HEADLINE

マミ「いらない子決定戦!?」

2011/08/06 18:00 | CM(30) | アニメ論・批評
mbnl2n0olh


※閲覧注意!
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:24:58.44 ID:5NrlOx7o0

マミ「う・・・ううん」

みゆき「大丈夫ですか?」

マミ「はっ、だ、だれ?」

みゆき「私たち、どうやらとじこめられてしまったみたいですね」

マミ「な、なんでそんなことわかるのかしら?」

みゆき「ほら、あそこにカンバンがあります」


『いらない子決定戦 公式会場』

マミ「いらない・・・子・・・?」

みゆき「どうやら私たち、いらない子に選ばれてしまったみたいですね』




2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:28:40.34 ID:5NrlOx7o0

マミ「・・・・・・」

みゆき「私は高良みゆきと申します。あなたは?」

マミ「巴マミ・・・」

「ちょっと待つのかしらー!」

金糸雀「そこの人間たち、ここがなんなのか知ってるのかしら?」

みゆき「お人形さん・・・?」

マミ「いいえ、知らないわ。
私もさっき目覚めたばかりだから」

みゆき「その通りです。
ただ、あそこに看板が・・・」



金糸雀「カ、カナがいらない子!?
何かの間違いなのかしらー!!!!」


マミ「(ああ、この子もきっといらない子なのね」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:31:04.42 ID:5NrlOx7o0
紬「う、ううん」

みゆき「あ、どうやらもう一人の方がお目覚めになったようですね」

マミ「そうね」

紬「あら・・・ここは」

みゆき「私たちはどうやら、閉じ込められたみたいです」

紬「・・・・・・」

紬「そういうの一度体験してみたかったのー!」

マミ「・・・・・・」

マミ「(さっきからこの人たちからする、いらない子オーラがすごい」

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:31:38.80 ID:aFETu9Bo0
さやかが出るべき

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:35:05.77 ID:5NrlOx7o0
マミ「どうやらここは密室のようね」

みゆき「はい、実はみなさんが目覚める前からこの部屋を調べていました」

みゆき「でもその看板の横のドアしか出入り口はないようです」

紬「本物の密室ねー!わくわくしてきちゃった」

マミ「でも看板にはいらない子決定戦って書いてあるわね」

マミ「これについて何かわかるひとはいないの?」

金糸雀「うーん・・・さすがのカナにもちょっとわからないかしら・・・」

マミ「人形には期待してないから黙ってて「

マミ「(まずい・・・最悪ここから出られなかったらソウルジェムの汚れが溜まって魔女に・・・」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:41:37.25 ID:5NrlOx7o0
みゆき「このドアもさっきから引いたり押したりしているのですが・・・」

みゆき「私の力では動かすことさえできないみたいです」

マミ「貸して」

マミ「(硬い・・・」

紬「鍵がかかってるんじゃないかしら」

金糸雀「・・・・・・」

金糸雀「カナ、鍵なら外せるかしらー!」

みゆき「本当ですか?」

金糸雀「ピチカート!」

マミ「(・・・なに?これ」

金糸雀「向こう側に行って鍵を開けてくるのかしらー」

ガチャ

紬「すごいわお人形さん!」



20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:42:50.64 ID:wGCroqq80
なんで好きになるキャラばっかりいらない子扱いされるんだクソッ

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:44:29.18 ID:5NrlOx7o0

金糸雀「えへへ。たいしたことないのかしら!」

みゆき「どうやってやったのかはわかりませんが、ありがとうございます」

マミ「ちょっと待ちなさい」

金糸雀「え?」

マミ「あなた・・・魔女なの?」

金糸雀「魔女?カナはローゼーメイデ

マミ「とぼけないで」カチャ

みゆき「と、巴さん、銃なんてどこから」

紬「まるで魔法少女みたいー」

金糸雀「カ、カナは知らないのかしら「

マミ「ラチがあかないわ。ティロ・フィ


「待ちなさい!」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:45:01.16 ID:zAQ3ssGB0
ここに掃除用具が加われば完璧だな

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:48:47.95 ID:5NrlOx7o0

「ったく、おめゃーら人間は・・・」

羽川「油断も隙もねーにゃ」

マミ「あなた、どこから」

羽川「オレかにゃ?オレはずっとこの部屋にいたにゃ」

金糸雀「か、間一髪なのかしら」

羽川「オレの『エナジードレイン』じゃドアは壊せないにゃー」

羽川「ドアを開けたのはお前かにゃちびっ子」

金糸雀「そうなのかしら!」

紬「さあ、先に進みましょうよ。
私なんだかすごく楽しみになってきたの」

みゆき「ケンカは良くないですからね」

マミ「・・・・・・」

羽川「ったく、どいつもこいつもいらない子臭がぷんぷんするにゃ」

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:50:58.30 ID:5NrlOx7o0

金糸雀「長い廊下が続いているのかしら・・・」

マミ「でも進むしかないわね。
ずっとここにいるわけにもいかないし」

羽川「だったら先に自己紹介をしておいた方がいいと思うわ」

みゆき「それは得策ですね」

紬「それはいい考えだわ。なんだか人間じゃない人も混ざってるみたいだし」



44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:55:00.99 ID:5NrlOx7o0

金糸雀
人形
能力 人工精霊 バイオリンの音波攻撃
ローゼンメイデン

羽川翼
人間/怪異
能力 天才 化け猫変身時のエナジードレイン
化物語

高良みゆき
人間
能力 博識
らき☆すた

巴マミ
魔法少女
能力 マスケット銃召喚
魔法少女まどか☆マギカ

琴吹紬
人間
能力 キーボード演奏
けいおん!

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:56:11.73 ID:nQtWCH/60
チョイスが俺のフェイバリットばかりなのは何か意味があるのか?

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:58:04.70 ID:wMNearei0
>>45
    ∩_∩     
   / \ /\   
  |  (^)=(^) |    人人人人人人人人人人
  |  ●_●  |   < いらない子なんだよ  >
 / //   ///ヽ  <言わせんな恥ずかしい>
 | 〃 ------ ヾ |   YYYYYYYYYYYYYY
 \__二__ノ



53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 19:58:57.87 ID:2RvIhOCLO
羽川は必要だろうが惚け茄子が!!!

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:00:15.36 ID:5NrlOx7o0
羽川「見事に人外ばかりなのはどうしてにかしら・・・」

みゆき「巴さんも羽川さんもにわかにはしんじられませんがすごい力を持っているのですね」

マミ「そ、そうよ!
あなたたちの平和は私が守ってきたと言っても過言ではないの」

紬「マミちゃんすごーい!」

金糸雀「それに比べて、ムギもみゆきは何なのかしら!
能力 キーボード演奏って!」

紬「私バンドを組んでるのー。
今日はライブのはずだったのに」

金糸雀「まあ音楽を愛することはいいことかしら!
でもいざカナたちをここに閉じ込めた犯人と戦闘になったらと考えると頼りなさすぎるのかしら」

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:03:28.03 ID:EwgOrL0A0
黄色の割合高ぇwww

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:03:43.34 ID:5NrlOx7o0
羽川「おいおい、ちびっ子。
お前も『そっち』側に決まってるにゃ」

マミ「そうね。音波攻撃なんてかませ犬の代名詞のようなものよね」

金糸雀「な、なんてことを言うのかしら!」

みゆき「まあまあ。
2人とも、いざとなったらお願いしますね」

金糸雀「2人・・・・・・」

紬「あら」

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:04:28.42 ID:wMNearei0
マミさん口悪いなあwww

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:05:27.99 ID:5NrlOx7o0
紬「廊下の真ん中に誰か倒れてるわー」

羽川「あ、ほんとね。こういうときは無理に動かさないほうがいいわ」

金糸雀「真っ白・・・」

マミ「この子もいらない子なのかしら」




「お腹が空いたんだよっ!」

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:07:57.29 ID:5NrlOx7o0
禁書「何か食べさせてくれたら嬉しいな!」

羽川「空腹でたおれてただけなの?」

禁書「空腹でたおれてただけなんてひどい言いようなんだよ」

禁書「空腹で死んじゃう人も世の中にはたくさん」

羽川「ぴーぴーうるせえガキにゃ。吸っちまうぞ」

みゆき「まあまあ翼さん。
ここにいるということはこの子も私たちの仲間なのですから」

金糸雀「カナはいらない子じゃないのかしら!!!!」

65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:08:35.89 ID:5NrlOx7o0
*ここから回想入ります。
みんなが閉じ込められる1週間前。

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:10:10.31 ID:5NrlOx7o0
まどか☆マギカの世界

まどか「えー、投票?」

○○○「*******」

まどか「私たちの中で誰かいらない子を選ぶなんてそんなことできないよ」

○○○「********」

まどか「うーん、そこまで言うなら」



67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:11:19.32 ID:5NrlOx7o0
さやか「え!?いらない子を選ぶ!?」

○○○「********」

さやか「まどかは親友だし・・・
杏子は・・・/////」

○○○「********」

さやか「な、なんでもない!
マミさんもいい人だしなー」

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:12:28.75 ID:5NrlOx7o0
杏子「いらない子を選ぶだと?」

○○○「********」

杏子「てめえ、そんなことできるわけ

○○○「********」

杏子「わかったよ。しかたねーな」

杏子「誰か一人選ぶなら、あいつだな・・・」

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:13:18.73 ID:5NrlOx7o0
ほむら「いらない子?そんなの決まってるわ」

○○○「*********」

ほむら「ええ。即決よ」

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:14:25.97 ID:sP9zXiOc0
案の定さやかさやか言ってる奴がいてワロタwww

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:16:29.19 ID:cSQ4siDu0
沙都子「・・・」

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:16:36.90 ID:PIqbyJIQ0
マミさんいなかったらまどか☆マギカって話題にならなかったよね

77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:19:05.15 ID:5NrlOx7o0
インデックス(禁書)
人間
能力 魔道図書館 完全記憶能力
とある魔術の禁書目録

羽川「そっかあ、インデックスちゃんもここにくる前のことは覚えてないんだ」

禁書「うん!気がついたらここにいたんだよ!」

みゆき「やっぱり廊下を進むしかないみたいですね」

金糸雀「でもカナ、あの看板が気になるのかしら」

紬「いらない子決定戦?」

みゆき「・・・・・・」

禁書「そんなの簡単なんだよ!」


禁書「誰が一番いらない子か決めるってことだと思うんだよ!」

78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:20:18.97 ID:5NrlOx7o0

一同「・・・・・・」

マミ「(わかってはいたけど」

みゆき「(実際に言われてみると」

紬「(なかなか」

羽川「(辛いものがあるにゃ」


禁書「どうしたのみんな?」



80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:21:59.02 ID:5NrlOx7o0
回想

かがみ「え!?私たちのなかでいらない子!?」

○○○「*******」

かがみ「つかさは大事な妹だし・・・こなたは・・・////」

○○○「*******」

かがみ「やっぱりあの人しか」

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:23:23.71 ID:5NrlOx7o0

こなた「えー、いらない人投票?」

○○○「*******」

こなた「確かに最近のアニメは人気投票はやっても不人気投票はやらないもんねー」

○○○「*******」

こなた「だとしたらひとりしかいないよー」

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:24:32.83 ID:5NrlOx7o0
つかさ「え、ええ?いらない子投票?」

○○○「*******」

つかさ「そんなことできないよう。
こなちゃんも、お姉ちゃんもみんな大事だもん・・・ってあれ」

○○○「*******」

つかさ「いらない子ひとりいたー!よかったあ」

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:25:15.68 ID:9eU0uE0e0
つかさひでぇwwww

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:25:27.65 ID:td74dgWO0
安定の黒つかさ

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:25:39.49 ID:Bj+G1dHF0
なんか辛くなってきた

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:27:36.74 ID:5NrlOx7o0

みゆき「そういえば私、ここにくる前何かに投票したようなきおくが・・・」

羽川「投票・・・?」

金糸雀「何を言ってるのかしら?」

紬「選挙、ではないわねー。
ゆきちゃん、まだ20歳じゃないでしょう?」

みゆき「あ、はい。高校生です」

マミ「私も、なんだかさっきからそんな気がしてたの」

マミ「誰か・・・人の名前を書いて投票したような」

禁書「あ!それ、私もしたんだよ!」

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:28:42.58 ID:5NrlOx7o0

神裂「い、いらない子を選ぶですって?」

神裂「そんなことできるわけ

○○○「*******」

神裂「投票しなければ自分に票が・・・」

神裂「名前は伏せられるんでしょうね?」

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:30:20.89 ID:5NrlOx7o0
御坂「いらない子ー!?」

御坂「もちろん佐天さん、と言いたいところだけど」

御坂「ま、まじめに考えるならあいつかなー」

○○○「*******」

御坂「んー、ま、あたし含めてもいろんな奴から恨み買ってると思うよ」

御坂「あの部屋に住んでる時点でね」

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:32:12.61 ID:5NrlOx7o0
小萌「い、いらない子なんてこの世の中に存在しないのですよー!」

○○○「*******」

小萌「なんと言われても先生は投票しません!」

○○○「*******」

○○○「*******」ヒソヒソ

小萌「え!ええ!その写真は反則なのですよ!」

小萌「上条ちゃんの入浴シーン・・・」

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:35:01.57 ID:5NrlOx7o0

羽川「私はそんなこと・・・」

金糸雀「思い出したのかしら!!!!」

マミ「え?」

金糸雀「そうなのかしら。
カナ、いらない子投票をしたのかしら!」


一同「!!!!!!」


みゆき「思い出しました・・・
確か、私も」

羽川「・・・・・・」

マミ「・・・・・・」

紬「・・・・・・」

禁書「私はいらない子なんかじゃないんだよ!」

98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:36:53.18 ID:5NrlOx7o0
戦場ヶ原「私にそのいらない子を選べ、と」

○○○「*******」

戦場ヶ原「そうね。確かに一理あるわ」

○○○「*******」

戦場ヶ原「正直、この化物語に登場する女キャラは全員殺したいのだけれど」

戦場ヶ原「一人選ぶのならこいつね」

戦場ヶ原「泥棒猫」

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:37:51.45 ID:5NrlOx7o0
撫子「戦場ヶ原」

○○○「*******」

撫子「戦場ヶ原ひたぎ」

○○○「*******」

撫子「戦場ヶ原ひたぎ」

○○○「・・・・・・」

104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:39:38.86 ID:5NrlOx7o0
忍「・・・・・・」

忍野「だからだめだって話しかけちゃ」

○○○「*******」

忍野「忍ちゃんは今おやすみ中なの」

○○○「*******」スッ

忍「!!!」

忍「」カリカリ

忍野「忍ちゃん、字・・・書けるんだね」

106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:42:39.34 ID:uLPsAm5k0
マミさんは人気あるのに何でこういう扱いになるんだろう、しかも当たり前みたいに

本気で壁殴りたくなってくる

107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:42:51.99 ID:5NrlOx7o0
回想
○○○「*******」

真紅「金糸雀」

真紅「弱いしうるさいしあの子こそまさにキングオブいらない子なのだわ」


○○○「*******」

翠星石「水銀燈のヤローですぅ」

翠星石「万死に値するです」


水銀燈「真紅、と言いたいところだけど」

水銀燈「客観的に見たらあの子かしらね」

水銀燈「マスターもうるさいし、話の本筋にもあんまり絡まないし」




108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:43:21.84 ID:7Ddbn5GeQ
ここでもハブられる鈴・・・
二組だからか・・・・・・

110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:43:30.90 ID:5NrlOx7o0
雛苺「金糸雀なのー!」

○○○「*******」

雛苺「もうよく考えたの!金糸雀で決まりなの!」

113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:47:29.91 ID:5NrlOx7o0
回想
唯「えー、選べないよ。
みんな大事な仲間だもん」

○○○「*******」

唯「バンドとしても一人かけたら・・・」

○○○「*******」

唯「まあ、確かに欠けてもダメージは少ないね!」


澪「いらない子って・・・」

律「そんなん決まってんじゃん、なあ澪」チュッチュ

澪「や、やめろ律、まじめな問題だぞ」

律「まず、あたし等はお互いに入れないだろ?
そしたら唯かムギだろ?」

澪「・・・・・・」

律「ギターボーカルとキーボード、どっちが大事かは一目瞭然!」チュッチュ

120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:50:23.79 ID:5NrlOx7o0

マミ「嘘よ!そんなの絶対おかしいわ!」

禁書「私たちは・・・ほんとに」

金糸雀「カナはいらない子なんかじゃ・・・」



みゆき「みなさん落ち着いてください」

羽川「認めるしかないわ。
それより今はここから出ることを考えましょう」

紬「そうよみんな。そんなこと.ここから出れたらいくらでも悩めるわー」

125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:52:51.03 ID:5NrlOx7o0

マミ「そ、そうね・・・」

禁書「・・・・・・」

金糸雀「・・・・・・」

みゆき「あ、あそこにドアが」

紬「もうほんとに歩き疲れたのー。
あの中でちょっと休憩しましょう」

羽川「そうね、みんなショックも大きいようだし」



127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:55:18.29 ID:5NrlOx7o0
思想

黒羽川「にゃあご主人様」

羽川「何かしら」

黒羽川「もう気づいてるんだろ?」

羽川「・・・・・・」

黒羽川「これは「いらない子決定【戦】だってことにゃ」

黒羽川「今は全員で傷を舐め合えてもいずれ戦闘になる可能性が高いにゃ」

133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:56:34.17 ID:5NrlOx7o0
思想

羽川「ええ。ごめんね」

黒羽川「いいってことにゃ。
ご主人がいらない子に選ばれたのは半分はオレの責任にゃ」

黒羽川「その代わり絶対出してやるにゃ」

羽川「にしてもあのマミって子は厄介ね」

143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 20:59:47.91 ID:5NrlOx7o0
「ばささん・・・翼さん!」

羽川「あ」

みゆき「大丈夫ですか?気分でも

羽川「え、ええ。大丈夫。心配してくれてありがとう」

マミ「開けるわよ」

金糸雀「鍵はもう外したのかしらー」

ガチャ

152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:02:19.67 ID:5NrlOx7o0
マミ「・・・・・・」

桐乃「よく来たわねあんた達!」

金糸雀「だ、誰なのかしら」

羽川「よく来たわね、って言ってることは黒幕の可能性も」

マミ「なら話が早いわ、ティロ・

桐乃「ちょっと待ったー!」

桐乃「あたしに危害を加えたらあんたらは全員ここから出られないからね」



153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:03:23.94 ID:KPIGgl+k0
ペリ犬は居ないのか

156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:08:04.35 ID:5NrlOx7o0
紬「あなたもいらない子の投票で一位に?」

桐乃「え、ええそうみたいね!
でも別に気にしない」

桐乃「あたしの周り、ブスばっかりだから。
僻まれるのもしかたないっていうか」

桐乃「ってまああたしの話はいいのよ」

桐乃「今からあんた達の中から一人。
一人だけここから出してあげるわ」

金糸雀「はいはーい!カナ!カナが出るのかしら!」

禁書「ずるいよ!私が出るんだよ!」



158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:11:00.79 ID:5NrlOx7o0

みゆき「その一人はどうやって決めるのですか?」

桐乃「簡単。投票よ」

マミ「やっぱりそう来ると思ったわ」

桐乃「ルールは簡単。
あんたたちは、ここから出してあげたい人の名前を書いて投票するの」

桐乃「一番投票数の多かった人がここから出られる」

羽川「あなたもその仕事をやらされてるというわけね」

桐乃「そーいうこと。これが終わればあたしも出られる。
ここを出たらあたしに投票した根暗と池沼をぶっ飛ばしに行くけどね」

161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:15:12.99 ID:5NrlOx7o0

桐乃「アドバイスをしておくわ」

桐乃「使えそうな人には投票しないことね」

桐乃「関門はこれで終わりじゃないわ。
この先も脱出のためにいくつかの関門があるわ」

みゆき「それは具体的に何個とは言えないのですね?」

桐乃「そう。
もし今、使えそうな人、優しい人、いい人に投票すればその人は脱出する」

羽川「そうすると使えない人が残り、次の関門を抜けれない可能性が出て来る、ということね」

桐乃「そいうこと。
関門の突破に失敗した場合は全員出られなくなるみたいだから」

167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:21:23.99 ID:5NrlOx7o0
桐乃「もちろん自分の名前を書くのはなし」

桐乃「じゃ用紙を配るから、自分の名前が書いてあるか確認して」

桐乃「そしたら脱出させたい人の名前を書いて

みゆき「(やはり自分の名前を書くことはできないようですね」

みゆき「(しかし、戦闘能力の高いマミさんや羽川さんが抜けたら、今後の関門突破が難しくなりそうです」

紬「ねえゆきちゃん?」

みゆき「はい?」

紬「わたしに投票してほしいのー」

みゆき「え?」

紬「ほら、私って腕力もないし
ゆきちゃんみたいに頭も良くないしー」

紬「インデックスちゃんやカナちゃんみたいに何か不思議な力がある訳でもないし」

みゆき「・・・・・・」

紬「もちろん、タダでとは言わないわー。
私もあなたに投票するから、ね?」

169 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:24:11.09 ID:uF3WNXex0
全員一票ずつで同率一位

170 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:24:18.69 ID:6shE4lsz0
つむぎんかわいい

172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:25:45.73 ID:5NrlOx7o0

みゆき「(確かにムギさんは特に役に立ちそうにないですね。
しかしこの天真爛漫な性格は残して置いたほうが・・・」

禁書「やだやだやだやだ帰りたいんだよ!出たいんだよ!」

みゆき「・・・・・・」

みゆき「いいですよ、その代わり
私ではなくインデックスさんに票をいれてください」

紬「ほんとー?分かったわー」



マミ「羽川さん!」

羽川「え?」

マミ「私、ずっと頭のいいふりをしてたけど全然あの子の言ってる意味がわからないの!
だから詳しく教えて!」

羽川「・・・・・・」

羽川「(馬鹿でもマミさんには変な力があるし・・・」



174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:27:59.05 ID:5NrlOx7o0
羽川「かくかくしかじか」

マミ「へ、へえ!なるほど。
羽川さんは何でも知ってるのね」

羽川「何でもは知らないわ。知ってることだけ」

羽川「ちなみにおそらく私たちは抜けられないわ」

マミ「な、なんで」

羽川「私は『エナジードレイン』が使えるし、あなたはさっきから散々変身を繰り返してるし」

羽川「『役に立つ』と思われてるのは間違いないわ」


金糸雀「・・・・・・」

金糸雀「カナは役に立ちすぎるから絶対に出られないのかしら・・・」

金糸雀「頭脳派の自分が憎いのかしらー!!!!!」

178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:33:36.26 ID:5NrlOx7o0

桐乃「はーい、じゃ回収!」

桐乃「自分の名前は書いてないよーね」

桐乃「じゃ、投票結果発表するわ」


みゆき(0) → 禁書

羽川(1) → 禁書

紬(0) → 禁書

マミ(1) →羽川

金糸雀(1) →マミ

禁書(3) →金糸雀


桐乃「インデックス・・・外人?」

禁書「やったあ!脱出決定なんだよ!」

紬「ゆ、ゆきちゃんどうして?」

桐乃「じゃあインデックスちゃんはこちらのドアへ」

禁書「おうちに帰ったら当麻の野菜炒めが食べたいんだよ!」

183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:39:19.10 ID:5NrlOx7o0
みゆき「やっぱりそうでしたか」

紬「なんで私にいれてくれなかったのかしらー」

みゆき「お互いに一票が入ってもあまり意味はありません」

みゆき「あなたが他の人に投票するのはなんとなくわかってました」

紬「バレちゃってたのねー残念」


羽川「おみゃー、御主人に投票するのはいいけどやっぱりわかってにゃーだろ」

マミ「失礼ね!ルールくらいわかってるわよ!」

羽川「・・・・・・」

金糸雀「やっぱりカナは優秀だから残っちゃったのかしらー!」

189 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:43:36.32 ID:5NrlOx7o0

桐乃「はい、これでインデックスちゃんは脱出したわけだけど。
最終的にこのゲーム、一人が残る設定になってるのよ」

羽川「だと思ったわ」

金糸雀「そ、その一人は」

桐乃「永遠に出られないに決まってるじゃない。
魔法少女の力でも、ローザミスティカの魔力でも、どんな怪異でも出られない部屋に閉じ込められるのよ。死ぬまでね」

マミ「ふ、ふざけないで!」

桐乃「いらない子に選ばれたあんた達、いや、あたし達が悪いのよきっと」

桐乃「それじゃね」バタン

マミ「ま、まって!」

194 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:47:58.16 ID:5NrlOx7o0
みゆき「さて、困りましたね」

マミ「あ、あかない!」ガチャガチャ

マミ「ちびっ子早く開けなさいよ!」

金糸雀「だめなのかしら・・・鍵じゃなくて他の何かで開かなくないのかしら」

マミ「いや!いやああああああ!」

羽川「取り乱すのは良くないわよ。
もう一つドアがあることだしそちらを開けたほうが賢明ね」

みゆき「気をつけてくださいね、次の関門は何かわかりませんから」

紬「ゆきちゃんごめんねー」

みゆき「いえ、私もムギさんに投票してませんし気にしてませんよ。
それより次の関門のことを考えましょう」

マミ「紅茶、ケーキ、ソウルジェム、QB、紅茶・・・」

199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:51:41.19 ID:5NrlOx7o0
羽川「」ガチャ

まゆしぃ「とぅっとぅるー☆」

まゆしぃ「まゆしぃです、女の子がいっぱいなのです!」

みゆき「あなたも、いらない子なのですか?」

まゆしぃ「・・・・・・」

まゆしぃ「まゆしぃ、悲しいのです」

まゆしぃ「まゆしぃは紅莉栖ちゃんに投票したのに他のみんなはまゆしぃに投票したみたいなのです!」

羽川「よくわからないけどご愁傷様。
で、次は何をさせるのかしら?」

マミ「紅茶・・・ゲルバナ・・・」

201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:53:26.73 ID:4I5Np6L/O
がんばれマミさん

202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:54:27.40 ID:iAm8gYWM0
なんかほとんどキャラ崩壊してるなあ

204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 21:55:29.75 ID:5NrlOx7o0
マミ「確かにいらない子っぽいものねあなた」

金糸雀「カナもそう思うのかしら。
電波女ブームはもうだいぶ前の話なのかしら」

マミ「気が合うわね」

まゆしぃ「はいそこ!
まゆしぃに暴言を吐いたら出られなくなるのです!」

マミ「つ、次から気をつけるわ!」

まゆしぃ「じゃあ次の関門を発表するのです☆」

まゆしぃ「次は・・・」

まゆしぃ「爆弾ゲームなのです」

209 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:03:13.83 ID:5NrlOx7o0

羽川「爆弾ゲーム?」

まゆしぃ「えへへー。ルールは簡単なのです」

まゆしぃ「今からこの、まゆしぃ特製の爆弾ボールを渡すのです」

まゆしぃ「今から60秒後に、このボールを持っていた人が脱出できるのです」

まゆしぃ「ちなみにボールは同じ人が10秒以上持ち続けてはいけないのです」

マミ「ここにきてやっと脱出の可能性が見えてきたわ」

羽川「質問。
力づくでボールを奪うのはありなの?」

金糸雀「ひ、ひぃぃぃ!怖いのかしら」

まゆしぃ「それはだめなのです!」

みゆき「10秒以内に誰かに自主的にボールを回す、ということですね?」

まゆしぃ「大正解なのです」

まゆしぃ「この関門が終わればまゆしぃはラボに帰れるので、早く終わらせてほしいのです」



211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:06:08.53 ID:5NrlOx7o0

羽川「さっきからひっかかるわ」

みゆき「そうですね」

羽川「どうもこのゲーム、脱出する人を選ぶためにやるのではなく」

みゆき「私たちに、脱出する人を選ばせてる節がありますね」

紬「・・・・・・」

金糸雀「カ、カナは手加減しないのかしら!」

マミ「(ボールを奪うボールを奪うボールを奪うボールを奪うボールを奪うボールを奪うボールを奪うボールを奪うボールを奪うボールを奪うボールを奪うボールを奪うボールを奪うボールを奪う」

215 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:11:42.86 ID:5NrlOx7o0
まゆしぃ「では始めるのです!」

マミ「き、危害を加えない以外は何をしてもいいの!?
たとえば今この場から動くとか」

まゆしぃ「この部屋の外に出ない限りは自由に動けるのです」

みゆき「ボール、どうします?」

羽川「私はいいや。
高良さんがほしかったらできる限り回すけど」

みゆき「私も結構ですよ」

まゆしぃ「用意、始め」ボンッ


金糸雀「あ、ああカナがボールを手に入れたのかしら!」

まゆしぃ「10秒以内に誰かに回すのですー」

紬「カナちゃん、こっちこっちー!」

金糸雀「く、くやしいけどとりあえすまは回しておくのかしら」(8秒

217 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:16:45.36 ID:5NrlOx7o0
みゆき「そうなんですか、卒業後は海外に」

羽川「うん、世界中を見てみたいと思って」

紬「・・・・・・」

紬「ゆきちゃんも翼ちゃんも脱出は諦めてるっことでいいの?」(18秒

みゆき「私は結構です。好きにしてください」

翼「私もいいわ、脱出を諦めてるわけではないけどね」

マミ「ボ、ボール!ボール!」

マミ「私に渡しなさいよぉぉぉぉ!」バンッ

紬「きゃっ」

マミ「ボ、ボール!やった!誰にも渡さないわ!」(28秒

紬「ま、まゆりさん、この人今銃を」

まゆしぃ「危害を加えない限りは反則ではないのですっ」




222 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:26:12.55 ID:5NrlOx7o0
○マミ「・・・・・・はい」(34秒

○金糸雀「えっ、カナにくれるのかしら?」

マミ「その代わりあとで回してあげるから、10秒経ったらムギちゃんに渡してあげてくれる?」

金糸雀「約束かしらー!」

紬「ッチ。カナちゃん、私はいらないわよー」

○金糸雀「約束だからそうはいかないかしら!」(44秒

○紬「だから渡すなって言ってるでしょ」(45秒

○金糸雀「約束だからそういうわけにもいかないのかしら」(46秒

マミ「いい?ムギちゃんに回したら、受け取っちゃだめよカナちゃん」

○金糸雀「わかったのかしらー」バシッ

○紬「49秒で回してくるなんて」(49秒

マミ「これであなたの脱出はないわね。
ふふふ」

みゆき「紬さんが、次にボールを回した人が脱出するわけですね」

羽川「巴さんも結構考えたわ」

○紬「あなたに回すくらいならカナちゃんに回すわよ」(55秒

223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:29:28.54 ID:5NrlOx7o0
○紬「カナちゃんパス!」(57秒

金糸雀「や、やったのかし

マミ「」チャッ

マミ「どかないと撃つわよ。
べつにあなたが死んで私が出られなくなってもいいわ。
それでも撃つわよ」

金糸雀「ひ、ひぃぃボールは取らないのかしら!」サッ

○マミ「これで・・・帰れる・・・」(60秒

224 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:29:54.77 ID:BFlHYlAKO
太眉が腹黒過ぎるw

230 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:36:02.38 ID:5NrlOx7o0

まゆしぃ「とぅっとぅるー!60秒経ったのです!」

金糸雀「ず、ずるいこんなのってありなのかしら!?」

紬「・・・・・・」

マミ「私は別に誰にも危害を加えてないわよ」

マミ「ふふふ。ご機嫌ようみなさん。
行きましょ、まゆりさん」

まゆしぃ「武力を用いての脅迫はルール違反なのです!」

マミ「え?でも自由に動いていいって」

まゆしぃ「マミさんは失格なのです。
脅迫このゲームの主旨から大きく外れているのです!」

みゆき「このゲームの主旨?」

紬「じゃ、じゃあ脱出者は」

まゆしぃ「ほんとだったらもう一回やったほうがいいけど」

まゆしぃ「早くオカリンに会いたいし、マミさんの前にボールを持っていた紬さん」

まゆしぃ「脱出おめでとうなのですー!とうっとぅるー」


238 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:39:05.98 ID:5NrlOx7o0

紬「繰り上げ優勝ってやつなのー?
ふふふ。みなさん頑張ってー」

まゆしぃ「まゆしぃも早くラボに帰ってオカリンのバナナを食べたいのです」ガチャ


マミ「・・・・・・」

金糸雀「カナは使われただけなのかしら・・・」

みゆき「やっぱりこの『脱出』って」

羽川「間違いないわ」


マミ「こんなのってないわ!私は誰も傷つけてなんてないのに」

マミ「ちょっと文句言ってくるわ、そうよね?運営が明らかにおかしいわ!」

248 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:43:59.25 ID:5NrlOx7o0
マミ「な、なんで開かないのよ!」

羽川「一旦向こうからロックされてしまうともう開かないみたいね」

マミ「・・・・・・」

マミ「ティロ・フィナーレ!」

マミ「ティロ・フィナーレ!」

マミ「どうして出ないのよ!!!」

マミ「ティロ・フィナ

マミ「」ガクッ

羽川「うるさいにゃ。こいつはオレがこのまま引きずってくにゃ」

羽川「『エナジードレイン』にゃんか使いたくにゃかったにゃん」

みゆき「そうですね。私たちの予想が当たれば・・・」

羽川「おいピンク髪早く行くにゃ」

みゆき「あ、はい」

252 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:47:08.69 ID:5NrlOx7o0

羽川「にゃにゃーん」

金糸雀「どうしたのかしら」

羽川「この巨乳、予想外にエネルギーがあったみたいにゃ」

羽川「しばらく・・・御主人の姿に戻れないにゃ」

みゆき「普通の羽川さんと記憶は共有してらっしゃるんでしょう?」

羽川「無論だにゃ、知識も共有してるにゃ。
でも知能は同じじゃないにゃん」

みゆき「・・・・・・」

羽川「オレは本能に従って、御主人のネガイに従って動くにゃ」

253 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:50:12.60 ID:5NrlOx7o0
羽川「この時点の理性を抜きにした御主人のネガイは、ここから出ることにゃ」

みゆき「で、でもここから出たら」

羽川「にゃ。でもピンク髪の予想が正しいとも限らねーにゃ」

羽川「にゃから次の関門、オレは恐らく勝ちに行くにゃ」

金糸雀「(カナはいつ脱出できるのかしら」

金糸雀「(正直次は脱出できると思ってたのかしら・・・」

みゆき「それは・・・よろしくないですね」

羽川「もちろん計算対決とかだったら歯が立たないにゃ。にゃははははは」

254 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:55:19.80 ID:5NrlOx7o0

みゆき「では、開けますね」ガチャ

ふたば「こんにちわーっス」

金糸雀「柔道着の子供・・・?」

羽川「一応聞いておくにゃ。
お前もいらない子かにゃ?」

ふたば「そうっス!小生もいらない子っス!
ところでいらない子ってなにっスか?」

みゆき「知らないほうがいいと思いますよ」

ふたば「よくわからないっス!
でも最近ひとはもみつばも冷たくて寂しいっス・・・」

羽川「うるせーにゃ。さっさと始めやがにゃん」

ふたば「あ、そーだったっス」

258 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 22:58:23.72 ID:5NrlOx7o0

ふたば「今回の関門は

マミ「あ、ああああああああああああ」

ふたば「う、うわ、びっくりしたっス」

マミ「今回の門番はあなたなの!?
だ、だしゅつ!私脱出したいの!」

ふたば「うーん小生も出してあげたいっスけど・・・」

ふたば「小生は関門を進めることしかできないっス」

マミ「・・・・・・」

ふたば「そうだ!そのおっぱいを触らせてくれたら出してあげるっス!」

マミ「え、ほんとなの!?」

266 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:04:00.92 ID:5NrlOx7o0

ふたば「と思ったけどそんなことしたら小生が出られなくなるっス・・・」

マミ「・・・・・・」

金糸雀「さ、さっさとルール説明するのかしら」

ふたば「そうだったっス。今回のルールは小生でもわかるように簡単になってるらしいっス」

ふたば「なんでもありで、小生のことを捕まえた人が勝t

マミ「ティロ・フィナーレ!」ドゴン

みゆき「」

羽川「」

金糸雀「」



274 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:08:58.71 ID:5NrlOx7o0
ふたば「あ、危なかったっス。
裸足じゃなかったら当たってたかもしれないっス!」

羽川「にゃ、にゃんだと」

ふたば「まだルール説明は終わってないっスよ!
小生を捕まえた人が勝ちっス。
小生を捕まえて小生の黒帯を手に入れた人が脱出できるらしいっス」

マミ「ティロ・

羽川「ちょっと待つにゃん巨乳。
その大砲だと黒帯まで消し飛びそうにゃん」

みゆき「そうですね。巴さんには今回は

金糸雀「こ、こんどこそカナの出番なの!」

金糸雀「『攻撃のワルツ!』」

278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:14:04.16 ID:5NrlOx7o0
ふたば「風っスかー?ぜんぜん当たらないっスよ!」

マミ「・・・・・・」

金糸雀「『追撃のカノン』!」

ふたば「遅過ぎるっス」

金糸雀「くっ・・・ぜんぜんあたらないのかしら」

ふたば「早く捕まえてくれないと出られないけどわざと捕まったら小生も出られなくなるし・・・」

羽川「にゃにゃーん。
脱出するのはよくにゃいかもしれないにゃ、オレが行くしかないにゃん」



279 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:14:28.94 ID:5NrlOx7o0
みゆき「そうですね、まあ最悪黒帯は誰かに渡してもいいわけですし」

羽川「にゃん。御主人の本能にしたがったらオレが脱出しちまうにゃん」

羽川「ま、そしたらおみゃーも一人で頑張るにゃん。
御主人はお前と仲良くしたがってるにゃん」

みゆき「ええ。そうですね。
羽川さんは頭が良くてお話してもらうと本当に楽しいです」

羽川「やめるにゃん御主人が照れるにゃん」

羽川「じゃ行くとするかにゃ」



282 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:18:29.69 ID:5NrlOx7o0

羽川「小娘、オレが触るとケガじゃすまないにゃん」

ふたば「いいっスよそういうの、なんか小生楽しくなってきたっス!」

「どいて」バシッ

羽川「にゃ」

マミ「遊びはここまでにするわ。
鹿目さんも美樹さんも佐倉さんも暁美さんも私を待ってるもの」

マミ「ふたばちゃん、だったかしら?
降参するなら今のうちよ」

ふたば「おっぱい触らせてくれたら考えるっス!」


マミ「」シュルシュル

ふたば「な、なんスか!このリボン!」


マミ「ふたばちゃん、捕まえた」


284 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:21:57.87 ID:5NrlOx7o0

羽川「にゃんだ。おみゃーそんなことできるなら最初からやれば

マミ「うるさいわね。話しかけないでちょうだい」

マミ「もとはといえばあたなたたちが最初に私を選ばないからこうなったのよ、自覚してほしいわ」

マミ「さ、早く私を出してちょうだい」

金糸雀「リボンを解かないとだめなんじゃないかしらー」

マミ「ッチ」シュルシュル

マミ「さ、これでいいでしょ?早く私を

金糸雀「『攻撃のワルツ!』」

マミ「ぐっ」

金糸雀「黒帯はカナがいただきかしらー!」

286 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:25:22.36 ID:5NrlOx7o0

金糸雀「や、やったのかしら!」

金糸雀「やっぱり楽してズルしていただきかしらー!」

ふたば「やられたっスー。世界は広いっス」

羽川「ちびっ子。巨乳が気絶しているうちに行くにゃ」

金糸雀「あ、ありがとなのかしら!」

ふたば「こっちっスよー」ガチャ

金糸雀「ふ、ふたりとも。適当に頑張るのかしらー!」



292 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:30:28.23 ID:5NrlOx7o0

羽川「にゃにゃーん。この3人が残ったにゃ」

みゆき「ええ、やっぱり予想通りみたいですね」

みゆき「この関門は、脱出のドアというより、真の脱出者を決めるためのふるいのようです」

羽川「やっぱりかにゃん。
じゃあ今まで脱出してきた奴らは」

みゆき「恐らくはもう・・・」

羽川「ッチ。厄介なことに巻き込まれたにゃん」

みゆき「まあこれも私たちが不人気だからだと考えれば納得が行きます」

羽川「真のいらにゃい子を一人決めるんじゃにゃくて」

羽川「既に決まってるいらにゃい子の中から、一人だけ脱出させるというわけだにゃ」



297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:36:25.81 ID:5NrlOx7o0

みゆき「考えてみれば明らかです。
一回目の投票。これは『役に立たない子』を決める投票です」

羽川「爆弾ゲームは他を蹴落とす醜い心の持ち主が選ばれるのかにゃ?」

みゆき「ええ、あのゲーム。
誰かにもらうよりも、誰かに渡して爆弾を逃れるほうが簡単ですからね」

みゆき「3回目も同じくです。
優秀な子を決めたいなら、ふたばちゃんを捕まえた時点で脱出にするべきだと思いませんか?」

羽川「確かにそうだにゃ」

みゆき「見事あの金糸雀という女の子は横取りを成功させたわけです」

みゆき「きっともう生きてはいないでしょうね」

羽川「・・・・・・」

299 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:39:10.06 ID:5NrlOx7o0
羽川「生き残るにはどうしたらいいかにゃ」

みゆき「そうですね・・・最後まで勝たない、これじゃないですか?」

羽川「にゃにゃにゃーん、にゃかにゃか難しいことを言うにゃん」

羽川「おみゃーはどうする気かにゃ?」

みゆき「そうですね、私の予想が間違ってる場合もありますし、
あなた方相手に最後まで残るのは容易じゃなさそうです」

みゆき「次で抜けようと思います」

羽川「・・・そうかにゃ」

301 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:41:36.29 ID:5NrlOx7o0

羽川「にゃんで毎回、オレがこいつを引っ張ってくにゃん。
こいつ意外に重いにゃん」

みゆき「意外でしょうか?
ふつうに体格のいい方だと思いましたが」

羽川「それもそうだにゃ」ガチャ


「お、やっときましたな!」

307 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:46:48.62 ID:5NrlOx7o0

流子「リューコさんは待ちくたびれましたよっ!」

羽川「まためんどくさそーなキャラにゃん」

流子「うがー!めんどくさそーなキャラ言うなああ!」

みゆき「で、今回はどんな関門なんですか?」

流子「まあまあ焦らない焦らない。
まずは自己紹介から。
あたし御船流子」

流子「流れる子って書いてリューコ。
友達からはリューシって呼ばれちゃったり・・・じゃなかった。
リューコさん、と呼ぶように!」

マミ「私、巴マミ!
三つ巴の巴に、まゆしぃのマに、みつどもえ!のミ!
マミさん、と呼んでもいいわよ」

流子「うわー、ここに来るまでいろいろあったんですなー。うんうん」





310 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:50:31.03 ID:5NrlOx7o0
みゆき「マミさん起きてらっしゃったんですね」

流子「でも大丈夫!今回の関門は超簡単!」

流子「リューコさんも、早く帰りたいし、お互いが早く終わらせようとすればすぐ終わる関門なんですなー」

マミ「あなた、リューシさんはいらない子に選ばれて悲しくないのかしら」

流子「リューコやっちゅうねん。
なんで言い直したの!悪意を感じますな」

流子「べつに悲しくなんかないよ!
だってこれって、ある意味一番いいポジションにいるってことだとリューコさん思うんですよ」

羽川「一番いいポジション・・・?」

311 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:55:39.05 ID:5NrlOx7o0

流子「そうなのです。
読者、視聴者投票でいらない子に選ばれたら、そらは完全にいらない子だけど」

流子「他の女の子たちにいっぱい嫌われてるってことはそれだけいい思いしてるってことじゃないかな、とリューコさんは思うのです」

流子「なかには本当にいらない子もいるかもしれないけどねっ!」

羽川「・・・・・・」

流子「つまり丹波くんには、リューコさんが一番近いってこと!きゃいきゃい!」

みゆき「その殿方はよく存じあげませんが、もしそうならば、男性がいない世界でいらない子だった場合は・・・」

流子「それはただの嫌われ者?」

みゆき「・・・・・・」

マミ「・・・・・・」

313 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/05(金) 23:57:17.54 ID:BFlHYlAKO
あー言っちゃった…

317 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:02:35.10 ID:AB4O9XN50

流子「いらない子談義はここら辺においといて」

流子「そろそろ始めよっかなーとか思うのですがみんなよろしいですかな?」

羽川「いいにゃん」

みゆき「はい、さっさと終わらせましょう」

マミ「羽川さん、みゆきさん」

羽川「にゃにゃん?」

みゆき「はい?」

マミ「今までごめんなさいね。
私、自分を大事に思うあまり、どうかしてたみたい」

羽川「巨乳・・・」

マミ「だから今回の関門は2人に譲るわ。
ふふふ、修羅場ならたくさんくぐってきたはずなのに、私もまだまだだなあ」



321 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:05:06.55 ID:AB4O9XN50
羽川「にゃんて言ってるけどどうするにゃ?」

みゆき「そうですね。
私は私の仮説を信じることができないのでこの関門、やはり勝とうと思います」

羽川「そうかにゃ。オレはあんたの言う最後の一人が生き残る説を推したいにゃ」

みゆき「そう言ってもらえるのは嬉しいですが、やはり私もどこかで自分を信じられてないようです。
不人気っていう現実すらも」

羽川「にゃにゃ、しかたないにゃ。
だったらオレもお前に譲るにゃん。
最後の関門まで行けば御主人も目を覚ますかもしらにゃいし」

羽川「それに、御主人の意識がお前を生き残らせたいって言ってるにゃん。
オレもそう思ってるにゃん」

みゆき「羽川さん・・・」

羽川「だから、今回はお前に譲るにゃん」

330 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:11:03.73 ID:AB4O9XN50

流子「じゃルールを説明するね。
ルールは簡単。今から一人ずつにある物を配ります。
そのある物を一番最初に壊した人が!」

流子「あっちの扉からリューコさんと一緒に脱出できるというわけですな!パチパチ」

みゆき「あるもの・・・ですか」

流子「はい、じゃあ配るから」




羽川「」

マミ「」

みゆき「」

332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:11:14.81 ID:RaYPNVce0
マミさん・・・

334 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:16:08.47 ID:AB4O9XN50

マミ「事故に遭う前に家族で撮った写真・・・」

マミ「こんなものどこから!」

流子「おー、怖っ。リューコさんはそれを配れって言われただけですよーだ!」


羽川「苛虎と戦う前に御主人からもらった手紙じゃにゃーか・・・」

羽川「にゃはははは。これは御主人がいくら破れって言われてもオレにゃー破けにゃい」


みゆき「・・・・・・」

337 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:19:19.96 ID:AB4O9XN50

みゆき「あの、リューシさん?」

流子「リューシやっちゅうねん」

みゆき「皆が壊しにくい物を配られている中」


みゆき「なぜ私のだけ電動コケシなのですか?」


流子「し、知らないよ!リューコさんのせいじゃないから、そこんとこ誤解しないよーに!」

流子「あ、まって。紙がついてる」

流子「そのコケシは、あなたの親友こたなさんが毎晩使っている宝物です」



みゆき「」バキッ

342 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:22:44.46 ID:AB4O9XN50

マミ「あっ、やばっ」ビリッ

流子「ありゃ、今どっちが先?」

羽川「巨乳・・・」

マミ「ちっ、違うの!」

みゆき「いいんですリューシさん」

流子「リューコやっちゅうに」

みゆき「このコケシこそ納得が行きます。
そういえば私、みなさんと写真を撮ったり手紙をやりとりしたり、そういう思い出がありませんから」

みゆき「これが運営側に用意できる限界だったのでしょう」

348 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:29:54.64 ID:AB4O9XN50
羽川「おみゃーの母親とおぼしきおんにゃの顔が真っ二つに破けてるけどいいのかにゃ?」

マミ「じ、事故よ!つい力が入ったの!」

羽川「・・・・・・」

流子「どっちが先かわかんないよー。
マミさんは事故なの?」

マミ「そ、そうよ破るつもりなんてなかったの!」

流子「ならみゆきさんの勝ちー。
どうぞこちらへー」

マミ「え?」

羽川「にゃにゃーん。おいピンク髪!」

みゆき「羽川さん」

羽川「最後にツキが回ってきたにゃ。
もし次オレが負けたら、生きてても死んでてもそんときは御主人とにゃかよくしてやってくれにゃ」

みゆき「はい・・・あの」

羽川「にゃ?」



351 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:31:20.86 ID:AB4O9XN50

みゆき「あなたの眼鏡、私にくれませんか?」

羽川「おみゃー、眼鏡フェチかにゃ?」

羽川「オレは見えるからかけてにゃいけど、御主人が目見えなくなるにゃん」

みゆき「だから、私の眼鏡をあげます」

羽川「にゃ・・・」

流子「ほら、そこいちゃいちゃしなーい!
みゆきさん行くよ!
リューコさんはさっさと帰って丹波くんの電波を受信するのです!」

みゆき「羽川さん、ありがとうございました」

355 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:33:48.21 ID:AB4O9XN50

羽川「さて、オレとおみゃー2人きりなわけだが」

マミ「そうね」

羽川「次の関門、譲ってやるよ」

マミ「結構だわ」

羽川「にゃ。さっきと同じ人間だとは思えにゃーにゃ」

マミ「ええ。私、自分の力で勝ち上がるから」

羽川「・・・・・・」

羽川「にゃーんだ。気づいてにゃーのか」

マミ「?」

羽川「ほら行くにゃ。
きっと次で最後だにゃ」

359 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:37:25.30 ID:AB4O9XN50

マミ「そうね、残り一人になるからどっちが残るか決まるものね」

羽川「おみゃーが開けるのかにゃ?」

マミ「え、あ、あなたが開けなさいよ」

羽川「じゃオレが開けるにゃ」ガチャ


「どうしたの?早く入ってきなさいよね!」

363 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:40:21.74 ID:AB4O9XN50

羽川「にゃ。御主人はまだおきにゃーのかにゃ」

マミ「言われなくても入るわよ」

ハルヒ「あんたたち、よくここまで来たわね。褒めたげるわ」

マミ「同じいらない子のくせに何を威張ってるのかしら?
さっさと関門とやらを始めてほしいわ」

羽川「こればっかりは巨乳に同意だにゃ」

ハルヒ「そこまで言うなら早速始めましょうか。
ルール説明行くわよ!」

368 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:42:02.09 ID:AB4O9XN50
思想

羽川「(にゃにゃーん。御主人、そろそろ起きにゃーと」

羽川「(だめにゃ。久しぶりにエナジードレインなんて使うんじゃなかったにゃ」

羽川「(さて、どうしたもんかにゃ」

羽川「(ピンク髪にはああ言ったものの、
オレも御主人もどっちが正しいのかわかんねーにゃ」

376 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:46:15.94 ID:AB4O9XN50

ハルヒ「ちょっとそこのあんた」

羽川「にゃにゃん?」

ハルヒ「悩む必要はないわよ。
今回の関門はあんたたちがどうこうして決まるもんじゃないから」

マミ「どういうこと?」

ハルヒ「投票よ」

ハルヒ「最終関門は投票」

ハルヒ「得票数が少なかったほうが、脱出する」

ハルヒ「つまり、いらない子に票が集まるってことね」

ハルヒ「そして最後まで残ったら・・・わかってるわよね」

387 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:52:50.70 ID:AB4O9XN50
マミ「・・・・・・そう、分かったわ」

羽川「了解したにゃん」

マミ「で・・・誰が投票するのかしら?」

ハルヒ「vipのみんなよ」

マミ「vip?高級クラブかなにか?」

ハルヒ「まあそんなところね。
あんたたちがここに来るまでの全てをモニターから見ていた連中よ」

羽川「・・・人をおもちゃにしてたのかにゃん?」

ハルヒ「私やvipの連中に怒ってもしかたがないわ」

ハルヒ「あたしも今日は不思議探索だから早く帰りたいのに。
バカキョンに任せておくのは不安だわ」



投票開始 >>420まで
同一IDによる複数票は認めない
羽川翼 巴マミ

得票数が多いほうがいらない子

389 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:53:26.55 ID:lopID/ZPO
マミ

395 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:54:12.01 ID:wdAxQZ+r0
マミさん

400 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:54:35.32 ID:mtd02ezj0
ハルヒ

404 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:54:56.78 ID:lWJLG0W70
マミさん一択

413 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:55:35.24 ID:BH44SUGw0
流石にデブ

418 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:56:09.66 ID:l/d5JIhW0
羽川

427 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 00:57:39.28 ID:lopID/ZPO
圧倒的マミさんww

いや好きだけどww羽川捨てる選択肢があり得ない。

430 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:00:12.66 ID:AB4O9XN50

ハルヒ「結果が出たわ」

羽川「(御主人すまんにゃ」

ハルヒ「最も票を獲得して、いらない子に認定されたのは」


マミ「やったわ!帰れるのね!」

ハルヒ「ちょっとあんた、まだ何も言ってないわよ」


ハルヒ「最も票を獲得して、いらない子に認定されたのは!」

ハルヒ「巴マミ、あんたね」

羽川「にゃ!?」



マミ「」

435 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:02:35.20 ID:AB4O9XN50


マミ「え?え?そんな、嘘」

ハルヒ「本当よ。ちなみに一応デミさん、とか太いほう、ていうのはカウントしてないけどそれでもあんたよ」

羽川「・・・・・・」

ハルヒ「さ、羽川さんだっけ?行くわよ」

羽川「にゃ・・・」

マミ「ま、まって!」

443 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:04:43.00 ID:AB4O9XN50

ハルヒ「なに、あんたどうかしたの?」

マミ「こんなのおかしいわよ、いらない子って!」

マミ「だってそんな、私・・・」

ハルヒ「・・・認めるしかないわよ」



ハルヒ「あんたは、
あんたの周りの人たちにも嫌われていて、そして、一般人にも嫌われている」

ハルヒ「それは紛れもない事実」

ハルヒ「投票が、それを現してるのがまだわかんないの?」

445 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:05:08.95 ID:2nnGAhf5O
ソウルジェムオワタ

447 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:05:32.84 ID:tvOwpzsb0
                 _____
               /////////|、_
              ////r  ̄ ̄ ̄  `ヽ、
           ,、_//|l>/         |  \
       ,.r ´ ̄  {l、 ll,/    i / ,   ,ィi、  トゝ
      レ´`>' r,‐ >|    // / ,.ノ/ } | | `
        /  ゝ-<|  .| l/ .| ./ ,/ /,--l/l |
        /  ,.イ / ,}  | {. ,rV´    ,.--、レl|
        レ´__|_/ノ__A ヽ l{  ,--      }
         |     `ヽ l|ヽ  ,,,   `  ,{
         ヾニ>、ヽ >,<,} ヽ、 _  ‐' /ヽ
         r――--<} / ヽー―- -/ ヾ_,.//
         {ニニ-、  Y  / `ー―‐'ヽ、>-{--,-
             } /  | , .---、    ヽ }-'_____,r--、
            / {   レ'   ヽ    Y {::} l{:::::::}}、
            (__ ヽ、_ l      `ヽ、  ,} >-ゝ=='ノ
              ̄   ヽ   /   ゝノ-'/´\\:>

448 忍法帖【Lv=6,xxxP】 [age]:2011/08/06(土) 01:05:55.02 ID:0nuG/iw+0
マミさんのこと、俺は好きだよ!!!
愛してる!!!!!
本当にだ!!!!!!

449 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:06:16.49 ID:AB4O9XN50

マミ「・・・・・・」

ハルヒ「じゃ、そういうこと」ガチャ

羽川「・・・・・・」バタン






マミ「ひっ、いや」


458 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:07:29.50 ID:AB4O9XN50

マミ「・・・・・・」

マミ「誰か」

マミ「誰かいないの?」

マミ「ねえ、誰か!」

マミ「何も見えない・・・」

マミ「いや、誰かいないの!!!!」

マミ「お願いここから出して!」

462 忍法帖【Lv=6,xxxP】 [age]:2011/08/06(土) 01:08:07.85 ID:0nuG/iw+0
>>458
>>1よ許さない、絶対にだ

467 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:09:36.17 ID:AB4O9XN50

ハルヒ「」スタスタ

羽川「にゃ、にゃー女」

羽川「このにゃがーい廊下はどこに繋がってるにゃ?」

ハルヒ「ハルヒ」

羽川「にゃ?」

ハルヒ「あたしの名前」

羽川「ハルヒ。この廊下は・・・」

ハルヒ「最果てよ」

474 忍法帖【Lv=6,xxxP】 [age]:2011/08/06(土) 01:10:27.78 ID:0nuG/iw+0
お?

475 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:10:37.37 ID:9GOscnzvO
まさか本当にこのまま終わりなのか…

うわあああああああああああああ

477 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:11:18.98 ID:AB4O9XN50

羽川「最果て?ピンク髪もそこにいんのかにゃ?」

ハルヒ「・・・いるわよ」

羽川「ちびっ子もかにゃ?」

ハルヒ「金糸雀?いるわよ」

羽川「にゃ、にゃあ、白いほうのちびっ子も」


ハルヒ「心配しなくても大丈夫よ、みんないるから」



480 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:12:32.50 ID:AB4O9XN50


ハルヒ「ついたわ」

羽川「にゃ、でっかい扉だにゃ」

ハルヒ「ねえ」

羽川「にゃ?」



ハルヒ「私たちって、どうして存在してるのか考えたことある?」

484 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:16:41.64 ID:AB4O9XN50

羽川「にゃかにゃか難しいことを言うにゃ。
早くピンク髪に会いたいにゃ」

ハルヒ「あたしたちって。
良くも悪くも、感情を持たれるためにいるって考えたことない?」

羽川「にゃ、オレにはわかんにゃーにゃ」

ハルヒ「主役も悪役も、そう。
良くも悪くも感情を持たれるために存在してる。

主役は応援されてかわいがりて、
悪役は忌み嫌われて憎まれて。
嫌われるのも一種の存在価値なの」



ハルヒ「好きの反対は無関心」




ハルヒ「羽川翼」


「あなたが一番いらない子よ」

497 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:20:50.37 ID:AB4O9XN50


ハルヒ「関門を突破できないまま、最期まで来て。最期の投票では生き残って。
活躍もしない上に、嫌われてもないけど好かれてもない、あなたはそんなキャラクター」

ハルヒ「いわゆる【空気】ね」


ハルヒ「もともと、ここに集められたのは一番嫌われているキャラクターじゃないの。
いらない子投票で中間票だったキャラクターたちなんだって」


ハルヒ「ここはそんな子達の、最期の活躍の場所」


ハルヒ「あなたは、それを見せられなかった」

499 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:21:30.74 ID:lopID/ZPO
登場人物だけの話ならともかく、スレ内で投票しといてそりゃないぜ……

503 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:22:28.74 ID:TpV/ei6NP
羽川の「なんでもは~」は化物語の中で一番キャッチーな台詞だと思うんだがな

513 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:25:43.08 ID:rei5qCZH0
スレ投票だと原作の知名度がモロに響いちゃうってマジレス

515 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:26:21.43 ID:AB4O9XN50

羽川「ま、待つにゃ。
中間票ってどういことにゃ!」

ハルヒ「ならあなたの、化物語なら。

戦場ヶ原(2)→羽川

羽川翼(1)→戦場ヶ原

撫子(0)→戦場ヶ原」


羽川「・・・・・・」

ハルヒ「残念ね。
ここで脱出に成功すれば、活躍したとみなさらてまだ存在することができたのかもしれない」

ハルヒ「そして、最期。
票を集めることにより、嫌われ者、という属性を手に入れられたら、あなたはまだ存在することができたのかもしれない」



ハルヒ「でも、もうあなたはキャラクターとしてはおしまい」



523 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:29:18.79 ID:AB4O9XN50

羽川「・・・オレは、どうにゃるのかにゃ?」

ハルヒ「そうね、多分。
あなたという個を保てなくなり、作者の頭の中。
化物語が考えられる前の混沌に戻るんじゃないの?」

ハルヒ「そして、みんなには忘れ去られる。
はねか・・・なんて苗字だっけ?

もうあなたという存在は既に認識されなくなってきているわ。
あたしにも、これを見ている人たちにも」

ハルヒ「そして忘れ去られ二度と生み出されることはない」

531 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:31:19.62 ID:QQxT6KKFO
■■「読まなきゃよかった…。」

533 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:31:44.61 ID:AB4O9XN50

ハルヒ「もう、誰もあなたの名前は呼ばないし、呼べない」

なんとか「ふざけるにゃ!」

ハルヒ「そのエナジードレイン、という特性も残ってないわ」

なんとか「・・・・・・」

なんとか「せめて御主人だけは

ハルヒ「だめ。あなたという個は消滅する」

ハルヒ「それじゃ、ね。あたしはマミさんを迎えにいかなきゃ」

537 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:32:56.94 ID:8zLhDdoEI
ハルヒ、おめーが消滅しろや。

548 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:36:43.41 ID:AB4O9XN50

なんとか「にゃははははは

なん「にゃ

「」




.



ハルヒ「あれ?なんであたしこんなところに

554 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:38:41.48 ID:MCugIvaG0
ここで忍野さん登場

559 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:41:17.95 ID:AB4O9XN50

マミ「なんで私、あんな暗いところに閉じこもってたのかしら」

みゆき「嫌なことでもあったのではないのでしょうか」

金糸雀「きっとそうなのかしらー!
元気がないならジュンの紅茶を飲むのがいちば

禁書「それより当麻の野菜炒めを食べるのが一番なんだよー!」

ハルヒ「その当麻とかいう人の野菜炒めはそんなに美味しいの!?
あたしにも食べさせなさいよ!」

紬「お茶の用意なら私いつでもできるのー!」



575 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:44:49.00 ID:AB4O9XN50
リューシ「ほうほう、ぜひリューコさんもその野菜炒めを

ふたば「小生も行くっスよー!
ひとはも、みっちゃんも連れてくっス!」

バタバタバタバタ

みゆき「あ、みなさん待ってください私も


みゆき「いたっ」

ハルヒ「あんた大丈夫?」

みゆき「あいたたた、すいませんなんだか目がよく見えなくて」

ハルヒ「ドジッ子には見えないのにねー」

マミ「高良さん、眼鏡の度が合ってないんじゃないかしら」

585 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:47:55.77 ID:AB4O9XN50


みゆき「そういえばこの眼鏡、微妙に度が軽いような気がします」

金糸雀「度の合わない眼鏡は目をもっと悪くするってみっちゃんが言ってたのかしらー」

みゆき「そ、それはよくないですね。外しておきます」

ふたば「ならそれ小生がもらうっス!」

みゆき「え、こ、これは」

バキッ

みゆき「あ」

ふたば「あ」

ふたば「ご、ごめんなさいっス!そんなつもりじゃ

みゆき「いいんです。
多分これ、私のじゃないと思うので」

ハルヒ「何それ。じゃあ誰の眼鏡なのよ」

592 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:49:23.84 ID:AB4O9XN50

みゆき「はね・・・・・・」

みゆき「すいません、思い出せないみたいです」

ハルヒ「なによそれ、変なの」

禁書「みんなー置いてっちゃうんだよー!」

ハルヒ「ほら、もうそれはここにおいて」

みゆき「そうですね。行きましょう」



「」


おわり

593 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:49:32.70 ID:JoHbBgHM0
思い出せないけど、とても大切な物なんです。とかも言わせないのか…

594 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:49:41.12 ID:9GOscnzvO
マミさんが好きで何が悪いって言うんだよ…

なんでこんなに敵が多いの?

597 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:50:10.96 ID:6wj4JK+L0
虚しいな

598 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:50:15.77 ID:gv1+pPSMO
って
え?

603 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:51:00.46 ID:JoHbBgHM0
報われなさすぎわろた


616 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:53:01.33 ID:9GOscnzvO
>>1乙だが、この人選については許さん

619 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/06(土) 01:53:59.40 ID:TpV/ei6NP
もうちょっと余韻を残すBADかと思ったら、あっさりBADENDだったな
しかしこういうSSでメインに据えられるってことは、それ自体が求められているキャラクターである証明なんじゃないだろうか

化物語 羽川翼 (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2011-09-25)
売り上げランキング: 321
関連記事
2011/08/06 18:00 | CM(30) | アニメ論・批評
    コメント一覧
  1. 名無しさん [ 2011/08/06 18:23 ]
  2. とりあえず絶☆許


    そこはさqあwせdrftgyふじこlp;@:「」
  3. 774@いんばりあん [ 2011/08/06 18:30 ]
  4. とりあえず登場したなかで一番いらない娘は間違いなく禁書
  5. 774@いんばりあん [ 2011/08/06 19:30 ]
  6. いらん子を選ぶなんて・・・ ムリダナ・・・
  7. 名無しさん@ニュース2ちゃん [ 2011/08/06 19:45 ]
  8. でも実はいらない子がいないと話進まないんだよねw
  9. 774@いんばりあん [ 2011/08/06 19:47 ]
  10. 投票用紙すらもらえないモンキーさん
  11. 774@いんばりあん [ 2011/08/06 20:57 ]
  12. 絶対に許さない
    キャラも掴めてないしまじで許さんしね
  13. 774@いんばりあん [ 2011/08/06 21:06 ]
  14. 途中で終わらせておけば良いのにね
  15. 駄目人間名無しさん [ 2011/08/06 21:25 ]
  16. >とりあえず登場したなかで一番いらない娘は間違いなく禁書
    屋上、握手もしくはビアガーデン

    ハルヒが無関心の説明した時にハルヒは悪役か憎まれ役ポジで無関心キャラじゃねーと思ったがそういう訳か
    いらん子キャラならみくるになるしな
  17. 名無しのアレ [ 2011/08/06 21:37 ]
  18. こういうの読むとつくづく自分が悪球打ちだと思う
    ああマミ紬みゆき翼金が一番ですよ!
  19. 774@いんばりあん [ 2011/08/06 21:43 ]
  20. くだらね
  21. 774@いんばりあん [ 2011/08/06 22:00 ]
  22. ※2
    屋上
  23. 774@いんばりあん [ 2011/08/06 22:19 ]
  24. メタ的ストーリーを保ちつつここまで良くやったと思うよ。
    で、とりあえず御坂と※2は竜王の殺息でケシ飛べばいいと思うんだ。
  25. 名無し@まとめいと [ 2011/08/06 22:58 ]
  26. みゆきが中間だってことはこなた辺りが一番だったんだろうか
  27. 774@いんばりあん [ 2011/08/06 23:17 ]
  28. 何このBTOOOM
  29. 774@いんばりあん [ 2011/08/06 23:57 ]
  30. 金糸雀マジプリティ
  31. あ [ 2011/08/07 03:21 ]
  32. なんか題材とストーリー運びに矛盾がありすぎて面白くない

    というか修正のしようがないダメ設定だな
    [ 編集 ]
  33. 774@いんばりあん [ 2011/08/07 03:34 ]
  34. 三沢大地「空気だって存在価値はあるんだ!」
  35. かしこみっく [ 2011/08/07 08:36 ]
  36. いろいろと酷いが
    紬とマミのキャラ崩壊しすぎ
    おもしろいと思ったんだろうか…?
  37. 774@いんばりあん [ 2011/08/07 11:09 ]
  38. 禁書さんが一番いらないこに決定したようなもんじゃね?
    実際そうだし
  39. 774@いんばりあん [ 2011/08/07 20:18 ]
  40. マミってほむらと1、2を争う人気キャラじゃないんか?
    性格も悪意を持って改変されとるがなw
  41. 774@いんばりあん [ 2011/08/08 08:31 ]
  42. ただただ不快でキャラ崩壊までしてるじゃどうしようも無いね
  43. 774@いんばりあん [ 2011/08/08 14:33 ]
  44. つまり作者が1番のいらないこって事だな
  45. 774@いんばりあん [ 2011/08/08 16:18 ]
  46. まどかでいらないのは
    マミさんじゃなくて
    さやかだろ。
  47. 774@いんばりあん [ 2011/08/08 17:16 ]
  48. 最後の展開に持っていきたかったのは解るが、マミさんの書き方に悪意しか感じないな…
  49. 774@いんばりあん [ 2011/08/09 12:42 ]
  50. 巨乳でキャラ立てたらそこだけで満足するからだろうか、いらない子には巨乳が多い
    でも珍しくマミさんは違うような……ちょっと調べたら寧ろさやかとかまどかの方が人気無い
    まどマギ見てないから特別な思い入れは無いけどさ、他作品とは選ぶ基準が違うよ
  51. 774@いんばりあん [ 2011/08/22 21:36 ]
  52. キャラも改変しすぎでつまんないし
    展開も寒くてまともに読めない。
    書いてるヤツはたぶんリアルだと
    空気読めなくてコミュ障のキモブタだな。
    特定のキャラへの叩き方がパターン化してる。
  53. 名無しさん@ニュース2ちゃん [ 2011/08/28 18:13 ]
  54. SSの主旨は面白く、クロスものとして良いと思うが
    如何せん選んだ作品に差が有ると思う。
  55. 名無しさん [ 2012/04/01 14:56 ]
  56. マミさんは必要。
    つーか杏子はマジでいらない
  57. 774@いんばりあん [ 2014/01/11 01:04 ]
  58. コイツの理論だと羽川はこのssでは主役級じゃねぇか
    馬鹿でないのこの>>1は
  59. 名無しさん [ 2014/03/29 00:58 ]
  60. まぁ、賛否両論、様々ありますね。個人的に、まぁ、現実的に見たら、中々のチョイスかなと。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング