HEADLINE

P「律子、今日もおっぱい揉ませてくれ」

2012/03/31 05:55 | CM(4) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 16:57:28.08 ID:i1KG1HgM0
律子「もー、またですかぁ?」

律子「しゅうがないですね…って私、一回もそんなことさせたことないんですけど」

P「…ダメか」

P「じゃあどうしたら揉ませてくれるんだ?」

律子「それは…こ、恋仲になったりとか……」

P「ふーん、で?」


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 17:01:39.77 ID:pj56P6lb0
プロデューサー同士なら恋愛しても問題ないですよね

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 17:01:48.00 ID:i1KG1HgM0
律子「べ、べ、別に私がプロデューサーと付き合いたいとかそういうことじゃないですからね!」

P「ふーん」

P「付き合うとかに興味ないから」

P「…でも付き合わなきゃおっぱい揉めないのか」

P「あー、音無さんは揉ませてくれたんだけどな」

律子「え?」

小鳥「え?」

P「まぁ嘘ですけど」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 17:04:32.84 ID:i1KG1HgM0
律子「ですよね…」

律子「妙にリアルな嘘だから一瞬騙されましたよ」

小鳥「え?律子さんそれどういう意味ですか?」

P「俺は音無さんのおっぱいも確かに気になるけど」

P「一番揉みたいのは律子のだからさ」

律子「変なこと言わないでくださいよ」

P「俺は真面目だよ」

P「あー、でも付き合わなきゃダメなのかぁ」

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 17:08:26.27 ID:i1KG1HgM0
律子「そうですよ」

律子「付き合ってもいない人の…その、お…胸なんて触るものじゃないですよ」

P「そうかな?」

P「お店とかで触らせてくれるじゃん?」

律子「え?」

小鳥「プロデューサーさんって…」

P「あ、俺は行った事ないですけどね」

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 17:08:37.67 ID:cDuz49B3O
【律子マスターへの道】
Lv:0 「頭なでなで」
Lv:1 「ダーリンと呼ばせる」
Lv:2 「手を繋いで散歩」
Lv:3 「おんぶしたまま散歩」
Lv:4 「膝枕で寝かせてもらう」
Lv:5 「腕枕で寝てもらう」
Lv:6 「ほっぺにKiss」
Lv:7 「水着でお風呂」
Lv:8 「告白」
Lv:9 「同棲」
Lv:10 「結婚」
Lv:Over 「子づくり」

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 17:12:21.95 ID:i1KG1HgM0
P「社長がこの前行ったって言ってたからさ」

律子「社長…」

P「でも、触らせてくれるなら行ってみたいな」

P「でもアレなんだよな」

P「お金を払うのがなぁ…」

小鳥「だったら私の触りますか?む、無償ですよ?」

律子「小鳥さんなに言ってるんですか!」

小鳥「プロデューサーさんをゲットできるかもだから…」

P「パスで」

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 17:22:29.58 ID:i1KG1HgM0
小鳥「なんでですかぁ~」

P「俺が一番はじめに揉みたいおっぱいは律子のだからです」

律子「!」キュン

律子(いやいや、キュンじゃないでしょ…)

P「だから音無さんはその後でもいいですか?」

小鳥「…はい」

律子「小鳥さん!はい、じゃないですよ」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 17:33:59.22 ID:i1KG1HgM0
小鳥「律子さんはプロデューサーさんに揉ませてあげるんですか?」

律子「…それは」

小鳥「はっ!」

小鳥「…揉ませないってことは」

小鳥「私のおっぱいは揉まれない…」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 17:43:06.04 ID:i1KG1HgM0
律子「いやいや、そういうことじゃないですよね?」

小鳥「律子さんはプロデューサーさんを独り占めする気じゃ…」

律子「独り占め…」

律子「彼女…」

律子「結婚…」

律子「プロデューサーさんと結婚…」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 17:56:25.48 ID:i1KG1HgM0
P「あー律子のおっぱい揉みたい」

律子「…」

律子「でもあんな事をいうのが旦那さん」

律子「私だけなら有り?」

小鳥「律子さん、なにブツブツ言ってるんですか?」

律子「…」

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 18:11:42.37 ID:i1KG1HgM0
律子「結婚」

律子「結婚しましょう!」

P「は?」

律子「結婚すれば胸、揉み放題ですよ?」

P「おー」

P「でも付き合わなきゃ揉めないんじゃなかったか?」

律子「結婚はそれ以上です」

小鳥「律子さん、抜け駆けですよ」

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 18:23:41.24 ID:i1KG1HgM0
P「んー」

P「結婚とかめんどそうだしなぁ」

小鳥「で、ですから私はそんなことをしなくても無償で!」

律子「小鳥さんは手段を選ばないんですね」

小鳥「律子さんのほうが…」

P「小鳥さん、やっぱりパスで」

33 忍法帖【Lv=8,xxxP】 :2012/03/29(木) 18:34:41.94 ID:nQicq8VWO
これはいい律子

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 18:37:44.30 ID:i1KG1HgM0
小鳥「なんでですか!」

小鳥「私には年上としての包容力もありますよ?」

小鳥「胸も…」

P「…」

P「やっぱり律子ですね」

P「付き合ったりは勘弁ですけど」

律子「…じゃ、じゃあ」

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 18:46:02.27 ID:i1KG1HgM0
律子「同棲しませんか?」

P「同棲?」

律子「はい、そうすれば…その」

律子「触っても…」

小鳥「!」

P「マジかー」

律子「マジです」

小鳥「そ、それはマズイんじゃないですか?」

小鳥「みんなにバレたら…」

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 18:53:38.74 ID:VySx0TPx0
結婚しちゃえよ

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 19:04:44.08 ID:i1KG1HgM0
P「え、なにでも同棲ってことは俺ん家に律子がくんの?」

P「…それは勘弁だな」

律子「じゃあ私の家に」

P「あれ?律子、家族と暮らしてなかったか?」

P「家族と住むのはなぁ」

律子「部屋借りますから」

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 19:09:22.81 ID:i1KG1HgM0
P「まぁ、それならいいか」

P「あ、でもそしたら俺の部屋どうしようかな」

小鳥「私にください!」

小鳥「に、荷物はそのままで結構なので」

P「わかりました、なら、なにか必要になったら戻るってことにしますよ」

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 19:25:02.23 ID:i1KG1HgM0
律子「ではなるべく早く一緒に住めるように手配しますので」

P「任せた」

P「小鳥さんはいつからうちにきますか?」

小鳥「今日からでも…」

P「それは無理なんでやっぱ、部屋が決まってからでお願いします」

小鳥「はーい」

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 19:31:19.73 ID:0bzVAQ1w0
りっちゃん必死すぎるだろww

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 19:37:45.23 ID:i1KG1HgM0
律子「…」

律子「ついにプロデューサーさんと結婚できる」

律子「今まで想いに気づいてもらえなかったけど…」

P「結婚はしないぞ?」

律子「ひゃっ」

P「?」

律子(今の全部聞かれてた…)

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 19:47:06.43 ID:/05FG+ru0
なんで付き合ったり結婚したりはNGなんだ
りっちゃんだぞ

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 20:05:27.32 ID:i1KG1HgM0
P「これから揉み放題か」

P「胸が高鳴るな」

律子「…」

律子「あの、同棲したら…」

律子「胸以外もいいんですよ?」

P「…」

P「おっぱいだけでいい」

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 20:09:26.53 ID:i1KG1HgM0
律子「…」

律子「どうしても?」

P「あぁ、律子のおっぱいがあれば」

律子「普通にカップルっぽいことは…」

P「ないよ」

P「律子もわかってて同棲って言ったんだろ?」

律子「そうですけど…」

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 22:19:48.44 ID:i1KG1HgM0
ミス

律子「あの」

P「なんだ?」

律子「なんでプロデューサーは胸にこだわるんですか?」

P「そんなの決まってるだろ」

P「好きだからだよ」

律子「胸がですよね」

P「…」

P「…」

P「ち…うん、そう、胸が」

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 22:19:51.10 ID:VySx0TPx0
おや?

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 22:21:06.69 ID:Hzy/PS5b0
ちは…?

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 22:23:01.37 ID:i1KG1HgM0
律子「ですよね」

律子「はぁ、まぁでもプロデューサーと同棲できるならいいか…」

P「そうだな」

P(律子のおっぱいも好きだが律子も好きだって言えなくなってしまった)

P(まぁ付き合うとかはめんどいから本当に嫌なんだけど…)

律子「これから一緒に住むわけだし、プロデューサーを夢中にしてやるんだから!」

P「ま、いっか」

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 22:39:25.71 ID:i1KG1HgM0
律子「それじゃあ私は仕事も終わったし今日は帰りますね」

P「あぁ」

律子「今日中に部屋を探してきますから」

P「そんなすぐにみつかるもんじゃないだろ」

律子「絶対見つけますから」

P「そっか」

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 22:48:57.72 ID:i1KG1HgM0
小鳥「プロデューサーさん」

P「なんです?」

小鳥「今日、一緒に帰りませんか?」

小鳥「ついでに私のウチに来ませんか?」

小鳥「さらにさらに、私も胸も触っていいですよ?」

P「そういうことなら…」

P「却下です」

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 22:57:09.44 ID:i1KG1HgM0
小鳥「そんなに私って魅力ないですか?」

P「そういうわけじゃないですよ」

P「できることなら音無さんのおっぱいも揉みたいですよ」

小鳥「じゃあ…」

P「でも、それ以上に揉みたいおっぱいがあるんです!」

小鳥「…」

小鳥「そうですか」

108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 23:14:29.01 ID:i1KG1HgM0
小鳥「で、でも最後に…」

小鳥「一回でいいので私の胸を触ってください」

P「…」

P「ごめんなさい」

P「…律子のおっぱいを裏切ることはできません」

小鳥「…プロデューサーさんの意思は固いんですね」

P「はい」

P「ついでに俺は律子のことが好きなんで」

111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 23:18:58.00 ID:i1KG1HgM0
小鳥「律子さんの胸よりもですか?」

P「はい、おっぱいよりもです」

P「順位で行くと1位律子、2位律子のおっぱい、3位音無さんのおっぱいです」

小鳥「あの、私自体は…」

P「…」

小鳥「やっぱいいです」

小鳥「そのことを律子さんに言えばいいのに」

112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 23:22:33.62 ID:i1KG1HgM0
P「…」

P「あの、今のことは律子に言わないでくださいね」

小鳥「なんでですか?」

P「…付き合うって言い出したら嫌なんで」

小鳥「さっき言ってましたけど」

P「…とにかく付き合うとかはめんどくさいんですよ」

小鳥「同棲も同じじゃ…」

P「…」

113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 23:26:39.00 ID:i1KG1HgM0
小鳥「もういいですよ」

小鳥「私も帰りますね」

P「気をつけて」

小鳥「…」

小鳥「プロデューサーさんなんて律子さんと出来ちゃった結婚でもしちゃえ!」

P「…」

P「よくわからない捨て台詞だなぁ」


114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 23:32:06.83 ID:zBxJ3ile0
律っちゃんは事務所想いの良い子なんやで
幸せにしてやってくれ

115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/29(木) 23:33:25.92 ID:Qw9o3Q0L0
ピヨ子は俺が幸せにする

176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 09:22:07.37 ID:yyRVqubn0
~次の日~

律子「プロデューサー!」

P「どうした?朝からうるさいな」

律子「昨日の宣言通り、ちゃんと部屋を見つけてきましたよ」

P「よくみつけたな」

律子「プロデューサーと早く一緒に住みたいので頑張りましたよ」

P「そうか」

律子「早速今日から…」

P「わかった」

179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 09:28:32.70 ID:yyRVqubn0
P「ということで音無さん、これを」

小鳥「?」

P「部屋の合い鍵です」

P「当分は服取りに帰ったりちょくちょく帰るんで、荒らさないでくださいね」

小鳥「あ、荒らすなんてしませんよ」

P「ならいいです」

律子「早く仕事終わりにして帰りたい…」

P「まだ朝だぞ」

180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 09:33:22.30 ID:yyRVqubn0
P「…」

P(でもこんなに早く住めるとは思わなかったな)

律子「プロデューサー、良い家庭を築きましょうね」

P「結婚じゃないんだから…」

P「家庭も何もないだろ」

律子「でも」

小鳥「…」

182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 09:41:08.14 ID:yyRVqubn0
小鳥「律子さん、知ってます?」

律子「なんです?」

小鳥「プロデューサーさんは律子さんが好きなんですよ」

P「!」

律子「はぁ、でもプロデューサーは付き合うのめんどいとか言ってますけど」

P「そうそう、だから好きとか…」

律子「でもプロデューサーと結婚しようと企んでる小鳥さんがこんなことをいうのもおかしい…」

小鳥「企んでなんかいませんよ」

小鳥「今は」

184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 09:51:27.35 ID:yyRVqubn0
P「こ、こ、小鳥さんはなに変なことを言ってるんでしょうかね」

律子「なんか喋り方変になってますよ?」

P「なんのことやら」

律子「…」

律子「私もプロデューサー好きなのに、実らないなんてなぁ」

P「だから…お、俺が好きなのはおっぱいであって」

小鳥「1位律子さん、2位律子さんのおっぱい、3位私のおっぱい…」

P「なんで昨日のを!」

185 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 09:56:25.93 ID:yyRVqubn0
律子「プロデューサー」

P「はい?」

律子「…私のこと好きなんですね」

P「…」

P「おっぱい共々好きだよ」

律子「なのになんで付き合うのはダメなんですか?」

P「それはめんどくさいから…」

律子「本当は?」

186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 10:01:02.14 ID:yyRVqubn0
P「…」

P「ED…」

律子「はい?」

小鳥「まぁ…」

P「だから…恥ずかしくて」

P「付き合うとそういうこともするわけだし」

P「おっぱいおっぱい言ってれば誤魔化せると思ったわけで…」

189 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 10:08:18.64 ID:yyRVqubn0
小鳥「確かにそれだと男性として終わってますもんね」

P「…」

律子「それがなんですか、関係ないですよ」

律子「私はそれでも愛せますよ」

P「律子ぉ…」

小鳥「え?」

P「音無さんは酷いです」

193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 10:17:59.71 ID:yyRVqubn0
P「EDでもいいのか?」

律子「はい、それが全てじゃないし」

律子「…」

律子「いずれ結婚して子どもが欲しくなったら」

律子「私の胸…おっぱいでどうにかしてみせますから」

P「律子…」

律子「それより今日から一緒に住むんですから楽しくいきましょ!」

P「あぁ」



おわれ
もう、飽きた
長く保守させてごめん、糞でごめん

195 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 10:22:56.61 ID:NosxSu1F0
とりあえず乙

196 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 10:25:07.24 ID:OJPEP5Ol0
>>193
乙。765プロはいつでも君を待っているぞー




199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 10:36:29.29 ID:MZPNI6Yk0
おっぱいもんでねーぞ!!

200 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 10:37:29.85 ID:yi8Ku4hA0
乙!!
765プロの女性陣はみんな可愛いなあ!!

167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 08:41:38.02 ID:OJPEP5Ol0
律子「・・・・・・ハァ」カタカタ、カチッ

P「律子ぉ~、おっぱい揉ませて!」

律子「・・・・・・」カチカチ、カチッ

P「なぁ・・・胸揉みしようやぁ・・・」

律子「・・・・・・」カタカタカタ

P「僕と契約して、おっぱいを揉ませて欲しいんだ!」

律子「・・・・・・」カタカタカ





律子「・・・契約?」 

168 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 08:47:38.39 ID:OJPEP5Ol0
P「君がおっぱいを揉ませてくれる度に、願い事をなんでも一つ叶えるよ!」

律子「・・・なんでもいいんですか?」

P「親戚の性別変えろとかはちょっと・・・。旅費手術費的な意味で」

律子「魔法じゃないんだ」

P「だれがー?」

律子「・・・じゃあ、その。いいんで」

P「ん?」

律子「だから、胸、いいんで」

169 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 08:53:32.63 ID:OJPEP5Ol0
P「訳が分からないよ」

律子「えっ」

P「契約はきちんと結ばなきゃ。胸がいい、ってそれはただの告白だよ」

律子「あ、そのキャラはやるんだ」

P「んでんでんで?」

律子「・・・私のお、おっぱいを揉んでいいんで」



律子「願い事叶えて下さい」

173 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 09:14:14.58 ID:OJPEP5Ol0
律子「・・・揉んでいいとは言ったけど」

P「律子のおっぱい凄くふかふか!」

律子「背面座位でとか聞いてないんですけど」

P「バッカ!156cmの女の子のおっぱいの揉み方に他に何があるんだ!」

律子「キャラがぶれまくりですけど」

P「ワイシャツの上から分かるこのボリューム!」

律子「・・・ッ、ちょっと、触り方」

175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 09:16:29.88 ID:6mNLI+wwO
普通に体位の名前が出てくるりっちゃん可愛い

201 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 10:39:34.80 ID:s7mQ4UNG0

もう一人書こうとしてたのいたな
ええんやで書いても

203 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 10:42:22.55 ID:OJPEP5Ol0
じゃあお言葉に甘えて

>>173から

P「律子結構揺れてるもんなぁ。知ってた?スタジオとか皆チラチラ見てんの」

律子「知らな、あっ、い」

P「皆このおっぱい揉みたいんだろうなぁ。律子が泣くまでずっと」

律子「嫌、嫌ぁ・・・」

P「嫌なの?顔赤いよ」

律子「調子のんっ、な!」

P「可愛いよ、律子」

204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 10:46:28.83 ID:OJPEP5Ol0
律子「はぁ!?」

P「律子可愛いよ、可愛いよ、律子」

律子「ちょ、ぁっ、ン、っもう!終わり!終了~!」

P「えぇ~?」

律子「可愛くだだ捏れるな手を動かすな!」

P「ケチ律子」

律子「うるさい!」


205 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 10:51:09.94 ID:OJPEP5Ol0
P「あー」

律子「・・・・・・」

店員さん「いらっしゃいませぇ☆彡」キャピ

P「なるほどねぇ。こりゃ一人じゃ来れんわな」

律子「・・・・・・・・・」

店員さん「ご注文、お決まりでしょうかぁ?」キャピキャピ

P「あ、すいません。限定のケーキセット二つ」


206 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 10:56:12.44 ID:OJPEP5Ol0
店員さん「ありがとうございますぅ!こちらキャンペーンプレゼントがございましてぇ」

P「律子」

律子「・・・その青いのと赤いの、下さいっ」

店員さん「かしこまりましたぁ!ほころんでー!」ハイホコロンデー!ホコロンデー!ロンデー!

P「・・・潜水艦かっ」

律子「・・・ご迷惑でした?」

P「いやぁ、まあねぇ」

律子「・・・ッ」

207 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 10:57:03.24 ID:PXFLOrCl0
りっちゃん!

208 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 11:01:01.65 ID:OJPEP5Ol0
P「いくら戦争でも通商破壊はさァ」

律子「潜水艦離れなさいよ」

律子「そうじゃなくて」


店内  イチャイチャイチャイチャ

律子「なんか。雰囲気的に・・・。もし、迷惑なら」

P「いや、膳々」

律子「真田顔やめろ」

P「はい」

209 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 11:05:58.24 ID:OJPEP5Ol0
律子「・・・その、好きな本が映画になって」

P「つまキスでしょ?」

律子「えっ」

P「よく読んでんじゃん。事務所の休憩室で」

律子「や、えっ?その」

P「まあこんなとこ一人じゃ来れんわなぁ」

律子「・・・それだけじゃ、その」

店員さん「お待たせ致しましたぁ!ケーキセットでぇす!」キャピ

210 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 11:11:11.39 ID:OJPEP5Ol0
店員さん「『つまキス☆ララバイ』キャンペーンと致しましてぇ、お客様にわぁ、『試練(笑)』にご挑戦頂きまぁす」キャピ

P「・・・時代小説だっけ」

律子「ちょっと前にそういう、あのちょっとした困難を乗り越えた先にみたいな、その」

P「ああ、分かった分かった」

店員さん「でわぁ、こちらの『試練(笑)BOX』から『試練(笑)カード』をお引きくださいませぇ」キャピ

P「・・・・・・」ゴソゴソ(笑)

試練(笑)!「愛情を確かめ合う」

211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 11:16:08.03 ID:OJPEP5Ol0
P「・・・別室お借りできますか?」ヌギ

律子「おいやめろ」

店員さん「こちらぁ、『愛してるよ』と彼女さんにぃ、お伝えください!」キャピ

P「・・・ん?」

律子「ッ」

P「・・・・・・彼女?」

店員さん「はぁい!カップル限定メニューを食べたカップルさん限定キャンペーンですのでぇ」

P「・・・彼女?」チラ

律子「あっ、の・・・」

212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 11:21:26.94 ID:OJPEP5Ol0
店員さん「は?彼女じゃねえの?通常料金とるけど」

P「律子、いつもありがとう。ずっと愛してる」

律子「あっ、わっ、たしも、です・・・・・・」

店員さん「キャー(照)ありがとうございまぁす!じゃあ、彼女さんにもぉ、引いて貰っていいですくぁー?」キャピ

律子「は、はい」ゴソゴソ

試練(笑)!「アーンして食べさせる」


215 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/03/30(金) 11:25:52.47 ID:7Undu8M40
にやにや

216 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 11:26:12.59 ID:OJPEP5Ol0
律子「・・・・・・」

P「何なに?」

店員さん「こちらわぁ、彼女さんからあーんしてぇ食べさせちゃってください!」キャピ
店員さん「彼氏クンもぉ、ちゃんと気持ちを伝えないとぉ、ダメダゾ♪」

P「・・・・・・」

律子「あ、あーん」

P「・・・」

律子「あーん・・・」

P「・・・ハッ」

店員さん「・・・・・・」ジー

217 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 11:31:04.81 ID:OJPEP5Ol0
P「・・・。うん美味しいよ。律子。ありがとう」

律子「あ!っは、い」

店員さん「・・・・・・・・・」ジー

P「・・・可愛いよ、律子。大好き」

律子「なっ」

店員さん「アーン(照)カ・ワ・イ・イ・ゾ☆では、キャンペーンドリンクお持ちいたしまぁす」


218 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 11:36:31.03 ID:OJPEP5Ol0
律子「ふぅ・・・」

店員さん「・・・・・・」

律子「・・・・・・?」

店員さん「・・・・・・」ウインク

律子「・・・あはは」

P「どうした?」

律子「いえ、なんでも」


アリガトーゴザイマシター

220 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 11:41:10.35 ID:OJPEP5Ol0
P「あー食べた食べた」テクテク

律子「あの、別に割り勘でも良かったですけど」テクテク

P「別にいーって。でもこんなんでいいの?」テクテク

律子「はい。・・・今日はありがとうございました」テクテク

P「おう」テクテク

律子「なんか、すごく迷惑かけちゃいましたよね」テクテク

P「いや、膳々」テクテク

律子「おい」テクテク

221 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 11:47:22.07 ID:OJPEP5Ol0
P「迷惑つーか」テクテク

律子「・・・・・・っ」テクテク

P「なんか無理矢理言わされたみたいな感じがして気に入らん」テクテク

律子「・・・・・・・・・」テクテクテ

律子「・・・・・・えっ?」ク

P「律子」

律子「はい?」

P「好きだよ。ずっと前から、大好きだよ」

223 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 11:53:03.33 ID:OJPEP5Ol0
律子「・・・んえ?」

P「はぁ、スッキリ。店で言わされてからずっともやもやしててさぁ、これは一回言っとかないとと思って」

P「じゃあまた明日なー」オヤスミ‐

律子「・・・・・・んえ?」

律子「・・・・・・・・・」

律子「えっ」

224 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 11:57:10.95 ID:OJPEP5Ol0
・・・・・・・・・

P「おはよーさーん」

小鳥「あ、おはようございます」

律子「ザイマス」

P「何か気温差激しくないっすか。スーツがアチーぜ」

小鳥「あはは。そんなネタだれも分からないですよぉ。よっこいしょ」ムギチャモッテキマス

律子「・・・・・・・・・」カタカタカタ


225 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 12:02:24.59 ID:OJPEP5Ol0
P「律子おっす」

律子「・・・・・・・・・オス」カタカタカタ

P「あの後さ」

律子「!」

P「眠れなくて、ずっと考えてたんだけど」

P「やっぱ言うわ」

律子「な、に?」

P「律子」

226 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 12:03:20.47 ID:OJPEP5Ol0









P「今日もおっぱい揉ませてくれ」




律子「・・・・・・はぁ」


終わり


227 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/03/30(金) 12:03:56.30 ID:7Undu8M40
ん?

228 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 12:05:17.74 ID:QAXHT4rv0
んん?

230 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 12:06:15.30 ID:7w9b3aUn0
んんん~~~~~?

231 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 12:11:39.16 ID:7w9b3aUn0
ブチャラティ!!!?????

235 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 12:42:47.53 ID:OJPEP5Ol0
春香「おはよーございまーす」

P「おはよー」

律子「え!は、春香!?いるの!?」

春香「えっ」

P「いるよー。棒立ちでこっち見てる」

律子「や、だ!一回、一回外して!」

P「ダメ」

律子「お願い、ちょ、見ないで春香!」

春香「り、律子さん」



春香「着衣目隠し対面座位で一体何やってるんですか・・・・・・」

237 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 12:47:33.21 ID:1JqyNkLu0
逃げて~りっちゃん逃げて~刺されちゃう!!

238 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 12:47:37.11 ID:OJPEP5Ol0
小鳥「職場をなんだと思ってるんですか!」

P「すまぬ・・・すまぬ・・・」

小鳥「真面目に聞く!」

P「ヒイ」

・・・・・・・・・

春香「・・・落ち着きました?」

律子「うん。春香、ありがとう」

春香「いやー、それほどでもぉ」

律子「ふふ」

春香「で」

春香「何やってたんですか。あそこで」ズズイ
春香「プロデューサーと」ズイ
春香「二人っきりで」ズイ

律子「ちょ、怖い怖い!」

240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 12:54:12.21 ID:OJPEP5Ol0
>>237ヤンデレモノも一回やってみたいんだよね

P「えれえ目にあった」

春香「お疲れ様です!プロデューサーさん」

P「おお、お疲れ。さっきはびっくりさせてゴメンな」

春香「いいんです。だって私も人の事言えなくなりますから」

P「そうか?悪いなァ」
P「・・・ん?」

春香「ニコニコ」

P「・・・」チラ

律子「ペコペコ」

P「…oh」

241 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 13:00:37.90 ID:OJPEP5Ol0
・・・・・・
春香「あっ、や」

P「・・・・・・・・・」

春香「そんな、と、こは」

P「・・・・・・・・・」

春香「プロ、ぅさぁ、あ、ぁあ!」

律子「しゅ、終了ーー!!」

P「お、おおそうか!いやあ、早いなあ」

春香「えぇー・・・」

P「さ、さぁ願い事をなんでもひとつ叶えるよ!」


春香「結婚してください」

P「・・・oh」

242 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 13:05:49.25 ID:OJPEP5Ol0
律子「・・・・・・」

春香「一つは一つ、ですよ!プロデューサーさん!」

P「いやぁ、俺ほら甲斐性ないし、部屋とか凄い汚いし」

春香「大丈夫です!私収入あるし、掃除得意ですから」

P「・・・いやしかしなぁ」

春香「シャチョ」

P「セイセイセイ!」


律子「春香、あなたアイドルでしょう」


243 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 13:10:22.95 ID:OJPEP5Ol0
律子「沢山ファンだっているし、活躍を期待する人がいるのに、そういうのは」

春香「Bランク」

律子「え?」

春香「Aランクアイドルまでいった人と未だにBランクの人」

春香「・・・勝手なのはどっちですか」

244 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 13:16:43.23 ID:OJPEP5Ol0
律子「私は、自分で」

春香「私だって自分で考えてるんです!」

春香「いつまでも格下だなんて思わないで下さい」

律子「そんな事!」

春香「これだけは!・・・負けませんから」

律子「春香、あなた・・・」




小鳥「(仕事やりづらい)」カタカタカタカタ

246 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 13:22:14.23 ID:OJPEP5Ol0
・・・・・・
P「こんなんでいいの?」

春香「はい!凄く楽しみです」

P「別に何もないよ」

春香「もう、いいじゃないですか!私初めてなんです」

春香「・・・男の人の部屋行くの」

P「あ、っそう?」

春香「はい」

247 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 13:27:12.59 ID:OJPEP5Ol0
律子「・・・・・・」カタカタカタ

小鳥「・・・今日でしたっけ。春香ちゃん」

律子「・・・・・・」カタカタカタ

小鳥「・・・いいんですか」

律子「・・・・・・ベツニ」カタカチャカタ

小鳥「・・・・・・」

律子「・・・・・・」カチャタカタカタ

248 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 13:34:13.34 ID:OJPEP5Ol0
春香「・・・・・・」

P「な、だから汚いって」

春香「プロデューサーさん」

P「ナ、ナニカナー」

春香「限度があります!こんなの人が住む部屋じゃないですよ!」

P「そ、そんな事ないよ。これはこれで」

春香「もう、来るって言ってたのに!」

P「ゴメンネ」

春香「・・・もう」
春香「ホウキ、出して下さい」

250 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 13:42:25.37 ID:OJPEP5Ol0
律子「・・・・・・」カタカタカタ

小鳥「・・・・・・」

律子「・・・・・・」カタカタカ

小鳥「・・・・・・」

律子「・・・だって」

小鳥「・・・うん」

律子「あの子はちゃんと、気持ち伝えてて」

律子「た、ただ言われっぱなしにしてズルズルしてて」


257 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 13:58:20.72 ID:OJPEP5Ol0
春香「ジョキジョキジョキ」

P「ちょ、春香サン!?何切っていらっしゃるの!?」

春香「やたらカラーページ多い割に内容の薄い本です」

P「いいから!そこはいいから!」

春香「私の おっぱい 揉んだんですから」

P「・・・・・・」

春香「こんなのいりませんよねぇ」

P「・・・・・・・・・ハイ」

春香「(チラ)」
春香「(メガネばっかり!)ジョキジョキジョキ!」

P「あぁ・・・・・・」


262 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 14:10:51.37 ID:OJPEP5Ol0
律子「あっちだけ好きだ、って。私が惚れられてる、なんて」

律子「小説の女の子みたいな事をしていた私が」

律子「何も、いえませんよ」

小鳥「そっか」

律子「・・・・・・」

小鳥「楽しかった?二人でいて」

律子「・・・はい」

小鳥「そうよね」

263 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 14:18:07.12 ID:OJPEP5Ol0
春香「あ、ここ・・・」

P「!!あ、そこはマジでいいから」

春香「私達のCDとか、グラビア」

春香「買って、くれたんです、か?」チラ

P「∵」

春香「プロデューサーさん!?」

P「∴」

春香「ヒイ!ちょ、しっかりして下さい!」

P「ハ」

春香「は?」

P「ハズカシィ・・・・・・」

265 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 14:23:15.66 ID:OJPEP5Ol0
小鳥「これが最後の恋ってわけじゃないものね」

律子「・・・はい」

小鳥「失恋だって立派な恋ピヨ!」

律子「・・・・・・」

小鳥「バカよ」

律子「・・・・・・」

小鳥「決めれるチャンスがあったのに決めないなんて」

小鳥「律子さんって、ほんとバカ」

266 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 14:28:09.95 ID:OJPEP5Ol0
春香「あ、これまだ自社生産の時のCD・・・」

P「ちゃ、ちゃんと買った奴だからな」

春香「・・・プロデューサーさん?」

P「なんだよ」

春香「顔まっかデスヨー?」

P「・・・屋上行こうぜ、久しぶりに切れちまったぜ・・・」

春香「いーやーでーすー」
春香「あはは。・・・・・・嬉しい」

春香「もう、だれも持ってないのかと思ってた」


267 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 14:32:48.75 ID:OJPEP5Ol0
律子「・・・・・・グス」

小鳥「・・・いまさら後悔したって遅いですよ」

律子「・・・・・・はい」

小鳥「だから」

小鳥「ちゃんと失恋したらどうですか」

律子「・・・・・・え」

小鳥「まだ、聞いて無いんでしょ?」

小鳥「プロデューサーの答え」

小鳥「いや、まずはお返事からかしら」

律子「小鳥・・・さん?」

268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 14:38:12.08 ID:OJPEP5Ol0
P「持ってるに決まってるだろ。ファンなんだから」

春香「そっかぁ。えへへぇ、プロデューサーさん!」

P「な、なんだよ」

春香「私のファンなんですね///」

P「・・・オウフ」

春香「いやー、まいっちゃうなー」

P「ファン、って言ってもホラ、ドイツとかの公爵とかの」

春香「どうしましたー?ボケに切れがないですよー?」

P「ぐぬぬ」

270 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 14:44:01.78 ID:OJPEP5Ol0
小鳥「始まっちゃったのならきちんと終わらせなきゃ」

小鳥「じゃないとずっと、ずっとその恋から抜けれなくなりますよ」

律子「小鳥さん・・・」

小鳥「・・・・・・ね?」

律子「・・・はい!」

小鳥「ふう。では」

小鳥「はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

小鳥「オラァ!」ガシャン!
小鳥「そるぁ!!」バギン!

271 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 14:51:07.87 ID:OJPEP5Ol0
律子「えっ」

社長「な、何事かね!」

小鳥「あぁー急にイライラして蛍光灯とホワイトボード割ってもうたわーてへぺろ(・ω<)」

社長「こ、更年き」

小鳥「ンドルゥルア!!」ガィン!

社長「ヒ、ヒイイイイ!」

小鳥「あぁー、ついでに予備の分もやってもうたわーてへぺろ(・ω<)」

社長「り、律子くん!ここは私がなんとかするから買って来てくれたまえ!」

律子「こ、小鳥さ」

小鳥「デェェェェェイリャァァァァァ」ウインク ガシャーン ガシャーン

律子「…行ってきます!」




社長「やめて…、もう…やめてくれぇ…」
小鳥「ぴよハハハ!まだ二十台ピヨ!ハハハ!」ガッシャーン


272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 14:56:30.98 ID:OJPEP5Ol0
春香「プロデューサーさん」

P「……何だよ」

春香「踊ってあげましょうか…?」

P「えっ」

春香「う、歌でも、コスチュームでも!何でもいいですよ!」

P「……」

P「いや、歌はいいかな……」

春香「おい」


春香「私、プロデューサーの為なら…」

P「春香」

春香「へ、へい!何にしましょう!」

P「大将か」
P「そうじゃなくて」

P「嬉しいよ。ありがとう。春香は優しいな」

春香「プロデューサーさん…」

281 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 16:21:04.39 ID:OJPEP5Ol0
ピンポーン…

ピンポーン…

律子「…はぁ、…はぁ」

ピンポーン…

律子「…はぁ、おねがいっ」

ピンポーン…

律子「…っく、でてよ」

ピンポーン…

律子「出てよぉ…」

ピンポーン…

283 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 16:25:58.55 ID:OJPEP5Ol0
律子「プロデューサー!!」

P「はい」ヌッ

律子「どうわあああ!」バシッ!

P「エンッ」ドサ



………

284 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 16:34:39.55 ID:OJPEP5Ol0
P「いきなりぶん殴られる理由が分からん…」

律子「す、すいませんってば…」

P「俺の律子がこんなに凶暴なわけない」

律子「あ、あなたのじゃ!」

律子「…あの。あ!そう、春香は!?」

P「帰ったよ?送ってきたとこ」

律子「そ、うなんですか」

P「うん」

律子「あの、何か」

P「ん?」

律子「いえ…」

P「あ、気になっちゃう?気になっちゃう系?」

律子「膝から落としますよ」

P「すいまえんでした:;」

285 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 16:42:53.74 ID:OJPEP5Ol0
P「春香さあ、アイドル続けるって」

律子「……!」

P「一方的に告白されて一方的に振られてしもうたわ」

律子「………」

P「まあ。しょうが無いけどな!俺もファンだからな!がはは!」

律子「……プロデューサー」

律子「ごめんなさい…っ」

287 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 16:53:56.26 ID:OJPEP5Ol0
社長「………」

小鳥「あー☆すっきりしたピヨ!」

社長「……キミ、弁償してもらうよ」

小鳥「じゃあ退職金で払うピヨ」

社長「そ、それは!」

小鳥「O☆SA☆KI☆でーす♪」


社長「うう…」


小鳥「プロデューサーに仕事を貰ってきて貰えばいいピヨ」

小鳥「あーあ、すっきりしないな。誰か呑みに行ける様な」

春香「………」トボトボ

小鳥「………」キラ

289 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 17:05:04.19 ID:OJPEP5Ol0
春香「いや、まずいですって!アイドルですから!」

小鳥「ダイジョブダイジョブ!家だから!チャラ男に持ち帰られたりしないから!ファンもあんしんだから!ね!?」

春香「全然大丈夫じゃなぁい…!」

小鳥「うふふ、一名様ご案内~♪」

春香「いーやー!」


290 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 17:13:02.69 ID:OJPEP5Ol0
P「嬉しいよ。ありがとう。春香は優しいな」

春香「プロデューサーさん…」

P「でもさ、俺プロデューサーだけどファンだから」

P「他のファン裏切れんわ」

春香「え…」

291 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 17:20:09.46 ID:OJPEP5Ol0
………
春香「ファンだから何だってんだバカヤロー!」

小鳥「う、うん」

春香「バカにしやがってよぉ、何がファンだよ!クンニしろ」モガ

小鳥「ちょ、聞こえちゃう隣に聞こえちゃう!」

ドン!

小鳥「ああ……」

春香「私だって…」プハ

春香「私だって!」

春香「ああああ!もう!クンニしろおらぁ!!!!」

ドドン!!
ウルセーゾ!


小鳥「たすけて」

292 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 17:29:14.49 ID:OJPEP5Ol0
回想分かりづらいな…。すまん

P「もし俺がただの一般人ならさ、こんなチャンスないわけじゃん?」

春香「それは」

P「春香に自分にだけ踊ってほしい、着せ替えやってほしいファンは」

春香「歌」

P「……」

P「…歌って欲しいファンは山程いるわけじゃん」

P「ファンで抽選なら分かるけど、ただ俺の立場を利用してそういうのって」

P「業界の糞ヤローと一緒じゃん?それってかっこ悪いわけじゃん。出来ないわ」

P「…ごめん」

293 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 17:35:00.61 ID:OJPEP5Ol0
春香「……律子さんは」

春香「…律子さんは良いんですか!?」

春香「まだファンだって要るし、CDだって売れてるし…」

春香「なのに…」

P「俺さ、律子のファンではないのよ」

P「好きになっちゃったから。アイドルじゃなくてただの女の子なんだよ、もう」

P「そんなおこがましい奴はもうファンとは言えないわけ」

春香「私の、ファン、なんですね」

P「うん。日本屈指の大ファンだよ」

春香「えへへ。嬉しいです」

春香「……もう、帰ります」

P「…送るよ」

295 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 17:43:29.71 ID:OJPEP5Ol0
………

春香「んんんんんんもおおおおおおう!」ドタバタ

小鳥「ちょ、落ち着いて」

春香「絶対Aランクなってやるんだから!それで引退してスグ事務員になってやる!」


ドンドン!ドンドン!


小鳥「すいま…すいま……」



春香「ん”にゃ”ああああああ!!!」バタバタ


小鳥「嗚呼…」



296 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 17:51:23.01 ID:OJPEP5Ol0
律子「プロデューサーが好きっていってくれて」

律子「それがずっと続けば良いと思ってました」

律子「ずっとこのままでいられたらそれが一番だって…」

律子「………」

律子「…ごめん、なさい」

律子「でも、私…。こ、こんな気持ちじゃダメだから……」

律子「私を、振って下さい。じゃないと私」

律子「次に進めません」

P「え、嫌だけど」

律子「……そうですよ、ね。今まで、ホントに楽し」




律子「…ん?」

297 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 18:03:24.85 ID:OJPEP5Ol0
P「もうさ、初めて律子の履歴書見て律子を選んで」

P「プロデュースして、成功して、解散して」

P「…同僚になって」

P「ずっと好きだったから」

P「その気持ちを知ってくれてるならそれでいいと思ってた」

律子「プロデューサー…」

P「でも」

P「何?次の男のこと考えてんの?」

律子「あ!?ち、違っ!プロデューサーの!小鳥さんと!に!」




P「……百合かぁ~」

律子「おい」


298 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 18:12:53.28 ID:OJPEP5Ol0
P「律子」

律子「は、っい」

P「今俺は久々に少し怒ってます」

律子「だ、だから!」

P「律子」

律子「う」

P「りつこ」

律子「ううう」


律子「ぷ、プロデューサー」

律子「好きで、す」


P「鋤で、酢?」



律子「ん、もう!!!好きです!私も大好きでした!」

律子「しょうがないじゃないですか!好きだったんだから!もういいでしょ!」

300 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 18:17:22.93 ID:OJPEP5Ol0
P「今日は良くない」

律子「え…」

律子「ちょ、ちょっと」

律子「ここ春香に片付けさせたんですよね?ちょ、明日からどんな顔で」

律子「や、え、ぁ、まってお願い」

律子「走って来たから、今、走ってきたか、っらぁ!」

P「律子」

律子「な…に?」

P「今日も明日もこれからずっと」

P「おっぱい揉ませてくれ」

律子「そ、そんな言い方っあ、もう!」

律子「バカぁ!!!」



終わり

初めてキャラSS書いた。後半グダって申し訳なかった。>>1もごめんよ

303 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 18:19:02.60 ID:OJPEP5Ol0
良かったよ、乙!

304 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 18:20:07.98 ID:OJPEP5Ol0
あと入れ忘れ
>>240の後

P「春香、あのな」

春香「契約」

P「う」

春香「してくれますよね?私とも」

P「あ、アイドルがそんな簡単にさ」

春香「シャチョー!シャチョー!」

P「落ち着こう、な!」

が入ります。やっとごはんたべられるよぉ…
読んでくれてありがとうでした

306 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/03/30(金) 18:20:29.67 ID:OJPEP5Ol0
おつおつ

どっちも律子よかった

アイドルマスターSP ミッシングムーン PSP the Best
ナムコ (2010-01-28)
売り上げランキング: 1264
関連記事
2012/03/31 05:55 | CM(4) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/03/31 14:35 ]
  2. 小鳥さんは俺がもらってくよ
  3. 774@いんばりあん [ 2012/03/31 17:49 ]
  4. うーん、やっぱリッチャンハカワイイデスヨですよ
  5. 774@いんばりあん [ 2012/04/01 08:50 ]
  6. 乗っ取りは糞
  7. 774@いんばりあん [ 2014/10/12 11:55 ]
  8. 小鳥さんどっこいしょとか言っちゃダメだよ?
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング