HEADLINE

京子「っあー…同人も滑ったし今日はなにしよっかなぁ」

2011/09/21 06:07 | CM(3) | ゆるゆり SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 10:21:21.46 ID:1EY0kKet0
京子「いやー 同人滑っちゃってさあ 完全な赤字だよ」

結衣「へ、へえ どのぐらいの赤字?」

京子「それは…言えません…」

結衣「え…そんなに多額なの?」

京子「まあね なんか親には私物でも売ってどうにかしろって言われたよ…」

結衣「未成年の間から同人なんてやるからだよ…」

京子「はは…かもね…」

結衣(あれ…結構真面目に落ち込んでないか…?)


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 10:28:14.69 ID:1EY0kKet0
結衣「具体的にいくらくらいなの?」

京子「そんな大げさでもないよ 5万円くらい」

結衣「いや結構多いだろ」

京子「まーね 最悪、下着でも売ればどうにかなるっしょ」

結衣「え!」

京子「ん?どうしたの?」

結衣「い、いや…下着売るって…?」

京子「なんか調べたら出たんだよ よくわかんないけど ぶるせらっていうの?」

結衣「京子…それに手を出したら終わりだと思うよ…」

京子「仕方ないじゃん 親にお金返さないといけないし」

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 10:36:44.76 ID:1EY0kKet0
京子(本当は15万円なんて言えないよね)

結衣「ご、5万くらいなら…他の方法でどうにかなるんじゃない?」

京子「手っ取り早くやりたいじゃん めんどいし」

結衣「お前な… 自分でやったことなんだから面倒でもどうにかしろよ…」

京子「だから下着を」

結衣「あぁもう… ていうか社会人になるまで待ってもらったら?」

京子「それだと今後の同人活動が厳しくなるよ」

結衣「京子のことだし、それは外せないか…」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 10:42:42.22 ID:1EY0kKet0
結衣「仕方ないな…わかったよ 私が京子を雇うよ」

京子「えっ でも結衣お金あるの?」

結衣「お小遣いはゲーム買うだけだから 余ってるんだ」

京子「マジでー! 雇ってください結衣さまー!」

結衣「といってもお前、なにか出来たっけ…」

京子「絵が掛けます」

結衣「うん」

京子「コスが作れます」

結衣「うん」

京子「一夜漬けで学年1位とれます」

結衣「………」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 10:46:01.54 ID:1EY0kKet0
京子「えーと 場の空気を」

結衣「いやもういい… 京子って趣味とかには強いけど、日常的に必要なこと壊滅的にできないよね」

京子「それは言わない約束だよ 結衣」

結衣「そんな約束してない」

京子「だって他にできることって言われても…」

結衣「はぁ… 良いよ とりあえず帰ってから考えよう」

京子「は、ははーっ!」

結衣「私は大名かなにかか…」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 10:51:04.16 ID:1EY0kKet0
-結衣の家-

結衣「思いついた 京子、とりあえずメイドやってみて」

京子「メイド!? ってなにすればいいのさ?」

結衣「私の身の回りの世話 言ったことやってくれればいいよ」

京子「ほうほう… 了解です ご主人さま?」

結衣「……////」

京子「え、違いました?」

結衣「いや、あってるよ」

京子「よーし なにをすればよいでしょうか!?」

結衣「じゃあ… マッサージでもしてくれ 体育で疲れた」

京子「合点でさあ!」

結衣「…江戸っ子メイド?」

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 10:56:21.82 ID:1EY0kKet0
京子(こんな感じかな)

京子「……ていっ!」グキッ

結衣「いてててて!バカ、どこ押してるんだよ!」

京子「あ、すみませんご主人さま…」

結衣「ちゃんとやって」

京子(ドジっ娘ねらいとかじゃなくて本当にどこ押せばいいのかわからないんだけど)

結衣(ドジっ娘ねらいかな)

京子「こ、ここでしょうか…」ギュ ギュ

結衣「あぁー…いいね… うふぅ…」

京子「変な声だしちゃって!よかったんですかごしゅんさまー!」グキッ

結衣「いっててて! バカ! だからそこで力を入れ過ぎるなよ!」

京子「す…すあせん…」

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 11:01:06.29 ID:1EY0kKet0
結衣「マッサージはもういいよ 買い物いってきて」

京子「ほーい!なに買えばいいのー?」

結衣「あ、もう一応な敬語やめたんだ…」

京子「疲れるからさあ」

結衣「えーと… まず最低限、醤油と油揚げと玉ねぎはほしい」

京子「ほうほう…」

結衣「あとはしゃぶしゃぶ用のうすい豚肉 それから牛乳 あと適当なカップめん2つ」

京子「よっし!」

結衣「メモんなくていいの?」

京子「ふっ… 一夜漬けで鍛えられた私の短期記憶力をなめないでもらいたい」

結衣「そう じゃあこれ 2000円 レシートちゃんともらってきてよ」

京子「任せてよー こう見えて買い物も得意なんだよ」

結衣「買い物もってなんだよ 「も」って」

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 11:03:12.27 ID:AeKoYYvzi
30分後、そこには外れたスクラッチくじを握りしめた京子の姿が!

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 11:05:34.09 ID:1EY0kKet0
-店-

京子(やべ、忘れた…なんだっけ)

京子「買うのは6種類だったはず…あ、とりあえずカップめんかな」

ゴソゴソ

京子「後は…? 油と卵と、牛肉? あと豚汁? 合わせ味噌?」

京子(なんか忘れたけどこんな感じでしょ)

ゴソゴソ

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 11:09:18.58 ID:1EY0kKet0
京子「ただいまー」

結衣「…怪しいくらいに早いな」

京子「いやぁ 手こずったよー」

トスン

結衣「ありがとう  …ん?」

・カップめん2つ
・サラダ油
・卵L 10個
・ステーキ用 牛肉
・インスタント豚汁
・合わせ味噌

結衣「……」

京子「1992円でした! 計算通りっす!センパイ!」スチャッ

結衣「誰が先輩だよ」

京子「疲れたよ!」

結衣「ちょっとそこに座れ」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 11:23:29.11 ID:1EY0kKet0
結衣「短期記憶力に自信があるとか言ってたね」

京子「うん!」

結衣「では、このザマは一体なんでしょうか?」

京子「完璧だよ!」

結衣「もういい… これでもどうにかなるから」

京子「へへ… ごめんね!」キャピッ

結衣「……」イラ

京子「あれ、結衣おこった…?」

結衣「まあね」

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 11:28:37.87 ID:1EY0kKet0
結衣「おい役立たずメイド 掃除して 掃除機それ」

京子「うん、おっけー 掃除機くらいなら流石にちゃんと使えるから安心してよ」

ウィイイイン

京子「おおう! この埃を吸って機械が発する振動、心も綺麗になっていく感覚を感じると言わざるを得ないね」

京子「あっ、座布団がくっついてきた よくあるよくある! ほっ、ギガス○ッシュ!」

結衣「遊ぶなバカ!あと黙ってやれ」ゴスッ

京子「あたっ… ほーい…」

結衣(……本当に役に立たないなしかし むしろ自分でやった方が早かったよ)

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 11:31:51.91 ID:PPxl+ewaO
15万て何部刷ったんだよ……
1000部刷って1割しか売れなくても15万の赤字はない

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 11:32:01.74 ID:1EY0kKet0
結衣「あーもういいから ご飯にするよ」

京子「やったー ステーキ?」

結衣「お前が買ってきちゃったし… 牛肉は足が速いから やるしかない」

京子「結衣あいしてる!」

結衣「ステーキありきの愛 安いね ふふ」

京子「あ、ステーキなくても愛してるよ! 今のうちに休んでます!」

結衣「ああそう…」

結衣(……解雇だなこれは)

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 11:32:47.46 ID:1EY0kKet0
>>35
今までの通算赤字だと思ってください

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 11:35:43.25 ID:1EY0kKet0
結衣「おい使えないメイド」

京子「あからさまに嫌な顔で呼ばないでよー」

結衣「やっぱり雇うのやめた… 逆に疲れたよ」

京子「えっ!そんな… じゃあ私の親への借金はどうすればいいでしょうか!?」

結衣「……ねえ もし私が雇うのやめたら 下着、売るの?」

京子「それしかなくなるんじゃないかな… うん」

結衣「そう…」

結衣(変なおっさんとかに京子の下着が… ぐぬぬ…)

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 11:41:05.61 ID:1EY0kKet0
結衣「いいこと思いついた」

京子「な、なに!? 是非結衣さまの妙案をわたくしめにー」

結衣「おまえ、私に下着うりなよ」

京子「…はい?」

結衣「いやだから 怪しい店に売って変なおっさんとかに買われるなら 私が買う」

京子「いえ…あの…その、どういうことでしょうか」

結衣「だから 私に売れ」

京子「なんで結衣に売るの? 結衣ほしいの?」

結衣「えっ…///」

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 11:56:37.18 ID:1EY0kKet0
結衣「ばばバカ、違うよ お前があまりにも可哀そうだから慈悲と慈愛の目を向けてあげようと」

京子「そ、そうだよね ちょっと勘違いしたよ」

結衣「わかってくれたならいいんだ… そうだね 1枚3000円でどうかな」

京子「相場とかわかんないから… それでいいや」

結衣「うん、おっけ」

京子「じゃあとりあえず今はいてるの、いる?」

結衣「うええっ!?///」

京子「え、だって買ってくれるんでしょ?」

結衣「うん いいなら…買うよ///」

京子「じゃあ脱ぐから…見るなよー」スルスル

結衣「わかってるよ」

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 11:59:20.18 ID:b79y0VHa0
この京子ちゃんは結衣に強制和姦されても文句言えないな


65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 12:02:14.09 ID:1EY0kKet0
京子「ほい」ポイッ

結衣「投げるなバカ」

京子「おかねー おかねをよこせー」

結衣「ほら」サッ

京子「やったー うん、地道に少しずつ返そう」

結衣(急に真面目だな ていうか私の手元に京子のパンツが…///)

京子「ところで結衣、買ったところでそれどうするの?」

結衣「ええっ!?(裏声)」

京子「あぁわかった! 結衣の寂しい夜のおともに…」

結衣「……」

京子「なんて そんなわけないよね、あははー」

結衣「……そうだけど」

京子「え! ま、まじで!?」

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 12:09:14.63 ID:1EY0kKet0
結衣「わ、悪いか! 京子が言ってた通り…1人暮らしの夜って結構寂しいんだよ…」

京子「結衣… ご、ごめんね」

結衣「いや…気持ち悪いよね 友達同士でこんな…はは…軽蔑してくれて構わないよ」

京子「ううん! 結衣が寂しいのは知ってたし…それが私の下着で解決するなら嬉しいって言うか…」

結衣「京子…」

京子「そ、その うはっなんか恥ずかしいよ!」

結衣「ありがとう…」

京子「うぐ…/// も、もう帰るから!夕飯いいから!」

結衣「わかったよ ありがとう」

京子「また明日ね!!」

結衣「京子 すぐそこだけどスカート気をつけなよ」

京子「あ! ま、まかせろ(?)」

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 12:39:18.78 ID:1EY0kKet0
京子「うぅ… 言われて急に意識したけどノーパンって予想以上にやばいなぁ」
京子(とりあえず下半身が寒い 何故か足まで寒いよ)

綾乃「あーっ!と、歳納京子ぉー!」

京子「げえっ!綾乃!」

綾乃「ちょっと…げえっ!ってなによ、げえっ!って」

京子「悪いね 今日はとっととかえりたいんだ」

綾乃「え…そ、そうなの…」シュン

ヒューッ

京子「わあっ!///」ピラッ バサッ

綾乃「え…」

京子「そ、そういうことだから!じゃーね!!」

綾乃「え…… 今… モロに…?」

綾乃「ま、まさかね………///」

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 12:45:29.16 ID:1EY0kKet0
-次の日・教室-

京子「あー 安心感が違うね」

結衣「…そ、そう」

京子「序盤にかわのよろいがあることの嬉しさみたいな」

結衣「ゲーマーには何気に分かりやすい例えやめろ…」

綾乃「歳納京子ーっ!」

京子「綾乃…なに?」

綾乃「その…あなたにちょっと聞きたいことが…」

京子「昨日のことなら忘れてよ ちょっとした気の迷いだよ 綾乃なら分かってくれる」

綾乃「いえ残念ながらわからないわ…」

京子「あーもう!あとで話すから!今はやめてくれ!」

綾乃「ご、ごめんなさい」ビクッ

結衣「…どうかしたの?綾乃」

京子「なんでもないよ」

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 12:48:48.54 ID:WdlazhCqO
これは千歳失血死亡フラグたったな

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 12:52:35.00 ID:1EY0kKet0
京子「それで、今日はどうする?買ってくれる?」

結衣「ん…今おこづかい貯金が7万円あるんだけどね」

京子「おおう…よくそんなにためたね…」

結衣「まぁよくお金がかからない子って言われたよ」

京子「何気に自慢ですね 結衣さん」

結衣「うん  あ……その か、買おうかな///」

京子「マジでー やったー! どうせなら放課後うちこない? 10枚くらい一気に買ってよ」

結衣「それはちょっと…今穿いてるのだけでいいよ」

京子「ま、また…?」

結衣「嫌ならいらないよ」

京子「わかったよー…」

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 12:57:12.95 ID:1EY0kKet0
-昼休み-

結衣「~♪」

千歳「船見さん、ご機嫌やねー?」ダラー

結衣「うえっ!? ち、千歳か… 気のせいだよ」ニコッ

結衣「って鼻血!開幕から鼻血!」

千歳「綾乃ちゃんが歳納さんに連れてかれてしもうたんやけど…なんでか知らへん?」ダラー

結衣「ああ、そのせいか …さあ? とりあえずこのティッシュ使って」サッ

千歳「あ、おおきにー」

結衣「そういえば京子が綾乃を引っ張ってくのも珍しい構図だね」

千歳「せやろー? 綾乃ちゃんが明らかに嬉しそうでうちもついニヤケが…あかん!」ブフッ

結衣「会話しながら妄想とは… 着々と腕をあげてるね千歳」

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 13:01:39.15 ID:1EY0kKet0
綾乃「あのー 昨日のことなんだけど…」

京子「いや、その実は… 私おかねに困っててね」

綾乃「えっ?」

京子「簡単に話すけど、とある店にパンツ売ろうって話してたら結衣が買ってくれてね」

綾乃「……? 状況がよくわからないわ」

京子「要約しよう!私は結衣にパンツを買ってもらって生活してる」

綾乃「えええーっ!!?」

京子「だってさ、中学生で親にお金借りっぱなしってやばいでしょ」

綾乃「言ってることがよく分からないけど お、おパンツを穿いてなかった理由はわかったわ…///」

京子「へへ、さすが綾乃!」

綾乃「そ、それで…  いくらくらいで売ってるの…?」

京子「えっ」

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 13:05:59.21 ID:1EY0kKet0
京子「いや、綾乃… そこはちょっとでも止めてほしかったよ」

綾乃「あ… な、なにやってるのよー 取り締まるわよー」

京子「棒読みすぎだよ…」

綾乃「うぅ……///」

京子「それで、金額だっけ」

綾乃「え、ええ…」

京子「1枚3000えん 今のところね」

綾乃「へ、へー お買い得ね」

京子「え…そうなの?」

綾乃「って違う!今後そんなことはやめるように!生徒会からの忠告なんだからね!」

京子「ぶー わかったよー」

104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 13:09:16.75 ID:k9+WUGmA0
ヘタレのくせにとんだむっつりだったぜ!

107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 13:18:41.42 ID:1EY0kKet0
綾乃「あ、待って」

京子「なんだよー これからどうお金を稼ぐか考えなくちゃいけないんだけど」

綾乃「あの… 落ち着いて聞きなさい」

京子「うん」

綾乃「お金に困ってるって、具体的になんで困ってるの?」

京子「コムケって連れてったでしょ? 簡単に言うとあれで、同人誌の印刷代とかコスプレ代とか電車代とか引くと儲けがなかったんだよ」

綾乃「ふむふむ…なるほど」メモメモ

京子「それでいつの間にか親から借りてたお金が10万円になっててね」
京子(本当は15万だけど)

綾乃「ふんふん… 10万はちょっときついわね…」メモメモ

京子「綾乃… もしかして本気で考えてくれてるの…?」

綾乃「そ、そんなわけないじゃない!/// それに生徒会副会長として学生を助けるのは当然なのよッ!」

京子「そっかぁ… へへ…」
京子(メモまで取って… ありがとう 綾乃)

109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 13:26:45.83 ID:hPGo/3zY0
綾乃がパンツを5000円で買う
結衣が対抗して7000円で買う
段々と上がっていくパンツ代
そうして京子ちゃんはパンツを売る幸せを覚えたのでした

116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 13:37:54.55 ID:1EY0kKet0
綾乃「とにかく、わかったわ… いま歳納京子はお金がほしいのよね」

京子「うん… 今と言わず常に欲しいけど…」

綾乃「あ、あのね…」

京子「ん?」

綾乃「わわわ私なら、一気に5枚セットで2万円で買ってあげるわ…///」

京子「えっまじで!?」

綾乃「うん… (プリンを我慢するだけであなたが助かるなら…)」

京子「綾乃って私のパンツほしいの?」

綾乃「な…ち、違うわよ!! お金に困ってるって言うから仕方なくっ…」

京子「ごめん、デジャブった… ありがとう! じゃあ明日もってくるよ!」

綾乃「え、ええ…///」

京子(あれ…? ところでパンツである必要ってあるのかな…?)

129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 13:47:19.96 ID:jenaOWP90
てか中学生がよく2万なんて出せるよな…まったく…俺にも買わせろよ

132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 13:51:03.46 ID:1EY0kKet0
-更に次の日-

京子「おーい!あやのー!ぱんつー!」

綾乃「ちょっ……クラスの真ん中で言うなんてどれだけ無神経なのよ!」

京子「わるいわるい… 2まんえんも一気に入るって考えたら嬉しくてね」ボソッ

綾乃「ふ、ふん! はい、2まんえん」ボソッ

京子「うわ… 全部1000えんって なんかびんぼっちい」

綾乃「し、仕方ないでしょ!少しずつためたお金なんだから… そ、それで…物は?」

京子「あぁ!はいこれ」サッ

綾乃「ちょっとぉ!!/// そのまま持ってくるなんておバカすぎるわよ!!せめて袋とか…」

京子「じゃあこのライオンの袋もあげるよー 100円だし」

綾乃「せ、センスないわね… (でもおそろい)」

京子「ぶー 要らなければ手で持ってけば!」

綾乃「もらう!貰うわよ!///」

結衣(今渡してたの…パンツ…?)

140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 14:07:31.07 ID:1EY0kKet0
結衣「綾乃、ちょっといい?」

綾乃「船見さん? な、なにかしら…」

結衣「京子のことについてなんだ」ボソッ

綾乃「…! い、いいわ 聞きましょう」

結衣「単刀直入に言うよ 「買った」でしょ 」

綾乃「…あなたもなんでしょう? 聞いてるわ」

結衣「まったく京子は…おしゃべりだな」

綾乃「でも…私もあなたも、あくまでも歳納京子のお金のため そうよね?」

結衣「あ…!  …ふふ…そういうことか まったく綾乃も 副会長らしからぬ言葉だよ」

綾乃「……あなたは好敵手だと思っているわ」

結衣「私も今、認識したよ」

153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 14:17:00.90 ID:1EY0kKet0
京子「へへ…26000えんかぁ いいペースだなぁ」

京子(あれ… パンツあと何枚あったっけ 調べないと)

千歳「うん? 26000えん?」

京子「おおう 千歳ー 貯金が26000えんも貯まったのだよー」

千歳「そ、それって多いんかな…?」

京子「私にしてはと付けておこう!」

千歳「ふぅん… そいえば綾乃ちゃん知らへん?」

京子「さっきパン… ぱ、パン渡したっきり見てないな」

千歳「パン? 綾乃ちゃん昼はお米派やのに珍しいね」

京子「そ、そうなのー! あ、ほらいたよ」

綾乃「ふぅ…」

千歳「まるで賢者の顔つきやね 綾乃ちゃん、どうしたん?」

綾乃「ちょっとね 交渉?」

千歳「交渉… うちの見てへんところで盛大に戦っとるんやね… うんうん」

綾乃「え、うん そういうことかしら」

162 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 14:24:26.07 ID:1EY0kKet0
-京子の家-

京子「ふんふーん♪」

ガサッ

京子「あーっ!!」

京子(あと6枚しかない…! も、持たないじゃん…)

京子「うぐぐ… 他に何か売れるものないか探さないと… パンツはせいぜいあと2枚ってところだ」

京子「うーん 写真? これはちょっとな 顔も分かっちゃうし…」

京子「ちょっと検索してみようかな」

カチッ カチッ

京子「…いやいや、これはちょっと…」

カチッ カチッ

京子「え… だ、唾液かいますって…?」

京子「でも…」ゴクリ

170 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 14:37:13.43 ID:1EY0kKet0
京子「結衣、相談があるんだ…」

結衣「どうした?」

京子「じつはパンツが切れそうなんだ」

結衣「あかりがソーイングセット持ってるよ」

京子「在庫切れって意味だよ!」

結衣「わかってるよ」

京子「それで代わりに売る物を探してたんだけど…」

結衣「なにかあった? あんまりないでしょ」

京子「よ、よだれだって…」

結衣「ぶふっ! な、なんだって…?」

172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 14:40:28.38 ID:1EY0kKet0
京子「だからよだれ そういう業界でパンツ並みに売れるんだって」

結衣「へ、へー… あといくらなの?」

京子「今26000円だから… 74000円」

結衣「え、24000円じゃなくて?」

京子「あ… はは!そうだった!」

結衣「計算間違いにも程があるだろ…変なやつ…」

京子(結衣には5万、綾乃には10万って言ったせいで面倒なことになってきた)

京子「だからまぁ… 売りに行ってみようと思う」

結衣「……仕方ないな」

京子「え!もしかしてついてきてくれるの? じつは不安でさ!結衣が来てくれるならたすか」

結衣「私が買おう」

京子「えっ」

174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 14:41:41.05 ID:4fkqLC6+O
言い方がイケメンwww

179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 14:42:51.19 ID:8PyFMwsi0
結衣「私が買おう」キリッ

182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 14:44:55.28 ID:k9+WUGmA0
なんて凛々しい顔つきで変態的なセリフを吐くんだこの中学生は

186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 14:47:36.60 ID:1EY0kKet0
結衣「だから変なおじさんとかに(略)」

京子「い、いや…さすがに友達によだれ売るなんて最低じゃない…?」

結衣「なら買う側も最低だよ そういうことも考え出すほどに切羽詰まってるんでしょ?」

京子「結衣…」

結衣「買うよ どのくらいでいくらにするの?」

京子「また相場みるの忘れたよ」

結衣「じゃあ1リットルで3万円でどうかな」

京子「魅力的! …けど、1リットルってどれだけ吐き続ければいいの…?」

結衣「そ、それもそうだね …うーん」

193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 14:55:50.14 ID:WdlazhCqO
ラムレーズン目の前に置けば涎溢れそうだな

195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 14:56:22.40 ID:1EY0kKet0
綾乃「あら… 2人でなにしてるの?」

京子「綾乃… あのね、えっと」

結衣「やっ、綾乃 京子が唾液を売ってくれるらしいよ」

京子「えっ ちょっと結衣?」

綾乃「うそ…… い、いくら?」

結衣「リッター3万 だけどそんなに出ないって」

綾乃「確かにそうね… 1口1000円とかじゃダメなの?」

結衣「なるほど…」

京子「え? え?」

京子(なんでこの2人普通に話してるの!? え、私のことだよね!?)

203 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 15:04:21.36 ID:1EY0kKet0
結衣「いやでも1口って概念が難しいよ 口いっぱい? それとも一滴?」

綾乃「一滴かしら… 口いっぱいだと、100ミリくらい入りそうだし」

結衣「あ、ていうか口いっぱいの量を出すのも多分普通はできないよね」

綾乃「ええ… 難しいわね やっぱり雫、が歳納京子への負担が小さいと思うけど」

京子(ど、どうしよう… 本人がいる前でレートの話してる)

京子「あのさ… 2人が買ってくれるのは分かったけど… そんなに白熱しないでよ…」

結衣「重大だよ 唾液なんて生涯出るもの 相場を今間違えたら今後一生間違えたままなんだぞ」

綾乃「ええ 高い設定ならまだしも、安い設定になってしまったら大損するのはあなたよ」

京子「もう何言ってるのか分からないです…」

209 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 15:09:34.29 ID:1EY0kKet0
結衣「いいこと思いついた」

京子「ま、またそのセリフ…」

結衣「唾液って概念から一旦離れよう 好きな飲み物の口移し1回5000円でどうかな」

綾乃「名案だわ!」

京子「いやいや…もう最初と全然違うんだけど…」

結衣「嫌、かな…? 唾液よりマシだと思ったんだけど…」シュン

京子「あ…えっと… よだれよりは…いいかな、なんて」

綾乃「じゃあとりあえずこっちの案を優先ね」

京子「はい…」

214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 15:17:56.09 ID:1EY0kKet0
結衣「はい、じゃあ5000円ね この生茶で…頼むね」

綾乃「ちょっと! …って私今日はお金もってない…」

京子「ごめんね、綾乃 今日は結衣のばん」ゴクゴク

綾乃「くぅっ… わ、私あっち向いてるから」

京子「あ、普通に飲んじゃった」

結衣「アホ!」

京子「でもお茶の味するからいいでしょ…… ん!」チュー

結衣「んっ! ……///」

京子「ぷふ… こ、これでいい?」

結衣「生茶の他に… ハッカの味が」

京子「ごめん さっきちょっとハッカのアメくってた」

結衣「いや… むしろいいかも」

綾乃「お、覚えてなさいよ! 船見さん!」ダッ

結衣「今日は私の勝ち、と」

京子(えっと…これで31000えんか まだ3分の1もない… 早くしないと)

218 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 15:24:02.99 ID:1EY0kKet0
-後日-

京子「綾乃ー ちゅー」

綾乃「ば、ばか! だからクラスで言わないでって…///」

京子「あっごめん いつやるの?」

綾乃「そういうこと聞く? 普通…///」

京子「お昼でいいかー」

綾乃「え、ええ…」

京子「おっけー」

綾乃「あ、あのね? 1つオプションをつけたいんだけど…」ボソッ

京子「なんで小声なの?」

綾乃「船見さんに聞かれたくないからよ  守ってくれるなら1万円だすわ」ボソッ

京子「え!ま、マジで! オプションってことは基本そのままだよね?」

綾乃「ええ、あまり変わらないわ」

京子「わかった!いいよ!」

223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 15:29:35.14 ID:1EY0kKet0
-昼-

綾乃「歳納京子… 生徒会室いきましょ?」

京子「え… ま、まぁそっか その方がいいよね」

綾乃「ええ…」


京子「よっし それでオプションってなに?」

綾乃「私に飲み物を口移しは、そのままでいいわ」

京子「うん?」

綾乃「追加で、私のプリンを口移しであなたが食べて」

京子「え!?」

綾乃「修学旅行の時は… あーんもさせてくれなかった…そんなにいやなの…?」

京子「嫌じゃないよ! うん、いいよ いいってば」

綾乃「良かった はい、1万円ね」サッ

京子「やったー」

235 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 15:37:01.57 ID:1EY0kKet0
京子「うわ、綾乃 いちごミルクとか可愛いもの飲んでるね…」ゴク…

綾乃「う、うるさいわよっ!/// はやく頂戴…のどが渇いて…」

京子「ん、んー」チュー

綾乃「んッ…んくっ…///」ゴクッ

綾乃「お、おいしいわ…///」ウットリ

京子「うん、あとプリンだっけ」

綾乃「え、ええ… (なんかクラクラしてきた…大丈夫かしら私)」

京子「へーいプリン!」

綾乃(なんでこんなに余裕なのよ…)モキュモキュ

綾乃「……///」チュー

京子「んもっ……///」ゴク

綾乃「はあ… ど、どう…?」

京子「これ…もらう側の方が緊張するよ…///」

237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 15:39:53.87 ID:1EY0kKet0
綾乃「……///」カァッ

京子「綾乃? 顔、赤って言うより真紅だよ…? 大丈夫?」

綾乃「だ、大丈夫よッ!! も、もういって!」

京子「うん… おかね、ありがとうね」

綾乃「………はぁ」

綾乃(おかねで歳納京子とキスなんて… 望んでた形じゃなかったんだけど…)


京子「41000円…いい感じかな?」

京子(もっと…もっと高いものを探さないと…)

244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 15:46:18.19 ID:1EY0kKet0
京子「………うーん」

カタカタカタ…カチッ カチッ

京子「あと10万と9000円だもんなぁ… きつい…」

ニュース「本日、七森中学校付近でこの中学校の生徒と思われる女子生徒が鼻血を吹きだして倒れているという通報があり……」

京子「うーん… 10万がでかい 10万一気にほしい」

カタカタカタ…カチッ

京子(うー…ないなぁ)

ニュース「目を覚ました女子生徒は「これがうちの望んだ世界や 夢はかなった 悔いはない」などと意味不明な発言を繰り返しており……」

京子「ん? これは… えんじょ、こーさい?」

京子「い、1回5万!? これすごいぞ!」

251 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 15:50:49.72 ID:1EY0kKet0
京子「なになに…?  え…///」

京子「こ、これはさすがに無理だよ やったら完全に終わりな気がする」

京子(ないなぁ… どうしようかな…)

カタカタカタ…

京子「ん? あぁ・・・・これもダメだ」

カタカタ…カチッカチッカチッ

京子(どうしよ… 結衣に相談してみようかな)

254 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 15:56:13.05 ID:1EY0kKet0
-休日-

京子「結ー衣にゃん!遊びに来たよ!」

結衣「あぁ、京子 ちょっと待って あける」

ガチャ…

京子「やっ!」

結衣「うん…」

京子「ど、どうしたの?」

結衣「いや、その… 無理してない?」

京子「え!し、してないよ!?」

結衣「だってお金で… 私や綾乃と色々…」

京子「大丈夫だってー 自分のせいなんだし、ここまでやったからにはちゃんと返さないと!」

結衣「京子……」

264 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:03:33.42 ID:1EY0kKet0
結衣「……はい」サッ

京子「え…4万円…? こ、これなに?」

結衣「私の貯金 あとで返してくれればいいから使って」

京子「でも… 友達に借りて返すのはおかしいよ…」

結衣「じゃあ今はあげるから どうせお前とは、今後ずっと一緒だろうし いつか何かしらの方法で返してもらうさ」

京子「結衣…」

結衣「いいから。本当は5万じゃないんでしょ?」

京子「はは… 結衣には隠せないね 本当は15万 これ入れてもあと7万だよ」

結衣「7万…か…」

京子「なにかないかな 方法」

結衣「あかりとか、ちなつちゃんに借りるのは?」

京子「だから、友達には借りられないよ…」

結衣「そ、そっか… うーん…」

269 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:07:52.31 ID:1EY0kKet0
京子「えんじょ、こーさい…」

結衣「え!?」

京子「1回で5万円だって…」

結衣「ば、バカ!なんなのか分かってて言ってるのか!?」

京子「でも私、同人活動を早くやりたいんだ… それしか楽しみがないから」

結衣「わ…私が!私がなんとかしてやるから!」

京子「結衣…?」

結衣「お前はそういうこと…するな」

京子「ご、ごめん… わかった…」

279 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:13:03.44 ID:1EY0kKet0
-更に後日-

綾乃「あの… 歳納京子?」

京子「ん、なに?」

綾乃「その、なんかごめんなさい… お金であなたをもてあそぶようなこと…」

京子「いいよ 私が決めたことだから」

綾乃「そ、それでね あなた本当に困ってるみたいだし 少しだけなら…おかね、貸すわよ?」

京子「ううん 友達には借りたくないんだ でも、ありがとう」

綾乃「…そう… 本当にごめんなさい…」

京子「いいって それより千歳はいいの?」

綾乃「あ、なんか入院したみたいで…」

京子「ま、まじで…? どうしたの?」

綾乃「大量出血で意識不明になったんだって… でも昨日お見舞いにいったけど、ピンピンしてたわ」

京子「そっか… 私も行った方がいいかも」

284 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:15:32.60 ID:1EY0kKet0
-病院-

千歳「あっ、歳納さんー お見舞いにきてくれたん?」

京子「うん… なんだ、元気そうだね」

千歳「……むしろ、歳納さん方が元気ないね?」

京子「…! え、そ、そうかな!」

千歳「船見さんは一緒じゃないん?」

京子「今日休むってさ 風邪ひいたとかって言ってた」

千歳「そか… じゃあ、うちなんかより船見さんのお見舞いに行ってあげて」

京子「何言ってんの 千歳も大切な友達だよ …でも、そろそろ結衣のところにいくよ」

千歳「うんうん… それでええんよー」

285 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:17:49.43 ID:1EY0kKet0
京子(なんだろう…胸騒ぎがする…?)

コンコン!

京子「結衣ー! 京子だよん!」

結衣「…あ、ああぁ…京子か… ちょっとまって」

京子「……?」

結衣「お、おみまい…?」

京子「うん… ねえ結衣、本当に風邪?」

結衣「……そ、そうだよ」

京子「でも…」

290 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:20:52.75 ID:1EY0kKet0
結衣「そうだ… おかね、7万円できたから」

京子「え!? ど、どうやって…?」

結衣「内緒 盗んだりしたわけじゃないから …使って」

京子「ま、待ってよ そしたら11万円ももらったことになっちゃうよ…」

結衣「いいんだよ お前がそんな借金なんて小さいことを気にして、うじうじしてる方が私は嫌だ」

京子「結衣……」

結衣「ほら、早く返してきなよ」

京子「ごめん… ありがとう、結衣… 一生忘れないよ」

結衣「大げさだな 早く行きなって」

京子「うん…!いってくる!」


結衣(…これが私のやり方だよ 京子が傷つくくらいなら、私が…)

302 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:24:31.54 ID:1EY0kKet0
タタタタタ・・・

京子「返してきたよ!書類も破ってた!」

結衣「はは…よかったね もう悩みはない?」

京子「うん! …うん…」ウルウル

結衣「え… なに、どうしたの?」

京子「結衣… 今日休んだのって…私のために…ひぐっ…」

結衣「お、おい…何いきなり泣いてるんだよ」

京子「結衣、ごめんね…ごめんね…」

結衣「私は京子がいればそれでいいよ…」

京子「結衣ぃ…っ」

309 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:27:51.25 ID:1EY0kKet0
結衣「泣きやんでよ」

京子「うん……」

結衣「…落ち着いた?」

京子「結衣…」

結衣「ん?」

京子「結衣、ずっと一緒にいるから 私のためにここまでしてくれる結衣と…ずっと」

結衣「…ありがと」

京子「あ…ありがとうは私が言うんだよっ」

結衣「はは…どうしたしまして、かな」

京子(私は、結衣に尽くさないと… ずっと尽くすんだ)


~END~

311 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:28:40.75 ID:w27ppuSt0
oh...

312 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:28:47.58 ID:jenaOWP90

面白かった

314 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:28:57.36 ID:p2fR8rk/0
ん?終わり?

315 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:29:11.25 ID:QgEc1YcZ0
どうせガチなお姉さんが相手なんだろ? そうなんだろ?

316 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:29:45.54 ID:aqFVys2N0
綾乃ちゃんはどうなってしまったん?

318 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:29:56.61 ID:xdSv+j540
最終的には結衣は京子を手に入れてるし結果オーライか…

321 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:31:13.61 ID:sio9udCq0
ちなつ「・・・先輩服着て早く帰ってくださいよ」スパー

結衣「・・・うぅ」

323 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:31:27.14 ID:StYpisGF0
面倒になったのか

325 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:33:38.82 ID:k9+WUGmA0


綾乃ちゃんがかわいそうです!

326 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/09/20(火) 16:47:05.91 ID:vkzdkhlF0
同人誌でこんなことになるなんて・・・

関連記事
2011/09/21 06:07 | CM(3) | ゆるゆり SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2011/09/21 22:09 ]
  2. ゆいにゃんはなにをやって七万を手に入れたの?
  3. 774@いんばりあん [ 2011/09/21 23:56 ]
  4. お察しください
  5. 名無しさん@ニュース2ちゃん [ 2011/09/22 01:06 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング