HEADLINE

高槻やよい、ある日の出来事

2012/04/05 12:07 | CM(3) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:09:25.09 ID:trw4RIp2O
うっうー!高槻やよいです!

12月に入って、いつもの街が急に慌ただしく動き始めたように思います

オレンジ色に染まった西の空がとってもキレイで、何だか少しだけ切なくなったりします

だけど、今日の私は元気いっぱい!

なぜなら

ジャジャーン!

塩さんまが一尾20円だったんですぅ!



4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:11:21.59 ID:trw4RIp2O
えっ?

ちょっと安すぎないか、って?

うっうー!

ちゃんと火を通すから大丈夫ですぅ!

みんなお腹を空かせてると思うから、早足でお家に向かいます

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:13:32.97 ID:trw4RIp2O
「ただいまー!すぐ晩ご飯作るね!」

…あれ?

何だかお家の中の空気が重いです

「お父さん?帰ってるの?」

「…やよいか?」

イヤな予感がします…

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:15:58.20 ID:trw4RIp2O
「やよい、お父さんの会社な、潰れることになったんだ」

…うぅ

こういう予感って的中してしまうんですよね

「やよい、お父さんもう疲れたよ…」

「大丈夫だよお父さん!私もお仕事頑張るから!」

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:18:38.48 ID:trw4RIp2O
「仕事?水着にでヤラシイかっこするのが仕事か?」

「え?」

「男に媚びた顔してへらへら笑ってるのがお前の仕事か!」

「お、お父さん…?」

お父さんが喋るたびに、お部屋の中にお酒の匂いが広がっていきます

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:21:46.43 ID:trw4RIp2O
「こ、媚びてなんかないもん!楽しいから笑ってるんだもん!」

「お前の写真を観ながら男が何してるのかわかってるのか!」

「え…そ、それは…」

「クソっ!出かけてくる」

「あっ、お父さん!晩ご飯は?」

…お酒を飲みにいったみたいです

私の仕事…

うぅ…悔しいです…

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:24:16.22 ID:trw4RIp2O
晩ご飯を食べている間も、お父さんに言われたことが頭から離れませんでした

お風呂で独りになると、我慢していた涙が一気に溢れてきて…

ホントはお仕事の予習をしなきゃダメなんですけど、泣き疲れて寝ちゃいました

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:26:06.32 ID:trw4RIp2O
今日は日曜日

お父さんと顔を合わさないように、コッソリお家を出てきました

気分も足取りも重いなぁ…

今日はお仕事休みたいなぁ…

「あ!やよいー!」

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:28:33.04 ID:trw4RIp2O
「え?あ、響さん。おはようございます」

「はいさーい!これから事務所に行くとこなんだ。やよいも?」

「あ、はい…」

「ん?どうしたんだ?元気ないぞ?」

「だ、大丈夫です!イェイ!」

「なら良いけど…」

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:31:13.35 ID:trw4RIp2O
響さんと一緒に電車で移動

いつも元気で明るい響さんが大好きなんだけど、いまは独りになりたいかもです…

「やよい、やっぱり元気ないぞ?自分で良かったら話聞くさー」

「えっと…実は…」

響さんに話しました
昨日お父さんに言われたこと

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:34:27.90 ID:trw4RIp2O
「そっか…父親はそんな風に思っちゃうものなんだなぁ」

「お、お父さんはズルいです!自分のお仕事が上手くいかないから、私に八つ当たりしたんです!」

「わかるけどさ…」

「ウソです!お父さんのいない響さんには…」

言い終わる前に後悔してました
ただの八つ当たり
お父さんと同じです…

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:37:16.45 ID:trw4RIp2O
「…ゴメンねやよい。自分、わかったようなこと言っちゃって…」

「ち、違います!私がわる」

「駅に着いたぞ」

「あっ、響さん!」

ドアが開くと、響さんは一人で電車を降りてしまいました

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:40:00.08 ID:trw4RIp2O
…その日のお仕事は散々でした

元気だけが取り柄のはずなのに、ちっとも笑顔になれなくて

プロデューサーは

「調子が悪かっただけさ」

って言ってくれたけど、私のいないところでテレビ局の人に怒られてたみたいです…

うぅ…ごめんなさいプロデューサー

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:43:55.25 ID:trw4RIp2O
落ち込んだままトボトボとお家う帰り道

お父さん、またお酒飲んでるのかなぁ…

夕陽を受けてキラキラしている川面を横目に見ながら、重い気分と足取りで歩いていました

そんなとき

土手の茂みで何かが光っているのが見えました

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:46:52.23 ID:trw4RIp2O
「ゴミ…じゃないみたいだけど…」

近づいて手に取ってみます

ランプ…?

魔法の…?

まさかぁ

と思いながら、ところどころ錆びて茶色くなったランプを撫でている私

こういうところは子供ですよね、やっぱり

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:49:33.24 ID:trw4RIp2O
「ランプの精さん出ておいで~」

15分くらい撫で続けたんですけど、何も出てきません

「私…何やってるんだろ」

ふと我に帰ると、虚しさが込み上げてきました

うぅ…

現実逃避しちゃってました…

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:51:57.85 ID:trw4RIp2O
「ここに置いとくのも良くないよね?」

仕方ないので持って帰ることにします

我が家にはとっても不釣り合いなんですけど…

「ちょっとアンタ!」

「は、はい?」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:55:22.53 ID:trw4RIp2O
声がした方へ振り返ってみると、そこにはキレイなお姉さんが立っていました

「わ、私ですかぁ?」

ひょっとしてランプの持ち主さん?

「ここには私とアンタしかいないでしょう?」

「そ、そうです…けど…」

「まったく!15分も撫で回してくれちゃって!出てくるタイミング取りづらいでしょ!2、3回でいいのよ!」

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:57:38.03 ID:trw4RIp2O
「ご、ごめんなさい…」

叱られると謝ってしまうのは悪いクセです…

「あの…あなたは?」

「ランプの精よ!他に何があるっていうのよ!」

な、なんだか伊織ちゃんと話してるみたいです…

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 03:59:33.10 ID:trw4RIp2O
「えっと…ランプの持ち主さんですかぁ?」

「は?いま私が言ったこと聞いてた?持ち主じゃなくて精よ!」

「ご、ごめんなさい…」

うぅ…このお姉さんは苦手ですぅ…

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:02:37.38 ID:trw4RIp2O
「じゃあ本題に入るわよ?願いごとを一つ叶えてあげるわ。ただし条件があります」

ひ、一人で話を進めちゃってます
頭の回転がついていきません…

「何よその顔。願いだけ叶えて貰えると思った?甘いわよ!」

まだ何も言ってません…うぅ…

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:03:16.32 ID:ZkTdh97N0
なんでやよいいじめスレが2つもあるんだよ
こういう時はやよいが歌う夢見る少女じゃいられないを聞くしか無いな

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:05:14.88 ID:trw4RIp2O
「条件は一つ。このあとアンタが最初に話した人を幸せにしてきなさい。時間は24時間以内。いいわね?」

「し、幸せに…ですかぁ?」

「だからそう言ってるじゃない!」

な、何で怒るんですかぁ…

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:08:23.59 ID:trw4RIp2O
「条件を満たしたら、その錆びたランプが金色に輝くわ。それを持ってもう一度ここに来ること。はい、これで説明は終わり、じゃあね」

「あ、ちょ、ちょっと!」

…消えてしまいました

まだ事態が飲み込めず、土手に立ち尽くす私…

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:11:02.64 ID:trw4RIp2O
「幸せ…に」

このままお家に帰れば、最初に話すのは家族の中の誰かになります

「…」

頭の中に浮かんだお父さんの顔を振り払い、私はいま来た道を引き返しました

響さん、まだ事務所にいますよね?

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:12:48.76 ID:trw4RIp2O
「あら、やよいちゃん、何か忘れも…あれ?」

呼び止めた小鳥さんを無視してしまいました…

うぅ…ごめんなさい

こんど穴場のスーパーを教えますからぁ…

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:14:31.42 ID:trw4RIp2O
響さんは帰り支度をしているところでした

「あの…響さん」

「…やよい?自分に何か用?」

まだ怒ってるよね、やっぱり…

「響さん、お話があるんです」

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:16:07.61 ID:trw4RIp2O
「話?自分に?」

「はい。お時間ありますか?」

「…うん、大丈夫だぞ」

一瞬間があったのがちょっと悲しいけど…

自業自得ですもんね

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:18:43.33 ID:trw4RIp2O
近くの公園のベンチに2人で腰掛け、あったかい缶コーヒーを飲みました

…もちろん、響さんのおごりです

「話ってなんだ?やよい」

「あの…今朝はヒドいこと言って、ホントにごめんなさい」


32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:20:51.91 ID:trw4RIp2O
「…うん」

「私、響さんに八つ当たりしちゃいました。お父さんと同じように…」

「…もう気にしてないさー!」

響さん、優しいウソつきです

34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:28:48.18 ID:trw4RIp2O
「それであの…私、響さんを幸せにしたいんです!」

うぅ…響さんコーヒー吹き出しちゃいました
ゲホゲホ言ってますぅ

「それ、プ、プロポーズか?」

「ち、違います!」

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:32:09.68 ID:trw4RIp2O
「いきなりどうしたんだ?自分、ちょっとときめいちゃったぞ」

「えっと…その…うぅ…」

「わっ!やよい、泣かないで!」

「わ、私、響さんにヒドいこと言ったから…お詫びに響さんを幸せに…うぅぅ…」

「泣いてるやよいは見たくないぞ。それに自分、気持ちだけで充分さー」

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:33:59.88 ID:trw4RIp2O
「でも…でも…」

「うーん、困ったぞ…幸せ…幸せ…」

響さん、頭からケムリ出てますよ

「あっ!そうだ!」

何か閃いたらみたいです!うっうー!

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:36:19.78 ID:trw4RIp2O
「何でも言ってください!あ…お金は無いですけど…」

「アハハ、そんなことじゃないさー」

ちょっと不安になってきました

「えっと、自分さ、その…一人暮らしだからさ」

「?」

響さん、顔が赤いような

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:38:52.27 ID:trw4RIp2O
「その…家族団欒ってやつが恋しくてさ…だから…」

「だから?」

「やよいの家で、一緒に晩ご飯食べたいさー!」

…真っ赤な顔の響さん、とっても可愛いです!

でも…

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:41:02.66 ID:trw4RIp2O
「お父さん、またお酒飲んでるかも…」

「そんなの、なんくるないさー!」

「…わかりましたぁ!ご招待します!」

「やったぁ!」

うん、きっと大丈夫

なんくるないさー!イェイ!!

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:43:53.16 ID:trw4RIp2O
2人でスーパーに立ち寄って、晩ご飯の材料を選びます

「今日は自分がおごるぞ!」

「ダメです!響さんはお客様なんですから!」

「宿泊代さー!」

…泊まるつもりなんですね、響さん

43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:51:16.81 ID:trw4RIp2O
カンパチとサーモンの冊に、すき焼きの材料一式
ゴーヤに高級豚バラ肉に卵にキュウリに人参に、それにお芋も
しかもなんとキタアカリですぅ!

「すき焼きには親鶏を小さく切って入れると味が出て美味しいぞ!」

「はい!割り下はお母さんが合わせてくれますから!それにキタアカリのポテトサラダも絶対美味しいと思いますぅ!」

「なんだか楽しくなってきたぞ!」

『お会計、1万6300円になります』

…い、いつも晩ご飯より1万6000円も多いですぅ!

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:52:23.15 ID:dN1VJDvM0
鬱EDはやめてくれよ…

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:54:21.30 ID:trw4RIp2O
「2万300円でお願いしまーす」

「ひ、響さん、こんなにお金使っちゃって…」

「お金に困ったらイヌ美の餌食べるから、なんくるないさー!」

…食べちゃうんですね

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 04:57:20.42 ID:trw4RIp2O
お母さんも交えて、3人で晩ご飯の準備

響さん、とっても料理上手ですぅ!

お父さん、最初は居心地悪かったみたいだけど、響さんの明るさのおかげで徐々に打ち解けていきました

響さんにお酌してもらって、まんざらでもなさそうです



49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 05:06:09.76 ID:trw4RIp2O
「チャンプルーっていうのは強火で短時間炒めた料理のことなんだぞ!長時間炒めるのはイリチーっていうんだ」

「すげー!沖縄すげー!」

すっかり長介と意気投合した響さん

浩太郎と浩治も交えて、プロレスごっこが始まっちゃいました

えっと…

私より年上…ですよね?

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 05:09:47.31 ID:trw4RIp2O
「よし、自分に勝ったら代わりに宿題やってやるぞ!」

こんどはスリッパ卓球スタートです

えっと…

響さんに宿題を任せるのは、姉として拒否します

「うっうー!響さん頑張ってくださいー!」

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 05:13:38.65 ID:trw4RIp2O
「さすがに疲れてきたぞ。いつもこんなに賑やかなのか?」

「今日はいつも以上です」

床が抜けないか心配ですぅ…

「2人とも、こっちに座りなさい」

…お父さんに呼ばれて、縁側に腰を下ろしました

夜空がとても高いです

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 05:16:02.46 ID:trw4RIp2O
「我那覇さん」

「響でいいさー」

「そうか…響ちゃん」

「何ですか?」

お父さん、響さんに変なこと言わなきゃいいけど…

「なぜアイドルなんかになろうと思ったんだい?」

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 05:24:08.42 ID:trw4RIp2O
「えっと…自分、小さいときに父親を亡くしちゃって…家計を助けたくて、その…」
「…悪いこと聞いてしまったね」

「ううん。父親に怒られるようなことはしてないつもり。水着になったりもするけど…」

響さん…

「恥ずかしいこともあるけど…えっと…何て言えばいいんだ?あれ?おかしいな…ハハ…」

泣いてる…

それに私も…

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 05:29:57.07 ID:trw4RIp2O
「自分…自分…ダンスくらいしか取り柄が無いし…頭悪いし…」

響さんの顔、滲んで見えなくなってきたから…

だからそっと手を握りました

私の思いも一緒に伝えようとしてくれてるから…

そしたら響さんもギュッて握り返してくれました

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 05:34:03.38 ID:trw4RIp2O
「でも一人じゃ…たぶん頑張れなくて…みんながいるから…その…みんながいて…」

私も同じです
みんなに頼ってばかりです

いまだって…

響さんに頼ってしまってます

いつの間にかお母さんが私の後ろに座っていて、頭を撫でてくれていました



59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 05:38:39.30 ID:trw4RIp2O
「ハハ…口下手だから上手く言えないや…でもきっと…こういうのが…その…恥ずかしいけど…青春、って言うんだと思います」

…そうだ

私たちは…

トップアイドルとかそんなのだけじゃなくて

同じ時間を過ごせてることが幸せなんだ



61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 05:42:43.63 ID:trw4RIp2O
いつかアイドルを諦める人も現れて、みんな別の道に進んでしまって

それでもふと振り返ったときに

「みんなでいた」

って思わせてくれるような、素敵な時間を過ごせてるんだ

それは私たちにとって、とっても大きな宝物なんだ

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 05:47:09.94 ID:trw4RIp2O
「だから…だから…やよいから青春を奪わないであげてください!自分、もっともっとやよいと一緒に泣いたり笑ったりしたいさー!!」

それを言い終えた響さんの口からは、嗚咽が漏れはじめました…

お母さんが響さんの頭も優しく撫でてあげています

私、何も言わずに泣いてばかりです
ズルいですよね…

65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 05:51:02.46 ID:trw4RIp2O
「…青春というのは、暇で、ときに死ぬほど退屈で、しかもエネルギッシュで、困ったことにそのエネルギーを智恵が支配していない」

…お父さん?

「ある小説の一文だよ」

手の甲で涙を拭いながら、お父さんの次の言葉を待ちます

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 05:54:10.54 ID:trw4RIp2O
「やよい、いま幸せか?」

「…うん」

「そうか…」

「お父さん…」

「お父さんも、お前の青春のために何かできるかな?」



69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 05:59:06.13 ID:trw4RIp2O
「…お酒、飲み過ぎないで」

「わかった」

「…お仕事大変だと思うけど…私も家事とかちゃんと手伝うから…だから頑張って」
「わかった」

「…私をみんなと一緒にいさせて…」

「あぁ、わかった」

響さんがいままでよりも強く、私の手を握ってくれました

やよい、良かったね

って、そう言ってくれてるみたいでした



70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:02:13.39 ID:trw4RIp2O
そのあと、涙でグシャグシャになった私の顔を見て、響さんは大笑いしました

うぅ…自分だって同じ顔してますぅ!

晩ご飯のあと片付けをしたあと、かすみと3人でお風呂に入りました

…響さん、いろいろズルいです!
不公平です!


72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:09:33.78 ID:trw4RIp2O
お風呂から出てあと、響さんと女の子トークです

初恋の話とかしちゃいました

これも青春ですぅ

…え?

響さん、デートしたこと…

あっ!

ここからは内緒ですよ!うっうー!

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:11:49.13 ID:Q7k5Wo7g0
大丈夫だ、何も聞こえなかった

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:17:44.25 ID:trw4RIp2O
もっとお話したかったけど、泣き疲れたせいで眠くなっちゃいました

それは響さんも同じみたいです

「おやすみなさい、響さん」

「おやすみ、やよいー」

私たちは子供みたいに、手を繋いで眠りにつきました

75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:22:01.96 ID:trw4RIp2O
「…」

次の日の朝、お腹に痛みを感じて目が覚めました

私のお腹の上に響さんの右足が乗っかっています

…素敵な目覚めをありがとうございます、響さん

まだ少し寝ぼけてるけど、今日のお仕事の予定を確認しておかなきゃ

べろんちょから手帳を…

あれ?

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:24:36.64 ID:trw4RIp2O
ランプが…

光ってるよね、これ?

響さんの顔を見てみると

…確かに、幸せそうな寝顔です

でも、そういうことじゃないですよね? たぶん

78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:31:40.45 ID:trw4RIp2O
でもやっぱり金色に輝いてる…

響さん、幸せを感じてくれたのかなぁ?

どちらかというと、私の方が幸せにしてもらったような…

「…イヌ美…結婚しちゃうのか…」

…フフッ

2人とも、幸せになれたみたいです

それが長い人生のほんの1コマだったとしても、私たちにとっては大切な時間です

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:34:52.88 ID:trw4RIp2O
「さぁ、いっぱいー たべよおーよ」

自分の曲を口ずさみながら朝ご飯を作っていると、寝ぼけ眼の響さんが起きてきました

ホントに子供みたいですぅ

「はいさーい…」

「おはようございます、響さん」

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:37:34.05 ID:trw4RIp2O
「響さん、今日のお仕事は?」

「…石垣島」

「えっ!行くんですかぁ?」

「…石垣島は食べれ無いさぁ…」

顔洗ってきなさい!

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:40:06.75 ID:trw4RIp2O
「サッパリしたぞ!」

「それで、今日のお仕事は?」

「今日はボーカルレッスンだけだぞ」

「私はダンスレッスンだけですぅ」

「自分もダンスがいい!」

それはプロデューサーに言ってください

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:43:09.23 ID:trw4RIp2O
「じゃあ終わったあと、駅で待ち合わせませんか?」

「ん?別にいいけど」

金色のランプ

ホントになんでも叶うなら

願いごとはもう決めました!うっうー!

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:46:22.20 ID:trw4RIp2O
今日はずっと笑顔で過ごせました!

レッスンの先生にも

「元気があってよろしい」

って誉められちゃいました!うっうー!

そして元気なままで駅に到着です

あっ

響さんもきましたよー!

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:49:30.28 ID:trw4RIp2O
「おまたせー」

「私もいま来たところですぅ!では、行きましょう!」

「どこへ行くんだ?」

「内緒でーすぅ!」

西の空は少しずつオレンジ色に染まり始めていました

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:52:31.66 ID:trw4RIp2O
「着きましたよ!」

「へ?土手?」

キョトン、とした響さんは置き去りにして、昨日と同じようにランプを撫でてみました

今日は3回だけです

「ランプの精さん出ておいでー」

「そのかけ声止めてくれない?」

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:55:49.66 ID:trw4RIp2O
「ごめんなさい!ランプの精さん!」

「昨日とは別人みたいなテンションね…ホントの別人も連れてきてるし」

「や、やよい?この人は?」

「ランプの精さんです!」

「い、意味わからないぞ!」

「失礼ねぇ。自分の眼で見た物くらい信じなさい」

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 06:59:16.57 ID:trw4RIp2O
「いやいやいや!ホントに意味わからないぞ!!」

「騒がしい子ねぇ。まぁいいわ。さっさと願いを言って頂戴」

「何でも叶うんですよね?」

「アンタの頭で想像できる範囲くらいは余裕よ。それで、何がお望み?やっぱりお金?」

「違いますぅ」

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 07:04:23.22 ID:trw4RIp2O
「あらそう。他にアンタに足りなさそうなものといえば…才能とか?」

「それも違いますぅ。人を生き返らせることはできますか?」

「…無理ね。私は神さまじゃないから」

「…じゃあ…一瞬だけこっちに来てもらうことは?」

「それなら一時間くらいは可能よ」

うっうー!

上手くいきそうですよ!

「それで?誰にお越し頂くの?」

「響さんのお父さんです!」

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 07:08:30.23 ID:trw4RIp2O
「えっ?自分の父親が…何だって?」

響さんにはたくさん幸せを貰いました

それを少しでもお返ししたいから…

「…アンタ、出世できないタイプね」

そんなの自分でわかってます!

それに…

そんなことより大切なものを、もう持ってますから!



93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 07:13:19.40 ID:trw4RIp2O
「まぁいいわ。二度とアンタに会うことはないけど、後悔しないようにね」

「うっうー!大丈夫です!」

「…それじゃ、私は消えるわ。じゃあね」

ありがとうございます、ランプの精さん
やっぱり伊織ちゃんに似てるかもです

素直になれないところとか


94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 07:17:01.65 ID:trw4RIp2O
「お、おい…やよい…」

「響さん、私も帰りますね!みんなお腹を空かせてると思うから」

響さんに背を向け、足早に歩き出しました

野暮…って言うんでしたっけ?

私、これでも少しは大人になったんですよ?

「おーい!やよ…」

響さんの声が背中で弾けました

「…タ、ターリー!!」

沖縄の言葉はわからないけど、響さんがいま何て言ったのかはわかりますよ?

お父さん

って

そう呼べたんですよね?

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 07:23:55.34 ID:trw4RIp2O
オレンジ色に染まってゆく空を見つめながら、いま私は歩いています

川の流れる音と、街から流れてくる音が混ざって、とても賑やか

それはいつかの

そして

いつまでも続く、私たちの物語



お し ま い

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 07:25:15.38 ID:trw4RIp2O
終わったぞ!

後半書きため無しだったから時間かかっちまったさー

レス読み返してきます

98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 07:25:32.30 ID:LCS/Gc650
流石やよい

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 07:26:17.54 ID:RyDxQRnO0
よかったちゃんと終わって
久しぶりに実際と大きく乖離しないので読んでた意味があったわ

104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2011/12/06(火) 07:33:40.56 ID:3qQFjSRhi
やっぱりやよいが一番かわいいな

THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 09 高槻やよい
高槻やよい(仁後真耶子)
日本コロムビア (2010-12-29)
売り上げランキング: 13825
関連記事
2012/04/05 12:07 | CM(3) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/04/05 14:36 ]
  2. おい、たるき屋で、可愛い顔した女の子が「やよいちゃんに無視されたぁ……」って泣きながら潰れてたぞ。
  3. 名無し [ 2012/04/05 16:05 ]
  4. べろちょろ だぞー
  5. 774@いんばりあんと [ 2012/04/06 23:20 ]
  6. やよひび!やよひび!
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング