HEADLINE

伊織「スキスキ、だーい好き!」

2012/05/06 00:03 | CM(2) | アイドルマスター SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 21:43:22.22 ID:8XKUwTr40
アイドルマスターのキャラクター、水瀬伊織のSSです。

また、この物語はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

ご了承の上、お読みください。

7 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 21:45:15.67 ID:8XKUwTr40
 8月上旬/午後/765プロ事務所

亜美・真美「あっづ~い……」ヘター

春香「ほんとに、夏はつらいよね~」パタパタ

亜美「壊れたエアコン!」

真美「オンボロのエアコン!」

亜美&真美「役立たずのエアコン!」

あずさ「そうねえ~……。ちょっと、胸元が蒸れちゃうわ~」ヒラヒラ

 ハム蔵「ktkr」ガタッ

響「こらハム蔵~。見ちゃダメだぞ~」ヘタリ

あずさ「あらあら。ハム蔵ちゃんはエッチなのね~」

千早「くっ……」ググッ


9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 21:46:37.61 ID:vYD92zM50
わるくない

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 21:47:46.16 ID:8XKUwTr40
伊織「それでね……、カーナビが示していたのは……」

伊織「ふか~い崖の、向こうだったの」

雪歩「ひぃっ」

真「……」ゴクッ

伊織「その時……耳元で……」

伊織「落ちればよかったのに……」ボソッ

雪歩&真「いやああああ!」ビクビクッ

伊織「にひひっ! どう? 涼しくなったでしょ?」

真「こ、怖すぎるよ伊織ぃ!」ガタガタ

伊織「まったく、感謝しなさいよね? それよりも……」

伊織「…………」

伊織(本当に暑いわね……)

伊織(スケジュールも真っ白。こんなんで良いのかしら……)

雪歩「……伊織ちゃん? どうしたの?」キョトン

伊織「へっ? な、なんでもないわよ」


12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 21:49:26.26 ID:vYD92zM50
デジャヴ?

13 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 21:51:09.39 ID:8XKUwTr40
扉「ガチャ」

P「みんなー、アイス買ってきたぞ~!」

亜美「やったー! 兄(C)愛してる~!」パアア

真美「さっすが真美の見込んだオトコだねっ!」タタタ

春香「プロデューサーさん、お疲れ様です~」

響「真~! アイス食べるぞー!」

真「わかった! 行こ、雪歩」ガシッ

雪歩「うん! 伊織ちゃんも」

伊織「…………」

 雪歩「伊織ちゃん?」ハテナ

 伊織「そ、そうね。行きましょ」ガタッ

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 21:54:53.85 ID:8XKUwTr40

P「ん? 伊織、食べないのか?」

伊織「しょ、食欲ないのよっ」

P「そっか。しかし、こう暑いと……捗らないよなあ」

伊織「はかどるも何も、仕事全然ないじゃない」ハア

P「うう、耳が痛い」

伊織「ね、ねえ……あんた」

P「なんだー?」ペロペロ

伊織「……ちょっと、話があるんだけど」

P「悩み事か? それじゃ、ちょっと場所移そう」


…………

……


17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 21:57:54.36 ID:8XKUwTr40
午後/765プロ事務所屋上

P「何もわざわざこんな場所に来なくても……」

伊織「い、いいのよ。ほら、ちゃんと日陰もあるでしょ?」

P「まあ、そうだな。座ろう、伊織」

伊織「ええ……」チョコン

P「…………」

伊織「…………」

 P「……って、何か話せよっ!」バシッ

 伊織「…………」



18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:01:35.10 ID:8XKUwTr40
 P「……伊織、どうしたんだ?」

 伊織「ねえ、私たち……もっと出来る事があるんじゃないかしら」

 P「……仕事が少ないことを言ってるのか?」

 伊織「何ていうか、その……」

 P「不安なのか? この先」

 伊織「ま、まあ……そんなところよ」シュン

 P「確かに、今の状況を見れば、焦る気持ちも分かるよ」

 伊織「どうすれば、いいんだろ……」

 P「でもさ。ちょっとずつ頑張っていくしか無いと俺は思うよ。皆と一緒にさ」

 伊織「そんなの……わかってるわよ」プイ

 P「…………」

 伊織「…………」



19 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:04:23.48 ID:8XKUwTr40
 P「……なあ、伊織」スタッ

 伊織「なによ」

 P「どっか、行きたいところ無いか?」クルリ

 伊織「!? な、なんでそんな事……」アセアセ

P「どこか連れてってやろうと思って。あ、流石に海外とかは無理だぞ?」ニコッ

 伊織「……ふ、2人で?」

 P「伊織が嫌じゃなければ、それでも良いよ」

 伊織「…………あんた、へ、ヘンな事考えてるんじゃないでしょうね」ジトッ

 P「はは。そんなわけないだろ」

 伊織「…………」

 伊織「……そうね」

 P「……ん?」



22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:08:03.58 ID:8XKUwTr40
 伊織「海に、行きたいかな」

 P「よし。それじゃ、今度の休みに行こうか」

 伊織「ねえ、これって……その」

 伊織「で、デート……ってやつ?」カアア

 P「2人で行くんなら、そうなるんじゃないか?」

 伊織「……ま、まあ? 本来なら伊織ちゃんがアンタなんかと、で、デートするはずないんだけど? どうしてもって言うのなら付き合ってあげるわ」フンッ

 P「おっ! 何だかいつもの調子に戻ってきたみたいだな」

 伊織「う、うるさいわね。それより……」クルリ



23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:11:57.49 ID:8XKUwTr40
 P「な、なんだよ……」

 伊織「いいこと? この事は、ゼッタイに秘密よ?」ビシッ

 P「何でだ? 別にプライベートで海に行くことくらい……」

 伊織「そ、そうじゃなくって! その……」

 伊織(は、恥ずかしいなんて、言えない。それに、喋ったら春香たちも着いてくるかも……)

 P「……わかった。この事は、二人だけの秘密な」

 伊織「わ、わかればいいのよっ」フイッ

 P「はいはい。それじゃ、そろそろ戻ろう」


 …………

 ……

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:14:20.28 ID:8XKUwTr40
前日/19:00/水瀬邸

電話『ぷるるる』

執事『はい……水瀬でございます』

執事『これはこれは……。少々、お待ちくださいませ』

扉「トントン」

執事「お嬢様。菊池真様からお電話です」

伊織「ちょっと今手が離せないの。そう伝えてくれるかしら?」

執事「……明日は、海水浴へ行くのでしたね」

伊織「え、ええ。だから、お願いね」

執事「はい。お身体に気を付けて、楽しんで下さいませ」

執事『お待たせいたしました。生憎、お嬢様はお忙しいようで……』

執事『ええ。その件でしたら、既にお嬢様は……はい。とても楽しみにしておられる様です……』

25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:15:20.70 ID:TXsLUt+Pi


26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:18:31.09 ID:8XKUwTr40

伊織「…………」ウロウロ

伊織「…………」ウロウロウロウロ

伊織「ど、ど、どうしよ……」

伊織「何となく海に行きたいなんて言っちゃったけど……」

伊織「…………」

伊織「ていうかそもそも、どうしてプロデューサーなんかとこの伊織ちゃんがデートすることに……?」カアア

伊織「ま、まずは落ち着きましょ。そう、ただの慰安旅行みたいなものよ。リフレッシュ目的なんだから」

伊織「あ、明日の水着選ばなきゃ。プロデューサーはどんなのが好みなのかしら……?」

伊織「…………って」



27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:18:51.89 ID:AzBKR4h90
あかんで

28 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:21:25.37 ID:8XKUwTr40
伊織「ど、どうしてアイツの好みなんかに合わせる必要があるのよ~!」バタバタ

ベッド「ばふん」

伊織「…………」

伊織「どうしちゃったんだろ……私」

伊織「ねえ、うさちゃん。分かる?」

うさちゃん「…………」

伊織「わかるわけ……ないよね」ハア

伊織「…………」

伊織「……準備済ませて、早く寝なきゃ」


…………

……



30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:25:10.98 ID:8XKUwTr40
当日/7:30/765プロ事務所前

伊織「…………」

春香「あっ! 伊織おはよー」ノシ

美希「もう、でこちゃん遅いよ~」

真「はは。美希もさっき来たばかりじゃないか」

伊織「な、何でアンタたちが居るのよ!?」

亜美「いやあ、絶好の海水浴びよりですなあ」

真美「いよ→っし! 今日は遊びまくるよ~!」



31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:28:44.37 ID:8XKUwTr40
やよい「海なんて何年振りかなあ~」キラキラ

あずさ「やよいちゃんは、海が好きなの~?」

やよい「はいっ! しっかり体操しなきゃですねっ!」

雪歩「響ちゃん。ハム蔵って泳げるの?」ハテナ

響「もちろん泳げるぞ! なっ! ハム蔵♪」

ハム蔵「おう」

貴音「潮の香りが待ち遠しいですね……」

千早「プロデューサー。荷物、全員載せ終わりました」

P「ああ。ありがとな。千早」

伊織「…………」ジトーッ



32 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:30:56.30 ID:8XKUwTr40
P「や、やあ……おはよう、伊織」

伊織「……」ツカツカ

伊織「ちょっと……こっち来なさいよっ」

P「わわっ! 引っ張るなよ伊織」

伊織「アンタ、皆に話したの?」コソコソ

P「誤解しないでくれよ。俺は何も……」コソコソ

伊織「じゃあ、何でこうなってるのよっ!」

P「いやあ、実は昨日の夜……」

…………

……


33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:34:06.82 ID:8XKUwTr40
昨夜/20:00/765プロ事務所

P「ふう……やっと終わった」

P「もう遅くなっちゃったし。さっさと帰ろう」

携帯「ブルルル……。ブルルル」

P「誰からだ? ……わっ! 社長からだ!」

P『お疲れ様です。社長」

社長『いやあ、突然済まない。今どこに居るのかね?』

P『事務所ですが……、これから帰るところですよ』

社長『遅くまで悪いね。それより君、明日の予定はどうなっているんだね?』

P『明日ですか? 実は……海に行く予定がありまして……』

社長『もしや……〇×△浜かね?』




34 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:37:01.15 ID:8XKUwTr40
P『ええ。そうですが……。どうかしたんですか?』

社長『いやね、私の古い友人が旅館を経営していてね。事務所のアイドルも連れて遊びに来ないかと、誘われてしまったんだよ』

P『ええ!? って言っても……、もう21時ですよ?』

社長『今日になって、突然部屋が空いたらしくてねえ。既に、アイドル諸君には連絡網で伝えてもらっているんだが……』

P『そ、そうだったんですか……急な話ですね』

社長『そこで、君にアイドル諸君の引率を任せたいんだよ。いや、安心してくれたまえ。律子君も、音無君も来てくれるそうだ』

P『は、はあ……了解しました』

社長『すまないね。それでは、明日は楽しもうじゃないか。はっはっは』

携帯『ブチッ。ツー、ツー』

P『伊織……。すまん』

…………

……

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:40:55.53 ID:8XKUwTr40
P「とまあ、そんなわけで」

亜美「兄ちゃ~ん、早く出発しようよ~」ヤンヤ

真美「海が真美達を呼んでるよ~」ヤンヤ

伊織「……それなら、昨日のうちに電話くらい寄越しなさいよね」プイッ

P「すまん! 俺に連絡が来たのが遅かったから、迷惑かなと思ったし、準備とかで忙しくって」

伊織「……浮かれてた私がバカみたいじゃない……」ボソッ

P「ほんとにすまん!」

春香「プロデューサーさん! 準備おっけーですよ~」

P「わ、わかったー! 伊織。機嫌直してくれよ。せっかくの海なんだしさ」

伊織「……仕方ないわね。もう」


…………

……

37 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:44:07.15 ID:8XKUwTr40
9:00/海・浜辺

春香「わあー! ウェミダー!」キラキラ

美希「ミキがいっちばんなのー!」タタタ

真「あっ! ずるいよ美希! ボクも!」タタタ

亜美「浮き輪よしっ!」

真美「水鉄砲よしっ!」

亜美&真美「いざ、突撃ぃ~!」タタタ

P「おーい! ちゃんと体操しろ~、怪我するぞ~」

律子「みんな、楽しそうですね」

P「そうだな。急な話だったのに、まさか全員で来れるなんて」

小鳥「みんな、どれだけ暇なんですかね~」



39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:48:38.30 ID:8XKUwTr40
P「いや……それ小鳥さんも同じじゃ……」

小鳥「放っといてください」ズウーン

P「そ、それじゃ、ちょっと社長に会って来ます」タッタッタ

律子「お疲れ様です。それじゃ小鳥さん、私たちも泳ぎましょう」

小鳥「そ、そうですね~。あ、律子さんは先にどうぞ~」

律子「そうですか? じゃあお先に」テクテク

小鳥「…………」

小鳥(水着になんてなれないわよ。常識的に考えて)ハア

小鳥「…………ぐすん」


…………

……

41 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:52:36.31 ID:8XKUwTr40
11:00/浜辺・パラソル

春香「ちーはーやーちゃん」テクテク

千早「春香。どうしたの?」

春香「千早ちゃんこそ。泳がないの?」

千早「わ、私は……」

春香「ほらTシャツ脱いで! 皆で遊ぼうよ!」

千早「ちょ、春香ぁ、自分で脱げるから……」バタバタ

春香「千早ちゃんの水着、とっても可愛いよ?」



43 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:55:08.78 ID:cIGpDi7M0
いおりんきゃわわ

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:55:36.06 ID:8XKUwTr40
千早「そ、そうかしら……?」モジモジ

あずさ「ええ。千早ちゃんらしくて良いと思うわよ~」

貴音「このような日陰でくすぶっているのは、勿体ないと思いますよ、千早」

春香「あずささんに貴音さん……い、いつの間に」

千早「…………」ジーッ

あずさ「……? どおしたの?」キョトン

貴音「なにやら胸に視線を感じるのですが……」

千早「な、なんでもありません……」

千早「…………」

千早「くっ」

…………

……

45 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 22:59:56.59 ID:8XKUwTr40
12:00/浜辺

P(やっぱり伊織には悪いことしたな)

P(お詫びにはならないだろうけど、昼飯でもご馳走してあげよう)

P(えーと、伊織はどこだ?)キョロキョロ

伊織「…………」

P「よ。みんなと遊ばないのか?」

伊織「別にアンタには関係ないでしょ。それに、今はこうして海を眺めていたいの」ツーン

P「そっか。なあ、伊織」

伊織「……何よ」



46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:02:38.06 ID:8XKUwTr40
P「その水着、似合ってるよ」

伊織「……う、うそよ//」

P「いや、本当に」

伊織「……ほんとにホント?」

P「ああ。可愛いと思うよ」

伊織「……そ、そう! まあ、このスーパーアイドル伊織ちゃんの水着姿なんだから、見蕩れて当然よねっ!」パアア

P「自分で言うなよ。それと、ごめんな。こんな事になっちゃって」

伊織「……べ、別に気にしてないわよ」フンッ

P「本当か?」

伊織「いいのよ。社長の頼みだし、アンタは断れる立場じゃないのもわかってる」



47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:03:07.34 ID:+DeAMvaY0
オラッ支援しろ

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:06:07.59 ID:8XKUwTr40
P「ほんとに、悪いな」

伊織「もういいわ。それより、伊織ちゃんお腹空いちゃった」

P「ああ。何が食べたい?」

伊織「なんでもいいわよ。アンタが決めなさいっ」ビシッ

P「ええ? 俺伊織の好みなんてわからないぞ?」

伊織「プロデューサーなんだから、アイドルの好き嫌いくらい把握しときなさいよねっ?」

P「はあ……わかったよ。とりあえず、行こう」

伊織「…………」

伊織(水着……か、かわいいって……///)

P「伊織~。早く来~い」

伊織「わ、わかってるわよ~」タタタ

…………

……

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:10:41.96 ID:wdjUZXQM0
ハイッ!ハイッ!

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:11:23.13 ID:8XKUwTr40
12:15/海の家「ラビット」

P「結構混んでるなー」

伊織「まったく、なんで伊織ちゃんが、こんな人混みの中で食事しなきゃいけないのよ」

P「はは。仕方ないだろ。むしろ、そういう騒がしさを楽しまないと」

伊織「そういうものかしら?」

P「そういうもんさ。それじゃ、何頼もうかな」ペラ

伊織「とりあえず、オレンジジュースね♪」

P「え? オレンジジュース?」キョトン

伊織「な、何よその顔。なんか文句あるわけ!?」

P「いや、子供っぽいなと……痛っ!」ゲシッ

伊織「悪かったわね……子供で」

P「あ、足を蹴るなよ……。でも」

伊織「でも……なによ?」ジト



54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:23:42.43 ID:8XKUwTr40
P「それはそれで、可愛いと思うよ。俺は」

伊織「か、かわいい?」

P「まあ、なんとなくだけど」

伊織「……そっか。可愛い、ね。ふ~ん」

P「伊織? どうしたー?」

伊織「な、なんでもないわよっ! それより、オレンジジュースは身体に良いんだから。アンタも飲みなさいよね?」ビシッ

P「はいはい。わかったよ。他には何頼もうか?」

伊織「やっぱり海に来たんだから、普段とは違う料理が食べたいわね」

P「そうは言っても、伊織は一般人の俺とは違って、舌が肥えてるだろうしなあ。眼鏡に適うものがあるか……」

伊織「……あんた、間違ってるわよ」

P「え?」



56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:27:30.14 ID:8XKUwTr40
伊織「とびきり高くて良い素材を使った料理でも、一人で食べてちゃ美味しくないものなのよ」

P「誰かと一緒に食べることが重要ってことか?」

伊織「以前、やよいの家の夕食に招かれた時に、そう思ったの」

P「へえ……そんな事があったのか。それで、どうだった?」

伊織「それがね、やよいったらスーパーで、もやしばかり大量に買うから何を作るのかなって思ったら」

P「思ったら?」

伊織「炒めたもやしをそのまま」

P「やよい……。慎ましく、頑張っているんだなあ」ホロリ

伊織「でもね? とっても美味しかったのよ。やよいの兄妹と、テーブルを囲んで、『もやし祭り』開催だーっ! ってね」

P「そっか。俺も一度参加してみたいな」

伊織「きっと快く招待してくれるわよ」ニヒッ

P「そうだといいな。それじゃあ、シーフードカレーでも食べるか?」

伊織「いいわね。あまり長居するのもお店に悪いし、さっさと注文しちゃいましょ」

…………

……


57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:31:16.88 ID:8XKUwTr40
13:30/浜辺

伊織「あれ? 雪歩じゃない?」

P「ほんとだ。……あ、あいつ何をしてるんだ?」

雪歩「トンネルを~抜けたらそこは~♪」

伊織「雪歩……。アンタ余程暇なのね……」

雪歩「わっ! い、伊織ちゃん? それに、プロデューサーも……」

P「すごいなこれ。砂の城?」

雪歩「は、はい! もう少しで完成なんですよ~」キラキラ

伊織「もうこれは遊びというより芸術レベルね」ハア

P「雪歩は器用なんだなあ」

雪歩「そ、そんなに褒めないで下さい~///」

伊織「はいはい。せいぜい頑張って掘りなさい」

P「完成したら、呼んでくれよー」

雪歩「はいっ! 頑張ります~」グッ



59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:35:43.96 ID:8XKUwTr40
14:30/浜辺

春香「プロデューサーさん! ビーチバレー、やりませんか?」トテテ

美希「ちょうど、でこちゃんも居るから2対2で勝負なの!」

P「春香と美希か。どうだろ? 伊織」

伊織「アンタが良いなら、参加してあげてもいいわよ」フンッ

P「それじゃ決まりな。よし、やろう!」グッ

春香「乗り気ですね~。じゃあ、負けた方は、勝った方の言うことを何でも聞くってコトで!」

美希「それじゃあ、美希たちが勝ったら……」

P「勝ったら?」



61 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:39:12.27 ID:8XKUwTr40
美希「今日1日、ハニーは美希のモノなの!」ピョン

伊織「なっ!」

春香「ええ~? そ、それはずるいよ~」アセアセ

P「って、おい。俺は誰かの所有物になる気はないぞ……」

美希「いいでしょ~? だって、負けなきゃイイんだよ?」

P「ま、まあそうだけどさ」

伊織「そ、そんなのこの伊織ちゃんが許さないわ!」ムムッ

P「い、伊織?」

春香「いきなりどうしたのよ伊織~」

美希「へえ……なら、ミキも本気だすの!」ムムムッ

P「ただの遊びに大袈裟な……」

伊織&美希「アンタ(ハニー)は黙ってて!」

P「」



62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:43:16.25 ID:8XKUwTr40
―30分後―

P「ま、まだ続けるのか~?」ヘタリ

春香「美希ぃ……もう私動けないよ~」ペタリ

伊織「まだまだ!」バシッ

美希「全然っ、余裕、なのっ!」ドシッ

P「ほんとに、元気だなあ……」

伊織「そろそろ……本気出していいかしら……?」

美希「望むところなの……。じゃあミキも、全力出すねっ!」

バン、バシッ、ドシッ、ピシッ……。

 『グシャ』

伊織「あ……」

美希「へ……?」

P「ぐしゃ? 何の音だ?」



65 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:47:59.26 ID:8XKUwTr40
春香「あ……雪歩……」

雪歩「…………」ウルウル

P「ゆ、雪歩? 大丈夫か?」

雪歩「あ、後もう少しで完成だったのに……」ウルウル

伊織「つ、つい夢中になっちゃって……ごめんなさい」

美希「あわわ。ご、ごめんなさい……なの」ペコリ

雪歩「いえ……いいんです……」ズウーン

春香「ゆ、雪歩? 元気だして? 私も手伝うから」トテテ

美希「み、ミキも手伝おっかな!」

伊織「わ、私も!」

P「じゃあ俺も……」スッ

雪歩「が、頑張りましょう……!」ペタペタ

…………

……


66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:49:07.86 ID:mU6mExgp0
カワイソス

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:51:05.17 ID:GhtEVJ0O0
雪歩はあの例の乳寄せ水着なんだろうなぁ
可愛すぎる

71 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:51:38.38 ID:8XKUwTr40
 16:00/浜辺

 P「結構時間たったなあ」

 伊織「涼しくなってきたわね」

 風がそよそよ、そよそよと流れてゆく。

 穏やかに打ち寄せる波のそばを、わたしはプロデューサーと並んで歩いていた。

P「偶には、こういうのも良いもんだな」

伊織「そうね……。気分がよくなるわ」

P「はは。もう許してくれたか?」

伊織「そ、それとこれとは話が別……と言いたいところだけど。もう気にしてないわよっ」


72 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:55:12.91 ID:8XKUwTr40

 水着の上から羽織った、半袖の薄いパーカーが暖かい。

 海で泳いだせいで髪が生乾きだったけれど、今はそれさえも心地よく思える。

伊織「ねえ、もう少し向こう側まで行ってみない?」クルリ

P「いいけど、あまり皆と離れちゃまずくないかな?」

伊織「一応、集合まで1時間はあるし……いいでしょ?」

P「……ま、今日は伊織に従うよ」ハア

伊織「トクベツに、あんたを伊織ちゃんのしもべにしたげるわ」クスクス

P「はいはい。お姫様」


…………

……

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/04(金) 23:58:18.08 ID:8XKUwTr40
伊織「ねえ、あれ何かしら?」

 P「うーん、洞穴? 洞窟?」

浜辺の端まで歩いたところで、少し入り組んだところに洞穴の様なものを見つけた。

 大きな石を重ねて造られているようで、神秘的だなあという印象を受ける。

伊織「ちょっとだけ入ってみない?」

P「危なくないかな?」

伊織「少し中を見てみるだけよ」トテテ

P「わ、わかったから走るなよ」

 伊織「はやく来なさいよね~」

十メートルほど歩くと、開けた場所に出る。

 と、同時に頭上を見て思わず感嘆の声が漏れてしまった。



76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:02:01.90 ID:3IZ4zvmF0

 いおりん誕生日おめでとー━━━(゚∀゚)━━━!!

 伊織「すごい……ここ、中から空が見えるんだ」

P「へえ……。なんか秘密基地みたいだな」

伊織「なによそれ、子供っぽい感想ね」

P「う、うるさいな。男はそういうの好きなんだよ」

伊織「でも……分からなくはないわ」クルリ

徐々に空が赤みがかってゆく。

 普段、なにげなく目にしている光景が、この場所からは不思議と特別な様に感じられた。

P「お、伊織、法螺貝だ」ヒョイ

伊織「わっ。大きいわね」

P「貝を耳に当てると、波の音が聞こえるって言わないか?」スッ



79 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:06:26.64 ID:3IZ4zvmF0

伊織「それって、耳を塞ぐと聞こえる血流の音っていうオチじゃなかったかしら?」

P「伊織……ロマンがないなあ」ハア

 伊織「うるさいわねっ。それに、波の音ならここからでも聴こえるじゃない」

P「……まあ、そうだな」

伊織「……ねえ」

P「んー?」

伊織「わたし、トップアイドルになんてなれるのかしら」

 P「どうしたんだよ。自信満々な伊織はどこ行ったんだ」

伊織「わたしだって……。不安になる事くらいあるわよ」シュン

P「……何か、あったのか?」

伊織「そうじゃないの」

伊織「何もないから、怖いのよ」

 P「…………」



80 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:10:59.35 ID:3IZ4zvmF0
伊織「ねえ、わたしがアイドルになった理由、話した事あったかしら?」

P「聞いたよ。自分の手で何かやってみたい、ってヤツだろ?」

伊織「そう……。ずっと、与えられてばかり居た」

伊織「それはそれで、幸せなのかもしれない。もしかしたら、贅沢を言っているだけかもしれない」

伊織「それでも、私でも何か成し遂げられるんじゃないかって」

伊織「お兄様たちと比較されても、誇れる私になりたかったの」

P「それは……大した志だと思うよ」

 伊織「……そうかしら?」

 P「……なあ伊織」

伊織「なーに?」

P「俺には、見える気がするんだよ」

P「伊織が、たくさんのファンの前で、歌って踊って、笑顔を届ける姿がさ」

伊織「…………」



83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:15:37.96 ID:3IZ4zvmF0
 P「この業界は、ライバルも多いし、生き残って行くのも大変だ。それでも」

 P「伊織なら、前に進めると思うんだよ。お前は強いよ。自信持っていいんだ」

 伊織「…………」

伊織「…………ぷっ」

P「……い、伊織?」

伊織「な、なに真顔で恥ずかしいこと言ってるのよっ!」バシッ

P「お、俺なりに励まそうとだな……」アセアセ

伊織「笑っちゃったじゃない。もう、柄にも無い事、言わないでよねっ?」クスクス

P「悪かったな……。もう言ってやらないぞ」

 伊織「でも……、その……」モジモジ

 P「ん……?」

伊織「あ、ありがと」カアア

P「…………うん」


…………

……

84 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:21:23.06 ID:3IZ4zvmF0

P「それじゃ、そろそろ戻るか?」クルッ

 伊織「わたしはもう少し、ここに残るわ」

P「そっか。集合までには間に合うようにな」タタタ

伊織「いちいち言われなくても、わかってるわよっ」

 伊織「…………」

伊織「…………」グスン

伊織「……やだ。どうして?」

頬をつたう涙に気づくまで、数秒はかかった。

 自分はこんなにも涙脆かったのかと思い、少し乱暴に目をこする。

 伊織「何で、止まらないのよ」

 悲しいわけじゃない。むしろ、嬉しかったはずなのに。

 まるで今まで我慢していたものが、心の底から溢れ出るように、とめどなく涙が流れた。



85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:24:51.43 ID:3IZ4zvmF0

伊織「アイツが……、あんなこと言うから……」
 
伊織なら前に進めると思う。

 そう言われて、やっと気付いた。

 私は、ただ安堵したかったのだろう。変に思い詰めていただけなのだ。

 トップアイドルに成らなければ、という目標の大きさに、ひたすら近道を探していたのかもしれない。

伊織「何で……私に優しくしてくれるのよ……」

先程まで話をしていた、プロデューサーの顔を思い浮かべる。

 少し頼りないけど、柔和で優しげな瞳。



86 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:28:58.72 ID:3IZ4zvmF0

別に、私だけが特別、というわけではない。

事務所の抱えたアイドルだから。きっと、それだけ。

 伊織「そんなこと、分かりきってるのに」

この気持ちは、何だろう。

そもそも、どうして私は二人で出かけたかった?

どうして、美希に対抗心を燃やした?

散々、水着を選ぶのに時間をかけたのは何故?

そして、それを褒められた時に感じた幸福感は、何から生まれたの?

 ああ。悟ってしまった。私は、プロデューサーに……




87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:32:18.84 ID:3IZ4zvmF0

 伊織「恋してるんだ……」

洞穴の地面の砂浜にしゃがみこみ、人差し指を立てると、曲線を描くように滑らせる。

自分の名前と、プロデューサーの名前を書いて、その周りをハートマークで囲んでみた。

 えらく字が不格好になってしまい、思わず苦笑してしまう。

伊織「何やってるんだろ? 私」

急に恥ずかしくなってきて、慌てて手のひらで砂を均す。

 これは、許されない恋なのだ。決して成就することのない、儚い感情だ。

伊織「もう……戻らなきゃ」

ぱん、ぱんと手を叩き、砂埃を落とすと、わたしは立ち上がり出口へと歩きだした。

外に出て、夕日に照らされた海を眺める。

いっその事、気持ちごとあの波に攫われてしまえば良いのに。

そう思ったけれど。

 居場所を見つけた恋心は、ただただ深く、募るばかりだった。



89 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:36:15.65 ID:3IZ4zvmF0

 17:40/旅館「ナツノハナ」

春香「うわー! すごい部屋だね、千早ちゃん!」キラキラ

千早「そうね……。海が綺麗だわ」

美希「ふかふかベッドが気持ち良いの~」スリスリ

伊織「…………」

春香「伊織? どしたの? ボーッとしちゃって」

伊織「へっ? な、なんでもないわよ」アセアセ

春香「そう? あ、見てよ千早ちゃん。有線があるよ」

千早「ジャズとか聴けるのかしら?」

春香「ちょっといじってみよっか」

美希「…………」スヤスヤ



90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:40:05.78 ID:3IZ4zvmF0

扉「ガチャ」

真「春香ー! 夕食は6時半だって」スタスタ

春香「ありがと~。ね、真たちの部屋はどんな感じなの?」

真「う~ん、この部屋とほとんど変わらないと思うよ。まあ、あっちはハム蔵もいるから4人と1匹だけどね」

春香「そっかあ。プロデューサーさんは、どこの部屋だっけ?」ハテナ

真「プロデューサーは二人部屋だから……。一つ上の階かな。何か用事?」

春香「一応、部屋割りの紙作っておいたから、プロデューサーさんに渡しておこうと思って」

千早「春香は気が利くわね」

真「まあ、よく転ぶけどね」ハハハ

春香「ちょ、ちょっと真~。それは関係ないでしょー!」プンプン

伊織「…………」

伊織(プロデューサー……)ポーッ

…………

……

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:43:16.14 ID:3IZ4zvmF0

18:30/食堂

P「みんな、揃ったかー」

春香「大丈夫でーす!」ビシッ

美希「ハニー、早く食べたいの~」バタバタ

P「はいはい。それじゃ、いただきまーす」

『いただきまーす!』

P「あれ? 伊織、隣だったのか」

伊織「そ、そうよ? わたしが隣にいちゃいけないわけ?」ドギマギ

P「また捻くれた捉え方をする」

伊織「ふ、ふんっ」プイッ



93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:46:56.27 ID:3IZ4zvmF0

P「…………美味い!」パクッ

伊織「……確かに……美味しいわね」

P「いやあ、本当に来れて良かったな。伊織」ニコッ

伊織「…………そう、ね」ドキドキ

伊織(もう、どうして話しかけて来るのよ……! 緊張して箸が進まないじゃない……///)

P「ホント、社長には感謝しないとな」

伊織「そ、そういえば、社長は何処に居るのよ?」

P「ああ。さっき古い友人と飲みに出掛けて行ったよ。多分帰るのは夜中じゃないか?」

伊織「ふ、ふ~ん」

伊織「じゃあ、アンタは部屋に一人なわけね」

P「まあな。俺以外女の子ばかりだから、しゃーないよ」

伊織「…………」

P「……どした? 伊織。顔赤いぞ?」

伊織「な、なんでもないわよっ!」カアア



94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:49:08.02 ID:hHpFpMt30
え、えろはいらんでぇ

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:50:56.67 ID:3IZ4zvmF0

P「そうか……。それより、食べ終わったら風呂だぞ。楽しみだよな」

伊織「そうかしら? 人と一緒に入るのは落ち着かないわね」

P「何でだよ。そんなの気にする必要ないだろ」

伊織「お、女の子にはいろんな事情があるのよっ!」プイッ

伊織(例えば……む、胸とか……)

P「よくわからないな……」パクパク

伊織「放っといてよ……って……」ジーッ

伊織(Pのほっぺたにご飯粒がついてる……)

P「ん? どうしたんだよ伊織。人の顔じろじろ見て」

伊織「ちょ、ちょっと……じっとしてなさいよねっ?」ソーッ

伊織「…………」パクッ

 伊織(わ、私ってばなんてことを……///)



99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:54:41.11 ID:3IZ4zvmF0

亜美「あ~! いおりんが兄(C)とらぶらぶしてる~!」

真美「ひゅーひゅー、お熱いねえお二人さんっ!」パフパフ

美希「で、でこちゃん! ハニーはミキのハニーなの!」

真「い、伊織って意外と可愛いところ……あるんだね」

伊織「……ちょ、ちょっと亜美、真美!」カアア

亜美「い、いおりんが怒った~!」

真美「怖いから逃げろ~! ごちそうさま!」タタタ

伊織「あ、ちょっと……なんなのよ。もうっ」

P「……い、伊織……」

伊織「み、みっともなかったから、取ってあげただけよ! 感謝しなさいよねっ?」ツン

P「あ、ああ。ありがとう……」

伊織(わ、わたしどうしちゃったのよ~~~///)バタバタ

…………

……

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 00:59:16.65 ID:3IZ4zvmF0

19:00/大浴場

春香「ああ~。生き返るね~」ホワーン

真「あはは。お婆ちゃんみたいだね、春香」

春香「そ、それはひどいよ~」><

千早「……っ、……」プククク←爆笑

春香「ちょ、ちょっと千早ちゃんも笑い過ぎ!」

あずさ「でも、本当に良いお湯ね~」

貴音「ええ……。身体の芯から暖まるようです」

響「ハム蔵も、喜んでるみたいだぞ~」

ハム蔵「パイオツデカイデー」



102 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:01:39.17 ID:OtdPYIXE0
おい、動物を風呂に入れんなwwwww

103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:03:12.87 ID:3IZ4zvmF0

雪歩「ほわ~んとしますね~」

やよい「こんなに広いお風呂、初めてです~」キラキラ

亜美「やはり日本の伝統ですなあ~」

真美「よきかな、よきかな」

伊織「…………///」ブクブク

美希「あっ。そういえばミキね? 皆に聞きたいことあったの」

春香「え? 何なに?」

美希「みんな、ハニーの事どう思ってるの?」ハテナ

伊織「!?」ビクッ

春香「へっ……?」キョトン

真「ど、どうって言われても……」

美希「ミキみたいに、好きなのかなーって」



105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:07:08.14 ID:3IZ4zvmF0

真「は、春香はどうなの?」

春香「わ、私? うーん……好きは好きだけど、信頼してるって言ったほうが良いかな。千早ちゃんは?」

千早「親切だし、面倒見の良い人ね」

真「ボクも……。良い人って印象が強いかな。雪歩は?」

雪歩「へっ!? わ、わたしはそもそも男の人が苦手なので……」アセアセ

真「そうだよね。それじゃ、響は?」

響「自分は、友達って感覚が近いぞー」ウンウン

真「それじゃ貴音は?」

貴音「聡明な殿方と記憶しています」



106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:11:38.59 ID:3IZ4zvmF0

あずさ「わたしも好きと言えば、好きだと思うわ~。少し抜けたところも、可愛いじゃない?」

やよい「わたしも、皆のために頑張ってくれるプロデューサーのこと好きです~!」ニパッ

亜美「ほんとに、お兄ちゃんってカンジだよねっ! 真美」ポンッ

真美「そだねっ! あんな兄ちゃんが居たら楽しいよねっ!」

伊織「…………」

真「あれ……? 伊織は?」ハテナ

伊織「わ、わたしは……その……///」

春香「伊織? のぼせちゃった?」



107 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:14:46.19 ID:3IZ4zvmF0

亜美「んっふっふ~。さては……いおりん、兄(C)に恋してますな?」キラーン

伊織「……!? そ、そんなわけないじゃない! 何言ってるのよ亜美!」バシャッ

真美「んっふっふ~。この慌てっぷり……クロですな」ギラリ

伊織「いーい!? ゼッタイにわ、わたしが……プロデューサーのこと、すき、とか……、ないんだからね!」ザバッ

伊織「…………」スタスタ

扉「パシン」

亜美「あ、行っちゃった」

真美「ちょっとからかっただけなのに~」

春香「ていうか、あの反応……」

真「ま、まさか。伊織に限ってそれは無いんじゃない?」

……………………

全員(ない……よねえ?)

…………

……


109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:18:35.90 ID:3IZ4zvmF0
 
 21:30/Pの部屋

P「ていうか……お前たちいつまでここに居るつもりなんだ」

亜美「だあって~。皆一緒の方が楽しいっしょ~?」ピコピコ

真美「そうだよ~! いっけ~7連鎖!」

 春香「パネポン懐かしいな~」

真「うわっ。またやよいが大富豪!? 強いなあ~」

響「ま、まったく勝てないぞ……」ヘタリ

雪歩「あ、新しいお茶淹れてきますね~」タタ

やよい「わあい! トランプではお金持ちになれました~」エヘヘ

真「やよいいい……」ホロリ



110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:21:09.11 ID:uzXx9S5o0
俺「やよいいい……」ポロリ

114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:22:58.25 ID:3IZ4zvmF0

P「それよりも、あずささん、飲みすぎですよ」

あずさ「そうですか~? ほら、プロデューサーさんももっと飲んで飲んで♪」

P「いやあのですね……。もうチューハイ何本目ですか」

あずさ「う~ん……わたし、わかりませぇ~ん」ポワーン

P「…………」

あずさ「ほらほらっ乾杯しましょ? せーの」

あずさ「じゅーしーぽーりいえぇ~~い」カンッ

P「……い、いえ~い」カン



115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:26:44.76 ID:3IZ4zvmF0

あずさ「そ~れ~よ~り、プロデューサーさん、伊織ちゃんと、何かあったんですかあ~?」トローン

P「え……? どうしてですか?」キョトン

あずさ「何だかあ~、伊織ちゃん、プロデューサーさんのことが、す、すうき~みたいですよ~?」

P「スキー? 今夏ですよ?」

あずさ「だあからあ……す、き……むにゃむにゃ」

P「あ~あ。春香、千早、ちょっと頼まれてくれるか?」

春香「はいっ! あずささんを、小鳥さんのトコに連れていけば良いんですね?」ビシッ

千早「だ、大丈夫ですか? あずささん……」

あずさ「わ、わたしだって……恋のひとつやふたつ~……」

春香「ささ、行きましょ」ズルズル

扉「ガチャ」



117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:31:09.81 ID:3IZ4zvmF0

P(そういえば、伊織の姿が見えないな)

P「なあ、伊織がどこに居るか知ってるか?」

真「伊織なら、さっき出ていきましたよ」ハイッ

雪歩「確か……浜辺に行くって言ってたような……」

P「そうか。ありがと。もう遅いし、ちょっと呼んでくるよ」

亜美「いってらっしゃ~い」ピコピコ

真美「しゃ~い」ピコピコ

P「お前たちも、そろそろゲームやめて、部屋にもどるんだぞ~」

…………

……

119 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:35:40.62 ID:3IZ4zvmF0

22:00/浜辺

 伊織「どうすればいいのよ……」

プロデューサーの事が、頭から離れない。

 穏やかに揺れる海を眺めていても、ふとした拍子に思い浮かべてしまう。

伊織「こんな気持ち……わかんないわよ」

この歳になって、ようやく異性を好きになることを知った。

 思い描いていたよりも、辛くて、とても苦しい。

 こんな思いをするなら、恋なんてしなければ良かった。

伊織「好き……って、言っちゃ、ダメよね」

気持ちを伝えてしまえば、今の関係は確実に崩れてしまう。

 それが何よりも怖かった。いつも強がってばかりいたはずなのに、わたしはとんだ臆病者だ。

 P「伊織。なに、してるんだ?」



121 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:39:21.78 ID:3IZ4zvmF0

突然、背後から声をかけられて、びくりと肩が震えてしまう。

 鼓動が速くなって、時計が刻む音とは程遠い不安定な心音が、直接頭の中で響くようだった。

伊織「……見てわからない? 海を眺めてるの」ツン

P「いや、そうじゃなくてだな。そろそろ戻ろう? 風邪でも引いたら大変だ」

伊織「……心配、してくれてるわけ?」チラッ

P「そんなの当然だろ? 俺はプロデューサーなんだから」

伊織「……そう」

プロデューサーだから。

その言葉を聞いて、チクリと胸が痛む。

 理解していたつもりだったのに、いざ言葉にされると辛くて、私は自嘲気味に小さく笑った。

P「何か……まだ悩んでるのか?」

伊織「べ、別に悩んでなんか……」



123 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:41:16.10 ID:pTrS1R0l0
いおりんは天使やな

124 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:42:30.74 ID:3IZ4zvmF0

P「嘘つけ。それぐらい俺にだってわかるよ」

伊織「…………バカ」

もう、いっその事すべて打ち明けてしまおうか。

 そうすれば、この胸に抱えたモノは消えるのだろうか?

 わからないけれど……。

伊織「ねえ……ちょっと話があるの。着いてきて?」

P「え……? いいけど、あまり遅くはなれないぞ?」

伊織「大丈夫……。すぐ済むから」

 月の浮かぶ夜空を見上げる。

 月には兎が住んでいると言うが、月の兎には、願いを叶える力があるのだろうか……?

 無くてもいい。それでも、わたしは洞穴へと向かう道中、ひたすら月に祈っていた。

 どうか、私に勇気を下さい。

 …………

……

127 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:46:34.49 ID:3IZ4zvmF0

22:10/洞穴

洞穴の内部は明るかった。

夜空から注ぐ星と月の光に照らされて、さながら異世界に迷い込んだかのようだ。

P「夜じゃ暗いかと思ったが……すごいな」

伊織「私も驚いたわ。どうしてこんなに明るいのかしら? それに……」

とても、綺麗と思いつつ、まばたきする間も惜しいほど美しい月光に、私は身を委ねた。

中心に立つと、スポットライトに照らされたような気がして、何だか気恥ずかしい。

それでも、私は意を決して、プロデューサーへと向き直った。



129 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:49:56.60 ID:3IZ4zvmF0

伊織「こうしていると、自分が特別な存在になれた気がするわね」

P「…………」

伊織「私ね、ずっと誰かのトクベツになりたかったんだと思う」

伊織「出来の良い兄たちに囲まれて、辛くて」

伊織「社長に無理を言って事務所に入れてもらって。皆に出会って。そして、アンタにも会えた」

P「……うん」

伊織「わたしね、すっごく感謝してるのよ。目標を持って生きるのって、楽しいからね」

伊織「でもね、今日の夕方、ここであんたに励まされた時に気づいちゃったの」

P「伊織?」



130 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:54:00.07 ID:3IZ4zvmF0

伊織「わたしね? 恋、してた」

伊織「皆のために頑張るあんたも、優しいあんたも、ドジなあんたも、ちょっと頑固なあんたも」

 伊織「そして、私の背中を押してくれるあんたも、全部、好きになってたの」

P「…………」

これで、こんな気持ちともお別れだ。

 こんなに苦しい思いは、これっきりにしたい。今にも泣き出しそうなくらいに、胸が痛くて仕方なかった。

 伊織「…………っ」グスン

P「伊織? 泣いてるのか?」

伊織「…………」タタタ

P「……伊織」



132 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 01:58:33.08 ID:3IZ4zvmF0

気づけば、私はプロデューサーの胸に飛び込んでいた。

 好きだと伝えた瞬間、消えると思っていた気持ちは、何倍にも膨れて弾けてしまった。

私は間違っていた。忘れることなんて、出来やしなかった。

伊織「ごめん……なさいっ! 迷惑だってわかってる!」

 伊織「でも……でもっ! 辛いの、苦しいの。ねえ、助けてよ……」

P「…………」

伊織「ちょっとだけでいいから……甘えさせてよ」

 柄にもない事を、口走っていたような気がする。

 でも仕方がなかった。だって好きなのだから。

 離れたくなくて、プロデューサーの体温を確かめるように、幼子みたいに頬ずりをする。

P「伊織……嬉しいよ。俺の事、そんな風に思ってくれていたなんて」

伊織「……私だって……、さっき気付いたばかりだもん」

P「そっか。でもさ、今は……駄目だよ」

伊織「…………」



133 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 02:00:04.87 ID:3IZ4zvmF0

P「これから、どんどん仕事も増えると思うんだ。俺も律子も社長も、皆のために走り回ってる」

P「それに、伊織たちだって努力してる。ダンスや歌のレッスンをしたり、オーディションをいくつも受けたり」

P「そういう姿を見てるとさ、こっちまで楽しくなるんだ。俺も頑張らなきゃって、元気が湧いてくる」

P「だからさ、今はプロデューサーの仕事に力を尽くしたいんだよ」

 伊織「…………」

伊織「……それじゃ、いつか私と、その……」モジモジ

P「俺も、伊織の事は好きだし、可愛いと思ってるよ」



134 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 02:04:33.96 ID:3IZ4zvmF0

伊織「な、なな!? う、嘘よっ!」ドキマギ

P「いやホントに。何ていうか、放っておけない感じ?」

伊織「……それって、馬鹿にしてる?」

P「いや、褒めてるよ」

伊織「よくわからないけど……。うれしい」スリスリ

P「お、おい……。でも、その付き合うとか……そういうのは……」アセアセ

伊織「わかってるわよ。でも、今だけは許して欲しいの」

P「……伊織」ナデナデ

伊織「こ、子供扱いしないでよねっ?」プクー

 P「……はいはい」

伊織「ね、ねえ……」

P「ん?」



136 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 02:08:16.95 ID:3IZ4zvmF0

伊織「わたしがトップアイドルになったら……恋人にしてくれる?」

P「なれたらな」

伊織「い、言ったわね? 約束。ずうっと、忘れちゃダメだからね?」パアア

P「わかった」

伊織「……わたし、頑張るから」

P「ああ。俺も応援するよ」

伊織「ね、もう一度言って?」

P「……何を?」

伊織「好きって、言って?」

P「……好き」

伊織「でも、残念! 私の方が、もーっと好きだもんっ///」

…………

……


137 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 02:08:34.81 ID:eV8xMYfs0
えんだあああああああああああああああああああああああああ?

138 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 02:08:56.90 ID:mzkQ2rU20
いやあああああああああああああああああああ?

140 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 02:11:59.88 ID:3IZ4zvmF0

翌日/10:00/旅館「ナツノハナ」前

春香「プロデューサーさーん! 皆準備おっけーです!」

P「わかったー。そろそろ出発しよう」

伊織「…………」

P「おい伊織。置いてくぞー」

伊織「よ、よく考えれば……。昨日の私、すっごく恥ずかしいコト言ってたような……」カアア

P「ああ。そうだなあ」

 P「『もっと甘えさせて~』『好きで好きでしょうがないの~』『私の方が好きだもん~』だっけ?」

伊織「ば、バカあああ~~~///」ポカポカ

P「い、痛いって! 冗談だから……」

伊織「つ、次は許さないんだからね?」ツーン

P「わかった。ほら伊織、行こう?」


141 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 02:15:16.38 ID:3IZ4zvmF0

伊織「ね、約束。お、覚えてるわよね……?」モジモジ

P「ああ、勿論覚えてるよ。伊織がトップアイドルになったら……」

伊織「い、言わないでよもうっ! 皆にバレちゃったらどうするのよ!」

P「も、もうバレているような……」

亜美「真美隊員! いおりんが乙女の顔をしているでありますっ!」ビシッ

真美「こ、これは……間違いなくラヴの香りがするでありますっ!」

美希「も~、でこちゃん! ハニーは美希のなんだよ~?|」プンプン

伊織「亜美! 真美! ヘンなコト言わないでよね!?」カアア

P「ほら、さっさと乗るぞ。みんなが待ってる」

伊織「わかったわよ……」

伊織「ねえ……?」

 P「んー?」

伊織『スキスキ、だーい好き!』

FIN


142 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 02:16:03.22 ID:Zvv2hKqQ0
いいっすね

143 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 02:16:30.72 ID:sv4lftS80

そして誕生日おめでとういおりん

147 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/05(土) 02:17:33.25 ID:I1xPJUlsi
おつ
いおりん可愛かった

関連記事
2012/05/06 00:03 | CM(2) | アイドルマスター SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/05/06 01:40 ]
  2. いおりんの誕生日スレだったか
  3. 774@いんばりあん [ 2012/05/06 14:14 ]
  4. >いおりん誕生日おめでとー━━━(゚∀゚)━━━!!

    みんながサプライズ仕掛けてたかと思ったが流石に5月に海は辛いか
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング