HEADLINE

岡部「ダルよ」ダル「なに?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 16:40:11.03 ID:xBs+KCXBO
岡部「助手のストッキングをビリビリに破りたいと思わないか?」

ダル「あぁ分かるかも。内モモの辺りをビリビリに破りたいね。」

岡部「ほぅ‥、ダルは内もも派か。」

ダル「オカリンはどこ派?」

岡部「俺は太ももの後ろだな。」

紅莉栖「聞こえてるぞHENTAI共!」


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 16:58:33.35 ID:xBs+KCXBO
岡部「助手よ!いたのか?」

紅莉栖「最初からいたわこのHENTAI!」

岡部「俺だ機関の妨害が入った‥。なにぃ?全てのトラップを抜けてここにきただと!?」

紅莉栖「トラップなんかなかったし、最初からここにいたと言っとろうが!」

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 17:05:25.00 ID:xBs+KCXBO
まゆり「まゆしぃ~は悲しいのです。」

紅莉栖「まゆりを悲しませるなこのHENTAI」

まゆり「オカリンとダルくんは何も分かってないのです。パンツを脱がせて、そしてストッキングをはかせて股関をびりびりに破った方がいいのです。」

ダル「それはマニアック過ぎだろ常考。」

紅莉栖「」

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 17:20:55.08 ID:xBs+KCXBO
フェイリス「凶真~!遊びに来たにゃん!」

まゆり「あっフェリスちゃんトゥトゥルー♪」

フェイリス「ところでみんなで何してるのにゃ?」

フェイリス「まさか?ついにあいつが攻めてきたのかにゃ?ならフェイリスも自慢の爪で戦うにゃ。」シュッシュ

まゆり「実は紅莉栖ちゃんのストッキングをどう破くか議論してたんだよ~。」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 17:28:07.03 ID:xBs+KCXBO
フェイリス「なるほどにゃ。」

ダル「フェイリスたんは破くなら何処なん?」

紅莉栖「そんな事聞くなHENTAI!ていうか議論せんでいい!」

フェイリス「そんなのふくらはぎに決まってるにゃ!」



紅莉栖「フェイリスさんまで‥」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 17:31:36.75 ID:dJHKXVfq0
パンツは脱がさずにずらすものだろ常考

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 17:37:33.82 ID:xBs+KCXBO
岡部「ほぅ‥ふくらはぎか‥、なきにしも有らずだな。」

フェイリス「太ももなんてベタなとこより全然いいにゃ!」

岡部「ベタとはなんだ!一番エロくて素晴らしいではないか!?」

フェイリス「凶真はお子さまにゃ。ふくらはぎが一番いいに決まってるにゃ!」

岡部「フゥハハハハ!しかし、ここには太もも派が二人いるぞ‥。どっちが優勢か分かるかフェイリスよ!」

フェイリス「むむむ」

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 17:45:43.72 ID:xBs+KCXBO
ダル「フェイリスたんがふくらはぎ派なら僕もふくらはぎ派になるお。」

岡部「なっダルよ。裏切るのか?」

フェイリス「さすがダルにゃん!そういうとこがフェイリスは大好きにゃん!」ギュー

ダル「フェイリスたんに抱き付かれるなんて、もうぼく死んでもいいお‥。」

紅莉栖「さっさと死ねHENTAI!」

まゆり「股間が一番いいに決まってるのです‥。」

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 17:45:58.31 ID:4uWdVjGE0
      σ ̄λ         / ̄ ̄ヽ
      ~~~~        l l_ハ_人_ハ」   流石だな、まゆ者
     / ´・ω・) ̄"⌒ヽ   / リ ´_ゝ`リ
   / ) ヽ' /     、ヾ,‐'´  \  / `ー、_    
  /  --‐ '       〉/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
  !   、   ヾ    /{ 、  ノ、 助 |手 _,,ム,_ノ l
  !  ノヽ、_, '`` / 'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
  |   ̄`ー-`ヽ._        / ̄ ̄ ̄ ̄/
 ̄ ヽ、__,,.二つ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   IBN  / ̄ ̄
          .       \/____/


28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 17:49:40.63 ID:WK7lwNmu0
じゃあ俺はバイト戦士のスパッツ破くわ

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 17:53:24.44 ID:R43Z9/Hg0
スパッツを破くなんて、そんな……
そのまま突っ込むが良いんじゃないか

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 17:54:45.83 ID:xBs+KCXBO
るか「おじゃまします。」

岡部「るか子か‥、今日はどうしたんだ?」

るか「あ、その‥おか――凶真さんに‥スイカをお裾分けしに‥。」

岡部「それはご苦労るか子よ。疲れただろう休んでいくといい。」

るか「はっ‥はい!」


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 18:02:35.42 ID:xBs+KCXBO
まゆり「るかくんは紅莉栖ちゃんのストッキングをどう破くなら何処派?パンツ脱がして股間だよね!」

るか「ふぇ?」

紅莉栖「ちょっとまゆり!聞かなくていいから!るかくん困ってるじゃない!」

るか「ぼ‥ぼくは‥太もも‥です」

岡部「るか子よ話がわかるではないか!」

まゆり「そんなぁ~股間が一番だよ~!」

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 18:04:19.29 ID:xBs+KCXBO
>>33
×どう破くなら

○破くなら

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 18:11:16.01 ID:xBs+KCXBO
ご飯たべる
落としてくれても構わないです。

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 18:25:07.29 ID:bhejpHKX0
       _
     σ   λ
     ~~~~ 
    / ´・ω・)   < >>1さん♪ >>1さん♪
 _, ‐'´  \  / `ー、_ あそこにゲルバナがあるでしょ~?
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/



       _
     σ   λ
     ~~~~ 
    /´・ω・ )   <数分後の貴様のメシだ
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー~'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
  \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-/

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 18:26:12.83 ID:xBs+KCXBO
岡部「フゥハハハハ!フェイリスよ!これで2対2互角だ」

フェイリス「むむー」

岡部「他のラボメンも呼んでおいた!ふくらはぎか太ももか決着をつけようではないか!」

紅莉栖「呼ばんでいいし決着もつけんでいい」

フェイリス「望むところにゃん」

まゆり「股間派を忘れないで欲しいのです。」




鈴羽「やっほー!岡部倫太郎!遊びにきたよ!」
萌郁「‥‥‥」

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 18:38:19.12 ID:xBs+KCXBO
岡部「きたかお前たち、早速だがメールで話した通り、どっち派か教えてもらおうか」

鈴羽「んー。私は太ももかなー。スパッツでも破けるし。」

萌郁『岡部くんには悪いけど私はふくらはぎ派かなp(^^)q』

岡部「また見事にわかれたな‥。」

フェイリス「どうするのにゃん?凶真」

岡部「こうなったら第24回 円卓会議で決めようじゃないか!」

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 18:41:59.81 ID:xBs+KCXBO
紅莉栖「せんでいい!」
鈴羽「円卓なんてどこにあるの?」

ダル「ていうか今までで23回も行われたっけ?」

岡部「やかましいお前たち、さっさと始めるぞ」

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 18:52:24.98 ID:xBs+KCXBO
紅莉栖「別に私のじゃなくてもフェイリスさんだってストッキングはいてるし、鈴羽さんのスパッツだって破けるじゃない。」

岡部「んな?そこまで変態だったのかメリケン処女め!」

ダル「さすがに牧瀬氏‥それはひくわ。」

フェイリス「くりすにゃんはフェイリスの事そんな風にみてたのにゃん?」
鈴羽「牧瀬紅莉栖‥やっぱり君はSERNの工作員だったんだね。」

萌郁「‥HENTAI‥」ボソ

まゆり「まゆしぃはがっかりなのです」




47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 18:55:06.72 ID:XF8nB9pc0
ルカ子はぶられてるがな

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 18:56:33.39 ID:xBs+KCXBO
紅莉栖「なっ!じゃあなんで私はいいのよ?」

岡部「お前は助手だからな」

紅莉栖「だから助手じゃないと言っとろうが!」


Mr.ブラウン「うるせーぞ岡部!家賃5000円upだこの野郎!」

岡部「それは困る!Mr.ブラウン!」

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 19:00:35.83 ID:xBs+KCXBO
鈴羽「あ!店長!」

Mr.ブラウン「あぁ?いたのかバイト。さっさと戻って働きやがれ。」

鈴羽「店長は牧瀬紅莉栖のストッキングをどうやって破くの?」

Mr.ブラウン「破くなんて勿体無いことできるか!破かず端から端までなめ回すプレイにするに決まってんだろ!」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 19:05:55.80 ID:z6DatRzN0
ブラウンwwwwww

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 19:08:50.97 ID:xBs+KCXBO
綯「お父さん」ジトー

Mr.ブラウン「いたのか綯!?」

綯「お父さん最低‥」

Mr.ブラウン「綯!違うんだこれはな‥待ってくれ綯!おいバイト!俺は出掛けるから店番やっとけ!」

鈴羽「はーい!じゃあ私はバイトに戻るよ岡部倫太郎!」

岡部「あぁ‥。」



54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 19:14:41.22 ID:xBs+KCXBO
フェイリス「私も店に戻るニャン!凶真!報告まってるにゃん!」

るか「僕も神社にもどらないと‥」

萌郁「私も‥」ボソ

岡部「あぁ気を付けてな。」

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 19:21:08.68 ID:xBs+KCXBO
ダル「で?オカリン結局牧瀬氏のストッキング破くん?」

岡部「あぁ、そうだな。」

紅莉栖「破かんでいいこのHENTAI!」

岡部「紅莉栖‥破ったらだめなのか?」

紅莉栖「だから破かせんと‥って、いま紅莉栖って‥」

岡部「破ったらダメなのか?紅莉栖‥」

紅莉栖「へ?いや、別に駄目っていうか‥その‥」

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 19:24:25.45 ID:hGTy2hk/0
助手相変わらずちょろいな

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 19:29:20.01 ID:scBuYPRh0
※ただし岡部に限る

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 19:31:11.01 ID:xBs+KCXBO
岡部「なぁ紅莉栖‥俺はお前が好きだ‥。」

紅莉栖「なっ‥そんないきなり‥」

岡部「お前の語る理論にしびれて、お前の言葉を胸に刻んで、俺はお前のことを好きになっていった。」

紅莉栖「‥」

岡部「だから紅莉栖‥。」

紅莉栖「はっ‥はい。」

岡部「破かせてくれ。」

紅莉栖「台無しだ。この野郎。」

68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 19:42:56.07 ID:xBs+KCXBO
まゆり「四の五の言わずさっさと破かせればいいと思うよ。」

紅莉栖「え?まゆり?」

まゆり「さっきからぐだりすぎてるの分からないのかな紅莉栖ちゃん。さすがにイライラしちゃったよ。」

紅莉栖「ちょ‥まゆり‥」

まゆり「はやくパンツ脱いでよ紅莉栖ちゃん。股間が一番いい事を皆に教えてあげるから。」

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 19:50:21.94 ID:xBs+KCXBO
岡部「まゆり‥さすがにそれは‥」

まゆり「オカリンはだまって、ほら‥早く紅莉栖ちゃん。」

紅莉栖「え?でも恥ずかしいし。」

まゆり「早く脱げっていってるでしょ、まっちょしぃに変身するよ?」

紅莉栖「グスッ‥」ヌギヌギ



73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 19:51:02.00 ID:XzhGAJqZ0
やはりまゆしぃが最強か

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 19:53:09.67 ID:scBuYPRh0
訳・早く脱げよ殴るぞ

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 19:58:21.15 ID:xBs+KCXBO
紅莉栖「岡部ぇ‥みないでよ‥」

岡部「す‥すまん」

まゆり「オカリンなんで目をそらしてるの?見ないと変身するよ。ダルくんも帽子で前を見えなくしないでちゃんと見ないと紅莉栖ちゃんに失礼でしょ。」

ダル「ぼくは変態でも紳士だからいざというときは自重するんだお。」

まゆり「見ろっていってるんだよダルくん。」

ダル「はい。見させて頂きます。」

岡部「すまない‥紅莉栖‥これもシュタインズゲートの選択なんだ。」

紅莉栖「うぅ‥」グスッ

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 20:16:06.67 ID:xBs+KCXBO
ダル「おっおっおー」ピーン

岡部「‥‥」

まゆり「あれー紅莉栖ちゃん研究とか忙しくてものすごい生えてると思ってたのに。ちゃんと処理してるんだ。しかもパイパンなんてHENTAIさんだね。」

紅莉栖「そんなこと言わないでよ‥まゆりぃ‥あと橋田は自重しろ!」

まゆり「パンツ脱いだね。じゃあさっさとストッキングをはくのです。」

紅莉栖「うぐ‥」

ダル「おっおっおー」ビュルル

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 20:17:14.78 ID:bhejpHKX0
段々ダルも書いてる奴も壊れてきたな・・・

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 20:23:49.76 ID:xBs+KCXBO
まゆり「はきおわったね紅莉栖ちゃん。じゃあオカリン後はよろしくねぇ~。」

岡部「は?」

紅莉栖「え?」

まゆり「ほらダルくんそんなところで倒れてないで、まゆしぃ達はラボからでていくよ」バタン

ダル「ふぅ‥。じゃあオカリン頑張れお」バタン


岡部「どういう事だ?」

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 20:26:38.99 ID:xBs+KCXBO
紅莉栖「ねぇ岡部?」

岡部「なんだ‥紅莉栖?」

紅莉栖「その‥破かないの?」

岡部「いや、お前も嫌だっただろう。はやくパンツをはきなおせ。」

紅莉栖「いいよ‥その‥岡部なら‥」

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 20:30:52.20 ID:69QATN2Y0
パイパンにストッキングは微妙だな
多少なりとも生えてたほうがエロい

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 20:32:24.26 ID:x4yyQNVo0
パンストフェチが集う素晴らしいスレと聞いて

98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 20:32:28.69 ID:xBs+KCXBO
岡部「は?」

紅莉栖「だから岡部なら破いていいよ」

岡部「俺だ‥機関から精神的ダメージをうけた。なにぃ破いてやれだと?ふっ仕方ないなそれもシュタインズゲートの選択か」

岡部「クリスティーナよ!」

紅莉栖「だからクリスティーナでも助手でもないと言っとろうが!」

岡部「破くぞ‥紅莉栖。」

紅莉栖「ひゃ‥ひゃい!」

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 20:35:56.29 ID:xBs+KCXBO
岡部「なんだその気の抜けた返事は?」

紅莉栖「仕方ないでしょ。緊張してるんだから。」

岡部「まずは太ももの後ろから」ビリビリ

紅莉栖「んっ‥」

岡部「素晴らしい‥が何か足らないな‥」

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 20:39:11.61 ID:xBs+KCXBO
紅莉栖「ねぇ岡部‥もういい?」

岡部「待ってくれ紅莉栖、何かが足りないんだ。そうだ!ふくらはぎも破かせてくれ!」

紅莉栖「へ?でも‥」

岡部「頼む。紅莉栖。」
紅莉栖「は‥はい‥」

103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 20:44:04.06 ID:xBs+KCXBO
岡部「‥」ビリビリ

岡部(なっ!これは素晴らしいじゃないか。さすがフェイリス。)

岡部(しかしまだ何か足りない。何かが。)

紅莉栖「ねぇ?もういい岡部?」

岡部「そうか!分かったぞ!」

紅莉栖「え?」

岡部「股間を破かせてくれ紅莉栖。」

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 20:50:49.05 ID:xBs+KCXBO
紅莉栖「へ?さすがにそれは‥」

岡部「頼む‥。」

紅莉栖「‥いい‥よ‥」

岡部「本当か紅莉栖!」ビリビリ

紅莉栖「ちょっと‥急にやぶかないでよ!」

岡部「こっこれは‥」

紅莉栖「恥ずかしいよ‥岡部ぇ‥」

岡部「紅莉栖‥可愛いぞ。」

紅莉栖「なっ」///

岡部「好きだ‥紅莉栖」

紅莉栖「‥‥わたしも‥すぎだよ岡部‥」





おわれ‥‥
このやろう‥‥

119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 21:10:32.31 ID:xBs+KCXBO
岡部「なぁダルよ」

ダル「なに?」

岡部「バイト戦士のスパッツをビリビリに破りたいと思わないか?」

ダル「あぁ分かるかも。内股をビリビリっとね」

岡部「内股もいいが太ももの後ろもいいだろ。」

ダル「というかスパッツの下ってパンツはいてるん?」


123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 21:19:40.82 ID:xBs+KCXBO
岡部「むっ‥確かにそれは気になるな、どうなんだ助手よ。」

紅莉栖「私に聞くなこのHENTAI!」

ダル「でも阿万音氏パンツはいてるイメージなくね?」

まゆり「まゆしぃはがっかりなのです。」

紅莉栖「まゆりをがっかりさせるな。このHENTAI共。」

まゆり「スパッツなら破くより股間の部分に顔を埋めた方がいいに決まってるのです」

紅莉栖「だめだコイツら‥はやくなんとかしないと‥。」

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 21:32:46.36 ID:xBs+KCXBO
まゆり「え?」

岡部「ん?」

ダル「お?」

紅莉栖「……!!」

紅莉栖「何でもない!何でもないから忘れろ!」

ダル「まゆ氏、破った後に埋めるのはダメなん?」

まゆり「破った後だと恥ずかしさが薄れると思うんだよ!だから急に股間に顔を埋めて相手が恥ずかしがるしぐさを見れば興奮するとまゆしぃは思うのです。」

まゆり「だから破くなら匂いを嗅いだ後がいいとまゆしぃは思うよ。」

ダル「さすがまゆ氏。いつも僕たちの2つ上をいく、そこに痺れる!あk…」
紅莉栖「憧れないけどな。」



ご飯たべる
落としてくれても構わない

129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 21:42:20.37 ID:bhejpHKX0
お前ダルだろ

131 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 21:47:25.86 ID:xBs+KCXBO
岡部「やはり貴様ネラーだな」

紅莉栖「うるさい!ネラーじゃない!」

岡部「ぬるぽ」紅莉栖「がっ」

岡部「」ニヤニヤ

紅莉栖「うぅ~不覚だわ。」



ダル「そんな事より阿万音氏パンツはいてるん?かなり気になるんだけど。」

133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 21:57:19.49 ID:xBs+KCXBO
岡部「流石にはいているだろう…。」

ダル「でも阿万音氏がパンツはいてるイメージある?」

岡部「……ないな。」

まゆり「まゆしぃは流石にはいてると思うな~」
ダル「どんなパンツはいてると思うん?」

まゆり「ん~とね~縞パンとか?」

岡部「それはないだろ。」

まゆり「キャラクター物パンツとか…昔お父さんから買って貰ったとかで…。」

ダル「あぁ有るかも…」

紅莉栖・岡部「ねーよ」

134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 21:58:39.84 ID:OFCzbue80
スパッツキタコレ

137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 22:06:32.93 ID:xBs+KCXBO
岡部「助手よ!お前はどう思うのだ?」

紅莉栖「助手じゃないと言っとろうが、だいたい私はそんな事興味ない!ジョン・タイターにでも聞けばいいじゃない、鳳凰院凶真さん。」

岡部「ぐっ…」

岡部(しかしタイターか…。聞いてみるのもいいかもしれないな。)



140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 22:16:26.17 ID:xBs+KCXBO
岡部「お前たち、今日は解散だ。」

ダル「え?でも阿万音氏のパンツどうするん?」

まゆり「そ~だよ~。せっかく盛り上がってきたのに~。」

岡部「俺が調べといてやるからお前たちはもう帰れ。それにまゆりはバイトだろう。」

まゆり「そうだったよ。メイクイーン+ニャン2でバイトがあるんだった。じゃあオカリン調べといてね!」

岡部「あぁ。気を付けてな。」

ダル「あ、ぼくもフェイリスたんに会いに行くお、んじゃオカリン後はよろしく。」

142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 22:24:34.67 ID:xBs+KCXBO
凶真『突然ですが、貴方に話があります。実は知り合いにパンツをはいてるか分からない人がいるのですが、未来ではどういう風にパンツをはいてるか確認するんでしょうか?』

タイター『なるほどパンツをはいてるか分からない人ですか。それは困りますね。しかし未来でもパンツをはいてるか確認する方法なんて直接聞いてみる以外はないですよ。健闘を祈ります。』



岡部「直接か…。」

岡部「たしかにそれ以外ないな…。よし、聞いてみるか。」

144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 22:29:57.13 ID:xBs+KCXBO
岡部「バイト戦士よ!いるか?」

綯「ひっ!」

Mr.ブラウン「おい、岡部!てめぇなに綯をビビらせてるんだ?家賃あげるぞこの野郎!」

岡部「誤解だ、Mr.ブラウン!ところでバイト戦士の姿が見当たらないのですが。」

Mr.ブラウン「あ?バイトならもうくるんじゃねぇのか?」

鈴羽「やっほー岡部倫太郎!」



146 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 22:33:57.20 ID:xBs+KCXBO
岡部「バイト戦士よ!」

鈴羽「なんだい?岡部倫太郎。」

岡部「お前に聞きたいことがある!」

鈴羽「聞きたい事?」

岡部「お前はパンツをはいているのか?」

鈴羽「んな!?」

148 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 22:37:40.69 ID:xBs+KCXBO
鈴羽「ていうか私だったの?」

岡部「私だったってなんの事だ?」

Mr.ブラウン「ほぅ…なんだノーパンプレイか?やるじゃねぇか。」

綯「お父さん」ジトー

Mr.ブラウン「なっ綯!違うんだ!これはな…。おいバイト!俺は出掛けるから店番しとけ!」

151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 22:41:57.33 ID:xBs+KCXBO
岡部「で?どうなんだ?はいているのか?」

鈴羽「はいてるに決まってるじゃん!なにいってるのさ岡部倫太郎」

岡部「どんなパンツなんた?」

鈴羽「な?そんな事まで聞くのかい君は?」

岡部「鈴羽よ…。見せてくれないか?」

152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 22:45:58.42 ID:xBs+KCXBO
鈴羽「うぅ~」

鈴羽(でも直接聞けばいいって言った私もわるいのか…)

岡部「どうなんだ鈴羽?」

鈴羽「う~仕方ないな~」

岡部「本当か?みせてくれるのか?」

鈴羽「私は戦士だからね!パンツみせる位お手のものさ!」

153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 22:47:27.30 ID:xBs+KCXBO
岡部「ではラボへ向かうぞ鈴羽よ!」

鈴羽「オーキードーキー」

154 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 22:49:19.63 ID:ZME29b8e0
オーキードーキー

155 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 22:49:59.29 ID:xBs+KCXBO
鈴羽「よし!岡部倫太郎!スパッツを脱いで見せればいいんだね!」

岡部「まて鈴羽」

鈴羽「?」

岡部「そこのソファーに座ってくれないか?」

鈴羽「ソファーに?まぁいいけど。」

鈴羽「で?どうするんだい?」

159 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 22:55:22.28 ID:xBs+KCXBO
岡部「足を広げてくれ…。」

鈴羽「足を広げるぅ~?なんで~?」

岡部「これは戦士として重要な事なんだ鈴羽…。」

鈴羽「戦士として重要!?じゃあ仕方ないか。よし!広げるよ!」

岡部「あぁ…頼む…」


161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 23:00:16.21 ID:xBs+KCXBO
鈴羽「これでいいのかい?岡部倫太郎。」

岡部「」ガバッ

鈴羽「ちょっ、岡部倫太郎!なにを?」////

岡部(なんだこれは?鼻をさすようなツーンとした汗の匂いに数週間洗ってないスパッツの香り。素晴らしい!これがシュタインズゲートの選択か!)グリグリ

鈴羽「ちょっと岡部倫太郎!ぐりぐりしないでよぉ~!」/////

165 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 23:06:08.84 ID:xBs+KCXBO
岡部(いかんいかん…。匂いに夢中でバイト戦士の顔を見るのを忘れていた。)

鈴羽「おかべりんたろぉ~恥ずかしいよ~」

岡部(ぬおー!恥ずかしさの余り涙目になっているバイト戦士だと!?これは素晴らしい!まゆりの言う事は本当に凄いな…。)

鈴羽「もういいでしょ~?ていうかパンツ関係ないじゃん!!」


166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 23:11:46.99 ID:xBs+KCXBO
岡部「これは戦士ならパンツをみるまえに必要な儀式なんだ鈴羽よ…。」

鈴羽「ん~、儀式なら仕方ないか、まだあるのかい」

岡部「あぁ次の儀式にうつるぞ」

鈴羽「オーキードーキー」

168 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 23:20:56.79 ID:xBs+KCXBO
岡部「ではいくぞ」ビリビリ

鈴羽「ちょっと、何してるのさ!岡部倫太郎!」///

岡部(やはりスパッツが破れてさらけ出した内ももは素晴らしい!)

岡部(しかし俺は内ももより太ももの後ろ派。そして内ももは縦に裂くのがいいが後ろのももは横に裂くのがいいのだ!)

岡部「鈴羽…むこうを向いてお尻をつきだしてくれ。」

鈴羽「う~それも戦士として必要な事なのかい?」

岡部「あぁ頼む。」

鈴羽「む~必要な事なら仕方ないのか~。」

173 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 23:30:54.84 ID:xBs+KCXBO
鈴羽「こっこうでいいのかい岡部倫太郎…。」

岡部(スパッツをはいたまま、つきだしたお尻がこんなに素晴らしいものとは知らなかったぞ…)

鈴羽「ねぇ~早くしてよ~流石に恥ずかしいよ~」

岡部「あぁ…」ビリビリ

岡部(やはり、後ろのももは素晴らしい!しかも鈴羽の鍛えられた筋肉がまたエロいぞ!これがシュタインズゲートの選択か)


鈴羽「あ~んも~そこも破くの?このスパッツ気に入ってるんだよ。」

岡部「後で買ってやるさ鈴羽」

鈴羽「本当?あっ、でも買って来てよね。私このままじゃ出歩けないし。」

岡部「もちろんだ」

岡部(もちろん破けやすそうで鈴羽が着るより少し小さいサイズを買うがな…。)

175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 23:32:59.76 ID:xBs+KCXBO
()の中の鈴羽はバイト戦士に置き換えといてください。間違えました。

176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 23:34:04.11 ID:OFCzbue80
この岡部倫太郎にはとても共感できる

177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 23:42:00.84 ID:xBs+KCXBO
岡部(さて…そろそろ本題に入るか…。バイト戦士がパンツをはいているかどうか)

岡部(本命はいてない、相手に白、中穴が縞パン、大穴がキャラパンだな)

鈴羽「ねぇ~岡部倫太郎ぉ~もうこの体制はいいでしょ~?」

岡部「いやまて鈴羽よ!この体制のままパンツをみる」

鈴羽「え~また破くの~」

岡部「ここまで破ったんだ。これ以上破ってもなにもかわらんだろう。」

鈴羽「うぅ~それもそうかもしれないけどさ。」

岡部「それに破いた方が戦士らしいだろう。」

鈴羽「それもそうだね。よし破っちゃってよ岡部倫太郎!私は一流の戦士だからね!」

岡部「ではいくぞ!」

鈴羽「オーキードーキー」

178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 23:43:18.74 ID:ZME29b8e0
それもそうだねってwwww鈴羽全肯定wwww

179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 23:45:15.75 ID:xBs+KCXBO
岡部「…」ビリビリ

岡部(!!)

岡部(こ、これは…)

岡部(はいてないだと…)

181 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 23:46:49.13 ID:xBs+KCXBO
岡部(いや、しかし先ほどバイト戦士ははいているといったはず)

岡部(うそをついたのか?)

岡部(しかし、なんでそんなことを)



182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/13(月) 23:48:25.18 ID:xBs+KCXBO
岡部(ん?これは?)

岡部(しまった!)

岡部(勢いあまってパンツごと破いてしまった!)

187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 00:00:43.74 ID:UhT0Fj2kO
岡部(どうする?バイト戦士のイケない部分があらわになってるぞ。それどころかお尻をつきだしているため穴まで丸見えじゃないか)

鈴羽「岡部倫太郎…なにをテンパってるの?」

岡部「いや!なんでもないぞ!バイト戦士!お尻の穴が見えてるとかそんな事は絶対ないからな。」

鈴羽「パンツはいてるのにお尻の穴なんて見えるわけないじゃん…。変なやつだね岡部倫太郎は。」

岡部(こうなったら鳳凰院凶真モードで見たふりをするしか)


岡部「フゥハハハハ、しかしバイト戦士よ!お前はこんなパンツをはいていたのか。」


鈴羽「うん…父さんのね…形見なんだ…。」

岡部(oh...)

191 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 00:09:25.98 ID:UhT0Fj2kO
岡部(おいおい、とんでもないものを破ってしまったではないか!?)

鈴羽「父さんとは会った事ないんだけどね。」

岡部「…」

鈴羽「えへへ…変でしょ18にもなってキャラパンなんて。笑っちゃうよね。」

岡部「…」

鈴羽「私が生まれる前に父さんが娘が18になったとき、このパンツを娘にはかせるんだ!っていってね」

岡部「…」

鈴羽「笑っちゃうよねそんな父さん。」

岡部「…」

192 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 00:10:59.17 ID:cuwzLzBV0
ダルマジいけめん

193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 00:12:46.34 ID:UhT0Fj2kO
岡部「すまない鈴羽…」

鈴羽「いいよ。パンツを馬鹿にしたことくらい、気にしてない。」

岡部「違うんだ。」

鈴羽「え?」

岡部「ほんとうにすまない!!鈴羽!!」

鈴羽「な!?いきなり泣き出してどうしたのさ岡部倫太郎。」

194 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 00:15:59.64 ID:UhT0Fj2kO
岡部「おれが…おれがさっき…」

鈴羽「どうしたの?落ち着いてよ!」

岡部「お前のパンツを破ってしまったんだ!」

鈴羽「え?」

岡部「本当に…すまない…。」

鈴羽「……ぁ…」

196 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 00:19:42.49 ID:UhT0Fj2kO
岡部「なにが鳳凰院凶真だ!なにがパンツをはいてるかだ!そんなのどうでもいいじゃないか!」

鈴羽「……」

岡部「許してくれなんていわない。殴ってくれても構わない。本当にすまない鈴羽。」

鈴羽「いいよ…」

岡部「いい訳あるか!?おれはお前の大切なものを…」

鈴羽「いいっていってるでしょ!岡部倫太郎!」

岡部「なっ!」

200 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 00:25:48.74 ID:UhT0Fj2kO
鈴羽「岡部倫太郎…。君は優しいよ。こんな馬鹿な話を笑わずに。そして破いてしまってそこまで泣くなんて。」

岡部「おれは優しくなんかない!お前の大切なものを破いてしまったんだ。」

鈴羽「そんなものまた縫えば直るよ!」

岡部「しかし…」

鈴羽「いいんだって、それに君の好奇心はやがて未来を動かすんだからどうでもいいなんて言ったらダメだよ。」

203 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 00:29:27.64 ID:UhT0Fj2kO
岡部「本当に…いいのか?」

鈴羽「だからいいって、許すよ!岡部倫太郎」ニコッ

岡部「ありがとう、鈴羽。」

鈴羽「でも一つ絶対に許せないことがあるんだけどー」

岡部「なんだ?なんでもお詫びするぞ。」

鈴羽「私のお尻の穴見たよね?」ジトー

205 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 00:32:20.62 ID:UhT0Fj2kO
岡部「なっ!?しかし、それは不可抗力だろ!お前がお尻をつきだしてたんだから!」

鈴羽「えぇ~ひっど~い!お尻をつきだせって言ったのは君だよ!岡部倫太郎!」

岡部「たしかに言ったがあれは戦士として…」

鈴羽「へー言い訳するんだ」ジトー


207 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 00:35:12.91 ID:UhT0Fj2kO
岡部「すまない!」ビシ

鈴羽「べつに土下座までしなくていいけどさぁ~」

岡部「そうか、だかすまない!」

鈴羽「けど…」

岡部「なんだ?」

鈴羽「責任とってよね岡部倫太郎。」ニコッ

210 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 00:40:03.63 ID:UhT0Fj2kO
ダル「なぁなぁ牧瀬氏~どうしてこうなったん?」

紅莉栖「私が聞きたいわよ!うぅ岡部ぇ~。」グスッ

まゆり「でもまゆしぃは嬉しいのです。二人がこんなに仲がいいなんて。」

岡部「茶化すな。まゆり。」

鈴羽「えへへ、あっ牧瀬紅莉栖!パンツぬってくれて有り難うね。」

ダル「で?阿万音氏のパンツってどんなん?」

鈴羽「それは秘密にしておくよ!」





おわり
なんつって

219 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 01:02:58.37 ID:8l/ezNGD0
ダイバーパンツが変動してノーパン世界線に到達した

222 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 01:10:35.91 ID:UhT0Fj2kO
岡部「なぁダル」

ダル「なにオカリン?」

岡部「フェイリスもストッキングをはいてるよな。」

ダル「はいてるけどそれがなに?」

227 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 01:17:40.21 ID:UhT0Fj2kO
岡部「フェイリスは別にストッキングをビリビリに破りたいとは思わないよな…。」

ダル「そうだね、フェイリスたんは別にストッキングを破かなくても天使だし。」

岡部「しかしダルよ。」

ダル「なに?」

岡部「フェイリスはガーターベルトをつけているのか気にならないか?」

ダル「それは気になる。ものすごく。」

228 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 01:22:57.09 ID:UhT0Fj2kO
岡部「どうなんだ助手よ!」

紅莉栖「だから助手じゃないって何度もいっとろうが!…そりゃ、はいてるでしょ。メイドなんだし。」

ダル「猫耳メイドだお」

紅莉栖「どっちでもいい!」

ダル「ていうか、これはまゆりに聞けばすぐ解決するだろ常考」

231 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 01:24:53.64 ID:UhT0Fj2kO
岡部「そうだな、まゆりよ!」

紅莉栖「まゆりなら出掛けてるわよ。」

岡部「くそ、なんでこんな大事な時にいないんだまゆりは。」

ダル「電話すればよくね?」

岡部「そうだな」

234 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 01:36:11.11 ID:UhT0Fj2kO
『トゥットゥルーまゆしぃです。今電話にでられませーん』

岡部「くそ、なんでこういう大事な時に繋がらないんだ!」

ダル「オカリン荒れてるね~」

岡部「お前は平気なのか?気にならないのか?」

ダル「うん、だって妄想するのが一番たのしいお。ガーターベルトなのかー。黒ストでその下は縞パンなのかとか~。はたまたドロワーズとか~。そしてストッキングの下はノーパンとかも。」ハァハァ

紅莉栖「自重しろHENTAI」

235 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 01:39:42.00 ID:x0in3Mez0
ドロワーズ良いな…さすがダルさん

236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 01:41:10.22 ID:UhT0Fj2kO
岡部「こうなったら直接フェイリスに聞きにいってやる!」

ダル「あっオカリン、メイクイーンにいくん?んじゃ僕も。牧瀬氏もくる?」

紅莉栖「私は遠慮しておくわ。フェイリスさんちょっと苦手だし。」

岡部「まゆりが帰ってきたら連絡してくれクリスティーナ!」

紅莉栖「クリスティーナっていうな!」



237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 01:49:22.18 ID:UhT0Fj2kO
ダル「フェイリスたん来たお。」

フェイリス「あっ、凶真にダルにゃん!いらっしゃいにゃん!」


岡部「うむ、フェイリスよ。席に案内してくれ。」

フェイリス「凶真!わたし遂にやったのにゃん!」

岡部「やったって何をだ?」

フェイリス「あれ言ってなかったにゃ?遂に奥義をマスターしたにゃんその名も―――」

岡部「はやく、案内してくれないか?後がつっかえてるぞ。」

フェイリス「これは失礼しましたにゃん!こちらに案内するにゃん!」

238 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 01:56:34.95 ID:UhT0Fj2kO
岡部「ふぅ…」

ダル「で?オカリンいつ聞くん?」

岡部「いつって?フェイリスがこの席にきた時でいいんじゃないか?」

ダル「フェイリスたん人気あるし忙しいからなかなか来ないと思うお。」

岡部「なに?ならばフェイリスがガーターベルトをはいているか聞けないかもしれないということか?」

フェイリス「フェイリスがなにかにゃ?」

岡部「!!…フェイリスいたのか?」

239 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 01:57:09.31 ID:P2WsF9D80
萌郁さんミニスカビリビリみたい支援

241 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 02:02:45.58 ID:UhT0Fj2kO
フェイリス「水をお持ちいたしましたにゃん!」

ダル「ありがとうフェイリスたん。」

岡部「あぁご苦労。」

フェイリス「で?フェイリスがなににゃん?ガーターベルトがどうとかいってたけど~。」

ダル「オカリンがフェイリスたんが何をはいているか知りたいんだって!僕は止める為に来たんだけどね。オカリン聞かなくて。」

岡部「んな…!ダル!貴様…!」

244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 02:07:49.74 ID:UhT0Fj2kO
フェイリス「凶真はそんな事を聞くために来たのかにゃ?」

ダル「うん、オカリンのHENTAIパワーには困ったお」

岡部「貴様が言うな!裏切り者め!」

ダル「フェイリスたんの為なら神様だって裏切るお」キリッ

フェイリス「凶真はフェイリスが何をはいているのか見たいのにゃん?」

250 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 02:28:05.25 ID:UhT0Fj2kO
岡部「みせくれるのか?フェイリス…。」

フェイリス「雷ネットでフェイリスと闘えば考えてあげてもいいにゃん!」

岡部「雷ネットで闘えば教えてくれるんだな?」

フェイリス「考えてやってもいいにゃ」

ダル「いや初心者のオカリンがフェイリスたんに勝つなんて無理だろ常考」

252 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 02:37:23.74 ID:UhT0Fj2kO
岡部「ダルよ、俺には作戦があるのだ…。」

ダル「ふーん、どんなん?」

岡部「その名も作戦コードG!」

フェイリス「作戦コードG…。」ピクッ

岡部「いくぞ!フェイリス!」

フェイリス「こいにゃ!凶真!返り討ちにしてやるにゃ!」

253 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 02:42:12.35 ID:UhT0Fj2kO
ダル「うわ…弱すぎだろオカリン…」

フェイリス「ふふん…凶真はまだまだだにゃん。出直してくるにゃん。」

岡部「フゥハハハハ!ひっかかったなフェイリスよ!お前は闘えば教えてくれるといったな。」

フェイリス「言ったけどそれが何かにゃ?」

岡部「闘えば教えてくれると言ったが闘って勝てばなんていってないぞ。フェイリスよ。」

ダル「うわ…オカリンずるぅ~。でも、そこにしびれる、あこがれるぅ。」

255 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 02:45:04.40 ID:UhT0Fj2kO
フェイリス「嫌にゃ!」

岡部「んな?約束がちがうぞフェイリス!」

フェイリス「フェイリスは考えってやってもいいって言ったのにゃん。考えた結果おしえないのにゃん!」

岡部「うぐ!」

フェイリス「出直してくるにゃ!凶真!」

257 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 02:50:24.51 ID:UhT0Fj2kO
数日後――

岡部「くそ!やはり気になるぞ。」

ダル「オカリンまだ気にしてたん?僕みたいに妄想する方がいいのに。あぁフェイリスたん…はぁはぁ…」

紅莉栖「岡部、タイムリープマシンできたわよ!」

岡部「そんなオモチャ後回しだ。」

紅莉栖「オモチャって…ほめてくれると思って頑張ってつくったのに…」グスッ


258 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 02:51:41.71 ID:1Yoq5itV0
紅莉栖の グスッ がかわいいなぁ

259 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 02:55:04.90 ID:UhT0Fj2kO
岡部「しかしまゆりは数日顔をみせないな…。あいつがいれば解決するかもしれんのに。」

ダル「風邪でもひいたんかなまゆ氏」

岡部「いや、そういう連絡は来てない。」

紅莉栖「心配ね」

岡部「あいつも忙しいんだろ。そっとしておいてやれ。俺は少し出掛けてくる。」

260 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 02:58:44.15 ID:UhT0Fj2kO
鈴羽「あ!岡部倫太郎でかけるの?」

岡部「バイト戦士か、実は気になる事があってな」

鈴羽「なに?気になることって。もしかしてスパッツとか?」

岡部「いや、スパッツには興味ない。」

鈴羽「なぁんだ。」

Mr.ブラウン「おいバイト!ぐだぐだしゃべってないで働けこの野郎!」

263 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 03:07:27.46 ID:UhT0Fj2kO
鈴羽「だってする事ないんだもん。」

Mr.ブラウン「する事なんて一杯あるだろ、自分でさがせ!」

鈴羽「はーい」

岡部「Mr.ブラウン」

Mr.ブラウン「そのMr.ブラウンってのやめろっていってんだろ!家賃あげるぞこの野郎!」

岡部「ガーターベルトについてどう思う?」

Mr.ブラウン「あぁ?ガーターベルト?んなもんガーターベルトつけさせたままパンツだけ脱がせるプレイに決まってんだろうが」

綯「お父さん」ジトー

Mr.ブラウン「なっ綯!?違うんだよ。これはな…。そうだ!アイス買ってあげようか綯?」

綯「アイス食べたい!」

Mr.ブラウン「おーそうか、じゃあ一緒に買いにいこうな。おい、バイト!俺は出掛けるから店番しとけ!」

鈴羽「はいはい、わかってますよーだ。」

265 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 03:14:17.56 ID:UhT0Fj2kO
岡部(どうやってフェイリスが何をはいているのか調べればいいんだ。)

岡部(こうなったら無理やり…)

岡部(いや…それは人間的に)

岡部(くそ…凶器のマッドサイエンティストが人間的に…って)

岡部(やはり無理やりが一番なのか?)

岡部(よく考えればこっちにはタイムリープマシンがある。)

岡部(無理やりフェイリスのスカートを捲って確認した後に時間を遡ればなかったことになるんじゃないか?)

岡部(しかし、無理矢理なんて…)

266 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 03:17:25.79 ID:UhT0Fj2kO
岡部(なんだ電話か。こんなときに。)

岡部「もしもし…」

紅莉栖『岡部!まゆりが…まゆりがー!』

岡部「落ち着け助手よ。まゆりがどうしたと言うのだ?」

紅莉栖『まゆりが…死んじゃったー』

岡部「なに?」

267 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 03:20:11.29 ID:UhT0Fj2kO
岡部「嘘だろ!?」

紅莉栖『本当だって…ば…』

岡部「なんで死んだんだ?そんな馬鹿な話信じられる訳ないだろ!!」

紅莉栖『ひぐっ…実は…』

268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 03:24:29.68 ID:UhT0Fj2kO
―数分前

まゆり「紅莉栖ちゃんトゥットゥル-」

紅莉栖「まゆり!久しぶりじゃない!?今まで何してたの?」

まゆり「えへへ、なんかまゆしぃはネタキャラになってる気がしたので、主役になれるように修行してたんだよ。」

紅莉栖「ネタキャラってなんのこと?」

まゆり「紅莉栖ちゃんは気にしなくていいんだよ。ところでオカリンは?」


269 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 03:30:58.77 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖「岡部なら出掛けたわよ。なんでもフェイリスちゃんが何をはいているのか気になるんだって。」

まゆり「へ~オカリンはそんな事きにしてたんだ。」ムキ

紅莉栖「ほんとあいつらのHENTAIには呆れるわ」

まゆり「まゆしぃも気になるのです」ムキムキ

紅莉栖「ちょっとまゆり?」

まゆり「気になりすぎてまっちょしぃになっちゃったのです」ムキムキ

紅莉栖「え?ちょ?」

まゆり「まっちょしぃになると長くはいきられないのです。」

紅莉栖「え?」

まゆり「うっ」バタン





紅莉栖『って事が…』

岡部「カオスすぎるだろ。」

271 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 03:37:00.78 ID:G3Z2097g0
なんだよそれwwwwww

272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 03:38:08.07 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖『うっ…ひぐっ…どうしよう岡部ぇ』

岡部「紅莉栖…タイムリープマシンは完成してるんだな?」

紅莉栖『完成してるけど、実験してないからできるか分からないわよ』

岡部「大丈夫だ。おれは紅莉栖を信じる。」

紅莉栖『へ?岡部?』

岡部「タイムリープマシンで過去に戻り、お前をまゆりに会わせないようにすれば解決する話だ。」

紅莉栖『でも…』

岡部「おれはまゆりを助ける!今すぐラボに戻る。タイムリープの準備を頼む。」

273 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 03:40:55.27 ID:XSUmsZVI0
死因;まっちょしいってやだなwww

274 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 03:42:07.21 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖「うぅ…岡部ぇ」

岡部「紅莉栖…タイムリープの準備は?」

紅莉栖「できてるけど本当にするの?」

岡部「あぁ。」

紅莉栖「気をつけてね岡部。」

岡部「うぐぐ…とべよおおおお~」

276 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 03:49:14.56 ID:UhT0Fj2kO
岡部「!!」

ダル「どうしたんオカリン?」

岡部「なんでもない。」

紅莉栖「……」

岡部(紅莉栖はタイムリープマシンをつくってる最中か。そういえばフェイリスが気になりすぎて気づかなかったな)

岡部「紅莉栖…。」

紅莉栖「ふぇ?いま紅莉栖って…?」

岡部「頑張ってタイムリープマシンをつくってくれ。期待している。」

紅莉栖「なっ!そんな事言われんでもつくるわ!」

岡部「そうか…すまなかったな…」

紅莉栖「え?いや謝らなくても…あぅ…」

281 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 03:58:12.95 ID:UhT0Fj2kO
岡部(まゆりが修行から帰ってくるまであと1日くらいか?)

岡部(確かに紅莉栖とまゆりが会わないようにすれば解決するかもしれない。しかし万が一というのも考えられる。フェイリスがなにをはいているのかまゆりに教えた方がいいんじゃないのか?)

ダル「んじゃ僕はこの辺で」

岡部「どこかいくのか?ダルよ。」

ダル「雷ネットの大会の決勝戦だお!フェイリスたんを応援しにいくんだお!」

岡部「おれもいくぞダル!」

ダル「オカリン雷ネット興味あったん?でも残念ながらチケットは1枚しかないんだお。」

282 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 04:03:27.62 ID:UhT0Fj2kO
岡部「ダルよ。そのチケットを譲ってくれないか?」

ダル「いやだお」

岡部「たのむ!このままだとまゆりが死ぬんだ!」

ダル「え?まゆ氏が?」

岡部「あぁ…だからたのむ!」

ダル「いや、そんなん騙される訳ないじゃんオカリン。不謹慎すぎだろ常考。」

岡部「本当なんだ!ダル。」

紅莉栖「流石に不謹慎だぞ!自重しろバカ!」

岡部「ぐっ」

283 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 04:05:37.94 ID:UhT0Fj2kO
―――――

岡部(くそ…出待ちするしかないのか…)

岡部(いつ頃に終わるのか聞いておけばよかったな…。)

岡部(くそ…まだか…)



284 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 04:11:03.68 ID:UhT0Fj2kO
岡部「あ、あれはフェイリス!やっと出てきたのか。」

フェイリス「あ!凶真!逃げるにゃん!」ダッ

岡部「は?」

アタッカーズ「おら待て!」

岡部「な?あいつらは?」

フェイリス「早くするにゃん!捕まっちゃうにゃ!」

岡部「くっ…」ダッ

285 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 04:16:59.59 ID:UhT0Fj2kO
フェイリス「はぁはぁ…ここまで来れば多分安心にゃ」

岡部「フェイリス説明しろ!あいつらは何者だ?」

フェイリス「ヴァイラルアタッカーズとかいう悪い連中にゃ。」

岡部「なんでそんなやつに終われてるんだ。」

フェイリス「フェイリスがあいつらを倒して優勝したからその腹いせにゃ!」

岡部「とんでもない奴らだな…。」

アタッカーズ「見つけたぜお前ら。逃げられると思うなよ。」

岡部「くそ…囲まれた…。」

286 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 04:25:02.31 ID:UhT0Fj2kO
岡部(くそ、こうなったら鳳凰院凶真で)

岡部「ぐわぁ…やめろぉ…俺の右腕…くそぉこんな時に力が暴走するなんて…」

アタッカーズ「なんだ…こいつやばいぞ」

岡部「お前らぁ…俺の右腕の力が解放される前に逃げないとヤバイぞ…」

アタッカーズ「なっなんだと?」

岡部「うぐぉぉお」

アタッカーズ「って騙されるか馬鹿野郎!」ドコ

岡部「ぐはぁ」

フェイリス「凶真ぁ~」

アタッカーズ「おらやっちまえ!」



288 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 04:38:39.62 ID:UhT0Fj2kO
―――――――――

フェイリス「凶真ぁ~!お前たち凶真をいじめるな~!」

アタッカーズ「おら」ドカ

岡部「ぐふっ…おれは倒れるわけにいかないんだよ!」

アタッカーズ「なんだ?まだ倒れないのかよ」ドコ

岡部「うぐっ…俺は…フェイリスがなにをはいているのか確認するまでは倒れるわけにいかないんだ!まゆりのために!そして俺の為にも!」

フェイリス「きょ、きょうま~。」

アタッカーズ「なんだよこいつ!変態か?」

289 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 04:42:38.79 ID:UhT0Fj2kO
アタッカーズ1「まずい、警察がきた!」

アタッカーズ2「なに?にげるぞ、おい!」バタバタ


岡部「ふぅ…助かった…か…」バタン

フェイリス「凶真ぁ!いやだにゃ!死んじゃ嫌だにゃおきるにゃ!」

岡部(くそ…意識が遠く…)

290 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 04:45:29.23 ID:UhT0Fj2kO
――――

岡部「ん……ここはどこだ?」

フェイリス「あ!凶真!目を覚ましたにゃ!よかった、本当によかったにゃ!」グスッ

岡部「泣くなフェイリス…ところでここはどこなんだ?」

フェイリス「ここはフェイリスの家にゃ。」

岡部「そうか」

292 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 04:52:00.49 ID:UhT0Fj2kO
フェイリス「」ヌギ

留未穂「倫太郎さん」

岡部「なっ?どうしたんだフェイリス?」

留未穂「今は留未穂ってよんでください倫太郎さん。」

岡部「どうしたというのだフェイリス。」

留未穂「倫太郎さん…」

岡部「ぐっ…る、留未穂…。」

留未穂「はい」ニコッ

岡部「!?」

岡部(こ…これは…やばいぞ。機関の精神攻撃か?グラッときた。)



293 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 04:57:57.16 ID:UhT0Fj2kO
留未穂「倫太郎さん…」

岡部「なんだ留未穂?」

留未穂「私が何をはいているか知りたいですか?」

岡部(くっ…これは…鳳凰院凶真モードに入るしか)

岡部「フゥハハ 留未穂「倫太郎さん」」

岡部「はい。」

留未穂「今は凶真さんではなく倫太郎さんとして話して欲しい…。」

岡部「あぁ…」

294 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 05:01:46.29 ID:UhT0Fj2kO
岡部「留未穂…俺はお前が何をはいているのか知りたい…。教えてくれるか?」

留未穂「はい…私…恥ずかしいけど…倫太郎さんになら、見せてあげてもいいです。」ヌギ

岡部「まってくれ!留未穂よ…。」

留未穂「へ?」

岡部「その…メイド服に着替えてくれないか?」

296 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 05:05:12.58 ID:UhT0Fj2kO
留未穂「な…なんでですか?」

岡部「たのむ…これは大事な事なんだ…」

留未穂「分かりました。でも一つお願いが。」

岡部「なんだ?」

留未穂「今はフェイリスにはなりたくないんです。留未穂のまま…でもいいですか?」

岡部「もちろんだ」

留未穂「では着替えてきます。」

岡部「あぁ…待ってる。」

300 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 05:13:53.13 ID:UhT0Fj2kO
留未穂「倫太郎さん…着替えたよ。」

岡部「…」

岡部(なんだ?いつものメイドの感じとちがうぞ。)

留未穂「どう?倫太郎さん…」

岡部「あぁかわいいぞ…」

留未穂「そんな、恥ずかしいよ倫太郎さん」







他のSS参考にしながら書きます

302 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 05:22:44.51 ID:UhT0Fj2kO
岡部「さっそくだか見せてくれないか?留未穂。」

留未穂「う、うん。」ハラ

岡部「やはりガーターベルトをつけていたのか留未穂よ…。」

留未穂「うぅ…恥ずかしいよ倫太郎さん」

岡部「留未穂…こっちにきてくれ」

留未穂「え?」

岡部「今日は留未穂と一緒に寝たい気分なんだ。だめか?」

留未穂「いえ、むしろ倫太郎さんとなら一緒にねたい。」

304 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 05:31:24.21 ID:UhT0Fj2kO
留未穂「ねぇ倫太郎さん…」

岡部「なんだ留未穂?」

留未穂「その…腕枕をしてほしいの。」

岡部「ふっ、腕枕位してやるさ。甘えん坊なんだな留未穂は。」

留未穂「倫太郎さんだから甘えるんだよ…。」

岡部「なっ、それはどういう意味だ?」

留未穂「流石に鈍いよ…倫太郎さん。」

岡部「いや、分かってる。分かってはいるが、恥ずかしいだろ…」


306 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 05:40:19.05 ID:UhT0Fj2kO
留未穂「ふふふ、倫太郎さんは可愛いね」

岡部「馬鹿にするな。留未穂。」

留未穂「馬鹿になんてしてないよ。本当のことだよ。」

岡部「…」

留未穂「ねぇ倫太郎さん」

岡部「なんだ?」

留未穂「すきだよ。」

岡部「あぁ、俺も留未穂が好きだ。フェイリスも含めてな。」

307 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 05:41:02.96 ID:UhT0Fj2kO
ダル「絶対に許さない!絶対にだ!」

紅莉栖「うぅ~岡部ぇ~」

まゆり「でもフェリスちゃんはガーターベルトをつけてたんだね。まゆしぃは知らなかったのです。」

ダル「あーあー聞こえないーフェイリスたんはドロワーズはいてるのー!」

フェイリス「にゃにゃん!大好きにゃ凶真!」


おわり

むちゃくちゃになった
ごめん
もう寝ます。
起きたときにスレ残ってたら続き書くけど需要なければ落としてください。


308 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 05:46:29.00 ID:6E/fbvTX0
おつ
次は萌郁さんだな

329 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 11:30:24.65 ID:JYr6ouYQ0
ついに鞠ルートか

337 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 13:16:37.82 ID:UhT0Fj2kO
岡部「なぁダル」

ダル「なに?」

岡部「閃光の指圧師だが…。」

ダル「は?だれ?」

岡部「桐生萌郁だ!」

341 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 13:24:38.10 ID:UhT0Fj2kO
ダル「あぁ萌郁氏…。」

岡部「あぁ、その桐生萌郁だが…」

ダル「スカートびりびりにでもするん?」

岡部「なんでスカートをびりびりにするとかいう話になるんだ?」

ダル「なんか3回位やってる気がするんだお。」

岡部「気のせいだろ。桐生萌郁のシャツをボタンごとブチブチに破きたいと思わないか。」

343 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 13:30:10.19 ID:UhT0Fj2kO
ダル「あぁ分かるわ物凄く。」

岡部「さすがダル!話が分かるな。」

ダル「そして破った時に見える黒いブラ。胸にはホクロがついてて…はぁはぁ」

紅莉栖「自重しろ!HENTAI!」

344 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 13:32:45.89 ID:0aZP5aaP0
紫だろjk

345 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 13:36:45.49 ID:UhT0Fj2kO
岡部「助手よ!いたのか?」

紅莉栖「助手っていうな!…ていうか私もシャツを着てるんだが、まさか私のシャツまで破きたいなんて思ってるんじゃないわよね?」

岡部「それはない」

紅莉栖「な…なんで?」

岡部「助手にはエロさが足りない。」

紅莉栖「うっさい!貧乳で悪いか?」


紅莉栖「……」グスッ

346 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 13:44:02.38 ID:UhT0Fj2kO
まゆり「でもまゆしぃはね~、萌郁さんの携帯を奪って暴れた所を押し倒して、スカートとパンツを無理矢理脱がした後にブチブチに引き裂きたいな~」

ダル「アブノーマルすぎだろまゆ氏」

まゆり「そうかな~、でもオカリンならできると思うな~」

紅莉栖「HENTAIだしね。」

岡部「なっ?」

348 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 13:50:54.22 ID:UhT0Fj2kO
岡部「お前こそHENTAIではないかメリケン処女め!」

紅莉栖「はいはい童貞乙」

岡部「ぐっ…」



ダル「そんな事より萌郁氏のシャツやぶくん?」

349 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 13:55:47.54 ID:UhT0Fj2kO
岡部「あぁ、そうだな…。お前達、今日は解散だ。まゆりもバイトだろう。」

まゆり「そうだよ!バイトに行かないと。」

ダル「んじゃ僕もフェイリスたんに会いに行こうかな。オカリンおつかれ~。」

岡部(閃光の指圧師にメールを送るか。)

351 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 14:00:45.75 ID:UhT0Fj2kO
岡部「…」カチカチ


ピロリン♪

岡部「…」カチカ

ピロリン♪

ピロリン♪

ピロリン♪

岡部「一度にかえせ!この!」ピロリン♪

ピロリン♪

岡部「くそ…」ピロリン♪

紅莉栖「何をイライラしてるのよ…。」


352 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 14:07:19.35 ID:UhT0Fj2kO
岡部「なんで、いるのだ?今日は解散だといったろう。」

紅莉栖「私はラボに用事があるの。」

岡部「なんだ?用事って?」

紅莉栖「何でもいいでしょそんな事!」


岡部(メールを返すのも面倒くさいな。直接会って話ができるようにかけあってみるか。)

353 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 14:12:43.74 ID:UhT0Fj2kO
岡部(よし、なんとか会えるようになったぞ。)

岡部「助手よ!俺はでかけ…」グキッ

岡部「はぅ!!」

紅莉栖「え?岡部?どうしたの?」

岡部「足を…くじいてしまった。」

紅莉栖「大丈夫?すぐ病院に…」

岡部「待て!紅莉栖」

紅莉栖「え?」


354 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 14:17:46.30 ID:UhT0Fj2kO
岡部「かわりに桐生萌郁に会いにいってくれ。」

紅莉栖「でも岡部が…」

岡部「俺の事より桐生萌郁のシャツを破く事の方が大切なんだ!」

紅莉栖「………」

岡部「頼む…紅莉栖…。俺のかわりに桐生萌郁のシャツを破ってくれ。」

紅莉栖「…分かったわよ。でも後で病院に連れていくからな。」

岡部「あぁ、ありがとう紅莉栖。」

355 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 14:23:40.33 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖(勢いで任されたものの…)

紅莉栖(私が萌郁さんのシャツを破くなんて無理じゃないか?)

紅莉栖(うぅ~どうしよう~)

綯「助手のお姉ちゃん!」




ご飯たべる
需要なければ落としてください。

356 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 14:29:11.44 ID:lC7fFbSs0
助手も大変だなぁ

360 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:01:31.65 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖「綯ちゃん、私は助手のお姉ちゃんじゃ…」

綯「助手のお姉ちゃんでかけるの?」

紅莉栖「……」

紅莉栖「ちょっとシャツでも買いにいこうかなって思ってね。」

Mr.ブラウン「シャツか、シャツといえばやっぱり裸Yシャツだな。女の子の恥ずかしがる顔を見ながらプレイなんてたまらんぜ」ブツブツ

綯「お父さん、聞こえてるよ」ジトー

Mr.ブラウン「綯!?聞こえたのか?いや、違うんだ!これはな、おいバイト!店番しとけ!」

シーン

Mr.ブラウン「くそ、なんでこんな時にバイトはいねぇだ。あぁ、待って綯、お父さんを見捨てないでくれ。」

紅莉栖「……」

361 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:07:15.06 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖(たしかこの辺りで待ち合わせよね…)

紅莉栖(いた!)

紅莉栖「萌郁さん、こんにちは」

萌郁「………」

紅莉栖「岡部が怪我しちゃってかわりに私がきたんだけど…」

萌郁「……」

紅莉栖(気まずい…)

362 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:09:25.04 ID:9MsF46150
バイトこき使い過ぎだろwwwwwww

363 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:11:40.99 ID:UhT0Fj2kO
萌郁「どうすれば…いいの?」ボソッ

紅莉栖「え?あ。」

紅莉栖(くっ…出会った時の事を考えてなかったわ。)

紅莉栖(ここからシャツを破くなんて難題にも程があるわよ。)

紅莉栖(とりあえず仲良くなることから始めるか。)

紅莉栖「萌郁さん。」

萌郁「……」

紅莉栖「せっかくだし私と遊ばない?」

364 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:21:29.21 ID:UhT0Fj2kO
萌郁「………」

紅莉栖「だめ?」

萌郁「………」

紅莉栖(うぅ~むちゃくちゃ緊張するわ…。断られたらどうしよう。萌郁さんと私ってあまり仲良くないし断られるかも…。)

萌郁「いい…」ボソッ

紅莉栖(はい断らたー\(^o^)/わたしおわたー\(^o^)/って…え?)

紅莉栖「え?いいの?」

萌郁「いい…よ…」ボソッ

紅莉栖(キタ━(゚∀゚)━!!)

紅莉栖(くっ、落ち着け私!むしろ問題はここからじゃない!)

萌郁「どこ…いくの?」ボソッ

366 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:24:37.79 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖「ゲームセンターなんてどう?」

萌郁「………」コクッ

紅莉栖「じゃあいきましょう、萌郁さん。」

萌郁「…」コクッ

371 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:28:18.29 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖「ついた!これがゲームセンターね。」

萌郁「…」ジー

紅莉栖「あれ?萌郁さんどうしたの?あぁUFOキャッチャーね。この人形が欲しいの?」

萌郁「…」コクッ

紅莉栖「なら…私がとってあげるわ!」

萌郁「ほんと?」ボソッ

紅莉栖「任せて。私こういうの得意だから。」

372 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:32:46.86 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖「くっ、とれない!」

萌郁「……」

紅莉栖「待ってね、萌郁さん。次でとってみせるから!」

萌郁「……」

紅莉栖「ちょっとアームの力弱いんじゃないのこれ?」

萌郁「わたし…やってみる」ボソッ

紅莉栖「へ?うん、どうぞ。」

373 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:37:49.17 ID:UhT0Fj2kO
萌郁「………」ガタン

紅莉栖「な?一発で!?」

萌郁「……」ギュッ

紅莉栖「良かったわね萌郁さん。」

紅莉栖(くっ、なんか悔しい…)

萌郁「ありがとう…」ボソッ

紅莉栖「え?」

萌郁「わたしのために…頑張ってくれて」ボソッ

紅莉栖「へ?いや、気にしないでいいわよそんな事。」

紅莉栖「あ、萌郁さん!次はあれで遊ばない?」

萌郁「…」コクッ

374 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:43:42.59 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖「すっかり遅くなっちゃったわね…」

萌郁「……」

紅莉栖(うぅ…ここからどうやってシャツを破けばいいんだろう?)

萌郁「うちに…こない?」ボソッ

紅莉栖「え?うちって萌郁さんの家?」

萌郁「うん…だめ?」ボソッ

紅莉栖(これってもしかしてチャンスだったり?)

紅莉栖「じゃあお邪魔しようかしら。」

萌郁「…」コクッ

375 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:47:30.22 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖「へぇ~これが萌郁さんの住むアパートか~!素敵なアパートね。日本って感じで。」

萌郁「そうでもない…」ボソッ

ガチャ

萌郁「はいって…」ボソッ

紅莉栖「あ、じゃあお邪魔するわ。」


376 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:50:27.74 ID:UhT0Fj2kO
萌郁「……」ガチャ

紅莉栖「あれ?鍵を締めるの?」

萌郁「戸締まりは…大切…」ボソッ

紅莉栖「電気はつけないの?」

萌郁「とまっててつかない…」ボソッ

紅莉栖「そう…なんだ…」



紅莉栖(あれ?もしかして私ヤバくない?)

377 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:54:04.45 ID:UhT0Fj2kO
萌郁「……」ジリ

紅莉栖「!!」

萌郁「……」ジリ

紅莉栖「どどどどうしたの?萌郁さん?」

萌郁「どうして私から離れるの?」ジリ

紅莉栖「だ、だって萌郁さんが急に近づいて来るから。」

378 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 15:57:58.14 ID:UhT0Fj2kO
萌郁「私のこと…きらい?」ボソッ

紅莉栖「嫌いじゃ…ないけど…」

萌郁「……」ギュッ

紅莉栖「ちょ、ちょっといきなり抱きついてどうしたの?」

萌郁「……」バッ

紅莉栖「きゃっ!?」

380 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 16:00:34.78 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖「萌郁さん!押し倒さないでよ!」

萌郁「……」ブチブチ

紅莉栖「ちょちょっと!シャツ破かないで!」

萌郁「………」

紅莉栖「うぅ……」

萌郁「エロさが…足りない」ボソッ

紅莉栖「うっさい!」

381 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 16:03:36.20 ID:ZPa9cvIz0
萌郁が自分で自分のシャツを破ったのかとおもた

382 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 16:05:18.77 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖「貧乳で悪いか!?」

紅莉栖「あぅ…」グスッ

萌郁「ごめんなさい」

紅莉栖「許さない。」

萌郁「……」

紅莉栖「私も萌郁さんのシャツを破かないと気がすまない!」

383 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 16:09:56.84 ID:UhT0Fj2kO
萌郁「分かった…破いて…」

紅莉栖「さっさと寝転がれ!」

萌郁「……」

紅莉栖「えいっ」ブチブチ

紅莉栖(これは!?)

紅莉栖(悔しいけどむちゃくちゃエロいわね。)

紅莉栖(くっ、確かに私じゃエロさが足りないわ。)

萌郁「………」

384 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 16:14:29.39 ID:UhT0Fj2kO
萌郁「もう…いい?」ボソッ

紅莉栖「え?うん。」

萌郁「許して…くれる?」

紅莉栖「うぅ…仕方ないわね…」


紅莉栖「でもシャツが破れたままじゃ帰れないじゃない!」

萌郁「露出狂…」ボソッ


385 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 16:17:40.62 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖「うっさい!誰のせいだと思ってる!」

萌郁「冗談…私の貸してあげる。」

紅莉栖「それならいいけど…」

萌郁「けど…なに?」

紅莉栖「洗濯してるの?」

萌郁「………」

386 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 16:23:54.96 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖「どうしてこうなった。」

岡部「なんだ助手よ。閃光の指圧師とそんなに仲良かったのか?」

ダル「すごく…百合です」

まゆり「でもまゆしぃ、今回は物足りないのです。携帯取り上げるプレイがなかったよ。」

岡部「プレイとかいうな、まゆり。」

萌郁「紅莉栖ちゃん…絶対にだ離さない」ギュー




おわり


387 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 16:26:36.20 ID:lC7fFbSs0
よくやった 乙

391 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 16:34:40.09 ID:8l/ezNGD0
綯「助手のお姉ちゃーん!」ドンッ

408 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 18:43:39.96 ID:UhT0Fj2kO
ダル「なぁなぁオカリン」

岡部「なんだ?」

ダル「巫女さんって下着をつけてないってしってる?」

岡部「それは都市伝説だろ。」

ダル「え?そうなん?」

岡部「なんでそんな話を切り出したんだ?」

ダル「いや、ルカ氏パンツはいてるのかな?って思って…」

412 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 18:51:52.14 ID:UhT0Fj2kO
岡部「んな?まさかダル!貴様はホモだな!?」

紅莉栖「」ピク

ダル「違うお!普通の大学生だお!女の子大好きだお!――でも気にならない?もしその都市伝説が本当だとしたら…。」

岡部「仮に本当だとしても、ルカ子は男だぞ!パンツ位はいてるに決まってるだろ!」

ダル「でもルカ氏のお父さん、かなり本格的にルカ氏に巫女やらせてるから、パンツもはかせてないかもしれないお。」

岡部「それもそうだな…。確かに気になるな…。」

414 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 18:58:23.88 ID:UhT0Fj2kO
岡部「助手はどう思う?」

紅莉栖「…」

岡部「おいクリスティーナ!」

紅莉栖「………」

岡部「……」

紅莉栖「………」

ダル「牧瀬氏どったん?」

紅莉栖「……」

ダル「オカリンはホモ」

紅莉栖「!!」ピクピク


415 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 19:04:33.78 ID:UhT0Fj2kO
岡部「やはり貴様はHENTAI助手だな!」

紅莉栖「うっさい!別に岡部とるか君がイチャイチャしてるとかそんなん全然、想像してないからな。」

岡部「んな!?」

ダル「牧瀬氏、いっちゃってるお。」

紅莉栖「はぅ…!忘れろ~~!!」



ダル「で、るか氏がパンツはいてるか調べるんオカリン?」

417 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 19:13:41.85 ID:UhT0Fj2kO
岡部「確かに気になるが、俺は調べないぞ。ダルよ、頼んだ。」

ダル「えー。でもるか氏ならオカリンが一番よくわかってるし適任だお!」

岡部「うぐっ…」

紅莉栖「私も岡部がいいと思う…」

岡部「だまれ!HENTAIメリケン処女め!」


まゆり「トゥットゥルー!だったらまゆしぃに任せればいいのです!」

418 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 19:14:58.07 ID:9MsF46150
遂にまゆりが出動か

420 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 19:20:34.50 ID:UhT0Fj2kO
岡部「まゆり…聞いていたのか?」

まゆり「うん、全部聞いてたよ!まゆしぃに任せてよ。」


ダル「どうするんオカリン?」ボソボソ

岡部「どうするも何もまゆりは適任者だろう。なんかベタな気もするが…。」ボソボソ

ダル「確かにベタなのもあるかもしれないけど、まゆ氏の場合ネタに走りそうだお。」ボソボソ

岡部「まさか…まゆりがネタに走るわけないだろう。」ボソボソ



まゆり「さっきから二人でなにボソボソしゃべってるの~?全部聞こえてるんだよ~!」

岡部・ダル「!?」

427 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 19:29:43.98 ID:UhT0Fj2kO
まゆり「で?オカリンまゆしぃに任せてくれるの?」

ダル「どうするんオカリン?」

岡部「…」

まゆり「ねぇオカリン!!」

岡部「あぁ…頼むまゆり。」

まゆり「じゃあまゆしぃはオカリンの奴隷として頑張ってくるね!」

岡部「あぁ」

岡部(すまない、るか子。)

431 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 19:45:08.22 ID:UhT0Fj2kO
綯「あっまゆりお姉ちゃん!トゥットゥルー!」

まゆり「綯ちゃん、トゥットゥルー!」

綯「どこか出かけるの?」

まゆり「ちょっと神社に用事があるんだよ。」


Mr.ブラウン「神社といえば巫女さんだよな。巫女装束を着させたまま野外でするプレイなんてたまらんぜ。」ブツブツ

綯「………」ジトー

Mr.ブラウン「な、綯!聞いてたのか?というかいつの間に!?」

綯「まゆりお姉ちゃんがお父さんが呼んでるよ!って教えてくれたから来てみたら…お父さんサイテー…」プイッ

Mr.ブラウン「んな?俺は呼んでねぇぞ!―――待ってくれ綯!アイス買ってあげるから、お父さんを見捨てないでくれ!」

432 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 19:53:30.20 ID:UhT0Fj2kO
―――
るか「えぃ!えぇい!」ブンブン

まゆり「トゥットゥルー!遊びにきたよ~。」

るか「あ!まゆりちゃん。いらっしゃい。」

まゆり「ルカ君また素振りしてたの~?」

るか「うん、おかっ―凶真さんに言われているので。」

まゆり「ルカ君は真面目だねー。そういうとこまゆしぃは大好きなのです。」

るか「ふぇ?ま…まゆりちゃん…なにを…。」

436 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 19:59:10.91 ID:UhT0Fj2kO
まゆり「だからまゆしぃはルカ君の真面目なとこが大好きなのです。」

るか「え…ちょ…ちょっと…まゆりちゃん…からかわないでよ………」

まゆり「まゆしぃは本気なのです。」

るか「え?……その…ありがとう…まゆりちゃん…」

まゆり「だからパンツを見せて欲しいのです。」

るか「ふぁい?」ビクッ

439 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 20:06:09.93 ID:UhT0Fj2kO
るか「な…なんで?パンツを見せないと…ダメなの…。」

まゆり「まゆしぃはルカ君の事大好きだから、全てを見たいのです。だからお願いだよ!ルカ君。」

るか「へ…で…でも…その…ぼ…ぼく」

まゆり「?」

るか「巫女の格好をしてるときは、そ…その………ぱ…ぱ…ぱん…パンツをはいてないの!」

440 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 20:07:11.62 ID:UhT0Fj2kO
はいてないの!→はいてないんです!


すいません

441 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 20:10:28.37 ID:UhT0Fj2kO
るか「う…ひぐ…ごめん……ごめんね…まゆりちゃん…パンツをみせてあげられなくて……。」

まゆり「気にしなくていいよルカ君。」

るか「ご…ごめんね……ぼ、ぼくのこと…好きって言ってくれたのに……」

まゆり「別にパンツをはいてなくても、まゆしぃはルカ君が大好きなのです!」

442 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 20:10:58.63 ID:LjMGUFZm0
ルカパパは実の息子になにさせてんだよ

444 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 20:17:23.02 ID:UhT0Fj2kO
ダル「見たかんじ美少女百合カップルにしか見えないなんて最高だお。ぼくもう死んでもいい。」

紅莉栖「はやく死ねHENTAI!でもまゆりにるか君おめでとう。」

まゆり「えへへ、ありがとうね紅莉栖ちゃん」

岡部(まゆりにこっそり教えて貰ったがパンツはいてないのだな。なにをやらしてんだよ、るか子の父親は……)


まゆり「これからも一緒だよ。ルカ君。」

るか「うん…まゆりちゃん。」





おわり

445 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 20:17:27.04 ID:+Kn0mVF70
追い付いたーあっ!
ルカ子来たぜ!萌郁さんももっとエロが欲しかったが

447 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 20:19:34.39 ID:3TUiWLt50
あとはダルか・・・

448 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 20:22:34.53 ID:ZPa9cvIz0
まゆしぃはなにはいてるんだ?

450 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 20:25:50.23 ID:UhT0Fj2kO
岡部「なぁダルよ。」

ダル「なに?」

岡部「まゆりだが…」

ダル「まゆりがどうかしたん?」

岡部「まゆりは…股関の毛が物凄く生えてそうじゃないか?」

ダル「あ、わかる。」

453 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 20:32:42.67 ID:UhT0Fj2kO
岡部「パパイヤ鈴木の頭くらいモジャモジャしてると思わないか?」

ダル「いやそこは葉加瀬太郎だろ常考」

紅莉栖「どっちも同じだHENTAI共!」

岡部「助手よ!いたのか?」


454 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 20:37:26.58 ID:UhT0Fj2kO
紅莉栖「助手っていうな!あとこのやり取り何度目だと思ってる!?」

岡部「いや、これが初めてだろう。」

ダル「牧瀬氏デジャブ?」

紅莉栖「なっなんでもないわよ!わすれろ!」

475 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 22:20:10.57 ID:UhT0Fj2kO
ダル「ていうか、まゆ氏の股間の毛とかどうやって調べるん?」

岡部「むぅ…そうだクリスティーナよ!まゆりとシャワーに入って確認するのだ!」

紅莉栖「断る!こんな所で入ったら覗かれるに決まってる!それにお前らみたいなHENTAIにまゆりの股間の事なんか教えるか!」

岡部「ぐっ…貴様…助手のくせに…」

紅莉栖「わたしは助手じゃない!」

479 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 22:29:14.02 ID:UhT0Fj2kO
ダル「オカリンが聞いたらまゆ氏答えるんじゃね?だってまゆ氏はオカリンの奴隷なんでしょ?」

岡部「そんな事聞けるわけないだろう!」

紅莉栖「あら、凶器のマッドサイエンティストが弱気ね。」

岡部「うるさいセレセフ」

紅莉栖「セレセフいうな!?」

ダル「痴話喧嘩乙」

岡部・紅莉栖「痴話喧嘩じゃない!」

480 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 22:33:27.45 ID:UhT0Fj2kO
岡部「助手のせいで一向に話が進まんではないか!」

紅莉栖「私のせいにすんな!」

ダル「はぁ~まったく、このHENTAI夫婦は…。」

岡部・紅莉栖「お前が言うな!」

482 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 22:37:52.08 ID:UhT0Fj2kO
ダル「っていうか…もうまゆ氏の股間とかどうでもよくね?」

岡部「確かに無理に知らなくてもいいかもな…」

紅莉栖「最初からそんな事知る必要もないのよ。」

岡部「………」

岡部(しかし気になるな。)

487 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 22:52:07.59 ID:UhT0Fj2kO
岡部(ジョン・タイターにメールでもしてみるか…)

凶真『突然ですがあなたに話があります。知り合いに股間の毛がどれくらい生えてるか気になる人がいるのですが、どうやって確認すればいいのでしょうか?』

タイター『なるほど、どれくらい毛が生えているか気になる人ですか。その解決方法は未来でも相手に直接きいてみる以外ないですよ。健闘を祈ります。』

岡部(直接か…。確かにそれ以外ないな。)

岡部(ん?またメールがきたぞ…)

タイター『ちなみに私のいた世界、すなわち未来では18になっても毛の生えない人もいましたよ。』

岡部(んな?18になっても毛の生えない人間だと。)
岡部「ふ、フゥハハハハハ。ジョンタイターと言う男は本当に馬鹿だな!18にもなって毛の生えない人間なんているわけないじゃないか!おお嘘つきだ!コイツは。」

紅莉栖「お、岡部?」

491 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 23:02:05.17 ID:UhT0Fj2kO
岡部「助手よ。おれは出かけてくる。」

紅莉栖「え?うん、いってらっしゃい。」

岡部「しかしまゆりはどこにいるんだ?」

鈴羽「やっほー岡部倫太郎!」

岡部「バイト戦士か。」

鈴羽「どうしたの?何か悩み事…?もしかして股間の毛とか?」

岡部「ん?どうして分かるのだ?」

鈴羽「え?いや…。私は戦士だからね!勘だよ!」

岡部「…まぁいいが、ところでバイト戦士は生えているのか?」

鈴羽「へ?わたし?」

Mr.ブラウン「おい岡部ぇ!店の前でそんな卑猥な話してんじゃねぇ!客が来なくなるだろうが!家賃あげるぞこのやろう!」

494 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 23:07:15.26 ID:UhT0Fj2kO
岡部「こんなブラウン管しかおいてない店誰も来ないだろう!」

Mr.ブラウン「ほぅ、お前ブラウン管を馬鹿にすんのか?」ポキパキ

岡部「ぐっ…」ダッ

Mr.ブラウン「あ、てめぇ逃げんなコラ!――ったく、おらバイト!お前もさっさと働け!」

鈴羽「はいはーい」

498 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 23:16:34.46 ID:UhT0Fj2kO
Mr.ブラウン「だが股間の毛か、考えたことなかったな。」

Mr.ブラウン「顔を股間の毛に埋めてウリウリするプレイとかたまらんだろうな。」

綯「……」ジトー

Mr.ブラウン「綯!違うんだこれはな!」

綯「……」ジトー

Mr.ブラウン「そんな目でみないでくれ綯!」

綯「……」ジトー

Mr.ブラウン「アイスかってあげるからそんな目をしないでいつもの天使な綯にもどってくれ!な?」

綯「アイスたべたい。」

Mr.ブラウン「そうか、じゃあ買いに行こうな。おいバイト!店番しとけ!」

鈴羽「……」


Mr.ブラウン「おいバイト!返事は?」

鈴羽「はいはい、聞いてますよーだ。」

501 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 23:23:16.52 ID:UhT0Fj2kO
岡部(ふぅ…ひどい目にあうところだったな。)

岡部(…!あれはまゆりか。)

まゆり「……」

岡部(スターダストシェイクハンドか、終わるまで待つか。)





まゆり「……」

まゆり「あ!オカリン!トゥットゥルー!」

岡部「あぁ…。」

502 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 23:29:01.93 ID:UhT0Fj2kO
岡部「今日は何をしていたんだ?まゆり…。」

まゆり「フェイリスちゃんのところでバイトしてたんだよ。そういえばいってなかったね。ごめんね、オカリンの奴隷なのに。」

岡部「いや、構わないさまゆり。これから用事でもあるのか?」

まゆり「ないよ。今からラボに向かうところだったんだよ。」

岡部「そうか、なら一緒に向かうか。」

まゆり「うん…。えへへ~。」

岡部「どうしたまゆり?」

まゆり「なんだか今日のオカリンは優しいのです。」

岡部「……」

506 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 23:42:34.85 ID:UhT0Fj2kO
まゆり「ラボについたねオカリン」

岡部「あぁ、そうだな。」

まゆり「誰もいないね。」

岡部「あぁ。そうだなまゆり。」

まゆり「なんか最初の頃を思い出すね。たまにまゆしぃが勝手に遊びに来て。そこからダルくんが来るようになって、紅莉栖ちゃんや萌郁さんにルカ君やフェリスちゃんに鈴羽ちゃんまで加わって賑やかになったよね。」

岡部「……」

まゆり「みんなでわいわいはしゃいでるオカリンをみてると、まゆしぃは嬉しいのです。あ、でも奴隷なのに嬉しいと思ったらダメだよね。ごめんねオカリン。」

岡部「いや、いいんだまゆり。」

まゆり「えへへ、今日のオカリンはやっぱり優しいのです。」

508 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 23:44:10.34 ID:UhT0Fj2kO
ていうか奴隷じゃなくて人質だ

すまん

511 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 23:47:27.73 ID:UhT0Fj2kO
岡部「まゆり。」

まゆり「なにオカリン?」

岡部「股間を見せてくれ。」

まゆり「え?」

514 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 23:50:09.94 ID:UhT0Fj2kO
なんか奴隷の方がまゆりはやり易いので奴隷でいきますね
ごめんなさい

515 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 23:51:03.19 ID:lC7fFbSs0
奴隷世界線でいいよwww

516 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 23:53:02.22 ID:ZPa9cvIz0
性奴隷でどうだろうか

518 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/14(火) 23:55:23.68 ID:UhT0Fj2kO
まゆり「さすがにオカリンでもそれは恥ずかしいよー」

岡部「頼む、まゆり。奴隷だろう?」

まゆり「たしかに奴隷だから仕方ないよね、じゃぁ脱ぐよオカリン。」

岡部「まってくれ。まゆり。」

まゆり「え?」

520 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 00:00:13.32 ID:7DJUzm7UO
岡部「スカートは脱がずに短パンとパンツだけぬいでくれ。毛は見えないようにな。」

まゆり「わかったよオカリン!」ヌギヌギ

岡部「……」

まゆり「これでいいオカリン?」

岡部「あぁ、では捲るぞまゆり」バッ


岡部(これは!?)

522 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 00:06:08.54 ID:7DJUzm7UO
岡部(ジャングルではないか!剛毛で量も多い。すばらしい!これがシュタインズゲートの選択か)

まゆり「ねえオカリンもういい?」

岡部「待ってくれまゆり、まだやり残していることがある」

まゆり「なに?」

岡部「ジャングルに入らなくてはならない。」

まゆり「ジャングルってどこにあるの?オカリン。」

岡部「」グリグリ

まゆり「ちょっとオカリン!そんなとこ顔でグリグリしないで。」

525 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 00:10:34.16 ID:7DJUzm7UO
岡部(ぐっ…毛が絡まってきて、凄いぞ。)

まゆり「おかりんやめてよぉ~」

岡部(恥ずかしがるまゆりの声を聞いていたらもっとやりたくなってしまった。)

岡部(よし、もっと顔を押し付けて)グリグリグリ

まゆり「ちょっとおかりん!」

岡部(そう言えば臭いを嗅ぐのを忘れていた)

527 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 00:14:06.20 ID:7DJUzm7UO
岡部(よし!深く嗅いでやる。いくぞ!)

岡部「スゥーー」

まゆり「オカリンそんなとこ嗅いじゃだめ!」

岡部「ーウグッ!ゲホゲホ!」

まゆり「おかりん大丈夫?」

岡部(あまりの臭いでむせてしまった)ゲホゲホ

528 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 00:17:36.53 ID:7DJUzm7UO
岡部(しかしこの臭い、ありだな。)

まゆり「……」グスッ

岡部「ま、まゆり!泣いているのか?」

まゆり「さすがにオカリン…ひどいよぉ…」

岡部(しまった調子にのり過ぎた。)

529 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 00:18:26.88 ID:88XKYfpI0
まゆりが泣いても、調教するのを辞めない!

530 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 00:20:13.34 ID:7DJUzm7UO
岡部「まゆり…調子にのりすぎた…すまない」

まゆり「………」

岡部「好きだ。奴隷などやめよう。恋人になってくれ。」

まゆり「!?」

岡部「たのむ…」

まゆり「…」ニコッ

531 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 00:22:50.64 ID:7DJUzm7UO
ダル「牧瀬氏、あんなに痴話喧嘩してたのに、いまどんな気持ちなん?」

紅莉栖「うっさい!おかべ…」グスッ

岡部「痴話喧嘩じゃないと言ったろうダル。」


まゆり「えへへ~まゆしぃは奴隷から恋人にクラスチェンジしたのです。」






おわり

532 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 00:24:22.22 ID:f/PcpNEb0
次は本命のダルか

534 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 00:26:20.68 ID:T73v5AzL0
いやミスターブラウンだろ

539 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 00:38:50.20 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「ねぇ橋田。」

ダル「さすがにやりつくしたと思うお。牧瀬氏。」

紅莉栖「まだ残ってるわよ」

ダル「まさかついに僕の番?」

紅莉栖「それはない」

541 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 00:41:05.91 ID:7DJUzm7UO
ダル「安価SSでもやる気なん?牧瀬氏。」

紅莉栖「安価もいいかもしれないけど違うわ。」

ダル「なに?」

紅莉栖「ショタインズケートよ。」

ダル「…」

553 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 01:25:01.44 ID:7DJUzm7UO
ダル「ていうかショタなんてどこにいるん?」

紅莉栖「ふふ、こんな事もあろうかとアポトキシン4869をつくっておいたのよ。」

ダル「すごすぎだろ牧瀬氏。ノーベル賞とれると思うお。」

紅莉栖「ノーベル賞より岡部のショタの方が興味あるわ。」

ダル「でも流石にアポトキシン4869はまずくね…。」

紅莉栖「それは大丈夫よ。だってこれ液体だし。向こうはカプセルでしょ。」

ダル「そこは関係ないようなきがするお…。」



ダル「で?どうやってそれをオカリンに飲ますん?」

559 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 01:32:57.99 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「アポトキシン入りのドクペも用意してるわ。準備万端よ!」

ダル「ふーん、じゃ牧瀬氏頑張ってね」

紅莉栖「どこかいくの?」

ダル「メイクイーンに行ってくるお。ぼくショタには興味ないし。」

紅莉栖「あらそう、気を付けてね。」

562 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 01:43:07.42 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖(くっ…岡部くるまで暇すぎる。)

紅莉栖(そうだ!ショタになった岡部に何するか妄想しとこうかしら。)

紅莉栖(うへへ…おかべぇ…)

岡部「助手よ!何を涎なんて垂らしてる。」

紅莉栖「ふぇ?岡部!いつの間に?」

岡部「さっき来たところだが…。さては助手よぉ~貴様はHENTAIな妄想をしていたな。」

紅莉栖「し、しとらんわ!あと助手じゃない!」

564 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 01:50:40.03 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「ところでその荷物はなに?」

岡部「あぁ、実は実家から昔の服を処分してくれと言われてな。小学生位に来てた服だが。」

紅莉栖(タイミングよすぎだろ!――でも、裸のまま過ごさせるのもありだったけどね)

紅莉栖「あっ岡部、ドクペ用意しておいたわよ。」

岡部「ん?やけに気がきくではないか。そうか、お前も助手としての自覚がわいてきたのか。」

紅莉栖「ほら!はやく!グイッと!」

565 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 01:51:25.04 ID:7DJUzm7UO
来てた→着てた

ごめん何回も

567 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 01:56:29.96 ID:7DJUzm7UO
岡部「なんだ?いつもなら、助手って言うな!って言ってくるはずなのに。」

紅莉栖「いいじゃない。はやく!ほら!グイッといっちゃって!」

岡部「むぅ…」ゴクッ

岡部「うぐぁー…からだがあつい……」

岡部「うぐぅ…」バタン

569 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 02:00:25.28 ID:7DJUzm7UO
――――
――――――

岡部「うぅん……。何が起こったんだ。」

紅莉栖「」

岡部「なんで助手は鼻血を出して倒れているのだ?」

岡部「しかし、こんなにラボは広かったか?」

570 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 02:13:16.98 ID:7DJUzm7UO
岡部(とりあえず鼻血を出して倒れている助手を起こすか。)

岡部「おい助手!助手よ!起きろ!」

紅莉栖「ん…岡部…?」

岡部「どうしたんだ助手よ!なにがあった?」

紅莉栖「……」

岡部「ん?助手よ!お前背でも伸びたか?」

紅莉栖「ショタ岡部が話してる!かわいすぎる!私もう死んでもいい!」ギュー

岡部「ちょ!離せ!ついに頭までイカれたか?メリケンHENTAI処女め!」

紅莉栖「こら!倫太郎!そんな言葉つかってはいけません!」

岡部「は?何を言っているのだ助手。」

紅莉栖「助手じゃないって言ってるでしょ!ちゃんと紅莉栖ママと言いなさい!」

岡部「訳が分からん。」

575 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 02:22:27.16 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「倫太郎ちゃん凄い汗かいてるね。お姉ちゃんと一緒にシャワーを浴びましょうか?」

岡部「さっきからお姉ちゃんとか言ったりママって呼べって言ったりなんなんだ?――ていうかなにをシャワーを一緒に浴びようだ!そこまでHENTAIだったのかお前は。」

紅莉栖「あぁ、ショタ岡部ちゃん、もっと罵って!」

岡部「ダメだこいつ…。」

577 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 02:28:18.12 ID:7DJUzm7UO
岡部「ん?…ショタ?ショタってなんだ助手?」

紅莉栖「鏡をみたら分かるわよ」ハァハァ

岡部「鏡?」

岡部「」

紅莉栖「びっくりして言葉がでないショタ岡部かわいいよぉ…はぁはぁ」

578 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 02:36:09.39 ID:7DJUzm7UO
岡部「どぉぉおいうことだぁあ助手ぅう!」タンッ

紅莉栖「おもいっきし机を叩くけど全然迫力のないショタ岡部とかやばいわ…。あぁ…また鼻血が…。」

岡部「助手!聞いているのか?」

紅莉栖「なによ!?」ドゴンッ

岡部「!!!?」ビクッ

紅莉栖「びっくりするショタ岡部とかやばい…うっ…鼻血が止まらない…また貧血で倒れちゃう……」

岡部「そのまま死ね!」

579 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 02:36:43.51 ID:U+LiiD4c0
これはいい助手

581 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 02:44:56.41 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「はぁはぁ」ジー

岡部「どこをみているのだ?」

岡部(………!!)

紅莉栖「ちんちんが見えてるのに気付くショタ岡部たん…はぁはぁ」

岡部「うるさい!見るな!さすがにそこまでHENTAIだとは思わなかったぞ」

紅莉栖「ただしショタに限る」キリッ

岡部「死ね!」

583 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 02:52:06.03 ID:7DJUzm7UO
岡部「くそ…着替えるか。タイミングよく昔の服もあったしな…」

紅莉栖「倫太郎!汗だくなんだから先にシャワー浴びなさい。」

岡部「たしかにそうだな…。よしシャワー浴びるか…。」

586 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 02:57:49.38 ID:7DJUzm7UO
岡部「おい助手。」

紅莉栖「なにショタ岡部たん。」

岡部「なんでお前まで脱衣場についてくる…」

紅莉栖「一緒にシャワー浴びる為に決まってるじゃない。」

岡部「浴びんでいい!出ていけ!」

紅莉栖「溺れたらどうするの?」

岡部「溺れるか!さっさと出ていけ!」

紅莉栖「いやよ!お姉ちゃんは絶対に倫太郎ちゃんとシャワーに入るからな!」

岡部「誰がお姉ちゃんだ。このHENTAI!」

587 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 03:06:13.51 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「ほらはやく入るわよ!一緒に身体を洗いあおうね~。倫太郎ちゃん!」

岡部(この助手、目が本気だ…)

岡部(一緒に入ったらなにされるか分からん…)

岡部(こうなったらやむを得ん。)

岡部「紅莉栖お姉ちゃん!」

紅莉栖「へ?いま紅莉栖お姉ちゃんって?うっ…また鼻血が…」

631 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 10:08:29.38 ID:7DJUzm7UO
岡部「そのね紅莉栖お姉ちゃん…、服を脱ぐのが恥ずかしいからね…向こうを向いて欲しいな~」

紅莉栖「くっ…これ以上鼻血がでると…やばい」クラッ

岡部「お願い紅莉栖お姉ちゃん」ウワメヅカイ

紅莉栖「」ブブー


岡部「鼻血吹いて倒れるとかシュールすぎるだろ…、亀仙人かコイツは!」

633 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 10:13:34.72 ID:7DJUzm7UO
岡部「栗御飯とカメハメ波―――いや、まさかな。」

岡部(鼻血をださせて貧血で倒れさせようと思ったが、ここまでうまくいくとはな。)

岡部(しかしHENTAI助手の事だ5分程で目がさめるだろう。)

岡部(3分でシャワーあびて30秒で着替えるか。)

636 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 10:23:07.75 ID:7DJUzm7UO
――5分後

紅莉栖「んん……岡部?」

岡部「ふ、残念だったな助手よ!俺はシャワーを浴びてしまったぞ。」

紅莉栖「え?」

岡部「フゥハハハ」

紅莉栖「なにいってるの?」

岡部「え?」

紅莉栖「シャワーなんて何回でも浴びれるじゃない…。」

岡部「は?」

637 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 10:29:57.56 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「ふふふ、一緒にシャワー浴びましょうね~岡部たん!」ジリ

岡部(この助手ほんとうにやばいぞ)

紅莉栖「ふふふ…お姉さんが身体の隅々まであらってあげる。」ジリ

岡部(ぐっ、話をそらすか。)

岡部「そんな事よりクリスティーナ!このズボンだが、少し大きすぎると思わないか?」

638 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 10:36:56.96 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「へ?そんな事ないわよ岡部ちゃん。」

岡部「そうか?」

紅莉栖「うん、似合ってるわよ、岡部ちゃん」

岡部「むぅ…大きいような気がしたのだが…」

紅莉栖「とても似合ってる。だからね岡部ちゃん。」

岡部「なんだ?」

紅莉栖「一緒にシャワー浴びましょう…はぁはぁ」

岡部「なぜそうなる!?」

岡部(くそっ、こうなったら逃げるしか)ダッ

紅莉栖「あぁ!待って岡部ちゃん!」

639 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 10:41:17.45 ID:7DJUzm7UO
岡部(しかし俺は体力がない、それに今は背も低い。このまま逃げても、すぐに捕まるだろう)

岡部(ブラウン管工房に隠れるか。ここはごちゃごちゃしてるし見つかりにくいはずだ。)

640 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 10:48:51.74 ID:7DJUzm7UO
岡部(ここのスペースなら見つからないだろう。)

綯「きみ誰?」

岡部「!!」

岡部(しまった!小動物に見つかった。)

岡部「たのむ小動物!追われているんだ!ここに隠れさせてくれ!」

綯「追われてる?だれに?」


紅莉栖「ふふふ…岡部ちゃん…。店の中にいるのは分かっているんだから観念して出てきなさい。」

岡部(きた!?)

642 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 10:54:50.05 ID:7DJUzm7UO
綯「助手のお姉ちゃん!」

紅莉栖「綯ちゃん、ここに岡部に似た子供が来なかった?」

綯「オカリンおじさんみたいな子供?―来てないよ。」

紅莉栖「くっ―岡部の事だから店に隠れると思ったんだが…。」

紅莉栖「じゃあもし見かけたら教えてね綯ちゃん。」

綯「うん!」

643 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 11:00:30.23 ID:7DJUzm7UO
岡部「助かった、感謝する小動物よ。」

綯「確かにきみオカリンおじさんに似てるね!名前はなんて言うの?」

岡部「おじ!?――ふん、小動物に名乗る名前などない。」

綯「助手のお姉ちゃんここにいt……」

岡部「分かった!名乗るから叫ぶな小動物!」

645 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 11:06:20.35 ID:7DJUzm7UO
綯「私は【小動物】じゃなくて【綯】っていうちゃんとした名前があるんだから、綯って呼んでよ。」

岡部「ふん、貴様など小動物で十分だ。」

綯「助手のお姉ちゃん!ここにいt…」

岡部「まてまて!悪かったから叫ぶな!綯!」

綯「きみの名前は?」

652 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 11:44:10.20 ID:7DJUzm7UO
岡部「…凶真だ」

綯「え?凶真?」

岡部「あぁ…岡部おじさんにつけてもらった。」

岡部(なにを言っているんだ俺は。訳が分からんではないか…。)

綯「変な名前ぇ~」

岡部「やかましい!」

654 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 11:53:20.06 ID:7DJUzm7UO
岡部(くそ、というかこの身体なおるのか?)

綯「ねぇ、一緒に遊ぼうよ凶真!」

岡部「なんで俺がお前と遊ばなければならないのだ?」

綯「叫ぶよ?」

岡部「ぐっ…貴様…俺を脅すのか。くそ、分かった遊んでやろうではないか!」

綯「えへへ、やったー!」


鈴羽「あれ?綯…その子は?」

655 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 12:00:51.92 ID:7DJUzm7UO
綯「あ、鈴羽お姉ちゃん!この子は凶真っていうの、私の友達だよ!」

岡部「いつから友達になった?」

鈴羽「え?凶真?確かにキミは岡部倫太郎に似てるね。」ジー

岡部(顔がちかいぞバイト戦士!)

綯「オカリンおじさんに名付けられたんだって」

鈴羽「へぇそうなんだ、たしかに岡部倫太郎らしいネーミングだね。」

岡部「……」

658 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 12:12:47.39 ID:7DJUzm7UO
岡部「…」

岡部(目線の高さがちょうどバイト戦士のお尻の部分にあたるんだが…)

岡部(そうだ。せっかくショタになったんだ。記念にバイト戦士のお尻をじっくり見るか。子供だし許されるだろう)


岡部(!!――これはすばらしい!頭を押し付けたくなるようなお尻。バイト戦士がこんなにエロい身体をしてるなんてしらなかったぞ。もしやこれがシュタインズゲートの選択か。)

鈴羽「どうしたんだい凶真?お尻をジーっと見て…。もしかして何かついてる?」

659 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 12:16:36.54 ID:7DJUzm7UO
岡部「……」ギュー

鈴羽「どうしたの急に抱きついてきて…。」

岡部(素晴らしい弾力。くそ押し付けるだけじゃ足りない。)

岡部「……」グリグリ

鈴羽「アハハ、もしかして凶真は甘えん坊さん?」

綯「……」ムスッ

660 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 12:23:31.52 ID:7DJUzm7UO
綯「ちょっと凶真!」

岡部「ど、どうした綯?」

綯「そんな事するなんてえっちだよ!」

鈴羽「はは、違うって綯。甘えたいだけだよ凶真は。」

綯「と、とにかくあっちに行こう凶真!」

岡部「あ、あぁ…。」



鈴羽「綯のあんな楽しそうな顔、初めてみたよ。」

662 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 12:33:31.56 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「阿万音さん!」

鈴羽「牧瀬紅莉栖…なに?」

紅莉栖「岡部に似た子供をみなかった?」

鈴羽「みたけどどうしたの?」

紅莉栖「一緒にシャワー…」

鈴羽「シャワー?」

紅莉栖「な、なんでもない!とにかくどこに行ったか教えて阿万音さん。」

鈴羽「……。――あっち」

紅莉栖「あっちね!ありがとう!」



鈴羽「牧瀬紅莉栖。悪いけどそっちは逆方向だよ。あんなに楽しそうな綯の邪魔は絶対させない。」

664 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 12:43:12.15 ID:7DJUzm7UO
岡部「綯!そんなに走らんでもいいだろう。」ゼェゼェ


岡部「うごぉ!」ドン
フェイリス「にゃっ!」ドン


666 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 12:51:04.94 ID:7DJUzm7UO
岡部(なんだ?急に真っ暗になったぞ。ここはどこだ?)

フェイリス(ふにゃにゃ、いたいにゃん…。ていうか何で、スカートの中に頭を突っ込んでるのにゃん!ラッキースケベにも程があるにゃ!)

岡部(スカートのなか?まさか…。)バッ

フェイリス(にゃ~!スカートを捲るな~!)

岡部(こ、これは…)

岡部「ドロワーズだと…。」

667 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 12:52:36.79 ID:7DJUzm7UO
フェイリスの()→「」です

何回もごめん

668 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 12:55:42.13 ID:7DJUzm7UO
岡部「ていうか今の時代にドロワって」

フェイリス「小さいのに変態すぎるにゃ!」

フェイリス「むむ、なんか凶真に似てるにゃ……」

670 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 13:02:28.99 ID:7DJUzm7UO
フェイリス「もしかしてほんとうに凶真にゃ?」

岡部「んな!」

フェイリス「やっぱり凶真にゃ!なんで小さくなってるにゃ!」

岡部「き、気のせいだ。俺は凶真じゃない。」

綯「凶真じゃないの?」

岡部「いや、凶真だが、そっちの凶真じゃない!」

フェイリス「なにを訳のわからない事言っているのにゃ?――凶真!フェイリスの目をみるにゃ。」

岡部「うぐっ…い、いくぞ!綯!」ダッ

綯「え?うん。」ダッ

フェイリス「ちょっと待つにゃん!凶真!」

675 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 13:18:49.96 ID:7DJUzm7UO
岡部「はぁはぁ…もう走れん。」

綯「大丈夫?」

岡部「お前は大丈夫なのか?」

綯「凶真が体力なさすぎなんだよ。」

岡部「俺は研究でいそがしいからな。」

綯「研究ってなにをしてるの?」

岡部「……」

岡部(なんだか今までろくでも無いようなことばかり調べてるような気がするぞ。)

676 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 13:23:02.58 ID:MvOkmr6F0
パンツとかストッキングとかガーターだもんな

678 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 13:25:31.96 ID:7DJUzm7UO
綯「あ!あそこの神社で少し休もうよ。」

岡部「柳林神社か。るか子の様子でもみるか。」

679 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 13:32:23.27 ID:7DJUzm7UO
るか子「はぁ!たぁ!」ブンブン

岡部(素振りの最中か…)

岡部「るか子よ!ちゃんと修行してるではないか!しかしまだ妖刀・五月雨を扱い切れてないな。」

るか子「ふぇ…君は?」

岡部(しまった!自分の姿が小さくなっているのを忘れていた。)


綯「幼刀ってなに?」

680 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 13:36:56.28 ID:w1HTKKoa0
幼刀てのはね・・・いまのオカリンおじさんについてるもののコトだよ ハアハア

682 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 13:46:36.67 ID:7DJUzm7UO
るか子「だ…だれ?もしかしておかっ―凶真さんの知り合い?」

岡部(めんどくさい、こうなったら。)

岡部「っぐわ!…くそ!…また俺の右腕が暴れだしやがった……」

るか子「へ?」

岡部「お祓いだ!…はやく…このままじゃ…秋葉原が俺の右腕の力によってなくなってしまう」

るか子「ひゃ!ひゃい!」

るか子「」バタン

岡部「こけている場合か!……いそげ!間に合わなくなってもしらんぞおおお~」

るか「は、はい!」

岡部(ていうかトランクスがちょっと見えたんだが…。)

岡部(るか子の父親のことだからパンツははかせてないと思ったんだがな…。しかし、ノーパンだといろいろ問題があるか。)


綯「凶真…」ジトー

683 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/02/15(水) 13:55:25.12 ID:FmxFhbfj0
ショタリン可愛いけどHENTAIだな

684 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 13:57:43.05 ID:7DJUzm7UO
岡部「ご苦労るか子よ」

るか「は…はい」

るか「でも君はだれ?」

綯「凶真だよ!」

るか「え?きょ、凶真さん?背縮みました?」

岡部(天然か?こいつ。)

るか「でも…小さい凶真さん、かわいい。あの…抱きついても…いいですか?」

岡部「に、逃げるぞ綯!」ダッ

綯「え?また?」

るか「あ…まって。」

るか「……」ショボン

687 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 13:59:44.04 ID:MBnP5FKe0
ショタリン「ババア無理すんな」
クリス「!?」

688 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 14:00:45.21 ID:MvOkmr6F0
あれ?ノーパンじゃなかったっけ?

690 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 14:05:19.87 ID:hLu5WVlr0
るか子だけはガチ

692 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 14:05:47.69 ID:w1HTKKoa0
>>688
さっきフェイリスがガーターじゃなかっただろ?つまりそういうコトだ

693 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 14:09:43.41 ID:7DJUzm7UO
綯「何回にげるの?」

岡部「何回でも逃げる。」

萌郁「………」

岡部(あれは閃光の指圧師)

岡部(しかし姿のかわった俺をみても気づかんだろう。このままやり過ごそう)

岡部「…」

萌郁「…」

岡部「……」

萌郁「…凶真」ボソッ

岡部「!?」

695 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 14:12:34.20 ID:7DJUzm7UO
綯「え?知り合い?」

岡部(なんでこんな時だけ凶真と呼ぶんだコイツは。岡部くんなら無視できたのに!)

萌郁「やっぱり…岡部くんなの?」

699 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 14:18:50.41 ID:7DJUzm7UO
岡部「ちがう!」

萌郁「うそ…」ボソッ

岡部「ぐっ…」

萌郁「うちに…遊びにこない?…ふたりとも…」ボソッ

岡部「行くわけないだろう。」

萌郁「ボタンごと…破っていい」ボソッ

岡部「子供二人に何をいっているのだお前は。」

700 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 14:22:04.62 ID:7DJUzm7UO
萌郁「岡部くんは…大人…問題ない…」ボソッ

岡部「……」

綯「ねぇ、逃げようよ凶真。」

岡部「そ、そうだな。」ダッ


萌郁「ふられた…なんで?」

702 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 14:32:31.90 ID:7DJUzm7UO
綯「結局お店にもどってきたね」

岡部「そうだな。」

まゆり「綯ちゃんトゥットゥルー!」

綯「あ!まゆりお姉ちゃんトゥットゥルー!」

岡部「……」

まゆり「あれ?その子は綯ちゃんのお友達?」

綯「うん!凶真っていうの!」

岡部「……」

まゆり「へ~凶真かぁ~。なんだか昔のオカリンにそっくりだね。」

岡部「……」

まゆり「どうしたの?」

岡部「どうして短パンとパンツをはいていない?」

705 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 14:40:18.67 ID:7DJUzm7UO
まゆり「あ~トイレいったまま忘れてたよ。」

岡部「パンツ全部おろしてトイレとか何歳だ…」
綯「え?おろさないの?」

岡部「お前もまだおろしてたのか。」

綯「お父さんがそうしろって…」

岡部「……」

まゆり「とりあえずまゆしぃはラボに戻ってはいてくるのです。」

707 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 14:46:38.75 ID:7DJUzm7UO
岡部(というか、まゆり股関の毛濃すぎだったな。)

岡部(どこの世界線でもまゆりは濃いような気がするぞ…。)



Mr.ブラウン「おぅ綯!戻ったか!」

岡部「Mr.ブラウン!」

Mr.ブラウン「なんだこの岡部に似たガキは。」

712 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 14:53:42.36 ID:7DJUzm7UO
岡部「娘にパンツを全部おろしてトイレさせるようにするなんておかしいぞ!」

Mr.ブラウン「あぁ?そういうプレイだろうが!よそのガキが偉そうにそんな事いってんじゃね!」

綯「お父さん…」ジトー

Mr.ブラウン「違うんだ綯!いや違うくないが違うんだ綯!」

岡部「このMr.HENTAIめ!」

Mr.HENTAI「だれがMr.ブラウンだ!ぶっ飛ばすぞこのガキ!」

綯「私の友達をぶっ飛ばすんだお父さん」ジトー

713 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 14:54:41.09 ID:7DJUzm7UO
ごめん
Mr.ブラウンとHENTAIぎゃくだ

717 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 14:59:57.32 ID:7DJUzm7UO
Mr.ブラウン「なに?友達だったのか?」

綯「お父さん最低」プイ

Mr.ブラウン「ごめんよ綯!アイス買ってやるから許してくれ。おい坊主!お前も買ってやるから車にのれ!」

綯「いこ!凶真!」

岡部「あぁ…」



紅莉栖「岡部たん!」

岡部「しまった…あいつを忘れていた。」

720 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 15:05:10.08 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「やっと見つけたよ岡部たん…」ハァハァ

岡部「くるなHENTAI!」

紅莉栖「うへへ~岡部ぇ~一緒にシャワーに入りましょう」

岡部「もうダメだ捕まる!」

まっちょしぃ「紅莉栖ちゃんまっちょしいと入ろうよ!」




綯「カオス」

724 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 15:09:30.02 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「んなまゆり!」

まゆり「はやくラボにもどろうね紅莉栖ちゃん、お姫様だっこをしてあげるのです」ダキ

紅莉栖「ちょ、岡部!助けて!」

まゆり「綯の邪魔をするな。ゲルバナにするぞ。」

紅莉栖「ひっ……」

岡部「…」



綯「凶真!いこう!」

岡部「あぁ」

726 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 15:16:00.08 ID:7DJUzm7UO
綯「ねぇ凶真はどのアイスにするの?」

岡部「綯と一緒でいいよ。」

綯「え?別のを頼んで二人で食べさせあいっこしようよ。」

岡部「あぁいいぞ。なら俺のも選んでくれ。」

綯「うん!」

岡部(しかし俺の身体は元に戻るんだろうか。)

綯「凶真!」

岡部「なんだ?」

綯「これからもずっと友達だよ!」

岡部「……」

岡部「あぁ」

岡部(このままでいいのかもしれないな…。)

岡部(なぜならそれがショタインズゲートの選択なのだから。)



おわり

728 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 15:18:37.21 ID:0nCrk+P30
            , ・ ´  ̄ ̄` ヽ
             /: : : : : : : : : : : : : \
          /,::'/i : : : : : : : : : : 、: :ヽ
         i : {_{从: : : i }人 i| l: :|: :i|
         |::小ノ \,リ'`ヽ 从: :|、i| 
          | :|l ●   ●  |:: :|ノ:i|
           .| |:ヘ⊃、_,、_⊂⊃ .j:: |i:!:i|
         |:| ::/⌒l、 __, イァ: ::|::|::i|
          .|: /  / v只v´ {/ ヽ::i|
          ヘ、__∧ j j 「 ̄ ヒミノ::i|


730 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 15:19:45.56 ID:DoLyD1T50

長い間よく頑張った

733 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 15:27:54.16 ID:W22GbaMO0
まだハーレムがないわけだが

736 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 15:39:54.55 ID:7DJUzm7UO
ダル「なぁなぁオカリン」

岡部「なんだ?」

ダル「なんかリーディングシュタイナーが発動したんだが…」

岡部「なに?どんなだ?」

ダル「なんか牧瀬氏のストッキングとか、阿万音氏のスパッツとか、フェイリスたんのガーターベルトととか、萌郁氏のシャツとか、ルカ氏のパンツとかまゆ氏の股関の毛が気になるとかオカリンと話してたお」

岡部「どんな世界線だ!そんなもの俺は知らんぞ!そんな見栄好いた嘘はやめろ!」

ダル「ほんとだお」


ガタン


紅莉栖「岡部!私のストッキングを破った世界線覚えてる?」

岡部「は?」

741 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 15:54:46.39 ID:7DJUzm7UO
岡部「どんな世界線だ…。そんなもの知らん!」

紅莉栖「え?岡部はリーディングシュタイナー発動してないの?」

岡部「してない。なんで助手のストッキングを破かにきゃならないのだ。」


鈴羽「やっほー岡部倫太郎!パンツやぶった責任とってもらうよ!」

岡部「んな、バイト戦士のパンツなど破ったことなどないだろう!それ以前にお前はパンツはいてないだろ!」


742 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 16:00:53.76 ID:oItAoAys0
H.E.N.T.A.I.ヘ・ン・タ・イ!

743 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 16:02:22.70 ID:7DJUzm7UO
鈴羽「ええ~パンツくらいはいてるよぅ!」

岡部「まさか、鈴羽までリーディングシュタイナーが発動したのか。だが俺は発動してないぞ、どういう事だ?」

ガタン

フェイリス「にゃにゃん!凶真ぁ~大好きにゃ!」ギュー

岡部「!?」

紅莉栖「!」

鈴羽「え?」

ダル「はぁ!?」

748 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 16:14:23.20 ID:7DJUzm7UO
ダル「オォカーリィイーンンン絶倫にも程があるお!フェイリスたんにも手を出すなんて絶対に許さない!絶対にだ!」

岡部「落ち着け!ダル!俺に覚えはない。」

フェイリス「にゃにゃ!?忘れたのにゃん?フェイリスを含めて好きだといったにゃん!そしてその後はニャンニャン愛しあったはずにゃん!」

岡部「んな?」

紅莉栖「岡部!どーゆ事だ!」

鈴羽「岡部倫太郎…私はお尻の穴まで見られたのにその後は口づけすらなかったよ!」

岡部「落ち着けお前たち!」

ガタン

萌郁「……」

750 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 16:20:00.13 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「あんたまさか萌郁さんにまで手を出したのかHENTAI!」

岡部「何度も言うがおれにはそういった覚えがない」

萌郁「……」


タッタッタ――ギュー

紅莉栖「へ?」

萌郁「紅莉栖ちゃん…離さない…」ギュー

751 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 16:28:44.47 ID:7DJUzm7UO
ダル「すごく…百合です…」

鈴羽「なんだ牧瀬紅莉栖は他に相手がいたんだ。じゃあ岡部倫太郎は別にいいよね。」

紅莉栖「んな?わたし萌郁さんとぜんぜん話したことないわよ。」

萌郁「わすれたの?…ひどい…」

フェイリス「あー紅莉栖にゃん泣かしたのにゃーいーけないんだー」

紅莉栖「ちょっと待って萌郁さん。泣かないで」

ガタン

まゆり「ラボメンのみんなトゥットゥルー!」

るか「お…お邪魔します。おかっ――凶真さん。」

753 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 16:32:56.44 ID:7DJUzm7UO
岡部「るか子にまゆりかどうした?」

まゆり「実は私たち重大な知らせがあるのです。」

岡部「なんだ?」

まゆり「ではどーぞ!ルカ君!」

るか「あ…あの僕たち…その…付き合うことになりました」

岡部「なに?ずいぶん急じゃないか。」

754 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 16:38:27.42 ID:7DJUzm7UO
まゆり「えへへー実はルカ君に告白したのを思い出したのです。」

岡部「お前もリーディングシュタイナーが発動したのか…」

鈴羽「なんだ、ライバルが二人も増えるのかと思って心配したよ。」

フェイリス「おめでとうにゃん!」

まゆり「ありがとうフェイリスちゃん。ではまゆり達はこれからデートのいくのです。オカリンまたね。」

岡部「あぁ」

るか「あ…おかっ凶真さん…失礼します。」

岡部「まゆりをよろしく頼む。」

るか「はい。」

756 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 16:42:26.94 ID:7DJUzm7UO
鈴羽「で?岡部倫太郎は誰を選ぶの?」

岡部「な!」

フェイリス「もちろんフェイリスだにゃん?」

萌郁「紅莉栖ちゃんは…渡さない」ボソッ

紅莉栖「ちょ、萌郁さん抱きつきすぎ…苦しい!」


ガタン

ダル「また誰かきたお」

ダル「オカリン、ラボメン以外にも手を出したん?」

岡部「まさか!そんな訳ないだろう」

759 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 16:45:51.72 ID:7DJUzm7UO
Mr.ブラウン「……」ゴゴゴゴゴ

岡部「んな!Mr.ブラウン」

ダル「さすがにオカリン…これはないわ…流石の僕でもひくわ…」

岡部「俺はノーマルだ!Mr.ブラウンなんてあり得ないだろ!」

ダル「ていうかすごいHENTAIオーラだお」

Mr.ブラウン「…」ゴゴゴゴゴ

771 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 17:18:45.67 ID:7DJUzm7UO
Mr.ブラウン「おい橋田ぁ!」

ダル「は?」

Mr.ブラウン「こないだのプレイの続きするぞこら?」

ダル「え?」

Mr.ブラウン「おらこい」グイ

ダル「ちょ…助けてオカリン!」

岡部「すまない…ダル…」

ダル「見捨てるんオカリン!」


バタン


岡部「……」

773 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 17:25:35.45 ID:7DJUzm7UO
萌郁「岡部くん…」

岡部「なんだ?」

萌郁「紅莉栖ちゃん借りていい?」

鈴羽「いいよ」
フェイリス「いいにゃ!」

紅莉栖「なんでお前たちが決める!岡部~」

萌郁「紅莉栖ちゃん…私の家に…いこう…」

バタン

岡部「すまない…紅莉栖」

774 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 17:28:00.55 ID:7DJUzm7UO
鈴羽「すまない…じゃないよ岡部倫太郎」

フェイリス「そうにゃ!鈴にゃんとフェイリスどっちを選ぶのにゃ?」

岡部「おれにはお前たちどっちかを選ぶなんてできない。」

鈴羽「……」

フェイリス「……」

775 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 17:30:29.30 ID:7DJUzm7UO
フェイリス「にゃにゃ~!こうなったら…」

鈴羽「身体で選んで貰うしかないようだね」グイ

岡部「んな!?お前たちなにを?」

岡部「うぐぁ…」


777 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 17:34:02.88 ID:7DJUzm7UO
ダルと店長は書いてないけどそういう世界線もあるということで

780 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 17:36:18.24 ID:7DJUzm7UO
鈴羽「一流の戦士なら上着でも腕を縛れるってしってたかい?岡部倫太郎!」

岡部「おいバイト戦士!これをほどけ!」

フェイリス「にゃんにゃにゃん!」ズルル

岡部「フェイリス!ズボンを脱がすな!」

782 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 17:43:45.48 ID:7DJUzm7UO
鈴羽「岡部倫太郎は私たちの事きらいなの?」

フェイリス「嫌いならやめるにゃ~」ショボン

岡部「…別に嫌いではない…好きだが…」

鈴羽「ほんとうかい?」

フェイリス「好きなら続きをするにゃん!」ズルズル

岡部「好きだが…これは…やめろパンツは脱がすな!」



フェイリス「ふにゃ!?」

鈴羽「大きい…」

783 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 17:49:26.68 ID:7DJUzm7UO
岡部(おれはその日、鈴羽とフェイリスの相手を日付がかわるまでさせられた。途中から上着は外してもらったが。)


フェイリス「ふにゃ~フェイリスは幸せにゃん!」

鈴羽「お尻の穴までなんて激しすぎるよ、岡部倫太郎」




おわり

784 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 17:50:12.03 ID:CyaQB4ng0
おい




おい


786 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 17:53:19.26 ID:dv4Wc7LX0
絶倫太郎の物語だったか・・・
え、で、もちろん続きは?

790 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 17:59:02.37 ID:7DJUzm7UO
岡部(おれはその日鈴羽とフェイリスの相手を日付がかわるまでしたさせられた。途中から上着は外してもらったが)

フェイリス「ふにゃ~フェイリスは幸せにゃん!」

鈴羽「お尻の穴までなんて激しすぎるよ、岡部倫太郎」



綯「凶真がいないよ~…」グス




おわり

792 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:02:06.77 ID:7DJUzm7UO
岡部「なぁダル」

ダル「なに?」

岡部「>>795>>798したいと思わんか?」

ダル「ネタがなくなったからって安価にたよるオカリンずるぅ~」


795 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:02:46.33 ID:w1HTKKoa0
なえ

798 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:03:05.28 ID:w1HTKKoa0
いたづら

800 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:05:21.45 ID:8sc2uzqt0
何だよ、オカリンになえちゃんが懐いてるほのぼのした絵が見たかったのにー

801 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:08:05.16 ID:7DJUzm7UO
岡部「綯をいたずらしたいと思わないか?」

ダル「さすがにそれはMr.ブラウンに殺されるとおもうお…でも、たしかにいじめたい。」

岡部「やはり話が分かるなダルよ。」



紅莉栖「私はショタ岡部とイチャイチャしたい。」

802 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:10:17.50 ID:7DJUzm7UO
ダル「でもどんなイタズラするん?流石に性的なのはまずいと思うんだが」

岡部「>>808を全力でする。」

807 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:13:26.99 ID:kPh4CU/H0
おしっこ我慢

808 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:13:29.01 ID:wXLSylxO0
撫でる

810 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:16:45.26 ID:7DJUzm7UO
岡部「撫でる。」

ダル「頭なんか撫でてイタズラになるん!」

岡部「頭なんか撫でると誰がいった?」

ダル「え?どこを撫でるん?」

岡部「股間だ!」

813 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:21:26.63 ID:7DJUzm7UO
ダル「さすがにオカリンそれはまずいお…」

岡部「ダルよ!お前は幼女が股間をさわられてオシッコを漏らすところが見たいと思わないのか?」

ダル「…みたい。ものすごく。」


紅莉栖(私はショタ岡部とシャワーに入りたい。)

815 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:24:41.35 ID:7DJUzm7UO
ダル「でもどうやって股間をなでるん?僕たち綯に怖がられてるお。」

岡部「むぅ~そうだな。」

紅莉栖「私に考えがあるわ?」

岡部「なんだ?お前ロリに興味あったのか?」


816 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:25:39.32 ID:7DJUzm7UO
ダルは綯って言わないな

すいません

817 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:28:19.57 ID:88XKYfpI0
姉気取りで油断して強気ショタ岡部棒にこまされアヘ顔ダブルピースする紅莉栖ちゃんまだか…

818 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:35:27.34 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「ロリには興味ない!岡部を薬の実験に使いたいだけよ!」

岡部「どんな薬だ?」

紅莉栖「アポトキシン4869よ!」

ダル「牧瀬氏すごすぎだろ。」

紅莉栖「アポトキシン入りドクペよ!はい!おかべ!のんで!」

岡部「ぐいぐい来るな…しかしそれでどうするのだ…」

紅莉栖「小さくなって綯えちゃんと仲良くなってしまえば、どさくさに紛れて股間を触るくらいできるでしょ!」

岡部「そうかも、しれんが。普段のお前なら小動物の股間を触るなんて反対するだろう。」

紅莉栖「うっさい気にするな!はやく!のめ!」

岡部「うむ…」ゴク

岡部「うぐぁ…身体があつい…」

819 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:37:03.47 ID:L5yqg/iB0
この助手www

820 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/02/15(水) 18:43:16.27 ID:FmxFhbfj0
助手天才すぎワロタ

822 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:47:07.04 ID:7DJUzm7UO
―――
―――――

岡部「ここは?」

ダル「あ、オカリンおきた?」

岡部「あぁしかしダルよ。お前はそんなにデカかったか?」

ダル「オカリンが縮んだんだお。薬のんだの忘れたん?」

岡部「そういえばそうだったな。しかし本当に子供の姿になるなんて助手はやるな。」

ダル「相当ショタオカリンが見たかったんだとおもわれ」

紅莉栖「……」

岡部「なぜその見たかった本人が鼻血をだして気絶しているのだ?」

ダル「言っていいん?」
岡部「なんだ?」

ダル「実は」

824 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:52:36.85 ID:CgK9UKnD0
実は…

825 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:54:43.55 ID:enzFn3HI0
ゴクリ

827 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 18:59:27.25 ID:7DJUzm7UO
――数分前

ダル「すごいね牧瀬氏ほんとうに子供になったお。気絶しちゃったけど。」

紅莉栖「……」

ダル「牧瀬氏?」

紅莉栖「んあああかわいいショタ岡部たん」ギュー

岡部「……」

ダル「気絶してるオカリンいじるとかやめといた方がいいと思うけど」



828 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:00:01.64 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「はぁはぁ…気絶してる内にほっぺにキスしちゃおうかしら、ていうかもうキスしちゃう」チュー

紅莉栖「あ、キスマークついちゃった…ふふふ、色んなところにキスマークつけてあげるね岡部たん」チュッチュッチュッ

紅莉栖「!!」

紅莉栖「岡部たんの幼刀がコンニチハしちゃってる…はぁはぁ」

紅莉栖「ちょっと触ろうかしら」

紅莉栖「……」プニ

紅莉栖「」ブホーー



ダル「ってことが…」
岡部「一生起きるなこのHENTAI」

829 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:02:04.16 ID:re1IX6eQ0
紅莉栖ェ…

831 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:06:28.73 ID:7DJUzm7UO
岡部「ダル、おれの顔はキスマークだらけか?」

ダル「顔どころじゃないお、上から下までまんべんなく。」

岡部「くそ!シャワー浴びてくる」

ダル「ていうかオカリン着替えは?」

岡部「小学校のころきてた奴をだいぶ前にラボにもってきてある。」

岡部「しかし、牧瀬氏が起きる前にシャワーを浴びないとな」

ダル「大丈夫だろ。こんだけ血を流せばしばらく起きないとおもうお。」

岡部「そうだな。」

832 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:08:22.38 ID:7DJUzm7UO
牧瀬氏を助手に訂正

834 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:09:55.23 ID:w1HTKKoa0
話が素晴らしい方向に進んでるな

835 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:12:13.76 ID:7DJUzm7UO
シャー-

紅莉栖「岡部たん私も一緒にシャワー!」バッ

ダル「うわ、牧瀬氏おきたん?」

紅莉栖「待ってて岡部たん!私もすぐに服を脱ぐからね!」

ダル「……」

838 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:18:36.64 ID:7DJUzm7UO
岡部「くそ!なかなかとれないではないか!」ゴシゴシ

紅莉栖「岡部たん!」ガララ

岡部「助手!もう起きたのか?本当にゾンビなのではないか?」

紅莉栖「こら!倫太郎!人に向かってゾンビとかいってはいけません!」

岡部「うるさい!でていけHENTAI!」

紅莉栖「断る!!」

839 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:22:41.56 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「ふふふ、岡部たん今度こそシャワーを浴びようね~」

岡部(くそ、このままでは俺が苛められるではないか。)

紅莉栖「うへへ、うへへへ」ダラダラ

岡部(いじめじゃすまないかもしれない…)

842 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:25:24.65 ID:7DJUzm7UO
岡部(くそ!こうなったら)

岡部「ママ!」

紅莉栖「へ?ママ?…うぅ…また鼻血が…しかし今回は倒れないわよ。私は本気なんだからな!」

岡部(ぐっダメか。)

848 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:30:55.95 ID:7DJUzm7UO
岡部(やむを得ないこれは使いたくなかったのだが)

岡部「ママだーいーすきー」ギュー

紅莉栖「」ブホーーブホホー

岡部(タオルをまいているとはいえ裸の助手に抱きつくとはな…。やはり気が引ける。)



紅莉栖「」

岡部「ラジ館の時より血を流してるな…。」

850 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:34:50.47 ID:7DJUzm7UO
ダル「あ、オカリン生きて出られるとは思わなかったお。」

岡部「ダルよ。なぜ止めなかった。」

ダル「止めてたら僕が殺されてたお。」

岡部「まぁ確かにそうかもしれんが」

852 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:40:26.72 ID:7DJUzm7UO
ダル「でもまだ跡ついてるね。」

岡部「服を着れば隠せる。」

ダル「ていうかオカリン、テンション低いね。大丈夫?」

岡部「さすがに疲れた…」

ダル「でもオカリンには幼女の股間を撫でるという、使命があるお。」

岡部「あぁ、そうだな。ではいってくる。」

ダル「がんばれお!オカリン……。」

854 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:44:35.77 ID:7DJUzm7UO
綯「あ!凶真!やっとみつけた…。」ギュー

岡部(ん?なんだ?なんでこんなに、なつかれているのだ?)

綯「どこいってたの凶真…。ずっと探してたんだよ。」グス

岡部「…」

岡部(どういう事だ?)

856 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:52:42.20 ID:7DJUzm7UO
岡部(これなら股間を撫でることもできるんじゃないのか?)ナデナデ

綯「!!」

岡部「…」ナデナデ

綯「……」

岡部(膀胱あたりをおしてみるか。)グイ

綯「!?」モジモジ

岡部「……」グイ

綯「うぅ…」

岡部「……」グググ

綯「んあ…あ…」

綯「あぁ~」プシャー

岡部(やはり幼女のオシッコはすばらしい。)


おわり

857 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 19:53:34.93 ID:1XPHWH3y0


868 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 20:11:33.30 ID:7DJUzm7UO
まゆり「みんなカンパーイ!」

フェイリス「乾杯にゃん!」
鈴羽「かんぱーい」
紅莉栖「かんぱい」
萌郁「かんぱい」ボソッ
るか「かんぱい」

紅莉栖「ゴク…これはアポトキシン4869!!」

一同「身体が…あつい」



みたいなね

873 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 20:18:59.26 ID:7DJUzm7UO
岡部「……」

岡部(イヤッッホォォォオオォオウ!)

岡部「計画通りだ!」

岡部「ロリがいっぱいではないか」

岡部「>>875>>880しよう」





おとしてくれてもかまわないです…ほんと…

875 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 20:20:29.66 ID:nIaEhTV50
るか

880 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 20:23:16.63 ID:dv4Wc7LX0
フェラチオ

881 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 20:26:13.92 ID:7DJUzm7UO
岡部「るか子はショタだがまぁいい。」

岡部(…)ビリビリ

ピーン

岡部「んな…こいつ俺よりデカイではないか!」

岡部「くそ、悔しいからなめてやる!」ペロ

885 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 20:31:20.25 ID:7DJUzm7UO
るか「ん…岡―凶真さんなにを?」

岡部「見てわからんのか?おまえのおちんちんをなめているのだ。」

るか「ふぇ?岡部さんやめて…」

岡部「凶真だ!」グググ

るか「ご!ごめんなさい!だから金たま握らないで!」

886 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 20:32:03.11 ID:7DJUzm7UO
別にショタにする必要ないような。

890 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 20:39:28.88 ID:7DJUzm7UO
岡部「謝るなら土下座であやまれるか子よ。」グググ

るか「ちょ、凶真さん!壊れちゃう…僕の金たま壊れちゃう…それに…金たま握られたままだと…土下座なんてできない」

岡部「やれ」ググッ

るか「ひぎぃ…うぅ…ごめんなさい…凶真さん」

岡部「よくできた!るか子よ!ではもう一度なめてやろう」ベロベロ

るか「あ…もうだめです凶真さん…ぼく…ももう」

岡部「いってもかまわんぞるか子よ」

るか「ああああ」

ビュルル


岡部「つぎは>>895>>900するか」

895 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2012/02/15(水) 20:41:18.00 ID:w1HTKKoa0
すずは

900 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2012/02/15(水) 20:43:34.71 ID:w1HTKKoa0
尻穴開発

904 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 20:51:15.82 ID:7DJUzm7UO
岡部「背が縮んでスパッツが脱げているではないか…。」

岡部「しかしこういうこともあろうかと、小学生用のスパッツを用意していたのだ。」

スルルーパチン!

岡部「小学校のくせになんてエロいお尻なんだ。」

鈴羽「……」

岡部「よし…破かずそのままお尻の穴にチンコを挿入してやる!」グッ

908 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:00:29.07 ID:7DJUzm7UO
岡部「ぐっ、スパッツが押し返してくる。しかし負けんぞ…」グググ

ブチ

岡部「くそ!スパッツが破けてしまった。」

鈴羽「!!」

岡部「鈴羽よ…起きたのか?なにをそんなに驚いている?」

鈴羽「ッタイ……なんで私のお尻の穴に岡部のチンチンが入ってるの?」

岡部「戦士の儀式だ…鈴羽よ」パンパン

鈴羽「ちょっと…やめてよぉ~…ていうかなんで私の身体縮んでるの」

岡部「これがシュタインズゲートの選択だからだ。しかしキツいな。鈴羽のお尻の穴は。」パンパン

910 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:04:38.16 ID:7DJUzm7UO
鈴羽「んあ…あぁん…」

岡部「どうした?気持ちよくなってきたのか鈴羽よ。」パンパン

鈴羽「きもちよく…なんか…」

岡部「素直になれ鈴羽。かわいいぞ。」パンパン

鈴羽「んな?岡部倫太郎?」

岡部「いくぞ!ラストスパートだ!」パンパン

913 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:09:28.10 ID:7DJUzm7UO
鈴羽「いやぁ…もう…だめぇ」

岡部「いきそうなのか?鈴羽。しかしまだダメだ。」ピタッ

鈴羽「!?なんでとめるの?岡部倫太郎?」

岡部「バイト戦士の腸内に岡部倫太郎の精液ぶちまけてください。というのだ」

鈴羽「そんなこと言えるわけないじゃん」

岡部「ならこのまま動かないぞ。」

鈴羽「くっ…」

915 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:13:23.80 ID:7DJUzm7UO
鈴羽「バイト…戦士の腸内に…精液ぶちまけて…ください」

岡部「聞こえないぞ!」

鈴羽「バイト戦士の腸内に精液ぶちまけてください!」

岡部「よくいえたな、バイト戦士!」パンパン

鈴羽「あぁん…」

岡部「だすぞ!バイト戦士」



ビュルル


918 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:18:51.46 ID:7DJUzm7UO
岡部「つぎは>>925>>930するか。」

925 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:22:17.80 ID:dPNPKcVQ0
ダル

930 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:25:35.44 ID:fPCGv1Iv0
性奴隷

933 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:28:01.43 ID:jNkkrS4w0
>>930
おいw

934 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:28:43.07 ID:7DJUzm7UO
岡部「ダルよ」

ダル「なに?」

岡部「性奴隷になりたいと思わんか?」

ダル「あぁわかる。」

岡部「ほんとうか?なら俺の性奴隷になってくれ」

ダル「断る!!」

937 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:34:12.82 ID:7DJUzm7UO
岡部「な、なぜだ?いま性奴隷になりたいと言ったろう。」
ダル「フェイリスたんの性奴隷にはなりたいけどオカリンの性奴隷にはなりたくないお。」

岡部「なぜだ?どちらも一緒だろう!?」
ダル「全然ちがうお!」

岡部「頼む!この通りだ。」
ダル「土下座しても無駄だお」

岡部「ここまでやってもおれないのか…」
ダル「いや、おれるわけないだろ常考。」

938 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:35:14.65 ID:U9KehJT80
そんなんでなびかれても困るわww

939 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:42:42.48 ID:7DJUzm7UO
岡部「くそ、こうなったら無理やり!」ビリビリ
ダル「やめろ~オカリン!」

岡部「きれいだ…ダル」
ダル「死ねよ、まじで。」

岡部「ふ、汗をかくなんて興奮しているのか?」
ダル「してねぇよ。まじでやめろよオカリン。」

岡部「…」ペロ
ダル「おい、やめろあばばばばば」

岡部「ダルの汗の味だ…」
ダル「」




吐き気してきた

940 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:44:51.96 ID:61yGmoxt0
もう吐いた

941 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:46:03.22 ID:mqOqMThk0
次いこ、次

943 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 21:57:17.56 ID:7DJUzm7UO
/パンパン…アッー\

Mr.ブラウン「さっきからうるせぇな。上でなにやってんだ。」

Mr.ブラウン「くそ、怒鳴り込んでやる」



Mr.ブラウン「おいこら!岡部!さっきからうるせぇぞこのやろう!家賃10万アップだ!」

岡部「それは困るMr.ブラウン!性奴隷をやるから許してくれ!」

Mr.ブラウン「……」

Mr.ブラウン「まぁ今回だけは許してやるが次はないからな。」

岡部「あぁ気をつける。」

ダル「」


おわり

946 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:02:46.70 ID:7DJUzm7UO
岡部「>>950>>955するか。」

たぶんこれがラスト

950 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:05:18.09 ID:88XKYfpI0
萌郁

955 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:06:54.65 ID:88XKYfpI0
拘束し局部に媚薬塗ってクリフェラ 何度イっても赦さない

958 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:07:41.09 ID:+Xi33/er0
いやだこわいww

959 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2012/02/15(水) 22:13:03.92 ID:w1HTKKoa0
このスレ変態大杉だろ・・・

960 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:18:27.91 ID:7DJUzm7UO
萌郁「なにするの?岡部くん。なんで拘束するの」
岡部「貴様は絶対にゆるさん桐生萌郁」

萌郁「わたしがなにしたの?」
岡部「俺から紅莉栖を寝取ったではないか!忘れたとはいわさんぞ。桐生萌郁。」

萌郁「でも紅莉栖ちゃんは私を選んだ…」
岡部「だまれ!」
萌郁「」ビク

岡部「覚悟しろ萌郁」ブチブチ

966 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:26:20.23 ID:7DJUzm7UO
岡部「忘れていたが携帯は没収させてもらう。」
萌郁「!!かえせ!!」

岡部「無駄だ。そのロープは絶対にほどけない。」
萌郁「くっ…かえせ!」キッ
岡部「睨み付けられたって何も怖くない。」ビリビリ

岡部「なんだ?部屋はこんなに汚いくせに股間の毛はしっかり処理しているではないか。」
萌郁「みるな!」


967 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:26:46.46 ID:U9KehJT80
ここにきてカオスの極み

970 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:33:45.67 ID:7DJUzm7UO
岡部「ふん、局部に媚薬をぬってやる。」
萌郁「!!」
岡部「もう我慢できなくなったのか?まだ少ししか塗ってないだろう。」

萌郁「ウアアアァァァア」ビクビク
岡部「なんだ?もういったのか?まだなにもしてないだろう。」

岡部「どれ、萌郁のクリスティーナでもなめてみるか。」ペロ
萌郁「アアアァアアァー」ビクビク

岡部(むちゃくちゃうるさい。なんか萎える。)

971 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:35:41.84 ID:qlqgBz1M0
萌郁のクリスティーナwwwww

975 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:45:20.97 ID:7DJUzm7UO
岡部「………」
萌郁「………」

岡部「………」
萌郁「……ぐっ」

岡部「どうした萌郁?もしかしてもっと攻めてほしいのか?うん?」
萌郁「そんな訳…ない。」

岡部「そうか。ならばそのままでいるがいい。しかし、おねだりしなければ縛られたまんまだぞ。股間をムズムズさせたままな。」
萌郁「……く」

岡部「触ってほしければ。触ってくださいとおねだりしてみろ。」


976 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:49:52.19 ID:7DJUzm7UO
萌郁「…さわって…おねがい、いきたいの…お願い…」
岡部「断る!!」

萌郁「なんで?」
岡部「おれはお前を許さないと言っただろう。しばらく放置プレイだ。」
萌郁「あああぁあぁああああああああ」


岡部「……」

979 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:53:23.53 ID:7DJUzm7UO
萌郁「あああああああ」
バタン

紅莉栖「もうやめて!岡部!」
岡部「なっ紅莉栖。」
紅莉栖「このままだと岡部ほんとうにおかしくなっちゃう……」


982 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:57:42.54 ID:7DJUzm7UO
紅莉栖「お願い…もうやめてよ…岡部ぇ」
岡部「……すまない、紅莉栖。」

紅莉栖「岡部…」




岡部「すまないがお前も逝き地獄を味あわせてやる」
紅莉栖「な…岡部。」

984 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 22:59:35.81 ID:7DJUzm7UO
萌郁「ああぁあぁあ」ピクピク

紅莉栖「もう…やめて岡部」ピクピク



岡部「これがシュタインズゲートの選択だ」


おわり

985 忍法帖【Lv=23,xxxPT】 :2012/02/15(水) 23:00:17.55 ID:w1HTKKoa0


986 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/15(水) 23:00:17.80 ID:enzFn3HI0
お疲れっしたああああ

STEINS;GATE Vol.9【初回限定版】 [Blu-ray]
メディアファクトリー (2012-02-22)
売り上げランキング: 31
関連記事
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/02/16 07:58 ]
  2. 突然のMr.HENTAIで腹筋ぶっ壊れたwww
  3. 774@いんばりあん [ 2012/02/16 14:13 ]
  4. スパッツって破けるもんなのか?
    ハサミとかで切らないと無理じゃね?
    そんな簡単に破けるようなもん穿いてスポーツなんか出来ねえだろ。
    お前らジャージ素手で破けるか?
  5. 774@いんばりあん [ 2012/02/16 15:34 ]
  6. 米2
    そんな本気にならんでも…
  7. 774@いんばりあん [ 2012/02/16 16:37 ]
  8. 長い...がそれが良い
  9. 管理人こばりあんと [ 2012/02/16 17:02 ]
  10. ※2
    キモいです
  11. 774@いんばりあん [ 2012/02/17 04:03 ]
  12. ショタのときの紅莉栖がいいねぇ
  13. 774@いんばりあん [ 2012/02/17 05:40 ]
  14. 一番の萌えキャラは3日に渡って読み手の要求に
    応え続けた>>1本人だな
  15. 名無しのフィール [ 2012/05/27 05:24 ]
  16. ※2
    素手ならまだしもチン子じゃ無理だわ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング