HEADLINE

初春「オ○ホ温め屋さんで~す!」

2011/10/14 12:49 | CM(8) | とある SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:03:13.15 ID:JHg2Qcss0
初春「オ○ホ温め屋さんで~す!」

初春が自分の能力をいかしてオ○ホを温める商売を始めたところ、大成功!

今日も行列が絶えません

客「ざわざわ・・・」

初春「押さないで、並んでくださーい!」

佐天「う~い~は~る~!」ばさっ

初春「ひゃあ!佐天さんっ!」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:03:52.80 ID:nV0Bxlj30
保温なんだが

5 忍法帖【Lv=35,xxxPT】 :2011/07/10(日) 10:04:30.04 ID:SeQz5y690
そのまま抜いてくれるなら並ぶ

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:05:37.23 ID:JHg2Qcss0
佐天「初春、私のオ○ホもあっためてよ!」

初春「え~?佐天さんも並んでくださいよぉ・・・」

佐天「親友じゃ~ん!特別サービスであっためてよ!」

初春「うーん、仕方ありませんね。はい!オ○ホとローション温めましたよ!」

佐天「サンキュー初春!」

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:12:04.72 ID:JHg2Qcss0
佐天「そうだ、私のオ○ホあっためてくれるなら・・・」

美琴「私たちのもいいわよね?」

初春「御坂さん!」

黒子「初春、わたくしのもお願いしますわ」

初春「白井さんも・・・」

美琴「いいわよね?」ごとっ

初春「あ・・・こんなにたくさん」

美琴「レベル5だから」

初春「そうですか、レベル5ですもんね」

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:15:31.36 ID:JHg2Qcss0
黒子「さーて!寮に帰ってヌキヌキですの~!」

佐天「あはは、私も家帰って抜くわ。バイバイ初春~!」

初春「あ、はい・・・(お代・・・貰ってない・・・)」

美琴「ありがと初春さん。じゃあね」

初春「はい・・・」


佐天黒子美琴「きゃはははは!」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:23:26.39 ID:pe/cea1o0
方向性がわからない・・・

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:24:38.49 ID:JHg2Qcss0
美琴「あ、私ちょっと寄るとこあるから」

黒子「はい、お疲れさまですの」

佐天「御坂さん、また明日!」

初春「あ、はい・・・」

美琴「バイバ~イ!」


黒子佐天「・・・。」

佐天「あいつ・・・ウザくね?」

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:28:41.18 ID:JHg2Qcss0
黒子「確かに・・・オ○ホいくつも持ってきて」

佐天「あっため終わったら寄るとこあるの~♪ってサクサク一人で帰るんですよ!?」

黒子「無いな・・・」

初春「・・・。」

佐天「あいつしかもレベル5だから~とか言ってたよ?マジうぜえんだけど?」

黒子「ですわよね~wwww」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:30:38.78 ID:visf5GqR0
方向性というか、何がしたいのか分からん
このスレタイなら早く男出せよ

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:31:18.34 ID:p91ur7O8O
いや



続けろ

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:32:47.45 ID:JHg2Qcss0
佐天「つーか、あんなにオ○ホ持ってナニすんだよwwwwマジ無えよ(笑)」

黒子「ギャハハハ!初春ぅあなたもそう思いますよねぇ?」

初春「えっ!?あ、はい!ホントむかつきます!」

佐天「へぇ?」

初春「お金も払わず毎日毎日、オ○ホ温めにくるなんて、たかりもいいとこですよね・・・」

黒子「あーあ、こいつ言っちまったよ(笑)」

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:38:13.69 ID:JHg2Qcss0
佐天「レベル5に楯突くとかwwwwww初春ぅあんたマジ度胸あるな(笑)」

初春「えっ!?え??」

黒子「お姉さまが知ったら、激怒なさいますわねぇ?」

初春「あ、あの・・・」

佐天「あ?お前は御坂にムカついてんだろ?」

初春「だって・・・みなさん・・・」

黒子「言い訳すんなよw」げしっ!

初春「痛っ!」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:41:59.49 ID:JHg2Qcss0
黒子「これはお仕置が必要なようですわね・・・」

初春「ひっ!や、やめ・・・」

佐天「だったら御坂がムカついてるって、態度でしめせよ!」どすっ

初春「ぐえっ!」

黒子「おらおら、てめえ御坂ムカついてんだろ?なら御坂になんかしろよ!」

初春「わ、私・・・」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:48:10.20 ID:mOv2hPCc0
ほぅ…

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:49:19.60 ID:JHg2Qcss0
佐天「おらおら、イジメちまうぞ!」

初春「私・・・御坂さんの家に・・・」

黒子「あぁん!?」

初春「御坂さんの家に、火を付けます・・・」

佐天黒子「ひゅ~~!」

佐天「言ったね初春ぅ!」

黒子「実家ってのは遠いので、御坂が『寄った』家に火を付けるってのはどうでしょう?」

佐天「お、いいね~」

初春「ハァハァ・・・」

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:49:58.58 ID:nV0Bxlj30
温めるってレベルじゃねーぞ

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 10:53:52.20 ID:JHg2Qcss0
佐天「おい、ホントにやるんだろうな?」

黒子「途中でビビったらお前の花畑燃やすからなーwwww」

初春「・・・黙れよ」

佐天「あぁん!?」

初春「お前らこそ、途中でビビって逃げんなよ?」

黒子「へぇ?楽しみにしてるよ」

佐天「きゃはははは!」

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:01:26.25 ID:JHg2Qcss0
その頃美琴は・・・
とあるアパートの一室

御坂妹「げほっ・・・げほっ」

打ち止め「ゴホゴホ・・・ゴホっ」

美琴「みんな~来たわよ~」

御坂妹「あ・・・お姉さま・・・」ふらっ

美琴「ああ、ああ、いいから寝てなさい。病人なんだから」

御坂妹「何時もすみません、お姉さま・・・げはっ」

美琴「よしよし、お土産持って来たわよ~♪」

打ち止め「ああ・・・オ○ホだぁ・・・ゴホゴホ」

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:05:47.26 ID:JHg2Qcss0
美琴「そう!初春屋さんのオ○ホよ!」

打ち止め「やっ・・・たぁ・・・」

御坂妹「げほげほ・・・いつもありがと・・・ございます」

美琴「もう、気にしない気にしない!さ、みんなで抜きましょう!」

打ち止め「ハァハァ・・・オ○ホ///」

美琴「はい打ち止め、ローションよ」

打ち止め「お姉さま・・・ありがと・・・ゴホゴホ」

美琴「よしよし♪」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:09:15.14 ID:JHg2Qcss0
がさがさっ

美琴「!」

御坂妹「あ・・・最近多いんです・・・部屋の外から、妙な物音が」

美琴「まさか、変質者かしら?ちょっと見てくるね」

打ち止め「お姉さま・・・おきをつけて」

美琴「ダイジョーブ!私レベル5よ?」

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:12:34.40 ID:JHg2Qcss0
美琴「・・・誰もいない・・・」

美琴「ん?なんだこれ?」

足元には大量の雑誌が置いてあった

美琴「しかもLO・・・なんでこんな物が?」

物陰から見つめる謎の人物「・・・。」

美琴「まあ、いっか!私もオ○ホで抜かないと♪」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:14:45.94 ID:w3pclPJw0
マジレスすると


オ○ホは温めるより冷やした方が気持ちいい

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:18:11.72 ID:JHg2Qcss0
数日後

美琴「今日こそあの不信人物を捕まえてやるんだから!」

物陰にひそみ、謎の人物が現れるのを待つ

美琴「よし、ここからならよく見える!」

一時間後

美琴「暇ねえ」

二時間後

美琴「オ○ホ持って来たのよね」

三時間後

美琴「ハァハァ・・・///」ぬっぽぬっぽ

余時間後

美琴「りゃめっ///オ○ホ気持ちいすぎてイっちゃう///あふぅうう///」ドピャドピュ

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:20:15.93 ID:JHg2Qcss0
がさがさ

美琴「来たっ!!」

謎の人物「・・・。」

美琴「死ねえええええええ!!」ビリビリ!

どっかーん!!

謎の人物「ぎゃーー!」

美琴「・・・やったか!?」

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:25:05.01 ID:JHg2Qcss0
一方通行「・・・。」ピクピク

美琴「あんたは・・・!」

そこに倒れていたのは、嘗て打ち止めが命を救った、一匹のセロリだった

美琴「セロリ・・・お前が何故・・・?」

一方通行「・・・。」ピクピク

見れば、セロリの手には山からとって来たのであろう柿や川魚、LOなどがあった

美琴「ああ、セロリ、お前だったのか!お前が持って来てくれてたのか!」

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:29:11.90 ID:JHg2Qcss0
一方通行「・・・。」

美琴「しかし、何故お前がこんな事を・・・?」

一方通行が何故このような行為にはしったのか?
まずはそこから説明せねばなるまい・・・


現在より、時間は少しさかのぼる・・・

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:33:20.21 ID:JHg2Qcss0
500年前、火星地表

上条「ついに追い詰めたぞ、一方通行ぉおお!」

一方通行「ギャハハハ!罠にかかったのはお前のほうだよぉおおおおお!」

インデックス「気をつけてとうま!ヤツは正気じゃ無いよ!」

上条「わかってる!・・・決着をつけよう、一方通行!」

一方通行「フヒヒヒヒヒジヒヒジ!」

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:35:39.88 ID:ehWVm7570
久々に狂気を感じた

43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:38:21.17 ID:JHg2Qcss0
上条「うおおおおおお!」ばきっ!

一方通行「三下ぁああああ!」ばきっ!

どっかーん!!

インデックス「・・・やったか!?」

一方通行「ぐはっ!」ばたっ・・・

上条「終わりだ、一方通行・・・」

一方通行「・・・やれよ」

上条「そのつもりだ、お前は・・・殺し過ぎた」


打ち止め「止めてぇ!」バッ

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:43:44.85 ID:JHg2Qcss0
打ち止め「この人を殺さないでぇ!」

上条「なっ・・・!?」

一方通行「くっ・・・!退けぇ、打ち止めぇ!」

打ち止め「嫌だ!退いたら、あなたは殺されちゃう!」

一方通行「退けえ!!」

上条「この子は・・・?」

打ち止め「お願いします!この人を殺さないで!
この人はミサカのこと助けてくれたもん!いい人だもん!」

上条「うっ・・・!」

一方通行「・・・ッ!」

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:48:46.43 ID:JHg2Qcss0
打ち止め「だから・・・殺さないでぇ・・・」ぽろぽろ

一方通行「退けよ・・・打ち止め・・・」

打ち止め「嫌ぁ・・・」

上条「悪いが、こいつは危険なんだ・・・」

打ち止め「そんな事・・・無いもん・・・」

インデックス「とうま、やるんだよ・・・」

上条「ああ・・・」スッ

打ち止め「嫌ぁ・・・お願い・・・」

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:50:57.22 ID:YsXKe/p80
とんでもないスレを開いてしまった

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:51:34.14 ID:YBuG7u/Li
マジキチ

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:52:02.23 ID:JNfIp+YI0
狂気しか感じない

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:53:52.97 ID:JHg2Qcss0
ドシュッ・・・!

一方通行「ッ!!」

打ち止め「いやあああああああ!」

上条「・・・。」
インデックス「・・・。」

一方通行「クハハハッハハハハ!俺はこんなもンじゃあ止まらねえぞおおお!」

上条「!!」

一方通行「悲しむことはねえ、打ち止めぇ!俺は必ず復活する・・・!」

打ち止め「うっ・・・うっ・・・!」

一方通行「キャハアアアア!束の間の平和を味わうがいい!俺はいずれ、何度でもお前の前に立ち塞がってやる!」

インデックス「・・・!」

一方通行「覚えておけ、上条当麻ぁあああ!必ず、必ずだああああああ!」


上条「ああ、待ってるさ!」


53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 11:59:52.44 ID:JHg2Qcss0
その後、不死の肉体を持つ上条はたびたび記憶を失いながらも生き続け、戦いつづけた

対となる一方通行は不滅の魂を持っているために、これまで6度の転生を重ねて復活し、その度に上条と戦った

アカシックレコードの端末たるインデックスも、この二人が会い見えるたびに、アカシックレコードより現世に光臨した


54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 12:03:49.29 ID:JHg2Qcss0
そして、最初の出会いより永い時間が流れた・・・

そう、仔猫がピアノの上を歩きまわり、モーツアルトを弾きあげる程の永い時が・・・


一方通行「あれは・・・打ち止め!?」


始めは他人の空似かと思った、しかし、違った

かつて身を挺して自分をかばってくれた少女は、再び自分を救ってくれたのだった

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 12:08:28.53 ID:JHg2Qcss0
そして、その少女が今、病に苦しんでいる!

一方通行は走った。打ち止めを元気付けようと思って・・・

その手には、自分の大好きなLOを持って!

一方通行「打ち止めぇええええ!」


美琴「死ねええええええええ!」ビリビリ!


一方通行「あ」ビリビリ!


ばたっ・・・

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 12:14:11.79 ID:JHg2Qcss0
一方通行「・・・。」(ああ、もうダメだぁ・・・体に力が入らねえ・・・)

美琴「なんで・・・あんたが・・・!」

一方通行「・・・。」(すまんな第3位、驚かせとまったな・・・俺ぁ打ち止めが心配だったんだよ。それだけだ・・・)

一方通行(ああ、コレで終いかぁ。呆気ねえなあ)

美琴「~~~~!~~~~!」

一方通行(ただ、打ち止めの病気だけが心残りだ・・・)

一方通行(いや、きっと大丈夫だろ・・・)

一方通行(あいつには・・・こんなに・・・優しい姉が・・・つい・・・て・・・)


一方通行(・・・。)

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 12:14:33.54 ID:/hA0MXHK0
これはつまりどう言う事なのか

60 ウンコちんちんマン ◆WOzlYvh7m2 :2011/07/10(日) 12:15:59.10 ID:JHg2Qcss0
初春佐天黒子「イイハナシダナー!」


おしまい!

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 12:18:07.78 ID:egkdGZly0
おい

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/07/10(日) 12:18:20.31 ID:eMJa0RG70
おい糞コテ続けろ

関連記事
2011/10/14 12:49 | CM(8) | とある SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2011/10/14 14:49 ]
  2. 最初の流れはミスミソウか?
  3. 名無し [ 2011/10/14 17:22 ]
  4. 何故まとめた
  5. 774@いんばりあん [ 2011/10/14 18:13 ]
  6. こんなのまとめなくていいじゃん
  7. 774@いんばりあん [ 2011/10/14 18:16 ]
  8. ものすごく無駄な時間を過ごした
  9. 名無しさん@ニュース2ちゃん [ 2011/10/14 18:55 ]
  10. 何故まとめた?
    この作者=管理人だからさ
  11.   [ 2011/10/14 20:43 ]
  12. とあるキャラを使う必然性が感じられない。
    [ 編集 ]
  13. 774@いんばりあん [ 2011/10/15 08:56 ]
  14. 俺は評価する
  15. 774@いんばりあん [ 2011/10/17 14:24 ]
  16. これは…何ですか?
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング