HEADLINE

まっちょしぃ「トゥールットゥー☆」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:15:02.43 ID:h8OtelzX0
岡部「なあ、助手よ」

紅莉栖「……なに?」

岡部「このDメールを使えば過去を変えられる……そうだな?」

紅莉栖「ええ、そうね。今さら何言ってるの?」

岡部「助手……いや、クリスティーナよ」

紅莉栖「言い直すな。どっちも違うから」

岡部「俺は過去を変えたい」


2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:15:43.65 ID:h8OtelzX0
紅莉栖「は?」

岡部「どうしても過去の俺に一つ忠告したいのだ」

紅莉栖「過去を変えることがどれほど危険かって岡部、あんた分かってるでしょ?」

岡部「それでも……どうしても変えなければいけないことが俺にはある」

紅莉栖「……その変えたいことって?」

岡部「…………」

紅莉栖「岡部?」

岡部「……プリンだ」

紅莉栖「は?」

4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:17:58.14 ID:h8OtelzX0
岡部「だから、プリンなのだ」

紅莉栖「……詳しく話しなさい」

岡部「昔まゆりの家に遊びに行ったときの話なんだが、俺は腹が減っていてな」

岡部「ついまゆりの家の冷蔵庫にあった『まゆしいの』と書かれていたプリンを食べてしまったんだ」

紅莉栖「……で?」

岡部「まゆりは泣いた。それはもう泣いた。わんわん泣いた。にゃんにゃん泣いた」

紅莉栖「…………」

岡部「俺はワンチャン出禁になってしまった」

紅莉栖「…………」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:18:40.40 ID:h8OtelzX0

岡部「次の日、『ジューシーからあげナンバーワン!』を持ってまゆりの家に謝りに行くと、まゆりは俺を許してくれた」

紅莉栖「ならそれで終わりでしょ?なんでそんな小さいこといつまでも気にしてるの?」

岡部「問題はその後だったんだ、我が助手よ」

紅莉栖「誰が助手か。それで、何があったの?」

岡部「……俺が持っていったのは『柔らかジューシィからあげだワン!!』だったんだよ……」

紅莉栖「……いろんな意味でうわぁ……」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:19:23.12 ID:tiFyAXGQ0
トゥール・トゥール・トゥ☆

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:20:17.95 ID:h8OtelzX0
岡部「まゆりはしばらく俺と口をきいてくれなくてな……辛かった」

紅莉栖「でも、そんな昔のこと別に気にしなくても」

岡部「ああ、助手よ、違うのだ助手よ」

紅莉栖「殴るぞ」

岡部「それからまゆりと『ジューシーからあげナンバーワン!』を買いに行くといつもこう言われるのだ……]


『ねぇ、オカリンオカリン……柔らかジューシィからあげだワン!! だってー。こんな変な名前のからあげ、買う人なんかいないよねー。全然美味しくなさそうだよねー。実際に美味しくないんだけどねー。……ねぇ、オカリン』


岡部「とな……」

紅莉栖「食べ物の恨みは恐ろしいわね」

岡部「あれを言われると胃が痛くなる……」


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:22:29.54 ID:h8OtelzX0
岡部「俺はもうあの言葉を聞きたくない!だから助手よ!俺にDメールを使わせてくれ!」

紅莉栖「でもそんなことで」

岡部「助手よ!頼む!助手よ!助け手!」

紅莉栖「だれうま……でも、まあ良いんじゃない」

紅莉栖「あんたが言うには世界線が変わっても、私たちには観測できないみたいだから、実験データを取るにはあんたの過去を変えるのが一番分かりやすいだろうし」

岡部「おお!さすがだ我が助手!では早速」ポチポチ

紅莉栖「そういえばあんたケータイ持ってたの?」

岡部「いや、持ってない。だから親のポケベルに過去の俺に伝えるよう送る」


11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:25:27.98 ID:h8OtelzX0
岡部「完成だ!」

紅莉栖「こっちも調整、終わったわ」

岡部「じゃあ送るぞ。ポチっと」ポチッ

岡部「うお……」





-7.043956

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:28:08.12 ID:h8OtelzX0
岡部(いつもの感覚が……)

岡部(どうやら過去が変わったようだな)

岡部(まだ誰もラボにいないのか)

ダル「よう、オカリン」ガチャッ

岡部「おお、その声はダル」

岡部「なんかいつもよりハキハキしゃべって……る……な?」

ダル「くっはー。夏は暑くてかなわねぇよな。アイス買ってきたから食おうぜ!」

岡部「イ……イケメン……だと……?」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:32:29.18 ID:h8OtelzX0
ダル(?)「オカリン?どうした?」

岡部「ダ、ダルじゃない……」

ダル(?)「はははっ。おいおいひでぇなオカリン。俺はダルだよダル。橋田至」

岡部「笑い方までイケメン……さわやか……」

ダル「ほれ。ガルガリ君」

岡部「あ、ああ……悪いな」

岡部(一体どういうことだ……?)

岡部(過去の俺にプリンを食うなと言っただけでどうしてこんなことに……)

岡部(バタフライエフェクト……なのか?)

岡部「だとしても変わりすぎだろ……」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:33:28.17 ID:/aTxSQWM0
さっき11話観たばっかだ。

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:35:47.12 ID:h8OtelzX0
岡部「な、なあダル」

ダル「どうした?」

岡部「お前、いつもこの時間はラボにいるよな。なんで今日はいなかったんだ?」

ダル「あれ?言ってなかったっけ?今日は由李と一緒に昼飯食ってきたんだよ」

岡部「ん?由李って?」

ダル「彼女」

岡部「なん……だと……?」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:39:44.98 ID:h8OtelzX0
岡部(つまりこの世界のダルは、イケメンリア充ってことか……)

岡部(オタク趣味とかはないのか?)

岡部「なあ、ダル。ブラチューでは誰が好きだ?」

ダル「はははっ。おいおい、なんだその質問?」

岡部(もしかしてブラチューを知らないとか?)

岡部(まあこのリア充ダルならそれも)

ダル「エリンたんだろ常考」

岡部「!?」

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:43:52.26 ID:h8OtelzX0
このスレが伸びる気がしない



岡部「…………」

ダル「可愛いよなエリンたん。マジ天使。抱きしめたいぜ」

ダル「というかオカリン」

岡部「あ、え、なんだ?」

ダル「俺と二人だったらそういう話題出しても良いけど、他のラボメンの前では勘弁してくれよ?はははっ」

岡部「お、おおう」

岡部(つまり、このダルは隠れオタクってことか)

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:46:52.88 ID:h8OtelzX0
ダル「じゃあ俺はX68000でもいじってるわ」

岡部「……分かった」

岡部(スーパーハカーの腕も健在か)

紅莉栖「こ、こんにちはー」ガチャ

ダル「よう、紅莉栖」

岡部「おお!我が助手よ!お前は全く変わっていないな!」

紅莉栖「え?なに?オカリン」

岡部「おっと、いやなんでも……………………あん?」

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:47:19.67 ID:OmFi5GNdO
まろしぃのAA↓

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:51:11.66 ID:h8OtelzX0
/_,,,....,,,,_      \
             人_ ノ⌒Y==‐- 、 {><}
            / _ノ⌒ ー'´ ̄ヽ、_  ヽ {><}
          ∠,ノ7 '"^   ^`'   ヾ_ \i_
───‐─┬┐  {:/, ニ丶  ,r,=-、  ヾ:::::::ヾ\
  ___,,,...-‐''"| |  〃ィ'。`>ソ { ィ'。`'ァ::..  !::::::::::ヽ~
 ̄7     | |  /:::! `~´/ ,l、  ̄´   ,. }:::::::::::::ヽ
  i      | |. /:::::l   (、 っ)     : ,l::::::::::::::::::ヽ    トゥットゥルー♪
 .|   .|   | |.//::::l   ,.,__、     ,:' f:::::::::::::::::::::ヽ
 |   |   | | /ハ/l 、 f{二ミァ ,)    /::::::::::::::::::::::::i    まろしぃはzipを要求するでおじゃる
 |   |   | |   ヽヽ`ー ' : ヽ   //ソソvリ∨ソ  
     :   | |    丶、__, -―''"/,/         
     :   | |       } ヽニニ  =彡 i
::::::::     | |       l          l
::::::::::     | |  _/         ヘ,_
:::::::::::::::|______|__|∠ |;;;;;| ー 、    r-─ |;;;;;| `丶、、_
 ̄ ̄ ̄__/. ̄/   |;;;;;|.,_,.,_,.,_,.,_,.,_,.,_,.,_,._,.|;;;;;|      ``
ニ二二i -二ニ---、ヘ;;;;∨巛ハリソン川∨;;/     
________________ンー|.|  \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄二=-┐..



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:53:16.99 ID:h8OtelzX0
岡部「クリスティーナよ……今、俺のことをなんと呼んだ?」

紅莉栖「オ、オカリンだよ?」

紅莉栖「それと……私は助手でもないしクリスティーナでもなくて紅莉栖だよ。そ、そろそろ間違えないでほしいなあ」

岡部「…………」

岡部(何かおかしいぞ?)

紅莉栖「あ、でもね、別に怒ってるわけじゃないんだよ?」

岡部(いつもの迫力が無いというか、目の鋭さが無いというか)

紅莉栖「ただね、オカリンにそういう風に呼ばれるとなんかドキドキしちゃってね、それで」

岡部(ちょっと挙動不審というか、守ってあげたくなるというか)

紅莉栖「オカリンにね、なんか特別に見てもらえてるような気がして、その……あのね……あう……」

岡部(一言で言うなら)

紅莉栖「あ、あの?オカリン?」

岡部(可愛い)

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:55:29.86 ID:h8OtelzX0
紅莉栖「オカリン?」

岡部「あ、おお、え?」

紅莉栖「どうしたの?」

岡部「う、えーと、なんでもない。だ、大丈夫だ、問題ない」

紅莉栖「ふふっ、一番良いのを頼まなくてもいいの?」

岡部「……えっ?」

紅莉栖「あ、あれ?」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:56:31.86 ID:h8OtelzX0
岡部「この世界でもねらーでニコ厨でvipperなのか……助手よ」ボソッ

岡部(しかしこうなると他のラボメンが気になるな)

岡部(そういえば……)

岡部「なあ、助手よ……まゆりが何処にいるか知らないか?」

紅莉栖「え?まゆしいちゃん?」

紅莉栖「今日はバイトがお昼で終わりって言ってたから、そろそろ来るんじゃないかな?」

???「トゥールットゥー☆ こんにちはなのです」

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 00:59:06.94 ID:h8OtelzX0
岡部「お、噂をすればだな」

岡部「ところでなんで北斗のユーはショックが……」ピタッ

岡部「……あ……ああ……」ガクガク

まっちょしぃ「んー?オカリンどうしたのー?」

岡部「う、うわあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」ガクガクガクガク


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:04:29.72 ID:h8OtelzX0
5分後

岡部「はぁ……はぁ……」

紅莉栖「だ、大丈夫?落ち着いた?オカリン?」

岡部「あ、ああ……大丈夫だ」

ダル「どうしたんだよ?」

岡部「いや、ちょっと驚いてな……もう大丈夫、大丈夫だ」

まっちょしぃ「本当に大丈夫なのかなー?」

岡部「うわああああああああああああ!!!!!!!!!!!」ガクガクガクガク

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:07:14.75 ID:h8OtelzX0
5分後

岡部「大丈夫……もう、大丈夫、本当に、大丈夫」

紅莉栖「オ、オカリン?この10分ですごい老けたんじゃない?」

岡部「そ……そうか……?」

ダル「顔色悪いなんてもんじゃないぞ?蒼白どころか行き過ぎで蒼黒になってる」

岡部「マ……マジか……」

まっちょしぃ「まゆしぃはとっても心配なのです」

岡部「うおっ……大丈夫、俺は大丈夫、大丈夫……よし……よし」

岡部「な、なあまゆり?」

まっちょしぃ「どうしたの?」

岡部「なんで……その……そんなにムキムキなんだ?」

まっちょしぃ「?急にどうしたの?オカリン」

岡部「いや、ちょっと……うん、その、落ち着くために、む、昔話を聞きたくて、な」


43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:09:42.47 ID:h8OtelzX0
まっちょしぃ「あのねー、小さい頃にオカリンがうちに遊びに来たことがあったでしょー?」

岡部(プリンの時の話か?)

まっちょしぃ「それでね、オカリンがまゆしぃの『ジューシーからあげナンバーワン!』を食べようとしてー」

岡部(俺よ……プリンじゃなくてからあげに手を出したのか……)

まっちょしぃ「だから、まゆしぃが怒ってね『それ返してー』っていったらオカリンが『まゆりよ!お前は人質なのだからおとなしく俺の言うことを聞け!返してほしければこの俺より強くなるんだな!フゥーハハハ!』って」

まっちょしぃ「だからね、まゆしぃは強くなったのです」

岡部「いやいやいやいやいやいやいやいや」

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:12:42.58 ID:h8OtelzX0
岡部「あー、で、そのあと俺はどうしたんだっけ?」

まっちょしぃ「強くなったまゆしぃを見て『悪かったごめんなさいからあげ買ってきたので許してください』ってねー、まゆしぃにからあげをくれたの」

まっちょしぃ「今はもう怒ってないよ☆」

岡部「なるほどよし今すぐ俺にDメールを使わせてくださいお願いします」

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:15:46.16 ID:h8OtelzX0
紅莉栖「え?Dメールは今使えないよ?」

岡部「な、何故だ!」

紅莉栖「え、あの、だってオカリンがこの前電話レンジ(仮)に」

ダル「(仮)はつけなくてもいいと思うぞ」

紅莉栖「あ、でもオカリンがいつもつけてるから」

岡部「ぶっちゃけ今はどうでもいい!続きを聞かせてくれ!俺が?」

紅莉栖「う、うんオカリンがドクターペッパーを電話レンジ(仮)にこぼしちゃって、それで今は修理中だよ?」

岡部「俺死ね!氏ねじゃなくて死ね!」

紅莉栖「わっ」ビクッ

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:18:03.15 ID:h8OtelzX0
岡部「紅莉栖!電話レンジ(仮)はあとどれくらいで直る!?」

紅莉栖「あ、今名前で……えへへ、やっぱり名前で呼んでもらえた方が嬉しいな」

岡部「畜生可愛いな!じゃなくて!あとどれくらいで直るんだ!?」

紅莉栖「えーと、今日中に直ると思うけど……」

岡部「ほ、本当だな!」

紅莉栖「う、うん……それよりオカリン、い、今可愛いって……」

岡部「今日……今日耐えれば……」ブツブツ

紅莉栖「あう」

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:22:16.80 ID:7NGdtWAtO
早くアニメでまっちょしいを見たい

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:22:55.15 ID:h8OtelzX0
岡部「俺に手伝えることはあるか?」

紅莉栖「と、特に無いかな」

岡部「そうか……」

紅莉栖「オカリン?……まだ顔色悪いから、ソファーで寝てた方がいいんじゃない?」

岡部「いや、大丈夫だ助手よ。ありがとう。そしてドクターペッパーをこぼしてしまってすまなかった」

紅莉栖「あ、ううん。大丈夫だよ」

岡部「ダルもすまん」

ダル「気にすんなって!」

岡部「ま、まゆりも……」

まっちょしぃ「死をもって償え」

岡部「!?」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:26:01.81 ID:h8OtelzX0
まっちょしぃも公式で描かれてるからたぶんそろそろでるな




まっちょしぃ「冗談だよオカリン☆」

岡部「…………俺、ちょっと出てくる」

紅莉栖「え?え?でもオカリン……」

岡部「すまん……」ガチャ

まっちょしぃ「オカリン、どうしたんだろう?」


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:31:29.65 ID:h8OtelzX0
紅莉栖(どうしたんだろうオカリン?)

紅莉栖(……まゆしぃちゃんが怖いのかな?)

紅莉栖(まゆしぃちゃんが来てから顔色が悪くなったし)

紅莉栖(でも、いつも一緒にいたまゆしぃちゃんに怯えるなんて有り得ないよね)

紅莉栖(いつも一緒……)

ダル「紅莉栖、ほれ」ピタッ

紅莉栖「ひゃっ!」ヒヤッ

ダル「ガルガリ君」

紅莉栖「あ、ありがとう」

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:33:15.04 ID:h8OtelzX0
ダル「まゆしぃも、ほれ」

まっちょしぃ「ふむ、わるいな。なんちゃってー、ありがとうダル君☆」

ダル「紅莉栖、ちょっとラボに来てくれ」

紅莉栖「え、うん」

ダル「オカリンの様子……どう思う?」

紅莉栖「え?どうって?」シャリシャリ

ダル「なんか変じゃないか?」

紅莉栖「……うん、そうかも」シャリシャリ

ダル「……これは俺の推測なんだけど」

ダル「もしかしたらあのオカリンは別の世界線から来たのかもしれない」

紅莉栖「え?」シャリ?

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:36:06.12 ID:h8OtelzX0
ダル「あきらかに俺たちを見る目が普段のオカリンと違っていただろ?」

紅莉栖「……そうかも」

紅莉栖(オカリン……私を見てすっごい驚いてた……)

紅莉栖(そ、それに……可愛いって……)カァ//

ダル「電話レンジ(仮)が故障していたことも覚えていなかった……知らなかった、か?」

ダル「多分、オカリンがいた世界線では電話レンジ(仮)は故障していない」

ダル「それに、何故かまゆしぃの話を聞いてすぐにDメールを使いたいと言っていた」

ダル「まだ、過去を変えることが現在にどういう影響を与えるかよくわかっていないにも関わらず」

ダル「いや、オカリンは『リーディングシュタイナー』ですでに観測していると言っていたっけか?」

ダル「確か、世界線が変わっても記憶を持ち続ける……とか」

ダル「なんにしてもあのオカリンは俺たちの知ってるオカリンとは違うみたいだな」


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:37:57.44 ID:h8OtelzX0

ダル「まあ、推測であって実際はオカリンに聞かないとよく分からないんだけどな」

紅莉栖「わぁ……」

ダル「どうした?紅莉栖?」

紅莉栖「そこまで分かるなんてダル君すごいね」

ダル「そりゃオカリンとは付き合いが長いからな」

紅莉栖「それでもすごいよー」

ダル「そのうち紅莉栖も、オカリンのこと分かるようになるよ」

ダル「どころか俺のしらないような部分も知るかもな」

紅莉栖「え?え?」

ダル「はははっ。じゃあオカリンのために電話レンジ(仮)の修理と調整、頑張りますか」


60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:39:15.51 ID:h8OtelzX0
岡部「はぁ……鬱だ……」

???「岡部の人ー!」ダキッ

岡部「うおお!なんだ!……ってバイト戦士!?」

鈴羽「うおー!岡部の人ー!岡部の人ー!」頭をグリグリ

岡部「ちょ、まっ、何これ!?」



61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:41:41.84 ID:h8OtelzX0
鈴羽「よーっす!岡部の人!」

岡部「よ、よう、バイト戦士……」

鈴羽「ん?どうした岡部の人!元気が無いぞ!」

岡部「…………おお」

鈴羽「駄目だぞ!元気が無いとなあ、『元気がねぇぞ!コノヤロー!おばけ』がやってくるぞ!」

岡部「…………」

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:44:03.87 ID:h8OtelzX0

鈴羽「『元気がねぇぞ!コノヤロー!おばけ』は怖いぞー!顎が長いぞー!良いのかー!」

岡部「…………」

鈴羽「なんか言え岡部の人ー!」ダキッ

岡部「おい抱きつくな!」

鈴羽「うおー!岡部の人ー!岡部の人ー!」頭をグリグリ

岡部「グリグリするなと言っとろーが!」パシッ

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:45:45.65 ID:h8OtelzX0
鈴羽「女の子に手を上げるなんて駄目だぞ!岡部の人!」

岡部「……その岡部の人ってのやめてほしいのだが」

鈴羽「何を言うか岡部の人!岡部の人のアイデンティティがゲシュタルト崩壊だぞ岡部の人ー!」

岡部「……お前ゲシュタルト崩壊の意味分か」

鈴羽「うおー!岡部の人ー!」ダキッ グリグリ

岡部「やめなさいって言ってるでしょ!」

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:48:26.19 ID:h8OtelzX0
???「バイトさーん、ちょっと中に来てくださいー」

鈴羽「おお!店長が呼んでるぞー!」ダッ

岡部「た、助かった……店長に感謝しないと」

岡部(しかしバイトさん?しかも敬語?あの店長が?)

岡部(これはもしかして全くの別人に……)

ガラッ

ガララッ

岡部「あ、てんちょ……」

店長「あ、やあ岡部君」スラッ






岡部「体ほっそい!」


67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:50:37.50 ID:h8OtelzX0
店長(細)「?」

岡部「あ……すいません、なんでもないです」

岡部(あれ、店長だよな……)

岡部(線が細いしメガネをかけてるけど、店長だよな……)

岡部(ブラウン管萌えのエプロン着てるし、店長だよな……)

岡部「あ、あの……店長」

店長(細メガネ)「はい?どうかしました?」

岡部(やっぱり店長か……)

岡部「いや、なんでもない……です」

店長(インテリメガネ)「ん?そうかい?……ああ、そうだ。修理頼まれたブラウン管、直しておいたからね」

岡部「え、ああ、ありがとうございます」

店長(テリメガ)「いつもうちのバイトさんがお世話になってるみたいだし、今回は修理費タダにしておいてあげるよ」

岡部「マジで!?」

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:51:54.67 ID:h8OtelzX0
岡部(かなり良い人そうだぞ……店長)

ガラッ

鈴羽「うーっす!店長終わったぞー!」

店長(テメ)「ああ、ありがとうバイトさん。今日はもういいよ」

店長(テm)「岡部君とその辺ぶらぶらしてきたら?」

岡部「うえ?」

鈴羽「分かった!でもバイト代はちゃんと払えよ!」

店長(t)「大丈夫だから、いってきなさい」

鈴羽「よっしゃ!じゃあ岡部の人ー!行こうぜー!」ガシッ

岡部「おいちょっとま」

ダダダダッ

岡部「うおおおお!!」

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:52:42.53 ID:h8OtelzX0
岡部「ストップだ!鈴羽!ストップ!」

鈴羽「どうした岡部の人ー!」キキーッ

岡部「はぁ……はぁ……そ、そんなに急いで、何処へ行こうと、言うんだ」

鈴羽「あてどのない旅だ!岡部の人ー!」

岡部「いやいやいやいや」

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:54:26.26 ID:h8OtelzX0
岡部「言っておくが俺は旅に出るつもりはないぞ」

鈴羽「はっはっは!」

岡部「なんだその笑いは!」

鈴羽「じゃあどうするんだ!岡部の人ー!」

岡部(俺は別にどこかに行きたいわけではないのだが)

岡部(そういえば……ルカ子はどうなっているんだろうか)

岡部「……あー、柳林神社に行きたい」

鈴羽「神社か!神社か!行くか!」ウズウズ

岡部「……走るなよ?歩いて行くぞ」

鈴羽「えー」

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:56:54.75 ID:h8OtelzX0
鈴羽「そんでな!そんでな!」

岡部(なんでこんなにテンションが高いんだ……)

鈴羽「あ!もえいくの人だ!」

岡部「ん?もえいく?」

鈴羽「よーっす!もえいくの人ー!」

萌郁「誰がもえいくよ!」パシッ

鈴羽「あいた!」

岡部「ん?」

萌郁「あら、こんにちは岡部君」

岡部「指圧師……か?」

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 01:59:06.87 ID:h8OtelzX0
萌郁「もう、その指圧師ってのやめてよね」

鈴羽「はっはっは!」

萌郁「何笑ってるのよ!」パシッ

鈴羽「あいた!」

岡部「…………」

萌郁「どうしたの?岡部君?」

岡部(……普通に普通だな)

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:00:32.67 ID:h8OtelzX0
萌郁「私、今からラボに行こうと思ってたんだけど」

岡部「何か用事か?」

萌郁「いいえ。暇だから遊びに行こうと思って」

岡部「そう……か」

岡部(前の世界の指圧師なら遊びに来るなんてことなかっただろうな)

萌郁「それで……なに?デート?」

岡部「は?……あ、いや違う違う」

75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:01:16.83 ID:h8OtelzX0
かくかくしかじか

萌郁「なるほどねー。……岡部君お疲れ様」

岡部「…………ああ」

鈴羽「岡部の人ー!疲れてるのかー!」ダキッ

岡部「…………ああ」

萌郁「……本当にお疲れ様」

鈴羽「うおー!岡部の人ー!岡部の人ー!」グリグリ

77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:02:53.16 ID:h8OtelzX0
萌郁「じゃあ私はラボの方に行くわ。岡部君、適当に頑張りなさい」

岡部「悪いな。なんもお構い出来なくて」

萌郁「良いから良いから」

萌郁「それじゃあね」ヒラヒラ

岡部「あの指圧師……普通に可愛いな」

鈴羽「うおー!岡部の人ー!岡部の人ー!」グリグリ

岡部「いい加減にしなさい!」

78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:05:10.11 ID:h8OtelzX0
柳林神社


岡部「ふぅ……やっと着いたな……」

鈴羽「どうするんだ!神社についてどうするんだ!」

岡部「ルカ子に会おうと思ってな」キョロキョロ

岡部「お、あの巫女服は……おーい!」

ルカ子「おお!凶真どのー!」

岡部「おお、やっぱりルカ……」




岡部「ど……の……?」

79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:07:55.39 ID:h8OtelzX0
ルカ子「はっはー凶真どの。今日は何用でござるか?」

岡部「あ、いや、ルカ子の顔が見たくなって、な」

ルカ子「それはそれは!照れますな~。む、鈴羽どのもご一緒でしたか!」

鈴羽「よーっす!サムライの人!」

ルカ子「よーっすでござるよ!」

岡部「…………」




岡部「サムライの人て!?」

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:08:50.91 ID:h8OtelzX0
ルカ子「そういえば凶真どの。妖刀五月雨のことでござるが」

岡部「ああ、毎日素振りしているか?」

ルカ子「もちろんでござるよ!ほら、この通り」スチャッ ブンブン

岡部「うおお!危ないって!ルカ子!ルカ子ストップ!」

ルカ子「おお!これは失礼した!」

岡部「…………」

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:10:03.27 ID:h8OtelzX0
ルカ子「それで、この妖刀五月雨なんでござるが」

ルカ子「いやあ、すごい切れ味でござるな!」

岡部「…………はっ?」

ルカ子「この前試しにあそこの木を切ってみたら」

岡部「ちょちょちょっと待て!……妖刀五月雨で木を切ったのか?」

ルカ子「む?駄目でござったか?」

岡部「駄目っていうか……え?切れた?」

ルカ子「それはもうズッパシ!」

ルカ子「あの木でござるよ」

岡部「うわぁ……ズッパシ切れてるよ……」ガクガク

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:12:00.06 ID:h8OtelzX0
鈴羽「サムライの人ー!」

ルカ子「む、鈴羽どの。いかがしたでござるか?」

鈴羽「私にもその剣貸してー!」

ルカ子「それは出来んでござる」

鈴羽「えー」

ルカ子「これは岡部どのから頂いた大事な刀。他人に貸すことは出来ないのでござる」

ルカ子「まあ、妖刀ということもござるし」

鈴羽「うー!」

岡部(この世界線の俺はマジで妖刀を渡したんじゃないだろうな……?)

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:14:10.91 ID:h8OtelzX0
気がついたら素直ヒート+よつばになってた



prrrr
岡部「ん?電話が……クリスティーナからか」ピッ

岡部「もしもし?」

紅莉栖『あ?オカリン?あのね、電話レンジ(仮)なんだけど、修理終わったよ』

岡部「おお、そうか、早かったな」

紅莉栖『うん。だからそろそろ戻ってきてくれたらなあって』

岡部「分かった。今から戻る」

紅莉栖『オカリン……もう大丈夫?』

岡部「ああ、大丈夫だ。心配掛けて悪かったな」

紅莉栖『う、ううん!大丈夫だよ!』

岡部「じゃあ、電話切るな」

紅莉栖『うん、あとでね』プツッ

岡部(可愛いなあ紅莉栖……)

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:16:10.10 ID:h8OtelzX0
岡部「じゃあ、俺はそろそろ帰る」

ルカ子「む、本当に用事がなかったのでござるか?」

岡部「ああ、しいて言えばルカ子に会うのが」

prrrr
岡部「っと、すまん。……ダルか」ピッ

ダル『よう、オカリン』

岡部「どうした?修理が終わるという連絡は既に助手からもらっているが?」

ダル『ああ、さっき紅莉栖が伝え忘れていたんだけど』

ダル『実は電話レンジにもう一つある機能を追加することに成功したんだ』

岡部「ん?どんな機能だ?」

ダル『それは見てのお楽しみだ』


86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:16:54.98 ID:h8OtelzX0
ルカ子「鈴羽どの聞いたでござるか!?」

鈴羽「どうしたー!」

ルカ子「今凶真どの『しいて言えばルカ子に会うのが』といったでござるな!?」

鈴羽「そうだなー!」

ルカ子「凶真どののデレ期きたああああああああ!!!!!!!」

鈴羽「うおおおおおおお!!!!!!」





岡部(あいつら……うるさい)

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:19:19.47 ID:h8OtelzX0
岡部「ダルよ。お前そんなことのためにわざわざもう一度電話をかけたのか?」

ダル『いや、修理祝いにラボメンみんなでパーティーをやりたいなと』

岡部「なるほど。別に良いのではないか?」

ダル『お、よかった。じゃあるかさんに連絡しておいてくれないか?』

ダル『俺は……』ボソ

岡部「どうした?急にトーンを下げて」

ダル『俺はフェイリスたんを呼ぶから』ボソボソ

岡部「……ああ……分かった」

岡部(わざわざ『たん』づけで呼ばなければいいと思うのだが)

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:20:33.37 ID:h8OtelzX0
岡部「というわけでルカ子とバイト戦士よ。これからラボメンでパーティーをやることになった」

ルカ子「む!それは良いでござるな!」

鈴羽「うおー!岡部の人ー!好きだー!」ダキッ グリグリ

岡部「それはやめなさい!」

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:21:31.45 ID:h8OtelzX0
岡部「というわけで帰ラボと」ガチャ

まっちょしぃ「トゥールットゥー☆おかえリン」

岡部「おかえりとオカリンを組み合わせるな」

岡部(うん……まゆりにも見慣れてきた……な……多分)

紅莉栖「あ、おかえりオカリン」

岡部「繋げて言われるのも微妙だな」

ダル「おかえりんこ」

岡部「……言わんぞ」

ダル「はははっ」

岡部(中身はやはりダルだな)

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:22:14.50 ID:h8OtelzX0
萌郁「またまたこんにちは、岡部君」

岡部「おお、指圧師よ。よく来たな」

萌郁「だからその指圧師っていうのやめてよ」

岡部「普通だなあ……指圧師は……」

萌郁「……ちょっと傷つくわ」

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:22:55.71 ID:h8OtelzX0
萌郁「それにしても岡部君の周りは変な人ばっかりね」

岡部「本当だよな……」

萌郁「だから私みたいな『普通』に感謝しなさいよ」

岡部「ああ……正直萌郁と話してる時が一番落ち着く」

岡部(あとは紅莉栖)

萌郁「え、あ、ありがとう」

萌郁「ねえ……岡部君ってさ、その、す、好きなひ」

鈴羽「うおー!もえいくの人ー!私だー!結婚してくれー!」ダキッ グリグリ

萌郁「えええええ!!!!」

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:25:35.81 ID:h8OtelzX0
岡部「おい、ダル。とりあえず適当に酒とかお菓子とか買ってきたぞ」

ダル「お、気がきくな。俺もピザは注文しといたわ」

岡部「お前は本当にピザが好きだな」

ダル「はははっ。ピザデブになんなくて良かったぜ」

紅莉栖「えっ?」

ダル「えっ?……あ!いや、今のは……その……そ、そういえばオカリン!」

岡部「(隠れオタクのダルか……変な感じだな)なんだ?」

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:26:29.49 ID:h8OtelzX0
ダル「フェイリスた……さんには会わなかったのか?」

岡部「いや?会わなかったが?」

ダル「そうか……そろそろだと思うんだけど」

まゆり「トゥールットゥー☆おかえりーフェリスちゃん」

ニャンニャン「ご機嫌麗しゅう、まゆり。ご機嫌麗しゅう、皆様」

岡部「!?」

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:27:51.26 ID:h8OtelzX0
岡部「フェ、フェイリスか?」

岡部(見た目は特に変わっていないな)

岡部(喋り方に違和感がぱないが……)

ニャンニャン「あ、ご、ご機嫌麗しゅう。き、凶真様」

岡部(凶真様……悪くないな……)

ニャンニャン「ほ、本日はお日が、お、お日柄もよくですわ」

岡部「?どうした?」

ニャンニャン「な、なんでもございませんわ。だから、その、あまり見ないでくださいまし」カァ//

岡部「?」



ダル「読んでくれている皆さんに説明しよう!フェイリスたんはオカリンにベタ惚れなのだ!死ね!」


99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:29:37.73 ID:h8OtelzX0
岡部「じゃあ全員そろったし、ピザも届いたから乾杯でもするか」

ダル「そのまえにちょっといいか?」

岡部「どうした?」

ダル「この電話レンジには過去にメールを送る機能がある、これは全員知っているよな?」

ダル「この機能を応用して、俺と紅莉栖は素晴らしい発明をしたんだ!」

紅莉栖「」コクコク

ダル「ああ、発案はオカリンだ」

岡部「む?」


100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:30:27.10 ID:h8OtelzX0
ダル「その発明は……」

ダル「タイムリープマシンだ!」

岡部「!?」

岡部、紅莉栖を除く一同「?」

ダル「おい!ここは『な、なんだってー!』と驚くところだぞ!」

紅莉栖「えっ?」

ダル「えっ?」

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:32:54.08 ID:h8OtelzX0
萌郁「多分みんなタイムリープって言われてもピンときてないわよ」

ダル「あ、ああそういうことか」

かくかくしかじか。





ダル「かくかくしかじかじゃ分からないって言うそこの君!シュタインズゲート本編をやってくれよな!本編で僕と握手!」



104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:34:56.99 ID:h8OtelzX0
萌郁「それは……すごいわね……」

萌郁「……まずいわ……」ボソ

岡部「ん?どうかしたか?指圧師よ」

萌郁「あ、ううん。なんでもない」

岡部「そうか?」

萌郁「うん……」

岡部「?」

ダル「というわけでだ、あとはオカリンよろしく」

岡部「あ、ああ分かった」

岡部「それでは我らがラボの偉大な発明に、乾杯!」

一同「乾杯!」


106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:36:55.85 ID:h8OtelzX0
ニャンニャン「あ、あのう……凶真様?」

岡部「どうした?フェイリス?」

ニャンニャン「あ、その……えっと」

岡部(調子狂うな……)

岡部「フェイリス・ニャンニャンよいつも通りに、にゃんにゃん言ってくれ」

ニャンニャン「はい?にゃんにゃんですか?」

岡部「ああ。にゃんにゃん」

ニャンニャン「……にゃ、にゃんにゃん」カァ//

岡部(あれ可愛い?)



ダル「……チッ」

107 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2011/06/21(火) 02:37:13.09 ID:emOvSQtt0
タイムリープわかんないからググってみたらエロゲHPがでてきた……
電子レンジにエロゲとか誰得

http://frontwing.jp/product/timeleap/index.html

108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:39:04.98 ID:h8OtelzX0
ダダダダダッ!

バン!

???「動くな!」

岡部「な!?」

ダル「銃!?」

紅莉栖「な、何!?」

ニャンニャン「なんですの!?」

鈴羽「おお!忘れてた!」

ルカ子「敵襲でござるか!?」

萌郁「馬鹿どもが……」プルプル

まっちょしぃ「…………」

111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:41:30.87 ID:h8OtelzX0
>>107
わらかすな

岡部「SERNか!?」

SERN(A)「全員手を挙げろ!」

岡部「くっ!」

岡部(6人……か?)

岡部(全員銃を持ってやがる……くそ)

ダル「みんな!手を上げるんだ!」




まっちょしぃ「…………」

112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:43:04.70 ID:h8OtelzX0
SERN(A)「おい!そこの筋肉野郎!さっさと手を挙げろ!」

まっちょしぃ「…………」

紅莉栖「ま、まゆしぃちゃん……」

岡部「まゆり、ここはおとなしく言うことを」

SERN(B)「てめぇ!言うことを聞けねぇのか!?」

まっちょしぃ「…………」スッ

SERN(C)「最初からそうすれば良かったんだよ」



まっちょしぃ「…………」

113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:43:55.97 ID:h8OtelzX0
萌郁「あなたたち、何してんのよ!」

SERN(A)「あん?誰だこの女?知ってるか?」

SERN(B)「いや、知らねぇな」

萌郁「チッ……末端はこれだから……」

SERN(C)「なんだとこのアマ!」カチャ

岡部「お、おい萌郁!刺激するな!」


まっちょしぃ「…………」

114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:45:50.93 ID:h8OtelzX0
萌郁「岡部君……あいつらはラウンダーって言ってSERNの末端……捨て駒よ」

岡部「!?」

SERN(A)「お前、何故知っている!」

SERN(B)「そんなことより、今お前、俺たちのことを捨て駒と言ったな!」カチャ

ダル「萌郁さん!」

紅莉栖「!?」

岡部「危ない萌郁!」




まっちょしぃ「ねー」

119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:52:16.79 ID:7xl3+F6i0
今宵、まっちょしぃは修羅になる……

122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:55:22.98 ID:h8OtelzX0
(ムービーシーン)

_
     σ   λ
     ~~~~ 
    / ´・ω・)   <ラウンダーさん♪ラウンダーさん♪
 _, ‐'´  \  / `ー、_ あそこにゲルバナがあるでしょ~?
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/



_
     σ   λ
     ~~~~ 
    /´・ω・ )   <数分後の貴様の姿だ
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/


124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:56:14.62 ID:h8OtelzX0
SERN達「うわあああああああ!!!!!!!」バンバンバン ダラララララ

まっちょしぃ「トゥールットゥー☆」パパパパパパパシ

SERN達「じゅ、銃弾を全部取られた!」

まっちょしぃ「貴様らには地獄すら生ぬるい」バキッ

SERN(B)「あべしっ!」

SERN(A)「ひ、ひぃぃ!なんだこの化け物は!」

SERN(C)「み、見逃してくれー!頼む!」

まっちょしぃ「悪党のなき声はきこえんな」

ウワァー ギャー ビャー イヤァー



岡部「うおお……人がごみのようだ……」ガクガク

128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 02:59:50.93 ID:h8OtelzX0
まっちょしぃ「てめぇらに今日を生きる資格は無いのです」

SERN達「お、覚えてろよー!」

鈴羽「まゆの人つえー!私いらなかったぜー!よかったよかったー!」

まっちょしぃ「それじゃあパーティー再開しようかー☆」

紅莉栖「…………」ガクガク

岡部「だ、大丈夫か助手?」ガクガク

紅莉栖「う、うん」ガクガク

129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:02:46.83 ID:h8OtelzX0
萌郁「岡部君」

岡部「指圧師か。大丈夫だったか?」

萌郁「うん、大丈夫。それより……ごめんね?変な事に巻き込んで?」

岡部「……あいつらはなんなんだ?」

萌郁「あの人たちはね……」






ダル「よう、また俺だ!言いたいことは分かってくれると思う……そう!本編やりゃあおk!ところでこの足の震え……どうすればいいと思う?」ガタガタガタガタ


131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:05:39.84 ID:h8OtelzX0
岡部「マジかよ……」

萌郁「本当にごめん!まさかこんな早くあいつらが来るなんて……」

萌郁「ごめん……」

岡部「……フ、フゥーハハハ!指圧師よ!貴様、この鳳凰院凶真を見くびっているのか!」

萌郁「え?」

岡部「……仲間を、ラボメンを責めるわけがないだろう?」

萌郁「…………」

萌郁「…………ありがとう」グスッ




ダル「これなんてエロゲ?」ガクガクガクガク

133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:08:04.80 ID:h8OtelzX0
岡部「まあ、飲め」

萌郁「うん……」

岡部「ちなみに指圧師は偉いのか?」

萌郁「中間管理職……かな」

岡部「ほう……」

萌郁「……そ、その、岡部君」

岡部「ん、どうした?」

萌郁「あの、えっとさ、お、岡部君って好きなひ」

鈴羽「岡部の人ー!私だー!結婚してくれー!」ダキッ グリグリ

岡部「うお!お前酔ってるな!」

鈴羽「結婚を前提に結婚するぞー!好きだー!結婚だー!」グリグリグリグリ

岡部「テンションが高すぎる!ちょっと怖い!」





萌郁「…………あう><」

136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:11:27.72 ID:h8OtelzX0
紅莉栖「あの、オカリン。ちょっといいかな?」チョイチョイ ガチャ

岡部「ん、ああ」

パタパタ ガチャ

岡部「どうした?クリスティーナ?」

紅莉栖「ク、クリスティーナじゃないよ」

紅莉栖「それでね、あの、間違えてたらごめんなんだけど」

紅莉栖「もしかしてオカリン、Dメールを使った?」

岡部「……ああ」

137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:13:25.32 ID:h8OtelzX0
紅莉栖「あ、やっぱり」

岡部「ずっと気付いていたのか?」

紅莉栖「えっと、最初に気付いたのはダル君。私はちょっとおかしいなあくらいにしか思ってなかったよ」

岡部「そうか」

紅莉栖「それでね……」

岡部「ん?」

紅莉栖「何かあったらさ、その、私に相談してくれて良いんだよ?」

岡部「…………」

140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:16:38.81 ID:h8OtelzX0
紅莉栖「だって、落ち込んでたり悩んでたりするオカリン見たくないよ?」

紅莉栖「一人で背負いこんでるオカリン見たくないよ?」

紅莉栖「だから、ね?」

岡部「…………」

紅莉栖「オカリン?」

岡部「…………クリスティーナよ」

紅莉栖「?」

岡部「泣きそう」

紅莉栖「!?」

142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:19:38.25 ID:h8OtelzX0
紅莉栖「だ、大丈夫?」

岡部「大丈夫だ……フッ……今日はお互いに『大丈夫』をたくさん使っているな」

紅莉栖「本当だね」クスッ

岡部「紅莉栖」

紅莉栖「あっ……名前……」

岡部「ありがとうな」

紅莉栖「…………」カァ//

岡部「じゃあ、中で飲み直すか」

紅莉栖「うん!」


147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:22:40.66 ID:h8OtelzX0
岡部「ふー……」

ルカ子「へっへっへっへ」

岡部「……なんだその笑いは」

ルカ子「凶真どのー凶真どのーへっへっへっへ」

岡部「むかつくからやめてくれ」

ルカ子「へっへっへっへ……『紅莉栖……ありがとうな』だっておwwwwwばんばんwwwww」

岡部「!?」

ルカ子「いやあ、良いもの見せてもらったでござるよー」

岡部「ルカ子お前……うざいな……」


148 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:23:51.81 ID:h8OtelzX0
ルカ子「しっかし良いでござるなー凶真どのは」

岡部「なにがだ?」

ルカ子「だって完全にハーレムエンドでござらんか」

岡部「!?」

ルカ子「紅莉栖どのにまゆしぃどのに鈴羽どのにフェイリスどのに萌郁どの……」





ルカ子「……それに拙者も」ボソッ

150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:26:16.68 ID:h8OtelzX0
岡部「さっきから何を言っている?ルカ子よ」

ルカ子「はぁー……もう良いでござるよ……どっこらせ」

岡部「あ、おい!ルカ子!……なんだというんだ」

ニャンニャン「あ、あのう……凶真様?」

岡部「どうした?……ってさっきも同じやり取りをしたよな」

ニャンニャン「あ、すいません!」

岡部「いや、謝ることではない」

岡部「それで、どうした?」

ニャンニャン「あの、凶真様は、その……」

ニャンニャン「す、好きなひ……!」

鈴羽「うおー!岡部の人ー!抱いてくれー!」ダキッ グリグリ

岡部「いろんな意味でやめなさい!」





萌郁、ニャンニャン「さっきからわざとやってるんじゃ……」

153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:28:56.23 ID:h8OtelzX0
3時間後

岡部「みんな寝てしまったようだ……」

紅莉栖「みたいだね」

岡部「……さて、そろそろDメールを送ることにするか」

紅莉栖「あ、もう?」

岡部「ああ。手伝ってくれ助手」

岡部(この世界も嫌いじゃないが、やはりいつもの世界でなければな)

岡部(つーかまっちょしぃがヤダ)

まっちょしぃ「帝王に逃走はないのだ……ムニャムニャ」


157 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:33:16.17 ID:h8OtelzX0
岡部「文面はこんなところか、どうだ?助手?」

紅莉栖「うん、こっちもオッケーだよ」

紅莉栖「あ、でも、一回タイムリープしてからDメール送った方がいいんじゃないかな?」

岡部「む?何故だ?」

紅莉栖「だってこのまま戻ったら、この時間の前の世界に戻るんでしょ?」

紅莉栖「それだと訳がわからなくならない?」

岡部「一理あるな。その世界の前後の記憶が全くないからいつも動きづらいし……ただ」

紅莉栖「うん?」

岡部「タイムリープしても本当に大丈夫なんだろうな?」

158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:35:41.06 ID:h8OtelzX0
紅莉栖「あ、あー……多分」

岡部「多分……か」

紅莉栖「うん……」

岡部「…………」

紅莉栖「…………」チラッ

岡部「今、一瞬実験大好きっ子の顔で俺を見ただろ」

紅莉栖「み、見てないよ!」

160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:39:10.46 ID:h8OtelzX0
岡部「このマッドサイエンティストめ」

紅莉栖「うぅ……ごめん……」

岡部「……ああ、分かったよ」

紅莉栖「あ、でも、無理しなくても」

岡部「今日は助手の我がままを聞いてやろう」

紅莉栖「えっと、うん、ありがとう……」

岡部「ただ、過去に記憶を持っていくのは良いが、電話レンジ(仮)は壊れているのだろう?」

紅莉栖「それは、過去の私にこう伝えて」ゴニョゴニョ

岡部「ああ、了解した」

紅莉栖「それだけだからすぐに直せるはずだよ」

161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:40:37.33 ID:h8OtelzX0
岡部「こ、このヘッドギアを被ればいいんだな」

紅莉栖「うん」

岡部(怖いな……)

紅莉栖「あのね、オカリン」

岡部「?」

紅莉栖「私、オカリンのこと……」

紅莉栖「な、なんでもない!」

岡部「お、おい?」

紅莉栖「じゃ、じゃあ、行くよ?」

岡部「え、あ、ああ」

紅莉栖「えい!」ポチッ

岡部「うおっ……」

162 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:42:35.38 ID:h8OtelzX0
岡部(くっ……頭が痛い……)

岡部(脳みそを取り出したい……ニュージェネかよ……)

岡部(ここは……)

紅莉栖「オ、オカリン?この10分ですごい老けたんじゃない?」

ダル「顔色悪いなんてもんじゃないぞ?蒼白どころか行き過ぎで蒼黒になってる」

まっちょしぃ「まゆしぃはとっても心配なのです」

岡部(ああ、ここか)

163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:43:50.17 ID:h8OtelzX0
岡部(しかし、本当に過去に戻るとは……こいつらマジで天才だ)

岡部「大丈夫だ、それよりクリスティーナよ」

紅莉栖「え、何?」

岡部「Dメールを使わせてくれ」

紅莉栖「あ、でも、電話レンジ(仮)は壊れてて」

岡部「それはどうやら……ゴニョゴニョ……らしい」

紅莉栖「え?本当に?」

テクテク グルグル パカ

紅莉栖「あ、本当だ!」

170 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:52:01.74 ID:h8OtelzX0
10分後

紅莉栖「直ったよ!」

岡部「よし、じゃあ早速準備してくれ」

紅莉栖「え?でも……」

岡部「大丈夫だ、頼む」

紅莉栖「う、うん」

171 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:52:50.01 ID:h8OtelzX0
ポチポチ ピッピ

岡部「よし」

紅莉栖「準備、出来たよ」

バチバチバチッ!

岡部「じゃあ、送るぞ」ポチッ

岡部「うお……」





0.456903

173 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:55:00.42 ID:h8OtelzX0
岡部「くっ……」

紅莉栖「ちょっと?岡部?」

岡部「戻ったの……か?」

紅莉栖「ねえ?大丈夫?」

岡部「なあ……クリスティーナよ」

紅莉栖「誰がクリスティーナだ!……なに?」

岡部「まゆりは筋肉隆々じゃないよな?」

紅莉栖「は?」

176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:56:54.40 ID:h8OtelzX0
紅莉栖「あんた何バカなこと言ってんの?」

岡部「ああ……良かった……」

紅莉栖「?それより、はやく電話レンジ(仮)を改良したいんだけど」

岡部「手伝うか?」

紅莉栖「ええ、そうしてもらえると助かるわ」

岡部「…………」ジー

紅莉栖「な、何じっと見てるのよ!こっち見ないでよ!このHENTAI!」

紅莉栖「……もう」

岡部「……あれ?」





岡部「紅莉栖ってこんなに可愛かったっけ?」(終わり)

177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 03:58:22.46 ID:v0POmGcl0
終わりかよ!

179 忍法帖【Lv=6,xxxP】 :2011/06/21(火) 03:58:39.22 ID:C/Uc/rFV0
おわったwww

181 忍法帖【Lv=15,xxxPT】 :2011/06/21(火) 03:59:55.87 ID:vy6AJhoL0

面白かった

182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 04:00:12.98 ID:QDcgpsRd0


187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/06/21(火) 04:01:05.25 ID:6OS8ZeIJ0
セレブセブンティーナの可愛さがよくわかるSSだった乙

189 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2011/06/21(火) 04:03:36.29 ID:emOvSQtt0

                    从⌒゙ヽ,  
             ,; |i    _ ⌒ヾ,  |!  
                 _/  λ 、人  l!   
               从~~~~イ ,〉 k    
             γ゙ ( ´・ω・)`/ 〈,k_ノ  <>>1さん乙だ
             (    ハ.,_,ノ~r      
             )'‐-‐'l   γ´⌒゙ヽ、     
          ,、-ー''(    |!~、,il      ゝ、   
        γ    |!   〈   ヽ ミ、    丿    
       ゝ (     |  ノ  _,,,..、,,ゝ、 _,.イ  /      
    \'´  γ゙ヽ.,_  ) ゙|! ̄    ̄~゙il γ⌒ヽ`(/
    Σ    ゝ.,__゙゙'k{  ヾ /      !、,___丿 て
            > ゝ-ー'゙ <
              >>1

STEINS;GATE Vol.2【初回限定版】 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2011-07-27)
売り上げランキング: 28
関連記事
    コメント一覧
  1. 名無しさん@ニュース2ちゃん [ 2011/06/22 05:45 ]
  2. マッチョなしぃがトゥートゥートゥマシェリーをちょっと変えて歌うスレかと思ったら全然違った…。
    期待してたのに…!!
  3. 名無しさん [ 2011/06/22 11:25 ]
  4. まっちょしぃ愛されてるなw
  5. 774@いんばりあん [ 2011/06/22 11:37 ]
  6. まっちょしい見る為だけに原作やりたくなってきた
  7. 774@いんばりあん [ 2011/06/22 12:18 ]
  8. _
        σ   λ
         ~~~~ 
        / ´・ω・)  <オカリンはまゆしぃの人質なのです
     _, ‐'´  \  / `ー、_
    / ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
    { 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
    'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
    \ヽ、   ー / ー  〉
      \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/
  9. 名無しさん [ 2011/06/22 22:50 ]
  10. 反転ハルヒの人かな?
    面白かった。
  11. 最低野郎 [ 2011/07/09 01:06 ]
  12. 「トゥールットゥー☆」は「YOUはSHOCK!!」で発音すんのかよwww
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング