HEADLINE

一夏(♀)「私がIS学園に入学!?」

2011/12/11 12:49 | CM(13) | IS SS



1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 20:28:36.71 ID:ajwfH2Hb0
一夏「うーん……迷った……」

一夏「こっちであってるはずなんだけど……ここ、どこぉ……」

一夏「……ん、あれってIS?」

一夏「起動! ……なんちゃって」

ぶぅん!

一夏「……え?」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 20:31:56.42 ID:ajwfH2Hb0
山田「……さん、織斑一夏さん!」

一夏「は、はい!」

山田「自己紹介、あから始まって、次は一夏さんの番なんだけど……」

一夏「は、はい、すいません……」

一夏「え、えっと、織斑一夏です……以上です!」

ずこー!

一夏(な、なんですべった!?)

箒「……」

一夏(まさか、男しか動かせないはずのISを動かしちゃうなんて……我ながらなんてことをしてしまったんだろう……)

一夏(……しかも男しかいないIS学園に入学なんて……)

ごつんっ!

一夏「い、いたい!?」

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 20:33:46.93 ID:prTC6vAb0
シャルは男の娘か

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 20:35:30.64 ID:vpVE40nAP
なにこのガールズサイド・・・


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 20:35:43.31 ID:ajwfH2Hb0
千冬「お前は自己紹介もまともに出来ないのか!?」

一夏「ち、千冬おにいちゃん?」

千冬「織斑先生と呼べ!」ごつんっ!

一夏「い、痛いってば!」

クラスメイト「おい、あいつってもしかして……」

クラスメイト「織斑千冬さんの妹?」

クラスメイト「言われて見れば少し似てるような……」

千冬「全員静かにしろ! 私はこのクラスの担任、織斑千冬だ! お前たちを1年で立派なISのりに育てるのが私の仕事だ!」

千冬「もちろん出来るな! 出来なくてもはいと返事しろ!」

クラス一同「はい!!!」

一夏(お、お兄ちゃん、むちゃくちゃな……)

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 20:38:51.06 ID:ajwfH2Hb0
モブ「おい、あの子か?」

モブ「世界で唯一女でISを起動させたって言う……」

モブ「しかも織斑千冬さんの妹らしい」

モブ「可愛い、俺声かけてみようかな?」

一夏(なんだか、ライオンの群れの中に投げ込まれた気分だよ……)

一夏「……ん?」

箒「……ちょっといいか?」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 20:45:00.65 ID:ajwfH2Hb0
箒「……どういうつもりだ?」

一夏「え?」

箒「どういうつもりだと聞いている!」

一夏「あの、箒、主語って習ったことある?」

箒「馬鹿にしてるのか、お前は!?」

一夏「でも、箒、久しぶりだね。その後ろ髪、箒ってすぐにわかったよ」

箒「っ……!?///」

きーんこーんかーんこーん

一夏「あ、授業始まるね。私は先に行ってるから」

箒「……不意打ちは卑怯だろ……」

一夏「……? 何か言った?」

箒「な、なんでもない!」

43 名前を決めるのにかなりてこずってる :2011/12/10(土) 20:51:28.56 ID:ajwfH2Hb0
一夏「……んー……これ、ほんとに日本語……?」勉強中

????「ちょっといいか?」

一夏「ん?」

????「きみ、世界で唯一ISを操れる女だからって、すこし調子に乗ってないか?」

一夏「……ねぇねぇ、この人誰?」

クラスメイト「ちょ、一夏ちゃん……」

セシリオ「この僕のことを知らない!? イギリスの代表候補生のこの僕を!!?」

一夏「……だいひょーこーほせー?」

セシリオ「……君は相当な馬鹿みたいだな。代表候補生と言うのは……」

一夏(それにしても、お兄ちゃんと久しぶりに会ったなぁ……まさか教師になってたなんて……ともかく、今日は職員室にお弁当を持ってかなきゃ……あれ、お弁当2つもあったっけ?)

セシリオ「……そんなわけで僕は……って、聞いてるか!?」

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 20:56:44.17 ID:ajwfH2Hb0
一夏「ごめん、聞いてなかった」

セシリオ「君と言う人は……!」

きーんこーんかーんこーん

一夏「あ、授業始まっちゃった! 勉強終わってないのにー」

セシリオ「……」



千冬「今日はこのクラスのクラス代表を決める。クラス代表についての説明は渡した資料通りだ」

千冬「誰か推薦はいないか?」

クラスメイト「はいはい! 織斑さんがいいと思います!」

一夏「え?」

クラスメイト「俺も賛成です! やっぱり花があったほうが……」

セシリオ「僕は反対です!」ばんっ!

一夏(またでた……)

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:02:00.96 ID:ajwfH2Hb0
セシリオ「クラス代表をこんなどこの馬の骨かもわからない女にやらせるなんて、僕は反対です!」

一夏「む……」

千冬「……なるほど、どこの馬の骨かもわからないか……」

一夏「……あ……」

千冬「織斑一夏!」

一夏「は、はい!」

千冬「今週末、クラス代表を決める試合を行う! 勝ったほうがクラス代表だ、以上!」

一夏「……あの、お兄ちゃん……もしかして怒ってる?」

千冬「お前はいいからうなづいていろ!」

一夏「は、はいぃ!」

箒(あいつ、大丈夫か?)

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:05:30.63 ID:ajwfH2Hb0
放課後

一夏「ってことで、お願いします!」

箒「……いまさら剣道を習いたいって……せめてISの訓練をしろよ」

一夏「だってぇ……専用機が届くの、まだ先になるって……」

箒「……千冬さんも昔から変わってないな……」

一夏「うん、相変わらずシスコンだよ……」

箒「そういうお前は相変わらずブラコンだけどな」

一夏「ひどっ!!?」

箒「いいから竹刀を握れ。時間がないんだろ?」

一夏「う、うん、お願いします!」

箒「それじゃあ、本気でかかってこい!」

60 思いつきで書きはじめた :2011/12/10(土) 21:10:10.46 ID:ajwfH2Hb0
一夏「……はぁ……初日から汗だくで部屋に戻るなんて……箒は先に行っちゃうし」

一夏「まぁ、更衣室がひとつしかなかったのも悪いんだけど」

一夏「……いまさらだけど、覗かれてないよね……恥ずかしくなってきた……」

一夏「……考えるのはよそう……あ、この部屋だ」

一夏(……ルームメイトなんていないよね?)

一夏「……」こんこんっ

一夏「はいりまーす」

箒「おう、わりぃな、今シャワー浴びてて……」

一夏「……あ、あぁ……/// え、えっと、ふ、腹筋、すごいね……あと、その下着の柄、可愛いよ……あ、あはは……///」

箒「……」

一夏「……きゃあああああああああ!!!!!」

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:12:54.67 ID:ajwfH2Hb0
箒「あ、あの、織斑さん?」

一夏「自分の部屋だからって下着姿でうろちょろするのはいけないことだと思うんだ。わかる?」

箒「はい、おっしゃるとおりです」

一夏「というか、なんで同じへやなの!?」

箒「俺だってお前が同じ部屋なんて思わなかったんだよ!」

一夏「……あぁ、もう、着替えとかどうすればいいのー!?」

箒「……はぁ……」

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:16:43.12 ID:ajwfH2Hb0
なんだかんだで週末

一夏「……これが私のIS?」

千冬「こいつは白式。私の「雪片」の後継の機体だ」

一夏「おにいちゃんの!?」

ごつんっ!

一夏「ひゃうっ!?」

千冬「織斑先生、もしくは千冬にぃと呼べ!」

一夏「あ、あの、織斑先生……箒もいるから、恥ずかしいんだけど……」

箒「す、すいません……」

千冬「………………さっさといけ」

一夏「う、うん!」

千冬(ああああああああー!)

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:17:51.58 ID:LJvG9UHn0
この千冬さんだめだwwwwww

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:18:08.39 ID:X4vwXlq60
参考画像はまだか?

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:18:55.12 ID:ajwfH2Hb0
セシリオ「よくビビッて逃げ出さなかったね」

一夏「逃げたらおにいちゃんに拳骨食らうからね。それに、いつまで余裕で要られるかな?」

セシリオ「それはこっちのセリフさっ!」

一夏「!!?」

セシリオ「ブルーティアーズ!」

一夏「え、ちょ、ちょっと、待って! 武器、武器ないの!!?」

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:23:33.09 ID:18Fe5aAz0
初対面でいきなり一夏ひっぱたこうとして千冬にぃに殴り飛ばされるラオウはまだですか

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:25:04.53 ID:ajwfH2Hb0
一夏「よし、この変な刀で反撃を!」

セシリオ「なっ!?」

一夏「よし、これなら落とせる!」

セシリオ「……詰めが甘いよ」

一夏「これで、ぜんぶ!!!」

どかーん

一夏「とどめー!!!」

セシリオ「いつ、僕の武器が4つと言ったんだい?」じゃきんっ

一夏「えっ……ちょ、ちょっと、タイム、タイム!!!」

どかーん

セシリオ「女にしてはずいぶんがんばったんじゃないの? ……ん?」

一夏「え……第二形態・雪羅?」

セシリオ「そ、そんなっ! スターライトmkIIIが効いてない!!?」

77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:26:03.92 ID:ajwfH2Hb0
一夏「よし、このまま、今度こそとどめー!!!」

セシリオ「し、しまった……!」

ピーーーー!!!!

アナウンス「勝者・セシリオ・オルコット」

一夏「……え?」

セシリオ「……え……?」

78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:26:07.94 ID:Enw2mwtM0
このセシリアはCV子安か神谷かな

79 米田 ◆YONE/zixE6 :2011/12/10(土) 21:27:35.91 ID:1kmKWkgf0
  _, ,_     千冬兄…だと…
(;・∀・)   
( ∪ ∪    
と__)__)旦~~

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:28:57.09 ID:ajwfH2Hb0
一夏「……エネルギー切れ?」

千冬「そうだ、お前の使った雪羅はエネルギーを大きく消費する一撃必殺だ」

千冬「お前がセシリオを倒す前にエネルギー切れになってしまったというわけだ」

一夏「……そんなぁ……あんなにがんばったのにぃ……」

一夏「……あ、でも、別にクラス代表にならなくてもいっか」

千冬「……まぁ、あのお坊ちゃまも少しはお前のすごさがわかっただろう」

一夏「えへへ」




セシリオ「……織斑一夏……か……」

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:35:30.24 ID:ajwfH2Hb0
翌週

一夏「え、お隣さんに転入生?」

箒「あぁ、朝から噂で持ちきりだぞ」

一夏「ふーん……」

?「お・り・む・ら・い・ち・かー!!!!」

ばこーん!

一夏「きゃあ!?」

箒「す、すごい効果音がしたがだいじょうぶか!?」

一夏「……ひゃう……」M字開脚

箒を含む廊下にいる男子(みえたっ!!!)

一夏「な、なに……?」

?「久しぶり、一夏!」

一夏「もしかして……鈴!?」

鈴「うん、一夏がIS学園に入学したって聞いて僕も無理やり転入したんだ!」

一夏「む、むりやりって……」

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:39:08.98 ID:ajwfH2Hb0
箒「……で、だれそいつ?」

一夏「鈴って言うの。私のセカンド幼馴染」

鈴「ちょうどあんたと入れ替わりで一夏のクラスメイトになったの」

箒「……」

一夏「つまり箒はファースト幼馴染だよ」

箒「べ、別にうれしいとか思ってねーからな!」

一夏「?」

鈴「ところで、一夏! 聞いた話だけど、専用機をもらったんだって?」

一夏「うん、びゃくしk」

セシリオ「それについては僕が説明しよう!」

一夏「うわ、でた……」

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:40:23.27 ID:ajwfH2Hb0
ちょっと休憩

セシリアって明らかに女の名前だから変えた
鈴は鈴で大丈夫だよね……たぶん
シャルはシャルル、ラウラも別の名前にする予定

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:49:07.32 ID:U4Zl3qgB0
ラウラはラウルでいいだろ
プロヴィデンス乗せようぜ

94 >>92 その名前いただき :2011/12/10(土) 21:53:26.42 ID:ajwfH2Hb0
セシリオ「その時、一夏さんの機体はまるで空に向かって咲き誇った一輪の花のようにー」

鈴「……じゃあさ、やらない?」

一夏「え、や、やるって、模擬戦を?」

箒「い、いきなり何を言い出すんだ!?」

鈴「さっすが幼馴染! わかってるじゃん! いつやるの!?」

一夏「い、いや、その、当分はやめておきたいなぁーなんて……」

鈴「織斑一夏、中学2年生の夏休み」

一夏「わわわ、わかった! やるやるやる!!!!」

鈴「わかればよろしい!」えっへん

箒(続きが気になる……)

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 21:57:17.55 ID:ajwfH2Hb0
一夏「あれが鈴の機体……甲龍……」

一夏(鈴のお子様体型とは真逆の威圧感ある機体……って、何か光って……)

一夏「び、ビーム!!?」

鈴「……あはは~、一夏、相変わらず予想通りに動くなぁー。いじめてて楽しい!」

箒(あいつ、見た目に似合わず真っ黒い性格だなぁ……)

千冬「……後で反省文を書かせるか」

山田「せ、先生!? (織斑先生から)変なオーラが!!!」

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:00:23.03 ID:ajwfH2Hb0
一夏「……グスッ、完敗した……」

箒「げ、元気出せよ! 行動パターン読まれてただけだろ?」

一夏「……昔からそうだよ。マリオカートでミドリコウラを当てられるし、どうぶつのもりでおとしあなにはひっかかるし……」

鈴「一夏が正直すぎるんだよー」

セシリオ「そんなところもまた、美しい!」

一夏「セシリオ、うざい」

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:04:21.06 ID:ajwfH2Hb0
数日後

一夏「え、また転入生?」

山田「はい、今回はなんと……」

シャル「シャルロット・デュノアです……よろしくお願いします……」

クラスメイト「女!?」

クラスメイト「キター!!!」

一夏(女の子かぁ……友達になれればいいなぁ)

山田「それじゃあ、仲良くしてあげてくださいね」

シャル(あの子が、織斑一夏……)

111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:14:04.59 ID:ajwfH2Hb0
箒「え、部屋替え!?」

千冬「当たり前だ、女と男がひとつの部屋で寝泊りするのは問題があるだろ」

箒「で、でも、いままでは……」

千冬「どうせお前は妹のタンスの上から2番目の引き出しを漁って喜んでいたんだろう!?」

箒「ち、違います! お風呂はすこし覗いたことはありますけど……」

一夏「……そこの2人、何話してるのかな? ……お兄ちゃんに関してはなんで私の下着の場所を知ってるのかな?」

千冬「い、いや、これは……」

箒「さ、さっきのは、その……」

シャル(お、怒った女の子って怖い……)

113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:15:50.72 ID:ajwfH2Hb0
一夏「ごめんね、バカ兄とバカ幼馴染が……」

シャル「う、ううん、面白い人たちだね」

一夏「シャルロットちゃん、お風呂はどうする?」

シャル「じゃあ、先にもらうね」

一夏「うん」

シャル(……騙して、ごめんね)

115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:19:07.71 ID:ajwfH2Hb0
数日後

山田「今日はまた転入生が……」

一夏(多くない!?)

???「……」

山田「ラウル・ボーデヴィッヒ君です」

ラウル「……」ざっざ……

山田「え、ら、ラウル君?」

一夏「?」

ラウル「!」

ばしっ!

一夏「きゃあっ!?」

ラウル「貴様が教官を!」

一夏「……いたい……」ぐすっ……

ラウル「……っ!?」

116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:21:30.60 ID:ajwfH2Hb0
クラスメイト「なにしてるんだよ!!?」

クラスメイト「一夏ちゃん、大丈夫?」

一夏「う、うん……」

ラウル「だ、騙されんぞ! 女の涙は偽りの涙だ!」

ざわざわ……

千冬「何の騒ぎだ」

一夏「あ、おにいちゃん……」ほっぺはれてる

ラウル「教官!」

千冬「……ラウル、命令だ。死ね」

ラウル「!!?」

一夏(お兄ちゃんのシスコン魂が、どんどん解放されてる……)

119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:26:02.16 ID:ajwfH2Hb0
一夏「というわけで、ツーマンセルのトーナメントでぼこさないといけないことになっちゃった……」

シャル「む、むちゃくちゃだね……」

一夏「でも、シャルロットちゃんが特訓の手伝いをしてくれてよかったよ」

シャル「そ、そう?」

シャル(と、いうか、む、胸が当たって……///)

一夏「うん、やっぱり女の子同士のほうが……って、顔赤いよ?」

シャル「な、何でもない、それより今日はこの辺にしようか」

一夏「うん。じゃあ、更衣室まで競争しよっか?」

シャル「う、うん」

シャル(完全に僕が女の子って信じてるから、着替えのときも無防備なんだよね……一夏……いろいろつらい……)

122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:28:22.84 ID:ajwfH2Hb0
部屋

一夏「シャルロットちゃん、先に帰っちゃったけど、そんなにシャワーが浴びたかったのかな?」

一夏「そういえば、シャンプー切れてたんだった……」

一夏「シャルロットちゃん、入るよ」

こんこん

シャル「え……」

一夏「…………………………」

シャル「あ、ありがと……」

一夏「…………………………………………」ばたんっ

一夏「え、あれって……え、えぇ!?///」

125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:32:39.47 ID:ajwfH2Hb0
一夏「……そ、それじゃあ、シャルロットちゃんって……///」

シャル「……騙しててごめん……胸もPADで……その……ごめん」

一夏「……………………///」

シャル「私……いや、僕はやっぱり国に帰るよ……よくて牢屋暮らしだろうけど……」

一夏「そ、そんなのダメだよ! ここにいて! そうすれば学園が守ってくれるから!」

一夏ちゃんIS学園の掟をシャルにお伝え中

シャル「そ、そんな決まりがあったなんて……よく覚えてたね」

一夏「えへへ」チラチラ……

126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:34:48.34 ID:ajwfH2Hb0
シャル「……そ、それはいいんだけど……む、胸が……///」

一夏「!!?///」

シャル「ご、ごめん!」

一夏「……シャルのえっち……」

シャル「……ごめん……って、シャル?」

一夏「あ、だってシャルロットちゃんって女の名前だし、本名は違うんだよね?」

シャル「そうだけど……」

一夏「だからシャルって呼ぼうかなって……だめかな?」

シャル「全然かまわないよ!」

シャル「……ありがとう……一夏……」

128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:37:32.64 ID:ajwfH2Hb0
トーナメント戦

シャル「一夏、あわせて!」

一夏「うん!」

ちゅどーん!

箒「っ……くそ、すごいコンビネーションだ……」

ラウル「足を引っ張るな!」

箒(くそ、くじ運がほしかった……)

一夏「とどめー!」

ラウル「しまっ……!」

どかーん!

セシリオ「さすが僕の一夏さん!」

鈴「あんたのじゃないよ」

129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:37:44.33 ID:lsZcZ/bL0
血冬さんに殺されるだろラウル

130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:40:44.30 ID:ajwfH2Hb0
ラウル「負けるわけには……動け、動け動け動け動け動け動け動け動け!!!」

ぴきーん!

一夏「え……」

シャル「な……!?」

白衣姿の女の人「まさか……暴走!?」

箒「な、なんだと!? ……って今の誰だよ!?」

千冬「織斑! デュノア! 早く非難しろ! 危険だ!」

一夏「……あの怪物……お兄ちゃんの技を使ってる……」

シャル「……一夏、早く逃げ……一夏?」

一夏「許さない!」

133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:43:58.48 ID:ajwfH2Hb0
一夏「きゃあああっ!」

シャル「無茶だよ! もうエネルギーがないのに……」

一夏「でも……」

シャル「……わかった。私のISからエネルギーを送るよ。ただし雪羅1回分しかエネルギーがないから……絶対に」

一夏「……うん、助けるよ。彼を」

シャル「え……」

一夏「あの怪物から、お兄ちゃんを……そして、彼、ラウルを助ける」

一夏「来て、白式!!!」

シャル(わかった……強いんだ。彼女は……だから……)

一夏「いっけえええ!!!」

シャル「!!! 一夏、上!!!」

134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:46:03.62 ID:ajwfH2Hb0
一夏「し、しまっ……」

がきいいいん!!!

箒「お前らばかりにいい格好をさせるかよ!」ぎり……ぎり……

一夏「箒!!!!」

箒「いいから、はやくいけっ!!!」

一夏「……うん」



ラウル「……ここは……」

ラウル「……そうか……だから、教官は……」

ラウル「……私は……」

136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:48:25.86 ID:ajwfH2Hb0
夜、大浴場

一夏「ひっろーい!!! でもあの後お兄ちゃんにグラウンドを走るように言われてずっと走ってたから足が痛いよ……」

一夏「……それより覗きなんていないよね……」

一夏「……」きょろきょろ……

がらがらがら……

一夏「~~~っ!!?」たらいブーメラン!

シャル「いたっ!!?」

一夏「え、しゃ、シャル!? って、前隠してー!!!/////」

137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:51:13.24 ID:ajwfH2Hb0
自室

シャル「ご、ごめん、どうしても話したいことがあって……」

一夏「……」むすっ

シャル「あ、あの……」

一夏「で、お風呂に入ってきたの?」

シャル「……ごめんなさい」

一夏「で、なに?」

シャル「……もう、自分を偽るのはやめようと思うんだ」

一夏「……え?」

シャル「でも、国へ帰るってことじゃない……その決心をつけられたのは、一夏のお陰だから……ありがとうって言いたかったんだ」

一夏「……うん」

138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:53:39.70 ID:ajwfH2Hb0
翌朝

山田「と、言うわけで、シャルロット・デュノアさんは実は、男でしたと……」

シャル「シャルル・デュノアです、よろしくお願いします」

クラスメイト「ちょっとまてえええええ!!!」

クラスメイト「おまえ、一夏ちゃんと一緒に着替えたり、体密着させたりしてただろ!!!!」

シャル「そ、それは……」

がしゃあああん!!!

一夏(こ、今度は何!!?)

ラウル「織斑一夏!!!」

一夏「ひっ!!?」

140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:55:49.96 ID:2D6Xt++H0
一夏ちゃんかわいい

141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:55:51.81 ID:ajwfH2Hb0
ラウル「……!」ちゅっ

一夏「……っ!!?///」

ラウル「……お前は俺の嫁にする! 決定事項だ、異論は認めん!!!」

クラス全体「ええええええ!!!?」




千冬「ラウル、シャルル、お前たちは今からグラウンド1万周だ!」

シャル(むちゃくちゃだ!)

146 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:58:26.55 ID:ajwfH2Hb0
翌朝

一夏「……ん、寝苦しい……」もぞっ

さわさわっ

一夏「ひゃっ!?/// な、なに……?」ばさっ

ラウル「すぅ……すぅ……」裸

一夏「…………………………きゃあああああああああ!!!!!」


千冬「で、何をした?」

ラウル「い、いえ、だから裸で布団の中にもぐって……」

千冬「それで、なぜ妹が泣いている!? 説明をしろ!!!」

ラウル「い、いえ、起きたらすでに泣いていて……」

一夏「ぐす……あんまりだよぉ……」しくしく……

148 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 22:59:30.47 ID:/4rcHwDH0
ラウラ女の子じゃなかったら只の変態やな

151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:01:36.38 ID:ajwfH2Hb0
旅館

一夏「りょっこう~りょっこう~♪」

セシリオ「ごきげんですね」

一夏「だって、久しぶりの旅行だもん!」

鈴「オイル、塗ってあげようか?」

一夏「う、ううん、遠慮しておくよ……」

シャル「でも、海かぁ……楽しみだなぁ」

箒「そういえば、なんであいつ、新幹線の中で正座してるんだ?」

千冬「あいつは馬鹿なことをした。それだけだ」

ラウル(は、はずかしい……)

152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:01:39.02 ID:BO2DnQf50
でも童顔で背の低いショタっ子なんだろ?

154 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:02:17.45 ID:Nb8cPO6mO
ブラックラビッ党の変態度がやばいことになる

159 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:06:03.01 ID:ajwfH2Hb0
一夏「あ、あまりスタイルに自信ないんだけど、ど、どうかな?」みずぎー

シャル「うん、似合ってるよ、一夏」

一夏「シャルに言われると安心できるなぁ」

箒「なんか最近シャルルと仲良すぎないか?」

一夏「うん、乙女心がわかってるんだもん。たまにわかってないけど」

セシリオ「この僕は乙女心がわかっていないと?」

一夏「そ、それは……」

鈴「隙ありぃ!」水着の結び目はずし

一夏「え……?///」ぽろりっ

男子全員「あ……」

一夏「きゃあああああ!!!」

クラスメイト「た、大変です、ラウル君が鼻血を吹いて倒れました!!!」

きゃーきゃーわーわー!

千冬「ふむ、いい動画が取れた。永久保存だな」

山田「先生、そろそろ捕まりますよ?」

160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:09:30.68 ID:ajwfH2Hb0
岩場

箒「ま、まったく……」

?「弟君、こんなところで一人で何してるのかな?」

箒「そ、その声は!!?」

束「束君さんじょー!」

箒「兄さん! こんなところで何を……」

束「いやー、いっちゃんの水着を盗撮してちーくんに売ろうかと」

箒「……いくらで?」

束「1枚10万でも買うよ、あの人」

箒「……」

束「冗談はおいておいて。力、ほしくない?」

箒「え……?」

164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:14:09.32 ID:ajwfH2Hb0
一夏「た、束さん!?」

束「いっちゃん、おひさしぶりー!」

一夏「ど、どうしてここに!?」

束「実は箒君にプレゼントを贈ろうと思ってね。それで、今渡したんだけど……」

千冬「おい、一夏! 今すぐに……って、束!!?」

束「あ、ちーくん。今回はいっちゃんの水着にお着替えシーン、ポロリシーン、排尿シーン、海水浴後のシャワーシーン、さらに温泉ではしゃいでるシーンを撮ってきたけど、いくらで買う?」

千冬「とりあえず、全部買える値段で」

一夏「いい加減通報しますよ2人とも!!」

千冬「……話がそれてしまったな。すぐに来い。ISが暴走しているらしい」

一夏「その前に、その鼻血を止めて。お兄ちゃん……」

165 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:16:40.03 ID:ajwfH2Hb0
千冬「銀の福音と言う機体が暴走をしている。箒、一夏。お前たちで止めて来い」

箒「……で、千冬さん、なんで横になってるの?」

一夏「血液不足……」

箒「?」

箒(ともかく、一夏にいいところを見せるチャンスだ……)

一夏(早く写真を回収して処分しなきゃ……)

168 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:19:52.00 ID:ajwfH2Hb0
空中

一夏「は、はやい……これが第4世代型IS……」

箒「見つけた! 一撃で決めるぞ!」

一夏「ちょっと待って! 今、戦闘を始めたら、下にいる船が……」

箒「なに!? ……おそらく違法行為を働いていたんだろう……なら……」

一夏「そんな、いくら悪人だからって、見捨てるなんて……いつもの箒らしくないよ!」

箒「お前がやらないなら俺がやる!!!」

一夏「っ……箒! ……まずい、攻撃が船に!」

170 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:22:56.83 ID:ajwfH2Hb0
箒「くらえええええええ!!!」

一夏「っ……何とか全部叩き落せた……でも、もう、エネルギーが……」

箒「一夏! 何ボーっとしてる!!! 前だっ!」

一夏「え……」

ちゅどーん!!!

箒「え……」

一夏「ぐあっ……!」

一夏(白式が……待機モードに……これじゃ……)

箒「一夏っ!!!」

一夏「……」ばしゃんっ

箒「一夏、一夏ああ!!!!」

174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:26:12.41 ID:ajwfH2Hb0
一夏「……」

千冬「……」

セシリオ「先生、一夏さんは……?」

千冬「今夜が山だそうだ……」

鈴「そんな……」

千冬「お前たちは次に先頭に出てもらう。それまで部屋で待機していろ」

シャル「そんな、一夏がこんな状態なのに!」

千冬「……わかっている」

ラウル「……皆、教官だってつらいんだ……一度、戻ろう……」

セシリオ「……箒さん、どういうことですか?」

箒「っ……」びくっ

セシリオ「白式がエネルギー切れになった理由は、考え無しに放った紅椿の攻撃が原因なんじゃないんですか?」

175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:28:22.72 ID:ajwfH2Hb0
箒「……っ」

千冬「……よせ」

セシリオ「しかし!」

千冬「よせ!!! これ以上ここで話すな!!!」

鈴「……セシリオ、行こう」

セシリオ「……っ……」

ラウル「……箒、お前にはまだ、やるべきことが残っているんじゃないのか?」

箒「え……?」

ラウル「……」ざっざっざ……

箒「俺の、やるべきこと……」

176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:29:27.25 ID:ajwfH2Hb0
一夏「……ここは……あったかい……懐かしい、場所……」

?「はじめまして。一夏」

一夏「君は……だれ……?」

?「……」

一夏「私は……」

177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:31:31.92 ID:ajwfH2Hb0
山田「織斑先生!」

千冬「何だ、騒々しい」

山田「篠ノ之さんが、一人で銀の福音と戦いに!」

千冬「なに!!? あのばかが……他の専用機持ちを援護に向かわせろ!」

山田「そ、それが、他の皆も、いなくて……」

千冬「っ……モニタールームへ急ぐぞ!」

山田「は、はい!」

179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:34:04.54 ID:ajwfH2Hb0
箒「っ……昼間よりも強くなっている!?」

箒(ダメだ、俺一人じゃ……)

がしゃんっ

箒「しまっ……」

ばしゅんっ!

箒「!!?」

セシリオ「狙い撃ちなら任せてください」

箒「セシリオ!!?」

ばこっ!!!

鈴「箒、今のうちに離れて!!!」

箒「鈴!?」

シャル「こっちだよ!!!」

ラウル「逃げ出さずにここへ来たことをほめてやる。今度は協力するぞ、奴を倒すために」

箒「皆……」

180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:35:44.30 ID:ajwfH2Hb0
一夏「……どこかで、音が聞こえる。私の、嫌いな音……」

?「一夏は、なんでその音が嫌いなの?」

一夏「私は、誰にも傷ついてほしくないから……誰も、失いたくないから」

?「ならば、答えは決まっているだろう?」

?「そうだね」

一夏「うん……」

一夏・?「行こう」

182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:38:18.87 ID:ajwfH2Hb0
箒「ぐあっ!!!」

ラウル「くそっ……」

セシリオ「おそらく、奴も1対多数を得意とするタイプ、このままじゃ……」

シャル「……っ……」

鈴「ま、だ……まだ……」

ラウル「! 箒、前だ!!!」

箒「っ……!」

箒(……一夏、ごめん)

一夏「いっけえええええ!!!」ばしゅっ!!!

全員「!!?」

箒「……いち、か……?」

一夏「……皆、お待たせ!」

185 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:40:26.62 ID:ajwfH2Hb0
箒「一夏、俺は……」

一夏「……よかった……」

箒「え……」

一夏「やっといつもの箒になってくれたね。私は……ううん」

一夏「今は、目の前にある敵を倒そう」

箒「……あぁ!」

ぴかー!

一夏「こ、これは!?」

箒「……エネルギーの回復?」



束「それが紅椿の真の力。やっちゃえ、二人とも」



一夏箒「いっけええええええええ!!!!!」

187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:43:35.07 ID:ajwfH2Hb0
一夏「……すごかったね、紅椿」

箒「お前の白式もな」

一夏「えへへ、この子はやれば出来る子だもん」

箒「そっか……」

一夏「ねぇ、箒」

箒「ん?」

一夏「……誕生日プレゼント」

箒「ゴム……?」

一夏「髪、戦いの最中で解けちゃってたみたいだし……私のお古だけど……」

箒「ありがと……大事にするよ」

一夏「うん、やっぱり箒はその髪型が一番だよ」

箒「……ところで、さっき言ってたのの、続きって……」

一夏「え、そ、それはその……」

190 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:46:34.86 ID:ajwfH2Hb0
一夏「……言わなきゃ、ダメ?」

箒「……言ってほしい」

一夏「……わかったよ、ちょっと恥ずかしいけど……私はね。いつもの箒が一番……」

ばしゃあーん!!!

セシリオ「箒さん! 抜け駆けは許しませんよ!」

鈴「一夏は僕のものだぞ!」

シャル「一夏、脅されたんだよね!?」

ラウル「一夏は俺の嫁だ! 手出しはさせん!!!」

箒「ああああああ!!! お前ら空気読め!!!」だきっ

一夏「え……///」

箒「にげるぞー!!!」

192 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:49:44.01 ID:ajwfH2Hb0
千冬「……それで、今回の事件はお前が原因なんじゃないのか?」

束「さぁ、どうでしょう?」

千冬「……それと……」

束「それと?」

千冬「この写真! 顔が全く写っておらんだろう! これじゃあ私のコレクションにふさわしくない!!!」

束「盗撮だし、無茶言わないでよー」


一夏「ふふ……」

箒「な、何だよ、こんなときに急に笑って……」

一夏「ううん、まだ、言えてなかったなって……ただいま、皆」

箒「……あぁ、おかえり」

終わり

194 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:50:33.42 ID:ajwfH2Hb0
思いつきで書いた。反省はしていない
のほほんさんを出さなかったことを後悔はしている

195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:50:46.23 ID:GXz/sEeDO
終わりかよ
日常パートはよ

196 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:53:28.53 ID:vpVE40nAP
で、本当のSSはこれからだよな?な?

197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:55:07.04 ID:tvC/zyRZ0
シリアスモードはいいから早く日常モードをだな

198 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/10(土) 23:58:22.11 ID:lsZcZ/bL0
終わりなのか
乙と言わせてもらう

206 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 00:08:53.64 ID:kYkQJeEi0
結局のほほん君は出てこなかったか

207 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 00:13:57.27 ID:lqD4YpyS0
is4fcaq1ojhhf

画像張りにきたら終わってた

214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 00:31:39.61 ID:zoZRGfFA0
>>207
箒とラウラが最高にキモイwwww

202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 00:04:10.18 ID:jVZWLNQlO
>>1は責任を持って俺を満足させろ


215 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 00:32:18.60 ID:jVZWLNQlO
<女子トイレ>
キーンコーンカーンコーン
一夏(授業終わった!早くトイレに!もう限界だよぉ!)ガタッ

ラウル「嫁、どうした。小刻みに震えているが体調が悪いのか?」

シャル「本当!?大丈夫?一夏」

セシ「ならばレディをエスコートするのが騎士の役目!さぁ、一夏さん、僕と…」

箒「一夏は俺の幼なじみだ、俺が連れてく」

クラスメート「ザワザワ」
オレガツレテクゾー、ヌケガケキンシ!!

一夏「ふぇぇぇん!皆どいてよぉ!」


222 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 00:50:27.66 ID:jVZWLNQlO
>>220
無茶苦茶だな、オイ


箒「ん?箒、顔色が悪いぞ?やはりどこか体調が!?」

一夏「いや…だからね?」

セシ「こうなっては一大事だ!救急車をよんできます!」

一夏「待って!セシリオ待って!」


ラウル「仕方ない、救急医療キットを持って来るか」

シャル「じゃあ、僕は保健室の先生呼んで来るね!!」

一夏「チガウノニ…ソウジャナイノニ…」

千冬「一夏の声が聞こえた」ガラッ

一夏「千冬兄ィ…」プルプル

千冬「この反応は…トイレか。よし、一夏急ぐぞ」



<女子トイレ>おわり

223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 00:52:09.66 ID:dW0UbQKM0
ラウルcv関俊彦か
どんな運命にあらがおうとも

225 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 00:55:35.54 ID:jVZWLNQlO
<親友と弟>
一夏「おじゃましまーす!」

弾「おぉ!一夏!久しぶりーどう?元気してた?」

一夏「毎日訓練で忙しいけどねー。最近ようやく慣れてきたよ」テヘヘ

弾「しっかし羨ましいなー、毎日がホストクラブみたいなモンでしょ?IS学園って」

一夏「そんなことないよ。むしろいつも大変で…」

弾「あ、そーだ!蘭丸!おーい、こっち来な!」

一夏「え、蘭くんいるの?」

蘭「んだよ、姉貴…こっちは勉強ちゅ…い、一夏さん!?」

227 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 00:59:14.24 ID:zoZRGfFA0
尻の穴が緩そうな名前だな

228 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 00:59:56.84 ID:jVZWLNQlO
一夏「えへへ、蘭くん久しぶり」

蘭「は、はい!お久しぶりです!」

蘭(姉貴!どうして教えてくれなかったんだよ!)コソコソ

弾(教えたら詰まらないじゃん?)コソコソ

蘭(性悪女)ボソ

弾「なんだとー!?一夏、実は蘭のやつ、こないだのISの新聞記事読みながら…」

蘭「わー!やめろ!馬鹿!一夏さん?なんでもないんです、なんでもないんですよ!!!」

一夏(仲良いなぁ)ホッコリ



<親友と弟>おわり

231 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 01:03:57.85 ID:jVZWLNQlO
<擬似百合>
一夏「絵のモデル…ですか?」

教師「そう、我が美術部の出典作品のね」

一夏「わぁ!私憧れてたんです!」キラキラ

教師「そうか、引き受けてくれるか、デュノア君はどうかな?」

シャル(一夏とモデル…性質上、ヌードはないだろうし…もしかしたら一夏と一緒にいられるかも!)

シャル「ハイ!喜んで引き受けさせてもらいます!」

232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 01:08:14.18 ID:jVZWLNQlO
シャル「のはずが…」

美術部員「」カキカキ

シャル「なんで僕は女装してるのかな!?」
(両手を繋いで百合ップルを想像してください)

教師「男子校なのに、そこに咲き乱れる百合の花!そのアンバランスさとインモラルな空気が…!」

一夏「えへへ、出会った頃とかちょっと思い出しちゃうね!」キャイキャイ

シャル(まぁ、一夏の笑顔をこんな間近で見れるんだからいいか…)


<擬似百合>おわり

236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 01:12:26.15 ID:jVZWLNQlO
<水着>
一夏「大変な事に気付いた…」

一夏「今度の修学旅行用の水着、私買ってない!」

一夏「どうしよう…弾には『男に選んでもらえ』なんて言われちゃったし…」

一夏「私一人のセンスじゃ…でも…」

一夏「しょうがない!一人で買いに行くしか!」

後日・デパート
一夏「うん、これとか可愛くていいかも!」シャッ

237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 01:17:37.71 ID:jVZWLNQlO
(更衣室オープン)
一夏「これなら、露出度も高すぎず低すぎずだし……あ」

箒・セシ・シャル・ラウル「」

一夏「…………皆、何しに?」

箒「いや、水着買いに…」
一夏「奇遇だね…僕も…それじゃあ…」シャッ(更衣室閉)

セシ「一夏さん!水着のコーディネートなら是非この僕に!」

シャル「味音痴は黙ってて!ねえ、一夏!僕と一緒に水着選ばない?」

ラウル「嫁の水着選びは夫に任せておけ」

一夏「みんなうるさーい!!!」


箒(可愛かった可愛かった可愛かった…////)


<水着>おわり

238 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 01:21:58.12 ID:jVZWLNQlO
<ISスーツ>
箒「今日の訓練…なんか騒がしいな。何があるんだ?」

セシ「ふん、そんなことも知らないんですか?箒くん…」

セシ「今日は一夏さんが初めてスーツでIS訓練に参加される日!つまり!」

クラスメート「一夏ちゃんのタイツ(っぽい)姿が拝める」

セシ「唱和ありがとう、皆さん」

箒「な!セシリオ!貴様、一夏をそんな目で!」

クラスメートA「お!女子更衣室の扉が開いたぞ!」

240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 01:28:18.01 ID:jVZWLNQlO
一同「おおおおお!!!」ザワザワ

箒(見るな!見ちゃいかん!いやしかしいずれは見ることになるんだし…だったら今見ても)

ギャアアアアアア!!!グオオオオ!!!

箒「な、なにがあった!?セシリオも!」

一同「」ピクピク

セシリオ「目が…目がァ…」ピクピク

千冬「ほう、貴様は無事だったか…まぁいい。今のうちに言っておく。
今後この授業中、織斑をやらしい目で見たり前屈みになった奴は…」



千冬「容赦なく『斬り落とす』」

一夏(なにをだろ?)キョトン

<ISスーツ>おわり

249 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 01:40:25.97 ID:jVZWLNQlO
<洗濯>
一夏「よかったよー部屋には洗濯機があって…」

一夏「よく見る寮みたいにまとめて洗う、とかだったらどうしようかと思った…」

一夏「さてと!今日は天気がいいし!ベランダで干すかな!」

一夏「フンフンフーン♪」

一夏「よし、ちょっとお買い物に行こうかな!」

251 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 01:46:10.41 ID:jVZWLNQlO
A「一夏ちゃんは出掛けた模様。どうやら行き先はデパートのようだ、どうぞ」

B『了解、デパートなら1時間以上帰って来ないな。
ゆっくり楽しめそうだ…
観測ポイントで待つ。どうぞ』

A「了解した、フヒヒヒ」

観測ポイント
A「お、ピンクのブラ…いいねぇ可愛いねぇ」

B「一夏ちゃん、マジ天使。
でもピンクの下着とかやらしすぎるだろ」

A「バカ、そのアンバランスさがだな…
あの純真無垢な一夏ちゃんだから映えるんだよ」

??「そーだろー、俺の妹は純真無垢で天使だろ」

AB「「え」」


<洗濯>おわり

252 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 01:48:31.81 ID:CBOa/CbL0
そこに転がってるBの死体、俺なんすよwwwwwwwwwww

254 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 01:50:31.33 ID:jVZWLNQlO
<盗撮>
一夏『海、楽しみだなー♪去年行けなかったし…泳ぐぞー!』

束「まぶしいなぁ、いーちゃん…太陽よりも何よりもまぶしいよいーちゃん♪」

一夏『よせて…あげる…よし!』

束「おっぱいないのを気にするいーちゃん可愛い。
家に飾りたいね…」

束「あ、そうだ…ちーくんのために写真撮っとこう!
動画はあげないよ?僕だけの宝物だし♪」

255 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 01:54:46.76 ID:jVZWLNQlO
一夏『去年と同じくらい…大きくなるのかなぁ』ペタペタ

束「いただきました!
小さい胸を気にするいーちゃんいただきました!!!」ムハムハ

束「どうしよう!賢者タイムが訪れる気配がないよ!
ティッシュが切れそうだよ!

一夏『』ブルッ

束「ん?」

一夏『トイレ///』

束「※解読不能の雄叫び」

<盗撮>おわり

257 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 01:58:47.10 ID:jVZWLNQlO
<ブラコン>
一夏「千冬に…じゃなかった、織斑先生!はい、お弁当です」

千冬「む、スマンな。織斑」ナデナデ

一夏「えへへ」ポヤー

千冬(幸せだ…)

セシ「織斑先生が羨ましいです…」

箒「そういうな、実質、織斑先生は一夏のたった一人の身内なのだ」

シャル「そりゃ、仲良くなるよねぇ」

259 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 02:04:18.41 ID:jVZWLNQlO
ラウル「確かに、ドイツにいた頃にも教官は一夏のことをよく話されていたな」

箒「お互いを大切に思い合う…実に美しいじゃないか。
素晴らしいと思うぞ」

鈴「だぁからって仲が良すぎるんだよなー!」

セシ「そう!その通り!アレはまるで一夏さんな新妻のようです!」

シャル「新妻って…そんな…」

千冬「」ナデナデ

一夏「」エヘヘ

千冬「」チラッ

一同「?」

千冬「」フフン※勝ち誇った笑み

一同「!!!?!!?」


<ブラコン>あらため<シスコン>おわり

260 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 02:09:05.89 ID:jVZWLNQlO
<天然>
一夏「もー!ラウルのバカー!!!」

ラウル「なんだ、全裸で侵入するのはやめたではないか!」

一夏「そもそも、女の子の部屋に侵入して…
しかも一緒に寝るのがおかしいんだよ!」

ラウル「な!?夫婦では当たり前だと俺の副官から」
一夏「そもそも夫婦じゃないもん!」

………

一夏「ってことがあってね」

千冬(ほう)
千冬「ラウル殺す」

一夏「千冬兄、逆逆」

264 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 02:16:21.50 ID:jVZWLNQlO
千冬「おっと…まぁ、冗談はさておき、どうする?
部屋の警備を強化するか?」

一夏「強化?」

千冬「そうだ、例えば部屋中にクレイモア地雷を敷き詰めたり、ワイヤートラップをだな」

一夏「却下」

千冬「では、ラウルを就寝時には拘束するとか…」

一夏「んー……」

千冬「どうした?」

一夏「でも、ラウルっていい匂いするんだよね、香水とかじゃないやつ。
あと朝陽にあたる銀髪とか凄く綺麗で…
それとか、こう抱きまくらみたいに抱きしめると『ん』て小動物みたいにすりよってきたり…」


千冬(奴の両手両足の1、2本は粉砕しとくかな)



<天然>おわり

265 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 02:16:28.04 ID:CBOa/CbL0
一夏(♀)が可愛すぎてヤバイ

276 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 02:29:06.30 ID:jVZWLNQlO
<風邪>
シャル「一夏が風邪!?」

箒「そのようだ。
先程、織斑先生が救急車を呼ぼうとしていたのを山田先生に止められていたのを見かけた」

シャル「で、一夏は大丈夫なの?」

箒「熱が高いだけらしい。今は絶対安静だな」

シャル「そう…なんだ…」
シャル(と、言うことは)

セシ(一夏さんの寝巻姿チェックも出来ますし)

ラウル(看病すれば)

鈴(好感度アップは確実!)

278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 02:36:04.94 ID:jVZWLNQlO
一同(あとはコイツらをどうやって出し抜くか!)

箒「では、俺は席に戻る」

セシ「あれ?看病には?」
箒「一夏の性格を考えると行かないほうがいいかと思ってな」

鈴(よし!)

シャル(ライバルは一人減った!)

放課後
千冬「ふん、馬鹿共が一網打尽だ。さぁ、反省房だ」

シャル「そんな…」

ラウル「ぬかったか」

シャル・鈴「「無実です!!!」」

一時間後
一夏「ごめんね、箒…おかゆなんて作って貰っちゃって」ゲホゴホ

箒「気にするな、幼なじみのよしみだ。ほら、あーん」

一夏「あーん♪」

箒(計画通り!)

<風邪>おわり

281 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 02:40:38.27 ID:jVZWLNQlO
<あのひ>
一夏(うぅ、調子悪い…)

箒「大丈夫か?一夏?まさか今回は本当に病気とか」

一夏「うぅん、大丈夫だよ。心配ありがとね」

一夏(うぅ…言いたいけど言えない…しんどい)

シャル「今日の訓練は…むりそうだね…理由はどうする?」

一夏「え!?えーと…」

ラウル「腹痛でいいだろう、腹部を抑えてるし」

シャル「それでいい?一夏?」

一夏「う、うん。よろしく!」

一夏(よかったーたすかったよ…)

283 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 02:46:40.87 ID:jVZWLNQlO
一夏「で、結局は保健室でお世話になっちゃってる私…」

一夏「そっか、男の子ってわからないんだよなー…」

一夏「わ、もう放課後!?大分体調もよくなったし、帰らないと!」

セシ「一夏さん!」

一夏「わ!?セシリオ!?」

セシ「お体の方は大丈夫ですか?もう立ち歩いても?」

一夏「う…うん、おかげさまで…」

箒ラウルシャル鈴「一夏!!?」

一夏「ひゃい!?」ビクン

箒「もう体調はいいのか?」

ラウル「大事をとって寝た方がいい」

鈴「さ、保健室に戻るぞ」

シャル「大丈夫、一夏が眠った後もそばにいるから」

一夏(うわぁぁぁん!!!)

<あのひ>おわり

285 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 02:54:10.42 ID:jVZWLNQlO
<幼なじみ>
鈴「そもそもファースト、セカンドという呼び方が気に入らない!
やり直しを要求する!」

箒「おいおい、今更何を言ってるんだ鈴…
いや、『2番目』」ニタァ

鈴「ムカッ、だからその『2番目』ってのやめろ!」

箒「事実だろうが」

一夏「2人とも、なにやってるの?」

鈴「一夏!箒のヤツがカクカクシカジカ」

一夏「箒!その2番目?って呼び方が嫌だって鈴が言ってるんだったら、やめないとダメだよ!」

箒「ぐぬぬ…」

289 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 03:00:48.59 ID:jVZWLNQlO
箒「くっ…!卑怯だぞ!」

鈴(やーいやーい!)

一夏「2人とも…私のとても大切な幼なじみで、大好きで…
いなくなったとき、すっごく寂しくて…
だからそんな2人がこんなことで喧嘩してるなんてイヤだよ」※涙目

鈴・箒「一夏…」

鈴「ごめんな」

箒「あぁ」

鈴「一夏と離れ離れになった辛さを知る者同士」アクシュ

箒「仲良くなれない道理はないからな」アクシュ

一夏「2人とも…」

千冬「そうかな、離れ離れになった辛さは分からんだろうよ。
特に愛する妹と何年間も離れて暮らす兄の苦しみはな…!!!」

3人「…」


<幼なじみ>おわり

290 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 03:06:54.98 ID:jVZWLNQlO
<着替え>
夕方
一夏「ふぁー、今日もよく頑張ったなー。
シャルとの訓練は勉強になるよ」

一夏「そういえば…一時期シャルもここ(女子更衣室)使ってたんだよね…」

一夏「一人で使うには広すぎるよ…」

ブゥン

一夏「やだ!停電!?どうしよ!真っ暗だよー!」アワワ

一夏「早く出なくちゃ」

一夏「えーと、これと…!」カバンガサゴソ

???『マダワスレモノ…』

一夏「!!!?」※声にならない悲鳴

293 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 03:17:42.85 ID:jVZWLNQlO
一方男子更衣室
セシ「今日も一夏さんは可憐だった…」
箒鈴「当たり前だ、俺の幼なじみだぞ」
シャル「ははは、最近調子いいみたいだしね、一夏」ラウル「そういえば、前はシャルは一緒に着替えてたんだったな」
一同「」
シャル「痛い!無言で蹴らないで!!」
ブゥン
ラウル「停電か?」
バン!
一夏「助けて!!!」
箒「いいいい、一夏!?なんて格好を?」
鈴(今日の下着は白か)マジマジ
一夏「お化け!女子更衣室にお化けが出たんだよ!」一同「はぁ?」
一夏「ホントだよ!」
カツーンカツーン
セシ「え!?」
一夏「ほらね!?ホントでしょ!」
一同「」ゴクリ
ヒョッコリ
千冬「一夏、更衣室に忘れ物だ。ほれ裁縫セット」
一同「」
<着替え>おわり


297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 03:22:09.79 ID:jVZWLNQlO
<ラブレター>
一夏「ん?なんだろ、コレ?」

箒「どうした?一夏」

一夏「いや、下駄箱になにか入っててさ…」ヒョイ

シャル「手紙…?」

一夏「読んでみようかな」
読み終わり
一夏「これ…ラブレターだった…」

セシ「な」

シャル「ん」

箒「だ」

鈴「と」

千冬「!!!?!」

301 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 03:27:59.86 ID:jVZWLNQlO
一夏「どうしよう!こんなの初めてもらっちゃったよ!」

箒(そりゃ、そうだろうな)

千冬(俺が全て処分してたし…)

ラウル(ラブレターとはなんだ)

シャル「それで、一夏はどうするつもり?」

一夏「えーと…とりあえず明日会いたいらしいから会ってみようかな…
知り合いの人からだし…」

鈴「ふぅーん、そう会うんだ…」

千冬「ウゾダウゾダドンドコドーン!!」

ラウル「ああっ!教官が面白い悲鳴あげながら疾走した!」

303 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 03:33:47.67 ID:jVZWLNQlO
セシ「そうですね、相手の気持ちに向き合う…一夏さんのそんな姿勢は素晴らしいと思います」

鈴「おーい、セシリオ、冷や汗すげーぞー」

箒(一夏…)

一夏(どうしよう…)

翌日・放課後
千冬「各員揃ったな」

一同「ハッ」

千冬「我々の任務は一夏の追跡、そして相手の抹しょ…確認だ!
もう目標は動き始めている、行くぞ!」

一同「ハッ!」(大丈夫かな、この人…)

305 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 03:39:41.44 ID:jVZWLNQlO
同時刻・校舎裏
モブ「織斑さん、俺、君が好きだ!」

千冬(よし、殺そう!)ガタッ

シャル(落ち着いて下さい!先生!)

一夏「ごめんなさい」

一同(お)ホッ

一夏「私、好きな人いるから!!!」

千冬「ハイサーイ!!!」バターン

ラウル「あぁっ、教官が白目剥いて倒れた!!!」

箒「マジ…かよ…」

鈴「一夏…」

モブ「そうか、ごめん…来てくれてありがとう!」ダッ

308 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 03:45:10.25 ID:jVZWLNQlO
一夏「ふぅ…で、そこで隠れてる人達出て来なよ」

一同「」スゴスゴ

一夏「趣味悪いよ、人の話盗み聞きだなんて」

シャル「ごめん…でも、あのさ一夏!さっきのことなんだけれど!」

一夏「さっき?」

鈴「ほら、好きな人がいるとか、言ってただろ?」

一夏「あぁ、その事か」ポム

箒「本当…なのか?」

309 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 03:50:03.17 ID:jVZWLNQlO
一夏「あぁ、あれ嘘」

一同「は!?」

一夏「昨日弾に傷つかない異性の振り方聞いたらそれが一番だって言われてねー」

鈴(あんの馬鹿反田ー!)

箒「では、好きな人と言うのは…」

一夏「いないよー、今はそれどころじゃないしね…
って皆どうしたの?ホッとしたような顔して」

シャル「ううん!何でもないよ!さ、一夏!ご飯食べにいこ!」

一夏「?うん」

ワイワイガヤガヤ

千冬「ウゾダウゾダウゾダ…」


<ラブレター>おわり

310 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 03:50:43.29 ID:r7ICno+20
さっきから千冬兄はwwwまったくwww

316 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 03:54:24.96 ID:jVZWLNQlO
あ、あと千冬兄をオチ担当にしまくってごめんなさい
なんか使いやすいんだもの

317 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 03:54:46.84 ID:NzS5y2tvO
乙!
改めてシスコン兄貴は良い属性だと思ったわ

319 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 03:58:32.33 ID:zl5HBl/20
乙~
またよろしく

関連記事
2011/12/11 12:49 | CM(13) | IS SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2011/12/11 14:14 ]
  2. セシリアの男性系は『セシル』なんだぜ
    FF4のあいつが有名かな?
  3. 774@いんばりあん [ 2011/12/11 15:01 ]
  4. 一夏:悠木碧
    千冬:子安武人
    箒:中村悠一
    鈴:福山潤
    セシリア:神谷浩史
    シャル:代永翼
    ラウラ:岡本信彦
    束;緑川光
    山田:杉田智一
  5. 774@いんばりあん [ 2011/12/11 15:25 ]
  6. いい、これはいい
  7. 名無し [ 2011/12/11 15:29 ]
  8. このスレ(短編の方)追いかけてたけど、即興だったんだよな
    今見返すと中々凄い
  9. 名無しさん@ニュース2ちゃん [ 2011/12/11 16:37 ]
  10. ※2
    いい声優選んだな、いいセンスだ
  11. 774@いんばりあん [ 2011/12/11 18:02 ]
  12. 4コマ漫画版のあいえす!にもあったな、性別逆転ネタ
  13. 774@いんばりあん [ 2011/12/11 21:05 ]
  14. これが本編だと一夏の一人勝ちだな
    一夏の行動を見ると女の方が合ってる気がしてきた
    まあ、売れないだろうけど
  15. 774@いんばりあん [ 2011/12/12 23:58 ]
  16. 弾は佐藤莉奈さんとか似合いそう蘭丸は鈴村さんか斎藤彩夏さんとか
  17. 名無しさん [ 2011/12/13 09:39 ]
  18. これはいいものだ。薄い本はまだか!
  19. 774@いんばりあん [ 2014/02/05 01:48 ]
  20. >>43 : 名前を決めるのにかなりてこずってる :2011/12/10(土) 20:51:28.56 ID:ajwfH2Hb0
    >>セシリオ「この僕のことを知らない!? イギリスの代表候補生のこの僕を!!?」

    この部分で唐突にスウェン・カル・バヤンの声優を思い出したぞ・・・・・・・・・
  21. 774@いんばりあん [ 2014/02/05 02:14 ]
  22. >>252 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/11(日) 01:48:31.81 ID:CBOa/CbL0
    >>そこに転がってるBの死体、俺なんすよwwwwwwwwwww

    ・・・こいつっ、幽体離脱してやがる!
  23. 774@いんばりあん [ 2014/03/02 20:41 ]
  24. no.2

    杉田さんが選ばれた時点で
    コメディーアニメにしかならないぜwww
    最近の杉田さんの使い方なら
  25. 隣のトト〇 [ 2014/10/25 20:21 ]
  26. シルバリオ・ゴスペル編の所だけ何か微妙だった。
    原作だと女の子数名を助ける勇者みたくなるけど、男数名を助けるために戦う女の子‥…………何か逆じゃね?と思ってしまう。

    男にしたら、ほとんど変態化するんだな~
    兄何てもう、束君は‥…………
    他キャラは‥…………変態多い。

    最後に

    なんとなくみに来たけど、おもしろかった。
    ただ何時一夏が襲われたりしないか心配だったが
    まぁ今のところ無事みたいでよかった。

    お疲れ様です。
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング