HEADLINE

P「アイドル達を徹底的に無視する」

2012/04/14 01:14 | CM(9) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:16:48.95 ID:HMHXfSk70
P(美希からいきますかー)

美希「ハニー!今日もミキお仕事頑張ったよ!誉めて誉めて!」

P「………」

美希「ちょっと、ハニーってば!ご褒美ちょうだい!出来ればハニーの愛を!」

P「………」

美希「…少しは何かリアクションが欲しいなー」

P「………」

美希「……ハニー?」

P「………」スタスタ

ガチャッ

美希(えっ…ミキ何かしちゃった…?)


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:19:37.07 ID:hW4p8Rlw0
わるくない

4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:21:03.68 ID:HMHXfSk70
美希(…皆には普通に接してる…やっぱりミキ気付かないうちに何かしちゃったんだ)

美希「ハニー、ミキ悪いことした…?」

P「………」

美希「あ、あのねハニー…ミキ謝らなきゃいけないよね、ごめんなさい…」

P「………」

美希「これで許してほしいの…またミキとお話してくれる?」

P「………」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:22:07.12 ID:OW51l2Od0
続けて

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:26:03.44 ID:HMHXfSk70
美希「…そ、そうだよね。何が悪いかも分からずに謝っても許してくれないよね…」

P「………」

美希「…じゃあ、ミキ帰るね。お仕事の邪魔してごめんねハニー」

P「………」

美希「また明日!バイバイハニー!」

P「………」

ガチャッ

美希「…………グスッ…どぅして……おしえてよハニー…ミキ…こんなの耐えられないよぉ…」ポロポロ

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:31:23.36 ID:HMHXfSk70
美希「ハニー、ミキ今日は早起きしておにぎり作ってきたの!だから食べてほしいなー…なんて…」

P「………」

美希「……ここに置いとくから、お腹が空いたら食べてね!」

P「………」

美希「じゃ、じゃあミキお仕事行くから…ガンバルから!」

P「………」

美希「また…後でね、ハニー…」

P「………」

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:36:20.67 ID:HMHXfSk70
美希(…おにぎり…もう夜なのにまだ残ってる………ハニー…)

春香「プロデューサーさん、クッキーですよ!クッキー!」

P「おっ!良いな!ちょうど腹が減って死にそうだったんだ」

美希「……!!」

P「うまい!春香はやっぱり料理上手だな!また作ってくれよ」

春香「えへへ、もう仕方ないですねー」

美希「………」ダダッ

春香「えっ、美希どうしたの!?美希の分もちゃんとあるよー!?」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:40:56.44 ID:HMHXfSk70
美希(…ミキなんかが作ったもの食べたくないんだ…)

美希(ハニーはミキのことが嫌いになったんだ…)

美希(……いいもん!ミキ、カッコいい人にい~っぱいアプローチされてるもん!後悔しても遅いんだから!)

美希(もうハニーのことなんてどうでもいいの!)

美希(…………ハニーなんか…どうでも……)

美希(……無理だよぉ…ミキ、ハニー以外の事考えられない…)グスッ

美希(ハニーと話せないだけで、こんなに苦しいなんて……ミキ死んじゃうよぉ…)ヒック

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:45:07.00 ID:HMHXfSk70
美希(ハニーともう何週間も会話が無いの…)

P「………」

美希「……ハニー、ミキのこと嫌いになった?」

P「………」

美希「ミキがいっつもベタベタするから…もう嫌になったの…?」

P「………」

美希「ミキ…我慢するから…絶対にハニーに迷惑かけないから!」

P「………」

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:49:11.22 ID:HMHXfSk70
美希「だから、だから…嫌いにならないでほしいの…また、前みたいにミキとお喋りして…」グスッ

P「………」

美希「そ、それもダメなら…事務的なことだけでも構わないから…お願い…」

P「………」

美希「もうね…ミキ、ダメなの…ハニーがいたからここまで来れたの…ハニーがいたからガンバレたの…」ポロポロ

P「………」

美希「ハニーがミキの全てなの……ハニーに否定されたら生きていけないよ…」ポロポロ

P「………」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:49:29.74 ID:swOZDBSiO
美希ちゃん

おじさんが優しくしてあげよう

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:53:35.07 ID:HMHXfSk70
美希「…お願い…ミキに話しかけてくれるハニーの声が聞きたいの…」

P「………」

美希「……一言だけでも良いから……グスッ」

P「………」

美希「………アハハ…ミキ、もうお終いだ……ハニーがミキのこと嫌いになったんだもん…」

P「………」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:58:07.78 ID:IcyCyiQH0
きついわ

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 16:58:08.88 ID:HMHXfSk70
美希「…ミキ、いっぱい迷惑かけたよね…数えきれないぐらい……」

P「………」

美希「それだけでミキのこと嫌いになるよね……ミキがハニーのこと好きになる権利なんて無かったんだ…」

P「………」

美希「…だけど、今のミキがいるのはハニーのおかげ…それだけは覚えておいてほしいの…」

P「………」

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 17:02:32.74 ID:HMHXfSk70
美希「…バイバイ…ハニー。……ミキ、もうアイドルやめるね……」

P「………」

美希「最後まで迷惑かけてごめんね…」

P「………」

美希「でもでもっ!ミキ、ずっとハニーのこと忘れないからっ!ハニーはミキなんかに覚えてほしくないかもしれないけど…」

P「………」

美希「それでも!大人になっても…お婆ちゃんになっても…死んじゃっても…絶対にハニーのこと…」グスッ

P「………」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 17:04:15.51 ID:eCITDEbS0
このP殺そうか

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 17:07:02.10 ID:HMHXfSk70
P「はい、終了~!」テーレッテー

美希「えっ…?」ポロポロ

P「これは美希を無視したらどんな反応をするか調べる企画なのでしたー!」

美希「え゛っ」

P「うわぁああああああああああ、ごめんよおおおおおお!!美希いいいいいい!!!」ダキッ

美希「!?」

P「俺も辛かったよぉぉぉ!!俺も美希のこと大好きでたまらないんだああああああ!!」ヨーシヨシヨシヨシ

美希「う゛う゛ぅぅぅ…ハ゛カ゛ハ゛ニ゛イ゛イ゛イイイイイイイイイイイイイ」ブワッ

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 17:08:43.07 ID:Z2RoQ2Qm0
イイハナシカナー?

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 17:12:16.60 ID:V0VT/HWM0
死ねクズP

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 17:22:49.13 ID:HMHXfSk70
P「おい、美希…機嫌直してくれよ…」

美希「ぜ~ったい!!!許さないの!!!一生かけて償ってもらうの!!!」

春香「機嫌損ねて抱きついて離れなくなるってどういうこと…」

P「もう、美希はそういう所も可愛いんだから!!可愛い奴め!!」

美希「そ、そんなこと言っても騙されないの!」ギュー

小鳥「…どっか他所でやってもらえませんかねぇ」イラッ

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 17:26:58.96 ID:qmYj5evw0
最後まで無視しないと面白くないな

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 17:38:11.36 ID:iRmaCX470
美希可愛いよおおおおおおおお
うわあああああああああああああ
ふぅ…

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 17:56:42.75 ID:HMHXfSk70
P(次は伊織を無視してみよう)

ガチャッ

伊織「はぁ~、疲れたぁ……あら、プロデューサーじゃない」

P「………」

伊織「……この私が帰って来てわざわざ声をかけてあげたのに…いい度胸ね」

P「………」

伊織「…何とか言いなさいよ!それとも目を開けながら寝てるの!?」

P「………」

伊織「ムキーッ!腹立つわ!」

P「………」

伊織「あんたどこの大仏よ!いい加減喋りなさい!」

P「………」

伊織「……グッ、お、覚えてなさいよ!」ダダッ

P「………」

43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 18:01:18.88 ID:HMHXfSk70
伊織「さ~て、あんた私に何か言う事あるんじゃない?」

P「………」

伊織「昨日の伊織ちゃんに対する態度…あれはどういうことかしら?」

P「………」

伊織「まぁ、素直に謝罪して態度を改めるなら許してあげなくも無いけど?」

P「………」

伊織「……ちょっと!無視しないでよ!」

P「………」

伊織「ね、ねぇってば…」

P「………」

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 18:07:26.58 ID:HMHXfSk70
伊織(明らかにプロデューサーの様子がおかしいわ…一体何なのよ…こうなったら問い詰めてやるんだから!)



伊織「…どういうつもりよ、私を無視して」

P「………」

伊織「何か考えでもあるの?それとも美希辺りに『ミキ以外とお喋りしちゃ、や!』とでも言われたの?」

P「………」

伊織「………」

P「………」

伊織「……黙ってちゃ分かんないわじゃない!流石に私も怒るわよ!」

P「………」

伊織「……!!バカッ!!」ダダッ

P「………」

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 18:11:39.47 ID:HMHXfSk70
伊織(こうなったらあいつの真正面に立ち塞がってやるわ!)

P「………」スタスタ

伊織(ふふん、これは流石に無視出来ないわよねぇ!)

P「………」サッスタスタ

伊織(顔色一つ変えず避けられた!?)

P「………」スタスタ

伊織「プ、プロデューサー!!」

P「………」スタスタ

伊織「無視すんなって言ってるでしょー!」

P「………」スタスタ

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 18:19:03.27 ID:HMHXfSk70
伊織(すれ違うのがやっとな通路で邪魔してやるんだから!)

P「………」スタスタ

伊織(私が中央にいる限り絶対にあんたは避けられないわ!)

P「………」スタスタ

伊織(……全く歩調も変えずに近づいて来るわね)

P「………」スタスタ

ドンッ

伊織「キャッ!…ちょっとあんた私がいるって分かってる…で…しょ…」

P「………」スタスタ

伊織「ちょ、ちょっと…ま、待ってよ……待ってってば!!」

P「………」スタスタ

伊織「お、お願いだから……何か喋ってよ…」

P「………」スタスタ

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 18:27:02.49 ID:HMHXfSk70
伊織「ね、ねぇ…どうしちゃったのよ…何で私と話してくれないの?」

P「………」

伊織「あずさ達とは普通に会話してるの私知ってるんだから…」

P「………」

伊織「流石に…私も傷つくわよ……理由教えてよ」

P「………」

伊織「……あ~はいはい。またダンマリね、あんたも芸が無いわね~。それしか出来ないの?」

P「………」

伊織「…ッ、何で…なの…どうして…?」グスッ

P「………」

伊織「……バカッ!!変態!!ド変態!!変態大人!!」ダダッ

P「………」

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 18:33:33.13 ID:HMHXfSk70
小鳥「竜宮小町テレビに出てますね!」

P「おぉ、やっぱりあずささんと亜美はすごいな!流石竜宮小町!」

伊織「…ぇ?」

律子「ちょっとプロデューサー、伊織忘れてますよ」

響「とうとうボケが始まったのかー?」

亜美「いおりーん、兄ちゃんにブチギレちゃいな!」

伊織「………」

真美「あれ→?どうしたの?」

伊織「な、何でもないわ!そろそろ帰ろうかしら!じゃあね!」

あずさ「あらあら~、もう帰っちゃうの?」

伊織「…私は忙しいから…それじゃっ」

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 18:36:49.72 ID:r3IBnh5I0
辛い








つづけて

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 18:38:33.44 ID:HMHXfSk70
伊織「…ハァ…ハァ…」

伊織(話してくれないどころじゃない……)

伊織(私の存在すら認めてくれてない……許せない…)

伊織(絶対に許せないんだからぁ…!!!)

伊織(………)

伊織(でも、それ以上に…悲しい…悲しいわよ…!)グスッ

伊織(あいつに……こんなことされるのが……)ポロポロ

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 18:41:30.42 ID:RXSEWED60
いおりんの涙ペロペロ

65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 18:45:40.52 ID:HMHXfSk70
伊織「……お願い、元に戻ってよ…プロデューサー…」

P「………」

伊織「…私ね、いつも…あんなだから分からないかもしれないけど…」

P「………」

伊織「…あんたのこと嫌いじゃ無かった…」

P「………」

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 18:51:37.23 ID:HMHXfSk70
伊織「変態で…ドジで…気合が空回りして……全く頼りがいがないプロデューサー」

P「………」

伊織「だけどいつも私たちのすぐそばにいてくれた……」

P「………」

伊織「どんな辛い時も、あんたが『頑張ろうっ!』て言うだけで不思議と頑張れた…」

P「………」

伊織「でも、素直になれずに私は文句ばっかり言って…フフッ、愛想尽かされるのも無理無いわね」

P「………」

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 18:57:08.84 ID:HMHXfSk70
伊織「私も私みたいなやつがいたら好きになるはずなんてないもの…」

P「………」

伊織「……無視されてからプロデューサーの事嫌いになりたかった……でもなれなかった」

P「………」

伊織「自分でもどうしてまだ好きでいるのか分からない…馬鹿みたい…でしょ?」グスッ

P「………」

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 19:07:04.04 ID:HMHXfSk70
伊織「まだ心のどこかで…これは全部夢で…起きたら元通りって思ってるの…そんなことありえないのに」

P「………」

伊織「だけど……今でも…あんたのこと…信じてるから。それだけは言わせて…」グスッ

P「………」

伊織「また、バカ…やって…前みたいに…笑って…くれる…って…」ポロポロ

P「………」

75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 19:10:58.41 ID:HMHXfSk70
P「はい、チャンチャンチャーン!」

伊織「えっ…?」ポロポロ

P「これは伊織を無視したらどんな反応をするか調べる企画なのでしたー!」

伊織「はっ?」グスッ

P「伊織いいいいいいい!!!お前俺の事好きだったんだな!!!俺も大好きだぞ!!」ギュゥ

伊織「!?」

P「ごめんよおおおおお!!もうこんなことしないから嫌いにならないでおくれぇ!!!」スリスリ

伊織「バカアアアアアアアアアアアア!!この変態ぃ!!!あんたってやつはぁぁぁあ本当に信じられないわぁぁぁ!!!」グスッ

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 19:11:34.35 ID:HMHXfSk70
ごめんなさい 即興じゃこれが限界でつ

77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 19:12:22.73 ID:eCITDEbS0
>>76
オチ以外は最高に良かった


79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 19:15:47.51 ID:HMHXfSk70
お姫ちんが見たいよぉ(懇願)
飯食って風呂入ってる間に誰か書いてくれてるはずだよね(期待)

80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 19:17:36.81 ID:6sNyWf0xO
期待(迫真)

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 19:22:26.79 ID:lGx1VDZd0
ああ、待っててやるよ(書くとは言ってない)

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 19:23:41.21 ID:EPT257SX0
貴音「あの、なぜ私と言葉を交わしていただけないのでしょうか」

P「……」

貴音「もしや、気付かぬうちに何かあなた様を怒らせるようなことでも?」

P「……」

貴音「……」

P「……」

貴音(――あなた様)

P(こいつ、脳内に直接!?)ビクッ!

貴音「……」ニヤリ

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 20:31:26.90 ID:khs5rnlW0
響はやめろよ!絶対だぞ!

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 20:36:54.49 ID:eCITDEbS0
真美だけは!
真美だけは勘弁してくれないか!?

102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 20:37:25.28 ID:ZMcmKY4v0
真美はやめろよ!
思春期まっさかりで口聞いてもらえなくて本気でショックを受けてる真美とか
やめろよ!
絶対だぞ!

103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 20:37:58.71 ID:Vi4dsl6J0
誰でもいいから誰かはよおおおお

111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 20:44:30.29 ID:6STf4B6S0
響「はいさーい! プロデューサー! 今日も一日頑張ろー!」

P「……」

響「どうしたんだ、プロデューサー? 元気がないぞ!」

P「……」

響「風邪か? んー、でも熱はないみたいだし……」

P「……」

響「分かった、虫歯だな! ちゃんと歯磨きしないとだめだぞー!」

P「……」

響「……違うのか?」

P「……」

響「……プロデューサー、どうしたんだ? どうしてなにも喋らないんだ?」

P「……」

響「なんでこっちを向いてくれないんだ……? 自分、こっちに居るぞ……こっち見てくれよぅ……」

P「……」

響「ふ、ふんだ! だったら自分もプロデューサーの方、向かないからな! これでおあいこだ!」

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 21:23:58.14 ID:ZMcmKY4v0
>>111
続けてくれ!
たのむ











割とマジで

160 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 22:26:16.27 ID:6STf4B6S0
響「……」

P「……」

響「……う」

P「……」

響「うがーーー!!! なんだ、なんで黙ってるんだプロデューサー!!
  黙ってたらわかんないだろ!!」

P「……」

響「……なぁ、プロデューサー、自分、なにか悪いことしたか?」

P「……」

響「……その、なにか悪いことしたんだったら、謝るから……言ってほしいぞ……」

P「……」

響「……ぐすっ」

  ガチャッ

春香「みなさーん、おはようございまーす!」

P「おはよう春香」

響「っ!?」

162 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 22:31:19.72 ID:6STf4B6S0
響「結局、自分以外の子とは、ピヨ子も含めて全員と普通に話してたな」

P「……」

響「……自分、分かったぞプロデューサー」

響「つまりこれは、自分との根競べなんだな!! そうなんだろ!」

P「……」

響「ふふふ、そうと分かれば簡単さー!
  プロデューサーがこっちを向かないんなら、自分がプロデューサーの目の前に行けばいいんだ!!」

P「……」

響「ふふん! 書類整理してるフリしたって無駄だぞ!!
  机の上に乗れば無視できないだろ!! ……んと、よいしょっ」

響「ふっふっふ、謝るなら今のうちだぞ、プロデューサー!!」

  ガタッ

P「おーい、雪歩、お茶貰えるか?」

雪歩「あ、はーい!」

響「あっ……行っちゃった……」

響「……うぅ……」

166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 22:39:16.15 ID:6STf4B6S0
響「あはは! やっぱりプロデューサーは強いな! 自分、もう何も思いつかないぞ!」

P「……」

響「あjはは、はは……」

響「だからな、プロデューサー、もう、自分の負けでいいから……」

P「……」

響「……プロデューサー、自分、その……」

P「……」

響「……ごめん! 自分、えっと、分かんないけど! 本当にごめん!!」

P「……ハァ」

  ガタッ

響「プロデューサー!? ……どこ行くんだ?」

P「小鳥さん、ちょっと隣いいですか?」

小鳥「えっ……ええええええ!? も、もちろん!! よろしくお願いします!!」

P「隣の机借りるだけですよ、仕事続けてください」

響「……」

172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 22:47:44.93 ID:6STf4B6S0
響「きっと、自分がなにか悪いことしちゃったから、プロデューサーは怒ってるんだよな?
  だからな。自分、ずっと考えてたさー……それでな、その」

P「……」

響「これ、その……まだ、寒いだろ? だから……えっと……
  自分、編み物とか、得意だし……許してくれ、なんて言うつもりはないけど……」

P「……」

響「もしよかったら使ってくれないか? マフラーだから、細かい大きさなんて関係ないし……
  その、気に入らなかったら言ってくれ! 自分、作り直すから!」

P「……」

響「……ここ、置いとくからな。もし、いらないんだったら、返してくれ」

P「……」

―――

響「……」

響「!!」

響「置いていったマフラーがない、ってことは……」

響「プロデューサー……貰ってくれたんだな!」

176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 22:53:43.90 ID:6STf4B6S0
小鳥「あら、響ちゃん、どうしたの?」

響「えへへ! なんでもないさー!! ピヨ子こそどうしたんだ?」

小鳥「あ、そうだ。響ちゃん、これに見覚えない?」

響「……えっ」

小鳥「プロデューサーさんが拾ったものなんだけど……こんなマフラー使ってる子いたかなぁ、って思いだせなくて」

響「……拾った?」

小鳥「そう。どこに落ちてたかは聞いてないけど、事務所なんて来る人は限られてるでしょ?」

響「……」

小鳥「いやぁ、若い子の服になんて目がいかないのよねぇ! なんちゃって!」

響「……自分、心当たりがあるぞ」

小鳥「ホント? じゃあ……」

響「じ、自分、それ、わたし、とくから……ぐすっ、か、ピヨ子、それ、かえして」

小鳥「響ちゃん!? どうしたの? どこか痛いの!?」

響「なんでも、ひぐっ、ないぞ! 自分、もう帰る!!」

小鳥「ピヨッ!? あ、行っちゃった……」

178 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 22:55:57.40 ID:HMHXfSk70
グサグサきます

179 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 22:59:03.68 ID:ZMcmKY4v0
心が痛い…

180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 23:01:19.16 ID:6STf4B6S0
響「……」

ハム蔵<チューチュチュー

響「……そうだな、いつまでも落ち込んでたって、なにも変わらないもんな」

  ごしごし

響「よしっ! こんな時は皆でお散歩に行こう!」

  ワンワン     フシュルル
       ニャー

響「体を動かせば、なにか思い出すかもしれないしな! いい方法も思いつくかもしれないし!!
   だいたい、部屋でめそめそしてるなんて自分らしくないぞ!!」

響「そうときまれば善は急げだ! なんくるないさー!!」

―――

響「うーん……やっぱり何も思い浮かばないぞ……」

P「……ん?」

響「うっ、えっ!?」

P「おお、こんなところで会うなんて珍しいな」

響「……へっ?」

182 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 23:06:22.65 ID:6STf4B6S0
<ワンワン! ワンワンワン!

P「どうした、皆で散歩か?」

響「プロデューサー、自分と、その」

P「ん? 違うのか?」

響「い、いや、違わないぞ! 見ての通り、皆で散歩に来てたんだ!!」

P「へぇ、そうか。相変わらず元気みたいで安心したよ」

響「相変わらずなんて酷いぞ! この前からずっと話しかけてるのに無視してたじゃないか!!
   自分、自分本当に、本当に傷ついたんだからな!!」

P「そうか。大変だなぁ、お互い」

響「お互い、ってことは、プロデューサーもなにかあったのか?
  少しくらい、自分に教えてくれてもよかったのに、酷いぞ!!」

P「ははっ、じゃあ俺はもう行くよ」

響「あ、ちょっと待ってくれプロデューサー! 自分、まだ話が」

P「ああ、また今度。元気でな、いぬ美」

いぬ美<ワンワン! ヘッヘッヘッヘ

響「……いぬ、美?」

183 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 23:07:05.41 ID:4TjS8KFn0
おいやめろ馬鹿これは酷すぎるだろ

184 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 23:08:08.30 ID:1zAyFxE20
あと少なくとも2レスで終わらせてくれ・・・

じゃなきゃ俺・・・!!

188 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 23:13:44.61 ID:6STf4B6S0
響「……はは」

  くたっ

響「……ずっと、いぬ美と話してたのか、プロデューサー……」

響「ひ、ひどい、奴だな、プロデューサーは、ブタ太や、ねこ吉たちとは、話さずに、いぬ美とだけ……」

響「他の皆は、無視して……」

響「……ううううう……」

  ぽろぽろ

<チューチュー

響「皆、皆と話す暇は、なかった、のかな? 忙しそう、だったし、ひっく……」

 ワンワン  ブーブー

響「……暇がないなら、しょうが、ぐしゅ、ないよな……」

響「……でも」

響「でも、やだ……もうやだよぉ……プロデューサー……」

響「自分を見てくれよぉ……プロデューサー……!」

  ぽろぽろ

192 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 23:24:09.20 ID:6STf4B6S0
――― 翌朝

響「……」

響「……もう、朝なのか?」

響「……」

響「事務所、行きたくない……」

響「もう、事務所なんて行っても、心が痛いだけだ……」

響「……」

  ニャー   キキーッ   クエーッ

響「……皆のご飯……」

響「皆、お腹がすくの、嫌だもんな。自分が行かなきゃ、皆のご飯が用意できないもんな」

響「……それに、今日は、プロデューサー、忙しくないかもしれないし」

<チュー……

響「なんくるないさー、ハム蔵。自分、完璧だからな」

響「じゃあ、行こう」

194 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 23:30:07.18 ID:eCITDEbS0
もう死にたいです
こんなスレとっとと落として>>1は首吊って死んでください



朝まで残してくれよ!

196 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 23:33:59.62 ID:6STf4B6S0
響(きっと、今日は、プロデューサーもいつもどおりに戻ってるはず……だから、大丈夫。
  大丈夫だから、一歩、一歩ずつ、歩いていこう)

やよい「うっうー! 響さん、おはようございまーす!!」

響「あ、やよい……」

やよい「……響さん、どうしたんですか!?」

響「……へ?」

やよい「酷い顔してますよ!? 目が真っ赤だし、クマも……」

響「そ、そうか? 気付かなかったぞ……どうりで眠いわけだな! なんて……」

やよい「……もしかして、なにか悲しいことがあったんですか?」

響「っ! ……なんで?」

やよい「目の下、泣いたあとみたいになってるから……」

響「……なんでもない! 最近ちょっと忙しいからな! 少し寂しくなっただけだ!
  あはは、プロデューサーに笑われちゃうな! 『お前クマも飼うようになったのか』とかなんとか、言われて……」

やよい「……うー、無茶は駄目ですよ?」

響「なんくるないさー! ほら、急がないと遅刻しちゃうぞー!
  自分はちょっと用事を思い出したから、あとで行くからな!」

やよい「……はい。きちんと来てくださいね?」

203 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 23:44:05.77 ID:6STf4B6S0
―――

響「……」

響「ごめん」

響「ごめんな、皆……自分、行けなかった……」

   ぽろぽろ

響「自分、もう、事務所、行けない……事務所、行こうとしたけど、でも、ダメで……」

響「プロダクション見えたら、足が動かなくなって……! プロデューサーから見てもらえないの、怖くて……!」

   ワンワン           シャー
          ニャーニャー

響「ごめん、本当に、ごめん! ごめん……ごめんね……」

   ぽろぽろ

―――

響「……ははは、本当に、酷い顔だ……アイドルなんて、できないな、これじゃ……」

<チュー……

響「……サボっちゃったな、仕事……皆、きっと怒ってるだろうなぁ……」

響「プロデューサー、今より怒って、もう事務所に来るなって言うかもな……そっちの方が何も言われないよりはいいけど……」

208 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 23:53:22.85 ID:6STf4B6S0
   ピンポーン

響「……誰だ? こんな昼間から……」

響「こんな顔じゃ出られないし……居留守使っちゃおっか」

   ピンポーン

響「……」

   ……

   trrrrrrr…  trrrrrrr…

響「今度は電話……もしかして、事務所の誰かが家の前まで来てるのか?」

   【着信中 →プロデューサー】

響「……あっ」

響「えっ、あっ、えっ!? う、えっと」

   pi!

響「は、はいもしもし!!」

P{今どこに居るんだ? 家にはいないのか?}

響(ほ、本物だ……双子のイタズラじゃないし、ピヨ子のおせっかいでもない……)

211 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 23:57:20.19 ID:4TjS8KFn0
吐き気がしてきた
早く救ってやってくれ

212 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/10(火) 23:58:26.14 ID:au1aO4v20
>>211
正直お前はウィンドウ閉じた方がいいと思う

214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:04:25.12 ID:cylP9LRY0
響「……」

P「……」

響「え、えっと、どうしたんだ? プロデューサー……いきなり……」

P「どうしたんだはこっちの台詞だよ、まったく。事務所に顔出さない、仕事もレッスンも出てない。
  しかもそんな顔になって、今度はなんだ? クマでも飼いだしたのか?」

響「それはプロデューサーが!!」

P「こら、あんまり動くな。顔が拭けないだろうが」

響「うっ、ご、ごめんなさい……でもでも! それもこれも全部プロデューサーのせいさー!!」

P「無視のことは悪かったとは思ってる。でも今回みたいな場合は相互不干渉を貫くって事前に言っておいただろ」

響「……どういうことだ? 自分なんにも聞いてないぞ!」

P「……ん? ……響、お前、週刊誌とか読まないのか?」

響「よ、読まないけど……それとこれとは関係ないだろ! 今話してるのは!!」

P「……あー、ちょっと待ってろ。かばんの中にコピーがあったはずだから」

響「……コピー?」

P「あったあった、これだ」

  【トップアイドル我那覇響、熱愛発覚!? お相手はプロデューサー……?】

219 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:07:46.79 ID:mY0j4woX0
!?!?!?

221 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:08:40.07 ID:o5mQibqE0
なるほど


222 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:09:41.69 ID:DR3RME5r0
度が過ぎるでござるよ

224 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:12:16.32 ID:cylP9LRY0
P「なるほどな……だからお前の方からは無駄に接触が多かったのか。
  こっちはいつまた週刊誌にスッパ抜かれるかってヒヤヒヤしてたんだぞ」

響「ななななな!! プロデューサー、これって!?」

P「週刊誌が面白おかしく書きなぐっただけの記事だけど、アイドルとしては致命傷になりかねないだろ。
  しかもそれが担当プロデューサーだなんて、事務所ごと干される可能性もあるからな」

響「だ、で、でも! 無視するなら事前に言ってほしかったぞ! 自分が、自分がこの数週間、どれだけ心を痛めたか!!」

P「『これから無視しますよ~』なんて話してるとこみられたら台無しだろ、常識的に考えて。
  というより、お前、前この対応策について話した時、笑いながら『なんくるないさー』って言ってたじゃん」

響「それは、それでも、自分、本当につらかったんだぞ!! 本当だぞ! 事務所にも行けないくらい辛かったんだからな」

P「……響」

響「なんだ!」

P「……お前、ちょっと臭うぞ。風呂ちゃんと入って寝たか?」

響「……」

P「……エンガチョ」

響「し、仕方ないじゃないか!! 昨日は、散歩の後入ろうと思ったけどもうそれどころじゃなくて!」

P「いいからとっととシャワーなりなんなり浴びてこい、仕事に行くぞ」

響「うぅー……臭くない! 自分臭くないからな!!」

225 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:19:39.05 ID:cylP9LRY0
―――

響「……なぁ、プロデューサー」

P「どうした臭……響」

響「酷いぞ!! 終わったことをいつまでも!!」

P「いや、でも……ねぇ?」

響「う、うがー!! 泣くぞ!? プロデューサーに襲われたって叫びながら泣いちゃうぞ!!」

P「いやそれはマジで勘弁してください。泣きたくなるのはこっちです……」

響「じゃあ訂正してくれ! 臭くなんかないって!」

P「いやそれは……ところで、何を言おうとしてたんだ?」

響「うぇっ? あー、えっと……なんで家の中や車の中では普通に話してくれるんだ? 危なくないのか?」

P「流石にそこまでの熱意を持った記者なんていないよ。こっちにとっては大問題でもあっちにとっては飯のタネの一つでしかないからな」

響「……ふーん、そうなのか……」

P「で、それがどうした?」

響「……じゃあ、家の中や車の中でならいっぱい話してもいいんだな!」

P「その代わり、事務所や現場ではしばらく疑似冷戦状態が続くけどな」

226 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:24:14.91 ID:0bWDrjAB0
響くんかくんか

228 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:26:33.50 ID:cylP9LRY0
響「だったら決まりだ! プロデューサー! これからはずっと車移動にしよう!
  それで、その、休みの日とかも、家で、その……いっぱい話して……」

P「えー」

響「いいじゃないか! さびしかったんだぞ自分!! プロデューサーに本当に嫌われたって思って!!
  プロデューサーはその埋め合わせをするべきだ!!」

P「……家の場所がばれたら大問題だぞ? 火に油を注ぐことになるからな」

響「その時は……そうだ! 記者会見を開こう!!」

P「記者会見、って……真レベルで発想が振り切ってるぞ、今日のお前……」

響「とにかく! これからたくさん埋め合わせをしてもらうからな!
  とりあえず明日が早速休みだから、皆と一緒に待ってるさー!」

P「……まぁ、知らなかった相手を無視して気分がいいわけでもないからな。
  それくらいの償いはするよ」

響「ふふふ、ほとぼりが冷めたらもっと償ってもらうからな!」

P「えっなにそれは……(困惑)」

響「とりあえず、買い物だな! それに海! 海にも行きたいぞ! あとは、えっとえっと!」

P「……それでまた記者からすっぱ抜かれたらどうするんだよ」

響「その時は……その時は、いっそのこと純愛発言でも、してみるか?」

229 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:30:25.08 ID:cylP9LRY0
P(今のは可愛かった……今のは可愛かったぞ……! しかし……)

P「こやつめハハハ」

響「うがー! 笑うなんて酷いぞ! これでも、は、恥ずかしかったんだからな!」

P「そうかそうか」

響「ぐぬぬ、馬鹿にしてるな!! もういい! プロデューサーなんて知らない!
  無視してやる! 自分の痛みを思い知れ!!」

P「そうかそうか」

響「ふーんだ」

P「……」

響「……プロデューサー」

P「……ん?」

響「……ふと思ったんだが、メールでやりとりしちゃいけなかったのか?」

P「メール……あっ……」

響「う、うがーーー!!! プロデューサーのバカー!!!」



おわれ

231 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:31:41.70 ID:JIhlRFjD0
してやられた感が拭えないが、乙

232 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:31:44.85 ID:WRzDhg0i0
おわるな

233 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:33:02.48 ID:A1zZ3+WM0


238 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:40:51.94 ID:riDJnVBi0
わろた

239 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:42:15.01 ID:o5mQibqE0
これだから独身なんだよ

240 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 00:46:48.70 ID:FMDhA/XC0
真のがみたい

245 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 01:25:18.29 ID:eAzkN+cD0
春香さんはまだですか

248 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 01:27:34.65 ID:yGMD2glVO
貴音「おはようございます」ガチャ

P(たまには貴音が動揺するところを見てみたいな……貴音にも試してみるか)

貴音「あなた様だけのようですね」

P「……」シーン

貴音「……」

P「……」

貴音「……」

P「……」

貴音「……」

P(いや、何か話せよ!話してくれよ!)

252 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 01:34:28.56 ID:yGMD2glVO
カチコチ

P(時計の音が虚しい……)

貴音「……」

P(もう昼か、腹減ったな)

貴音「……」スクッ

P「!」ビクッ

貴音「……」スタスタ

P(出ていった……貴音でもこの空気はダメか、俺が悪いんだけど)

P(俺も昼飯食いに行くかな)

貴音「……」ヌッ

P「うっわ!!」

253 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 01:39:06.52 ID:yGMD2glVO
貴音「お待たせいたしました」スッ

P(弁当とお茶……あぁ、買ってきてくれたのかな?)

P(ありがたいけど、ここはまだ我慢だ無視だ頑張れ俺)

P「……」スタスタ

貴音「……」ポツーン

貴音「……」

貴音「…………」

貴音「……ふむ」

254 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 01:41:27.49 ID:kv8M2Ud90
貴音には勝てないと思うの

256 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 01:45:11.98 ID:yGMD2glVO
すき家

P「おぉう、今頃貴音が一人で弁当食ってると思うと罪悪感が」

P「しかし口数少ないだけで、普段の貴音とそう大差ないんだよな」

P「いつもと違う表情が見たいのに」ブツブツ

P「それにしても牛丼は旨いな、響の前で食う豚丼も旨かった」

P「さぁ午後も頑張って貴音を無視するか」

257 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 01:50:05.18 ID:yGMD2glVO
P(ただいまーっと)シーハー

貴音「……」ペコリ

P(出迎えのつもりだろうか)

貴音「……」

P(二人分あった弁当が見事綺麗に消えている……いやまぁ音無さんが食べた可能性も)

貴音「……」

P(くっそ、無視を仕掛けてる俺の方が心乱されてる気がするぞ!)

貴音「……」

P「……」

貴音「……」

P(黙って澄ましてたら死ぬほど美人だな)

260 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 01:58:42.46 ID:yGMD2glVO
貴音「……」

P(恵まれた容姿に恵まれたスタイル、それでいて和も洋も似合う独特の雰囲気)

貴音「……」

P(アイドルより女優のが向いて……いやいや、将来はともかく今はアイドルに全力投球だ)

P(それがプロデューサーである俺の役目でもある)ウンウン

貴音「……」スッ

P(えっ?何?何で近づくの!?怒った?怖い!止めて!)

貴音「あなた様、口元に汚れが……」フキフキ

P(そ、そんなことかよ!言えよ!口で!)ドキドキ

貴音「……」

P(顔近いよ!)ドキドキ

262 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 02:05:02.79 ID:yGMD2glVO
貴音「……」ジッ

P(うおわぁ……)バクンバクン

貴音「……ふぅ」スタスタ

P(戻った……何の溜め息?)

貴音「……」

P(そしてまた沈黙か……そろそろ俺も辛くなってきたな)

響「はいさーい!皆のアイドル我那覇響ちゃんだぞー!」ガチャ

P(おっ!いいところに!)

264 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 02:17:44.49 ID:yGMD2glVO
響「ん?プロデューサーと貴音だけか?」

P「そうだよ」

貴音「……」

響「そっかー」

P「……」

貴音「……」

響「何だこの空気は、ふ、二人とも喧嘩でもしたのか?」

P「いいや」

響「じゃあ何だよー暗いなぁもー。ま、まさか自分が何か悪いことしたか?」

P「いや別に、響は何も悪くないから気にしないでいいぞ」アタマポンポン

響「うぅ~この空気やだ」

貴音「響」

響「んっ?」

P(おっ?)

貴音「良ければ昼食に付き合い願いたいのですが」

266 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 02:22:41.13 ID:yGMD2glVO
P(さっき食ったじゃん!)

響「いいぞーまだ食べてないし、プロデューサーも行くか?」

P「俺はいいよ、もう食べたし」

響「つれないなー、アイドルのお誘いだぞ!両手に華だぞ」

P「華より団子派なんでな」

響「じゃあやっぱり食べに行くさー」グイグイ

P「あーもう」

貴音「響、行きますよ」

響「ほーい、変態プロデューサー、お土産買ってきてあげないからな」

P「いらねーやい」

P「……」

P「……一人になってしまった」ポツーン

268 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 02:30:50.72 ID:yGMD2glVO
P「……」

P「…………」

P「………………」

P「………………仕事しよう、うん」

P「新しい営業戦略でも考えるか」ガサゴソ

P「律子とももっと打ち合わせしないとな」

P「うーん真はいっそ王子様どころか俺様王様キャラで売るか……」ブツブツ

P「貴音も本当に女優業に本腰入れてみるか」ブツブツ

P「まーた春香にスポーツイベントオファーか、毎回毎回こけないっての、多分」ブツブツ

貴音「……」コソコソ

270 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 02:37:28.56 ID:d7ic+AQd0
貴音
あずさ
美希が好きな俺はおっぱいが好きなんだろうなー

272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 02:38:37.42 ID:yGMD2glVO
二時間後

P「おっ、仕事してると早いなぁ」

P「んー!ちょっとだけ休憩するかな」ノビー

P「熱いお茶がほしい」コキコキ

小鳥「失礼しまーす、お茶でもどうぞ」ガチャ

P「あれ、凄い良いタイミングですね、丁度欲しかったところでした」

小鳥「あらら」

P「ありがとうございます、いただきます」ズズー

P「美味い!」テッテレー

小鳥「貴音ちゃんの言った通りですねぇ」

P「はい?」

小鳥「そろそろ休憩する頃だろうから、お茶持っていってくれって頼まれたんですよ」

273 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 02:43:37.71 ID:yGMD2glVO
P「……」

小鳥「お茶だって貴音ちゃんが自分で淹れたんですよ」

P「……」

小鳥「自分で持って行かないの?って訊いたら、邪魔しては駄目だからって」

P「……」

小鳥「私なら邪魔にならないんですかね……って聞いてます?」

P「え、あ、はい、どうも」

小鳥「まぁそんな訳なんで、お礼なら貴音ちゃんに言ってあげてくださいね」

P「……はい」

小鳥「あと響ちゃんが『変態プロデューサーにはハーゲンダッツあげないからな』だそうです」

P「後で泣かします」

276 >>270大事なのは大きさではない、誰の胸かだ :2012/04/11(水) 02:54:14.86 ID:yGMD2glVO


P「……」

貴音「……」

P(結局一日中無視してしまった……どっちかと言えば会話が無いだけなんだが)

亜美「ヘイヘイ!そこの二人暗いぜ!」

響「お昼からずっとだぞ」

真美「日本の未来より暗いぜ!」

P「そりゃ相当ヤバいな、真っ暗闇にならない内に帰った帰った」

春香「お疲れ様でしたー!」

真美「でしたー!」

亜美「元気な兄ちゃんを見るのがこの時までとはまだ誰も知らなかった……」

P「ひいぃ……アホか、気をつけてなー」

貴音「……」

277 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 02:59:51.56 ID:yGMD2glVO
響「あれ、貴音は帰らないのか?」

貴音「えぇ、少々用事が」

響「ふーん、変態プロデューサーに注意するんだぞ」

P「誰が変態だ誰が」

響「レッスン中に変なとこ触るし……」

P「ぶほぉっ!?」

響「ばーかばーか、じゃあねー」ケラケラ

P(あいつは明日おしりペンペンだな)

P(さてと)

貴音「……」

P(どうしたもんか)

279 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:02:20.20 ID:4SNwTGOH0
お姫ちんを幸せにしたい

281 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:07:15.43 ID:yGMD2glVO
カチコチ

貴音「……」

P「……」

チクタク

貴音「……」

P「……」

貴音「……」

P(帰るに帰れない……)

貴音「……」

P(普通に考えたらお茶のお礼を言うべきだよな)

貴音「……」

P(ぐおぉ、この空気……無視しようとかすんじゃなかった)

P(俺が動揺してるじゃないか!)

P(もういいや、さっさとお礼言って)

貴音「……」スタッ

282 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:10:57.28 ID:yGMD2glVO
貴音「お疲れ様でした」スタスタ

P「……」ポカン

P「……」

P「え、あれ?おいおいおい」

P「帰っちゃった……?」

P「いや待て待て待て」ガタガタ

P「追いかけなきゃ!」

283 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:12:34.86 ID:mwzD1Idt0
ふむ

284 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:15:49.12 ID:yGMD2glVO


P「あぁもう!なぜこんなことに!」ドタドタ

P「貴音はどこだ?そう遠くには……」キョロキョロ

貴音「……」スタスタ

P「いた!おーい!貴……いや人が集まっちゃまずい」

貴音「……」スタスタ

P「なんだあの早歩き」

貴音「……」スタスタ

P「どこに向かってるんだ……?公園?」

285 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:21:45.32 ID:yGMD2glVO
公園

貴音「……」

P(どう見ても歩いてるのになぜ早い……やっと追いついた)ハァハァ

貴音「……」クルッ

P「わっ」ビクッ

貴音「……」

P「……」ハァハァ

貴音「……」

P(夜桜に月明かりに貴音……絵になりすぎだろ)ハァハァ

貴音「あなた様はいけずです」

P「へ?」

287 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:22:55.25 ID:CTEGL6UH0
いけずキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

289 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:27:22.69 ID:yGMD2glVO
貴音「あの様な仕打ちを何故……」

P(解ってたのか?)

貴音「私にとってあなた様に掛けてもらう言葉が、あなた様とする他愛もない会話がどれほど大切か知っていながら」

P「……」

貴音「私に落ち度があったのなら謝ります、ですが……理由も解らずにこんなのは……辛い……」

P「……」

P「すまん!!」

P「貴音が動揺する姿が見たくてつい、こんな子ども染みた真似を……本当にすまん!!」

貴音「……」

P(そりゃ怒るよなぁ)

貴音「……ぷっ」

291 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:31:26.58 ID:LdEiw8QJ0
いいねぇ

292 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:32:30.59 ID:yGMD2glVO
貴音「ぷっ……くすくす」

P「ん?」

貴音「申し訳ありません、私もいけずでした」

貴音「慌てるあなた様が子犬の様に可愛くて、つい」

P「……?」

貴音「私は怒ってなどいません」

P「そ、そうなのか?」

貴音「えぇ、ですが少々仕返しはさせていただきました、これでお相子です」

P「……」ポカーン

貴音「事務所を飛び出して私を追いかけるあなた様……なかなか見物でした」クスクス

P「……泣いていい?」

貴音「いけません」

295 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:41:25.57 ID:yGMD2glVO
P「結局貴音の手のひらで踊ってたというわけか」ガックシ

貴音「そうでもありませんよ」

P「?」

貴音「あなた様が以前言っていたではありませんか」

貴音「結婚するならたとえ会話が無くとも解り合える関係が理想だと」

P「言ったっけ?」

貴音「ですからその……私は、言葉が無くとも、あなた様の意思を察しようと」

P(あぁだから貴音も黙ってたのか……)

貴音「でも駄目ですね。私はまだまだ、その境地には至っておりませんでした」

P「いやいや恐ろしいくらい読んでたよ、心が読めるのかってくらい」

貴音「いつも見ていますから」クスクス

P(はい負け、負けました!)

300 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:49:01.65 ID:yGMD2glVO
P「まぁその、何にせよ、ごめんな」

貴音「はい、こちらこそ」

グゥ~

P「緊張解けたらお腹空いたな……お詫びにラーメン奢るよ」

貴音「では遠慮無く」

P「……少しだけ遠慮してもらいたい」

貴音「あなた様」

P「はい」

貴音「あなた様は花より団子と仰いましたが、私は花も団子も、です」

P「?」

貴音「いつの日にか本当に……あなた様と静かな時を過ごせる事を願っております」ニッコリ

おわる

301 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:49:42.24 ID:JIhlRFjD0
素敵でした

304 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:51:11.49 ID:Ns1eeYCm0
乙 
いい感じ

306 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:54:08.98 ID:yGMD2glVO
会話が少なくとも良い意味で通じ合える、穏やかで落ち着く雰囲気っていいよね
長年連れ添って老成した夫婦が理想というか、そんな感じのことをPは言いたかったんだと思う
ではおやすみなさい

あずささん編か雪歩ハードが始まったら起こしてください

307 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 03:54:21.98 ID:kux2nhAv0
お姫ちんが最強すぎる


308 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 04:08:55.21 ID:AqOl7KYT0
このシリーズ、たまんなくいいな

325 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 05:43:00.17 ID:9e0xYCHpO
やよいはやめろよ!絶対だぞ!

329 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 06:27:41.09 ID:i2udk7FTO
何故朝から心が抉られるスレを開いてしまったのか

330 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 06:29:42.64 ID:BcC5/Wpz0
どれも綺麗な状態で纏まって終わってるから見てても読めるんだけど
やよいの無視されて泣く姿だけはマジでみたら死ねる

340 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 08:56:22.62 ID:Nivs4m42O
心が苦しいのに見たい不思議

343 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 09:33:25.99 ID:48smNF+p0
千早!千早!

353 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 10:13:46.05 ID:o5mQibqE0
千早「今日はCD発売イベントとして握手会をやるんでしたね」

P「…………」

千早「あの、何で無視するんですか? 仕事に支障が出たらどうするんです」

P「…………」

千早「いくらプロデューサーでも怒りますよ」

P「…………」

千早「はぁ……」

千早(プロデューサーは理由もなくこんな事をする人じゃない。それはよく分かってる)

千早(何かあったのかしら?)

357 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 10:21:35.79 ID:o5mQibqE0
――CDショップ

千早「あの、現場でもそんな態度でいるつもりですか?」

P「…………」

千早「何かあったんですか、プロデューサー」

P「…………」

千早「まあ、なんでも、いいですけれど」

千早(一瞬だけど、顔がこわばった気がような)

359 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 10:30:53.52 ID:o5mQibqE0
数時間後――

千早(お客さんいっぱい来てくれたわ……嬉しい)

千早(それにトラブルがなくてよかった。プロデューサーがこんな状態でトラブルなんて起きたら、対処する自信がない)

千早(まだまだ未熟ね、私)


店長「お疲れ様でした!」

千早「お疲れ様でした」

P「本日はこのような催し物を開いていただき、本当にありがとうございました」

店長「いえいえ、如月さん目当てでお客様も大勢来てくれまして……こちらこそ感謝しております」

P「ははは……それでは、失礼いたします」

店長「えぇ。またご縁があれば」

360 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 10:36:21.67 ID:o5mQibqE0
千早「プロデューサー、今日はお客さんがいっぱい来てくれましたね」

P「…………」

千早「昔の私だったら、あんなに大勢の相手をしてたら……きっとてんてこまいになってますね」

P「…………」

千早「まぁ、今の私でも……何かトラブルが起きたら対処できるか分からないです」

千早「春香や美希だったら大丈夫でしょうけどね」

千早「私は今までそういう事、全てプロデューサーに任せっきりでしたから」

P「…………」

361 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 10:43:45.39 ID:o5mQibqE0
千早「反応がない相手に話をしていると、何だか虚しくなってきますね」

千早「まるで壁にでも話しかけてるみたい」

P「…………」

千早「この先もずーっとそんな風にするつもりですか?」

P「…………」

千早「はぁ、こういう時はどうすればいいのかしら……」

363 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 10:49:50.42 ID:o5mQibqE0
――事務所

P「ただいま帰りましたー」

小鳥「プロデューサーさんに千早ちゃん、お疲れ様です。どうでした、今日は?」

P「バッチリですよ、えぇ」

小鳥「最近の千早ちゃんはすごいですからねー」

P「全くですね、はい」

千早(あ、褒めてくれた)

千早(……って何を考えてるのよ。ただ音無さんの言ったことに同意しただけだわ)

小鳥「千早ちゃん、どうかしたの?」

千早「えっ?」

小鳥「何だか上の空って感じだったから……」

千早「い、いえっ……なんでもありませんよ」

小鳥「そう? ならいいのだけれど」

364 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 11:00:23.05 ID:o5mQibqE0
春香「おかえり、千早ちゃん」

千早「ただいま、春香」

春香「千早ちゃん。今日一緒に帰ろ?」

千早「いいわよ。支度してくるから、ちょっと待ってて」

春香「分かったよー」

365 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 11:02:07.19 ID:o5mQibqE0
――帰り道

春香「今日は握手会だったよね。どうだった?」

千早「無事に終える事ができたわ。お客さんもたくさん来てくれたし」

春香「そっかぁ、さすが千早ちゃんだね」

千早「そんなことないわよ。なにかトラブルが起きないんじゃないかって、不安で一杯だった」

春香「そんな時のプロデューサーさんだよっ」

千早「…………」

春香「千早ちゃん?」

千早「春香、私……プロデューサーに何かしちゃったのかしら」

春香「え?」

366 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 11:07:08.17 ID:o5mQibqE0
千早「プロデューサー、今朝から口を聞いてくれないの」

春香「えぇっ!?」

千早「私が何を言っても無言。事務所はおろか仕事場でまで……」

千早「今日、トラブルが起きなくて本当によかった」

春香「はぁ……。プロデューサーさん、そんなやり方じゃダメですよ」

千早「はる、か……?」

367 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 11:12:27.78 ID:o5mQibqE0
千早「何か知ってるの? 教えて!」

春香「落ち着いて千早ちゃん。肩、いたいよ」

千早「ご、ごめんなさい」

春香「プロデューサーさんからは口止めされてるんだけど……言った方がいいよね、うん」

千早「口止め……?」

春香「うん。千早ちゃん以外のみんなは知ってる」

千早「私以外って……」

春香「その理由も含めて話すよ」

369 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 11:18:06.72 ID:o5mQibqE0
春香「プロデューサーさん、ハリウッドに留学に行くんだ」

千早「ハリウッド?」

春香「うん。少し前に招待状が来たらしくて……」

千早「一体いつ行くの?」

春香「来月。留学は一年ぐらいするみたい」

千早「そ、そんなに!? でも、何で私にだけ言ってくれなかったの……」

春香「言えなかった。千早ちゃんが苦しむと思ったからって言ってたよ」

千早「何それ……私は今日すごく苦しかったっていうのに」

370 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 11:22:54.13 ID:o5mQibqE0
春香「本当ならプロデューサーさんがハリウッドに行ってから話す予定だったんだけどね」

春香「無視するなんて思わなかった。一体何を考えてるんだろ、プロデューサーさん……」

千早「私、プロデューサーの家に行ってくるわ。何で無視をしたのか、問い詰めてくる」

春香「うん……頑張って!」

千早「えぇ。話してくれてありがとう、春香」

371 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 11:26:31.19 ID:o5mQibqE0
――プロデューサー自宅

千早(ここがプロデューサーの家ね)

ぴんぽーん

P「はーい! どちら様ですか?」

千早「あの、私です。千早です!」

P「…………」

千早「扉、開けてくれませんか?」

P「…………」

千早「留学するっていうこと、聞きました」

P「……っ!」

がちゃ

千早「お邪魔します」

373 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 11:35:08.03 ID:o5mQibqE0
千早「留学の件について私にだけ話さなかった理由は、私が苦しむと思ったから……そう聞きました」

千早「それ、嘘ですよね?」

P「嘘じゃない」

千早「嘘です!」

P「……なぜそう思うんだ」

千早「あなたは私が苦しむのが嫌だから……ではなく、自分が苦しむのが嫌だったんでしょう」

千早「一年も留学するなんて言われたら、それはもちろん苦しいし、悲しいですよ」

千早「でも何も告げられず、いつの間にか消えてたら……そっちの方が苦しいに決まってるじゃないですか!」

千早「あなたは苦しむ私を、自分が見たくなかっただけじゃないんですか……?」

374 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 11:43:10.87 ID:o5mQibqE0
P「参ったな。何もかもお見通しってわけか」

P「全部千早の言う通りさ。表面上では千早のためだと言ってるが……本当は全部自分のためだ」

P「千早の悲しむ姿を見て、留学への決意が鈍ることを恐れたんだ」

千早「今日、無視した理由は?」

P「千早は俺に依存してる。変な意味じゃなくて、仕事面での話な」

P「昔と比べるとかなり成長はしているが……とっさのトラブルなどにはまだまだ弱い」

千早「そうですね……それは自覚しています」

P「だから後一ヶ月で何とかできないかと思い、極力関わらないようにしようと決めた」

376 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 11:48:10.36 ID:o5mQibqE0
17
千早「もう少しマシなやり方があったと思うんですけど……」

P「そう、かもな」

千早「かもな、じゃないでしょう! あんなやり方じゃ仕事に支障が出てもおかしくなかった。反省してください」

P「……ごめん、俺が悪かった」

千早「まったく……無視するにしても、現場までついていく理由が分かりません」

P「千早一人じゃ心配で……あ、これじゃダメか」

千早「そうですよ。そうやってあなたが甘やかすから……」

千早「甘やかすから、あなたに依存してしまうんです」

377 一行目の17はミス :2012/04/11(水) 11:53:26.35 ID:o5mQibqE0
千早「プロデューサーはさっき仕事面で依存してるって言いましたけど……」

千早「私はそれ以外の面でも、あなたに依存しちゃってるんですよ」

P「それ以外って?」

千早「だ、だから、その……プライベート的な意味でっていうか、なんていうか」

P「千早、顔真っ赤」

千早「言わないでください! 恥ずかしいんですから……」

千早「と、とにかく! 一年もあなたが居ないだなんて耐えられませんっ!」

P「千早……」

千早「だから、留学に行くまでの間……ずっと、私の傍に居てください」

379 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 11:55:03.54 ID:cylP9LRY0
72の間違いです

380 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 11:59:11.92 ID:o5mQibqE0
一ヶ月後、空港――

P「見送りが千早一人だけっていうのは、嬉しいような、悲しいような……」

千早「みんなったら変に気を使っちゃって……まったく」

P「それじゃ、行ってくるよ」

千早「プロデューサー。私、やっぱり一年も耐えられそうにないです」

P「えぇっ! 一ヶ月ずっと一緒に居たじゃないか」

千早「むしろそのせいかもしれません。傍に居るのが当たり前だったというか……」

P「とは言ってもだな……」

千早「だから……」

P「だから?」

千早「私もハリウッドに留学することにしました!」




                                        おわり

381 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 12:05:35.36 ID:nplqHvtD0

ちーたん可愛い

383 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 :2012/04/11(水) 12:08:39.34 ID:x5r+YL820



384 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 12:11:52.63 ID:gut7yl0LO


385 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 :2012/04/11(水) 12:19:31.32 ID:x5r+YL820
残りって誰?

387 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 12:23:12.90 ID:o5mQibqE0
やよい 雪歩 真 律子 あずささん 亜美真美

あたりじゃないかな

388 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 12:24:06.27 ID:AqOl7KYT0
りっちゃん、だれかりっちゃんをお願いします!!

393 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 13:17:55.67 ID:cylP9LRY0
BADENDでもいいのよ

394 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 13:26:23.36 ID:6Btizlwd0
むしろ俺としてはそっちの方が…ジュルリ

398 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 14:22:34.43 ID:FWbjf2Iy0
真「プロデューサー、今日の仕事は何ですか?」

P「……」

真「…仕事、ないんですか?」

P「………」

真「予定表はっと…あるじゃないですか!もう、からかいました?」

P「………」

真「…行かないんですか?」

P「………」

小鳥「プロデューサーさん、真ちゃんの仕事の時間ですよ!」

P「ああ!ありがとうございます、音無さん」

真「」

400 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 14:33:44.43 ID:FWbjf2Iy0
テレビ局 楽屋

真「プロデューサー」

P「………」

真「プロデューサー!」

P「………」

真「ぷ・ろ・でゅー・さあー!」

P「………」

真「うう…」

P「………」

真「…ボク、何か怒らせちゃいました?」

P「………」

真「うう…」

401 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 14:38:56.85 ID:FWbjf2Iy0
収録後

D「まっこちゃーん、今日元気なかったねぇ?次は頼むよ?」

真「す、すいません!…プロデューサーもすいませんでした」

P「………」

真「次の仕事はサイン会ですよね!挽回してみせますから!」

P「………」

真「が、頑張っちゃうなりよっ!きゃぴっ!」

P「………」

真「………」

P「………」

真「…ごめんなさい」

403 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 14:46:24.68 ID:FWbjf2Iy0
サイン会
真「ありがとうございまーす!ありがとうございまーす!」


真「ふう…腕、疲れちゃったよ…机の上に冷たい濡れたタオル…っ!!」

P「………」

真「プロデューサー、ありがとうございます!やっぱりボクの事嫌いになったんじゃなかったんですね!」

P「………」

真「仕事だから…とでも言いたそうな顔…しないでくださいよ」

P「………」

真「………」

404 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 14:51:24.09 ID:FWbjf2Iy0
事務所

小鳥「おかえりなさい」

P「ただいま戻りました」

雪歩「真ちゃん、おかえりっ」

真「雪歩!」

P「雪歩、ちょっといいか?」

真(え?)

雪歩「はいっ。ごめんね、真ちゃん」

真「あ、ううん…」

P「………」

真「………」

雪歩(何だろう、この不穏な空気…)

406 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 14:56:02.02 ID:FWbjf2Iy0
事務所前

真(プロデューサー、遅いなあ…待ってるんだけど…)

一時間後
真(遅すぎる…寒い…)

真(寂しいよ…)

真(何で…こんな事に…)

真(うわ、やばい、涙が…)

真(泣くなって!ボクは強くて可愛い女の子になるって約束したんだから!)

真「………」

真「ぷろでゅーさぁ…」

407 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 15:02:56.08 ID:FWbjf2Iy0
真「ひっく…」

P「………」

真「ぅあ、プロデューサー!遅いですよバカー!」

P「………」

真「や、やだ!やだよ、プロデューサー!シカトしないでくださいっ!」

P「………」

真「やだって!ねえ、ボク何かしちゃいましたか!?だったら教えて下さい!ねえ!」

P「………」

真「ひぐっ…もう、つらいです…プロデューサー…ねえってば……」

P「………」

408 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 15:08:47.83 ID:FWbjf2Iy0
P「真」

真「…ぅえ?」

P「ほら、ハンカチ。涙拭けって」

真「………ぅうあああああん!!ぶろでゅーざぁー!!」

P「はは、すごい顔だな…拭いてやろうか?」

真「ひっぐ…うん……んぅんーっ」

P「ごめんな、真」

真「な、ひっく。何で、シ、シ、シカトなんかしたんでずが?」

P「メンタルを鍛えるためだ」

真「めんたる?」

410 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 15:12:12.29 ID:WhuwgXAcO
みんなかわいいなぁ

412 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 15:17:25.90 ID:FWbjf2Iy0
P「真は売れた。これからはドッキリのような番組にも出るかもしれない
真は強可愛い女の子になるんだろ?へなちょこだとは思われたくないだろ?」

真「…まさかその為に?」

P「ああ!日常の中に潜む特訓だごぶっ!?な、何故蹴る…」

真「バカですか!そんな特訓くそくらえですよっ!」

P「ア、アイドルがくそくらえとか言ったら駄目だ!」

真「今更プロデューサー面しないでくださいよ!」

P「わ、悪かった!そんなに泣くレベルだとは思わなくて…」

真「な、ななな泣いてなんかいません!目にゴミが入っただけです!」

P「ああ…ほら」

真「っ!?」

414 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 15:24:26.89 ID:FWbjf2Iy0
真(だだだ抱きしめられてる!?)

P「ごめんな、真」

真「っ」

P「これからはさ…」

真(こ、これからは…?ってあれ、もしかしてこれ…こここ告白ぅ!?)

P「また別の特訓考えるからさ」

真「………は?」

P「いや、別のとっぐぶっ!?だ、だから何故蹴る…」

真「もう、プロデューサーのバカ!」


小鳥(今日も平和ねえ…)


おわり

415 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 15:27:31.93 ID:AqOl7KYT0

真可愛いな真

416 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 15:28:02.92 ID:RbS5JVyO0
うーん…

417 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 15:31:00.83 ID:Q/A9ooaOO
やよいはよ

418 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 15:37:00.31 ID:6Btizlwd0
やよい「うっうー!おはよーございまーす!」

小鳥「おはよう、やよいちゃん」

やよい「小鳥さんっ!おはよーございます!」

P「…」

やよい「プロデューサー!おはよーございます!!」

P「…」

やよい「プロデューサー…?」

P「…」

小鳥「や、やよいちゃん!今日はレッスンみたいよっ」アセッ

423 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 15:46:19.97 ID:6Btizlwd0
>>421
ありがと

やよい「は、はい…」

やよい「(プロデューサーどうしたんだろう?)

ガラッ

春香「おはよーございますっ!」

やよい「春香さん!おはよーです!!」

小鳥「おはよう春香ちゃん」

春香「やよいおはよっ。小鳥さんもおはようございます!」

春香「プロデューサーさんもおはようございます!」

P「ああ、おはよう春香」

やよい「!?」

424 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 15:52:12.71 ID:nGaSB88a0
なんで765プロって、こんなにもいじめがいのある女の子たちばっかなんだろう!!

427 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 15:54:50.77 ID:6Btizlwd0
春香「はいっ。あ、そうだ。今日のミニライブなんですけど…」

やよい「(春香さんはそのままプロデューサーと今日の話をし始めた)」

やよい「もしかして聞こえてなかっただけなのかな…」

小鳥「やよいちゃん?時間大丈夫なのっ?」

やよい「えっ?…はわっ、もうこんな時間!」

やよい「レッスンいってきまーす!!」

小鳥「…」



真「

434 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 16:11:54.37 ID:6Btizlwd0
すまんなんか真入った

―――夜―――

やよい「ただいまですー!」

小鳥「お帰りなさいやよいちゃん」

真「お帰りやよい…ってすごい荷物だね」

雪歩「お帰りやよいちゃん。お茶飲む?」

やよい「うっうー!いただきますっ」

雪歩「うん、ちょっと待っててね」パタパタ

真「で、その荷物は?」

やよい「帰りにバーゲンやってたんで寄ってきました!」

真「まあ、だろうとは思ったけど…」

真「でも、そこまで荷物多いなら電話でプロデューサー呼べばよかったのに」

小鳥「…」

437 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 16:21:04.06 ID:6Btizlwd0
やよい「…」

真「やよい?」

やよい「う、うっうー!そうですね!呼べばよかったかもですっ」

真「あはは、やよいも抜けてるなぁ」

雪歩「やよいちゃんお待たせ」コトッ

やよい「雪歩さんありがとうございます!」

雪歩「えへへ、気にしないで」

P・春香「「ただいま帰りましたー」」



438 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 16:21:50.38 ID:6Btizlwd0
小鳥さん「お帰りなさい春香ちゃん。プロデューサーさんもお疲れ様です」

P「はい、ありがとうございます」

真「プロデューサーお疲れ様ですっ!」

P「お、真もいるのか。ただいま」

春香「真、私は?」

雪歩「お帰りなさいですぅ」

P「なんだ雪歩もいるのか。ただいま」

春香「雪歩…?」

やよい「プロデューサー!お疲れ様ですっ」

P「…」

439 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 16:29:06.38 ID:6Btizlwd0
やよい「ぷろでゅーさー?」ウルッ

P「お、音無さん!明日の皆の予定なんですけど!」

小鳥「は、はいっ!」

P「とりあえず、真を…」

やよい「(わたし、無視されてるのかな…)」



440 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 16:33:08.60 ID:6Btizlwd0
真「プロデューサーどうしたんだろうね?」

雪歩「小鳥さんもなんか変だね」

やよい「…」

春香「あれー?二人とも聞こえてる?」

真「?やよいまでどうしたの?」

やよい「い、いえっ。なんでもないですよー!」

やよい「(ま、まだ勘違いかも…)」

真「??まあ、それならいいけど…」

441 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 16:34:33.92 ID:Q/A9ooaOO
やよいはかわいいなぁ…

442 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 16:37:18.82 ID:6Btizlwd0
―――別室―――

小鳥「プロデューサーさん!頑張らないとだめですよっ」

P「ず、ずびばぜんっ!」

小鳥「あともうちょっとですから、頑張ってください!」



444 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 16:43:39.44 ID:6Btizlwd0
真「雪歩、そろそろ帰ろうか」

雪歩「うんっ、そろそろ門限だし」

やよい「うっうー!お疲れ様です真さん、雪歩さん!」

真・雪歩「「おつかれさま(です)ー!」」

春香「…あれー?」

445 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 16:48:19.97 ID:6Btizlwd0
P「あり、二人は帰ったのか?」

春香「プロデューサーさんっ。ちょっと聞いてくださいよ!」

P「うおっ、どうした?」

春香「真と雪歩が…」

やよい「(あ、そろそろ帰って長介たちのご飯作らないと)」

やよい「すみません、そろそろ帰りますー!」

春香「あ、お疲れ様やよい!」

P「…」

446 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 16:52:25.35 ID:6Btizlwd0
やよい「(やっぱり…)」

やよい「うっうー、さよならですー!」

ガチャ、バタン

春香「プロデューサーさん…?」

P「いや、なんでもない」

――――――――――――――――

やよい「ど、してですかぁ…?ぷろでゅうさあ…」グスッ、ヒクッ



447 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 16:53:20.44 ID:6Btizlwd0
だめだ…
そろそろ吐く

448 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 16:53:26.88 ID:deslNy2z0
やよい…

451 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:00:36.26 ID:6Btizlwd0
―――次の日―――

やよい「(今日も、なのかなぁ…)」

やよい「(…よしっ)」スゥーハァー

やよい「おはようごz…P「やよいぃぃぃぃぃぃぃぃ!」ダキツキ

やよい「わぁっ!?ぷ、プロデューサー!?」

P「ごめんよー、やよい!!!!」ギュー

やよい「ふえええぇぇぇぇぇぇぇ!?」

小鳥「プロデューサーさん!落ち着いてください!!」

P「やよいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!」


社長「キ、キミっ?何をしておるんだね!?」

P「やよいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!」





452 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:01:50.18 ID:mY0j4woX0
流石にこれは通報だな

454 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:04:25.26 ID:Q/A9ooaOO
責任取らなきゃな

455 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:06:51.75 ID:6Btizlwd0
―――30分後―――

やよい「え、えーっと…。それでどういうことなんでしょう?」

P「それはな…。や、やよいいいいいいいいいいい!」

小鳥「もうプロデューサーさんは引っ込んでてください!」

小鳥「実はね、プロデューサーさん」

小鳥「来月から渡米することになったの」

やよい「……………へ?」

やよい「え、えっーーーーーーーーーーーーーーーーー!?」



456 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:09:02.32 ID:mY0j4woX0
アメリカまで渡米(とべい)!

なんちって

457 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:10:22.08 ID:6Btizlwd0
すまん、バイトあるから一気に終わらせる

―――10分後―――

小鳥「やよいちゃん、落ち着いた?」

やよい「は、はい…」

小鳥「まあ、びっくりするわよね。一応皆には出発直前に教えるつもりだったんだけど」

小鳥「さすがにこうなると…ねぇ?」

P「うぅっ…やよいぃぃぃぃ」

小鳥「いつまでぐずってるんですかプロデューサーさん!」

P「だってぇ…」

小鳥「はあ…、話続けるわね」

458 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:10:26.70 ID:o5mQibqE0
【審議中】
          ⌒Y⌒       (,/
         , ' ⌒´ヽ  '´⌒ `'8'⌒>
     ヽ)  i ィj」ノハ」!〈リツ´`iミi`,。、_,。、
   <⌒8'´,,⌒ヽリ(゚)ーノ!人"ー"l)<ッ'´⌒!jヾゝ
    レ'´iミイ ヾ)リ)「)ー')ノ ⊂人つ〈'jハハハィ'リ)
     ノi(l*゚ー゚ノ( ' __,ゝ  (⌒ヽ) リ´-`;(,ソ
     ´`'⊂ノ,.'´'´`´ヽ  '´`⌒' ,.⊂rォiつ
       (/ !    l|| (ハ_    i 〈iんンf
       しヽ!i_l_i_j儿 i、l)    l しヽ)
          /_《つ⊂リ    ハ
          j__」  ィ(i__,__.__,)
           し'ノ    '、j、j'


460 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:15:52.61 ID:6Btizlwd0
小鳥「で、なんでやよいちゃんを無視してたかって言うと…」

小鳥「この人やよいちゃんのこと大好きなのよ」

やよい・P「「!?」」

P「ちょ、音無さん!なんで言うんですか!?」

やよい「ぷろでゅーさーが…だいすき?」

やよい「………えっ?えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」

小鳥「黙って聞きなさい!!」

やよい・P「「ひゃ、ひゃい!!」」

小鳥「続けるわよ」

461 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:21:33.16 ID:6Btizlwd0
小鳥「で、私がこのままじゃマズイと思って」

小鳥「できるだけやよいちゃんとの接触を避けるよう言ったの」

小鳥「まあ、無視しろなんて一言も言ってないんだけどね」

小鳥「しかも三日ももってないし」

やよい「そういう…ことだったんですかぁ」ヘナヘナ

P「ちょ、やよい!?」

やよい「安心したら、力が…」

P「ご、ごめんな!やよい…」

やよい「い、いいんですよ!プロデューサーに嫌われてないってわかっただけでわたし…」

462 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:22:34.38 ID:Ipa6RLLf0
かわいい

463 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:25:48.58 ID:6Btizlwd0
P「やよい…っ」グスッ

やよい「あ、でも一つだけお願いしたいことがあるかも」

P「な、なんだ!?なんでもいいぞっ!!」

やよい「えへへ~、目をつぶってください!」

P「そんなのでいいのか…?」

やよい「いいから早くっ」

P[お、おう」メヲツブル

やよい「泣かせた責任とってくださいね?」チュ




おわり

464 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:26:33.66 ID:6Btizlwd0
すまん
投げやりになった
やよいのまた誰か書いてくれ

465 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:26:55.48 ID:mY0j4woX0
ホアーーー
乙!

後は誰かな?

466 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:33:38.90 ID:Q/A9ooaOO
やよいはかわいいなあ

467 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:35:13.17 ID:deslNy2z0
やっぱやよいはええわ

468 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 17:36:28.15 ID:+uZ6Cz5E0


478 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 18:37:33.63 ID:Cxij2hzB0
よし、次は雪歩を頼んだぞ

479 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 18:39:03.81 ID:o5mQibqE0
雪歩「あ、プロデューサー。お仕事お疲れ様ですぅ。お茶をどうぞ」

P「…………」

雪歩「プロデューサー?」

P「…………」

雪歩「あ、待ってくださいよぉプロデューサー」

P「…………」

雪歩「プロデュ……行っちゃった」

雪歩(うぅ、せっかくお茶淹れたのに……何か嫌な事でもあったのかな)


481 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 18:44:25.72 ID:Ef/BNm+h0
ついにきたか

483 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 18:45:34.52 ID:o5mQibqE0
小鳥「あら。雪歩ちゃん、お茶淹れてくれたの?」

雪歩「あ、これはプロデューサーに……」

小鳥「そうだったの。ごめんね」

雪歩「いえ……小鳥さん、よろしければどうぞ」

小鳥「えっ? でもプロデューサーさんのために淹れたんじゃ?」

雪歩「プロデューサー、何だかちょっと機嫌悪いみたいで……飲んでくれませんでした」

小鳥「プロデューサーさんが……? 珍しいこともあるのね」

小鳥「とりあえずおせんべい持ってくるわね。お茶と一緒に食べましょ」

雪歩「あ、ありがとうございますぅ」

484 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 18:50:57.37 ID:o5mQibqE0
次の日――

雪歩「お、おはようございます!」

春香「あ、おはよー雪歩」

雪歩「おはよう春香ちゃん。あ、プロデューサー……お、おはようございますっ」

P「…………」

春香「プロデューサーさん、雪歩があいさつしてますよ。もしもーし、聞こえてますかー?」

P「いやぁ、最近耳が遠くなってね。すまんすまん」

春香「もう、しっかりしてくださいよぉ」

雪歩(また無視されちゃった。春香ちゃんとは話してるのに)

雪歩(もしかして、私だけ無視してるのかな……?)


486 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:00:34.39 ID:o5mQibqE0
雪歩「あ、あのっ……プロデューサー」

P「…………」

雪歩「え、えっと、その……今日のお仕事はグラビアの撮影、ですよね?」

雪歩「だから……あの、一緒に来ていただけますか?」

雪歩(さすがにお仕事のお話はしてくれるよね……)

P「…………」

雪歩「うぅっ……」

春香「ちょっとプロデューサーさん。もしかして、雪歩とケンカでもしたんですか?」

P「おいおい、俺がアイドルとケンカなんてするわけないだろ」

春香「じゃあなんて雪歩のこと無視するんですか」

P「って、おっと! もうこんな時間じゃないか! 春香、雑誌の取材があっただろ。ほら、行くぞ」

春香「あっ! 遅刻しちゃう!」

雪歩「あ、待ってくだ……」

雪歩「…………」

雪歩(ふたりとも、行っちゃった)


490 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:06:48.59 ID:o5mQibqE0
雪歩(あれ、プロデューサーが行っちゃったっていうことは……)

雪歩(私、一人で現場に?)

雪歩(うぅ……今までは一人のお仕事の時、いつもプロデューサーが居てくれたのに)

雪歩(グラビア撮影だから大勢の男の人がいるよね)

雪歩(一人なんて怖いよぉ……)

雪歩(あ、そろそろ行かないと遅刻しちゃう)

雪歩(……行こう)

492 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:12:46.65 ID:o5mQibqE0
数時間後――

カメラマン「はい、そんな感じのポーズで……」パシャッ

雪歩(うぅ……恥ずかしいよぉ)

雪歩(女のメイクさんとかもいるけど、周りにいるのはほとんど男の人だよぉ)

雪歩(いつも隣にいるみんなやプロデューサーもいないし。あ、今睨まれた気がする……)

カメラマン「萩原さん、動いてますよー」

雪歩「はぅっ! ご、ごめんなさい!」

カメラマン「……萩原さん、少し休憩しましょうか」

雪歩「ひゃ、ひゃいっ!」

493 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:16:25.12 ID:o5mQibqE0
さらに数時間後――

カメラマン「お疲れ様、萩原さん」

雪歩「お、お疲れ様でした……。ご、ご迷惑をおかけしてごめんなさいっ!」

カメラマン「本当に体調は大丈夫ですか?」

雪歩「はい……」

カメラマン「まぁ、それなりにいい写真が撮れたからいいですが……次からはしっかりしてくださいよ?」

雪歩「は、はい……本当にすみませんでした」

496 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:23:19.72 ID:Ipa6RLLf0
支援

497 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:24:03.37 ID:o5mQibqE0
雪歩(うぅ……私、やっぱりダメダメですぅ)

雪歩(アイドルをしていくうちに、少しは強くなれたと思ったけれど……勘違いだったのかなぁ)

雪歩(こんなダメダメでウジウジな私だから、プロデューサーも愛想つかしちゃったのかな)

雪歩(うぅ、涙が止まらないよぉ……だめなのに、泣いちゃだめなのに)

雪歩(プロデューサー、プロデューサぁ……)

499 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:28:37.08 ID:o5mQibqE0
雪歩(今日はこのまま家に帰っちゃおうかな。事務所に戻りたくないよ……)

雪歩(事務所に戻ってもしプロデューサーがいたら、また無視されちゃう)

雪歩(そんなの……苦しくて、苦しくて耐えられないよぉ)

雪歩(でもお仕事の報告しないと……)

雪歩(あ、事務所に電話をすればいいのかな)

雪歩(で、でももしプロデューサーが出たら、電話越しに無視されちゃうかも)

雪歩(どうすればいいんだろう……)

律子「こんな所で何やってるのよ雪歩」

雪歩「律子さん!?」


500 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:34:03.08 ID:o5mQibqE0
律子「はい、お茶。温かいのでよかったかしら」

雪歩「ありがとうございます……」

律子「少しは落ち着いた?」

雪歩「はい……あのっ、律子さんは何でここに」

律子「何でって……仕事の帰りよ。先方との打ち合わせ」

雪歩「竜宮小町のみんなは?」

律子「打ち合わせ終わった後、今日は解散したわ」

雪歩「そうなんですか」

律子「で、そういう雪歩はどうなの?」

雪歩「私もお仕事の帰りで……今日、お仕事失敗しちゃって」

律子「それで落ち込んでたのね」

502 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:38:22.43 ID:o5mQibqE0
雪歩「お、落ち込んでなんて……」

律子「はぁ……自分の顔を見てもそれが言える? はい、鏡」

雪歩「顔? あっ……!」

律子「顔は真っ赤で目は腫れて……ひどい顔してるわよ」

雪歩「そうですよね。私なんてひどい顔でひんそーで、ちんちくりんで……」

律子「誰もそこまで言ってないでしょーが!」

律子「……で、失敗した理由は分かる?」

雪歩「はい。実は……」

505 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:42:58.60 ID:o5mQibqE0
律子「プロデューサーが無視?」

雪歩「はい。昨日はちょっと機嫌が悪いのかな……って思ったんですけど」

雪歩「今日も私にだけ口を聞いてくれなくて……」

律子「何やってるのよあの人は……電話して問い詰めてやるわ。ちょっと待ってなさい」

雪歩「だ、だめっ!」

律子「何でよ」

雪歩「きっと私がだめだめだから、プロデューサーも愛想をつかしちゃったんです」

雪歩「だから悪いのは私なんです。もっと私がしっかりすれば、プロデューサーもきっと……」

律子「はぁ? ちょっと雪歩。アンタそれ本気で言ってるの?」

雪歩「はい」

律子「…………」

律子「分かった、好きになさい。私は口を挟まないわ」

律子「でも、辛くなったら言いなさいよ。私がプロデューサーに説教かましてやるから」

雪歩「律子さん……。ありがとうございます」

506 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:47:45.87 ID:8Ocf/yzX0
仕方ない、プロデューサーの代わりに俺が説教されよう

507 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:48:34.73 ID:o5mQibqE0
雪歩「た、ただいま帰りました。あ、プロデューサー……」

P「…………」

小鳥「おかえり、雪歩ちゃん。ほら、プロデューサーさんもあいさつしなきゃダメじゃないですか」

P「あ、何だかお腹空いたなぁ。そろそろ帰ろっかな」

小鳥「なんですか、その無理矢理すぎる話題の逸らし方は……」

雪歩「みんながお腹空いてると思ってお茶菓子買ってきたんですぅ。食べませんか?」

小鳥「あ、それって前にテレビでやってた……雪歩ちゃん、ナイス!」

P「そういえば今牛丼が安いんだっけか。よし、牛丼を食べに行くとしよう」

雪歩「私と小鳥さんと、プロデューサー……三人分のお茶用意しますねぇ」

小鳥「ほら、雪歩ちゃんもこう言ってるんですし。このお菓子美味しそうじゃないですか」

P「……すみません、今甘いもの食べる気分じゃないので」

小鳥「プロデューサーさん。待ってくださ……あ、逃げた!」

雪歩「あ……」

雪歩(せっかく美味しそうなお菓子買ってきたのに……)

509 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:52:34.41 ID:o5mQibqE0
小鳥「雪歩ちゃん、プロデューサーさんと何かあったの?」

雪歩「いえ……気にしないでください」

小鳥「気にしないでって言われても……さっきのプロデューサーさんの逃げっぷりは見逃せないわ」

小鳥「どう見ても雪歩ちゃんを避けてると思うのだけれど」

雪歩「私は大丈夫ですから……」

雪歩(これぐらいの事でくじけちゃだめ。プロデューサーに嫌われちゃうもん)

510 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:53:21.88 ID:Ef/BNm+h0
結婚!結婚!さっさと結婚!しばくぞ!

513 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 19:58:54.70 ID:BcC5/Wpz0
雪歩とやよいは無視しちゃダメだってあれ程言っただろ
俺、これ以上ストレスでハゲたらもうスキンヘッドだよ

514 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 20:00:22.62 ID:o5mQibqE0
雪歩(プロデューサーが私の事を無視し始めてから、もう一ヶ月になるんだね……)

雪歩(今では一人でちゃんとお仕事もできるし、泣くこともほとんどなくなった)

雪歩(なのになんで……なんで、プロデューサーは私の事を無視するんだろう?)

雪歩(もしかしてあの時に完全に愛想つかしちゃったとか……)

雪歩(違う。プロデューサーはちゃんと私のこと見てくれてる)

雪歩(きっと私の努力がまだまだ足りないんだよね)

雪歩(一人でお仕事することなんて当たり前だし……私からすれば頑張ってるけど、それぐらいじゃあだめだよね)

雪歩(プロデューサーは私に一人前のアイドルになって欲しいんだもん)

520 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 20:11:47.35 ID:aynSxcag0
一か月・・・無視された期間が1番長いであろう美希ですら何週間だったのに・・・

529 保守すみません :2012/04/11(水) 20:42:21.73 ID:o5mQibqE0

雪歩「あ、プロデューサー……おはようございます。今日は私のほうが早かったですね」

P「…………」

雪歩「あ、ネクタイ少し曲がってますよ。後でちゃんと直してくださいね」

P「…………」

雪歩「それじゃ、私はドラマの撮影に行ってきますね」

雪歩「ゴールデンのドラマで主役だなんて緊張します……」

雪歩「でもこのお仕事を取ってきてくれたプロデューサーの顔に泥を塗らないよう、頑張りますぅ」

P「…………」

532 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 20:46:57.07 ID:o5mQibqE0
美希「雪歩……意外とタフなの」

真「ボクだったらきっと、途中で心が折れるだろうなぁ」

春香「というかプロデューサーさん……もうやめましょうよ」

P「本人はこのことに口を出すなって言ったんだろう?」

春香「それはそうですけど……もう見てられません」

P「春香たちもそろそろ仕事に行ってくれ。遅刻するぞ」

春香「……分かりました」

534 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 20:53:44.18 ID:o5mQibqE0
数時間後――

スタッフ「お疲れ様でした、萩原さん!」

雪歩「お疲れ様ですっ!」

カントク「いやぁ、雪歩ちゃんの演技は素晴らしいねぇ」

カントク「正直アイドルに演技なんて期待してないんだが……恐れいったよ。さすがは雪歩ちゃんだ」

雪歩「そんな、私なんてまだまだですぅ」

カントク「ははは、雪歩ちゃんらしい答えだ。とにかくお疲れ様」

雪歩「はい、失礼しますね」

535 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 20:57:51.53 ID:o5mQibqE0
スタッフ「萩原さん、ちょっといいですか?」

雪歩「はい。あ、あなたは……一ヶ月前に私のグラビアを撮った……」

スタッフ「覚えていたとは光栄ですね。しかし今の萩原さん、あの時とは別人だ」

スタッフ「自分に自信を持ってるていうかなんて言うか……」

雪歩「そんなことありませんよぉ」

スタッフ「謙遜しなくても。ただ……なんか表情に自然さがないというか」

雪歩「え……?」

スタッフ「あ、すみません! たわ言です、忘れてください」

536 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:04:26.24 ID:o5mQibqE0
次の日――

雪歩「おはようございますぅ」

小鳥「あ、雪歩ちゃん雪歩ちゃん!」

雪歩「ひゃあっ! どうしたんですかぁ、小鳥さん?」

小鳥「アイドルアカデミー大賞よ!」

雪歩「……はい?」

小鳥「あぁ、これじゃ言葉が足りなかったわね」

律子「雪歩がアイドルアカデミー大賞を受賞したってことよ。さっき連絡が来たの」

雪歩「わ、私がですかぁっ!?」

亜美「最近のゆきぴょんの頑張りっぷりはすごいですからなぁ」

真美「まったくですなぁ。おめでと、ゆきぴょん!」

貴音「おめでとうございます、雪歩」

響「何だか悔しいぞー! 来年は自分が大賞もらうんだからね!」

537 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:06:50.94 ID:o5mQibqE0
千早「おめでとう、萩原さん」

伊織「悔しいけど、最近のアンタの頑張りには……負けたわ」

やよい「うっうー! 雪歩さんおめでとうございまーすっ!」

あずさ「よかったわね、雪歩ちゃん」

高木「おめでとう、萩原君」

雪歩「みんな……ありがとう」

雪歩(やった、私……トップアイドルになれたんだ。これでプロデューサーも……)

P「…………」

雪歩(え?)

538 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:07:46.08 ID:6Btizlwd0
考えはあるんだよな…?
雪歩幸せになるんだよな…?

541 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:13:57.99 ID:o5mQibqE0
春香「ほら、プロデューサーさん」

美希「プロデューサー、腹をくくるの」

真「そうですよ。逃がしませんからね」

雪歩「……?」

P「雪歩」

雪歩「!」

P「アイドルアカデミー大賞受賞、おめでとう」

雪歩「プロデューサー……あ、あれ? 何で……涙が、でちゃうの」

雪歩「嬉しいはずなのに、なんで……泣いたらだめなのに、泣いたらプロデューサーが……」

春香「嬉しくて涙がでてるんじゃないかなぁ」

雪歩「嬉しくて……?」

P「今まですまなかったな」

雪歩(プ、プロデューサーがわ、私を抱きしめて……!?)

雪歩(みんなの前なのに……恥ずかしいよぉ)

雪歩(でも、すごく温かい……)

543 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:17:22.29 ID:deslNy2z0
ゆきぽ…

544 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:18:20.34 ID:o5mQibqE0
小鳥「さーて、私達は退散しましょうねー」

亜美「えー! ここからがいいとこなのにー」

真美「そうだYO! ピヨちゃんはーなーしーてー」

P「お、おいみんな……どこ行くんだよ?」

貴音「プロデューサーは雪歩とごゆっくり……」

響「あ! 変なことしちゃダメだぞ!」

あずさ「あらあら、響ちゃんったらー」

真「祝勝会的なのはまた今度開きましょうね! それじゃ!」

春香「ふたりともお幸せに……」グスッ

千早「泣かないの、春香」

春香「こ、これは嬉しくて泣いてるんだよっ!」

546 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:18:31.85 ID:6Btizlwd0
キタ―――――――――――!!

547 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:23:38.15 ID:o5mQibqE0
雪歩「行っちゃいましたね……」

P「あぁ……」

雪歩「プロデューサー……ありがとうございました」

P「え?」

雪歩「私がプロデューサーやみんなに頼りっきりで甘えてたから……喝を入れてくれたんですよね」

P「まぁ、な……だが正直ここまで成長するとは思わなかった」

雪歩「そうなんですか?」

P「最初はほんの2、3日無視するだけのつもりだったんだよ」

P「しかしどんどん成長していく雪歩を見て、止めるに止められなかったんだ……すまん」

雪歩「ひどいですよぉ、プロデューサー」

P「本当にごめんな」

548 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:24:30.32 ID:6Btizlwd0
責任とって結婚だな

553 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:28:16.84 ID:Cxij2hzB0
よし、俺が雪歩の面倒見るよ

554 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:30:24.12 ID:o5mQibqE0
雪歩「プロデューサー、ひとつお願いしてもいいですか」

P「何を?」

雪歩「私に……キス、してください」

P「おい、いきなり何を……」

雪歩「この一ヶ月、本当に寂しかったんです」

P「それは分かるが、キスってのはちょっと……」

雪歩「私はプロデューサーの事が大好きです」

雪歩「プロデューサーも、私のことが大好きですよね? だから私のために無視までしたんですよね、心を鬼にして……」

P「雪歩のことは大好きだ。雪歩にはもっと成長して欲しかったから、無視をした」

雪歩「えへへ……」

P「でも、それは決して恋愛的な意味ではないんだ……本当にすまない」

雪歩「え?」

561 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:34:13.59 ID:o5mQibqE0
雪歩「今……なんて言いました?」

P「雪歩に恋愛的な感情は抱いていない」

雪歩「嘘、ですよね……?」

P「嘘じゃない」

雪歩「なんで、なんでなんですかぁ……私はプロデューサーのことを愛しているんです」

雪歩「だからあんなに辛いことにも耐えられたのに……こんなのっておかしいですよぉ」

雪歩「ひっく、ひっく……うぅ、うわぁあああああん!」

P「ごめん……」

570 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:39:19.22 ID:o5mQibqE0
雪歩(また泣いちゃった……プロデューサーの前でこんなに大泣きしちゃった)

雪歩(あ! そうか……だからだめなんだ。そうだ、すぐに泣き止めば……)

雪歩「うぅ……。ぐすっ、ぐすっ……」

雪歩(だめ、どんどん涙がでちゃうよ……)

雪歩「ごめんなさいプロデューサー。プロデューサーの前で泣いてごめんなさい」

雪歩「すぐに泣き止みますから、私のことを嫌いにならないでください……!」

P「おい、落ち着いてくれ。誰も雪歩のことが嫌いだなんて言ってない」

雪歩「プロデューサーの言うこと何でも聞きます……。悪いところがあったらすぐに直します……」

雪歩「だから、だから……ずっと傍に居てください。そうじゃないと私、は……」バタッ

P「雪歩!? おい、しっかりしろ! 雪歩! 目を開けてくれ!」

P「まずい、救急車を……!」

574 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:43:37.82 ID:o5mQibqE0
数日後――

雪歩「…………」

P(雪歩はあれからすぐに病院に運ばれた)

P(過度の疲労と、精神的なショックが原因で倒れたようだが、命に別状はなかった)

P(この一ヶ月、雪歩は無理をしすぎたんだ……俺のせいで)

P(成長するのは嬉しかったが、頑張り過ぎじゃないかと思うこともあった)

P(俺がちゃんと見ていればこんなことには……)

P(精神的なショックというのも言うまでもなく、俺のせいだ。俺が雪歩の告白を断ったから)

P(自分のアイドルをこんな目にあわせて何がプロデューサーだよ……)

P(雪歩、早く目を開けてくれ)

581 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:48:21.73 ID:o5mQibqE0
小鳥「プロデューサーさん、今日もお見舞いに来てるんですね」

P「小鳥さん……えぇ、もちろんですよ」

小鳥「最近のプロデューサーさん、頑張りすぎてちょっと心配です」

P「大したことありませんよ。雪歩のがんばりに比べたらちっぽけなもんです」

小鳥「プロデューサーさん……あまり思いつめないでくださいね」

P「……それは難しい話ですね」

583 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:50:53.27 ID:o5mQibqE0
数日後――

P「おはよう、雪歩」

「今日も来てくれたんですか、プロデューサー?」

P「まぁな……」

「すみません、ご迷惑をおかけして……」

P「おいおい、迷惑なわけないだろ。俺が雪歩の顔を見たいから来てるんだ」

「プ、プロデューサー……恥ずかしいですぅ」

P「照れる雪歩も可愛いぞ」

588 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:57:09.18 ID:o5mQibqE0
P「雪歩、雪歩……」

小鳥「プロデューサーさん、プロデューサーさん!?」

P「ハッ!? こ、小鳥さん? あれ、雪歩は……?」

小鳥「雪歩ちゃんなら目の前のベッドに寝ているじゃないですか」

P「あ、あぁ……そうですよね。夢か……」

小鳥「夢じゃないです……プロデューサーさん、雪歩ちゃんのこと可愛いとか言ってました」

P「まさか、幻覚ってやつですか……」

小鳥「相当参ってるってことですよ。明日は強制オフにします」

P「そんな! 明日は仕事が山積みで……」

小鳥「私と律子さんで何とかしますから。しっかり休んでください」

小鳥「雪歩ちゃんが目を覚ました時、あなたが倒れていたら……雪歩ちゃんが悲しみますよ」

P「……っ!」

P「分かり、ました……お願いします」

591 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 21:59:49.00 ID:o5mQibqE0
次の日――

P「今日はオフ、か……」

P「雪歩の病室に行くとしよう」

P「一日中傍にいてやれば、雪歩も寂しくないよな」

593 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:05:27.82 ID:o5mQibqE0
P「Zzz……」

「プロデューサー」

P「ん……?」

「おはようございますぅ」

P「雪歩? いや、幻覚か……」

「幻覚なんかじゃないですよぉ」

P「どうせ嘘だろう……」

「もう……そんなに言うならここ、触ってみてくれますか?」

P「ん?」

もみもみ

P「!?」

「きゃあああああああああああっ!」

597 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:09:16.44 ID:6Btizlwd0
いつから幻覚と錯覚していた…?

598 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:09:38.83 ID:Wd7B7SYY0
これは……幻術!?

599 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:10:21.94 ID:o5mQibqE0
ナース「どうかしましたかっ!?」

雪歩「あ」

P「あ」

ナース「病院でそういうことやるなとは言いませんが、お静かにお願いします!」

雪歩「ご、ごめんなさい……」

P「すみません」

ナース「あとシーツはあまり汚さないでくださいね。お邪魔しました」

雪歩「シーツを汚すって一体……?」

P「雪歩は知らなくていいことだ」

603 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:16:38.65 ID:o5mQibqE0
P「って……雪歩! やっと目を覚ましてくれたんだな……」

雪歩「目を覚ます? 何のことですかぁ? あれ、なんで私病院のベッドに……」

雪歩「えっと……私がアイドルアカデミー大賞を受賞して、みんながお祝いしてくれて、プロデューサーが話しかけてくれて……」

雪歩「その後が……うーん、思い出せません。何だか頭、痛いです……」

P(告白したこと、覚えてないのか?)

P「雪歩は頑張りすぎて倒れちゃったんだよ」

雪歩「そう、なんですか……やっぱり私ってだめだめですぅ」

P「そんなことないって。というか大賞を取った奴がそんなこと言ったら怒られるぞ」

雪歩「あ……そうですよね。もっとビシってしないと」

P「そうそう、その意気だ……あ、事務所に連絡しないとな。雪歩が目を覚ましたって」

606 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:19:05.26 ID:yGMD2glVO
俺が雪歩ハードとか言ったばかりに……

607 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:19:42.73 ID:6Btizlwd0
ていかπタッチはスルーなのか?

608 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:21:16.56 ID:o5mQibqE0
P(連絡を入れた直後に事務所のみんなが来て雪歩の復活をよろこんだ)

P(お医者様が診断したが、かなりよくなっているようだ。数日で退院できるらしい)

P(記憶の一部が消えていることを話したが、そういうことはたまにあるようだ)

P(脳の自己防衛機能だとか何とか……)

P(もし雪歩が再び俺に告白してきて、それを断ったら……また同じような事が起こるかもしれない)

P(そんなことがあっては絶対にならない)

P(ならばどうするか。答えはいたって簡単だ……)

613 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:28:13.40 ID:o5mQibqE0
数日後――

P「それでは改めて……雪歩、退院おめでとう」

雪歩「はっ、はいっ!」

P「そんなに緊張しなくても」

雪歩「だ、だってここ……プ、プロデューサーのお家じゃないですか」

P「別に取って食いやしないよ」

雪歩「はぅ……それで、大事なお話って何ですか?」

P「話っていうのはね……」

雪歩「……」ゴクリ

P「雪歩、俺と結婚してくれ」




                                          おわり

614 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:28:16.94 ID:cylP9LRY0
なかったことにしよう

616 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:30:09.13 ID:hHdQnesZ0
ごめんバッドにしか見えない

617 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:31:09.72 ID:aynSxcag0
( ;∀;)イイハナシナノカナー

618 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:31:21.96 ID:Cxij2hzB0
これ最初に告白断った意味全くないじゃないか!

624 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:35:04.00 ID:KIU+dCT+0
ピヨちゃんを…

626 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:35:33.42 ID:6Btizlwd0
千早のと同じく俺的にはいい終わり方だ


629 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:36:46.17 ID:Wd7B7SYY0
良かった……不幸になった雪歩はいないんだね

636 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:40:15.18 ID:Cxij2hzB0
次はあずささんだな!!

648 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 22:46:19.47 ID:UAkgcxhx0
あずさ「おはようございます~」

P「…」

あずさ「おはようございます~」

P「…」

あずさ「おはようございます~」

P「…」

あずさ「あらあら~」

あずさ「おはようございます~」
あずさ「おはようございます~」
あずさ「おはようございます~」

P「おはようございます、あずささん」

682 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 23:14:55.37 ID:6Btizlwd0
P「おはようございます」

春香「プロデューサーさん!おはようございますっ」

P「春香は今日も元気だな。おはよう」

春香「えへへ、私はそれくらいしか取り柄がありませんから」

小鳥「あ、おはようございますプロデューサーさん」

P「春香の売りが元気だけなわけないだろ。お菓子も美味しいし気配りもできるじゃないか」

春香「あ、ありがとうございます」

小鳥「聞こえてない…」


683 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 23:16:21.53 ID:6Btizlwd0
P「別にお礼言うことでもないだろ。まあ、自分を卑下するのは感心しないが…」

春香「す、すみません。でも、プロデューサーさんは私のこと結構見てくれてるんですね」

P「当たり前だろ」

春香「担当アイドルですもんね!」

P「それもあるが…。俺が身近にいる可愛い女の子を見ないわけがない」キリッ

春香「ぷ、プロデューサーさん!?」

P「あ?何慌ててるんだ?…ほれ、営業いくぞ」

春香「ひゃ、ひゃい!」

ガチャ、バタン

小鳥「ピヨ…」


686 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 23:17:37.62 ID:6Btizlwd0
>>685
すまん
かもしれない



――――――――――――――――――――

P・春香「「ただいま帰りましたー」」

小鳥「あ、お帰りなさい」

春香「プロデューサーさん、今日はありがとうございました!」

P「晩飯くらい気にするな。お前全然食わないし」

春香「そうですか?制限してるとかはないんですけど…」

小鳥「また…」



692 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 23:19:33.47 ID:6Btizlwd0
P「普段からアレなのかよ。お前もっと肉つけろよ」

春香「そんなことしたらファン減りますよっ」

春香「それにプロデューサーさんに嫌われちゃう…」ボソッ

P「俺はもうちょっと丸みがあるほうが好みなんだが…」

春香「ほ、ほんとですかっ?」

P「お、おう…」

春香「わかりました!明日から貴音さんくらい食べます!」

P「それは死ぬからやめとけ」

ガチャ、バタン

小鳥「ピヨォ…」


694 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 23:20:30.26 ID:6Btizlwd0
短編だからすぐ終わるけどね


―――――――――――――――――――――――――

小鳥「(今日こそは…)」

春香「おはようございます!」

小鳥「あ、春香ちゃん。おはよう」

春香「おはようございます、小鳥さん。皆はまだですか?」

小鳥「そうね、もうすぐ響ちゃんとプロデューサーさんが来る時間だけど…」

春香「あ、プロデューサーさんは今日先に現場行って挨拶済ませるそうですよ」

小鳥「ピヨ………」


696 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 23:27:38.98 ID:6Btizlwd0
小鳥「一週間、まったくプロデューサーさんと口をきいてない」

小鳥「というか春香ちゃんとずっとイチャイチャしてて口を挟めない」

小鳥「はあ…」

P・春香「「おはよーございます!」」

小鳥「おはよーございますぅー」


701 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 23:43:03.41 ID:6Btizlwd0

春香「な、なんかだれてますね小鳥さん…」

P「というか、春香あのこと言わなくていいのか?」

春香「あ、そうですね」

春香「小鳥さんすみません。社長呼んできていただけますか?」

小鳥「社長…?別にいいけど」

社長「呼んだかね?」

小鳥「ぴよっ!?」


703 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 23:44:23.85 ID:6Btizlwd0

春香「あ、ここにおられたんですね」

社長「ああ、ずっといたよ」

小鳥「(全然気づかなかった…)」

社長「で、何の話かな?」

春香「あ、はい」

春香「実は…」

P・春香「俺(私)プロデューサー(アイドル)やめます!」

小鳥「どぅええええええええええええ!?」

おしまい
まあ、ピヨちゃんガチ無視はないでしょってことでギャグっぽい展開に

704 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 23:45:50.54 ID:QeyMyYY90
二人とも無職でどうするつもりだよ


705 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 23:49:29.87 ID:6Btizlwd0
その辺はまあ、脳内変換でどうにか

さ、あずささんか愛ちゃんはよ

706 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/11(水) 23:53:23.10 ID:yGMD2glVO
P「おはようございます」ガチャ

小鳥「おはようございます、昨夜はお楽しみでしたね」

P「はい!?」

小鳥「ふふふ、言ってみただけですよ」

P(訳がわからないよ)

小鳥「あっ、そうそう実はですね、少しお話が」

P「何ですか」

小鳥「これなんですけど……」カチカチ

P「ネットですか?どうせまたあることないことデタラメ書いてるんでしょ?」

小鳥「まぁ大半はそうですけど……美希ちゃんのスタイルは年齢的に発育良すぎとか」

小鳥「それは置いておいて、これを」カチカチ

709 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 00:04:00.36 ID:StedxpPDO
小鳥「これです」

P「これは……」

小鳥「素人の意見と言えばそれまでですけどね」

P「いえいえ、これ確かにその通りだと思いますよ」

小鳥「影のある表情が見えにくいって、そこがあずささんの良いところなのに」

P「……」

小鳥「プロデューサーさん?」

P「俺に任せてください」

小鳥「?」

P「あずささんの歌唱力に更なる深みを出すためにも、俺がもっとあずささんの表情を引き出してみせます」

小鳥「はぁ」

711 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 00:10:25.99 ID:StedxpPDO
P(そうは言ったが、どうしたものか)

美希「ハニー」

P(単なる演技指導じゃなぁ……もっとこう、内から滲み出る感じで)

美希「おはようなの」

P(難しいなぁ)

美希「ハニー!」

P(うーむ)

美希「ハニー!!返事してなの!!」

P「うおっ!?」

美希「もう、無視しないでほしいの」

P「ごめんごめん、ちょっと考えごとを……ん?おっ?」

P(これだ、これだな)ニヤニヤ

美希(不敵なハニーも素敵なの……)

716 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 00:19:06.56 ID:StedxpPDO
お昼

あずさ「おはようございます」

P「おはようございます、ちょっといいですか?」

あずさ「は、はい」

P「社長と相談したんですが、今週は俺があずささんを担当します、よろしくお願いします」

あずさ「あら、じゃあ律子さんは」

P「あっちで仲良くやってます」

美希「よろしくなの、律子……さん」

律子「よろしく」

P「お互い違う目線から見た方がアイドルの良さを再発見できるんじゃないかと」

あずさ「あら~こちらこそよろしくお願いいたしますね」

美希「うぅ、ハニー……」

717 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 00:23:42.90 ID:StedxpPDO
P「それじゃあさっそくレッスンに向かいましょうか、俺もあずささんと一緒なんて楽しみですよ」

あずさ「あ、あら、お上手ですね」

P「いえいえ」

あずさ「……」

美希「あっ!あずさがニヤニヤしてるの!」

律子「はいはい、あんたはこっち」ズルズル

美希「ハァーニィー!!」

P(すまんな美希……そっちはそっちで鍛えてもらってくれ)

721 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 00:33:43.90 ID:StedxpPDO
―――

あずさ「隣にいて……触れてほしい」

P(練習でこれか……上手すぎてどんぶり三杯いけるな)

あずさ「どうでしたか?」

P「そうですねぇ、強いて言えば」

あずさ「言えば?」

P「いや、気にしないでください」

あずさ「そんな言い方、気になりますよ」

P「うーん、何と言いますか、上手さが前に出過ぎててあずささんが見えないと言うか」

あずさ「はぁ……」

P「歌自体は問題無いです、次いきましょう」

あずさ「……」

723 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 00:39:57.20 ID:StedxpPDO
撮影現場

あずさ「ウイスキーがお好きでしょ?」

あずさ「お酒は二十歳になって・か・ら」

CM監督「エロいなぁ」

P「はい」

CM監督「色気もあるが、あれでもうちょい濡れた顔が出来りゃなぁ」

P「はい」

CM監督「まっ、まだ21歳の小娘にそこまで求めるのは酷か!ガッハハハ」

P(うるせぇなこのオッサン)

カーット!

あずさ「ふぅ」

P「お疲れさまです」

あずさ「撮影に使うお酒って偽物なんですね」

P「そりゃまぁリテイクで何杯も飲んだらえらいことになりますから」

726 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 00:43:54.47 ID:StedxpPDO
あずさ「うふふ、少し残念です」

P「頑張ってくれたら、本物を奢りますよ」

あずさ「あら?」

P「なかなか良い画が撮れたって監督も言ってましたしね、ご褒美的な」

あずさ「言いますねぇ」

P「プロデューサーですから」エッヘン

あずさ「ふふ……」

AD「三浦さーん、もう一本お願いしまーす!」

あずさ「はーい。行ってきますね」

P「はい、ちゃんと見てますから」

P(順調順調)

729 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 00:50:51.36 ID:StedxpPDO
居酒屋

P「かんぱーい!」

あずさ「お疲れさまでした」

P「いやぁ、目が離せない以外は楽でしたよ」

あずさ「あら、目が離せないって……」

P「だってあずささん、放っておいたらどこに行くか」

あずさ「でもプロデューサーさんが見付けてくださるでしょう?」

P「大事な大事なアイドルですから」

あずさ「大事なアイドル……ですか」

P「あずささんじゃなきゃ探しに行きませんけどね」

あずさ「えっ」

P「あっ、唐揚げ来ましたよ」

730 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 00:55:05.89 ID:StedxpPDO
数十分後

あずさ「……」ゴッキュゴッキュ

P(相変わらずの飲みっぷりである)

あずさ「ぷはぁ」

P(ちょっと酔いが入って頬に赤みが差して、瞳も濡れて……)

あずさ「あらぁ、プロデューサーさん、空じゃないですかぁ」

P「あ、いや、俺はもう」

あずさ「そう言わずに、はいどうぞ」スッ

P「ど、どうも」

P(あずささんに隣でお酌してもらうとか、ファンの人なら成仏しそうだな)

あずさ「そう言えばプロデューサーさん」

733 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:01:48.41 ID:StedxpPDO
P「ほい?」

あずさ「昼間言ってましたよね、歌が上手くて私が見えないと」

P「あぁ、はい」

あずさ「それって、どういう意味なんですか?」

P「うーん、簡単に言うともっと感情を出してということです」

あずさ「心は込めているつもりですが……」

P「強いて言えば、なので。それに、歌の中とはいえあずささんに悲しい顔されると胸が痛みます」

あずさ「あ、あらあら……もう」ゴキュゴキュ

734 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:05:33.32 ID:StedxpPDO
P(こうして一週間、俺はあずささんと楽しく過ごした)

P(元より能力はある人なので特に問題は生じなかった)

P(迷子を除けばだけど)

P(もちろんミスや修正点は指摘したし、良い仕事をしてくれた時は手放しで褒めた)

P(待ち時間なんかでも上手くコミュニケーションがとれたはずだ)

P(客観的に見て、多少の信頼は得たと思う)

P(さて、ここからが本題だ)

P(俺が先に根をあげないように、と)

738 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:09:39.52 ID:StedxpPDO
事務所

美希「やっと律子……さんから解放されるの……」グッタリ

律子「人を鬼みたいに言わないでもらいたいわね」

美希「鬼ババ」ボソッ

律子「……」メガネクィッ

美希「ひっ!」

あずさ「あらあら」クスクス

P「おはようございます」ガチャ

美希「ハニー!待ってたのー!」

律子「おはようございます」

あずさ「おはよう」

P「はいはいおはよう美希、律子も」

律子「ついでですか?」

あずさ「……ございます」

743 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:16:41.97 ID:StedxpPDO
美希「聞いてハニー!律子ったらね!ミキのおにぎりとったの!」

律子「全員への差し入れだったでしょ」

P「はっは、ドンマイ」

あずさ「あの、おはようございます」

美希「他にもね!ミキがあくびしたら叩いたりね!」

P「律子は厳しいからな」

律子「あの」

P「ん?」

律子「さっきからあずささんが挨拶してるじゃないですか、返事しましょうよ」

あずさ「こ、今週からは元通りですね!私もプロデューサーさんと一緒で楽し」

P「はぁ……美希、行くぞ」スタスタ

あずさ「あっ……」

美希「待ってハニー!」

748 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:20:49.07 ID:StedxpPDO
律子「何あれ……感じ悪い」

あずさ「……」

律子「もしかして折り合い悪かったんですか?」

あずさ「そんなことは……き、きっと聞こえなかったのね」

律子(目の前でそんなまさか)

あずさ「……」

律子(何があったか知らないけど、泣かせたら覚悟してもらおう)

758 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:28:26.39 ID:StedxpPDO
翌日

P(うおぉ……あずささんと会うのが気まずい)

P(だが我慢だ我慢、あずささんに一皮むけてもらうためなんだ)

あずさ「……あっ」バッタリ

P(いってる側から)

あずさ「お、おはようございます!」

P「……」スタスタ

あずさ「……あ、あの!」クルッ

あずさ「今日はですね!ロケのお仕事なんです!ですから送って行ってもらえたら嬉しいな……なんて」

P「……」スタスタ

あずさ「いえ……何でもありません」

764 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:36:11.52 ID:StedxpPDO
控え室

ディレクター「では今日は商店街散策ということで」

亜美「オッケ→!」

伊織「ふん、楽なものね」

あずさ「……」

亜美「あり?あずさお姉ちゃん元気無いね?」

あずさ「だ、大丈夫よ、少し疲れてるのかしら」

伊織「ちょっと、しっかり頼むわよ」

あずさ「え、えぇ」

P「入るぞー」コンコン

亜美「兄ちゃん!」

P「ほらこれ、差し入れのシュークリーム」

766 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:41:22.77 ID:StedxpPDO
伊織「ふ、ふん、なかなか気が利くじゃない」

P「仲良く食べるんだぞ、じゃあ俺は美希の方行くから。亜美、伊織、頑張れよ」

あずさ「……」

亜美「イェーイ!さっそくたべようZE!……あれ?」

伊織「二つしかないじゃない!あのバカ!」

亜美「もー、兄ちゃんたらうっかりさんだなぁ、ちゃんと亜美用、いおりん用って書いてあるのに」

亜美「えっ?へっ?あれ?」

伊織「……」

あずさ「わ、私はいいの!グラビアのお仕事があるから甘い物は控えなきゃいけないもの!」

あずさ「きっとプロデューサーさんも、そう思って……きっと……」

767 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:42:15.92 ID:dN/pVOln0
これあからさますぎだろwwwwww












もうやめてあげて...

769 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:43:09.42 ID:no6UlG/e0
胃が痛むインターネッツですね……

771 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:46:03.29 ID:StedxpPDO
亜美「……」

伊織「……」

あずさ「気にしないで、二人とも食べてちょうだい」

亜美「あらよっと」パカッ

伊織「仕方ないわね」パカッ

亜美伊織「はいっ!」

あずさ「……?」

伊織「二つを三人で分ければいいでしょ」

亜美「うっかり屋さんな兄ちゃんには後でOSIOKIだぜ!」

あずさ「ありがとう……」

778 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:52:24.94 ID:StedxpPDO
その夜、P宅

P「さすがにあれはやり過ぎだったかな、もはやいじめな気もするしな」

P「くっそ!笑顔を知ってるだけに曇らすのが辛い!」

P「鬼だ!鬼になれ俺!」

ブーンブーン

P「携帯……多分美希だろうな」

P「あれ?あずささん?」

P「…………いや、ここは出ない!」

ブーンブーン

P「出ないぞ」

ブーンブーンブーンブーン

P「……出ないってばよ」

780 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:53:19.66 ID:dN/pVOln0
出ろよゴミデューサー

781 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:56:17.19 ID:FRAUMqsFO
何で火曜からずっと居るんだろ……俺は

782 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 01:58:28.26 ID:StedxpPDO
P「やっぱり怒ってるのかなぁ」

ブーンブーン……

P「やっと止まったか」

P「余程話したい事でも……」

ブーンブーン

P「うわっ!?なんだメールか……まぁメール見るくらいなら」

あずさ『今日はシュークリームごちそうさまでした。とても美味しくて伊織ちゃん亜美ちゃんも喜んでいましたよ』

あずさ『明日も頑張りますから、また一緒に飲みに行けたら嬉しいです。おやすみなさい』

P「か、壁を、壁をどうにかしないと正気が保てない!」ガンガン!

786 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:06:21.34 ID:StedxpPDO
次の日

P「デスクワークも大変ですねぇ」カタカタ

小鳥「人手が足りないんですから、立ってるものはプロデューサーさんでも使いますよ」カタカタ

P「へーい」

小鳥「首が凝りますねぇ」コキコキ

P「マッサージしましょうか?」

小鳥「セクハラですか?」

P「失敬な」

あずさ「……」

小鳥「あずささん、暇そうですね」ボソボソ

P「そうですね」

小鳥「もっと表情を引き出すって話はどうなったんですか?」

P「まぁまぁ、仕事仕事」

787 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:10:31.12 ID:StedxpPDO
小鳥「プロデューサーさんに話しかけてもらうの待ってるんじゃないですか?」

P「……さぁ」カタカタ

小鳥「……」

あずさ「あ、あの」

P「……」

小鳥「どうしました?」

あずさ「お、お茶でも淹れましょうか?」

小鳥「プロデューサーさん、訊かれてますよ」

P「……」カタカタ

小鳥「……」

あずさ「……」

小鳥「アイドルにそんなことさせられません、あずささんは座っててください。私が淹れますから」

788 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:11:39.18 ID:H/Yb5Xs1O
辛い

789 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:13:38.60 ID:StedxpPDO
あずさ「そ、そんな、私は暇ですし」

小鳥「いいからいいから、はい、ここ座って」グイッ

あずさ「きゃっ」ストン

小鳥「ちょーっと待っててくださいね~す~ぐ淹れてきますからねぇ」タッタッタ

P「……」カタカタ

あずさ「……」

P「……」カタカタ

あずさ「い、良いお天気ですね」

P「……」カタカタ

790 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:14:05.27 ID:paaVV4nB0
心が痛むうううううううううう

791 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:21:56.95 ID:H/Yb5Xs1O
明日5時起きだけど諦めた支援

792 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:22:12.86 ID:StedxpPDO
あずさ「そうだ、この間プロデューサーに言われたので明るめのグロスにしてみたんですが、どうですか?」

P「……」

あずさ「あ、昨日亜美ちゃんが凄く可愛いかったんですよ、放送が楽しみですね」

P「……」

あずさ「そう言えばプロデューサーさんと行った居酒屋に新メニューが出来たそうですよ、食べてみたいなぁ」

P「……」

あずさ「新曲もそろそろですしね、プロデューサーさんの指導のお陰でもっと上手に歌えそうです」

P「……」

あずさ「……」

P「……」

あずさ「あの……何でもいいので、何か、言ってもらえませんか……」

P「……」

あずさ「お説教でも、何でもいいです、何か……話してください」

794 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:34:08.04 ID:StedxpPDO
P「……」

あずさ「理由を教えてください、私が何かプロデューサーさんを怒らせたなら謝りますから」

P「……」

あずさ「プロデューサーさん言ってくれたじゃないですか、私といると楽しいって」

P「……」

あずさ「私だから探してくれるって……嘘だったんですか?」

P「……」

あずさ「……」

P「……」

あずさ「嘘でも、嬉しかったです、本当に」

P「……」

あずさ「……何か言ってください」

P「……」

小鳥「お茶が入りましたよー!」

795 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:38:27.74 ID:H/Yb5Xs1O
心が痛むけどこれくらいやってなんぼだよな

796 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:38:28.59 ID:StedxpPDO
あずさ「お茶ですよ、プロデューサーさん」

P「……」

小鳥「プロデューサーさんも、休憩休憩」

P「あ、はい」クルッ

あずさ「っ……!」

P「いやー頭動かすのも疲れますね」

あずさ「あっ、実は今日は春香ちゃんに教えてもらってクッキー焼いて来たんですよ」

あずさ「昨日のお礼代わりですけど、いかがですか?」

P「……」

小鳥「いただきますね」ポリポリ

小鳥「美味しーい!ほら、プロデューサーさんも」

P「仕事に戻りますね」

あずさ「……」

797 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:42:33.58 ID:StedxpPDO
あずさ「……」

小鳥「美味しいのに」

あずさ「……」ジワッ

小鳥「あずささん?」

あずさ「ちょ、ちょっとメイク直してきますね」

小鳥「はぁ……」

あずさ「あの、クッキー幾つかプロデューサーさんにも渡してください。感想とかは……要りませんから」

小鳥「……」

あずさ「では失礼します」スタスタ

801 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:51:55.34 ID:StedxpPDO
トイレ

あずさ「何か悪いことしたのかな……」

あずさ「あんなに優しくしてくれたのに、何で急に、こんな」

あずさ「私がプロデューサーさんを裏切っちゃったのかな……」

あずさ「それとも……」

あずさ「優しくなくていいですから、もう一度話してくださいプロデューサーさん」

あずさ「じゃないと、じゃないと私…………」ポロポロ

あずさ「うっ……くっ……ダメ……泣いちゃダメ……そんな女、きっと嫌われちゃう……」

真(出れない……)

806 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:56:15.19 ID:UZqiD93pP ?2BP(0)
sssp://img.2ch.net/ico/kossorisan.gif
真www

807 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 02:57:16.32 ID:E68kTx1xP
無視したまんまスレが埋まったりしたら泣く

810 >>808そんなに多くない :2012/04/12(木) 03:12:18.91 ID:StedxpPDO
夕方

P「ふぃー終わった終わった」

小鳥「お疲れさまです」

あずさ「お疲れさまでした」

真(トイレでの事は僕の胸に閉まっとこう、とりあえず)

P「はぁ疲れた、ビールが欲しい」

小鳥「おっ、いいですねー行きますか?」クイッ

P「えぇ?音無さんと二人はちょっと」

小鳥「何言ってるんですか、三人ですよ」

P「真は未成年じゃないですか」

真「えっ」

あずさ「……」

812 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 03:20:02.28 ID:StedxpPDO
小鳥「……ボケてるんですか?」

P「まさか」

小鳥「はぁもう……行きましょうあずささん」

あずさ「ご、ご一緒してよろしいんですか?」

小鳥「当たり前じゃないですか、ねぇプロデューサーさん」

P「あ、すいません、やっぱり今日は帰ります」

小鳥「はい?」

P「またの機会に……ほら帰るぞ真、送ってやるよ」グイグイ

真「えっ、な、なんですか?」

あずさ「……」

小鳥「……二人で行きます?」

815 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 03:34:25.35 ID:StedxpPDO
あずさ「あ、いえ、私も」

小鳥「そうですか……じゃたまには一緒に帰りますか!」

あずさ「えぇ……あ」

あずさ(クッキー残ってる……)

小鳥「あ……き、きっと虫歯か何かだったんですよ!」

あずさ「帰ります……」フラフラ

小鳥「……」

あずさ「バカみたい……私……」

816 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 03:37:11.13 ID:StedxpPDO
真「そう言えばプロデューサー」テクテク

P「んー?」

真「あずささんと何かあったんですか?」

P「いや、別に」

真「言っていいのかわからないですけど、今日トイレでその……泣いてましたよ」

真「プロデューサーさんと話がしたいとかなんとか」

P「マジか……」

真「そんな嘘つかないですよ」

P「うーん説明すると難しいんだが」

P「指導だな、指導」

817 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 03:41:45.35 ID:StedxpPDO
真「指導?」

P「うん、優しいだけじゃなく、時には厳しくすることも大事なんだよ」

真「練習が厳しくてって割には心底悲しそうでしたよ」

P「本当か!?」

真「は、はい」

P「そうかそうか、成果が出てるじゃないか。俺も身を粉にしてる甲斐がある」ニヤニヤ

真「……?」

P「もう一押しでいけそうかな」

真「何でもいいですけど」

P「?」

真「あんまり女性を泣かせると怒りますよ」

P(王子様……)

819 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 03:50:18.04 ID:StedxpPDO
P宅

P「真の目がマジだったな……」

P「泣いてたとか聞くと物凄い罪悪感だが、あと少しだ」

P「これも全てあずささんの為……」

ブーンブーン

P「うおわぁ!!……噂をすればあずささんか」

あずさ『本当は声が聞きたいのですけど、メールでもいいので、お話したいです』

P「うぐぐ……」

あずさ『クッキーはお気に召しませんでしたか?言ってもらえれば何でも作りますよ!』

P「……」

あずさ『それとも私の作ったものなんか嫌でしょうか?』

820 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 03:54:45.14 ID:StedxpPDO
あずさ「……」カチカチ

あずさ「今日も……返ってこないのね」

あずさ「前はすぐに返してくれたのに」

あずさ「何度も送ったら迷惑かしら」カチカチ

あずさ「電話……きっと、出てくれないわね」

あずさ「もう寝ましょう、明日も頑張らなきゃ」

823 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 04:02:08.05 ID:StedxpPDO
あずさ「……」

あずさ「…………」

あずさ「………………」

P『俺もあずささんと一緒で楽しみですよ』

P『うーん、もう少し感情を出して』

P『どこにいたって探しに行きますよ、あずささんだから』

あずさ「……」ギュッ

ヒック、グスッ……プロデューサーサン……グスッ……

827 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 04:14:11.66 ID:StedxpPDO
翌朝

P「おはようございまーす」

春香「おはようございます」

あずさ「おはようございます……」

美希「おはようなのー!」

律子「あっプロデューサー、お願いがあるんですが」

P「はい」

律子「実は今日雑誌の取材が入っちゃって……あずささんのレッスンの同行お願いできますか?」

あずさ「!!」ビクッ

P「あー……うん、アイドルからの転身じゃ注目されるもんな。オッケー」

律子「美希と春香も」

美希「とーぜんなの!」

春香「はーい」

828 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 04:18:33.79 ID:StedxpPDO
美希「ハニー!ミキもそろそろ新曲欲しいの!」ギュッ

P「最近出しただろー」

美希「ケチケチしないで1ヶ月に三枚くらい出せばいいの!」

P「バカ言え、どこから予算出てくるんだ」

美希「ファンから」

P「怖いこと言うなよ」

春香「あはは、相変わらず仲良いですね」

あずさ「そう、ね」

春香「あずささん?」

あずさ「……」

春香(寝てないのかな?凄い隅……)

829 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 04:23:54.61 ID:StedxpPDO
―――

春香「~♪」

美希「~♪」

あずさ「~♪」

P(やっぱりあずささんは上手いなぁ)

P(最後の一押しはどうするかな)

春香「ふぅ、どうでしたか?」

美希「完璧なの!」

あずさ「……」

P「うん、皆良かったよ、少し休憩にしよう」

832 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 04:29:11.89 ID:StedxpPDO
美希「春香はそんなんだからすぐ転ぶのー」

春香「うるさいなーわざとじゃないもん」

P「ははは」

あずさ「……」

P「あ、そうだ新曲の話だけど」

美希「ミキの!?」

P「違う、しっとりとした歌だから美希のイメージじゃない」

美希「歌えるのにー」ブーブー

春香「じゃあ……千早ちゃんか、あずささんですか?」

P「うん、誰か試しに歌って……」

バンッ!

美希「わっ!」

あずさ「や、やります!歌わせてください!」

P「……」

833 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 04:35:16.34 ID:StedxpPDO
P「春香、一回頼む」

春香「わ、私ですか?でも」チラッ

あずさ「お願いします!私にもやらせてください!」

春香(凄い気合い……)

美希(あずさのこんな顔初めて見たの……)

春香「じゃ、じゃあ試しに二人で歌ってみるって事でどうでしょう?」

P「いいから早くしてくれ」

あずさ「……」

春香「い、行きましょうあずささん」

あずさ「えぇ」

834 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 04:39:04.08 ID:StedxpPDO
あずさ「……」

春香(こ、怖いくらいの気合い……)

美希「むー、あずさがハニーばっかり見てるの」

P「気のせいだろ……んじゃいくぞ」

あずさ「はい」

春香「よろしくお願いしまーす」

♪♪♪

あずさ「~♪」

春香(何これ……横で歌うの嫌になるんですけど!)

P「……」

837 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 04:43:56.94 ID:StedxpPDO
あずさ「~♪」

美希「ふわぁ……」

P(美希でも見入る程の感情表現……でもまだまだ)

あずさ「……ふぅ」

春香「す、凄いです!最高ですよ!この曲は絶対にあずささんが歌うべきです!」

あずさ「ふふっ、ありがとう春香ちゃん……自分でも今のはよくできたと思うわ」

P「……悪い、トイレ」

美希「行ってらっしゃいなの」

あずさ「……」タッ

838 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 04:50:40.23 ID:StedxpPDO
廊下

P「……」スタスタ

あずさ「プロデューサーさん!」

P「……」ピタッ

あずさ「ど、どうでしたか?以前プロデューサーさんに言われた通り、もっと感情を出したつもりなんですが」

あずさ「じ、自分で言うのもなんですけど、上手くいったというか」

あずさ「プロデューサーさんに認めてほしくて、頑張ったらまたお話してもらえると思って、それで」

P「……」クルッ

あずさ「あ……」

841 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 05:04:03.45 ID:StedxpPDO
P「……」スタスタ

あずさ「あ、待ってください」

P「……」スタスタ

あずさ「……」ペタン

あずさ「……」

あずさ「……」

あずさ「……」

あずさ「私の事なんか……もうどうでも、いいんですね……ふ、ふふっ、うふふ……」

842 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 05:10:55.48 ID:StedxpPDO
ザーザー

美希「雨なの」

P「うわ、凄い降ってるな」

春香「それよりあの、あずささんは?」

P「トイレだろ、その内戻ってくるよ」

春香「まさか酷いことしてませんよね?」

P「してないしてない、するわけないだろう」

春香「私、呼んできます」

P(いやでもちょっとやり過ぎたかな……あそこでネタばらしすべきだったか)

美希「雷まで落ちそうなのー」

P「えぇ……」

春香「……トイレ見てきましたけど、あずささんいませんでしたよ」

P「えっ」

843 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 05:15:06.48 ID:StedxpPDO
春香「帰っちゃったんじゃ……」

P「この大雨の中を?」

美希「電話してみたらいいの」カチカチ

美希「……出ないの」

P「おいおいマジか」

春香「さ、探してきます!」

美希「ミキも行くの!」

P「いや二人はここにいてくれ、あずささんの事だから建物の中でも迷子になってるかもしれん」

春香「……否定出来ませんね」

P(えらいことになっちまった)

846 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 05:25:05.33 ID:StedxpPDO
ザーザー

P「くそっ!やっぱりあそこで止めときゃ良かった!」

P「どこ行っちゃったんだ……あ、タクシーで事務所にとか」カチカチ

小鳥『はいもしもし、どうしました?』

P「あの、あずささん戻ってませんか?」

小鳥『いいえ、一緒なんでしょう?』

P「あ、いえ、ちょっとその……」

小鳥『……もし戻ったら連絡しますから、急いで探してあげてください』

P「は、はい」

小鳥『見つかるまでプロデューサーさんも帰って来なくて結構です』

P(怒っていらっしゃる……)

848 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 05:30:43.92 ID:StedxpPDO
ザーザー

P「全く止む気配が無いな……」

ゴロゴロ

P「雷とか勘弁してくれよ」

P「あぁくそ、何で俺はもっと良い方法を……!」

P「いくら何でも最悪の事態はないと思いたいけど」

P「おーい!あずささーん!」

P「あーずーさーさーん!」

P「あずささぁぁぁぁぁん!!」

ゴロゴロドガシャーン!

P「あずささん……」

850 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 05:41:18.76 ID:StedxpPDO
ザーザー

P「ハァハァ……どこ行っちゃったんだ」

P「そうだ、普通に自宅に戻ってるんじゃ」カチカチ

P「……そりゃ出ないわな」

ブーンブーン

P「うおっ?あ……あずささん!?」

あずさ『短い間でしたが、大変お世話になりました』

P「え?」

P「そんな、まさか」

P「あずささん……あずささん!!あずささぁぁぁぁぁん!!」

あずさ「はい」

854 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 05:47:18.07 ID:StedxpPDO
P「え゙っ!?」

あずさ「ずっと近くにいたんですよ?気付きませんでしたか?」クスクス

P「……」

あずさ「この雨じゃ私も歩き回れませんよ」

P「……」

あずさ「どうしたんです?そんな顔をして」

あずさ「私、今とっても嬉しいんですよ」

あずさ「3日程度の筈なのに、ずいぶん久しぶりにプロデューサーさんに呼んでもらった気がします」

あずさ「うふふ……嬉しい……さぁ、プロデューサーさんも笑ってください」

P(こんな酷い笑顔があるか……俺のせいでこんな……)

ザーザー

855 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 05:53:07.72 ID:StedxpPDO
P「と、とりあえず事務所に帰りましょう。風邪をひきます」

あずさ「ふふっ、そうですね」

P「美希と春香も呼ばないと」

あずさ「いやっ!!」

P「え?」

あずさ「ま、また、また無視するんですよね?また私の事なんかどうでもいいって!」

P「あずささん?」

あずさ「嫌……嫌!私帰りたくありません!」

P「……」

あずさ「……あらあら、早く帰らないとずぶ濡れですよ?」

P「う……」

856 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 05:58:42.28 ID:StedxpPDO
事務所

P「……」

小鳥「で、何とか引っ張って帰ってきたと」

P「はい」

あずさ「……」ビクビク

春香「だ、大丈夫ですよあずささん、着替えて暖かくしましょうね」

あずさ「……」コクコク

小鳥「歳下の春香ちゃんにしがみついて……」

美希「……」

P「……」

美希「いくらハニーでも、あずさが元気になるまで許してあげないの」

858 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 06:03:40.48 ID:StedxpPDO
美希「本当はぶん殴りたいくらいだけど」

P「……」

美希「そんなことしてもあずさは元気にならないの……春香!ミキも手伝うの!」

小鳥「二人ともよろしくお願いね」

P「……」

小鳥「さてと、入っていいわよ」

真「……」

亜美「……」

伊織「……」

律子「……」

860 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 06:13:33.76 ID:StedxpPDO
伊織「このバカ!!あんた一体何考えてんの!?」

亜美「兄ちゃんサイテー」

律子「まぁまぁ二人とも落ち着きなさい……まずは話を聞きましょう」

P「お、俺はただ、あずささんの表現力を伸ばしたくて」

真「それが泣かせることなんですか?」

P「違う!実は……歌っている歌に対してあずささんがあまりに優しい表情をしているって意見があって」

P「それで、もっと影のある表情を出せたら表現の幅が広がるんじゃないかと思って」

P「だけどそういうのって実際の経験がないと難しいから、だからこう……」

伊織「悲しませようとした?」

P「うん」

律子「なるほど、よくわかりました。それでは」

パシーン!

863 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 06:18:26.91 ID:StedxpPDO
P「……っ!」

律子「私も違和感があったのに止められませんでしたから、一発で我慢します」

小鳥「私に至っては言い出しっぺみたいなものですから何も言えませんね」

真「僕も……あの時さっさと出ていれば」

P「いや、全部俺が悪い」

亜美「そうだよ!あずさお姉ちゃん泣かせんな!バカ兄ちゃん!」

伊織「……そこのへっぽこ脳ミソ皆無底抜け大馬鹿プロデューサー」

P「……」

865 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 06:22:55.41 ID:StedxpPDO
伊織「影のある表情?歌のイメージに対して優し過ぎる?」

伊織「あんたまさかあずさの一番の魅力を理解してないの?」

伊織「あの笑顔でしょ!!暗い顔と笑顔とどっちが見たいのよ!?」

伊織「仮にも一丁前にプロデューサーを名乗るくらいなら」

伊織「訳のわかんない迷走してないで、一番の武器で勝負させなさい!!」

P「……」

伊織「笑顔の魅力を引き出せって言ってるの!!解った!?」

P「は、はい」

律子(言いたいことのほぼ全て言われちゃった)

869 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 06:47:18.34 ID:StedxpPDO
春香「あの~……」コソコソ

美希「着替え終わったの」

あずさ「……」

P「……」

あずさ「……」

P「すいませんでしたぁ!!」バッ

律子「2、30発……いえ、死なない程度なら何してもいいですよ」

P「そうです!許してくれなんて言いません!何でもします!」

あずさ「あ、いえ……謝られても……」

P「ですよね……」

871 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 06:55:12.92 ID:StedxpPDO
あずさ「顔を上げてください」

P「……」

あずさ「……」ジッ

P「う……」

あずさ「目を逸らさないでください」

P「はい……」

あずさ「……」

P「……」

あずさ「無視されるのって、辛いんですよ」

あずさ「しかもわざと仲良くなってからだなんて、酷すぎます」

あずさ「怒るより、ただひたすら悲しいです」

P「……」

あずさ「私の為を思ってしてくれたなんて、思えません」

873 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 07:03:39.66 ID:StedxpPDO
P「……」

あずさ「はっきり言って最低です」

P「はい」

あずさ「ですけど……その……あの、えっと……」

美希「我慢する事ないの、言いたいことは全部そのまま言えばいいの」

あずさ「美希ちゃ……ん」

あずさ「……」

あずさ「…………ばか」

あずさ「バカバカバカ!プロデューサーさんのバカ!どうしてこんな酷いことするんですか!」

あずさ「ふ、普通に、言ってさえくれたら、私だって、頑張っ……って……ひっ、く」

あずさ「わ、私が、どれだけ寂しかったか、わかりますか!?ふぇっ……」

P「……」

875 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 07:07:35.42 ID:StedxpPDO
小一時間後

あずさ「ひくっ……」

亜美「お姉ちゃん大丈夫?」

あずさ「だ、大丈夫よ、カッコ悪いところを見せちゃったわね」

亜美「んーん、全然」

P「……」

伊織「これでまだ反省しないなら地獄行きどころか生まれたことを否定してやりたくなるわね」

真(酷い)

P「反省してるよ……どれだけ謝っても許されないと思う」

P「だから責任を取って」

あずさ「ダメです」

P「へっ?」

877 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 07:11:53.12 ID:StedxpPDO
あずさ「何でもするって言いましたよね?辞めてさよならなんてダメですよ」

P「じゃあどうしたら……」

あずさ「私が許すまで、ある条件で働いてもらいます」

伊織「奴隷だわ……」

春香「あわわ……」

あずさ「そんなのじゃないわ」ニコリ

美希「ハ、ハニー、頑張ってね、ミキは助けてあげられないけど」

律子「まぁどんな条件でも文句は言えないわね」

小鳥「たとえ無給でも」

P「ひいぃ……」

881 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 07:19:41.22 ID:StedxpPDO
数日後

響「そこの人!お茶がほしいぞ!」

伊織「ちょっと、スケジュールの確認がまだなんだけど?」

やよい「うー……届かないですぅ」ヨタヨタ

美希「ハニー……じゃなかった、あれに取ってもらえばいいの」

亜美「ふっふっふ、そこのこのあれ!」

P「いい加減代名詞で呼ばれるのキツいんだけど……地味に効く」

律子「あずささんのお許しが出るまではダメですよ」

P「……」チラッ

あずさ「……」ツーン

P「はぁ……わかりました、そこのあれ、今日も元気に働きます」

あずさ(当分許してあーげない……ふふっ)

律子(あら、意地悪な顔が出来るようになってる)

おわる

885 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 07:22:51.81 ID:Ry9PH+UZ0
上げて落とすと破壊力倍増ですね 乙

886 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 07:23:38.80 ID:Ix7vkKJ+0

ほんまハッピーエンド最高や!

887 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 07:24:45.90 ID:StedxpPDO
本当はどしゃ降りの中、どんなに無視されても
Pの家の前でひたすら佇むあずささんとかやりたかったけど、ぼく大好きなあずささんにそんな酷いこと出来ないよ!
レス的にも時間的にも長々と本当に申し訳ない、短くギャグ寄りにすべきだったと反省している
おやすみなさい

888 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 07:34:17.15 ID:Z7w749aL0


889 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 07:39:59.64 ID:EacgyYafO
乙最高だったよおやすみ

890 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 07:43:12.87 ID:SCVwhx6bO
最高に乙

891 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 07:50:25.99 ID:BqEcoa3K0


うん、胃に優しくないかけどたまにはいいな

896 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 09:01:46.16 ID:ReDUbc790
律子はよ

898 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 09:11:42.94 ID:O4fPFZ490
あずささぁぁぁぁああああああああああああああああああああああんんんんん!!!!!!!!!!!!!

903 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 10:28:22.18 ID:0gLtrbSz0

あずささんに目覚めそうになった
俺には美希が…

ここまできたなら>>1000まで頑張れよ

906 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 11:32:52.15 ID:H/Yb5Xs1O
あと10回くらい貴音お願いします!

910 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 12:16:13.61 ID:526HEikH0
律子「あ、プロデューサー。おはようございます」

P「…………」

律子「プロデューサー? もしもーし」

P「…………」

律子「ちょっと。何で無視するんですか?」

P「…………」

律子「いい加減にしないと怒りますよ」

P「…………」

912 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 12:24:35.02 ID:526HEikH0
やよい「うっうー! おはようございまーすっ!」

P「おはよう。やよいは朝から元気だな」

律子(やよいとは話すのね……うーん、どういうことなのかしら)

やよい「律子さん、どうかしましたか?」

律子「えっ?」

やよい「なんだかうーんって感じで、難しそうな顔してました」

律子「そんなことないわよ。今日はドラマの撮影で少し遠くまで行くんでしょ? 早くしてきなさい」

やよい「竜宮小町だけじゃなくて、私達のスケジュールまで把握してるなんて……さすが律子さんですー。支度してきまーすっ」

P「あ、俺も手伝うよやよい」

やよい「えっ、でも律子さんとお話し中じゃ……」

P「いいからいいから」

律子「あっ……行っちゃったわね」

913 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 12:28:26.75 ID:526HEikH0
律子「うーん……私、何か気に障るようなことでもしたのかしら」

伊織「律子。そろそろ現場に行く時間よ」

律子「おっと、そうね……行きましょう」

伊織「こんな時にぼーっとしてるなんて、律子らしくないわねぇ」

亜美「律っちゃん調子悪いのー?」

律子「そんなことないわ。元気一杯よ」

あずさ「それならいいのだけれど……何だか心配だわ」

916 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 12:33:02.03 ID:526HEikH0
数時間後――

律子「ただいま帰りましたー」

小鳥「律子ちゃん、お帰りなさい。あら、竜宮小町のみんなは?」

律子「すっかり暗くなっちゃったので、今日は現場で別れました。私は事務処理などがあるので……」

小鳥「そうなんですか。コーヒーでも淹れますね」

律子「すみません、お願いします」

P「ただいま帰りました」

律子「プロデューサー……」

小鳥「あら……プロデューサーさん、お帰りなさい。コーヒー、飲みます?」

P「えっと……」

律子「……? 私の顔に何かついてますか」

P「すみません、今日はもう帰ります」

小鳥「そうですか……お疲れ様でした」

917 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 12:33:19.99 ID:X1J7OoRh0
やっとりっちゃんキタ!

918 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 12:35:48.29 ID:526HEikH0
小鳥「なんだかものすごい勢いで、事務所を抜けだしていったわね……プロデューサーさん」

律子「待って!」

小鳥「律子ちゃん!? ……行っちゃった」

小鳥「おいしいクッキー買っておいたんだけれどなぁ……今度にしましょ、一人で食べるのも虚しいし」

919 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 12:38:56.33 ID:526HEikH0
律子「待ってくださいプロデューサー!」

P「…………」

律子「なんで私のことを避けるんですか。私、プロデューサーの気に障るような事しました?」

P「…………」

律子「黙ってちゃ分かりません。言いたいことがあるならはっきり言ってください」

P「…………」

律子「……もう、いいです。プロデューサーなんて知りませんから!」

921 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 12:45:34.12 ID:526HEikH0
――自宅

律子(もう、いったい何なのよ)

律子(最近はプロデューサーと仲良くやれてると思ったのに)

律子(この前なんて一緒に遊園地なんて行っちゃったし)

律子(あれは楽しかったな……はぁ)

律子(楽しかった思い出のはずなのに、なんだか悲しくなってきた)

律子(プロデューサー、あなたが何を考えてるのか……まったく分からないですよ)

922 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 12:51:59.49 ID:526HEikH0
次の日――

律子「おはようございます」

伊織「あら、律子にしては遅いじゃない」

律子「ごめんなさい、ちょっと寝坊しちゃった」

律子(プロデューサーのこと考えてたら、なかなか眠りにつけなかった……なんて言えないわね)

あずさ「まだ時間ありますから大丈夫ですよー」

伊織「ま、あくまで律子にしては遅いだけだしね。さっき連絡があったけど、亜美が来るのはギリギリになりそう」

律子「そう……」

あずさ「あら、律子さん……本当に大丈夫?」

律子「何がです?」

あずさ「だって、ねぇ……」

伊織「いつもなら亜美の奴なにやってんのよ! って怒るところじゃない」

律子「あ、そうよね。どこで油売ってんのよ亜美は……まったく、困った子だわ」

924 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 12:55:22.25 ID:526HEikH0
春香「あ、律子さん来てたんですね。おはようございまーす!」

律子「おはよう春香。それに、プロデューサー……」

P「…………」

春香「プロデューサーさん?」

P「どうした春香。早く仕事に行くぞ」

春香「は、はい……」

律子(一日経ったら元通り……なわけないわよね)

伊織「何よアイツ。律子が挨拶してるのに無視だなんて」

あずさ「だめよ伊織ちゃん。プロデューサーさん、急いでたのかもしれないわ」

律子「そうそう。別に私は気にしてないから」

925 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 12:59:16.30 ID:526HEikH0
数時間後――

あずさ「今日のお仕事はもう終わりだったかしら」

伊織「そうね。なかなかハードだったわ」

亜美「いおりんはまだまだですなぁ」

伊織「遅刻した奴に言われたくないわね」

律子「そうそう。次から遅刻しちゃだめよ亜美」

亜美「はーい」

律子「遅刻したらゲーム機没収するからね」

亜美「えーっ!」

律子「えー、じゃないでしょ。遅刻しなければいいの、分かった?」

亜美「ぶーっ……分かったよぉ」

926 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 13:02:38.46 ID:526HEikH0
律子「ただいま帰りました……ってプロデューサー殿お一人ですか」

P「…………」

律子「周りに誰もいなくても無視するんですね」

P「…………」

律子「あなたがいつまでもそうするなら、私にも考えがあります」

P「…………」

律子「私も、あなたに関わりません」

P「…………」

律子「今すぐに謝れば、許してあげますけど」

P「…………」

律子「そう。それがあなたの答えなのね、本当に残念」

律子「さようなら、今までありがとうございました」

929 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 13:12:44.87 ID:526HEikH0
律子(あは、あははは……)

律子(私、舞い上がっちゃってたのかな……ちょっとプロデューサーが優しくしてくれたからって)

律子(私みたいな地味で寸胴な女なんか……眼中にないに決まってるじゃない。きっと迷惑だったのよね)

律子(私が遊びに誘ったりしなければ、こんな事にはならずに済んだのかしら……)

律子(…………)

律子(はぁ……私って本当に馬鹿だわ)

930 小鳥→律子は「律子ちゃん」じゃなくて「律子さん」だった。すみません :2012/04/12(木) 13:19:26.15 ID:526HEikH0

数日後――

律子「おはようございます」

小鳥「律子さん、おはようございます。あの……」

律子「はい?」

小鳥「そろそろプロデューサーさんと、仲直りした方がいいんじゃないでしょうか……」

律子「仲直りって……まるで私とプロデューサーが、ケンカでもしてるみたいじゃないですか」

小鳥「ここ数日、口も聞いてないんですよね」

律子「もう、お互い一切関わり合わないって決めたんですよ」

小鳥「えぇっ!?」

律子「そもそも今までがおかしかったんですよ。いくら同じ事務所とはいえ、違うアイドルたちをプロデュースしてるんです」

律子「つまり商売上では敵とも言えるわけです」

律子「必要以上の関わりを持つなんてもってのほかですよね」

小鳥「律子さん……本当にそう思ってるんですか?」

律子「もちろんですよ」

律子(そんな風に思ってるわけ、ないじゃない……)

932 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 13:21:21.97 ID:526HEikH0
P「おはようございます」

小鳥「プロデューサーさん……」

P「律子!」

律子「…………」

P「聞いてくれ、律子!」

律子「小鳥さん。私、先方との打ち合わせに行ってきますね」

小鳥「え、でも……」

律子「それじゃ」

P「律子、待ってくれ! 律子……」

933 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 13:27:02.16 ID:526HEikH0
律子(自分から無視しておいて一体何なのよ……わけが分からないわ)

律子(でも……少し、嬉しかったかも)

律子(…………)

律子(って何を言ってるのよ私は。向こうが最初に無視し始めたのが悪いのよ)

律子(相手の都合に振り回されるなんて……馬鹿な男に引っかかりやすいのかも、私)

律子(でも簡単には許さないんだからね。私がどれだけ悲しかったか味わってもらうわ)

934 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 13:30:43.05 ID:526HEikH0
数時間後――

律子(ん? 私の家の前に誰かいるような……)

律子(げっ、プロデューサーじゃない。人の家の前で何やってんのよ、不審者として通報されても知らないわよ)

律子(でも困ったなぁ。どうやって家に入ればいいのよ)

律子(あら、誰かがプロデューサーに近づいてくる……もしかして警官?)

P「お、俺は怪しいものじゃないですよ」

警官「最近この辺りに不審者が出るって聞きましてね。あなた、ここで何してるんです?」

P「ここ知り合いの家でして……」

警官「じゃあ入ればいいじゃないか。何でつったってるの? 怪しいなぁ」

P「それは、その……」

935 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 13:35:32.89 ID:526HEikH0
律子(あー、もう! 見てられないわ!)

律子「すみませーん!」

警官「はい?」

律子「律子!?」

律子「ここ、私の家なんですけど……何かあったんですか?」

警官「この男性が家の前でつったっておりましてね……」

律子「すみません、私の知り合いなんです。ご迷惑をおかけしました」

警官「あ、そうなんですか。これは失礼をいたしました」

律子「いえいえ、こちらこそ申し訳ございません」

939 ×律子「律子!?」 ◯P「律子!?」 :2012/04/12(木) 13:46:46.52 ID:526HEikH0
P「助かったよ律子、ありがとう」

律子「…………」

P「無視してごめんな」

律子「…………」

P「俺が律子を無視した理由、話しておくよ。今話せなかったら、一生話せない気がするから」

律子「…………」

P「この前、遊園地行ったの覚えてるか?」

律子(忘れるわけないじゃないですか……)

P「あの時、黒井社長の知り合いに写真を撮られてしまったんだ……二人きりで観覧車に乗ってる所を」

律子「……っ!?」

律子(あんな所を写真に……? なんて恥ずかしい!)

P「そしてそれをネタに脅されてしまったんだ。秋月律子とは二度と関わるなって……」

P「関わったら、この写真を雑誌に載せるぞと言われた」

律子(じゃあ何で今は普通に話してるのかしら?)

941 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 13:54:04.50 ID:526HEikH0
P「でも、その心配はなくなった。なぜなら、こっちもスクープ写真を入手したから」

P「それがこれだ。黒井社長が、961プロのアイドルである伊集院北斗を連れて……ホテルから出てきた写真!」

律子(うわぁ……黒井社長、そっちのケがあったのね)

P「まぁこういう手段は、決して褒められたものじゃないけどな……」

P「律子には本当に迷惑をかけてしまった。いくら謝っても許されることじゃない」

P「このまま無視し続けても構わない……律子がそれを望むなら」

律子「そんなこと望んでるわけ、ないじゃないですか」

P「律子……」

律子「これ以上ばかな事を言うなら……怒りますよ?」

律子「うっ、ううっ……こっち、見ないで。泣き顔は……見られたくないです」

P「あ、あぁ……すまん」

942 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 13:55:32.97 ID:XSs/t95w0
りっちゃん可愛い

943 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 13:56:27.38 ID:O4fPFZ490
こっち見ないでください→抱きしめるのコンボじゃないのか!

945 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 14:05:03.16 ID:526HEikH0
P「落ち着いたか」

律子「はい……ハンカチ、ありがとうございました」

P「ん」

律子(それにしても、本当に遊園地に遊びに行ったのが原因だったとは……理由は全然違ったけれど)

P「考え事か?」

律子「えぇ、まぁ……。それにしても、写真を撮られてるとは」

P「雑誌に載せられてたらスキャンダル間違いなしだっただろうな……危ない危ない」

律子「そうですねぇ……ってあれ?」

P「どうかしたのか?」

律子「別に私とプロデューサーが遊んでる写真撮られても、大した問題じゃないような」

P「え?」

律子「だって、今は私もプロデューサーなわけですし……」

P「あ」

律子「あ、じゃないでしょーが! このバカプロデューサー!」バキッ

律子(プロデューサーには、私が傍に居てあげないとダメね……)
                                                  おわり

946 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 14:09:09.58 ID:526HEikH0
亜美真美よろ→☆

947 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 14:11:16.92 ID:XSs/t95w0



948 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 14:19:51.95 ID:FRAUMqsFO
このスレも残りわずかか……

952 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 14:39:34.96 ID:5HGLFR3n0
亜美真美を出来なかったことだけが悔やまれる

954 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 14:41:31.52 ID:XSs/t95w0
亜美真美が出来る鋼の心の者はおらんか

980 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:06:12.10 ID:StedxpPDO
亜美「おはよ→」

真美「ございま→す」

P「……」

亜美「おーい、おはようってば」

真美「もしもーし?兄ちゃんやーい」

P「……」

亜美「むぅ」

真美「聞こえてないふりだYO!」

亜美「そっちがその気ならこっちにも考えがあるぜぇ」

真美「やっちまおうZE!」

千早(どっちも小学生か)

981 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:11:20.17 ID:StedxpPDO
P「……」

亜美「シャチョさんシャチョさん、お仕事大変ね、マサージしたげるアルよ」

真美「アイヤー、肩も首もバキバキのコトよ」モミモミ

P「……」

千早(気持ち良さそうな顔しちゃって)

亜美「こ→こ→もこってますねぇ」コチョコチョ

P「…………ンブフッ」

真美「うぇっへっへっ、サービスするアルよ」モミモミコチョコチョ

P「ンッ……ンググ……プッ」

千早(仲のよろしいことで)

984 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:17:38.31 ID:StedxpPDO
P「……」プルプル

真美「ちっ、効かない」

亜美「ふっふっふ、しかし抵抗しなければもっと凄いことしちゃうよ」

真美「凄いことって?」

亜美「ゴニョゴニョ」

真美「オッケー」

P「?」

亜美「……」コソコソ

真美「……せーの」コソコソ

亜美「フー」

P(こ、こいつら耳元で息を!)

985 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:20:38.36 ID:StedxpPDO
真美「フー」

P「……」

千早(だらしない顔ね)

亜美「フッフッフー」

真美「兄ちゃぁん、返事して?」

亜美「亜美寂しいなぁ」

真美「返事してくれないとぉ」

亜美「んふふ~……チューしちゃおっかなぁ」

P「!?」

亜美「んー……」

真美「あ、ちょっと亜美……」

亜美「んっ……」

P「わかったわかった!!よせ、止めろ!」

亜美「……勝った」

986 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:24:00.73 ID:StedxpPDO
P「お前らには敵わん」

真美「な、なんで聞こえてないふりなんかしたの?」

P「あぁいや、そろそろ二人にも落ち着きが必要かと思ってな」

P「一緒になって遊んだり構ったりしなきゃ大人しくしてるかと思ったら……益々元気になりおって」

亜美「兄ちゃんがどこまで我慢出来るか試してもよかったけどねー」

真美「家の前に落とし穴掘ったりね」

P「勘弁してくれ」

987 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:29:47.67 ID:StedxpPDO
亜美「これに懲りたら亜美も真美も無視しないこと!」

真美「こと!765プロ五つの誓い!」

P「あぁわかったわかった」

ベシッ

P「いてっ?」

千早「デレッデレしてるとこ申し訳ないですけど、そろそろ仕事ですよロリデューサー」

P「誰がロリデューサーだ」

千早「子どもに構われてニヤニヤしてるプロリコンさん、行きますよ」

P「はーい」

亜美「帰ってきたら今度は兄ちゃん無視しちゃおっか」

真美「泣かしちゃうぜー」

P(何か嫌な予感がひしひしと)

おわる

988 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:31:58.71 ID:5HGLFR3n0
よくやった乙!
これで全員終わったな!

989 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:33:46.98 ID:xC8zhbto0


990 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:35:24.39 ID:4VzoazhP0
乙!

991 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:41:03.99 ID:Z7w749aL0
雪歩やあずさのヘビーさとは大違いだなwwwwww

何はともあれ乙

992 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:41:32.19 ID:pxk3DBwn0
楽しかった


993 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:43:06.68 ID:Ry9PH+UZ0
帰ってきたら終わってた
全員書き終わったのか 乙!

995 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:46:41.15 ID:no6UlG/e0
しかしリレー作でよく続いたな

996 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 17:47:17.43 ID:7Qr83zM30
みんな乙!
こういう各個人が各キャラ一人一人取り上げて同じテーマでss書くのいいな

883 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 07:20:32.89 ID:/wSkLaoUO
DAIGO「プロデューサーぁ~、おつかれうぃしゅ!」

P「……」

DAIGO「ちょ、何なんスかー。ちょっとノリ悪いじゃないっスか~」

P「……」

DAIGO「ちょっと待って下さいよ~。もしかしてガチじゃないっスか?コレ」

P「……」

DAIGO「……あー、オレ、何かやっちゃったカンジっスかね?空気を読まないで的な」

P「……」

957 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/12(木) 15:19:33.60 ID:9TPtleJr0
DAIGO「プロデューサー、無視は結構俺的にもヤバげッスから~。もっとなんかないっすか~?」

P「……」

DAIGO「……あ、そっか。無視されてんなら話しかけても無駄っすもんねぇ」

P「……」

DAIGO「じゃあどうするか俺が考えなきゃなんすよね~。俺こう見えても考えるのとか結構得意で~」

P「……」

DAIGO「ほら、俺の爺ちゃん? 考えるの得意だったからあそこまで行った? みたいなとこあるしぃ!
      俺もほら、そういうの実は得意系? ウィッシュ☆」

P「……」

DAIGO「……はぁーん、そっすねぇ~。じゃあこういうのどうスか?
      いっそのこと、全員無視しちゃう、とか~……あー、それちょっとヤバい?」

P「……」

DAIGO「じゃあこういうのどうスか~? 一緒に仕事サボって親睦会、とか~。
      ほら、無視って、相手のこと見てないわけじゃないッスかぁ。だから、あえて? 逆に?」

P「……」

DAIGO「これも無理系? じゃあどうすっかなぁ~」

P(ふぇぇ……知らないアイドルに絡まれちゃってるよぅ……助けて律子ぉ……)

アイドルマスター 9(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2012-06-28)
売り上げランキング: 950
関連記事
2012/04/14 01:14 | CM(9) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/04/14 02:35 ]
  2. DAIGOワロタwwwwwwww
  3. 774@いんばりあん [ 2012/04/14 04:41 ]
  4. 最後にまさかの刺客がwww
  5. 名無しで御座います [ 2012/04/14 04:43 ]
  6. 胃が痛くなる内容だな…と思っていたら、最後の最後で腹が痛くなりましたw
  7. 774@いんばりあん [ 2012/04/14 05:21 ]
  8. 最後なんだよwww
  9. 774@いんばりあん [ 2012/04/14 15:07 ]
  10. 最後なんだよwwww
  11. 774@いんばりあん [ 2012/04/14 18:10 ]
  12. ラストwwwわらかすなwww
  13. 774@いんばりあん [ 2012/04/15 19:58 ]
  14. 醤油ふいたじゃねーか
  15. 774@いんばりあん [ 2012/04/16 02:53 ]
  16. DAIGO万能過ぎだろwww
  17. 774@いんばりあん [ 2012/05/13 17:14 ]
  18. P→雪歩には愛も何もねーじゃんとか
    グチグチ言おうかと思ったけどDAIGOで許したwwww
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング