HEADLINE

岡部「バイト戦士が野宿をしていただと?」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 19:17:10.92 ID:JAU8+irm0
岡部「それは本当か?」

ダル「うん。昨日の夜にあそこの公園で見たんだお」

岡部「ふむ…」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 19:22:41.33 ID:JAU8+irm0
―――

鈴羽「~♪」カチャカチャ

岡部「随分と愉快そうだな、バイト戦士よ」

鈴羽「あれ?岡部倫太郎、珍しいね」

岡部「毎日会っているだろう」

鈴羽「そうじゃなくてさ、自分から店に来るなんて、なかなかないじゃん?」

岡部「ん…まぁ、そうかもな」ポリポリ

4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 19:26:26.95 ID:jTDHMnLo0
バイタ戦士のSSきた

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 19:27:00.29 ID:JAU8+irm0
岡部「ところで、なぁ、鈴羽よ」

鈴羽「ふぇ?」

岡部「?どうしたのだ?」

鈴羽「い、いや、急に名前で呼ぶから…」

岡部「あ…あぁ、まぁ、たまにはな…」

岡部「それで……なぁ、バイト戦士よ」

鈴羽(戻った…)ショボン

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 19:35:35.55 ID:JAU8+irm0
岡部「先日、知り合いから聞いたのだが」

岡部「バイト戦士、お前、野宿をしているというのは本当なのか?」

鈴羽「ああー……えっとね…」

岡部「言いにくい事なら無理には聞かないが…」

岡部「野宿ではいろいろとキツイものがあるんじゃないか?」

鈴羽「ん…まぁ」

岡部「……もし嫌でなければ」

岡部「俺の…ラボに来ないか?」

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 19:39:41.95 ID:rn36qRG+0
これはデキるおかりん

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 19:43:10.35 ID:JAU8+irm0
――――

紅莉栖「ハロー………って」

紅莉栖「何で阿万音さんがいるの?」

鈴羽「悪い?」

岡部「ああ、紅莉栖。よくきたな」

紅莉栖「ちょっと岡部、何でこの子がラボにいるのよ?」

岡部「ん。実は昨日からラボで寝泊まりさせる事になったのだ」

紅莉栖「ちょ、何それ!?初耳なんだけど!!」

岡部「昨日決まったばかりだからな」

鈴羽「そゆことー♪」ニヤニヤ

紅莉栖「ぐぬぬぬ…」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 19:50:46.86 ID:JAU8+irm0
紅莉栖「も、もしかして昨日は二人共ここで…?」

鈴羽「一緒に寝たよー?」

岡部「うむ。何かとわからん事もあるだろうしな」

紅莉栖「そ、それって同衾…」

岡部「いや、俺は床で寝たしバイト戦士はソファで寝た」

紅莉栖「そ、そう…」ホッ

鈴羽「私は一緒に寝ようって言ったんだけどね」

岡部「馬鹿を言うな」

岡部「この狭いソファで二人も眠れるか」バンバンッ

紅莉栖(寝られれば一緒に寝るのか…!?)

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 20:00:55.20 ID:JAU8+irm0
岡部「同じ空間で寝はしたが、それだけだ」

岡部「お前とだって一晩共に過ごした事があるだろう、紅莉栖」

鈴羽「え゛」

紅莉栖「ま、まぁ…」

紅莉栖「!」

紅莉栖「そうね、あの晩はお互い(研究)に夢中だったわね」

鈴羽「夢中ッ!?」

鈴羽「お、岡部倫太郎…?牧瀬紅莉栖とは一体どういう…」オロオロ

岡部「うん?」

岡部「マッドサイエンティストとその助手だが?」

紅莉栖「誰が助手か!」

鈴羽「??」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 20:04:44.64 ID:dZxCI/oV0
バイト戦士は既に惚れているパターンか

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 20:13:38.75 ID:JAU8+irm0
ガチャッ

まゆり「トゥトゥルー♪まゆしぃでーす!」

岡部「まゆりか。頼んでおいたドクペは…」

まゆり「はーい」ドサッ

まゆり「流石に十本は重かったのです…」フゥ

鈴羽「ぐぬぬ…」

紅莉栖「ふふーん」

まゆり「うーん?」

まゆり「オカリン、あの二人は何してるの?」

岡部「わからん」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 20:30:13.27 ID:JAU8+irm0
――――

まゆり「ふーん。鈴羽ちゃんがラボにねー」

岡部「ああ」プシッ

紅莉栖「ね、ねぇ、まゆり。まゆりは反対よね?若い身空の二人が同じ屋根の下で寝泊まりなんて…」

岡部「随分古めかしい言い回しをするな、クリスティーナよ」

紅莉栖「う、うるさい!あと、クリスティーナって言うな!」

紅莉栖「それより、まゆりはどうなの!?」

まゆり「うーん…」

まゆり「オカリンはへたれだから、スズさんに手を出す事はないと思うのです」

岡部「へたれ!?」ガビンッ

まゆり「それより、スズさんを追い出してまた野宿させる方がどうかと思うなぁー」

紅莉栖「うぐ…」

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 20:41:58.30 ID:JAU8+irm0
鈴羽「……岡部倫太郎」ギュッ

岡部「うん?」

鈴羽「私、もうあの生活に戻りたくないよ…」ウルウル

岡部「ぐぅっ!?」

岡部「あ、安心しろ、バイト戦士!お前を追い出したりはせん!」

紅莉栖「ちょっ、岡部…!」

鈴羽「やったぁ!」ダキッ

むにゅんっ

岡部「うぉ…!」

鈴羽「えっへっへー♪」ムニムニ

紅莉栖「くっ…サノバビッチ…!」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 20:57:36.89 ID:JAU8+irm0
――――

ダル「それで、結局阿万音氏がここに寝泊まりするようになった訳かお」

岡部「あぁ、まぁな」

ダル「ふーん。とりあえずオカリン爆発しろ」

岡部「はぁ?」

ダル「あんな可愛い子で一つ屋根の下とか、羨まし過ぎるだろJK」

岡部「お前まで紅莉栖と同じような事を言うな」

ダル「そうそう。それで、その紅莉栖氏は結局折れた訳?」

岡部「ん…それなのだが…」

<おーい、岡部ー

ダル「んん?」

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 21:11:04.25 ID:JAU8+irm0
―――

ダル「牧瀬氏?何やってるんー?」

紅莉栖「あ!橋田、いい所にいた!」

紅莉栖「ちょっと荷物運ぶの手伝ってよー!」

ダル「荷物…?」クルッ

岡部「………」

ダル「どーいう事だお?」

岡部「……仕方なかったんだ」

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 21:24:10.85 ID:JAU8+irm0
――――

ダル「オカリン爆死汁」

岡部「…うるさい」

紅莉栖「ふぅ…重かったぁ」

ダル「阿万音氏だけでなく牧瀬氏まで一緒に寝泊まりとか、エロゲの主人公でもまだ節操があるお」

紅莉栖「ねぇねぇ、私の寝袋ここに置いていい?」

岡部「好きにしてくれ…」

ダル「オカリン…マジでこのままにするつもりなん?」

岡部「うぐ……」

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 21:36:32.87 ID:JAU8+irm0
――――

ガチャ

鈴羽「たっだいまー!」

岡部「あぁ、おかえり」

ダル「おかえりんこー」

紅莉栖「…おかえりなさい」

鈴羽「くぅー!返事が返ってくるのってやっぱりいいねー!」ジーン

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 21:37:43.42 ID:JAU8+irm0
グー

鈴羽「あ…」

岡部「カップヌードルならあるぞ」

鈴羽「えへへ、…いただきます」

紅莉栖「む…」

紅莉栖「岡部!私もお腹減った!」

岡部「あぁ、待て!今まとめて湯沸かすから!」

鈴羽「むぅ…」

ダル(なんぞこの空気。…今日は早めに引き上げよ)

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 21:39:01.31 ID:jnBz0lG10
ダルさん…

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 21:50:02.48 ID:JAU8+irm0
――――

ダル「じゃ、僕はもうお暇するおー」

紅莉栖「ん。またね、橋田」

岡部「気をつけて帰れよ」

鈴羽「おやすみ、橋田至!」

ダル「うーい。じゃねー」

カチャ、バタン

紅莉栖「橋田も帰ったし、そろそろ交代でシャワーにしましょうか」

岡部「ん、俺は別に…」

紅莉栖「入れ」ギロッ

岡部「はい…」

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 21:57:10.25 ID:JAU8+irm0
鈴羽「うん?あれー?」ガサゴソ

岡部「どうしたのだ?バイト戦士よ」

鈴羽「いや、替えの下着が…」

岡部「今から買いに行くか?」

鈴羽「んー…」

紅莉栖「………」ジトッ

紅莉栖「…阿万音さん、ちなみにスリーサイズいくつ?」

鈴羽「えっとね…」

ゴニョゴニョ

紅莉栖「!?!?」

紅莉栖「嘘だっ!」

鈴羽「わっ!な、何!?」

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 21:57:56.36 ID:JAU8+irm0
紅莉栖「ありえない…!そのサイズでこんな…!」ムンズ

むにむに

鈴羽「ひゃあぁっ!!」

岡部「お、おい…!落ち着け、紅莉栖!」

紅莉栖「私がデブだと言いたいのか!?ああ!?」クワッ

鈴羽「な、何言ってるのかわからないよぉッ!!」

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 22:15:21.60 ID:JAU8+irm0
―――――

紅莉栖「こほんっ」

岡部「…」

鈴羽「うぅぅ…」

紅莉栖「…さっきは取り乱してごめんなさい」

岡部「まぁ、人間何かしら譲れないものもあるだろう」

紅莉栖「そういう事にしといて…」

紅莉栖「とりあえず、お詫びも兼ねて私が阿万音さんの下着買ってくるから、岡部は先にシャワー浴びててよ」

岡部「いや、俺は…」

紅莉栖「入れ」クワッ

岡部「はい…」

103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 22:15:53.49 ID:JAU8+irm0
紅莉栖「て事だから、阿万音さんはテレビでも見て待ってて頂戴」

鈴羽「う、うん」

鈴羽「…ありがとね、牧瀬紅莉栖」

紅莉栖「…まぁ迷惑かけたしね」

紅莉栖「じゃ、いってきます」

カチャ、バタン

鈴羽「………いってらっしゃい」

110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 22:30:46.67 ID:JAU8+irm0
岡部「……さて、面倒だがシャワーを浴びてくるか」

鈴羽「いってらー」

岡部「……そんな言葉遣い、どこで覚えた」

鈴羽「橋田至がよく言ってたよ」

岡部「……余り変な物は真似するなよ」

鈴羽「?わかった」

岡部「喉が渇いたら冷蔵庫に入ってる飲み物、何でも飲んでいいぞ?」

鈴羽「うん。あ、岡部倫太郎が飲んでたのって何?」

岡部「ドクペか?あれなら昼間まゆりが大量に…」ガチャ

鈴羽「あ、いいよ。この飲みかけ貰うから」

岡部「あ、おい!」

鈴羽「んぐ?」ゴクン..

岡部「……いや、もういい」

135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 23:01:21.95 ID:JAU8+irm0
TV『これもう完全に【ピー】見えてますやん!』

鈴羽「あははは…」

鈴羽「………」

<シャァァァァア....

鈴羽(岡部倫太郎、ちゃんとシャワー浴びてるみたい…)

TV『嫌やわ、本当【ピー】あかんやろ…』

鈴羽(色々伏せてるけど、これって…)

鈴羽(お、岡部倫太郎にもあるんだよね…)

鈴羽(………)

覗きにいく?

安価下1~5の多数決で

147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 23:05:28.72 ID:S7ByZV9m0
鈴羽なんつう番組見てんだよww

150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 23:12:39.40 ID:JAU8+irm0
――――

岡部『……ふぅ』

鈴羽(ちょっとだけ、ちょっとだけ…)コソコソ

カラ...

岡部「~♪」シャァァァ

鈴羽(!!)

鈴羽(わっ、わっ…!)ドキドキ

岡部「だからいま、いちびょーごとに~♪」シャァァァ

鈴羽「こ、これが岡部倫太郎の…」ボソッ

岡部「うん?」クルッ

シャァァァアア…!!

鈴羽「うわわわ…!」

岡部「な…!鈴羽?何やってるんだ…!」

鈴羽「ごごごご、ごめんっ!」ドタバタ!

153 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 23:20:27.20 ID:JAU8+irm0
――――

紅莉栖「ただいまー」

岡部「……おかえり」

鈴羽「……」

紅莉栖「どうしたの?二人とも」

岡部「いや、まぁ、なんというか…」

岡部「………気まずい感じだ」

鈴羽「…」

紅莉栖「はぁ?」

紅莉栖「とりあえず、はい、阿万音さん。替えの下着」


鈴羽「ん…ありがと」

紅莉栖「ね。岡部、ちゃんとシャワー浴びた?」

鈴羽「あ、えっと…」カァァァ

155 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 23:30:59.77 ID:JAU8+irm0
―――――

ガチャ

鈴羽「出たよー」ホカホカ

紅莉栖「じゃ、次は私ね」

紅莉栖「岡部、駒の位置操作するんじゃないわよ?」

岡部「ふん、この鳳凰院凶真にそのような小細工、必要ないわ!」

鈴羽「何やってたの?」

紅莉栖「チェスよ。今の所私の連勝中」

鈴羽「ふーん…」

紅莉栖「私がシャワーを浴びてる間、岡部がズルしないか見張っててくれると助かるわ」

鈴羽「あ、うん。わかった…」チラッ

岡部「む…」ポリポリ

158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 23:40:44.30 ID:Dev2sMun0
鈴羽が胸でしているのに助手が対抗意識を燃やすハーレム展開はよ

159 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 23:44:53.93 ID:JAU8+irm0
<シャァァァァア...

<~♪

岡部「……」

鈴羽「…」チラッ

岡部「…なんだ?」

鈴羽「べ、別に…、ズルしてないかな、って」

岡部「心配するな。そんな事をするほど腐ってはいない」

鈴羽「う、うん…」

岡部「…」

岡部「なぁ、バイト戦士よ」

鈴羽「な、何?」ドキドキ

162 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/06(火) 23:51:22.61 ID:JAU8+irm0
岡部「…さっきは一体何をしていたんだ?」

鈴羽「う…やっぱり、聞くよね…」モジモジ

岡部「………変な事をしていた訳ではないよな?」

鈴羽「………」

鈴羽(なんて答えよう…)

安価下1~5多数決

①「岡部倫太郎が裸だと思うと、いてもたってもいられなくって」→バイタ戦士ルート

②「気になっちゃうんだ、岡部倫太郎の事が…」→微HENTAIルート

177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:04:00.96 ID:ZqasY2Wc0
鈴羽「…気になっちゃうんだ」

鈴羽「その……岡部倫太郎の事が…」

岡部「俺の事?」

岡部「ま、待て待て待て…!時に落ち着け!」

岡部「それは、つまり、どういう意味だ…?」

鈴羽「ん……何て言うか、岡部倫太郎の事を考えると頭がボウッとなって、一緒にいると訳もなく嬉しくなったりして…」

鈴羽「……くっついていたくなっちゃうんだよね」チラッ

岡部「!!」

岡部「……」

岡部「~~~!」

岡部「む……う…」

182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:17:25.23 ID:ZqasY2Wc0
岡部(ぐっ…どうした我が黄金の脳よ…)

岡部(何故フラグ以外の可能性を提示できないのだ…!?)

岡部(落ち着けぇ…。リアルにこれほどあからさまなフラグが存在する訳…)

鈴羽「ねぇ、そっちに行ってもいい?」

岡部(ある……のか……?)

鈴羽「……ダメ、かな」

岡部「…いや、構わん」

岡部(断れるか…そんなもん…!)

鈴羽「ありがと」スッ

ストンッ

岡部(ぬわぁぜ俺の膝に座るううぅぅぅ!!?)

183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:18:23.72 ID:ZqasY2Wc0
鈴羽「も、もっとくっついてもいいかな…?」

岡部(馬鹿な…これ以上は俺の理性が…)

------ギュッ

鈴羽「ん…」ギュッ

鈴羽「えへへ。何だか嬉しくなっちゃうな」

岡部(………理性などなかった)

193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:32:48.49 ID:ZqasY2Wc0
チュッ...

鈴羽「ん…」

岡部「鈴羽…」

鈴羽「好きだよ、岡部倫太郎」

鈴羽「…大好き」

195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:33:15.91 ID:EJ1ESHLP0
俺だって鈴羽のこと大好き

196 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:33:38.30 ID:ZqasY2Wc0
岡部「……俺もお前が」

チュッ

岡部「ん…む…」

鈴羽「んちゅ……っはぁ…」

鈴羽「ふふ。君の返事は態度で示してくれると嬉しいな」

岡部「しかし、今は紅莉栖が」

鈴羽「………」

安価下1~3多数決

①「たぶん、牧瀬紅莉栖も同じ気持ちだから」→両手に花END

②「見せつけてあげてよ…」→バイタ戦士、覚醒END

③「一つだけ教えて、君の気持ちだけ」→秘密の関係END

217 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:44:03.26 ID:ZqasY2Wc0
――――

コンコン

鈴羽「牧瀬紅莉栖、ちょっといい?」

紅莉栖「え?ちょ、ちょっと待っ…」

ガラッ

鈴羽「なーんて、答えは聞いてないんだけど」

紅莉栖「なっ…えっ!?」

紅莉栖「何して……何で裸なの!?」

鈴羽「牧瀬紅莉栖だって裸でしょ?」

鈴羽「ねぇ、そんな事よりさ」

紅莉栖「そんな事って…!」

鈴羽「牧瀬紅莉栖に聞きたい事があるんだ」

紅莉栖「ちょ、顔近いって…」

鈴羽「答えて」ズイッ

220 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:48:30.85 ID:ZqasY2Wc0
紅莉栖「答える、答えるから…っ」

鈴羽「ふふ。じゃあ質問」

鈴羽「岡部倫太郎の事、好き?」

紅莉栖「……!」

鈴羽「ちなみに、私は大好きみたい」

鈴羽「牧瀬紅莉栖の答え次第では、私はすぐにでも岡部倫太郎とそういう関係になるつもり」

紅莉栖「…」

鈴羽「さぁ、答えは?」

紅莉栖「私は…」

221 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:52:39.23 ID:4bvE7byWO
ワッフルが大量に焼き上がったようです

225 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:55:46.63 ID:Ld5qific0
ダルなら俺の横で寝てるよ

226 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:56:34.67 ID:ZqasY2Wc0
――――

岡部「…」

鈴羽「お待たせ!」

岡部「ああ…」

紅莉栖「岡部…」

岡部「紅莉栖、俺は…」

紅莉栖「ま、待って!」

紅莉栖「口には出さないで…」

鈴羽「態度で示して、岡部倫太郎」

鈴羽「裸の私達を抱きしめるか…」

紅莉栖「服を着せて寝かせるか…」

二人「二つに一つ、だから、ね?」

両手に花END

228 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:57:05.47 ID:2/GSv+uW0
え?

229 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:57:18.97 ID:ZqasY2Wc0
疲れた…寝ます

230 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:57:40.31 ID:3OerF4UP0
おい








おい

231 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 00:59:24.64 ID:/2PXK9FJ0
おいおい大事なとこ抜けてるぞ

232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 01:00:04.07 ID:2/GSv+uW0
ここからだろ…?
シュタインズゲートの選択だろ?

233 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 01:03:24.47 ID:4PLFhdA30
       _,、=:ニ;‐、、--――‐y、,_     ,,r;;;;''''=―--、、,_
       /´  ヽ,ヽ,.゙'l,.゙Y;--',r'゙'ヾ;'V.j   /∠,,.r_;'゙-‐-,<゙゙ヽ,'i、'‐、,
      ./_   .,,_j ゙l l,. Y/゙'ヾ、;、ノ,r;'|  /jフ,r-、ヽ、  _,,>.゙'ー;゙' ーi,. |'i,
      j.ヾ!  ト‐! | .| .|,_ ./,.〈. 〉| ./ .(゙   _>゙'゙ r''゙´'i,゙l, ,j レ! .|:|  頼れるよい子の味方! 『キング・クリムゾン』登場!
      .|il,  __  j .j゙ .l  ト,゙',/ j.゙ r;| .レ'゙''‐ニ'''゙r''゙´ .゙l,ヽ,. ,ノ ゙ r''1.jノ
      .|.l,゙l, ゙ー゙.ノノ  / / ゙l ゙l,ヽr',r'l ゙;| .ト、,. /./´゙ヽ;.、 ノ ,゙rッ  .,Y';V   『エロ』の『過程』は消し飛ぶッ!!
      | l,.゙ヽ--'゙ ,ノ  /  l, ゙'゙,,.l, ,j ゙| l,ヾ,、--、,,,、'_, r''゙ l   / li,;)
      l,. ゙'i,  /  ,rシ-、,ィ) l,゙i,V/゙j゙ /゙,,、、、,_  ゙\!.レ゙  .| Y゙
       ゙l゙i,・ヾi, ,/ィl、・_ノ ,;:: ゙シ'i.l,ノ ./゙    \  ゙Y:   .l /
       | `ラ´゙'''´ ''"'´  .|  |:.r'`V'''" ̄`゙ヽ、  ゙'i,  |.   ' /
       ゙'i,         .j  |./ ∧、, ゙̄ヽ、. \ ゙l. |\ ./
        ゙i,. r、,,,.、,_   / ノメ、 .j |ヾヽ,゙'ー---‐'''''ヾ-、,‐'
         .゙i,ヾ'-'ニワ.  / ./ノ .V j゙ |'i,. ヽ;-‐-、,_::::__ ::..>
        /:::l,〈`   //‐'´ ./.ヽ/ .j.ノ  .:ヾ、;:) ゙'i    `ヽ、
       /::::::::|ヾ‐;<;/__,、r'´ ./ .)='゙  ..::  ,ソ  .(:: _,,r‐''゙⌒`゙ヽ、,
      / l;::::::::::Y゙人゙l;:.    .,/,r'ニ゙   _,、r''´  ..:: ゙ヾ、     ::  ヽ,
     l  /,r:| j‐゙''l; ゙ニー‐'゙ (`l.(_,r‐'''゙´__,, ....:::::   .`ヽ、,....:::::..   ゙l,
     .!. .l゙l゙レ'>‐゙ | ト;゙i,l、ノ,r;;'ニ゙/´゙Y .,r'゙ ̄    .....::::::::::::::::::::::::.゙ヽ、:::    l,
     | 'ー;l.'i,.l゙  ,j 'シ'‐-ヘ;'V゙./  ゙l, ヽ, ......:::            ::::..ヽ,   ゙l
     .|._,rラl,.|  / ,i l,   .ノ , ゙i,   .゙ィ,.レ'                :.゙l,  .|
     / / ゙l l,゙l,/./ .l, l, ././ .゙l,゙l、  /.,ィ´ ,.r''ニ'' ヾ,            .:l, j゙
   .,rl´.'-‐ニ, .,、 L,,,,,゙l, V /   ヽ,゙'´/.|  .l゙/;=iミ;゙'i,. [        .:::::::::::::::Y゙
  .,r',、 「゙´  | .| jヾ、--、ヾl,    /,、 ゙l,.゙l、-';j;ノ::::::゙レ゙lj゙   ........::::::::::::::::::::::::::|
 / ./.| .レ-‐' 'ソ::l,゙l, ./.∧、ヽ、,,/,/,,゙'i,,゙L、‐'゙::/::://     :::::::::::::::::::::::::::::j゙
 レ:'二i .i''゙゙´| .|:::::::)、V.l゙  ゙l,.゙'V /   ゙'i, ゙V゙ /ノ゙ /゙L,___,,,_   : : :: :::::l
..゙T´ .| |  ,.| .|::::::/ ゙'i,゙l,  `i , l,    〉,,.〈/  .ヽ、,,,,,、、-―‐-、ヽ、  ..:: .:/

235 厨三病患者 ◆Mm/fbypRxo :2012/03/07(水) 01:10:09.45 ID:KI4dmhsZ0
なんだこれ?うわっ!マグマ?マグマだ!

237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 01:15:43.50 ID:2/GSv+uW0


239 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 01:21:06.41 ID:GM4Pf1wiO
コレがシュタインズゲートの選択か…

240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/07(水) 01:33:36.12 ID:3OerF4UP0


関連記事
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/03/07 10:18 ]
  2. 何という投げっぱなしジャーマン
    安価と言いつつほとんどその選択肢掘り下げてないからまるでありがたみがねぇ
  3. 774@いんばりあん [ 2012/03/07 11:27 ]
  4. 普通のSSかと思ったらいきなり安価になるパターンは本当にやめてほしい
    最初からわかっていれば読まなくてすむのに
  5. 774@いんばりあん [ 2012/03/07 17:56 ]
  6. 安価そのものは別にいいんだけど、選択肢である必要性が無かったな
  7. 774@いんばりあん [ 2012/03/07 18:00 ]
  8. つまんね
  9. 774@いんばりあん [ 2012/03/08 22:19 ]
  10. まーた安価で濁す
  11. 774@いんばりあん [ 2012/03/08 22:25 ]
  12. 基地外の書いたSSだな
  13. 774@いんばりあん [ 2013/08/21 05:58 ]
  14. 叩かれすぎワロタ
  15. 774@いんばりあん [ 2013/08/21 05:59 ]
  16. 叩かれすぎワロタwww
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング