HEADLINE

DAIGO「ガチで俺は友達が少ないんスよぉ…」

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 17:48:54.56 ID:X0cS7mPC0
DAIGO「ま、いいや」

DAIGO「あっ、いっけねぇ~。教室に体操着忘れちったぁ~」



DAIGO(あれは…確か三日月夜空さんっスよねぇ…?)

夜空「ペラペラ」

DAIGO(誰と話してんだろ…。つか入りづれぇ~)

DAIGO(ええい!もう入るっきゃないしょー!)

ガラッ


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 17:52:50.08 ID:X0cS7mPC0
夜空「!?」

DAIGO「し、失礼しま~す」

夜空(み、見られた……?)

DAIGO「ええ~と、体操着体操着…あった」

夜空「……」

DAIGO「……」

DAIGO「…あ、あのぉ、ちょっといいっスか?」

夜空「な、何だ」

DAIGO「もしかしてぇ…夜空さんて幽霊とか見えちゃったりするんスか?」

夜空「…は?」

4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 17:55:36.96 ID:IVTuGkxD0
まさかのはがないスレ

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 17:57:42.16 ID:X0cS7mPC0
夜空「何を言ってるんだお前は。幽霊なんかいるわけないだろう?」

DAIGO「え、いないんスか?」

夜空「当たり前だ」

DAIGO「えぇ~…ガチショックなんスけど。幽霊っていないんスか」

DAIGO「じゃあ、誰と話していたんスか?」

夜空「み、見ていたのか!?」

DAIGO「いや、別に覗き見るつもりじゃ無かったんスけど…すみません」

夜空「……」

DAIGO「……」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:02:18.94 ID:X0cS7mPC0
夜空「私は友達と喋っていただけだ……エア友達と!」

DAIGO「エア友達…?なんスかそれ?」

夜空「エアギターとかあるだろう。その友達版だ」

DAIGO「すげぇ~!夜空さんハンパないじゃないっスかぁ」

夜空「そ、そうだろう。ふふん」

DAIGO「へぇ~、エア友達かぁ~」

夜空「ここにいるのがエア友達のともちゃんだ」

DAIGO「え、どこっスか?」

夜空「ここにいるだろう」

DAIGO「あ、こんにちはともちゃん。DAIGOって言います、よろしくっス」

夜空(こいつ…本気で信じてるのか…?)

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:04:07.57 ID:HemIVU120
DAIGOさんは今日がお誕生日だぞ

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:05:59.18 ID:D+AstLEcO
DAIGOって何か良いよな・・・
カードゲームのCMで「勝負してくれませんか?」って言われて、「えぇ~↑!?」って変な声で返事する所とか特に良いよな・・・

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:07:11.67 ID:X0cS7mPC0
DAIGO「ところで夜空さんは何か部活してないんスか?」

夜空「するわけないだろう。どれもくだらん部活ばかりだ」

DAIGO「じゃ、自分で作ればよくないっスか?」

夜空「自分で作る…?」

DAIGO「はい」

夜空「そうか……その手があったか!」ダダッ

DAIGO「え、どこ行くんスか」

夜空「じゃあなっ!DAIGO♪」ニコッ

DAIGO「あ、その笑顔いいっスね。笑えばカワイイんだからいつも笑ってればいいのに」

夜空「なっ…// ば、ばかっ!//」

DAIGO「行っちゃった…」

DAIGO「ま、いいや。俺も帰るか」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:10:54.98 ID:X0cS7mPC0
~DAIGOの家~

DAIGO「ただいまぁ~」

KOBATO「クックック。今日は遅かったではないか、我が眷属よ」

DAIGO「ちょっと体操着取りに行ってたんスよ」

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:13:23.78 ID:l70ZKBF20
KOBATOじゃねえよww

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:18:29.15 ID:X0cS7mPC0
KOBATO「クーックックッ。新たな我が必殺技が出来た」

DAIGO「えっ、マジっスか?」

KOBATO「食らうがよい…黒き薔薇の香り!!」

DAIGO「芳香剤で遊んじゃダメでしょ~、何してんスかぁ~」

KOBATO「クックック…………ごめんなさい」

DAIGO「ま、いいや。早くお風呂入っちゃって下さいな」

小鳩「うんっ」


DAIGO「まったく、黒い薔薇の香りだかかほりだか知らないけど、アニメの影響もほどほどにしてほしいなぁ」

DAIGO「ん…?」

DAIGO「黒い薔薇のかほり…黒い薔薇のかほり……?」

DAIGO「これだぁ!」

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:19:25.99 ID:HemIVU120
ウルトラマンサーガ観たおかげか
DAIGOが叫んだときの声がすんなり脳内で再生できるようになってありがたい

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:23:16.23 ID:X0cS7mPC0
~翌日~

夜空「DAIGO、ちょっと来い」

DAIGO「えっ、なんスか?」

夜空「いいから来い!」

ざわざわ…

  三日月さんが話しかけた…?  転校生に…?



夜空「昨日お前に言われた通り、新しく部活を作ったぞ」

DAIGO「ヴァンガード・ファイト部っスね!」

夜空「違う!隣人部だ!何だヴァンガード・ファイトって」

DAIGO「隣人部…?ちょっと良くわかんないっスね」

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:24:39.41 ID:O0fQ2pv/0
ヴァンガろうぜ!

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:25:53.35 ID:ED74hkLJO
なんかわからんがワロタwww

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:30:22.40 ID:X0cS7mPC0
DAIGO「なるほどぉ~、つまり友達を作る部ってことっスね?」

夜空「その通りだ」

DAIGO「確かに俺たち、友達いないっスもんねぇ~」

夜空「ところでDAIGOはなぜ友達がいないんだ?お前なら一人や二人いそうだが」

DAIGO「なんかぁ、俺のノリがウザいらしいんスよぉ。この前女子の陰口聞いちゃって、知ったんス」

夜空「…まぁ、この学校は大人しい人間ばかりだからな…」

夜空「DAIGOは来る高校を間違えたのかもな…」

DAIGO「間違ってなんかないっスよ」

夜空「え?」

DAIGO「だって夜空さんにこうして会えたじゃないっスか」

夜空「…そ、そそそ、そうだな// ふ、ふんっ!」

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:37:11.28 ID:X0cS7mPC0
DAIGO「んじゃ、とりあえず、この部員募集の紙張っちゃっていいんスね?」

夜空「うむ」

DAIGO「ついでにコレも張っとくかぁ~」

夜空「ん?何だソレは?」

DAIGO「今度、校内ライブやろうと思ってんスよぉ」

夜空「そうか…DAIGOは音楽をやっていたんだったな」

DAIGO「あ、よく知ってますねぇ~」

夜空「この前も校内でライブしていただろ……客はゼロだったが」

DAIGO「それを言っちゃお終いっしょ~」

夜空「それはともかく、そろそろ部室に行くぞDAIGO」

DAIGO「行っちゃいますぅ?」

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:41:34.98 ID:X0cS7mPC0
DAIGO「へぇ~、ここが俺たちの部室かぁ~」

夜空「そうだ。私たちの部室だ」

コンコンッ

DAIGO「おっ?早速、入部希望者が来たみたいっスね」

ガチャッ

星奈「あ、あの…部員募集の紙見たんだけど…」

DAIGO「見てくれたんスか。やりましたよ夜空さん」

夜空「リア充は死ね!」

バタンッ

DAIGO「ひでぇ~」

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 18:46:53.17 ID:X0cS7mPC0
DAIGO「いくらなんでもガチシビアっスよぉ~」

夜空「あいつは柏崎星奈と言って、学校でも1位2位を争うほどのリア充なのだ」

DAIGO「そうなんスか?」

夜空「リア充は敵だ!」

DAIGO「そうなんスか?」

ガシャッ ガシャッ

DAIGO「ん…?あ、窓の方にいますよ?」

星奈「ちょっと!ここ開けなさいよ!」

夜空「チッ」

カチャリ

星奈「私も…私も友達ほしいのよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

DAIGO「そうなんスか?」

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 19:19:56.90 ID:X0cS7mPC0
星奈「ほら、あたしって成績優秀で運動神経抜群で家はお金持ちで、この美貌じゃない?」

星奈「だから皆に嫉妬されて友達がなかなか出来ないのよ」

DAIGO「あぁ~…何かその気持ち分かるなぁ」

星奈「何であんたにあたしの気持ちが分かるのよ?」

DAIGO「いやそれは……」

DAIGO(いや…俺のお爺ちゃんが竹下登っていうのは伏せといた方がいいよな…)

DAIGO「……いや、何でもないっス」

星奈「はぁ?ま、いいわ。とにかく、あたしも隣人部に入部してあげるんだから感謝しなさいよね!」

夜空「ふんっ。勝手にしろ」

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 19:27:48.21 ID:X0cS7mPC0
>>74
いや一応見たことはあるけど、よく覚えてない…



DAIGO「あれ?夜空さん何やってんスか?」

夜空「PSPだ」

DAIGO「あぁ~、パッション・スター・フェニックスっスね?」

夜空「違う!プレイステーションポータブルだ!」

星奈「へぇ、ちょっと見せなさいよ」

夜空「触るな肉。手の脂で汚れるだろ」

星奈「あ、あたしそこまで脂ぎってないわよ!」

DAIGO「脂ギッシュ☆」

星奈「ウザっ」

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 19:35:29.71 ID:X0cS7mPC0
DAIGO「それで、何のゲームしてんスか?ヴァンガードっスか?」

夜空「違う。モンスター狩人だ、通称モン狩」

DAIGO「モン狩…?」

星奈「へぇ、面白そうね」

DAIGO「じゃあ、俺たちも買って一緒にやっちゃいましょう」



なんやかんやあって


星奈「ギャルゲー買って来たわ!ガチガチ☆メモリアル」

DAIGO「なんか他人とは思えないタイトルっスね」

夜空「何か卑猥じゃないか…?」

89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 19:43:39.80 ID:X0cS7mPC0
~後日~

星奈「…ねぇ、DAIGO。あんた泳げる?」

DAIGO「割と得意な方っスけど…それがどうしたんスか?」

星奈「……」

DAIGO「あ、星奈さん泳げないんスか?」

星奈「う、うるさいわね!」

星奈「…ねぇ、今度の日曜暇?」

DAIGO「いや、その日は駅前で路上ライブがあるんスよぉ」

星奈「どうせ誰も聞きやしないわよ。だからあたしに付き合いなさいよ」

DAIGO「なかなかヒドイこと言うんスねぇ~。そりゃ確かに皆素通りして行きますけど…」

星奈「なら決まりね!日曜はプールに行くわよ!」

DAIGO「え、プールで歌えってことっスか?」

星奈「歌わなくていいわよ!あたしに泳ぎ方教えろって言ってんのよ」

DAIGO「ま、一応ギター持ってくかぁ~」

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 19:46:09.05 ID:DB1oEKYU0
ミュージシャンの鏡だな

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 19:46:52.67 ID:rx0CcDVp0
BREAKERZなめんなw

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 19:47:24.18 ID:X0cS7mPC0
~プール~

星奈「じゃあ教えなさい」

DAIGO「はぁ~い」

DAIGO「まずは俺が手持っててあげるんで、足を動かしてみましょう」

星奈「わかったわ」




DAIGO「うひゃ~、星奈さん覚えるの早いっスね」

星奈「そうかしら?」

DAIGO「マジパネぇっスよ」

DAIGO「あ、そろそろランチしちゃいます?」

星奈「そうね」

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 19:47:54.94 ID:TNr/ruwm0
DAIGOって子供の頃いじめられてたんだよな。消費税のことで。

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 19:51:59.59 ID:5yBsOtOO0
>ま、一応ギター持ってくかぁ~

クソワロタ

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 19:57:29.06 ID:X0cS7mPC0
>>99>>101サンクス!


DAIGO「ところで星奈さんはヴァンガったりするんスか?」

星奈「は?ヴァンガ?何それ?」

DAIGO「えぇ~?知らないんスか?」

星奈「何よその言い方…何かムカつくわね…」

DAIGO「メッチャ面白いっスよ。今度ヴァンガりましょう」

星奈「そんなことよりさぁ、アンタ、消費税についてどう思う?」

DAIGO「え…そ、それは……」

星奈「あたし思うんだけどさぁ、消費税導入した人ってバカよね」

DAIGO「……」シュン

星奈「えっ、何でアンタがシュンとするのよ…」

DAIGO「いや、何でもないっス。ただ……すみません」

星奈「…?」

112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:01:38.10 ID:X0cS7mPC0
>>104あー、そうだ!サンクス


DAIGO「そう言えば、星奈さんのお父さんってうちの学校の理事長なんスよね?」

星奈「そうよ」

DAIGO「…じゃあ今度挨拶に行かなきゃなぁ~」

星奈「えっ、ちょ、何でアンタがあたしのパパに挨拶しに行くのよ!?//」

DAIGO「えっ?ダメっスか?」

星奈「だ、だって…//」

DAIGO「ま、いいや。今度ガチで行かせてもらいますね」

114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:02:50.96 ID:+WvF4xzeO
DAIGOが言うと様になるな

116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:05:31.61 ID:X0cS7mPC0
DAIGO「じゃあ俺、ゴミ捨てて来ちゃいますよ」

星奈「うん」




DAIGO「あれぇ~?星奈さんどこだぁ~?」

DAIGO「ん?」


男A「いいじゃんかよぉー、俺らに付き合えよー」

男B「ほれほれ。ヒヒッ」

星奈「な、何なのよアンタたち!」

119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:10:08.79 ID:X0cS7mPC0
星奈「ふんっ。悪いけど、あたしはアンタたちみたいなゴミに構ってる暇なんて無いのよ!」

男A「んだとぉ~!」

男B「おい、やっちまおうぜ!」

星奈「ちょっと、離しなさいよ!」


ギュイーンッ  ギュギュギュギュイィィィィィィンッ!


星奈「!?」

男A「な、何だこの戦慄が走る旋律は…!?」

男B「まるで怒りに燃えるようなギター音…誰だ!?」



DAIGO「俺だぁ!!」ギュイィィィンッ

星奈「DAIGO…?」

120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:11:47.98 ID:xhLdAi1M0
アンプwwwどこに繋いでんだwww

125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:21:01.77 ID:X0cS7mPC0
男A「な、何だテメェは!」

DAIGO「聞いてください、新曲、月夜の悪戯の魔法!」

男B「な、何か歌い出したぞこいつ…」

星奈「ちょ、恥ずかしいからやめないよね!」

DAIGO「えぇ~?」

男A「チッ…覚えてろよ!」

DAIGO「あ、ちょっとぉ~、最後まで聞いてってくださいよぉ~」

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:28:13.85 ID:X0cS7mPC0
星奈「ったく、あんな奴ら、あたしだけで追い返せたのに…」

DAIGO「でも…」

星奈「ほっといてくれていいわよ。別に…」

DAIGO「いいわけないじゃないっスか!」ガシッ

星奈「へ…?」

DAIGO「何で星奈さんはそうやってすぐに強がるんスか!」

DAIGO「いくら強がったところで、傷つくのは自分なんスよ!?」

星奈「DAIGO…?」

DAIGO「俺は…俺は星奈さんが傷つくところなんて、見たくないっスよ!」

星奈「な、何言ってんのよ…バカじゃないの…//」

DAIGO「バカっス」

128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:29:27.63 ID:YxQdAN/q0
DAIGOーーーーー!!
かわいすぎるwwww

132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:31:35.73 ID:j+rmof5H0
もう小鷹いらなくね?

136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:34:45.43 ID:X0cS7mPC0
~帰り道~

DAIGO「いやぁ~。泳ぎ上達して良かったっスねぇ」

星奈「ま、あたしにかかれば楽勝よ」

DAIGO「あ、じゃあ俺んちあっちなんで」

星奈「う、うん」

DAIGO「また明日学校で会いましょ~」

星奈「あ、あの…」

DAIGO「なんすか?」

星奈「今日は……ありがとう//」

DAIGO「…どういたしまして」

星奈「あと…アンタは別にバカじゃないわよ。…あたしが保証してあげるわ!」

DAIGO「マジっすか?いやぁ~、それは有り難いっスね」

139 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:39:10.40 ID:X0cS7mPC0
~DAIGOの家~

小鳩「あんちゃん何してたんじゃ!このばかたれ!」

DAIGO「ごめぇ~ん、今日プール行ってたんスよぉ」

小鳩「あんちゃんばっかりズルイばい!」

DAIGO「じゃ今度一緒に行くかぁ~?」

小鳩「う、うん…//」

DAIGO「そんな異り、今日はアニメの真似しないんスね」

小鳩「ハッ…」

KOBATO「クックック…何を言っておるのだ我が眷属よ…。私はここにいるぞ」

DAIGO「いつもの小鳩で安心したっス」

144 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:45:48.29 ID:X0cS7mPC0
~翌日~

DAIGO「……ん?」

???「…!」サッ

DAIGO「んん~?何か誰かにつけられてる気がするぞぉ~?」

DAIGO「……」

???(角曲がった!急がなくては…)

ドンッ

???「きゃっ!」

DAIGO「ちょっとぉ~、何で俺をつけて来るんスかぁ~」

幸村「も、もうしわけありません」

DAIGO「もしや…俺のおっかけ?」

幸村「は、はい…」

DAIGO「マジかよぉ~!俺も有名になったなぁ~!」

154 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:50:25.40 ID:X0cS7mPC0
DAIGO「観客0人でも、めげずに校内ライブやってて良かったぁ~」

幸村「じつは…わたくしDAIGO先輩のライブ、ずっとかくれてみとどけておりました」

DAIGO「えっ、そうなんスか?言ってよぉ~~」

幸村「あの、DAIGO先輩のことあにきとよばせてもらってもいいでしょうか?」

DAIGO「いいっスよ」



~部室~

DAIGO「て、ことで幸村くんも入部希望みたいっス」

夜空「む…まあ認めよう」

幸村「あにき、ありがとうございます//」

DAIGO「さてとギターの練習でもするかぁ~」

158 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:55:56.81 ID:X0cS7mPC0
~翌日~

DAIGO「あれぇ~?ここどこだぁ?」

DAIGO「学校で迷子になるとかヤバイなぁ~」

DAIGO「ここは…理科室?」

DAIGO「開けてみるかぁ」ガチャッ

理科「…」

DAIGO「お~い、君ぃ~、こんな所で寝ちゃダメでしょ~」ユサユサ

理科「…」

DAIGO「あ、気絶してるのかぁ~」

DAIGO「ま、いいや。保健室に連れて行くしかないっしょ~。よっこいせ」

161 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 20:56:49.75 ID:Ksq+4rOZ0
DAIGOと理科の絡みとか想像つかん

164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:02:43.64 ID:X0cS7mPC0
~教室~

DAIGO「さてと、メシ食うかぁ~」

ガラッ

DAIGO「ん?」

理科「あなたがDAIGO先輩ですか?」

DAIGO「え?そうっスけど、なんすか?」

理科「理科を保健室まで運んでくれたそうで、ありがとうございます」

DAIGO「え?それでわざわざお礼言いに来たんスか?うわぁ~律儀ぃ~」

理科「だって、普通、女子が気絶してたらレイプするのが普通じゃないですか」

ざわ…

  レイプ…?   転校生が後輩をレイプ…?  かわいそう…


DAIGO「ちょ、ちょっと何言ってんスか、困るなぁ~もぉ~」

理科「では、私これで失礼しますね」

DAIGO「んもぉ~何てマイペースな少女なんだ…」

DAIGO「ま、いいや。メシ食うか」

167 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:07:34.50 ID:X0cS7mPC0
~部室~

DAIGO「えぇ~?理科ちゃんも入部するんスか?」

理科「はいっ!」

夜空「ちょ、ちょっと待て!隣人部がどんな部なのか知っているのか!?」

理科「友達を作る部活ですよね?理科も友達いませんから、問題ありません」

DAIGO「へぇ~」

理科「ふふっ、これでDAIGO先輩と一緒にいられますね!」

夜空「ぐぬぬ」

169 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:08:03.43 ID:Am0ozWEY0
クソワロタ

170 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:08:59.11 ID:Ksq+4rOZ0
包容力抜群だなしかし

173 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:14:27.56 ID:X0cS7mPC0
ガキA「お前のじいちゃんのせいで消費税できたんだってな!」

ガキB「うちの母ちゃんも迷惑だって言ってたぜ!」

DAIGO「や、やめてよぉ…」

ガキA「うるせぇ!一発殴らせろ!」

DAIGO「ひぃぃっ」

???「やめろ!!」

DAIGO「え…?」

???「消費税は日本にとって必要なんだよ!」

DAIGO「な、なんすか…君…?」

???「いいからここは任せろ!」

DAIGO「わ、わかったっス」



ガキA「覚えてろ!」

???「ふんっ」

DAIGO「うわぁ~、君強いんスねぇ~」

178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:17:28.99 ID:xhLdAi1M0
これは惚れるww

182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:19:22.60 ID:X0cS7mPC0
???「怪我はないか?」

DAIGO「おかげさまで平気みたいっス」

???「なら良かった…」

DAIGO「あの、俺と友達になってくれませんか?」

???「ああ、いいぜ!よろしくウィッシュ☆」

DAIGO「ウィッシュ…?なんスかそれ、かっけぇ~//」

???「俺が考案した決めポーズなんだ。ガチでいいだろ?」

DAIGO「ガチ…?」

???「マジの上が、ガチなのさ」

DAIGO「す、すげぇ~//」




DAIGO「夢…か…」

DAIGO(昔、親友だったアイツは…今どこにいるのだろうか……)

188 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:23:33.46 ID:bFe6j9nW0
ラバーシューター夜空

193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:25:45.84 ID:X0cS7mPC0
~部室~

ガチャ

DAIGO「ウィース」

幸村「おまちしておりました、あにき」

理科「遅いですよ、先輩♪」

DAIGO「ウィッシュ☆」

理科「ウィッシュ☆」

幸村「うぃ、ういっしゅ//」

夜空「…」

星奈「何なの、そのウィッシュって」

DAIGO「俺の決めポーズなんスよ。まぁ挨拶みたいなもんスね」

星奈「へぇ~。ウィッシュ☆」

夜空「貴様はやるな肉!」ペチンッ

星奈「いたっ!…何すんのよバカ夜空!」

197 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:32:33.82 ID:X0cS7mPC0
夜空「貴様は今後ウィッシュ禁止だ。わかったな?」

星奈「何であたしだけ禁止なのよ!」

夜空「意味などない。強いて言えば、貴様がやってるのを見ると反吐が出るからだ」

DAIGO「まぁまぁ、二人とも落ち着いてぇ~」

夜空「ふんっ」

理科「あ、そう言えばDAIGO先輩はカラオケって行ったことあるんですか?」

DAIGO「カラオケっスか?あんまりないっスねぇ~。歌う時は大抵野外だし…」

理科「なら、今度カラオケに行ってみませんか?」

DAIGO「あ、それナイスアイディアっスね」

幸村「あにき、わたくしもいってみたいです、カラオケ」

DAIGO「あ、いいノリしてるじゃないっスか幸村くん」

夜空 星奈「」ウズウズ

199 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:39:15.05 ID:X0cS7mPC0
ガチャッ

小鳩「あんちゃん、こんなとこにおった!」

DAIGO「なんすか」

星奈「か、かわいい//」

星奈「ちょっとDAIGO、あんたの知り合い?紹介しなさいよ!」

DAIGO「あ、妹の小鳩っス」

星奈「えっ?あんたの妹?こんなにカワイイのに!?」

DAIGO「ちょっとぉ~、それどう言う意味っスかぁ~」

星奈「小鳩ちゅわーーーーん!お姉ちゃんと一緒に遊びましょ?うへへ」

小鳩「ひっ…やっ!」

DAIGO「あ、そうだ。小鳩もカラオケ行っちゃいますぅ?」

小鳩「うんっ」

星奈「小鳩ちゃんが行くならあたしも行くわ!」

夜空「わ、私だって行くぞ!」

DAIGO「よぉし!明日はパーリィーだぁ!」

209 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:47:17.04 ID:X0cS7mPC0
やばいカラオケの件思い出せない



DAIGO「ってことでカラオケ楽しかったぁ~!」

理科「そうですね!」

夜空「うむ」

星奈「あ、そうだDAIGO」

DAIGO「なんすか」

星奈「この前のことパパに話したら、是非来てくれってさ」

DAIGO「マジっスか?いやっほぉ~」

夜空「ちょ、ちょっと待て!なぜDAIGOと肉の父親が会うのだ!」

星奈「夜空には関係ないわよ」フフンッ

夜空「ぐぬぬ」

212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:51:44.34 ID:X0cS7mPC0
~数日後~

理科「先輩、携帯のアドレスと番号、交換しましょうよ!」

DAIGO「携帯…?」

夜空「そう言えば私も携帯なんてものを持っていたな、一応」

DAIGO「んじゃ、交換しちゃいます?」

夜空「そうだな」

星奈「…」チラッ

DAIGO「え~と、あった」

理科「では交換しましょう!」

星奈「…」ソワソワ

214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 21:57:16.10 ID:X0cS7mPC0
理科「それじゃあ赤外線で交換しましょう」

DAIGO「赤外線…?なんスかそれ?紫外線の親戚っスか?」

理科「違いますよぅ…」

夜空「何?違うのか…?では赤道の仲間か?」

理科「ち、違います…」

理科「赤外線でやれば、わざわざ相手の番号やアドレスを打ち込まなくてもいいんですよ?」

DAIGO「え、なんすかそれ。マジハンパないじゃないっスか」

夜空「ああ…ガチで凄いな…これが文明なのか…」

DAIGO「え…?今ガチって言いました…?」

夜空「い、言ってない!お前の聞き間違えだ!//」

217 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 22:02:24.12 ID:X0cS7mPC0
理科「では幸村くん、赤外線通信しましょう」

幸村「はい」

夜空「な、何だと…ボタン一つで交換出来ると言うのか…!」

DAIGO「すげぇ~!これがデジタル世代かぁ~」

夜空「とにかく、私たちは手で打ち込もう」

DAIGO「そうっスね」

星奈「…」ソワソワ

234 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/08(日) 22:43:40.30 ID:x6cg4ldX0
ガチでこういう主人公の作品があってもいいと思う

358 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 12:46:51.14 ID:qJLZVjxU0
~DAIGOの家~

ヴァンガードファイトシヨウゼー ヴァンガードファイトシヨウゼー

DAIGO「ん…?電話か…?」

DAIGO「こんな時間に誰だぁ~?んもぉ~」

ピッ

DAIGO「もしもしぃ?」

星奈『あっ、あのっ、内藤さんの家ですか?』

DAIGO「そうっスけど?」

星奈『あ…もしかしてDAIGO?』

DAIGO「星奈さんっスか?なんすかこんな時間に~」

星奈『ね、ねぇ…アンタの携帯ってどこの会社のどの機種なの?』

DAIGO「そんなの聞いてどうするんスか?」

星奈『いいから教えなさいよ!』

359 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 12:50:40.87 ID:qJLZVjxU0
DAIGO「えぇ~とぉ…daimoのG9110iっスねぇ」

星奈『daimoのG9110iね…うん、わかったわ。ありがと』

ピッ プーップーッ

DAIGO「なんだなんだぁ?」

DAIGO「ま、いいや寝るか」

363 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 12:58:09.16 ID:qJLZVjxU0
~翌日・部室~

DAIGO「夜空さん、ヴァンガりましょう!」

夜空「仕方ない…ヴァンガってやるか」

DAIGO「ヴァンガード召喚、hide!」

夜空「ならばこちらもヴァンガード召喚、yasuだ!」

DAIGO「ひえぇ~。そう来ちゃいますぅ?」

バンッ

星奈「あたしも携帯買ったわ!!」

DAIGO「ちょっと、yasuはズルくないっスか?」

夜空「私は勝つためなら手段は選ばん。覚えとけDAIGO」

星奈「ちょっと!無視しないでよ!!」

364 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 13:06:57.16 ID:qJLZVjxU0
DAIGO「なんすか」

星奈「だから!あたしも携帯買ったのよ!」

DAIGO「えぇ~?すごいじゃないっスかぁ~」

星奈「ふふん」

DAIGO「アレ…?その携帯、俺のと同じじゃないっスか?」

星奈「そ、そうかしら?偶然よ偶然っ」

DAIGO「偶然ってすげぇ~!」

星奈「ほら!さっさと交換するわよ!」

DAIGO「ウィ~ッシュ」

夜空「ぐぬぬ」

369 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 13:17:44.90 ID:qJLZVjxU0
~その日の夜~

星奈『あ、もしもしDAIGO?』

DAIGO「なんすか」

星奈『明日なんだけど、アンタどうせ暇でしょ?』

DAIGO「暇じゃないっスよぉ~。明日は遠夜駅でゲリラライブの予定が…」

星奈『そんなの中止すればいいじゃない』

DAIGO「えぇ~?」

星奈『パパが会いたがってるから、明日あたしの家に来なさいよ。小鳩ちゃんも連れて来てね』

DAIGO「んもぉ~、強引っスねぇ~」

373 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 13:22:23.24 ID:qJLZVjxU0
DAIGO「ここが星奈さんの家かぁ…でけぇ~」

天馬「やあ。君がDAIGOくんだね?」

DAIGO「なんすかアンタ」

天馬「星奈の父だ。いつも娘がお世話になってるね」

DAIGO「いえ、こちらこそ星奈さんにはお世話になってます」

天馬「とりあえずあがってくれたまえ」

DAIGO「失礼しま~す」

小鳩「お、お邪魔します」

星奈「こばとちゅわああああん!待ってたわよぉぉぉ!」

小鳩「うげっ」

DAIGO「ちょっとぉ~、小鳩が怖がってるじゃないっスかぁ~」

374 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 13:30:40.46 ID:qJLZVjxU0
DAIGO「ところで、お名前聞いてもいいっスか?」

天馬「……ぺ、ペガサスだ」

DAIGO「うおお、かっけぇ~!」

天馬「そ、そうかね//」

DAIGO「俺もそう言う名前が良かったっスよぉ~」



天馬「DAIGOくん、夕飯食べて行くかね?」

DAIGO「えっ、いいんスか?」

星奈「せっかくなんだし、食べて行きなさいよ」

DAIGO「よし、食べて行くかぁ」

375 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 13:39:03.11 ID:qJLZVjxU0
DAIGO「あ、ペガサスさん、お土産持って来たんスよぉ」

天馬「ん?これは…?」

DAIGO「俺の歌を入れたテープっス」

天馬「ほほぉ。ありがとうDAIGOくん、今度聞かせていただくとするよ」

星奈「ところで、今日泊まって行ったら?」

DAIGO「いや、それはさすがにマズイんじゃないんスか?」

天馬「別に構わんぞ。空いてる部屋もあるしな」

DAIGO「じゃ、小鳩、泊まって行きますか」

小鳩「ん…そうする」ウトウト

399 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 15:58:18.92 ID:oPKJbR7MO
☆の頃から知ってる人は今のDAIGOを見てどう思ってるんだろ

401 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 16:09:50.41 ID:qJLZVjxU0
星奈「ささっ、小鳩ちゃん!一緒にお風呂入りましょ!」

DAIGO「あ、小鳩が拉致られた」

DAIGO「ま、いいや部屋に行くかぁ」



天馬「DAIGOくん、一杯どうかね」

DAIGO「あ、それいいっスねぇ。でも俺、未成年なんスよぉ…」

天馬「安心したまえ、君はブドウジュースだ」

DAIGO「それトロピカーナっスか?俺トロピカーナ意外は飲めないんスけど」

天馬「安心したまえ、トロピカーナだ」

403 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 16:11:47.45 ID:qJLZVjxU0
天馬「ういぃ~ヒック」

DAIGO「あぁ~あぁ~、何酔っちゃってんスかぁ~」

天馬「zzz」

DAIGO「あれ?寝ちゃったぁ~。おやすみなさいペガサスさん」

DAIGO「ちょっと下の階に行ってみるかぁ」

406 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 16:18:23.48 ID:qJLZVjxU0
バンッ

DAIGO「ん~?」

小鳩「うわぁ~ん!あんちゃ~ん!」

DAIGO「どうしたんスか。そんな生まれたままの格好で飛び出して来ちゃって…」

星奈「ああんっ、小鳩ちゃんまってぇ~♪」

DAIGO「ん?」

星奈「…………へ?」ドテッ

DAIGO「せ、星奈さん…巨乳っスね」

星奈「う…うわぁぁぁぁぁん」

星奈「DAIGOのエロすけべ変態バカアホヴァンガードファイター!!」ダダダッ

DAIGO「行ってしまった…」

ステラ「きゃー、DAIGOのさんのエッチー」

DAIGO「まあ確かに俺はエッチっスね」

407 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 16:18:30.29 ID:EJdazqCr0
こんなに憎めないイケメンも他にいない

411 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 16:26:28.10 ID:qJLZVjxU0
~翌日~

DAIGO「あ、お世話になりましたぁ~」

天馬「うむ」

星奈「あの…DAIGO。…昨日のことなんだけど……」

DAIGO「…何のことっスか?」

星奈「だ、だから…昨日の夜…」

DAIGO「いやぁ~。良く覚えてないっスね。ほら俺ってエロすけべ変態バカアホヴァンガードファイターですし」

星奈「ばっちり覚えてるじゃないのよ!!//」

DAIGO「いやぁ~、でもこんな事言うのもなんなんすけどぉ……GGPでしたねぇ~」

星奈「GGP…?」

DAIGO「ガチ眼福ってことっス」

星奈「DAIGOのばかぁぁぁぁぁぁぁ!!」

DAIGO「また行ってしまった…。きっと走りたい年頃なんスねぇ。いやぁ~青春だなぁ~」

415 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 16:31:21.10 ID:qJLZVjxU0
天馬「DAIGOくん」

DAIGO「なんすか」

天馬「これからも、星奈のことを宜しく頼む」

DAIGO「いいっスよ」

天馬「そうか…ふふっ」

DAIGO「よし帰るか」

417 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 16:35:50.24 ID:qJLZVjxU0
~数日後~

DAIGO「夏っスねぇ~」

理科「暑いですね」

DAIGO「SUMMER PARTYって感じっスね」

幸村「はい。さまーぱーてぃーですね、あにき」

理科「そう言えば、皆さんは夏休みどうするんですか?」

夜空「特に予定はないな」

星奈「あたしも…」

DAIGO「俺はこの前中止したゲリラライブを敢行しようと思ってんスよ」

幸村「そのときはぜひわたくしも行かせていただきます、あにき」

DAIGO「照れるなぁ~」

理科「みんな暇でしたら、合宿でもしませんか?」

DAIGO「えぇ~?俺の話聞いてましたぁ~?」

418 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 16:39:07.41 ID:lbtvBllP0
SUMMER PARTYいいよなwww

419 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 16:41:31.95 ID:qJLZVjxU0
夜空「うむ…自分がいざリア充になった時に、合宿の予行演習しとくのも悪くないな」

理科「決まりですね!」

DAIGO「勝手に決めないでくださいよぉ~」

星奈「ならあたしの別荘に行きましょうよ」

DAIGO「ゲリラライブ…」

星奈「諦めなさいよ」

DAIGO「そうっスね。じゃあ合宿ではっちゃけちゃいましょう!」

427 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 16:50:05.29 ID:qJLZVjxU0
~別荘~

DAIGO「ここが星奈さんの別荘っスか。パネぇ~」

理科「それじゃあ皆さん!早速海に行って泳ぎましょう!」



夜空「よ、よし…せっかくだから海に向かって叫ぶぞ」

DAIGO「叫ぶ?」

夜空「よくリア充どもがやってるだろ。あんな風に私たちも練習してみよう」

DAIGO「よぉし、やるかぁ!」


「「「「海だぁーーーー!!」」」」「ウィッシュ☆」


DAIGO「何かメッチャはずいんスけど…」

夜空「う、うむ…」

430 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 16:58:51.54 ID:qJLZVjxU0
DAIGO「んじゃ小鳩さん、日焼け止め塗ってあげますよ」

小鳩「うん」

幸村「では、わたくしはあにきのうしろをぬってさしあげますね」ヌリヌリ

DAIGO「あっ、すいません幸村さん。ありがとぉございます」

理科「ゆ、幸村くんがDAIGO先輩の後ろを…!?」



幸村「あにき…いれますよ…?//」

DAIGO「ああっ…幸村のガチでガチガチなアレが俺のアナルにBREAKERZして来るぅ…//」

幸村「さまーぱーてぃーのかいまくです、あにき//」

DAIGO「ああ…す、凄い激情っス…//」



理科「うひゃあああああ」バタリッ

夜空「何なんだアイツは…」

436 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 17:08:04.06 ID:qJLZVjxU0
~そして夜~

DAIGO「ガチで怖い話大会でもしましょう!」

星奈「いいわよ」

DAIGO「じゃあ俺から行きますね」

DAIGO「これは、俺が校内でライブを決行した時の話なんスけどね…」

DAIGO「俺は意気込んで、そりゃあもう熱唱したんスよ…」

DAIGO「そしてふと気付くと、恐ろしい光景を目の当たりにしたんス…」

夜空「……」

DAIGO「何と、客が誰もいなかったんスよ…」

理科「……」

幸村「……」

星奈「…え?終わり?」

DAIGO「え、怖くないっスか?だって誰もいなかったんスよ?」

438 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 17:10:37.84 ID:PWOM0d+T0
ワロタww

439 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 17:11:23.19 ID:8HooGlF10
天然なのかワザとなのかwwww

445 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 17:26:35.97 ID:qJLZVjxU0
星奈「そんなの、誰もDAIGOの歌に興味なかっただけでしょうが!」

DAIGO「そんな馬鹿な…」

DAIGO「でも下校時間に下駄箱でやってたんスよ?それで誰も来ないって言うのは…」

夜空「ふむ…確かに不可解ではあるな…」

星奈「やだ…もしかして神隠し!?」

幸村「なんとおそろしい…」

理科(関わらないように避けてただけなんじゃ…)

星奈「やだ…何かそう思うと怖くなって来たね…」

DAIGO「でしょ~?」

夜空「怪奇現象だな…」

DAIGO「さて、もう寝るか」

448 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 17:30:45.47 ID:qJLZVjxU0
~DAIGOと幸村の部屋~

幸村「おやすみなさいませ、あにき」

DAIGO「おやすみぃ~」

DAIGO「zzz」



ガチャッ

星奈「DAIGO…、ねえDAIGOってば」

DAIGO「ん?ん~…?なんすかぁ?」

星奈「ちょっとトイレまでついて来てよ…」

DAIGO「いいっスよ。なかなかおちゃめっスね」

451 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 17:32:36.64 ID:qJLZVjxU0
星奈「じゃ、じゃあ…ここで待っててね…?」

DAIGO「了解っス」

ガチャッ バタンッ

星奈「……」

星奈「…ねえ、DAIGOいる?」

DAIGO「いますよぉ~」

星奈「ホッ…」



DAIGO「さて寝るかぁ」

452 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 17:34:55.19 ID:qJLZVjxU0
小鳩「あんちゃん、あんちゃん…」

DAIGO「んん~?なんすかぁ~?」

小鳩「トイレ…」

DAIGO「んもぉ~、しょうがないっスねぇ~」




小鳩「…あんちゃん、おるぅ?」

DAIGO「zzz」

小鳩「あ、あんちゃん!?あんちゃん!?」

DAIGO「いけね、寝てた。いるっスよぉ~」

小鳩「ホッ」

454 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 17:38:22.30 ID:qJLZVjxU0
理科「先輩…、DAIGO先輩っ」

DAIGO「…トイレっスね?いいっスよ。行きましょう」

理科「トイレ?理科はただDAIGO先輩に夜這いしに来ただけですが?」

DAIGO「いいんスか理科ちゃん。俺、獣になっちゃいますよ?」

理科「構いませんよ♪」

DAIGO「あぁ~でも今日は疲れてるから無理っぽいっス」

理科「そんなぁ」

DAIGO「また今度やりましょう」

457 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 17:43:27.31 ID:qJLZVjxU0
DAIGO「…俺もトイレに行くかぁ」

ガチャッ

夜空「わっ!」

DAIGO「うわぁ~ビビったぁ~。何してんすかぁ~」

夜空「トイレか?」

DAIGO「え、何で分かったんスか?」

夜空「お前のことなら何でも分かるからな」

DAIGO「えぇ~?なんスかそのサイケデリックな能力」

夜空「ちょうど私も行きたいと思っていたところだ。…一緒に行くか?」

DAIGO「夜空さんと連れションっスか」

夜空「バカ言ってないで、さっさと行くぞDAIGO」

460 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 17:47:41.33 ID:qJLZVjxU0
DAIGO「夜空さん意外に怖がりなんじゃないっスかぁ?」

夜空「バカを言うな!」

DAIGO「夜空さんは神隠しとか信じるんスか?」

夜空「信じるわけないだろう」

DAIGO「そうっスよねぇ、幽霊も信じてなかったし」

夜空「その通りだ」

DAIGO「でも……」

DAIGO「下駄箱でライブするのは、やっぱダメっスよねぇ…」

夜空「そうだな…。迷惑だしな」

461 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 17:52:42.64 ID:qJLZVjxU0
~数日後~

DAIGO「夏祭り行っちゃいませんか?」

星奈「いいわね」




DAIGO「さて満喫したし帰るかぁ~」

星奈「ステラが迎えに来るまで、時間かかるみたい」

DAIGO「マジっスか?じゃあ花火でもやっちゃいます?」

465 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 17:58:35.42 ID:OwIg8PTRO
DAIGO「ウォッシュ☆」

466 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 18:00:20.96 ID:qJLZVjxU0
星奈「綺麗ね…」シュウウウウ

小鳩「クックック…我は二つの光を操りし者」シャアアアア

キャッキャッ


DAIGO「…」パチパチ

夜空「DAIGO、お前は何してるんだ?」

DAIGO「線香花火っス」ジジジジ

夜空「そ、そうか…。何かお前のキャラとは合ってないチョイスだな…」

DAIGO「好きなんスよ、線香花火。何か夏の終わりの切なさをそのまま表現してるみたいで…」

夜空「DAIGO…」

理科「DAIGO先輩…」

幸村「あにき…」

DAIGO「よし、最後にこの『ガチ百連発』っていう花火で派手に行きましょう」

473 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 18:08:30.52 ID:qJLZVjxU0
ヒュー… パァァァァンッ パァン パァン パァン パァン…


星奈「本当に百連発だったわね…」

DAIGO「いやぁ~、すごかったっスねぇ」

夜空「うむ。なかなか綺麗だったな」

理科「ん…?何か匂いません?」

星奈「確かに…何の匂いかしら…」

DAIGO「星奈さんの香水じゃないっスか?」

星奈「あ、あたしそこまで香水キツくないわよ!失礼ね!」

理科「何か燃えてるような匂いが…」

星奈「ちょ、ちょっと夜空!髪が燃えてるわよ!」

夜空「へ?」

476 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 18:16:19.11 ID:qJLZVjxU0
夜空「わわっ…!」

DAIGO「こりゃもう水かけるしかないっしょ~」

理科「先輩、バケツの水で!」

DAIGO「じゃあ夜空さん、後ろ向いちゃってください」

夜空「わ、わかった」

DAIGO「そりゃ」バシャアッ

夜空「……」

星奈「夜空…?」

夜空「……」

DAIGO「夜空さん、すみません…俺のせいでビショビショに…」

理科「し、仕方ないですよ…」

DAIGO「夜空さんが大切にしてた長い髪に、俺は……ガチ最悪っスよね」

夜空「き、気にするなDAIGO。そんな顔はよせ…お前のそんな顔、見たくない…」

DAIGO「…俺、もう帰るっス」

夜空「DAIGO…」

484 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 18:21:07.21 ID:qJLZVjxU0
それから、結局DAIGOと夜空は夏休みの間、部室に姿を現すことはなかった…。



星奈「…なんかDAIGOがいないと盛り上がんないわね」

理科「そうですね…」

幸村「あにき……」



そして、夏休み明けの登校初日がやって来た。

487 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 18:22:07.08 ID:NYx8GWIJ0
DAIGO落ち込みすぎwwwwwwww

516 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 18:53:28.86 ID:qJLZVjxU0
~教室~

先生「出席とるぞー。内藤!」

DAIGO「ウィッシュ☆」

隣の女子「うざ……」

DAIGO「…」シュン

先生「三日月!…三日月?」

DAIGO(夜空さん…)

ガラッ

夜空「遅れてすみません」

521 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 18:57:37.05 ID:qJLZVjxU0
夜空「…」ツカツカ

DAIGO「……」チラッ

DAIGO「…!?」

ガタッ

DAIGO「SOLA…!?」

夜空「…」

夜空「……」

夜空「久しぶり、DAIGO…!」

522 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 18:58:16.27 ID:T1qrM7x20
急展開

524 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 19:04:31.14 ID:qJLZVjxU0
~10年前~

夜空「BREAKERZ?」

DAIGO「俺たちのバンド名っスよ!昨日、徹夜して考えたんスよ」

夜空「そっか…いい名前だな」

DAIGO「いつか…一緒に武道館の舞台にたちましょう!」

夜空「そうだな…」

夜空「その時までよろしくウィッシュ☆」

DAIGO「ウィッシュ☆」

夜空「ふふっ。なかなか様になって来たなDAIGO」

DAIGO「夜空さんのおかげっスよ!」

529 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 19:10:21.46 ID:qJLZVjxU0
そして、10年前のあの日…。


DAIGO(ちゃんとSOLAに伝えなきゃ…明日引っ越すこと…)

DAIGO(約束守れないでごめん…、SOLA)

DAIGO「……SOLA遅いなぁ~」



夜空「どうしよう…でもちゃんと打ち明けなきゃ。私が女ってことを…」

夜空「一応スカート穿いて来たけど…」

夜空「ううう……だ、ダメだ!やっぱり勇気が出せないっ!」タタタッ



その日以来、俺とSOLAが再び顔を合わせることはなかった…。

そして、今…。


DAIGO「SOLA…」

夜空「DAIGO…」


俺たちは、再会を果たした。

537 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 19:18:11.51 ID:qJLZVjxU0
そして…。

~体育館~

DAIGO「うっしゃああああ!BREAKERZ体育館ライブの開幕だああああ!!」

DAIGO「んじゃ、メンバー紹介だああああ!」

DAIGO「ボーカルとギターは俺、DAIGO!」

DAIGO「ベースのSOLA!」

夜空「ふんっ」ヴッヴーンヴヴヴーン♪

DAIGO「エレキギター、RIKA!」

理科「よろしくー」ギュンギュンギュイィィィン♪

538 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 19:19:12.26 ID:EJdazqCr0
BREAKERZ結成wwww

542 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 19:23:37.02 ID:qJLZVjxU0
DAIGO「ドラムス、SENA!」

星奈「イェーイ!」バラボッチーン♪

DAIGO「タンバリン、YUKIMURA!」

幸村「おまかせください、あにき」シャンシャン♪

DAIGO「カスタネット、KOBATO!」

小鳩「クックック」カチカチッ♪

DAIGO「最後にマラカス、MARIA!」

マリア「あははー!」シャッシャッシャッシャッ♪

DAIGO「そんじゃ行くぜええええ!皆ノッてるかあああああああ!!!!」


シーン…


DAIGO「あ、やっぱ誰もいないんスね」



DAIGO「あ、おわりっス」

551 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 19:26:06.01 ID:qJLZVjxU0
所々エピソードが飛んでたり、マリアの存在忘れててすみませんでした。
ちなみに一番好きなのは遊佐葵です

552 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 19:26:57.52 ID:0n7HGgVHO
乙ッシュ☆

558 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 19:29:34.19 ID:NLLsIX9kO
乙!

565 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 19:35:36.81 ID:RlSJ1P0F0
本当に友達だなこれは

568 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 19:43:38.24 ID:te44PypJ0

DAIGO最高だなw

569 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 19:46:32.97 ID:5pKWCf4T0
乙。
もっと続き読みたいぜ。マリアェ…

574 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 20:00:12.51 ID:0QKX/Xen0
乙っス

575 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/09(月) 20:02:17.26 ID:pHvlWtwp0
あの夏のもやもや感をぜひDAIGOで吹き飛ばしてほしい

TVアニメ「僕は友達が少ない」オープニングテーマ「残念系隣人部★★☆(星ふたつ半)」
友達つくり隊 三日月夜空(CV:井上麻里奈) 柏崎星奈(CV:伊藤かな恵) 楠幸村(CV:山本希望) 志熊理科(CV:福圓美里) 羽瀬川小鳩(CV:花澤香菜) 高山マリア(CV:井口裕香) 井上麻里 奈伊藤かな恵
メディアファクトリー (2011-10-26)
売り上げランキング: 5619
DAIGO [2012年 カレンダー]
.
トライエックス (株式会社 ハゴロモ)
関連記事
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/04/10 07:52 ]
  2. バンメンの絆は友達を凌駕する
  3. 774@いんばりあん [ 2012/04/10 10:58 ]
  4. こういう主人公のラノベ読んでみたいわw
  5. 774@いんばりあん [ 2012/04/10 11:16 ]
  6. スタイリッシュDAIGOエピソード
  7.   [ 2012/04/10 11:45 ]
  8. 何の番組か忘れたが芸人司会の番組でDAIGOがゲストだったんだが、
    DAIGOのトークが一番おもしろいとかもうねw
    [ 編集 ]
  9. 774@いんばりあん [ 2012/04/10 16:29 ]
  10. もうDAIGOでカテゴリーつくってもいいんじゃね?
  11. 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [ 2012/04/12 23:21 ]
  12. いつまでもあのノリでいられるとなると...
    キツイな
  13. 774@いんばりあん [ 2012/09/15 19:32 ]
  14. DAIGOはあのキャラなのに育ちが良くて下品なトコがないのが面白いんだよな
  15. オシラ774 [ 2012/10/05 17:42 ]
  16. KOBATO吹いたwwwww
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング