HEADLINE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- | CM(-) | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊織「キスなんかしたら、子供ができちゃうじゃない!!!」

2012/03/28 17:59 | CM(8) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:30:22.31 ID:C1MDYpo70
代行 ID:mXZCjwjt0

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:33:09.14 ID:mXZCjwjt0
事務所

小鳥「場所、分かるかしら?」

伊織「遅いわねえ……」

P「伊織、100%オレンジジュース……」

伊織「アンタ遅いのよ、かわいい伊織ちゃんの喉が渇いてるんだから、すぐ持ってきなさいよ!!」

P「ははっ、スマンスマン置き場所わからなくて……あっ!!!」

どんがらがっしゃん!!


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:34:04.31 ID:mXZCjwjt0
P「いてて……」

小鳥「ピヨ!大丈夫ですか?!」

P「(はっ、伊織を下敷きに!?)伊織、大丈夫か?!」

伊織「……」

P「伊織!どこか打ったか?」

伊織「……唇が……」

P「どうした?!切ったのか?」

伊織「……アンタの……唇が……私の……、キ、キス……」

P「お、おい伊織……」

伊織「キスなんかしたら、子供ができちゃうじゃない!!!」

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:35:22.36 ID:mXZCjwjt0
真「おはようございまー……ッッ!!!!」

伊織「(ぴっとり)」

P「あ、あの伊織さん……?あまりくっつかれるとその……」

伊織「あーら、照れなくてもいいじゃない。どうせそのうち夫婦になるんだし」

伊織「ま、まあ、ちょっと順番は……違っちゃったけど///」

伊織「あ、パパにも挨拶しに行く必要があるわね……」

伊織「きっと殴られるわよ、ボコボコに。にひひっ!」

伊織「でも安心して。真摯に話せばきっと分かってくれるわ」

伊織「だって、未来の私の旦那様なんだし、……その、お腹の子の、パパなんだから///」

伊織「ね、あなた///」

真「……ッッ!!(な、なんだってー!!)」


14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:36:12.24 ID:mXZCjwjt0
春香「……」

あずさ「……あらあら~……」

亜美「兄(C)……」

真美「(兄ちゃん……どうして……)」

千早「くっ……」

やよい「あう~……」

雪歩「ブツブツ……」

美希「ハニー……凸ちゃん……お祝いしなきゃ……お祝いしなきゃ……」

響「へ、変態だぞ……」

貴音「あなた様……」

律子「……(とりあえず通報かしら?)」

社長「キミィ……(通報は困るよ律子君)」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:36:39.56 ID:bFiH8KBb0
安定のくぎゅ再生率

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:37:07.16 ID:mXZCjwjt0
伊織「子供は男の子女の子どっちがいい……?なーんて、ちょっと気が早いかしら?」

伊織「それに、どっちでもかわいいわよねっ?」

伊織「なんたって、伊織ちゃんと……あ、あなたの……子供なんだし///」

伊織「安定期に入るまでは激しいダンスは避けないとダメね」

伊織「締め付けるような衣装もNGね……」

伊織「あ、安心して?マスコミにはしばらく伏せておくわ」

伊織「いきなり引退なんてことになったら、暴動が起きかねないわ」

伊織「私が16歳になったら、ニースで豪華な結婚式挙げましょうね、にひひっ」

P(口を挟めないよ伊織……)


18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:38:06.24 ID:mXZCjwjt0
真「なななな……」

響「ああ、真……ハイサーイ……」

真「(く、暗い)ああ、おはよう響。で、これは何事?」

響「わからないさー……仕事から帰って来たらご覧の有様だぞー……」

雪歩「……穴掘って……埋めておきますぅ……」

真「雪歩!」

雪歩「あ、真ちゃん……えへへ……」

真「雪歩……目が濁ってるよ……」


19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:39:02.24 ID:mXZCjwjt0
真「社長、何があったんですか?こ、子供とか…言ってますけど……」

社長「それが、ホンの何分か事務所を空けて、戻って来たらこうなってたんだよ」

社長「私にも事情が掴めんのだ……出ていく前は普通の様子だったんだが……」

社長「何にせよ、真相を究明する必要があるな……律子君!」

律子「了解しました……伊織!!今日は別行動だったし、ミーティングするわよ」

伊織「分かったわ……律子、私から折り入って話があるの……」

伊織「竜宮小町の2人も、落ち着いて聞いてね……」


22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:41:40.24 ID:mXZCjwjt0
P「ようやく解放された」

春香「プロデューサーさん!不潔です!不潔!」

P「なっ……!?」

貴音「やはりあなた様は、すれんだーな躰のほうがお好みだったのですね……」

千早「それなら私でも……というか私以外いないじゃないですか!!」

やよい、真美「……」

美希、雪歩、千早「…えへへ……あはは……」

真「……(完全に壊れてるッ……!)」


24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:42:39.01 ID:mXZCjwjt0
響「変態だ変態だとは思ってたけど、よりによって事務所で中学生に手を出すなんて

  犯罪!犯罪だぞー!!」

P「ま、待て、お前らは何か誤解している!」

社長「あちらは律子君が上手くやってくれるだろう……さて、何があったか洗いざらい吐きたまえ」

P「はあ……今日は伊織単独で竜宮小町と別口の仕事があって俺が付き添いで」

P「ちょっと早く終わったので、一緒に帰ってきて」

P「のどが渇いたって言うんで買い置きのオレンジジュース探して持ってきて」

P「ちょっと探すの手間取ったので、伊織怒ってるなと思って急いで」

P「そしたら俺が滑って転んで、伊織と……その……キスするような格好に」


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:43:28.51 ID:mXZCjwjt0
美希「酷いの!ミキにはしてくれなかったのに!!」

P「い、いや、事故だ!不可抗力だ!!」

社長「それで?」

P「それで終わりです、何だか伊織が、キスしたら子供ができるとか言い出して……」

春香「それであんなになるわけないじゃないですか!やっぱりキスの後そういう雰囲気に……///」

やよい「そういう雰囲気ってなんですか……?」

真美「野獣と化した兄ちゃん……行くところまで行っちゃったんだね……」

社長「キミィ!私が出ていた時間は30分も無かったよ?ちょっと早すぎやしないかね?」

P「だから何もないですって……、そこでさっきからビデオ撮ってる小鳥さん!何か言ってやって下さい」

小鳥「のヮの」

P「おい鳥!!」


27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:44:18.33 ID:mXZCjwjt0
小鳥さん説明中

真「どうやらホントみたいだけど……でも、よりによって伊織がなあ……」

美希「普段ツッコミ担当で割と常識あるからショーゲキも大きいってカンジ」

やよい「うっうー、よくわからないけど、プロデューサーは伊織ちゃんと結婚しないんですねー」

春香「あはは、私はプロデューサーさんを信じてましたよっ!」

雪歩「ねー」

真「……(女って怖いなあ……)」

千早「でも……誰か説明してあげたほうがいいんじゃ?」

貴音「そうですね……伊織の目は真剣そのものでした……」

響「説明って……おしべとめしべがゴニョゴニョ……」

社長「い、いやあ、照れるねえ///」

P「ちょっと男が話すには恥ずかしいな///」

真美(社長と兄ちゃん、ちょっとキモいYo!)

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:45:05.58 ID:mXZCjwjt0
竜宮小町inミーティングルーム

律子(概ね事情は分かったけど……まさか伊織が……)

伊織「だから、段々仕事をセーブしていくことを許してほしいの」

伊織「あずさ……亜美……そして律子……本当にごめんなさい……」

あずさ「あらあら~、どうしましょう~」

亜美「(ガッコで性教育の授業とか無かったのかな……?)」

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:45:37.07 ID:C1MDYpo70
亜美にすら笑われる伊織

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:45:59.53 ID:mXZCjwjt0
話し合い後

社長「伊織君は?」

律子「ミーティングルームにいます……正直どうしていいものやら……」

亜美「ズバっと本当のこと言っちゃえばいいんだYo!」

美希「あふぅ……ハニーと凸ちゃんに何もないってわかったら眠くなってきたの。寝るの」

響「自由すぎるぞ……」

真美「じゃあ真美がやっちゃうよ!名付けて……」

真美「子供が宿題にかこつけていおりんに性の仕組みを叩きこむ!作戦!!」



33 忍法帖【Lv=29,xxxPT】 :2012/03/26(月) 22:46:46.94 ID:ZvatsqYr0
あらあら~

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:47:05.81 ID:mXZCjwjt0
真美「いおり~ん!」

伊織「真美……、あなたにも謝っておくわ……」

真美「ん…あはは、よくわからないけど、おめでと、いおりん(のっけから重い!)」

伊織「真美……ありがと……」

真美「ところで話は全然変わるんだけど、ガッコの宿題手伝ってくんない?誰も相手してくんなくてさ~」

伊織「ええ、いいわよ。いい気分転換になるわ……えーっとレポート形式なのね」

真美「そうだよいおりん!題材は、赤ちゃんはどこから来るの?調べてみよう!!」

伊織「……最近の学校教育はどこに向かってるのかしら……」

真美「ばっと舞ってぎゅっとかいつまんで教えてYo!」

真美(きっと、コウノトリとかキャベツとか言い出すから、

  じゃーん!保体の教科書ー!!これでいおりんに性知識を叩きこむのだ!)

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:48:03.33 ID:mXZCjwjt0
伊織「……分かった。えーっと、まず母体には卵子があって、これが父親の精子と受精して、

   受精卵になるの。受精卵は子宮にたどり着いて、着床するわ。

   ちなみに、この時の着床の仕方によって、場合によっては亜美と真美みたいな

   一卵性双生児が生まれたりするわ。それから……」

真美(その後もいおりんのカンペキな性教育はしばらく続いた……)

伊織「……大体こんなところだけど、ちょっと分かりにくかったかしら?」

真美「よよよく分かったよ!ありがと、いおりん!」


38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:48:49.15 ID:mXZCjwjt0
真美「ところで、はじめの部分なんんだけど……。卵子が精子とってところ……」

伊織「?それがどうしたの?」

真美「いやー、真美のパパとママも、そういうことしたんだなって///」

伊織「な、何言い出すのよ///」

真美「真美もお年頃なんだよ~///」

伊織「そうね……。私はちょっと早かったけど……キ、キス……」

真美「キス……?いや、いおりん」

伊織「考えてみれば、男の人と粘膜で触れ合える部分って口だけよね。

  人の体、行動もよくできてると感心するわ……。そうそう……」

真美(その後もいおりんの人体講義は続いたのであった……)


40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:49:48.47 ID:mXZCjwjt0
真美「うう……(ヨロヨロ)」

真「まあ……結果は真美の様子を見れば分かるよ……」

真美「いおりん手ごわいよ~」

律子「正しい知識なら私たちも教えようとしたわ」

亜美「でもいおりんってば、亜美たちより全然知ってるんだよね~」

律子「最初だけ盛大に間違ってて、他は完璧なのよね……やりにくいわ……」

あずさ「あらあら~」

P(博覧強記のいおりんマジ最高)

真美「ひどいよ~、始める前に言ってよ~……」

P「まあよく頑張ったぞ」

響「なんか他人事だぞー」

雪歩「次は私がいきますぅ!」


42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:50:59.10 ID:mXZCjwjt0
雪歩「い、伊織ちゃ~ん」

伊織「あら、雪歩……あなたにも、謝っておくわ……あなたもプロデューサーのこと」

雪歩「そ、それより、ちょっとお話していい?お、お父さんのことなんだけど」

伊織「いいわよ……(パパ……)」

雪歩「なんだか最近、お父さんの洗濯物と私の一緒に洗われるの、嫌になってきちゃって……」

雪歩「そう言ったら、お父さん泣いちゃって……」

雪歩「『昔は大きくなったらお父さんのお嫁さんになるー!ちゅっってしてたのにー!』って」

雪歩「伊織ちゃんはどう?そういうことあったりする?」

伊織「洗濯物?私は専用のクリーニングスタッフが……」

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:51:47.70 ID:mXZCjwjt0
雪歩「あ、そうじゃなくて、お父さんにちゅっとか……」

伊織「……ああ、家族にキスね……昔はしてたわよ……最近はさすがにしないけど……」

雪歩(これでキスじゃ子供はできないことがわかりますぅ)  

伊織「さすがにその……お赤飯炊いてからは……やっぱりちょっと意識しちゃうし……」

伊織「でも、知ってる?」

雪歩「ほえ?」

伊織「民法じゃ3親等以内の親族と直系血族は結婚できないことになってるのよ
  
   それを考えると、家族でキスしたところで子供はできないと考えるのが妥当ね……」

雪歩(その後も、伊織ちゃんの人体に関する考察は続きました)


45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:52:40.48 ID:mXZCjwjt0
雪歩「うう……(ゲンナリ)」

真「まあ……その……雪歩はよく頑張ったよ……」

千早「手強いわね……」

響「自分は納得させるの無理だぞ……」

春香「どうしましょう……プロデューサーさん……」

P「万事休すか……」

社長「私はこの手の話題には疎いからね!君の潔白も分かったし、では私は失礼するよははは!!」

美希「あ、社長逃げたの」

律子「ようやく起きたのね」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:55:42.73 ID:mXZCjwjt0
あずさ「…………あらあら~、仕方ありませんね~…………」

P「あずささん?何か名案でも?」

あずさ「うふふ、ちょっとした荒療治ですよ」

あずさ「小鳥さん?」

小鳥「はい?」

あずさ「一番下の引き出しの上げ底の中身、全部出して下さいな」

小鳥「ピ、ピヨ!上げ底なんてないピヨ!!」

あずさ「小鳥さん?嘘ついたら、めっ、ですよ~」ゴゴゴゴゴ……

小鳥「ピ、ピ~ヨ~!!!」


48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:56:33.86 ID:ZdT7wDBR0
刺激が強すぎる

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:57:14.48 ID:KhBh/SzR0
アットホームな職場です
765プロダクション

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 22:58:37.03 ID:mXZCjwjt0
事後

小鳥「私の清純なイメージが……穴掘って埋まってます……」

伊織「///(まさか……あんなところにあんなモノを入れるなんて……)」

あずさ「いおりちゃん?」

伊織「……手間をかけさせたわ……全て理解したから……もうしばらく一人にさせて……」

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:00:13.14 ID:mXZCjwjt0
P「伊織……」

伊織「……うっ……」

伊織「……私一人舞い上がって、バカみたい……グスっ……」

P「……」

伊織「ようやく、素直になれるって、なっていいんだって……思ったのに……」

53 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/03/26(月) 23:00:56.56 ID:52EpknEg0
さーて小鳥さんの机の中には何があったのかな~?

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:02:29.89 ID:mXZCjwjt0
P「……」

伊織「何よ……アンタも私のことバカにして笑ってたんでしょ……」

P「俺は、伊織が本当のことをわかってくれて、良かったと思うよ」

伊織「そりゃそうでしょ……私なんか……と結婚しなくて済んだんだし……」

P「あんな偶然で、なし崩し的に、伊織とそういう関係にはなりたくないから」

P「その時が来たら、俺にビシっと言わせてくれよ」

伊織「それって……」

P「伊織はかわいいな」

伊織「ちょ……なでなでしないでよ……バカ……」

伊織「……もうちょっと、近くに来てもいいわよ……」


58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:03:11.16 ID:dTEk9rpN0
伊織(プロデューサーにもあるのよね……やおい穴)

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:04:45.88 ID:C1MDYpo70
>>58
小鳥責任とれ

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:05:48.32 ID:mXZCjwjt0
伊織(それにしても、お尻の近くでアレがアレするなんて衝撃的だったわ……)

伊織(小鳥もっとあの薄い本持ってるのかしら……?)

伊織(明日こっそり聞いてみよう///)


おわり

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:07:00.16 ID:fpCmGf1wO
最後三文字だけ読めないんだけど

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:07:28.30 ID:mXZCjwjt0
あれ?終わっちまった

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:10:36.68 ID:mXZCjwjt0
とりあえず、ID:C1MDYpo70
ありがとう

これで俺も童貞を捨てたわけだな

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:11:27.18 ID:C1MDYpo70
いえいえどいたしまして

だから続けろ

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:12:22.37 ID:KhBh/SzR0
>>70


73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:12:35.96 ID:QLxk5iHQ0
んむぅ?

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:12:37.36 ID:mXZCjwjt0
じゃあ何か書こうかな
書き溜めてないけど

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:13:41.66 ID:ypbeWAg60
やりたまえ

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:17:17.51 ID:mXZCjwjt0
P「あ、小鳥さん、ディズニーの新しいDVD買ったんですか?」

小鳥「はい。何というか、この世界観が好きで」

P「へえ……幸せなキスで永遠に幸せに暮らしましたってやつですか」

小鳥「もう///プロデューサーさんったら///」

小鳥「キスなんかしたら、子供ができちゃいますよ」



82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:19:49.87 ID:mXZCjwjt0
P「ん?」

小鳥「え?」

P「えーっと、よく聞こえなかったんですが」

小鳥「ええ?もう……」

小鳥「キスなんかしたら、子供ができちゃいますよ」

小鳥「これでも結構恥ずかしいんですからね?」

  

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:21:21.15 ID:bon/ytem0
そりゃ恥ずかしいわな

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:22:03.09 ID:mXZCjwjt0
P「いやいやいや」

小鳥「え?」

P「えーっと、突っ込み待ちですか?」

小鳥「はい?」

P「な、なんでやねん~」

小鳥「は?」

P「……」

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:22:51.61 ID:XEoZpuUU0
は?

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:25:06.20 ID:mXZCjwjt0
P「そこで見てる社長」

社長「な、何かね?キミィ」

P「えーっと」

社長「よ、用がないなら私はちょっと出てくるよ」

P「いや待ってください」

小鳥「?」

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:27:27.13 ID:mXZCjwjt0
P「ちょっと説明して頂きたいんですが」

社長「今日はグイグイくるね~キミィ」

P「そういうのいいんで」

社長「ハイ」

P「これはどういうことでしょう?」

小鳥「?あのー?」

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:30:38.30 ID:mXZCjwjt0
社長「いや私もね、最初はちょっとずれてるな~くらいにだね

   思っていてね。ちょっと妄想癖がすぎるかな~と思ったくらいで」

P「ちょっと?」

社長「いや、かなりです、ハイ」

小鳥「ディズニーの話じゃないんですか?」


104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:33:51.44 ID:mXZCjwjt0
P「まあディズニーの話でもいいんですけどね」

小鳥「はあ……?」

P「まあ大抵最後に幸せなキスしますね」

小鳥「はい!いいですよね~」

P「で?」

小鳥「は?」

P「その後はどうなるんですか?」

小鳥「それはもう、永遠に幸せに暮らすんですよ」

P「いや、そうじゃなくて」

107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:38:29.79 ID:mXZCjwjt0
P「えーっと、リトルマーメイドありますよね」

小鳥「あ、プロデューサーさんも好きなんですか?」

P「いや、俺はアレ認めてないです」

小鳥(シュン……)

P「泡になって消えない人魚姫なんて人魚姫じゃないですよ!!」

P「それはそれとして」

P「2、ありますよね」

小鳥「ああ……、そんなものも……」

P「目を逸らすな!!」

小鳥「ピヨ」

社長「しかたなかったんだよ……」

111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:43:57.87 ID:mXZCjwjt0
P「子供出てきますよね、人魚姫の」

小鳥「はい」

P「あの子供、どうやってできたんですか?」

小鳥「それはもう、幸せなキスで」

P「天下のディズニーが、子供仕込む、様を、全世界で

  公開したって、そうおっしゃるんですね?」

小鳥「仕込むなんてそんな///」

P「赤面するな!!」

小鳥「ピヨ」

社長「たまの長期休みは、何だか人がいっぱい集まる所へ
 
  意気揚々と出かけていくんだよキミィ」

114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:47:01.49 ID:mXZCjwjt0
P「いいですか」

小鳥「はい」

P「キスで、子供は、できません」

小鳥「は?」

P「キスで、子供は、できません」

小鳥「そんな……」

社長「私もカートで何か運んだり、何か並んだり、何か売り子したり

   したもんだよ……」

116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:52:07.80 ID:mXZCjwjt0
小鳥「そしたら」

P「はい」

小鳥「どうやって子供ができるっていうんですか?!」

P「それはその……///」

P「あ、小鳥さんいっぱいそういう本持ってますよね?」

小鳥「ピヨ」

P「そういうので知識がついたりしないんですか?」

社長「ウィダーインゼリーは革命的だったんだよキミィ

   食べながら切腹する武士のように胃や腸を空に出来るんだからね」

117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:53:11.21 ID:SWA214bu0
360度回ってかわいく見えてきた

121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:56:22.95 ID:A4sGh5NB0
ぼけたのか...

122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:56:35.92 ID:mXZCjwjt0
小鳥「プロデューサーさん」

P「はい」

小鳥「私だって大人の女です」

P「は?」

小鳥「私だって大人の女です」

P「……」

P(俺の認識している大人と、彼女の認識している大人

  果たしてそれは同じ意味なのか)

小鳥「プロデューサーさん!聞いてますか?」

P「はい」

小鳥「私だって、やおい穴が本当は存在しないことくらい知ってます!!」

社長「え?そうなのかね?キミィ」

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/26(月) 23:58:53.41 ID:mXZCjwjt0
小鳥「え?」

P「え?」

社長「え?」



125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:00:22.53 ID:ENlPmP0U0
社長www

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:05:19.04 ID:mXZCjwjt0
小鳥「それはその……」

P「はい」

社長「ゴクリ……」

小鳥「お、お尻……です……」

P「声が小さくてよく聞こえませんね」

小鳥「お、お尻です!!」

130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:08:09.89 ID:zFCT3CXd0
P「よくできました(ナデナデ)」

小鳥「ぁ…///」

社長「ゴクリ……」

P「さて……」

小鳥「あ……」

小鳥「あの……」

小鳥「もっと……」



133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:11:15.23 ID:zFCT3CXd0
P「もっと?もっと欲しいんですか?」

小鳥「ハイ……」

社長「ゴクリ……」

P「では、男性の、股ぐらに、ついてる、ナニ」

P「あれの先っぽから、何か汁が出ますね?」

P「アレはなんですか?

134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:11:49.92 ID:r+DDTSPI0
>社長「ゴクリ……」
おい

136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:14:08.95 ID:zFCT3CXd0
小鳥「あの、潤滑油的な」

P「違います」

P「子種です」

P「精子です」

P「リピート、アフター、ミー」

小鳥「精子です」

P「聞こえませんね」

小鳥「精子です!」
社長「精子です!」

137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:15:42.05 ID:gxxtgnaZ0
社長……

139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:18:24.11 ID:n0W7hrMI0
765プロはセクハラ事務所だぞ!

140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:19:14.39 ID:zFCT3CXd0
P「よくできました」

小鳥「///」

社長「///」

小鳥「でしたら……、あの……」

P「何ですか?」

小鳥「ご褒美を……ください……」

P「(ニコッ)」

小鳥「ああ……」

P「続きは、誰も、いない、ところで」

小鳥「はい……」

社長(黒井///)

律子「こいつら仕事しろよ」


おわり


142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:20:33.63 ID:zFCT3CXd0
あれ?こんな話にするつもり全然なかったのに

145 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:22:50.91 ID:szHRy4+M0
良いじゃねえか!

147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:27:23.06 ID:zFCT3CXd0
>>112
へえ……

P「キ、キスシーン!?」

響「そうだぞ。主人公の親友と自分の役の子が思いを伝え合うんさー」

P「で、でも」

響「あ、でも、角度の加減でキスしてるように見えるだけだぞ」

P「あ、何だ……まあそうだよな……」

P「キスなんか本当にしたら、子供が出来ちゃうもんな」

150 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:30:35.27 ID:GRE8leRk0
続きお願いします

152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:32:25.93 ID:ADtpSLlq0
おいおい

154 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:34:07.86 ID:zFCT3CXd0
春香「これは大問題です!」

千早「何事かしら、春香?」

真「まさかね~(ニヤニヤ)」

雪歩「真ちゃん……(にやけっぱなしでちょっと気持ち悪い)」

春香「そのまさかです!」

156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:37:12.17 ID:cHHCUkhV0
律子さんの濃厚シーンはまだですか!

158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:41:20.09 ID:zFCT3CXd0
響「いやー、びっくりしたぞ?プロデューサー、

 キスしたら子供が出来るとか言い出すし」

やよい「はわ?キ、キス……ですかぁ……?」

伊織(ハアハア)

千早(ハアハア)

貴音「はて……?接吻したら、やや子が生まれるものなのでしょうか」

亜美「お姫ちーん…」

真美「そんなわけないよ~」

あずさ(あらあら~、キスしても子供ができるわけじゃないのね~?)

159 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:46:21.08 ID:ghlgJB/10
あずなんとかってBBAだよね?

161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:48:32.57 ID:zFCT3CXd0
律子「こらっ、アンタたち、これから仕事でしょうが」

春香「でも律子さん、大問題ですよ!大問題!」

美希「くーくー」

伊織「この手の話題でコレが寝てるなんて珍しいわね」

律子「いいから早く行った行った!!」

ハーイ……ツマンナイノー……メンヨウナ……

律子「これは……チャンスかもね……」

美希(聞こえてるの)

162 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:49:32.71 ID:zFCT3CXd0
>>159
屋上

164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 00:56:12.34 ID:zFCT3CXd0
小鳥(プロデューサーさんは、中学から一貫校の男子校に通い、
   
   大学は理系……、それも工学系……)

小鳥(しかも在学中は部活にかまけていた……)

小鳥(まさに純粋培養……)

※履歴書盗み見中

166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 01:02:51.91 ID:ADtpSLlq0
なんでPやってんのwww

167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 01:03:27.56 ID:zFCT3CXd0
真「うまくプロデューサーとキスしちゃって」

春香「既成事実つくっちゃえば」

律子「あの人が良いプロデューサーのこと」

美希「責任とって結婚を前提にお付き合い、なんてことになるの」

やよい「……」

あずさ「あらあら~」

貴音「面妖な威圧感を感じます……」

169 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 01:04:48.34 ID:zFCT3CXd0
>>166
社長「ティンときたんで、丸め込んだんだよキミィ」

170 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 01:08:16.48 ID:crSalbUM0
Pの唇が大変なことになりそうだ

171 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 01:11:04.18 ID:zFCT3CXd0
春香「ふふふ、頑張るぞー」

春香(あ、プロデューサーさん)

春香(さーてここで伝家の宝刀)

春香「あ(コケ)」

春香(アレ?壁が……)

千早「春香、だめよ、気を付けないと」

春香「くっ」

172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 01:13:56.21 ID:iIZLJSQy0
何というそびえ立つ壁

177 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 01:16:48.89 ID:zFCT3CXd0
伊織「いい?やよい、みんなが言ってたとおり、キスで子供はできないわ」

やよい「はわ~、そうなんだ。伊織ちゃん物知りだね」

伊織「だからね、キスは何回してもいいものなの」

伊織「だからね……」

伊織「女の子どうしでも……」

183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 01:27:06.41 ID:zFCT3CXd0
ダンスレッスン

真「あいたッ!」

響「真!?」

雪歩「真ちゃん?!」

P「どうした?捻ったか?」

真「へへっ。大丈夫ですよこのくらい」

真「あいたたた……」

P「これは無理だな……外で手当てしよう」

真(ボクくらいになれば、捻挫の程度も自分で調節できるッッ!)

真(これでしばらくプロデューサーと2人きり……)

真(この勝負貰った……!!)

184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 01:28:15.18 ID:8rPfk4p30
お姫ちんエロい

188 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 01:31:50.12 ID:adK0Bgr70
安定のあまとうさんの童貞臭

189 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 01:35:35.29 ID:zFCT3CXd0
真「あのー?」

雪歩「何?真ちゃん」

響「痛かったか?うー、手当結構難しいぞ……」

真「……いや、ボクに構わずレッスンを続けてよ」

P「それほど大した怪我じゃなさそうだが、センターの真がいないと

 どうにもレッスンが締まらなくてな」

P「一応病院に行くか?」

雪歩「わ、私もついていきますぅ」

響「自分もついていくぞ、心配だからな」

真「そんなに大した怪我じゃないですから……」

P「お前はいつも無理するからな……」

雪歩(真ちゃんはプロデューサーには渡さない!)

響(う~、自分、心配だぞ。真も雪歩も大切な仲間だからな!)

197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 01:53:40.82 ID:zFCT3CXd0
P「とりあえず真を病院に連れてったよ。雪歩、響も一緒に」

律子「真は結構無理しますからね……」

P「今日は大事をとって上がりということにした。
 
  医者が言うには、4、5日でまた踊れるようになるってさ」

律子「こちらも、竜宮小町と、ゲスト出演の貴音、やよいは無事収録が

  終わり、帰りました」

P「ふふ……」

律子「な、なんですかプロデューサー殿」

P「いや、お前も頼もしくなったなあと思ってな」

律子「……このミーティングも恒例になりましたね……」


199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 01:55:31.60 ID:zFCT3CXd0
P「最初は律子気合入ってたけど、危なっかしかったな」

律子「……」

P「もう、765プロには欠かせない戦力だな」

律子「プロデューサー、私……」

美希「ハーニイ!!ミーティング終わったー?」

P「お、おい美希、今送ってってやるから」

律子「……今日は私も行きますよ、送迎」


202 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 02:05:54.38 ID:zFCT3CXd0
貴音「三浦あずさ……」

あずさ「え?」

貴音「良き名です……」

あずさ「え?あ、ありがとう、貴音ちゃん」

貴音「あなたも……」

あずさ「……」

貴音「先ほどの騒動の際、あなたから強い決意を感じました」

貴音「やはり、あの方とともに歩みたいと、そうお考えですか?」

あずさ「……はい」

203 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 02:12:35.66 ID:zFCT3CXd0
貴音「三浦あずさ……あなたは、とても気高く優しい……」

貴音「この果て無き道を」

貴音「私はあなたと共に歩みたいのです」

あずさ「……あらあら、買い被りですよ……」

貴音「三浦……あずさ……」

あずさ「あ、ほら、貴音ちゃん。月が、とてもきれいに出ていますよ」

貴音「ふふ、真、きれいな……」

228 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 08:25:35.96 ID:zFCT3CXd0
次の日

P「おはよう!あれ?今日はなんだか皆テンション高いな」

亜美「おはよう兄(C)クン!!(どーん)」

P「お、おはよう……亜美、体当たりしないでくれると嬉しいんだが」

亜美「亜美、今日絶好調だかんね!なんでもできちゃうよ!(どーん)」

P「オウフ!だからいちいち体当たりするな……」

P(亜美のテンションは絶好調を振り切ってる気がする)

真美「……」

230 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 08:31:55.39 ID:zFCT3CXd0
やよい「……お、おはようございまーす……」

P(あれ?ちょっと元気ないな)

P「おはよう。やよい、どうした……?」

やよい「……」

やよい「伊織ちゃん、見ませんでしたかぁ?」

P「今日は来たばかりだから見てないけど」

やよい「……そうですか……どこに行ったのかな……昨日の続き……」

P「?」

233 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 08:38:42.59 ID:zFCT3CXd0
P「お、おはよー!千早!」

千早「おはようございます、プロデューサー」

千早「ところで、高槻さん見ませんでした?」

P「やよい?さっきそこで会ったぞ、何か伊織探してたけど」

千早「…!ありがとうございます。失礼します」

P(気合は入ってる風だけど)

千早「……そうはさせない……何としても」

234 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 08:46:00.15 ID:zFCT3CXd0
伊織「……おはよう、プロデューサー……」

P「おはよう。さっきやよいが……」

伊織「……やよい!」

P「?どうした?」

伊織「なんでもない……、しばらく一緒にいてくれる?あ、やよいは呼ばないで」

P「?」

235 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 08:55:08.76 ID:BksCGbus0
千早vs伊織か

236 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 08:57:08.33 ID:zFCT3CXd0
昨日

伊織「……ちゅ……」

やよい「……ん……」

伊織「……女の子同士でも……いいものでしょう?」

やよい「……(ぽー)」

いおり(呆然としてるやよいかわいい!でも悪くない反応だわ

   このまま既成事実つくって、夫はプロデューサー、娘はやよい

   完璧な人生じゃない!にひひっ)

238 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 08:59:29.61 ID:zFCT3CXd0
伊織(では、もう一回……んぶっ!!!」

やよい「……ちゅ……れろ…ぴちゃ……ぴちゃ……」

伊織(舌!?歯茎を軽くなぞったり…舌を絡めたり……何コレ?)

伊織「ぷはっ、や、やよい!!」

やよい「(ニッコリ)」

伊織「あれ……?手……縄跳び……縛られて……?」

やよい「……うっうー……キスってとっても気持ちいいですー……」

伊織「ひ……」

やよい「伊織ちゃんももっと気持ち良くしてあげるね……」

239 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 09:01:10.45 ID:xdJ11Vgp0
今北産業
アニメ7話のいおりんはかっこいい

240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 09:07:59.47 ID:zFCT3CXd0
伊織「やばかったわ……」

伊織「あれはやばかった……いろんな意味で……」

伊織「ほとぼりが冷めてから、またゆっくり」

やよい「ゆっくりがどうしたの?伊織ちゃん」

伊織「!や、やよい!」

やよい「うっうー、おはよう伊織ちゃん」

やよい「昨日はどうして帰っちゃったの?今日はじっくり楽しもうね」

千早「お待ちなさい!」

伊織「まためんどくさいのが……」



241 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 09:13:33.17 ID:zFCT3CXd0
千早「高槻さんを独り占めなんて許さないわ!」

伊織「とりあえず黙らせないと駄目ね……」

伊織「やよい、今日は千早がやってほしいそうよ……」

やよい「うっうー、みんな一緒で嬉しいですー」

千早「え?え?」

やよい「千早さん、いーっぱい気持ち良くしてあげるね!」

243 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 09:23:09.39 ID:zFCT3CXd0
春香(今日こそは!)

春香(距離条件オールグリーン!)

春香(そうそう何回も外してられないのよ!)

春香「プロデューサーさん!おはようございます!」

春香「ってああ(コケ)」

??「ふにょん」

春香「あれ?柔らかい?(ふにふに)」

あずさ「あらあら~///」

貴音「…ん……あまり揉まないで下さいまし……」

春香「……(もみもみ)」

244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 09:33:47.11 ID:zFCT3CXd0
真美「……」

亜美「あれー?真美、どうしたのさー?」

亜美「元気ないぞー」

真美「兄ちゃん……」

亜美「あー、なるほど……」

真美「……最近、亜美と兄ちゃんがくっついてるのを見ると胸が苦しいんだ」

真美「最初は……その……兄ちゃんを好きになったのかなって……」

真美「でも、亜美以外だと、そんな悪い気はしないっていうか……」

亜美「それって……」

真美「最近、亜美忙しくなって……あんまり一緒にいられないし……」

真美「生まれてからずっと一緒だったのに……って」

245 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 09:37:41.70 ID:zFCT3CXd0
亜美「(ぎゅ)」

真美「……あ……」

亜美「……よしよし……」

真美「……ん……」

亜美「亜美と真美はさ」

亜美「忙しくても離れてても」

亜美「ずっと一緒だよ」

真美「……うん……」

246 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 09:44:37.35 ID:zFCT3CXd0
美希「あふぅ」

律子「しゃきっとしなさいよ……朝っぱらから大あくびして」

美希「ミキ、今日はオフなの」

美希「でも、律子…さんに会いに来たの」

律子「何でよ?」

美希「律子…さん、ハニーのこと、狙ってるの」

律子「そ、そんなことは……」

美希「隠さなくてもいいよ。ミキ、昨日聞いてたの」

247 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 09:52:45.14 ID:zFCT3CXd0
律子「起きてたのね……」

美希「ミキ、コーメイなの」

律子「?それで、どうして私のところに?私もアンタのライバルよ?」

美希「律子、ジツはあんまり経験無いの」

律子「はあ?」

美希「ミキも、ハニーに迫ってはいるけど、ジツはあんまり経験はないの」

美希「だから、空回りするんだとおもうな」

248 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 09:58:48.47 ID:zFCT3CXd0
律子「よくわからないけど、何となく言いたいことは分かるわ」

律子「で?それと私のところに来たのと、どういう関係があるの?」

美希「ミキと一緒にハニーをオトすの!!」

律子「……私でなくても他に同盟組めそうなのはいるでしょ……」

美希「律子、ワカってないの」

美希「もうほとんどグループは出来ちゃってるの」

美希「一人でやってるのは春香くらいなの」

律子「え?え?」

250 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 10:05:17.85 ID:zFCT3CXd0
美希「春香と組むのはミキ的に、あり得ないっておもうな」

美希「あ、でも、律子は余りものってわけじゃないの」

美希「むしろ、組むのは律子以外にあり得ないの」

美希「律子はやり方次第では最強なの」

律子「はあ……わかったわよ……あと、さん、つけなさい……」

美希「やーりぃ、なの」

美希「それじゃあ早速、キスの練習からね」

律子「はあ?ちょ、ちょっと待ちなさいよ

  ミーティングルームに引っ張り込もうとするなー!!!」

252 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 10:10:17.68 ID:zFCT3CXd0
小鳥「普段と違うことを意識すれば」

小鳥「普段と違うものが見えてくるはず」

小鳥「ふふふ……」

小鳥「いい感じに百合百合した空気が漂ってきたわ……」

小鳥「みんなの百合動画は」

小鳥「すべて私がいただくわ……」

小鳥「ついでにプロデューサーさんもいただくわ……」

254 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 10:16:08.15 ID:zFCT3CXd0
P「おーい、小鳥さん」

小鳥「ピ、ピヨ!」

小鳥「あ、プロデューサーさん、おはようございます」

P「はあ……」

小鳥「……あら、プロデューサーさん?襟のところにゴミが……」

P「え?本当ですか?」

小鳥「ええ。ふふ、私が取ってあげます」

小鳥「動かないで下さいね……」

P(ち、近い///)

小鳥(よーし、このまま……)

255 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 10:16:12.93 ID:k4X2ZF5H0
なんでこんなレズ展開になってんだ

256 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 10:17:29.59 ID:1G6knLHT0
何時の間にか百合スレに

259 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 10:24:31.83 ID:zFCT3CXd0
社長「ウォッホン!!」

P「ひゃあ!」

小鳥「ピヨッ!」

社長「おはよう諸君!!」

P「あ、おはようございます社長」

小鳥「(チッ)おはようございます」

社長「ウム!今日も元気に頑張ってくれたまえ」

社長(ふふふ、彼は渡さんよ、小鳥君)


おわり

262 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 10:27:42.66 ID:UrK2Y18x0
    / ̄ ̄ヽ  ┏┓
   / (●) ..(● ┏┛
   |   'ー=‐' i  ・
    >     く
 _/ ,/⌒)、,ヽ_
   ヽ、_/~ヽ、__) 

264 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 10:30:37.16 ID:zFCT3CXd0
とりあえずVIPでは初SSだった
こんなに疲れるとは思わんかった
皆さん、本当にありがとう

268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/27(火) 10:34:34.04 ID:aBb8bRWOO
乙っした

272 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 :2012/03/27(火) 11:31:39.62 ID:LqSl4Zq50
おつ

アイドルマスター 4(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2012-01-26)
売り上げランキング: 1037
関連記事
2012/03/28 17:59 | CM(8) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/03/28 21:54 ]
  2. なんじゃこりゃ?
  3. 名無しさん [ 2012/03/28 23:37 ]
  4. 最後のやつ以外は好きだぞ。自分、百合は嫌いだからな!
  5. 774@いんばりあん [ 2012/03/28 23:37 ]
  6. 病気な人の文章っぽいぞ
  7. 774@いんばりあん [ 2012/03/29 03:17 ]
  8. 社長が可愛いSSですね
  9. 名無し [ 2012/03/29 04:11 ]
  10. テンポ良くて面白かった。
    まぁ、内容はアレだけどwww
  11. 774@いんばりあん [ 2012/03/29 10:39 ]
  12. ※3
    こんなん書く奴は大抵病気だろ
  13. 774@いんばりあん [ 2013/01/16 17:18 ]
  14. ※6
    まぁ病気だろうな(褒め言葉)
    こんなSS書くやつなんて変態ばっかだし。。。(尊敬の眼差し)
  15. 774@いんばりあん [ 2014/09/26 06:22 ]
  16. 実をジツって書かんで下さい。何かを思い出すから

    それと百合厨○すべし、慈悲はない。イヤー!
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。