるるるるッッッ!

アスカ「はああ・・・シンジが、私の中でイってる・・・。あぁぁぁ♥」

224 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 02:28:52.87 ID:3C8oEXD90
シンジ「ハァ・・・ハァ・・・ハァ」

アスカ「いっぱいイったね・・・」

シンジ「うん。すっごく気持ちよかった」

アスカ「そっか・・・ね、またさっきのしてあげようか?」

シンジ「さっきの?」

アスカ「耳元で、てやつ」

シンジ「う・・・ぅん」

アスカ「んふふ」ぎゅ



アスカ「好き、好き、好き、好きぃ・・・愛してるわよ、私のバカシンジ」

225 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 02:29:21.93 ID:3C8oEXD90
アスカ番外編終わり

229 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 02:58:16.60 ID:5AXFmYNTP
これをまた一周やるのかw

230 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 03:04:18.57 ID:2cFFtbzf0
カオル君の詳細は是非飛ばしていただきたいorz

232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 03:20:11.69 ID:/p0DQV/G0


260 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 16:56:45.99 ID:aro8MEYg0
アスカ派でよかったーーーーーーーーーーーー!

269 >>130続き :2010/09/03(金) 21:06:26.60 ID:3C8oEXD90
アスカの部屋

アスカ「にしても、あんっっだけメロメロだったくせに、男にたぶらかされて帰ってくるとはねー」

マナ「それ言ったら、アスカさん派になる前の私の時も」

シンジ「い、いやあの、決してカヲル君にたぶらかされたわけじゃ・・・」

マナ「なら何?」

シンジ「むしろそうやって、コロコロ変わっちゃうのを反省しようと・・・」

アスカ「はんっ、どうだか」

マリ「だいたい、今更団結とか友情とかさぁ。
   あんまりちやほやされるんで、私達のありがたみを感じてないんじゃない」

シンジ「そ?! そんな事ないよ! 逆だよっ」

アスカ「ほー。逆とは?」

シンジ「みんなの魅力が、その・・・つ、強すぎて、ありがたすぎるから、それですぐ負けちゃうんだって」

アスカ「で、もういっそ男に走ろうと」

マナ「で、いっそ友情とか言って誤魔化しちゃおうと」

シンジ「いえ・・・・・・・・・ゴメンナサイ」

272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 21:22:57.21 ID:3C8oEXD90
レイ「―――折檻は終わりじゃなかったの?」

アスカ「そういやそうだけど、ついね」

レイ「セカンド・・・」

アスカ「分かったわよ。ま、これ以上どついて、本気でナルシスホモを選んだりしたら元も子もないし」

マナ「じゃあ、もういいよね? ・・・・・・シンジぃ」ぎゅっ

シンジ「わっ」

マナ「ふふ、今からは飴の時間だよ」

274 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 21:48:13.83 ID:3C8oEXD90
マナ「シンジに、女の子の良さをしっかり学習させてあげるから」

マリ「二度とバカな選択が浮かばないように、改めて芯に刻んでおくにゃ」

レイ「・・・」ぎゅぅ

シンジ「あ、綾波」

マナ「どぉ? 女の子に左右から挟み込まれるの、嬉しい?」

レイ「碇君・・・・・・?」

シンジ「う、うれしいです」

マナ「でしょ。渚君じゃこうはいかないんだから。ね―――指、ちょうだい」

シンジ「え?」

マナ「ん・・・ちゅっ」

シンジ「ぁっ」

マナ「ちゅっ、ぺろ。ちゅく・・・ちゅぱっ・・・」

シンジ(ゆっ、指を)

マナ「ちゅぷ、れろ、れろ、ちゅぷぅ・・・」

シンジ「ぁ、ぁ・・・ひぁっ」

275 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 22:02:30.23 ID:3C8oEXD90
シンジ(なんだ、これ・・・くすぐったいような、ヘンな感じ)

マナ「カリッ」

シンジ「ひゃぅ!」

レイ「こっちの手は、私が・・・ちゅぅ」

シンジ「ふぁ」

レイ「ちぅぅ・・・ちゅぱ。ちゅる、ぺろ、つうぅ・・・」

マナ「れろ、ちゅっ・・・ちゅく、ちゅっ」

シンジ「ぁ、ぁ、ぁぅ」

マリ「ふ~む。そんなら、足の指もらうね」

シンジ「あ、足って、マリさ・・・ひゃ!?」

マリ「れろぉ。ちゅっ、ちゅぅぅ・・・」

アスカ「しょーがないわね。ばぁかシンジめ・・・・・・ンン、ちゅぷ」

シンジ「あああアスカまでっ」

278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 22:32:02.92 ID:3C8oEXD90
マリ「ちぅ、ちゅっ・・・ちゅぅ、れろ、ちゅっ」

アスカ「ぺろ、ちゅっ、ちゅぷぅ・・・」

シンジ(あのアスカとっ、マリさんが・・・っ。僕の足、舐めてるなんて!)

マナ「ぺろっ、ぺろ・・・れろ、つぅぅ・・・くちゅ」

レイ「ちゅぷ・・・ちゅぱっ・・・ちゅぅぅ」

シンジ(それに手も・・・ぁぁぁ・・・指ってこんなに感じるんだ・・・)

マナ「んふふ、ちゅっ。手足ぜ~んぶ、美少女にちゅぱちゅぱされるの、ちょっと気分いいでしょ」

シンジ「えっと・・・ちょっとじゃなく、か、かなり・・・」

レイ「碇君。キスも・・・んっ」

シンジ「綾な、ンっ・・・んん―――ちゅっ、くちゅ」

280 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 22:46:05.61 ID:3C8oEXD90
ちゅぅ…ちゅっ…ちゅう…

マナ「それじゃ、頬にもね。ちゅっ♥」

アスカ「服、脱がせちゃうわよ?」

マナ「おっ。ワンコ君のおへそ見っけ・・・ちゅ、ちゅぅ」

アスカ「抵抗しちゃダメよ、シンジ。ほら、ここもキスしてあげる」

マリ「ねぇ。このまま、身体中にいっぱいキスの跡つけちゃおうか・・・」

283 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 23:16:59.93 ID:3C8oEXD90
アスカ「脱がしながらね。・・・・ンっちゅ」

マナ「れろぉ」

マリ「ちゅぅぅ~♥」

シンジ「く、ぁっ!」ビクッ

レイ「あ・・・っ」

シンジ「あ、ごめん綾波」

レイ「いや、離れないで。もっと・・・」

シンジ「う、うん。ちゅっ」

レイ「―――」ぎゅうっっ

シンジ「んンン? ン!?」

レイ「んちゅ・・・ちゅううぅぅっっ」

マリ「うわ! 激しっ」

285 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 23:28:48.21 ID:3C8oEXD90
レイ「ちゅぷっ。くちゅ、ちゅくっ。・・・れろれろっ、じゅるるぅ」

シンジ「ん、んん、ん」

マナ「綾波さん、凄い・・・。ま、負けないように頑張らなきゃ」

アスカ「ちゅっ、ちゅっ、ちゅぅ・・・はぁぁ。シンジ・・・ちゅ」

じゅるっ、ちゅぷ、ちゅうぅ、ちゅるる!
ちゅっ…ちゅっ…ぴちゃ…
ちゅぷ…れろ、ちゅぅっ…

シンジ(あやなみの舌がぁ・・・みんなのキスが、ぁっ・・・すごぃぃ)

シンジ(内も外も、カラダがキスで溶かされていくみたいだ・・・・!)

286 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/03(金) 23:53:12.74 ID:3C8oEXD90
どさっ

シンジ「・・・ぁ・・・ぁぁ・・・♥」

マリ「ん~、だいぶキテる表情になったねぇ」

アスカ「まだまだよ。こいつ、元々すっごく落ちやすいんだから」

シンジ「ぅぅ・・・・・・」

マナ「シンジ聞こえる? 今日はもっともっと、いつも以上にたっっぷりちやほやしちゃうからね」

シンジ「・・・・・・ち・・・ちやほやって・・・」

レイ「そして、フィフスなんていらない、と思うところまで落ちてもらうの」

マナ「これから私達も裸になるから。シンジはそこで待ってて」

287 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 00:12:38.21 ID:6x9lttJnP
ま、待ってます待ってます

289 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 00:15:50.34 ID:iJd+JnSO0
シュル…

シンジ「ゴクッ」

アスカ「慌てたらダメよ、バカシンジ。ゆっくり鑑賞して楽しみなさい」

マナ「見たことあっても、焦らされると新鮮でしょ?」

シンジ「う、うん」

シュル…スル…

アスカ「ふふ」

マリ「音楽はないけど、4人分のストリップショーだね」

シンジ「はぁ、はぁ、はぁ」

ファサッ

アスカ「さぁ・・・。皆裸になっちゃった」

291 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 00:24:23.28 ID:iJd+JnSO0
レイ「あっ・・・碇君の」

マナ「うん。おちんちん、凄いことになってる」

シンジ「はぁ、はぁ、はぁ」

マリ「ほぉら。こっちにおいで、ワンコ君。私達と堕落しよう」

アスカ「落ちて天国にご招待―――ってね」

マナ「シンジ・・・」

レイ「碇君・・・」

アスカ「シンジ、来て♥」

シンジ「は、はひぃ」フラ~

295 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 01:10:42.31 ID:POoNW5hT0
カヲルくん待ち

302 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 02:05:01.35 ID:lw7KijkB0
>>295
諦めろwww

303 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 02:27:44.81 ID:SgtshuDH0
>>295
やめれwwww

306 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 02:57:29.43 ID:iJd+JnSO0
マナ「それ! つっかまえた」ぐぃ

シンジ「あっ」

どさっ…!

マリ「んっふふふ」

ぎゅ、ぎゅっ…むぎゅぅ
むにぃぃ…

シンジ「ぁぁ、ふわぁぁ・・・♥」

アスカ「ふわぁ、だって。全身女の子に絡みつかれて、ムニュムニュされてそんなに嬉しい?」

レイ「碇君、気持ちいいの?」

シンジ「や、やぁらかいのが、身体中当たって・・・ぃぃぃ」

アスカ「バカ。・・・でも、じゃあ少しこのまましててあげる」

マリ「ワンコ君の身体も、あったかくて気持ちいいよ」

シンジ「はぁぁ・・・」

マナ「シンジからも私達の身体、好きに弄ってOKだからね?」

309 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 03:17:30.29 ID:iJd+JnSO0
シンジ「じゃ、じゃあ・・・胸、触っていいかな?」

アスカ「言うと思った。あんたって、ホントにおっぱい大好きよねぇ」

マリ「君のためのおっぱいが8個もあるけど、端から揉み比べてみる?」

シンジ「いっいや、くくく比べるとかそんな・・・わっぷ!」

マナ「それじゃ、シンジぃ。私のおっぱいから舐めて」

シンジ「あぷっ、マナ・・・ん、ちゅっ。ちゅぷ・・・」

マナ「あ、ぁん」

シンジ(あ・・・。右手の近く、アスカのが・・・)

むにゅぅ

アスカ「ひぁっ」

むに…くにゅっ、くにゅぅ…

シンジ「ちゅ、れろ・・・ちゅぷっ、ちゅぱ」

アスカ「ぁ、ん、はぁ、ぁっ」

マナ「ああ、シンジ・・・ぁ、いいよっ、はぁン・・・」

311 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 03:30:36.14 ID:iJd+JnSO0
マリ「私は、こっちを直接可愛がってあげようかにゃー」

レイ「・・・・・・私が、する。教えて」

マリ「なら、二人がかりで一緒にしようか」

レイ「それでいい」

マリ「いい? 彼の愛しくて可愛いこれを、両側から―――」

むぎゅっ

シンジ「っ!?」

マリ「おっぱいで挟むの」

レイ「こう?」

むにゅっ

シンジ「ぁッ?!」

312 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 03:43:19.28 ID:iJd+JnSO0
マリ「そうそう。愛撫の仕方やフェラは、私の真似しながら覚えてね」

レイ「分かった」

むぎゅ…むにっ…くにゅ、ぐにぅ…

マリ「ちゅっ・・・ちゅ、ちゅぅ」

シンジ「くぁ、ぁ、はぅっ」

シンジ(ふ・・・ふたりでパイズリされて、あぁぁぁっ)

アスカ「シンジ、ほら、次はこっちペロペロしてぇ・・・」

シンジ「あしゅか・・・。れろっ・・・れろ、ちゅうぅ」

アスカ「ひぅっ・・・ん、そうよ・・・あっ」

シンジ(マナのおっぱいもぉっ)

むに、むに、むにぃぃ

マナ「ンっ、ぁっ、あぁん!」

シンジ(おっぱい! おっぱい! おっぱい!)

313 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 03:43:47.12 ID:IYcAjhRX0
幸せすぎるな

314 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 04:05:20.32 ID:iJd+JnSO0
マリ「おっ、ぴくぴくしてきた。さすがに限界かな」

レイ「・・・・・・出したがってるの?」

マリ「そゆこと。まずは一回、我らが王子様をすっきりさせてあげよっか」

ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅっ

シンジ(あっ! な、なんか圧力が強くなって・・・っ)

ぐにゅにゅ、むにぃ、ぐにゅっ

マリ「ん、ちゅるぅ、ちろちろ、ちゅぅっ」

レイ「ちゅっ・・・れろ・・・ちゅぷ・・・」

シンジ(はぁ、ううッ、舌もすごい! あぁぁ、もう出る、出る、出るぅぅ)

レイ「ちゅくっ、私、ちゅぅ、飲んでみたい」

マリ「えっ。い、いいけど―――」

レイ「じゅぷぷっ!」

シンジ「くあ、ぁぁッッ?!!」

どくんッ!

315 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 04:11:54.33 ID:iJd+JnSO0
びゅく、びゅるるるるる~~~っ!!

レイ「じゅるるるるぅぅぅ」

シンジ「ひぃぃぃ!? ぅあ、あああああ!!!」ガクガク

マリ「ぅっわー・・・・・・」

レイ「ちゅぱっ」

シンジ「・・・・・・・・・ぁ・・・ヒぁ・・・」

レイ「んっ・・・ごく、ごく。はぁぁ。これが、碇君の精子の味・・・♥」

316 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 04:26:25.89 ID:iJd+JnSO0
シンジ「・・・」

アスカ「シンジー、シンジ、生きてるー?」

シンジ「・・・」

マリ「返事が無いにゃ」

マナ「でも、すっっっごく幸せそう・・・」

マリ「あっちもね」

レイ「はぁぁ・・・」

アスカ「まっ、ともかくこの調子で、とことん骨抜きになってもらいましょ」

マナ「取り返しつかないくらいにね」

317 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 04:48:57.55 ID:iJd+JnSO0
アスカ「まずこの、ビンカンになってるお肌を・・・」さわっ

シンジ「ぁ―――ッ!」

アスカ「皆で埋めて、もみくちゃにしてみたり♥」

マナ「いいよ。指も、脚も、舌もおっぱいも・・・全部使ってこすって愛しちゃう」

レイ「・・・コク」

マリ「じゃ、よーいドンっ」

318 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 04:50:30.75 ID:iJd+JnSO0
むにに! ぎゅっ、むにゅぅぅ

シンジ「・・・ぃ・・・ぁっぁ!?」

さわっ…すりすり、つつぅ…

シンジ「ひぅ! ぁ、ぁ、あぁっ」

れろ、ぺろっ、ぺろぺろぺろぺろ…

シンジ「は、ああっ、ぃい、あはぅぅ」

ちゅるる、にゅるっ、じゅるぅ…
ぎゅぅ、むににっ、むにゅうぅ

シンジ「うぁ、はああっ、イ、あッ・・・! またぁ、イクっっ!!」

どぴゅっ
どぴゅるるルルルっっ!!

シンジ「ああぁっ、あああぁぁぁ~~~~~ッッ」

320 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 05:12:39.08 ID:iJd+JnSO0
シンジ「ハァ・・・ハァ・・・ハァ」

マリ「そう言えば私はちゃんとキスしてない気がする。しよっ」

シンジ「はぃぃ・・・。ちゅ、ちゅぅ・・・」


アスカ「ね、シンジ。手もいいけど、髪でシてあげようか?」

シンジ「髪って、あ、あしゅか」

アスカ「いーのよ。今は私丸ごと、シンジの性欲処理のためにあるんだから」


マナ「シンジも乳首で感じるんだね。・・・ふふ、れろぉ」

シンジ「はひぃっ! ああ、マナ・・・」


レイ「また、したい」

シンジ「なにを・・・ぁふっ!」

にゅむ…むぎゅ…むにぃ、むにゅ

シンジ「あ、あ、あぁぁ~~~・・・」

323 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 05:28:53.50 ID:iJd+JnSO0
マナ「次はシンジのを、脇で挟んでみるね」

シンジ「そ・・・そんなトコで?」

マリ「女の子の身体はね、気持ちいいトコだらけなんだよ?」


シンジ「はっ、はぁっ、アスカ! ちゅぷっ、ぺろ、ちゅうぅぅ」

アスカ「あ! ぃ、はッ! 脚、感じるよ、シンジぃっ。あ、はぁっ」


マリ「ン・・・れろぉ、ちゅっ、れろ・・・」

くにゅ、くにゅ、くにゅぅ

シンジ「あああ・・・マリさん・・・」

マリ「ね? 手にもこうやって、パイズリフェラってできるんだよ」


レイ「また、したい」

シンジ「えええっ。いやあの、凄く気持ちはいいんだけど・・・はぁぅ!」

むに、くにゅ、むにぃ…

レイ「じゅぷ、ちゅぷ、れろ・・・・じゅるるるっ」

シンジ「ひぁぁっ。あは、あああぁぁァァァ~~~~!」

351 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 21:36:19.85 ID:iJd+JnSO0
ピチャ…ピチャ…チュ…

シンジ「ん・・・ぁァァ・・・♥」

アスカ「ぺろ・・・ちゅっ」

マリ「ふふっ・・・。ちゅぴ、ぺちゃ・・・」

マナ「・・・ぺちゃっ・・・シンジぃ・・・れろぉ」

レイ「ぅ、ン・・・ちゅ」

ピチャ…レロレロ…

シンジ「ぁゥ、はぁぁ~~」

マリ「ぴちゅ、れろ・・・。こうしてぇ、みんなに背中をナメナメされるのはどうかにゃ」

マナ「聞くまでも無いみたいだけど・・・ぺろっ」

シンジ「ふぁ、ああぁ・・・いぃ・・・」

マリ「女の子のこと、もっと好きになれてきた?」

シンジ「だ、だいしゅきれすぅ」

マリ「いい子いい子。だけどまだ、肝心なところを味わってないよね」

352 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 21:48:55.25 ID:iJd+JnSO0
シンジ「かんじん、な・・・?」

アスカ「バァカ、そんなの決まってるじゃない。こっち向いて」

シンジ「う、うん」ゴロン

マリ「わぉ。さすが、また元気になってる」

アスカ「絶倫スケベバカシンジよね・・・。
     ねぇ、そろそろいいでしょ? あんたのその、熱くなったおちんちんを・・・」くぱぁ

シンジ「―――ッ!」

アスカ「私達のここにちょーだい?♥」

354 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 21:58:48.79 ID:iJd+JnSO0
マリ「ねぇぇ」ぎゅぅ

シンジ「マ、マリさ・・・」

マリ「もうたまらなくなってるからぁ、私に最初に入れて欲しいなー。起きてる時は初めてだし」

マナ「起きてる時?」

マリ「うん。これまではさ、ワンコ君の就寝中に薬をかがせてその隙に―――」

シンジ「え゛」

アスカ「あんたって・・・」

レイ「待って。私、まだ一度もない」

マナ「綾波さん、そうなんだ」

マリ「むぅ」

355 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 22:11:04.74 ID:iJd+JnSO0
アスカ「・・・・・・まっ、そういう事ならしょうがないわね」

ぐぃ

レイ「あっ?!」

アスカ「ほぉら。この格好なら、シンジによ~く見えるでしょ?」

シンジ「ああ・・・綾波の・・・ゴクッ」

マリ「来てシンジ。綾波さんの可愛いバージン、奪ってあげて?」

レイ「碇君・・・。ぉ、お願いします」

シンジ「・・・・・・」ツプッ

レイ「ひぁぅ!?」

くに、くにゅ…ちゅく

レイ「あ、はン・・・違うの、指じゃ・・・ぁんんッ」

シンジ「ごっごめん、触りたくて・・・」クニュックニュッ

レイ「ああっ」

シンジ「はぁ、はぁ、はぁっ・・・。じゃ、じゃあ、入れるね?」

357 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 22:45:57.42 ID:iJd+JnSO0
ちゅぷっ…ぐぬぬ…

シンジ(くあ、ぅぅっ・・・。濡れてるけど、やっぱりキツい)

レイ「あ、はっ。クッ」

シンジ「だ、大丈夫? 綾波」

レイ「大丈夫・・・だからっ」

シンジ「うん」

ぬぷ…ぐにゅぬぬぬ…

アスカ「あぁ。シンジのが、入ってく」

マナ「近くで見るとこんな感じなんだ・・・スゴい・・・」

359 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 22:49:32.96 ID:iJd+JnSO0
シンジ「ふぅ、はぁぁ~。ほら、根元まで入ったよ―――って、え?」

レイ「ハァ、ハァ、ァァ」

シンジ「ああ綾波、泣いて・・・!? ごごごゴメン、そ、そんな痛かった?」

レイ「違うの・・・ぁぁ・・・。私、碇君と・・・ひとつに・・・っ」

シンジ「綾波・・・」

レイ「碇君、ありがとう。うれしい」

シンジ「はぁぅっ?!」

シンジ(可愛いぃっっ。綾波可愛い!)

マリ「・・・・・・・・・・・・いいにゃー」

アスカ「まさか、これで綾波派になったりしないでしょうねー?」

360 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 23:02:29.12 ID:iJd+JnSO0
レイ「上に座ってもいい?」

シンジ「えっ」

レイ「私が、碇君を気持ちよくしたいの」

シンジ「いや、けど。初めてだし、動いたら痛いんじゃ」

レイ「おねがい・・・」

シンジ「は、はい」

361 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 23:31:03.70 ID:iJd+JnSO0
ぬぷ…じゅぷぷ…

レイ「くぅ・・・っん、くぁ・・・」

じゅぷ…ぬぷ、ずりゅ…

レイ「ひっ! ぁっく、ん、はぁ・・・」

シンジ「くぁ、うっ」

じゅぷ…じゅぷ…じゅぷ…

レイ「い、いかりくん。気持ちいい?」

シンジ「う、うん・・・凄く。けど」

レイ「気にしないで。碇くんに、ぃ、イって欲しいから・・・」

シンジ「あやなみ・・・」

レイ「もっと、動くね・・・。はぁ、くっ、んんッ!」

362 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 23:33:02.53 ID:iJd+JnSO0
動くね→動くわ

363 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/04(土) 23:45:25.10 ID:iJd+JnSO0
じゅぷ、じゅぷ、じゅぷ、じゅぷ

レイ「はっ、はン、ああっ、あ」

シンジ「ぁ、ぁッ、くぁ、ぁ」

レイ「はぁっ、ん! あぁ、ぃ、はッ」

シンジ(ううっ・・・?! どんどん激しくなって、食い絞めてくるっっ)

じゅぷっ、じゅぷっ、ずりゅりゅっ、じゅぷっ

レイ「いかりくん、いかりくんっ」

シンジ「いいよ、ぁっ、綾波・・・くぅ」

むぎゅっ…むに、むにっ

レイ「ぁッ、あんっ、いかりくん、胸、もっと弄って・・・ああぁ!」

シンジ「もうっ、イクよ、あやなみっ! ああぁ、くぅっぁッッ」

びゅくっ どびゅるるるるるるるる!!!

レイ「はああっう!!」

シンジ「あぁぁぁぁぁァァァァ~~~~っっっっ!!」

364 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 00:06:20.56 ID:J/c1FgcS0
レイ「ああ・・・・・・ぁ」どさっ

シンジ「ハァ・・・ハァ・・・」

レイ「碇くん・・・。中で出してくれた・・・」

シンジ「ハァ、ハァァ・・・・・・。ひゃっ!?」

アスカ「ちゅるっ、れろぉ・・・。んふふ、ファーストの血の味がする」

シンジ「アっ、アスカ」

365 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 00:20:42.76 ID:J/c1FgcS0
アスカ「なによぉ。ファーストとラブラブすぎて、私達のこと忘れてた?」

マリ「白状者ー」

シンジ「い、いや、そんなことは」

マナ「し~んじぃ」ぎゅう

シンジ「わっ」

マナ「見せつけられて、我慢できないよ。私達も早く犯して」

アスカ「ちゅぅ、ちゅっ、じゅるぅ・・・シンジ、ね? シンジのこれが欲しいの」

シンジ「んゴクッ」

アスカ「ちゅっ・・・ちゅぅぅ」

シンジ「あああああ」

プツッ

シンジ「アスカァァっ!!」

384 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 11:44:49.52 ID:J/c1FgcS0
じゅっぷうぅぅ

アスカ「あっはぁ~~~♥」

マナ「ああ?! ズルイっ」

じゅぷ、じゅぷ、じゅぷ

シンジ「アスカ、アスカぁっ・・・くっ」

じゅぷ、じゅぷ、じゅぷ

アスカ「ぁっ、ぁっ、すご・・・じゅっくん、ってぇ、じゅくって奥にっキテるぅ・・・! はぁっ、ぁっ」

じゅぷっ、ずぷ、ずぷぷっ

アスカ「ひっ、あぅ、ふぁん! ヤ、イっちゃ・・・もうイっちゃぅ、あっ、は、あぁぁぁ~~~っっ」ガクガク

385 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 11:46:49.51 ID:J/c1FgcS0
シンジ「はぁっ、はぁぁ。アスカっ!」

アスカ「あッン! だめ、今、イったばかりで・・・ひぁぅ! あっ、あぅ、あ」

じゅく…ぬぷっ、じゅぷ、じゅぷぅ…

アスカ「あ、あぁっ、ひああン」

シンジ「アスカ、ぁッはっ・・・僕のこと、好き?」

アスカ「好きよ、好きに決まってる・・・はぅ! あっ、い、そこぉ、いぃぃ!」

シンジ「・・・もっと、好きになってっ」

ずぷぅぅぅ

アスカ「ひぃッイイ♥」

じゅぷっ、ずりゅ、じゅぷっ、じゅぷぅ

アスカ「お、あひ、しんじ、しゅき、しゅきぃ!」

マナ「・・・スゴイ」

アスカ「しゅき、しゅきひ、ああ、ひあっ、あ! しゅひああぁぁァァァ~~~~ッッッッ♥♥」ビクビク

387 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 11:49:23.81 ID:J/c1FgcS0
マナ「シンジっ、シンジぃ、次―――あっ!」

シンジ「うわッ」

どさっ

マリ「はー・・・、はーーー・・・。いただきまぁす」

ずりゅりゅりゅ~~

シンジ「ぁぁっく!」

マリ「ンン、はああぁぁぁ。イイ・・・やっぱこれ、たまんない」

マナ「ひどいッ、マリさん! 私・・・」

マリ「限界なのは同じ、早い者勝ちだよ。ワンコ君は、そのまま寝てていいからね」

388 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 11:58:46.93 ID:c11wmTzu0
我が生涯に一片の悔いなし

389 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 12:09:41.37 ID:J/c1FgcS0
じゅぷ…ずぷっ…じゅぷ…

マリ「あっ、あぁ、はぁぁ」

シンジ「う、ぅ・・・」

マリ「はぁ、ああ、キモチいいッ! 最高ぉぉ」グリッグリッ

シンジ「くっ、ぁぁッ」

マリ「もっと、もっといっぱい動くね・・・ぁぁ、あっ!」

390 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 12:17:09.06 ID:J/c1FgcS0
じゅっぷ、じゅっぷ、じゅっぷ

マリ「ああ、はっ、はっ、ぁン」

シンジ(マリさん、腰、えろぃ・・・激しくて・・・っ。おっぱいあんな揺れて、ああ、すごいッ)

マリ「ふふ。君が寝てる時にも、こっそりこんな事してたんだよ・・・・? ぁあっ、あっ」

じゅっぷ、じゅっぷ、じゅっぷ

マリ「手も、ね・・・。はぁッ・・・こんな風に取って・・・あっ!ひぅ」

むにっ…ぐにゅ

マリ「おっぱいに、あン、あっ、そう! ぃっ、いい、あぁぁ」

じゅく、ずぷぷ、じゅぷぅ
むに、むに、むに

マナ「ハァ・・・ハァ・・・あんな・・・ぁぁ」チュク…チュク…

マリ「あはッぁ、クる、乳首もぉ、もっとぉ・・・! あ、あっぁぁああああ~~っ!!」ビクビク

391 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 12:22:31.14 ID:J/c1FgcS0
マリ「はぁぁぁ・・・ああ♥―――あ?」ぐぃっ

シンジ「あの・・・マリさん。う、後ろからしていいですか」

マリ「え? ん~、ふふ、バックで犯してみたいんだ? いいよ」

シンジ「そっ、それじゃ・・・」

ずぬ…ずぷぷ…

マリ「あ、あぁ」

393 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 12:43:54.80 ID:J/c1FgcS0
ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ…

シンジ「は、は、は」

マリ「あっ、くっ・・・ぁぁ! あはっ。いつもと、違うとこ当たって・・・あ、んンっ、あッ!」

シンジ(ああ! マリさんを、バックでっ!)

ごりゅっ

マリ「あ♥」

ずりりっ

マリ「あひゃう♥」

シンジ(背中、あんなうねって・・・感じてくれてる。あああ)

シンジ「マリさん! マリさん! マリさん!」

ぱんっぱんっぱんっ

マリ「あひ♥ い♥ あ♥ イイぃ、またくるっ、つき抜けちゃうぅ! あ、あ、ああ、はぁぁッ!」

ぱんっぱんっぱんっぱんっ

マリ「ひぃっ、は、あ! いッ、ああはぁっ、ぁぁぁぁ~~~~!!!」ガクガクガク…ドサッ

394 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 13:02:24.59 ID:J/c1FgcS0
シンジ「はぁ、ふうう・・・。マナ―――」

マナ「しんじっ、しんじぃぃ」クチュッ、クチュッ

シンジ「・・・ゴクッ」

マナ「はやく、はやくぅ・・・私もう、頭狂っちゃいそう・・・」

シンジ「マ、マナ!」

ずぷぅぅぅぅっっ!

マナ「あ! ァ~~~~~~~~・・・ッッ!!!」ビクッビクン

シンジ「!?」

マナ「ぁ・・・・・・。はぁぁぁ・・・♥」

シンジ「マナ・・・もしかして、イっちゃった?」

マナ「らぁ、らってぇ・・・ずぅっと焦らされてたんだもん・・・」

395 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 13:08:43.03 ID:J/c1FgcS0
マナ「ん・・・ちゅぅ」

シンジ「ちゅく、ちゅっ・・・くちゅ・・・」

マナ「ちゅぷっ。シンジぃ。待った分、たくさんしてね?」

シンジ「うん」

396 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 13:28:07.42 ID:J/c1FgcS0
ずぷ…じゅぷ、じゅぷ…ずぷぷ…

マナ「ひっ、あ、あ、いぃ、あっ!」

シンジ「マナ・・・くぅ、マナぁっ」

マナ「あぁ、ひぅ、ああッ、あ! しんじ、ぃ、あぁぁぁ~~~っっ!!」


マナ「あン、いい、スゴいのっ! あは!」

シンジ「は、は、は」

じゅぷ、じゅぷ、じゅぷ

マナ「あっぁう! ひ、とけちゃう♥ とけちゃうよぉぉっ! あ、ああァァァァ~~!!」

397 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 13:28:49.09 ID:J/c1FgcS0
じゅぷ、ずぷぅ、じゅぷぷっ

マナ「はっいひィィ」

シンジ「は、は、あっくぅ! マナ、あっ、僕も、そろそろイクよっ」

マナ「出してぇ! あはぁ♥ しんじのせーし、ちょうだいっ!」

じゅっぷ、じゅっぷ、じゅっぷ

マナ「あああン、はぅ、あ、孕まへてぇぇっ」

シンジ「うあっ、あああッ!」

どくんっ! どびゅるるるるゥゥゥゥゥ!!!

マナ「ひぁ、はへえあああああぁぁぁぁ~~~~~ッッッ♥♥」

399 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 13:39:20.43 ID:J/c1FgcS0
マナ「ぁ・・・ぁ・・・」ドサッ

シンジ「はぁ・・・はぁ・・・はぁぁ」

レイ「碇君」

シンジ「あっ。起きたんだ、綾波」

レイ「・・・もう一回」

シンジ「え」

アスカ「シンジぃ」ぎゅっ

シンジ「アスカも・・・。あぅ!?」

アスカ「私にも、またこれ、ちょうだぁい」

シンジ「い、いや、でももう―――」

レイ「・・・おっきくなってきた」

シンジ「あれ?」

アスカ「ふふふ。どすけべ。ねー、今度は顔にかけていいからぁ・・・」

401 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 13:47:43.34 ID:J/c1FgcS0
お風呂

シンジ「にゃははっ」

アスカ「なーに変な笑い声あげてんのよ」

シンジ「だって、くすぐったいんだもん」

マリ「こんな美少女4人がかりのソープ洗いしてもらっといて、贅沢だにゃ」

にゅる、にゅるる…

マナ「さすがに、ちっちゃいままだねー」

アスカ「ようやくよね。ほらシンジ、腕上げて」

にゅるる

シンジ「でもこれ、すごく気持ちいいよ。ホントに。それに―――」

ムニムニ

レイ「あんっ」

シンジ「おっぱいもすぐ揉めるし!」

アスカ「ていっ」

シンジ「痛っ」

410 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 19:17:10.76 ID:J/c1FgcS0
マリ「狭いなー」

アスカ「そりゃ、この浴槽に5人も入れば当然よ」

マナ「その分くっついてようね、シンジー」スリスリ

アスカ「私も。んー、シンジぃ」

シンジ「・・・・・・ハァ~」

マリ「ワンコ君、顔がトローンとしてるよ」

レイ「幸せ? 碇君」

シンジ「・・・ホントに天国にいるみたい」

マナ「ちなみに、今この瞬間のシンジは誰派なの?」

シンジ「え゛」

412 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 19:23:07.91 ID:J/c1FgcS0
アスカ「・・・」

レイ「・・・」

マリ「・・・ニャア」

シンジ「と―――あの、とてもじゃないけど、今は誰派ってのは決められないデス・・・ごめん」

マリ「だろうねえ」

アスカ「まっ、今日に限っては許してあげる」

シンジ「どうも」

413 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 19:27:33.40 ID:J/c1FgcS0
シンジ(このまま、ずっと皆でいられたらいいのに・・・。いや、そんな虫のいいこと考えちゃダメか)

シンジ(それにしても、いい眺めというか・・・。4人とも、やっぱりキレイだなー)

シンジ(お湯に濡れたカラダが色っぽくて・・・おっぱいがいっぱい・・・)

アスカ「ん? シンジ、なんかエロい気起こしてない? あれだけ搾り取ったのに」

シンジ「ソンナコトナイヨ。ただ、皆がその、かっ可愛いから―――ふみゃっ!?」

レイ「ふみゃ?」

シンジ「だ、誰かが・・・ぁぅ」

マリ「私の脚だよ。ほれほれ」

シンジ「あ、ちょっ・・・あっ・・・」

マリ「まーた元気にしちゃってるみたいだから、サービスサービスってね。うりうり」

マナ「えっ!? ウソっ」

アスカ「・・・ぅわ。マジだわ」

シンジ「ぅぅ・・・自分でもびっくりで」

レイ「碇君、底なし?」

アスカ「もう。しょーがないわねー、バカシンジは」

414 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 19:40:40.92 ID:J/c1FgcS0
マリ「手を壁について。で、少し足開いて・・・」

レイ「こう?」

マリ「そうそう」

シンジ「うわぁ・・・」

アスカ「ほらバカ、なに間抜け面してんのよ。あんたのためにこうしてお尻並べててあげるんだから」

マナ「また気の済むまで犯して、どぴゅどぴゅ射精してね♥ シンジ」

シンジ「あああああっ!!」

415 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 20:08:19.60 ID:J/c1FgcS0
ぱんっぱんっぱんっぱんっ

アスカ「ひぁ、あっ、はっ! いい、すごぃの、ぁ、ああン!♥」

じゅぷっ、ちゅぷ、じゅぷぷ…

マリ「んン、あ、あぁッ! 早くぅ、ひぁ、こっちにもぉ」

マナ「シンジ、ァん、あぁ、指じゃなくて、あっ、私もおちんちん欲しいよっ」

シンジ「はっ、はっ、はぁぁっ! 待ってて、順に入れるから・・・はっ、はっく」

ずるるっ

アスカ「あっ!? イヤ、抜いちゃやぁ、しんじ、しんじぃぃ」

シンジ「すぐ戻るからっ」

じゅぷぷぷぅぅ

レイ「はひっあぁぁ~!」

ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ

レイ「ああ、いかりくんっ、深いぃぃ♥ あッ、あ、いかりくぅん!」

シンジ「はっ、はっ、はっ、はっ」

シンジ(ああ、すごいッ、凄いや! くそっ! やっぱり、全員僕のものにしたいっっ)

416 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 20:08:53.05 ID:J/c1FgcS0
ぱんっぱんっぱんっぱんっ
じゅぷ、じゅぷ、じゅぷ…

シンジ「はッ、ああ、イクっ!」

どぴゅっどびゅるるルルルぅぅぅ

シンジ「あぁぁっぁぁァァァッッッ―――!!!!」

417 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 20:16:07.20 ID:J/c1FgcS0
リビング

シンジ「スー・・・スー・・・スー」

マリ「お、寝ちゃってる」

マナ「寝相かわいいー」

アスカ「中にはけだもの飼ってるけどね」

マリ「さて。これだけ甘い体験しとけば、男に流れるってのは心配いらないかな」

アスカ「明日からはまた個人戦ってわけね・・・あれ? ファーストは?」

マナ「さっき出て行ったけど」

419 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 20:22:52.59 ID:J/c1FgcS0
レイ「―――お願いしたい事が。はい。碇君のことです。・・・あの」

アスカ「はいそこまで」

ピッ

レイ「なにをするのよ」

アスカ「ふん。あんた、碇司令に頼もうとしたでしょ。シンジに言い聞かせるように」

レイ「・・・」

アスカ「横一線なら、司令の推薦で綾波派を選びそうだもんねー。あのファザコンスケベバカシンジは」

レイ「・・・どうして分かったの」

アスカ「う。それは、まぁ、私もちらっと同じこと考えたわけで。ミサトとか加持さんあたりで」

420 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 20:30:45.74 ID:J/c1FgcS0
アスカ「その方法だと、結局選ばれてるのはあんたじゃなくて司令じゃないの?」

レイ「・・・・・・そうね。そうかも知れない」

アスカ「確かに、司令のシンジへの影響力って絶大だけどさー」

レイ「そうね」

アスカ「考えてみれば、ナルシスホモ以上の障害かも」

レイ「そうね」

アスカ「それに親子の情だから、色仕掛けで女好きにすれば安心って解決もできないし」

レイ「そうね」

アスカ「・・・・・・」

レイ「・・・」

アスカ「・・・」

レイ「削除しておきましょう。あのヒゲ」

アスカ「そうね」

423 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 20:42:25.06 ID:iDY8pebOP
女怖い
ネルフより怖い

424 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 20:44:09.43 ID:J/c1FgcS0
NERV

マリ「というわけで、碇司令。お命頂戴」

マナ「お邪魔してまーす」

ゲンドウ「―――レイ。先程の電話の用件はこれだったのか」

レイ「いえ。あの時は碇司令に頼みごとをするつもりでした」

ゲンドウ「そうだったな」

レイ「けど予定変更して、司令を削除することにしました」

ゲンドウ「そ、そうか。大幅な変更だな」

冬月「大幅すぎるぞ」

425 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 20:55:19.22 ID:J/c1FgcS0
マナ「削除が嫌なら、シンジの親権を手放してください!」

アスカ「こらマナ、それじゃダメよ。色々不都合が出るし、あいつもショックでかいわよ」

マナ「だったら、実は本当の父親でなかったことにして、別にパパを用意するのは?」

マリ「加持さんならきっとワンコ君も満足だにゃ」

レイ「・・・・・・年齢が合わない。とりあえずヒゲを削除すべき」

冬月「むぅ。好き勝手言われとるな、碇」

ゲンドウ「うむ」

冬月「あー、コホン。ちょっといいかね、君たち―――」

ビーッ!ビーッ!ビーッ!

マナ「え?」

アスカ「非常警報!?」

ゲンドウ「・・・・・・使徒か」

426 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 20:59:59.49 ID:J/c1FgcS0
葛城邸

ウゥーーーーーー

シンジ「ぅ・・・ん」

ウゥーーーーーー

シンジ「ハッ! サイレンが・・・使徒が現れたんだ」

427 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 21:15:47.54 ID:J/c1FgcS0
NERV

日向「目標の映像捉えました。主モニターに回します」

冬月「ふむ、間違いなく使徒だな」

ゲンドウ「使徒の殲滅が最優先事項だ。レイ。お前達の話はあとで聞こう」

アスカ「でも、使徒が到着するまでもう少しかかるわよねー」

ゲンドウ「・・・ぅ」

マヤ「初号機パイロット、到着しました」

レイ「碇君、思ったより早い」

アスカ「あ! シンジ来たんなら戦闘はシンジに任せればOKじゃない。いざとなったらきっと暴走するし」

冬月「これこれ・・・」

428 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 21:17:20.17 ID:J/c1FgcS0
レイ「碇君が使徒を削除。その間に、私達は司令を削除しましょう」

ゲンドウ「・・・ぅぅぅ」

ヴオオオォォォォォ!!!

マヤ「しょ、初号機が暴走?!」

アスカ「ほらねほらね」

マヤ「シンクロ率400%を突破!」

アスカ「――――へ?」

マヤ「シ、シンジ君がっ!!」

レイ「え?」

429 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 21:22:59.93 ID:J/c1FgcS0
シンジ「―――はっ?!」

ユイ「・・・」

シンジ「ここは・・・。かっ・・・母さん・・・?」

ユイ「久しぶりね、シンジ」

431 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 21:31:33.91 ID:J/c1FgcS0
ユイ「ここは初号機の中よ。シンジと話がしたくて、私が呼んだの」

シンジ「そ、そうなんだ。話ってなに?」

ユイ「あなた最近、お母さんには見せられないような事ばかりしてるでしょ?」

シンジ「え・・・」

ユイ「胸に手を当てて考えてみなさい」

シンジ(胸・・・。胸=おっぱい・・・)

ユイ「めっ!」

シンジ「痛っ」

ユイ「もう、スケベな事ばかり考えるようになって・・・。私が知ってるシンちゃんは、もっと純粋だったわ」

シンジ「それはまぁ・・・3歳とかだったもんね」

432 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 21:44:20.03 ID:J/c1FgcS0
ユイ「はぁ。あの娘たちったら、次々とエッチなこと教え込むんですもの」

シンジ「アっ! アスカ達は悪くないよ!!」

ユイ「いい、シンジ。現実にいないような女の子達に誘われて夢中になるのは分かるけど―――」

シンジ「現実にいない?」

ユイ「聞き流して。分かるけど、あまりに溺れてしまうのは不健全よ」

シンジ「う・・・うん」

ユイ「あなたくらいの年頃なら、アイドルにでも夢中になって、自慰ばかりするくらいでちょうどいいのよ」

シンジ「え。いや、それは健全なのかな?」

433 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 21:55:12.19 ID:J/c1FgcS0
ユイ「シンジ・・・あなたの身体がカタチを取り戻す時に、少し細工をしておくわ」

シンジ「細工? なにをするの」

ユイ「女の子とエッチなことをしようとしても、あなたのアレが反応しないように」

シンジ「えええ゛え゛え゛っ!? ヤ、ヤダよ、この年で! 絶対ヤダ!!」

ユイ「大丈夫。自慰では反応するようにしておくから」

シンジ「そんなっ」

ユイ「それじゃ、またいつかね。私の可愛いシンジ―――」

シンジ「ま! 待ってよ母さん! あの、母さん、かあさん!?」

・・・・・・

・・・

シンジ「はッ!!」

ミサト「シンジ君?! 良かった、戻ってこれたのねっ。シンジ君!」ぎゅぅっ

436 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 22:18:23.88 ID:J/c1FgcS0
数週間後――葛城邸

シンジ「・・・」

アスカ「シンジ・・・今日、マリのところに行ってきたんでしょ?」

シンジ「うん・・・。マナも協力してくれて・・・・・・でも」

アスカ「そ、そぉ」

シンジ「一人の時は大丈夫なんだけど、傍に誰かいるだけでどうしてもダメなんだ・・・」

アスカ「だっ、大丈夫よ! おばさまだって、ずっとこのままさせるつもりは無いだろうし。ね?」

シンジ「ありがとアスカ。だけどいいんだ」

カチャッ ピッ

シンジ「―――僕には麻里奈さんがいるし」

アスカ「そうやって、最近、グレンラガンばっかり見てるね・・・」

シンジ「別れ際に母さんが言ってたんだ・・・よく分かんないけど。
     アスカ達の誰派かで争うのは不健全だって。せめてアイドルでも追いかけろって」

アスカ「・・・」

シンジ「言うとおりにしてたら、早く直るかも知れない。だから僕、頑張ってアイドル追いかけるよ!」

アスカ「う、うん。ていうか、だからって、なんでアイドル声優?」

437 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 22:21:33.81 ID:J/c1FgcS0
アスカ「ねえ、シンジ。ところでさ」

シンジ「なに?」

アスカ「みやむーと林原めぐみだったら、どっち派?」


おしまい

438 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 22:23:08.56 ID:BJ10qQYoP
おお、終ったw
いいラストだな、乙であった!

440 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 22:33:20.97 ID:777aSctR0
ナイスオチ!おつでした

442 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 22:36:21.48 ID:l+JvDrBR0
綺麗に落としたなwww
乙!

446 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 23:17:03.99 ID:ovVTwDP40
メタで終わりかよwww


447 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/09/05(日) 23:21:46.28 ID:Pi0nbTL20
面白かったwww

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 アニメーション原画集 上巻

グラウンドワークス:
売り上げランキング: 440
関連記事
2011/05/31 09:34 | CM(2) | エヴァ SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/11/24 00:50 ]
  2. 巧いオチやな
  3. 774@いんばりあん [ 2012/12/04 08:13 ]
  4. まりーなwww
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング