HEADLINE

森島「ひびきちゃんをミスサンタコンテストに出場させ隊発足よ♪」

2011/07/25 19:11 | CM(6) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:08:03.71 ID:1uYaNhCE0
橘「……え?僕もですか!?」

森島「何言ってるのよ橘君、あなたは副隊長兼作戦立案係兼実行部隊長兼隊員勧誘なんだから」

橘「仕事の割り振りおかしいですよ、森島先輩!!」

森島「ウッソ君っぽく言ってもだめよ橘君!それとも何!?君はひびきちゃんのサンタコスが見たいくないの!?」

橘「いや……見たいですけどそれとこれとは……」

森島「……ここに去年ひびきちゃんが自作したサンタ衣装があります」ピラーン

橘「!!……こ、これは!?なんてけしからん衣装!これを塚原先輩が……」

森島「ちなみに去年からサイズ直ししてないから結構ピッチピチな感じになるはずよ♪」

橘「な、なんてことだ……」

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:09:07.92 ID:IIuh0+GW0
フヒヒ


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:09:57.97 ID:1uYaNhCE0
森島「ふふふ、さぁ改めて聞かせてもらうわ……君はこのサンタコスをしたひびきちゃんが見たいくないの!?」

橘「見たいです!!!」

森島「じゃあ副隊長兼作戦立案係兼実行部隊長兼隊員勧誘員兼雑用……頼めるわね?」

橘「ハイ!喜んで!!」

森島「わお!いいお返事ね♪」

橘「でも一体何からやっていけばいいのか……」

森島「そうねぇ……去年も衣装作らせたまではいいんだけど
   実行委員長で忙しいっていうのを口実に上手く逃げられちゃったし……」

橘「だったら今年はやりやすいんじゃ?」

森島「甘い!甘いわ橘君!!ひびきは後付の理由なんかいくらでも作り出せる口先の魔女なのよ!!
   どうせ今年は『私はほら、一足お先に推薦で進路が決まっちゃったし浮かれてるみたいで良くないでしょ?』
   とか言うに決まってるわ!」

橘「なるほど、流石塚原先輩ですね!周囲への気遣いも完璧って感じで……」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:12:01.30 ID:1uYaNhCE0
森島「ダッシャ!!」パーン!

橘「ぶへぇっ!!い、いきなりなんで僕がビンタされるんですか!?」

森島「ビンタじゃないわ!闘魂注入よ!ほら、お礼は!?」

橘「あ、ありがとうございます?」

森島「そもそもひびきちゃんに正攻法が通用するなら私もここまでやり込められていないわ……」

橘(……森島先輩の場合は自業自得がほとんどなんじゃ?)

森島「何か失礼なこと考えてるわね?」ジトッ

橘「滅相もありません、マム!!」

森島「むむむ……まぁいっか」

塚原「何廊下で騒いでいるのよはるか……あ、橘君もいたのね」

橘「つ、塚原先輩……」

森島「げ、ひびき!?」

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:14:48.84 ID:1uYaNhCE0
塚原「……はるか?」

森島「な、なにかしら?」

塚原「また変なこと考えていないでしょうね?」

森島「そ、そそ、そんなことあるわけないじゃない!や~ね~ひびきちゃん」

塚原「ふぅん……本当かしら?」

森島「あ、あ~!私そういえば先生に呼ばれていたんだったわ、また後でねひびき!あとお願いね橘君!」

塚原「あ、こらはるか!」

橘「え、ちょ、森島先輩!?……いっちゃった」

塚原「ふぅ、まったくはるかは落ち着きがないね」

橘「あ、あはは……」

塚原「ところで……はるかと何の話をしていたのかな?」

橘「え!?え~っとですね、創設祭の話を少し」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:17:32.15 ID:1uYaNhCE0
橘「え!?え~っとですね、創設祭の話を少し」

塚原「へぇ……あ、もしかしてはるかと?……ひょっとして邪魔しちゃったかな?」

橘「い、いえ、今のは特にそういった話では……」

塚原「そうなの?」

橘「(塚原先輩から振られた話題……これはひょっとしてチャンスか!?)
  そういう塚原先輩は?」

塚原「ん?私は水泳部の出し物の手伝いかな」

橘「へ~そうなんですか」

塚原「まぁ今年で最後だし去年は実行委員をやっていたせいであまり手伝えなかったからね」

橘「それさっき森島先輩から聞きましたよ、実行委員長だったんですよね?」

塚原「もう、はるかったら余計なことを……まぁ名前だけだけどね」

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:19:52.11 ID:1uYaNhCE0
橘(ん?待てよ……水泳部の手伝いか……)

塚原「どうかしたの?」

橘「い、いえそろそろ時間なので教室に戻ろうかと……」

塚原「そっか、引き止めちゃってごめんね」

橘「いえ、それでは」

塚原「うん、じゃあね」

橘(やっぱりあの日の公園以来どこか余所余所しいな……でも水泳部の手伝い、か……)







橘「というわけで水泳部の人に協力を仰ごうと思うんですが」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:21:50.82 ID:1uYaNhCE0
森島「なるほど!城を落とすにはまず外堀からって訳ね、グーよ橘君!ナデナデしてあげる!」ナデナデ

橘「ありがたき幸せ!(やった!森島先輩に頭を撫でてもらえたぞ!!)」

美也「あ、森島先輩だ~」

森島「あら♪美也ちゃん!」

橘「あれ?(森島先輩の手の感触が……)」

森島「ん~今日も可愛いわね美也ちゃん!!」ダキッ

美也「わぷっ!」

橘(美也の奴……至福の時を邪魔してくれたな!!
  しかも!美也の顔が森島先輩のまんま肉まんに……うらやまけしからん!!)

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:24:21.81 ID:1uYaNhCE0
美也「も、森島先輩苦しい……」

森島「ありゃ、ごめんね美也ちゃんが可愛くってつい」

美也「ぷは~あれ?お兄ちゃんも居たんだ…………むっ!」

橘「な、なんだよ」

美也「ま~た顔がデレデレしてる!どうせ森島先輩をエッチな目で見てたんでしょ!」

橘「な!?何てこと言うんだ美也!」

森島「む~、そうなの橘君?」

橘「ご、誤解ですよ!」

美也「べー、だ!にぃにのウソツキっ!絶対いやらしい目で見てたもん!」

森島「むむむ、そんなエッチな橘君はただの雑用に格下げね!」

橘「そ、そんな……!?」

森島「かわりに美也ちゃんを副隊長に任命します!!」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:27:40.00 ID:1uYaNhCE0
美也「わーい!……って何の副隊長ですか?」

森島「あら、説明してなかったかしら?」

橘「ええ、全くしてません」

森島「ありゃりゃ……もう、駄目じゃない橘君!」

橘「僕ですか!?」

美也「?」

森島「つまり、かくかくしかじか……という訳なのよ」

美也「ええ~!?つ、塚原先輩をミスサンタコンテストに出場させ隊、ですか?」

森島「その通りよっ!」

橘「まずは塚原先輩の当日の予定を聞いたところ水泳部の出し物に参加するっていうことだったんだ」

森島「そうそう、それでまずその予定を潰す作戦を練っていたところだったの」

美也「にししし!なるほど~だったら美也にまかっせなさい!」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:30:28.71 ID:1uYaNhCE0
森島「策があるのね美也ちゃん!?」

美也「ふっふっふ……強力な助っ人に一人心当たりがあるんですよ……」

橘「助っ人……ま、まさか『ヤツ』か!?」

美也「そのとーり!来い……逢ちゃーーーーーん!!」パチン

七咲「美也ちゃん、私モビルファイターじゃないからそんな呼び方しなくても……」

森島「わお!」

橘「うを!?い、いたのか七咲……」

七咲「居ちゃ悪いんですか、先輩?」ジトッ

橘「そ、そんなことはないよ」

森島「そうよ!大歓迎よっ!」ダキッ

七咲「ちょ、も、森島先輩!?」

美也「あれ?森島先輩は逢ちゃんのことご存知だったんですか?」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:32:22.25 ID:1uYaNhCE0
森島「ええ、水泳部に出入りしてるうちにひびきちゃんに紹介されたの……期待の新人だってね!」

七咲「そ、そんな……私なんてまだまだですよ///」

美也「にしししし!逢ちゃん照れてる~」

七咲「も、もう!美也ちゃん!」

森島「う~ん可愛いわね!美也ちゃんとはまた違った可愛さでいいわ~」スリスリ

七咲「も、森島先輩!?そんなところ触っちゃダメですっ!」

橘「(あれ?何だろうこの疎外感……ゴクリ)も、森島先輩スキンシップはその位にしておいて作戦の説明を……」

森島「チッ……それもそうね、ちょっといいかしら七咲さん?」

七咲「は、はい///」

橘(あれ?今舌打ちされた?……ははは、まさかあの森島先輩が舌打ちなんてするはずないよな)



~説明中~





24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:34:51.14 ID:1uYaNhCE0
七咲「水泳部の出し物に塚原先輩を手伝わせない方法……ですか?」

橘「うん、ちょっと塚原先輩には他に出て欲しいイベントがあってね」

七咲「他のイベントって……まさか!?」

森島「そのまさかよ七咲さん、ひびきちゃんには……ミスサンタコンテストに出てもらいたいのよ!!」クワッ

七咲「ということは塚原先輩がサンタ衣装を!?」クワッ

橘(あれ?なんだろうこの予想外の食いつきの良さ)

七咲「なるほど……その為にまず水泳部の手伝いから遠ざける訳ですね」

橘「う、うん、そうなんだけど」

美也「何かいい案あるかなぁ?」

七咲「う~ん、水泳部の手伝いをお断りするのはたぶんそんなに難しいことじゃないはずです、ただ……」

森島「ただ?」

七咲「それだけだと塚原先輩を追い出すみたいになるので申し訳なくって……
   他にも理由が欲しいところですね」

美也「なるほど~」

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:36:31.77 ID:1uYaNhCE0
橘「確かに理由を全部明かす訳にはいかないしなぁ」

森島「そうねぇ、となるとひびきには別の予定を作ってらって……」

七咲「それを理由に水泳部のお手伝いから遠ざける、というで形なら」

橘「それでいて会場には居てもらわないといけない、となると難しいな」

美也「ほえ?そんなの簡単だよお兄ちゃん」

橘「え?」

森島「まだ策があるのね美也ちゃん!」

美也「にししし!お兄ちゃんが塚原先輩をクリスマスデートに誘えばいいのだ!!」

橘「僕が塚原先輩を!?」

森島・七咲「「却下」」

橘「えっ」

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:39:31.52 ID:1uYaNhCE0
森島「エッチな橘君と可愛いひびきちゃんのデートなんて認められません!」

七咲「まったくもって同感ですね」

橘「ちょ」

美也「それもそっか~」

橘「おい、簡単に引き下がるな美也!」

美也「だって~お兄ちゃんと塚原先輩とじゃ……ねぇ逢ちゃん?」

七咲「うん……どうでしょう森島先輩?」

森島「まったくもって釣り合いが取れていないわ!」

橘「そ、そんな……」

森島「さて、冗談はここまでにして別の方法を考えましょう♪」

七咲「それもそうですね!」

美也「はーい!」

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:41:13.26 ID:kIDiwz8D0
おー
ちょおま後の話とか素晴らしいな

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:42:54.20 ID:1uYaNhCE0
橘「ぼ…って……」プルプル

森島「ん?どうしたの橘君?」

橘「僕だってやれば出来るんだっ!」ダッ

七咲「ちょ、橘先輩!?」

美也「どこ行くのお兄ちゃん!?」

森島「行っちゃったわね……」

七咲「ええ……」

美也「お兄ちゃん……」

森島「やっと行ったか~、いや~公園での出来事がひと段落したかなと思ったらあの二人急に余所余所しくなってるんだもの
   ひびきちゃんの親友としては見過ごせなかったけどこれは上手くいくかな?」

美也「お兄ちゃんも急に色々頑張り始めてましたけどどこか寂しそうでしたし……」

七咲「ええ、塚原先輩も水泳部に顔を出してくれるんですがどこか上の空でした」

森島「でもここまでは順調ね♪作戦はフェイズ2へ移行よ!」

美也・七咲「「イエス、マム!!」」

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:45:46.55 ID:s3GArcxHO
>>13
公園ってなんぞ

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:48:07.00 ID:1uYaNhCE0
>>29
すまん、ちょっとおまけ劇場のエピ前の途中分岐って設定なんだ

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:49:19.94 ID:1uYaNhCE0






橘「ハァハァ……無我夢中で走ってきちゃったけどここは……プールの前、か?」

塚原「あら、橘君」

橘「つ、塚原先輩!?」

塚原「今日はよく顔を合わせるね……」

橘「そう、ですね」

塚原「こんな時間まで学校に居るなんてどうしたの?もう結構遅いし帰ったほうがいいわよ?」

橘(やっぱり……距離をとられているな……)

塚原「……私はもう帰るけどあまり遅くならないうちに帰るのよ?それじゃあね……」

橘「(あの時は塚原先輩を追いかけることが出来なかった……でも!)ま、待ってください!」

塚原「え……?」

橘「少し、時間をもらって良いですか?」

塚原「……ごめん、はるかと約束があるから」

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:51:16.99 ID:kIDiwz8D0
>>29
ちょっとおまけ劇場の響ストーリーで
橘さんが響ちゃんとフラグを建てたけど
橘さんに甘えている自分はダメだと思った響ちゃんは
橘さんに告白されるが両思いにもかかわらずフってしまう

こんな感じ?

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 12:54:52.01 ID:y8KRE5Ah0
七咲ぃいいいい!!!!!!

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:01:33.94 ID:s3GArcxHO
>>34
おおサンクス!

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:03:58.08 ID:1uYaNhCE0
橘「ま、待ってくださいっ!!」ガシッ

 「少しだけで……良いんです」

塚原「……腕、痛いよ橘君」

橘「あ!す、すいません!」パッ

塚原「ふぅ……仕方ないね君は、いいよ少しだけなら」

橘「ありがとうございます」

塚原「で、何かな?」

橘「ぼ、僕と……僕と一緒に創設祭に行ってもらえませんか?」

塚原「っ……さっきも話をしたと思うけど創設祭は水泳部の屋台を」

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:07:16.72 ID:1uYaNhCE0
七咲「それでしたら大丈夫ですよ、先輩」

橘「な、七咲!?」

七咲「こんにちは塚原先輩に橘先輩」

塚原「え、ええ、こんにちは……それより七咲、大丈夫って?」

七咲「最後まで塚原先輩に甘えている訳にはいきませんから
   塚原先輩は橘先輩と創立祭を楽しんできてください」

塚原「で、でも」

七咲「ふぅ、そもそも塚原先輩はお料理苦手じゃないですか」

塚原「う……」

橘(あの塚原先輩が押されている!?)

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:08:42.40 ID:1uYaNhCE0
七咲「それとも塚原先輩は橘先輩が嫌いなんですか?だったら私も無理強いは出来ませんが」

塚原「!?そ、そんなことないっ!」

橘「!」

七咲「クスッ、じゃあ決まり、ですね」

塚原「ぅ……ぁ……で、でも……///」

森島「も~往生際が悪いわよひびきちゃん」

塚原「はるか!?」

橘「森島先輩まで!?」

森島「いいじゃない、何があったか詳しいことは知らないけど最近ひびきはちょっと塞ぎこんでるみたいだし……いい気分転換になるわよ?」

塚原「はるか……」

七咲「ええ、水泳部に顔を出していただいていても集中していないみたいでしたしみんな心配していますよ?」

塚原「七咲……」

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:11:37.74 ID:1uYaNhCE0
森島「そ・れ・と♪今日は何も約束はなかったと思うんだけどな~」

塚原「」

森島「も~ひびきったら嘘は良くないわよ?」

橘(森島先輩が活き活きしている……)

七咲「まぁ、その話は置いておきましょう森島先輩」

森島「それもそうね、それでどうするのひびき?」

塚原「ふぅ、本当におせっかいなんだから皆……」

橘「改めてお願いします、僕と一緒に創設祭を回ってもらえますか?」

塚原「……ええ、喜んで」ニコッ

美也「にししし!良かったね、にぃに!」

橘「美也……」

美也「頑張ってねにぃに!」

橘「うん、頑張るよ」

43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:14:26.33 ID:1uYaNhCE0







森島「さて、本作戦は最終フェイズに突入よ♪」

美也「え!?塚原先輩とお兄ちゃんをデートさせるのが目的だったんじゃ?」

森島「甘いわね美也ちゃん、それも作戦の内よ♪まぁひびきちゃんを何とかしてあげたいっていうのは確かにあるわね……
   けど、それとこれとは話はまったく別よ!」

七咲「……流石です、森島先輩」

森島「そしてこの最終作戦会議にはある強力な助っ人を呼んであるわ!」

絢辻「お呼びですか、森島先輩?」

森島「わお!グッドタイミングね」

美也「あ、前にお菓子をくれた綺麗なお姉さん!」

七咲「絢辻実行委員長!?」

絢辻「ふふっこんにちは橘さん、七咲さん」

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:18:25.25 ID:1uYaNhCE0
森島「よく来てくれたわね絢辻さん」

絢辻「いえ、創設祭を盛り上げる提案があるとのことでしたのでこちらがお礼を言いたいくらいです
それでその案をぜひ拝聴したいのですが」

森島「ええ、実は…」

(説明中)

絢辻「……なるほど、それは確かに盛り上がりますね、けど本当にいいんですか?」

森島「オッケーオッケー♪アレでひびきちゃんはノリってモノをよく理解している娘だから」

七咲「まさかそこまで壮大な計画だったなんて……」

美也「森島先輩すごーい!」

絢辻「わかりました、では当日はよろしくお願いしますね」

森島「ええ、まっかせといて!」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:22:33.28 ID:1uYaNhCE0

七咲「これであとは作戦決行だけですか?」

森島「……いえ、まだよまだ足りないわ!」

美也「まだ……?一体何が足りないって言うんですか?」

森島「ふっふっふそれはね美也ちゃん……衣装よ!」

七咲「え……それは去年のがあるって」

森島「ダメよ!まだエロさが足り……げふんげふん
   あれはあくまで去年のだからサイズが少しあってないから少し作り直さないとね」

七咲「でももう日にちも余りありませんよ?」

森島「うぅ、そこが問題なのよねぇ……
   でもひびきちゃんの魅力を余すことなく表現するにはあの衣装ではダメよ!まだ足りないわ!!主に露出が!!!」

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:29:13.60 ID:1uYaNhCE0
美也「ふっふっふ……」

七咲「美也ちゃん!?」

森島「まだ策があるというの!?」

美也「美也の人脈を持ってすれば造作もないことですよ先輩……」

七咲「ま、まさかMF先生に……!?」

美也「そのまさかだよ逢ちゃん……ミルクフォーチュン先生の手かかかればこのぐらい造作もないはずだよ」

森島「美也ちゃん、恐ろしい娘……!」

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:32:27.50 ID:1uYaNhCE0






そして時は流れ創設祭当日

橘「すいません塚原先輩、お待たせしちゃって……」

塚原「まだ時間前だよ、それにやっぱり水泳部のほうも顔を出しておきたかったから早く来ちゃっただけだし」

橘「それでも待たせちゃったことに変わりはないですから」

塚原「ふふっ、やっぱり君はいい子だね橘君」

橘「そ、そんなことは……」

塚原「ふふっ、さぁいこうか?」

橘「はい!」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:35:41.77 ID:1uYaNhCE0






橘「あ、塚原先輩開会の挨拶が始まるみたいですよ」

塚原「そうみたいだね」

『では引き続きまして、当イベントの実行委員長をご紹介いたします』

橘「あ、絢辻さんだ」

塚原「あら?知り合いなの?」

橘「はい、クラスメイトなんです」

塚原「そうなんだ、綺麗な子ね」

橘「そ、そうかもしれないですね」

絢辻『皆様、本日は輝日東高校創設祭ご来場賜り、誠にありがとうございます
   この創設祭は、当校の創設者の掲げる報恩感謝の精神に基づいて開催され……』

橘(絢辻さんは流石だなあ……)

塚原「へぇ、立派な挨拶だね」

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:38:55.12 ID:1uYaNhCE0
橘「あ、でも去年は塚原先輩が挨拶をされたんですよね?」

塚原「う、うん……あそこまで立派なものじゃなかったけどね」

橘「いえ、塚原先輩だったらきっと格好良かったと思います」

塚原「そ、そんなことないよ」

橘「そんなことありますよきっと!僕も見てみたかったなあ」

塚原「も、もう……」

橘「さて、それじゃ色々回って今日は楽しみましょう!」

塚原「うん、そうだね」

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:42:50.80 ID:1uYaNhCE0






『ミスサンタコンテストに出場する方はステージにお集まりください』

塚原「あ、もうそんな時間か」

橘「どうします?見に行ってみますか?」

塚原「うん、いいよ」

橘「そういえば塚原先輩は出ないんですか?」

塚原「私はこういうのはちょっと……まぁ去年ははるかに押し切られそうになたけど実行委員が忙しくてね」

絢辻『業務連絡、業務連絡。前実行委員長の塚原先輩、至急実行委員本部までお越しください。繰り返します……』

塚原「え?なんで私が……?」

橘「なんでしょうね?」

塚原「う~ん、どうしようか?」

橘「コンテスト会場のすぐ近くですし行くだけ行ってみましょうよ」

塚原「ん、そうだね」

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:44:09.35 ID:JOtB2jE40
ついに来たか

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:47:44.68 ID:1uYaNhCE0






塚原「すいません、塚原ですがお呼びでしょう……か……?」

森島「待ってたぜ、ひびき」ドーン

塚原「」

橘「も、森島先輩!?」

七咲「こんばんは先輩」

美也「やっほー、お兄ちゃん!」

橘「七咲に美也まで……ってことはまさか!?」

絢辻「ええ、お察しのとおりよ橘君」

橘「絢辻さんまで!?」

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:50:36.80 ID:1uYaNhCE0
塚原「は、はるか……?これは一体何事なの?」

森島「ふっふっふ、ひびきちゃん……去年果たせなかった約束
   ミスサンタコンテストに出てもらうわ!」

塚原「で、でも今年はエントリーしてないし……」

絢辻「そこは私がクリアにしてあるので全く問題はありません」

塚原「で、でも衣装が……」

美也「じゃ~ん!!」ピラーン

塚原「何でこれがここに……はるかっ!!」

森島「聞こえないも~ん」プイッ

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:52:01.61 ID:JOtB2jE40
wktk

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 13:56:44.02 ID:ypnsz67S0
塚原先輩かわいい

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:00:16.64 ID:1uYaNhCE0
美也「この衣装なら大丈夫ですよね?」

塚原「で、でもでもサイズが……」

七咲「MF先生が一晩でやってくれました」

橘(MF先生?)

森島「ひびきちゃんの3サイズならバッチリ把握しているわ!」グッ

塚原「そ、そういう問題じゃないでしょはるか!私は出な」

絢辻「大変失礼な真似をしてしまったと思っています、本当にすみません
   けれどもうそれ用にイベントの組みなおしもしてしまったで何とか何とか協力していただけないでしょうか?」

塚原「う……ぐ……」

橘「(塚原先輩が追い詰められている……助けないと!!)あの!」

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:06:53.64 ID:1uYaNhCE0
森島「おっと、橘君?」

橘「は、はい」

森島「キミはひびきちゃんのサンタコスが見たくないのかな~?」

橘「う……そ、それは」

絢辻「そうね、嫌がる人に無理やりって言うのはやっぱり良くないわよね……もし橘君がだめって言うなら仕方ないわね……
   凄くもったいないと思うけど」

橘「あ……(た、確かに……)」

七咲「さ、塚原先輩♪着替えましょうね」

塚原「な、七咲!?ちょ、押さないで……橘君助けて!」

橘(すいません、塚原先輩……やっぱり僕も見たいんです!!)

美也「にぃにのエッチ」

橘「……うぐっ」

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:10:46.95 ID:1uYaNhCE0






司会「さて、それではコンテストスタートです」

わぁぁぁぁぁぁ……

七咲「あ、始まりましたね」

美也「誰が優勝するのかな?」

森島「そんなの決まってるじゃない♪」

橘「はいっ、そうですね!」

司会「現在2連覇中の森島先輩が辞退した今回!栄冠を手にするのはどのサンタさんかな?」

橘「おお、森島先輩のことが言われてますね」

森島「ふふ、まぁ過去2回はひびきちゃんが出ていなかったからね」

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:13:43.82 ID:1uYaNhCE0

司会「それではエントリーナンバー1番。3年B組中村さんですっ」

橘(これは!?なかなかどうして……)

森島「あら、この子去年も出てたわね」

美也「そうなんですか?」

森島「ええ、しかも去年より衣装がセクシーになってる……」

七咲「なるほど……」

森島「今年はなかなかレベルが高そうね」

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:16:51.66 ID:1uYaNhCE0






司会「さて、これでエントリーされたサンタさんは全て……え?な、なんですって!?」

ざわ…ざわ…ざわ…

司会「皆さん!ここで飛び入りの情報が入りました!!」

「おい、マジかよ!?」

「ここに来て飛び入りって……」

司会「な、なんと!3年A組の……塚原先輩が緊急参戦ですっっっ!!!」

・・・・・・

うわああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ……

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:18:51.95 ID:1uYaNhCE0
司会「去年の出場が噂されていましたが結局実行委員長としての仕事が忙しかったため辞退!
   そして今年はエントリー自体もされておらず皆が諦めていた夢がついに実現いたしました!!」

つーかっはら!つーかっはら!つーかっはら!

橘「つ、塚原コール……なんて熱さだ!!」

美也「は~、やっぱり塚原先輩って人気あるんだね逢ちゃん!」

七咲「そ、そうだね美也ちゃん」

森島「わお!つーかっはら!つーかっはら!つーかっはら!」

絢辻「諸悪の根源が一緒になって塚原コールしてないでください……」

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:20:29.55 ID:1uYaNhCE0






司会「会場のボルテージが最高潮になったところで準備が整ったようです!」

どわぁぁぁぁぁ……!!
   
司会「それでは、特別エントリー。3年A組塚原さんですっ」

塚原「は、はい……///」

「ひびきーーーーーーーーーーーーーーー!」

「窘めてくれーーーーーーーーーーーーー!」

司会「こ、これは……この衣装はぁぁぁぁぁあああああああ!?」

65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:22:16.17 ID:1uYaNhCE0
橘「ちょ、森島先輩!?前見たときより過激になりすぎじゃないですか!?」

七咲「塚原先輩……素敵です……!!」ダラダラダラ

美也「うわっ逢ちゃん鼻血!鼻血出てるよ!?」

森島「いいわっ、ひびきちゃんグーよ!サイコーよっっっ!!」

うわああああああああああああああああああああああああああああ……

司会「凄おおおおおおおおい!説明不要っっっ!!!






絢辻「あ、ちなみに参考画像はありません。この変態」






66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:26:01.88 ID:1uYaNhCE0
塚原「……ふぅ、やっと終わった……」

橘「お疲れ様です塚原先輩!優勝おめでとうございます!!」

塚原「あ、ありがとう///」ニコッ

橘(うわっ……綺麗な笑顔だ……)

塚原「ってそうは行かないわよ、この裏切り者!」ジトッ

橘「う……で、でも先輩は凄く綺麗でした!」

塚原「///!?も、もう!そういうことを言ってるんじゃないのよ!」

橘「す、すいません……」

塚原「ホントに君って子は……あれ?ところではるか達は?」

橘「塚原先輩の優勝を見届けたらさっさとどこかへ行っちゃいました」

塚原「……逃げたわね」

橘「あ、あははは」

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:26:10.66 ID:iWlTJ4QX0
                               /;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
                                /;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
                             /、;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
                            ,ィ{;:;:\;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l
                           .i;/\;:;:;X、_________j
     ,....、    ____              リ (ミ、ヾL;:__;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
     /   ヽ..._/二二二ト、 r‐ュ        /_,, `´ .: r=`、` '' ‐r―--==〈
    / r┴┴‐┼──‐弋三三マヽ     / トュミy   `~´  ,ノ::::::::::::::::::::ノ
  j   ̄>──┴─ 、:.:.:.|─‐9|<7|l    ,' ``ラ, ,ィエ二丶、^ヾミ:::::::::::::ィヘ
  f'  7´ ´¨`ヽ`ヽヽ:::::::__ヽ|}}─ j|^:|Yl     !  ,.. / .: 'ヾヒi≧ァミ ,}::::::::::ノクノ
 j  、l::;′   Y:::::l:::l::::{ ヾ!|!ュ:.:.:l|:::V     ゙l,/ (;' ,rぅ、、     ,':::::r'"(.イ
 l  l:::|     ||:::::|:::|::ハ  \_:.:.:ト、::ト__,,.ィ'l ヘ`ニ"´ ヽ  _,. ,':::ク>-ヘ-ゝ、、
 l  `ヽヽ __ノ/.::/::/:::::/ヽ    ̄ヽr‐'´ /l'! lトミ三=ァィ` ,:" , ,ルイ /:.:.:.::/ リ ``t、ー-
  '  / マ=∠∠∠∠ -'"        ∨   {i,ヽ丶-‐ '"ノ ,/,/:::://:.:.:.:.:/ /    ヽ:::
  '     ハ::::「 -r 、               ∨  ヾ.丶.,__,, -‐'"  /ノ:.:._//     }::
   }   ハ::::∨  ヽ           ヽ、  ゝミミ三ニ=≦,,ムニ彡'"      ノ::
  /    ヽ:::ヽ  ヽ           \'"::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::丶、__,,r ''":::::::

68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:29:21.05 ID:tzvELUuO0
うむ

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:30:52.30 ID:1uYaNhCE0
塚原「まったく、学校が始まったら覚えてなさいよはるか……」

橘(こうして笑ったりはにかんだり怒ったりしているのをまた見ることができるなんて……
  やっぱり、先輩はすごく魅力的な人だな……あの公園のときは一歩が踏み出せなかった、けど!!)

塚原「橘君?どうしたの黙り込んじゃって?」

橘「え?あ、その……」

塚原「うん?」

橘「あの時の話の続きを……させてもらって良いですか?」

塚原「あの時って」

橘「公園での、話です」

塚原「ふぅ、あの時の話は忘れてって言ったでしょ?」

橘「はい、でも……忘れられません……忘れられる訳ないじゃないですかっ!!」

塚原「っ!?」

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:33:15.51 ID:1uYaNhCE0
橘「あれから先輩に釣り合う人間になろうって、そう誓いました……いろいろ始めてみました」

塚原「うん……知ってるよ」

橘「けど、寂しいんです……例え先輩がすぐ卒業するとしてもそれまで一緒に過ごしたいんです
  それで先輩が卒業した後も一緒にもっとたくさんの思い出を作って行きたいんです」

塚原「橘君……」

橘「創設祭を一緒に過ごして、コンテストを見ててやっぱり先輩は素敵な方だって改めて認識しました」

橘「好きです……僕は先輩のことが好きです!今から、そしてこれからもずっと一緒にいたいんです!!」

塚原「……ふぅ、君は本当に困った子だね
   私も、あの時から色々考えたよ……あの時はあんなことを言ってたけどあれ以来部活に顔を出しても、公園で子供たちと遊んでいても
   君のことが頭から離れなかった……私も、寂しかった……!」

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:35:51.33 ID:1uYaNhCE0
橘「先輩!」ギュッ

塚原「そんなことを言われたら……もう、我慢なんて出来ないよ……好きよ、橘君。もう、離さないからね……」ギュッ

橘(せ、先輩が目を閉じた……こ、これは……ゴクリ)

森島「ひびきちゃん橘君おっめでとーーーーー!!」

橘・塚原「「!?」」

七咲「どうかしたんですか森島せん……!?」

美也「え~なになに逢ちゃ……!?」

森島「……わお」


塚原「はるかーーーーーーーーーーーーーっ!!!」



おしまい

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:41:36.55 ID:iWlTJ4QX0
おつかれりんりん!

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:45:18.42 ID:UR4E4s9m0
終わりかよ…乙

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:47:01.63 ID:6BHnFvhZO



75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/24(日) 14:47:42.73 ID:IIuh0+GW0


関連記事
2011/07/25 19:11 | CM(6) | アマガミ SS
    コメント一覧
  1. 名無し [ 2011/07/25 20:51 ]
  2. ちょおまやりたいなあ
    もうないんだろうな
  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん [ 2011/07/25 21:10 ]
  4. とてもよかった
    とってもよかったよ
    でも参考画像が欲しいの
  5. 774@いんばりあん [ 2011/07/25 22:44 ]
  6. ※1
    ちょおまならDMMでダウンロード販売ありますよ。
  7. ※1 [ 2011/07/26 12:37 ]
  8. ※3
    まだあるんだ
    教えてくれてありがとう
    早くPC買わないとな
    [ 編集 ]
  9. 774@いんばりあん [ 2011/07/28 18:00 ]
  10. ラブリーがかなりはっちゃけてるはずなのに違和感がない、不思議
  11. 774@いんばりあん [ 2011/07/30 13:18 ]
  12. 塚原先輩は素敵すぎる
    なぜ攻略対象じゃなかったんだ……
    田中さんは元々トゥルーラブストーリーの隠しキャラだから仕方ないけどさあ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング