HEADLINE

岡部「まゆりっ!膣内で射精すぞっ!」紅莉栖「」

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 20:50:44.48 ID:ZEqAcZoyO
岡部「……あっ」

クリス「……今まゆりって言った?」

岡部「いや、つい勢いで……」

クリス「何よ勢いって……あんたキスしかしてないって言ってたわよね」

岡部「待て誤解だ!誤解だからこんな事でRSを発動させるな……あ」ぬろん

クリス「んあ」


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 20:57:22.56 ID:ZEqAcZoyO
岡部「……とりあえずシャワーを浴びてからに」

クリス「……して」

岡部「……何?」

クリス「いいから……先に最後までして」


岡部「!うぉぉぉっ!膣内に出すぞっ!クリスティーンナ!」

クリス「ちょっ!早過ぎ……んあーっ」




20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 20:57:56.70 ID:Q7ILlq1d0
>>19
おい






おい

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 22:49:18.14 ID:tH+CnXRl0
岡部「まゆりいいいいぃぃぃぃぃい!!!!!」ドビュルルルル

ガチャ
紅莉栖「ハローおかb…」

岡部「」

紅莉栖「」

岡部「」

紅莉栖「…お邪魔だったようね」ガチャバタン

岡部「ま、待て!早まるなクリスティーナ!!」


52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 22:51:51.70 ID:tH+CnXRl0
ー屋上ー

岡部「ま、待ってくれ紅莉栖!今のはちちがうんだぁぁそのあれだ機関の奴らが"マインドコントローラー"ヲシムケテウンタラカンタ」

紅莉栖「…」グス

岡部「く、紅莉栖…?」

紅莉栖「やっぱり…私じゃダメなのかな?」

岡部「え?」


55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 22:55:34.00 ID:tH+CnXRl0
紅莉栖「そ、そうだよね、岡部も男の子だもんね。私にはまゆりほどの魅力はないから…」

岡部「そ、そんなことはないぞクリステーーナ!お前にだってその、魅力は、あると、思うぞ…」

紅莉栖「…え?」

岡部「い、今のはそうだ、気の迷いだったのだ。お前はラボにとって重要な存在なのだ、俺に幻滅したとしても、お前にはどこかに行って欲しくない…」

紅莉栖「お、岡部…」



56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:00:13.63 ID:tH+CnXRl0
まゆり「ただいまゆしぃなのでーす♪」

ダル「オカリン牧瀬氏スラマッパギー…っていないのかお」

ダル「…んん?これは…」

ダル「(このティッシュから漂う独特のにほひはもしや…)」

ダル「(精子!?精子だ!!)」

まゆり「んー?」



58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:04:04.64 ID:tH+CnXRl0
まゆり「どうしたのーダル君?」

ダル「ああいやああははなんでもないおまゆ氏?wwwうんwww」

ダル「(こんなモン撒き散らすのはこのラボには一人しかいないお…)」

ダル「(オカリン…無茶しやがって…)」

ダル「(ハッ!もしかしてたまたまここにきてたルカ氏かも!?うわあやべえあの魅惑のバデーから排出された精子っすかこれはやばい夢がひろがりんぐ)」



62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:07:40.30 ID:tH+CnXRl0

まゆり「ダル君顔真っ赤だよ?大丈夫?」

ダル「ど、どうってことないお…」

ダル「とりあえずどうすりゃいいんこれ…」


カンカンカン
紅莉栖「…」

岡部「(…ふう。なんとか紅莉栖を説得することに成功したが、あれはどうやって処理しておこうか…)」

岡部「(そもそも今のでかなり俺のプライドは傷つけられた…もう鳳凰院凶真なんてやめてしまおうかヘヘハハ)」ガチャ

ダル「うん?」

まゆり「ほよ?」

岡部「あ」

紅莉栖「えっ」


65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:13:45.25 ID:tH+CnXRl0

岡部「(ああああああああもう終わったはい終わった俺の平和なラボメンライフが終わった)」

まゆり「オカリンどうしたの?オカリンも
顔が赤いよーえへへー」

ダル「…オカリンちょっとこっちくるお…」

岡部「う…うわあ…紅莉栖…たすk」ガチャバタン

まゆり「二人ともどうしたのかなー?」

紅莉栖「まゆり…」



69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:19:26.13 ID:tH+CnXRl0

ダル「ところでオカリン、このカピカピティッシュを見て欲しい。コイツをどう思う?」

岡部「…」

ダル「…」

岡部「…どう見ても俺のです本当にありがとうございました」

ダル「…なんで皆にバレる危険があるラボでやろうとしたか疑問が尽きないわけだが」

岡部「実はかくかくしかじかで…」



71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:25:48.32 ID:tH+CnXRl0

ダル「うわあ…これはひどい。変態番付で大関昇進になるレベル」

岡部「仕方ないだろう、ここは俺の家も同然。最近ご無沙汰だったのもあったのだ」

ダル「『ラボは貴様の部屋ではないんだー』ってこの前オカリン牧瀬氏に言ってなかったっけ?」

岡部「うっぐ…」

ダル「…はあ、仕方ないお。この事はまゆ氏には黙っとくから。後は自分でなんとかしてくれお?」

岡部「おお!流石マイフェイバリットライトアーム!話が早くて助かるぞフゥーハハハ!!」

ダル「…このオカリンが全然懲りてない件について」




76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:31:49.45 ID:tH+CnXRl0
ガチャ
岡部「…」

ダル「…」

まゆり「あ、おかえりオカリンダル君ー」

紅莉栖「…話はつけてきたの?」

岡部「ああ」

まゆり「オカリンどうしたの?思いつめた顔してるよ?」

まゆり「オカリンに困ってる事があるんだったら、まゆしぃにも相談してもいいからね?」

まゆり「まゆしぃは幼馴染だから…オカリンの痛み、分かってあげたいから…」

岡部「まゆり…」

岡部「(…エロい)」



77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:32:29.33 ID:Q7ILlq1d0
ダメリンwwwwwwwww

78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:34:41.68 ID:EzqItZcJ0
このオカリンもう駄目だww

79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:35:20.10 ID:tH+CnXRl0

岡部「(まゆりの幼馴染として過ごしてもう何年も経つが…ここ最近やっと気づいた事がある)」

岡部「(まゆりは、エロい。)」

岡部「(この華奢な体に釣り合わぬ豊満な胸…それでいてまだ顔に残るあどけなさ…他人を明るくさせる不思議な雰囲気が)」

岡部「(くっ…鎮まれ…まゆりは人質なのだ…俺が守らなければ…)」


紅莉栖「(お、岡部…///)」

ダル「(オカリンのオカリンがライジングマイサンしちゃってるお!気づけお!!)」


80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:38:00.23 ID:Q7ILlq1d0
とっとと紅莉栖に鎮めてもらえwwwwww

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:41:01.62 ID:tH+CnXRl0

岡部「大丈夫だまゆり…それにお前は俺の人質…人質の前で悪い格好は見せられないからなフゥーハハハ」

まゆり「オカリン…」

岡部「…俺が本当に困った時は、お前にも相談する。その時、改めてお前の力を貸して欲しい」

まゆり「うん…分かったよ。まゆしぃはいつまでも待ってるのです」

岡部「よぉし!それではラボメン諸君よ!今日もガジェットの開発に勤しむ事としようではないかフゥワーーハハハハ!!!」


ダル「(あの状況で上手くまとめやがった…イケメン爆発しろお)」

後は頼んだ

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:42:16.18 ID:Q7ILlq1d0
何だと?

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:43:10.54 ID:ktbeOfda0
>>82
紅莉栖ルート、ルカ子ルート、フェイリスルート、郁萌ルートお願いします

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:47:20.38 ID:tH+CnXRl0
そこまでしてたら夜が明けるお…

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:53:48.54 ID:tH+CnXRl0
明日早いし昨日からSS書きっぱなしだからすまんがもう寝るは…
お前らならできる頑張れ

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/16(日) 23:58:12.16 ID:o9dAGow/i
書けよおおおおおおおおおお!!

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 00:01:02.04 ID:gnyU0GZP0
書くよ

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 00:02:27.31 ID:QldWwzut0
何だこの書き手リレーな流れ…

>>91
期待していいんだな?

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 00:06:05.23 ID:gnyU0GZP0
岡部「ちんこがギンギンでやばい」

紅莉栖「鎮めてあげるからちんぽ見せれ」

岡部「ほい」ボロン

紅莉栖「結構デカいわね」チュパチュパ

岡部「ふぉっ・・・!!」ドピュッ

紅莉栖「ふぇっ!ちょっと岡部早すぎるわよ」ペッペッ

おわり

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 00:08:28.73 ID:GZEfGUcO0
これはひどい

109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 00:34:41.37 ID:gnyU0GZP0
紅莉栖「エッチなのはいけないと思います!!」フンス!

岡部「ぬおっ!!」ビクッ

ダル「まほろの名ゼリフキター!」

岡部「助手よ一体どうしたというのだ突然・・・」

紅莉栖「私聞いちゃったのよね~昨日」ニヤリジロリ

岡部「・・・それはいったい」ツー

113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 00:45:51.17 ID:gnyU0GZP0
紅莉栖「聞いちゃったのよね~、岡部がオナニーしてるの」ニヤニヤ

岡部「」

紅莉栖「あらあら恥ずかしすぎて声も出ないみたいねぇこの包茎院凶真さんは~」

岡部「・・・ちょっちょっとまて助手よお前は聞いたといったな・・・?」

岡部「なぜオナニーだと断定できるのだ?違うかもしれないではないか!」

紅莉栖「なっ、食い下がる気!?」

岡部「当たり前だっ!!俺は昨日何と言っていたのだぁ?言えないのか?」

岡部「言えないのであれば証拠として不十分だ!妄想乙!!」

紅莉栖「わっ、わかったわよ!言えばいいんでしょ言えばぁっ!!」

紅莉栖「いっ、『入れるぞ・・・まゆり・・・』とか・・・」

紅莉栖「『ふぁっ!!締め付けるでない!!!ぬおっ!!』・・・とか」

紅莉栖「『ふおおおおおお!!まゆりぃいいいい!!!!』とか」

117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 00:54:12.33 ID:gnyU0GZP0
~~~~~~~~~~~~~~
紅莉栖「『まゆりっ!膣内で射精すぞ!!』って言った後に『ふぅ・・・一人で何やってんだ俺・・・』って」

紅莉栖「って何言わすんだこのHENTAI!!セカンドレイプかっ//////」

岡部「/////////」

ダル「あちゃーオカリン完全に聞かれちゃってるお」

紅莉栖「全く、幼馴染でオナニーするなんて最低ね!せめて私ですればいいのに」ヤレヤレハー

岡部「は?」

ダル「何言ってんだこいつ」

紅莉栖「いっ、今のは妄言!!!というか失言!!!!忘れろ!!//////////」ボコッ!!!

岡部「わっ、忘れます!!忘れますのでその振り上げたこぶしを下げてください!!!」

紅莉栖「分かればいいのよ」

ダル「ちょっ!謝ってくんない!?痛かったんだけどぉー!!!?」ボロッ



120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 01:04:32.57 ID:gnyU0GZP0
紅莉栖「と、とにかく!神聖()なラボであんなことしていいわけ?」

岡部「面目ない・・・しかし男という生き物は・・・ 紅莉栖「言い訳しない!!!」岡部「はいっ!!」

紅莉栖「今回のことは大目に見てあげるわ・・・今回が初めてなの?」

岡部「いえ、あの、今回でラボでやったのは5回目になります・・・」

紅莉栖「あきれた!毎回まゆりでやってたの?」

岡部「いえその・・・」

紅莉栖「何?言えないの?」

岡部「い、言います!いつもはじょっ・・・紅莉栖さんで抜いていました」

紅莉栖「」ボンッ!!!

紅莉栖「あっ、あんたふつう本人を前に言うかそんなこと!!信じられない!!!」/////

岡部「あ・・・あと今紅莉栖さんが座ってるソファの上で想像しながら抜いていました」

紅莉栖「っ!!!!」シュタッ!!・・・ストン

ダル「ちょっ・・・なんで立ったのに座りなおしたし」



123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 01:13:50.34 ID:gnyU0GZP0
かちっかちっ
岡部「・・・・」

紅莉栖「・・・・」スタッ

ダル「なんだお牧瀬氏そんな顔赤らめtっほごぉ!!!」ばきっ

岡部「・・・・・・・・・・・・すまない紅莉栖・・・その失望しただろ・・・」

ダル「オカったすっオカリン」ボコッボコッ

紅莉栖「最低っ!私で抜くなんて!キモい!!」ニヘラ//////ドカッバキッ!

ダル「牧っ・・・なんでっ・・・おまっ・・にやけてっ」ぼこっぼこっぼこっ

岡部「本当にすまん、ただこれだけは知っていてほしい」

岡部「俺はお前のことを娼婦のような目で見ていたわけではなくただ単純に魅力的だと思って・・・」

ダル「それはいいからっ・・・たすけっ・・・ごへぇ」ぼこっばきっぐちゅっ

紅莉栖「・・・・・・」ニヤニヤ////////////ドガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ

ダル「・・・」おらおらですかぁーーーー?

126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 01:17:28.56 ID:DM/ViFsP0
ダルにはご褒美だろ

129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 01:26:09.43 ID:gnyU0GZP0
岡部「やっぱりこんないいわけじゃ許してくれないよな・・・」ウワァダルガボロゾウキンミタイダァデモナンカウレシソウ

紅莉栖「・・・・」スタスタスタ

岡部「」ビクゥ!!!

紅莉栖「・・・もう一回言って?」///////

岡部「えっ・・・ごっごめんなさいすいません」ウワッカオアカッ!

紅莉栖「そうじゃなくて!!私がなんだって?」//////////////////

岡部「えっ・・・と・・・魅力的だなーって・・・」タラッ

紅莉栖「・・・」スッ

岡部「ひぃっ!!・・・?」ビクビク

岡部「むぐぅ!!!!!!!」

紅莉栖「んっちゅる・・・むちゅぷ・・れちゅっ」

岡部「ンぐっ・・・ちゅぷっ・・ちゅるむ・ちゅ・・・プハーっ!!」

紅莉栖「ハァハァ・・・うれしいよぉ・・岡部、私のことそんな目で見てくれてたの?」トロン

岡部「(うわ、えろい・・・)紅莉栖これはいったい!どういう!んむっ!!」

紅莉栖「んちゅっ・・ぷちゅっ・・ぷはっ」トロン

132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 01:38:11.86 ID:gnyU0GZP0
紅莉栖「こういうこと・・・岡部って鈍感だからこうまでしないと気づいてくれないでしょ?」ハァハァ

紅莉栖「まゆりでオナニーしてるの聞いちゃったとき本当に胸が苦しかった・・・」ジワッ

紅莉栖「だから本当なら私で抜いてたって聞いたとき気持ち悪がらなきゃいけないんだろうけどうれしかったの・・・」ポロポロ

紅莉栖「いましかないと思ったの・・・」

岡部「紅莉栖・・・」カオチカイ・・・

紅莉栖「ねえ岡部・・・私ね、岡部のこと好き・・・岡部はどうなの?」

岡部「(泣いてる・・・)俺なんかで・・・いいのか・・・?」

紅莉栖「うんっ!・・・岡部じゃなきゃやだ・・・」ギュッ

岡部「紅莉栖・・・ありがとう・・・好きだ・・・俺はお前が好きだ・・」

紅莉栖「うんっうんっ!私も好き!!岡部ぇ!」ぎゅ!!!

ダル「」

134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 01:47:51.38 ID:gnyU0GZP0
翌日

紅莉栖「おかべだっこ!」ギュ

岡部「よしよし、全く助手は本当にあまえんぼうになってしまったな」ナデナデ

紅莉栖「ふぁぁ・・・」トロン

紅莉栖「って!紅莉栖って呼んでって言ってるでしょ!」

岡部「いやだっ!お前は俺の助手だから助手なのだ!」

紅莉栖「フフッ何それ、まぁいいか!」ギュッ

まゆり「二人がすごく仲良しさんになってるので~す、なんだかまゆしぃ☆もうれしくなっちゃうなぁ」

ダル「リア充爆発しろ!!」

ダル「あっところでどうしてオカリンこの間はまゆしぃでやっちゃったん?」

紅莉栖「あっ、私も気になるかも・・・」ズーン

岡部「いや安心しろ、ラブってことじゃないんだが最近まゆりの胸大きくなったなーと思ったらむらむらしちゃって・・・」

まゆり「ちょっとオカリン何言ってるのー?////はずかしいよぉ///」

紅莉栖「・・・」ドコォ!!!!!

ダル「アリガトウゴザイマスゥ!!!!!!!!」グチャッ!!!!
                                                 おしり

135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 01:48:13.37 ID:gnyU0GZP0
つかれた
寝る

136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 01:49:12.55 ID:NUOvl03i0
あ?最後字が小さくて読めない

138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 01:53:09.15 ID:gnyU0GZP0
   ┼
   ,-|--、ヽ
   i_」  ノ

  才 _ 
  /|/  ヽ
  |   ノ

.. |   |
 し  .|
    ノ

139 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 :2011/10/17(月) 01:55:33.67 ID:bBJYMByw0
おしりをつかれて寝る だと...

140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/17(月) 01:55:48.62 ID:QldWwzut0
>>135

やれば出来る子やったな

関連記事
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2011/10/30 04:06 ]
  2. 岡まゆ良いなあ
    増えろマジ増えろ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング