HEADLINE

店員「温めますか?」

2012/05/04 12:00 | CM(4) | 創作・男女系 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:15:54.97 ID:bldwQZgy0
男「あっ、はい。お願いします」

店員「分かりましたぁ」ギュー

男「……」

店員「どうですか?温まりましたか?」

男「はい。いつもありがとうございます」

店員「これも仕事ですから♪」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:17:27.00 ID:Hjsbt1ce0
ウホッ♂

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:18:40.29 ID:bldwQZgy0
男「じゃあ今日はこれで…」スッ

店員「はぁい♪またのご利用お待ちしておりまぁス♪」



店員2「行ったすか?」

店員「あーうん、行った行った」

店員2「おつかれさまでぇす」

店員「ういーす」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:20:35.88 ID:bldwQZgy0
店員2「それにしても今日も来るとか……まじでどんだけなんすか、あの男」

店員「確かにwww来すぎwww」

店員2「もしかして先輩に気があるのかもwww」

店員「ちょwwwやめてよwwwきもいwww」

店員2「でも今日で連続一週間でしょwww?間違いないッスよwww」

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:24:30.92 ID:bldwQZgy0
店員「うっそwwwやめてよwwwあたしタイプじゃないんですけどwww」

店員2「そうなんすか?ならなんであの男のときいつも自分から行くんスかwww」

店員「だってあの人無茶苦茶お金くれるんだもんwww」

店員2「えーwwwいくらすか?マジ気になるんですけどwww」

店員「10万円wwwwwwww」

店員2「ぶほっ!?」

店員「ちょ、きたないwwwww」

店員2「す、すんませんwwwwむせたwwwwwwww」

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:25:20.41 ID:7wClqvgR0
やめろよ










やめろよ

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:28:19.87 ID:bldwQZgy0
店員2「えーwwwつかマジッすか?ここって一回温めるの1000円ですよ!?
    なんで10万も落としてくんスか!?」

店員「やっぱりあたしが可愛いからっしょwww」

店員2「ないわぁwwwwそれはないわぁwwwww」

店員「おい、笑うなwwwwww」

店員2「したら次あの人来たら、あたし行ってみてもいいっすかねwwwww」

店員「ダメよ、ダメダメwwwあのカモは渡さないわwwww」

店員2「うっわぁーwwwケッチーwww」

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:29:15.80 ID:mK/Yq7Uw0
2も女だったのか

14 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:30:06.59 ID:VK3YKUcg0
一週間連続で70万やん

16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:32:28.48 ID:bldwQZgy0
店員「ふふん、初めに温めたもん勝ちなのよwwwwww」

店員2「くっそwwwwwあーあ、羽振りのよさそうな男どっかにいないかなー」

店員「いてもキモメンよ、きっとwww」

店員2「ちょwwwやめてくださいよwwwwフツメンに抱きつくならまだしも
    キモメンは勘弁wwww」

店員「だよねーwww」

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:33:14.23 ID:7wClqvgR0
可哀想

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:33:39.36 ID:VpUYOEHPO
:(´・ω・)ω・`)
::/⌒つ⊂⌒ヽ:

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:36:03.19 ID:bldwQZgy0
店員2「昔この店来たキモメンいたじゃ無いすか?あの人マジ臭くて
    アレ以来トラウマなんすよねぇ」

店員「分かる分かるwwwキモイ男ってなんであんなに臭いんだろうねwww」

店員2「その点、さっきの人は良いっすよね。イケメンじゃないけどキモメン
    でもないしwwww」

店員「なにより臭くないしねwwwww」

店員2「wwwwwwwwwww」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:36:21.45 ID:B7gg5ubp0
なんという現実味溢れるスレだよ…

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:39:04.04 ID:bldwQZgy0
店員「……っと、そろそろあたし上がりの時間だからぁ」

店員2「ういーっす、おつかれーっす」

店員「じゃ、後よろしくねぇwwwちゃんと仕事しなさいよwww」

店員2「キモメン以外ならwwwww」

店員「wwwwwwwwwww」

店員「じゃ」

店員2「ういーっす」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:41:39.35 ID:bldwQZgy0
そして。


店員「……ふう」パタン

店員「あー、今日もよく働いたわねぇッと」ノビー

店員「あれ?」



男「…」キョロキョロ



店員「あの人、いつもの……何してるんだろ?」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:45:53.66 ID:bldwQZgy0
店員(そういえば、あの人っていつもお昼時に店に来るけど、
   仕事はなにしてる人なんだろ?お金持ってるからには
   働いてるのよね?)


男「…」キョロキョロ


店員「うーん、気になる……」

店員「ちょっとつけてみよっかなー♪」

店員「上手くいけばお金持ちをたくさん呼び込めるかも!?よーし…」

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:49:57.69 ID:mK/Yq7Uw0
バッドエンド希望

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:49:59.70 ID:bldwQZgy0
で。


男「…」ザッザッザッ



店員「……って、ここ老人ホームじゃない」

店員「こんなとこで何して……まさか介護師?介護師ってそんなに儲かる
   仕事だったけ?」


男「……」ザッザッザッ


店員「躊躇なく入って行っちゃうし…」

店員「知り合い……もしかして親戚か誰か入ってるとか?」

店員「うーん…」

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:52:44.80 ID:TBsOgOjl0
気になって眠れないんだが

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:54:06.93 ID:bldwQZgy0
店員「けど、いくらなんでも入るワケにはいかないわよね…」

店員「うちに介護が必要な人なんていないし……ん?」



男「……」カラカラカラ


店員(出てきた!車イス押してる!……家族かな?)



男「ほら、良い天気だよ。母さん」


店員(母さん……。あの人のお母さんかな?ちょっと老け過ぎて……って
   老人ホームにいるんだから、年は取っててもおかしくないのか)

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:55:27.03 ID:mK/Yq7Uw0
同情して好きになっちゃう展開とかいらねえから

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:57:26.11 ID:Wm3WzktFi
寿司か?

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/22(日) 23:58:37.59 ID:bldwQZgy0
店員(それにしても、まだ見た目20代……もし童顔で年とってても30前半
   っぽそうなのに、随分年の離れた親子なのね)


男「ごめんね、母さん。今日も彼女紹介できなくて…」

母?「…」

男「彼女、恥ずかしがりやでさ。まだ心の準備が出来てないみたいなんだ」


店員(彼女?彼女いるのにあいつ、うちの店来てんの?ありえねー)


男「でも、母さんもきっと気に入ると思うよ。とってもかわいい子なんだ」

母?「…」

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:08:06.70 ID:6MRXG1Pm0
男「髪は少し茶色が混じった黒で、ボブカットって言うのかな?短めで
  ボーイッシュな感じなんだ。それで笑顔がとってもかわいくて……
  笑うとえくぼが出来るんだけど、それがたまらなく好きなんだ…」


店員(ふーん。あの人の彼女ってボブカットでえくぼが出来て…)

店員(…………え?)

店員(いやいやいや…まさか、そんな…)


男「今日も彼女と抱き合ってさ。ほら、少し香水が臭うだろ?」



店員(…………あ、あたし……なの?)

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:09:07.66 ID:fEmkX10v0
ほのぼのかと思ったら鬱かと思ったら鬱だった

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:09:57.42 ID:UNAaWpKLi
実は男策士だろ


38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:13:14.01 ID:6MRXG1Pm0
店員(ありえない……ありえないって!!!付き合ってなんかないわよ、
   あたしは!)


男「けど、まだやっぱり恥ずかしいらしくてさ。その、分かるだろ?
  照れ屋なんだよ、彼女」


店員(照れてねーよ!!!というより、付き合ってねーよ!!!)


男「でも、もうすぐ。もうすぐ会えるから…」


店員(え?)


男「今度、プロポーズしようと思うんだ。そしたら彼女もきっと心を
  決めて母さんに会ってくれると思う」


店員(えええええええええええ!?)

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:18:57.56 ID:6MRXG1Pm0
店員(ない!ないないない!ないって!)


男「だから楽しみにしててね、母さん」

母?「…」

男「それじゃ、風も出てきたし部屋にに戻ろうか」カラカラカラ


店員「……うわぁ」

店員「ど、どーしよう…凄い現場を目撃してしまった」

店員「……あたしなのよね、きっと…」

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:21:50.17 ID:6MRXG1Pm0
店員「あの人の言ってる彼女が、あたしじゃなかったら別に
   どうでも良いけど……もし本当に彼女がいるんだったら……」

店員「でも、もしあたしだったら……?」

店員「あの人、明日も来るのかな…」

店員「プロポーズされたら……」

店員「憂鬱すぎる…」

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:27:12.74 ID:6MRXG1Pm0
翌日。



店員「そーゆーワケだからあの人来たらよろしくー」

店員2「おっもwwwまじで重いwwwww」

店員「テンション高すぎ…」

店員2「だってプロポーズでっしょwwwテンション上がりますよぅwww」

店員「あんただけね…」

店員2「えー、でもあの人お金持ってるし、キープ君としてキープしとけば
    いいじゃないですかぁwww」

店員2「お母さんに一回会ってあげるだけで、これからもお金
    入って来るんですよ?ボロイ商売じゃないッスかぁwwww」

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:31:17.75 ID:6MRXG1Pm0
店員「あんたねぇ…」

店員2「でも、そんなに憂鬱なら休んじゃえばよかったのにー」

店員「店長にどーしてもって頼まれたから仕方ないでしょ……」

店員2「まあ、そーゆーことにしといてあげますっ♪」

店員「……」

店員「今日はあたし裏方の方から出ないから、接客は全部任すからね?」

店員2「はいはーい♪」

店員「大丈夫かしら…」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:35:48.78 ID:6MRXG1Pm0
それからそれから。



店員2「あのー、せんぱぁい」タタタッ

店員「どうしたのよ、あんた。コッチ来て。フロントは?」

店員2「それが……例の、あの人が来ちゃいまして…」

店員「そう…」

店員2「それで先輩を出せって…」

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:40:31.26 ID:6MRXG1Pm0
店員「いないって言わなかったの!?」

店員2「言いましたよぅ!でも……絶対にこの店にいる筈だから出せって…」

店員「はあ?」

店員2「今、部屋にも大学にも、友達の家にもいない。いるのはココだ。
    だから出せって…」

店員「!?」

店員「だ、大学!?なんであいつ、あたしが大学行ってること…」

店員2「先輩……盗撮されてます」

店員「………え?」

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:43:04.17 ID:6MRXG1Pm0
店員2「さっき、あの人のケータイ見せられました。そしたら…」

店員「………うそ、でしょ?」

店員2「先輩の部屋、大学……あたしの部屋まで、全部映ってました」

店員「そんなの…」

店員2「この店で騒ぎは起こしたくない。だから出せって…」

店員「いやあああああああああ!!!!」

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:46:11.20 ID:ZbiHpfI00
えぇ

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:46:14.78 ID:6MRXG1Pm0
店員2「せ、先輩!?」

店員「いやっ!?いやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!???」

店員2「お、落ち着いて下さい!」

店員「これが落ち着いていられるワケないでしょ!?あんただって
   震えてんじゃない!!!」

店員2「だだだだだだって!!!だって……」ガタガタガタ

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:47:04.54 ID:GQWE+4td0
          (~)
.         γ´⌒`ヽ
.___     {i:i:i:i:i:i:i:i:} あたためますか?
|[S_940]|\ ( ´・ω・)
| ̄ ̄ ̄|  | (:::::::::::::)
|___l./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄■/|   lヽ,,lヽ
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.  |  (ω・  ) おながい
|                 .|.  |  し   i    します
|__________|./   しーJ.  

 ___
|[S_940]|\               (~)
| ̄ ̄ ̄|  |             γ´⌒`ヽ
|___l./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄■/|   {i:i:i:i:i:i:i:i:}lヽ,,lヽ すごい一体感を感じる
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.  |  (  ´-ω)ω- )
|                 .|.  |   (:::::::`つ⊂´ i
|__________|./    し─J.し─J

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:49:54.95 ID:6MRXG1Pm0
店員「……ケーサツ」ハッ

店員「ケーサツに連絡しなくちゃ!」バッ

店員2「ダメです!!!」ガシッ

店員「なにするのよ!?」

店員2「やめて下さい!ケーサツは不味いんです!!!」

店員「だからなんで!?」

店員2「盗撮されてるの忘れたんですか!?」

店員「!!!」

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:54:39.15 ID:6MRXG1Pm0
店員2「あの人盗撮してるんですよ?ここにもカメラがあって、今もリアルタイムで
    あたし達見張ってるかもしれないんですよ!?」

店員2「それなのにケーサツに通報しちゃったりしたら、それこそあの人
    何するか分かんないですよぅ!」

店員「……っ」

店員2「だから、ケーサツに連絡するなんて馬鹿なマネやめて下さい!」

店員「じゃあ、じゃあどうすりゃいいのよ!!!」

店員「どうすればいいの!?」

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 00:57:24.43 ID:6MRXG1Pm0
店員2「そんなの……決まってるじゃないですか」

店員「……え?」

店員2「先輩があの男のトコ行って、お母さんに会ってあげればそれで
    解決するじゃないですか!!!」

店員「あんた、自分が何言ってるか分かってんの!?」

店員「何するか分からないような男のトコに、あたしに行けって言うの!?」

店員2「そうですよ!!!」

店員「なっ…!?」

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:00:51.24 ID:6MRXG1Pm0
店員2「良いですか?あたし怒ってるんですよ」

店員「どうしてっ!?」

店員2「どうして?何言ってるんですか!当たり前じゃないですか!
    あの男は先輩に惚れてるんですよ?あたしは関係ないんです!!!」

店員2「それなのに先輩の知り合いだからって、部屋盗撮までされてるんですよ!
    とばっちりも良いとこじゃないですか!」

店員「それはあたしじゃなくてあの男の所為で…」

店員2「おんなじですっ!」

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:07:09.64 ID:6MRXG1Pm0
店員「うぅぅ…」

店員2「泣いたって何も変わりませんよ。いいから早くあの男の所へ
    行ってください!」

店員「いやあああああ!!!」

店員2「行けよ!早くっ!!!」

店員「うあああああああああああああ!!!」


ピシュ

店員2「え?」

ブシャァァァァァァァァァ!!!!

店員「あぁぁぁ………あっ、あ!?」

店員2「あががあがああ佐bてbbがあばだjbdjあ!?」

店員「きゃ、きゃあああああああああああああああ!!??」


男「僕の彼女を泣かすな…」


店員「きゃあああああああああああああ!?」

61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:09:59.49 ID:6MRXG1Pm0
店員「いやああああああああああああああああああ!!!!?あああああ!!!?」

男「やあ、ごめんね。この女にキミを連れて来るよう頼んだんだけど、
  怖がらせちゃったみたいで…」

店員「いやあああああああああああああああ!!!!ああああああ!!!」

男「でも大丈夫。ちゃんと殺しといたから」

男「だから、もう怖くないよ?悪者は僕がやっつけたから」

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:10:54.69 ID:Ec2g1L/A0
誰だよ優しい嘘とか言ってたやつ

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:16:55.71 ID:6MRXG1Pm0
店員「あああああああああああああああああ…!!!」バッ ガタガタガタガタ

男「あはは、そんなに怖がらないで。僕はキミを迎えにきたんだ」

店員「うぅぅぅぅぅ!!!」ブンブンブン

男「おいおい、そんなに首を横に振らないでくれ。君の気持ちは分かってる
  けど、そんな態度をとられたら傷つくじゃないか」

店員「ああああああああっ!!!」ダッ!

男「おっと、ドコに行くんだ?」

店員「うわあああああああああああ!!!」ダダダダダ

男「ドコに逃げても無駄なの……分かってないのかなぁ?」ピッ

65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:17:12.01 ID:3z+l578P0
アタタタタタタタタタ

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:22:12.59 ID:6MRXG1Pm0
そして、3時間後……。


店員「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」タタタタ  ピタッ

店員「はあっ、はあぁっ、はぁっ……ふぅ」

店員「……」チラッ

店員「追って、来てないよね?」

店員「……」

店員「……は、ははっ」

店員「あははははははははははは!!!」

68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:28:08.21 ID:pgIQFx4s0
なんだよこの展開

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:28:16.48 ID:6MRXG1Pm0
店員「っ!?」ガタガタガタガタガタ

店員「お、落ち着いて!落ち着くのよ!?」ガタガタガタガタ

店員「こんな状態じゃ、近くまでこられたら逃げ切れないんだからっ!」ガタガタガタ

店員「まずは深呼吸して…」ガタガタ

店員「すーーーーはーーーーー」

店員「すーーーーーはーーーーーーー」

店員「…………よ、よし」

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:36:36.80 ID:6MRXG1Pm0
店員「…………それにしても、疲れた」

店員「これ、夢だったらいいのにな……」

店員「……夢だったら、良いのに…」ジワッ

店員「………」ギュウウウ

店員「夢じゃないよね、やっぱり…」

ベタァァァ

店員「この血も……臭いも……全部…」

店員「全部全部全部全部っ!!!」

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:38:30.53 ID:6MRXG1Pm0
店員「全部……本物なんだ…」

店員「……どうして」

店員「どうしてあたしがこんな目に遭わなくちゃならないのよっ!?」

店員「どうしてっ!?なんで!?」

店員「誰か……」

店員「誰か教えて……!お願い……だから…」

72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:43:24.63 ID:6MRXG1Pm0
店員「…………」グゥゥゥゥゥ

店員「……おなか、すいた」

店員(そう言えば昨日のお昼から気が重くて何も食べてなかったっけ…)

店員(追いかけてこられたら体力が続かないかもしれないし何か食べた方が
   いいよね?)

店員「そういえばココ……どこだろ…夢中で走って覚えてないや」キョロキョロ

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:44:31.66 ID:0Fx/yWMX0
なんだこの展開

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:46:56.20 ID:6MRXG1Pm0
店員「田んぼばっかり……コンビニとか近くにないのかな?」ピッ

店員「ん?」

ピッピッ!

店員「……うそ、ケータイの充電切れてる」

店員「……これ、やばくない?」

店員「……」

店員「とにかく……コンビニでも見つけて充電とご飯かな」

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:50:35.21 ID:6MRXG1Pm0
それから。


店員「……あ、歩けど歩けどコンビニがない」

店員「コンビニどころか、民家すらない」

店員「こんなに田んぼが広がってるのに誰が管理してんのよ?」

店員「あぁ、もう!」バタン!

店員「あたしドコにいんのよ、一体!」

78 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:51:40.10 ID:8DFFI7kP0
店員2は死んだのか?

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:55:27.49 ID:6MRXG1Pm0
店員「…………先輩の知り合いだからって、部屋盗撮までされてるんですよ!
    とばっちりも良いとこじゃないですか!か」

店員「……その通りだよね」

店員「ちょっと元気過ぎてうざかったけど……明るくて良い子だったのに」

店員「……ごめん。あたしの所為だ」

店員「あたしの…」

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 01:59:52.86 ID:6MRXG1Pm0
店員「もしあたしと同じバイトしてなかったら。ううん、もしあたしと
   同じシフトじゃなかったら……いや、そうじゃない」

店員「もし、あたしと同じ大学じゃなかったら、あたしと出会ってさえ
   いなければ……死なずにすんだ」

店員「死なずにすんだんだ…」

店員「………ごめん」

店員「……本当に、ごめん」

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:02:52.02 ID:6MRXG1Pm0
店員「……」ツツー

店員「ダメだ、思い出したらまた涙が…」

店員「そうだよね。昨日まで一緒にバイトしてたのに。昨日まで一緒に
   笑いあってたのに。それなのに!」

店員「それなのに、あたしがあの男の後なんか付けたりしたから!」

店員「!?」

店員「え……?」

店員「あたし、今なんて言った?」

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:05:39.75 ID:6MRXG1Pm0
店員「あの男の後を付けたりなんかしたから?」

店員「!!!」

店員「え……?ちょっと待って……え?あれ?」

店員「あの男、あたしをずっと盗撮してたんだよね?」

店員「あたしの行動は全部筒抜けだったんだよね?」

店員「だったら……」

店員「だったら、あたしが昨日あの男を付けて老人ホームに行ったことも
   知ってる!?」

86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:09:56.30 ID:6MRXG1Pm0
店員「あの台詞はあたしがアソコにいたから言ったの?」

店員「あたしに聞こえるようにわざと……?」

男「そうだよ」ジャリ

店員「!?」

男「君のことは全部知ってる。住所も実家の電話番号も交友関係も
  それから今ドコにいるのかも」

店員「なんでココが…」

男「さっき自分で言っただろ?君の行動は全部筒抜けなんだよ」

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:14:32.25 ID:6MRXG1Pm0
店員(……服にも盗聴器か発信器でも仕込まれてる!?)

男「さあ、そろそろ日も落ちてきたし鬼ごっこはやめにしない?」

店員「……あいにく、あなたなんかに捕まらないわ。この人殺し!」

男「人殺し……ねえ。本当に僕は人殺しなんだろうか?」

店員「はあ?」

男「人殺しというのは人を殺した奴のことだろ?僕は人を殺しただなんて
  思ってないけど」

店員「……何言ってんのよ。何言ってんのよ!!!」

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:17:15.99 ID:6MRXG1Pm0
店員「何が人を殺したと思ってないよ!あんたはあたしの友達殺したじゃない!!!」

男「友達?……ああ、あの店の女のことか。だったら心配しなくていい」

店員「え?」

男「あんな金さえ払えば誰とでも寝るような女、人じゃない」

男「人としての価値すらない」

店員「あんたって人はぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:21:08.22 ID:6MRXG1Pm0
男「怒らないでくれ。あれは君のためにやったんだ」

店員「なんでソコであたしの名前が出るのよっ!?」

男「あんな奴、死んだ方が良いからさ、自分が助かるために友達を売るような奴だよ?」

男「君の周りにいるべき存在じゃない」

店員「だからって……なにも殺さなくてもっ!」

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:26:07.93 ID:6MRXG1Pm0
男「ああいう奴は遅かれ早かれ死ぬさ、僕が殺さなくても……まあ、あんな
  奴の話なんてどうでもいいんだ」

男「それより、僕といっしょに来てくれないか?会って欲しい人がいるんだ」

店員「いやよ!誰があんたなんかと…」

男「手荒いマネは好きじゃないんだけど…いいの?」

店員「……っ!」ガタガタガタ

男「あはは、身体は正直だねぇ!」

男「どんなに強がったところで、さっきの光景が頭から離れないんだ?」
  彼女もまんざら役に立たなかった訳じゃ無かったんだねぇ」

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:26:59.92 ID:yntEEInP0
鬱スレ

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:35:03.37 ID:6MRXG1Pm0
男「ほらっ、来いよ」ズムッ

店員「い、いやっ!離して!離してぇぇぇぇ!!!」ブンブン

男「残念だよ……本当に」

店員「いやあああああああああっ!!!」ブンブンブン

男「はあっ!」ドカッ

店員「ぐ……う?」

男「おやすみ。……目が覚めたら、母さんに会わせてあげるからね」

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:38:04.26 ID:6MRXG1Pm0
そして。


店員「う…ぅ…」パチッ

男「やあ、気分はどう?」

店員「んううううっ!?」ガバッ

店員「ん…んんんぬ!?」

店員(さ、猿ぐつわ!?)

男「ああ、それ。舌を噛むといけないからね」

店員「んむうううううう!!!」

男「あはは、無駄だよ。取れっこないさ」

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:41:42.10 ID:6MRXG1Pm0
男「それより君に会わせたい人がいるんだ。今、連れて来るね」

店員「んんんんんんっ!」ジタバタ

男「あはははははははは」

店員(な……まさか気絶させられて連れてこられるなんて…)

店員(足は……椅子に固定されてる)

店員(手も縛られて動かせない)

店員(おまけに口には猿ぐつわで叫ぶ事も出来ない…!)

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:45:05.05 ID:6MRXG1Pm0
店員(どうすればいい?どうすれば……)

カラカラカラ

店員「!?」

男「お待たせ、母さんだよ」

母?「…」

店員「!!!???」ジタバタジタバタッ

男「あははは、やっと会えて嬉しいんだね?」

店員(なっ……なに!?なんなの、これ?………死んで、る?)

店員(白骨、死体……?)

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:47:08.92 ID:6MRXG1Pm0
男「あははははははははははははっ!!!」

男「どうだい、母さん?ボクの彼女……綺麗だろう?」


男「え?なに?もっと近くで見たい?」

男「そうだね、そうだよね」

店員(し、死体と会話してるっ…?狂ってる!?)

103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:51:08.64 ID:6MRXG1Pm0
男「ほうらっ…」スッ

店員(いやあああああああああああっ!?)

店員(なんで?昨日見た時は生きてたのにっ!)

店員(!!!)

店員(いや、あれは全然別の人だったんだ!別人を車イスの乗せて
   を散歩させてただけなんだ!そううじゃなきゃ…)

店員(そうじゃなきゃ一日でこんなに腐敗したりしない!)

店員(いったい何年経てばこんな死体に……)

107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 02:59:51.75 ID:6MRXG1Pm0
男「さてと……感動の御対面も済んだ事だし、そろそろメインデッシュと
  いこうか」

店員(……え?)

男「さあ母さん、長年の望みだった彼女の身体がやっと手に入ったけど、
  どうだい?感想は」


男「うん、うん……そう」

店員(な、なに言ってる…の?死体はしゃべれないのに……本当に頭やばい)

男「大丈夫、任せといて。ちゃんと出来るよ。そのために何人も殺して
  練習したんだから」

店員「!?」

108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 03:03:14.55 ID:6MRXG1Pm0
男「ああ、心配しなくてもいいから……うん。うん」

店員「……」じぃっ

男「ん?なに、その目は?」

店員「……」

男「ああ、なるほど。これから僕がなにをするのか知りたいんだね?」

店員「……」コクン

男「あははははははは!なあに、今から君の皮を剥いで、内臓と筋肉…
  まあ、なんだ。解剖して母さんに移植するのさ」

店員「!?」

110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 03:05:36.20 ID:6MRXG1Pm0
店員「んんんんんんんんんっ!」ブンブンブン

男「あはははははははははははははははっ!!!そんなに首を振っても
  ダメだよwwwwこれは何年も前から計画してたんだ」

店員「んんんんんんん!!!」

男「…………どうやら、まだ何で自分がこんな事されるか分からないって
  顔してるな」

店員「んむんううううううう!!!」ブンブンブン

111 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 03:10:25.84 ID:6MRXG1Pm0
男「そうだな。君にとってはタダの小遣い稼ぎだったもんなぁ。覚えてなくて
  当然だろうね」

店員「んんんんんっ!!!」ジタバタ

男「黙って聞けよっ!!!」バンッ

店員「んっ!?」ビクッ

男「ふん……父さんもこんな女のいったい何処が良かったんだか」

店員「!?」

男「思い出したかい?僕の父さんは君のエンコー相手だったんだよ。
  ホテルでキミにカード盗まれて多額の借金背負わされたバカなね」

112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 03:15:42.02 ID:6MRXG1Pm0
男「それにしても君は凄いよ。まだ中○生だったくせに、まさかあんなに
  金を使っちまうんだから」

男「いや……子供だったから金の価値が分からなかっただけかな?」

男「今となっちゃあボロイアパートで服やらバッグやら宝石やら
  やりくり大変だもんなぁぁぁぁぁ!!!」

店員「んんんんんんんんっ」

男「さて、ここまで話したら、もう話は飲み込めたかな?」

男「君のおかげで悲惨な運命背負わされた少年と、その家族の
  ささやかな復讐劇だよ、これは」

116 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 03:19:57.43 ID:6MRXG1Pm0
店員「んううううううっ!」

男「……ま、元はと言えば君なんかに惚れちまった僕の父さんの所為
  なんだろうけど…」

男「今となっちゃあ、それもどうでも良いさ」

男「僕は母さんが満足してくれたらそれでいい」

男「母さんは毎日言ってたよ。私から旦那を奪った女が憎い…若い女が憎い、
  あの女さえいなければって」

男「それはもう、毎日呪いのように、呪詛のように……」

男「そして、精神を病んで狂って自殺…」

男「あはははははははははは!」

118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 03:23:49.05 ID:6MRXG1Pm0
男「それなのに……耳元から離れないんだよ」

男「毎晩夢に出て来るんだよ…」

男「僕の首を締めながらさあ!!!」

男「だから!!!」

男「だから……言ってやったんだ」

男「母さんの恨み、僕が晴らしてやるよって」

男「そしたら、止んだよ。声が…」

男「僕はもうあの悪夢に襲われるのはこりごりだ……」

男「だから、君のことなんざ、どうでもいいけど……僕のために
  死んでくれ」

120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 03:30:24.78 ID:WNwo0M660
やはり生きている人間が一番怖い

121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 03:33:45.32 ID:6MRXG1Pm0

男はそう言うと、手に持っていたナイフを彼女の喉元に突き立てた。
激しい血しぶきと共に彼女の身体が跳ねる。

彼は笑っているのか泣いているのか、それとも怯えているのか
相変わらず分からないような表情で、そんな燦々たる光景を眺めている。

じいっと。微動だにせず。


再び彼が活動を再開したのは、彼女から体温というモノがおよそ
感じられなくなってからのことだった。

……もう、彼女に温めてもらえる事は二度とないのだと、
分かってからだった。



おわる

123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 03:40:28.68 ID:Orm+o/RB0
    __    ゴォォォ..
   ./  nヽ                  
   (, (;;;;;))  ,,人从,.,il人从,.l从炎vW、  
   /  `ー、。 ;;             ,.人     
  .iヽ,...,、,.、.ノ  ヽ,炎W,.,从w从,.,.、   W
  ./`'``'"'"`i         ,,ノ   ,,人
 /.,.,、,.、,、...,,i       ,,.人   ,.炎
              ノ   ,.从     、.
            人   人      人
           炎    W、,,.,w...,.w,,从从.
           从     ,        人
            人炎w从,,..,人、w从从人

124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 03:43:46.67 ID:kGP4GV890
おっつ。なかなかいい後味の悪さだ

125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 03:48:27.44 ID:/miYk0n30
乙。
もう眠れんぞ!

126 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 03:48:45.15 ID:dSytfr+n0
最後の締め無理矢理すぎだろw
擬音のとことかちょっと何してるのかわかりづらい所あったな 乙

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 03:55:13.31 ID:MbdZvNbjO
温もりをくれ…

128 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 04:22:32.54 ID:KGkxRxOB0
これは酷い

129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 06:00:13.26 ID:LSf7cCgh0
ぐぬぬ…乙

関連記事
2012/05/04 12:00 | CM(4) | 創作・男女系 SS
    コメント一覧
  1. ・ [ 2012/05/04 16:15 ]
  2. これはひどい
    [ 編集 ]
  3. あ [ 2012/05/04 20:11 ]
  4. 抱きしめるなんて通常業務にはなくて、店員が好きで男を騙しながらスキンシップを…とか思って開いたらこれかよ…
    [ 編集 ]
  5. 1 [ 2012/05/04 20:55 ]
  6. 学生時代に罰ゲームでコンビニで弁当買い、暖めますかと聞かれたら、「ボクの心を温めてください」という罰ゲームを
    やった。
    結論、無視され再度「暖めますか」と聞かれ、それ以来、トラウマになり弁当をコンビニで買うことがなかなか出来ない。
    くだらない事はやめようと言う教訓になった
    [ 編集 ]
  7. い [ 2012/05/05 14:03 ]
  8. これさ、暖める作業の話いらなくね?
    [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング