HEADLINE

絢辻「自慰行為?私だってそれぐらいするわよ」

2011/06/09 23:10 | CM(7) | アマガミ SS
232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 22:31:48.96 ID:YrmLN5cv0
橘「えぇっ、絢辻さんが風邪で休み!?」

高橋「そう、彼氏君にプリント持っていって欲しいなって」

橘「はい、勿論行かせて頂きます!」

高橋「ふふ、頑張ってね」

橘「はい!」

~~~

橘「そういえば絢辻さんの家に来るのはこれで二回目だな…」

橘「そのどっちも風邪のお見舞いだなんて、何だか面白いな」

ピンポーン







絢辻さんのお姉さんって名前何だっけ?


233 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 22:32:34.73 ID:PfKBedl20
>>232


234 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 22:35:13.56 ID:gq2EDdIg0
とりあえずパンツ脱いだ

236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 22:41:25.34 ID:YrmLN5cv0
トンクス


縁「はぁ~い」

橘「あ、どうも。あの…」

縁「あ~詞ちゃんに~?」

橘「あ、はい。そうです」

縁「前にも来た事あるよね~? 上がってっていいよ~」

橘「あれ、お姉さんは?」

縁「私はこれからちょっとお出かけ~」

橘「え」

縁「ちなみに両親は今日は帰って来ません」

橘「え、え」

縁「私も遅くまで帰ってこないから」

橘「え、え、え」

縁「……頑張ってね?」

橘「えええええぇええぇぇえええっ!?」

238 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 22:48:11.78 ID:YrmLN5cv0
縁「じゃあね~」

橘「……本当に行ってしまった」

橘「って事は、本当に今日は二人きり…?」

橘「…………///」

橘「うわああぁ何を考えてるんだ僕は///」

橘「ごほん。とにかく玄関でこうしてても埒があかないし」

橘「えっと、おじゃましま~す……」

橘「絢辻さんの部屋は、こっちか……」


ンッ、クゥ ンアッ


橘「……ん? 絢辻さん?」

239 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 22:49:53.59 ID:S6GMsnYm0
ここにハシモトベーカリーの究極メロンパンがある

240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 22:50:38.44 ID:eZDU+6Ru0
続けてください

241 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 22:57:21.01 ID:YrmLN5cv0
ンッ、ンゥッ、タチバナクンッ

橘(ここここここの声はまさかまさかまさかっ!?)

ギシッ

詞「だれっ、姉さん!?」

橘「……」

詞「扉の外にいるのは分かってるわよ! 忘れ物でもしたのか知らないけど……」

ガチャ…

詞「え……?」

橘「あ、あはは…」

詞「うそ、なんで、あなたが、どうして、え、なぜ、うちに…?」

橘「高橋先生に風邪だって聞いて、プリント届けにお見舞いに……」

詞「……で」

橘「で?」

詞「出てけ出てって忘れて忘れなさいいいぃぃいぃいーっ!」

橘「わあぁ絢辻さんそんな投げたらあぶなうわ痛いっ」

242 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 23:04:39.67 ID:YrmLN5cv0
詞「いやあああぁああああぁああっ!」

橘「おち、おちつっ、落ち着いて絢辻さん!」

詞「これが落ち着いていられるかああぁあぁぁあ!」

橘「落ち着いてってば!」ガシッ

詞「きゃっ」

橘「病人なんだから安静にしてなきゃだめだよ!」

詞「……う」

橘「絢辻さん……」ぎゅ

詞「……」

橘「……」

詞「……もぅ、落ち着いたわ。大丈夫」

橘「そ、そう?(なんだか勿体ないな……)」スッ


243 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 23:11:21.69 ID:YrmLN5cv0
詞「……」

橘「……」

詞「……」

橘「……」

詞「……聞…え…?」

橘「え?」

詞「どこから聞こえてたのっ!?」

橘「ひいっ僕の名前を呼ぶ前辺りからです!」

詞「なっ!///」

橘「……」

詞「……///」

橘「……(ん? 絢辻さんの枕元の携帯、僕が写って……?)」

詞「? 何を見て……っ!?」がばっ

244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 23:12:07.17 ID:YrmLN5cv0
もう無理ぽ
文才なくてすまんこ

247 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 23:14:07.46 ID:rjI7pi9d0
ここから良いところだろ!

248 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 23:32:04.00 ID:YrmLN5cv0
詞「……見た?」

橘「えーっと、僕の写真が映ってたよねあはは…」

詞「~~~~ッ///」

橘「あ、えっと、その」

詞「お願いちょっと黙ってて……//」

橘「……」

詞「……」

橘「……」

詞「……よし、」

橘「?」

詞「さて、何の用だったかしら?」

橘「…その、先生からプリントを、っと、これを渡して欲しいって」がさっ

詞「そ、ご苦労様。これで用は終わり?」

橘「あと、お見舞いに…」

250 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 23:39:59.94 ID:YrmLN5cv0
詞「そ。見ての通り、明日には登校出来るわ。ありがとう。これで用は済んだかしら?」

橘「え」

詞「用が済んだのなら帰って頂ける?」

橘「……それは、ひどいよ、絢辻さん」

詞「…っ。…そうね、ごめんなさい」

橘「……」

詞「……」

橘「……(うぅ、気まずい)」

詞「ねぇ」

橘「はっ、はい!?」

詞「何か、話しなさいよ」

橘「えっ!? えーとえーと…」

詞「……」

橘「あ、絢辻さんもオナニーってするんだね!」

ビシィッ

252 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 23:49:15.09 ID:YrmLN5cv0
詞「…………」

橘「(し、しまったあぁあ~!)」

詞「……ごほんっ」

橘「…?」

詞「え、えぇ。思春期真っ盛りの女の子だもの。その、いわゆる、」

詞「自慰行為? 私だってそれぐらいするわよ」

橘「……そ、それはやっぱり好きな人をオカズに?」

詞「何を言わせたいのかしら?」じろっ

橘「うっ」

詞「…………はぁ、そうよ。あなたを想ってしてたの」

橘「ほっ本当に!?」がばっ

詞「目を輝かせて聞き返さないでよこんな事で嘘つかないわよ落ち着きなさい!」

253 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 23:50:58.53 ID:YrmLN5cv0
あとはもうえっちするだけだし俺は風呂だからバトンタッチお願い

255 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/03(金) 23:53:41.67 ID:gq2EDdIg0
脳内補完余裕でした

256 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/04(土) 00:21:42.73 ID:IhB3wOxa0
超期待

262 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/04(土) 01:29:31.63 ID:f0gQYGtm0
         /: /: : : イ: : : : : i|: : : : :ハ : ハ: : : :ヽ
           /: /: : : : i|: : : :i: :||: : : : : :',: : :', : : : ハ
.         ,': /: : : : ,イ: : i: :|:Ⅳ: : i: : : : ',: : :i: :ト: : :ハ
         i: ,': : :i : : : : : |: :|: : : : :|!: : : |i : : |: :|: : : : ',
          |:,: : : :|: : i|: : i|: :|i: : : :i: ハ: : :| !: : |i: |!: : : : i
          !: : : :,イ: :i|!: : i|:_:ハ: : : |: !|: : 斗十ト!: ト: : : :|
.         |: :i: : i|: :从f:´ハ: 「下: :|!:!Ⅵリ ィヒ-、!"' リ、: : !
       |: :|: : : : :i ハr'ぅ下、 ' ゛' " ' ,イぅ:ハ ヽ ハ : ',
         i: ,' : f`ヽ:', ヘ ヒ::::::ハ       弋り ' ハ∧: :',
.        j:,: : :ハ rヽ'  `ー'           j-': : : : ,
        f´`ヽ: ゝ、ハ          i        ハ: : : : : :',
      j ヽ _,∨. `ー'、       ´       /.`i: : : : : : ,
   ,.-‐-} >、ヽ-ハ´`ヽ. \   ー -  ´  / . . L: : : : : :,  保守お疲れ様・・・!
_,r―'   ,'/_ /`二´-'´ヽ',. . .`. .、      /. ._,. -才'ー=r-'.,_
、   !  Y `´      ハ. . . . . .` ー ´., ≦  /   / ̄`ゝへ
ハ  ,i   ゝ、    _,.==fノー--- __,./ j-―'/ ̄ ̄7ー-、/_`∧
 ヽ ヽ,、_ノ`ーr' _`_,.ノ_         ノ /  / _ /   f   /\i
ヽ<`ー  _   >'. . . . . . . ` ー―-/_,./ -‐/ ´   r=、ー=┴ニ ̄ \{,
ハ{,\`´ i   ̄ハヽ.`>、. . . . . . . . . {  f   i    ゝ、 ` ー- 、 ` 、 \
 \ゝ`二ニ彡' ∧ ',  |i ` ー―---!_!___{___! -≧ _、 ,._ `ー- ` ヽ

286 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/04(土) 12:00:48.10 ID:VfTytWPv0
七咲なら最初は「何言ってるんですか!?」って言ったあとで
「そんなに知りたいんですか?」とか
「してるかしてないか、当ててみてください」
って、ちょっとニヤッとしながら言うに違いないよね。

302 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/06/04(土) 19:31:20.94 ID:ED5MMYLb0
気づいたら300行ってるのな

316 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/04(土) 22:41:36.23 ID:viv2A77GO
まだあるのかこのスレwww
絢辻さんすげーwwwww

319 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/04(土) 23:19:35.42 ID:mCaX9eHx0
今日絢辻編初めてクリアした俺でよければ少しだけ書く

323 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/04(土) 23:26:57.66 ID:mCaX9eHx0
絢辻(なんかムラムラしてきたなあ)

絢辻「橘君」

橘「どうしたの絢辻さん?」

絢辻「あなたを私のオカズにします」

橘「はい?」


325 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/04(土) 23:30:33.92 ID:mCaX9eHx0
橘「絢辻さん、それってどういう意味?」

絢辻「いいから早く服を脱いで」

橘「でも・・・」

絢辻「何?私に逆らう気?」

絢辻「もし今の平和な生活を維持したいのなら、私の言うことを聞くべきね」

橘「うぅ・・・」

橘(女の子の前でオナニーとか、屈辱以外の何物でもないよ)

橘(でも絢辻さんならいいかな)


327 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/04(土) 23:37:49.64 ID:mCaX9eHx0
橘「・・・」シコシコ

絢辻「・・・ちょっと」

橘「今度は何?っていうか絢辻さんオナニーしてないじゃないか」

絢辻「私のことなんてどうでもいいから」

絢辻「それよりあなたいつもそんな機械的な自慰行為してるの?」

橘「え・・・?」

絢辻「普通は好きな人のこととかエッチなことを想像しながらするはずでしょ」

絢辻「でも、今のあなたからはそれが感じられない」

橘「うっ・・・」

絢辻「わかった?ほら、最初からやり直し」

328 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/04(土) 23:44:50.73 ID:mCaX9eHx0
橘「はぁ、はぁ・・・絢辻さん・・・」シコシコ

絢辻「うん、それでいいわ、どんどん続けて」

橘「う・・・、くうっ」

絢辻「イキそうになったらちゃんと言ってね」

絢辻「あなたがイクときの顔しっかり見てあげるから」

橘「あっ・・・、イクッ・・・」

絢辻「もうイっちゃうの?」

橘「え?」

絢辻「いいわ、さっさと出しなさい」

橘「うっ・・・、あああ」ドピュ


329 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/04(土) 23:50:09.42 ID:mCaX9eHx0
橘「はあぁ、はぁ」

絢辻「終わった?御苦労さま、もう帰っていいわよ」

橘「はい・・・って、絢辻さん結局オナニーしなかったじゃん」

橘「これじゃあ僕が恥ずかしい思いしてオナニーしただけじゃないか」

絢辻「はいはい、そういうこと」

絢辻「わかったらさっさと帰ってくれる?私いろいろと忙しいの」

橘「なんかか釈然としないなぁ」トボトボ

絢辻「・・・」


330 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/04(土) 23:52:15.41 ID:mCaX9eHx0

橘(やっぱり何かおかしい、戻って抗議しよう)

橘「絢辻さん・・・あっ」

絢辻「あっ・・・んっ・・・はあぁ・・・」

橘(なんだ、僕にオナニーしてるところを見られたくなかっただけか)

橘(アへ顔を見せたくないなんて絢辻さんらしいや)



331 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/04(土) 23:57:14.84 ID:T/VY1qKs0


332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 00:14:23.62 ID:xL4kG6S70
おつ
次は君が書くんだ↓

333 ↑     ↓                     :2011/06/05(日) 00:24:40.70 ID:gjc1ibZK0
    ↑      ↓
    ↑      ↓
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

340 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 01:54:38.33 ID:CY8qErQn0
絢辻「自慰行為?私だってそれぐらいするわよ」

橘「うん・・・えっ!?」

絢辻「だ~か~ら~!するって言ってんの!!」ドカッ

橘「いっ!えぁ・・・絢辻さん!?な、な何を?」

絢辻「・・・じ、自慰行為・・って何度も言わせないで!」カァ///

橘「自慰・・・絢辻さん・・あの・・・」

絢辻「なっ!自分で聞いておいて!!」ドカッ

橘「痛っ!ぼ、僕は 実行委員(の仕事を今日も)するの?って・・・」

絢辻「実行委員?・・・っ!!」カァァ///

・・・・・・

橘「あ、絢辻さん!その恥ずかしい事じゃないって言うか僕だって毎日」
絢辻「・・・なさいよ」

橘「するし・・・えっ?」

絢辻「ここでしなさいって言ってんのっ!!」ダンッ!

保守

354 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 09:15:47.64 ID:eVUEYAaG0
ほおいいいお

355 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 09:16:15.11 ID:jwk+KRYE0
絢辻「自慰行為?」

橘「う、うん…絢辻さんもするのかなって」

絢辻「…よく女の子相手にそんなこと聞けるわね」

橘「ご、ごめん」

絢辻「はぁ…呆れたわ…あなたはどうなの?」

橘「えっ!?」

絢辻「だから橘君はするの?しないの?まさか人に聞くだけ聞いておいて自分は答えないつもりだったの?」

橘「そういうわけじゃないけど…その…」

絢辻「…答えられないくらい恥ずかしいでしょ?」

橘「うん…」

絢辻「反省しなさい」

橘「すいませんでしたっ!!」

357 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 09:31:32.92 ID:jwk+KRYE0
絢辻「よろしい。今回は特別に許してあげるわ」

橘「あ、ありがとう」

絢辻「…次はないわよ」

橘「は、はいっ!」

絢辻「そろそろ授業が始まるわね。教室に戻るわよ」

橘「うん…(結局聞けなかったけど…許してもらえただけ良かったな)」

~授業中~

絢辻「(それにしても突然あんなことを聞いてくるなんて…まったく信じられないわ)」

絢辻「(まだまだ躾が足りないようね…先が思いやられるわ)」

絢辻「(…自慰行為くらい私だってするわよ…でも…)」

高橋「絢辻さん?」

絢辻「は、はい!」

359 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 09:44:14.14 ID:jwk+KRYE0
高橋「あなたがボーッとするなんて珍しいわね。睡眠不足かしら?」

絢辻「いえ、大丈夫です。申し訳ありません」

高橋「あまり無理しないのよ。じゃあ教科書の214ページを読んでちょうだい」

絢辻「はい。国学を思想的に高め~……」

橘「(絢辻さんが授業中ボーッとするなんて…何かあったのかな?)」

橘「(悩み事でもあるのかもしれない…ここは男として支えてあげないと!)」

橘「(よし!休み時間にでも聞いてみよう!)」

376 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 15:44:59.71 ID:jwk+KRYE0
~休み時間~

橘「絢辻さん!」

絢辻「橘君、どうかしたの?」

橘「いや、ちょっと話があって…」

絢辻「いいわよ。じゃあ場所を変えましょう」

橘「そうだね」

~廊下、ひと気の無い場所~

絢辻「この辺で良いかしら…それで話って何?」

橘「あ、うん。その…ぼ、僕は絢辻さんの力になりたいんだ!!」

絢辻「…えっ?どうしたの?急に…」

378 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 15:56:28.08 ID:jwk+KRYE0
橘「いや、その…さっきの授業中珍しくボーッとしていたから、何か悩み事でもあるのかと思って…」

絢辻「…」

橘「ほら、僕は絢辻さんの恋人だから…そういう時は力になりたいなぁって…」

絢辻「…クスッ」

橘「え?」

絢辻「心配しないで。別に何か悩んでいるわけではないわ」

絢辻「さっきボーッとしていたのは女の子相手に破廉恥なことを唐突も無く聞くような人と自分が付き合っているなんて信じられなくて少し考え込んでいただけだから」

橘「うっ…そ、それってもしかして…(振られてしまうのか…僕は…)」

絢辻「…?」

橘「ごめん!本当にごめん!!」

橘「決して絢辻さんを傷つけるつもりはなかったんだ!」

橘「もう二度とあんなことは言わないから…」

381 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 16:07:03.81 ID:jwk+KRYE0
絢辻「ふふふ、橘君って面白い人ね」

橘「…えぇ!!?」

絢辻「安心しなさい。あなたと別れるつもりはないわ」

橘「そ、それじゃあ…!?」

絢辻「さっきのはちょっとした冗談よ。少しお仕置きが必要だと思ったから」

橘「な、なんだ…良かった…で、でもそのことはもう許してくれるって」

絢辻「何か文句あるの?」

橘「い、いえ!ありません…(怖い…)」

絢辻「よろしい。それにしても…あなたったら今にも泣きそうな顔で謝るんだから…ふふっ」

橘「だって…絢辻さんに振られると思ったら…」

絢辻「それで貸し借り無しにしてあげるわ。ほら、そろそろ授業が始まるから戻りましょう」

橘「うん。あ、そうだ絢辻さん」

382 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 16:14:46.68 ID:jwk+KRYE0
橘「…もし本当に悩み事があったり辛い時は僕を頼って欲しいんだ。頼りになるかわからないけど…絢辻さんの力になれるために頑張るから」

絢辻「なっ…何を急に…あ、ありがとう…」

橘「じゃあ戻ろうか」

橘「(ふぅ…一時はどうなるかと思ったけど…何もなくて良かった)」

絢辻「(…本当は橘君のことが頭から離れなくて授業に集中できなかったなんて…言える訳無いわよ…)」

絢辻「(それにあんなこと言われたらますます…もうっ!しっかりしなさい詞!)」

絢辻「(彼と付き合うようになってから…彼がいないとどうしようもなく不安になることが多くなったわ)」

絢辻「…ダメな女ね、私…」

橘「…?何か言った?」

絢辻「いえ、なんでもないわ。早くしないと遅れるわよ」

385 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 16:55:29.93 ID:jwk+KRYE0
絢辻「(ん…あれは…橘君…?)」

橘「お~い、薫~。一緒に帰らないか?」

棚町「良いわよー。ちょうどあたしも純一と帰ろうと思っていたのよねぇ」

橘「ははっ、気が合うな」

棚町「ねぇ…その前にキスしたいんだけど」

橘「僕も同じことを考えていたよ」

絢辻「(なっ…何をしているの…)」

棚町「…純一、キス上手くなったわね」

橘「薫もな。…やっぱり薫は良い女だなぁ」

棚町「なっ…ど、どうしたのよ突然…おだてても何も出ないわよ!?」

橘「ははっ、思ったことを言っただけさ。あの性悪女とは大違いだ」

絢辻「(性悪女って…まさか私のこと…?)」

棚町「あぁ~、あの優等生ぶってる…まだあの女の相手してたの?」

橘「からかってやると意外と面白いもんだよ」

絢辻「(…っ!!!)」

389 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 17:10:45.36 ID:jwk+KRYE0
棚町「あははっ、確かに面白そうねぇ」

橘「ああいうタイプって誰も信用しないのかと思ったけど、結構ちょろいもんだよ」

絢辻「(いや…やめて…)」

棚町「純一も人が悪いわねぇ」

橘「薫には言われたくないよ」

「あははははははっ」

絢辻「もうやめてっ!!橘君!!」

ガタンッ

先生「…!?あ、絢辻さん…?」

橘「(な…なんだ!?)」

絢辻「(ゆ…夢…だったの…?)」

絢辻「(ここは…教室?)」

先生「絢辻さん…どこか具合でも悪いのですか…?」

絢辻「いえっ…だいじょうぶ…!?」

絢辻「(わたし…泣いてるの…?)」

391 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 17:18:42.97 ID:jwk+KRYE0
橘「せ、先生!僕が保健室に連れて行きます!」

先生「で、では橘君、お願いします…」

男A「おい、何があったんだ…?」ヒソヒソ

男B「さぁ…俺に聞かれても…」ヒソヒソ

男C「なんか橘の名前叫んでたぜ」ヒソヒソ

女A「夢の中で痴話喧嘩でもしてたんじゃない?」ヒソヒソ

女B「やっぱりあの二人って付き合っていたんだ」ヒソヒソ

先生「静かに!授業を再開しますよ」

~廊下~
橘「絢辻さん…大丈夫?」

絢辻「…」

橘「(うぅ…ずっと黙っているから気まずい…)」

橘「(僕の名前を叫ぶし…泣いているみたいだし…)」

橘「(何か悪い夢でも見ていたのかな…?)」

橘「(授業中に絢辻さんが寝るなんて…やっぱり何か悩みがあるに違いない)」

394 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 17:32:23.11 ID:jwk+KRYE0
橘「あ、保健室に着いたよ」

絢辻「…あなたは教室に戻りなさい」

橘「えっ…でも…」

絢辻「良いから戻って」

橘「そんな…絢辻さんを放っておけな」

絢辻「戻ってって言ってるでしょ!!」

橘「あ…絢辻さん…?」

絢辻「…ごめんなさい。今は一人になりたいの…」

橘「(こんな…こんな状態の絢辻さんを一人にするわけにはいかないだろう!!)」

橘「(でも…下手に干渉するのはかえってよくない…)」

橘「(一人になりたい時もあるだろうし…ここはそっとしておくべきか?)」

橘「(僕はどうすれば良いんだ…!?)」

397 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 17:41:02.56 ID:jwk+KRYE0
橘「(くっ…絢辻さんの恋人でありながらどうすればいいかもわからないなんて…)」

橘「(僕はなんて情けない男なんだ…)」

橘「(…いや、ダメだ…見るんだ、ちゃんと…絢辻さんと向き合うんだ…!!)」

橘「絢辻さん!!」

絢辻「な…何…?」

橘「僕は教室には戻らないよ」

絢辻「っ…いい加減しつ

橘「泣いている絢辻さんを目の前にして教室に戻れる訳がないじゃないか!!」

絢辻「…」

橘「僕は…僕は本当に絢辻さんのことが好きなんだ」

橘「好きな人が悲しんだり苦しんでいる姿は見ていたくないよ!」

絢辻「なら…それなら早く私から離れれば…っ!!」

ギュッ

橘「絢辻さんには…笑っていて欲しい」

398 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 17:41:51.04 ID:0Y4O95WO0
夢でよかった…

400 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 17:50:40.21 ID:jwk+KRYE0
橘「絢辻さんの心からの笑顔はとても美しいんだ」

橘「僕はそれを知っているから絢辻さんの笑顔を取り戻したい」

橘「そのためなら僕は自分がボロボロになるとしてもなんでもするよ」

橘「絢辻さんの笑顔があれば僕はどんなに苦しくても頑張れるから」

橘「辛い時は一人で抱え込まないで、その辛さを僕にわけて欲しい」

橘「楽しいこと、苦しいこと、悲しいこと…いろんなことや感情を共有することが付き合うことなんだと僕は思う」

橘「例え絢辻さんが僕の想いを受け入れなくても…僕は受け入れてもらえるまで絶対に諦めないから」

橘「だから…だから僕は教室に戻らない!」

橘「誰が何と言おうと、絢辻さんが笑ってくれるまで僕は側にいるよ!!」

401 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 17:56:25.06 ID:jwk+KRYE0
絢辻「橘君…たちばなくんっ…」グスッ

ギュッ

橘「絢辻さん…」

絢辻「ごめんなさい…私…わたし…」

橘「大丈夫…大丈夫だよ…」

ガラガラッ

保健室の先生「さっきからうるさ…

橘「」

保健室の先生「」

橘「あ、あはは…ど、どうも~…」

ピシャッ

橘「(絢辻さんと抱き合っているところをバッチリ見られてしまったぞ…)」

絢辻「グスッ…ひっく…」

橘「(絢辻さん…見られたことに気付かないなんてよっぽどなんだな…)」

橘「あ、絢辻さん…ちょっと場所を変えようか」

402 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 18:03:04.76 ID:jwk+KRYE0
~屋上~

橘「さすがにここなら誰もいないな…」

橘「絢辻さん、少し落ち着いた?」

絢辻「ええ…」

橘「そっか…もし良かったら、その…」

絢辻「…ちゃんと話すわ。あんなこと言われたら…話さない訳にはいかないでしょ」

橘「はは…ありがとう」

絢辻「私はね、ずっと一人ぼっちだったの」

絢辻「本当の私を知っている人は誰もいなかった」

絢辻「でもあなたが本当の私を見つけてくれたのよ」

橘「僕が…僕だけが…」

絢辻「ええ。あなたと接しているうちに私の中であなたという存在があまりにも大きくなりすぎたの」

絢辻「だから…いつも不安だった。本当は私のことなんて好きじゃないんじゃないかって」

橘「そんな…そんなことは!!」

403 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 18:10:03.58 ID:jwk+KRYE0
絢辻「いつか私は棄てられてしまうんじゃないかって…」

橘「そんなことは絶対にしないよ!」

絢辻「ありがとう…最近夜はあなたのことばかり考えてしまって、なかなか眠れない日も多くて…」

絢辻「さっきも…夢の中であなたと棚町さんがキスしてた」

橘「ぼ、僕が薫とっ!??」

絢辻「あなたが本当に好きなのは彼女の方で…私はただの遊び」

橘「(夢の中の僕はどれだけ最低な男なんだ…)」

絢辻「あなたに棄てられる、あなたを失う状況を目の当たりにしただけで…あんな風に取り乱すなんて」

絢辻「ただの夢なのに…馬鹿でしょ、私…」

橘「…僕だって、例え夢の中でも絢辻さんに振られたら号泣するよ」

橘「だから…絢辻さんは馬鹿なんかじゃないよ」

406 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 18:16:41.01 ID:jwk+KRYE0
絢辻「クスッ…確かに私が馬鹿で橘君が馬鹿じゃないのは納得いかないわ」

橘「あ、絢辻さん…手厳しいなぁ…」

橘「(でも…ちょっと笑ってくれたから良かった)」

絢辻「…こんな話をしたら、あなたに別れを告げられるんじゃないかって、怯えていたの」

橘「ど、どうして?」

絢辻「重過ぎる、面倒臭い女だって思われるから…」

橘「そんなことないよ!」

橘「むしろ僕は…今の話を聞いてますます絢辻さんを好きになったよ」

絢辻「橘君…」

橘「絢辻さんのような人が僕のことをそんな風に想っていてくれていたなんて…」

橘「嬉し過ぎてもうこの世に未練がないくらいだよ」

絢辻「もう…あなたってそんな恥ずかしいことをよく躊躇い無く言えるわね」

橘「ご、ごめん…(絢辻さん、ちょっと照れているのかな)」

407 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 18:22:27.42 ID:jwk+KRYE0
絢辻「ところで…橘君、さっき私のためならなんでもするって言ったわよね?」

橘「う、うん…確かに言ったけど…」

絢辻「じゃあ…ずっと私の側にいてくれる…?」

橘「!!も、もちろん!何があっても絢辻さんの側にいるよ!!」

絢辻「ふふふ…ありがとう」

橘「ははっ、こちらこそありがとう」

橘「(こうして絢辻さんに笑顔が戻った)」

橘「(やっぱり絢辻さんの笑顔は…この上なく美しいなぁ…)」

橘「(教室に戻った時は少し空気が凍りついていたけど…)」

橘「(梅原や薫のお陰でわだかまりはすぐに消えた)」

橘「(そして…)」

409 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 18:30:15.20 ID:jwk+KRYE0
詞「もう、休んでばかりいないで少しは手伝いなさいよ」

橘「ご、ごめん。ちょっと高校の卒業アルバムを見ていてさ」

詞「そんなの洗濯物干してからでいいでしょ」

橘「ははは…そうだね」

橘「そういえば…詞は自慰とかするの?」

詞「…」

バキッ

橘「い、痛っ!!」

詞「あなたねぇ…確か高校の時もそんなこと聞いてきたわよね?」

橘「あ、あれ?そうだっけ?」

詞「本当に呆れるわ…」

橘「ま、まあ今はあの時と違って、夫婦なんだからそういうことくらい聞いても良いじゃないか」

詞「夫婦の間にもプライバシーってものがあるのよ」

410 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 18:34:02.26 ID:jwk+KRYE0
橘「…僕はするよ」

詞「…はぁ!?」

橘「いや、だから…詞が仕事で疲れて相手してくれない時はさ…」

橘「一人ですることもあるよ」

詞「…わよ」

橘「え?」

詞「私だってそれぐらいするわよ」ボソッ

橘「あの、聞こえなかったんだけど…」

ドカッ

橘「うぐっ!!」

詞「ほら、無駄口たたいてないで早く干すわよ」

橘「ははは…まあ良いか」


ー完ー

411 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 18:45:12.01 ID:s21yhXZO0
乙!
エロシーンはないの?

412 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/05(日) 18:55:07.99 ID:umtmHtcL0
乙!

413 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 18:59:05.56 ID:jwk+KRYE0
>>411
俺は書けないから他の人に頼むんだな

切れ痔で苦しんでいる上にすいとんされながらも書き切ったんだから駄作でもなんでもいいだろちくしょう


417 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 19:33:02.19 ID:/IZPYNm70
素敵だった



421 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/05(日) 20:27:23.84 ID:xL4kG6S70
絢辻さんスレがまだ残ってたなんて…
ぼかぁ幸せだなー

501 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2011/06/07(火) 01:03:22.88 ID:WXM06Efj0
あやつじいいいいいさああああんんんんんん

510 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 01:58:04.74 ID:7VnGTXvtO
エロシーンが書けない…

511 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 02:12:24.72 ID:m/NprCCu0
どれどれ、見てしんぜよう

524 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 10:32:42.83 ID:7VnGTXvtO
縁「詞ちゃんもお年頃だから…」

縁「やっぱりオナニーとかしちゃうのかしら?」

絢辻「……」

絢辻「はぁ!?」


姉妹会話見たい

532 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 14:28:18.32 ID:7VnGTXvtO
絢辻詞
スキエピローグ オナニー

538 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 17:23:59.33 ID:7VnGTXvtO
もうこのスレなんてメロンパンになってしまえば良いんです!

541 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 18:02:12.99 ID:7VnGTXvtO
絢辻「ねぇ、橘君」

橘「な、なにかな…?」

絢辻「私は貴方のことが、だーい好きよ」

橘「ぼ、僕も絢辻さんのこと大好きだよ…」

絢辻「ふふっ。嬉しいなー」ニコッ

橘「……」ドキドキ…

絢辻「ねぇ、覚えてるかな?」

絢辻「去年の冬、私が貴方に言ったこと」

絢辻「橘君のいる日常を私にちょうだい、って」

橘「あっ、うん…」

橘「も、もちろんだよ」

橘「あ、あの時はびっくりしたなー…」アセアセ

絢辻「……」

542 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 18:07:29.96 ID:7VnGTXvtO
絢辻「橘君がいる日常…」

絢辻「それはね橘君自身の日常も欲しいって意味なの」

橘「ぼ、僕自身の…」

絢辻「うんっ!」

絢辻「私には貴方しか見えないの」

絢辻「四六時中、貴方のしか考えられないわ」

絢辻「だから、こうして今、貴方のそばにいられることが私は幸せよ」

橘「う、うん…」

橘「僕も絢辻さんのそばにいられることが一番の幸せだよ…」

絢辻「……」

545 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 18:12:28.57 ID:7VnGTXvtO
絢辻「橘君」

橘「は、はい…」

絢辻「貴方も年頃の男の子ですもの」

橘「……」ドキドキ…

絢辻「青年向け雑誌の一冊や二冊を持っていてもおかしくは無いと思うわ」

橘「うっ…!!」

橘「あっ、ち、違うんだよ!これはね…」アセアセ

絢辻「うん、わかってるわ」

橘「そ、そうなんだよ!これは…」

絢辻「性欲処理の為に使用しているのよね」ニコッ

橘「はうっ…!?」ビクッ

548 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 18:17:38.96 ID:7VnGTXvtO
橘「い、いや!違うんだよ絢辻さん!」

橘「こ、これは梅原の奴が僕の家に遊びに来た時に…」アセアセ

絢辻「人間の三大欲求」

橘「えっ…?」

絢辻「睡眠欲、食欲…」

絢辻「そして性欲」

橘「あ、絢辻さん…?」

絢辻「だから橘君が性欲を満たそうとすることは人間として当然のことなのよ」

絢辻「自慰行為?私だってそれぐらいするわよ」

橘「……」

橘「えっ?えっ!?」

549 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 18:23:13.92 ID:7VnGTXvtO
橘「(ど、どういうことなんだ…?)」

橘「(僕はてっきり絢辻さんに大量のお宝本の存在がバレたせいで…)」

橘「(軽蔑をされたものなのかと…)」

橘「(けれど…絢辻さんの反応…)」

橘「(そういうものとは何か違うものを…)」

橘「(た、確かにこのお宝本で自己処理をしたことは多々あるけれど…)」

橘「(でも…絢辻さん自身も自分で…)」

橘「……」

橘「(絢辻さんの…オナニー…)」モンモン…

絢辻「見たい?」

橘「ぜ、是非!」

絢辻「……」

橘「……」

橘「えっ!?」ドキッ

550 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 18:27:20.33 ID:7VnGTXvtO
橘「え、えっ!?」

橘「も、もしかして僕…今、声に出してた…?」

絢辻「ううん。顔に書いてあった」

橘「えっ…?」

絢辻「ふふっ」

絢辻「言ったでしょう?」

絢辻「橘君のこと、ずぅっと見てるんだから」

絢辻「表情でわかっちゃうわよ」

絢辻「ねぇ」

絢辻「私の自慰行為…想像したでしょう?」

橘「……」

橘「ご、ごめん…」

絢辻「ううん。それで良いのよ」

橘「…えっ?」

553 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 18:31:36.76 ID:7VnGTXvtO
絢辻「私が橘君だけを見ているように…」

絢辻「橘君にも私だけを見ていて欲しいの」

絢辻「今も…これからもずっと…」

橘「…!」

絢辻「だから…その…」

絢辻「私…橘君に会えない時は橘君のことだけを考えて自慰行為してるから…」

絢辻「だから橘君も…」

絢辻「私がいない時は私のことだけを考えて自慰行為して欲しいの…」

絢辻「他の女の子なんか見ないでよ…」

橘「絢辻さん…」

556 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 18:36:02.91 ID:7VnGTXvtO
絢辻「雑誌の中の女の子だってイヤ」

絢辻「僅かな時間でも橘君の頭から私の存在が消えるのが…」

絢辻「私には怖いの…」

絢辻「だから…」

橘「絢辻さん」

絢辻「えっ?…わっ!」

絢辻「橘君…?」

橘「ごめん」

橘「僕、絢辻さんのことをそんなに不安させていただなんて思ってもなかった」

絢辻「……」

絢辻「…気づくのが遅いのよ、バカ」

557 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 18:36:34.33 ID:7VnGTXvtO
絢辻「雑誌の中の女の子だってイヤ」

絢辻「僅かな時間でも橘君の頭から私の存在が消えるのが…」

絢辻「私には怖いの…」

絢辻「だから…」

橘「絢辻さん」ギュッ…

絢辻「えっ?…わっ!」

絢辻「橘君…?」

橘「ごめん」

橘「僕、絢辻さんのことをそんなに不安させていただなんて思ってもなかった」

絢辻「……」

絢辻「…気づくのが遅いのよ、バカ」

559 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 18:40:15.65 ID:7VnGTXvtO
橘「うん。僕、バカだよ」

絢辻「あっさり肯定しちゃうのね」

橘「バカだから…」

橘「もう絢辻さん以外の女の子のことは考えられなくなっちゃったよ」

絢辻「…!」ドキッ

絢辻「本当にバカね…」

絢辻「でも…」

絢辻「そんな貴方が好きなのよ」

橘「絢辻さん…」

絢辻「…というわけで、お互いの想いを再確認にしたところで…」

橘「ん?」

絢辻「この青年雑誌、全部処分しちゃって良いわよね」

橘「……」

橘「ええっ!?」

560 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 18:40:59.57 ID:70pA4YsaO
とりあえずパンツ脱いだ
あとメロンパン買ってきた

早くすることしろ

561 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 18:45:31.95 ID:7VnGTXvtO
絢辻「だって、もう必要ないでしょう?」

橘「い、いや…でもこのお宝本達は僕の高校時代を支えてくれたもので…」

絢辻「……」

橘「……」

橘「はい…処分します…」

絢辻「うんっ。よろしい」

絢辻「そんな素直な橘君も大好きよ」ニコッ

橘「ううっ…さようなら…ローアングル探偵団…」

562 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 18:50:15.61 ID:7VnGTXvtO
絢辻「なんで、そんなにテンション下がってるのよ?」

橘「いや…そういうわけじゃ…」ズーン…

絢辻「これから、そんな雑誌よりももっとイイものを見せてあげようと思ったのに」

橘「えっ?イイもの…?」

絢辻「あれ?私の自慰行為見たいんじゃなかったの?」

橘「……」

橘「ええっ!?ほ、本当に!?」

564 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 19:01:14.59 ID:7VnGTXvtO
絢辻「何回も言わせないで」

絢辻「私だけを見て欲しいって言ってるじゃない」

絢辻「だから私のことだけを考えて貴方も性欲処理をして」

橘「じ、じゃあ…」

絢辻「本当は…凄く恥ずかしいんだからね…」

絢辻「だけど橘君に見て欲しいの…」

絢辻「私の…自慰行為…」

絢辻「それを見て、橘君も…」ドキドキ…

橘「あ、絢辻さん…」ドキドキ…

565 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 19:10:09.56 ID:7VnGTXvtO
絢辻「橘君のしてるところも見たい…」

絢辻「私がしてる目の前でしてる見せて…?」ドキドキ…

絢辻「私…もうっ…」ハアッ…

橘「絢辻さんっ…!






ガチャ

美也「それってエッチした方が早くない?」

橘&絢辻「……」

橘&絢辻「ぎゃあああああああ!?」

567 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 19:16:29.71 ID:7VnGTXvtO
美也「イチャイチャするのは良いけど隣の部屋にいる、みゃーのことも考えてよね…」

絢辻「……」

橘「……」

絢辻「今日は家に誰もいないって言ったじゃない!?」

橘「い、一度言ってみたかったセリフで…」

絢辻「本当にいない時に言えば良いだけじゃないの、この唐変木!」ドコッ!

橘「げふっ!」

絢辻詞 スキエピローグ
スンドメEND

美也「もしもしの電池が大変だから終わりだよ、にぃに!」

570 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 19:34:47.49 ID:Cm3NX+PU0
みゃーなら許せる

585 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/07(火) 23:27:20.10 ID:7VnGTXvtO
美也「もしもしの電池復活だよ、にぃに!」

橘「続きは?」

絢辻「もう寝るから書かないわよ」

あとは任せた

652 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/08(水) 21:43:47.87 ID:QkJ9eunYi
     /⌒ヽ
\ ⊂[(_ ^ω^)全力で保守する
  \/ (⌒マ´
  (⌒ヽrヘJつ
    > _)、
    し' \_) ヽヾ\
          丶_n.__
           [I_ 三ヲ (
              ̄   (⌒

657 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/08(水) 22:27:17.40 ID:XP+UoGSy0
薫「へぇ…優等生さんもそんなことするんだ」

絢辻「するわよ。橘君の事考えながらね…あなたはしないの?」

薫「へっ?し、しないわよ!!そんなこと!」

絢辻「どうかしらね…昨日一緒に帰ってたみたいだし…家に着いた途端とか」

薫(な、なんで判るのよ、この女…)



こんな感じですか?わかりません!

659 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/08(水) 22:34:24.16 ID:XP+UoGSy0
ーー昨晩ーー

薫「あ、あたしだって女だし…そういう気分の時だって…」

ヌルッ

薫「//////////」

薫「しょ、しょうがないじゃない!あいつが悪いんだから…」



絢辻「ねぇ、ちょっと…聞いてるの?」

薫「き、聞いてるわよ……何?」

絢辻「何じゃなくて……したんでしょ?昨日」

薫「だから!してないって…」

絢辻「顔に書いてるわよ」

薫「!」バッ

絢辻「やっぱり…別に隠さなくてもいいじゃない」

薫「隠すに決まってんでしょ!!」


やっぱりこれ以上は判りません!!

661 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/08(水) 22:44:43.31 ID:XP+UoGSy0
絢辻「良いじゃない。健康的な証拠よ」

薫「そ、そういう問題じゃないわよ!そんなあけっぴろげに言うもんじゃないでしょ!」

絢辻「あら?棚町さんはそういうところは恥ずかしがるのね・・・意外だわ」

薫「意外でもなんでもないわよ…そ、そんなこと言えないじゃない」

絢辻「自慰行為なんて誰だってやってると思うけど…橘君だってきっとやってるわよ…知ってるでしょ?」

薫「知らないわよ!そんなの!」

絢辻「なら、聞いてみる?誰を想像してイタシているのか…とか」

薫「………」

絢辻「聞きたそうな顔」

薫「!」バッ

絢辻「ふふっ…」

663 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/08(水) 22:46:45.96 ID:AZE6xt8W0
女性が自慰行為すると女性ホルモンが分泌されて身体がより女性らしくなるってどっかで聞いた


もしかしてふかふかボディの秘密はそこに…!!

666 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/08(水) 22:56:12.24 ID:XP+UoGSy0
絢辻「と、言うわけで」

薫「///////」

絢辻「聞きに来たわけだけど、橘君」

橘「えっと…まだ、状況が良く…」

絢辻「あなたが誰をオカズにしているのかって話よ。ちゃんと聞きなさい」

橘(……言えるわけがないじゃないか)

絢辻「で、誰なの?」

橘「あ、絢辻さんは誰でしてるのさ!それを教えてくれるまでは…」

絢辻「あなたでしてるわ。で、誰?」

橘(・・・か、薫!助け…)

薫「/////////」

671 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/08(水) 23:04:47.54 ID:XP+UoGSy0
橘(だ、ダメだ…薫はショートしてるし…しかたない。言うか…)
橘(…言えない。ローテーションだなんて…)
橘(しかも、二人とも入ってるとか言ったら…軽蔑される!)
橘(と、言うかそもそも答える時点でアウトな気がする)

七咲「随分大きな声で騒いでると思ったら先輩でしたか」

橘(七咲!良い所に)

絢辻「あら、七咲さん。こんにちわ」

七咲「絢辻先輩に棚町先輩まで…なにしてるんですか?」

橘「七咲!そういえば用があるとか」

七咲「はい?い、いきなり何を」

橘「ほ、ほら…行こう…公園にいくんだろ??」

絢辻「ちょ、ちょっと橘君待ちなさ…」

ガシッ

橘「うわっ!」




薫「/////// 答えて」

673 忍法帖【Lv=4,xxxP】 :2011/06/08(水) 23:06:46.11 ID:1QinyyGe0
よーしメロンパン買いに行くぞ~

674 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/08(水) 23:08:06.73 ID:zWsvT8CW0
ローテーションwwwwwww

さすが橘さんwwwww

676 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/08(水) 23:12:36.63 ID:XP+UoGSy0
橘「か、薫…答えてって言われても…」

薫「/// あ、あたしはアンタでしてる…あ、あんたは誰で…その…」

橘「お、落ち着け。薫…正気になってくれ」

薫「/// あたしは正気だってば!正気で…してる…」




七咲「あの…何の話をしてるんですか?話がよく見えないんですけど」

絢辻「誰を想像して自慰行為してるかって話よ」

七咲「はぃっ?!な、何…」

絢辻「自慰行為。オナニーって言ったほうがいいかしら?」

七咲「そ、そのくらい判ります!って言うか何でそんな話に…」

絢辻「まぁ、良いじゃない…あなたも興味あるんでしょ?橘君のコトに」

678 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/08(水) 23:26:37.99 ID:XP+UoGSy0
薫「ゴマかさ…ないで…ちゃんと答えて」

橘「え…えっと…その…」

絢辻「ほら、ちゃんと言わないと…男らしくないぞ」ニヤニヤ

七咲「そうですよ、先輩…わたしもちゃんと聞いていてあげますから」ニヤニヤ

橘(ううっ…七咲まで向こう側につくとは…)

680 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/08(水) 23:40:33.41 ID:XP+UoGSy0
薫「あたしで…してる?」

橘(うわ…薫のこんな上目遣い…始めて見る…正直可愛い)

絢辻「それともわたし??」

七咲「それとも…わたしのスカートたくし上げたアレ…ですか?」

橘(…ど、どうする…?)



安価>>685
1、正直にローテーションを激白
2、薫のヘソ
3、七咲のスカートめくり
4、絢辻さんに苛められている妄想

685 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/08(水) 23:43:50.70 ID:F23zrafJ0
その場でズボンを下ろして始める

690 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/08(水) 23:48:13.76 ID:XP+UoGSy0
橘(よ、よし…こうなったら)カチャカチャ

七咲「先輩?ベルトなんか外して…って!ぬ、脱がないでください!!」

絢辻「ちょっと橘君!何をしてるの!!」

薫(///////// 可愛いパンツ履いてる)

橘「二人に恥ずかしい思いさせたんだ…パンツ姿で土下座始めるんで勘弁してください」 orz

薫「え…えっと…」

絢辻「そこまでされると…聞けないじゃない…いいからズボン履きなさい!」

七咲(残念だなぁ…聞きたかったのに…)


DOGEZAEND

691 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/08(水) 23:49:57.78 ID:F23zrafJ0
いくじなし!

692 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/08(水) 23:51:04.10 ID:XP+UoGSy0
>>691
「何を」始めるかと言わなかったお前が悪いw

694 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/08(水) 23:52:28.90 ID:9W0BaQ3g0
>>690
コンテニュー

695 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/08(水) 23:54:23.36 ID:XP+UoGSy0
>>694
七咲のおねだり風味でコンテニューのお願いをしてくれたら
やり直そうじゃあないか

696 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/08(水) 23:57:54.28 ID:tNvwinB20
>>695
先輩のそういう所… 好きですよ…
だから早く続けてください

698 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/09(木) 00:00:09.87 ID:a3ciBsS60
>>680続き
橘(ど…どうする?)

安価>>710
1、正直にローテーションを激白
2、薫のヘソ
3、七咲のスカートめくり
4、絢辻さんに苛められている妄想

710 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/09(木) 00:07:26.73 ID:flC8GBWo0
4

716 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/09(木) 00:17:23.80 ID:a3ciBsS60
橘(ええい!こうなればもうヤケだ!!)

橘「あ、絢辻さんだよ!!苛められる妄想して…その…えっと…」

絢辻「ふふっ…わたしなんだ……」

橘「う、うん…い、苛められるというか詰られるとちょっと嬉しいっていうか…」

薫「あ…あたし…は?」

橘「え?」

薫「あたしだって…あんたのこと苛めたりとか…みたいのしてる…よね」

橘「え、えっと…そ、そうだけど…」

七咲「……い、苛めるなら…わたしも良く『変態』って詰ってますよね…?」

橘「な、七咲まで…」

絢辻「苛められて興奮するなら…後の二人も参加しても大丈夫ってコトかしら?」

720 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/09(木) 00:22:28.00 ID:a3ciBsS60
絢辻「ふーん…橘君は変態なのね…苛められて喜ぶだなんて…ねぇ?」

橘「あ、あははは…」

薫「そっか…苛めると…」

七咲「先輩…本当にえっちな先輩ですよね…」

橘「あ…あの…さ…三人とも…なんか目の色が…いつもと違うって言うか」

絢辻「捕まえる?」

薫/七咲 コクリ

橘「ちょ、ちょっとまって…!!」

723 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/09(木) 00:29:44.68 ID:a3ciBsS60
橘「か、薫ちょっと…は、離して…せ、背中に当たって…」

薫「純一……あたしやわらかいでしょ?…結構自信あんのよ?」(////)

七咲「ふふっ…先輩…スカートの中…今日は下着ですよ??」

橘「な、七咲…」

七咲「凄く見たそうな顔して…可愛いです」ゾクゾクッ

絢辻「正直に言ってくれた御褒美に…三人で苛めてあげるから覚悟するのね」ニコリ

橘「あ、絢辻さん……」

726 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/09(木) 00:38:44.25 ID:a3ciBsS60
橘(これは…もう何が起きてるんだろう…)

薫「はむ…はむ…」

橘(薫は後ろから抱き着いて…ずっとぼくの首筋を甘噛みしてるし…)

七咲「…せん…ぱい…息が…くすぐったいです…っ」

橘(七咲は…七咲のスカートの中にぼくの顔を押し付けて…)

絢辻「夕べの妄想よりも…興奮しているのかしら?」

橘(絢辻さんは…ぼくの愚息をずっと擦り続けてる…)

橘(正直…もう堪りません…)

729 忍法帖【Lv=5,xxxP】 :2011/06/09(木) 00:43:36.54 ID:a3ciBsS60
絢辻「ふふっ…橘君覚悟することね…」

橘(え?)

七咲「三人…います…から…」

薫「/// 全員が満足するまで…帰れないと思いなさい」

橘(これは…もう…どうにでも…うっ!)





HAREMEND

730 忍法帖【Lv=7,xxxP】 :2011/06/09(木) 00:44:10.51 ID:cktf18/I0
いいねいいね

745 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/09(木) 06:10:46.93 ID:0MACQLbK0
絢辻さんは求めるタイプ
いいなあ大将…

関連記事
2011/06/09 23:10 | CM(7) | アマガミ SS
    コメント一覧
  1. 名無し [ 2011/06/09 23:34 ]
  2. あれ?梨穂子は……
  3. 774@いんばりあん [ 2011/06/10 02:48 ]
  4. >>1
    ひどいこと言われて泣かされてる話がこのスレの最後のほうにあったはずだがそれを見たいか?
    ぶっちゃけめちゃくちゃ評判悪くてそれが原因で1000いかずに落ちちゃったんだぜ・・・?
  5. 774@いんばりあん [ 2011/06/10 04:34 ]
  6. そんな話ならいらないな
    管理人ナイスカット
  7. ※1 [ 2011/06/10 08:02 ]
  8. ※2
    マジでか…
    梨穂子好きなのにそんな話になったなんて…
    それんなのなら載せなくていいに決まってるよな
    [ 編集 ]
  9. 名無し [ 2011/06/10 16:50 ]
  10. 素晴らしい
    本当に素晴らしい
    ただ最後の部分をもっと掘り下げてくれたらもっと良かった
  11. 名無し [ 2011/08/03 23:11 ]
  12. たまらん...
    元スレは知らんが、良作が詰まってるな。
  13. 切れ痔マスター [ 2012/12/14 23:46 ]
  14. 僕も切れ痔です!!!!!
    アマガミも大好きです!!!!!
    もう友達になっちゃいましょう!!!!!
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング