HEADLINE

一夏「皆いい尻してるよなぁ」

2011/11/21 12:41 | CM(3) | IS SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 17:43:03.37 ID:hrygHAp00
セシリアのボリュームのある尻、シャルのバランスのとれた尻
ラウラの引き締まった尻、鈴の形のいい尻

今までは千冬姉のスーツパッツンパッツン状態の尻でアネニーしていたが
周りにも沢山の尻があることに気づいた

4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 17:44:42.43 ID:JG9Z4Rkj0
俺はアニメでみた一夏さんのプリケツを忘れないよ

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 17:47:35.88 ID:14IzRTrj0
弾は?弾のケツは?

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 17:50:15.34 ID:hrygHAp00
一夏「っていうかもう限界です」

一夏「こんな美少女だらけの女の園で男一人なんてありえないだろ」

一夏「皆勝手に人の部屋入ってくるし、プライベートなんてありゃしない」

一夏「日課のアネニーすら皆が寝静まった深夜のシャワールーム」

一夏「アネニーくらい心置きなくやりたいんだよ!」


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 17:52:43.73 ID:KIsQAVul0
あれモップは・・・

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 17:53:45.08 ID:1WKdnQApO
ナチュラルにはぶられてるよな

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 17:52:53.37 ID:TX7KtPAg0
一夏「皆、いい尻してるよなぁ」

一夏「特に弾」

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 17:58:13.77 ID:hrygHAp00
一夏「いや待て、考えてみれば皆結構いい尻してるよな」

一夏「セシリアのあの尻…でかいよなぁ。思いっきり顔をうずめて深呼吸したい」

一夏「シャルも大きさこそセシリアに劣るが形もいい。揉みしだきたい尻だ」

一夏「形と言えば鈴か。身体が細い分ボリュームはないが引き締まった尻は魅力的だ 」

一夏「ラウラはそうだな、鈴に近いがより引き締まった尻だ。太ももからのラインが、そそる」


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 18:02:39.92 ID:hrygHAp00
一夏「これだけ魅力的な尻があるんだ。たまにはアネニー以外も楽しもうじゃないか」

一夏「どうせだから最高の環境でやりたいもんだ」

一夏「皆に見つかったら人生積むだろうしな…」

一夏「…ちょっと弾の部屋借りれないだろうか」

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 18:08:44.06 ID:hrygHAp00
一夏「…いくら弾でもそんなこと頼めないよな」

一夏「弾の家には蘭もいるし、まずいよなぁ…」

一夏「蘭か…そういえば蘭もいい尻してたな。中学生とは思えない成長ぶりだった」

一夏「あっ、やべ思い出したら股間の零落白夜が臨戦態勢に」


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 18:12:54.61 ID:hrygHAp00
一夏「蘭か。妹みたいに思ってたけど、よくよく考えてみると可愛いよな」

一夏「気立てもいいし、スタイルもなかなかだ」

一夏「性格だって悪くない」

一夏「よし、今日のおかずは蘭で決まりだ」

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 18:18:47.52 ID:hrygHAp00
一夏「蘭…蘭っ」シコシコ

一夏「ほら、脱げよ。イヤじゃねえよ脱げって」シコシコ

一夏「ふぅ…ふぅ…やべえ顔真っ赤にして泣きそうな蘭萌える」シコシコ

一夏「さすがに中3じゃ生えてるか。でも薄いな」ニヤニヤ

※全部一夏さんの妄想です

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 18:25:27.62 ID:hrygHAp00
一夏「ほら、スカートくわえて自分で見せろよ」ニヤニヤ

一夏「いい子だ。可愛いぞ蘭」シコシコ

一夏「よし、じゃあ次はこれをくわえてもらおうか」

一夏「うっ!」ドピュ

一夏「興奮しすぎて中途半端なシーンで暴発しちまった…」



35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 18:28:15.27 ID:hrygHAp00
一夏「うわぁ…虚無感半端ない…」

一夏「親友の妹でオナニーなんて最低だろ…」

一夏「あーもう、世界滅びちまえよ…」

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 18:30:21.24 ID:hrygHAp00
すまん急用入った。
もうひとつのISスレをお楽しみください

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 18:32:41.16 ID:8o9XOerS0
おいまて

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 18:43:35.40 ID:44PV7mWp0
おいこら

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 19:33:58.88 ID:h6lmhx300
貴重な蘭ssなんだよ頼むよ

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 19:48:16.68 ID:h6lmhx300
一夏「(と良いつつ休みを利用して五反田食堂に来てしまった)」

弾「相変わらずハーレムしてんのかよお前はー」

一夏「そんな良いもんじゃねーっての」

蘭「おにい!お昼できたよーって一夏さん!?」

一夏「よお蘭、邪魔してる」

蘭「何で言わないのよおにい!!」ゲシゲシ

弾「悪かったっていででっ」

一夏「(蘭もいい尻だよなあ)」

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 20:08:16.38 ID:h6lmhx300
蘭「い、一夏さんも食べていきます?」コソ

一夏「ああ。悪いな、急に来ちゃって」

蘭「と、とんでもないです!ちょっと待っててくださいねー!」タッタッタ

一夏「やっぱ急に押しかけちゃまずかったかな」

弾「いんや、問題ないさ。特に蘭にとってはな」

一夏「何だ、蘭の奴今日は暇だったのか?」

弾「……お前それ、蘭の前では言うなよ」

一夏「? ああ……」



63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 20:55:42.23 ID:h6lmhx300
一夏「……」モグモグ

蘭「どう……ですか?」

一夏「うん、相変わらず美味い」

蘭「お口に合って良かったです!」パァ

一夏「これだけ料理上手なら、良いお嫁さんになれるんじゃないか?」

蘭「お、お嫁さんだなんて……」テレテレ

一夏「彼氏とかいないのか?」

蘭「いませんよ!!」

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 20:59:02.29 ID:Vdr0qy7V0
蘭ちゃんとは見る目あるな

65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 21:04:29.29 ID:h6lmhx300
一夏「そ、そっか」

蘭「あ、ご、ごめんなさい大声出しちゃって」

一夏「いや、俺こそ変な事聞いちゃって悪い」

一夏「けど、青春は一度きりなんだからそういうのも悪くないと思うぞ」

弾「(お前が言うな)」



68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 21:15:30.81 ID:h6lmhx300
……

一夏「ふう、ごちそうさま。美味かったよ」

蘭「お粗末さまです。この後は何か予定はあるんですか?」

一夏「ん?これと言って無いかな」

弾「暇人」

一夏「うっせ」

蘭「そ、それじゃあt」

弾「そうだ一夏、駅前のゲーセンに新機種入ったってよ」

一夏「マジ?よし弾、久しぶりにひと勝負しようぜ」

弾「オーキードーキー、返り討ちにしてやんよ」

一夏「んじゃ早速……蘭?どうした?」

蘭「え、い、いや、何でも無いです……」

蘭「(ギロッ)」

弾「!?」ゾク



70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 21:17:58.88 ID:h6lmhx300
エヴァ見ながら即興だから遅いよ

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 21:26:06.41 ID:h6lmhx300
ゲーセン

弾「んでよ、どうなんだよ学園では」ピコピコ

一夏「どうって、前言った通り。女子ばっかで落ち着かないったらないよ」ピコピコ

弾「鈴は?」ピコピコ

一夏「っ」ビクッ

弾「お、隙発見!オラオラァ!」

一夏「あ、ちょま」ガチャガチャ

弾「おっし五連勝!」

一夏「」

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 21:35:13.14 ID:h6lmhx300
一夏「また負けかよ……」グッタリ

弾「ぬっふっふ。ハーレム野郎にゃ勝ち星はやらんよ」

弾「……鈴と喧嘩でもしてんの?」

一夏「喧嘩……そんな生易しいもんじゃない……」

弾「? 話し相手になってくれて助かったって言ってなかったか?」

一夏「最初はな。最近じゃIS振りまわして殺そう殺そうって……。怒らせるような事した覚えはないんだけどなあ」

弾「お前それ、どんな時に言われるんだ?」

一夏「箒と二人で話してる時とか……」

弾「(鈴、やり過ぎ)」

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 21:43:18.22 ID:h6lmhx300
一夏「だからたまにこっちに来ると気が楽だよ」

弾「ハーレムラブコメの主人公かお前は」ビシッ

一夏「いてっ」

弾「ま、暇な時なら付き合ってやるからよ」

一夏「サンキュ」

弾「蘭も喜ぶしな」

一夏「?」

弾「なんでもねー」

79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 21:59:31.04 ID:h6lmhx300
……

山田「それじゃあ今日の授業はここまでです」

一夏「はぁぁぁ、やっと終わった……」

箒「一夏、今日の昼食はどうするのだ?」

一夏「学食」

箒「ちょうど良かった。き、今日はちょっと弁当を作り過ぎてしまってな。良かったら……」

鈴「いっちかー!!お昼食べよー!!」ガラッ

一夏「ああ、いいぜ」

セシリア「一夏さん、私もご一緒しても?」

シャル「僕も一緒してもいいかな」

ラウラ「嫁と食事をするのは当然だ」キリッ

一夏「ああ。じゃあ早く食堂行こうぜ」

箒「……」

一夏「箒?」

箒「な、何でもないっ。私も行くぞ」

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 22:10:54.87 ID:h6lmhx300
鈴「はい一夏、あーん」

一夏「……鈴」

鈴「何?」

一夏「また酢豚か……?」

鈴「やー、一夏が美味しいって言ってくれたから、つい」

鈴「いやだった……?」シュン

一夏「いや、そんな事は」

セシリア「いけませんわよ一夏さん!毎日同じ物ばかり食べては栄養が偏ってしまいますわ!」

セシリア「その点私のサンドイッチは栄養面もしっかり考慮してありますから問題ありません」

セシリア「どこぞのパイナップルの無駄遣いよりこちらを食べるべきですわ、はい一夏さん、あーん」

鈴「」

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 22:17:51.48 ID:44PV7mWp0
いいぞ

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 22:19:31.18 ID:h6lmhx300
鈴「ちょっと待ってよセシリア、どういう事よそれ」

セシリア「どういう事、とは?」

鈴「酢豚のパイナップルを、馬鹿にしたわね」ギロリ

セシリア「事実でしょう?主菜である酢豚にパイナップルなんてどう考えても合わないと思いますわ」

鈴「そんな事ないわよ!パイナップルの甘みがいいアクセントになって」

セシリア「それ以前に暖かいパイナップルだなんて……ふっ」

鈴「」プチ

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 22:19:36.86 ID:Vw0hR1X70
殺人料理か

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 22:28:50.60 ID:h6lmhx300
鈴「……メシマズ大国」ボソ

セシリア「」ピクッ

セシリア「鈴さん、今なんと……?」

鈴「……自慢にならないご飯で何年覇者よ」

セシリア「あ、貴方!私の祖国を侮辱しますの!?」

鈴「事実を言ったまでよ。そんな不味いサンドイッチなんて食べさせたら一夏が可哀想よ」

セシリア「……!この……っ」バシュン

一夏「ちょ、セシリア!こんなところでIS起動はっ」

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 23:10:50.61 ID:h6lmhx300
鈴「ちょっと煽られたらすぐ手が出る、か上品が聞いて呆れるわね」

セシリア「……っ!」

鈴「でも、ひとの事言えないわよ……ねぇっ」バシュン

一夏「鈴も!二人とも落ち着けよ!」

シャル「ラウラ、ちょっと離れてよっか」コソコソ

ラウラ「?」



97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 23:16:31.92 ID:h6lmhx300
セシリア「ブルーティアーズ、一斉掃射!」ジャキッ

鈴「<龍咆>!」コォォッ

一夏「や、やめろぉぉぉっ!!!」

チュドーン!!!



100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 23:24:24.50 ID:h6lmhx300
……

下記三名を、一週間の自宅謹慎処分とする。

織斑 一夏
凰 鈴音
セシリア・オルコット

なお、学生寮以外に特定の住居を持たない凰、オルコット両名は、謹慎用の特別寮で行うものとする。

一夏「……」

一夏「どうしてこうなった」

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 23:31:59.88 ID:h6lmhx300
千冬「……ふう」

山田「織斑先生、お疲れ様です」

千冬「山田先生。すみません、愚弟の不手際で余計な仕事を……」

山田「いえ、気にしないでください。それにしても、食堂、暫く使えないですね」

千冬「デュノアが生徒の非難を促したおかげで負傷者は出なかったからいいものの、あの馬鹿共が……」

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 23:38:13.54 ID:h6lmhx300
山田「謹慎処分、でしたっけ?」

千冬「ええ。しっかり頭を冷やして欲しいものです」

千冬「(ふ、いい機会だ。有休を取って実家で一夏と……ふふ)」

山田「あ、それと休暇申請の件ですけど、許可降りないみたいです」

千冬「」

109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 23:49:36.05 ID:h6lmhx300
……

弾「……は?謹慎処分?何やらかしたんだよお前!?」

一夏[ノーコメント]

弾「まさかお前、ついに学園の女の子に襲い……」

一夏[ち・が・う!]

弾「冗談。まあいい機会だし、久しぶりに実家でゆっくりすれば?」

一夏[そのつもり。あー、一週間も何しよ]

弾「今度遊びに行くわ」

一夏[んー。じゃな]

弾「うーい」ピッ

112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/26(金) 23:55:11.73 ID:h6lmhx300
蘭「一夏さんと電話?」

弾「ん?ああ、暫くこっちにいるんだと」

蘭「ふーん。……へ?」

弾「だから、一夏が暫く寮じゃなくて実家に」

蘭「なんで!?」

弾「知らん。連休でも発生したんじゃないか?」

弾「(謹慎処分ってのは隠しといてやるか)」

116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 00:07:49.50 ID:knYSIoZm0
蘭「そ、そうなんだ……」

弾「……」ニヤリ

弾「千冬さんもいないみたいだし、晩飯でも作りに行ってやったらどうだ?」

蘭「ふぇっ!?」

弾「二人きりの食事。帰ろうとする蘭を、こんな時間だからと呼び止める一夏」

蘭「……」

弾「想い人と一つ屋根の下で一泊。否が応にも高鳴る鼓動」

蘭「……」モンモン

弾「風呂上がりの蘭にムラっときた一夏がガバッと!」

蘭「お、おにいのHENTAI!!」

弾「あべしっ」

119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 00:21:18.27 ID:knYSIoZm0
蘭「まったく……」プンスカ

蘭「……」

蘭「一夏さん……」ドキドキ


一夏「……へっくし」

一夏「……?」ズズッ

121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 00:28:51.60 ID:knYSIoZm0
第一章
蘭、千載一遇のチャンス!? 完

126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 00:52:42.87 ID:knYSIoZm0
TV<スイミンショクジセックス!

一夏「あっはっは」

一夏「ははは……」

一夏「……」

一夏「暇……!」

一夏「……ん」グウ

一夏「晩飯、どうするかな」

ピンポーン


129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 01:03:42.54 ID:knYSIoZm0
一夏「どちら様ですか~っと」ガチャ

蘭「こ、こんばんわ」

一夏「蘭。どうしたんだ、こんな時間に?」

蘭「一夏さん、暫くこっちに一人でいるっておにいから聞いて」

一夏「弾から?」

蘭「は、はい。それで、晩御飯とかどうしてるのかなって」

一夏「丁度何食べようか考えてたとこ。カップ麺かなんかあったかな……」

蘭「駄目ですよ、ちゃんとしたもの食べないと」

一夏「つっても自炊なんてやらないからなあ」

蘭「……だったら」



131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 01:07:53.23 ID:knYSIoZm0
蘭「私が作りましょうか?」

一夏「いいのか?」

蘭「全然だいじょぶですっ。困った時はなんとやら、ですよ」

一夏「ん。じゃあお願いできるか?」

蘭「はいっ!」


143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 01:35:31.72 ID:knYSIoZm0
蘭「おじゃましまーす」ドキドキ

一夏「来て早々作ってもらうのもなんだし、そっちで寛いでてくれ。お茶いれて来る」

蘭「お、おかまいなくっ」

一夏「あ、材料は冷蔵庫に入れとくな」

蘭「はひっ」



145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 01:45:03.94 ID:knYSIoZm0
一夏「ほい、粗茶ですがっと」

蘭「ど、どうも」ズズ

一夏「……」

蘭「……」ドキドキ

一夏「そういやさ」

蘭「な、なんですか?」

一夏「随分とおめかししてるんだな」

蘭「そ、そうです……か?」

一夏「そういうひらひらした服も可愛いけどさ」

蘭「か、かわっ!?」ドキーン

147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 01:51:34.81 ID:knYSIoZm0
一夏「うちに来るだけなんだし、もっとラフな格好でも良かったんじゃないか?」

蘭「かわ……可愛……」ポー

一夏「蘭?」

蘭「ひゃいっ!?」

一夏「大丈夫か?なんか顔赤いけど」

蘭「大丈夫ですっ!はいっ」

一夏「ならいいけど」

蘭「は、はい……」



149 :2011/08/27(土) 02:00:50.72 ID:+xpxtWWc0
蘭ルートしかないのか・・・

150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 02:00:56.90 ID:knYSIoZm0
一夏「……蘭」

蘭「な、何ですか?」ズズ

一夏「無理、してないか?」

蘭「へ?」

一夏「うちに来てから、なんかオドオドっていうか、落ち着かなそうだし」

一夏「無理して俺の晩飯作らなくても」

蘭「そんな事ないです!」ガタッ

一夏「……」

蘭「一夏、さん?」

153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 02:11:03.63 ID:knYSIoZm0
一夏「俺さ、蘭にはあんまり好かれて無いって思ってた。いや、今でも思ってる」

蘭「そ、そんな事」

一夏「だって弾と話す時と全然態度違うしさ。よそよそしいっていうか」

蘭「それは……」

蘭「(面と向かって話すのが恥ずかしいなんて言えない……!)」

一夏「けどさ、蘭とは弾や鈴と同じ位長い付き合いだからさ」

一夏「もっと仲良くしていきたいって思ってる」

158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 02:25:36.19 ID:knYSIoZm0
蘭「一夏さん……」

一夏「まあ俺の我儘なんだけど。家族の弾みたいにとまでは言わなくても、もう少し、心開いて欲しい」

蘭「……」

一夏「駄目、か?」

蘭「……ふふっ」

蘭「あははっ」

一夏「ら、蘭?俺、変な事言ったか?」

蘭「い、いえ、何でもないんです、ふふっ」



159 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 02:32:52.42 ID:knYSIoZm0
蘭「駄目じゃ、ないです」

蘭「(ホントはもう全開だけど)」

一夏「蘭……!」

蘭「なのでこれからは、お兄みたいに遠慮なしにいきますからね」

一夏「おう、どんとこいっ」

蘭「これからもよろしくお願いしますね、一夏さんっ」

178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 03:35:47.03 ID:RAskWlAN0
一夏「蘭って良い尻してるよな!弾には負けるけど」ニカッ☆

196 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 08:43:21.34 ID:knYSIoZm0
蘭「そろそろ良い時間ですし、作っちゃいますね」

一夏「手伝うよ」

蘭「だいじょぶですよ。一夏さんはどっしり構えててください」

一夏「いやでも、待ってるだけじゃ落ち着かないからさ。手伝わせてくれ」

蘭「……わかりました。じゃあこっちお願いします」

一夏「よしきた」

197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 08:59:46.14 ID:knYSIoZm0
一夏「……よっ」トントン

蘭「よいしょ……と」トントン

一夏「改めて見ると、手際良いよな、蘭って」

蘭「まあ家が食堂ですし。それにお兄があれですから……」

一夏「あー、弾のやつ普段から蘭に作らせてんのか?」

蘭「お兄が台所にたってる姿が想像できません」

199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 09:15:32.84 ID:knYSIoZm0
蘭「いくら世間が女尊男卑だからって、ダラけて良い理由にはならないっていうのに」ブツブツ

蘭「その点一夏さんはしっかりしてますよねっ!ISが使える唯一の男性ってだけでも評価されてるのに」

蘭「それに胡座をかかずに炊事洗濯何でもござれ、ですもん」

一夏「ISに関しては評価されてるっていうより物珍しさでいじられてるんだと思うけど」

蘭「その謙虚な姿勢がまた凄いですっ。憧れちゃいます」

一夏「そっかな」

蘭「はいっ」


200 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 09:27:59.66 ID:pwqsWh5K0
弾の尻はまだかね

201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 09:37:17.84 ID:knYSIoZm0
蘭「来年は私もIS学園の生徒ですから、見習いたいです」

一夏「A判定だっけ?それだけ資質があるなら、俺に教えられる事なんです無いような」

蘭「そんな事無いですよっ。一夏さんに教えてもらうの、楽しみです」

一夏「俺なんかで良いなら……って蘭、吹きこぼれる!」

蘭「え?あっとと!」ガチャ



202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 09:42:12.24 ID:n9Gnqhhh0
ISのヒロインの中では好きなほうだから是非ハッピーエンドを見せてくれ

204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 09:51:35.67 ID:knYSIoZm0
……

一夏「出来たー」

蘭「ってあれ、二人分?」

一夏「一緒に食べてくんじゃないのか?」

蘭「え、や、でも、良いんですか?」

一夏「良いどころか、こっちからお願いしたい位。やっぱ一人で食べるより二人での方が美味いしさ」

蘭「……」ポー

一夏「駄目か?」

蘭「ぜひご一緒させてくださいっ!ちょっと家に連絡いれてきますね!」ピュー



205 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 10:16:15.78 ID:knYSIoZm0
prrr……prrr……

弾「もすもすひねもすー」

蘭[あ、お兄?あたしだけど]

弾「蘭か。どした?」

蘭[晩ご飯、こっちで食べるからって伝えといてー]

弾「あいよ。せいぜい一夏といちゃこらしてこい」

蘭[い、いちゃこらって///]

蘭[ちゃんと言っといてよ!じゃあね]

弾「わかってるっての。……蘭よ」

蘭[何?]

弾「着替えは要るか?」

蘭[っ///馬鹿っ!!]ピッ

207 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 10:35:40.19 ID:knYSIoZm0
一夏「電話、終わったのか?」

蘭「あ、はい」

一夏「んじゃ冷めない内にに食べちまおうぜ」

蘭「ですね。よいしょっと」

「「いただきます」」

一夏「あむ。……うん、美味い!また腕上げたんじゃないか?」

蘭「そ、そんな事ないですよっ」テレテレ






209 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 10:58:33.80 ID:knYSIoZm0
一夏「いや、これなら五反田食堂の新メニューに」

蘭「褒めても何も出ませんよ///」

蘭「そ、それにこっちの一夏さんが作ったやつの方が美味しいですって!」

一夏「男の料理が女の子の手料理より美味いわけ無いだろー」

蘭「そんな事ないですよ、ほら、食べてみてください」スッ

一夏「へ?」

210 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 11:06:43.59 ID:knYSIoZm0
蘭「ほらほらどーぞぉ」ズイ

一夏「……」

蘭「一夏さん?」

一夏「や、蘭、これ……」

蘭「?……はっ!!」

蘭「(はいあーんってやっちゃってる私っ)」

蘭「ご、ごめんなさいっ」パッ

一夏「あ、いや別に……」

蘭「……///」

一夏「……た、食べるか」

蘭「そ、そうですねっ!あは、あははははっ」

211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 11:16:59.54 ID:knYSIoZm0
……

一夏「ごちそうさま」

蘭「ごちそうさま」

一夏「お茶飲むか?」

蘭「あ、私が淹れますから一夏さんは座っててください」

一夏「ああ、うん」

一夏「(こうしてじっくり話す機会なんてなかったけど)」

一夏「(やっぱり蘭、可愛いよな)」



213 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 11:25:07.29 ID:knYSIoZm0
一夏「(学園の皆も美少女揃いだけど、何か違うっていうか)」

一夏「(守ってあげたくなる感じ……?いや、保護欲もちょっと違う)」

一夏「(後輩ってこんな感じなのか……?)」

蘭「一夏さーん、茶葉切れてますー」

一夏「ああ、今行く」

一夏「(新鮮で……良いな、なんか)」

226 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 12:54:52.18 ID:knYSIoZm0
一夏「ふう」ズズ

蘭「そうだ、一夏さん」

一夏「ん?」

蘭「学園生活はどうなんですか?」

一夏「まあそれなりに楽しくやってるよ」

一夏「けど俺の場合、他の皆よりISに関わったのがだいぶ遅かったから」

一夏「特に座学はついていけなくて大変なんだよ」グッタリ

蘭「む、難しそうですね」

一夏「蘭は心配無いんじゃないか?A判定だし」

蘭「だといいんですけどね」

253 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 16:12:47.33 ID:knYSIoZm0
蘭「勉学以外はどうですか?友達とあれこれするのも青春ですよぉ」

一夏「そうだな……俺以外全員女子だから居心地の悪さがひしひしと」

蘭「(そ、そうだった……!)」

一夏「特にこの間の臨海学校なんて、目のやり場に困ったよ」

蘭「」ピシッ



255 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 16:24:06.81 ID:knYSIoZm0
一夏「入学当初から色々聞かれたり話題になったりしてさ、落ち着かないったら」

蘭「(で、でもIS使える男っていう珍しさでちやほやされてるだけだよねきっと!うん!)」

一夏「あ、そうそう。だから鈴が転入してきてくれて助かったよホント」

蘭「」ピク

一夏「幼馴染は箒もそうなんだけどさ、アイツとは随分久しぶりに会ったからちょっと話しづらい感があったんだけど」

一夏「その点鈴とは弾並みに腹割って話せる相手だからさあ」

蘭「一夏さん」

一夏「?」

蘭「鈴さんとは、お兄みたいな付き合いを?」

一夏「まあ一番話しやすいし」

256 蘭と鈴って仲悪いんだよね? :2011/08/27(土) 16:35:33.55 ID:knYSIoZm0
一夏「そっか、蘭も鈴とは仲良かったもんな。今度連絡するよう言っておk」

蘭「結構ですっ」ピシャリ

一夏「そ、そうか」

蘭「(あの女……っ)」

一夏「あとはシャルとセシリアと、ラウラとも良く話すか」

一夏「うん、最初こそアレだけど、今は楽しくやれてるよ」

蘭「そ、そうですか……」

蘭「(仲の良い女の人がそんなに……っ)」ワナワナ



258 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 16:48:44.95 ID:knYSIoZm0
一夏「……あれ、もうこんな時間か」

一夏「長々と話しちゃってごめんな。遅くならない内に送ってくよ」

蘭「……」

一夏「蘭?」

蘭「……も…ですか?」

一夏「?」

蘭「今日……泊まっても、良いですか?」

一夏「……は?」

265 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 17:08:05.92 ID:knYSIoZm0
蘭「駄目……ですか?」

一夏「え、いや……え?何で?」

蘭「一人だと色々困るんじゃないかって思って……」

蘭「お兄が毎度お世話になってるからそのお礼も兼ねてって」

一夏「いやでも一つ屋根の下に若い男女がアレだと親父さん達が」

蘭「一夏さんなら大丈夫ですよ、父さん達、一夏さんの事気に入ってますし」

蘭「いや……ですか?」キュッ

一夏「……っ」ドキッ

蘭「私、一夏さんの役に立ちたいんです……!」

一夏「……」ドキドキ

蘭「いちか……さん」ジイッ

一夏「えと、ら、蘭が良いなら、俺は、別に」シドロモドロ

蘭「ありがとうございます!早速家に連絡してきますね!」タタタ

272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 17:25:21.66 ID:knYSIoZm0
……

蘭「着替え取って来ましたー」

一夏「親父さん達、なんて言ってた?」

蘭「蘭の事よろしくって」

一夏「信頼されてんのなー俺」

蘭「あとこれ、お兄からです」スッ

一夏「手紙?どれ」パラ

弾『死んでもお前を義弟とは呼ばん』

一夏「」

蘭「何て書いてあるんですか?」

一夏「いや、気にしなくて良い」グシャポイ

278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 17:50:37.51 ID:knYSIoZm0
TV<キョウノレッドー

一夏「……」

蘭「……」

一夏「あ、風呂は沸かしておいたから、好きな時に入ってくれて良いから」

蘭「あ、ありがとうございます」

一夏「男の後じゃ入りづらいだろ?」

蘭「そ、そんな事は……」

一夏「……」

蘭「……」

一夏「(……会話が続かない)」

282 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 17:55:46.17 ID:RMpbgPV+0
原作だと蘭がたりなさすぎる

291 ごちそうさま :2011/08/27(土) 18:36:56.69 ID:1J80ljPY0
蘭「(危機感を感じて頑張ってはみたものの)」

蘭「(どうしよう……)」

蘭「い、一夏さん」

蘭「私は後でいいですから、一夏さんこそ先に入ってください」

蘭「家主の一夏さんの方が先に入るべきです」

一夏「いや、女の子より先に入るのは」

蘭「……」

一夏「……」

蘭「……もしかして」

蘭「私の残り湯に入りたいんですか?」

一夏「」ブーッ

293 おい、ID変わったぞ :2011/08/27(土) 18:42:13.79 ID:1J80ljPY0
一夏「な、何言ってっ」ゲホゲホ

蘭「そうならそうと、一言言ってくれれば……///」モジモジ

一夏「ら、蘭!」

蘭「冗談ですよっ」クスクス

蘭「でも恥ずかしいのは本当ですから、先に入っちゃってください」

一夏「わ、判った……」テクテク

蘭「……」

蘭「よし、あとは……」コソ

298 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 18:55:31.19 ID:1J80ljPY0
カポーン

一夏「ふぃぃ……、家の狭い風呂もこれはこれで」

一夏「学園の大浴場も良いけど、こっちも落ち着くなあ」

一夏「……感覚が貧乏染みてるのか、俺?」

蘭『一夏さーん、お湯加減どうですか?』

一夏「気持ち良いぞーって、沸かしたの俺だろ」

蘭『あはは、そうでしたね』ゴソゴソ

一夏「んー、何やってんだ?」

蘭『えっとですねー』

蘭「お背中流そうかと」ガラ

一夏「」

306 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 19:13:01.62 ID:1J80ljPY0
一夏「ちょ、何やってんだよ蘭!」

蘭「ですから、背中流しに」

一夏「だだだ大丈夫だって一人でやれるから!!」

蘭「私にさせてください」

一夏「いや、だからっ」アタフタ

蘭「話したい事が、あるんです」

一夏「……え?」

蘭「おねがい……します」

309 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 19:18:54.19 ID:1J80ljPY0
蘭「やっぱり男の人の背中って広いですねー」ゴシゴシ

一夏「そ、そうでもないと思うぞ?」ドキドキ

蘭「広いですよ。それに……傷がたくさん」ゴシゴシ

一夏「が、学園じゃあ鍛錬漬けだからな」

蘭「こんなに傷だらけになる程?」

一夏「それ位やらないと、他の皆に追いつけないから」



311 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 19:26:18.93 ID:1J80ljPY0
蘭「真面目なんですね」ゴシゴシ

一夏「そんな大それたもんじゃないって」

蘭「真面目、ですよ」ゴシ…

蘭「いつも真面目で、一生懸命で」

蘭「いつだって真っ直ぐで」

一夏「蘭……?」

蘭「そんな一夏さんを、私は……」

蘭「かっこいいって、思ったんです」ギュッ

一夏「!」

316 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 19:34:12.33 ID:1J80ljPY0
一夏「ら、蘭……」ドキドキ

蘭「お兄に会いにきた一夏さんを初めて見た時から、ずっと」

蘭「会う度にドキドキして。全寮制の学校に行ったって聞いて、会いたいって気持ちが強くなって」

蘭「私が入学してから言おうって思ってたんですけど、もう無理です」

蘭「私……っ」

318 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 19:37:12.55 ID:1J80ljPY0


蘭「一夏さんが、好きです」

322 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 19:49:17.25 ID:1J80ljPY0
蘭「初めて会った時から好きでした」

蘭「会う度にもっと好きになりました」

蘭「鈴さんや他の人達に負けたくない」ギュウ

一夏「蘭……」

蘭「……」

一夏「……蘭?」



325 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 19:57:34.62 ID:1J80ljPY0
蘭「……言っちゃった!」

蘭「うわぁ恥ずかしい私!!」

蘭「好きな人に裸で抱きついて!」

蘭「好きだって言っちゃったよ!!」ギュウウッ

一夏「ちょ、蘭、苦し……」

蘭「~~~///」ギュウウッ

328 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 20:03:22.78 ID:1J80ljPY0
一夏「蘭!」

蘭「はっ」

一夏「出来れば一旦離してくれると……」

蘭「ご、ごめんなさい///」パッ

一夏「……」ドキドキ

蘭「……」ドキドキ

332 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 20:12:55.72 ID:1J80ljPY0
カポーン

一夏「……」チャプ

蘭「……///」チャプ

一夏「その、マジに俺を?」

蘭「……///」コクン

一夏「そ……か」

蘭「」ジャプン

蘭「」ブクブク

一夏「蘭!?」

333 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 20:18:44.80 ID:1J80ljPY0
一夏「何やってんだ蘭!」グイ

蘭「止めないでください一夏さん!死ぬ!恥ずかしくて死んじゃう!」

蘭「もう生きていけないっ///」バシャバシャ

一夏「早まるなっての!お前に死なれたら、俺は誰に返事すれば良いんだよ!」

蘭「あう///」ボンッ



339 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 20:35:17.79 ID:1J80ljPY0
一夏「……」

一夏「正直に言うとさ、好きだって言って貰えて、男としてすっごい嬉しい」

一夏「でも、親友の妹って事もあって、妹みたいに思ってきたのも本当なんだ」

蘭「……」

一夏「こんな事初めてだから、何て言っていいかうまく纏まらないんだけどさ」

蘭「……っ」


342 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 20:46:04.56 ID:1J80ljPY0
一夏「一人の女の子に対する"好き"と、妹に対する"好き"が両方あるっていうか」

一夏「これから一緒に生きて、恋人への"好き"を増やしていく事は出来ると思う」

蘭「一夏さん……?」

一夏「……それっぽい言い方考えたけど駄目だなこれじゃ。はは」



344 尻を混ぜる余地がない件 :2011/08/27(土) 20:48:42.05 ID:1J80ljPY0


一夏「俺も好きだよ、蘭」

349 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 20:58:10.28 ID:1J80ljPY0
一夏「織斑一夏は、五反田蘭を好いています」

一夏「そして、これからもっと好きになっていける」

蘭「……!」

一夏「これじゃだめか?」

蘭「……」

一夏「蘭?」

蘭「……一夏さぁん!!」ギュッ

352 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:01:41.64 ID:1J80ljPY0
蘭「好きです!」

一夏「ああ」ギュ


蘭「大好きです、一夏さん!!」



359 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:10:59.19 ID:SAnXZ6Yo0
あんなスレタイからこんないい話になると誰が考えるだろうか

361 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:16:06.01 ID:1J80ljPY0
……

一夏「なあ蘭、ホントにするのか?」

蘭「当然です、愛する男女の営みですよ!」

一夏「ちょ、その言い方は……///」

蘭「好き合う二人が同じ布団で寝るなんて当たり前ですよ」モゾモゾ

一夏「(そこでえっちって言わないのが、まだ中学生だって事か)」

蘭「何か言いました?」

一夏「いや、何でもない」ゴソ

蘭「一夏さぁん」ギュー

一夏「甘えん坊だなあ蘭は」

蘭「何とでも言ってください。やっと想いが通じたんですから」スリスリ

一夏「……」スリ

蘭「ひゃっ!?」

362 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:17:29.95 ID:neVnD1ux0
俺「あ゛っ!」

363 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:19:22.93 ID:1J80ljPY0
蘭「今、お尻……」

一夏「嫌だったか?」

蘭「ヤじゃないですけど……ん」

一夏「(なんか凄い手触りいい)」スリスリ

蘭「やぁ、くすぐったい……んんっ」

364 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:24:02.24 ID:CpAWXhQB0
ニヤニヤ

367 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:28:43.78 ID:1J80ljPY0
一夏「(掌に吸い付く感じが……)」モミ

蘭「ひゃうっ、揉んじゃやだぁ……」ピクン

一夏「(うわ、この表情可愛い)」モミモミ

蘭「んんっ、はぁ、はぁっ」

蘭「お尻、好きなんですか?」

一夏「好きかも」

蘭「私と、どっちが……んっ、好き?」

一夏「どっちも」モミュ

蘭「ひゃあっ///」ビクンッ



370 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:34:41.78 ID:1J80ljPY0
蘭「い、一夏さんのいじわる……」

一夏「(やば、涙目可愛すぎ)」キュン

蘭「一夏さん?」

一夏「蘭、悪い」

蘭「ふぇ?」

一夏「手、とまんない」モミュウ

蘭「ひゃあうっ///」ゾクゾク


こうして一夏さんは、一晩中蘭のお尻をペロペロしましたとさ


おわり



371 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:35:15.52 ID:CCA6XqPy0
おい



おい

372 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:35:48.90 ID:neVnD1ux0
その後は?

373 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:36:58.18 ID:bXqDLdRq0
おい
、 おい




おい



。。。。。。。。。。。。。おい















おい

374 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:37:00.12 ID:GE0bMFQ+0
よし!、乙

377 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:38:59.93 ID:1J80ljPY0
正直>>352でやり切った感あったけど、あんまり尻尻言うもんだからちょっと書いた
これを機に蘭SSが増えると嬉しいな

んじゃ風呂いってくる

379 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:40:03.99 ID:K3McYfbT0
うわああああああああああああああああ


380 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:41:45.51 ID:bXqDLdRq0
ISがいかに素晴らしいキャラに恵まれすぎている事を実感した


381 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:41:46.54 ID:h49Yglxl0
中学生とイチャイチャ
すごく羨ましいお

382 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 21:46:00.13 ID:zT1bazNZ0
なかなかでした乙

386 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 22:00:21.34 ID:utIH7VS+0
山田先生のムチムチお尻の話はないのかね

393 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 22:18:31.56 ID:dv0d5/HH0
千冬ねえの尻は完璧だな
肉付きも柔らかさ硬さの比率も感度も全てが完璧
というか千冬ねえが完璧

397 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/08/27(土) 22:28:11.75 ID:V50JmEiv0
尻と言えばセリリアみたいな感じあるけど鈴ちゃんのお尻が好きです

あいえすっ!1 (MFコミックス アライブシリーズ)
今拓人
メディアファクトリー (2011-09-22)
関連記事
2011/11/21 12:41 | CM(3) | IS SS
    コメント一覧
  1. 名無しさん [ 2011/11/21 13:25 ]
  2. お、おう
  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん [ 2011/11/21 14:32 ]
  4. >なんか凄い手触りいい
    ってことは、まさかワンサマーは布団の中で生jiriをスリスリしてたのか!
    中学生に手を出すとはさすがワンサマー!
  5. 774@いんばりあんと [ 2011/11/22 00:48 ]
  6. 書き手変わったら変態路線じゃなくなってがっくり
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング