HEADLINE

紬「前世を占ってあげるわ」

2010/08/01 02:37 | CM(1) | けいおん! SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:25:21.70 ID:VWbJqTst0
梓「なんですか藪から棒に」

紬「最近占いにハマってるのよ」

梓「はぁ」

紬「ね?ちょっとだけだから」

梓「別に構いませんけど……」

2 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:27:10.19 ID:VWbJqTst0
紬「ありがとう。大丈夫、痛くしないから。休憩するだけだから」

梓「ホテルに行くわけじゃないんですから」

紬「早速見てあげる!」

梓「お手柔らかにお願いすめし」

紬「じゃあ準備するわね!」コトッ

梓「……なんですかこれ?」


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:27:57.74 ID:VWbJqTst0
紬「ビー玉だけど?」

梓「なんでまた」

紬「水晶玉が手に入らなかったの」

梓「しょぼっ」

紬「細かいことはいいのよ」

梓「結構大きなことだと思いますよ?」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:28:41.36 ID:VWbJqTst0
紬「お香焚くわね。それっぽいから」

梓「ムギ先輩って結構形から入るタイプなんですね」

紬「さてと。じゃあいきま~す」


6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:29:32.11 ID:VWbJqTst0
梓「……くさっ。なんかお婆ちゃんの匂いがします」

紬「毎日香よ♪」

梓「お線香じゃないですか」

紬「ちゃんとしたお香が手に入らなかったの」

梓「なんで毎日香を置こうと思ったんですか」

紬「だって、カッコイイじゃない毎日香」

梓「全面的に否定せざるを得ない」

紬「毎日香~それは~君が見た光~♪」

梓「それは青雲ですよ」

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:30:14.44 ID:VWbJqTst0
紬「そうだったかしら。じゃあ消すわ」

梓「急に醒めたっ。なんですかその毎日香に対する執着」

紬「私、三遊亭楽太郎さんが大好きなの♪」

梓「今は円楽ですよ」

紬「あら、私としたことが」

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:31:14.01 ID:VWbJqTst0
紬「おほん。では、そなたの前世を視てしんぜよう」

梓「よろしくお願いしますだー」ハハァー

紬「ちちんぷいぷいの~ぷいっ」

梓「その呪文を聞いたの今世紀に入って初です」

紬「むむむ……」


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:32:02.17 ID:VWbJqTst0
梓「線香臭い部屋でビー玉を覗き込むムギ先輩……」

紬「ムギギギギギ……!」

梓「青雲じゃなくて青筋が浮いてますよ」

紬「……うん!整いました!」

梓「ほほう。そのこころは」

10 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:32:09.97 ID:xDHd29Bn0
むむむ

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:33:28.45 ID:VWbJqTst0
紬「梓ちゃんの前世は!」

梓「うんうん」

紬「アメリカでジャズ奏者をやっていた!」

梓「うんうん!」

紬「黒人よ!」

梓「」

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:34:13.65 ID:VWbJqTst0
紬「お後がよろしいようで」

梓「勝手に終わらないで下さい」

紬「どうしたの?」

梓「聞きたいことが山ほどあるんですけど」

紬「どんとこいです!」

梓「……そんな詳しくわかるもんなんですか?」

紬「ええ!ちなみにバツ一子持ちの男性で糖尿を患っていたわ!」

梓「細かすぎません!?」

紬「それほどでも♪」

梓「いや……凄いですけど、褒めてないですよ?……それに黒人て」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:34:57.30 ID:VWbJqTst0
紬「あら、梓ちゃん。差別はいけないわよ」

梓「差別してるわけじゃありません。私は人種差別と黒人が大嫌いなんです」

紬「これが本当のブラックジョークね♪」

梓「HAHAHA!」


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:36:00.32 ID:VWbJqTst0
紬「ほら、早速黒人っぽさが出てるわ」

梓「いまのは悪乗りしただけですよマザファッカー」

紬「サノバビッチ!」

梓「シット!」

紬「ファック!」

紬梓「「HAHAHAHAHA!」」

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:36:37.83 ID:fROPeO8G0
いいノリだ

19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:36:45.38 ID:VWbJqTst0
梓「と、まぁおふざけはここまでにして」

紬「えぇ?もっとやりましょうよ、黒人ごっこ!」

梓「いやもういいですから」

紬「YOメ~ン!」チェキチェキ

梓「やめて」

紬「ごめんなさい。つい楽しくって」

梓「わかればよろしいです」

20 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:36:45.71 ID:k1EQ7Eqz0
HAHAHA

21 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:37:49.96 ID:VWbJqTst0
梓「改めて確認しますと」

紬「はいはい」

梓「私の前世は黒人なんですね?」

紬「ええ!」

梓「バツ一子持ちで糖尿の?」

紬「Exactly(その通りよ梓ちゃん)」

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:38:31.28 ID:VWbJqTst0
梓「……どうもフに落ちないなぁ」

紬「でも梓ちゃんの前世を裏付ける証拠はあるわよ」

梓「にゃんですと」

紬「ええ。梓ちゃんは日焼けしやすいわよね?」

梓「はい…先輩達と一緒に遊んでても、何故か私だけ真っ黒になっちゃうんですよね」

紬「ほら、それよ」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:39:24.16 ID:VWbJqTst0
梓「……ちょ、ちょっと待って下さい」

紬「?」

梓「え?その…え?…私が日焼けしやすいのは、前世が黒人だったからなんですか?」

紬「そうねぇ……それ以外の理由はちょっと考えつかないわねぇ……」

梓「ちくしょう」

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:40:45.86 ID:VWbJqTst0
紬「まあまあ。私は前世がなんだって、梓ちゃんが好きよ?」

梓「ムギ先輩……」

紬「それに昔から言うでしょ?『結構毛だらけ猫灰だらけ、梓のおしりは糞だらけ』って」

梓「...Fack you」

紬「oh...miss spell」

紬「Fuck you」

梓「Fuck you」

紬「good!


その後、一緒に演奏をして、友人になった」

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:42:39.68 ID:VWbJqTst0
梓「また話がずれた」

紬「梓ちゃん、お尻痒くならないの?」

梓「ちゃんと拭いてるんで、憐れみをもった目を向けてくださらなくて結構です」

紬「ごめんね?でも今のは梓ちゃんも悪いわよ」

梓「一ミリも悪くないです。前世と全く関係無かったし……あ、あと聞きたいんですけど」

紬「何?私の好きなタイプ?」

梓「No,thank you」

紬「名曲よね。ちなみに私は沢田研二がタイプよ」

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:43:23.31 ID:VWbJqTst0
梓「意外ですね。ズーレーかと思ってたのに」

紬「ズーレーがナオンとギロッポンでスーシーをクーウー」

梓「後半業界用語じゃないですよ」

紬「私バイだから♪」

梓「いらない知識で脳細胞を無駄に使ってしまいました」

紬「明日使えるものばかりでしたね♪」

梓「……また話がレズた」

27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:44:10.32 ID:VWbJqTst0
紬「で、何が聞きたいの?」

梓「ええっと、私が音楽が好きなのは前世が原因なんですか?」

紬「ああ、それは逆よ逆」

梓「逆?」

紬「そうよ!前世がジャズ奏者だったから音楽が好きなんじゃないの」

紬「梓ちゃんが音楽好きだから前世をジャズ奏者にしたのよ!」

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:45:25.99 ID:VWbJqTst0
梓「……ちょ、ちょっと…え?どういうことなの?」

紬「?」

梓「え…前世…え?」

紬「梓ちゃん落ち着いて!ゆっくりでいいわよ。まずは友達から始めましょ」

梓「いやそうじゃなくて……なんか色々逆ですよね?」

紬「なにが逆なのかしら?」

紬「ハッ!?まさか友達からじゃなくて逆にセッ○クスから始めようってこと!?」

梓「聞いてください。ねぇ、聞いてください」

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:46:24.00 ID:VWbJqTst0
梓「明らかにおかしいですよ」

紬「そうかしら?まあいいじゃない」

梓「この問題は流せないですよ」

紬「じゃあどこがおかしいっていうの?」

梓「まず眉毛がおかしい」

紬「それを言っちゃあおしまいよ」

梓「ごめんなさい」

紬「いいわよ」

梓「あはは」

紬「うふふ」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:47:11.10 ID:VWbJqTst0
梓「もうズバリ言いますけど」

紬「なんでしょう」

梓「私の今のイメージからそれっぽい前世を言ってますよね?」

紬「そうよ!」バーン

梓「今までの会話はなんだったんだろうか」

紬「だってしょうがないじゃない!いくらビー玉覗いてもわからないいんだもん!」

梓「ビー玉は悪くないと思いますよ」

紬「梓ちゃんだって凄く興味もってくれてたじゃない?だから期待を裏切っちゃ不味いと思って……」

梓「そうでしたっけ」

紬「そうよ。さっきだって……」

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:48:09.35 ID:VWbJqTst0
紬『前世を占ってあげるわ!』

梓『本当ですか!?私、ムギ先輩に前世を視てもらうのが夢だったんですぅ!』

紬『うふふふふ。可愛い後輩だこと』

梓『ごろにゃん♪ごろにゃん♪』

紬『あらあら、甘えん坊さんね♪』


34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:49:07.26 ID:VWbJqTst0
紬「ほら」

梓「私の持ってる記憶と違う」

紬「よくあることよ」

梓「バツ一子持ちで糖尿っていうのは?適当に言ったんですか?」

紬「ああ、それも梓ちゃんの見た目から判断したのよ」

梓「ムギ先輩の目には私はどんな風に映っているんだろうか」

紬「うふふ」

梓「あはは。誤魔化された」

35 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:50:31.10 ID:VWbJqTst0
梓「このエセ前世占いをやったのは私が初めてですか?」

紬「いいえ。さっき試しにさわ子先生の前世を視てみたわ」

梓「物凄く嫌な予感がするんですけど……なんて言ったんですか?」

紬「確か……『12月27日に廃棄処分されたクリスマスケーキ』って言ったわ!」

梓「私、黒人でも悪くないかなって思います」

紬「なんでもないようなことが、幸せだったと思うことってあるわよね」

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:51:22.00 ID:VWbJqTst0
梓「それにしても、みんな遅いですね」

紬「どうしたのかしら」

梓「あんまり来ないようでしたら、もう帰りましょうか」

紬「あ、どうせ帰るんだったら……」

梓「はい?」

紬「なんでもなーい」

梓「……ふむ」

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:52:43.90 ID:VWbJqTst0
紬「で、次はタロットカード占いなんだけど」

梓「まだやるんですか」

紬「ええ!こっちは少し自信があるわ!」

梓「とか言って。また適当なんじゃなんですか」

紬「大丈夫!こっちはちゃんと練習してきたから!」

梓「なんでさっきクオリティの低いアレをしたんですか?毎日香のアレ」

紬「過ぎ去ったことはいいのよ♪」

梓「……じゃあちょっとお願いします」

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:54:15.21 ID:VWbJqTst0
紬「じゃあ好きなの一枚引いて?」

梓「はい」

紬「なんのカードでしたか?」

梓「死神です」

紬「じゃあここにマジックペンがあるから、カードに梓ちゃんの名前を書いて下さい」

梓「……これでいいですか」カキカキ

紬「そしたら、その札を好きな場所に戻して」

梓「はーい。真ん中らへんに入れますね」

40 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:55:03.95 ID:VWbJqTst0
紬「ありがとう。あなたは確かにカードをここ、真ん中に入れましたよね?」

梓「そうですね」

紬「ところが、ここで指を鳴らすと~」

梓「ドキドキ」

紬「ワン、ツー、スリー!」

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:55:50.55 ID:VWbJqTst0
紬「なんと!死神のカードが一瞬のうちに一番上に上がってきたではありませんか!」

梓「えー!?うそー!?」

紬「嘘ではございません!このサインに見覚えはないですか?」

梓「……あっ!こ、これは!確かに私の書いたサインです!」

紬「お後がよろしいようで」

梓「やんややんや~」

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:56:32.95 ID:VWbJqTst0
梓「これ手品じゃないですか」

紬「あら、ばれちゃった?」

梓「ここまで長いノリツッコミは初めてです」

紬「お後がよろしいようで」

梓「正しい用法のようで正しくない!」

43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:57:18.95 ID:VWbJqTst0
紬「次は、このハンカチを縦縞から横縞にしてみせるわね」

梓「もう占い関係ないですね」

紬「じゃあミカンを浮かせてみせるわ!ほら!」

梓「ムギ先輩」

紬「どう?不思議でしょ!?」どやっ

梓「ムギ先輩?」

紬「あ、ひょっとしてマギー一門は嫌いだった?じゃあ口からトランプを……」

梓「ムギ先輩っ」

紬「ひゃいっ」

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:58:02.22 ID:VWbJqTst0
梓「……どっか遊びに行きましょうか」

紬「えっ!?」

梓「もう今日はみんな来ないでしょうし」

紬「い、いいの?」

梓「はい。5人で遊ぶことはあっても、ムギ先輩個人と遊んだことはなかったですよね」

梓「だから、ね?今日は遊びに行きましょ」

紬「うん……うん!」

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:58:05.00 ID:lqAVAlUc0
しえん

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:58:43.74 ID:VWbJqTst0
紬「じゃ、じゃあ早速いきましょ!」

梓「ちょっと待って下さい。部室の鍵閉めないと」

紬「トンちゃんに任せましょう!」

梓「無茶言わないで下さいよ」

紬「……うふふ」ニコニコ

梓「嬉しそうですね」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/14(水) 23:59:34.13 ID:VWbJqTst0
紬「私、梓ちゃんと遊ぶのが夢だったの♪」

梓「そうなんですか。今日もっと早く言ってくれたらたくさん遊べたのに」

紬「なんだか誘うのが恥ずかしくて……」

梓「さっきまでシットやらファックやら言ってたのに、変な所で恥ずかしがりますね」

紬「こーら!そんな下品なこと言うんじゃありません!」

梓「ぎゃふん」

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/15(木) 00:02:43.12 ID:432U2dPF0
紬「それに私、梓ちゃんといっぱいおしゃべりするのも夢だったの♪」

梓「そうだったんですか」

紬「うん!今日は夢が二つも叶うみたいだわ♪」

梓「……なんか、ありがとうございます」

紬「いーえいえ、こちらこそ♪あ、ちなみに」

梓「はい?」

紬「今日梓ちゃんに占いを見せたのは、『後輩を占うと、その子と仲良くなれる』って占いで出たからよ!」

梓「占いってすごい」


49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/15(木) 00:03:19.29 ID:2AzGohQU0
いい話だ

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/15(木) 00:03:28.15 ID:432U2dPF0
梓「さ、鍵も閉めたし。遊びに行きましょう。どこ行きますか?」

紬「私、良い駄菓子屋知ってるの!ほとんどのものが100円以下で買えるのよ!」

梓「たいていそうですよ。じゃあそこ行きましょう」

紬「うん!あとゲーセンも!さあほら急いで!ちゃきちゃき歩く!」

梓「はいはい。引っ張らないでください」ズルズル

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/15(木) 00:04:56.51 ID:432U2dPF0
紬「あ、そういえば」

梓「どうしました?」

紬「さっきミカンを浮かせたのはね、後ろから指を」

梓「知ってますよ」

紬「あらそうなの」

梓「そうですよ」

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/15(木) 00:05:41.93 ID:432U2dPF0
紬「もう一度やってみるわね」

梓「気に行ったんですね」

紬「ええ。マギー大好きなの……あら?」

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/15(木) 00:06:42.23 ID:432U2dPF0
梓「どうしました?」

紬「ミカンがないわ……」

梓「……ミカンが」

紬「みっかんない……」



紬梓「「お後がよろしいようで」」




お わ り

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/15(木) 00:07:25.41 ID:432U2dPF0
終わりです
みんなも笑点を見よう

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/15(木) 00:08:33.83 ID:rIJkHpS90
昇天は見てるぜ。乙。

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/07/15(木) 00:09:38.82 ID:D1E1bqUx0


沢庵禅師逸話選
関連記事
2010/08/01 02:37 | CM(1) | けいおん! SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2010/08/01 15:35 ]
  2. 何これ心がホクホクしたんだけど
    紬梓なんて珍しいもっとやれ
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング