HEADLINE

シンジ「アスカ、綾波、マリさん。家だからってノーブラはやめてよ」

2011/11/03 01:30 | CM(0) | エヴァ SS
7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/30(日) 23:38:43.76 ID:vGpLTK0J0
アスカ「もうシンジったら!この家には4人も女が居るんだから問題ないでしょ!」

シンジ「で、でもボク男の子だし・・・」

マリ「おやおや、わんこ君顔真っ赤にして、発情しちゃうのかな?」

シンジ「・・・・その、誤解で・・・」

綾波「不潔!」

ミサト「あーあ!さっぱりした!さってービールビールっと!
    ん?シンジ君どうかしたの?」

シンジ「聞いてくださいよミサトさん!皆あついからってぱんついっちょになって!」

ミサト「それが何か?」

シンジ「み!ミサトさんまで!僕男の子なんですよ!」

ミサト「何言ってんのよ!役得じゃない、寧ろこれはご褒美よ」

マリ「そうだよわんこ君。拒絶なんかせずに楽しんじゃえばいいんだよ。こうやって!」

シンジ「ひゃ!おっぱいで頭はさむのやめてください!」

マリ「ほらほら、おっぱいの臭いをクンカクンカするのだわんこ君!」

こうですか?わかりません?


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/30(日) 23:44:19.65 ID:9r5AH9kk0
ゲンドウ「・・・忘れられてない?」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/30(日) 23:46:06.46 ID:Rh0PWgJsO
こういうスレでのマリの活躍っぷりといったらもう

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 00:14:31.72 ID:la77meVTO
レイ「碇くん」

シンジ「こ、今度はなに?」

レイ「嬉しくない?」

シンジ「嬉しいとか嬉しくないとかそういう問題じゃないよっ!」

マリ「ほらほら、素直になりなよ~」ボインボイン

シンジ「もうっ、いーかげん離れてくださいっ!綾波も!強調とかしなくていいからっ!」

レイ「私のではダメなのね……」

シンジ「いや、あの、別にそういうわけじゃ…」

アスカ「なによっ!えこひいきやマリにばっかりニヤニヤしちゃって!」

ミサト「あらあらアスカは不満なのねぇ~?シンちゃんがアスカを相手にしてくれないからぁ」

シンジ「もうっ、ミサトさんまでやめてくださいってば!」

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 00:17:06.12 ID:5guZ1U/d0
シンジ「ふ・・・ふふひぃ」

マリ「あん、わんこ君の息、あっついよ」

アスカ「こら!バカシンジ!このメス猫!離れなさいよ!」

マリ「んにゃ!乱暴だなぁもう」

シンジ「あ、ありがとうアスカ・・・危うく窒息するところだった」

綾波「・・・・どんな臭い?」

マリ「気になるなぁ・・・どんな匂いがしたのか教えてよ」

シンジ「ど、どんな臭いって、ちょっと甘酸っぱい臭いが」

マリ「あぁ!ごめんごめん、昨日シャワー浴びるの忘れてたわ、私としたことが」

ミサト「ほほーう、シンジ君はにおいフェチなんだぁ」

アスカ「こ、こ、このエロシンジィ!」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 00:18:44.52 ID:5guZ1U/d0
>>20
後は任せた

26 >>22任せられても…俺遅いんだってばよ :2011/10/31(月) 00:27:52.71 ID:la77meVTO
シンジ「アスカァ、お願いだからなんとかしてよぉ…」

アスカ「なんであたしに頼るのよっ!てーか、アンタが我慢すればいいだけの話でしょっ!ノーブラで過ごすのはあたしたちの勝手」

シンジ「いやだからボク男だってば……が、我慢とか…」

マリ「おやおやっ、限界が近いかなっ?」フヨンフヨン

シンジ「さりげなく手で触らせないでください……」

レイ「大きい方がいいのね……」

シンジ「いや決して大きければいいという問題でも……てか綾波は十分あると思うよ?」

レイ「……っ」グッ

シンジ(さりげなく気にしていたんだろうか…)

アスカ「ま、四対一でアンタの負けってことよ。大人しく我慢なさい」

シンジ「ノーブラでいいからせめて服を……」

アスカ「アンタばかぁ!?なんのためにパンツ一枚で過ごしてると思ってんのよ!!暑いからに決まってんでしょ!!なんでわざわざ胸さらしてると思ってんのよ。見世物なんかじゃないのよ、わかる?」

シンジ「じゃあ仕舞えよ」

アスカ「つべこべ文句言うなっ」バキィッ

シンジ「あいたぁっ!ひどいよ、アスカ!」

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 00:33:04.26 ID:la77meVTO
ミサト「まぁ、でも今や常夏の日本とはいえ、ここ最近のこの暑さは異常よねぇ…」パタパタ

レイ「あ゙ーーっ」

アスカ「もうっ、怒鳴ったから余計暑くなっちゃったじゃないの!シンジ、アイス」

シンジ「ボクはアイスじゃないよ……てかそろそろマリさんも本気で離れてください。てか暑くないんですか?」

マリ「ん?全然大丈夫にゃ。でもまぁ、ワンコ君が汗だくだからこの辺にしときますか」クンカクンカ

シンジ「わっ、匂いかがないでくださいよっ!」

マリ「いや~……ついつい?」

シンジ(どっちかというとマリさんのが犬みたいだよ…)

30 一レス四分はかかるわ… :2011/10/31(月) 00:43:01.81 ID:la77meVTO
シンジ(やっと解放された……)「はい、アイス」

アスカ「素直に渡せばいいのよ」あむっ

レイ「……」じぃーっ

シンジ「はい、欲しいなら欲しいっていいなよ?」

レイ「さっきセカンドに怒ってたから……」

アスカ「ほらみなさい、さっさと渡せばいーのよ、このバカシンジ」

シンジ「なんか悔しい」

31 だめだ、エヴァSSとか一年くらい書いてないから書けねぇ、泣ける :2011/10/31(月) 00:44:25.70 ID:la77meVTO
マリ「わたしも欲しい欲しい!」

シンジ「どうぞ」

マリ「ありがとっ、ししし」コソコソ

ミサト「しんちゃん、あたしも~っ」

シンジ「はいはい、まったく……ミサトさんは自分でとったらいいじゃないですか、僕より近いんですから」

ミサト「年功序列!」

マリ「ワンコ君、ワンコ君」

シンジ「なんですか?」

マリ「パイズリ!」←しかも溶けかけて垂れてる

シンジ「……次からはあげませんからね」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 00:51:15.30 ID:la77meVTO
シンジ「しかし目のやり場に困るなぁ……」

(ミサトさんは爆乳、マリさんは巨乳、アスカも大きい方だし、綾波も小さくない……)

マリ「とか思ってるね?」

シンジ「勝手に人の心を読まないでください、あと目があうたびに寄せてあげないでください、下は絶対に脱がないでください」

マリ「もぅ、いちいち文句がおおいなぁっ」

シンジ「いや、これ文句じゃなくて切実なお願いなんですけど……」

アスカ「そんなに我慢できないなら昼間は外に出てけばいーのよっ」

シンジ「僕だけ過酷過ぎる……」

マリ「しょーがないなぁっ、わたしも付き合おう!」

シンジ(嫌な予感しかしないってば)「いや、外は暑いですから家にいたらいいですよ。僕、ネルフかどっかに行ってます」

マリ「いや、暑くないんだってば」

シンジ「じゃあなんでノーブラなんですかっ!?」

マリ「あ・そ・び・ご・こ・ろ?」

シンジ「最悪だよぉっ……」

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 00:56:29.45 ID:la77meVTO
レイ「碇くんが行くならわたしも……」

アスカ「ほっときゃいーのよ、マリがついてくんだし」

シンジ(あ、もうそれ確定なんだ…うう)

ミサト「そーそー、あたしらは快適なノーブラ生活を送っとけばおっけーよ、ねぇ、ペンペン?」

ペンペン「くわぁっ!///」(パイ乙は独占させてもらうぜっ)

シンジ「はぁ……それじゃあ適当にぶらついてきます」

マリ「しっかり散歩させてあげるよ、ワンコ君!」

シンジ「ついてくるのはマリさんの方でしょ、もう」

マリ「細かいことなんて気にしたらダメダメっ」

ミサト「あ、帰りにツマミとビールよろぴくぅ~」

シンジ「僕は未成年ですよっ!!」

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 01:03:22.33 ID:la77meVTO
マリ「さて、どこにいきますかい、だんなぁっ!」←しっかり着替えてます

シンジ「あっついのにテンションマックスですね」

マリ「だからこんなのへーきだって」

シンジ「いや、暑いですよこれ、ほら、そこの誰かも行き倒れてるじゃないですか……って、行き倒れ!?」

マリ「あ、ほんとだ、行き倒れだっ!」キャッホーイ

シンジ「キャッホーイ、じゃないですよっ!しっかりしてください」ユサユサ

マリ「ほらっ、起きて起きて」ペシペシ

シンジ「叩いちゃダメですってば!」

マリ「じゃあこう?」ふにょんふにょん

シンジ「ちっがぁぁぁぁうっ!」

??「ぅ、うぅ…」

マリ「あ、起きた」

シンジ「ばかな……」

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 01:07:02.59 ID:la77meVTO
マリ「あたしの巨乳は世界一だね、やっぱ」

シンジ「いやさっき僕の心を読んだんならその上がいることわかってますよね?」

マリ「わかってないなぁワンコ君は。おっぱいはね、形なんだよ!美しさ!」

シンジ「道のど真ん中で力説されても……」

??「もう…思い残すことは……」

シンジ「巨乳ぱふぱふを背中に受けたぐらいで満足するなっ!ほらっ、しっかりしてくださいっ」ゴロン

シンジ「え、あなたは>>41じゃないですかっ!?」


41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 01:09:42.87 ID:UpE19a+n0
青木勝

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 01:09:45.22 ID:G6R7wHhm0
父さん…


44 >>41ごめんちょっと誰かわからないから>>42で、すまん :2011/10/31(月) 01:15:08.65 ID:la77meVTO
シンジ「父さん……」

ゲンドウ「シンジか……ずいぶんと大きくなったな……」

シンジ「目線がずれてるよ父さん、それマリさんの胸だよ」

ゲンドウ「そうか……生きているうちにユイ以上のものを味わえるとは……」

シンジ「ちょっとそれは聞き捨てならないかなぁ父さん、そのままのたれ死んでていいよ」

マリ「じゃあわたしが代わりに司令を勤めさせていただきますね、お義父さん♪」

シンジ「ちょっとそれも聞き捨てならないかなぁ」

ゲンドウ「そうか……これでもう思い残すことは……」

マリ「さぁて、棺桶に入れるお義父さんの秘蔵のアレを副司令から頂戴しにいきますか!」

ゲンドウ「まちたまえ……それは困る」スチャッ

シンジ「こんなの父さんじゃないよ」



45 >>43まぁほとんどやらないしそろそろ寝るから心配すんなっ! :2011/10/31(月) 01:22:50.15 ID:la77meVTO
ゲンドウ「シンジよ……大きくなったな……」

シンジ「そこからやり直すんだ、しかもやっぱり目線変わってないよ父さん」

ゲンドウ「むぅ……」

マリ「ワンコ君と違ってお義父さんは正直ものだね」

シンジ「いや司令がそこ正直じゃ不味いよ、確実に」

ゲンドウ「ところで、一つ頼みがある」

シンジ「マリさんのおっぱいとマリさんとの婚約以外なら聞くよ」

ゲンドウ「むむぅ……いや、とにかく水が欲しい……」シュー…

マリ「ん…?あ、あっつい!ワンコ君、司令ものすごく熱くなってる!やっぱこの服暑いよねぇ……司令になんなくてよかったにゃ」

シンジ「え!限界近かったんだ……まってて直ぐ水ry」

マリ「ピッポッパ、あーもしもし病院の方ですか?……そうです急病なんです、救急車お願いします」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 01:30:02.12 ID:la77meVTO
ーー病院

シンジ「マリさんありがとう、助かったよ!」

マリ「まぁ、水を飲ましても効果薄いし、冷ませるほどの水を用意できないしね、病院近かったし救急車呼んだ方が早いにゃ」

シンジ「凄いや、こっち来たばっかりなのにもうこの辺の土地を覚えてるなんて!」

マリ「えっ!?……あはは、まぁねっ!」

医者「あ、碇さんですね」

シンジ「は、はい。えっと、父さんは…?」

医者「奇跡です。あれほど体温があがっていたというのになんの問題もありません、無事です。人間じゃないのかと疑ってしまいましたよ、ハハハ」

シンジ「そ、そうですか、流石父さん……」

マリ(人間じゃない、か……)

49 ねぇ、疲れてきたから寝ていいかな、ぶっちゃけ飽きt :2011/10/31(月) 01:37:11.81 ID:la77meVTO
――ネルフ

冬月「そうか、碇は無事か」

シンジ「はい、お医者さんが奇跡だと……まるで人間じゃないみたいだハハハ、とおっしゃってました」

冬月「……そうか。ご苦労」

マリ「いえいえこの真希波・マリ・イラストリアスはパイロットとして当たり前のことをしただけであります!」

冬月「フォース、だったか。ご苦労だったな……そうだ、苦労ついでに君たちに頼みたいことがある」

シンジ「えっと、なんでしょうか?」

冬月「どうせ家に帰るのだろう?この封筒を葛城一佐に渡してはくれんかね」

シンジ(帰るのか、あそこに……)

マリ「はっ、了解であります!」

冬月「うむ、頼んだよ。念のため言っておくが封は開けないようにな」

シンジ「わかりました」

マリ「この真希波・マリ・イラストリアス、全力でry」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 01:42:10.89 ID:la77meVTO
シンジ「ふぅ、緊張したよ……」

マリ「そうかにゃ?」

シンジ「マリさんは砕けすぎ、もっと普通にしててよ、冬月副司令、ずっとマリさん見てたよ?」

マリ「にゃはは、ごめんよ、これで許して?」ボイン

シンジ「ぼ、僕は父さんみたいに胸で生き返ったりなんてしないよっ!」

マリ「あれ~?」

シンジ「もう……うう、緊張が解けてトイレ行きたくなっちゃった。マリさん、悪いんだけどこれ預かっててくれないかな、直ぐ戻るから!」

マリ「いいよ、いっといれ!」

シンジ「さらに尿意をさそうようなこと言わないでよね……」タッタッタ

マリ(……これ、中身……緊急、司令……か?)

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 01:49:59.61 ID:la77meVTO
――ミサト宅

アスカ「いいっ?胸を大きくするにわね、栄養が大事なのよっ!」

レイ「コクコク」

アスカ「あんた、まともに食事してないんじゃない?」

レイ「……なぜわかったの?」

アスカ「このアスカ様をなめてもらっちゃ困るのよ!」

レイ「セカンドは凄いのね」

アスカ「とーぜんよっ!」

ミサト「すぴー」


52 ここまで書いたけど寝ます :2011/10/31(月) 01:51:06.14 ID:la77meVTO
アスカ「あとね、おっぱいは揉まれて大きくなるのっ!」

レイ「……じゃあセカンドは誰かに揉んでもらったの?」

アスカ「う……そ、そこは突っ込んじゃダメよ、いい?」

レイ「コクコク」

アスカ「でもね、ただ自分で揉むだけじゃダメなの」

レイ「?」

アスカ「誰かに愛を込めて揉んで貰わなきゃダメなのっ!」

レイ「愛?」

アスカ「そう愛よ!つまるところ、好きな人……そうね、ぽかぽかする人に揉んでもらうのが一番よ!」

レイ「ぽかぽか…」>タダイマーッ

レイ「碇くんにおっぱいを揉んでもらうわ!」

シンジ「!?」

マリ「ほっほぅ(* ̄ー ̄) 」

54 落ちると思うけど、もし落ちてなかったら昼ぐらいから書きます :2011/10/31(月) 02:03:00.48 ID:la77meVTO
シンジ「な、何の話をしてたのかな……」

レイ「……っ////」

アスカ「あんたねぇっ、もうちょっとTPOを考えて帰ってきなさいよ!」

シンジ「パンツ一丁のアスカに言われたくないよっ!」

マリ「ねぇねぇワンコ君、揉んでっ!」

シンジ「なんで脱いでるんですか、もぅ!」

アスカ「まぁいいわ、レイ、こうするの、よっ!」

シンジ「え、あっ、ちょっとアスカ!」フニョン

レイ「……ぁっ!」モニュッ

シンジ「あ、ごごごごめん綾波!」

レイ「……っと…//」

シンジ「え…?」

レイ「もっと……わたし、大きくなりたいの……」

シンジ(えええええっっ)


では

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 07:29:13.36 ID:2MJVnbgW0
あまり俺を怒らせないほうがいい…

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 07:30:29.79 ID:la77meVTO
シンジ「ちょっと、落ち着きなって」

レイ「わたしは至って落ち着いてるわ」

シンジ「そんなにじり寄りながら言う台詞じゃあないかな、うん」

レイ「大丈夫、わたしも初めてだから」

シンジ「なんでボクが初めてだって知ってるんだよ……」

レイ「セカンドがそう言ってた」

シンジ「アスカぁっ!!って、いない……」

マリ(カメラ感度良好)

ミサト(よくやった!流石ね)

アスカ(なんなのよこの二人)

92 >>89ちょっと、落ち着きなって :2011/10/31(月) 07:37:11.91 ID:la77meVTO
※エロシーンの参考になるSSありませんかね、まったく書いたことないんでよければ

レイ「碇くん、誰も見ていないわ」

シンジ「まるで犯罪者だよ綾波」

レイ「優しく……してほしい」

シンジ(これは、大ピンチの大チャンスじゃないか)

シンジ(みんなノーブラでいい加減ボクだって限界があるんだよ、中学二年の男子だよ?無理だって)

シンジ(綾波の胸をしっかりと味わうチャンス、もしかしたら二度と来ないかもしれない……)

ゲンドウ(シンジ、大人になれ)

シンジ(くそぅ、いくっきゃないか!)

レイ「まだ?」

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 07:50:11.59 ID:la77meVTO
シンジ「じじ、じゃあ、触る……よ?」

レイ「うん」

フニッ

レイ「ぁっ……」

シンジ(やわらかい……)

―――

ゲンドウ「大人になれ、シンジ!」

ミサト「司令!声大きいですよっ」

ゲンドウ「す、すまん……」

アスカ「どっから沸いてきたのよ……」

マリ「大人の階段の~ぼる~♪」

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 07:50:42.26 ID:la77meVTO
レイ「ひゃぅっ」

シンジ「あ、いい、痛かった?大丈夫?」

レイ「はふ……平気。もっと揉んで?」

シンジ「う、うん」

シンジ(柔らかい……手のひらにしっかり収まる大きさ)

レイ「はぁっ、碇くんの手、温かい」

シンジ「そう、かな?なんか、綾波胸を、きもちいいよ」モニュッ

レイ「んっ……ぁ……きもちいい?」

シンジ「うん、すべすべで触り心地がいいよ」フニフニ

レイ「あふっ、それは……んっ、いいこと、なの?」

シンジ「きっといいことだと思うよ」

レイ「そう……あんっ、ぁっ」

シンジ(あれ、なんか硬く…)

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 08:00:36.66 ID:la77meVTO
レイ「……?どうしたの」

シンジ「あ、いや、なんか硬くなってるかな……って」

レイ「硬い?」

シンジ「ほほ、ほら、ち、乳首……とか」

レイ「ツンツン……本当だわ……気にしないで、大きくして」

シンジ「う、うん……わかった」

レイ「それに、なんだか気持ちいいの。だからもっと揉んでほしい」

シンジ「ほ、本当!?じゃあ頑張るよ」

―――
アスカ「DT丸出しじゃない……」

ミサト「初々しいのがまたいいのよ」グビグビ

ゲンドウ「れ、レイ……っ!」

ミサト「あ、ここは上半身意外脱ぐの禁止です」

ゲンドウ「むむむぅっ」

99 霧のせいで電車が遅れてますなぁ :2011/10/31(月) 08:07:14.67 ID:la77meVTO
シンジ「なんだが、もっと硬くなってきた」

レイ「はっ、はぁっ、気に、ぁぅっ……しないで」

シンジ「うん……あっ!」コリッ

レイ「んんっっっ!」

シンジ「ご、ごめんっ!大丈夫?」

レイ「はぁっ、はぁっ、ぁぅっ……平気、少し、びっくりしただけ……」

シンジ「なんか、びくびくしてるけど、本当に大丈夫?」

レイ「大丈夫」

シンジ「じゃあ、続ける……よ?」ムニムに

レイ「ひゃぅっ!ぁ、はう!」

シンジ(乳首が引っ掛かる……なんかでも……もしかして綾波は感じてるのかな)

レイ「なんか……ダメ……」

シンジ「えっ?」

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 08:08:50.53 ID:Hi5T5LyQ0
ワッホゥルワッホゥル

101 宝塚満線って…これ間に合うのか俺 :2011/10/31(月) 08:12:55.19 ID:la77meVTO
レイ「何か……ダメなの、変になりそう、なの……」ハァハァ

シンジ「やり方間違えたのかな……?」

レイ「そんなこと、ないわ。とても気持ちよかったもの」

シンジ「そう……?よかった」

レイ「うん」

―――

ミサト「色んな意味で潮時みたいね、マリ、録画は?」

マリ「ばっちりですにゃ(*´∀`*)」

ミサト「よっしゃぁっ、こりゃぁ今夜もビールは上手くなりそうだわぁ」

アスカ「まだ飲むの……?」

ミサト「アスカの胸は、あたしが大きくしたげるわよぉ~」

アスカ「酔ってるし」

マリ「あたしも参加します!」

アスカ「いらないわよっ!」


ゲンドウ「………ふぅ」

102 まぁ、延着だせばいいか :2011/10/31(月) 08:15:41.55 ID:la77meVTO
シンジ「ねぇ、汗びっしょりだよ、シャワー浴びてきたらどう?」

レイ「そうね……そうする」

<ピンポーン

シンジ「あ、今行きまーす」










レイ「ぬるぬるしてる……なんなのかしら……」

103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 08:23:30.15 ID:la77meVTO
シンジ「荷物、マリさんに……か」ヨイショッ

マリ「ありがとにゃ、ワンコ君っ」

シンジ「うわぁっ!いつの間にっ」

アスカ「何言ってんのよ、さっきから居たじゃない」

シンジ「あ……あれ?」

ミサト「しんちゃーん、ビールとってぇーっ」

シンジ「あ、ミサトさんも。はいはい今とりますよ」

マリ「あたしも!」

シンジ「いやたぶん未成年、ですよね?」

マリ「ばれたか」


104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 08:24:05.85 ID:la77meVTO
シンジ「あ、そうだミサトさん、これ、副司令からです」ドウゾ

ミサト「副司令から?何かしら」アリガト

マリ「ぐびぐび」

ミサト「ちょっと!それあたしの!」

マリ「まぁまぁ、いっぱいあるからいいじゃありませんか♪」グビグビグビグビ

ミサト「はぁ……まぁいいわ。しかしいい飲みっぷりねン!」

シンジ「いや未成年飲酒に突っ込めよ、ねぇっ」










ゲンドウ「しまった、帰れん」ベットリ

106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 08:33:44.42 ID:la77meVTO
ミサト「何々、【極秘任務:猛暑の原因を探れ】?」

シンジ「なんです?」

ミサト「んーー、いやね、最近の猛暑は人為的なものだと副司令は考えてるらしいの。て、その原因を探れ、と」

シンジ「……まさか僕らが!?」

ミサト「だってあたしらいそがしいもーん」

アスカ「えぇーっ、めんどくさっ」

レイ「ぽかぽかしてきた」

シンジ「あ、お帰り」

ミサト「えーっと、原因があるととおぼしき箇所が、第二中学と、ジオフロントと、あとは……ん、これマリの仮住所かしら?」

マリ「わぁんこくぅぅぅんっっ♪」

シンジ「ちょっとマリさん、酒臭いですよ!!」




ゲンドウ「……私だ。ああ、迎えがほしい……場所は葛城一佐のマンションだ、ヘリで頼む」ぴっ

ゲンドウ「さて、部屋から出ずにどうやって一佐の部屋から屋上にむかうか……」

107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 08:39:33.72 ID:la77meVTO
ミサト「というわけで明日から調査よろしくねん」

シンジ「そんなぁ……」

ミサト「えっと、中学校がシンジとアスカ、ジオフロントがシンジとレイ、でマリのとこがシンジとマリね」

シンジ「僕だけフル稼働……」

マリ「頑張るのだワンコくんっ!」アムアム

シンジ「ひゃぁっ!耳噛まないでくださいよっ」





ゲンドウ「『葛城一佐の部屋に閉じ込められてしまったわけだが』これでスレは立ったな。愚息がたってしまったばかりこんなことに」

ゲンドウ「だが、レベル40の我が携帯に不可能はない」

108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 08:41:26.27 ID:Hi5T5LyQ0
ゲンドウネラーかよ

121 >>111のコピペがきたってこたぁほどほどにはできてるってことですねふむふむ :2011/10/31(月) 10:51:47.71 ID:la77meVTO
シンジ「明日はせっかくの土曜日なのに」

アスカ「いーじゃない、森林公園だと思ってぶらつきましょ」

シンジ「久々に買い物行きたかったなぁ」

アスカ「ねちねちとうるさいわねぇっ、帰りについてってあげるわよっ」

ミサト「公園からのぉ~?」

マリ「ショッピングデートぉ、なかなかやるねぇワンコくんよ~ぅ」

シンジ「だからもう耳噛まな、ひゃぁっ!」




ゲンドウ「安価で手にいれた二丁の削岩機を交互に刺して足場とする、これで屋上まで行ける」

ゲンドウ「もうすぐだ……ユイ」

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 11:00:55.50 ID:la77meVTO
―――翌日

アスカ「んーーっ!たまの散歩も悪くないわねー」

シンジ「なんでこんな大荷物」ゲンナリ

アスカ「ピクニックに昇華させるためよ!」

シンジ「しかも全部僕もち」

アスカ「力仕事は男の仕事でしょ?」

シンジ「はぁ……」

アスカ「でもさぁ、こんなとこに猛暑の原因があるとは思えないわねー、明らかにネルフの管轄じゃない」

シンジ「まさかネルフの誰かが?」

アスカ「こんなに暑くしてなんのメリットがあるっていうのよ」

シンジ「それそうだよねぇ……」

125 >>122と、前向きにとらえときゃ荒らしも骨抜きになってやる気無くしてうまー、ってね :2011/10/31(月) 11:08:08.57 ID:la77meVTO
アスカ「さぁ、早速お昼にするわよ!」

シンジ「まだ、11時……」

アスカ「動いたからお腹すいたのよ」

シンジ「そんなにパクパク食べまくるからお風呂場で悲鳴が上がるんだねっ」

アスカ「……はっ!」

シンジ「あいたぁっ!」

アスカ「今のはアンタが悪いんだからね」

シンジ「だからって鳩尾はないよ……」ゴフッ

加地「……あれ?そこにいるのはシンジ君とアスカじゃないか」

シンジ「か、加地さん助け……」

加地「まぁ、話は聞いてたよ。今のはシンジ君の発言に非があるんじゃないかな?」

アスカ「流石加地さん、わかってるぅー♪」

シンジ「あ、アスカの日頃の行いの非は……」

加地「黙って飲み込むのがいい男ってやつさ」

126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 11:15:06.58 ID:la77meVTO
アスカ「ところで加地さんはどうしてここに?」

加地「ん、あぁ、ちょっとした使いっぱしりさ。いわゆる雑用だよ」

シンジ「加地さんも大変なんですね……」

加地「俺は女の子三人と葛城のお守りを押し付けられてる君の方が大変に思うよ」

シンジ「加地さん……」ウルウル

アスカ「バカにはバカなりの役割があんのよ、大人しく炊事掃除洗濯しときゃいーのよ」

シンジ「せめて洗濯ぐらい自分でやってよ……下着の扱い大変なんだよ?」

アスカ「大変だからこそのシンジじゃない」

シンジ「鬼……」

加地「まぁ、家事だけが役割ってわけでもないが、とにかく頑張るんだな、シンジ君」

シンジ「はぁ、ありがとうございます」

アスカ「そーよ、もっと頑張りなさい」

シンジ「アスカは黙っててよ……」

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 11:20:31.89 ID:la77meVTO
シンジ「あ、そうだ、今からお昼にするんですけど、加地さんもどうですか?」

加地「いや、遠慮しとくよ。お邪魔虫は仕事に戻らないといけないからね」

シンジ「別に邪魔じゃないと思いますけど」

アスカ「ムッ」

加地「シンジ君、君には男の勘が必要だ」

シンジ「なんですか、それ」

加地「ま、いずれわかるさ。それじゃあ退散するとしようか、そうだ、もし何か変なものがあったら連絡してくれ、じゃ」

シンジ「わかりました、加地さんもお気をつけて」

加地「君たちもな」

アスカ「加地さん、まったねー」



加地「なるほどシンジ君にアスカか、副司令もいい餌を撒いたもんだ」

128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 11:24:31.06 ID:la77meVTO
アスカ「さてと、お昼お昼!」

シンジ「わかったからそう急かさないでってば」

アスカ「はーやーくー」バンバンバン

シンジ「ちょっとはアスカもシート引くの手伝ってよね」

アスカ「よっしゃ、ナルガ亜種ソロで狩れた!」

シンジ「地味に凄いのはわかったけどシート引くのに邪魔だからちょっとどいて」

アスカ「むぅ……」

129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 11:27:58.09 ID:la77meVTO
シンジ「ていうかなんでこんなに広いシートにしたのさ」

アスカ「んー?寝転がってゲームするためー」ゴロゴロ

シンジ「家みたいにくつろぐんだね……カメラ回ってるよ、たぶん」

アスカ「この辺り、無いわよ」

シンジ「へっ?」

アスカ「この辺りはカメラなんて置いてないわよ、わりと奥の方だしね」

シンジ「へぇ……詳しいんだね」

アスカ「だからぁ、何してもバレないのよ、シンジ」クイッ

シンジ「え、ちょっと、アスカ!?」

アスカ「ふふふっ」

131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 11:35:19.58 ID:la77meVTO
シンジ「なんで押し倒すのさっ」

アスカ「何よ、誰もいない二人っきりの場所で押し倒されてもわからない?」

シンジ「お、お昼食べるんじゃないの、ねぇっ」

アスカ「今から食べるに決まってるじゃない」プチプチ

シンジ「なんでボタン外してるのさ!」

アスカ「はぁ……あんた本当に鈍いわね……今からシンジを食べるからに決まってるじゃない」


132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 11:36:49.46 ID:la77meVTO
シンジ「へ、ぇぇっ!?ちょ」

アスカ「うるさい」チュッ

シンジ「んんっ!?」

アスカ「ん……ちゅ、ちゅるっ……はぁっ」

シンジ「ちょっとちょっと、アスカっ」

アスカ「あんな壁の薄いマンションでなんてできるわけないわよこんなこと」

シンジ「な、何いってるんだよ……」

アスカ「えこひいきにイイコトしまくってさ、あたしの胸には何にも反応しないなんてあり得ないわよ」

シンジ「や、あれは綾波が……」

アスカ「じゃああたしが揉んで、って言ったら同じことしてくれるの?」

シンジ「えっ……えぇっ?」

アスカ「ね、してよ、シンジ」グイッ

シンジ「ん!」(アスカの胸が目の前に!)

134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 11:47:09.60 ID:la77meVTO
アスカ「ほら、早くっ」

シンジ「えっと…じゃあ…」ムニッ

アスカ「んっ……そう、そんな感じでもっと……っ」

シンジ「えっ……と」モニュモニュ

アスカ「ぁんっ、何よバカシンジの癖に上手いじゃない、んぁっ」

シンジ「アスカの胸、綾波のより大きい……手に収まらないよ……」

アスカ「とーぜんよっ、ねぇ、もっと強く……」

シンジ「つ、強く?こう?」ギュッ

アスカ「ぁんっ、いいよ、しんじぃっ……」

シンジ(なんか、いつものアスカじゃないみたいだ……)

アスカ「はぁっ、ね、シンジにも気持ちイイコトしてあげる……」サワサワ

137 え、お昼食べたい…あ、携帯の電池が :2011/10/31(月) 12:16:21.81 ID:la77meVTO
シンジ「ちょっ、どこさわってんのさ!」

アスカ「どこって、シンジの胸に決まってるじゃない」サワサワ

シンジ「ボクの胸を揉んだって大きくならないよ、てかならなくていいよ!」

アスカ「揉んでなんかないわ、撫でてるのよ」ナデナデ

シンジ「く、くすぐったいよ」

アスカ「バカね、それがいいんじゃない……ほら、あんたも手を動かして」

シンジ「あ、うん……」モギュッ

アスカ「あんっ、いぃ…」

シンジ「ひゃ、くすぐったぃ……」

アスカ「あ、シンジの乳首、たってるぅ……あんっ」

シンジ「アスカ、こそっ」


昼食べますわ

141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 12:44:34.11 ID:la77meVTO
アスカ「ね、シンジ暑くない?」

シンジ「ん、そんなに……」

アスカ「暑いでしょ、ね、脱ごう?」

シンジ「え、あ、ちょっ、アスカ」

アスカ「ふふ、裸、ね、シンジもほらっ」セイッ

シンジ「わ、は、恥ずかしいよ……ぅ」

アスカ「あたしが上から書くしてあげるわよ」

シンジ「うぅ……」

アスカ「ね、キスしよ?ちゅむっ、んっ」

シンジ「んっ」

アスカ「ね、吸ってみる?」

シンジ「や、やだよ、赤ちゃんみたいで……」

アスカ「じゃああたしが吸ったげる、ちゅぅっ」

シンジ「ひゃっ!ちょ、ぁぅっ」

アスカ「シンジ、かわいい」

142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 12:45:23.71 ID:JCzxz/pm0
たまらんのう…

144 エロシーンて、書くの疲れますね :2011/10/31(月) 12:50:54.80 ID:la77meVTO
アスカ「あ、シンジのあれ、硬くなってるて……」

シンジ「ちょっと、触ったら」

アスカ「しゅっ、しゅっ、と」

シンジ「あっ……」

アスカ「気持ちいーんでしょ?」ギュッ

シンジ「あ、き、きつ……」

アスカ「シンジも触っていいよ、あたしのココ」スッ

シンジ「あっ、濡れてる……」クチュ

アスカ「あんっ、いきなり指入れるなんて、こうしてやる」コシュコシュコシュッ

シンジ「は、早いって、で、ちゃうよっ!」

アスカ「ダメ、あたしがイクまで我慢しなさいっ」グリグリ

シンジ「さ、先っぽはダメだって」クチュクチュクリクリ

アスカ「あっ、あっ、そこっ、いいっ!」

146 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 12:57:52.69 ID:la77meVTO
シンジ「こ、こうっ?」クリッギュッ

アスカ「あぁっ、摘まんだら、飛んじゃうッ、ダメッ、あんっ、ああっ!」コシュコシュコシュッ

シンジ「あ、ダメ、アスカ、アスカっ、で、出ちゃっ、もう、んぁ」クリクリクチュクチュ

アスカ「いいよ、あたしもッ、あ、だ、あんっ、やっ、イク、ああっ、シンジッ、しんじぃっ、いっちゃうううう!!」コシュコシュコシュグリグリッ

シンジ「あっ、あ、うぅっ、で、るっ!」どぴゅっ、どくっ、どびゅぅっ

アスカ「あっ、あぁぁぁぁぁぁっっっ」ビクンビクンッビクンッ

150 ふぅ……ちょっと休憩 :2011/10/31(月) 13:01:14.25 ID:la77meVTO
シンジ「はぁっ、はぁっ、ふぅ、はっ……はぅ……アスカ、べとべと」

アスカ「んっ、シンジこそ、出しすぎっ、出しすぎてシンジのお腹に落ちてる……」

シンジ「アスカだってさっきいっぱい出してたじゃないか」

アスカ「シンジが激しくしすぎるからよぅ」


アスカ「ねぇ」

シンジ「なに?」

アスカ「気持ちいいね」

シンジ「うん」

153 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 :2011/10/31(月) 13:17:43.58 ID:UpE19a+n0
>>150
>アスカ「気持ちいいね」

ヤバい死ぬ

155 これメインエロにしたほうがいいのかな :2011/10/31(月) 13:28:55.34 ID:la77meVTO
シンジ「で、どうする、これ」ベト

アスカ「タオル、カバンに入れたはずよ」

シンジ「まさかこれを見越して……」

アスカ「うん、最初からそのつもりだったもの」

シンジ「ぽかーん」

アスカ「ほらっ、ふいてあげるからっ」フキフキ

シンジ「あ、ありがと」サッ

アスカ「なんで今更隠すのよっ、ほら、そこもふいたげるから」グイッ

シンジ「あっ、ちょっと!」

アスカ「……へぇ、まだ元気なんだ」ニヤ

157 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 13:42:11.72 ID:la77meVTO
アスカ「ね、入れてみたい?」

シンジ「え、え、え?」

アスカ「だから、あたしと最後まで、しちゃう?」

シンジ「や、え、それは流石にっ!」

アスカ「何よ、あたしとじゃ、嫌?」

シンジ「い、嫌とか別にそういうわけじゃないんだけど……やっぱりまだ早いって!」

アスカ「でもまだ物足りなそう……ツンッ」

シンジ「ひゃぅっ!」

アスカ「しょうがないわねぇ、もう一回手でしてあげるわよ」チュッ

シンジ「!?」ビクッ

アスカ「勃たなくなるまでイかせてあげるわ、ヘンタイシンジ♪」



159 >>156ういっす、漢磨かせていただきやすッ! :2011/10/31(月) 13:46:58.05 ID:la77meVTO
シンジ「も、もうダメ……」グッタリ

アスカ「あれから三回もおもっきり出しちゃって、本当に元気ね」ペロッ

シンジ「はぁっ、はぁっ、ぜぇっ」

アスカ「ふふっ、しんじっ、キスしよっ」チュッ

シンジ「んっ……」

アスカ「さてと、片付けも終わったし、ご飯食べて帰りましょ」

シンジ「ち、調査とか……まだしてないよ……」

アスカ「シンジの調査は出来たからあたしはそれでいいわ」

シンジ「僕は、よく……ない……」

アスカ「はい、シンジ、あーんっ」

シンジ「ぱく、んぐんぐ……疲れきって味がわかんないや……」

161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 13:54:34.48 ID:la77meVTO
アスカ「ご馳走様でした」

シンジ「お粗末様でした……」グッタリ

アスカ「もう、元気ないわよ、バカシンジ」

シンジ「誰のせいだよ……」

アスカ「帰りは荷物もってあげるから、ほら立って!」

シンジ「うん…」フラフラ

アスカ「ちょっと、大丈夫?」

シンジ「たぶ……わっ!」

アスカ「え、あ、あれシンジ!?」

シンジ「うわああああぁぁぁぁっ」アアアアア……

アスカ「シンジが落ちた!?」

―――

シンジ「いっててて……なんだここ、暑い、無茶苦茶暑いよ」ヌギッ

シンジ「なんか僕まで脱ぐことに抵抗なくなってきちゃったよ」ヤレヤレ

シンジ「……何か、聞こえる」

162 >>160見ろよ :2011/10/31(月) 13:57:08.33 ID:la77meVTO
シンジ「まるで洞窟だ……」

シンジ「進むほど暑くなってる……」

シンジ「こっちか……」

テクテクテクテク……

シンジ「え、こ、これって」

シンジ「ボイラー……?ダメだ、暑すぎてこれ以上近づけないや」

シンジ「引き返すか……」

164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 14:07:20.94 ID:la77meVTO
シンジ「そういえば戻ったところで登れるんだろうか」

テクテクテクテク

シンジ「こ、これはっ!?」

【謎の雑誌を拾った!】

シンジ「帰って確認しよう……」
テクテクテクテク

シンジ「ん、あれは…」

加地「おーい、大丈夫かー?」

シンジ「加地さん!!」

【加地が助けに現れた】

【かじは あなぬけのひもを つかった!】

165 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 14:07:50.42 ID:la77meVTO
―――地上

加地「いやぁまさかジオフロントにこんな穴があるなんて知らなかったよ」

シンジ「僕もです」

アスカ「あたしも」

加地「しかしこれは自然のものじゃないね、誰かが人工的に掘ってる」

シンジ「中にボイラーみたいなのがありましたよ」

加地「ボイラー…?ふむ、俺はちょっとこの中を調べてみるよ」

シンジ「でも、かなり暑いですよ、思わず脱いじゃいましたよ」

加地「なら、こいつを使おう」

シンジ「これは……」

アスカ「今や懐かしい伝説のD型装備!?」

加地「これで落ちても衝撃吸収さっ」グッ

シンジ「凄いです加地さん!」

加地「じゃあいってくるよ」ズドン……ゴロゴロ

加地「助けてくれぇぇぇぇっっ」ェェェェ…

166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 14:11:47.70 ID:la77meVTO
―――ミサト自宅

ミサト「レイっ!もっと気合いいれてっ!」

レイ「こう、ですが」グググッ

ミサト「ほらっ、ヒカリちゃんもっ!」<タダイマー

ヒカリ「な、なんでわたしまで~っ」グググッ

ミサト「そう、そうやってものを挟むの!大きくないと満足に挟めないと、おっぱいにわからせてやるのよぉぉぉっっ!」











シンジ「何やってんですかミサトさん……」

ヒカリ「!?////いやぁぁぁぁぁっっ不潔ぅぅぅっっっ!!!」バッチーン

シンジ「」ヒリヒリ

168 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 14:18:08.61 ID:la77meVTO
シンジ「で、なんで委員長がここに……」ヒリヒリ

ミサト「次の学校調査のために呼んだのよ、事前情報が欲しくてね」←服きてます

レイ「コクコク」←服来たまままだ挟んでます

アスカ「ヒカリも災難ねぇ……」ツヤツヤ

ヒカリ「碇くんに見られた……鈴原にも見られたことないのに……」ドンヨリ

マリ「理想かこうだよ、綾波さん!」グイッ

レイ「!」オォーッ

ミサト「というわけでわかったことを説明するわ」

170 >>167テクノブレイクには気を付けてください :2011/10/31(月) 14:25:30.68 ID:la77meVTO
シンジ「なるほど……」

レイ「つまり、校舎が暑い、夜に変な音が聞こえてるらしい、んで不審者ブシドー仮面(仮)ね……」

アスカ「まぁ一番最後のやつは弐号機の近くであたしも見たことあるわ」

ミサト「ゲージにまで侵入してるなんて何者かしら」

アスカ「凄く乗りたそうにしていたわ」

ミサト「とにかく、作戦開始は明日の夜8時、場所は勿論夜の学校!」

シンジ「なんかノリノリですね、ミサトさん……」

ミサト「いやぁ……つぃ……」テヘペロ

レイ「碇くん、頑張りましょう」グググッ

シンジ「…………何をさ……」


172 >>169まさかのリテイクチョイスwww次はレイ√ですしおすし :2011/10/31(月) 14:30:59.51 ID:la77meVTO
―――その夜

⇒【アイテム:謎の雑誌】

⇒【調べる】

シンジ「」ペラッ

シンジ「……」ペラッ

シンジ「…………」ペラッペラッ

シンジ「アスカと綾波とマリさんに凄く似ている女の子が3Pしてる百合エロ本だった」

【エロ本:ヒロインズ?を手に入れた!】


シンジ「ふぅ……何も出なかったけど寝よう」

174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 14:33:04.76 ID:HJJQwtIl0
使い終わったら貸してくれるかいシンジ君

175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 14:35:56.25 ID:kTlrQwqC0
ゲンドウ「シンジ。大人になれ」

176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 14:35:58.91 ID:la77meVTO
―――翌日:ニィマルマルマル時

レイ「まるでお化け屋敷ね」

シンジ「まさか夜の校舎がこんなに真っ暗だとは思わなかったよ」

レイ「何かしら、これ」

⇒○拾う
△叫ぶ

【懐中電灯を手に入れた】

シンジ「懐中電灯が落ちてる中学校って……」

レイ「とりあえず懐中電灯を付けたまま進みましょう」

178 >>174カヲルの出番はないっす、すんません :2011/10/31(月) 14:45:32.54 ID:la77meVTO
レイ「まずはここね……」

シンジ「……女子更衣室、何でさ……」

レイ「定番らしいわ」

シンジ「定番?」

レイ「探索系ゲームを男がプレイする場合、普段は絶対にいけないような所にいくらしいわ」

シンジ「ねぇ、それ誰がいってたの?」

レイ「青葉さん」

シンジ「中の人が廃人だからって!!」

181 >>175エヴァは元々そういう物語やないですか :2011/10/31(月) 14:53:56.64 ID:la77meVTO
シンジ「なんか独特の匂いがする……」

レイ「そう?私にはよくわからないわ」

シンジ「まぁ女の子だからね……ん、これは……っ」

⇒○調べる
△叫ぶ


182 >>179嫌ならry :2011/10/31(月) 14:55:07.25 ID:la77meVTO
脱いだまま忘れられた旧スク水のようだ

○拾う
□嗅ぐ
⇒△叫ぶ

シンジ「うわぁぁぁぁぁぁっっ!」

レイ「静かに、シ(ビ)トに見つかるわ」

シンジ「いないからっ!世界観違うからっ!」

レイ「そう……」

シンジ(青葉さん、さては綾波の前でSIRENを実況プレイしたな!?)

レイ「碇くん」

シンジ「どうしたの?」

レイ「ここ、何か、変」

シンジ「ここ……っ!?暑い」

183 でも改行食うからもうやらないっす :2011/10/31(月) 15:01:21.22 ID:la77meVTO
シンジ「この先は……まさか地下?」

レイ「どこかに入り口があるのかしら……」

シンジ「とにかく熱い範囲を調べてみよう」

レイそうね

―――

レイ「ここもね」

シンジ「ということは、女子更衣室、体育館の女子トイレ、体育館の女子シャワー室か……なんかもう変態な響きしか感じないよ……」

レイ「碇くん、これ学校の地図なんだけど」

シンジ「この3つの真ん中に空間がある……上は、パソコン室みたいだね」

レイ「行ってみましょう」

184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 15:12:56.46 ID:WVgEAKIMO
青葉「絶好調である!!」

185 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 15:13:02.77 ID:la77meVTO
―――パソコン室

レイ「あった、これだわ」

シンジ「隠し階段……なんでこんなのが学校のパソコン室にあるんだよ……」

レイ「行きましょう」

シンジ「うん」





シンジ「え、これっ、監視室?」

レイ「シャワー、更衣室、トイレ、あとは身体測定に主に使われてる部屋も映されてるようね」

シンジ「なんかもう犯罪超えて感心するよ……」

レイ「これ、ビデオかしら」カチッ

186 >>184何かくすってきたわ :2011/10/31(月) 15:14:45.89 ID:la77meVTO
―――

ヒカリ「ね、鈴原、ここ……」

トウジ「み、水着に興奮したんやないで!!」

ヒカリ「もぅっ、本当にスケベなんだから」

トウジ「仕方あらへんやろ!い、委員長の水着姿は……ワイには耐えられへん……」

ヒカリ「えっ……鈴原……//」

トウジ「ああああ、今のなしやなし!」

ヒカリ「しょうがないわね、もう」ズリッ

トウジ「え、お、おまえ何しとんや!!」

ヒカリ「このままじゃ水泳の補習、出れないでしょ?大人しくさせてあげる。あむっ、ちゅっ、ぺろっ」

トウジ「あ、あかん、それ、よすぎるっ!!」

―――

187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 15:17:55.86 ID:la77meVTO


シンジ「……トウジ……」

レイ「……碇くん」

シンジ「え、な、なに?」

レイ「私も鎮めてあげた方がいいの?」

シンジ「え、な、何を」

レイ「それ」

シンジ「あ……」

レイ「前は私が大きくなるようにしてもらったから、今度は私がしてあげる」ズリッ

シンジ「えっ、ちょっと!」

レイ「男の子は、長い方がいいって聞いたわ、だから長くなるように碇くんがしてくれたように気持ちよくしてあげる、ぺろぺろっ」

シンジ「……っつ!」ゾクッ

195 講義で授業内容をまとめるレポートだされた、まったく聞かずに書いてたから死ぬかと思ったわ :2011/10/31(月) 16:04:49.67 ID:la77meVTO
レイ「脈を打ってる……ビクビクしてるわ……ちゅるっ、れろっ、じゅるるっ」

シンジ「あっ、あ、あ……」

レイ「碇くんの腰がガクガクしてる……大丈夫?」

シンジ「う、うん、気持ちよすぎて力が……」

レイ「なら座って、私は平気だから」

シンジ「じゃあ……」ストン

レイ「続けるわ。はむっ、じゅるるっ、ちゅぱっ」

シンジ「あ、て、手も……あんな風に……」

レイ「洞木さんみたいに握って動かせばいいのね」シュッシュッ

シンジ「あ……っ、うっ、そう」

レイ「じゅるっ、ちゅぱっ、ぱちゅ、ずりゅゅっ」シュッシュッシュッシュッ

シンジ「あっ、あ、あ、あっ!」

198 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 16:21:11.92 ID:la77meVTO
レイ「じゅぱっ、ぷちゅっひわひふん、じゅるるっ、ひもちひい?」

シンジ「あ、だ、だめっ、で、あぅ、でるっ!」びゅるっ、どぷっ、びゅるるっ!

レイ「んっ!?んんっ、ん……こくこく……ぷはっ」

シンジ「はぁっ、え、飲んだの?」

レイ「だめだったの……?」

シンジ「いや、別にダメじゃない、よ」

レイ「よかった……」

208 いかん、友達がスレを探し始めよった :2011/10/31(月) 17:02:29.27 ID:la77meVTO
シンジ「でも、変な味しなかった?」

レイ「少し、苦かったわ……でも平気だから」

シンジ(でも罪悪感が沸いてくるんだよね……そうだ)「えいっ」ズリ

レイ「い、碇くん?」

シンジ「ぺろっ」

レイ「ひぅっ!?」

シンジ「じゅるるっ、ちゅっ、ぺろっ、くちゅくちゅ」

レイ「あ、だ、ダメっ、そこっ、だめっ、ぇっ!」

シンジ「舐めてくれたからお返し……ずりゅゅっ、んっ、ちゅるっ、くちゃっ」

レイ「は、あっ……あ、あっ、やっ、ぁんっ!」ガクガク

シンジ「このクリクリしてるの、弱いんだよね……あむっ」

レイ「っっっっっ!?」キュゥッ

シンジ「いいよ、我慢しないで」

レイ「だめっ、だめだめっ、あんっ、やっ、ひゃっ、んっ、あっ、いかりくんっ、ゃん、あ、ひゃぁぁぁぁっっ!!」プシャァァァァ

209 >>206ごめん、無いわ、まだヒカリのが可能性あるわ :2011/10/31(月) 17:09:21.87 ID:la77meVTO
レイ「あっ……あ……」ヘナヘナ ペタリ

シンジ「気持ちよかった?」

レイ「何か、出ちゃったの……」グスン

シンジ「いいんだよ、僕も出しちゃったんだし」

レイ「うう……」

シンジ「凄くかわいかったよ」

レイ「っっ///」キュッ

シンジ「でも、ベトベトになっちゃったね……」

レイ「シャワー浴びて、それから教室に置いてる体操服を取りに行きましょう」

シンジ「あ、体操服か、そうしよう」

レイ「コクコク」

シンジ「じゃあ梯子のぼって上に戻ろっか」

レイ「先に行って……恥ずかしいの……」

シンジ「あ、うん、わかった」

211 しかしここ勢い無いのに落ちないって素晴らしいな :2011/10/31(月) 17:13:43.04 ID:la77meVTO
シンジ「先に、取りにいけばよかったね」

レイ「……」コク

シンジ「服が全部濡れちゃったから裸で教室までとりにいくなんて……恥ずかしいよ……」

レイ「こっちみちゃ、やだから……///」ドキドキ

シンジ「う、うん……」ドキドキ

レイ「……」ヒタヒタ

ガンッ!!

レイ「っっ!」ビクゥッ

シンジ「わっ!」

レイ「見られちゃう……」ヒシッ

シンジ「じ、じゃあ、抱っこしてあげるよ、それなら僕のも隠せるし」

レイ「」コクコクコクコク

215 >>210んなもんねぇよっ、中2の時に携帯でエヴァSS書いてたぐらいだ :2011/10/31(月) 17:19:07.17 ID:la77meVTO
シンジ(いい匂いがする……)

レイ「」ギュゥッッ

シンジ(腰に足を絡めてる……だいしゅきホールドみたいだ……)
レイ「」キュッ

シンジ(何故か僕のは見えちゃうから綾波が手で包んで隠してくれるけど……)

レイ「あっ……」ビクッ

シンジ「どうしよう、また勃って来ちゃった……」テクテク

レイ「……」シュッ

シンジ「ひゃっ」ビクゥッ

216 >>214最初からアスカ、レイ、マリだよ…… :2011/10/31(月) 17:24:54.77 ID:la77meVTO
レイ「ここ触ってる時の碇くんの声……なんだかドキドキする」シュッシュッ

シンジ「あ……っ、ダメだって」

レイ「さっきいきなり脱がしたもの、しらないわっ」フニフニ

シンジ「そ、そんなぁひゃっ、玉は、にゃぁっ!」

レイ「ここ、いいの?」クニクニ

シンジ「そこは、本当に、ぁぁぁっ、ダッ、ぅぅぁっメだっ……てぇ!」クチュクチュ

レイ「ゃぁっ!」ビクッ

シンジ「仕返し!」グリッ

レイ「あ、そこっ、違うっ、おしりっ……ああっ」クニクニシュッシュッ

シンジ「んんんっ!そうだ、キスしたら声でないよっ、ちゅっ」クチュクチュグリグリ

217 なんでこんなの電車で書いてんだ、俺…… :2011/10/31(月) 17:32:07.65 ID:la77meVTO
レイ「ふぅ、んっ!ちゅぅ、ぁぁっ、くちゅばっ、んんんっ!」ゾクッ

シンジ「んぁぁっ、ゃっ、ちゅばっ、じゅるっ、くちゅっ、ふぅぅんっ!」ビクッビクッ

レイ「んっ、んっ、んんっ、じゅるっ、ぁぁっ!ゃぁっ、ん、んんっ、」シュコシュコ ピクン

シンジ「ふぁ、ぁっ、ちゅるっ、ん、んんんっ、ぁぁっっ!」グチュグチュ ゾクッ

レイ「ふっ、んっ、んっんんんっ!ちゅばぁっ、あんっ、ダメっ、いかりくんいかりくんいかり、あっ、きゃぅぅぅぅぅぅぅっっ!」ギューッ

シンジ「ちゅぱっ、そんな、ひゃっ!強くしたら、あっぁぁっ、で、るぅっ、ぅぅぅっっ!!どぴゅっ、びゅるるっ、びゅびゅっ!」ギューッ

219 急にレス無くなったと思ったらさては抜いてるな…? :2011/10/31(月) 17:36:11.20 ID:la77meVTO
シンジ「結局またシャワー浴びちゃったね……」

レイ「ええ……//」

シンジ「なんで洗いっこがよかったの……?」

レイ「ぽかぽかしたから」

シンジ「ぽかぽか?」

レイ「そう、碇くんとずっとぽかぽかしたかったの」

シンジ「そっか……」

レイ「」コクリ

222 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 17:40:52.87 ID:la77meVTO
―――監視部屋

レイ「…………碇くん、また床に梯子があったわ」

シンジ「どんどん下るんだね……」

レイ「一体どうなっているのかしら……」

シンジ「着いた……また洞窟」

レイ「熱い……わ」ヌギッ

シンジ(とうとう綾波まで完全裸族化してきちゃったよ)

レイ「先に進んでみましょう」

シンジ「そうだね、行ってみよう」

223 >>220 おい携帯からじゃそれ見れないんだぞ畜生 :2011/10/31(月) 17:43:41.06 ID:la77meVTO
シンジ「……やっぱりあった、ボイラーだ」

レイ「やっぱり?」

シンジ「うん、これジオフロントにもあったんだよ」

レイ「ジオフロントにも……匂うわ」

シンジ「えっ、シャワーちゃんと浴びたのにっ」

レイ「……違うわ、とにかく、戻りましょう」

シンジ「そうだね」

237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 18:20:07.21 ID:la77meVTO
加地「ジオフロント及び中学校地下のボイラーの破壊は完了しました」

冬月「ご苦労。しかしあまりに代償が大きすぎたのではないかね?」

加地「心配には及びません、ただの火傷によるハゲですので」

冬月「そうか……D型装備の改良計画も頓挫だな

加地「嬉しい限りです」

冬月「問題はここか……」

加地「真希波・マリ・イラストリアス宅地下、こいつは一番規模がでかいですね」

冬月「むしろ今までのは偽装だったとみて問題無さそうなほどだ」

加地「彼女が一枚噛んでいると見て間違いはなさそうですね」

冬月「あと、“それ”とな」

ゲンドウ「ふもーっ、ふもふもーっ!ふもっふー!」

冬月「まったく、女子全裸計画なんていうがんぷ……けしからん計画を考えよって」

加地「“それ”を裏で操っているのはやはり彼女でしょうかね」

冬月「恐らくな、私はその背後がとても気になるよ」

238 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 18:24:53.83 ID:la77meVTO
―――0時0分

シンジ(アスカといい、綾波といい、実は凄くえっちだったなんて)

シンジ(うぅ、思い出しただけで興奮してきちゃうよ)シコシコ

シンジ(でも……2日連続であんなにやると流石に……疲れ……)シ…コシ……コ

シンジ「zzz」




マリ「~~♪」

244 やべぇ、プレッシャーがやべぇっ :2011/10/31(月) 18:34:03.73 ID:la77meVTO
―――???

シンジ「……ん、ふわぁーっよく寝た……」ジャラッ

シンジ「……ジャラッ?」

マリ「お目覚めかい、ワンコ君?」

シンジ「うわぁっ、ま、マリさん」ジャラッ

マリ「そうそう、ワンコ君だけのマリさんですよっ」

シンジ「あの、なんで鎖なんて……」

マリ「逃げられちゃ困るからにゃ」

シンジ「……へっ?」

マリ「ワンコ君はここで、ずっとあたしに種付けしてもらうよ」

シンジ「種付け……種付け……ええっ!?((((;゜Д゜)))」

マリ「大丈夫、痛くしないから安心してね」ちゅっ



245 おい急に人増えたぞどうなってやがる :2011/10/31(月) 18:37:17.37 ID:la77meVTO
シンジ「ど、どうして種付けなんか」

マリ「企業秘密♪」

シンジ「そ、そんなぁ……」

マリ「まぁ、とにかくあと三日は休んでなよっ」





マリ「濃ゆいの、期待してるにゃっ♪」

248 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 18:45:54.96 ID:la77meVTO
―――ネルフ本部作戦部

ミサト「シンジ君が行方不明!?」

日向「はい、日付変更と共にロスト、現在確認作業を行ってます」

リツコ「この状況下で使徒にでも攻められたら……」

青葉「人溜まりもないっすね」ピコピコ

ミサト「ブチッ!没シュート」

青葉「あああっ!プレイ時間カンストのモンハン3rdが!!しょうがない、零式でも」スッ バキャァッ ドスッドスッバキボキヒデブゥ

ミサト「殺すわよ」ブチッ

マヤ「すでに形象崩壊寸前ですよ……」

ミサト「しょうがないわ、アスカとレイを至急回収。ネルフに匿って」

マヤ「了解」

ミサト「マリは?」

日向「不明です」

ミサト「マリかマナかマヤだが知んないけどややこいのよっ、コンチクショーめっ」

マヤ「(涙)」

251 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 18:56:04.29 ID:la77meVTO
―――三日後

マリ「さてさてワンコ君、ご飯の時間ですよ~」

シンジ「はぁっ……はぁっ……」ギンギン

マリ「にゃっ、いい感じに飢えてるねぇ、やっぱり全裸ニーソはやばいかにゃっ?」

シンジ「あ……あぁ……」タラー

マリ「なんもしてないのに我慢汁垂れてるよ」ヌリヌリ

シンジ「んっんんんっ!」ビクンビクン

マリ「あー、やり過ぎたかな、とにかくイッちゃダメだよ?ちゃんと中で出させてあげるから、ほらお尻」フリフリ

シンジ「!!」ジャラジャラジャラッッ

252 やばい、超抜きたい、けど抜いたら間違いなく書けなくなるから抜けない、ジレンマ :2011/10/31(月) 18:56:45.11 ID:la77meVTO


マリ「精力増量メニューにしたらトンデモになっちゃったにゃ、感心感心♪」

シンジ「ふーっ、ふーっ」テラテラ

マリ「もう、本当にワンコみたいだにゃ、なでなで」

シンジ「っ!」ゾクゾクッ

マリ「こりゃ重症だ♪あ、でも先ずはご飯食べてねー、はい、あーん」

シンジ「もぐもぐ」

マリ「どう?」

シンジ「美味しいです」

254 >>253 そりゃ2日で二人相手に出しまくっちゃうしんちゃんですから :2011/10/31(月) 19:00:13.55 ID:la77meVTO
マリ「さて、どうしよっかな、とりあえず一発目はこっちに貰おっかな」

シンジ「ふーっ、ふーっ!」

マリ「うん、三日以上前のも少しあるだろうし、培養分を先に貰っちゃおう」

マリ「というわけでどうやって出させてほしい?>>259

マリ「試験管に欲しいから中出し以外で選ぶにゃっ♪」

259 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/10/31(月) 19:01:43.49 ID:hGzm6fLb0
オナホ

264 >>259 なるほど、オナホか! :2011/10/31(月) 19:10:12.40 ID:la77meVTO
マリ「じゃじゃーん!マリちゃん印のマリホール仮説5号機!反対側の穴に試験管を固定してっと」

シンジ「うーっ、うーっ!」ツヤツヤ

マリ「こりゃローション要らず、とぉりゃぁぁぁぁっっ!!」ズボッ

シンジ「ぁぁぁぁっっっ!!」ドプッゴポッ

マリ「わぁお、こりゃすごい♪よし、このまま試験管は保存して、と」

シンジ「はぁっ、はぁっ」ムクムクッ

マリ「若さっていいねぇっ!そんじゃ本番したいから濡らしてよっ」クパァッ

シンジ「じゅるっ、あむっ、ペロペロ、ずりゅゅっ!」クチュクチュクチャクチャ

マリ「ぁぁんっ♪いきなり二ヶ所責めなんてぇ、ワンコ君やばいよぉぉっ♪」

269 全ての>>262におめでとう :2011/10/31(月) 19:15:46.84 ID:la77meVTO
マリ「あん、ゃっ、くぅん!いいよぉっ、ぞっくぞくするぅっ♪童貞ワンコ君がテクニシャンになってるよぉぅっ♪

シンジ「じゅぱっ、れろれろっ、ちゅるっ、はむはむ、ぢゅぱぢゅぱ」ズリュッズリュックチュクチュクチュクチュ

マリ「だめぇぇっっ、イッちゃうよぉぉぅぅっ、はぁっ、あ゛ああんっ♪キモチイイッ、アアッ、イクゥゥゥッッッ!!!」ビクビクビクビクッ!!

272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 19:25:43.72 ID:la77meVTO
マリ「はぁっ、はぁっ、やば、やばいよワンコ君、加○鷹も目じゃないぐらい気持ちよかったよっ」

シンジ「コクッコクッ…プハッ」

マリ「ありゃりゃ、飲んじゃったか、さてとそれじゃワンコ君の筆下ろしタイムだにゃ」シュコシュコシュコシュコ

シンジ「ん、んんんっ!!」

マリ「じゃ、入れちゃおう♪」

ズリュッ

シンジ「ぁぁぁっ!!」

マリ「あっ、ぁぁぁっ、んっっっ!いいよ、いいよ、すっごく硬くて大きいにゃ♪マリにゃんにぴったりで気持ちイイッ」ズプッヌチッジュポッ

シンジ「あ、あ、ああああっ」ガクガクガク

マリ「もうイッちゃうの?あんっぁぁっ、はやっいよぉっ!ひやぁぅっ、んんっ、もうちょっと……にゃっ、にゃぁっ、我慢して欲しいにゃっ!!」

シンジ「ぶんぶんぶんぶんっ」ゾクゾクガクガク

マリ「そっか……あぁんっ!ワンコ君のオチ○ポ気持ちイイのに、なぁっ、ぅにゃ♪にゃん、ひゃうっ!奥まで届いてッ、最高、なのにぃッ♪」ジュポッ、ジュポッッ!


273 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 19:29:44.44 ID:la77meVTO
マリ「でそぉっ!?そんなにっ?中でッ、ビックンビックンしてるのわかるよっ!ぁふっ、あっあっあっ!ぁぁっ!また、おっきくなった♪言葉責め、好きなんだッ!」

シンジ「プルプルプル」ゾワァァッッ!!

マリ「いいよっ、出してっ、いっぱい、いっぱいぃッ♪マリにゃんのなかにぃっ、種付けしてぇっ!!」

274 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 19:30:30.06 ID:K61fQgtS0
シンジ死ねと言わずにいられない

276 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 19:34:54.02 ID:la77meVTO
マリ「あ、っ、くる?出そう?出したいっ?だせだせ♪いっぱい出しちゃぇっ♪濃ゆくてアッツィの、ぶちまけちゃぇっ♪」

シンジ「ぁぁっ!あ、あっあっあっ!ぁぁぁぁっっっっ!!」どふっっ、でゅるゅりゅっ、びゅるるるっ!

マリ「あ、ぁぁっ、いっぱい♪いっぱい来てるっ、あっついのっ♪ワンコ君のとろとろせーえき、マリの中に入ってくるぅぅっ!!」





マリ「中出しは、1日1回まで、また明日まで我慢してね、ワンコ君っ♪」

シンジ「」ポォーッ…

279 おまえらどんだけマリ好きなんだよ、これでいいのか?いいんだなっ? :2011/10/31(月) 19:39:30.49 ID:la77meVTO
―――ネルフ本部作戦室(さっき作戦部って書いてた)

ミサト「あれから一週間、未だに行方不明……マリの自宅はシンジ君はおろか、ボイラーまで消失、とはね……」

アスカ「バカシンジのやつ、なんで戻ってこないのよぉっ……」モジモジ

レイ「碇くん……っ」ソワソワ

ミサト「なんかあんたたち最近変よ?」

アスカ「な、なななっ、なんでもないわよっ!いくわよ、レイ!」

レイ「え、ええっ」スタコラサッサー




ミサト「……怪しい」キラーンッ

283 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 19:45:57.17 ID:la77meVTO
リツコ「とはいえこのままじゃ不味いわね」デバンニカイメキャッフーィ

日向「そうですね……せめて行き先の予測でもできればいいんですが……」デバンガオバンミエタゼウッホーィ <ナンデスッテ!?ビシッバシッドスッドスッバキィィッッ!

マヤ「ジオフロント、第2中学校、マリ宅地下……一体なんの結び付きがあるんでしょうか……」アーアゴシュウショウサマ

ゲンドウ「ふもっふ!」ニュッ

ミサト「司令!!拘束されてたはずじゃ!?」

ゲンドウ「ふもふもっ、ふもーっ!ふもっふもっふ、もっふーっ!」( ̄▽ ̄)b

ミサト「いや、さっぱりわかりませんから」

ゲンドウ「ふもー……」トボトボ

286 これ何回ヤらせればいいかわかんねぇっ…! :2011/10/31(月) 19:55:54.83 ID:la77meVTO
マリ「あっ、あっ、もっとぉっ、もっとぉっ!!オマ○コの奥、奥までっ♪」

シンジ「はっ、はっ、あっ、はぁっ」パンパンパンパン

マリ「ワンコ君かわいいよっ♪ワンコみたい♪もっと、激しぃのっ!!あっ、ぁぁぁぁっ、イイッ!凄くいいよぉっ!」ズチュッヌチュッズチュッズチュッ

シンジ「で、でるっ、あああっ、いく、イクッッッ!!!」

マリ「いいよ、頂戴ィッ!いっぱい、いっぱい注いでよっ♪あぁんっ、最ッ高ぉっ♪」

シンジ「あっあっ、あ、あ、ああっ、うぅっっっ!」どぴゅっびゅびゅっ、びゅるっっ!


マリ「ふー、今日も大漁だにゃっ♪」タラーッ

シンジ「はぁっ、はぁっ……」ビクンビクン

マリ「しっかしホント、ワンコ君は元気だねぇ♪こんなに激しくても大丈夫なんだっ」

シンジ「たまには……優しいのが……いいですよ……」ギンギン

マリ「んー?しょうがないにゃー、明日優しくしてあげるから期待していいよっ♪」

289 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 20:01:14.06 ID:la77meVTO
―――一方

アスカ「ちゅ、ちゅむっ、くちゅっ、あんっ、レイっ、上手くなったんじゃ、ない?ひゃぅっ!」

レイ「そんなこと、ないっ…ああっ!あん、ゃっ、あっ、だめぇっ……」

アスカ「しんじのやつっ、帰ってきたらただじゃ……あぁんっ♪済まさない、わっ、んんっ、ゃんっ!」

レイ「いかりくんっ、あんっあっ、あっあっ、いかりくんっ、いかりくんーーっっ!!」

アスカ「しんじぃっ、ぁぁっ、もっとぉっ、あっあっ、んぁっ、しんじぃっーーーっっっ!!!」



ミサト「なるほどなるほど」

291 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 20:05:26.43 ID:la77meVTO
リツコ「ふぅっ……」クラッ

マヤ「先輩っ!?」

リツコ「心労ね……少し寝まいがするわ……」

マヤ「無理ないですよ、もう一週間ですから」

リツコ「そうね……こんな時、母さんならどうやって乗りきるのかしら……っ!?……チルドレン、拉致……そう、そういうことだったのね……」

マヤ「先輩?」

リツコ「謎は全て解けたっ!」キリッ

マヤ(今日の先輩はいつになく素敵……)メロリーン

293 >>290 勃起させつつ濡らしながらニヤニヤ顔で書いてますが何か? :2011/10/31(月) 20:13:04.93 ID:la77meVTO
―――某所

マリ「はい、着替えた着替えた!」

シンジ「えっ、これって……」

マリ「そう、あたしの制服にゃ♪」

シンジ「これでどうするんですか?」

マリ「ん?まずは目隠し」

シンジ「はぁ……」

マリ「心落ち着けて……キミは今から女の子、黒髪ロングの可愛い女の子……」

シンジ「黒髪ロングの…可愛い……女の子……」コックリコックリ

マリ「そう、今見てるのは鏡に写るキミ自信、あたしの制服を着た、可愛い女の子」

シン?「女の子……可愛い、黒髪でロングの、ぱっつんで……マリ先輩の制服……」<ア、パッツンスキデセンパイモエナンダ

マリ「はい、キミの名前は?」

「シンコ……碇シンコです……」

マリ「ぐへへ」キラーンッ

294 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 20:13:06.71 ID:K61fQgtS0
そういや使徒は

295 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 20:14:33.91 ID:K/dyrT8u0
>>294
         ,r '" ̄"'''丶,
        ./.゙゙゙゙゙   .l゙~゙゙゙゙ ヽ\
      . i´ ri⌒.'li、 .'⌒ヽ  'i::`i,
      .| ′ .゙゜  .゙゙゙″ .:::l::::::!
      |,   ,r'!ヾ・ ヽ,  .::::.|:::::::i  アイツはもう消した!
      .i,  ./,r──ヽ, :::::::i::::,r'
      ゙ヽ、  .ヾ!゙゙゙゙゙゙'''ヽ、_ノ  
        `'''゙i ._____ l /ヽ 
    /\ へ  ゙ヽ ___ノ’_/          
    へ、   | ̄\ー フ ̄ |\ー
  / / ̄\ |  >| ̄|Σ |  |
  , ┤    |/|_/ ̄\_| \|
 |  \_/  ヽ
 |   __( ̄  |
 |   __) ~ノ
 人  __) ノ

296 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 20:18:24.58 ID:la77meVTO
マリ「ね、しんちゃん、これ、何かな?」

シンコ「えっ、あのっこれは……み、みなぃ……でくださぃ……」ウルウル

マリ「しんちゃん、ちんちんついてる」

シンコ「いやぁっ…///」カァァッ

マリ「隠してたんだ?」

シンコ「すみません先輩……あのっどうしても……知られたくなかったんです……」

マリ「そっか、それで水泳サボってたんだ」

シンコ「そう……ですっ」

マリ「これ、嫌いなんだ」

シンコ「大嫌いです……」

マリ「じゃあマリ先輩が、好きにさせてあげるにゃっ」

シンコ「えっ……」

299 >>294 どっからか現れたブシドー仮面が成敗してくれました、世界は変t…平和です :2011/10/31(月) 20:25:56.08 ID:la77meVTO
マリ「ちゅっ」

シンコ「ひゃぁっ」ピクピク

マリ「んふー♪ちゅっちゅっ!」

シンコ「そんなとこにキスなんて……汚いです、ぁっ、んんっ……」

マリ「汚くないよ、しんちゃんのだし、ちゅるっ、ちゅっちゅっ」

シンコ「あ、ぁんっ、だめですぅ……ひゃっ、やんっ!」

マリ「こうすると、気持ちイイでしょ?」

シンコ「へ、変な感じがします……」

マリ「ありゃ、まだ気持ちいいがわかんないか。じゃあ、これはどうかなっ、あむ、ちゅる、じゅりゅっ」

シンコ「んんーーっ!」ピクンピクン

302 育成によく出る女装シンジはあまり受けがよろしくないか…… :2011/10/31(月) 20:34:59.66 ID:la77meVTO
マリ「どうかにゃっ?」

シンコ「び、びっくりしました」ハァッハァッ

マリ「シンちゃんは可愛くて大好きだよっ、じゅるっ、れろれろっちゅるるるっ!」

シンコ「んぁっ、ひゃんっ!ぁっ、ぁっ、んんっ!ゃだぁっ……ひゃぅっ!」

マリ「あ、先っぽからなんか出てきたよ♪ぺろっ!」

シンコ「や、なめたらだめですぅっ」プルプル

マリ「じゃあこっちを舐めたげるよ♪」ハラッ

シンコ「ぁっ、むねはぁっ……」

マリ「小さくてもかわいいよっ、ちゅっ、くにくに、ちゅばっ…」

シンコ「ぴ、ぴりぴりします……」

マリ「よしよし、ちゃんと感じてるね、れろれろ」コシュコシュ

シンコ「んんんっっ!?」

マリ「二ヵ所同時はどんな気分かにゃ?」

シンコ「な、なんか、その……変になっちゃいそう、です」

マリ「なら、もっと変にしてあげるよっ♪」

305 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 20:40:19.78 ID:7GwOsKmu0
>>295
だからお前は誰なんだよ

327 >>318 ほぅ…その後は乱交ぱーちぃですな! あと“u”じゃなくて“c”だった。深くお詫びry :2011/10/31(月) 21:19:21.81 ID:la77meVTO
マリ「これなにかわかる?」モニュッ

シンコ「んぁっ!へ、えっと……わからない、です……」

マリ「残念……れろぉっ……」ツー…タラー

シンコ「んっ、なにかひんやりしたものが……」

マリ「あたしの唾だよっ」クチュッ

シンコ「ひぅっ!?」

マリ「どう?マリのおっぱい柔らかいでしょ♪」クチュッ、ニチッ、チュクッ

シンコ「あっ、ぁっ、ぁんっ、ひゃぁっ、はぁっ、んっ!シンコのチ○チンが先輩のおっぱいに……挟まれて……ひゃぁんっ!」

マリ「ーー♪ちろっ、れろれろっ、ちゅぅぅぅっっ!」ニチャックチュッ

シンコ「さ、先っぽは……ぁぁっんっ!腰が、抜け……ひゃぅぅぅっ!」ガクガク

マリ「んーー?ここかな?じゅるっ、ぷちゅ、ちろちろっ」

シンコ「ひやぁぅ、あんっ、ああっ、だめですぅっ、それぇっ、だめですっ、良すぎますっ、変に、ぁぁんっ、なりますっ!」



330 エロはこれで終わりかな?俺も早く抜きたい… :2011/10/31(月) 21:26:52.02 ID:la77meVTO
シンコ「あんっ、ぃゃっ、ゃぁっ!……は、はげしっ、きゅぅぅっっ、ぁぁんっ!」

マリ「イキそう?イキそう?」グチュグチュグチュグチュ

シンコ「なにかキてるっっ!なに、でちゃうぅっ!あっ、あっ!ひゃぁぁ!」

マリ「まだだよっ、出したいならちゃんと『先輩のお口に射精させてください』って言わなくちゃね♪」

シンコ「ひゃ、ぁぁっ、はず……かしぃっ、ゃんっ!ぁぁぁっ」ジワッ

マリ「じゃあだしたらだめだよ?」グチュグチュグチュグチュ チュルチュルハムハム

シンコ「ん、んんんんっっっ、だめぇぇっっ!あっ、『先輩のォッ、お口、ひゃ、にっ、いゃん!ださ、出させ、はふぅっ、出させてくださ……射精させてくださぃぃっっ♪』」

マリ「よしきた、いっぱい出しちゃえっ♪」

シンコ「でちゃぅっ、シンコのチンチンから、精液でちゃぅぅぅっっっっ♪」ビュルビュルビュルルッ!

332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 21:30:32.90 ID:la77meVTO
マリ「ん!んっ、っっ、むっ……っ」コクン

シンコ「はぁ…はぁ……はぅ……」

マリ「……ぷはっ、いっぱいだしたね♪全部飲んだよ、ワンコ君っ!」

シンジ「はぁ…はぁ……ふぅ…はぁ………ふぅ…………」

アスカ「ふぅ…………」

レイ「ふぅ…………」

ミサト「ふぅ…………」

俺「ふぅ…………」

おまえら「ふぅ…………」

マヤ「下二つが不潔です!!」

リツコ「無様ね」




マリ「やばっ、バレてる!?」

334 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 21:34:10.27 ID:K61fQgtS0
ふぅ…………

336 >>331 なんで黙ってスレ閉じれないの? :2011/10/31(月) 21:37:33.82 ID:la77meVTO
リツコ「見つけたわよ、真希波・マリ・イラストレーター!」

マヤ「先輩、イラストリアスです」

リツコ「くっ…!とにかく見つけたわよ!まさか司令を手玉に人工進化研究所を使っていたなんてね!」

マリ「ち、バレちまったんじゃあしょうがない、然らばっ!!」ボワンッ!

リツコ「スモーク!?ちっ、司令、ここでこそのフルアーマーボン太君です!!」

FAボン太「ふもっ!…………ふぅ…………」

ミサト「まさかの遅漏!?」

アスカ「くそ、まてこらマキナミィィィィ!!!」

レイ「シンジ君を独り占めするのはワタシよぉぉぉぉぉっっっ!」

シンジ「……懐かしい、リナレイだ」

337 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 21:41:47.96 ID:la77meVTO
マリ「悪いけど、中の子とシンジ君の精子と、アスカとレイの卵子は国に持って帰らせてもらうよっ!」パパパパパパパピプペポッ

リツコ「マシンガン!?二人とも危ない!」

アスカ「フォーメーションS32!」

レイ「任せてっ!フィールド全開!!」カカカカカカカカッ!

アスカ「ちょいさぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっ!」

マリ「しまっ」

アスカ「食らえ腹パン!」

マリ「ゴフゥッ!」

339 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 21:48:47.44 ID:la77meVTO
アスカ「状況終了!」

マリ「くっ、参りました……」

レイ「とったり!」

ミサト「さて、洗いざらいはいてもらうわよ」

マリ「……優秀なエヴァのパイロットを造り出すことを本国が望んだだけよ」

リツコ「なるほどね……あのボイラーはさしずめ培養機材の稼働のためかしら」

マリ「その通りよ……」ピッ

FAボン太「!?ふもーっっっ!!」

マリ「モード反転、裏コード『ザ・ビースト』」

FAボン太『ぶもももももっっ……っ!!』

マリ「逃げるよっ、ボン太!」

ボン太「ぶもーっ!」スバッ!

マリ「せめて中の子は産むんだから!アディオス!」

ボン太「ぶもっふー!!」ダダダダダ………

リツコ「なるほど、ボン太を開発したのは彼女の国の傭兵だったのね……」


341 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 21:51:28.28 ID:la77meVTO
―――一週間後

こうして、僕を巻き込んだ上半身裸生活は一人の犠牲と共に幕を閉じた。

何故か僕だけがいい思いをしたり散々な目にあったけど、今までよりも強くなれた気がする(精力が)

父さん、あなたは今どこでなにをしているのでしょうか……





343 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 21:53:23.52 ID:K61fQgtS0
ここからカヲルとの濃厚なホモ展開じゃないの?

344 忍法帖【Lv=32,xxxPT】 :2011/10/31(月) 21:54:35.57 ID:a7NNm9hd0
マリ最高

345 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 21:55:28.76 ID:ozTgztLc0

マリ エロいよ

346 忍法帖【Lv=12,xxxPT】 :2011/10/31(月) 21:56:02.21 ID:UpE19a+n0

抜きどころを見計らいすぎて結局抜けなかった…orz

349 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 21:58:18.16 ID:ozTgztLc0
保存した

355 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 22:10:10.15 ID:1sdEcmd50
ふぅ…
乙!

356 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/10/31(月) 22:11:58.01 ID:gVct2Hso0
シンジ「三人とも四つん這いになってケツをこっちに向けろ!!」

シンジ「片っ端からハメ倒してやる!!!」

関連記事
2011/11/03 01:30 | CM(0) | エヴァ SS
    コメント一覧
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング