HEADLINE

橘「な、七咲!?なんでパンツをはいてないんだ!?」

2012/05/26 20:30 | CM(3) | アマガミ SS
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 20:19:00.69 ID:sEeeD79C0
七咲「……は?」

橘「だ、だからね?何でパンツはいてないのかな~って?」

七咲「……」

橘「は、ははっ……」

七咲「……いや、はいてますし」

橘「そっか……七咲にはガッカリだな」

七咲「えっ?」

美也「ふぅ、逢ちゃんはダメダメだねぇ……」

七咲「み、美也ちゃん!?」

中多「し、失望……したよ?」

七咲「な、中多さん!?」


3 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 20:23:04.48 ID:0pEjtBtb0
七咲は淫乱だなあ!!!


4 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 20:25:20.08 ID:sEeeD79C0
橘「僕さ……もう帰って押入れに篭ることにするよ……」

美也「お、お兄ちゃん!?元気だしなよ!?」

中多「せ、先輩!?早まらないで下さい!」

七咲「な、何ですか!?私はパンツをはいてちゃいけないんですか!?」

橘「そ、そこじゃないよ!七咲のわからずや!」

七咲「わ、わからずや!?」

美也「逢ちゃん?お兄ちゃんはね、逢ちゃんの反応にガッカリしたんだと思うな」

七咲「……えっ?」

中多「パンツをはいてるのなんて当たり前だよ……?へ、変態さんじゃないんだから」

七咲「ど、どういうことなの!?」

5 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 20:31:39.17 ID:sEeeD79C0
美也「失意のどん底にいるお兄ちゃんの代わりに、私が答えると」

美也「お兄ちゃんはね?逢ちゃんに叱られたかったんだと思うんだ」

美也「『な、何を馬鹿なことをいってるんですか!この変態ッ!』って」

七咲「あっ……」

中多「な、なのに逢ちゃんときたら……」

七咲「で、でも!そんなのわかるわけないよね!?」

美也「はぁ……普通は気の利いたリアクションの一つくらい準備してるものだって」

中多「あ、遊びでやってるんじゃないんだよ?」

七咲「なっ……じゃ、じゃあ!美也ちゃんならどうしたの!?」

美也「……仕方ないなぁ」

美也「お兄ちゃん?悪いんだけどさ……」

橘「う、うん……」

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 20:33:15.45 ID:+379llNH0
あの素っ気なさがいいんだろうが(迫真)

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 20:40:11.17 ID:sEeeD79C0
橘「み、美也!?パンツはどうしたんだ!?」

美也「ちょ、ちょっと!声が大きいって!?」

橘「だ、だって!お前……!ぱ、パンツ!パンツが!……はいてない!?」

美也「パンツパンツうるさい!」

橘「ま、まさか……お前……高校生にもなってお漏らしを……」

美也「!?」

橘「えっ……そ、そうなのか!?」

美也「……ぃにの」

橘「み、美也?」

美也「にぃにのバカ!信じらんない!」

橘「み、美也!?落ち着け!な?」

美也「みゃーーーーーーーっ!」

橘「そ、そんなに暴れたら!見えちゃう!見えちゃうぞ!?」





12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 20:48:21.67 ID:sEeeD79C0
美也「……逢ちゃん?お兄ちゃんが相手なんだから、これくらいはやらないと」

中多「先輩、美也ちゃん……お疲れ様でした」

橘「み、美也のお陰で少し元気になっちゃったかな!ははっ!」

七咲「……な、中多さんは!?」

中多「え?」

七咲「中多さんも、こんなリアクション準備してるの!?」

中多「あ、当たり前だよ……」

七咲「な、なら……!」

中多「……先輩?だそうですよ?」

橘「や、やってみよう!」

15 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 20:55:15.26 ID:sEeeD79C0
橘「な、中多さん……!そ、その!」

中多「は、はい!」

橘「そ、そのね?……何でパンツはいてないのかな……?はははっ」

中多「み、見えましたか?」

橘「う、うん……ごめん」

中多「こ、これはですね……」

中多「せんぱ……いえ、教官が『人前でパンツをはいてないよりは、恥ずかしくない!』とおっしゃっていたので……」

中多「……こ、克服する為に」

橘「中多さん……」

中多「……教官のおっしゃる通りでした!これに比べたら男の人とお話しすることくらい……!」

中多「だから……私っ!」

橘「中多さん!」

中多「きょ、教官!」





16 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 20:57:22.37 ID:I7oBM0hW0
紗江ちゃんはとんだ痴女だな可愛い

17 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:01:57.60 ID:dWQ1Hz+m0
こ、こいつら、ど、ど、どもりすぎぃ!

18 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:02:02.45 ID:sEeeD79C0
中多「こ、この位はできるよ……?」

七咲「……くっ」

橘「僕さ!本当にはいてないんじゃないかって気さえしてきちゃったよ!」

美也「……それに比べて、逢ちゃんときたら」

橘・美也・中多「はぁ……」

七咲「ま、待ってください!」

中多「……い、言い訳は見苦しいよ?」

七咲「ち、違うんです!そ、その!」

七咲「美也ちゃんと中多さんは急にふられたわけじゃないですよね!?」

七咲「そ、そう!わ、私より有利な条件です!」

七咲「……ですから!」

美也「あ、あそこにちょうど森島先輩がいるからさ」

橘「うん。僕ちょっと行ってくるよ」

23 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:07:10.44 ID:sEeeD79C0
橘「森島先輩!」

森島「あ、橘君!どうしたの?」

橘「そ、その……」

森島「うん?」

橘「な、何でパンツをはいてないんですか!?」

森島「えっ?」

橘「……」

森島「ふふっ、バレてしまっては仕方ないわね!」

森島「これはノーパン健康法よ!」

橘「の、ノーパン健康法!?まさかの!?」

森島「うん!橘君に教えてもらったじゃない?」

森島「……だから、試してみたくなっちゃってね!」

森島「ちなみに三日目!なんだか身体が軽くなって気さえするわ!」

橘「そ、そんな……森島先輩が本当にノーパン健康法を……」

26 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:12:49.88 ID:sEeeD79C0
橘(冗談で訊いたのに、まさか本当にはいてない人に出会っちゃうなんて……!)

橘(僕は……僕はどうしたらいいんだ!?)

橘(も、森島先輩!その健康法は男共に刺激的すぎます!)

森島「ふっふっふっー、私の勝ちね?」

橘「……えっ?」

森島「もう、本当に困った顔をしちゃって!可愛い~!」

橘「あっ……」

森島「どうしたの?顔真っ赤だよ?」

橘「し、失礼します!」

森島「顔を洗って出直してらっしゃい!私はいつでもキミの挑戦を待ってるわ!」





27 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:14:09.54 ID:06lszUQ+0
安定してるな

30 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:20:04.67 ID:sEeeD79C0
橘「……うん、今のは僕の負けだよ。完敗だ」

美也「さすが森島先輩だったね!」

中多「……く、悔しい!……けどっ!」

七咲「……ちょっと待って下さい」

橘「うん?どうしたの?」

七咲「あの人は別格ですよね?……色々な意味で」

美也「もう!また言い訳!?」

中多「……逢ちゃん?これ以上生き恥晒すのは……」

七咲「ほ、他の人!他の人にも訊いてみましょう!」

七咲「ほ、ほら!あそこにちょうどよく棚町先輩がいらっしゃるじゃないですか!」

橘「薫か~……。まぁ、何とかなるかな」

31 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:24:33.37 ID:sEeeD79C0
橘「薫!」

棚町「あ、純一じゃん」

橘「突然で悪いんだけどな……」

橘「お前がそんな変態だったなんて……僕は知らなかったぞ?」

棚町「は?何の話?」

橘「……何ではいてないんだ?」

棚町「だから何の話よ?」

橘「なぁ!?何でパンツをはいてないんだ!?何が狙いなんだよ!?」

棚町「なっ……!」

棚町「……」

棚町「ち、違うの!そういうわけじゃないのよ!?」

橘「じゃあ、どういうわけなんだよ!?」

棚町「こ、これは……」

棚町「ついさっきね?屈強な男に無理矢理脱がされちゃったのよ……」



36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:30:45.70 ID:sEeeD79C0
橘「く、屈強な男に!?」

棚町「えぇ……一瞬の出来事だったわ」

棚町「……廊下の向こうから、世紀末覇者みたいな風貌の男が歩いてきて」

棚町「い、いきなり!あたしを押し倒して……っ!」

橘「だ、大丈夫か!?怪我は!?」

棚町「幸いパンツを無理矢理剥ぎ取られただけで、怪我はないんだけど……」

棚町「うぅ……純一、どうしよう!あたし、あんな辱めを受けたら、もうお嫁にいけないわ!」

橘「か、薫!?」

棚町「……ご、ごめんなさい。あなたという人がいるのにこんなことになっちゃって」

棚町「あたし……もう死ぬしかないわ!」

橘「薫!早まるな!僕はそんなことでお前を捨てたりはしない!」

棚町「ほ、本当に!?」

橘「あぁ……本当さ」

38 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:36:03.57 ID:ZEpK6U5M0
なんで俺はこんなくそったれな世界にいるんだ…
ちょっと画面の向こうに逝ってくる

39 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:37:31.76 ID:sEeeD79C0
棚町「……純一?本当にいいの?」

橘「何度もいわせないでくれよ……」

棚町「純一……」

橘「薫……」

橘「ところでさ、世紀末覇者みたいな男はやっぱり馬に乗ってたの?」

棚町「えぇ、山みたいな大きさの馬に乗ってたわ……」

橘「そっか……うぬぅ」

棚町「で?本当は何の用なのよ?」

橘「薫?僕は今大変機嫌がいいから、ジュース奢ってやるよ」

棚町「あ?本当に?てんきゅ!」





44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:45:19.99 ID:sEeeD79C0
橘「いやぁ!殴られるかと思ってヒヤヒヤしちゃったね!」

美也「お兄ちゃん?私のジュースは?」

橘「あ、はいはい。ほら、中多さんと七咲も」

中多「あ、ありがとうございます……」

七咲「すみません、気を遣わせてしまったみたいで」

橘・美也・中多・七咲「……」

七咲「……次は普通な人にしましょう。普通な人に」

美也「えぇ!?まだやるの!?」

中多「あ、諦めが肝心……だよ?」

七咲「先輩?あそこの普通そうな人に訊いてきてもらえますか?」

橘「えぇ!?あの子に!?」

橘「……わかった。やってみる」

47 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:46:32.97 ID:ETgyl683O
響先輩は…ガチで穿いてない方だろ
制服の下に水着を着ていて… なーんてドジッ娘風な感じで

48 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:47:02.41 ID:habbQgTpO
なんでパンツを履いているんだ!?にみえて、
ついに橘さんの紳士さが極まったのかと思った

49 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:48:42.73 ID:sEeeD79C0
橘「や、やぁ。田中さん」

田中「あ、橘君?何してるの?」

橘「あ、あのさ……?」

田中「うん?」

橘「……田中さん、何でパンツをはいてないの?」

田中「えっ?」

橘「だから、何でパンツを……」

田中「橘君……何でわかったの?」

橘「えっ?」

田中「何で私がパンツはいてないってわかったの?」

橘「えぇぇぇ!?」

50 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:49:39.38 ID:8qr2+OwX0
田中さんうぇーい!

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:52:26.85 ID:dWQ1Hz+m0
あいつもあの棚町の親友をやってきた女なんだ
侮ってはいけなかった

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 21:54:29.77 ID:sEeeD79C0
田中「た、橘君!?声が大きいよ!?」

橘「……なんではいてないの?」

田中「そ、それは……占いでね?」

橘「占い?」

田中「うん。占いによると、今日はパンツをはかずに帰ると素敵な出会いがあるって」

橘「そ、そっか!なら仕方ないよね!」

田中「うんうん、恥ずかしいけど頑張ってみたんだ。あはははっ」

橘「……田中さん?」

田中「……うん」

橘「……出会ったのが、よりによって僕で大変申し訳ないんだけどね?」

田中「……うん」

橘「……はこうか?パンツを」

田中「…….うん」

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 22:01:59.00 ID:sEeeD79C0
橘「……人はみかけによらないって、よく言ったものだよね」

美也「……うん」

中多「……そうですね」

七咲「……びっくりしました」

橘・美也・中多・七咲「……」

七咲「な、なら!今度は常識人にしましょう!そうしましょう!」

橘「……常識人?」

七咲「あ!あそこにいるのは創設祭実行委員長の絢辻先輩!」

橘「……七咲?僕を亡き者にする気なの?」

七咲「えっ?何でですか?」

橘「わかったよ!骨は拾ってくれよ!?」

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 22:07:59.70 ID:JyIV4ZpC0
綾辻さんのは裏表のない素敵なパンツです

58 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 22:11:05.34 ID:sEeeD79C0
橘「……というわけでね、絢辻さん?」

橘「うん。僕が悪かったよ」

橘「だからさ、校舎裏じゃなくて……もうちょっと賑やかな場所でお話しようよ?ははははっ」

絢辻「……橘君はシュレディンガーの猫って知ってる?」

橘「あ、うん。箱を開けてみないと中の猫の生死はわからないってヤツだよね?」

絢辻「えぇ、観測されるまでは二つの可能性が重なっている。量子力学の有名なお話よね。」

橘(な、何がいいたいんだ!?僕の死は観測されたも同然じゃないか!?)

絢辻「……だからね?あたしのパンツも観測されるまでは、ここにあるかどうかわからないでしょ?」

橘「う、うん?」

絢辻「理系の橘君が、量子力学的な観点から、あたしのパンツに知的好奇心を持つのも仕方ないわよね。男の子ってSFが好きさ」

絢辻「……ねぇ?観測実験してみる?」

橘「……すみませんでした」

絢辻「ま、あたしも鬼じゃないから」

絢辻「顔は勘弁してあげるわよ?」

橘「……優しくしてね?」

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 22:13:09.93 ID:wom4Uk5w0
日本人の
シュレディンガーの猫好きは異常

62 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 22:24:07.98 ID:ZEpK6U5M0
さすが絢辻さん発言が厨二臭い

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 22:26:59.78 ID:sEeeD79C0
七咲「本当に!すみませんでした!」

橘「わかったろ?世の中には冗談が通じる人と通じない人がいるってことが……」

美也「でも、逢ちゃんよりはノリがあったよ?」

中多「た、橘先輩を折檻する絢辻先輩……物凄くイキイキとしてました」

橘「……ちなみに、今日の絢辻さんは機嫌がいい方の絢辻さんだよ?気を付けてね?」

七咲「さ、さぁ!気を取り直して!次にいってみましょう!」

美也「……逢ちゃんが納得するまで続ける気?」

中多「み、美也ちゃん?もうこの子も引けないんだよ……」

七咲「ほ、ほら!あそこのほんわかした子とか!多分何も反応できませんよ!?」

橘「梨穂子か……」

橘「えぇぃ!やってやるよ!」

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 22:31:21.99 ID:9vi5hICv0
THE・副部長

68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 22:33:26.46 ID:DEfJpf5x0
「ずんいちー」ドスドス

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 22:33:34.32 ID:sEeeD79C0
橘「おーい!梨穂子!」

梨穂子「あ、純一!」

橘「なぁ?梨穂子?僕、気になることがあるんだけどさ?」

梨穂子「え?なぁに?」

橘「梨穂子ってパンツ……」

梨穂子「な、な、な、何のこと!?」

橘「えっ?」

橘(まだ言い終わっていないうちから食い気味に……さては何か隠してるな?)

橘「なぁ?梨穂子?お前、パンツを」

梨穂子「こ、これは手違いなの!?」

橘「手違い?」

梨穂子「そ、そう!手違いなのです!」

橘(ま、まさか!田中さんに続き梨穂子も!?)

橘(そ、そんな……っ!)

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 22:38:29.95 ID:sEeeD79C0
橘「お、お前…….まさか……っ!?」

梨穂子「だーかーらー!手違いなの!」

梨穂子「今朝遅刻しそうだったから、間違えてお母さんの下着をはいてきちゃって!」

橘「えっ……おばさんのを?」

梨穂子「ま、まさか純一に見られてるとは思わなかったよ……あははっ」

橘「そ、そっか!次から気をつけろよ?」

梨穂子「もう!言われなくてもわかってますよ~だ!」

橘「はははっ、このドジっこめ!」

梨穂子「ドジっこっていうな~!」






75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 22:49:06.88 ID:sEeeD79C0
七咲「事故だから認めません」

橘「うん。事故だからね……はははっ」

美也「事故でも逢ちゃんよりは~」

中多「美也ちゃん?それは死人に鞭だよ?」

七咲「しかし、困りましたね。次はどうするか……」

七咲「あ、あそこの木の影からこっちを見てる女の子は、橘先輩のお知り合いですか?」

橘「い、いや?知らない女の子だけど……えっ?まさか?」

七咲「そのまさか、です」

橘「えぇぇぇ!?……やらなきゃダメ?」

七咲「はい。お願いします」

橘「……わかったよ」

美也(あ、あの子は!?)

77 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 22:56:10.20 ID:sEeeD79C0
橘「あ、あの……今、少しいいですか?」

?「は、はい!?」

橘「僕、二年の橘純一というものなのですが……」

?「う、うん。知ってるよ?」

橘「そ、そうなんですか!?光栄だなぁ、あははっ……」

橘「お、お気を悪くしないで下さいね?」

?「え?うん……なに?」

橘「その……どうして下着をお召しになららてないのかなって……はははっ」

?「えぇ!?た、橘君!?」

?「た、橘君はそっちの方が……好きなの?」

橘「す、好きというかなんていうか……まぁ、好きですけど……」

橘(ぼ、僕は初対面の女の子と何て会話をしてるんだ……)

?「そ、そうだったんだね!?」

?「あ、あなたがそっちの方が好きなら……あたし、ここで脱いでも……」

橘「……えっ?」

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 23:03:40.46 ID:sEeeD79C0
美也「だ、ダメーッ!」

?「み、美也ちゃん!?」

美也「二人はもっとちゃんと出会わなきゃダメなの!こんなのみゃーは認めないよ!?」

橘「み、美也!?この子を知ってるのか?」

?「あ、あたしは二年の!」

美也「だからダメ!日を改めてもう一度!」

?「そ、そんなぁ」

美也「ほら、帰って帰って!」

?「美也ちゃん、ひどいよ……うぅっ」

?「でも仕方ないよね……橘君?またね?」

橘「う、うん。またね」

橘「あと、変なことを聞いてごめん」

?「ううん、大丈夫だよ?だから、気にしないで?」

美也「さっさと帰れーっ!」

87 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 23:30:25.33 ID:sEeeD79C0




橘「なんだか大変なことになっちゃったんだけど……」

七咲「ど、どうなってるんですか!?」

橘「なぁ?七咲……?」

橘「今日はもう遅いし……終わりにしないか?」

美也「うん、お腹空いた」

中多「ね?みんなでラーメンでも食べて帰ろ?」

七咲「な、何をいってるんですか!?これからですよ!?」

橘「そ、そんなことをいっても!もう校舎に残ってる人なんて誰も……」

?「あら?七咲?橘君?こんなところで何をしてるの?」

七咲「塚原先輩!」

橘「うわぁ……また冗談の通じない人が……」

塚原「う、うん?どうしたの?」

91 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 23:32:51.98 ID:Xd2LQT5F0
麻耶ちゃんは?

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 23:36:55.93 ID:sEeeD79C0
七咲「つ、塚原先輩!橘先輩がどうしてもお尋ねしたいことがあるらしいですよ!?」

塚原「えっ?何かしら?」

橘(七咲のヤツ……なんて強引な真似を!)

橘(こうなったら、引くに引けないし……)

橘(よし!ここは素直に塚原先輩にぶっ転がされて帰ろう!)

橘「塚原先輩!なんで先輩はパンツをはいてないんですか!?」

塚原「な、な!?」

塚原「……ねぇ?橘君?」

橘「は、はい!」

塚原「明日、暇はあるかな?」

橘「あ、明日ですか?放課後でよろしければ……」

塚原「じゃあね、放課後に手伝ってもらいたいことがあるんだけど……いいかな?」

橘「な、何をすればいいんですか?」

塚原「はるかにさ、復讐するから手伝ってもらえるかな?」

橘「ふ、復讐!?」

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 23:40:07.51 ID:dWQ1Hz+m0
犯人ははるかね!

96 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 23:42:18.06 ID:/pl8SNV6i
ラブリーが穿いてるのか!?(迫真)

97 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/25(金) 23:44:32.22 ID:sEeeD79C0
塚原「どういうわけか橘君は察してたみたいだけど」

塚原「私ね?はるかにパンツ盗まれたみたいで……」

橘「えぇ!?森島先輩に!?」

塚原「うん。あの子にパンツ盗まれちゃって」

橘(なんてことだ……全く意味が分からないなんて……)

塚原「……今はブルマを代わりにはいてるんだけど」

橘「ぶ、ブルマを!?」

塚原「こら!いやらしい想像をしないの!」

塚原「……で、まぁね。さっきも話した通り、明日はるかに復讐するから」

塚原「あ、詳しいことは明日話すわね?」

橘「は、はい!わかりました!」

塚原「ふふふっ……橘君が協力してくれるなら、はるかを十二分に辱められそうね……」

塚原「あ、それじゃあ私は失礼するわね。あ、みんなも気を付けて帰るのよー?」

橘「は、はい!お疲れ様です!」

103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/26(土) 00:08:32.69 ID:N04xnBCh0
橘「……七咲?もういいよね?」

七咲「はい。天にまで見離されてるようなので」

美也「もう!逢ちゃんは認めるのが遅い!」

中多「ま、負け犬の匂いがするよ?」

七咲「……よく考えたら、先輩に面白いリアクションをしなければならない理由がありませんでしたよ、ふふっ」

美也「うわっ、元も子もないよ!?」

中多「こ、ここにきて開き直りとか……」

橘「まぁ、いいや。今日は色々疲れたし……」

橘「みんなで食事でもしてから帰ろうか!」

美也・中多・七咲「おーっ!」

橘「……勿論、七咲の奢りで」

七咲「えっ?……はい。500円までなら、なんとか」



105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/26(土) 00:15:23.28 ID:unhuv4ZKP
響ちゃんは・・・?

106 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/26(土) 00:16:17.58 ID:tV3fnigc0


黒沢ちゃん…

108 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/26(土) 00:18:35.61 ID:SEyXlfKm0
麻耶ちゃん……


109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/26(土) 00:20:52.98 ID:1a7RmicS0


110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/26(土) 00:25:38.47 ID:LTihRNn1i
は?ここからが本番だろ!?

112 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/26(土) 00:36:41.16 ID:AQ4siZob0
貧乏な七咲になんて酷な真似を……

113 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/26(土) 00:40:04.14 ID:xvEGT16H0
裡沙ちゃんかわいかった

115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/05/26(土) 00:58:51.59 ID:JEZgQYxz0
橘「おい、梅原!なんでお前パンツをはいてないんだよ!?」

アマガミSS +plus (3) 七咲 逢 (Blu-ray)
ポニーキャニオン (2012-06-06)
売り上げランキング: 374
関連記事
2012/05/26 20:30 | CM(3) | アマガミ SS
    コメント一覧
  1. 774@いんばりあん [ 2012/05/26 21:40 ]
  2. 橘さんたちレベル高過ぎるわ……
  3. 774@いんばりあん [ 2012/05/26 21:58 ]
  4. 七咲は本編では一番の淫乱なのにな
  5. 774@いんばりあん [ 2012/05/27 08:22 ]
  6. この大将はパンツ履いてない
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

インバリアントへようこそ
インバリアント -SSまとめサイト-
管理人:こばりあんと



  • About
  • 記事一覧
  • Twitter
  • まとめ依頼
  • ランダム SS
カテゴリ
アーカイブス

2018年 02月 (25)
2018年 01月 (7)
2017年 12月 (3)
2017年 11月 (22)
2017年 10月 (11)
2017年 09月 (2)
2017年 08月 (161)
2017年 07月 (180)
2017年 06月 (139)
2017年 05月 (311)
2017年 04月 (157)
2016年 02月 (1)
2015年 12月 (1)
2015年 05月 (261)
2015年 04月 (295)
2015年 03月 (305)
2015年 02月 (259)
2015年 01月 (283)
2014年 12月 (275)
2014年 11月 (287)
2014年 10月 (285)
2014年 09月 (262)
2014年 08月 (264)
2014年 07月 (262)
2014年 06月 (223)
2014年 05月 (218)
2014年 04月 (209)
2014年 03月 (185)
2014年 02月 (172)
2014年 01月 (191)
2013年 12月 (184)
2013年 11月 (183)
2013年 10月 (180)
2013年 09月 (153)
2013年 08月 (141)
2013年 07月 (154)
2013年 06月 (146)
2013年 05月 (152)
2013年 04月 (148)
2013年 03月 (130)
2013年 02月 (111)
2013年 01月 (123)
2012年 12月 (127)
2012年 11月 (120)
2012年 10月 (127)
2012年 09月 (117)
2012年 08月 (120)
2012年 07月 (122)
2012年 06月 (116)
2012年 05月 (122)
2012年 04月 (121)
2012年 03月 (123)
2012年 02月 (116)
2012年 01月 (122)
2011年 12月 (118)
2011年 11月 (113)
2011年 10月 (119)
2011年 09月 (110)
2011年 08月 (118)
2011年 07月 (118)
2011年 06月 (118)
2011年 05月 (123)
2011年 04月 (124)
2011年 03月 (117)
2011年 02月 (95)
2011年 01月 (109)
2010年 12月 (119)
2010年 11月 (110)
2010年 10月 (120)
2010年 09月 (74)
2010年 08月 (87)
2010年 07月 (113)
2010年 06月 (72)
2010年 05月 (67)
2010年 04月 (3)

SS検索
Ads
最新記事
Ads2
人気SSランキング