HEADLINE

女騎士「おちん○んになんか負けたりしない!」盗賊「げへへ」

2012/02/26 00:11 | CM(3) | 創作・魔王勇者系 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:04:52.68 ID:CiTmrGoG0
女騎士「勝った」

盗賊「ぐふぅ」

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:07:50.31 ID:CiTmrGoG0
女騎士「ほら服着ろ」

盗賊「ぐぐぐ…ち、ちくしょう……」

女騎士「これに懲りたら盗賊なんてやめることだな」

盗賊「へっ、調子に乗ってられるのも今のうちだぜ……野郎共!」

子分A~Z「おう!」

女騎士「なんと、仲間がいたのか!」

盗賊「へへへ、流石にこの数が相手じゃどうしようもあるまい!」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:09:57.64 ID:CiTmrGoG0
女騎士「勝った」

子分A~Z「ぐぐぐ」

盗賊「くそっ!使えねぇ!」

女騎士「そら、見逃してやるから早く帰れ」

盗賊「ぐぐぐ…覚えてろ!今度会ったらズコバコ輪姦してアヘ顔ダブルピースに!」

女騎士「はよ帰れ」

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:13:28.15 ID:Dv9xgmgrO
なさけないおち○ぽ

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:13:34.75 ID:CiTmrGoG0
翌日

女騎士「またお前か」

盗賊「ふふふ、今日の俺は一味違うぞ」

女騎士「ほほう」

盗賊「クク、大枚はたいて手に入れた媚薬を用意してきたのさ!」

盗賊「これを塗られるだけで敏感になってイキまくっちゃうって品物だ!!」

盗賊「とっ捕まえてこれをブッかけてやるぜー!」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:17:26.15 ID:q7+TWiok0
がんばれ盗賊

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:18:07.43 ID:CiTmrGoG0
女騎士「勝った」

盗賊「ですよねー」

女騎士「そもそも捕まえないと媚薬塗れないだろ」

盗賊「ですよねー」

女騎士「これに懲りたらもう帰れ」

盗賊「とみせかけてドーン!」 ビシャーン

盗賊「へへへ、別に捕まえなくったって媚薬さえぶっかけちまえば」

女騎士「残像だ」

盗賊「マジか」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:19:03.04 ID:FUfd92qcO
>>1の時はどうやっておち○ぽまで持ち込んだんだこれ

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:21:07.75 ID:CiTmrGoG0
翌日

盗賊「へへへ、今日は秘密兵器を連れてきたぜ!」

女騎士「へー」

盗賊「いけっ!オーク!」

オーク「げへへ」

女騎士「ほほう」

盗賊「こいつのデカチンで犯してもらって頭おかしくさせてやるぜ!」

女騎士「頑張れよー」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:23:21.52 ID:UEPB05bi0
これは・・・
盗賊と女騎士がいちゃラブする未来が見える・・・

24 >>18 最初からパンツ脱いでた :2012/02/25(土) 10:24:48.41 ID:CiTmrGoG0
女騎士「勝った」

オーク「 」

盗賊「oh……」

女騎士「で、お前は?どうする?」

盗賊「頑張って犯してやるぜ!」

女騎士「えいっ」 バキッ

盗賊「ぎゃあ」

女騎士「明日は触手とかどうだろうな」

盗賊「ま…まかせとけ……」 ピクピク

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:25:53.56 ID:TH4CI5sQ0
おい、盗賊しっかりしろ

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:26:28.89 ID:C8P1zc87i
それでも触手さんなら…触手さんならやってくれる!

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:27:19.50 ID:CiTmrGoG0
翌日

盗賊「いけっ!触手!」

触手「しょくー」

女騎士「本当に連れて来るとは」

盗賊「へへへ、こいつの触手はいくら斬っても再生するぜ!」

盗賊「しかも体液には媚薬みたいな効果があって人間の体内に卵を植え付けるんだ!」

盗賊「さあ!勝てるもんなら勝ってみやがれ!!」

女騎士「よしこい」

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:31:32.54 ID:CiTmrGoG0
女騎士「勝った」

触手「 」

盗賊「いい加減に負けろよ!今回はお前リクエストだったろ!!」

女騎士「提案しただけでまさか本当に触手連れて来るとは」

盗賊「ちくしょう!尻から触手突っ込まれて貫通されたりとかしろよ!」

女騎士「えいっ」 ゴスッ

盗賊「ぐふぅ!おっ、おのれぇぇぇぇ……」

触手「……」 ニュルニュル

盗賊「ん、どうした触手……うおっ、おいちょっと、何で俺の足つかん……」

触手「……」 ニュルニュル

盗賊「ちょ、おま、おまああああああああああああ」

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:37:02.57 ID:CiTmrGoG0
翌日

盗賊「へへへ!今日は昨日とは違う触手だぜ!!」 ジンジン

女騎士「なんで今日は椅子用意してあるんだ?」

盗賊「ちょっとお尻が……とにかくいけっ!」

触手「しょっくしゅー」

盗賊「ハハハ!この触手はなんと局部責め専用の触手で乳首やクリトリスを執拗に責めてかかるぞ!」

盗賊「更に耳から脳をいじくりまわして快楽をどえらいことにしてやるぜ!」

女騎士「脳姦だと」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:37:59.06 ID:T3dlSJsx0
しょっくしゅーwww

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:41:18.37 ID:CiTmrGoG0
女騎士「勝った」

触手「 」

盗賊「んもう」

女騎士「二回連続で触手責めとか全く発想が貧弱というか」

盗賊「ええいやかましい!くらえーっ!」 ガバッ

女騎士「えいっ」 ドゴッ

盗賊「ぐふう、く、くっそう……」

触手「……」 ニュルニュル

盗賊「はっ、ま、また触手が…ちょっ、まっ、らめぇぇぇぇぇぇぇ!!」

女騎士「えいっ」 ズバン

触手「 」

盗賊「あっ」

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:45:16.24 ID:CiTmrGoG0
翌日

盗賊「昨日はすいませんでした、お詫びにこれをどうぞ」

女騎士「なんだこれは」

盗賊「高い酒っす!ささ、一気にぐいっと!!」

女騎士「うむ、うまい」 ぐいっ

盗賊「っしゃああ!かかったな!それこそは強力な媚薬よ!」

盗賊「一度飲んだが最後!トロールでも感じまくってアヘ顔ダブルピースよ!!」

盗賊「そしてその感覚では俺達に勝てはしまい!いけーっ!」

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:49:05.73 ID:CiTmrGoG0
翌日

女騎士「勝った、ぺっ」

盗賊「飲めよ!ちゃんと飲めよー!!」

女騎士「敵から与えられたものを素直に飲む奴なんかいないだろ常識的に」

盗賊「くそう!つまんない女騎士だぜ!」

女騎士「明日こそは頑張ってみせろよー」

盗賊「くそっ!明日こそは!明日こそはーっ!!」

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:50:45.90 ID:GZGw66sn0
盗賊かわいい

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:54:03.13 ID:QguEJluzO
なんかトムとジェリー見てるようだ
ひたすらトムがいじめられる駄回だけど

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:55:59.29 ID:CiTmrGoG0
翌日

盗賊「ふふふふふ」

女騎士「今日は何も用意してないのか」

盗賊「ふふふ、これを見ろ女騎士!」

女騎士「それは私の排便シーン写真!」

盗賊「へへへ、これを撒き散らされたくなければ素直に犯されるんだな!!」

女騎士「くっ、卑怯な!」

盗賊「へへへ、野郎共!やっちまえー!」

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 10:58:32.92 ID:CiTmrGoG0
女騎士「勝った」

盗賊「勝つなよ!写真ばら撒くぞ!!」

女騎士「うんこぐらい誰でもするだろ、むしろ撮影した奴が恥ずかしいわ」

盗賊「女の子がうんことか言うんじゃありません!!」

女騎士「もし写真ばら撒いたら盗撮容疑で通報するからな」

盗賊「うぐう」

女騎士「余罪と合わせて長年塀の中か写真捨てるか勝手にすればいい」

盗賊「ちっ、ちくしょー!!」

78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:02:12.50 ID:CiTmrGoG0
翌日

盗賊「へへへ!引っかかったな!!」

女騎士「落とし穴とは卑怯な!!」

盗賊「勝てばいいんだよ!へへへ、このまま何時間耐えられるかな!?」

女騎士「水攻めとか石落としたりとかはしないのか」

盗賊「そんなんしたらお前死んじゃうじゃん」

女騎士「優しいんだか何なんだか」

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:06:26.66 ID:CiTmrGoG0
女騎士「勝った」

盗賊「死んだフリとは卑怯な!!」

女騎士「勝手に勘違いして出してくれた奴が悪い」

盗賊「だってお前『くっ…こんなところで……』とか言われて倒れられたらさあ…」

女騎士「勝てば良いんだよ」

盗賊「それ俺のセリフ!」

女騎士「そろそろワンパターンで飽きてきたから次こそ頑張れよ」

盗賊「俺は毎回頑張ってるよー!!」

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:06:52.37 ID:Fw6BVAVyO
落とし穴に媚薬と触手を入れるんだ!早く!

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:11:08.20 ID:CiTmrGoG0
翌日

盗賊「ふっ、今日の落とし穴は一味違うぜ!」

女騎士「ほう」

盗賊「名付けて地獄のタコ焼き!落とし穴に媚薬と触手を叩き込んであるぜ!!」

盗賊「どこに落とし穴があるか分かるまい!さあ!かかってこい!!」

女騎士「お前からかかってこないなら私は帰るが」

盗賊「ちょ待てよ」

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:14:15.30 ID:CiTmrGoG0
女騎士「勝った」

盗賊「その場から剣を投げつけてくるとは卑怯な!!」

女騎士「勝てば良いんだよ」

盗賊「お前本当に騎士か」

女騎士「ふふん、それじゃあまたな」

盗賊「あっ、待て!今日こそは……うわあああああああああ!!!」 ズボーン

触手「♪」 ニュルニュル

盗賊「ちょっ、まっ、らめええええええええ!!!」 グッチュグッチュ

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:24:45.97 ID:4omPpOdt0
パンツ亡くなってた

104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:27:43.01 ID:X/zhkQCq0
翌日

盗賊「ふっ、今日の落とし穴は一味違うぜ!」

女騎士「ほう」

盗賊「名付けて地獄のタコ焼き!落とし穴に媚薬と触手を叩き込んであるぜ!!」

盗賊「どこに落とし穴があるか分かるまい!さあ!かかってこい!!」

女騎士「お前からかかってこないなら私は帰るが」

盗賊「ちょ待てよ」

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:28:18.04 ID:CiTmrGoG0
翌日

盗賊「周りに落とし穴と触手とオークと媚薬を持った子分を配置したぜ!」

盗賊「これで女騎士が来ても全く問題ないぜ!!」

盗賊「それどころか奴が来た途端に落とし穴にハマッて触手とオークに犯されて……」

盗賊「ふふふ!さあ来い女騎士!!」

盗賊「……」

盗賊「……」

盗賊「……」

盗賊「来ない……」

106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:29:17.80 ID:uFNn1Ie40
転機か

108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:32:03.53 ID:CiTmrGoG0
盗賊「女騎士来なかった」

子分A「どうしますボス」

盗賊「どうしたんだろうなー、あいつ、お前様子見て来いよ」

子分A「うっす!行ってきま……うおおおおおおお!!!」 ズボー

触手「♪」 グチュグチュ

子分B「子分A!今助け……うおおおおおおおおおおお!!!」 ズボー

触手「♪」 グチュグチュ

子分C「うわあ!子分B!待ってろ!今……うおおおおおおおおおおお!!!」 ズボー

触手「♪」 グチュグチュ

盗賊「こ、子分共ーーーっ!うおおおおおおおーーっ!!!」 ズボーン

女騎士「お前ら何やってん」


110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:34:54.15 ID:UEPB05bi0
来てるw

111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:37:52.00 ID:CiTmrGoG0
盗賊「ああ!女騎士!お前が来ないせいで子分共がアヘ顔ダブルピースに!!」

女騎士「ごめん」

盗賊「許す」

女騎士「あと明日からも来れないと思う」

盗賊「なんでよ」

女騎士「ちょっと貴族の人と縁談が決まっちゃってな」

盗賊「マジか、貴族程度にお前がアヘ顔ダブルピースされる気がしないんだが」

女騎士「アヘ顔アヘ顔うっさいな、まあそういうわけだから、またな」

盗賊「あっ、ちょ、待てよ!!」

女騎士「……」 ザッ

盗賊「穴から出してってーーー!!」

119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:41:52.21 ID:CiTmrGoG0
盗賊「ちくしょう、酷い目に合った」

子分B「自業自得じゃないすか、やだー」

子分A「あ、それで言われてた例の貴族の話なんすけど」

盗賊「はい」

子分A「なんかすごいイケメンでした」

盗賊「マジか、やべーな、イケメン相手だと分が悪いからなー」

子分A「しかもちんぽデカかったっす」

盗賊「マジか」

子分B「イケメンでちんぽデカいとか最強じゃねーか」

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:48:00.84 ID:CiTmrGoG0
盗賊「やべーな、イケメンでちんぽデカいとかNTRれる可能性大じゃねーか」

子分B「そもそもボス別に女騎士とそういう関係じゃないっすよね」

盗賊「だってあいつの処女勝手に貰われるとか何か嫌だ」

盗賊「でも大丈夫だ、そういう奴はイケメンだけど統治とか悪いって相場が決まってるから」

子分A「あ、近隣の農民とかからは評判いいみたいっすよ」

盗賊「マジか」

子分A「しかも言うまでもなく高学歴で勉強できてスポーツ万能っす」

盗賊「ちんぽデカくてイケメンで性格良しでスポーツ万能で高学歴か……」

盗賊「……五分五分だな」

子分A「正気か」

126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:52:08.86 ID:CiTmrGoG0
貴族「私が貴族です」

女騎士「私が女騎士です」

貴族「いやあ美人な人だ、まるで騎士には見えませんね」

女騎士「それ褒め言葉ですか?」

貴族「もちろん、剣なんか捨てて僕のお嫁さんになってくれると嬉しいなあ、ははは」

女騎士「結婚したらそりゃそうなりますが」

貴族「なあに、結婚は決まったようなものでしょう、だってほら」

貴族「僕はちんぽデカくてイケメンで性格良しでスポーツ万能で高学歴でイケメンなんだから!!」

女騎士(イケメンって二回言った)

134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:54:48.37 ID:6mEOBI790
どいつもこいつもww

137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 11:58:14.44 ID:CiTmrGoG0
貴族の町

ざわざわ

盗賊「うおー、きらびやか」

子分B「当たり前っすけど、貴族と結婚ってことは女騎士さんも貴族なんすねえ」

子分C「俺らすごい場違いっすね」

盗賊「貴族が何だってんだよ、ちょっとイケメンで金持ちで高学歴なだけだろ」

子分B「それ女が惹かれる条件の大半を満たしてるっすよ」

盗賊「良いんだよ!相手の評価が高かろうが何だろうが俺はお宝を盗むだけだぜ!!」

子分B「女騎士さん取り返したいんでしょ要は」

盗賊「ううう、うるせぇ!」

142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:03:04.37 ID:CiTmrGoG0
盗賊「よっしゃ、それじゃ作戦を立てるぞ」

子分B「うっす」

盗賊「まず俺が貴族んちに忍び込んで女騎士を連れ出す」

盗賊「その時に前に偉い人から盗んだダイヤを貴族んちに置いてくる」 チャキーン

盗賊「そしたら警察に貴族さんがダイヤ持ってるぜって通報して捕まえてもらう」

盗賊「そうすれば貴族は没落するし女騎士は開放される!」

子分B「じゃあ俺は最後に『奴はとんでもないものを盗んでいきました』って言う役やるっす」

子分A「ていうか別にまあ作戦自体はそれでいいっすけど」

盗賊「どした」

子分A「これダイヤじゃなくてガラスっすよ」

盗賊「なんということでしょう」

147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:07:45.13 ID:CiTmrGoG0
盗賊「……とにかく忍び込めばいいんだろ!行ってきます!」 ダッ

子分B「5分ぐらいで捕まる方に5000ペリカ」

子分C「無事に戻ってくる方に2000ペリカ」

子分A「大穴で女騎士さん連れてくるに10000ペリカ」

子分C「お前大穴好きだよなー」

子分A「まあなー、さて、それじゃちょっと……」

子分B「どこ行くん?うんこ?」

子分A「うふふ、賭けっていうのは自分で当たるよう工夫するもんだぜ……」

155 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:12:18.28 ID:CiTmrGoG0
貴族ホーム

貴族「っかー!やっぱり料理は高い奴じゃないと合わないよねー、50000ペリカ以上の肉じゃないとねー!」

女騎士「私サンダルの底でも食べられますけど」

貴族「ハハハ、ナイスジョーク、はい、あーん」

女騎士「メイドさん、貴族さんが呼んでますよ」

メイド「あーん」

貴族「ハハハ、ナイスジョーク!でもそろそろ素直になってほしいな!」

貴族「そう、僕を愛しているって気持ちを、恥ずかしがることなく開放してほしい!!」

女騎士「肉おかわり」

メイド「はーい」

貴族「あるよねー、そういう恥ずかしがっちゃう感じ、あるよねー」

160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:16:46.54 ID:CiTmrGoG0
盗賊「よっこいしょっと、へへへ、こんな警備で俺を」 ガシャン

ガランガランガランガラン

兵士A「侵入者だー!」

兵士B「侵入者がいるぞー!!」

盗賊「シィット!」 ダッ

子分A「やれやれ、これだからボスは……」

盗賊「あっ、子分A!頼む!助けてくれ!!」

子分A「うっす、ロープ持って来たんでそこの窓から侵入して女騎士さん見つけて下さい」

盗賊「やったぜ!ありがとう!!」

子分A「ふう……さあて、後は……やってしまえ!触手ども!」

触手「ショッ!ショクシュー!」 バッ

163 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:21:56.41 ID:CiTmrGoG0
盗賊「ふう、へへへ侵入成功っと、さーて後は……」

メイド「あっ」

盗賊「あっ」

メイド「……どなたですか?」

盗賊「泥棒さんです」

メイド「はい泥棒さん一丁入りましたー!!!」

盗賊「しーっ!しーっ!お前そういう時は上品に『まあ、泥棒さん?』ってな」

メイド「そんなん言ってる間に兵士が来ますよ」

盗賊「あんたって人はー!!」

164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:21:56.52 ID:NlWF6gKN0
子分Aは何者なんだよ

167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:26:09.16 ID:CiTmrGoG0
メイド「ただし助かる方法が一つあります」

盗賊「なんだと!?どんな!?」

メイド「盗み出した盗品の8割を私に下さい」

盗賊「はちわっ……」

メイド「それさえできれば兵士さんに誤魔化してやってもいいですよ……ククク……」

盗賊(くっ、女騎士の八割はやれん…何としても……ていうか女騎士の八割って何だよ)

盗賊(あっ、そうか服か、服って全体の八割ぐらいは占めてるよな、よし、それなら願ったり叶ったりだぜ)

盗賊「乗った!!」

メイド「よっしゃ!これで私も億万長者!さあこっちに隠れて隠れて!!」

盗賊「おう!任せとけ!!」

169 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:31:40.26 ID:CiTmrGoG0
メイド「ここが宝物庫です!さあガッポリ盗みましょう!」

盗賊「ヒャッハー!こいつはたまんねーぜ!!」 ヒョイヒョイ

メイド「ガッポガッポですよ!あ、集めた分の八割は私のですからね!!」 ヒョイヒョイ

盗賊「八割やってもこんだけありゃ遊んで暮らせるぜ!!ヒャッハー!!」

貴族「そしてここが僕の自慢の宝物庫だよ!マジすごいっしょ!いやーもう本当……」

女騎士「あっ」

盗賊「あっ」

メイド「あっ」

貴族「えっ?」

172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:35:31.51 ID:CiTmrGoG0
盗賊「こんにちは、泥棒さんです」

女騎士「3分間だけ待ってやる」 チャキ

メイド「わ、私は脅されて協力させられたんです!助けてください!」

盗賊「メイドてめぇ」

貴族「うーん、だけど疑わしきは罰さないといけないからねー、そう簡単にはねー」

メイド「お願いします!デカチンイケメン天才貴族様!貴族様最高っす!マジかっけーっす!!」

貴族「よし!メイド君!今助けるぞ!!」

メイド「ちょろい」

盗賊「てめぇ!!」

174 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:39:16.04 ID:CiTmrGoG0
貴族「貴族キック!!」 ドカッ

盗賊「ぐふう!」

貴族「イケメンパンチ!」 バキッ

盗賊「げふう!」

貴族「金持ちバスター!!」 ガキィッ

盗賊「ウギャアー!!」

メイド「メイドビーム!!」 ズギャアッ

盗賊「メイドてめっ……ぐへぇ!!」

女騎士「……」

貴族「ふっ、トドメだ!」

176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:40:20.60 ID:X+H/khbt0
技名適当すぎワロタ

179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:41:10.22 ID:DOjnjkBg0
貴族はいい
だがメイド
お前はどこから何を出した?

180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:43:23.74 ID:CiTmrGoG0
女騎士「えいっ」 ガッ

貴族「ぶへぇっ!」 ベチーン

盗賊「お、おっしゃ!あーばよ!とっつあん!!」

メイド「待てー!盗賊めー!大丈夫ですかイケメンで素敵で最強で天才な超貴族様!!」

貴族「ふふ、大丈夫さ、僕はイケメンだしデカマラだし高学歴だからね」

女騎士「逃がしてしまって残念でしたね」

貴族「いや、さっき君が僕の足ひっかけたよね、掛け声出してたよね」

女騎士「そうでしたっけ?うふふ」

貴族「まったこいつー、僕がイケメンとはいえ限度があるぞ、こいつー」

女騎士「てへぺろ」

186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:49:16.30 ID:CiTmrGoG0
子分B「おかえりんこ」

盗賊「ただいまんこ」

子分A「お帰りなさいっす、で、女騎士さんは?」

盗賊「連れてこれんかったわ、てへぺろ」

子分A「あ?」

子分C「2000ペリカ」

子分B「ちっ」

子分A「せっかくこの俺がお膳立てしてやったのに何やってんすかあんた!!」

盗賊「だ、だってメイドがビームとか撃ってくるから!」

子分A「くっ……ボスの馬鹿!もう知らない!」 ダッ

盗賊「子分A-っ!!」

187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:49:46.49 ID:6Puznv6/0
え?まさか子分ルート?

192 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:54:16.07 ID:CiTmrGoG0
結婚式当日

盗賊「で、結局何もしないまま結婚式当日に至ったわけだが」

子分B「いいんじゃないすか、いくらか宝盗み出せたじゃないすか」

子分C「まあきっと女騎士さんももう貫通済みっすよ、諦めましょうよ」

盗賊「やめろ!不吉なこと言うな!」

子分B「どうせもうイケメン貴族とズッコンバッコンっすよ」

子分C「それ以前にボスと会う前にもう処女を捨ててた可能性も」

盗賊「アーアーキコエナーイ」

子分B「まあ素直に幸せを祈って結婚式見に行きましょうや」

盗賊「もう無理だよ……俺はもう心が折れたよう……」

195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:56:04.98 ID:NlWF6gKN0
それでも…それでも子分Aなら何とかしてくれる…!

199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 12:58:13.53 ID:CiTmrGoG0
貴族「綺麗なドレスだね、素敵だよとても」

女騎士「そうですか?」

貴族「ふふ、全く僕のこのゴージャスなスーツに勝るとも劣らない……」

貴族「さあ、今日は僕ら二人の記念すべき日だ!心に刻みつけようじゃないか!!」

女騎士「……」

メイド「気が進みませんか?」

女騎士「まあ……悪い人でないのは分かるが……いかんせん……」

メイド「ウッザいですもんねぇ……」

女騎士「むー……」

202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:04:37.20 ID:CiTmrGoG0
神父「ではこれより二人の結婚式を行います」

女騎士「……」

子分B「うお、ドレスっすよ、すっげー美人っすよボス」

盗賊「でも処女じゃないんだろ……」

子分C「いつまで気にしてんすか、処女厨っすか」

子分B「バージンロード通ってるんすから処女っすよきっと」

盗賊「そうか、そういやそうだな!なんだ処女か!」

子分C(処女のままバージンロード通る奴のが少ないけどな)

神父「では、これより指輪交換を……」

貴族「待ってくれ、神父様」

神父「はい?」

204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:08:11.32 ID:CiTmrGoG0
貴族「結婚する前に宣誓しておきたいんだ、僕がいかに彼女を好きかってことを」

神父「……別に構いませんが」

貴族「ありがとう、聞いてください女騎士さん」

女騎士「はあ」

貴族「僕は君が好きです!愛してる!」

貴族「僕は長年探し続けてやっと見つけたんだ!この僕と吊り合うべき素敵な女性を!」

貴族「僕ほど君を愛してる人はいないと断言できる!だから女騎士さん!僕と結婚してください!!」

神父(式場で結婚の許可求めやがったよこいつ)

メイド(順番間違ってますね)

盗賊「……」

女騎士「……私は」

208 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:13:51.36 ID:CiTmrGoG0
盗賊「っざっけんなああああああああああああああああ!!!!!」

貴族「!!!?」

盗賊「黙って聞いてりゃ俺を差し置いて愛してるだの何だの!!!ふざけんな!!!」

貴族「な、なんだと!?じゃあ君は僕より彼女を愛しているとでも」

盗賊「あったりまえじゃボケェェェェェ!!!!俺が一番そいつを好きなんだよおおおお!!!!」

女騎士「なっ……」 カァッ

盗賊「女騎士ーっ!!好きだーーーっ!!!愛してるんだ!!!女騎士ーーっ!!!」

盗賊「一目見た時から大好きだったんだ!!好きすぎて何度も犯してやろうと思ってたんだ!!!」

盗賊「お前を抱きしめてメチャクチャにしてやりたいんだァァァーーーっ!!!!」


子分A「その言葉が聞きたかった」

218 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:19:27.37 ID:CiTmrGoG0
子分B「うおっ、おまっ!?」

盗賊「子分A!?」

子分A「やれやれ、好きなら好きでそう言えばいいものを……」

盗賊「い、いや、だってその……ゴニョゴニョ」

子分A「いいっすよ、ボスはそういう人ですから」

兵士A「なんだこいつら!こんな時に……」

子分A「さて、最後のチャンスだ!いけっ!触手!オーク!子分D~Z!!」

触手「しょっく!」 ズニュッ

兵士A「うおっ、ちょっ、な、らめぇぇぇぇ!!」

オーク「俺のコレを見てくれ、こいつをどう思う」

兵士B「すごく……大きいです……」

子分D~Z「「「「「ヒャッハー!金目のもんをよこしやがれー!!」」」」」 ドドドドド……

219 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:19:28.82 ID:hDaLPNF6i
さすが俺たちの子分A!

221 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:24:14.28 ID:CiTmrGoG0
子分A「さあボス!今のうちに!」

盗賊「お、おう!女騎士!こっち来い!!」

女騎士「あ……」

貴族「させるかぁぁっ!!」 バキッ

盗賊「ぬがっ、てめぇ!」

貴族「確かに君は女騎士さんを愛してるのかもしれない、だが…僕だって彼女を愛している!!」

貴族「それに犯罪者の君とイケメン高学歴高身長デカチンイケメン天才貴族の僕の方が彼女を幸せにできる!!」

盗賊「知ったこっちゃねええ!!!」 ドゴッ

貴族「ぐふっ、そこまで言うか……だったら……この僕を倒してみせろぉぉぉっ!!」

盗賊「おうともよぉぉぉ!!!」

223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:25:18.08 ID:XfOeyQxd0
女騎士「おち○ちんなんかに負けたりしない!」


女騎士「でもお前の想いには負けちゃったよ」

226 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:27:18.13 ID:NlWF6gKN0
子分Aがかっこよすぎて濡れた

230 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:32:29.80 ID:CiTmrGoG0
盗賊「ハァ……ハァ……や、やるじゃねぇか……」

貴族「お、お前もな……まさかこの僕と同等に渡り合うなんて……」

メイド「互角…互角だわ…身体能力こそイケメン様が上回ってるけど……」

子分A「ボスにはそれを補って余りある経験と技術があるっす……!」

カーン

神父「おっと、ここで第二ラウンド終了のゴングです、審判が二人を止めます」

メイド「大丈夫ですか?」

貴族「ふっ、まあイケメンだからね……そう簡単に負けたりはしないさ」

子分B「ボス!イケるっすか!?」

盗賊「問題ねぇ……実力が互角なら最後に勝負を決めるのは根性だ……!!」

カーン

兵士A「ファイッ!」

神父「さあ今!第三ラウンド開始の鐘が鳴ったぁーっ!!」

女騎士(どうしようコレ)

232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:33:31.08 ID:6mEOBI790
なんか実況しとるw

236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:38:12.48 ID:CiTmrGoG0
神父「第五ラウンド終了です!!決着は判定に持ち込まれました!!」

王様「ゴニョゴニョ……」

大臣「ゴニョゴニョ……」

側近「ゴニョゴニョ……」

メイド「ごくり……」

子分A「ボス……!」

子分B「ボスに100000ペリカ、お前は?」

子分C「勝負になるかよ、ボスに50000ペリカだ」

貴族「……」

盗賊「……」

女騎士「……」

神父「判定の結果……勝者……貴族だァァァーーーッ!!!」

貴族「っしゃあああああああああああ!!!!!」

ワアアアアアアアアアアアアアア!!!!!

243 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:42:29.77 ID:CiTmrGoG0
子分B「なんだと!!?」

子分C「てめえ!!ちゃんと判定したのかよ!!」 ブー ブー

神父「客席からブーイングが起こっていますが…判定は貴族!貴族です!」

貴族「やった!!やったぞ!!!くぅぅーーっ!!!」

女騎士「……」

神父「では新郎新婦、指輪交換を……」

貴族「その前に女騎士さん、さっきの告白の答えを……」

女騎士「ご……ごめんなさい!」 ペコリ

貴族「 」

神父「げ、撃沈ーーーーーーーーーーーーーッ!!!!」

子分A「っしゃあ!!」 グッ

メイド「えっ、ちょっ、この茶番なんだったんですか!!!?」

253 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:48:16.38 ID:CiTmrGoG0
盗賊「じゃあ俺か!!ハーッハッハ!!ざまみろ貴族!!!」

女騎士「あ、そっちもごめんなさい」

盗賊「 」

神父「まッ、まさかのダブル撃沈ーーーーーッ!!!!」

子分A「お、落ち着け……素数を数えて落ち着くんだ……」

女騎士「正直なところ、私は最初は貴族との結婚も…親が決めた事だし別に構わないと思っていた」

貴族「……」

女騎士「だが盗賊も危険を承知で屋敷に忍び込み……あんな告白までされて……」

女騎士「私は……今はどっちとも選べなくって…だから…告白されて、少し考え直したいと言い出しかったのに……」

女騎士「こんなノリになっちゃったらそんなこと言い出せるわけないじゃないかあ!!!」

貴族・盗賊「すいませんっしたあああ!!!」

257 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 13:56:18.84 ID:CiTmrGoG0
女騎士「はーもう本当にもー……神父様も王様達も悪ノリするし……」

神父「す、すいません、つい」

王様「だ、だってこんな楽しそうなこと、ここ最近無かったもんじゃから……」

メイド「要するにまだ心を決めてないから、考える時間が欲しいってことっすか」

女騎士「正直なところ二人とも嫌いっていうわけではないからな、ウザいとは思うが」

メイド「ああ、それは確かに」

女騎士「そうだな……それじゃあ私に先に勝った方と結婚することでどうだ?」

貴族「なんだ……そんなことして良いんだったら簡単じゃないか!!」 ガバッ

貴族「僕のイケメンデカマラちんぽで女騎士さんに速攻アクメ決めさせてNTRしてあげるよ!!」

女騎士「ほう」

261 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:02:48.48 ID:CiTmrGoG0
女騎士「勝った」

貴族「 」

盗賊「無茶するなよ……」

貴族「馬鹿な……彼女がこの完全無敵のイケメン様より圧倒的に強いだなんて……」

盗賊「あいつが弱ったお前にアヘ顔ダブルピースさせられるような奴なら俺だって苦労しねぇよ」

女騎士「というわけで、もうしばらく結婚は考えさせてもらってもよろしいですね?」

王様「仕方ないのう、まあ面白そうだし別に構わんけど」

盗賊「ちっ、こうなったらのんびりしてらんねぇ!子分共!帰って媚薬と三角木馬の準備だ!!」

貴族「くそっ、なら僕も金に物を言わせてどうにか犯す方法を考えてみせるさ!!」

女騎士「がんば」

265 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:07:06.76 ID:CiTmrGoG0
数ヵ月後

盗賊「さて、今日はゆっくりお茶でもしようぜ」

女騎士「気が利くな」

盗賊「ククク、騙されやがったな!それは睡眠薬入りの紅茶だ!!」

盗賊「お前が寝てる間にズッコンバッコンしたり奴隷商に売り払ったりしたるぜぇぇ!!」

女騎士「それはまたけったいな真似を」

盗賊「へへへ、これだけの上玉なら高く売れるぜ!!」

子分B「売る気無いくせにな」

子分C「とりあえずそれっぽいこと言っときたいんだろ」

子分A「馬鹿っすよねー」

268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:12:01.16 ID:CiTmrGoG0
女騎士「勝った」

盗賊「飲めよ!!飲んで眠りこけろよー!!」

女騎士「持っててよかった、ねむけざまし」

貴族「ふふん、そんなに回りくどいやり方をするから駄目なのさ!!」

盗賊「はっ、貴族!」

貴族「見ろ!僕の用意したこの催淫ガスの威力を!!」 ブシュウウ

女騎士「げほっ」

盗賊「結局俺と同じような作戦じゃねえか」

メイド「なんだかんだで似たもの同士なんですよねー」

貴族「ふふふ!このガスによって淫乱になった君の体に僕の剣を突き立てたい!!」

270 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:16:02.48 ID:CiTmrGoG0
女騎士「勝った」 コーホー

貴族「なんで!?なんで効果無いの!?」

女騎士「持ってて良かったガスマスク」 コーホー

盗賊「何でそんなん持ってんだよ!」

メイド「はぁ……はぁ…んっ、き、貴族様ぁ……」 ジュン

貴族「どうしたの?」

子分B「気分悪いなら俺とあっちの物陰行こうぜ」

子分C「いやいや、俺と一緒に」

メイド「あっ、はぁ……も、もう……早くぅ……」 ジュン

子分A「……はぁ」

275 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:21:56.68 ID:CiTmrGoG0
女騎士「そんなこんなで数年間、二人は私を犯しにかかってきました」

女騎士「数年後、とうとう私は負けて結婚することになるわけですが」

女騎士「それはまた別の話」

幼女「ママなにしてるのー?」

女騎士「あ、ちょっとママ忙しいからパパと遊んでなさい」

幼女「わかった!ぱぱー!」

女騎士「ふう、とにかく、彼らはとんでもないものを盗んでいきました」

女騎士「私の心です」


めでたし めでたし

280 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:22:59.67 ID:CiTmrGoG0
おわり、勢いだけで立てたから色々アレだったけど勘弁な!てへぺろ!
子分Aの性別はお前らの妄想に任せるわ!

281 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:24:15.89 ID:6mEOBI790
乙!面白かったわ!

284 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:25:25.60 ID:TkD/dygm0
一気に巻いたなおいwwwwww

285 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:25:58.57 ID:e4QkkYwF0
盗賊か?

286 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:26:04.70 ID:Xbm0VG7b0
彼ら ら だからなんだよ

289 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:26:26.86 ID:25Piq19F0
おぉぅ・・・

290 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:26:34.71 ID:3FkHP5on0
面白かったぜ乙

295 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:29:28.74 ID:NlWF6gKN0
負けたときの様子をkwsk知りたいが
とりあえず面白かったぜ!

297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:33:57.69 ID:7//jizIx0
乙おもろかったwww

298 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/02/25(土) 14:38:32.29 ID:mh/ZkqMk0
このオチ好きだわ


関連記事
2012/02/26 00:11 | CM(3) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
  1. あ [ 2012/02/26 02:02 ]
  2. 貴族がかませじゃなくてよかった
    [ 編集 ]
  3. 774@いんばりあん [ 2012/02/26 02:39 ]
  4. 地獄のたこ焼きってグルグルじゃねーかw
  5. 774@いんばりあん [ 2012/03/21 06:40 ]
  6. ネタいい感じに多いな
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング