HEADLINE

女騎士LV99「クッ…カンストしてから誰も犯してくれない…」

2012/04/30 12:00 | CM(5) | 創作・魔王勇者系 SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 09:27:30.40 ID:gs09XzLrP
女騎士「そもそも処○膜がペ○スを通さない…」

女騎士「最早愛撫されて感じることさえ厳しいだろう…」

女騎士「巷ではイージスの盾~絶対不可侵~(笑)とか言われてた…」

女騎士「最近じゃそもそも怖がってあんまり皆付き合ってくれない…」

女騎士「そろそろ四捨五入すると30になっちゃう…」

女騎士「…ふぇぇ…」ポロポロ


2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 09:28:15.53 ID:sz4e07Ar0
朝から何やってんの・・・

3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 09:28:17.72 ID:rgZK7QTkO
きっと山賊が犯すために山籠もりしてる

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 09:33:09.55 ID:YXzwW/t50
LV99の山賊を見つければ無問題

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 09:49:51.81 ID:X+GOWQyfO
魔術師「頼みますから人の家で管を巻かないで下さい」

女騎士「だってぇ……」エグエグ

魔術師「はぁ……全くこの人は……」

女騎士「ううっ……」グスッ

魔術師「だいたいレイプ願望持ってるなんてどん引きですよ」

女騎士「なによぉ……悪い?」

魔術師「どんな性癖だろうと個人の自由ですが、ボクにしてみれば悪です」

女騎士「ふんだっ。宮廷魔術師の座を捨てて、平民の男と結婚する様なアンタには分からないわよ!」

魔術師「分かりたくもありません。ボクは苦楽を共にしてくれた夫以外に興味ありませんから」

女騎士「はぁ……アンスウェラーが鎧をバターの様に裂くかの如く、私の処女膜を貫ける業物を持った男が居ないかしら……」グチグチ

魔術師(ボクの旦那が絶倫で相当な業物だって事は伏せておこう)

32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 10:08:28.25 ID:WuuRDxLxO
りゅうおう「ド…ドラゴン形態ならなんとか」

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 10:34:31.89 ID:X+GOWQyfO
女騎士「そういえばアンタ結婚してから結構経つのに子供できて無いわね」

魔術師「う、うん……」

女騎士「なに? 夜の方はご無沙汰なのー?」ニヤニヤ

魔術師「ははは……」

女騎士「アンタ胸ぺったんだし、身長も子供みたいだもんねぇ。旦那さん欲情できないんじゃないのー?」ニヤニヤ

魔術師(旦那がボクのお尻ばかり犯してきたり、無理やり飲ませてくるのが好きなんて言えない……)

魔術師(ま、まあボクも彼に無理やりされるの好きなんだけどさ)ポッ

女騎士「なに顔赤くしてるのよ」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 10:49:28.04 ID:X+GOWQyfO
旦那「魔術師、調合用のナイトシェード採取して来たぞ」ガチャ

魔術師「お帰り。温かい物用意するから、ナイトシェードは保管室にしまっておいて」

旦那「分かった」

女騎士「こんにちは」ニコッ

旦那「これは女騎士様。お久し振りです」ペコッ

魔術師「人の旦那に色目使わないでよ」

女騎士「相変わらず良い男よね。はぁ……ガッツリ一晩中犯してくれないかしら(友人の結婚相手に手を出す訳無いじゃない!)」

魔術師「……」

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 10:51:21.24 ID:8CGE+YWu0
こんなエロ同人あったな
最強になってやることなくなったから防具全部捨ててオークの巣に行くやつ

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 10:59:24.50 ID:X+GOWQyfO
旦那「ははは……。女騎士様は相変わらずですね」

女騎士「折角だから私と浮気しない?」ズイッ

旦那「」

魔術師「だ、だめだよっ!」ギュッ

旦那「なに言ってるんだ。俺は生涯お前一筋だって毎晩言ってるだろ?」ナデナデ

魔術師「う、うん……ごめん。貴方を信じて無い訳じゃないんだよ?」カアッ

女騎士「お前ら客放置してイチャつくな」

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 11:14:40.31 ID:X+GOWQyfO
旦那「それじゃ採取した物しまってくるな」スタスタ

魔術師「うん。お願い」

女騎士「……」

魔術師「なに?」

女騎士「うらやま氏ね」

魔術師「あげないし貸さないよ」

女騎士「むう……」ムスッ

魔術師「……仕方ないなあ。幾つか秘薬あげるから、自分で男捕まえなよ」

女騎士「良いの!?」

魔術師「これ以上ボクの旦那にちょっかい出されたくないだけだよ」

女騎士「いやー、悪いわねぇ」ニヤニヤ

魔術師「トロルドムの秘薬は高価なんだからね。感謝してよ」

女騎士「分かってる分かってるっ。いやー持つべきは親友よね!」

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 11:25:18.31 ID:X+GOWQyfO
―――
――


魔術師「これは興奮作用がある秘薬。これは硬化の秘薬」

女騎士「このビンは?」

魔術師「軟化の秘薬だよ。媚薬も調合してあるから、キミの鋼の膜もただの粘膜になると思う」

女騎士「ほうほう」

魔術師「これだけあれば十分だろ? ボクは旦那のお茶の準備するから、早く街に降りて試してきなよ」タタタ

女騎士「……ふむ」

ガチャ

旦那「しまって来たぞ……」

女騎士「!?」

旦那「おや、女騎士様だけですか?」

女騎士「ええ。魔術師は今、お茶の準備をしていますわ」ニヤッ

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 11:36:54.04 ID:X+GOWQyfO
女騎士「旦那君、疲れてない?」

旦那「そうですね。ナイトシェード採取の為に夜の内から森に籠もってましたから」

女騎士「それは大変ね」

旦那「大変なんて事はありませんよ。魔術師の役に立ててるんですから」

女騎士(チッ、ベタ惚れじゃない)

旦那「まあ、少し大変な時もありますが、惚れた弱みって奴ですかね。魔術師の為なら苦にもなりません」

女騎士「へ、へー」

女騎士「そうだ。街で疲労回復に効く秘薬を買って来たから、貴方もどう?」スッ

旦那「それは有難い。是非いただきます」ゴクゴク

女騎士「どう致しまして……」ニヤリ

64 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 11:46:51.89 ID:X+GOWQyfO
旦那「……ん、この味……?」ゴクゴク

女騎士「どうかしら。疲れなんて忘れてしまいそう?」

旦那「!?」ドクンッ

女騎士「ふふ。さすが魔術師の秘薬ね……もう効いて来たのかしら」

旦那「ま……魔術師の……?」ハアハア

女騎士「興奮状態になるそうよ、その秘薬」

旦那「た、謀りましたね……っ」ハアハア

女騎士「いやねぇ。本当に効果があるか試しただけよ」

旦那「くっ……」

女騎士「ふふ。ねぇ、苦しいなら鎮めてあげましょうか……?」クスッ

旦那「だ……だめです……俺は、あいつ以外とは……っ」ハアハア

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 11:56:32.98 ID:X+GOWQyfO
魔術師「キミ、どこまで必死なのかな」

女騎士「げっ」

旦那「魔術師っ」

魔術師「まったく……お茶の準備なんて、直ぐに終わるに決まってるだろ」

女騎士「いや……これは……その……」

魔術師「直ぐディスペルするよ。貴方」スッ

旦那「魔術師!」ガバッ

魔術師「きゃっ!?」

旦那「解除なんて必要無い!」チュウウウウゥッ!!

魔術師「ん……っ」トロン

魔術師「ふぁ……、だ、だめだよ……女騎士が見てる……」ポワー

旦那「関係あるものかッ!」ビリッ

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 12:04:36.86 ID:X+GOWQyfO
魔術師「だ、だめぇっ」

女騎士(服破りおった……)

旦那「綺麗だよ、魔術師」

魔術師「恥ずかしいよ……」カアッ

旦那「ああ……羞恥に歪むその顔、堪らない……」モミッ

魔術師「ひゃうっ? ば、ばかぁ……っ」ビクッ

旦那「昨夜の様に、また胸だけでおもらしするまで可愛がってあげるよ」ペロッ

魔術師「ば、ばかっ言わないでよ!」ビクンビクン

女「oh……」

81 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 12:19:24.92 ID:X+GOWQyfO
旦那「魔術師は感じ易くて可愛いな」クリッ

魔術師「き、キミがこんな身体にしたんだろっ」

旦那「俺は毎晩可愛がってただけだよ。変わっていったのは魔術師の方さ」レロォ

魔術師「ふぁ……っ、それ好きぃ……もっと舐めてぇ……」トロン

女騎士「うわ……舌全体を使って乳首せめてる……」ジー

旦那「乳首を吸われるのと舐められるの、どっちが良い?」チュウッ チュパッ レロレロレロ…

魔術師「ぼ……ボクがなにに弱いか知ってるくせに……」ビクッ ビクッ

旦那「言わないならお預けだよ?」ピタッ

魔術師「や、やだっ! 言うから止めないで!」

旦那「ふふ……どっちだい?」

魔術師「つ……強く吸って……ください……っ」ポッ

女騎士「なにこの疎外感」

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 12:30:14.41 ID:X+GOWQyfO
旦那「ちゃんと言えたね。ご褒美だよ」ヂュウウウウッッ!

魔術師「あ、あっ……ふぁあああああっっッ!」ビクッ

魔術師「だめっ、出ちゃう、出ちゃうよぉ……っ」ブルブルブルッ

旦那「……」ヂュウウウウゥゥッ

魔術師「い、いや……っ」チョロ…

魔術師「やだ……みないでぇ……」チョロロロロッ

旦那「ん……今日は随分早いね」ペロッ

魔術師「しらないっ」プイッ

旦那「見られてたから、とか」クスッ

魔術師「なっ……」カアアァッ

旦那「気持ち良よくなるとおもらしする癖、バレちゃったね」

魔術師「……ばか」

女騎士「なんだろう……この虚無感は」

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 12:31:29.31 ID:AH5jCnWz0
女騎士が空気やでえ・・・

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 12:36:42.96 ID:h7xj7gaB0
続けたまえ

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 12:45:23.03 ID:X+GOWQyfO
旦那「さ、次は何をして欲しいかおねだりしてごらん」

魔術師「……せて……ください……」

旦那「はっきり言わないと分からないよ」

魔術師「……貴方のザーメン……飲ませてください……っ」

旦那「ちゃんと出来るかい?」

魔術師「ぼ、ボクの口は貴方専用の穴ですっ。だから、ボクの口に貴方のチンポ好きに突っ込んでください……っ」カオマッカ

旦那「ふふ。仕方ない子だな」ゴソゴソ

魔術師「あ、ボクが開けるよ」カチャカチャ

魔術師「うふふ。もうカチカチだね」クスッ

旦那「魔術師のあんなはしたない姿を見たからね」

魔術師「ばか……だいすきっ」パクッ

女騎士「帰って良い?」

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 12:45:58.29 ID:v6Q9w7eB0
はよ帰れwwww

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 12:53:10.35 ID:AH5jCnWz0
魔術師・・

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 12:57:25.98 ID:AH5jCnWz0
パクッwwww

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 12:59:58.48 ID:X+GOWQyfO
魔術師「ねぇ貴方……今日もちゃんと喉まで犯してね?」ペロッ

旦那「分かってるよ」ナデナデ

魔術師「ん……」ジュポポポポッ

魔術師(すごい大きい……ボクの口と喉が旦那のチンポの形になってくのが分かる……)ジュポッ ジュポッ

旦那「おしゃぶりが大好きなんて、魔術師は子供みたいだね」

魔術師「ぷはっ」

魔術師「うん。ボク、貴方のチンポおしゃぶりするの大好きだよっ」シュコシュコシュコシュコ

魔術師「だから、たっぷり濃いのちょうだい?」ペロペロ

旦那「ああ。勿論だよ」グイッ

魔術師「!?」ジュポッ!

旦那「喉の一番奥に出してあげるよ。だから舌をちゃんと使って」

魔術師「んーーっ!!」ガポッ ガポッ ガポッ ガポッ

魔術師(おっきすぎて舌動かせないよぉ……)

女騎士「くすん……」シクシク

98 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 13:01:34.68 ID:AH5jCnWz0
女騎士「....」ガタッ



102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 13:16:04.61 ID:X+GOWQyfO
魔術師「ん……っ」ガポッ ガポッ ガポッ ガポッ

旦那「そろそろ出すよ……っ」ググッ

魔術師(早く、早くちょうだいっ!)ガポッ ガポッ ガポッ ガポッ

旦那「くっ……出るッ」ビュッ ビュビュッ

魔術師「ふあっ……!」ドロッ

旦那「まだ……出るっ」ドクッ ドクッ

魔術師「んむ……」ヂュウウッ

旦那「ちゃんとおしゃぶりできたね。さ、口開けてごらん」

魔術師「ん……あーん」グチュッ

旦那「うん、まだ飲み込んでないね。ちゃんと味わってから飲むんだよ」

魔術師「うん……」グチュグチュ

魔術師「……ん……っ」ゴクッ

魔術師「ぷはぁ……。ちゃんと、のんだよ……」ニコッ

旦那「うん。良く出来ました」ナデナデ

女騎士「すげぇなこいつら」

104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 13:25:28.11 ID:X+GOWQyfO
女騎士「あ、あのー」

魔術師「……まだ居たんだ」ハァハァ

女騎士「居たよ! 虚無感に捕らわれながらも全部見たよっ!」

魔術師「もう帰って良いよ」

女騎士「こんなエロいもん見せられて素直に帰れるかっ!」

魔術師「むっ……」

旦那「そうは言いますが……」

女騎士「私も仲間に入れてなさい!」ドンッ!

魔術師「ドンッ。って付ければ仲間になれるとでも?」クスッ

女騎士「ええー……」

109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 13:38:00.81 ID:X+GOWQyfO
魔術師「でも、まあ……」チラッ

旦那「どうした?」ギンギン

魔術師「秘薬使った状態じゃ、ボク一人だと処理仕切れなさそうだよね」

女騎士「!!」

魔術師「ボクの相手が終わった後でなら、旦那にアプローチしても良いよ」クスッ

女騎士「ほんと!?」

魔術師「旦那さえ良ければ、だけどね」

女騎士「旦那さん!」キラキラ

旦那「……体力残ってたらですよ」

女騎士「よっしゃあっ!!」

旦那「ははは……」

魔術師「ね、旦那。話も決まったみたいだし……、次はボクも気持ち良くなりたいな……」ジーッ

旦那「そうだね。続き、しようか」ナデナデ

115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 14:02:58.47 ID:X+GOWQyfO
旦那「それじゃ……」クチュ

魔術師「また……そっちなの?」

旦那「魔術師はこっちの方が好きだもんな」

魔術師「……ばか」

旦那「もうお尻までグチョグチョだから、このまま入れるよ」ググッ

魔術師「ま、まってよ! すこしほぐして……っ!」


旦那「我慢出来ない!」ズププッ

魔術師「……あ……ぅあ……っ」ガクガクガクガク

旦那「やっぱりほぐさないと少しキツい……」ズプッ ズプッ ズプッ

魔術師「あっ……あぁっ……だめ……っ、まだキツいッ」ズプッ ズプッ

旦那「そうだ」ズプッ ズプッ

魔術師「?」

旦那「せっかくだから、女騎士様にどこに入れられてるか見て貰おう」グイッ

魔術師「え……? ひゃあっ!?」

女騎士「……これは」

118 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 14:12:37.52 ID:X+GOWQyfO
女騎士「見事な迄にお尻に根本まで入ってるわね……」

旦那「魔術師はお尻じゃないと満足出来ないんだ」

魔術師「そ、それは貴方が!」

旦那「そう。俺が魔術師をアナル好きに調教したんだよね」

魔術師「……それは」

旦那「昨夜の様におねだりしてくれると嬉しいな」

魔術師「……」

旦那「駄目?」

魔術師「うぅ……」グスッ

魔術師「どうかボクのお尻の穴に、旦那様のザーメンを溢れるほど注いでください……」ポッ

女騎士(こいつら変態夫婦だ)

120 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 14:23:50.73 ID:EmA86wJz0
はよはよはよはよはよ

121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 14:25:18.56 ID:bHJPhzCp0
はよはよはよはよはよはよ

122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 14:26:51.11 ID:gvKfTr4m0
はよはよはよはよはよはよはよ


123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 14:26:55.17 ID:X+GOWQyfO
旦那「魔術師……可愛いよ。本当に可愛い」

魔術師「い……言ったんだから、早く動いてよぉ……」

旦那「ああ。腰が砕ける程激しく突いてあげる」グチュ

魔術師「うあ……っ」ゾクゾクッ

旦那「ほら、女騎士様が魔術師がお尻を犯されて感じてる姿を見てるよ!」パンパンパンパンパンパンッ

魔術師「やっ……あっ……みないで……っ」ガクガクガク

旦那「もっと見て。じゃないのかい?」パンパンパンパンパンパンッ

魔術師「ち、ちがっ……」ブルッ

魔術師「あ……だめ……また出ちゃう……ッ」チョロッ

魔術師「オシッコでちゃうぅぅ……っ」ヂョロロロロロロロ

女騎士「すげぇなおい」

125 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 14:33:11.26 ID:OehxyMbI0
終わった頃には女騎士のほうが賢者に転職してるんじゃないか?

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 14:41:33.92 ID:X+GOWQyfO
魔術師「ふぁ……」ブルブルブルッ

旦那「またおもらしかい?」パンパンパンパンパンッ

魔術師「ご、ごめんらさい……あなたぁ……」トロン

旦那「本当に仕方ない子だね」クスッ

旦那「出した分、たっぷりお尻に飲ませてあげるよ」パンパンパンパンパンッ

魔術師「は……はい……っ、あなたのザーメン……いっぱいお尻で飲ませてくらさいぃ」ビクッ ビクッ

旦那「良い子だ……イクよ、魔術師……っ」パンパンパンパンパンパンッ

魔術師「はいぃっ、なかに……なかにいっぱいくらさぁい……っ」ガクンガクン

旦那「魔術師……っ!!」ビュルルルルッ!

魔術師「ふぁ……っ。あ……あついの、いっぱい……きたぁ……っ」ビクビクビクビクッ

133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 14:50:05.20 ID:X+GOWQyfO
魔術師「すごい……ボクのおなか……いっぱいになってる……」クテッ

旦那「はあ……はあ……はあ……」

女騎士「すご……っ」

魔術師「……ふぅ……」

魔術師「今日は軽めだったね」

女騎士「えっ」

旦那「はは……あまり負担をかけたく無いからね」

女騎士「えっ」

魔術師「うふふ。ボクはもう少し激しくても良かったんだよ?」

女騎士「……」

旦那「それじゃ、今夜は少し激しくしようか」チュッ

魔術師「うん。嬉しいよ、貴方……」イチャイチャ

女騎士「…………」

135 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 14:59:06.57 ID:X+GOWQyfO
魔術師「それじゃボクはお風呂の用意をするよ」

旦那「何時もありがとう。魔術師」

魔術師「秘薬の効果はまだ続いてるみたいだし、女騎士様の相手頑張ってね」

旦那「……ごめんな」

魔術師「良いよ。貴方がボクだけを愛してくれてるの、よく分かってるからね」クスッ

旦那「ああ! 俺が愛してるのはお前だけだっ!!」

魔術師「うふふ……ありがとう、貴方」

魔術師「じゃ、女騎士様。頑張ってね」

女騎士「えっ」

141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 15:12:43.90 ID:X+GOWQyfO
女騎士「え、えーっと……」

女騎士(なにあれ。へたなレイプより酷くない?)

女騎士(しかもあれで軽いとか言ってなかった?)

女騎士(いくらレベルカンストしてても処女であれはどうなのよ!)

旦那「貴女の噂は耳にしています。俺の様な若輩者で貫けるか分かりませんが、全力で挑む所存です」

女騎士「あー、はい。いや、はいじゃなくて」

女騎士(全力? 今、全力って言わなかった? さっきのが軽いなら全力ってどこまでされるのよ)

女騎士(魔術師の小さな身体を玩具みたいに使ってた奴の全力ってなに? いったい何が起きるんです?)

旦那「女騎士様、どうされましたか?」

女騎士「ヴぁい!?」ビクゥッ

146 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 15:22:17.36 ID:X+GOWQyfO
旦那「上の空だったみたいですが……」

女騎士「え、ええ! 少し考え事をね」

旦那「考え事、ですか」

女騎士「そう、考え事。ところでさっきのは軽いって言ってたけど、普段はどのくらいする物なの?」

旦那「普段、ですか……?」

女騎士「そう。普段!」

旦那「そうですね……この前は魔術師が縛られたいと言っていたので、ベッドにうつ伏せに縛りつけて気絶するまでお尻を犯し続けました」

旦那「その前は……」

女騎士「ストーップ! もう良いわ!!」

旦那「はあ。分かりました」

147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 15:23:26.71 ID:EmA86wJz0
ほほう

149 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 15:32:54.77 ID:X+GOWQyfO
女騎士(この戦い……今まで経験した、どの戦いよりも過酷な物となる……!)

女騎士(相手は間違いなく猛者! 気を抜けば即、堕ちる!!)

女騎士(だが……戦いである以上、私は逃げも隠れもしない!)

女騎士「……よし」

旦那「どうしました?」

女騎士「勝負よ!」

女騎士「騎士の誇りに賭けて、負けるわけにはいかないっ!!」

旦那「は、はあ……」

151 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 15:43:49.55 ID:EIzc4TIG0
旦那困惑

152 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 15:44:33.36 ID:X+GOWQyfO
女騎士「そうと決れば媚薬入り軟化の秘薬を局部に塗り込みましょう」ヌリュッ ヌリヌリ

女騎士「旦那君はこの硬化の秘薬を自分の局部に塗り込んで」スッ

旦那「は、はぁ……」ヌリヌリ

―――
――


女騎士「はあ……はあ……効いて、来たわね……」ジンジン

旦那「みたいですね」

女騎士「では、初めましょう」

旦那(すまん、魔術師。不貞をはたらく俺を許してくれ……)

156 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 15:49:12.43 ID:C1Fx0y4R0
旦那さん真面目やな

164 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 16:24:47.48 ID:X+GOWQyfO
旦那「では女騎士様、失礼します……!」

女騎士「よ、よし、来い!」

旦那「……」グイッ

へにゃ

旦那「あれ?」

女騎士「ど、どうしたの?」

旦那「それが触れた瞬間ふにゃふにゃになってしまいました」

女騎士「なんで!?」

166 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 16:25:36.72 ID:Hr7Ohn92O
女騎士「早くしてよID:X+GOWQyfO」

172 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 16:29:14.76 ID:X+GOWQyfO
女騎士「ほんとだ……」

旦那「こんな事は初めてです」

魔術師「あれ、まだしてないの?」

旦那「魔術師! それが……」

女騎士「アンタの旦那の業物が勃たないのよ!」

魔術師「はは。そんなまさか」

旦那「……」

魔術師「あれ?」

175 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 16:35:31.76 ID:X+GOWQyfO
魔術師「……」ジー

女騎士「……な、なによ」

魔術師「ねえ、秘薬使った?」

女騎士「使ったに決まってるじゃない」

魔術師「……」

魔術師「はぁ……」

女騎士「え、なにその憐れみに満ちた眼差し!?」

魔術師「騎士って、レベル上がっても知力伸びないんだね……」

女騎士「はあっ?」

魔術師「軟化の秘薬使った直後の穴に突っ込める訳ないでしょうがっ!」

女騎士「しまったあああああっっっっっッ!!!!」

176 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 16:42:00.25 ID:X+GOWQyfO
魔術師「普通考えれば分かるだろ!」

女騎士「分かんなかったから使ったのよっ!!」

魔術師「軟化の秘薬はマッサージ用なんだよ! 日頃から使ってやわらかくしろって事くらい察しろ脳筋!」

女騎士「そんな察っする頭あれば今頃男にこまっとらんわっ!!」

魔術師「…………」

女騎士「…………」

魔術師「なんか……ごめん」

女騎士「言わないで……惨めな気分が加速する……」

180 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 16:51:14.36 ID:X+GOWQyfO
旦那「申し訳ありません、女騎士様」

女騎士「旦那君のせいじゃ無いわ……」ハァ

旦那「ですが……」

魔術師「!」

女騎士「……なによその、閃いた! って顔……」

魔術師「ふふ……」ニヤニヤ

魔術師「貴方。貴方が他の女性と肌を重ねる事は嫌ですが、女性に恥をかかせるものではないと思うんだ」

旦那「そ、そういうものなのか?」

魔術師「だから……」ガシッ

女騎士「ひっ」

魔術師「こっちの穴で満足させてあげようよ……」クスッ

旦那「……」ムクムク

女騎士「へっ!? うそ……よね……?」

魔術師「アナルはノーカウントだよ、貴方」ニコッ

186 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 16:59:32.25 ID:X+GOWQyfO
魔術師「ふふ……大丈夫。痛く無い様にボク特製の秘薬を使ってあげる」ニコニコ

女騎士「で、でも洗浄とかしてないし……」

魔術師「それじゃあボクが愛用してる、排泄物食べるスライムを浣腸しなきゃね」

女騎士「あ、アンタそんな物使ってるの!?」

魔術師「当たり前だろ? ボクは何時でも旦那を受け入れる準備をしているんだ」

旦那「魔術師……」

魔術師「ふふ……愛してるよ、旦那」ギュウッ

旦那「ああ。俺もだ」ギュッ

女騎士「こいつら私以上の変態だーっ!!」

193 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 17:10:43.85 ID:X+GOWQyfO
―――
――


魔術師「お腹の中でスライムが蠢く感触はどう?」

女騎士「……ぐにゅぐにゅしてる…………」

魔術師「直ぐ慣れるよ。それにトイレ行かなくて済むから、悪い物でも無いんだよ?」

女騎士「スカトロマニアには土下座物の代物よね……」

魔術師「それだけ軽口叩けるなら大丈夫だね。それじゃ、特製の秘薬を塗ってあげる」ヌリュッ

女騎士「うあ……」

女騎士(なんかジンジンしてきた……)

女騎士(お尻の穴があつい……っ)

魔術師「キミのアナル、綺麗だね」

旦那「魔術師の方が、綺麗で卑猥だよ」

魔術師「ふふ。嬉しいよ、貴方」チュッ

女騎士「人の尻穴眺めながらイチャつくな、ばかやろう」

200 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 17:24:04.60 ID:X+GOWQyfO
魔術師「まだまだ秘薬を使うよ」グチュ

女騎士「ふぁ……っ」ピクッ

魔術師「これは筋力低下と微弱な麻痺毒を特別なレシピで調合したやつ」グチュッ グチュッ

女騎士「んひぃいいぃっ」ビクビクッ

魔術師「次は限定的な感覚強化の秘薬だよ」ジュブッ グチュッ

女騎士「げ……げんていてき……?」ハアハア

魔術師「鋭敏感覚/快楽。と言えば分かるかい?」

女騎士「!?」

魔術師「ああ……初めて旦那にお尻を犯された日を思い出すよ……」ゾクゾクゾクッ

魔術師「無理やりこの秘薬を塗り込んで、泣き叫ぶボクを強引に犯してくれた旦那……素敵だった……」ウットリ

旦那「結婚初夜に『手足縛って無理やり前と後ろの処女を奪って』と言われた時は驚いたよ」ハハハ

女騎士「」

204 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 17:34:47.04 ID:X+GOWQyfO
魔術師「……だいぶほぐれてきたかな」グチュグチュ

魔術師「最後にとっておきの秘薬、リジェネレートエリクサーをっと」ゴポッ

女騎士「あが……っ」

魔術師「ん……入ったね。さ、これで少しくらい裂けても直ぐに治るよ」

女騎士「お……おなかたぷたぷ……」ガクガクガク

魔術師「直ぐ身体に浸透するから大丈夫だよ」クスッ

女騎士「うああぁ……」

魔術師「次は貴方のチンポを勃たせないとね」チュポッ

旦那「うあ……何時もより濃厚な責め方じゃないか……?」

魔術師「嫉妬がそうさせてるのかな。ふふ……」ペロッ

魔術師「いくら気持ち良くても、ボクの口に出しちゃダメだよ?」レロオォ ジュポッ ジュポッ ジュポッ

旦那「くっ……厳しいな……」ブルッ

208 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 17:43:54.94 ID:X+GOWQyfO
旦那「魔術師……もう……マズい……っ」ビクッ

魔術師「ん……」チュポン

魔術師「うふふ。名残惜しいなぁ……」シュコシュコシュコ

女騎士「ま……まだ……?」

魔術師「せっかちだなぁ」

女騎士「秘薬が効いてムズムズするのよ……お願い……はやくぅ……」

魔術師「ふふ、こんなにいやらしくヒクついて……」クチュ

魔術師「旦那、良いよ。してあげて」

旦那「ああ。分かった」ググッ

女騎士「いっ……」ゾクゾクゾクゾク

旦那「ふんっ」ズブッ

女騎士「――――――ッッ!!」

213 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 17:58:14.76 ID:X+GOWQyfO
旦那「さすがに秘薬を使っても初物はキツいな……」ズブブブ

女騎士「かはっ……ふあぁぁ……」ビクビクビクッ

旦那「大丈夫ですか? 女騎士様」ズルッ

女騎士「ひぐっ」ビクンッ

魔術師「少し裂けてるね」

女騎士「うそ……っ」ハアハア

女騎士(ちょっと動いただけで何度もイキそうになってるのに裂けてるの?)

女騎士(って、私、初めてのアナルセックスでイキそうになってる……?)

旦那「厳しいなら止めましょうか?」

女騎士「だ、だめっ! やめないでッ!!」

旦那「は、はいっ」

魔術師「うふふ……そうだよね。今止められたら、きっと狂っちゃうよ?」クスクスクス

旦那「で、では続けますよ」ズプププ…

女騎士「ひぎぃっ」ビクンッ

魔術師「ふふ。懐かしいフレーズ……」

214 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 18:11:31.95 ID:X+GOWQyfO
女騎士「お……お願い……焦らさないで激しく突いて……っ」ビクッ ビクッ

旦那「宜しいんですか?」

女騎士「ゆっくりされると……きもひよすぎて……らめぇ……」ブルブル

魔術師「分かるよ。ボクもそうだった」

旦那「むう」

魔術師「旦那、もう彼女はただの穴だよ。だから好きに動いて旦那の欲望を吐き出してあげて」チュッ

旦那「……分かった。少々我慢して下さい、女騎士様っ」グイッ

女騎士「きてぇっ! わらひのケツマ○コ、あなたのオニャホにしてぇっ!!」

旦那「……むんっ」パンパンパンパンパンパンッ

女騎士「あっ、あっ、あっ……も、もっとおぉ……」ガクガクガクガク

245 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 18:24:42.80 ID:X+GOWQyfO
旦那「イキますよ……!」グググッ

女騎士「はいぃ……わらひの中にザーメンくらはいぃ……」ガクンガクンッ

旦那「く……うっ……」ビュルッ ビュルルルルルッ

女騎士「ふあぁっ……! はいってくる……旦那君の濃いのが、私の中にはいってくるよぉ……」ビクッ ビクッ

旦那「……」

女騎士「はあ……はあ……」ビクンッ ビクンッ

旦那「……終わりましたよ。女騎士様」

女騎士「……ええ」ピクピク

魔術師「お疲れさま」

旦那「ああ……ごめんな」

魔術師「今夜、この倍以上可愛がってくれたら、許してあげる」ニコッ

旦那「ああ! 倍どころかもっと沢山愛してみせるよ!」ギュウウウッ

女騎士「……なんか疎外感」

258 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 18:31:01.26 ID:X+GOWQyfO
―――
――


魔術師「はい、温かい物どうぞ」コトッ

女騎士「はあ。温かい物どうも……」カチャ

魔術師「警戒しなくても、ただの紅茶だから安心して」

女騎士「そう……いただくわ」ズズッ

旦那「魔術師のいれる紅茶は旨いな。心まで温まる」ズズズ

魔術師「貴方の事を想っていれたからね」クスッ

旦那「魔術師……」

魔術師「貴方……」

女騎士「あー。はいはい二重の意味でご馳走様!」コトッ

270 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 18:40:30.88 ID:X+GOWQyfO
女騎士「それじゃ私、王宮に戻るわ」

魔術師「もう帰るのかい?」

女騎士「夫婦の時間邪魔する程野暮じゃないわよ」

旦那「とくにお構いもせず、すみません」

女騎士「あははっ。たっぷり構って貰ったわよ」

魔術師「確かに」クスッ

272 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 18:43:38.35 ID:X+GOWQyfO
女騎士「魔術師」

魔術師「なんだい?」

女騎士「私、和姦の素晴らしさが分かった気がするの!」

魔術師「は、はあ……」

女騎士「という訳だから、今夜旦那君貸して?」

魔術師「ふざけた事吐かすとキメラの材料にするよ」

女騎士「ふんだ。じゃあ明日また来るわ! またね、旦那君!」チュッ

旦那「へっ?」

魔術師「お……女騎士ぃいいいいっ!!」

女騎士「ばいばーい! 今度は私の処女を奪ってねー!!」タタタタタッ

旦那「……」

魔術師「……」



おしり

273 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 18:44:20.15 ID:yRcDLLD30
許さないよ

274 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 18:44:44.06 ID:5suroq660
おしりならまだ続くのか

275 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 18:45:03.96 ID:SsIP33tw0
こ、これは乙じゃなくてケツが避けただけなんだからねっ!

277 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 18:45:29.10 ID:X+GOWQyfO
おれはせっかくのやすみになにかいてんだろう

278 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 18:47:11.83 ID:kkRbq1AQ0


280 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 18:48:20.04 ID:Bnnde+KY0
旦那を勇者にしとけばよかったのに

285 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 18:59:24.93 ID:6AUaKS5g0
これって第1部とかじゃだめなんですか?2部はないんですか?

286 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 19:04:36.29 ID:eaXVwwD9P
いいもの読ませてもらった

288 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/04/23(月) 19:20:41.85 ID:1lbGx9nf0
おつ
女騎士可哀相

まおゆう魔王勇者 エピソード0 砂丘の国の弓使い
橙乃ままれ
エンターブレイン
売り上げランキング: 621
関連記事
2012/04/30 12:00 | CM(5) | 創作・魔王勇者系 SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/04/30 14:42 ]
  2. あれ?
    結局、前は処女のままか?
    なら、山賊さん達にもまだチャンスがあるぜ(棒
  3. 774@いんばりあん [ 2012/05/26 01:55 ]
  4. 魔術師「はい、温かい物どうぞ」コトッ
    女騎士「はあ。温かい物どうも……」カチャ

    リルカ…だったかな?懐かしい
  5. 774@いんばりあん [ 2012/05/27 17:46 ]
  6. とりあえずレベル上限が999まで開放されれば
  7. 774@いんばりあん [ 2012/06/19 12:03 ]
  8. よんで息子がおっきしたからちょっと抜いてくるわ
  9. 774@いんばりあん [ 2012/06/29 00:19 ]
  10. 強制イベントならLv幾つだろうが、殺されるし・犯されるし・処女も天元突破してくれるさ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



一言:wow fantastic baby...

  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング