HEADLINE

シェリル「ランカちゃんからの着信とメールが500件も来てる……」

2011/10/06 20:27 | CM(3) | その他 マクロスF SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 15:37:33.47 ID:1CCZiRsu0
ランカ「はぁ……」

オズマ「ん…?どうした?ランカ」

ランカ「な、なんでもないよ!そんなことよりお兄ちゃん…」

ランカ「キャシーさんと…幸せになってね!」

オズマ「あぁ。…独り暮らしで困ったことがあったらすぐ連絡するんだぞ?」

ランカ「もうっ!私だってもう子供じゃないよ!」

オズマ「フッ…。そうだな…」


キャシー「オズマ、そろそろ行きましょ…」

オズマ「おう。じゃあな、ランカ」

ランカ「うん、バイバイ!お兄ちゃん!」



ランカ「(……)」

ランカ「(私…、独りになっちゃった…)」

ランカ「(だ、大丈夫!独りでも大丈夫だよね…、きっと……)」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 15:45:32.83 ID:1CCZiRsu0
~次の日 学校 昼休み~


ランカ「ふぅ…。やっと授業終わったぁ…」

ランカ「(お腹すいたなぁ…。ナナちゃんをお昼に誘いに行かないと)」スクッ


ナナセ「あの…、ランカさん…」

ランカ「あっ、ナナちゃん!今お昼誘いに行こうとしt…」

ナナセ「す、すみません。今日は一緒にご飯食べられそうにないんです…」

ランカ「えっ?どうして?」

ナナセ「実は、ルカ君が『どうしても伝えたい大事な話がある』って…」

ランカ「ルカ君が…?」

ナナセ「ごめんなさい。本当に大事な話みたいで…」

ランカ「う…、うぅん!いいよ、ルカ君のところに行ってあげて」

ランカ「私のことは…気にしなくていいから」

ナナセ「本当に、ごめんなさい!」タッタッタ


ランカ「……」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 15:54:21.54 ID:1CCZiRsu0
ランカ「(ど、どうしよう…。独りになっちゃった…)」

ランカ「(アルトくんはシェリルさんと一緒に食べるだろうし…)」

ランカ「……」

ランカ「(とりあえず、今日は誰もいないところでお昼食べようっと…)」

ランカ「(寂しくご飯食べてるところを誰かに見られちゃったら嫌だし…)」

ランカ「はぁ……」トボトボ




アルト「さてと、昼はどこで食べる?」

シェリル「そうね…。やっぱり外がいいかしらね」

アルト「屋上…は目立つしな…。う~ん、いい場所が空いていればいいんだが…」

シェリル「ったく、早く探しなさ……ん?」



ランカ「……」トボトボ

シェリル「(ランカちゃん…?)」

シェリル「(どうしたのかしら…?独りぼっちで…)」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 16:03:21.35 ID:1CCZiRsu0
シェリル「……」

アルト「おっ、あそこはどうだ?明るいし人気も無いし」

シェリル「……」

アルト「ん?どうした?」

シェリル「ごめん、アルト。私ちょっと用事が出来ちゃったわ」

アルト「はぁ?せっかくいい場所見つけたってのに…」

アルト「(それに、シェリルと昼飯喰うの楽しみにしてたのに…)」

シェリル「だから、ごめんって言ってるでしょ」

アルト「『ごめん』じゃ…!!」

シェリル「な~に?そんなに私と話するのが楽しみだったわけ?」

アルト「そ、そういうわけじゃ…///」

シェリル「……仕方ないわね。今日の夜、アンタの部屋に行ってあげるわ」

アルト「えっ!?(夜!?)」

シェリル「お話するのは、その時……ね?」

アルト「し、仕方ないな…///まったく…」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 16:11:24.85 ID:1CCZiRsu0
ランカ「……」キョロキョロ

ランカ「(ここがいいかな…。誰もいないし…)」チョコン

ランカ「はぁ~ぁ…」

ランカ「(『ルカ君からの大事な話…かぁ』)」

ランカ「(きっと、ナナちゃんに告白するつもりなんだろうなぁ。ルカ君)」

ランカ「(もし2人が恋人同士になったら、明日から一緒にご飯食べるってことだよね)」

ランカ「(どうしよう…。家でも学校でも独りだなんて…)」


(アイ君「きゅ?きゅ?」)


ランカ「(こんな時、アイ君がいたらな…。励ましてくれるのに…)」

ランカ「(今は元気でやってるかな…)」


ランカ「(まぁいいや。お弁当食べよっと)」

ランカ「……」パカッ

ランカ「いただきまーす…」

ランカ「……」パクッ モグモグ

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 16:12:25.27 ID:xM5pDGxwO
ブレラー!!早く来てくれー!!

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 16:12:51.23 ID:1QBiAmXc0
アイ君がいない…?

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 16:19:12.23 ID:1CCZiRsu0
ランカ「……」モグモグ ゴクン

ランカ「…うん、美味しく出来てる」

ランカ「(でも…オカズを交換する相手は、もう私にはいない…)」

ランカ「(アルトくん……、ナナちゃん……、ミシェル君……、ルカ君……)」

ランカ「(皆で囲んで、お弁当食べたっけなぁ…)」

ランカ「はぁ…」

    「なぁ~に、辛気臭い顔してんのよ」

ランカ「えっ?」クルッ


シェリル「はぁ~い、ランカちゃん!」

ランカ「しぇ、シェリルさん!?どうして…?」

シェリル「『どうして…?』はこっちの台詞よ。あの眼鏡の子は一緒じゃないの?」

ランカ「そ、それが…」シュン

シェリル「うん?何かあったの?」

ランカ「……」

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 16:27:46.17 ID:1CCZiRsu0
シェリル「ふぅ~ん。そんなことがあったの」

ランカ「はい…」

シェリル「あの眼鏡の子、ぼんやりしてるようで中々やるわね~。スタイルもいいし」

ランカ「……。シェリルさんは……」

シェリル「ん?」

ランカ「シェリルさんはどうして私のところに来たんですか?」

シェリル「どうして、って…」

ランカ「最近はいつもアルトくんと2人で食べてるのに…」

シェリル「!? し…知ってたの!?」

シェリル「(って…、知ってるか。そうよね…)」


ランカ「今日…アルトくんお休みじゃないですよね?」

シェリル「そうね。本当は今日アルトと食べるつもりだったけど…」

ランカ「……?」

シェリル「さっき、ランカちゃんがしょぼんとして歩いていたのを見たから。心配になっちゃって」

ランカ「えっ…?」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 16:38:13.18 ID:1CCZiRsu0
ランカ「私のことを、心配してくれて…?」

シェリル「えぇ、そうよ。ほおっておけないじゃない」

ランカ「……」ポカーン

シェリル「んん?どうかした?」

ランカ「い、いえ…。まさかシェリルさんが、私に優しくしてくれるなんて……///」

シェリル「えっ」


シェリル「(まさか私って…、ランカちゃんに『人に優しくしない嫌な女』って見られていたの?)」

シェリル「(私は『頼れるお姉さん』ポジにいると思っていたのに…)」

シェリル「(や、やっぱりアルトとの三角関係があったからかしらね…?)」

シェリル「(むむむ…どうにかランカちゃんから信頼を取り戻して『優しい先輩のお姉さん』ポジにならないと…)」


シェリル「………」

ランカ「シェリルさん…?」

シェリル「ふふふっ、大丈夫よランカちゃん。これからは私がいるわ!」

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 16:48:31.68 ID:1CCZiRsu0
ランカ「えぇっ!?そ、それって…」

シェリル「今日からは、私がランカちゃんのお昼の相手になってあげる」

ランカ「ほ、本当ですか?」

シェリル「もちろん。嘘なんかついたりしないわよ」

ランカ「でも…アルトくんは?」

シェリル「あぁ、アイツ?放っておけばいいのよ」

ランカ「はぇっ!?」

シェリル「後輩が寂しくないようにするのも、先輩の役目よ」

ランカ「ど、ど、どうも…ありがとうございます……////」

シェリル「(ふふっ、これでランカちゃんとも仲良くなれるし、アルトを放置出来るし、一石二鳥ね♪)」

シェリル「(きっとアルトの奴、今頃悶々としてるわ……)」ニヤニヤ

ランカ「(シェリルさん…。アルトくんより私の心配してくれるんだ……)」

ランカ「(優しいな…シェリルさん……////)」


~その頃~

アルト「(今日の夜今日の夜今日の夜今日の夜今日の夜)」モンモン

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 16:49:51.65 ID:we29madT0
アルトェ

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 16:58:27.12 ID:1CCZiRsu0
シェリル「……」グゥー

ランカ「あっ…。お腹の音…」

シェリル「あっ、あはは…。カッコ悪い音聞かせちゃったわね///」

シェリル「(お弁当はアルトが持ってるし、何処かで買ってくるか)」スクッ

ランカ「しぇ、シェリルさん!」

シェリル「ごめんね、ランカちゃん。今日お弁当忘れちゃ…」

ランカ「わ、私のお弁当!……良かったら///」スッ

シェリル「あら、いいの?貰っても…」

ランカ「はいっ!はんぶんこにしましょう!」


ランカ「……」イソイソ

ランカ「はいっ、これ!シェリルさんの分です」スッ

シェリル「ありがと。本当にごめんね」

ランカ「いえ…/// シェリルさんに食べてもらえた方が嬉しいです!」

ランカ「でも…お口に合うかどうか…///」

シェリル「じゃあ、さっそく…。いただきまーす」

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 17:05:31.51 ID:1CCZiRsu0
シェリル「……」パクッ モグモグ

ランカ「……///」ドキドキ

シェリル「……」モグモグ ゴクン

ランカ「ど…どうでしょうか…?」

シェリル「うん!美味しい♪」

ランカ「ほ、本当に!? 本当に美味しいですか!?」

シェリル「とっても美味しいわ。これ、ランカちゃんが作ったの?」

ランカ「はいっ!へ…へたっぴですけど…」

シェリル「下手なんかじゃないわよ。お料理…上手なのね」ニコッ

ランカ「!///」ドキーン


シェリル「私はそういうのは全然ダメ。だからいつもアルトに…」

ランカ「アルトくんに…?」

シェリル「あっ…(しまった…)」

シェリル「あははっ、アルトは関係無いわよね…」

ランカ「……」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 17:14:28.32 ID:1CCZiRsu0
ランカ「(そっか…いつもアルトくんに作ってもらってるんだ…ご飯)」

ランカ「(だったらせめて…お昼だけでも…)」

シェリル「? どうかした?」

ランカ「あの…。学校でのシェリルさんのお弁当なんですけど…」

ランカ「明日から、私が作ってきましょうか…?」

シェリル「ランカちゃんが…?」

ランカ「あっ!すみません!…ご迷惑じゃなければ、で……」

シェリル「う~ん…」

ランカ「………///」ドキドキドキ

シェリル「……じゃあ、大変でしょうけど、お願いするわ」

ランカ「!」ピョン

シェリル「明日から、よろしくね」

ランカ「は、はいっ!シェリルさん!」


ランカ「(やったぁ…)」

ランカ「(明日からは…シェリルさんと一緒だぁ……///でかるちゃー!)」

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 17:22:42.56 ID:1CCZiRsu0
~その日の夜~

ランカ「~♪」

ランカ「(明日…どんなお弁当作ろうかなぁ…)」

ランカ「シェリルさん……///」ドキドキ

ランカ「(なんだろ…?この気持ち…)」ドキドキ

ランカ「(シェリルさんの事を考えると、胸がキュンキュンする…)」ドキドキ

ランカ「(シェリルさんに、優しくされたから…?)」ドキドキ

ランカ「(でも、女の子同士なのに……)」ドキドキ


ランカ「そ、そうじゃない!明日のお弁当の事を考えなきゃ…」

ランカ「(う~ん、シェリルさんは何が好きなのかなぁ…)」

ランカ「(いっぱい…作った方がいいよね…たぶん)」

ランカ「(でも、あんまり気合入れると『なんだコイツ』って思われるかも)」

ランカ「あぁ~!!どうしよ~!!」

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 17:29:28.02 ID:1CCZiRsu0
~その日の夜~

アルト「……」ポカーン

シェリル「ねぇ、アルト…?」

アルト「ん……?」

シェリル「今度の休みの日、2人で出掛けない?」

アルト「出掛ける……って?」

シェリル「もぉ!にぶいわね!!」

アルト「……」ポカーン

シェリル「だからぁ…、デート…しましょ?///」

アルト「あぁ…デートね……」

シェリル「何よ!さっきから気のない返事ばっかり!」

アルト「……」

アルト「くかー」

シェリル「なに寝たふりしてんのよ」ギュゥゥ

アルト「いてててて!!わかったよ、行けばいいんだろ?行けば…」

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 17:36:17.12 ID:1CCZiRsu0
~次の日 学校 昼休み~


ランカ「よしっ!授業終わった!」

ナナセ「あ、あの…ランカさん。私…」

ランカ「ルカ君の所に行くんでしょ?」

ナナセ「そ、そうなんです…。だから今日も…」

ランカ「うん。大丈夫だよ。私のことは気にしなくても」

ナナセ「えっ?」

ランカ「これからずっと一緒にいてくれる人が見つかったのなら、大切にしなきゃ!」

ナナセ「ランカさん…」

ランカ「頑張って!ナナちゃん!」

ナナセ「は、はいっ!私、頑張りますね!」

タッタッタッタ…



ランカ「……」

ランカ「(よぉ~し!私も美味しいお弁当食べてもらうぞ~!)」

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 17:46:15.35 ID:1CCZiRsu0
ランカ「(と思ったけど…)」

ランカ「……」キョロキョロ

ランカ「(あれ…?シェリルさん、何処にいるんだろ?)」キョロキョロ

ランカ「(シェリルさんが授業してた教室にはいないし……)」

ランカ「(すれ違いに…なっちゃったのかな……)」


ランカ「(もしかして、私との約束……忘れちゃったのかな?)」

ランカ「(メールも来てないし……)」

ランカ「(そんな…今日早起きしてお弁当作ったのに……)」ウルウル

ランカ「(アルトくんのところに…行っちゃったんだ…)」ウルウル

ランカ「(私、また独りなの?)」

ランカ「わたし……わたし……」ポロポロ

ランカ「私、お弁当作ってきたのに…シェリルさん……」ポロポロ





     「ランカちゃ~ん!」タッタッタ

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 17:55:53.22 ID:1CCZiRsu0
ランカ「!? シェリルさん!?」クルッ

シェリル「もぉ、何処行っちゃったかと思って探しちゃったわよ」

シェリル「って…、泣いてる…の?何かあった?」

ランカ「あっ、いえ!目にゴミが入っただけで……」ゴシゴシ

シェリル「そう?ならいいけど…」


ランカ「(良かった!私のところに来てくれた!)」

ランカ「(私ったら…シェリルさんは私を放って行っちゃうような人じゃないのに…)」

ランカ「(なに勝手に誤解しちゃってるんだろ…)」

ランカ「(シェリルさんはそんなことをする人じゃない!)」


シェリル「……?どうかしたの?」

ランカ「いえ…、なんでもありませんよ! えへへ…///」

シェリル「ふふっ、ちゃんと私のお弁当、作ってきたんでしょうね?」

ランカ「はいっ!もちろんです!」

シェリル「じゃあ何処かで食べましょ。お腹減っちゃたわ~」

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 18:03:44.23 ID:1CCZiRsu0
シェリル「いただきまーす!」

ランカ「召し上がれ♪」

シェリル「……」 パクッ モグモグ

ランカ「お、美味しいですか…?」

シェリル「…ゴクン うん!美味しい!」ニコッ

ランカ「……///」

シェリル「?? どうしたの?うつむいちゃって…」

ランカ「(ど、どうしよ…。恥ずかしくて、シェリルさんの顔が見れないよ…///)」


シェリル「あっ、そうそう」

ランカ「?」

シェリル「私、明日から仕事でしばらく学校に来れないから」

ランカ「えぇっ!?」

シェリル「ごめんね。ちょっと忙しくなるかもしれなくて…」

ランカ「(お仕事なら、仕方ないよね…)」

ランカ「私は大丈夫です。頑張ってください!」

43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 18:11:27.23 ID:1CCZiRsu0
~次の日 学校~


ランカ「(やっぱりシェリルさん、お休みみたい…)」

ランカ「(良く考えたら、私も仕事で学校休む時あるし…お弁当を作ってあげられる機会って少ないのかも)」

ランカ「はぁ…。いつも一緒にお仕事出来たらいいのにな…」


ランカ「(そういえば、今日のお昼休みはどうしよ…)」

ランカ「(今日こそ独りかな、流石に)」

ランカ「(大丈夫、寂しくない!淋しくない!!)」

ランカ「(私、淋しくないですよ!シェリルさん!)」

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 18:13:59.20 ID:AhDo0QiI0
ランカちゃん!

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 18:16:46.24 ID:1CCZiRsu0
~昼休み~


ランカ「……」ポツーン

ランカ「やっぱり…寂しい…」

ランカ「……」パカッ

ランカ「いただきまーす…」

ランカ「……」パクッ モグッ

ランカ「……」モグモグ ゴクン

ランカ「独りって…辛いなぁ…」


ランカ「今頃、シェリルさんはお仕事してるのかな…」

ランカ「……」

ランカ「電話とか…しちゃダメかな?」

ランカ「でも…シェリルさんの声が聴きたい…聴きたいよ…!」

ランカ「……」[携帯]ピッピッ

ランカ「……」[携帯]プルルルル

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 18:24:50.44 ID:1CCZiRsu0
ランカ「……」[携帯]プルルルル

ランカ「(出ない…。やっぱり忙しいんだ…)」

ランカ「(もう、切ろう…)」[携帯]プルルルルル


シェリル「ランカちゃん?」


ランカ「!?」

ランカ「あっ、もしもし?シェリルさん?」

シェリル「もしもし?どうしたの、ランカちゃん?」

ランカ「あのっ、そのっ…///」

ランカ「(出てくれた!忙しいのにシェリルさん…出てくれたよ…私のために…!)」ウルウル


シェリル「ふふっ、もしかして私の声が聴きたくなった?」

ランカ「!?」

シェリル「うん?」

ランカ「そ、その…っ。すみません、忙しいのに…///」

シェリル「気にしないで。私もちょうどお昼休みにしようかと思ってたところだから」

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 18:34:20.57 ID:1CCZiRsu0
~しばらくお喋りして~

シェリル「そんなことがあってね~」

ランカ「あはははっ!」

シェリル「…っと、そろそろ仕事に戻らないと」

ランカ「あっ、すみません、お忙しいところ…」

シェリル「いいのよ。私も気晴らしになったし」

シェリル「お話したい時は、気軽に電話してね?」

ランカ「は、はいっ!ど、どうも…///」

シェリル「ランカちゃんの事は気にかけてるからね。淋しいとか思わないようにしなさいよ?」

ランカ「は、はいぃ…///」

シェリル「じゃあね!」

ランカ「さよなら…///」プツン


ランカ「き、『気にかけてる』、……かぁ……」

ランカ「もしかして…シェリルさんも私と同じ気持ちなのかも……」

ランカ「私のこと…好きなのかも!」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 18:43:00.33 ID:1CCZiRsu0
~それから数日後~


ランカ「……」

ランカ「(あぁ…、気になるなぁ…)」

ランカ「(シェリルさん、私のこと好きなのかなぁ……?)」

ランカ「(最近、そればっかり考えてる…)」

ランカ「………」

ランカ「(そういえばシェリルさん、お仕事昨日までだったはず…)」

ランカ「(で、今日は学校がお休み……)」

ランカ「………」

ランカ「(電話、しちゃおうかな…)」

ランカ「(『気軽に電話して』って言ってたし…。出来れば会いたいな……)」

ランカ「(それに、確かめなくちゃ!シェリルさんの気持ち!)」

ランカ「そうだよ!確かめなくちゃ!」

ランカ「……」[携帯]ピッピッ

ランカ「……」[携帯]プルルルル

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 18:52:44.55 ID:1CCZiRsu0
~その頃シェリルは~


アルト「……」

     「お待たせ!」

アルト「おっ、ようやく来たな…」クルッ

シェリル「ふふっ、待った?」

アルト「……!///」

アルト「(気のせいか…、今日のシェリルはいつもより可愛い気がする…)」

アルト「(どうしたんだよ……ったく……)」


シェリル「んん?何よ、私に見惚れちゃった?」クスッ

アルト「そ、そんなんじゃ……!!///」

シェリル「冗談よ。アルトったらすぐムキになるんだから」クスクス

アルト「~~~~~!!」


シェリル「(ま、私がちょっと気合入れてきたってのもあるんだけどね)」

シェリル「(久しぶり……だしね。デートなんか)」

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 18:58:15.21 ID:we29madT0
(U^ω^)

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 19:03:35.20 ID:1CCZiRsu0
アルト「と、とにかく行こうぜ」

シェリル「えぇ……って、あら?」

アルト「ん?どうかしたか?」

シェリル「いや…何でもないわ」

シェリル「(携帯電話、部屋に忘れて来ちゃったけど……問題無いわよね)」

シェリル「(今日は久しぶりのオフなんだし…)」


アルト「ほらっ。ぼやっとするなよ」

シェリル「な、なによ!ちょっと持ち物点検してただけじゃない!」

シェリル「そもそも、アンタのリードが悪いのよ。私は悪くないわよ」

アルト「はぁ?じゃあ手でも繋ぐか?」

シェリル「えっ…?///」

アルト「な、なんだよ!///そういう関係だろ俺達…」

シェリル「そ、そうよね…。うん……」ぎゅっ

アルト「(勢いで言ったけど、『手繋ぐか?』ってのはやっぱ恥ずかしいな…)」ドキドキ

シェリル「(ったく…、もっと早く言いなさいよね……。バカ…)」ドキドキ

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 19:14:24.49 ID:1CCZiRsu0
~デート終了~


シェリル「そろそろ帰らなくちゃ…」

アルト「もうそんな時間か。早いんだっけ?明日」

シェリル「そうなのよ。だから今日は泊まるのは無理ね」

アルト「別にそういうのはいいって。今日は楽しかったし」

シェリル「……」

アルト「ん?どうした?」

シェリル「(そういうこと言うと、帰りたくなくなるじゃない…)」

シェリル「バカ……!」ぎゅっ

アルト「わかった、わかった。送って行くから」

シェリル「当たり前でしょ!?私を1人で帰すだなんて…!!」

アルト「はいはい」

シェリル「もぉっ!何よ、アルトのくせに!!」

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 19:22:03.68 ID:1CCZiRsu0
  ガチャ


シェリル「ただいま~」

グレイス「お帰りなさい」

シェリル「はぁ~、疲れた。バカの相手は疲れるわ」

グレイス「その様子だと、随分楽しんできたみたいね」クスクス

シェリル「むぅ…。放っといてよ!もう寝るから!」

グレイス「わかったわ。おやすみ、シェリル」

シェリル「おやすみ、グレイス」



~シェリルの部屋~

シェリル「ふわ~ぁ。流石に眠い…」

  [携帯電話]

シェリル「おっと、そういえば忘れてたわね」

シェリル「寝る前の確認……えっ?」

シェリル「ランカちゃんからの着信履歴が凄いことになってる……。メールボックスもいっぱい……」

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 19:30:38.33 ID:1CCZiRsu0
シェリル「ちょっ……。なんなのよこれ……!」ゾクッ

シェリル「なに?なんなの…?何でこんなに…」

シェリル「意味がわからな……」


携帯<ランカちゃんからTEL  ブイーンブイーン


シェリル「!?」ビクゥ

シェリル「(ら、ランカちゃんから電話が……)」


携帯<ランカちゃんからTEL


シェリル「うぅっ…」

シェリル「(正直、気持ち悪いから出なくていいわよね…?)」

シェリル「(今度、学校で会った時話せばいいし)」

シェリル「(そうよ。忙しかったことにすれば……)」

携帯<不在着信200件


シェリル「良かった…。切れた……」ホッ

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 19:38:37.55 ID:1CCZiRsu0
シェリル「はぁ…なんなのよ…。もう…」

シェリル「(緊急な連絡で10件とかならまだしも、200件って…)」

シェリル「(それに、グレイスがぼんやりしてるくらいだし、緊急って程のことは起きていないはず…)」

シェリル「(あとは…)」


携帯<ランカちゃんからの未読受信メール500件


シェリル「(これがヤバいわ…)」

シェリル「(500件が最大だから、それ以上メール送ってる可能性もあるのよね……)」

シェリル「(しかも今日だけで……)」

シェリル「うっ……」ゾクッ

シェリル「(気持ち悪い…。ランカちゃんったら、何考えて…)」


携帯<ランカちゃんからのメールが届きました  ブイーンブイーン


シェリル「ま、また!?」


シェリル「……。このメールだけ、見てみようかしら……」ゴクリ

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 19:41:24.18 ID:1CCZiRsu0
差出人:ランカちゃん

題名:無題

本文:
























どうして

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 19:46:25.61 ID:1CCZiRsu0
シェリル「!?」ビックゥ

シェリル「ななんあなななななんあなあんああな」ガクガクブルブル

シェリル「何よ……!?これ……!?」

シェリル「どうしてって……何が?」

シェリル「うっ……」

シェリル「おえぇぇぇっ」ビシャビシャ




シェリル「ハァハァ……」

シェリル「(もう……寝よう……)」

シェリル「(掛布団にくるまって寝よう……)」ゴソゴソ

シェリル「(……)」

シェリル「(……)」

シェリル「(眠れない……)」ガタガタ

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 19:55:18.85 ID:1CCZiRsu0
シェリル「(そうだ…。気晴らしにゲームでもやろうっと)」

シェリル「(第二次スパロボZがいいわね。ベッドの中でも出来るし)」

シェリル「……」ガクガクブルブル

シェリル「(あぁ……、楽しい……!スパロボ楽しい……!)」

シェリル「(私も出演してるから、皆もプレイしてね!)」

シェリル「(なんちゃtt……)」


    ガチャ……


シェリル「!?!?!?!?!?!?」ビクビクビクビクゥゥゥッッッ

シェリル「(なに……?今の音……?)」ガクガク

シェリル「(この部屋のドアノブが動いた音に聞こえたけど……)」ガクガクブルブル


シェリル「(き、きっと…!グレイスだわ……!)」

シェリル「(私がPSPやってるのに気付いて、モンハン一緒にやりたくなったんだわ……!)」

シェリル「(ちょ、ちょうどいいわ…!この前神おま引いたのよ……)」

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 20:04:21.58 ID:1CCZiRsu0
シェリル「ハァハァ…ハァハァ…!」ガクブルガクブル


   ひた…  ひた…


シェリル「(足音が近づいてきてる……!)」ガクブルガクブル

シェリル「(助けて…。助けて…アルトぉ……)」ガクガクブルブル


       ひた…  ひた…


シェリル「(そ、そうよ…!グレイスなのよ…!グレイスが近づいてきてるの…!)」ガクブルガクブル

シェリル「(お、お、お、驚かそうとしたって…、無駄なんだから…!)」ガクブルガクブル


      ひた…

シェリル「(止まった…!もはやこれまで…!!こちらから顔を出してやるぅ!!!!)」

シェリル「ぐ、グレイス!!モンハンやりましょう!!」ガバァッ

ランカ「…………」ジーッ

シェリル「ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!(声にならない叫び)」

ランカ「シェリルさん♪」ニコッ

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 20:14:28.07 ID:1CCZiRsu0
シェリル「あわわ…。あわわ…」ガクガク

ランカ「どうしてですか…?シェリルさん…?」

シェリル「え…?」

ランカ「どうして、私に電話とメールくれなかったんですか…?」

シェリル「ち、違うのよ!け、携帯を部屋に忘れちゃって…」ブルブル

ランカ「あぁ、そのことなら知ってますよぉ…♪」

シェリル「えっ…?」

ランカ「だって…、今日はずっとシェリルさんのこと見てましたもん…」

ランカ「今日の朝電話したら出てくれなかったから、おかしいなって思って…」

シェリル「あ…あわ…」ガクガク

ランカ「シェリルさんは私のこと裏切ったりしないですよね?だからおかしかったんです…」

ランカ「でも…」

シェリル「え…?」

ランカ「どうして…」

75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 20:22:02.92 ID:we29madT0
(U^ω^)<だって…、今日はずっとシェリルさんのこと見てましたもん…

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 20:22:25.07 ID:nvsgtEP+O
どうして…

77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 20:22:55.35 ID:1CCZiRsu0
ランカ「どうして…、部屋に帰った後も電話くれなかったんですか…?」

シェリル「そ、それは…!!そ、その…!!」

ランカ「私…、シェリルさんの声が聴きたくて、聴きたくて、聴きたくて……!」

ランカ「我慢できなかったのに…!!」

ランカ「私の事…、気にかけてくれてたんじゃないんですか…?アルトくんよりも…誰よりも……」

ランカ「なのに…、どうして……?」


シェリル「ち、違うの!違うの!!」

ランカ「何がですか…?」

シェリル「私、疲れちゃってて…。け、携帯を見ないで寝ちゃってたのよ…」

シェリル「だから…、確認出来なかったのよ…。電話くれていたなんて…」

ランカ「……」

シェリル「だ、だから……」

ランカ「うそつき……」

シェリル「!?」

79 忍法帖【Lv=21,xxxPT】 :2011/10/05(水) 20:29:34.02 ID:5WBnFhCS0
緑…

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 20:29:52.76 ID:1CCZiRsu0
ランカ「うそつき!!シェリルさんのうそつき!!」

シェリル「えっ!?ど、どうして…!?」

ランカ「だって…、グレイスさんが教えてくれましたもん」

シェリル「!?」




~15分程前~

グレイス「(まったく…。シェリルったら素直じゃないわね…)」

グレイス「(彼とデート出来て嬉しいって、言えばいいのに)」

グレイス「(まぁ、いいわ…。そろそろ私も………んん?)」


    どうして…  どうして…


グレイス「(何かしら?玄関から声が…)」

      ガチャ

グレイス「……どなた?」

ランカ「……あっ」

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 20:38:46.55 ID:1CCZiRsu0
グレイス「あら?あなた……」

ランカ「ど、どうもグレイスさん…。こんばんは」

グレイス「こんばんは。何か御用かしら?」

ランカ「あのぅ…。シェリルさん、いますか?」

グレイス「えぇ。さっき帰ってきたところよ」


ランカ「いま…。何やってます?もうお休みですか?」

グレイス「え~っと、ちょっと待ってね」ジーッ

グレイス「……」ジーッ

グレイス「ん~?どうやら、今携帯を見てるみたいね」

ランカ「えっ!?」

グレイス「それから……。なんか気持ち悪そうにしてるわね」

ランカ「どうして…!どうして!!」

グレイス「あら?どうかしたの?」

ランカ「入れてください…。お部屋に…」

グレイス「(あらま。シェリルったら面白いことになってるわね~)」ニヤリ

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 20:48:46.59 ID:1CCZiRsu0
~~~~~~~~~~~~~~~


ランカ「というわけで部屋に入れてもらったんです…」

シェリル「グレイス……!!グレイス助けて!!!」

ランカ「もぉ~シェリルさん、何言ってるんですか…」スッ

シェリル「ち、近寄らないでよっ!!」

ランカ「大丈夫ですよ…。1回裏切られたくらいで『好き』って気持ちは変わらないんですよ…?」

シェリル「グレイス!グレイスったらぁ……うぅっ……」ウルウル

ランカ「あぁ…!シェリルさん、泣かないで…」

シェリル「やめて…やめてぇ……」ポロポロ

ランカ「可哀想なシェリルさん…。アルトくんに酷いことされたんですね…」

ランカ「でも大丈夫。私が慰めてあげますから…」

ランカ「アルトくんのこと…忘れられるくらい…」

ランカ「ずっと…ずっと…愛してあげますから…!!」

ランカ「だから私だけを見て…?」

ランカ「私を独りにしないで…」

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 20:54:43.67 ID:wpulOlgd0
KOEEEEEEEEEEEEEE

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 20:56:55.46 ID:1CCZiRsu0
~数日後~

アルト「おかしいな…。シェリルと連絡が取れない…」

ランカ「~♪」トコトコ

アルト「あっ、ランカ!」

ランカ「アルトくん。どうかしたの?」

アルト「実は…最近シェリルと連絡が取れないんだ…」

ランカ「ふぅ~ん」

アルト「何か知らないか?一緒に仕事したとか…」

ランカ「大丈夫!シェリルさんは元気だったよ!」

アルト「本当か!?」

ランカ「うん…。アルトくんにもよろしくって」

アルト「そっか…。忙しいんだな…、きっと…」

ランカ「(ふふっ…。大丈夫だよ、シェリルさんは…)」

ランカ「(だって……、これからは私がずぅ~っと………)」


   ~終わり~

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 20:59:16.51 ID:+rQZPAPJ0
あわわわわわわわ



91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:00:26.95 ID:we29madT0


94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:02:09.04 ID:uklY+klt0
無事完結してよかた おつかれ

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:02:40.93 ID:1CCZiRsu0
ここまで見てくれた人ありがとう

書くの遅くてごめんな

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:10:27.48 ID:1CCZiRsu0
~オマケ~  アルト「ブレラからのメールが500件も来てる…」



アルト「……」トコトコ

アルト「はぁ~ぁ」

アルト「(シェリルの奴…どうして連絡くれないんだ…)」

アルト「(シェリルに…会いたい…!)」


アルトの携帯<新着メールが届きました


アルト「!? まさかシェリルか!?」 ピッ


差出人:不明

題名:こんにちは

本文:以前援護した、アンタレス小隊 隊長のブレラです。良かったら友達になってください。



アルト「はぁ?なんだこれ…。気持ち悪……」

アルト「削除……っと」

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:17:16.90 ID:1CCZiRsu0
アルト「ったく…。期待させやがって」トコトコ


携帯<新着メールが届きました


アルト「!? 今度こそシェリルか!?」



差出人:不明

題名:ギャラクシーの生き残りの者です

本文:VF-27に乗ってたんですが、覚えてませんか?あと、ランカの実の兄です。友達になってください。



アルト「うざっ!なんだよ、こいつは……」

アルト「削除っと…」ピッ


ブレラ「何故削除する?」スッ

アルト「うわっ!なんだよ、いきなり!?」

ブレラ「メールを削除しないでくれ」

アルト「え?本当にお前が送ってたのか?気持ち悪……」

98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:22:11.17 ID:faHmAhcXi
ワロタ
続けたまえ

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:24:09.74 ID:1CCZiRsu0
ブレラ「友達…」

アルト「あ?なんだよ急に…」

ブレラ「最近携帯を買ったから、友達が欲しい」

アルト「……」

ブレラ「アルト、メールアドレスを交換したから友達だな」

アルト「おう…」

ブレラ「友達にはメールを送るんだろう?」

アルト「まぁな…」

ブレラ「ランカが教えてくれた」

アルト「そっか…」

ブレラ「お前も俺にメールを送れ。わかったな?」

アルト「たぶん…」

ブレラ「俺もお前にメールを送ってやる」

アルト「やめて…」

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:29:38.09 ID:1CCZiRsu0
~ブレラの部屋~


ブレラ「ただいま……」

ブレラ「よし、早速アルトにメールを送るか」

ブレラ「何を書いたら…」


(ランカ「メールはね、自分の気持ちを伝える物なの!」)


ブレラ「自分の気持ち…」

ブレラ「……」ポチポチ

ブレラ「出来た…」


宛先:アルト

題名:俺の気持ち

本文:お前はランカに相応しくない。相応しいのは俺。


ブレラ「よし、あとは送信だな」

ブレラ「送信!銀河の果てへ!」ポチッ

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:35:56.02 ID:1CCZiRsu0
~数時間後~

ブレラ「……」

ブレラ「アルトからメールが返ってこない…」

ブレラ「何故だ…」


(ランカ「私がメールを送ると、シェリルさんは必ず返してくれるんだよ!」)


ブレラ「アルトは何故返さないんだ……?」

ブレラ「!!」ハッ

ブレラ「まさか…、『顔文字』……か……?」

ブレラ「なるほどな…」ポチポチ


宛先:アルト

題名:俺の気持ちo(^-^)o

本文:お前はランカに相応しくないm6(^Д^)相応しいのは俺(`・ー・)b


ブレラ「送信…」ポチッ

107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:42:53.20 ID:1CCZiRsu0
ブレラ「さて…返ってくるかな…」


携帯<新着メールが届きました


ブレラ「何ッ!?もう返ってきただと…?」

ブレラ「どんなメールが…?」ワクワク



差出人:アルト

題名:Re:俺の気持ちo(^-^)o

本文:良かったな。死ね



ブレラ「おぉ…!」

ブレラ「なるほど…。ランカがメールにハマるわけだ…」

ブレラ「コミュニケーションツールとして最適だ」

ブレラ「明日もアルトに送ろう」

112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:49:19.66 ID:1CCZiRsu0
~次の日~


アルト「……」トコトコ

ルカ「せんぱ~い!」

アルト「ルカか…」

ルカ「どうしたんですか!?元気が無いですね?」

アルト「お前は元気があるなぁ…」

ルカ「そりゃそうですよ!だってナナセさんが僕の彼女になってくれたんですよ!?」

アルト「……」

ルカ「あぁ…。僕の学園生活はバラ色だぁ…!!」

アルト「(チッ、劇場版だと触れられてもねぇくせに)」

ルカ「そういえば、シェリルさんとはまだ関係を?」

アルト「当たり前だろ。今日も一応メールを……あれ?」

ルカ「どうしたんです?」

アルト「いや、携帯を部屋に忘れたみたいだ…」

アルト「(ま、いっか…)」

113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:50:06.52 ID:+XL38BDs0
これコミュニケーションって言っていいんすかねwww

114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:54:12.69 ID:j457Tjkn0
同じ展開じゃねえかwwww

115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:56:47.84 ID:8ZkMABBy0
>>114
だがブレラは不思議と嫌じゃない

116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 21:56:59.32 ID:1CCZiRsu0
~アルトの部屋~


アルト「ただいま…」

アルト「(クソッ、最近シェリルと話もしてないからストレスがやばい…)」

アルト「(あいつ、忙しすぎだろ…)」

アルト「(もしかしたら、メールくれてるかな…)」

アルト「え~っと…」キョロキョロ


    [携帯]


アルト「あった、あった」[携帯]ポチッ


携帯<新着未読メール500件


アルト「!?」

アルト「ちょ……え?」

アルト「シェリルからのメール500件なら許す」

アルト「頼む…!シェリルからのメール…!来ていてくれ…!!」

119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 22:04:26.09 ID:1CCZiRsu0
アルト「……」[携帯]ポチッ

差出人:ブレラ×500


アルト「あいつ…何考えてんだ…」

アルト「一応見てやるか…。1通目…」ポチッ


差出人:ブレラ

題名:思ったこと

本文:ランカは可愛い


アルト「チッ……。それがどうしたってんだよ…」

アルト「2通目……」ポチッ


差出人:ブレラ

題名:思ったこと

本文:ランカは可愛い☆ミ


アルト「☆ミじゃねぇよ…。このパターンいつまで続くんだよ……」イライラ

122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 22:14:08.35 ID:1CCZiRsu0
アルト「とりあえず、100通目くらいまで飛ばすか…」

アルト「100通目…」

差出人:ブレラ

題名:あの細い腰をつかんで

本文:ランカと子作りしたいお!ランカと子作りしたいお!ランカと子作り楽しい!ランカと子作り楽しい!ラン(以下略)


アルト「!?」

アルト「100通目までに何があったんだ…!?」

アルト「ここじゃあ酷過ぎて書けないが、ランカとの子作りのことが熱く500文字書いてあるぞ…」

アルト「こりゃ、50通目くらいが気になるな…」

アルト「50通目…」ポチッ


差出人:ブレラ

題名:思ったことがあるんだが

本文:ランカは可愛い☆ミ お前もそう思うだろ? でな……すばらし……んはーっ!(以下略)


アルト「……。やっぱ全部削除しよう…」

126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 22:23:45.75 ID:1CCZiRsu0
アルト「えーっと、全件削除…」

    「待て!!」

アルト「!? …誰だ!?」

ブレラ「……ブレラ・スターン」

アルト「お前……!!俺の携帯のメールボックスをクソまみれにしたうえに、勝手に部屋に入るな!」

ブレラ「せっかく書いたんだ…。削除しないで欲しい…」

ブレラ「俺が思ったことを頑張って書いたんだ…」

アルト「……」

アルト「わかったよ。消さないでやるよ」

ブレラ「本当か?」

アルト「むしろ、お前は『消せ』と懇願するべきだがな」


ブレラ「そういえば、お前からのメールが着てないが?」

アルト「んなこと言ったって…」

ブレラ「お前の思ってることを書けばいい」

アルト「(俺の思ってること……か)」

128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 22:28:48.54 ID:2mNDHTtF0
アルトきゅんが大好きなブレラであった

129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 22:29:50.78 ID:1CCZiRsu0
アルト「俺の思ってること…それは……!」

ブレラ「メールで書け」

アルト「わかったよ…」ポチポチ

アルト「ほら、送信したぞ」

ブレラ「………」ワクワク


ブレラの携帯<新着メールが届きました


ブレラ「どれどれ…」ポチッ


差出人:アルト

題名:思ってること

本文:今、シェリルがどうしているか知りたい


ブレラ「なるほどな……」

アルト「(ブレラなら何か知っているかもしれない…)」

アルト「(俺はもう…、このことしか考えられない!!)」

130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 22:39:14.24 ID:1CCZiRsu0
ブレラ「わかった。ついてこい」

アルト「知ってるのか!?居場所を…」

ブレラ「あぁ。すぐに会わせてやる」

アルト「ブレラ……。ありがとう……」

ブレラ「俺とお前は友達だからな…」

アルト「いや、シェリルに会わせてくれるなんて…。お前は俺の親友だ!」

ブレラ「親友…?」

アルト「友達の1つ上のランクだよ」

ブレラ「親友…」


ブレラ「親友の上はないのか…?」

アルト「親友の上……?友達以上だから、『恋人』か?」

ブレラ「恋人……」

ブレラ「もし俺が親友からランクアップしたら、俺はお前の…」

アルト「はい、やめ!この話、やめ!」

アルト「親友のの上とかないから」

133 忍法帖【Lv=2,xxxP】 :2011/10/05(水) 22:46:46.31 ID:L3Sapj9r0
原作以上に面白いwww
腹が痛いwww

134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 22:47:43.30 ID:1CCZiRsu0
~シェリルの部屋の玄関~


ブレラ「ここだ…」

アルト「ここだ…って、ここはシェリルの部屋じゃないか」

アルト「シェリルは今、仕事が忙しいって…」

ブレラ「違う。シェリルは今、仕事はしていない…」

アルト「なんだと…?一体どういうことだ!?」


    「ふふふ…。最近お客さんが多いわね…」


アルト「!?」

      ガチャ

グレイス「ようこそ、アルトさん。シェリルに会いに来たのでしょう?」ニヤリ

アルト「……。会わせてくれるのか?」

グレイス「えぇ、もちろん…。で、ブレラは何しに来たの?」

ブレラ「俺はアルトの親友としてきた」

グレイス「ふぅ~ん……」

136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 22:55:35.54 ID:1CCZiRsu0
    [ド  ア]


グレイス「このドアの先に、シェリルがいるわ…」

アルト「ゴクリ…」

ブレラ「どうした?アルト。行かないのか?」

アルト「俺は…、俺は本当にシェリルに会えるのか…?」

アルト「急に不安になって…」

ブレラ「安心しろ。いざとなったら俺が援護する」

アルト「(お前、援護って言いたいだけだろ)」



ブレラ「なんなら俺が開けてやろうか?」

アルト「いや…!」

アルト「大丈夫だ。もう心の準備は出来た」

アルト「ブレラ…、『いざとなったら援護する』っての、期待してるからな!」

ブレラ「任せろ……(`・ー・)b」

アルト「(待ってろ…!シェリル…!!今行くぞ……!!)」

142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 23:05:05.32 ID:1CCZiRsu0
[ドア]ガチャ・・・


アルト「……?シェリr…?」

シェリル「………」

アルト「シェリル!!」

シェリル「………」

ランカ「シェリルさん…、ずっと一緒ですよ……」ぎゅっ

アルト「ラン……カ……?お前、何をやって……」

ランカ「…えっ?アルトくん!?それにお兄ちゃん!?」

ブレラ「君のお兄ちゃんだよ」

ランカ「ど、どうして…?」

アルト「お前こそ何やってんだよ!?シェリルを…、シェリルを!!」

ブレラ「ランカはシェリルを拘束して子作りの真似事をしているようだな……」

ブレラ「ランカ、教えてやるが……女同士で子供は出来ない」

ランカ「いいもん!子供なんか出来なくたって…。こうするとね……、暖かくて、好きな人と一緒になれるの」

ブレラ「なんだと…?」

145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 23:08:19.34 ID:oqe0aJb80
アルト逃げて早く

147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 23:13:50.24 ID:1CCZiRsu0
ランカ「女の子同士だって、いいんだもん!」

シェリル「………」

ランカ「そうですよね?シェリルさん…。私たち、愛し合ってるんですもん…」

シェリル「………」

アルト「認められるか!!そんなことぉっ!!」

ランカ「やめてよ!私とシェリルさんは親友なの!絆で結ばれてるの……」

ブレラ「(親友……)」

ランカ「だからね、シェリルさんは私だけの物なの。誰にも渡さない!!」

シェリル「………」


アルト「ランカ……!お前……!!」

ブレラ「アルト……」

アルト「ブレラ、お前もランカに言ってやれ!『お前のやってることは間違っている』と!!」

ブレラ「アルト、俺とお前は『親友』だよな……?」

アルト「えっ?」

アルト「いや、親友とか……えっ?」

150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 23:17:40.48 ID:3931vkI60
ちょ




おい

153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 23:22:47.06 ID:1CCZiRsu0
ブレラ「ランカ…。お前とシェリルは親友なのか?」

ランカ「勿論そうだよ! ね?シェリルさん!」

シェリル「………」

ブレラ「なるほどな……」チラッ

アルト「………」

アルト「(なんだよ…。援護どころか面倒事になってやがる!)」


ブレラ「アルト、お前もシェリルのように服を脱げ…」スッ

アルト「!?」

シェリル「………」

アルト「しぇ、シェリル……!」

ランカ「アルトくんも照れ屋さんだから、自分で脱げないんじゃないかなぁ?」

ランカ「私もね、恥ずかしがってるシェリルさんの服を脱がしてあげたの!」ぎゅっ

ブレラ「なるほど…」

アルト「(マズい…。無理やり脱がされる展開になったら、サイボーグのブレラに力では勝てない……)」

アルト「(考えろ……!俺なら……俺なら打開出来る!!)」

157 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 23:31:02.19 ID:1CCZiRsu0
アルト「(そうだ……!俺の携帯…!!)」

アルト「(これだぁっ!!)」ポチポチ

ブレラ「アルト……?一体何を……!?」

アルト「ランカぁ!これを見ろ!!」

ランカ「えっ?」


差出人:ブレラ

題名:あの細い腰をつかんで

本文:ランカと子作りしたいお!ランカと子作りしたいお!ランカと子作り楽しい!ランカと子作り楽しい!ラン(以下略)


ランカ「何これ……?」

アルト「お前はシェリルに依存しているようだが、もっとお前を愛してくれている人物がいるぞ!」

アルト「ブレラだ!シェリルなんかより、ブレラならお前を…!!」

ランカ「お兄ちゃん……。私を性的な目で見ていたなんて……」ドンビキー

ブレラ「………」


アルト「(くっ…!駄目だったか……!!)」

159 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 23:34:19.09 ID:SalGZ43I0
ワロタ

160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 23:38:22.66 ID:2AkSrj/a0
こんなの見たら誰だって引くに決まってるだろww

163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 23:41:28.11 ID:1CCZiRsu0
ブレラ「アルト……」

アルト「くっ…。好きにしろ…!」

ブレラ「親友のお前のおかげで、俺は目覚めた」

アルト「何ッ…?」

ブレラ「俺は妹のことを性的な目で見ていることを人前では言えなかった…。言う勇気がなかった…」

ブレラ「だが…、メールでなら…。メールでなら言えた!」

アルト「ブレラ……」

ブレラ「俺の友達……。いや、親友になってくれたことを感謝する」


ブレラ「ランカぁ!」

ランカ「近づかないで!怖い!」

ブレラ「記憶を失う前、記憶を失った後、そして記憶を取り戻した今!常にお前に言いたかったことを言う…」

ブレラ「ランカぁっ!」

ランカ「!?」

ブレラ「兄とか妹とかくだらねぇぜ!俺の嫁になれ!!」

アルト「(よしっ!言ったぁ!!)」

165 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 23:43:52.33 ID:8ZkMABBy0
クッソワロタwwwwwwwwww

167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 23:45:16.77 ID:xxtVXrnqO
やることは男らしいが内容がひどいwwww

169 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 23:53:00.09 ID:1CCZiRsu0
ランカ「うぅ……」

ブレラ「………」

アルト「(だ…、駄目か……?これでも……?)」

ランカ「で、でも…、やっぱり兄妹…だし…///」

アルト「(こ、これは…いける!いけるぞ、ブレラ!!)」

ブレラ「(`・ー・)b」


ブレラ「ランカ……。良く聴け」

ランカ「……?」

ブレラ「確かに俺とおまえは兄妹だ…。だが、女同士がアリなら兄妹でもアリなのではないか?」

ブレラ「お前とオズマのように、血のつながってない他人の間に兄妹の絆が生まれるのなら……」

ブレラ「血のつながってる兄妹の間に子供が生まれてもいいんじゃないか?」

ブレラ「だから……結婚しよう……ランカ」

アルト「(ぐっ……!いけるか……?)」

ランカ「……ブレラさん////」

アルト「(やった!ブレラがやった!!)」

170 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/05(水) 23:54:31.50 ID:rWZqQLdB0
NTRなんだろうがこれはwwwwwwwwwwwww
こんなNTRがあってたまるかwwwwwwww

175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/06(木) 00:03:06.25 ID:Rhw1fqfT0
ブレラ「ランカ…!///」ぎゅっ

ランカ「ブレラさん…!///」ぎゅっ


アルト「やった……!ついに戦いは終わった……」

シェリル「………」

アルト「大丈夫か?俺だ、アルトだ。わかるか?シェリル」

シェリル「………」

シェリル「………して……」

アルト「シェリル!喋れた! 良かった…。一時はお前がどうなるかと…」

シェリル「どうして……?」

アルト「!?」

シェリル「ランカちゃん、私を一生離さないって言ってたのに……!!」ギリッ

アルト「………」

アルト「どうして……?」

アルト「シェリル、誰よりも俺を愛してるって言ってたのに……!!」

   ~終わり~

177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/06(木) 00:04:06.92 ID:HSF8LXoC0
4人で同居しろ乙

178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/06(木) 00:04:52.23 ID:ZqIZSgix0
おわたweww

179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/06(木) 00:05:06.18 ID:SgwxdxTGO
そしてドロドロの愛憎劇へ



180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/06(木) 00:06:38.96 ID:Rhw1fqfT0
ここまで見てくれてありがとう

やっぱ序盤は暗すぎたのかな

181 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/06(木) 00:06:50.92 ID:FUzzJYpKO

もうめちゃくちゃや

182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/06(木) 00:07:08.70 ID:aHDIFG7hO
アルトが救われないwwww

184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/06(木) 00:11:22.69 ID:aOxon0W70

またいつか続き書いてくれ

関連記事
2011/10/06 20:27 | CM(3) | その他 マクロスF SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2011/10/06 23:06 ]
  2. クソワロタo(^-^)o
  3. 774@いんばりあん [ 2011/10/06 23:26 ]
  4. 面白かったぜ☆ミ

  5. 774@いんばりあん [ 2011/12/22 12:11 ]
  6. で、でかるちゃー・・・
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング