HEADLINE

女「ねぇねぇ!男くん!」

2011/07/28 04:50 | CM(2) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 11:37:20.66 ID:S04Kvl8q0
男「なんだよ!!」

女「ちゅーして…?」

男「な、なんでお前としなくちゃダメなんだよ!!」

女「むぅ…いじわる…」

男「それよりプール行こうぜ!!」

女「うん!いつもの小さいとこじゃなくて、回るプールがいいな!」

男「よーし!!じゃあ自転車で行こうぜ!!」

女「やったぁ!!」




2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 11:42:20.95 ID:S04Kvl8q0
いつもの歩いて行けるプールに行けばよかった…そんなことを今更後悔しても遅い。
あの時キスしておけばよかった…今更だ。

女「男くーん!遅いよぉー!!」

男「まてよー!!おい!?女!!!車ぁぁああ!!!」

ガシャーン

ごめんな。
俺が先に走ってれば…
自転車で行こうなんて言わなければ…
今更だよな。


5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 11:47:03.69 ID:S04Kvl8q0
医者「女さんの意識はもう…」

そう告げられて3年が経った。
俺は背が伸びて、それなりに男らしくなった。

女はあの時から時間が止まったみたいに、小さいままで…
微笑みながら眠っていた。

男「女…ごめんな…ごめんな…俺が自転車で行こうなんて言わなければ、今ごろお前も俺と同じ中学校なのにな…ごめん…」

病院に来るたびに謝っていた。
本当に今更だ。
当然、女のいない学校なんておもしろくもなかった。
女…目を覚ましてくれよ…
何回も変わってやりたいって願った。
何回も何回も。
あの時以来、後悔ばかりだ。
情けない。

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 11:52:24.13 ID:S04Kvl8q0
俺は高校生になった。
女はまだ眠ったままだ。

男「女?俺、高校生になっちゃったよ…俺の時間だけが進んでるみたいで…お前はまだ小さいままなのにな…」

男「ごめんな…」

情けない。
俺の時間も止めてくれよ、神様。
こんなことを願ってしまう自分が何よりも誰よりも女よりも情けなくて、格好悪い。
せめて女の前では男らしくいようと思った。
思ってはみたものの、やっぱりダメだった。
情けない。

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 11:57:35.86 ID:S04Kvl8q0
高3の夏。
女が眠りについた日みたいに綺麗な夏空で、くそ暑い日に女は二度と起きることのない眠りについた。

男「女…お前は幸せなんかじゃなかったよな…俺のせいで…ごめん…ごめんな…」

俺は何もかも失った。
高校も辞めた。
全てがどうでもよくなった。
死んでしまいたいとも思った。
いや、いつも思っていた。
情けない。

翌年の夏、くそ暑くて綺麗な夏空の下で女がいた。
あの時みたいに笑っていた。
俺は涙が止まらなかった。

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 12:01:06.60 ID:VcY8CHl8O


10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 12:02:51.50 ID:S04Kvl8q0
女「男くん!プール、行こうよ!」

笑っていた。

男「女…女なの…か!?なぁ!?なんでだよ!!お前死んだんじゃなかったのか!?なぁ!!」

泣いていた。

女「死んじゃった…そうなんだよね。でも、こうしてまた男くんと会えた!」

笑っていた。

男「なんだよ、それ…幽霊でもなんでもいい…女、ごめんな…直接言えないままお前死んじゃったからさ…」

泣いていた。

女「男くんは何も悪くないよ?毎日毎日病院に来てごめんなって…泣きながらごめんなって…もっと楽しい話をしてほしかったよ?学校での出来事とか、好きな人ができたとか、色々あったでしょ!?」

泣いていた。

男「そんなもん、お前がいないせいで楽しくなんてなかったよ!!お前がいない学校なんておもしろくもなんともなかったよ!!なんで目を覚ましてくれなかったんだよ…」

泣いていた。

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 12:09:22.30 ID:S04Kvl8q0
女「男くんが楽しい話、してくれなかったから寝たふりをしてたんだよ!そしたら死んじゃった!」

笑っていた。

男「なんだよそれ!!!もうなんでもいい!!こうして会えたんだ、俺はずっとお前が好きだった。毎日毎日後悔ばっかりしてた。ごめんなしか言葉がでなかった。どうしてお前が…って思いと、後悔で押し潰されそうな毎日だった。情けないよな、俺。」

泣いていた。

女「私も好きだよ。男くんは情けなくなんてないよ!!だって何も悪くないもん!!もう自分を責めないでよ!お願いだよ…男くんの悲しそうな顔を見るのは嫌だよ…好きな人の泣いてる顔なんて見たくないよ…」

男「ごめんな…女、好きだよ…」

あの夏、できなかったキスをした。
女は暖かくて優しくて、俺の全てを包み込んでくれた。
俺は救われた。


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 12:13:52.25 ID:S04Kvl8q0
それから女は死んだはずなのに、俺とずっと一緒だった。
あの時の幼いままの姿で。

男「お前、やっぱりどう見ても子供だよ。」

女「ひ、ひどいな!!ほら、胸とか…ん~お尻も…大きくなってないね…」

男「ハハハハ そのままでも可愛いよ。昔に戻ったみたいだ!」

女「なんか嬉しいような嬉しくないような複雑な気分だよ…」

本当に姿は昔のままだった。
でも、なんでも良かった。
そもそも死んだ人間が隣にいるんだから、姿がそのままとか小さいことはどうでもよかった。
いや、違うな。
女がそばにいてくれるだけで他のことはどうでもよかった、が正しいな。

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 12:16:36.01 ID:LxGczRmr0
何だろ、この感じ

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 12:17:02.33 ID:iFGVJAZd0
完全にメンマじゃないか

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 12:19:16.61 ID:S04Kvl8q0
女と過ごす日々はすごく楽しかった。
こんな日が続くとは思ってなかったが、願っていた。
このままずっと…一緒に…願っていた。

男「女ー!花火、見に行こうぜ?」

女「うん!!でっかいの?!」

男「あぁ!でっかいでっかい!」

女「行こう行こう!!あ、あっちで出店とか出てるの?」

男「多分出てるよ!なんか食いたいもんでもあんの?」

女「わたあめ!!!食べたことないから…」

男「ハハハハ 買ってやるよ!よし!!行こうぜ!!」

女と見たでっかい花火はこれが最初で最後だった。
女がわたあめを食ったのも最初で最後だった。


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 12:35:40.06 ID:S04Kvl8q0
俺は女がてっきり生き返ったものと勘違いしていた。

男「母さん!!久しぶり!ほら、女だよ!覚えてるよな?!」

母「久しぶりだねぇ!おかえりなさい!隣にいる子、彼女?」

男「え…ほ、ほら!幼馴染みの女だよ!!覚えてるだろ!?」

母「あんたに幼馴染みなんていないでしょ?ハハハハ 女さん、初めまして、男の母です!」

女「初めまして!女って言います。」

なんでだよ…
幼馴染みがいない?どういうことだよ?
確かに女とは幼馴染みだったよな…
どういうことだよ!!
母さん、忘れたのか?わからない…

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 12:41:43.44 ID:S04Kvl8q0
母「今日は泊まっていくの?」

男「い、いや今日は帰るよ…また盆に帰るよ…」

とてもこの場所にいれなかった。
どういうことなのか、どうすればいいのかわからなかった。
忘れたふりをしている…こう思うのが精一杯だった。

男「なぁ、女…なんでお前のこと、母さんはわからないんだ…?」

女「ん~どうしてだろうね…ハハハハ でも、死んじゃって、お通夜もお葬式もしたのは事実なんだよ。」

男「そ、それはわかってる…お前の母さんと親父さんは?会ったのか?」

女「ううん…まだ…」

男「お前の家に行こう。どういうことなのか俺にはわからん…」

女「うん…」

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 12:46:00.14 ID:S04Kvl8q0
女の家に来なければ良かった。
そう思ってももう遅い。

男「ご無沙汰しています。男です。」

女母「あぁ!久しぶり!元気だった?」

男「は、はい…あの!この子、わかりますか?」

女母「えっと男くんの彼女…かな?」

男「違いますよ…あんたの娘だよ!!なんで覚えてないんだよ!!なぁ!!頼むよ…思い出してくれよ…」

女母「男くん、落ち着いて。あの子はもういないの。ほら…」

仏壇に置いてある女の写真だった。

男「わかってます…でも、ここにいる子とその写真を見比べてください…」


30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 12:48:37.83 ID:S04Kvl8q0
女母「似ているけど、私の娘じゃないよ?もういないのよ…」

男「そうですか…また、来ます。」

女母「うん!いつでも来てね!女さん、またね!」

男「はい…」

どうしてだ…
俺だけが覚えてるってことか?
女は中学校も高校もいっていなくて、共通の友達なんてどこにいるのかわからない…
どうすればいいんだよ…

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 12:52:26.76 ID:S04Kvl8q0
女「男くん…もういいよ…そんなに思い詰めた顔、しないで?」

男「ごめん…でも…」

女「いいの!!男くんが覚えててくれてる…それだけでいいよ…」

男「あぁ…」

腑に落ちなかったが納得するしかなかった。
どうすることもできないのだから。

女「それより、花火しよ?」

男「お、おう!そうだな!花火買って帰るか!」

女にだけでも笑ってる俺の姿を見せたかった。
ずっと泣いた姿ばかり見せていたんだ。
女がいる時だけは…そう思うと自然に笑顔になれた。

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 12:59:13.23 ID:S04Kvl8q0
男くん、ごめんね。
おばさん達がわからないのも当然だよ。
あなたにしか私のことはわからないよ。
男くんに会う前におばさん達、お母さん達、小学校の時の友達、みんなに会って来たんだよ。
黙っててごめんね。

女「男くん…もうすぐ夏も終わりだね…私、秋ってなんか嫌いだよ…楽しかった夏の思い出が走馬灯のように頭の中を駆け巡るでしょ…」

男「スースー」

女「そんなことよりも悲しいのが、もうすぐお別れなんだよ…どうして生き返ったのかとかは私にもわからない…でも、あんまり悲しそうな男くんを見かねた神様が生き返らせてくれたのかな…」

私は神様なんて信じないよ。
大切な人を二度も失う悲しみを…って思うと神様なんて信じたくない。
ずっとこのままがいいよ…

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 13:04:16.35 ID:S04Kvl8q0
男「8月も終わりだなぁ…外も秋らしくなってきた…」

女「そうだねぇ…男くん、キスして…?」

俺はなんとなく女がいなくなる、そう思っていた。
ずっとこの幸せな時間が続くとわけがないって思っていた。
続けばいい…その願いは叶いそうにない。

男「あぁ…いいよ…」

最後のキスだった。
悲しい…寂しい…そんな思いが女の唇から吐息から感じた。
あの暖かくて優しくて全てを包んでくれたキスが最後じゃなくて良かった。
何故か悲しいキスで安心した俺がいた。

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 13:12:27.68 ID:S04Kvl8q0
女「男くん、涙…」

男「あれ…なんでだろ…女、もうお別れか?」

女「え!?そんなことないよ!ずっとずっと、ずっと一緒だよ。」

男「ハハハハハ せっかく生き返ったもんな!!ずっと一緒だ。」

最後ぐらい笑顔でいたかった。
女、そんな透けた体でずっと一緒なんて説得力がなさすぎるぞ。

女「明日、また花火しようよ!!」

男「あぁ!!いいぜ!!いっぱい買ってきててやるよ!!」

やっぱ自然に涙が出てくるよ。
まだ逝くなよ。
もうちょっとだけ…頼むよ!!


35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 13:12:46.55 ID:S04Kvl8q0
女「それから、それからね!えっと…」

男「無理に楽しいことを考えなくていいんだぜ?これからずっと一緒なんだから、ゆっくり思い出作っていこうな!!」

男くん、泣きながらずっと一緒なんて説得力ないよ。
でも、嬉しいよ。
私はあなたを忘れないよ?
短かったこの夏も、昔一緒に遊んだ夏も…

男「女、愛してる。俺はお前を忘れないよ!ずっと、ずっとだ…」

女「ありが…とう…わた…しも…愛してる…よ?」

最後まで笑っていた。


37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 13:17:54.66 ID:S04Kvl8q0
男「女…女ぁああ!!」

やっぱり寂しいよ。
やっぱり悲しいよ。

男「女、ありがとう。本当に大好きだ。これからも今までも。」

この夏、俺は死んだはずの大好きな女の子と再開した。
絶対に忘れることのできない夏を体験した。
その代わり、二度と味わいたくない悲しみを味わった。

男「涼しくなったな…女…」

俺は大好きな女の墓の前で眠りについた。


おわり

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 13:19:17.25 ID:S04Kvl8q0
最後まで見てくれた方ありがとうございました!
グダグタですが、思い付きで書いたSSに付き合ってくれてありがとうございました



39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 13:22:56.38 ID:UeC9QDhLi


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 13:23:18.82 ID:efBlfUHQ0
めっちゃおもしろかったよ!!
思わず目頭があつくなってしまった(´;ω;`)

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 13:27:55.08 ID:S04Kvl8q0
男が死んだのか生きてるのかはご想像にお任せします。

夏らしく幼い男の子と女の子のエロSSにしようと思って立てたスレがこんなことになってしまって申し訳ないです!

42 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/07/21(木) 13:28:05.15 ID:B03WCj4s0
イイハナシダナー

45 忍法帖【Lv=36,xxxPT】 :2011/07/21(木) 13:33:06.00 ID:ItyiGb6M0
なんだこれ凄く良SSじゃねぇか…



49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 13:34:47.54 ID:mFKmtFvp0

すっごくよかった

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/21(木) 13:36:48.23 ID:S04Kvl8q0
ベタベタで申し訳ないです、ほんとに。
でもありがとう!!

51 忍法帖【Lv=36,xxxPT】 :2011/07/21(木) 13:39:10.11 ID:bf5QpRpx0
泣いた









泣いた

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(上) (MF文庫ダ・ヴィンチ)
岡田麿里
メディアファクトリー (2011-07-22)
売り上げランキング: 15
関連記事
2011/07/28 04:50 | CM(2) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2011/07/28 11:30 ]
  2. 携帯小説ってこんな感じだよね
  3. 774@いんばりあん [ 2011/07/28 12:32 ]
  4. ここまでありきたりな話は久しぶりだ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング