HEADLINE

エイラ「まーたツンツンメガネが便所でメシ食ってるゾwwww」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 01:52:03.51 ID:tKgvRhMw0
エイラ「上から水ブッカケよーゼwwww」
宮藤「えー…エイラさん一人でやってくださいよ」
リーネ「いつまでもそんな感じで恥ずかしくないんですか?」
ルッキーニ「死ねよ」
エイラ「えっ」

6 忍法帖【Lv=3,xxxP】 :2012/03/22(木) 01:55:27.67 ID:7LWrOj6n0
おいやめろ








やめろ


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 01:59:45.08 ID:h7QiqHm/0
芳佳「私知ってます」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:08:30.29 ID:Vt0hzoL9O
ルッキーニ「こいつコミュ障でさーにゃん以外と話さないくせにうざいよシャーリー」

シャーリー「あはは、仕方ないさルッキーニ、ああいうやつは誰かを標的にしなきゃ生きていけないんだ」

エイラ「エ…」

芳佳「行こうリーネちゃん…」

リーネ「そうだね、芳佳ちゃん!」スタスタ

エイラ「アッ!待っ………て…」

ペリーヌ「…」

エイラ「……ミンナ」

エイラ「ワタシヲヘンナメデミンナァァァァウワァァァァ!!!!!!!!」

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:11:06.56 ID:iCM832T30
かまわん

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:16:08.94 ID:Vt0hzoL9O
ペリーヌ「…時間ですので、失礼しますわ…」

エイラ「なっ…!!なんだよオマエ!ツンツンメガネのくせに…」

ペリーヌ「…失礼いたしますわ…」ガチャ

エイラ「アッ…………」

エイラ「…」

エイラ「…サーニャにあいにいこう」

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:20:30.10 ID:Vt0hzoL9O
ガチャ

サーニャ「スゥ…スゥ…」

エイラ「…ふふ、またベッド間違えてる…」

エイラ「ふふ…き、今日ダケダカンナ!」

サーニャ「…エイラうるさい」

エイラ「エッ!?ナ、ナンダヨサーニャオキテ」

サーニャ「なんでここにいるの?」

エイラ「エッ…?ナ、なんでってここわたしのベッ」

サーニャ「違うよエイラ、もうこの部屋はわたしの一人部屋、エイラの居場所はもうないの」

エイラ「な、何言って…」

サーニャ「出てってよ、エイラ、出ていって」

エイラ「…嫌ダ…嫌ダァァ…」グスッ

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:22:01.24 ID:Uxh2oWFoO
いいぞ

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:24:38.51 ID:Vt0hzoL9O
サーニャ「ああもう……出てってって言ってるじゃない!!!!目障りなの!!わたし今夜も哨戒あるのにいつもいつもキョウダケダカンナキョウダケダカンナって言われて目が覚めちゃう!!!」

エイラ「ヒッ…」

サーニャ「うるさいのエイラ!!!うるさいの!!だからミーナ中佐に希望をだしてエイラの部屋移してもらったの!!わかった!!わかったよね!!出ていって!!でてけ!!でてけ!!」

エイラ「ソンナ…サーニャ……ワタシハタダ」

サーニャ「うおおおおおおおうるせえってばよおおでてけよおおおうおおおおおおお!!!!!!!!!!」プルプル

エイラ「ヒッ!!ゴメンナサイッ!!!ゴメンナサイッ!!!」ダッ

サーニャ「おおおおおおおおお!!!!!!」プルプル

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:25:42.71 ID:Rg3+ylcV0
プルプルしながらマジギレするサーニャかわいい

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:28:34.17 ID:q4eW6DRj0
大粛清が来るな・・・

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:30:22.39 ID:Vt0hzoL9O
エイラ「グスッ…グスッ…」スタスタ

坂本「ん、どうしたエイラ」

エイラ「アッ…な、ナンデモナイ…」

坂本「そうか!はっはっはっは!!!お前は悩みもなく脳天気な生き方しかできないからな!三流だ!生き方が三流なのさ!!はっはっはっは!!じゃあな!!」スタスタ

エイラ「ナンダヨソレ……」

エイラ「新しい部屋は…」

エイラ「…………ア」

ペリーヌ「……へ?」

エイラ「嘘だろ…お前と一緒の部屋ナンテ…」

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:34:50.58 ID:jWgc9MZn0
もっさん…

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:35:22.81 ID:Vt0hzoL9O
ペリーヌ「よ、よろしくお願いしますわ」

エイラ「嫌ダ!!どおしてお前ナンダ!!出テケヨ!!この部屋はわたしの部屋ダ!!」

ペリーヌ「そ、そんなの身勝手すぎますわ!!あなたがサーニャさんに迷惑をかけたから部屋が移動になったんじゃない!!それにこの部屋を先に使ってたのはわたくしよ!?」

エイラ「う、うるさいなぁ!ツンツンメガネの癖に!」

ペリーヌ「もういいですわ!せっかく今までの事水に流して、また関係をやり直そうと思っていましたのに!!信じられない!!」

エイラ「えっ…」

ペリーヌ「ここから出ていって!!あなたの顔なんてもう見たくありませんわ!!」

エイラ「そ、ソンナ…待ってくれよぉ…」

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:41:59.35 ID:Vt0hzoL9O
ペリーヌ「最低よあなた!!着任当初の宮藤さんよりも最低!!」
ガチャ
宮藤「ペリーヌさぁん!これから一緒にトランプやりません?」

リーネ「バルクホルン大尉も一緒にやるんです」

ペリーヌ「い、いいですわね!是非やらせてもらいますわ!わたくしの部屋をお使いになって!」

芳佳「わぁい!きっと楽しいで…あ、え、エイラさん…その、こんにちは」

リーネ「あ…どうも」

ペリーヌ「まだいましたの?早く出ていって下さりません?悪いですけどこの部屋四人までしか入れませんの、バルクホルン大尉を入れて四人、あなたの居場所はありませんわよ」

エイラ「……」ダッ


47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:50:32.23 ID:Vt0hzoL9O
エイラ「また追い出された…」

エイラ「…もう無理ダナ…」

坂本「お、どうしたエイラ!」

エイラ「ア、いやナンデモ」

坂本「なんでもないなら何故こんなところをぶらついている!」

坂本「自分の階級を弁えろ!そんな暇している場合では無いだろう!」

坂本「いいか!我々は最前線で戦うウィッチだ!!だが戦いを常に有利に進めるためにまずすることは訓練だ!!わかったな!わかったら訓練だ訓練!!はっはっはっは!!」

エイラ「…わ、わかったよぉ…」

坂本「ボケっとするなぁ!!早く行かないか!!!」

エイラ「ウェ~…」

サーニャ「…プッ…クスクス」ジー

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:53:49.46 ID:Vt0hzoL9O
エイラ「訓練ったって…わたしは別に」

ルッキーニ「あー!!みてみてシャーリー!!ぼっちだぁ!!」

シャーリー「お?どーしたルッキーニ!!今日はえらく楽しそうだな!」

ルッキーニ「ウジュ!エ~イラぼっち♪ぼっちの娘♪」

シャーリー「あははは!いいぞルッキーニ!!もっと言ってやれ!!」

ルッキーニ「ぼっち♪ぼっち♪ぼっちの子♪やることなすことぼっちくさい♪ウジュジュwwwwwwwww」

エイラ「……もう死にたい…」


51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:56:49.61 ID:l/vzZOeT0
学生時代を思いだすSSだな…

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:58:40.05 ID:tKgvRhMw0
ていうか初っ端からシャーリーが1番キツイ事言ってると思う

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 02:59:09.79 ID:Vt0hzoL9O
サーニャ「ヒィーヒッヒッヒwwwwww」ジー

エイラ「もうやめよっかなぁ…ウィッチ…」

バルクホルン「甘えるなよ三流、たかが隊の中で関係がぎこちなくなった程度の理由でウィッチを辞められると思うなよ」

シャーリー「なんだよ堅物!邪魔すんのかよ!」

バルクホルン「またお前か、いい加減なんとかならないのか、お前達は軍人としての意識が足りなすぎる」

エーリカ「トゥルーデはやく行こーよー、宮藤待ってるよーはやく行こうよー」

バルクホルン「わかっている!ただ少し騒がしかったから注意をしに来ただけだ」

エイラ「宮藤が呼んでるって、あの部屋四人しか入れないんじゃナイノカヨ!?」

バルクホルン「一体なんの事だ?行くぞハルトマン!妹が待っている!」

エイラ「こんなの絶対オカシイ…」

ルッキーニ「ウジュジュwwwwwwぼっちぼっちwwwwww」

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:05:57.68 ID:Vt0hzoL9O
ルッキーニ「ねぇねぇシャーリー!飽きちゃった!ウジュー」

シャーリー「あはははそうかそうかルッキーニ!だが私はアイツ見てるだけで面白いぞ!」

ルッキーニ「ウジュー寝るー!」

エイラ「…ナンダヨ…ナンダヨ…」スタスタ

シャーリー「おーい!どこにいくんだー?居場所なんてもうないぞー!」

エイラ「…ウルサイナァ……」

エイラ「…ミーナに話そう、部隊を抜けたいって」



サーニャ「ひぃひひひwwwwwwwww…………哀しい目をしてるエイラかわいい…」ジー

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:07:26.53 ID:BWKIhJpf0
どうもサーニャだけ脳内再生難しい

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:08:11.57 ID:bzdV3Ta50
サーニャ病んでるな

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:15:32.23 ID:Vt0hzoL9O
ミーナ「駄目よ?」

エイラ「え?で、デモ…」

ミーナ「駄目に決まってるじゃない、軍隊をナメないで。エイラさんは重要な戦力になるの。それに私達は誰か一人が欠けたらもうストライクウィッチーズじゃなくなってしまうわ。」

エイラ「…い、いや、みんなもうわたしなんかいなくてもいいと思ってるぞ…多分ナ…」

ミーナ「!!そんな事言わないで!!みんなエイラさんの事は好きよ?一緒に戦ってきた仲間じゃない!」

エイラ「ミーナ…で、デモナァ…」

ミーナ「きっとただの思い違いよ。大丈夫、それにエイラさんにはサーニャちゃんがいるじゃない。ね?だから部隊を辞めたいなんて言わないでほしいの。」ニコッ

エイラ「わ、ワカッタヨ…」

サーニャ「……チッ」ジー

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:16:55.06 ID:pI/gV/Pp0
このままじゃ芳佳ちゃんウルトラハッピーできねぇぞww

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:19:40.64 ID:bzdV3Ta50
さーにゃんはエイラ好きなのか嫌いなのか

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:21:04.98 ID:Vt0hzoL9O
宮藤「あー楽しかった!…ところでペリーヌさん、さっきエイラさんが部屋に居たのはなんでなんですか?」

ペリーヌ「あ、あれは…まぁ言い争いのようなものですわ、わたくしも少し熱くなってしまっていて…」

リーネ「大丈夫ですよペリーヌさん、どうせエイラさんそんな事気にしてないですよ!それに今までさんざん意地悪されたじゃないですか!むしろいい機会ですよ!わからせてあげましょうよ!」

芳佳「ちょ、ちょっとリーネちゃんそれは言い過ぎじゃ…」

リーネ「そんなことないよ芳佳ちゃん!思い知らせてやらなくちゃダメなの!」

エーリカ「でもなーそれじゃ誰も幸せになれないじゃんかーまーいっか」



76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:25:59.53 ID:Vt0hzoL9O
バルクホルン「そんな事より宮藤このあと私の部屋に来ないか」

芳佳「や、やっぱり悪いよリーネちゃん!わたしよくわからないけど、それは嫌なの!」

リーネ「芳佳ちゃん…大丈夫だよ?いつかわかるから…」

ペリーヌ「ま、まぁ少しは反省してもらいたい気持ちもありますけど…」

バルクホルン「なぁ宮藤聞いていたか?そうか聞こえなかったか、もう一度だけ言うぞ、これは命令だ宮藤」

エーリカ「エイラだって悪気があるわけじゃないじゃんかー、あ、それがいけないのか」

芳佳「でもでも、それじゃみんな傷つくだけなんじゃ」

バルクホルン「宮藤、私だ宮藤、一番傷ついてるのは私だ宮藤」

リーネ「あまいです皆さん!粛清が必要な時もあるんです!!」

バルクホルン「痛いなー心、心の傷が深いぞ宮藤、お前の夜の治癒魔法でなんとかならないだろうか、なぁ宮藤、返事をしてくれ宮藤ィィィイ」

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:33:02.81 ID:Vt0hzoL9O
ガチャ
サーニャ「あ、…あの」

宮藤「あ!サーニャちゃん!」

リーネ「あろなにしにきたのかなサーニャちゃん用が無いなら帰ってよ今芳佳ちゃんは私と遊ぶので忙しいの」

バルクホルン「聞き捨てならないなリネット、宮藤の私有を私がいつ認めた」

エーリカ「妹だもんねーウシシシ」

バルクホルン「あぁその通りだ!!」

サーニャ「いや……あのわたし、リネットさんに賛成です…」

ペリーヌ「な、何を」

サーニャ「エイラを…もっとイジメなくちゃ…だめだと思います…」

芳佳「な、なにいってるのサーニャちゃん?そんな事だめだよ」

サーニャ「いいの芳佳ちゃん…だって、イジメられてるエイラ……すごくかわいい」

バルクホルン「しかしなサーニャ、そんな事言っても宮藤のほうがかわいいぞ」

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:34:48.22 ID:+nIdMPop0
ミーナさんは女神やな

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:38:32.96 ID:Vt0hzoL9O
芳佳「一緒に戦った仲間なんだよ?そんな理由で意地悪するなんて私は納得できないよ!」

サーニャ「芳佳ちゃん…でもね……落ち込んでるエイラ、ほんとにかわいいの…」

リーネ「わたしもサーニャちゃんに賛成かなぁ、芳佳ちゃん狙いじゃないなら私達仲良くなれるよ、きっと」

芳佳「皆さん…だめですよ…」

ペリーヌ「…まぁ、たまにはそういうのもいいのかしら」

バルクホルン「宮藤、ほら私はまともだぞ宮藤、話そう、話をしよう宮藤」

ウォォォォ…

エーリカ「あー警報なってるー」

芳佳「ネウロイ!?」

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:44:54.20 ID:Vt0hzoL9O
ミーナ「そんな!予想よりも早いわね…」

エイラ「ど、ドウスンダ!」

ミーナ「エイラさん、単独で先行してネウロイの注意を引き付けてくれる?あなたの未来予知ならダメージを貰う事も無いはずよね。」

エイラ「わ、ワカッタ!けどあんまりもたないぞ!わたしだって無敵じゃないんだ…」ダッ

ミーナ「…ふっ」

坂本「………どうするんだ、皆は召集してあるが」

ミーナ「…ふ、ふふふふふ、これでいいのよ美緒。援軍は出さないわ。」

坂本「なに!?どういう事だミーナ」

ミーナ「あの娘は部隊を抜けたがっていたの。でもそれはきっと自分がどれほど重要な存在なのか理解できてないからよ。気まぐれで軍隊を辞められないって教えてあげなくちゃ。」

坂本「なるほど、流石ミーナだな!スパルタか!はっはっはっは!!」

ミーナ「ところで美緒、万が一なんだけど、エイラさんの様子、おかしくなかった?もしそうなら今すぐに呼び戻すけれど…」

坂本「なぁに!問題などなに一つなかったさ!はっはっはっは!!」

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:46:26.48 ID:Rg3+ylcV0
このもっさんは烈風斬使えなそう

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:52:33.87 ID:Vt0hzoL9O



エイラ「ハァハァ………遅いなぁ援軍……そろそろ魔法力が厳しい…」

エイラ「ハァハァ………クッ…み、ミーナ聞コエルカ!援軍はいつ到着スルンダ!誰が来ル!宮藤カ?サーニャ!?はやくしてくれ…」」

ミーナ「……エイラさん、すごいじゃない。15分もたった一人で大型ネウロイ相手に戦って。単独撃破も夢じゃないわ!頑張ってエイラさん!」

エイラ「た、単独撃破ドコロジャナイ!魔法力が限界ナンダ!ミーナ?おいミーナ!応答してくれ!!ミーナァァ!!!」

エイラ「クソッ………もう本当に無理ダゾ……」

ドシュゥゥウ!!

エイラ「あっ…しまった……」

エイラ「がはっ!!……いったたた………はは、まさかわたしが被弾スルナンテナァ……ハァ………ハァ……」

エイラ「ミンナマダカナァ………」

エイラ「サーニャ………宮藤………」

エイラ「………ペリーヌ……」

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 03:57:56.07 ID:Vt0hzoL9O
芳佳「どうして出撃しちゃだめなんですか!!坂本さん!!」

坂本「当初はお前達も援軍として後から出撃させる予定だったが、天候が酷くなりすぎてな…」

芳佳「天候なんて!!こんな嵐なんともないです!わたし行きます!エイラさん一人だけなんて!!」

坂本「だめだ宮藤、お前は悪天候の中の戦闘になれてないだろう、お前に限らずウィッチの天敵は悪天候だ、扶桑海事変の際に作戦が円滑に進まなかった最大の理由は天候なんだ」

宮藤「そんな…でも、それでもエイラさんはその悪天候の中戦ってるんです…たった一人で」

リーネ「大丈夫だよ芳佳ちゃん、エイラさんは未来予知できるしきっと安全だよ!」

ペリーヌ「そ、そうですわ!なにも心配はいりませんわ!」

98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:03:18.46 ID:Vt0hzoL9O
ルッキーニ「ウジュジュ…ねぇねぇシャーリー!ぼっちがぼっちで戦ってるよ!!」

シャーリー「あはははそうだなルッキーニ!アイツにはこの戦い方がお似合いさ!」

ミーナ「エイラさん…私のミスだわ…私が単独撃破頑張ってなんて言ってる間にまさかこんな酷い嵐になってしまうなんて」

坂本「…宮藤はどこだ?」

リーネ「それがさっきから見当たらなくて…」

エーリカ「お腹空いたよトゥルーデーお腹空いたお腹空いたー!!あれ?トゥルーデもいない」

ペリーヌ「まさかあの娘…」

リーネ「ちなみにサーニャちゃんもいないんです」

シャーリー「誰だっけそいつ」

リーネ「え」

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:07:11.98 ID:jWgc9MZn0
シャーリーひでえ

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:08:48.61 ID:Vt0hzoL9O
ミーナ「天候のせいか通信も途絶えたままだし…」

坂本「はっはっはっは!宮藤にバルクホルン、サーニャが命令無視か!懲罰の必要があるな!」

リーネ「エイラさんもし芳佳ちゃんに何かあったらゆるしませんからバルクホルンさんとサーニャちゃんも芳佳ちゃんと何かあったらゆるしませんから」

ペリーヌ「うわぁ…」

シャーリー「さぁて!おーいルッキーニ!私達にはもう関係ないから寝るよ!」

ルッキーニ「寝る寝るー!!」

エーリカ「わたしも眠ろーっと」

リーネ「……はっっっ!!!今なら芳佳ちゃんの汗や臭いの染み込んだベッドが使い放題!!…わ、わたしも休憩もらいます!!」

ペリーヌ「うわぁ…」

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:15:03.03 ID:Vt0hzoL9O


エイラ「………もう無理ダナ…ありがとうみんな…ジャアナ」

エイラ「カカッテコイヨォ!ワタシハニゲナイゾー」

ドシュゥゥウ!!!
エイラ「うわぁぁぁー」

ヒュー…………

ドボン!!


サーニャ「あ、海に墜ちた」

芳佳「み、見た!?サーニャちゃん!!ビームが当たった瞬間のエイラさんすごいいい顔だったね!」

サーニャ「そうだね芳佳ちゃん!…観にきてよかったね…」

芳佳「うわぁぁ!やっぱり辛そうなエイラさん最高だよぉ!普段は棒読みな不思議な人なのにあのギャップ!サーニャちゃん!こんないいもの教えてくれてありがとう!!」

サーニャ「いいの芳佳ちゃん…あ、海に墜ちたエイラ回収しなきゃ…」

芳佳「わざわざ嵐の中見に来たかいがあったよぉ!えへへ~!」

サーニャ「こうでもしなきゃ、二人で観に来れないもの…」

103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:16:13.84 ID:Rg3+ylcV0
なに…?
芳佳ちゃん…?
あれ…?

107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:20:25.83 ID:Vt0hzoL9O
サーニャ「よいしょ…よいしょ…」

芳佳「うわぁ!ビームが直撃したのにお人形さんみたいにキレイだね…」

サーニャ「エイラ……笑ってる…」

芳佳「キレイだなー!キレイ系ー!」

サーニャ「エイラ…エイラ…?………あれ……エイラ脈が…」

芳佳「大丈夫だよサーニャちゃん!最初の予定通り私がエイラさん治してあげるから!」ブゥゥン…

芳佳「…あれ…?傷口が塞がらない…」

サーニャ「芳佳ちゃん…エイラ…無いの…脈が、無いの…」


芳佳「え…?」

109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:24:16.19 ID:Vt0hzoL9O
芳佳「え…?嘘だよサーニャちゃん…」

サーニャ「いやほんとに、芳佳ちゃん計ってみてよ」

芳佳「いやいやわたしはいいよ、え?サーニャちゃんマジで言ってる?」

サーニャ「いやいやマジだってば、マジに脈無いんだってば…」

芳佳「………あーっと、まずいよねこれ…」

サーニャ「どうしよう…」

芳佳「ん…?でも待ってサーニャちゃん!もしかしたらこれでエイラさんを自由に使えるんじゃない!?」

サーニャ「!!」

芳佳「本当にお人形さんになったんですね!エイラさん!」

サーニャ「わたしだけの…お人形…エイラが…えへへ…」

110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:26:38.92 ID:sXD/RWXZ0
反省しない・・・だと

111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:28:50.38 ID:XG9a0ncH0
調子こいてるエイラが総スカン食らう話だと思ったのに
いや、最初はそういう話だったのにどうしてこうなった

114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:30:47.08 ID:Vt0hzoL9O
バルクホルン「宮藤どこだ宮藤…」

バルクホルン「あ、ネウロイ」

バルクホルン「邪魔だー!!!」ズババババ!!!

ネウロイ「ワー!!」パリーン

バルクホルン「ふん…エイラのやつ、こんな雑魚すら倒せないのか、ところで宮藤はどこだ宮藤」

バルクホルン「宮藤が欲しい」


サーニャ「担いでいけばいいかな…」

芳佳「わたしも手伝うよ!サーニャちゃん!」

バルクホルン「いたいた宮藤おーい宮藤大丈夫か宮藤!!」

サーニャ「あ…バルクホルン大尉…」

バルクホルン「誰だ貴様は」

サーニャ「え」

115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:32:14.67 ID:Rg3+ylcV0
なんだこのかわいいネウロイ

116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:38:28.49 ID:Vt0hzoL9O
ミーナ「宮藤さん、サーニャさん、バルクホルン大尉、お疲れ様、エイラさんは…?」

芳佳「それが見てくださいよ!お人形さんになったんです!」

サーニャ「こんなキレイなお人形…はじめて…うれしい…」

坂本「はっはっはっは!実物の人間を人形にするとは!粋だな宮藤!!大切に使えよ!はっはっはっは!」

ルッキーニ「シャーリー!あたしもお人形ほしいよぉ!!」

シャーリー「あはははそうかルッキーニ!待ってろよ!数週間くらいでお前にもやるよ!」

ルッキーニ「ウジュジュ!楽しみ楽しみぃ!」

ペリーヌ「そ、そんな…エイラさん…エイラさん…うわぁぁん…」

リーネ「なに泣いてるんですかペリーヌさんエイラさんは死んで当然じゃないですかなにもおかしい事ありませんよ」

118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:41:35.70 ID:Vt0hzoL9O
数週間後

バルクホルン「おいハルトマン!!ハルトマァァン起きろ!!何時だと思っている!!」

エーリカ「うえ~やだやだ…あと72時間…」

バルクホルン「馬鹿を言うな!今すぐ起きろー!!!」

エーリカ「嫌だって言ってるじゃん」

バルクホルン「なっ…!?」

エーリカ「今日は訓練もなにも無いんだし好きに寝かせてよ、みんながみんなトゥルーデみたいに生きてるわけじゃないんだからさ」

バルクホルン「な、なにを言って…だいたい貴様…お前!!」

121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:45:43.33 ID:Vt0hzoL9O
エーリカ「なんだよ、まだなにか言いたい事あるの?」

バルクホルン「おおありだ!お前にはカールスラント軍人としての誇りが無いのか!」

エーリカ「ここはカールスラントじゃないよ」

バルクホルン「そうじゃない!規律の話をしているんだ!カールスラント軍人たるもの一に規律二に規律」

エーリカ「面倒くさいなぁ…じゃカールスラントに帰ればいいのに」

バルクホルン「な、!?なに言って…お前…カールスラントは…」

エーリカ「ここはもうトゥルーデの居場所じゃないよ、出ていって」

バルクホルン「なっ…!?なにを…一体なにを…」

エーリカ「出てけ出てけー」

バルクホルン「…!」ギリッ

バタン

エーリカ「……さぁて、あと96時間寝よっとー…………」クカークカー

122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:49:52.29 ID:dqNp8BfIP
最初のペリーヌの便所飯はなんだったんだ

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:51:20.60 ID:Vt0hzoL9O
バルクホルン「なんなんだアイツは…?冗談でも言っていいこと悪いことはあるんだぞ…!!」

リーネ「それでねーペリーヌさんたら戸棚の中に剱をしまってたの」

芳佳「うわぁかっこいいなぁ」

バルクホルン「あ、宮藤!お、おい宮藤!!私だ宮藤!お姉さんだぞ!!」

芳佳「あ、ど、どうもバルクホルンさん…」

リーネ「こんにちは大尉!」ギロッ

バルクホルン「少し話したいことがあるんだ、今から私の部屋に」

リーネ「バルクホルン大尉、芳佳ちゃんはわたしと予定があるのでこれで!さよなら!」

バルクホルン「ま、待て宮藤!いかないでくれ!!」

芳佳「あ、あー!そうだったねリーネちゃん!そ、それにエイラさんの防腐剤塗らなきゃ…」

バルクホルン「宮藤…!!宮藤ィィィイ!!」

125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:56:27.81 ID:Vt0hzoL9O
バルクホルン「宮藤!!私を避けるような真似は今後一歳許さん!!これは命令だ!!いいか!!上官命令だ!!!!」

リーネ「…酷い…芳佳ちゃん嫌がってるのに…」

バルクホルン「黙れリネット!!これは宮藤と私の問題だ!」

芳佳「か、勝手に決めないでください!!酷いですよバルクホルンさん!!私、わたしこんなの絶対いやです!」

バルクホルン「あっ……いや、違う、違うんだ宮藤…」

リーネ「最低です大尉、これはパワハラですよ、あなたはもうここにいちゃいけません」

バルクホルン「え…?」

芳佳「帰ってよ…!!!カールスラントに帰ってよ!!!」

バルクホルン「あわ、あわわわわ」

バルクホルン「うわぁぁ!!!」ダッ

126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:57:48.51 ID:Vt0hzoL9O





ルッキーニ「ウジュゥ…ねぇねぇシャーリー!!お人形さんまだぁ!!!」

シャーリー「なぁに大丈夫さルッキーニ、もう少しでできるよ…」

シャーリー「少々堅物だけどな」ニヤ



終わり

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 04:58:50.17 ID:Rg3+ylcV0
いや怖えよ

終わらせるなよ怖えよ

133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 05:14:14.01 ID:Rg3+ylcV0
ざっと読み返したが、オチをみたあとに読み返すとどうみても最初からシャーリーが黒幕じゃないか…
即興で書いたわりにはすごいな

177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 12:57:49.59 ID:Vt0hzoL9O
サーニャ「ん……エイラに防腐剤使わなきゃ…」

エイラ「」

サーニャ「ふふ…かわいいよ、エイラ」

エイラ「」

サーニャ「んしょ……んしょ……と、これでいいかな、エイラ」

サーニャ「イーゾサーニャ!(裏声)」

サーニャ「…」

エイラ「」

179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:01:33.92 ID:Vt0hzoL9O
ガチャ
芳佳「ごめんなさいサーニャちゃん!わたしうっかり防腐剤の時間忘れてて…」

サーニャ「いいの芳佳ちゃん…ちゃんとやっておいたから…」

芳佳「…キレイだね、エイラさん!」

エイラ「」

サーニャ「ふふ…そうだね、芳佳ちゃん…」

エイラ「」

芳佳「…」

サーニャ「…」

サーニャ「……つまんない」

芳佳「…え?」

サーニャ「動かないエイラ、つまんない…」

芳佳「え…でも」

サーニャ「飽きちゃった」

180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:05:09.26 ID:Vt0hzoL9O
サーニャ「もう…ポーズつけたり、着せ替えしたりも…やりつくしちゃったし…」

芳佳「ま、まだだよサーニャちゃん!えっとね、その、M字開脚とかもやってないし…えっと、騎乗位ごっこも楽しいし…」

サーニャ「でも…エイラもう動かないよ…」

芳佳「そんなぁ~」

サーニャ「芳佳ちゃん、わたし、新しい娘が欲しい…」

芳佳「だ、だめだよサーニャちゃん!この数ヶ月でバルクホルンさんに坂本さんがおもちゃになってるのに…」

182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:08:22.55 ID:QzD3O84g0
なんというホラー

184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:09:22.33 ID:Vt0hzoL9O
芳佳「そ、それに新しい娘がきてもやっぱりその娘は動かないんだよ…?」

サーニャ「でもでも…芳佳ちゃん、わたし、欲しいの…」

芳佳「え~…シャーリーさんもさすがに限界なんじゃ」

サーニャ「わたしね、芳佳ちゃん、芳佳ちゃんがいい」

サーニャ「次の娘は、あなたがいいの…」ジー

芳佳「え」

サーニャ「いいよね、芳佳ちゃん…」

芳佳「え、いやだよ、ちょっと待ってよサーニャちゃん!」

サーニャ「芳佳ちゃん、芳佳ちゃんが今わたしにできる事はなに…?あなたがわたしにできることは…」

芳佳「わたしに…できること……」

185 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:09:22.42 ID:tKgvRhMw0
もっさんは残念だが当然

190 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:13:35.74 ID:Vt0hzoL9O
サーニャ「今芳佳ちゃんにできることを精一杯やれって…死に際の坂本少佐も…いってたじゃない…」

芳佳「………そっか、わたしにできること…今わたしにできることを精一杯やらなきゃ!」

サーニャ「よかった芳佳ちゃん、わかってくれて…」

芳佳「えへへ~いいよサーニャちゃん!わたしがんばるから!」

ガチャ
ルッキーニ「ねぇねぇ芳佳!お人形さんがなんだか変になっちゃったよぉ!!あのねあのね、なんだか変な臭いがするの…」ウジュ

芳佳「ルッキーニちゃん…ちゃんと時間通りに防腐剤使ってた?」

ルッキーニ「ううん…使ってにゃい…ごめんね芳佳…」

192 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:19:56.49 ID:Vt0hzoL9O
芳佳「うーん、どうしよっか…」

サーニャ「…ちょっと、見せてくれる?」

ルッキーニ「うん、どおぞ!」

サーニャ「…大丈夫よ、ポーズは付けられなくなっちゃうけど、腐敗は留められる程度…」

ルッキーニ「やったぁ!でもでも、ポーズつけたりもしたいよ!」

サーニャ「新しい娘を、作ればいいじゃない…」

ルッキーニ「そっか!シャーリーに頼んでくる!ウジュジュ!」

芳佳「これで、わたしを含めて欠員は五人だね…ミーナさんも補充が大変だろうなぁ…」

サーニャ「仕方ないよ芳佳ちゃん…ミーナ中佐だって、坂本少佐を手に入れた以上わたし達に頭は上がらないはず…」

195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:31:33.46 ID:Vt0hzoL9O
数週間後

エーリカ「なんだよなんだよ…みんな酷いよ…出撃を二回寝過ごしただけじゃんか…」

ペリーヌ「あらあら、これはこれは臆病犬のハルトマンさん、こんなところでなにを…?」ニヤニヤ

エーリカ「うぇ~うるさいなーもう…」

ルッキーニ「あーぼっちだぁ!!ぼっち♪ぼっち♪」

シャーリー「あはははは!ルッキーニいいぞ!もっと言ってやれ!」

エーリカ「うるさいなーもう!お前らそんなことよりトゥルーデの身体はちゃんと保存してんのかよー」

シャーリー「心配ないさ!今にハルトマンもそうなるからな…」ニヤ

ルッキーニ「ウジュジュwwwwww」ニヤニヤ

エーリカ「なんだぁ?どういう意味だよそれー」

196 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:37:30.56 ID:Vt0hzoL9O
数週間後

ルッキーニ「ウジュジュ!カールスラントごっこ楽しいぃ!」

シャーリー「よかったなぁルッキーニ!カールスラントのエース二人がお前のものだ!」

芳佳「補充…来ませんね」

ミーナ「仕方ないわ…エイラさん、バルクホルン大尉、ハルトマン中尉、美緒…各国のエースが軒並みおもちゃにされてるもの…私も他人事では無いけれどね。」

サーニャ「…」

芳佳「どうしたのサーニャちゃん」

サーニャ「なんでもない…」

リーネ「行こう芳佳ちゃん!」

芳佳「そうだねリーネちゃん!」

サーニャ「…」

199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:44:56.46 ID:Vt0hzoL9O
数週間後

サーニャ「芳佳ちゃん…エイラ…かわいい…」

芳佳「」

エイラ「」

サーニャ「二人とも…天使みたい…ふふっ」

芳佳「」

エイラ「」

サーニャ「また、三人で…夜空を飛びたいな…」

サーニャ「ソーダネサーニャチャン!(裏声)」

サーニャ「エイラも楽しみよね?」

サーニャ「アァ!タノシミダナ(裏声)」

サーニャ「…ふふっ」

200 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:45:46.36 ID:OrthdS760
マロニーちゃん早く来てくれー!

201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:47:18.18 ID:Vt0hzoL9O
サーニャ「…もう、芳佳ちゃんたら…笑顔がかわいいよ…」

芳佳「」

サーニャ「…エイラも、ムスっとしないで…三人で仲良くしよう…?」

エイラ「」

サーニャ「ふふ……芳佳ちゃんたら…じっとわたしのことばっかり見て…ふふっ」

エイラ「サーニャヲソンナメデミンナ」

サーニャ「え」




終わり!

202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:49:19.07 ID:Q4+IXb300


203 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:50:30.20 ID:Rg3+ylcV0
















え…?

205 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:53:47.78 ID:4EjMe1TY0
は?

206 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 13:55:33.72 ID:Vt0hzoL9O
それじゃ私秋葉原にエイラ買いに行くね

209 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 14:01:00.77 ID:BWKIhJpf0
えっ

>>206 乙だった


210 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 14:02:48.46 ID:XHbbl/bOi
おつ

俺もエーリカ人形欲しい

211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 14:04:52.67 ID:jq1vSfwv0
俺もシャーリーにいじめられたい

212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 14:05:20.59 ID:R9aDNMvr0
最後こえええぇぇ
バルクホルン人形ホスィ

213 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/22(木) 14:06:20.40 ID:tKgvRhMw0
おつ

関連記事
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/03/22 19:22 ]
  2. こんなの絶対おかしいよ
  3. 名無し [ 2012/03/22 20:12 ]
  4. 性格が悪い
  5. 774@いんばりあん [ 2012/03/22 20:26 ]
  6. なんてこった、こんなホラー展開になるとは 
  7. 空缶 [ 2012/03/22 20:47 ]
  8. ツタンカーメンが便所でメシ食ってると思ったのは俺だけでいい。
  9. 774@いんばりあん [ 2012/03/22 21:07 ]
  10. 素晴らしい。
    萌豚にどんどん現実を教えてやれ
  11. 774@いんばりあん [ 2012/03/22 22:35 ]
  12. ペリーヌだけはエイラの味方をしてくれる展開かと思いきや
    斜め上すぎた
  13. 774@いんばりあん [ 2012/03/23 00:08 ]
  14. 劇場版のペリーヌが女神だった
  15. 774@いんばりあん [ 2012/03/23 01:22 ]
  16. マジキチ
  17. 774@いんばりあん [ 2012/03/23 03:04 ]
  18. おれみたいなニワカ人間にはまだこのSSは早かったみたいだな。出直します。
  19. 名無しさん [ 2012/03/23 04:30 ]
  20. リーネは最後どうなったんだ?
    宮藤の所有権争いで人形にされたかな
  21. 774@いんばりあん [ 2012/03/23 06:32 ]
  22. リーネは消滅
  23. 774@いんばりあん [ 2012/03/30 23:28 ]
  24. もっさん人形になってたけど
    ペリ犬はなんとも思わなかったのか
  25. 774@いんばりあん [ 2012/04/15 23:26 ]
  26. バルクホルン「そんな事より宮藤このあと私の部屋に来ないか」
    芳佳「や、やっぱり悪いよリーネちゃん!わたしよくわからないけど、それは嫌なの!」

    吹いたwww

    あと芳佳ちゃん人形ほしす
  27.   [ 2012/05/27 02:28 ]
  28. エイラとペリーヌのSS探してたらとんでもないものにたどり着いたでござる
    [ 編集 ]
  29. 赤 [ 2012/05/29 13:18 ]
  30. みんな狂ってやがる…、作者はシベリアで木の本数でも数えてもらおう
    [ 編集 ]
  31. 774@いんばりあん [ 2012/06/20 01:43 ]
  32. 女神なはずなシャーリーが悪魔に…
  33. 774@いんばりあん [ 2018/08/31 14:44 ]
  34. もっさんがサイコパスすぎて胸糞
    だから最期はスカッとした
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング